議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 市川町

平成22年第2回定例会(第1日 3月 2日)




平成22年第2回定例会(第1日 3月 2日)





  平成22年第2回(第429回)市川町議会(定例会)会議録(第1日)





 
 平成22年3月2日、平成22年第2回(第429回)市川町議会定例会は市川町役場に招集された。





〇応招(出席)議員    14人               欠席


┌───┬─────────┬────┬────┬─────────┬────┐


│議員 │         │    │議員  │         │    │


│   │  氏名     │ 備考 │    │  氏名     │ 備考 │


│番号 │         │    │番号  │         │    │


├───┼─────────┼────┼────┼─────────┼────┤


│   │         │    │    │         │    │


│ 1 │ 堀 次 幸 夫 │    │ 8  │ 石 川   登 │    │


│   │         │    │    │         │    │


├───┼─────────┼────┼────┼─────────┼────┤


│   │         │    │    │         │    │


│ 2 │ 重 里 英 昭 │    │ 9  │ 木 村 靖 夫 │    │


│   │         │    │    │         │    │


├───┼─────────┼────┼────┼─────────┼────┤


│   │         │    │    │         │    │


│ 3 │ 多 田 一 昭 │    │ 10  │ 前 田 誠 一 │    │


│   │         │    │    │         │    │


├───┼─────────┼────┼────┼─────────┼────┤


│   │         │    │    │         │    │


│ 4 │ 尾 塩 克 己 │    │ 11  │ 岩 ? 敬 三 │    │


│   │         │    │    │         │    │


├───┼─────────┼────┼────┼─────────┼────┤


│   │         │    │    │         │    │


│ 5 │ 稲 垣 正 一 │    │ 12  │ 正 木 幸 重 │    │


│   │         │    │    │         │    │


├───┼─────────┼────┼────┼─────────┼────┤


│   │         │    │    │         │    │


│ 6 │ 村 田 敏 朗 │    │ 13  │ 多 田 満 広 │    │


│   │         │    │    │         │    │


├───┼─────────┼────┼────┼─────────┼────┤


│   │         │    │    │         │    │


│ 7 │ 青 木 康 文 │    │ 14  │ 堀 田 佐 市 │    │


│   │         │    │    │         │    │


└───┴─────────┴────┴────┴─────────┴────





〇不応招(欠席)議員


        な し





〇議事に関係した事務局職員


  局長      西 村 隆 善      次長      後 藤 明 美


                       主査      井 上 裕 文





〇会議に出席した職員及び委員


  町長      尾 ? 光 雄      健康福祉課長  中 岡 輝 昭


  副町長     藤 原   茂      会計管理者   岡 本 哲 夫


  総務参事兼総務課長


          青 木   繁      下水道課長   岡 本 良 栄


  民生参事兼住民環境課長


          竹 本 繁 夫      水道局長    岡 本   均


  事業参事兼地域振興課長


          藤 本 茂 樹      教育長     古 隅 利 量


  管財課長    近 藤 光 則      学校教育課長  中 塚 進 悟


  税務課長    高 松 卓 也      生涯学習課長  原 田 和 幸


  徴収課長    坂 本   学





議 事 日 程





日程第1


  会議録署名議員の指名


日程第2


  会期の決定


日程第3


  議案第2号ないし第21号


       〔一括上程提案説明〕





      午前9時30分開会


○議長(堀田 佐市君)


 皆さん、おはようございます。開会に当たり、一言ごあいさつを申し上げます。


 吹く風は冷たいものの、ようやく春めいてまいりましたきょうこのごろ、議員各位におかれましては、御健勝にて御参集賜りまことにありがとうございます。


 本日ここに平成22年第2回市川町議会定例会が開催されますことは、町政のため御同慶にたえません。


 さて、今期定例会は、平成22年度当初予算を初め、条例の改正等の重要案件を御審議願うことになっております。


 議員各位におかれましては、行財政改革の推進と住民福祉の向上に向けた指摘、要望、提案等が反映されているか、慎重に御審議の上、適切妥当な結論が得られますようお願い申し上げまして、開会のあいさつといたします。


 ここで、町長よりあいさつがあります。


 町長、尾?光雄君。


○町長(尾? 光雄君)


 おはようございます。平成22年第2回市川町議会定例会を招集しましたところ、議員の皆さんにはおそろいで御参集いただきありがとうございます。


 皆さんの御健勝を心よりお喜び申し上げます。


 冒頭、前の定例議会終了後の町の主な動きについて申し上げます。


 12月4日から25日、行政懇談会、各種団体14団体、延べ10回を終了いたしました。


 12月18日、町区長会を開催いたしました。


 12月26日、29日と年末特別警戒を慰問いたしました。


 1月10日、消防出初め式、参加団員301名、成人式、対象者167名の出席によって盛大に行いました。


 同じく15日、100歳慶祝訪問、有川治雄さん、松岡よしゑさんを訪問してお祝いをいたしました。


 1月28日、B&G全国サミットのフォーラムに参加いたしました。


 2月8日、区長、農会長、営農組合長会議を開催いたしました。


 2月21日、兵庫市川マラソン全国大会、約1,200名の参加で盛大に開催いたしました。


 同じく28日、防災訓練、町職員幹部と消防本部、そして市川地区区長さん方による情報伝達訓練を行いました。以上でございます。


 さて、本議会は、主として平成22年度町政について予算、条例等を御審議いただく重要な議会であります。そこで、平成22年度の町政に取り組む私の基本的な姿勢について申し上げます。


 平成21年度は、景気に先行きが不透明な中、新型インフルエンザの流行が大きな社会混乱を引き起こし、夏の衆議院選挙の結果、政権交代が行われ、コンクリートから人への公共事業の転換や、むだを省くという事業仕分けは、これまでなじんできた政治手法では地方のニーズが国に伝わらないのではないかとの戸惑いがあります。いささかばらまきの感もありますが、政権交代による政策転換にも、具体的な形が見えてきました。大きな変化の中、国の動向を見きわめながら、着実に町政を進めていきたいと思います。


 本町の財政運営は、平成17年に策定した財政危機突破工程表を基本に、平成26年度までの10年間に20億円の歳出削減を行うことを目標に進めております。これまで改善7項目を柱に取り組み、ほぼ工程に沿って財政の健全化に取り組んでおります。平成20年度決算から指導が実施される健全化指標については、実質公債費比率について徐々に上昇しております。一方、将来負担比率については、箱物などの新規投資の抑制により、急激に低下しております。ただ、景気の低迷により税収が落ち込んでおります。これらを勘案しながら、22年度予算編成に当たっては、プライマリーバランスを崩すことなく、健全財政こそ町政の基本との認識で取り組んでおります。


 神崎郡消費生活相談の実施、防災備品の充実と地域防災訓練の実施、防犯灯設置推進、下水道事業の推進、甘地バイパス、振古川改修事業の推進、中播消防署へ配備の高規格救急車への負担など安心して暮らせる地域づくり。


 保育料軽減補助、乳幼児医療費助成、各種がん検診事業、妊婦健康診査助成、保育、医療の充実、介護、老人福祉の充実、市川地域力発掘支援、農山漁村活性化プロジェクト支援、観光資源創出、教育施設の整備など夢と希望が描ける場づくり。


 美しい町づくりのための河川清掃、高齢者の交通手段の確保、人権文化の推進、文化センターの10周年を記念して特別事業に図書館自主事業をあわせて実施など、明るく楽しい、誇れる町づくり。


 以上のような事業を推進してまいります。


 また、22年度で現在の振興計画が5年を経過します。以上のような事業を実施するとともに、5年、10年先を見据えたしっかりと足場を固める年にしたいと考えています。


 これらを推進する執行体制については、定数削減を考慮しつつ人事配置には十分留意して当たってまいります。


 さて、本日提案いたします議案は、条例案件4件、平成22年度予算案件10件、平成21年度補正予算案件6件であります。何とぞよろしくお願いいたします。


○議長(堀田 佐市君)


 町長のあいさつは終わりました。


 ただいまの出席議員は14人で定足数に達しておりますので、平成22年第2回市川町議会定例会を開会し、これより本日の会議を開きます。


 日程に先立ち、御報告申し上げます。


 本日提案されます議案は、議案表のとおり、議案第2号、市川町行政組織条例の一部を改正する条例について外19件であります。


 地方自治法第121条の規定により、町長、教育長ほか補助職員の出席を求めております。


 本日の議事日程並びに今期定例会の運営については、去る2月24日に議会運営委員会を開催しました結果、御案内のとおりであります。御協力のほどよろしくお願いいたします。


 これより日程に入ります。





◎日程第1.





 会議録署名議員の指名については、会議規則第120条の規定により、5番、稲垣正一君、6番、村田敏朗君、以上両君にお願いいたします。





◎日程第2.





 会期の決定を議題とします。


 お諮りします。今期定例会の会期は、本日より3月26日までの25日間としたいと思いますが、御異議ありませんか。


    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


 異議なしと認めます。したがって、今期定例会の会期は、本日より3月26日までの25日間と決定しました。





◎日程第3.





 議案第2号ないし第21号を一括議題とします。


 これより提案者の説明を求めます。


 町長、尾?光雄君。


○町長(尾? 光雄君)


 ただいま上程になりました議案第2号、市川町行政組織条例の一部を改正する条例ないし議案第21号、平成21年度市川町下水道事業会計補正予算(第3号)につきましては、それぞれ担当の方から説明をさせますので、よろしくお願いいたします。


○議長(堀田 佐市君)


 総務参事、青木君。


○(総務参事兼総務課長)


 おはようございます。それでは、議案第2号を提案し、説明をいたします。朗読いたします。


 〔議案第2号 朗読〕


 次のページ、概要説明でございます。


 概要説明。本条例は、事務事業の増に伴い、健康福祉課の分掌事務を追加するものです。


 附則は、施行期日で、公布の日から施行します。


 次のページにつきましては、市川町行政組織条例の一部を改正する条例の新旧対照表でございます。左が現行、右が改正案となっており、アンダーライン部分が改正部分でございます。ごらんいただきたいと思います。


 次のページをお願いをいたします。引き続き議案第3号を提案し、説明をいたします。朗読いたします。


 〔議案第3号 朗読〕


 次のページ、概要説明を朗読いたします。


 概要説明。本条例は、行政手続法の一部を改正する法律(平成17年法律第73号)が施行されたため、関連する文言を整理するものです。


 附則は、施行期日で、公布の日から施行します。


 次のページにつきましては、市川町行政手続条例の一部を改正する条例の新旧対照表でございます。左が現行、右が改正案となっており、アンダーライン部分が改正点でございます。


 次のページをお願いいたします。引き続き議案第4号を提案し、説明をいたします。


 〔議案第4号 朗読〕


 次のページ、概要説明を朗読をいたします。


 概要説明。本条例は、学校保健法等の一部を改正する法律(平成20年法律第73号)が施行されたことに伴い改正するものです。


 附則は、施行期日で、公布の日から施行します。


 次のページにつきましては、市川町職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例の新旧対照表でございます。左が現行、右が改正案となっており、アンダーライン部分が改正点でございます。ごらんいただきたいと思います。


 以上でございます。よろしく御審議のほどお願いをいたします。


○議長(堀田 佐市君)


 健康福祉課長、中岡君。


○(健康福祉課長)


 それでは、議案第5号を提案し、説明いたします。まず、議案を朗読いたします。


 〔議案第5号 朗読〕


 次のページをお願いいたします。概要説明。本条例は、兵庫県福祉医療費助成事業実施要綱の一部が改正され、平成22年7月1日から施行されることに伴うものです。


 改正点は、平成22年1月から新たに住宅借入金等特別控除が創設されたことにより、重度障害者医療及び乳幼児等医療の所得制限の判定において控除前の額で判定を行うこととするものです。


 附則第1項は、施行期日で、平成22年7月1日から施行いたします。


 附則第2項は、経過措置の規定です。


 次のページをお願いいたします。市川町福祉医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例新旧対照表でございます。左が現行、右が改正案となっております。また、アンダーライン部分が改正部分でございます。


 御審議のほどよろしくお願いいたします。


○議長(堀田 佐市君)


 管財課長、近藤君。


○(管財課長)


 予算書の1ページをお願いいたします。それでは、議案第6号を提案し、説明させていただきます。まず議案を朗読いたします。


 〔議案第6号 朗読〕


 次の10ページ以降につきましては、事項別明細書でございます。省略させていただきまして、この予算書の164ページをお願いいたします。予算書の164ページでございます。


 164ページ、これにつきましては、まず特別職の給与を載せております。上段が本年度、中段が前年度、そして下段が比較を載せておりますので、また後ほどごらんいただきたいと思います。


 次の165ページから169ページまでにつきましては、普通会計の一般職の給与関係を載せております。本年度と前年度を比較しておりますので、ごらんいただきたいと思います。


 次に、170ページをお開きいただきたいと思います。170ページにつきましては、地方債の前々年度末及び前年度末における現在高並びに当該年度における現在高の見込みに関する調書、普通会計分でございます。表の一番下の計の欄のみ朗読させていただきます。前々年度末現在高76億4,733万8,000円、前年度末現在高67億1,521万4,000円、当該年度中の増減見込み額ですが、当該年度中の起債見込み額が4億870万円、そして当該年度中元金償還見込み額が7億1,522万2,000円、当該年度末現在の見込み額が64億869万2,000円となっております。


 次のページをお願いいたします。次の171ページ、172ページにつきましては、債務負担行為で翌年度以降にわたるものについての前年度末までの支出額または支出額の見込み及び当該年度以降の支出予定額に関する調書でございます。普通会計分でございます。ごらんいただきたいと思います。


 これ以降につきましては、予算概要説明の方で説明させていただきます。予算概要説明書の方をごらんいただきたいと思います。


 予算の概要説明書の1ページをお開きください。平成22年度予算編成についてでございます。1、国等の情勢につきましては省略させていただきまして、中ほどの市川町の財政状況から朗読させていただきます。


 2、市川町の財政状況。


 平成22年度の市川町の財政状況は、国の地方財政対策等により、地方交付税と地方交付税の振りかえ措置である臨時財政対策債を合算した実質的な地方交付税額が大幅に増となったものの、景気の低迷や雇用情勢などの影響により町税収入が大幅に減少する見込みであります。また、国から交付される地方譲与税や県からの各種交付金なども減少する見込みであるため、一般財源の確保が厳しい状況が続いています。


 一方、歳出では、少子高齢化の進展による社会保障関係経費、下水道事業の推進に伴う補助金が増加し続けているため、新たな行政課題や政策課題への重点的な予算配分が年々厳しい状況となっております。


 3、予算編成の基本方針。


 平成22年度の予算編成に当たっては、こうした厳しい状況にあっても、限られた財源の中で、「安心」、「夢」、「誇り」をキーワードとして、子育て支援を初め、高齢者福祉、健康・医療、教育環境、下水道事業の推進、また、防災対策などの安全安心事業を推進していかなければなりません。


 そのため、全職員が現在の厳しい財政状況を認識した上で、事務事業の見直しを行い、行政諸課題にも配慮しながら、限られた財源を優先度の高い事業へ重点的に配分する方針で予算編成を行いました。


 また、今後の政治経済情勢については、予測しがたい部分も多く、地方財政制度の根幹にかかわる制度改正なども想定されることから、国、県等の動向を今後も十分注視するとともに、次年度以降の予算編成に支障を来さないよう、なお一層の行財政改革の推進に努めながら、町民と行政の協働による町づくりを推進してまいります。


 4、各会計の予算規模でございます。


 一般会計48億5,271万6,000円、学校給食特別会計1億2,387万4,000円、リフレッシュパーク市川運営特別会計1億3,813万7,000円、国民健康保険特別会計14億3,649万5,000円、老人保健特別会計20万2,000円、介護保険事業特別会計10億8,392万5,000円、後期高齢者医療特別会計1億7,113万円、下水道事業会計10億7,308万円、水道事業会計6億9,726万8,000円、土地開発事業会計106万2,000円、総額95億7,788万9,000円となっております。


 予算規模につきましては、当初予算総額が95億7,788万9,000円(対前年度比0.6%減)で、前年度当初予算総額に対し6,071万1,000円の減となっております。


 内訳につきましては、一般会計は48億5,271万6,000円(対前年度比0.1%減)で、前年度に対し728万2,000円の減となっております。これは主に、子ども手当の創設など扶助費が大幅に増となっているものの、職員数削減による人件費、道整備交付金事業及び中学校耐震改修事業に伴う安全・安心な学校づくり交付金事業などが減となったことによるものです。また、歳出に対する収入の不足額は1億64万4,000円(対前年度比6.0%減)で財政調整基金を取り崩して対応しております。主な事業としては、神崎郡消費者生活相談関連事業、国勢調査事業、子育て支援関連事業、いちかわ地域力発掘支援事業、農山漁村活性化プロジェクト支援事業(獣害防護さく設置助成事業)、地域振興助成事業、観光資源創出事業、安全安心関連事業、文化センター10周年記念事業などの経費を計上しております。


 特別会計、事業会計におきましては、学校給食特別会計は1億2,387万4,000円(対前年度比1.3%減)で、前年度に対し159万7,000円の減額、リフレッシュパーク市川運営特別会計は1億3,813万7,000円(対前年度比23.8%増)で、主に施設の省エネ・グリーン化の推進を目的とした地域グリーンニューディール基金事業により2,654万3,000円の増額、国民健康保険特別会計は14億3,649万5,000円(対前年度比4.8%減)で、主に保険給付費(療養諸費等)の減により7,273万3,000円の減額、老人保健特別会計は20万2,000円(対前年度比91.2%減)で208万1,000円の減額、介護保険事業特別会計は10億8,392万5,000円(対前年度比2.7%増)で、主に保険給付費(介護サービス給付費等諸費)の増により2,815万8,000円の増額、後期高齢者医療特別会計は1億7,113万円(対前年度比2.2%増)で、主に県の広域連合への納付金額の増により365万円の増額、下水道事業会計は10億7,308万円(対前年度比3.1%減)で、前年度に対し3,404万3,000円の減額、水道事業会計は6億9,726万8,000円(対前年度比0.5%増)で341万5,000円の増額、土地開発事業会計は106万2,000円(対前年度比81.7%減)で474万1,000円の減額となっております。


 各会計の詳細な内容につきましては、次のとおりでございます。


 次の4ページの表につきましては、各会計の総額を本年度と前年度を比較しております。ごらんいただきたいと思います。


 次に、5ページをお願いいたします。一般会計、歳入。


 1、町税。我が国の経済は、政府の景気対策等により、景気の底割れが回避されつつあるものの、依然予断を許さない状況が続いています。また、企業の設備投資や雇用情勢なども改善しておらず、本町にとっても平成22年度は前年度以上に厳しい納税環境が予想されます。


 景気の後退により、平成21年度決算見込みから見て法人町民税の法人税割が落ち込むことが予想されるほか、給与所得等の減少により個人町民税においても大幅な減収が見込まれます。また、平成22年度は、経済、社会の構造変化に適応した税制改正が行われる予定です。


 このような経済動向から、本年度の税収は、前年度当初予算より4,593万4,000円の減収を見込み、町税総額13億5,270万6,000円(対前年度比3.3%減)を計上しております。


 町民税個人分は、給与所得等の減少が見込まれるため、前年度より4,306万円減の5億460万円(対前年度比7.9%減)を計上しております。


 町民税法人分は、企業倒産及び第9号法人(均等割額300万円)がなくなったことなどに伴い、前年度より352万円減の4,936万円(対前年度比6.7%減)を計上しております。


 町民税総額は、5億5,396万円(対前年度比7.8%減)で、前年度より4,658万円の大幅な減となっています。


 固定資産税について、土地は地方税法の規定に基づく宅地を中心とした評価額の下落修正により、139万3,000円減の2億4,593万2,000円(対前年度比0.6%減)、家屋は、新増築分の評価に伴い743万4,000円増の3億5,811万9,000円(対前年度比2.1%増)、償却資産は240万4,000円増の1億1,919万2,000円(対前年度比2.1%増)、また、滞納繰り越し分は351万5,000円を計上しております。


 国有資産等所在市町村交付金及び納付金は、県営住宅分156万8,000円と生野ダム管理用施設分4万6,000円、合計161万4,000円(対前年度比3.6%増)を計上しております。固定資産税総額は7億2,837万2,000円(対前年度比1.2%増)を計上しております。


 軽自動車税は、前年度より50cc以下の原付及び軽四貨物(自家用)等が減少しましたが、軽四乗用(自家用)等が増加し、総台数6,572台(前年度6,564台)で、滞納繰り越し分とあわせて42万5,000円増の3,197万4,000円(対前年度比1.3%増)を計上しております。


 町たばこ税については、国でたばこ税引き上げが予定されているものの喫煙者(消費)の減少の影響により大幅な減収が見込まれ、前年度より840万円減の3,840万円(対前年度比17.9%減)を計上しております。


 2、地方譲与税。地方譲与税の収入見込み額は、7,971万1,000円(対前年度比8.5%減)で、国が徴収した地方揮発油税、自動車重量税を市町村道の延長及び面積に応じて譲与されるもので、地方財政計画に基づいて計上しております。


 3、利子割交付金。利子割交付金の収入見込み額は、470万2,000円(対前年度比50.8%減)で、県が徴収する利子割収入総額に、過去3カ年の県における個人県民税に占める当該市町村における個人県民税の割合を合算して、3分の1した率を乗じて得た額を交付されるもので、地方財政計画に基づいて計上しております。


 4、配当割交付金。配当割交付金の収入見込み額は、106万1,000円(対前年度比86.5%減)で、県が徴収する配当割収入総額に、過去3カ年の県における個人県民税に占める当該市町村における個人県民税の割合を合算して、3分の1した率を乗じて得た額を交付されるもので、地方財政計画に基づいて計上しております。


 5、株式等譲渡所得割交付金。株式等譲渡所得割交付金の収入見込み額は、72万円(対前年度比53.0%減)で、県が徴収する株式等譲渡所得割収入総額に、過去3カ年の県における個人県民税に占める当該市町村における個人県民税の割合を合算して、3分の1した率を乗じて得た額を交付されるもので、地方財政計画に基づいて計上しております。


 6、地方消費税交付金。地方消費税交付金の収入見込み額は、1億760万3,000円(対前年度比2.3%減)で、国が徴収する税額を国勢調査人口及び事業所統計の従業者数に案分して交付されるもので、地方財政計画に基づいて計上しております。


 7、ゴルフ場利用税交付金。ゴルフ場利用税交付金の収入見込み額は、1,468万1,000円(対前年度比0.2%増)で、ゴルフ場所在の市町村に対し、県が収納した当該ゴルフ場に係る利用税の70%相当額が交付されるもので、地方財政計画に基づいて計上しております。


 8、自動車取得税交付金。自動車取得税交付金の収入見込み額は、2,698万円(対前年度比32.0%減)で、県が徴収した自動車取得税の66.5%相当額を市町村道の面積と延長に応じて交付されるもので、地方財政計画に基づいて計上しております。


 9、地方特例交付金。地方特例交付金の収入見込み額は、2,229万9,000円(対前年度比12.2%増)で、内訳は、住宅借入金等特別税額控除による個人住民税の市町村の減収分を補てんする減収補てん特例交付金(個人住民税)及び自動車取得税交付金の減収の一部を補てんする減収補てん特例交付金(自動車取得税交付金)を地方財政計画に基づいて合計1,363万5,000円計上しております。また、平成18年度及び平成19年度の児童手当の制度拡充に伴う一般財源所要額に対応する児童手当特例交付金は、子ども手当の創設に伴い児童手当及び子ども手当特例交付金に名称変更となり、地方財政計画に基づいて866万4,000円計上しております。


 10、地方交付税。地方交付税は、本町の一般財源の大半を占める重要な財源であります。国における地方交付税は、平成22年度のみの地域活性化・雇用等臨時特例費の創設による別枠の加算等により前年度当初額の6.8%増の16兆8,935億円となっております。


 当町の普通交付税の収入見込み額は17億5,300万円(対前年度比1.9%増)で、算定内訳は基準財政収入額13億6,000万円、基準財政需要額31億1,300万円を見込んでおります。また、特別交付税は1億2,000万円(対前年度比7.7%減)を見込んでおり、地方交付税全体で18億7,300万円(対前年度比1.2%増)を計上しております。


 また、地方交付税の振りかえ措置である臨時財政対策債を合算した実質的な合計額は22億6,330万円となり、前年度当初より1億5,430万円の増(対前年度比7.3%増)となっております。


 11、交通安全対策特別交付金。交通安全対策特別交付金の収入見込み額は、244万円(対前年度比6.9%増)で、交通反則金の収入額を市町村の交通安全施設整備事業の財源として交付されるもので、配分基準は、市町村における過去2カ年の交通事故(人身)の発生件数により配分されます。本年度も前年度の収入見込みを勘案の上、計上しております。


 12、分担金及び負担金。分担金は、町が実施する特定の事業に充てるため、その事業の受益者から徴収するもので、114万5,000円(対前年度比26.8%増)を計上しております。ため池等整備事業、坂戸24万5,000円。基盤整備促進事業、南小畑90万円。


 負担金は、町が特定の事業を行う場合、その経費の一部を満たすため徴収するもので、保育所入所児童の保護者負担金、老人福祉施設入所者費用徴収金で7,550万4,000円(対前年度比0.1%減)を計上しております。


 13、使用料及び手数料。使用料は、就業改善センター、老人福祉センター、町営住宅、道路占用料、法定外公共物、幼稚園、スポーツセンター及び文化センター等の使用料で、1,482万4,000円(対前年度比3.3%増)を計上しております。


 手数料は、戸籍関係、諸証明、町税督促手数料、し尿処理及び最終処分場投棄手数料等で2,104万8,000円(対前年度比1.2%減)を計上しております。


 14、国庫支出金。国庫支出金は、児童手当負担金、道整備交付金事業費補助金及び中学校耐震改修事業に伴う安全・安心な学校づくり交付金などが減になりましたが、障害者自立支援に係る介護給付費負担金、また、新たに創設された子ども手当の国庫負担金などの増により4,384万6,000円増の2億8,995万2,000円(対前年度比17.8%増)を計上しております。


 15、県支出金。県支出金は、主に地籍調査事業補助金、針広混交林整備事業補助金、緊急防災林整備事業補助金及び自治振興事業補助金などが減となりましたが、障害者自立支援に係る介護給付費負担金、新たに創設された子ども手当負担金、緊急雇用就業機会創出基金事業補助金、農山漁村活性化プロジェクト支援交付金及び国勢調査委託金などの増により514万7,000円増の3億1,339万3,000円(対前年度比1.7%増)を計上しております。


 16、財産収入。財産運用収入は、土地建物貸付料及び各種基金利子、土地売り払い収入など1,111万円(対前年度比7.7%減)を計上しております。


 17、寄附金。寄附金は、一般寄附金246万1,000円(対前年度比82.4%増)を計上しております。


 18、繰入金。繰入金は、1億703万7,000円(対前年度比13.0%減)で、内訳は特定健康診査、保健指導についての執行委任として国民健康保険特別会計から454万7,000円(対前年度比14.3%増)、また、財源の確保が困難なため財政調整基金を1億64万4,000円(対前年度比6.0%減)を取り崩して対応しています。ふるさと市川応援基金繰入金は、184万6,000円(対前年度比8.0%増)を計上しており、基金の設置の趣旨に沿った事業に充当しております。


 19、繰越金。繰越金は、前年度剰余見込み額3,000万円を計上しております。


 20、諸収入。諸収入は、歳入区分が明瞭であって、収入がそれぞれの収入予算科目に組み入れられる場合はそれに従うのが当然ですが、収入の性質によって、いずれの収入科目にも組み入れることができないものを諸収入に計上しております。町預金利子、住宅資金等貸付金元利収入、延滞金、加算金及び過料と、各種事業に関連して収入される雑入及び国県支出金の過年度精算交付金など9,163万9,000円(対前年度比18.2%減)を計上しております。


 21、町債。町債は、地方交付税の振りかえ措置である臨時財政対策債、道路整備事業、消防施設整備事業の3件で4億870万円(対前年度比9.4%増)を計上しております。今年度は、財政計画に沿って起債対象事業を抑制しているため道路整備や学校などの建設事業に当てる町債が大幅に減少する一方、臨時財政対策債については、財政力の弱い地方公共団体に配慮し、財源調整機能を強化する観点から、発行可能額の算出方法が見直され、50.7%増の大幅な増額となっております。


○議長(堀田 佐市君)


 暫時休憩をします。なお、再開予定は10時50分とします。


      午前10時36分休憩





      午前10時50分再開


○議長(堀田 佐市君)


 休憩前に引き続き会議を開きます。


○(管財課長)


 それでは、予算書の概要説明10ページ、歳出から朗読させていただきます。


 歳出。1、人件費。人件費は、特別職報酬等、一般職給料、手当等、共済費、退職手当組合、互助会の負担金、消防団員手当、消防団員退職報償金掛金等で、普通会計総額10億9,006万6,000円(対前年度比2.4%減)を計上しております。前年度と比較すると2,624万4,000円の減となっております。減額となった主な理由は、行財政改革の推進により職員数が前年度より7名減ったためで、一般職の給与費で5,295万6,000円の減額となっています。一方で、退職者に係る退職手当特別負担金が2,018万円の増となっています。普通会計の特別職、一般職の内訳につきましては、給与費明細書のとおりです。


 2、物件費。物件費は、施設の維持管理、事務事業等に要する経費で、普通会計の総額は7億6,624万7,000円(対前年度比11.8%減)を計上しております。内部経費を極力抑制している一方で、緊急雇用就業機会創出基金補助事業、障害児介助等に伴う賃金、各種システム関連経費、橋梁長寿命化修繕計画策定に伴う点検業務経費及び学校給食食器更新経費などの事業経費が増となっています。なお、姫路市に委託しております消防事務委託料を物件費から補助費等に振りかえたことにより、合計では前年度より減額となっています。主な費目の伸び率は、賃金が14.6%、需用費0.2%、役務費1.6%、使用料及び賃借料12.8%、備品購入費34.3%の増で、報償費3.5%、旅費2.7%、委託料35.8%、原材料費5.6%の減となっております。


 3、維持補修費。保育所、道路、学校、幼稚園等の補修に要する経費です。本年度は、907万円(対前年度比31.4%増)を計上しております。


 4、扶助費。扶助費は、生活保護法、児童福祉法、身体障害者福祉法等に基づいて、生活困窮者その他社会福祉関係法の救助対象者を救助するための各種交付金です。本年度は、5億4,184万4,000円(対前年度比33.9%増)を計上しており、前年度と比較すると1億3,726万7,000円の増となっております。増額となった主な理由は、こども医療助成制度及び子ども手当の創設、また、障害者自立支援などの扶助費の増加によるものです。内訳は、次のとおりでございます。医療扶助費6,606万8,000円、社会福祉関係扶助費2億173万9,000円、児童福祉関係扶助費2億6,873万3,000円、教育関係扶助費530万4,000円、計5億4,184万4,000円となっております。


 5、補助費等。補助費等は、各種謝金、保険料、負担金補助及び交付金、一部事務組合への負担金等で、主なものは、中播北部行政事務組合、中播衛生施設事務組合への負担金(内訳は別紙)、消防団員の退職報償金、下水道事業会計補助金、納税組合、町税特別措置補助金及び各種団体への補助金などです。本年度は、普通会計総額で12億9,020万3,000円(対前年度比10.8%増)を計上しております。主な内容として、一部事務組合への負担金、緊急防災林整備事業など林業振興関係の補助金等が減となっている一方、後期高齢者医療費に係る負担金、下水道事業会計補助金、また、姫路市に委託しております消防事務委託料を物件費から補助費等に振りかえたことなどにより前年度より増額となっています。


 6、公債費。公債費は、普通会計総額で8億3,086万9,000円(対前年度比1.1%減)を計上しております。財政計画に沿って新規事業を極力抑制し、町債の新規発行を抑え財政の健全化に努めております。内訳は、次のとおりでございます。会計名、元金、利子、計の順に朗読いたします。一般会計6億8,199万円、1億1,462万3,000円、うち50万円は一時借入金の利子です。計7億9,661万3,000円。リフレッシュパーク市川運営特別会計3,323万2,000円、102万4,000円、3,425万6,000円。合計、元金7億1,522万2,000円、利子1億1,564万7,000円、うち一時借入金50万円。計8億3,086万9,000円となっております。


 7、積立金。積立金は、各種基金の積立金で、304万1,000円(対前年度比29.8%減)を計上しております。内訳は、国際理解教育基金積立金1万7,000円、ふるさと市川応援基金積立金3,000円、財政調整基金積立金232万円、減債基金積立金1万2,000円、ふるさとづくり基金積立金1万5,000円、地域振興基金積立金8,000円、地域福祉基金積立金12万1,000円、環境保全基金積立金5万2,000円、ふるさと・水と土の保全基金積立金4万2,000円、町営住宅基金積立金1万8,000円、学校用地取得基金積立金43万3,000円で、平成22年度中の利子を積み立てるものでございます。


 8、建設事業費。建設事業費は、主に農山漁村活性化プロジェクト支援事業(獣害防護さく設置助成)、地域グリーンニューディール基金事業(ころころ館空調設備改修事業、コテージ給湯設備改修事業)などの新規事業が増となっているものの、道路改良事業、中学校耐震改修事業の減により、普通会計総額で1億3,898万2,000円(対前年度比45.9%減)を計上しております。本年度予算化しております主な事業は、次のとおりです。浄化槽設置補助金、農山漁村活性化プロジェクト支援事業(獣害防護さく設置助成)、地域グリーンニューディール基金事業(ころころ館空調設備改修事業、コテージ給湯設備改修事業)、道路改良事業、振古川河川改修事業負担金、消防施設整備事業負担金(高規格救急車)となっております。


 14ページから各款ごとの平成22年度一般会計における主な事業でございます。重要な部分あるいは新規事業について説明いたします。


 まず、総務費でございます。総務費につきましては、一般行政事務委託事業、区長さんにお願いしている分ですけども、これが686万8,000円。飛びまして重点の神崎郡消費生活相談事業284万7,000円、2つ飛びまして重点の防災備蓄品購入事業64万円、地域防災訓練等事業1万5,000円、1つ飛びまして新規の参議院議員選挙費1,282万1,000円、農業委員会委員選挙費525万7,000円、県議会議員選挙費402万1,000円、そして国勢調査費が475万9,000円となっております。総務費合計で6,260万3,000円でございます。


 次に、民生費でございます。民生費の主なものは、1の社会福祉費が3億5,410万6,000円で、その中の大きいものは、国民健康保険特別会計への繰出金9,952万1,000円。そして飛びまして障害者介護サービス給付事業、これが1億6,086万5,000円。


 そして、飛びまして2の老人福祉関係が4億1,737万8,000円でございます。これの大きいものは、その一番下の老人福祉施設入所者措置費が1,608万3,000円でございます。15ページに入りまして後期高齢者療養給付費負担金(町負担分)が1億3,948万5,000円、そして後期高齢者医療特別会計への繰出金5,117万9,000円。1つ飛びまして介護保険事業特別会計繰出金が1億7,867万1,000円でございます。


 そして、3の児童福祉関係で5億2,859万8,000円。それの主なものは保育所費でございます。町立4、支援センター1、私立が1、そして委託が6でございます。児童数につきましては、町立が228人、私立が36人、委託が9人を見込んでおります。事業費が2億8,664万9,000円でございます。次の重点の多子世帯保育料軽減補助事業につきましては、第3子以降の保育料の助成でございます。75万6,000円。2つ飛びまして新規の子ども手当支給事業でございます。これが1億9,966万2,000円。そして次の重点の乳幼児医療費の助成事業、これは助成対象年齢が小学校6年生の12歳までで、3歳まで一部負担金の無料化ということで、これに2,080万円。そして次の新規のこども医療費助成事業、これにつきましては、小学校4年生から中学校3年生までの入院費用を助成するものですけども、市川町におきましては、上の乳幼児医療費助成制度におきまして6年生まで助成しておりますので、ここで上げておりますのは中学校1年から3年までの事業費を計上しております。107万7,000円でございます。次に、重点の防犯灯設置補助事業、これが66万2,000円。民生費の合計が13億8万2,000円となっております。


 続きまして、衛生費でございます。まず、1の保健衛生費関係で4,525万9,000円の主なものは、重点の各種がん検診事業に1,170万5,000円、うち女性特有のがん検診費助成事業、これに133万5,000円を計上しております。次の重点、妊婦健康診査助成事業、これは県の助成が減額となったわけですけども、前年と同じ14回、上限7万まで助成ということで、560万円を計上しております。そして新規のいきいき子育てセミナー事業につきましては2万円を計上しております。


 2の環境衛生関係におきましては、8億967万8,000円で、主なものにつきましては、重点の下水道事業会計補助金、これに3億2,054万3,000円でございます。そして、ずっと飛ばさせていただきまして中播衛生施設事務組合への負担金が7,218万3,000円。また、中播北部行政事務組合負担金、火葬場とクリーンセンター分でございますが、これが3億7,586万5,000円となっております。衛生費の合計が8億5,493万7,000円でございます。


 続きまして、16ページの農林水産業費でございます。まず、農業振興費関係で1億3,070万4,000円。そして飛びまして重点のいちかわ地域力発掘支援事業、これにつきましては昨年度まで農山漁村地域力発掘モデル事業として国の助成をいただいておりましたが、事業仕分けで廃止となりましたが、事業金額を削減して140万で継続していこうというものでございます。次に新規の農山漁村活性化プロジェクト支援交付金事業(獣害防護さく設置助成)、これに4,252万3,000円。そして飛びましてリフレッシュパーク市川運営特別会計繰出金4,700万3,000円でございます。次に2の林業振興関係におきまして3,120万7,000円で、農林水産業関係の合計が1億6,191万1,000円でございます。


 次に、商工費関係でございます。新規の若者サポートステーション事業、これに2万2,000円。そして新規の地域振興事業助成、ゴルフクラブ発祥の地等に係るものでございますが、これが50万円。そして重点の観光資源創出事業、これに477万2,000円。商工費の合計が1,666万4,000円となっております。


 次に、土木費でございます。まず、道路管理関係で174万3,000円。そして2の道路橋梁整備関係で7,260万5,000円、そのうち新規の振古川改修事業負担金500万円、そして新規の橋梁長寿命化修繕計画策定に伴います点検業務、これに700万円。そして河川維持管理関係で150万1,000円、そして住宅管理関係で59万9,000円、その他の事業として簡易耐震診断事業に15万円。土木費合計が7,659万8,000円となっております。


 続きまして、7番の消防費でございます。消防費の主なものは、消防事務委託事業1億5,081万6,000円。そして新規の消防施設整備事業負担金、高規格の救急車の購入の負担金が856万円でございます。消防費の合計が1億9,951万2,000円でございます。


 続きまして、教育費でございます。まず、1の学校管理及び教育振興関係で1億8,433万2,000円でございます。主なものとしては、学童保育事業に1,077万8,000円でございます。ずっと飛びまして右側の方に移りまして、学校給食特別会計繰出金が6,414万9,000円。そして2の社会教育関係が1,779万9,000円でございます。その主なものは、人権教育振興事業ということで、人権啓発推進及び住民研修の実施、ヒューマンフェスティバルの開催等でございます。これに1,137万3,000円。そして3の文化センター関係で4,912万5,000円、このうち新規の文化センター10周年記念事業といたしまして347万6,000円でございます。そして図書館関係の費用として1,667万1,000円、このうち新規といたしまして図書館の自主事業で41万7,000円。そして5番の保健体育関係の予算といたしまして1,945万8,000円。教育関係費合計が2億8,738万5,000円となっております。


 次のページをお願いいたします。この表につきましては、中播衛生施設事務組合の平成22年度分担金の計算表でございます。中ほどの太い字で書いてある部分が市川町の欄でございます。ごらんいただきたいと思います。


 続きまして、19ページの分につきましては、中播北部行政事務組合関係の平成22年度分担金計算表でございます。中ほどの太字で書いてある部分が市川町の負担金の内訳でございます。ごらんいただきたいと思います。


 続きまして、20ページにつきましては普通会計歳入状況でございます。


 そして21ページにつきましては歳出状況でございます。21ページの歳出状況の右端の経常一般財源充当構成比の計の欄、89.9%ですが、これが平成22年度予算時における経常収支比率となっております。


 次のページをお願いいたします。22ページは普通会計歳出性質別内訳表でございます。ごらんいただきたいと思います。


 次の23ページは、普通会計の歳入目的別内訳並びに比較表でございます。前年度と比較しております。右の構成比のグラフを載せておりますので、またごらんいただきたいと思います。


 続きまして、24ページは普通会計歳出目的別内訳並びに比較表でございます。右側は構成比をグラフにしております。ごらんいただきたいと思います。


 25ページにつきましては、歳出性質別構成比グラフでございます。ごらんいただきたいと思います。


 以上が平成22年度一般会計予算の概要でございます。御審議のほどよろしくお願いいたします。


○議長(堀田 佐市君)


 学校教育課長、中塚君。


○(学校教育課長)


 それでは、議案第7号を提案し、説明をいたします。予算書の学校給食特別会計予算書の方をよろしくお願いします。


 〔議案第7号 朗読〕


 続きまして、4ページ以降につきましては、歳入歳出予算事項別明細書でございますので省略をさせていただいて、別冊の概要説明書により説明をいたします。概要説明書の26ページをごらんいただきますようにお願いをします。


 学校給食特別会計予算概要説明。


 児童生徒及び幼児の心身の健全な発達と望ましい食習慣の体得を願い、より経済的で安全な給食材料の購入に努力したいと考えております。


 給食内容は、毎週5日実施し、米飯給食は3.5日、パン給食は1.5日で、炊飯、パン製造については業者に委託をしております。


 歳入。給食費負担金につきましては、1人当たり月額、小学校4,300円、中学校4,800円、幼稚園4,200円で、学校行事による全校欠食分を除いて5,972万3,000円を計上しております。


 歳出。総務費につきましては、職員の人件費、給食用の消耗品費、施設の光熱水費及び修繕費、施設管理委託料、検便手数料等を計上しております。また、本年度は給食用食器の更新を予定をしております。


 事業費は、児童生徒の減少によりまして対前年度予算272万4,000円の減となっております。


 以上でございます。御審議のほどよろしくお願いいたします。


○議長(堀田 佐市君)


 事業参事、藤本君。


○(事業参事兼地域振興課長)


 それでは、ただいまより議案第8号を提案し、説明いたします。まず、リフレッシュパーク市川運営特別会計予算書をお開きください。


 〔議案第8号 朗読〕


 次のページをお願いいたします。歳入歳出予算事項別明細書につきましては省略させていただきまして、以降はリフレッシュパーク市川運営特別会計予算の概要書により説明をさせていただきます。別冊の予算概要書の27ページをごらんください。予算書は4ページ、5ページに載っております。


 それでは、リフレッシュパーク市川運営特別会計予算概要説明。


 リフレッシュパーク市川は、都市と農村の交流と地域の活性化を図るため、笠形山のふもとで「広葉樹あふれる自然」をテーマに建設されました。


 昨年度は、「スイーツコンテスト」や「いちかわ食の大集合!」などのイベントを開催し、集客の増加に努めましたが、景気の低迷により個人所得が大きく減少し、消費意欲の減退に加え、新型インフルエンザが大流行したため外出の自粛規制が働き、夏場の団体客のキャンセルや、忘年会、新年会の減少に伴い施設利用収入が大きく減少いたしました。


 この厳しい状況を改善するため、本年度も引き続き新しいイベントを開催し、集客の増加に努めてまいります。


 歳入。使用料は、どんぐりころころ館、コテージ、キャンプ場、ふれあいドーム、かぶとむしドーム等の使用料で1,777万5,000円を計上しております。


 県支出金は、地域グリーンニューディール基金事業補助金として3,000万円を計上しております。


 一般会計繰入金は、人件費、公債費を初め、ふれあい農園・りんご園運営管理委託料などの維持管理費等で4,700万3,000円、また、前年度繰越金を1,000円計上しております。


 諸収入は、宿泊食事代、宴会、レストラン、売店等の売上金で4,335万8,000円を計上しております。


 歳出。運営費につきましては、職員の人件費、公債費、嘱託職員、臨時職員の賃金、光熱水費、食堂、売店等の材料費、施設運営消耗品費、修繕費等の需用費、通信運搬費、広告料などの役務費、委託料としてかぶとむしドーム運営委託料、ふれあい農園・りんご園運営管理委託料など、また、使用料及び賃借料としてリネン借り上げ料、施設用地借り上げ料などを計上しております。


 また、本年度は施設の省エネ・グリーン化を推進するため、地域グリーンニューディール基金を活用して、ころころ館の空調設備及びコテージの給湯設備の改修を予定しております。設計監理委託料、工事請負費等を計上しております。


 以上でございます。よろしく御審議のほどお願いいたします。


○議長(堀田 佐市君)


 健康福祉課長、中岡君。


○(健康福祉課長)


 それでは、議案第9号を提案し、説明をいたします。予算書、国民健康保険特別会計の予算書をお願いいたします。まず議案を朗読いたします。


 〔議案第9号 朗読〕


 6ページ以下につきましては、歳入歳出予算事項別明細書でございますので省略をさせていただきます。


 予算書の27ページをお願いいたします。給与費の明細書でございます。一般職。総括としまして、本年度職員数3名、前年度職員数3名、増減はございません。金額の合計でございますが、本年度2,480万6,000円、前年度より168万8,000円の増となっております。以下につきましては、それぞれ内訳となっておりますので、ごらんをいただきたいと思います。


 以後につきましては、別冊の概要説明書で説明をさせていただきます。それでは、別冊の概要説明書をお願いいたします。概要説明書の29ページでございます。


 国民健康保険特別会計予算概要説明。


 後期高齢者医療制度の開始と退職者医療制度の変更により一般被保険者の占める割合が高くなっております。


 歳入。1、保険税。医療給付費分保険税の一般被保険者分については、歳出総額から退職被保険者等に係る療養給付費等を控除し、さらに国県支出金等の収入総額を控除した額1億8,138万8,000円を計上しております。退職被保険者等分につきましては、65歳未満の被保険者及び被扶養者について2,108万5,000円を計上しております。


 後期高齢者医療制度の現役世代の負担分としての後期高齢者支援金分保険税については、後期高齢者支援金から国県支出金を控除した額とし、一般被保険者分として5,238万6,000円、退職被保険者等分611万4,000円をそれぞれ計上しております。


 介護保険に係る介護納付金分保険税は、介護納付金から国県支出金を控除した額とし、一般被保険者分として2,187万円、退職被保険者等分596万円をそれぞれ計上しております。予算額及び前年度との比較につきましては、次のとおりとなっております。ごらんをいただきたいと思います。


 次のページをお願いいたします。2、使用料及び手数料。督促手数料1,000円を計上しております。


 3、国庫支出金。ア、療養給付費等負担金。一般被保険者の療養給付費等の保険者負担金、後期高齢者支援金、介護納付金、老人保健拠出金のそれぞれ34%から福祉医療分を考慮し、2億2,301万7,000円を計上しております。


 イ、高額医療費共同事業負担金。高額医療費拠出金の額の4分の1に相当する額773万1,000円を計上しております。


 ウ、特定健康診査等負担金。保険者に義務化された特定健康診査・特定保健指導に対する助成として100万9,000円を計上しております。


 エ、財政調整交付金。国の予算の範囲内で、町の財政力に応じ配分されるもので、本年度は普通調整交付金として7,206万5,000円と特別調整交付金として825万3,000円を見込んでおります。


 オ、総務費補助金。平成21年10月より出産育児一時金が4万円引き上げられ、その2分の1について、国保安心出産育児支援補助金として24万円計上しております。


 4、療養給付費交付金。退職被保険者等に係る療養給付費等の見込み額と退職被保険者等に係る後期高齢者及び前期高齢者に係る調整対象基準額から当該保険税額を控除した額を支払基金から交付されるもので、9,921万7,000円を計上しております。


 5、前期高齢者交付金。前期高齢者(65歳以上75歳未満の被保険者)に係る保険者間の費用負担の調整を行うための交付金として、3億8,250万2,000円を見込んでおります。


 6、県支出金。ア、高額医療費共同事業負担金。高額医療費拠出金の額の4分の1に相当する額773万1,000円を計上しております。


 イ、特定健康診査等負担金。保険者に義務化された特定健康診査・特定保健指導に対する助成として100万9,000円を計上しております。


 ウ、国民健康保険医療費適正化事業費補助金。県の予算の範囲内で交付されるもので、300万円を計上しております。


 エ、財政調整交付金。県の予算の範囲内で、町の財政力に応じ配分されるもので、本年度は普通調整交付金として4,585万9,000円を見込んでおります。


 7、共同事業交付金。ア、高額医療費共同事業交付金。高額な医療費に対する共済制度で、高額医療費共同事業拠出金と同額の3,092万6,000円を計上しております。


 イ、保険財政共同安定化事業交付金。県内の市町国保間の保険税の平準化、財政の安定化を図るための制度で、保険財政共同安定化事業拠出金と同額の1億5,274万円を計上しております。


 8、財産収入。財政調整基金積立金利子を36万円計上しております。


 9、繰入金。ア、一般会計繰入金。職員給与費等繰入金として、職員の人件費等と一般事務費をあわせて2,932万1,000円を計上しております。助産費等繰入金として320万円を計上しております。財政安定化支援事業繰入金は、一般会計の地方交付税に算入されるもので、前年度の決算見込みより推計して1,700万円を見込んでおります。その他一般会計繰入金として300万円を計上しております。


 イ、保険基盤安定繰入金は、一般被保険者の保険税軽減分等で、前年度の決算見込み額より推計して4,700万円を計上しております。


 10、繰越金。前年度繰越金として2,000円を計上しております。


 11、諸収入。ア、第三者納付金は、交通事故等第三者の行為によって受けた傷害に対して医療給付を行った場合、法の規定により賠償金として徴収するものです。


 イ、返納金は、資格喪失後等の受診に伴う給付費の返還でございます。


 続きまして、歳出です。1、総務費。職員3名分の人件費と一般事務費等運営に必要な最小限度の額を計上しております。


 2、徴税費。徴税に関する事務費及び納税組合に対する報償金等を計上しております。


 3、運営協議会費。定期運営協議会2回開催の経費でございます。


 4、保険給付費。ア、療養給付費等。療養給付費、療養費、高額療養費は、国保会計の支出の大部分を占め、予算の規模に大きな影響を与えるものでございます。予算額及び前年度との比較は、次のとおりとなっております。療養給付費、一般分8億400万円、退職分7,800万円。療養費、一般分624万円、退職分60万円。高額療養費、一般分8,040万円、退職分1,200万円。高額介護合算療養費、一般分10万円、退職分1,000円。移送費、一般分1,000円、退職分1,000円。結核医療付加金1万5,000円となっております。


 イ、その他の給付費としまして、出産育児一時金は1人当たり42万円で12件、葬祭給付費は1人当たり5万円で25件を計上しております。


 5、後期高齢者支援金等。後期高齢者医療制度の現役世代負担分として1億4,186万1,000円を計上しております。


 6、前期高齢者納付金等。前期高齢者(65歳以上75歳未満の被保険者)に係る保険者間の費用負担の調整を行うための納付金として25万9,000円を計上しております。


 7、老人保健拠出金。平成20年度の精算分で315万6,000円を計上しております。


 8、介護納付金。介護納付金につきましては、社会保険診療報酬支払基金からの見込み額の通知により6,262万4,000円を計上しております。


 9、共同事業拠出金。ア、高額医療費共同事業拠出金。高額医療費共同事業に充てるために、高額医療費拠出金を連合会に納付することとされており、本年度は連合会からの通知により3,092万6,000円を計上しております。


 イ、保険財政共同安定化事業拠出金。保険財政共同安定化事業に充てるため、保険財政共同安定化事業拠出金を連合会に納付することとされており、本年度は連合会からの通知により1億5,274万円を計上しております。


 10、保健事業費。ア、特定健康診査等事業費。特定健康診査・特定保健指導に要する費用として483万3,000円を計上しております。


 イ、保健事業費。医療費適正化事業費として、医療費通知を年6回実施しており、それに伴う経費とレセプト点検に伴う費用として683万6,000円を計上しております。


 11、基金積立金。財政調整基金の積立金で、本年度中の利子を計上しております。


 12、公債費。一時借入金利子として1,000円計上しております。


 13、諸支出金。保険税過誤納付に対する還付金等として110万1,000円を計上しております。


 14、予備費。保険給付費の3%を確保するよう指導されておりますが、昨年度と同額の300万円を計上いたしております。


 続きまして、予算書の老人保健特別会計をお願いをいたします。それでは、議案第10号を提案し、説明をさせていただきます。まず議案を朗読いたします。


 〔議案第10号 朗読〕


 4ページ以下につきましては、歳入歳出予算事項別明細書でございますので省略をさせていただきまして、別冊の概要説明書の朗読をもって説明にかえさせていただきます。それでは、別冊の概要説明書の36ページをお願いいたします。


 老人保健特別会計予算概要説明。


 老人保健制度は平成20年3月で廃止され、後期高齢者医療制度に移行しましたが、月おくれ請求及び過誤調整分について予算を計上しております。


 歳入。医療費につきましては、支払基金が12分の6、国庫が12分の4、県費が12分の1の負担となっております。


 歳出につきましては、医療費として20万円、審査支払い手数料として1,000円を計上しております。


 続きまして、予算書、介護保険事業特別会計をお願いいたします。それでは、引き続き議案第11号を提案し、説明をいたします。まず議案を朗読いたします。


 〔議案第11号 朗読〕


 6ページ以下につきましては、歳入歳出予算事項別明細書でございますので省略をさせていただきます。


 27ページをお願いいたします。給与費の明細書となっております。一般職。まず、総括。本年度職員数7名、前年度と変わりありません。合計金額としまして3,986万6,000円、前年度から161万5,000円の増となっております。以下はそれぞれ内訳となっておりますので、ごらんをいただきたいと思います。


 以後、別冊の概要説明書で説明をさせていただきます。それでは、概要説明書をお願いいたします。概要説明書の37ページでございます。


 最初に二、三修正がございますので、修正をお願いしたいと思います。


 37ページの下から5行目ですが、「1千円と地域支援事業支援交付金」となっておりますが、この後ろの支援を消していただきたいと思います。「地域支援事業交付金」としていただきたいと思います。


 それから、下から2行目ですが、「過年度分1千円と地域支支援」となっております。「支」が1つ多うございますので、1つ削除をお願いいたします。


 それから、申しわけございませんが、38ページの歳入の一番下の10、諸収入の欄でございますが、「受講料等110千円で6,141千円」としておりますが、「受講料等111千円」、最後の「0」を「1」に訂正をお願いいたします。合計が「6,142千円」となります。恐れ入りますが、訂正のほどよろしくお願いをいたします。


 それでは、介護保険事業特別会計予算概要説明に移らせていただきます。


 高齢化による要介護認定者、サービス利用者数の増加とともに介護給付費が伸び続ける中、第4期の2年目に当たり、制度改正、介護予防を提供する地域支援事業の取り組み等により、高齢になっても元気で暮らせるような予算を見込んでおります。


 歳入。1、介護保険料。第1号被保険者の現年度保険料1億8,143万9,000円、過年度保険料3万円を計上しております。


 2、使用料及び手数料。督促手数料1,000円を計上しております。


 3、国庫支出金。国庫負担金は、介護給付費負担金現年度分1億7,507万1,000円、過年度分1,000円を計上しております。


 国庫補助金は、介護給付費調整交付金現年度分6,589万7,000円、過年度分1,000円と地域支援事業交付金(介護予防事業)現年度分279万9,000円、過年度分1,000円と地域支援事業交付金(包括的支援事業ほか)現年度分731万5,000円、過年度分1,000円と介護予防実態調査分析支援事業補助金現年度分390万2,000円を計上しております。


 4、県支出金。介護給付費負担金現年度分1億4,650万1,000円、過年度分1,000円を計上しております。県補助金は、地域支援事業交付金(介護予防事業)現年度分139万9,000円、過年度分1,000円と地域支援事業交付金(包括的支援事業ほか)現年度分365万8,000円、過年度分1,000円を計上しております。


 5、支払基金交付金。介護給付費交付金現年度分2億9,683万7,000円、過年度分1,000円と地域支援事業交付金現年度分335万7,000円、過年度分1,000円を計上しております。


 次のページをお願いいたします。6、繰入金。一般会計繰入金は、介護給付費繰入金1億2,368万2,000円、職員給与費等繰入金4,993万1,000円、地域支援事業繰入金505万7,000円、その他一般会計繰入金1,000円、介護保険給付費準備基金繰入金353万1,000円、介護従事者処遇改善臨時特例基金繰入金を250万9,000円計上しております。


 7、財産収入。利子及び配当金は、介護給付費準備基金利子22万7,000円、介護従事者処遇改善臨時特例基金利子1万1,000円を計上しております。


 8、繰越金。繰越金は、1,000円を計上しております。


 9、新予防サービス事業収入。新予防サービス事業収入は、461万8,000円を計上しております。


 10、諸収入。延滞金1,000円、新予防サービス計画作成料603万円、各種講座等受講料等11万1,000円で614万2,000円を計上しております。


 続きまして、歳出。1、総務費。一般管理費は、職員3名の人件費、嘱託訪問調査員2名の賃金、電算機器保守管理委託料、事務機器使用料等で3,462万円を計上しております。


 賦課徴収費は、消耗品費、通信運搬費等で140万2,000円を計上しております。


 認定調査費は、主治医意見書作成料、認定調査委託料等で647万円を計上しております。


 認定審査会共同設置負担金は、神崎郡要介護認定審査会共同設置負担金744万2,000円を計上しております。


 2、保険給付費。介護サービス給付費諸費として各種サービス給付費等で9億8,945万7,000円を計上しております。


 3、介護予防事業費。65歳以上の高齢者を対象に介護予防の普及啓発、健康相談、健康教育を実施し、虚弱で閉じこもりがちな特定高齢者には、生活機能の維持向上を目指した事業を実施し、できる限り在宅で過ごせるようにしていく事業でございます。また、平成21年度から国の介護予防モデル事業として、65歳以上を対象に生活機能調査を行い、特定高齢者の把握と生活機能の維持向上のため、口腔衛生を取り入れた複合プログラム等を実施し、嘱託職員等賃金、運動機能訓練委託料、事務機器使用料等で1,524万4,000円を計上しております。


 4、包括的支援事業・任意事業費。地域包括支援センターは、?高齢者や家族に対しての総合的相談支援、?虐待の防止、権利擁護事業、?介護予防事業のマネジメント、?介護支援専門員への支援などサービスのコーディネートを行う機関として、主任介護支援専門員、介護支援専門員、保健師、社会福祉士を配置しております。職員4名の人件費、嘱託介護支援専門員等の賃金、委託料等で2,440万9,000円を計上しております。


 5、新予防給付事業費。介護認定が要支援1、2の人を対象としたデイサービス事業を行うための嘱託看護師、臨時職員の賃金、事務機器使用料等で449万5,000円を計上しております。


 6、財政安定化基金拠出金。財政安定化基金拠出金は、基金への拠出1,000円を計上しております。


 7、基金積立金。介護給付費準備基金積立金は、22万8,000円、介護従事者処遇改善臨時特例基金積立金1万2,000円を計上しております。


 8、諸支出金。償還金は、国県補助金償還金として1,000円と保険料還付金14万4,000円を計上しております。


 続きまして、予算書の後期高齢者医療特別会計をお願いいたします。それでは、続きまして議案第12号を提案し、説明させていただきます。まず議案を朗読いたします。


 〔議案第12号 朗読〕


 4ページ以下につきましては、歳入歳出予算事項別明細書でございますので省略をさせていただきます。


 予算書11ページをお願いいたします。給与費の明細でございます。一般職。まず、総括。本年度1名、前年度と変わりございません。合計としまして509万9,000円、前年度より41万9,000円の増額となっております。以下につきましてはそれぞれ内訳となっておりますので、ごらんをいただきたいと思います。


 以後、別冊の概要説明書により説明をさせていただきます。それでは、概要説明書の40ページをお願いいたします。


 後期高齢者医療特別会計予算概要説明。


 平成20年4月から開始された後期高齢者医療制度で、町が行う保険料の徴収事務についての予算を計上しております。


 歳入。1、後期高齢者医療保険料。後期高齢者医療の保険料として、特別徴収分で8,861万3,000円、普通徴収分で3,123万4,000円を計上しております。


 2、使用料及び手数料。督促手数料1,000円を計上しております。


 3、繰入金。一般会計繰入金は、事務費繰入金として2,045万8,000円、保険基盤安定繰入金として3,072万1,000円を計上しております。


 4、繰越金。前年度繰越金として1,000円を計上しております。


 5、諸収入。延滞金、保険料還付金及び雑入で10万2,000円を計上しております。


 続きまして、歳出でございます。1、総務費。総務管理費は、職員1名分の人件費、電算機器保守管理委託料、電算等システム使用料等で1,960万5,000円を計上しております。


 徴収費は、消耗品、通信運搬費等で85万4,000円を計上しております。


 2、後期高齢者医療広域連合納付金。徴収した保険料、延滞金及び保険基盤安定繰入金を広域連合に納付する額として1億5,057万1,000円を計上しております。


 3、諸支出金。保険料還付金として10万円を計上しております。


 以上で説明を終わらせていただきます。御審議のほどよろしくお願いいたします。


○議長(堀田 佐市君)


 暫時休憩します。再開予定は午後1時とします。なお、この間、昼食といたします。


      午後0時03分休憩





      午後1時00分再開


○議長(堀田 佐市君)


 休憩前に引き続き会議を開きます。


 下水道課長、岡本君。


○(下水道課長)


 では、予算書の下水道事業会計をおあけください。議案第13号を提案し、説明いたします。議案を朗読いたします。


 〔議案第13号 朗読〕


 次の5ページから9ページにつきましては、平成22年度市川町下水道事業会計予算実施計画でございます。後ほど概要説明書により説明させていただきます。


 10ページをお開きください。10ページは、平成22年市川町下水道事業会計資金計画でございます。後ほどごらんになっていただきたいと思います。


 次のページをお開きください。11ページから15ページにつきましては、下水道課職員の給与費明細でございます。職員7名の給与費合計5,823万5,000円を計上しております。また、前年度との比較及び内訳等を記載しておりますので、後ほどごらんいただきたいと思います。


 16ページをお開きください。16ページは、平成21年度市川町下水道事業予定損益計算書でございます。


 17ページ、18ページをお開きください。平成21年度市川町下水道事業予定貸借対照表でございます。後ほどごらんをいただきたいと思います。


 19ページをお開きください。平成22年度市川町下水道事業予定損益計算書でございます。下から3行目からでございますが、朗読いたします。当年度純損失1億639万8,000円を予定しております。前年度繰越欠損金1億1,086万6,000円、当年度未処理欠損金は2億1,726万4,000円となる予定でございます。


 続きまして、20ページ、21ページにつきましては、平成22年度市川町下水道事業予定貸借対照表でございます。後ほどごらんをいただきたいと思います。


 それでは、予算書の5ページをお願いします。予算の概要説明書により説明させていただきます。予算の概要説明書の42ページでございます。朗読いたします。


 下水道事業会計予算概要説明。


 平成22年度は、農業集落排水事業並びにコミュニティプラントにおいては、昨年度同様全8処理区の施設管理等を予定しており、公共下水道事業においては、特定環境保全公共下水道事業中部処理区の中部浄化センター建設に係る工事委託、用地買収、管渠に係る詳細設計委託、面整備工事、水道補償等並びに同センター稼働開始後の施設管理を予定しております。


 1、業務の予定量。(1)接続戸数は、農業集落排水事業が558戸、コミュニティプラントが427戸、公共下水道事業が10戸、9処理区合わせて995戸を予定しております。


 (2)既存8施設と中部浄化センターの年間総排水量は約33万立方メートルで、1日当たり約900立方メートルを予定しております。


 (3)特定環境保全公共下水道事業中部処理区における中部浄化センターの建設委託業務として、日本下水道事業団による汚泥棟などの建設工事並びに外構工事等を予定しております。また、中部浄化センター用地の買収を予定しております。同じく中部処理区において、第5工区(おおむね県道長谷市川線の千原信号南から振古川までの県道とJR播但線との間の区域)の面整備工事を予定し、第6工区(JR播但線から東部の神崎区域)の測量設計を予定しております。


 2、収益的収入及び支出。損益勘定でございます。収入1億4,439万7,000円、支出2億4,363万9,000円を予定しております。


 (1)収益的収入。予算書の5ページでございます。?、営業収益として、?使用料。下水道使用料として、公共下水道事業10万5,000円、農業集落排水事業3,096万9,000円、コミュニティプラント2,297万9,000円、合計5,405万3,000円を計上しております。?受託工事収益。農業集落排水事業3件、コミュニティプラント2件、合わせて5件の申し込みを予定し、受託工事収益は210万円を計上しております。?そのほか営業収益。責任技術者更新手数料2万4,000円、指定工事店更新手数料5万円を計上しております。


 ?、営業外収益として、?補助金、一般会計から補助金8,018万9,000円を計上しております。内訳は、農業集落排水事業4,530万円、コミュニティプラント1,946万6,000円、公共下水道事業1,542万3,000円となっております。?加入分担金。加入分担金92万4,000円を計上しております。内訳は、農業集落排水事業55万2,000円、コミュニティプラント37万2,000円となっております。?消費税還付金。消費税還付金705万6,000円を計上しております。


 (2)収益的支出でございます。?、営業費用。?管渠費。農業集落排水事業及びコミュニティプラントの汚水管渠とマンホールポンプの維持管理に要する費用として650万9,000円を計上しております。主なものは、ポンプ施設維持管理委託料、修繕費及び公共ます設置に伴う工事請負費等です。?処理場費。農業集落排水事業及びコミュニティプラント並びに公共下水道事業の処理施設の維持管理に要する費用として4,356万9,000円を計上しております。主なものは、処理施設、電気設備の管理委託料と電気代、通信費及び機器の修繕費等です。?総係費。職員3名分の人件費と一般管理費で3,088万6,000円を計上しております。予算書の7ページをおあけください。?減価償却費。有形固定資産減価償却費9,924万2,000円を計上しております。


 ?、営業外費用。?支払い利息及び企業債取扱諸費。町債償還利子6,243万3,000円を計上しております。


 ?、予備費。?予備費。予備費として100万円を計上しております。


 3、資本的収入及び支出。資本勘定でございます。収入8億2,944万1,000円、支出8億2,944万1,000円を予定しております。


 (1)資本的収入。?、企業債。?企業債。特定環境保全公共下水道事業中部処理区における処理施設整備並びに管渠施設整備に係る下水道事業債2億9,240万円と農業集落排水事業債1,980万円、合計3億1,220万円を計上しております。


 ?、補助金。?国庫補助金。国庫補助金として2億5,755万円を計上しております。?他会計補助金。一般会計からの補助金2億4,035万4,000円を計上しております。


 ?、負担金。予算書の8ページでございます。?工事負担金。受益者分担金として1,533万7,000円、工事負担金として400万円を計上しております。


 (2)資本的支出。?、建設改良費。公共下水道事業中部処理区における中部浄化センター並びに面整備工事に係る費用を計上しております。?管渠整備費。面整備工事に係る費用3億3,120万5,000円を計上しております。予算書の9ページになります。?処理場整備費。中部浄化センター建設に係る費用2億2,999万6,000円を計上しております。固定資産購入費。中部浄化センター建設に伴う用地の購入費4,121万円を計上しております。


 ?、企業債償還金。?企業債償還金。町債償還元金2億2,703万円を計上しております。


 以上でございます。よろしく御審議賜りますようお願いいたします。


○議長(堀田 佐市君)


 水道局長、岡本君。


○(水道局長)


 引き続きまして、水道事業会計の予算を提案いたします。議案第14号を提案し、御説明を申し上げます。まず朗読いたします。


 〔議案第14号 朗読〕


 次、4ページから9ページにつきましては、平成22年度市川町水道事業会計予算の実施計画でございます。後ほど概要説明書の方で説明をさせていただきたいと思います。


 続きまして、10ページをお開き願いたいと思います。10ページにつきましては、平成22年度の市川町水道事業会計の資金計画でございます。また後ほどごらんをいただきたいと思います。


 次のページ、11ページから15ページにつきましては、職員の給与費明細書でございます。職員6名分で、本年度と前年度を比較しております。ごらんをいただきたいと思います。


 次に、16ページになります。16ページには平成21年度の市川町水道事業の予定損益計算書を計上しております。ごらんいただきたいと思います。


 次に、17ページと18ページにつきましては、平成21年度の市川町水道事業の予定貸借対照表でございます。ごらんを願いたいと思います。


 次の19ページにつきましては、本予算に伴います平成22年度の市川町水道事業の予定損益計算書でございます。そのページの下から3行目、当年度の純利益でございますが、当年度の純利益は193万4,000円となる予定でございます。


 次に、20ページ、21ページにつきましては、平成22年度の市川町の水道事業予定貸借対照表でございます。ごらんをいただきたいと思います。


 それでは、別冊の概要説明書により説明をさせていただきます。別冊の概要説明書の46ページをお開き願いたいと思います。


 それでは、46ページ、水道事業会計予算概要説明書を朗読いたします。


 本年度の水道事業会計は、下水道工事に伴う配水管布設がえ工事を初め、老朽水道管の更新並びに水源地施設の改良を予定しております。


 予算における計数につきましては、予算、予算実施計画、資金計画は消費税込みで計算しております。また、損益計算書と貸借対照表につきましては消費税抜きで作成をしておりますので、よろしくお願いします。


 1の業務の予定量。(1)給水戸数は、町内が5,000戸、加西市は1万6,300戸を予定しております。(2)年間総給水量は、町内が150万立方メートル、加西市は186万1,500立方メートルを予定しております。(3)1日平均給水量は、町内が4,110立方メートル、加西市は5,100立方メートルを予定しております。


 2、収益的収入及び支出。損益勘定になります。(1)収益的収入。給水収益は、町内の給水量を1戸当たり月平均25立方メートル、加西市への用水供給量を1日平均5,100立方メートルと見込んで、計3億9,418万8,000円を予定しております。これに受託工事収益840万円、その他営業収益130万6,000円を加えた営業収益は4億389万4,000円を予定しております。預金利息、加入分担金ほかの営業外収益は493万5,000円で、収入総額は4億882万9,000円を予定しております。


 次の収益的支出の方になります。予算実施計画のとおり、職員の人件費と各施設の維持管理費、漏水調査委託、減価償却費及び企業債利息等、支出総額としまして3億9,364万2,000円を予定しております。収支差し引き額につきましては1,518万7,000円となります。税抜きで表示しますと193万4,000円が当年度の純利益ということになります。


 次の47ページをお開き願いたいと思います。3として資本的収入及び支出、資本勘定でございます。


 (1)資本的収入につきましては、国庫補助金としまして1,316万6,000円の補助を予定しております。工事負担金として1,000万円の収入を予定しております。


 (2)として資本的支出。配水管布設工事費として2億1,800万円を予定しております。施設維持費としまして4,800万円を予定しております。水源地等施設改良工事が主なものでございます。給水設備改良費300万円、固定資産購入費180万円を予定しております。工事分担金としまして400万円を予定しております。企業債償還金は、元金償還金で2,882万6,000円でございます。


 以上でございます。よろしく御審議のほどお願いいたします。


○議長(堀田 佐市君)


 総務参事、青木君。


○(総務参事兼総務課長)


 予算書の土地開発事業会計をお開きください。議案第15号を提案し、説明をいたします。朗読いたします。


 〔議案第15号 朗読〕


 次のページをお願いをいたします。次のページは平成22年度市川町土地開発事業会計予算実施計画でございます。後ほど概要説明書でもって説明をさせていただきます。


 次のページをお願いいたします。平成22年度市川町土地開発事業会計資金計画でございます。ごらんいただきたいと思います。


 次のページをお願いをいたします。次のページは平成21年度市川町土地開発事業予定損益計算書でございます。後ほどごらんください。


 次のページをお願いいたします。平成21年度市川町土地開発事業予定貸借対照表でございます。後ほどごらんをいただきたいと思います。


 次のページをお願いいたします。平成22年度市川町土地開発事業予定損益計算書でございます。平成22年度では、当年度純損失69万3,000円、前年度繰越欠損金233万4,217円、当年度未処理欠損金302万7,217円を予定しております。


 次のページをお願いいたします。平成22年度市川町土地開発事業予定貸借対照表でございます。資産の部では、土地と車両及び運搬具で、固定資産合計2億1,562万4,442円。流動資産で現金預金で1億186万8,222円、資産合計3億1,749万2,664円。資本の部では、資本金合計3億2,051万9,881円、剰余金では、剰余金合計302万7,217円の欠損で、資本合計3億1,749万2,664円の予定をしております。


 それでは、続きまして概要説明書の48ページをお開きください。土地開発事業会計予算概要説明でございます。予算書につきましては3ページ、4ページとなります。朗読いたします。


 本年度の市川町土地開発事業会計は、鶴居森林工場公園工業団地等の土地維持管理を行います。


 1、業務の予定量。業務の予定量は、次のとおりです。(1)鶴居森林工場公園工業団地等の土地維持管理。


 2、収益的収入及び支出(損益勘定)。


 (1)収益的収入。営業外収益として預金利息30万6,000円、雑収益6万3,000円で、収入総額36万9,000円を予定をしております。


 (2)収益的支出。営業費用として鶴居工業団地等の土地維持管理費71万3,000円、総係費34万8,000円、雑支出1,000円を計上し、支出総額は106万2,000円を予定しております。


 3、資本的収入及び支出(資本勘定)。資本的収入、資本的支出ともにありません。


 以上でございます。よろしく御審議のほどお願いいたします。


○議長(堀田 佐市君)


 管財課長、近藤君。


○(管財課長)


 平成21年度市川町一般会計補正予算の1ページをお開きください。それでは、議案第16号を提案し、説明いたします。まず朗読いたします。


 〔議案第16号 朗読〕


 以下、9ページ以降につきましては、事項別明細書でございますので省略させていただきまして、補正予算の概要説明書で説明させていただきます。議員の皆様方には、補正予算書を見ながらお願いいたします。概要書の1ページから朗読いたします。


 平成21年度市川町一般会計補正予算(第5号)概要説明。


 今回の補正は、平成21年度の最終補正で514万7,000円の減額補正です。


 歳出の主なものは、国の2次補正予算に伴う地域活性化・きめ細かな臨時交付金事業費、農業総務費等の増額と後期高齢者医療費、医療助成費、子育て応援特別手当費、保健衛生総務費、予防費、し尿処理費、道路改良費等の減額です。


 詳細については、次のとおりです。


 まず、歳入でございます。補正予算書は11ページでございます。


 町税。町民税の個人分は、決算見込みによる普通徴収分の減額と特別徴収分、滞納繰り越し分の増額です。


 町民税の法人は、決算見込みによる現年度分の増額です。


 固定資産税は、決算見込みによる現年度分と滞納繰り越し分の増額です。


 補正予算書は12ページでございます。軽自動車税は、決算見込みによる滞納繰り越し分の増額です。


 町たばこ税は、決算見込みによる減額です。


 利子割交付金は、決算見込みによる減額です。


 配当割交付金は、決算見込みによる減額です。


 補正予算書は13ページでございます。株式等譲渡所得割交付金は、決算見込みによる減額です。


 自動車取得税交付金は、決算見込みによる増額です。


 旧法による自動車取得税交付金は、決算見込みによる減額です。


 補正予算書の14ページでございます。地方特例交付金。地方特例交付金は、確定による減収補てん特例交付金の増額と児童手当特例交付金の減額です。


 特別交付金は、確定による減額です。


 分担金及び負担金。農林水産業費分担金の農業費分担金は、確定によるため池等整備事業受益者分担金の減額です。


 国庫支出金の民生費国庫負担金の保険基盤安定負担金は、確定による増額です。


 補正予算書は15ページでございます。衛生費国庫負担金の保健衛生費負担金は、老人保健事業の廃止に伴う老人保健事業負担金の減額です。


 総務費国庫補助金の総務管理費補助金は、地域活性化・経済危機対策臨時交付金の交付限度額の確定による減額と、国の1次補正予算に伴う地域活性化・公共投資臨時交付金及び国の2次補正予算に伴う地域活性化・きめ細かな臨時交付金の補正です。


 民生費国庫補助金の社会福祉費補助金は、決算見込みによる障害程度区分認定等事業費補助金と地域生活支援事業補助金の減額です。児童福祉費補助金は、事業執行の中止による子育て応援特別手当交付金の減額と、国の2次補正予算に伴う子ども手当の支給実施に向けた子ども手当システム改修費補助金の補正です。


 衛生費国庫補助金の保健衛生費補助金は、決算見込みによる汚水処理施設整備交付金の減額です。


 補正予算書16ページでございます。土木費国庫補助金の住宅・建築物耐震改修等事業費補助金は、決算見込みによる簡易耐震診断推進事業補助金の減額です。また、道路橋梁費補助金は、決算見込みによる道整備交付金事業費補助金の減額です。


 教育費国庫補助金の小学校費補助金は、確定による理科教育振興費補助金の減額です。中学校費補助金は、確定による理科教育振興費補助金の減額と決算見込みによる安全・安心な学校づくり交付金の増額です。


 民生費国庫委託金の児童福祉費委託金は、事業執行の中止による子育て応援特別手当事務費委託金の減額です。


 教育費国庫委託金の教育総務費委託金は、確定による問題を抱える子ども等の自立支援事業委託金の減額です。


 補正予算書は17ページでございます。県支出金。民生費県負担金の軽減保険料負担金は、確定による保険基盤安定制度(軽減保険税等)負担金と後期高齢者医療保険基盤安定負担金の減額です。


 衛生費県負担金の保健衛生費負担金は、老人保健事業の廃止に伴う老人保健事業負担金の減額です。


 総務費県補助金の総務費補助金は、決算見込みによる緊急雇用就業機会創出基金事業補助金の減額と消費者行政活性化事業補助金の増額です。


 民生費県補助金の社会福祉費補助金は、決算見込みによる地域生活支援事業補助金、老人医療費助成事業補助金(65歳から69歳)、重度心身障害者医療費助成事業補助金、高齢重度心身障害者特別医療費助成事業補助金、母子家庭等医療費給付事業補助金及び乳幼児医療費助成事業補助金の減額と障害者自立支援臨時特別対策事業補助金、心身障害者小規模通所援護事業補助金の増額です。


 補正予算書は18ページでございます。衛生費県補助金の保健衛生費補助金は、決算見込みによる自治振興事業補助金(浄化槽設置整備事業)、新型インフルエンザワクチン接種費用軽減事業補助金及び妊婦健康診査費補助金の減額と、老人保健事業廃止の振りかえ措置による市町健康増進事業費補助事業補助金の補正です。


 農林水産業費県補助金の農業費補助金は、確定による数量調整円滑化推進事業補助金及び地籍調査事業補助金の減額と、農業委員会活動費補助金の増額です。また、林業費補助金は、確定による保全松林緊急保護整備事業補助金と治山事業補助金の減額です。


 土木費県補助金の簡易耐震診断推進事業費補助金は、決算見込みによる簡易耐震診断推進事業補助金の減額です。住宅費補助金は、確定による住宅新築資金等貸付助成事業補助金の増額です。また、下水道費補助金は、決算見込みによる自治振興事業補助金(特定環境保全公共下水道事業)の減額です。


 補正予算書19ページでございます。教育費県補助金の小学校費補助金は、確定による自然学校推進事業補助金の減額です。


 災害復旧費県補助金の農林水産施設災害復旧費補助金は、確定による現年発生農林水産施設災害復旧費補助金の減額です。


 総務費県委託金の選挙費委託金は、確定による衆議院議員選挙費委託金と兵庫県知事選挙費委託金の減額です。また、統計調査費委託金は、確定による農林業センサス委託金、国勢調査調査区設定委託金及び経済センサス基礎調査委託金の減額と、工業統計調査委託金及び人口動態統計調査委託金の増額です。


 補正予算書は20ページでございます。衛生費県委託金の衛生費委託金は、確定による廃棄物処理業務委託金の減額です。


 農林水産業費県委託金の林業費委託金は、事業費の増に伴う松くい虫伐倒駆除事業損失補償金の増額です。


 土木費県委託金の河川費県委託金は、確定による河川環境整備事業委託金の減額です。


 財産収入。利子及び配当金は、決算見込みによる財政調整基金、土地開発基金、町営住宅基金、ふるさと・水と土の保全基金、学校用地取得基金及び国際理解教育基金積立金利子の減額と、ふるさと市川応援基金積立金利子の増額です。


 補正予算書は21ページでございます。寄附金。一般寄附金は、決算見込みによる減額です。


 指定寄附金は、決算見込みによるふるさと市川応援寄附金の補正です。


 繰入金。財政調整基金繰入金は、今回の補正による減額です。


 諸収入。雑入は、決算見込みによるインフルエンザ接種料、簡易耐震診断推進事業個人負担金、確定による消防団員退職報償金受入金及び自然学校負担金の減額と文化センター催事入場料の増額です。また、市町村振興協会市町交付金の補正です。


 補正予算書は22ページでございます。町債。農林水産業債の農業債は、事業費確定による農地等保全管理事業債の減額です。また、林業債は、森林基幹道用地購入に係る自治振興事業貸付金の補正です。


 土木債の道路橋梁債は、決算見込みによる増額です。また、下水道債は、決算見込みによる自治振興事業貸付金(特定環境保全公共下水道事業)の減額です。


 消防債は、事業費確定による消防施設整備事業債の減額です。


 教育債は、決算見込みによる学校教育施設等整備事業債の減額です。


 臨時財政対策債は、確定による減額でございます。


○議長(堀田 佐市君)


 暫時休憩をします。なお、再開予定は2時15分とします。


      午後1時58分休憩





      午後2時15分再開


○議長(堀田 佐市君)


 休憩前に引き続き会議を開きます。


○(管財課長)


 それでは、引き続きまして歳出の方を朗読させていただきます。補正予算書は24ページでございます。


 総務費。一般管理費は、決算見込みによる緊急雇用就業機会創出事業委託料の減額です。


 財産管理費は、決算見込みによる土地開発基金積立金の減額です。


 企画費は、決算見込みによる国際理解教育基金積立金の減額と、ふるさと市川応援基金積立金の増額です。


 消費生活費は、消費者行政活性化事業補助金の追加交付に伴う需用費の増額です。


 財政調整基金費は、決算見込みによる財政調整基金積立金の減額です。


 補正予算書は25ページでございます。地域活性化・経済危機対策臨時交付金事業費は、国庫補助金の補正による財源内訳の変更です。


 地域活性化・きめ細かな臨時交付金事業費は、地域の実情に応じたきめ細かなインフラ整備などを進めることを目的とした国の2次補正予算に盛り込まれている事業で、需用費及び工事請負費の補正です。


 衆議院議員選挙費は、確定による職員手当、需用費、委託料等の減額です。


 補正予算書は27ページです。県知事選挙費は、確定による需用費、委託料、備品購入費等の減額です。


 補正予算書は29ページでございます。指定統計費は、各種統計業務の決算見込みによる報酬の減額と需用費の増額です。


 民生費でございます。補正予算書30ページでございます。社会福祉総務費の繰出金は、補正による国民健康保険特別会計及び後期高齢者医療特別会計の減額です。


 後期高齢者医療費は、決算見込みによる療養給付費負担金及び広域連合分賦金の減額です。


 医療助成費は、決算見込みによる医療扶助費の老人、心身障害者、乳幼児及び母子等分の減額と、高齢障害者分の増額です。


 補正予算書は31ページです。心身障害者福祉費は、決算見込みによる中播福祉会いちかわ園、香翠寮運営費負担金、神崎郡障害者介護認定審査会負担金、就学奨励金(通所者)及び市町障害者社会参加促進事業補助金の減額と、障害者自立支援臨時特別対策事業補助金及び心身障害者小規模通所援護事業補助金の増額です。扶助費では、確定による重度心身障害者(児)介護手当の減額と、決算見込みによる更生医療給付費の増額です。


 児童手当費は、国の2次補正予算に伴う子ども手当の支給実施に向けたシステム改修委託料の補正です。


 子育て応援特別手当費は、事業執行の中止による職員手当、需用費、負担金補助及び交付金等の減額です。


 補正予算書は33ページでございます。衛生費。保健衛生総務費は、中播北部行政事務組合負担金の決算見込みによる減額です。


 補正予算書34ページでございます。予防費は、決算見込みによる医薬材料費及び予防接種委託料の減額です。


 環境衛生費は、決算見込みによる浄化槽設置補助金の減額です。


 母子衛生費は、決算見込みによる妊婦健康診査助成金の減額です。


 ごみ処理費は、確定による廃棄物処理業務委託料及びごみ焼却場解体工事に伴う設計委託料の減額と、ごみ焼却場解体工事に伴う川辺財産区への繰出金の補正です。


 補正予算書は35ページでございます。し尿処理費は、決算見込みによる中播衛生施設事務組合負担金及び下水道事業会計補助金の減額です。


 農林水産業費の農業委員会費は、県補助金の補正による財源内訳の変更です。


 農業総務費は、事業費の確定による県営事業負担金の減額と、決算見込みによる市川町ふるさと・水と土の保全基金積立金の減額及び補正に伴うリフレッシュパーク市川運営特別会計繰出金の増額です。


 補正予算書は36ページでございます。農業振興費は、事業費の確定による需用費の減額です。


 地籍調査事業費は、事業費の確定による地籍調査事業委託料の減額です。


 林業振興費は、事業費の確定による需用費、工事請負費、保全松林緊急保護整備事業委託料及び治山林道協会負担金の減額と、事業量の増に伴う松くい虫立木伐倒駆除委託料の増額です。


 補正予算書は37ページでございます。土木費の土木総務費は、確定による道路台帳補正委託料の減額と決算見込みによる簡易耐震診断委託料の減額です。


 補正予算書は38ページです。道路改良費は、決算見込みによる道整備交付金事業に伴う需用費及び工事請負費の減額です。


 河川維持管理費は、事業費の確定による委託料の減額です。


 住宅管理費は、決算見込みによる町営住宅基金積立金の減額です。


 住宅資金等貸付事業費は、県補助金の補正に伴う財源内訳の変更です。


 補正予算書は39ページです。消防費。消防費の常備消防費は、消防施設整備事業負担金の確定による減額です。


 非常備消防費は、消防団員退職報償金の確定による減額です。


 教育費。事務局費は、国庫委託金の補正による財源内訳の変更です。


 小学校の教育振興費は、自然学校の事業費確定による使用料及び賃借料の減額と、決算見込みによる扶助費の増額です。


 補正予算書は40ページでございます。中学校の学校管理費は、決算見込みによる学校用地取得基金積立金の減額です。


 中学校の教育振興費は、決算見込みによる扶助費の増額です。


 幼稚園費は、決算見込みによる扶助費の減額です。


 補正予算書は41ページです。社会教育費の文化センター運営費は、催事入場料の補正に伴う財源内訳の変更です。


 災害復旧費。現年発生農林水産施設補助災害復旧費は、事業費の確定による職員手当、工事請負費等の減額です。


 公債費。利子は、県補助金の補正による財源内訳の変更です。


 補正予算書の8ページに戻っていただきまして、繰越明許費でございます。補正予算書は8ページでございます。繰越明許費。地域活性化・きめ細かな臨時交付金事業は、国の2次補正予算に伴う交付金事業であり、事業の性質上、その実施に相当の期間を要し年度内完了が困難と見込まれるため、需用費及び工事請負費を翌年度に繰り越すものです。


 子ども手当システム改修事業は、国の2次補正予算に伴う事業であり、平成22年度から支給実施に向けたシステム改修に時間を要し年度内完了が困難と見込まれるため、委託料を翌年度に繰り越すものです。


 中学校耐震改修事業は、国の1次補正予算に伴う安全・安心な学校づくり交付金事業であり、耐震改修工事により学校教育に支障を来さないよう夏季休業中に施工するため、旅費、需用費、委託料及び工事請負費を翌年度に繰り越すものでございます。


 以上でございます。御審議のほどよろしくお願いいたします。


○議長(堀田 佐市君)


 事業参事、藤本君。


○(事業参事兼地域振興課長)


 それでは、議案第17号を提案し、説明いたします。まず朗読いたします。


 〔議案第17号 朗読〕


 次のページ以降は、歳入歳出補正予算事項別明細書でございますので省略させていただきます。概要説明書にて説明いたします。別冊の概要説明書の8ページをお願いいたします。


 それでは、平成21年度市川町リフレッシュパーク市川運営特別会計補正予算(第2号)概要説明をさせていただきます。


 今回の補正は、総額7万6,000円の減額補正です。


 補正予算書は6ページ、7ページです。歳入。使用料及び手数料の農林水産使用料は、決算見込みによるリフレッシュパーク市川使用料の減額です。


 一般会計繰入金は、今回の補正に伴う増額でございます。


 繰越金は、前年度繰越金の減額です。


 諸収入は、決算見込みによるレストラン等売上金の減額です。


 歳出。補正予算書は8ページでございます。リフレッシュパーク市川運営費は、修繕費の増等に伴う需用費の増額と、決算見込みによる委託料、使用料及び賃借料の減額です。


 以上でございます。よろしく御審議のほどお願いいたします。


○議長(堀田 佐市君)


 健康福祉課長、中岡君。


○(健康福祉課長)


 それでは、議案第18号を提案し、説明いたします。まず議案を朗読いたします。


 〔議案第18号 朗読〕


 4ページ以下につきましては、歳入歳出補正予算事項別明細書でございますので、概要説明書でもって説明にかえさせていただきたいと思います。概要説明書は9ページでございます。


 平成21年度市川町国民健康保険特別会計補正予算(第3号)概要説明。


 今回の補正は、総額671万5,000円の減額補正でございます。


 まず、歳入です。補正予算書は6ページでございます。国庫支出金の療養給付費等負担金は、療養給付費の決算見込みによる減額です。


 総務費補助金は、高齢者医療制度円滑運営事業費補助金の補正です。


 療養給付費交付金は、決算見込みによる減額でございます。


 次は、補正予算7ページでございます。県支出金の国民健康保険医療費適正化事業費補助金及び財政調整交付金の普通調整交付金は、決算見込みによる減額です。また、特別調整交付金の補正でございます。


 共同事業交付金の共同事業交付金及び保険財政共同安定化事業交付金は、決算見込みによる減額でございます。


 次は、補正予算8ページでございます。繰入金の保険基盤安定繰入金は、確定による減額でございます。


 繰越金のその他の繰越金は、前年度繰越金の増額でございます。


 続きまして、歳出です。補正予算書は9ページでございます。総務費の一般管理費は、高齢者医療制度円滑運営事業に伴う需用費及び役務費の補正です。


 保険給付費は、決算見込みによる一般被保険者療養給付費及び退職被保険者等療養給付費の減額です。


 次は、補正予算書10ページでございます。共同事業拠出金の高額医療費共同事業拠出金は、共同事業交付金の減額に伴う財源内訳の変更です。


 財政調整基金費は、決算見込みによる財政調整基金積立金の増額でございます。以上でございます。


 引き続き、老人保健特別会計補正予算をお願いしたいと思います。議案第19号を提案し、説明いたします。まず議案を朗読いたします。


 〔議案第19号 朗読〕


 4ページ以下につきましては、歳入歳出補正予算事項別明細書でございますので省略させていただきまして、概要説明書で説明をさせていただきたいと思います。概要説明書は10ページでございます。


 平成21年度市川町老人保健特別会計補正予算(第2号)概要説明。


 今回の補正は、総額209万円の減額補正でございます。


 まずは歳入です。補正予算書は6ページでございます。支払基金交付金の医療費交付金及び審査支払い手数料交付金は、決算見込みによる減額です。


 国庫支出金の医療費負担金は、決算見込みによる減額です。


 県支出金の県負担金は、決算見込みによる減額です。


 続きまして、歳出です。補正予算書は8ページでございます。医療諸費の医療給付費、医療費支給費及び審査支払い手数料は、決算見込みによる減額でございます。以上でございます。


 引き続き、後期高齢者医療特別会計の補正予算をお願いいたします。議案第20号を提案し、説明いたします。まず議案を朗読いたします。


 〔議案第20号 朗読〕


 4ページ以下につきましては、歳入歳出補正予算事項別明細書でございますので、別冊の概要説明書で説明をさせていただきます。概要説明書は11ページでございます。


 平成21年度市川町後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)概要説明。


 今回の補正は、総額354万1,000円の減額補正でございます。


 歳入です。補正予算書は6ページでございます。後期高齢者医療保険料は、決算見込みによる特別徴収保険料及び普通徴収保険料現年度分の減額と、普通徴収保険料過年度分の増額でございます。


 繰入金は、保険基盤安定繰入金の確定による減額です。


 繰越金は、前年度繰越金の増額です。


 続きまして、歳出です。補正予算書は8ページでございます。後期高齢者医療広域連合納付金は、決算見込みによる減額でございます。


 以上で説明を終わらせていただきます。御審議のほどよろしくお願いいたします。


○議長(堀田 佐市君)


 下水道課長、岡本君。


○(下水道課長)


 議案第21号をおあけください。議案第21号を提案し、説明いたします。朗読いたします。


 〔議案第21号 朗読〕


 3ページ、4ページにつきましては、平成21年度市川町下水道事業会計補正予算(第3号)実施計画でございます。補正予算書の概要説明書で説明させていただきます。概要説明の12ページでございます。


 平成21年度市川町下水道事業会計補正予算(第3号)概要説明。


 今回の補正は、歳入区分の変更と事業費の増額補正です。


 収益的収入及び支出。収入。決算見込みによる下水道使用料等の増額と、補助金は今回の補正に伴う他会計補助金の減額です。


 資本的収入及び支出。収入。工事負担金は決算見込みによる受益者負担金の増額と、他会計補助金は今回の補正に伴う減額です。


 補正予算書の4ページをおあけください。支出。事業費の精査に伴う工事費の増額でございます。


 5ページにつきましては、平成21年度市川町下水道事業会計資金計画でございます。後ほどごらんください。


 次のページにつきましては、平成21年度市川町下水道事業予定損益計算書でございます。下から3行目でございますけど、当年度純損失1億1,086万6,000円、前年度繰越欠損金ゼロ、当年度未処理欠損金は1億1,086万6,000円です。


 7ページ、8ページにつきましては、平成21年度下水道事業予定貸借対照表でございます。後ほどごらんください。


 以上でございます。よろしく御審議賜りますようお願いいたします。


○議長(堀田 佐市君)


 以上で説明は終わりました。


 質疑は、9日の本会議で行います。


 以上で本日の日程は終わりました。


 明3日より議案熟読のため本会議を休会し、3月9日午前9時30分に再開したいと思いますが、御異議ありませんか。


    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


 異議なしと認めます。したがって、そのように決定いたします。


 本日はこれで散会いたします。早朝より御苦労さんでした。


      午後2時50分散会