議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 市川町

平成23年第3回定例会(第1日 6月 3日)




平成23年第3回定例会(第1日 6月 3日)





   平成23年第3回(第436回)市川町議会(定例会)会議録(第1日)





 
 平成23年6月3日、平成23年第3回(第436回)市川町議会定例会は市川町役場に招集された。





〇応招(出席)議員    14人               欠席


┌───┬─────────┬────┬────┬─────────┬────┐


│議員 │         │    │議員  │         │    │


│   │  氏名     │ 備考 │    │  氏名     │ 備考 │


│番号 │         │    │番号  │         │    │


├───┼─────────┼────┼────┼─────────┼────┤


│   │         │    │    │         │    │


│ 1 │ 堀 次 幸 夫 │    │ 8  │ 石 川   登 │    │


│   │         │    │    │         │    │


├───┼─────────┼────┼────┼─────────┼────┤


│   │         │    │    │         │    │


│ 2 │ 重 里 英 昭 │    │ 9  │ 木 村 靖 夫 │    │


│   │         │    │    │         │    │


├───┼─────────┼────┼────┼─────────┼────┤


│   │         │    │    │         │    │


│ 3 │ 多 田 一 昭 │    │ 10  │ 前 田 誠 一 │    │


│   │         │    │    │         │    │


├───┼─────────┼────┼────┼─────────┼────┤


│   │         │    │    │         │    │


│ 4 │ 尾 塩 克 己 │    │ 11  │ 岩 ? 敬 三 │    │


│   │         │    │    │         │    │


├───┼─────────┼────┼────┼─────────┼────┤


│   │         │    │    │         │    │


│ 5 │ 稲 垣 正 一 │    │ 12  │ 正 木 幸 重 │    │


│   │         │    │    │         │    │


├───┼─────────┼────┼────┼─────────┼────┤


│   │         │    │    │         │    │


│ 6 │ 村 田 敏 朗 │    │ 13  │ 多 田 満 広 │    │


│   │         │    │    │         │    │


├───┼─────────┼────┼────┼─────────┼────┤


│   │         │    │    │         │    │


│ 7 │ 青 木 康 文 │    │ 14  │ 堀 田 佐 市 │    │


│   │         │    │    │         │    │


└───┴─────────┴────┴────┴─────────┴────┘





〇不応招(欠席)議員


       な し





〇議事に関係した事務局職員


    局長    西 村 隆 善      主査      星 住 靖 子


                       係長      藤 田 雅 彦





〇会議に出席した職員及び委員


  町長      尾 ? 光 雄      税務課長    高 松 卓 也


  副町長     藤 原   茂      健康福祉課長  中 岡 輝 昭


  総務参事    青 木   繁      地域振興課長  岡 本 勝 行


  民生参事兼住民環境課長


          岡 本   均      会計管理者   岡 本 哲 夫


  事業参事    藤 本 茂 樹      下水道課長   広 畑 一 浩


  水道事業参事兼水道局長


          岡 本 良 栄      教育長     古 隅 利 量


  総務課長    尾 花 哲 也      学校教育課長  中 塚 進 悟


  管財課長    近 藤 光 則      生涯学習課長  原 田 和 幸





議 事 日 程





日程第1


  議員派遣について


日程第2


  会議録署名議員の指名


日程第3


  会期の決定


日程第4


  報告第1号ないし第4号並びに議案第29号ないし第35号


   〔一括上程提案説明〕








      午前9時29分開会


○議長(堀田 佐市君)


 皆さん、おはようございます。開会に当たり、一言ごあいさつ申し上げます。


 議員各位には、極めて御健勝にて御参集賜り、本日ここに第3回市川町議会定例会が開催されますことは、町政のためまことに御同慶にたえません。


 さて、今期定例会は、条例の改正及び平成23年度補正予算等を御審議願うこととなっております。


 議員各位におかれましては、住民福祉向上のため、十分に審議を尽くしていただき、適切妥当な結論が得られるようにお願いを申し上げまして、開会のあいさつといたします。


 この際、御披露申し上げます。


 堀次幸夫議員、稲垣正一議員、青木康文議員におかれましては、先般開催されました第62回兵庫県町議会議長会定期総会におきまして、議員在職15年以上の全国町村議会議長会自治功労者表彰を受けられました。長年にわたり住民福祉の向上に尽力された功績が評価されたものであります。ここに御披露申し上げますとともにお祝いを申し上げます。


 ここで、町長よりごあいさつがあります。


 町長、尾?光雄君。


○町長(尾? 光雄君)


 おはようございます。平成23年第3回市川町議会定例会の開会に当たり、一言ごあいさつを申し上げます。


 今回の議会は、私にとりましても、議員の皆さんにとりましても今任期最後の定例会となります。議員の皆さんとともに、この4年間を振り返りながら、次期の町政に受け継がれる建設的な議論を期待いたしております。よろしくお願いいたします。


 さきの定例会以後の主な動きについて、都合により次の開会日に報告させていただきます。


 3月11日の東日本大震災は、原発の事故が加わり、多くの被災者を出しました。想定を超えた津波が原因とはいえ、政府の対策のおくれによる被害の救済の長期化と深刻な不安を拡大しています。町におきましては、町民の協力を得て、直後に救援物資、義援金募集などを行いましたが、引き続き関西広域連合による職員の計画的派遣を行っております。


 1月から3月の間に行いました行政懇談会において、町政の第1の柱として安全・安心の対策を上げましたが、その中で、町の本来の責務は、住民の命と財産を守ること、安心して暮らせる町づくりであるとして、自然災害に対する備えと安全の確保を重点的に説明をしてまいりました。これは、一昨年のゲリラ豪雨による佐用町などの水害を念頭に置いたものでしたが、その最中に起きた東日本の震災に、自然の猛威と被害想定の甘さを思い知らされました。


 私たちの大家は大自然。何が起こるかわかりません。どのような事態にも耐えられる平素からの防災対策、災害時の減災、救命、救護、救援、それぞれに尺度を合わせた町づくりの必要性を強く感じました。林野、河川の整備、農地、工場などの産業基盤の整備なども、まず、防災、安全の尺度を当てて、うがった表現をすると「何でも来い」の町づくりがまさに町づくりの基本でなければならないと強く感じております。その上に、美しく、元気な、楽しい市川町を築くことこそ肝要と考えております。


 平成23年度も、はや2カ月を経過しました。いよいよ本格的に事業に着手する時期に入ってまいりますが、予定されている事業については、効率的かつ効果的に実施し、町民のニーズにこたえてまいります。


 さて、今回の定例会には、平成23年度市川町一般会計補正予算(第1号)外10議案を提案させていただきます。


 詳細につきましては、上程されました議案ごとに説明を行います。何とぞ慎重に御審議の上、妥当な御議決を賜りますようよろしくお願いいたします。


○議長(堀田 佐市君)


 町長のあいさつは終わりました。


 ただいまの出席議員は14人で定足数に達しておりますので、平成23年第3回市川町議会定例会を開会し、これより本日の会議を開きます。


 日程に先立ち、御報告申し上げます。


 平成23年第2回定例会において可決しました脳脊髄液減少症の診断・治療の確立を求める意見書、中小業者の自家労賃を必要経費として認めることの意見書及びTPPの参加に反対する意見書並びに取調べの可視化など刑事訴訟法の改正を求める意見書については、衆議院議長ほか関係大臣にそれぞれ提出をしました。


 本日提案されます議案は、議案表のとおり、報告第1号、平成22年度市川町繰越明許費繰越計算書の報告について外10件であります。


 地方自治法第121条の規定により、町長、教育長ほか補助職員の出席を求めております。


 本日の議事日程並びに今期定例会の運営については、5月27日に議会運営委員会を開催しました結果、御案内のとおりであります。御協力のほどよろしくお願いいたします。


 これより日程に入ります。





◎日程第1.





 議員派遣についてを議題とします。


 議員派遣について、お手元に配付のとおり、市川町議会会議規則第122条第1項ただし書きの規定により、議長において決定し、議員を派遣したので報告します。





◎日程第2.





 会議録署名議員の指名については、会議規則第120条の規定により、6番、村田敏朗君、7番、青木康文君、以上両君にお願いいたします。





◎日程第3.





 会期の決定を議題とします。


 お諮りします。今期定例会の会期は、本日より6月23日までの21日間としたいと思いますが、御異議ありませんか。


    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


 異議なしと認めます。したがって、今期定例会の会期は、本日より6月23日までの21日間と決定しました。





◎日程第4.





 報告第1号ないし第4号並びに議案第29号ないし第35号を一括議題とします。


 これより提案者の説明を求めます。


 町長、尾?光雄君。


○町長(尾? 光雄君)


 ただいま上程になりました報告第1号、平成22年度市川町繰越明許費繰越計算書の報告について外10件につきましては、それぞれ担当より詳細、提案の説明をさせていただきます。よろしくお願いいたします。


○議長(堀田 佐市君)


 管財課長、近藤君。


○(管財課長)


 それでは、報告第1号を報告いたします。まず朗読いたします。


 〔報告第1号 朗読〕


 以上でございます。御承認のほどよろしくお願いいたします。


○議長(堀田 佐市君)


 下水道課長、広畑君。


○(下水道課長)


 報告第2号を報告いたします。まず朗読いたします。


 〔報告第2号 朗読〕


 以上、報告いたします。御承認のほどよろしくお願いいたします。


○議長(堀田 佐市君)


 水道事業参事、岡本君。


○(水道事業参事)


 報告第3号を報告いたします。まず朗読いたします。


 〔報告第3号 朗読〕


 以上でございます。御承認のほどよろしくお願いいたします。


○議長(堀田 佐市君)


 会計管理者、岡本君。


○(会計管理者)


 報告第4号を報告します。朗読をいたします。


 〔報告第4号 朗読〕


 次のページをお願いいたします。平成22年度事業報告書及び計算書類でございます。


 1ページをお開き願います。平成22年度兵庫県町土地開発公社事業報告書。事業の概況でございます。公有地取得事業。土地の取得は1件で、面積4,682平方メートル、金額2億3,151万円を取得しております。土地の処分は4件、総額1億8,435万5,000円で、うち22年度で処分が完了した土地は1件、3,100万円となっております。


 次に、事業収支では、平成19年度から職員を兵庫県町村会へ転籍させ経費の削減を図ってきたものの結果は、2年ぶりに3万4,668円の赤字となり、未処分利益剰余金は1,856万3,972円となっております。


 次のページでございますが、事業の執行状況で、土地の取得及び土地の処分の状況でございます。後ほどごらんをいただきたいと思います。


 次のページをお願いいたします。財務の概況でございます。予算執行実績。収益的収入及び支出。収入でございます。収益的収入合計、決算額1億9,493万9,915円。次のページをお願いいたします。支出でございます。収益的支出合計、決算額1億9,497万4,583円。当期純利益マイナス3万4,668円となっております。


 次のページをお願いいたします。資本的収入及び支出。収入でございます。資本的収入合計、決算額2億3,151万円。支出でございます。資本的支出合計、決算額4億1,586万5,000円。収入支出の差し引き不足額1億8,435万5,000円は、長期借入金返還金相当額であり、貸借対照表上の資産の減少及び負債の減少となっております。


 次のページをお願いいたします。借入金の概要でございます。長期借入金、期末残高5億4,892万1,000円となっております。


 続きまして、監査の実施状況でございます。平成22年4月23日に決算監査を行っております。


 一般庶務事項として、理事会の概要でございますが、理事会を2回開催いたしております。


 次のページをお願いいたします。その他の会議の開催状況でございます。7回開催をいたしております。


 次のページをお願いいたします。役員に関する事項及び役員の異動状況でございます。後ほどごらんをいただきたいと思います。


 次のページをお願いいたします。役職員数に関する事項、行政官庁許認可事項、法人登記に関する事項でございます。これらにつきましても後ほどごらんをいただきたいと思います。


 次のページをお願いいたします。平成22年度兵庫県町土地開発公社計算書類。平成22年度兵庫県町土地開発公社損益計算書、平成22年4月1日から平成23年3月31日まででございます。当期純利益マイナス3万4,668円、前年度繰越準備金1,859万8,640円、当年度末未処分利益剰余金1,856万3,972円となっております。


 次のページをお願いいたします。平成22年度兵庫県町土地開発公社貸借対照表、平成23年3月31日現在でございます。これにつきましては、後ほどごらんをいただきたいと思います。


 次のページをお願いいたします。平成22年度兵庫県町土地開発公社キャッシュフロー計算書、平成22年4月1日から平成23年3月31日までです。現金及び現金同等物増加額マイナス3万4,668円、現金及び現金同等物期首残高359万8,640円、現金及び現金同等物期末残高356万3,972円となっております。これらにつきましては普通預金相当額でございます。


 次のページをお願いいたします。平成22年度兵庫県町土地開発公社財産目録、平成23年3月31日現在でございます。資産の部、期末合計5億8,548万4,972円。負債の部、期末合計5億4,892万1,000円。差し引き正味資産3,656万3,972円となっております。


 次のページをお願いいたします。附属明細表でございます。現金及び預金明細表。普通預金356万3,972円、定期預金3,300万円、計3,656万3,972円となっております。


 続きまして、公有用地明細表でございます。計で申し上げます。22年度当初額5億176万6,000円、22年度取得額2億3,151万円、22年度買い戻し額、元金相当額1億8,435万5,000円、22年度末現在額5億4,892万1,000円となっております。


 投資有価証券明細表でございますが、該当はございません。


 次のページをお願いいたします。長期借入金明細表でございます。期末残額、計5億4,892万1,000円となっております。


 資本金明細表でございます。出資団体12町、出資額1,800万円。市川町として150万円の出資をいたしております。


 引当金明細表でございますが、該当はございません。


 次のページをお願いいたします。平成22年度兵庫県町土地開発公社監査報告書でございます。


 次のページ以降につきましては、平成23年度事業計画及び資金計画を添付いたしております。後ほどごらんをいただきたいと思います。


 以上をもちまして平成22年度兵庫県町土地開発公社の事業報告書及び計算書類の報告を終わります。何とぞよろしくお願いいたします。


○議長(堀田 佐市君)


 総務課長、尾花君。


○(総務課長)


 議案第29号を提案し、説明をいたします。朗読いたします。


 〔議案第29号 朗読〕


 次のページをお開きください。概要説明。


 本条例は、公立学校共済組合に所属する職員が存在しないこと及び兵庫県町村職員互助会の名称が変更されたことに伴い、改正するものです。


 第2条第2号は、対象となる職員が存在しないこと、また、今後もないため削除するものです。


 第6条は、平成23年4月1日付で兵庫県町村職員互助会の名称が一般財団法人兵庫県市町職員互助会に変更されたこと及び第2条第2号を削除したことにより改正するものです。


 附則は、施行期日で、公布の日から施行し、平成23年4月1日から適用します。


 次のページをお開きください。市川町職員の互助共済制度に関する条例の一部を改正する条例新旧対照表でございます。左側が現行で、右側が改正案でございます。アンダーライン部分が今回の改正点でございます。ごらんください。


 引き続き、議案第30号を提案し、説明をいたします。朗読いたします。


 〔議案第30号 朗読〕


 次のページをお開きください。概要説明。


 本条例は、年功的な給与上昇の抑制及び公的年金の支給開始年齢の引き上げにあわせて、公務員の定年延長が検討される中で給与制度についても必要な見直しが検討されていること、また、県下の多くの市町が同様の抑制措置を講じていることから改正するものです。


 第8条第2項は、特定の者の昇給の号給数の規定を削除するものです。


 第3項は、55歳を超える職員について、昇給の号給数を定めています。


 第9条は、兵庫県町村職員互助会の名称が一般財団法人兵庫県市町職員互助会に変更されたことにより改正するものです。


 附則は、施行期日で、公布の日から施行します。ただし、第9条の改正規定は、平成23年4月1日から適用します。


 次のページをお開きください。市川町職員の給与に関する条例の一部を改正する条例新旧対照表でございます。左側が現行で、右側が改正案でございます。アンダーライン部分が今回の改正点でございます。ごらんください。


 以上でございます。よろしく御審議をお願いします。


○議長(堀田 佐市君)


 税務課長、高松君。


○(税務課長)


 議案第31号を提案し、説明いたします。議案を朗読いたします。


 〔議案第31号 朗読〕


 以下、省略させていただきまして、概要説明により説明させていただきます。2枚めくっていただきたいと思います。概要説明でございます。朗読いたします。


 本条例は、地方税法の一部を改正する法律(平成23年法律第30号)が平成23年4月27日に公布、同日から施行されたことに伴い、改正するものです。


 以下、改正内容を説明します。


 附則第22条は、雑損控除額等の特例で、東日本大震災により家屋、家財等の資産が受けた損失の金額について、所得割の納税義務者の選択により、平成22年中に生じた損失の金額として、平成23年度分の個人町民税の雑損控除の適用を可能とするものです。


 附則第23条は、住宅借入金等特別税額控除の適用を受けていた住宅が、このたびの震災により居住の用に供することができなくなった場合においても、控除対象期間の残りの期間について、引き続き住宅借入金等特別税額控除を可能とするものです。


 附則は、施行期日で、公布の日から施行します。ただし、附則第23条に係る部分については、平成24年1月1日から施行します。


 次のページをお願いいたします。市川町税条例の一部を改正する条例の新旧対照表でございます。右側のアンダーライン部分が今回の改正の部分でございます。ごらんいただきたいと思います。


 議案第31号については以上でございます。


 2枚めくっていただきたいと思います。続きまして、議案第32号を提案し、説明いたします。議案を朗読いたします。


 〔議案第32号 朗読〕


 次のページをお願いいたします。概要説明でございます。朗読いたします。


 本条例は、地方税法施行令の一部を改正する政令(平成23年政令第44号)が平成23年3月30日に公布、同年4月1日から施行されたことに伴い、改正するものです。


 以下、改正内容を説明いたします。


 第2条第2項は、国民健康保険税の医療分の課税限度額を50万円から51万円に引き上げる改正です。


 同条第3項は、国民健康保険税の後期高齢者支援金等課税限度額を13万円から14万円に引き上げる改正です。


 同条第4項は、国民健康保険税の介護納付金課税限度額を10万円から12万円に引き上げる改正です。


 第23条の2は、国民健康保険税の減額規定において、国民健康保険税の医療分の課税限度額を51万円に、後期高齢者支援金等課税限度額を14万円に、介護納付金課税限度額を12万円にそれぞれ引き上げることに伴う改正です。


 附則第1項は、施行期日で、公布の日から施行し、平成23年4月1日から適用します。


 附則第2項は、適用区分で、改正後の市川町国民健康保険税条例は、平成23年度以後の年度分の国民健康保険税について適用し、平成22年度までの国民健康保険税については、従前の例によります。


 次のページをお願いいたします。市川町国民健康保険税条例の一部を改正する条例の新旧対照表でございます。左側が現行で、右側が改正案でございます。アンダーライン部分が今回の改正の部分でございます。ごらんいただきたいと思います。


 以上でございます。よろしく御審議をお願いいたします。


○議長(堀田 佐市君)


 地域振興課長、岡本君。


○(地域振興課長)


 それでは、議案第33号を提案し、説明をいたします。まず議案を朗読いたします。


 〔議案第33号 朗読〕


 次のページをお開きください。概要説明でございます。朗読をいたします。概要説明。


 第2北子踏切廃止に伴う代替道路として新設された甘地地内の路線について、町道として認定するものです。


 また、県道甘地停車場線から市川中学校に接続している町道について、起終点に錯誤があることから、認定変更するものです。


 認定路線は、1路線で、路線延長112.0メートル、認定変更する路線は、1路線で、変更前路線延長63.3メートル、変更後路線延長37.3メートルとなります。


 次のページをお開きください。別紙。ここからは参考資料でございます。認定路線、そして認定変更路線の記載をいたしております。ごらんをいただきたいと思います。


 次のページをお開きください。路線網図でございます。赤色で着色をいたしておりますのが新認定、緑色で着色をいたしておりますのが認定変更の路線でございます。ごらんをいただきたいと思います。


 次のページをお開きください。新認定路線の箇所図でございます。


 次のページをお開きください。認定変更路線の箇所図でございます。ごらんをいただきたいと思います。


 以上でございます。よろしく御審議のほどをお願いをいたします。


 引き続きまして、議案第34号を提案し、御説明をいたします。まず議案を朗読をいたします。


 〔議案第34号 朗読〕


 次のページをお開きください。概要説明でございます。朗読いたします。概要説明。


 本条例は、市川町町道条例の別表1を改正するものです。


 県道甘地停車場線から市川中学校に接続している町道について、起終点位置に錯誤があることから、起終点の地番を変更しています。


 また、第2北子踏切廃止に伴う代替道路として新設された甘地地内の路線を町道として認定することに伴い、区分に従い等級及び起終点を定め、別表1に加えています。


 以上でございます。よろしく御審議のほどお願いいたします。


○議長(堀田 佐市君)


 管財課長、近藤君。


○(管財課長)


 別冊の一般会計補正予算の方をお願いいたします。補正予算書の1ページをお開きください。議案第35号を提案し、説明いたします。まず朗読いたします。


 〔議案第35号 朗読〕


 次の5ページ以降の事項別明細書につきましては省略させていただきまして、補正予算書の概要説明で説明させていただきます。議員の皆様方におかれましては、補正予算書を見ながらお願いいたします。


 概要説明の1ページでございます。平成23年度市川町一般会計補正予算(第1号)概要説明。


 今回の補正は、総額1,579万1,000円の増額補正です。


 歳出の主なものは、一般管理費、企画費、母子衛生費、団体営ほ場整備事業費、土木総務費等の増額です。これらの財源は、国県支出金、繰入金、町債等を充てております。


 詳細につきましては、次のとおりでございます。


 まず歳入でございます。補正予算書は7ページでございます。


 分担金及び負担金。農林水産業費分担金の農業費分担金は、緊急ため池等整備事業に係る受益者分担金の補正です。


 国庫支出金。総務費国庫補助金の総務管理費補助金は、地上デジタル放送受信に伴う自主共聴施設改修に係る電波遮へい対策事業費等補助金の補正です。


 県支出金。総務費県補助金の総務費補助金は、地上デジタル放送受信対策事業に係る後年度の起債償還を補助対象とした辺地共聴施設デジタル化新設等支援事業補助金の補正です。


 民生費県補助金の児童福祉費補助金は、追加内示に伴う地域子育て創生事業補助金の増額です。


 衛生費県補助金の保健衛生費補助金は、県のモデル事業であるうつ病スクリーニング事業に係る自殺対策強化基金市町補助金の増額です。


 農林水産業費県補助金の農業費補助金は、緊急ため池整備事業補助金の補正です。


 教育費県委託金の学校教育費委託金は、学校生活支援教員の活動経費に対する特別支援教育総合推進事業委託金と、道徳教育推進拠点校に川辺小学校が本年度指定されたことに伴う道徳教育推進拠点校事業委託金の補正です。


 繰入金。財政調整基金繰入金は、今回の補正に伴う増額です。


 町債。総務債の総務管理債は、地上デジタル放送受信対策事業に伴う地域活性化事業債の補正です。


 歳出です。補正予算書は9ページでございます。


 総務費。一般管理費は、東日本大震災に係る一般職員の被災地域への応援派遣に伴う職員手当等、旅費、需用費等の増額です。


 企画費は、地上デジタル放送を受信するための自主共聴施設改修に係る地上デジタル放送受信対策事業補助金の補正です。


 減債基金費は、地上デジタル放送受信対策事業において発行予定の地域活性化事業債償還額の一部に充てるための増額です。


 民生費。保健福祉センター管理費は、浄化槽マンホールの修繕に伴う需用費の増額です。


 補正予算書は11ページです。衛生費。予防費は、県のモデル事業であるうつ病スクリーニング事業に係る賃金、旅費、需用費及び役務費の増額です。


 母子衛生費は、地域子育て創生事業の追加内示に伴うシステム作成委託料の補正でございます。


 農林水産業費の農業委員会費は、緊急雇用就業機会創出基金事業の事業内容の見直しに伴う農地基本台帳整理委託料の減額です。


 農業振興費は、緊急雇用就業機会創出基金事業の事業費の組み替えに伴う臨時職員賃金及び備品購入費の補正です。


 団体営ほ場整備事業は、緊急ため池整備事業に伴う設計委託料の補正です。


 補正予算書の13ページでございます。土木費。土木総務費は、緊急雇用創出基金事業の事業内容の見直しに伴う道路安全施設現況調査事業に係る測量調査委託料の増額です。


 教育費。小学校費の教育振興費は、特別支援教育総合推進事業並びに道徳教育推進拠点校事業に係る報償費、旅費、需用費等の増額です。


 中学校費の教育振興費は、特別支援教育総合推進事業に係る旅費及び需用費の増額でございます。


 以上でございます。御審議のほどよろしくお願いいたします。


○議長(堀田 佐市君)


 以上で説明は終わりました。


 質疑は、10日の本会議で行います。


 以上で本日の日程は終わりました。


 明4日より議案熟読のため本会議を休会し、6月10日午前9時30分に再開したいと思いますが、御異議ありませんか。


    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


 異議なしと認めます。したがって、そのように決定いたします。


 本日はこれで散会します。早朝より御苦労さんでした。


     午前10時32分散会