議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 播磨町

平成19年 8月臨時会 (第1日 8月14日)




平成19年 8月臨時会 (第1日 8月14日)





           平成19年8月播磨町議会臨時会会議録


                          平成19年8月14日開設


 
1.議 事 日 程


    第 1 会議録署名議員の指名


    第 2 会期決定の件


    第 3 議案第34号 工事請負契約変更の件





1.会議に付した事件


    日程第 1 会議録署名議員の指名


    日程第 2 会期決定の件


    日程第 3 議案第34号 工事請負契約変更の件





1.会議に出席した議員(18名)


    1番 杉 原 延 享 議員       2番 毛 利   豊 議員


    3番 勝 樂 恒 美 議員       4番 小 原 健 一 議員


    5番 岡 田 千賀子 議員       6番 河 野 照 代 議員


    7番 松 本 かをり 議員       8番 福 原 隆 泰 議員


    9番 河 南   博 議員      10番 田 中 久 子 議員


   11番 中 西 美保子 議員      12番 永 谷   修 議員


   13番 渡 辺 文 子 議員      14番 藤 原 秀 策 議員


   15番 宮 尾 尚 子 議員      16番 古 川 美智子 議員


   17番 藤 田   博 議員      18番 小 西 茂 行 議員





1.会議に欠席した議員


   な  し





1.会議に出席した説明員


          清 水 ひろ子    町長


          山 下 清 和    副町長


          松 田 政 雄    教育長


          高 橋 修 二    理事


          枡 田 正 伸    理事


          木 村 良 彦    理事


          中 野 重 信    会計管理者


          三 村 隆 史    企画統括


          大 北 輝 彦    総務統括


          川 崎 邦 生    教育総務統括


          林   裕 秀    学校教育統括





1.会議に出席した事務局職員(3名)


          鳥 居 利 洋    議会事務局長


          草 部 昭 秀    庶務・議事チームリーダー


          櫻 井 美予子    主任











     開会 午前10時00分





…………………………………





◎開会





…………………………………





○議長(杉原延享君)  おはようございます。


 ただいまの出席議員数は18人です。


 定足数に達しております。


 ただいまから平成19年8月播磨町議会臨時会を開会します。


 本日の会議を開きます。


 本日の議事日程はお手元に配りましたとおりです。


 これから直ちに日程に入ります。





……………………………………………





◎日程第1 会議録署名議員の指名





……………………………………………





○議長(杉原延享君)  日程第1、「会議録署名議員の指名」を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第120条の規定によって、


 6番 河野照代議員


 7番 松本かをり議員を指名します。





…………………………………





◎日程第2 会期決定の件





…………………………………





○議長(杉原延享君)  日程第2、「会期決定の件」を議題にします。


 お諮りします。


 本臨時会の会期は本日1日限りにしたいと思います。ご異議ございませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(杉原延享君)  「異議なし」と認めます。


 したがって、会期は本日1日限りに決定しました。





……………………………………………………





◎日程第3 議案第34号 工事請負契約変更の件





……………………………………………………





○議長(杉原延享君)  日程第3、議案第34号「工事請負契約変更の件」を議題とします。


 本案について提案理由の説明を求めます。


 高橋修二理事。


○理事(高橋修二君)(登壇)  ただいま議題となりました議案第34号「工事請負契約変更の件」につきまして、提案理由のご説明を申し上げます。


 去る5月10日に開催されました議会臨時会で、工事請負契約の議決をいただきました「播磨小学校屋内運動場耐震補強工事」でございますが、別添参考資料1ページをごらんいただきたいと思います。


 主な変更内容といたしましては、設計段階では、目視により行っておりましたが、施工するに当たり足場を設置し、テストハンマーでの打診による調査を行った結果、工事概要に記載していますように、外壁改修で外壁塗装が79平方メートル、外壁下地改修のクラックが29.9メートル、浮き部、欠損、露筋が74.7平方メートル、また、内壁改修で、内壁下地改修のクラックが80.3メートル、浮き部、欠損、露筋が9.4平方メートルの改修が必要となりました。


 このため、契約金額5,250万円(うち消費税及び地方消費税の額250万円)を5,483万8,350円(うち消費税及び地方消費税の額261万1,350円)に変更したいので、ご承認をいただきたく提案するものでございます。


 次に、参考資料2ページに浮き部、クラックなどの状況や、発生場所ごとに設計変更前と設計変更後の数量などを一覧表にしております。


 3ページから8ページまでの下地改修箇所図は、2ページの図面番号ごとに、浮き部、クラックなどの改修箇所を示しております。


 なお、下地改修箇所図は運動場側の西面だけとしておりますが、ご了承いただきますようお願いいたします。


 以上で、提案理由の説明を終わります。


 よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。


○議長(杉原延享君)  提案理由の説明は終わりました。


 これから質疑を行います。


 質疑はありませんか。


 河南議員。


○9番(河南 博君)  最初、目視ということなんですけど、これは箱物は大体、目視で大体、見積もりをやるんでしょうか。


 それと、今後の変更はあるのかないのか、お聞きしたいと思います。


○議長(杉原延享君)  川崎統括。


○教育総務統括(川崎邦生君)  河南議員の目視で行うのかということですけど、通常、設計段階におきましては、足場等を組まずに、目視でクラック、または浮き部の観察を行い、設計・見積もりに反映しているところでございます。


 また、今後の工事変更についてはないものと見込んでおります。


 以上です。


○議長(杉原延享君)  他に質疑はありませんか。


 中西議員。


○11番(中西美保子君)  1点目は、通常、目視で行うということなんですけれども、目視は町の担当課の職員がね、例えば、学校教育の担当課の職員がされるのか、それとも、専門的な方がされるのか、その1点をお尋ねいたします。


 それと、2点目として「内装工事も入りますので、夏休み中に内装工事は行い、児童の学校の活動には影響しないように行います」というご答弁を以前いただいているんですけれども、内装工事もかなりあると思いますので、これ、あと2週間で可能なのかどうか、その2点目をお尋ねいたします。


 それと3点目なんですけれども、この変更の説明をされましたけれども、品物の金額とそれから、労務賃が入っているかとも思うんですけれど、そういう230万円ほどの増額なんですけれど、どのような割合になっておられるか、工期が10月31日までということなんで、それが工期が延びてしまえば、労務賃も上がるだろうし、その辺はどのようになっているのか、お尋ねいたします。


               (「関連」と呼ぶ者あり)


○議長(杉原延享君)  福原議員。


○8番(福原隆泰君)  今の中西議員の質問に関連しまして、お尋ねします。


 ここで3点目にお尋ねされた設計単価の件なんですが、数量がゼロの項目が設計変更によって数量を生じている場合の設計単価、いわゆる材工単価の組み方と、設計変更、最初に数量があって増減が発生したものの、当初設計段階で行われた設計単価、入札による減額率が反映されていると思うんですけども、新たに発生した単価と、設計段階で入札によって決まった単価との算定基準について、同等の検証がなされた上での単価になっているのか、適正単価であるのかどうかの点についてお尋ねします。


○議長(杉原延享君)  川崎教育総務統括。


○教育総務統括(川崎邦生君)  まず、中西議員の1点目の目視について、専門的な方によって行っているのか、また、職員等で行っているかということでございますが、通常の状況でしたら、学校管理者または教育委員会の担当者が行っておりますが、今回の場合は設計を専門業者に頼んでおります。設計業者の方で専門的な立場の方から見ていただいております。


 2点目の学校の活動に影響を及ぼさないか。特に内部工事、体育館の中のことにつきましてどうかということでございますが、今回、補修、改修ですか、等におきましては、約三、四日の日数を要するものと見込んでおります。これにつきましては、内部工事におきましては手すり、また、ドア等の鉄部の塗装、また、内部1階の面は木製の壁になっております。これらの補修、塗装などと並行しながら行っていくということで、当初予定どおり8月いっぱいまでに、この後、それが終わった後、床の整備を行いまして、8月末までには完成する予定で、9月3日の始業式には児童が通常どおり利用できるものと、できるように工事を進めてまいります。


 それと、金額の割合ですか。今回の工事費の増額分の割合ということなんでございますが、外壁の改修につきましては、全体増加額の約84%程度、また、内部改修につきましては14%、残りが外壁塗装ということで2%、金額的に見ましたら、外壁改修の方が約180万円、190万円程度の額になる見込みでございます。


 それと、外壁の改修の約180万円、170万円の内訳におきましては、欠損部分の改修、これが約半分を占めております。あと、露筋部、鉄骨が、鉄筋が見えている部分、また、浮き部改修、これが約20%程度の割合を、工事費の割合を占めているところでございます。


 それで、この額には品物の単価、また、それに係る経費等も含んだ額でございます。


 それと、福原議員のご質問なんですけど、新たに発生した項目について、どのような単価、適正な単価を確認してるかというご質問なんでございますが、新たに発生したものの中には、建設コストの表というのがございまして、それを建設物価帳ですか。そういったもので、一般に公表をされたもので単価を弾いて、それに数量を掛けております。それであと、落札率などを掛けて、今回、提案させています増額の金額を算出しているところでございます。


 以上です。


○議長(杉原延享君)  他に質疑はありませんか。


 毛利 豊議員。


○2番(毛利 豊君)  先ほど説明、ちょっと聞いておりまして、これ、5,000万円、金額程度のですね。額としては、かなり金額の張る工事であると思うんですが、設計するときに、当然のことながら、専門家で一応、これ、設計見積もり、金額を弾いていただいたと思うんですけども、ここで見てますと、やっぱりパレットの欠損であるとか、鉄筋の露出であるとかですね、いろんなところに本体のいわゆるH鋼だとか、そういう鉄骨補強工事以外で必要な耐震工事以外のいわゆる建物の老朽化による欠損部分が見逃されているというふうに思われるわけですね。


 この辺の設計するときには、やはり本体工事のいわゆる補強という問題と、それから、改修という問題、2つ出てくると思うんですが、この改修が見落とされたんではないかと思うんですが、この辺はどうなんですか。


○議長(杉原延享君)  川崎教育総務統括。


○教育総務統括(川崎邦生君)  今回の工事におきましては、耐震補強工事ということで、屋根の補強金具で補強すると、そして、耐震性を高めるということが、一番のこの工事の目的でございましたが、それとあわせて、この工事につきましては、体育館が昭和54年にできまして、約二十七、八年経過しており、その間、外壁等の改修が部分的にしか行われてないというようなことで、あわせて、工事を、外壁改修、また内壁改修をしようとしたところでございますが、そのあたり、十分、注意をして算定したところでございますが、どうしても高い部分、屋根付近の部分については、目視ではちょっと判断できなかったところがあったものと見受けられます。


 以上でございます。


○議長(杉原延享君)  他に質疑ありませんか。


 古川議員。


○16番(古川美智子君)  テストハンマーはいつごろされたのか、まず、それをお聞きします。


○議長(杉原延享君)  川崎統括。


○教育総務統括(川崎邦生君)  外壁、内壁の状況を調査するのに、ちょっとテストハンマーという器具を使いまして、外壁、内壁の方を叩いて調査したところでございますが、それは足場を組み立てた後ということで、7月10日、もう少し前かと思います。当初、報告をいただいたのが7月12日の工事の定例会議のときに報告をいただきまして、それは、ごくまだ一部の面の報告を受けました。その後、順次、足場を組めたところから調査をして、最終的には7月の下旬に、ほぼ数量等が判明したような状況でございます。


 以上です。


○議長(杉原延享君)  古川議員。


○16番(古川美智子君)  外から見たのと、また、実際にそのハンマーで叩いてというんですか、そうして見るのとは、どうしたって誤差というのか、あると思うんですね。こういうことは、通常あることじゃないかと思うんです。だから、それを想定して早目にしないといけないんじゃないかと思うんですけど、その辺はいかがなんでしょうか。


○議長(杉原延享君)  川崎統括。


○教育総務統括(川崎邦生君)  調査をもっと早い時期にということでございますが、一応、足場を組み立てて、その足場で上の方に上りまして、そこで初めて打診して調査するということで、こちらも早くしたかったんですけど、足場等の関係もございまして、こういう時期になっております。


○議長(杉原延享君)  古川議員。


○16番(古川美智子君)  やっぱりこういうお盆にね、かかってきたということで、特に思うんですけども、やはりもうちょっと足場を組むことも、そういう後のことを想定してね、誤差も出るんだということを想定して、これは建築会社いうのか、その辺のね、考えもあると思うんですけど、やはり想定した上で早目にしないと、こうやって、じゃあ、また、あったときに、また、ばたばたするのかなと思うんで、もうちょっとその辺は、受注した方にも話をして、こういうことが今後、余りないようにね、やはりいろいろ影響もありますのでね、考えていただきたいなと思うんですけどね。


○議長(杉原延享君)  川崎統括。


○教育総務統括(川崎邦生君)  今後につきましては、十分、その点も考慮して、工程等を考えてまいりたいと思いますので、よろしくお願いします。


○議長(杉原延享君)  他に質疑はありませんか。


 藤田議員。


○17番(藤田 博君)  この外壁塗装で79平米ですか、塗装面積が増えているんですけども、ちょっとこれ、私、考えてみても、ちょっと理解できないんですけども、普通、改修ということであれば、外壁すべてが塗装面積に入ると思うんですけども、この79平米というのは、どこが増えているのか、お伺いします。


○議長(杉原延享君)  川崎統括。


○教育総務統括(川崎邦生君)  外壁塗装で79平米増えているその場所でございますが、この分につきましては、体育館の立ち上がり部分、下の方の部分なんですけど、幅木という場所の塗装が79平米になります。


 というのは、当初、この一番下のところの幅木につきましては、多少クラックが入っているのは認識しておりました。しかし、この場所につきましては、足場もなくて、将来、いつの段階でも工事は可能というようなことを考えておりまして、当初設計には含んでおりませんでした。


 ただ、ハンマー等で打診を行ったところ、浮き部が非常に多かったということで、その補修、また、同様の浮き部の補修をする同種の工事も、他のこの工事の中で行うということがありまして、単価が安い単価でできるという判断から幅木部分のクラック補修、また、浮き部の補修も実施することにいたしました。そのクラック補修した後の形が残りますので、そのそこを上部の方の外部塗装、ビニール系の塗装じゃないんですけど、セメント系の塗装を79平米行うということで、ご理解をお願いしたいと思います。


○議長(杉原延享君)  他に質疑はありませんか。


 勝樂議員。


○3番(勝樂恒美君)  今回の耐震補強工事を行うについて、震度幾らまで耐え得るか、その想定は幾らになっているのでしょうか。


○議長(杉原延享君)  川崎統括。


○教育総務統括(川崎邦生君)  このたびの播磨小学校屋内運動場の耐震補強工事につきましては、阪神淡路大震災程度の規模には耐え得るものということで、設計を組んで、工事を進めているところでございます。


○議長(杉原延享君)  他に質疑はありませんか。


               (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(杉原延享君)  これで質疑を終わります。


 これから討論を行います。


 討論はありませんか。


               (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(杉原延享君)  「討論なし」と認めます。


 これから、議案第34号「工事請負契約変更の件」を採決します。


 この採決は起立によって行います。


 議案第34号「工事請負契約変更の件」は原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。


                (起 立 全 員)


○議長(杉原延享君)  起立全員です。


 したがって、議案第34号「工事請負契約変更の件」は原案のとおり可決されました。


 これで本日の日程は全部終了しました。


 会議を閉じます。


 平成19年8月播磨町議会臨時会を閉会します。


 ご苦労さんでございました。


     閉会 午前10時20分


地方自治法第123条第2項の規定により署名する。





 平成19年8月14日





                      播磨町議会議長  杉 原 延 享





                      播磨町議会議員  河 野 照 代





                      播磨町議会議員  松 本 かをり