議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 市川町

平成24年第1回定例会(第3日 3月29日)




平成24年第1回定例会(第3日 3月29日)





   平成24年第1回(第440回)市川町議会(定例会)会議録(第3日)





 
平成24年3月29日





〇応招(出席)議員    12人               欠席


┌───┬─────────┬────┬────┬─────────┬────┐


│議員 │         │    │議員  │         │    │


│   │  氏名     │ 備考 │    │  氏名     │ 備考 │


│番号 │         │    │番号  │         │    │


├───┼─────────┼────┼────┼─────────┼────┤


│   │         │    │    │         │    │


│ 1 │ 岩 見 武 三 │    │ 7  │ 堀 次 幸 夫 │    │


│   │         │    │    │         │    │


├───┼─────────┼────┼────┼─────────┼────┤


│   │         │    │    │         │    │


│ 2 │ 津 田 義 和 │    │ 8  │ 正 木 幸 重 │    │


│   │         │    │    │         │    │


├───┼─────────┼────┼────┼─────────┼────┤


│   │         │    │    │         │    │


│ 3 │ 内 藤   亘 │    │ 9  │ 堀 田 佐 市 │    │


│   │         │    │    │         │    │


├───┼─────────┼────┼────┼─────────┼────┤


│   │         │    │    │         │    │


│ 4 │ 本 間 信 夫 │    │ 10  │ 多 田 満 広 │    │


│   │         │    │    │         │    │


├───┼─────────┼────┼────┼─────────┼────┤


│   │         │    │    │         │    │


│ 5 │ 山 本 芳 樹 │    │ 11  │ 重 里 英 昭 │    │


│   │         │    │    │         │    │


├───┼─────────┼────┼────┼─────────┼────┤


│   │         │    │    │         │    │


│ 6 │ 尾 塩 克 己 │    │ 12  │ 稲 垣 正 一 │    │


│   │         │    │    │         │    │


└───┴─────────┴────┴────┴─────────┴────┘





〇不応招(欠席)議員


       な し





〇議事に関係した事務局職員


    局長    岡 本 勝 行      主査      星 住 靖 子


                       係長      藤 田 雅 彦





〇会議に出席した職員及び委員


  町長      岡 本 修 平      税務課長    平 井 康 行


  副町長     岡 本 哲 夫      健康福祉課長  内 藤 克 則


  町参事(総務担当)兼甘地踏切担当


          青 木   繁      地域振興課長  近 藤 光 則


                       会計管理者兼出納室長


  町参事     西 村 隆 善              高 松 卓 也


  町参事(民生担当)兼住民環境課長


          岡 本   均      下水道課長   広 畑 一 浩


  町参事(事業担当)兼リフレッシュパーク市川所長


          藤 本 茂 樹      教育長     古 隅 利 量


  町参事(水道事業担当)兼水道局長


          岡 本 良 栄      学校教育課長  中 塚 進 悟


  生涯学習課長兼公民館長兼スポーツセンター所長 


          原 田 和 幸      総務課長    尾 花 哲 也


  管財課長    中 岡 輝 昭





議 事 日 程





日程第1


  報告第 1号 専決処分した事件の承認について


         (平成23年度市川町一般会計補正予算(第5号))


         〔討論・採決〕


日程第2


  議案第 1号 市川町公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例の制定について


  議案第 2号 市川町職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例について


  議案第 3号 市川町税条例の一部を改正する条例について


  議案第 7号 市川町土地改良事業分担金徴収条例の一部を改正する条例について


  議案第 8号 市川町営住宅管理条例の一部を改正する条例について


  議案第10号 市川町住宅新築資金等貸付金の債権放棄について


  議案第22号 平成23年度市川町一般会計補正予算(第6号)


  議案第24号 平成23年度市川町リフレッシュパーク市川運営特別会計補正予算(第2号)


  議案第29号 平成23年度市川町水道事業会計補正予算(第2号)


         〔委員長報告・質疑・討論・採決〕


日程第3


  議案第 4号 市川町公民館の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について


  議案第 5号 市川町福祉医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例について


  議案第 6号 市川町介護保険条例の一部を改正する条例について


  議案第23号 平成23年度市川町学校給食特別会計補正予算(第2号)


  議案第25号 平成23年度市川町国民健康保険特別会計補正予算(第3号)


  議案第26号 平成23年度市川町介護保険事業特別会計補正予算(第3号)


  議案第27号 平成23年度市川町後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)


         〔委員長報告・質疑・討論・採決〕


日程第4


  議案第 9号 市川町公共下水道事業受益者分担金徴収条例の一部を改正する条例について


  議案第12号 市川町特定環境保全公共下水道中部浄化センター他の建設工事委託に関する基本協定の一部を変更する協定の締結について


  議案第28号 平成23年度市川町下水道事業会計補正予算(第2号)


         〔委員長報告・質疑・討論・採決〕


日程第5


  議案第13号 平成24年度市川町一般会計予算


  議案第14号 平成24年度市川町学校給食特別会計予算


  議案第15号 平成24年度市川町リフレッシュパーク市川運営特別会計予算


  議案第16号 平成24年度市川町国民健康保険特別会計予算


  議案第17号 平成24年度市川町介護保険事業特別会計予算


  議案第18号 平成24年度市川町後期高齢者医療特別会計予算


  議案第19号 平成24年度市川町下水道事業会計予算


  議案第20号 平成24年度市川町水道事業会計予算


  議案第21号 平成24年度市川町土地開発事業会計予算


         〔委員長報告・質疑・討論・採決〕


日程第6


  議案第30号 人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについて


         〔提案説明・質疑・討論・採決〕


日程第7


  委員会の閉会中の継続調査の申し出について





      午前9時30分開議


○議長(稲垣 正一君)


 皆さん、おはようございます。早朝より御参集賜りありがとうございます。


 ただいまの出席議員は12人で定足数に達しておりますので、市川町議会を再開し、これより本日の会議を開きます。


 日程に先立ち、御報告申し上げます。


 本日追加提案されます議案は、議案表のとおり、議案第30号、人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについてであります。


 地方自治法第121条の規定により、町長、教育長ほか補助職員の出席を求めております。


 付託事件については、各委員会とも審査を終わり、結果報告書が提出されましたので、その写しを配付しております。後刻、委員長より詳細に報告がございます。


 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付のとおりであります。よろしく御協力のほどお願いいたします。 これより日程に入ります。





◎日程第1.





 報告第1号を議題とします。


 これより討論に入ります。


        〔討論なし〕


 以上で討論を終結し、これより採決に入ります。


 報告第1号、専決処分した事件、すなわち平成23年度市川町一般会計補正予算(第5号)の専決処分についてを採決します。


 本専決処分を承認することに賛成諸君は、挙手願います。


        〔賛成者挙手〕


 挙手全員であります。したがって、報告第1号は、承認されました。





◎日程第2.





 議案第1号ないし第3号並びに議案第7号及び議案第8号並びに議案第10号並びに議案第22号並びに議案第24号並びに議案第29号を一括議題とします。


 これより委員会審査の報告を求めます。


 総務建設常任委員長、多田満広君。


○総務建設常任委員会委員長(多田 満広君)


 皆さん、おはようございます。総務建設常任委員長の多田満広でございます。


 報告第1号について、3月8日の本会議におきまして、当委員会に付託となりました案件は、議案第1号、市川町公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例の制定について外8件であります。


 3月13日に委員会を開催し、審査をいたしました。その経過と結果について報告をいたします。


 まず、議案第1号、市川町公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例の制定について報告いたします。


 本条例は、公の施設の管理に民間の能力を活用しつつ、住民サービスの向上を図るとともに経費の節減等を図るため、地方自治法の一部を改正する法律(平成15年法律第81号)により、指定管理者制度を制定するものです。


 主な内容は、第1条は、指定管理者の指定の手続に係る事務全般に関し、本町として統一して処理すべき事項を定めるものです。


 第2条は、指定管理者の候補者の募集については公募を原則とするものです。


 第3条は、指定管理者の指定を受けようとする者は、町長が定める申請書等を申請受け付け期間内に町長に提出しなければならないことを規定しています。


 第4条は、指定管理者の候補者の選定については、各号で定める基準に照らして施設の管理を行うに最も適当と認める団体を候補者として選定するものです。


 第5条は、公募によらない指定管理者の候補者の選定を規定するものです。指定管理者の選定は公募が原則ですが、施設の性格、規模、機能等を考慮し、指定団体に管理を行わせることにより事業効果が期待できると認められる場合は、公募によらず候補者を選定できる旨の規定です。


 第6条は、指定管理者の指定で、議会で指定管理者の議決があった場合は、候補者を指定管理者に指定し、その旨を告示するとともに当該指定管理者に通知することにしています。


 第7条は、協定の締結についての規定で、指定を受けた団体は町長と施設の管理において各号に掲げる事項について協定を締結しなければならない旨を定めています。


 第8条は、業務報告の聴取についての規定です。


 第9条は、指定の取り消し等についての規定です。


 第10条は、事業報告書の作成及び報告についての規定です。


 第11条は、指定管理者の原状回復義務の取り扱いを明確化したものです。


 第12条は、指定管理者の故意または過失により施設の設備や備品を損傷したときに町に対して損害を賠償する義務が生じることを明確化しています。


 第13条は、指定管理者及び従事者の個人情報の取り扱いについての規定です。


 第14条は、委任についての規定で、この条例の施行に関し必要な事項は町長が規則で定めることを規定しています。


 附則は、施行期日で、公布の日から施行します。


 指定管理者の候補者の募集については、第2条に定める公募を原則とされることを強く要望する。また施行に関し、必要な事項は規則で定めるとあるが、条例と規則は一体のものであり、どのような骨格をなすのか明らかにされたいとの意見がありました。


 その必要性を認め、全会一致で原案どおり可決すべきものと決定しました。


 次に、議案第2号、市川町職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例について報告いたします。


 主な内容は、本条例は、平成19年1月1日の給与制度改正に伴い実施された職員の給料の経過措置額を、人事院勧告により減額等の措置をするものです。


 給料の経過措置額を平成24年4月1日以後その半額(その額が1万円を超える場合にあっては、1万円)を減じた額とし、平成25年4月1日以後、給料の経過措置額を廃止することを規定しています。


 附則は、施行期日で、平成24年4月1日から施行します。


 その必要性を認め、全会一致で原案どおり可決すべきものと決定しました。


 次に、議案第3号、市川町税条例の一部を改正する条例について報告いたします。


 本条例は、経済社会の構造の変化に対応した税制の構築を図るための地方税法及び地方法人特別税等に関する暫定措置法の一部を改正する法律(平成23年法律第115号)、地方税法施行令の一部を改正する政令(平成23年政令第386号)及び地方税法施行規則の一部を改正する省令(平成23年総務省令第156号)並びに東日本大震災からの復興に関し地方公共団体が実施する防災のための施策に必要な財源の確保に係る地方税の臨時特例に関する法律(平成23年法律第118号)が平成23年12月2日に公布、同日から施行、また、地方税法の一部を改正する法律(平成23年法律第120号)、地方税法施行令の一部を改正する政令(平成23年政令第392号)及び地方税法施行規則の一部を改正する省令(平成23年総務省令第161号)が平成23年12月14日に公布され、同日から施行されたことに伴い改正するものです。


 主な内容は、第95条は、たばこ税の税率を1,000本につき5,262円に引き上げる改正です。


 附則第9条は、退職所得に係る個人町民税の10%税額控除の廃止による削除です。


 附則第16条の2第1項は、たばこ税の税率を1,000本につき2,495円に引き上げる改正です。


 附則第22条の東日本大震災に係る雑損控除等の特例の規定は、震災により被害のあった住宅等に係る損失の雑損控除についての条文整備です。


 附則第24条は、個人の町民税の税率の特例等で、東日本大震災からの復興に関し、緊急に地方公共団体が実施する防災のための施策に要する費用の財源を確保するため、臨時措置として平成26年度から平成35年度までの各年度分の個人の町民税に限り、均等割の税率を同項に規定する額3,000円に500円を加算するものです。


 附則第1条は、施行期日で、各規定の施行日を定めています。


 附則第2条は、町民税に関する経過措置で、平成24年12月31日以前に支払う退職手当等について改正前の附則第9条第1項の規定する分離課税に係る所得割は、従前の例によることを規定しています。


 附則第3条の町たばこ税に関する経過措置は、平成25年4月1日前に課した、または課すべきであった町たばこ税については、従前の例によることを規定しています。


 その必要性を認め、全会一致で原案どおり可決すべきものと決定しました。


 次に、議案第7号、市川町土地改良事業分担金徴収条例の一部を改正する条例について報告いたします。


 本条例は、地域主権改革一括法の施行に伴い、土地改良法(昭和24年法律第195号)の一部が改正され、平成23年8月23日に公布、同日から施行されたため、改正するものです。


 第4条及び第6条は、準用先の土地改良法が改正されたため、引用する文言を整理しています。


 附則は、施行期日で、公布の日から施行します。


 上位法令の改正に基づく条例の改正であり、その必要性を認め、全会一致で原案どおり可決すべきものと決定しました。


 次に、議案第8号、市川町営住宅管理条例の一部を改正する条例について報告いたします。


 本条例は、地域主権改革一括法の施行に伴い、公営住宅法(昭和26年法律第193号)の一部が改正され、一部、平成24年4月1日から施行されるため、改正するものです。


 主な内容は、第5条第1項第2号イは、改正前の公営住宅法施行令を適用させるための改正で、同号ロ及びハは、文言の整理です。


 第5条第2項及び第3項は、令第6条第1項が削除されたことに伴い、市川町営住宅管理条例において補完するため、追加するものです。


 第7条の見出しは、令第6条第2項が削除されたことに伴い、同内容を市川町営住宅管理条例第7条第4項に追加するものです。


 第7条第2項は、文言の整理で、同条第4項は、令第6条第2項が削除されたことに伴い、市川町営住宅管理条例において補完するため、追加するものです。


 第14条第2項は、改正前の公営住宅法施行規則を適用させるため、改正するものです。


 附則第1項は、施行期日で、平成24年4月1日から施行します。


 附則第2項は、経過措置で、本条例の施行後においても現入居者が入居を認められることを規定しています。


 附則第3項は、公営住宅法施行令の一部を改正する政令(平成17年政令第357号)附則第2条で、施行日前に50歳以上である者の入居資格についての経過措置が規定されており、適用者がなくなる平成28年3月31日までの間の規定を定めています。


 上位法令の改正に基づく改正によるもので、その必要性を認め、全会一致で原案どおり可決すべきものと決定しました。


 次に、議案第10号、市川町住宅新築資金等貸付金の債権放棄について報告いたします。


 このたびの住宅新築資金等貸付金の不納欠損については、相続調査、実態調査、訪問徴収等の結果、将来にわたって回収が見込めないため、債権を放棄し、国における住宅新築資金等貸付助成事業費補助金交付要綱に基づき、処理を行うものです。


 件数は6件で、貸付金の種類は住宅新築資金1件、宅地取得資金3件、生業資金2件で、放棄額は940万3,805円です。


 不納欠損内容のうち、2件は国の償還推進助成金の対象に該当しており、補助金額は303万円です。


 審査の過程において、本事業と完済者との不公平感、また徴収業務に問題はなかったのかなどの意見が出されました。


 その必要性を認め、賛成多数で原案どおり可決すべきものと決定しました。


 次に、議案第22号、平成23年度市川町一般会計補正予算(第6号)について報告をいたします。


 今回の補正は、平成23年度の最終補正で2億7,221万2,000円の減額補正です。


 まず、歳入について報告いたします。


 町民税の個人2,109万円は、決算見込みによる普通徴収分の減額と特別徴収分、滞納繰り越し分の増額です。


 固定資産税17万3,000円は、決算見込みによる現年度分の減額と滞納繰り越し分の増額です。


 軽自動車税26万9,000円は、決算見込みによる現年度分と滞納繰り越し分の増額です。


 町たばこ税1,380万円は、決算見込みによる増額です。


 地方消費税交付金130万円は、決算見込みによる減額です。


 ゴルフ場利用税交付金190万円は、決算見込みによる減額です。


 自動車取得税交付金330万円は、決算見込みによる減額です。


 地方特例交付金89万6,000円は、確定による減収補てん特例交付金の増額と児童手当及び子ども手当特例交付金の減額です。


 地方交付税の普通交付税3万2,000円は、確定による減額です。


 交通安全対策特別交付金25万円は、決算見込みによる減額です。


 農林水産業費分担金の農業費分担金70万8,000円は、決算見込みによるため池等整備事業受益者分担金の減額です。


 民生費負担金の児童福祉費負担金340万円は、児童数増による町立・私立保育料の増額です。


 土木費負担金の道路橋梁費負担金110万1,000円は、決算見込みによる振古川河川改修事業負担金の減額です。


 民生費国庫負担金の保険基盤安定負担金102万円は、確定による保険基盤安定制度(保険者支援分)負担金の減額です。また、社会福祉費負担金152万1,000円は、決算見込みによる障害者自立支援給付費負担金の増額です。


 総務費国庫補助金の総務管理費補助金100万1,000円は、国の補正予算に伴う地域防災力向上支援事業費補助金の補正です。


 民生費国庫補助金の児童福祉費補助金69万1,000円は、内容の見直しに伴う次世代育成支援対策交付金の減額と子育て支援交付金の補正です。


 土木費国庫補助金の住宅・建築物耐震改修等事業費補助金1万4,000円は、決算見込みによる簡易耐震診断推進事業補助金の減額です。また、道路橋梁費補助金90万円は、長寿命化修繕計画策定事業費補助金の確定による減額です。


 消防費国庫補助金の消防費補助金31万2,000円は、国の補正予算に伴う消防団安全対策設備整備費補助金の補正です。


 災害復旧費国庫補助金の公共土木施設災害復旧費補助金9,105万3,000円は、決算見込み、また、事業費の一部を翌年度に振りかえたことに伴う現年発生公共土木施設災害復旧費補助金の減額です。


 民生費県負担金の軽減保険料負担金102万5,000円は、確定による保険基盤安定制度(軽減保険税等)負担金及び後期高齢者医療保険基盤安定負担金の減額です。また、社会福祉費負担金20万7,000円は、決算見込みによる障害者自立支援給付費負担金の減額です。


 総務費県補助金の総務費補助金738万2,000円は、確定による県民交流広場事業市町推進委員会運営等補助金と、事業内容の変更による地域の夢推進事業補助金の減額、孤立集落防災体制強化事業補助金の事業内容の変更による増額です。


 民生費県補助金の社会福祉費補助金398万円は、決算見込みによる重度心身障害者(児)介護手当費補助金、老人医療費助成事業補助金(65歳から69歳)、重度心身障害者医療費助成事業補助金、高齢重度心身障害者特別医療費助成事業補助金、乳幼児医療費助成事業補助金の減額と、母子家庭等医療費給付事業補助金及びこども医療費助成事業補助金の増額です。


 また、児童福祉費補助金10万5,000円は、決算見込みによる多子世帯保育料軽減事業補助金の減額と子育て支援特別対策事業補助金の増額です。


 衛生費県補助金の保健衛生費補助金115万2,000円は、決算見込みによるワクチン接種事業補助金の増額です。


 農林水産業費県補助金の農業費補助金75万3,000円は、確定による農業委員会活動費補助金の増額と、決算見込みによる環境保全型農業直接支払制度交付金の減額です。


 林業費補助金562万3,000円は、県の割り当てに伴う緊急防災林整備事業補助金の増額です。


 土木費県補助金の簡易耐震診断推進事業補助金7,000円は、決算見込みによる減額です。


 また、住宅費補助金295万5,000円は、確定による住宅新築資金等貸付助成事業補助金の増額です。


 教育費県補助金の小学校費補助金17万5,000円は、名称変更等により、自然学校推進事業補助金から自然学校推進事業交付金に、また、環境体験事業補助金から環境体験事業交付金へ組み替えたことによる増減です。


 中学校費補助金20万8,000円は、名称変更等によるトライやる・ウイーク推進事業補助金からトライやる・ウイーク推進事業交付金への組み替えによる増減及び確定による「わくわくオーケストラ教室」バス利用事業補助金の増額です。


 また、社会教育費補助金3万3,000円は、人権啓発事業補助金の確定による減額です。


 災害復旧費県補助金の農林水産施設災害復旧費補助金2,909万1,000円の減額は、決算見込みによる現年発生農林水産施設災害復旧費補助金及び野生動物防護さく集落連携設置事業補助金の減額と、事業採択を受けた治山事業補助金の補正です。


 総務費県委託金の徴税費委託金146万3,000円は、決算見込みによる県民税徴収事務委託金の増額です。


 選挙費委託金154万円は、県議会議員選挙費委託金の確定による減額です。


 また、統計調査費委託金6万3,000円は、工業統計調査、経済センサス調査区管理委託金及び統計調査員確保対策事業委託金の決算見込みによる減額です。


 教育費県委託金の学校教育費委託金2万3,000円は、確定による理科おもしろ推進事業委託金の減額です。


 また、社会教育費委託金1万円は、人権啓発活動地方委託金の確定による減額です。


 利子及び配当金13万5,000円は、決算見込みによる土地開発基金、地域振興基金、町営住宅基金、ふるさと・水と土の保全基金、学校用地取得基金及び国際理解教育基金積立金利子の減額と、財政調整基金、減債基金及びふるさと市川応援基金の積立金利子の増額です。


 一般寄附金1,346万9,000円は、決算見込みによる減額です。


 指定寄附金103万円は、決算見込みによるふるさと市川応援寄附金の補正です。


 財政調整基金繰入金3,799万1,000円は、今回の補正による減額です。


 減債基金繰入金3万円は、決算見込みによる減額です。


 ふるさと市川応援基金繰入金85万5,000円は、決算見込みによる減額です。


 住民生活に光をそそぐ基金繰入金75万円は、決算見込みによる増額です。


 財産区繰入金176万1,000円は、確定による財産区選挙経費繰入金の減額です。


 雑入1,051万2,000円は、後期高齢者医療給付調整金の増額と消防団員退職報償金受入金、簡易耐震診断推進事業個人負担金の減額、また、市町村振興協会市町交付金、孤立集落防災体制強化事業助成金、後期高齢者医療療養給付費精算金の補正です。


 過年度収入216万7,000円は、前年度障害者医療費及び保育所運営費の国県負担金の精算による増額です。


 農林水産業債の農業債120万円は、決算見込みによる農地等保全管理事業債の減額です。


 土木債の道路橋梁債660万円は、決算見込みによる道路整備事業債の減額です。


 また、下水道債530万円は、決算見込みによる自治振興事業貸付金(特定環境保全公共下水道事業)の減額です。


 消防債220万円は、事業費の確定による消防施設整備事業債の減額です。


 災害復旧債1億2,430万円は、決算見込みによる農林水産施設災害復旧債及び公共土木施設災害復旧債の減額です。


 臨時財政対策債10万円は、確定による減額です。


 次に、歳出について報告いたします。


 総務費の一般管理費は、県補助金の補正による財源内訳の変更です。


 財産管理費1万1,000円は、決算見込みによる土地開発基金積立金の減額です。


 企画費103万2,000円は、決算見込みによる国際理解教育基金積立金の減額と、ふるさと市川応援基金積立金の増額です。


 財政調整基金費18万1,000円は、決算見込みによる財政調整基金積立金の増額です。


 減債基金費1,000円は、決算見込みによる減債基金積立金の増額です。


 防災諸費250万1,000円は、国の補正予算に伴う孤立集落防災体制強化事業に係る備品購入費の増額です。


 地域の夢推進事業費1,423万6,000円は、事業内容の変更による委託料及び工事請負費の減額です。


 賦課徴収費23万7,000円は、決算見込みによる償還金利子及び割引料の増額です。


 戸籍住民基本台帳費992万6,000円は、決算見込みによる電算処理委託料の減額です。


 県議会議員選挙費154万7,000円は、確定による需用費、委託料、備品購入費等の減額です。


 財産区議会議員選挙費176万1,000円は、確定による報酬、需用費、職員手当等の減額です。


 統計調査総務費は、県委託金の補正による財源内訳の変更です。


 指定統計費6万1,000円の減額は、各種統計業務の決算見込みによる需用費、役務費等の減額と職員手当等の増額です。


 民生費の社会福祉総務費の繰出金348万4,000円は、補正による国民健康保険特別会計及び後期高齢者医療特別会計(保険基盤安定制度)の減額と、介護保険事業特別会計の増額です。


 老人福祉費1,000円は、決算見込みによる地域振興基金積立金の減額です。


 後期高齢者医療費223万円は、決算見込みによる療養給付費負担金及び広域連合分賦金の減額です。


 医療助成費196万3,000円は、決算見込みによる医療扶助費の高齢障害者分の減額です。


 心身障害者福祉費1,016万1,000円は、法改正に伴うシステム改修委託料と、決算見込みによる扶助費の介護サービス給付費の増額です。


 保育所費は、国庫補助金等の補正による財源内訳の変更です。


 児童措置費126万9,000円は、措置児童数の増による保育所運営費負担金の増額です。


 衛生費の保健衛生総務費6万1,000円は、決算見込みによる中播北部行政事務組合負担金の減額です。


 予防費448万3,000円は、決算見込みによる医薬材料費及び予防接種(個別接種)委託料の増額です。


 ごみ処理費20万1,000円は、確定による大阪湾広域臨界環境整備センター負担金の減額です。


 し尿処理費1,199万1,000円は、決算見込みによる中播衛生施設事務組合負担金及び下水道事業会計補助金の減額です。


 農林水産業費の農業委員会費は、県補助金の補正による財源内訳の変更です。


 農業総務費42万5,000円は、決算見込みによる県営事業負担金、環境保全型農業直接支払制度補助金、市川町ふるさと・水と土の保全基金積立金の減額と、補正によるリフレッシュパーク市川運営特別会計繰出金の増額です。


 林業振興費562万3,000円は、県の割り当てに伴う緊急防災林整備事業に係る需用費、負担金補助及び交付金の増額です。


 土木費の土木総務費3万円は、決算見込みによる簡易耐震診断委託料の減額です。


 道路改良費1,003万1,000円は、決算見込みによる長寿命化修繕計画策定事業に係る測量設計委託料及び振古川河川改修事業負担金の減額です。


 住宅管理費1,000円は、決算見込みによる町営住宅基金積立金の減額です。


 住宅資金等貸付事業費は、県補助金の補正による財源内訳の変更です。


 消防費の非常備消防費286万7,000円は、消防団員退職報償金の決算見込みによる減額と、国の補正予算に伴う消防団安全対策設備整備事業に係る備品購入費の補正です。


 教育費の事務局費50万円は、補正による学校給食特別会計繰出金の増額です。


 小学校費の学校管理費は、繰入金の補正による財源内訳の変更です。


 小学校費の教育振興費は、県補助金等の補正による財源内訳の変更です。


 中学校費の学校管理費3万3,000円は、決算見込みによる学校用地取得基金積立金の減額です。


 中学校費の教育振興費は、県補助金等の補正による財源内訳の変更です。


 人権教育振興費11万円は、決算見込みによる人権啓発事業に係る報償費及び需用費の減額です。


 災害復旧費の農林水産施設単独災害復旧費556万7,000円は、決算見込みによる工事請負費の増額と野生動物防護さく集落連携設置事業補助金の減額、また、職員手当等、需用費、現場技術業務委託料の補正です。


 現年発生農林水産施設補助災害復旧費9,114万円は、決算見込みによる需用費及び工事請負費の減額です。


 公共土木施設単独災害復旧費3,580万6,000円は、決算見込み、また、事業費の一部を翌年度に振りかえたことに伴う現場技術業務委託料及び工事請負費の減額です。


 現年発生公共土木施設補助災害復旧費1億2,366万9,000円は、決算見込み、また、事業費の一部を翌年度に振りかえたことに伴う需用費及び工事請負費の減額です。


 公債費の元金及び利子は、県補助金等の補正による財源内訳の変更です。


 繰越明許費の一般単独事業用地取得事業(町道甘地坂戸線)は、町道甘地坂戸線つけかえ道路に必要な取得予定用地2筆のうち、1筆については相続及び分筆が必要なことから、登記の年度内完了が困難と見込まれるため、公有財産購入費62万2,000円を翌年度に繰り越すものです。


 現年発生農林水産施設単独災害復旧事業520万円は、台風12号等による災害が県内各地で発生したことにより、資材等の入手が難しく年度内完了が困難と見込まれるため、職員手当等10万円、需用費10万円及び工事請負費500万円を翌年度に繰り越すものです。


 現年発生農林水産施設補助災害復旧事業4,912万7,000円は、台風12号等による災害が県内各地で発生したことにより、資材等の入手が難しく年度内完了が困難と見込まれるため、職員手当等300万円、需用費50万円、原材料費30万円及び工事請負費4,532万7,000円を翌年度に繰り越すものです。


 現年発生公共土木施設補助災害復旧事業1億2,023万8,000円は、台風12号等による災害が県内各地で発生したことにより、資材等の入手が難しく年度内完了が困難と見込まれるため、職員手当等200万円、需用費110万円及び工事請負費1億1,713万8,000円を翌年度に繰り越すものです。


 その必要性を認め、全会一致で原案どおり可決すべきものと決定をしました。


 次に、議案第24号、平成23年度市川町リフレッシュパーク市川運営特別会計補正予算(第2号)について報告いたします。


 今回の補正は、総額321万7,000円の減額補正です。


 歳入は、使用料及び手数料の農林水産使用料50万2,000円は、決算見込みによるリフレッシュパーク市川使用料の減額です。


 一般会計繰入金341万5,000円は、今回の補正に伴う増額です。


 諸収入613万円は、決算見込みによるレストラン等売上金の減額です。


 歳出は、リフレッシュパーク市川運営費321万7,000円は、決算見込みによる賃金、需用費、委託料等の減額です。


 その必要性を認め、全会一致で原案どおり可決すべきものと決定しました。


 次に、議案第29号、平成23年度市川町水道事業会計補正予算(第2号)について報告します。


 今回の補正114万9,000円は、現場技術業務委託に伴う収益の増額補正です。


 その必要性を認め、全会一致で原案どおり可決すべきものと決定しました。


 以上で総務建設常任委員会の審査の経過と結果の報告を終わります。


 議員各位におかれましては、何とぞ当委員会の決定どおり御賛同を賜りますようお願い申し上げ、私の報告を終わります。ありがとうございました。


○議長(稲垣 正一君)


 委員会審査の経過並びに結果の報告は終わりました。


 これより委員長報告に対する質疑に入ります。質疑ありませんか。


        〔質疑なし〕


 以上で質疑を終結し、これより討論に入ります。


 11番、重里英昭君。


○11番(重里 英昭君)


 議案第10号で住宅資金等貸付金と話がございましたけども、どのような話があってされたんかということがまだわかりませんけども、私はこのことについて非常に、貸した側にも悪いとこがあるんか、そして借りた側にも悪いとこがあるんかと。これにはルールというものがございまして……。


○議長(稲垣 正一君)


 重里議員、まず反対か賛成かの立場を明らかにして討論に参加してください。


○11番(重里 英昭君)


 今、反対の立場で討論させていただきます。


 予算委員会に入られた方はどのようなことで、わかりませんけども……。


○議長(稲垣 正一君)


 重里議員、これは総務委員会の案件です。


○11番(重里 英昭君)


 議案第10号で、どのようなことで議案が可決したんかどうかいうことがわかりません。私はこれに対しては、権利は強く主張するが……。


○議長(稲垣 正一君)


 重里議員、注意しますけれども、これは総務委員会の付託案件で、重里議員も審議に参加されております。その中で議員は反対をされております。反対の立場で討論、今は討論ですので、自分の立場を述べてください。


○11番(重里 英昭君)


 私は総務委員会で反対しました。だけども、賛成された方はなぜこの案件に対して賛成されたかわかりません。貸す方にも借りる方にもルールというものがございまして、まことに職員の怠慢、そのことを委員会でも言いました。なぜ今までこのようなことがほっておかれたか。このことは来年度予算にも関係してきます。だけども、皆さん方はなぜこの関係に賛成されたんか、私は反対しましたけども、なぜこのことが可決したんかと、10号議案が可決したんかということが全然わかりません。


○議長(稲垣 正一君)


 重里議員、賛成した議員の立場のことを言うんじゃなくして、あなた自身の反対した理由をここで述べてください。


○11番(重里 英昭君)


 だから、ルールというものは、貸す方にも借りる方にもルールというものがございます。だけど、全くルールが守られてないということが今のこの現状であります。私はこの10号案件については、絶対に譲ることはできません。


 討論終わります。


○議長(稲垣 正一君)


 8番、正木幸重君。


○8番(正木 幸重君)


 議席番号8番、正木幸重です。私は、一応賛成討論をさせていただきたいと思います。


 この住宅資金は、いろいろ重里議員が申されましたようにもう随分時間がたっておりますけれども、そういう意味で、この資料に出ておりますAとB、この方なんかは、質問しましたところ、もう相続人もいない、そして家、新築等も、その家の方ももう全然ないと、そういうお話がありましたし、その不納欠損することによって国の方から補助金が入ってきていると、そういう形でございます。


 それと、少し話が長くなるんですけれども、このように新築されたおうちがもうなくなっているという、それは、当時、町としてのやり方がまずかったんじゃないか。もしそのときに金融機関を通じてそういう貸し出しとかやっていましたら、必ず担保がついておりますので、そういうことができなかった、そのように思います。


 それと、話は長くなりますけれども、私が選挙中に、その当時の町長の運転手をされてた方と、まだ今健在でございます、お話がありました。雑談と思うんですね、これは。車の中で当時の町長が、こういう貸し付けは、簡単に貸してしもたなあと。当時、国の方も簡単に貸してくれたから、そういう過程になってしまった。やはり金融機関を通して貸し出しとったらよかったなという、そういう反省の意味も、時効になっておりますけれども、そういうお話を聞いております。そういう意味で、今後まだ少しいろいろとあろう、また来年も少し出てくるんじゃないかと思いますけれども、基本的にそういうこともあったと思いますし、また、今後、町行政としてこういう貸し出すという、そういうことがある場合は、やはりそういうことはないように、金融機関、何かを通じてやはりきちっと対応していただくということをお願いいたしまして、私はこの議案に賛成ということで報告したいと思います。よろしくお願いいたします。以上です。


○議長(稲垣 正一君)


 反対討論ございませんか。


       〔反対討論なし〕


 賛成討論。


 9番、堀田佐市君。


○9番(堀田 佐市君)


 9番、堀田佐市でございます。賛成の立場で討論をさせていただきます。


 反対の討論をされた人の気持ちもわからんではないんですけども、これは委員会でいろいろと担当に指摘もし、尋ねてきました。確かに今、正木議員が述べられたように、昔は、今になって振り返って後悔する、そういうこともあろうかと思うんですけども、国の方からそういう優しいいうんか、甘い方法で貸し付けを許されてきたと。これは市川町だけの問題じゃなしに、国の方からもそういうやり方で来たということが1点あると思います。


 しかしながら、これをいつまででもこのままずっと続けていったって、もらいに行っても、徴収に行っても行くとこもない、いつまでも数字だけが残ると。これではいかんので、やっぱりこういうことは、滞納、滞納ばっかしの数字がふえて、先で消える見込みのあるものであったら残していくのが当然でありますが、いつまでたったってこの数字は消えない。そういうことになると、きょう国の方からこうして償還推進助成金の対象に該当しており、補助金が303万、市川町の中へ入ってくるという、こういう観点からして、皆さんが賛成多数でなったようなことでございますので、私からも皆さんにお願いしたいのは、いつまでも消えない数字だけ残しとって、町に対しては非常に不利になる懸念があるんで、どうかひとつこれは債権放棄に協力していただきたいと、このことをくれぐれもお願いいたしまして、討論を終わります。お願いします。


○議長(稲垣 正一君)


 反対討論ございませんか。


       〔反対討論なし〕


 以上で討論を終結し、これより採決に入ります。


 まず、議案第1号、市川町公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例の制定についてを採決します。


 本案を原案どおり可決することに賛成諸君は、挙手願います。


        〔賛成者挙手〕


 挙手多数でございます。したがって、議案第1号は、原案どおり可決しました。


 次に、議案第2号、市川町職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例についてを採決します。


 本案を原案どおり可決することに賛成諸君は、挙手願います。


        〔賛成者挙手〕


 挙手多数であります。したがって、議案第2号は、原案どおり可決しました。


 次に、議案第3号、市川町税条例の一部を改正する条例についてを採決します。


 本案を原案どおり可決することに賛成諸君は、挙手願います。


        〔賛成者挙手〕


 挙手多数であります。したがって、議案第3号は、原案どおり可決しました。


 次に、議案第7号、市川町土地改良事業分担金徴収条例の一部を改正する条例についてを採決します。


 本案を原案どおり可決することに賛成諸君は、挙手願います。


        〔賛成者挙手〕


 挙手多数であります。したがって、議案第7号は、原案どおり可決しました。


 次に、議案第8号、市川町営住宅管理条例の一部を改正する条例についてを採決します。


 本案を原案どおり可決することに賛成諸君は、挙手願います。


        〔賛成者挙手〕


 挙手多数であります。したがって、議案第8号は、原案どおり可決しました。


 次に、議案第10号、市川町住宅新築資金等貸付金の債権放棄についてを採決します。


 本案を原案どおり可決することに賛成諸君は、挙手願います。


        〔賛成者挙手〕


 挙手多数であります。したがって、議案第10号は、原案どおり可決しました。


 次に、議案第22号、平成23年度市川町一般会計補正予算(第6号)を採決します。


 本案を原案どおり可決することに賛成諸君は、挙手願います。


        〔賛成者挙手〕


 挙手多数であります。したがって、議案第22号は、原案どおり可決しました。


 次に、議案第24号、平成23年度市川町リフレッシュパーク市川運営特別会計補正予算(第2号)を採決します。


 本案を原案どおり可決することに賛成諸君は、挙手願います。


        〔賛成者挙手〕


 挙手多数であります。したがって、議案第24号は、原案どおり可決しました。


 次に、議案第29号、平成23年度市川町水道事業会計補正予算(第2号)を採決します。


 本案を原案どおり可決することに賛成諸君は、挙手願います。


        〔賛成者挙手〕


 挙手多数であります。したがって、議案第29号は、原案どおり可決しました。


 暫時休憩いたします。再開は10時50分といたします。


      午前10時37分休憩





      午前10時48分再開


○議長(稲垣 正一君)


 休憩前に引き続き会議を開きます。





◎日程第3.





 議案第4号ないし第6号並びに議案第23号及び議案第25号ないし第27号を一括議題とします。


 これより委員会審査の報告を求めます。


 民生教育常任委員長、尾塩克己君。


○民生教育常任委員会委員長(尾塩 克己君)


 民生教育常任委員長の尾塩克己でございます。


 報告第2号について、3月8日の本会議において、当委員会に付託審査となりました案件は、議案第4号、市川町公民館の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について外6件であります。


 3月12日に委員会を開催し、審査をいたしました。その経過と結果について報告いたします。


 まず、議案第4号、市川町公民館の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について報告いたします。


 本条例は、地域主権改革一括法の施行に伴い、社会教育法(昭和24年法律第207号)の一部が改正され、一部、平成24年4月1日から施行されるため、改正するものです。


 主な内容として、第4条第2項は、公民館運営審議会委員の委嘱の基準を定めています。


 第4条第3項は、公民館運営審議会委員の定数を10人以内、任期を2年と定めています。


 第4条第4項は、公職等によって委嘱された委員の任期について定めています。


 附則は、施行期日で、平成24年4月1日から施行します。


 審査においては、審議会委員の委嘱は充て職ではなく、公募も含めて適切妥当な委員の委嘱を要望します。


 その必要性を認め、全会一致で原案どおり可決すべきものと決定しました。


 次に、議案第5号、市川町福祉医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例について報告いたします。


 本条例は、兵庫県福祉医療費助成事業実施要綱の一部が改正され、平成24年7月1日から施行されることに伴うもの及び乳幼児等の医療費助成の拡充を図り、医療費を助成することにより子育て支援、少子化対策及び経済的な負担の軽減を図るため、本条例(平成4年条例第11号)の一部を次のように改正するものです。


 主なものとして、第2条は用語の定義で、対象年齢の見直しで「乳幼児等」を「12歳」から「9歳」に改め、「こども」を「9歳に達する日以後の最初の4月1日から15歳に達する日以後最初の3月31日を経過していない者」に規定するものです。


 第3条は、福祉医療費の支給基準の改正で「乳幼児等」及び「こども」の助成する医療費の範囲を被保険者等負担に拡大するものです。


 第4条は、助成対象者に「こども保護者」を加え範囲を拡大し、対象者の所得制限を世帯合算により判定をするものです。


 附則第1項は、施行期日で、平成24年7月1日から施行します。


 審査の過程で、副町長、管財課長ほかの出席を求め、今後10年間の財政計画の説明を求めました。


 中学3年生までの乳幼児、こども医療費の無料化は、恒久的な制度として継続していけるのかとの問いに対し、副町長より全体的な施策の中でやっていけるものと思っている、また、町長は3年に1回は検証すると言っているとの答弁でありました。


 制度改正の説明を住民に徹底させてほしいとの意見がありました。


 その必要性を認め、全会一致で原案どおり可決すべきものと決定しました。


 次に、議案第6号、市川町介護保険条例の一部を改正する条例について報告いたします。


 本条例は、介護サービスの基盤強化のための介護保険法等の一部を改正する法律の施行に伴う関係政令の整備等及び経過措置に関する政令(平成23年政令第376号)が、平成23年12月2日に公布、平成24年4月1日から施行されることに伴い、改正するものです。


 内容は、第5期介護保険事業計画期間(平成24年度から平成26年度まで)の3年間の保険料率に関する改正です。


 第2条は、保険料率の改正です。介護保険事業計画の見直しに基づき、第5期の3年間における介護保険料を改正しています。また、新しく7段階を設定したことによる上位法令の適用条文の改正です。


 附則第1項は施行日で、平成24年4月1日から施行します。


 附則第2項及び第3項は、平成24年度から平成26年度における保険料率の特例の規定で、第3、第4段階において保険料基準額が軽減される規定です。


 今回の改正による介護保険料基準月額は、市川町は5,000円、兵庫県平均として4,998円、また、神河町は4,560円、福崎町4,800円との報告がありました。


 介護保険の利用が保険料に反映することは理解できるが、今回の上げ幅(約22.2%)が大きいので、住民負担に重くはね返ることを危惧している、介護予防施策の充実を図られたいとの意見がありました。


 その必要性を認め、賛成多数で原案どおり可決すべきものと決定しました。


 次に、議案第23号、平成23年度市川町学校給食特別会計補正予算(第2号)について報告いたします。


 今回の補正は、総額50万円の増額補正です。


 歳入の一般会計繰入金50万円は、今回の補正に伴う増額です。


 歳出の総務費の一般管理費50万円は、施設の老朽化に伴う修繕費の増額です。


 その必要性を認め、全会一致で原案どおり可決すべきものと決定しました。


 次に、議案第25号、平成23年度市川町国民健康保険特別会計補正予算(第3号)について報告いたします。


 今回の補正は、総額3,335万円の減額補正です。


 まず、歳入について報告いたします。


 国民健康保険税の一般被保険者国民健康保険税6,630万円は、決算見込みによる医療給付費分現年課税分6,080万円及び滞納繰り越し分220万円、後期高齢者支援金分現年課税分210万円、介護納付金分現年課税分340万円の減額と、後期高齢者支援金分滞納繰り越し分120万円及び介護納付金分滞納繰り越し分100万円の増額です。また、退職被保険者等国民健康保険税770万円は、医療給付費分現年課税分750万円、介護納付金分現年課税分20万円の決算見込みによる減額です。


 国庫支出金の療養給付費等負担金1,919万3,000円、高額医療費共同事業負担金19万1,000円は、決算見込みによる減額です。


 特定健康診査等負担金20万円は、過年度精算分の補正です。


 また、財政調整交付金の普通調整交付金1,490万円、特別調整交付金326万3,000円は、決算見込みによる減額です。


 総務費補助金31万円は、高齢者医療制度円滑運営事業補助金の補正です。


 県支出金の高額医療費共同事業負担金19万1,000円は、高額医療費共同事業に係る県負担金、国民健康保険医療費適正化事業費補助金115万円及び財政調整交付金の普通調整交付金1,220万9,000円は、決算見込みによる減額です。


 また、特定健康診査等負担金20万円は過年度精算分の補正、財政調整交付金の特別調整交付金500万円は決算見込みによる増額です。


 共同事業交付金の高額医療費共同事業交付金332万3,000円は決算見込みによる減額と、保険財政共同安定化事業交付金521万7,000円は決算見込みによる増額です。


 財産収入の利子及び配当金18万7,000円は、決算見込みによる財政調整基金積立金利子の減額です。


 繰入金の保険基盤安定繰入金206万2,000円は確定による減額で、財政調整基金繰入金1,439万4,000円は、歳出に対する収入の不足に対応するための補正です。


 繰越金のその他の繰越金7,199万8,000円は、前年度繰越金の増額です。


 次に、歳出について報告いたします。


 総務費の一般管理費330万4,000円は、高齢者医療制度円滑運営事業に係る需用費7万2,000円、役務費23万8,000円の増額と、システム改修委託料361万4,000円の減額です。


 保険給付費の一般被保険者療養給付費1,500万円、一般被保険者療養費100万円、退職被保険者等療養費20万円、退職被保険者等高額療養費350万円及び葬祭給付費30万円は、決算見込みによる負担金の減額です。また、一般被保険者高額療養費は、国庫負担金等の補正による財源内訳の変更です。


 後期高齢者支援金は、国庫負担金の補正による財源内訳の変更です。


 介護納付金13万2,000円は、確定による減額です。


 共同事業拠出金の高額医療費共同事業拠出金96万3,000円及び保険財政共同安定化事業拠出金911万5,000円は、決算見込みによる減額です。


 保健事業費の特定健康診査等事業費は、国庫負担金等の補正による財源内訳の変更です。また、保健事業総務費35万1,000円は、国保連合会保険者負担金の確定による増額です。


 基金積立金の財政調整基金費18万7,000円は、決算見込みによる財政調整基金積立金の減額です。


 その必要性を認め、全会一致で原案どおり可決すべきものと決定しました。


 次に、議案第26号、平成23年度市川町介護保険事業特別会計補正予算(第3号)について報告いたします。


 今回の補正は、総額3,804万7,000円の増額補正です。


 歳入の国庫支出金の介護給付費負担金679万7,000円は、介護給付費の決算見込みによる増額と、介護給付費調整交付金212万円は、保険給付費の決算見込みによる減額です。


 総務費国庫補助金194万1,000円は、法改正に伴う介護システム改修補助金の補正です。


 県支出金の介護給付費負担金430万5,000円は、介護給付費の決算見込みによる増額です。


 支払基金交付金の介護給付費交付金1,024万9,000円は、決算見込みによる増額です。


 繰入金の一般会計繰入金621万2,000円は、決算見込みによる介護給付費繰入金427万円及び職員給与費等繰入金194万2,000円の増額です。また、介護保険給付費準備基金繰入金1,066万3,000円は、歳出に対する収入の不足に対応するための補正です。


 歳出の総務費の一般管理費388万3,000円は、制度改正に伴う介護システム改修委託料の補正です。


 保険給付費の介護サービス給付費等諸費3,416万4,000円は、決算見込みによる介護給付費3,281万3,000円及び予防給付費135万1,000円の増額です。


 その必要性を認め、全会一致で原案どおり可決すべきものと決定しました。


 最後に、議案第27号、平成23年度市川町後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)について報告いたします。


 今回の補正は、総額958万6,000円の減額補正です。


 歳入の後期高齢者医療保険料は、決算見込みによる特別徴収保険料現年度分857万1,000円及び普通徴収保険料現年度分149万円の減額です。


 繰入金の保険基盤安定繰入金66万6,000円は、確定による減額です。


 繰越金の114万1,000円は、前年度繰越金の増額です。


 歳出の後期高齢者医療広域連合納付金958万6,000円は、決算見込みによる減額です。


 その必要性を認め、全会一致で原案どおり可決すべきものと決定しました。


 審査の過程で、県の行財政改革に伴い町民に負担がかかるものなど、また、本町の財政事情にかかるものなどを含め、委員より指摘など厳しい意見、要望があったことをつけ加えておきます。


 以上で民生教育常任委員会の審査の経過と結果の報告を終わります。


 何とぞ議員各位におかれましては、当委員会の決定どおり御賛同賜りますようお願いいたしまして、報告を終わります。


○議長(稲垣 正一君)


 委員会審査の経過並びに結果の報告は終わりました。


 これより委員長報告に対する質疑に入ります。質疑ございませんか。


        〔質疑なし〕


 以上で質疑を終結し、これより討論に入ります。討論ございませんか。


        〔討論なし〕


 以上で討論を終結し、これより採決に入ります。


 まず、議案第4号、市川町公民館の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例についてを採決します。


 本案を原案どおり可決することに賛成諸君は、挙手願います。


        〔賛成者挙手〕


 挙手多数であります。したがって、議案第4号は、原案どおり可決しました。


 次に、議案第5号、市川町福祉医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例についてを採決します。


 本案を原案どおり可決することに賛成諸君は、挙手願います。


        〔賛成者挙手〕


 挙手多数であります。したがって、議案第5号は、原案どおり可決しました。


 次に、議案第6号、市川町介護保険条例の一部を改正する条例についてを採決します。


 本案を原案どおり可決することに賛成諸君は、挙手願います。


        〔賛成者挙手〕


 挙手多数であります。したがって、議案第6号は、原案どおり可決しました。


 次に、議案第23号、平成23年度市川町学校給食特別会計補正予算(第2号)を採決します。


 本案を原案どおり可決することに賛成諸君は、挙手願います。


        〔賛成者挙手〕


 挙手多数であります。したがって、議案第23号は、原案どおり可決しました。


 次に、議案第25号、平成23年度市川町国民健康保険特別会計補正予算(第3号)を採決します。


 本案を原案どおり可決することに賛成諸君は、挙手願います。


        〔賛成者挙手〕


 挙手多数であります。したがって、議案第25号は、原案どおり可決しました。


 次に、議案第26号、平成23年度市川町介護保険事業特別会計補正予算(第3号)を採決します。


 本案を原案どおり可決することに賛成諸君は、挙手願います。


        〔賛成者挙手〕


 挙手多数であります。したがって、議案第26号は、原案どおり可決しました。


 次に、議案第27号、平成23年度市川町後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)を採決します。


 本案を原案どおり可決することに賛成諸君は、挙手願います。


        〔賛成者挙手〕


 挙手多数であります。したがって、議案第27号は、原案どおり可決しました。





◎日程第4.





 議案第9号及び議案第12号並びに議案第28号を議題とします。


 これより委員会審査の報告を求めます。


 生活排水対策特別委員長、正木幸重君。


○生活排水対策特別委員会委員長(正木 幸重君)生活排水対策特別委員会委員長の正木でございます。


 報告第3号について、3月8日の本会議において、当委員会に付託審査となりました案件は、議案第9号、市川町公共下水道事業受益者分担金徴収条例の一部を改正する条例について外2件であります。


 3月9日に委員会を開催し、審査を行いました。その経過と結果について報告します。


 まず、議案第9号について報告します。


 本条例は、地域主権改革一括法の施行に伴い、下水道法(昭和33年法律第79号)の一部が改正され、一部を平成24年4月1日から施行されることにより、市川町公共下水道事業受益者分担金徴収条例の一部を改正する必要が生じたため、本条例を制定するものです。


 第2条の改正は、下水道法が改正されたことにより、引用する文言の整理です。


 その文言とは、「下水道法の政令で定める事業計画にあっては、都道府県知事の認可を受けなければならない。とあるが、今回の改正は公共下水道管理者が事業計画により定めた」との文言の整理です。


 その必要性を認め、全会一致で原案どおり可決すべきものと決定しました。


 次に、議案第12号について報告します。


 市川町特定環境保全公共下水道中部浄化センターほかの建設については、平成19年12月26日に議会の議決を経て、日本下水道事業団との間で市川町特定環境保全公共下水道中部浄化センターほかの建設工事委託に関する基本協定を締結し、平成19年度から平成23年度までの5カ年にわたり施工してきました。


 最終年度である平成23年度で工事が完了するため、事業費10億4,213万円で3億1,787万円の減額変更の確定により基本協定に定めた予定概算事業費13億600万円を変更する必要が生じたことから、協定の一部を変更する協定を締結するものです。


 その必要性を認め、全会一致で原案どおり可決すべきものと決定しました。


 次に、議案第28号について報告します。


 今回の補正は、主に事業費の減額補正です。


 まず、収益的収入及び支出について報告します。


 収入の他会計補助金は、今回の補正に伴う295万円の減額です。


 支出の処理場費は、中部浄化センターの施設管理に係る需用費230万円の減額です。支払い利息及び企業債取扱諸費は、一時借入金利息の減に伴う65万円減額です。


 次に、資本的収入及び支出について報告します。


 収入の企業債は、事業費の減に伴う1,930万円の減額です。他会計補助金は、今回の補正に伴う308万2,000円の減額です。工事負担金は、受益者負担金の増に伴う190万5,000円の増額です。


 支出の管渠整備費は、事業費の減に伴う1,888万円の減額です。処理場整備費は、事業費の確定に伴う159万7,000円の減額です。


 その必要性を認め、賛成多数で原案どおり可決すべきものと決定しました。


 以上で生活排水対策特別委員会の審査の経過と結果の報告を終わります。


 議員各位におかれましては、当委員会の決定どおり御賛同賜りますようお願い申し上げまして、審査の経過と結果の報告を終わります。


○議長(稲垣 正一君)


 委員会審査の経過並びに結果の報告は終わりました。


 これより委員長報告に対する質疑に入ります。質疑ございませんか。


        〔質疑なし〕


 以上で質疑を終結し、これより討論に入ります。討論ございませんか。


        〔討論なし〕


 以上で討論を終結し、これより採決に入ります。


 まず、議案第9号、市川町公共下水道事業受益者分担金徴収条例の一部を改正する条例についてを採決します。


 本案を原案どおり可決することに賛成諸君は、挙手願います。


        〔賛成者挙手〕


 挙手多数であります。したがって、議案第9号は、原案どおり可決しました。


 次に、議案第12号、市川町特定環境保全公共下水道中部浄化センター他の建設工事委託に関する基本協定の一部を変更する協定の締結についてを採決します。


 本案を原案どおり可決することに賛成諸君は、挙手願います。


        〔賛成者挙手〕


 挙手多数であります。したがって、議案第12号は、原案どおり可決しました。


 次に、議案第28号、平成23年度市川町下水道事業会計補正予算(第2号)を採決します。


 本案を原案どおり可決することに賛成諸君は、挙手願います。


        〔賛成者挙手〕


 挙手多数であります。したがって、議案第28号は、原案どおり可決しました。





◎日程第5.





 議案第13号ないし第21号を一括議題とします。


 これより委員会審査の報告を求めます。


 予算特別委員長、堀田佐市君。


○予算特別委員会委員長(堀田 佐市君)


 予算特別委員会委員長の堀田佐市でございます。


 報告第4号について、予算特別委員会の審査の経過と結果を報告いたします。


 予算特別委員会は、3月8日の本会議において設置され、1番、岩見武三議員、2番、津田義和議員、4番、本間信夫議員、5番、山本芳樹議員、6番、尾塩克己議員、私、堀田佐市の6名が選任され、平成24年度市川町一般会計及び特別会計並びに事業会計、合わせて9会計の予算の審査を付託されました。


 3月14日に委員会を開催し、正副委員長の互選を行い、不肖私が委員長に、尾塩克己議員が副委員長に就任し、引き続き4日間にわたり慎重に審議を行ってまいりました。


 審査に当たりましては、財政の立て直し、社会資本の整備、地域福祉の充実、住民要望に対応した内容であるのか、これまでに議会が指摘した事項が予算に反映されているか等々を主眼に審査を行いました。


 委員会審査において、意見、指摘、要望等の詳細につきましては、各課の審査の中で指摘をしておりますので省略しますが、議論されました主な事項につきましては、各会計の審査報告の中で述べたいと思います。


 本町の平成24年度予算は、景気、雇用状況の低迷などにより、町税収入が減少するほか、歳出面で少子高齢化の進展による社会保障関係経費の増額のため、一般財源の確保が困難であり、財政調整基金を取り崩した予算となっているなど、昨年度に引き続き大変厳しい予算編成となっております。


 平成24年度の予算総額は99億5,432万1,000円で、前年度当初予算総額に対して4,525万8,000円の増額となっております。


 一般会計は50億248万5,000円で前年度に対して4,386万7,000円の減額となっております。


 特別会計の学校給食特別会計は1億6,431万6,000円で前年度に対して1,328万7,000円の増額、リフレッシュパーク市川運営特別会計は1,227万3,000円で前年度に対して6,806万5,000円の減額、国民健康保険特別会計は15億2,660万6,000円で前年度に対して3,954万4,000円の増額、介護保険事業特別会計は12億1,499万7,000円で前年度に対して1億1,270万1,000円の増額、後期高齢者医療特別会計は1億7,426万4,000円で前年度に対して66万4,000円の増額です。


 また、事業会計の下水道事業会計は10億6,913万7,000円で前年度に対して8,963万5,000円の減額、水道事業会計は7億8,822万1,000円で8,052万9,000円の増額、土地開発事業会計は202万2,000円で前年度に対して10万円の増額となっております。


 それでは、議案第13号、平成24年度市川町一般会計予算について申し上げます。


 予算総額は50億248万5,000円で前年度に対して4,386万7,000円の減額、率にして0.9%減となっております。


 主なものは、行財政改革の推進に伴う人件費や物件費、公債費の減、また、緊急雇用就業機会創出基金事業関連経費などが大幅な減となったことによるものです。また、歳出に対する収入の不足額1億6,882万円は、財政調整基金を取り崩した対応となっております。


 まず、歳入の主なものについて申し上げます。


 町税の12億7,659万2,000円は、前年度より2,732万2,000円の減収、対前年度比2.1%減を計上しております。主たるものとして、土地、家屋の評価がえによる固定資産税が大幅な減収です。


 地方譲与税、利子割交付金、株式等譲渡所得割交付金、ゴルフ場利用税交付金、自動車取得税交付金、地方特例交付金、交通安全対策特別交付金は、前年度より2,599万円の減額となっております。


 一方、配当割交付金、地方消費税交付金、地方交付税は、前年度より3,403万円の増額となっております。


 本町の一般財源の大半を占める地方交付税は20億700万で、前年度より3,200万円の増額となっております。また、地方交付税の振りかえ措置である臨時財政対策債を合算した実質的な額は22億7,120万円で、前年度当初より2,660万円の増額、対前年度比1.2%の増となっております。


 分担金及び負担金9,004万9,000円は、前年度より1,210万4,000円の増額、使用料及び手数料3,397万4,000円は、前年度より168万4,000円の減額となっております。


 国庫支出金3億7,211万8,000円は、子ども手当等の制度変更に伴う負担金が減となりましたが、障害者自立支援に係る介護給付費負担金、市川中学校プール改築事業に係る補助金、また、過年発生の公共土木施設災害復旧費補助金などの増により、前年度より1,396万7,000円の増額です。


 県支出金2億7,155万5,000円は、障害者自立支援に係る介護給付費負担金、子ども手当等の制度変更に伴う負担金、緊急ため池整備事業に係る補助金、新規就農総合支援事業交付金などが増となりましたが、緊急雇用就業機会創出基金事業補助金、県議会議員選挙費委託金などの減により、前年度より4,331万4,000円の減額です。


 財産収入954万6,000円は、土地建物貸付料及び各種基金利子、土地売り払い収入等で、前年度より35万9,000円の減額です。


 寄附金245万2,000円は、一般寄附金で、前年度より911万3,000円の減額です。


 繰入金1億8,549万3,000円は、各種基金の繰り入れをしましたが、前年度より6,373万3,000円の減額です。また、財源不足に対応するため財政調整基金1億6,882万円を取り崩しての対応となります。


 繰越金は、前年度剰余見込み額3,000万円です。


 諸収入7,581万6,000円は、前年度より1,015万3,000円の減額です。


 町債4億1,170万円は、地方交付税の振りかえ措置である臨時財政対策債、下水道事業、農地等保全管理事業、道路整備事業、学校教育施設等整備事業及び過年発生の公共土木施設災害復旧事業の6件となっており、前年度より7,770万円の増額となっております。


 次に、歳出の主なものについて報告いたします。


 歳出の人件費は、普通会計ベースでは対前年度比7.9%の減で、主な理由は、共済費で勧奨退職者等に係る退職手当特別負担金が臨時的に増となっているものの、行財政改革の推進による職員数の大幅な削減等により減額となっております。


 物件費は、対前年度比19.3%の減で、主な理由は、緊急雇用就業機会創出基金事業による農家台帳整備事業費、道路安全施設現況調査事業費、住民基本台帳法改正に伴うシステム更新経費、また、リフレッシュパーク市川の休業に伴う運営事業費などの経費の減です。


 維持補修費は、対前年度比17.5%増で、庁舎、道路、学校、幼稚園等の補修に要する経費です。


 扶助費は、生活保護法、児童福祉法等に基づく各種交付金で、対前年度比2.5%の増となっており、主な理由は、少子化対策の一環で実施する乳幼児・こども医療費助成事業(中学校3年生まで無料化)や、児童措置、障害者自立支援などの扶助費の増です。


 補助費等は、各種謝金、保険料、負担金補助及び交付金、一部事務組合負担金等で、対前年度比5.8%減となっております。主な理由は、中播北部行政事務組合負担金、下水道事業会計補助金、消防事務委託料などの減です。


 公債費は、対前年度比4.5%減となっております。今後も財政計画に沿って新規事業を極力抑制し、町債の新規発行を抑えるよう強く要望します。


 積立金は、各種基金の積立金で、対前年度比11.8%の減額となっております。


 建設事業費は、対前年度比208.3%の増となっております。主な理由は、県営事業負担金(ため池)、道路改良事業、市川中学校プール改築事業、過年発生の公共土木施設災害復旧事業などの増によるものです。


 議会費は、8,035万1,000円で、前年度より1,974万5,000円の減額です。


 総務費は、5億9,442万8,000円で、前年度より3,845万4,000円の減額です。内容は、総務管理費4億4,754万6,000円、徴税費8,431万4,000円、戸籍住民基本台帳費6,012万1,000円、選挙費118万円、統計調査費60万円、監査委員費66万7,000円です。重点事業として、地域防災避難訓練事業となっております。また、新規事業として、防災情報等発信事業、地域の夢推進事業(「銀の馬車道」街灯整備、リフレッシュパーク市川周辺整備事業)です。


 民生費は、14億7,784万円で、前年度より955万9,000円の増額です。内容は、社会福祉費9億9,547万9,000円、児童福祉費4億8,236万1,000円です。重点事業として、多子世帯保育料軽減補助金事業、乳幼児・こども医療費助成事業(中学校3年生までの無料化)、防犯灯設置補助金事業となっております。また、新規事業として、子どものための手当支給事業です。


 衛生費は、8億7,216万9,000円で、前年度より7,176万6,000円の減額です。内訳は、保健衛生費4億7,926万9,000円、清掃費3億9,290万円です。重点事業としては、子宮頸がん等ワクチン接種事業、各種がん検診事業、妊婦健康診査助成事業、下水道事業会計補助金となっています。


 農林水産業費は、2億200万9,000円で、前年度より339万4,000円の増額です。内訳は、農業費1億7,892万4,000円、林業費2,286万2,000円、水産業費22万3,000円です。重点事業は、いちかわ地域力発掘支援事業となっています。また、新規事業は、農地・水保全管理支払交付金業、農業者戸別所得補償推進事業、戸別所得補償経営安定推進事業、新規就農総合支援事業です。


 商工費は、1,307万1,000円で、前年度より475万7,000円の減額です。


 土木費は、1億2,833万5,000円で、前年度より2,959万円の減額です。内訳として、土木管理費1,048万5,000円、道路橋梁費1億1,510万9,000円、河川費101万円、住宅費173万1,000円です。


 消防費は、1億8,944万5,000円で、前年度より2,006万4,000円の減額です。新規事業としまして、消防施設整備事業負担金です。


 教育費は、5億8,509万4,000円で、前年度より5,528万9,000円の増額です。内訳は、教育総務費1億7,311万8,000円、小学校費9,309万5,000円、中学校費1億5,832万2,000円、幼稚園費2,677万8,000円、社会教育費1億1,223万4,000円、保健体育費2,154万7,000円でございます。重点事業は、人権教育振興事業となっております。また、新規事業としまして、市川中学校プール改築事業です。


 公債費は、7億5,368万2,000円で、前年度より3,073万6,000円の減額です。


 以上、歳入歳出の主なものを申し上げましたが、審査の過程で意見、指摘、要望等議論された主なものについて申し上げます。


 歳入につきましては、町税の徴収につきましては日夜努力されておりますが、税等の徴収率の向上については、現年度分の徴収を初め、滞納分につきましてもより一層努力されることを要望いたします。


 また、空き家対策等、人口増につながる施策を求めるとともに、遊休地の処分も含めた利活用や各施設の利用率改善を図り、自主財源の確保を要望いたします。


 なお、今回審査の中で課長から文化センター使用料の町民減免措置を規則で図るとの説明を受けましたが、受益者負担の公平性から見て、不適切であると指摘をしておきます。


 次に、歳出について申し上げます。


 負担金、団体補助金、事務事業等、さらなる見直しの努力をされるよう要望いたします。


 民生費では、少子化対策及び人口増の対策として、乳幼児・こども医療の無料化を予算化されておりますが、実施後の医療費の動向と政策効果を十分に精査されるよう強く要望いたしておきます。


 衛生費では、各種がん検診事業が重点施策として取り組みをされておりますが、さらなる検診率の向上を要望します。


 農林水産業費では、高齢化や後継者不足に伴う対策が今年度に予算化されておりますが、今後ともこれらの政策が続いていきますように要望しておきます。


 消防費は、初期消火を第一と考え、地域住民を含めた柔軟な消防団組織を検討していただくよう要望いたします。


 土木費は、前年度に比べて減額となっておりますが、引き続き生活道路等において改修箇所が偏在しないよう要望いたします。


 教育費では、教育環境の充実を図られるよう強く要望いたします。


 災害復旧費については、早期完工を強く要望いたします。


 以上で一般会計予算の報告を終わります。


 次に、議案第14号、平成24年度市川町学校給食特別会計予算について報告いたします。


 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ1億6,431万6,000円で、前年度より1,328万7,000円の増額となっております。


 歳入の主なものは、給食費負担金5,652万1,000円で、1人当たりの月額は、小学校で4,300円、中学校で4,800円、幼稚園で4,200円となっています。


 繰入金1億779万3,000円は、一般会計からの繰入金で、前年度より1,399万2,000円の増額です。


 歳出の主なものとして、総務費1億779万5,000円は、職員の人件費、給食用の消耗品費、施設の光熱水費、修繕費、施設管理委託料等でございます。


 事業費5,652万1,000円は、給食原材料費です。


 給食材料については、なかなか難しい面はありますが、地産地消面からも地元生産者との協力体制を図られるよう要望します。


 毎年のことですが、園児、児童、生徒の健全育成のため、バランスのとれた調理の実施、また、施設の老朽化が進んでいるとの報告を受けているが、衛生管理の面からも早急に施設の整備を要望いたします。


 次に、議案第15号、平成24年度市川町リフレッシュパーク市川運営特別会計予算について報告します。


 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ1,227万3,000円で、前年度より6,806万5,000円の減額となっております。


 歳入の主なものについて報告します。


 繰入金1,227万2,000円は、一般会計繰入金で、前年度より1,245万1,000円の減額です。


 次に、歳出の主なものについて報告します。


 歳出については、施設維持管理費及び公債費です。


 この予算については、平成25年4月1日の指定管理者制度に向けて、今年度は、維持管理費に重点を置いた予算になっておりますが、施設の維持管理等の内容を精査するにおいて、予算額では不足するとの説明を受けています。


 また、総務費に計上してあります地域の夢推進事業の工事請負費の中にあります遊具の設置は、この時期に必要であるのか、慎重に検討されたい。


 それらの点を踏まえ、できるだけ早く指定管理者制度に移行できるよう指摘しておきます。


○議長(稲垣 正一君)


 暫時休憩いたします。再開予定は午後1時とします。なお、この間に昼食とします。


      午前11時55分休憩





      午後 0時58分再開


○議長(稲垣 正一君)


 休憩前に引き続き会議を開きます。


 予算特別委員長、堀田佐市君。


○予算特別委員会委員長(堀田 佐市君)


 それでは、引き続きよろしくお願いします。


 次に、議案第16号、平成24年度市川町国民健康保険特別会計予算について報告いたします。


 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ15億2,660万6,000円で、前年度より3,954万4,000円の増額となっております。


 歳入の主なものについて報告します。


 国民健康保険税3億6,913万2,000円は、前年度より1,747万円の増額です。


 国庫支出金3億8,598万2,000円は、前年度より343万2,000円の増額です。


 療養給付費交付金9,644万9,000円は、前年度より64万3,000円の減額です。


 前期高齢者交付金2億9,149万9,000円は、前年度より546万1,000円の減額です。


 県支出金1億643万円は、前年度より2,156万5,000円の増額です。


 共同事業交付金1億7,699万9,000円は、前年度より120万6,000円の増額です。


 繰入金9,760万7,000円は、前年度より197万5,000円の増額です。


 諸収入は200万5,000円です。


 歳出の主なものについて報告します。


 総務費3,124万8,000円は、前年度より510万5,000円の減額です。


 保険給付費10億4,383万5,000円は、前年度より1,968万円の増額です。


 後期高齢者支援金等1億7,712万7,000円は、前年度より1,766万2,000円の増額です。


 前期高齢者納付金等21万1,000円は、前年度より25万3,000円の減額です。


 老人保健拠出金は、1万1,000円です。


 介護納付金8,145万5,000円は、前年度より720万2,000円の増額です。


 共同事業拠出金1億7,699万9,000円は、前年度より120万6,000円の増額です。


 保健事業費1,111万8,000円は、前年度より84万8,000円の減額です。


 医療費の無料化に伴い、その他一般会計繰入金として約200万円のペナルティーを受けているとの説明を受けています。国保会計の安定化と健康保険特定健診の充実を図りながら給付費の抑制を図られたい。


 なお、多額の滞納金が発生しているが、徴収業務にさらなる努力を要望いたします。


 次に、議案第17号、平成24年度市川町介護保険事業特別会計予算について報告します。


 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ12億1,499万7,000円で、前年度より1億1,270万1,000円の増額となっております。


 歳入の主なものは、介護保険料2億4,808万5,000円で、前年度より6,943万5,000円の増額です。


 国庫支出金2億6,618万6,000円は、前年度より911万1,000円の増額です。


 県支出金1億7,212万7,000円は、前年度より1,849万4,000円の増額です。


 支払基金交付金3億1,799万円は、前年度より1,603万3,000円の増額です。


 繰入金2億21万6,000円は、前年度より194万4,000円の増額です。


 新予防サービス事業収入454万7,000円は、前年度より195万9,000円の減額です。


 諸収入572万1,000円は、前年度より33万2,000円の減額です。


 歳出の主なものは、総務費5,699万3,000円で、前年度より82万1,000円の増額です。


 保険給付費10億8,590万9,000円は、前年度より8,887万9,000円の増額です。


 地域支援事業費4,206万7,000円は、前年度より166万9,000円の減額です。


 新予防サービス事業237万9,000円は、前年度より258万8,000円の減額です。


 介護保険料に係る月額の基準額については、県下12町のうち5番目に高い保険料になるとの報告がありました。ますます増加する介護保険給付の抑制に努められたい。


 次に、議案第18号、平成24年度市川町後期高齢者医療特別会計予算について報告します。


 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ1億7,426万4,000円です。


 歳入の主なものは、後期高齢者医療保険料1億2,370万円で、前年度より303万8,000円の増額です。


 繰入金5,026万円は、一般会計繰入金で、前年度より247万4,000円の減額です。


 歳出の主なものは、総務費1,543万円で、前年度より513万4,000円の減額です。


 後期高齢者医療広域連合納付金1億5,853万4,000円は、前年度より569万8,000円の増額です。


 次に、議案第19号、平成24年度市川町下水道事業会計予算について報告します。


 本年度は、農業集落排水事業並びにコミュニティプラントにおいては、昨年度同様8処理区の施設管理と坂戸処理場の機能強化工事等を予定しており、公共下水道事業においては、特定環境保全公共下水道事業中部処理区の管渠整備に係る詳細設計委託、面整備工事、舗装本復旧工事、水道補償、中部浄化センターの施設管理となっています。


 業務の予定量として、接続戸数は農業集落排水事業が560戸、コミュニティプラントが450戸、公共下水道事業120戸の9処理区合わせて1,130戸となり、年間総排出水量は37万立方メートル、1日平均では1,000立方メートルを予定しております。


 収益的収入は1億5,720万7,000円、収益的支出は3億476万8,000円を予定しております。


 資本的収入は7億6,436万9,000円、資本的支出は7億6,436万9,000円を予定しております。


 中部浄化センターは、一部供用を開始されておりますが、つなぎ込みの推進を図られるとともに、全面供用開始に向けての努力を期待いたします。


 また、南部処理区の推進につきましても一層の努力を要望いたします。


 次に、議案第20号、平成24年度市川町水道事業会計予算について報告します。


 本年度も、下水道工事に伴う配水管布設がえ工事を初め、老朽水道管の更新並びに水源地施設の改良を予定しております。


 業務の予定量として、給水戸数は、町内が5,030戸、加西市は1万6,300戸を予定しております。また、1日平均の給水量は、町内が3,969立方メートル、加西市は5,100立方メートルを予定しております。


 収益的収入は4億800万7,000円、収益的支出は3億9,928万6,000円で、収支差し引き額は872万1,000円の黒字ですが、損益としては83万6,000円の赤字となります。


 また、資本的収入は2億3,533万5,000円、資本的支出は3億8,893万5,000円を予定しております。


 資本的収入額が資本的支出額に対して不足する額1億5,360万円は、当年度損益勘定留保資金と、当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額で補てんいたします。


 安全な水の供給のために、現在、有収率のアップに向けて計画的な配水管布設工事の推進と歳出抑制のための方策を早急に実施されるよう求めます。また、さらなる経営改善を図り、安易な値上げは行わないように強く要望いたします。


 次に、議案第21号、平成24年度市川町土地開発事業会計予算について報告します。


 業務の予定量は、鶴居森林工場公園工業団地等の土地維持管理を予定しております。


 収益的収入は28万6,000円で、収益的支出は202万2,000円を予定しております。


 趣旨目的に沿った事業計画を強く要望いたします。


 以上で平成24年度一般会計及び特別会計並びに事業会計について申し上げました。


 最後に、本委員会の採決の結果を申し上げます。


 議案第13号及び議案第14号並びに議案第19号並びに議案第21号については全会一致で、議案第15号ないし第18号並びに議案第20号については賛成多数で、いずれも原案どおり可決すべきものと決定いたしました。


 議員各位におかれましては、当委員会の決定どおり御賛同賜りますようお願いいたしまして、予算特別委員会の審査の経過と結果の報告を終わります。どうぞよろしくお願いいたします。


○議長(稲垣 正一君)


 委員会審査の経過並びに結果の報告は終わりました。


 暫時休憩します。なお、再開予定は1時35分といたします。


      午後1時16分休憩





      午後1時33分再開


○議長(稲垣 正一君)


 休憩前に引き続き会議を開きます。


 これより委員長報告に対する質疑に入ります。質疑ございませんか。


        〔質疑なし〕


 以上で質疑を終結し、これより討論に入ります。反対討論ございませんか。


 11番、重里英昭君。


○11番(重里 英昭君)


 議席番号11番、重里英昭です。24年度の予算に対しての反対討論を行いたいと思います。


 本町の財政状況を見ると、税の増収は見込めず、予算規模についても前年比0.5%増であり、財政調整基金を取り崩さなければならないような状況である。また、現在まで財政危機突破工程表に基づく行財政改革が甘く、せっかくつくった工程表にはほど遠い始末であり、出さなくてもよいような補助金や分担金を何も考えずに出している。町長及び町の幹部職員は、赤字財政のことを何も考えずに予算を組んでおる。


 次期の予算に関係してくる住宅貸付金及び水道料金の長期滞納者の債権について、町民が納得できる回収努力が見えない中で債権放棄を行政が一方的に行おうとしていることは、権利は強く主張するが義務は果たさない、このようなことを行政が許すべきでなく、このことについても、長年にわたってまじめに完済した人及び今一生懸命に返済している人たちにも返済しなくてもよいと。行政への不信は募るばかりである。行政全体の責任である。市川町職員はもっと滞納者への徴収に努力すべきである。このようなことを認めるわけにはいかない。一議員として私は当予算に反対するものであります。


○議長(稲垣 正一君)


 賛成討論ございませんか。


 6番、尾塩克己君。


○6番(尾塩 克己君)


 議席番号6番、尾塩克己です。私は、一般会計外8会計に賛成の立場から討論に参加します。


 平成24年度予算は、歳出に対して収入が不足する額を財政調整基金を取り崩しての編成になっております。


 本町の重要な財源を占める町税は、依然として景気、雇用の低迷により増収は見込めず、また、地方交付税も地域主権改革の推進に伴う拡充が求められるものの、震災などの影響や国の深刻な財政状況を踏まえれば慎重に見込まざるを得ない状況であり、今後も一般財源の確保が厳しい状況であります。


 一方、歳出面では、行財政改革の推進による人件費や公債費において効果が見込まれるように思うが、少子高齢化の進展による社会保障関係経費の自然増などにより、扶助費や介護保険事業など特別会計の繰出金、ごみ処理施設、し尿処理施設に係る一部事務組合への負担金、特定環境保全公共下水道事業の推進に伴う補助金が今後増加する見込みであります。


 このような厳しい状況下での予算編成ではあるが、当初予算として、町政の根幹であることは論をまたない。


 限られた予算の中で、すべての人に優しい町民サービスに重点を置いた町づくりの実現に向け、子育て支援を初め、健康・医療、教育環境、道路橋梁整備、災害復旧、下水道事業の推進、防災対策などの安全・安心事業などをそれぞれの会計予算の中で進めていかなければならないと思います。


 また、リフレッシュパーク市川は、本年度は住民サービスの質の向上を図っていくため、指定管理者制度の導入を目指した予算措置となっています。


 これまで財政危機突破工程表に基づく行財政改革に取り組んでいるが、現在計画している事業、将来の新たな行政諸課題に対応するため、本町の財政状況を改めて認識した上で、情勢の変化に的確かつ機動的に対応しながら、さらなる事務事業の見直し、施策調整に努め、財政基盤の強化を図ること、また、各種滞納金整理などについては引き続き努力されることを要望し、私は、一般会計外8会計予算すべてに賛成いたします。よろしくお願いいたします。


○議長(稲垣 正一君)


 反対討論ございませんか。


 1番、岩見武三君。


○1番(岩見 武三君)


 議席番号1番、岩見武三です。議案第15号、平成24年度市川町リフレッシュパーク市川運営特別会計予算に反対の立場から討論に参加します。


 本予算は、一酸化炭素中毒事件を受け、閉館中の施設に指定管理者制度を導入し来年4月に再オープンするまでの維持管理費と公債費の最低必要な経費のみが計上されています。


 施設維持管理委託料として150万円が計上されていますが、施設の外回りの管理委託が主な内容で、施設内部の管理はなく、担当者が週に二、三回程度出向き、窓をあけ掃除をする程度と聞きます。その程度で現状の状態を維持管理できるのでしょうか。


 また、光熱水費としてわずか30万円が計上されています。リフレッシュパーク全体の光熱水費が年間30万、月2万5,000円程度で賄えるのでしょうか。冷蔵庫や冷凍庫などは、電源を入れておかなければ傷みやすい。先ほどの委員長の報告にもありましたが、この金額では不足するのではないかという指摘もありました。


 どうしてあのような事故が起きてしまったのか、その原因を究明し、再発防止の対策をしっかり立てて、運営マニュアルを町の責任でつくり、それに基づいて規模を縮小してでも運営しながら問題点を検証していく、そうすることによって施設の管理もできるし、傷みにくいと思います。運営しながらその問題点を整理しつつ、必要があれば指定管理者制度の導入を検討していく、そういう方法があるのではないでしょうか。


 町としての責任を明らかにしないまま、大切な施設に指定管理者制度を導入すればすべてうまくいくという、そのような安易な考えで立てられた予算ではないかと疑問を感じます。1年間閉めておくのではなく、規模を縮小してでも運営できる予算にすべきである。よって、本予算案に反対します。


 それから、第17号、平成24年度市川町介護保険事業特別会計予算に反対する立場から、同じく討論に参加します。


 介護保険料は、介護保険サービスに要した費用から利用者負担を差し引いた給付費で決まります。そのために、高齢化が進み介護サービスを利用する人がふえれば保険料値上げに連動するという基本的な矛盾を持った制度です。


 今回、第5期、第1号被保険者の保険料は、前年度予算1億7,865万円に対して本年度予算は2億4,808万5,000円と、6,943万5,000円、大きな増額になっています。基準額で見ると4万9,200円から6万円と22%の負担増になります。このような大きな保険料の負担増軽減を求める住民の要望にこたえて、県は軽減交付金850万7,000円を交付し、61円の軽減措置を行いました。


 本町には、4期までの準備基金残高4,000万円があります。本年度予算で準備基金積立金として2,740万7,000円を計上しています。残高と合わせると約6,700万円の準備基金になります。


 高騰する保険料負担軽減のために、23年度予算では準備基金の一部1,072万6,000円が取り崩され計上されました。しかし、本年度は計上されていません。軽減措置が全くとられていないのです。22%増という大きな負担増になるときだからこそ、4期までに積み立てられた準備基金残高4,000万円の一部を取り崩し、保険料を軽減すべきであります。


 本町として負担軽減措置もとらずに住民に大きな負担増をかける本予算案に反対することを表明して、討論を終わります。ありがとうございました。


○議長(稲垣 正一君)


 賛成討論ありませんか。


       〔賛成討論なし〕


 以上で討論を終結し、これより採決に入ります。


 まず、議案第13号、平成24年度市川町一般会計予算を採決します。


 この採決は、起立によって行います。


 本案を原案どおり可決することに賛成諸君は、起立願います。


        〔賛成者起立〕


 起立多数であります。したがって、議案第13号は、原案どおり可決しました。


 次に、議案第14号、平成24年度市川町学校給食特別会計予算を採決します。


 本案を原案どおり可決することに賛成諸君は、挙手願います。


        〔賛成者挙手〕


 挙手多数であります。したがって、議案第14号は、原案どおり可決しました。


 次に、議案第15号、平成24年度市川町リフレッシュパーク市川運営特別会計予算を採決します。


 本案を原案どおり可決することに賛成諸君は、挙手願います。


        〔賛成者挙手〕


 挙手多数であります。したがって、議案第15号は、原案どおり可決しました。


 次に、議案第16号、平成24年度市川町国民健康保険特別会計予算を採決します。


 本案を原案どおり可決することに賛成諸君は、挙手願います。


        〔賛成者挙手〕


 挙手多数であります。したがって、議案第16号は、原案どおり可決しました。


 次に、議案第17号、平成24年度市川町介護保険事業特別会計予算を採決します。


 本案を原案どおり可決することに賛成諸君は、挙手願います。


        〔賛成者挙手〕


 挙手多数であります。したがって、議案第17号は、原案どおり可決しました。


 次に、議案第18号、平成24年度市川町後期高齢者医療特別会計予算を採決します。


 本案を原案どおり可決することに賛成諸君は、挙手願います。


        〔賛成者挙手〕


 挙手多数であります。したがって、議案第18号は、原案どおり可決しました。


 次に、議案第19号、平成24年度市川町下水道事業会計予算を採決します。


 本案を原案どおり可決することに賛成諸君は、挙手願います。


        〔賛成者挙手〕


 挙手多数であります。したがって、議案第19号は、原案どおり可決しました。


 次に、議案第20号、平成24年度市川町水道事業会計予算を採決します。


 本案を原案どおり可決することに賛成諸君は、挙手願います。


        〔賛成者挙手〕


 挙手多数であります。したがって、議案第20号は、原案どおり可決しました。


 次に、議案第21号、平成24年度市川町土地開発事業会計予算を採決します。


 本案を原案どおり可決することに賛成諸君は、挙手願います。


        〔賛成者挙手〕


 挙手多数であります。したがって、議案第21号は、原案どおり可決しました。





◎日程第6.





 議案第30号、人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについてを議題とします。


 これより提案者の説明を求めます。


 町長、岡本修平君。


○町長(岡本 修平君)


 人権擁護委員、橋本洋子氏の任期が平成24年6月30日をもって満了するので、その後任に重里和美氏を推薦したいということでございます。


 詳細につきましては、担当より説明をいたしますので、よろしくお願いします。


○議長(稲垣 正一君)


 総務課長、尾花君。


○(総務課長)


 議案第30号を提案し、説明をいたします。朗読します。


 〔議案第30号 朗読〕


 次のページをお開きください。参考資料でございます。重里和美氏略歴でございます。


 1、学歴。昭和49年3月、神戸女子大学文学部教育学科卒業。


 2、職歴。昭和49年4月、香寺町立香呂小学校教諭。昭和49年5月から昭和56年3月まで、福崎町立田原小学校教諭。昭和56年4月から昭和63年3月まで、香寺町立中寺小学校教諭。昭和63年4月から平成9年3月まで、香寺町立香呂小学校教諭。平成9年4月から平成13年3月まで、市川町立川辺小学校教諭。平成13年4月から平成19年3月まで、市川町立甘地小学校教頭。平成19年4月から平成22年3月まで、神河町立越知谷小学校校長。平成22年4月から平成24年3月まで、市川町立甘地小学校校長。


 以上でございます。よろしくお願いします。


○議長(稲垣 正一君)


 以上で説明は終わりました。


 これより質疑に入ります。


 9番、堀田佐市君。


○9番(堀田 佐市君)


 9番、堀田佐市でございます。


 課長、ちょっとこの任期は何年あるのかということと、それから、今現在何人が、けさも言いよったけども、だれそれがされておるのかということと、この人らの仕事はどういう仕事をされるのか、この辺だけちょっと説明していただきたいと思います。


○議長(稲垣 正一君)


 総務課長、尾花君。


○(総務課長)


 堀田議員の御質問にお答えします。


 まず、人権擁護委員の任期でございますが、3年間でございます。


 それから、市川町の人権擁護委員をお願いしております方は、今現在は橋本洋子様、林田正憲様、岡本明雄様、この3名でございます。


 それから、人権擁護委員さんのお仕事でございますが、人権擁護委員法にあります委員の使命を朗読させていただきます。人権擁護委員は、国民の基本的人権が侵されることのないように監視し、もしこれが侵された場合には、その救済のため、速やかに適切な処置をとるというふうに書いてございます。以上でございます。


○議長(稲垣 正一君)


 ほかございませんか。


        〔質疑なし〕


 以上で質疑を終結し、これより討論に入ります。討論ありませんか。


        〔討論なし〕


 以上で討論を終結し、これより採決に入ります。


 議案第30号、人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについてを採決します。


 重里和美氏を適任者と認めることに賛成諸君は、挙手願います。


        〔賛成者挙手〕


 挙手全員であります。したがって、重里和美氏を適任者と認めることについては、同意されました。





◎日程第7.





 委員会の閉会中の継続調査の申し出を議題とします。


 お諮りします。各常任委員会及び議会運営委員会並びに各特別委員会の各委員長からの所管事務の閉会中の継続調査の申し出を許可することに御異議ありませんか。


    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


 異議なしと認めます。したがって、各委員長の申し出どおり許可することに決定しました。


 以上で本日の日程は終わりました。


 今期定例会に付議されました議案を議了しましたので、第1回定例会を閉会したいと思いますが、これに御異議ありませんか。


    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


 異議なしと認めます。したがって、平成24年第1回市川町議会定例会を閉会いたします。


      午後1時56分閉会





◎議長あいさつ





 閉会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。


 今期定例会は、去る3月1日開会以来、29日間にわたる会期でありました。


 定例会におきましては、条例の改正ほか、平成24年度一般会計予算を初め、各特別会計予算並びに事業会計予算、平成23年度補正予算などの重要案件でありました。


 議員各位におかれましては、本会議の一般質問、委員会の付託審査を通して終始極めて熱心に御審議いただき、それぞれ妥当な結論をもって全議案が議了できましたことは、町政のためまことに御同慶にたえません。


 特に予算特別委員会の皆様には、連日、長時間にわたり活発な質疑を通し御審議いただきありがとうございました。


 さて、我が国の政治経済は、バブル崩壊後、いまだに明るい未来が見えない状況が続いております。また、昨年3月11日に発生した東日本大震災、原発事故の影響は、今なお被災地の人々を苦しめております。一日も早く復興が進むよう心から願うとともに、復興の足かせとなっている災害廃棄物の広域処理問題の解決をしなければなりません。東日本大震災における影響により、地方自治体に厳しい財政運営を今後も引き続き強いられることは必至であります。


 新年度予算は、予算特別委員長より報告があったとおりでありますが、理事者におかれましては、議会の指摘した事項にも十分配慮され予算の執行をされるよう強く要望します。


 本町は、中長期的に見れば、下水道、道路の社会資本整備、教育環境の整備等々、多くの課題が山積しておりますが、住民福祉向上のため着実に前進させなければなりません。


 いよいよ桜花らんまんの春を迎えますが、議員各位、理事者、職員の皆さんには、健康に留意され、それぞれの立場で町政発展のために御精励賜りますことをお願い申し上げまして、閉会のあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。





◎町長あいさつ





 平成24年第1回市川町議会定例会の閉会に当たり、一言ごあいさつを申し上げます。


 本定例会は、3月1日に開会、本日まで29日間の長期にわたり開催をされました。


 今回は非常に厳しい財政状況が続く中、住民サービスの向上を目指した予算編成であります。人口が激減する中、即効性は期待できないかもしれませんが、子育て支援の一環として盛り込みました中学3年生までの医療費の無料化など、当町としては思い切った予算編成を行っております。


 今定例会に付議いたしました報告1件、議案29件、人事案件1件につきまして、議員の皆様方には長期間慎重に御審議をいただき、適切妥当な御議決を賜りありがとうございました。それぞれの審議の過程で述べられました意見を十分反映させ、誠実に町政を進めてまいりますので、議員各位におかれましては、今後とも御指導、御鞭撻をよろしくお願いいたします。


 今定例会での主なものとして、先ほどの中学3年生までの医療費の無料化を初めとし、甘地北子踏切の用地取得による開通見通し、また、文化センターの利用者ニーズの拡大を図って、市川町民が利用される場合の使用料金の改定、そしてリフレッシュパーク市川の指定管理者制度移行による経営改善など、確実に一歩一歩進めてまいるつもりでございます。


 これからの行政は、議会、行政、住民が一体となって情報開示を進め、相互理解を深めながら町を運営していくことが必要だと考えております。職員の意識改革を初めとする来期に向けての機構改革、人事評価の構築を視野に入れ、新しい開かれた住民目線の住民サービスに特化した市川町をつくっていきたいと考えております。


 いよいよ春の足音も近づいてまいりました。議員各位におかれましては、これからもますます御健勝で町政発展のために御尽力いただきますようお願いをいたし、閉会のあいさつとさせていただきます。どうもありがとうございました。