議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 稲美町

平成19年第206回定例会(第4号 6月22日)




平成19年第206回定例会(第4号 6月22日)





 
             第206回稲美町議会定例会会議録





                              平成19年6月22日開設


1.議 事 日 程


 第 1.諸報告


 第 2.(平成18年度)


     報告第  4号 専決処分したものに承認を求めることについて


      専決第 2号 専決処分書(稲美町税条例の一部を改正する条例について)


 第 3.報告第  5号 専決処分したものに承認を求めることについて


      専決第 3号 専決処分書(平成18年度稲美町一般会計補正予算第5号)


 第 4.報告第  6号 専決処分したものに承認を求めることについて


      専決第 4号 専決処分書(平成18年度稲美町国民健康保険特別会計補正予算


             第5号)


 第 5.報告第  7号 専決処分したものに承認を求めることについて


      専決第 5号 専決処分書(平成18年度稲美町老人保健特別会計補正予算第2


             号)


 第 6.報告第  8号 専決処分したものに承認を求めることについて


      専決第 6号 専決処分書(平成18年度稲美町介護保険特別会計補正予算第5


             号)


 第 7.報告第  9号 専決処分したものに承認を求めることについて


      専決第 7号 専決処分書(平成18年度稲美町介護サービス特別会計補正予算


             第2号)


 第 8.報告第 10号 専決処分したものに承認を求めることについて


      専決第 8号 専決処分書(平成18年度稲美町下水道事業特別会計補正予算第


             4号)


 第 9.(平成19年度)


     議案第29号 稲美町消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例について


 第10.議案第30号 平成19年度稲美町一般会計補正予算(第1号)


 第11.議案第31号 平成19年度稲美町介護保険特別会計補正予算(第1号)


 第12.議案第32号 平成19年度稲美町下水道事業特別会計補正予算(第1号)


 第13.議案第33号 平成19年度稲美町農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)


 追 加.意見書案第13号 新県立加古川病院に小児科、産科の設置を求める意見書につい


              て


 第14.常任委員会、議会運営委員会及び特別委員会の閉会中の継続調査申出書について





1.会議に付した事件


 第 1.諸報告


 第 2.(平成18年度)


     報告第  4号 専決処分したものに承認を求めることについて


      専決第 2号 専決処分書(稲美町税条例の一部を改正する条例について)


 第 3.報告第  5号 専決処分したものに承認を求めることについて


      専決第 3号 専決処分書(平成18年度稲美町一般会計補正予算第5号)


 第 4.報告第  6号 専決処分したものに承認を求めることについて


      専決第 4号 専決処分書(平成18年度稲美町国民健康保険特別会計補正予算


             第5号)


 第 5.報告第  7号 専決処分したものに承認を求めることについて


      専決第 5号 専決処分書(平成18年度稲美町老人保健特別会計補正予算第2


             号)


 第 6.報告第  8号 専決処分したものに承認を求めることについて


      専決第 6号 専決処分書(平成18年度稲美町介護保険特別会計補正予算第5


             号)


 第 7.報告第  9号 専決処分したものに承認を求めることについて


      専決第 7号 専決処分書(平成18年度稲美町介護サービス特別会計補正予算


             第2号)


 第 8.報告第 10号 専決処分したものに承認を求めることについて


      専決第 8号 専決処分書(平成18年度稲美町下水道事業特別会計補正予算第


             4号)


 第 9.(平成19年度)


     議案第29号 稲美町消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例について


 第10.議案第30号 平成19年度稲美町一般会計補正予算(第1号)


 第11.議案第31号 平成19年度稲美町介護保険特別会計補正予算(第1号)


 第12.議案第32号 平成19年度稲美町下水道事業特別会計補正予算(第1号)


 第13.議案第33号 平成19年度稲美町農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)


 追 加.意見書案第13号 新県立加古川病院に小児科、産科の設置を求める意見書につい


              て


 第14.常任委員会、議会運営委員会及び特別委員会の閉会中の継続調査申出書について





1.会議に出席した議員(17名)


    1番 木 村 圭 二        2番 南 澤 定 雄


    3番 鷲 野 隆 夫        5番 藤 本   惠


    6番 池 田 博 美        8番 藤 田 佳 恒


    9番 青 木 佑 剛       10番 藤 井 隆 男


   11番 藤 本   操       12番 井 上   進


   13番 東   国 隆       14番 吉 川 善 夫


   15番 植 田 眞一郎       16番 西 川 大 乘


   17番 滝 本 悦 央       18番 赤 松 弥一平


   19番 吉 岡 敏 子





1.会議に欠席した議員(なし)





1.会議に出席した説明員(10名)


   町長               古 谷   博


   副町長              米 田 有 三


   経営政策部長           茨 木 育 夫


   健康福祉部長           福 井 宣 司


   経済環境部長           高 橋 秀 一


   地域整備部長           西 澤 秀 勝


   会計管理者            藤 城 隆 夫


   経営政策部企画課長        松 田 和 良


   教育長              堀 口   昇


   教育政策部長           大 路 一 光





1.会議に出席した事務局職員(3名)


   事務局長             前 川 正 明


   事務局次長            松 原   修


   書記               毛 利 志 穂





               開 会 午前 9時30分


○議長(吉岡敏子)  おはようございます。


 ただいまの出席議員は17名で、議員定足数に達しておりますので、第206回稲美町定例会第4日目を開会いたします。


 ただいまから本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、お手元に配付いたしております。


 直ちに日程に入ります。


              ……………………………


                日程第1.諸報告


              ……………………………


○議長(吉岡敏子)  日程第1は諸報告であります。


 地方自治法第121条の規定により、説明のため出席を求めた者の職氏名は、お手元に配付いたしております。


   …………………………………………………………………………………………


    日程第2.報告第4号 専決処分したものに承認を求めることについて


         専決第2号 専決処分書(稲美町税条例の一部を改正する


               条例について)


   …………………………………………………………………………………………


○議長(吉岡敏子)  次は日程第2、報告第4号 専決処分したものに承認を求めることについて、専決第2号 専決処分書(稲美町税条例の一部を改正する条例について)を議題といたします。


 本案は、本会議第1日目において当局の提案理由の説明まで済んでおりますので、本日は質疑から行います。


 発言を許します。


 ご発言はございませんか。


○議長(吉岡敏子)  15番、植田眞一郎議員。


○15番(植田眞一郎)  この税条例をこの時期にこういう方法でやるに至った経過というんですか、考え方をちょっとお聞きしたいんですけど。


○議長(吉岡敏子)  茨木育夫経営政策部長。


○経営政策部長(茨木育夫)  1点は、信託法という法律の改正に伴う地方税法の改正です。それから、多岐にわたるわけですが、たばこの税金は昨年の7月1日で、附則で既に値上げがされておったものをこの機会に法則できちんと整理をすると。


 で、時期的なことは、今申しました信託法の改正の時期で専決処分をさせていただくと、基本的にはこういう流れでございます。


○議長(吉岡敏子)  15番、植田眞一郎議員。


○15番(植田眞一郎)  私はね、専決処分に至った経過をお聞きしているわけで、専決処分をすれば、本来議会が有している権限と同じ権限を長が、法律的に同じ効果が出るということになっております。まあ、税条例のような、町民一般全ての方に強制力を及ぼし、また制限を加えるようなものに対して、なぜ審議をなさらずに決定をされて、否決されようが何しようがそのままいけるような方法をとられたのかということでございます。かつての機関委任事務制度の時代ならいざしらず、平成12年4月1日から地方分権一括法に関する法律が整備されてですね、機関委任事務は全部廃止されて、やはり地方の事務というのは自治事務と法定委託事務に分かれているわけでしょう。これ、どちらの事務なんですか。


○議長(吉岡敏子)  茨木育夫経営政策部長。


○経営政策部長(茨木育夫)  何も意図的に専決処分をするという姿勢ではございませんで、平成19年の3月30日に法律が、地方税法の一部を改正する法律が、平成19年3月30日に公布された、そういった日数の物理的な背景から、4月1日施行という中で専決処分させていただく、こういう本来の、これまでもやってきたとおりでございまして、間に合えばですね、当然3月の議会でかけておりますが、やむを得ず、時間的余裕がない中で、本来どおりの専決処分をやっていると、そういうことですので、ご理解を賜りたいと思います。


○議長(吉岡敏子)  15番、植田眞一郎議員。


○15番(植田眞一郎)  それはまったく以前の発想なんですよね。以前でもやはり法律が、地方が変わる前も我々言われているのは、専決には十分注意を要しなくてはいけないと、長の権限の乱用があってはいけないということでしたけれども、この度の改正により、専決処分が明らかに、客観的にどうしても必要であるというときのみ専決が認められるようになっております。


 それと、過去には税条例等大事なものについては、6月で提案されても4月1日に遡るというやり方もやってこられたんじゃないかと思うんですよ。これが本来の姿ではないかと思うんですよ。税条例のような大切な条例をね、そんな勝手に長の権限でやられたら困りますよ。その辺の、地方分権のときに、やっぱり行政の方から考え方変えてもらわんと、今後法律ができた趣旨が徹底しないんじゃないですか。兵庫県知事も成立のときには非常に努力されて地方分権ができてきつつあるときに、まさしくこれ議会の権限の、税条例ですよ、税条例。町民の皆さんに強制力を発揮するようなことです。それをもう議会はどうしようが、専決してしまえばそのとおりになってしまうんでしょう。道義的な責任が残るだけで。それは、流れとしては、地方分権の流れとしては整合しないんじゃないかと思うんですが、その辺のお考えを最初からお聞きしておるんですが。


○議長(吉岡敏子)  茨木育夫経営政策部長。


○経営政策部長(茨木育夫)  まあ、本来ですね、議員もおっしゃるような形で安易に専決処分やってはいけないと、そのことは重々認識をしておりますことは先日お話をさせていただきました。で、これが町の条例改正であればですね、当然議長等やむを得ない場合を除きですね、臨時議会もあり得るという、今の植田議員の論理は非常によく理解できますが、地方税法の改正によって条文の整理であったりですね、当然、誰が行っても同じ改正になる中身ですと、専決処分もやむを得ないという判断でございますが、今後、こういった例についても臨時議会をやるべきだという議会の皆さんのご意向であればですね、今後要請も相談したいと思いますが、地方税法の改正による条項の整備でございますので、我々執行側としては専決処分で十分足り得るという認識をしております。


 以上です。


○議長(吉岡敏子)  15番、植田眞一郎議員の発言はすでに3回に及びましたが、会議規則第55条の但し書きの規定により、特に発言を許します。


 15番、植田眞一郎議員。


○15番(植田眞一郎)  最初にご質問した法定事務か地方税を徴収することが自治事務に当たるのか法定委託事務に当たるのかどちらか。もう、機関委任事務というのはもう廃止されているわけですよ。今までは国の構成の一つだった地方自治体が、やはり自治権を獲得したわけですよ。12年の4月から。町のやる事務は、よるとね、6割が自治事務だと、4割が法定委託事務であります。そういうふうに分類しなさいということになっておるんですよ。関係ないというふうに言われるならば、それはまあそれで結構ですけれども、やはり地方分権に伴う組織の整備というのはちゃんと自治事務、法定委託事務の整備をちゃんとやっていただきたいなと思います。


○議長(吉岡敏子)  茨木育夫経営政策部長。


○経営政策部長(茨木育夫)  反問させていただきたいと思います。法定自治事務を委託するというのは、どういう意味でございましょうか。


○議長(吉岡敏子)  暫時休憩いたします。


              休 憩 午前 9時40分


             ……………………………………


              再 開 午前 9時42分


○議長(吉岡敏子)  休憩前に引き続き、再開いたします。


 茨木育夫経営政策部長。


○経営政策部長(茨木育夫)  誠に失礼をいたしました。税を徴収する行為は、分類からすれば自治事務であると、そういうふうに認識しております。


○議長(吉岡敏子)  他にご発言はございませんか。


 他にご発言の声を聞きませんので、報告第4号に対する質疑を終結し、討論に入ります。


 発言を許します。


 ご発言はございませんか。


 ご発言の声を聞きませんので、討論を終結し表決に入りたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(吉岡敏子)  ご異議なしと認めます。


 よって、報告第4号、専決第2号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は、原案のとおり承認することにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(吉岡敏子)  ご異議なしと認めます。


 よって、本案は原案のとおり承認することに決しました。


   …………………………………………………………………………………………


    日程第3.報告第5号 専決処分したものに承認を求めることについて


         専決第3号 専決処分書(平成18年度稲美町一般会計


               補正予算第5号)


   …………………………………………………………………………………………


○議長(吉岡敏子)  次は日程第3、報告第5号 専決処分したものに承認を求めることについて、専決第3号 専決処分書(平成18年度稲美町一般会計補正予算第5号)を議題といたします。


 本案は、本会議第1日目において当局の提案理由の説明まで済んでおりますので、本日は質疑から行います。


 質疑の方法ですが、お手元に配付いたしております質疑の方法により行いたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(吉岡敏子)  ご異議なしと認めます。


 よって、お手元に配付いたしております質疑の方法により行うことに決しました。


 まず、第1条歳入の第1款町税から、第21款町債に対する質疑を行います。


 発言を許します。


 ご発言はございませんか。


 14番、吉川善夫議員。


○14番(吉川善夫)  1点だけですけれども、確認をさせていただきます。


 18ページ、繰入金、18款の繰入金ですが、補正額が2億9,000万円、約3億、で、財政調整基金繰入金が3億ということでありますが、この繰入金三億二千なんぼというのが財政調整基金の中に戻されたという意味でいいわけですね。そういうことですね。で、戻した金額の財政調整基金はこの時点でなんぼになっておるかということをちょっと教えてください。合計でなんぼか。


○議長(吉岡敏子)  茨木育夫経営政策部長。


○経営政策部長(茨木育夫)  大変失礼をいたしました。


 財政調整基金ですが、18年度ですね、取り崩し後が12億2,794万1,000円、こういった数字で18年度の決算見込で、そのうちで19年度5億5,179万3,000円。したがいまして、19年度予算の予算編成後でですね、6億7,760万1,000円と、そういった状況で基金の運営が行われたと。


 以上です。


○議長(吉岡敏子)  14番、吉川善夫議員。


○14番(吉川善夫)  そないに難しい、ぎょうさん質問もしてないんです。1点だけ言うておるんです。この3億2,693万9,000円というやつを基金の方に戻されたという話ですからね、その戻した後、基金というのは現在どれぐらいになっておるのかというのが、十何億になっておると思うんです。その数字をちょっと確認しよるということなんです。そないに難しい、ぎょうさんぎょうさん質問してません、私は。


○議長(吉岡敏子)  茨木育夫経営政策部長。


○経営政策部長(茨木育夫)  今申しました12億2,794万1,000円です。


○議長(吉岡敏子)  14番、吉川善夫議員。


○14番(吉川善夫)  5月の総務文教常任委員会で報告がありました、平成18年度の決算予定は11億3,300万やけど、その辺は数字的には、その間ではやから1ヶ月ぐらいで変わるものなんですか、それだけの期間で。違うんですか。私が言うておること、違いますか。11億3,300万円という報告がありましたけども、その金額がどこにもないので確認をしております。どうですか。


○議長(吉岡敏子)  茨木育夫経営政策部長。


○経営政策部長(茨木育夫)  総務文教の委員会で財政見通しをさせていただきましたが、専決の現状の数字を把握する間で、それだけ数字が動いております。それは事実でございます。


○議長(吉岡敏子)  他にご発言はございませんか。


 11番、藤本 操議員。


○11番(藤本 操)  12ページなんですけれど、都市計画税のとこですね。この都市計画税が使用ですね、どういう事業に、まあそれで18年度はどういう事業に使われていたのか、それで現在終始はどういう状況なのか、ちょっとお聞きしたいと思います。


○議長(吉岡敏子)  茨木育夫経営政策部長。


○経営政策部長(茨木育夫)  基本的にはですね、個々の事業についてはちょっと手元に資料がございませんが、いわゆる公共下水道事業とかですね、都市計画事業で認可をいただいた事業、区画整理事業とかですね、今申しました国安の土地区画整理事業、それから国岡西部の土地区画整理事業、それから国安地区の土地区画整理事業ですね、それから六分一第2公園の借地料、六分一第3公園の借地料、百丁歩・出新田事業の整理事業、二見・稲美・三木線の公社償還分、それから菊徳防災児童公園の事業、それから、先ほど申しました下水道事業と、こういった内訳で、これまではご指摘をいただきましたので、基本的には県の指導もございまして、都市計画事業を認定した事業、認定をいただいた事業、そういった範囲に絞って執行をしております。


 以上でございます。


○議長(吉岡敏子)  11番、藤本 操議員。


○11番(藤本 操)  きちっと収支についても、今、どれだけの残であるとか、そういうことはきちっと私も収支についてお聞きしましたけどね、ちゃんと答えてくださいよ。


 なんぼ使ったんですか、それで今がなんぼなんですかいうて、ちゃんと言うたでしょう。あんた、事業の項目だけ今言われただけやないですか。事業にどんなけ使われて、今なんぼ残っているんですよとか、基金がなんぼなんですよということぐらい言うたらどうなんですか。そんな、小出しみたいなこと言わんと。なんでそんな言われないんですか。


○議長(吉岡敏子)  暫時休憩します。


              休 憩 午前 9時52分


             ……………………………………


              再 開 午前 9時56分


○議長(吉岡敏子)  休憩前に引き続き、再開いたします。


 茨木育夫経営政策部長。


○経営政策部長(茨木育夫)  大変失礼をいたしまして、申し訳ございません。


 18年度の充当額は2億612万128円でございまして、基金の取り崩し額が2,589万4,000円、したがいまして、18年度末残高は1,805万3,000円でございます。


○議長(吉岡敏子)  11番、藤本 操議員。


○11番(藤本 操)  今、事業の名称をずっと事務がなされたこと言われているんですけど、それに対してなんぼの金額だったのか、そういうこともあわせてということを質問したんですけど、一応事業名は言われたんですけど、金額が言われてなかったので、もう一度優しく、今言うていますんで、きちっと言うてください。


○議長(吉岡敏子)  しばらく休憩します。


              休 憩 午前 9時59分


             ……………………………………


              再 開 午前10時10分


○議長(吉岡敏子)  休憩前に引き続き、再開いたします。


 茨木育夫経営政策部長。


○経営政策部長(茨木育夫)  貴重な時間を申し訳ございませんでした。


 それでは、都市計画事業の2億612万128円の内訳を申し上げます。


 まず、下水道の事業の繰出金として1億1,650万9,826円でございます。それから、区画整理事業の組合の補助金として、国安地区が1,995万円、国岡西部地区が2,350万円、それから国安地区が1,750万円、それから二見・稲美・三木線の公社償還分2,732万7,116円でございます。それから、区画整理事業の起債償還金が133万3,186円、合計2億612万128円の内訳でございます。


 なお、税との差の繰入金が2,762万円、18年度基金残が1,632万7,000円、以上でございます。


○議長(吉岡敏子)  他にご発言はございませんか。


 9番、青木佑剛議員。


○9番(青木佑剛)  1点だけお願いします。


 11ページです。法人税の均等割現年課税分が117万4,500円ですか、1号法人から9号法人に上がっておるんですが、稲美町の課税対象になる法人数ですね、もし把握しておられたら。全体の法人数。


○議長(吉岡敏子)  茨木育夫経営政策部長。


○経営政策部長(茨木育夫)  1号法人から、実は資本金と従業員数で9号法人までございます。総件数は640社ぐらいございます。


○議長(吉岡敏子)  他にご発言はございませんか。


 5番、藤本 惠議員。


○5番(藤本 惠)  11ページの2号法人で826万5,000円が増額になっているんですが、これどういうふうな関係で増になったのか、どこか新しいところが入ってきたのか、その辺ちょっと教えていただきたいなというふうに思います。


 それと関連して固定資産税の現年課税分償却資産1,500万円を増になっていますが、これが関連しているのかどうかちょっとお伺いをしたいと思います。


 それと、たばこ税の現年課税が1,614万3,000円ほど減になっておるんですが、これ喫煙者の減ということなんですが、前々から大きなところで加古川市に移って税が減ってきたというふうなことで、なんかお話ができて、また稲美町に返っていただいたというようなお話も聞いたんですが、そのへん、前に加古川市に変わった部分、全額が稲美町に返ってきたのか、そのへんどれぐらいの割合で稲美町に返していただいたのか、わかっておればちょっとお聞きしたいとおります。その辺も大事な話やと思いますので。


 それとね、1点だけ、これ前々からずっと聞いておるんですけれども、都市計画税の使い方についてですね、集会所の補助金については都市計画税に充当することについては問題があるんじゃないかというふうに前々から言うておるんですが、その辺のところ、県の指導においてどうだったのかね、その辺もお聞きをしておきたいと思います。


○議長(吉岡敏子)  茨木育夫経営政策部長。


○経営政策部長(茨木育夫)  法人町民税の2号法人と3号法人の年税額は、3号法人が41万円から、2号法人になりますと175万円まで跳ね上がります。実は、2社が3号法人から2号法人に修正申告がございました。1社は、15、16、17、3年遡って納税が発生しておりまして、もう1社が16、17。ちょっと固有の社名は申せませんが、食品関係と、それから輸送関係、そういった会社が大きくですね、この2社が変更になることで大きく税が増えたという中身でございます。


 償却資産はですね、非常にまあ課税標準額自体税額も大きいんですが、当初見込んでおりました徴収率が実際の決算を打ってみると予算よりも徴収率が上がったと。そのことによって税収が増えたという中身でございます。ちょっと率は後から申します。


 たばこの方はですね、実は議員さんも力になっていただいた経過がございます。で、庁舎に実は、非常に健康増進法という法律で、健康志向の中で、非常に公的な機関ですから、置く場所も非常に工夫をしたわけですが、現在の食堂にですね、設置をしております。そのことによって販売拡大と、そういう道が開けて、幾らかはたばこ税の町の配分を押し上げていくという、そういう工夫をする中で問題を解決したことが1点ございます。


 で、先ほども触れましたが、非常に禁煙をされる、健康志向の中で非常に消費本数が減ってきています。それが大きく税を下げておる要因でございます。


 それから、都市計画税の取り扱いで、藤本議員から前回も市街化調整区域に都計税を充当するのはおかしいんではないかと、そういうご指摘があって。違いますか。集会所の補助金に都市計画税を充当することについては問題があるんじゃないかと、そういうご指摘があって、県の方にご照会をしますとですね、都市計画決定の事業以外は適切でないというようなご指摘がございまして、18年の決算から、先ほど申しましたように都計税を市街化区域内の集会所補助金として充当をする行為をやめました。18年度決算。


○議長(吉岡敏子)  5番、藤本 惠議員。


○5番(藤本 惠)  まず、そうしますと新しく2号法人が稲美町に増えたというようなことはないわけですね。3号法人が2号法人に上がった部分で826万5,000円が増になったということで、間違いがございませんね。


 それと、固定資産税の減価償却分で1,500万円の増額なんですが、徴収率が上がったというお答えなんです。減価償却の元が増えたんじゃないんですね。徴収率が上がっただけでそれだけ上がったと。私の聞いているのは、要するに減価償却のもの自体が増えたから増えたのかね、それと徴収率が上がったから増えたのかね、その辺のところをきちっと。で、どういうところでどういうものが増えてきたのかというのがわかればね、まあまあ教えていただきたいなとは思うんですが、わからなかったらいいですよ。


 それと、たばこの現年課税分については減額になっているんですが、当初からその辺の話、要するにある会社が本社が移ったために、稲美町から加古川に行ってしまったためにというような部分がありまして、で、稲美町になんぼか戻していただいたというふうな話がありましたね。その中で、どれくらいの部分を話の中で戻ってきたのかなという、その辺の話があるのかないのかね、その辺をちょっと、もしわからなかったら後でもよろしいですから、きちっと調べて教えていただきたいと思います。


 都市計画税の話だけど、総務の予算報告書によりますと、集会所の補助に1,400万円の金額を都市計画税から充当したと。全額かどうかしりませんよ。の中の一部を都市計画税から補助をしたというて書いておるから、それでお聞きをしたときに、今言われた話とちょっと違うんで、これはどうなっておるのか。


○議長(吉岡敏子)  茨木育夫経営政策部長。


○経営政策部長(茨木育夫)  非常に申し訳ございませんでした。固定資産税を引き上げた要因は、当初予算で収納率を97.50で見込んでおりました。予算の段階でですね。で、決算を打ちますと97.85という数字でございまして、固定資産税は。


 で、償却資産につきましては、景気の回復、鉄鋼、特に中国関連というような事業の設備投資で、主に機械類で、機械及び装置の部類でですね、投資があって償却資産が上がってきたという中身でございます。


 それから、均等割ではそういうお話をしておりますが、法人、町民税割の引き上げについては、例年は40件ほどの修正申告であったものが、本年82件という、例年の倍の数字の修正申告があって、約1,125万1,000円の増額なんです。法人税割の方ですね。そういう修正申告による増額がございました。


 それから、たばこ税の関係ですが、ちょっと加古川からという云々のことにつきましては、現状を把握できておりません。


 それから、集会所の補助金の都計税の充当の件ですが、先ほど申しましたように、平成18年度決算処理からは、都計税の充当はやめております。


 以上でございます。


○議長(吉岡敏子)  5番、藤本 惠議員。


○5番(藤本 惠)  そしたら、いまのやつ調査報告書、これ間違っているという可能性。まあまあ、それもう1回確認しておいてください。


 それとですね、固定資産税の現年課税分の償却なんですが、これ1月はじめですか、12月末ですか、1月はじめ現在か4月ですかのどの時点ですか。それとも、これは償却資産が増えてきたというのは、その会社の決算が増えてきたんですか。その辺はどうなんですか。どういう形で償却資産の申請があって増えてきたのか。3月とか12月とか、それとも会社の決算で増えてきたのか、その辺どれぐらいの会社のどれぐらいの規模の設備投資して、時期的なものはどういう課税の方法でやられておるのか、一回お伺いをしておきたいと思います。


 で、また逆に言いまして、設備投資をさてれおる、ちょっと申告漏れとかないのかね、その辺のところもきちっと精査がされておるのかどうかお聞きをしておきたいと思います。


 たばこ税については、また一回後日しっかりと調べていただいて、また教えていただいたら結構だと思います。


○議長(吉岡敏子)  茨木育夫経営政策部長。


○経営政策部長(茨木育夫)  償却資産の関係でございますが、まあ期日は1月1日現在で課税をすると。


○議長(吉岡敏子)  暫時休憩します。


              休 憩 午前10時28分


             ……………………………………


              再 開 午前10時30分


○議長(吉岡敏子)  休憩前に引き続き、再開いたします。


 茨木育夫経営政策部長。


○経営政策部長(茨木育夫)  課税の基準日は1月1日現在で、課税の掌握はですね、申告納付ですから、そういった決算月でありますときに修正を含めて申告を受けて課税していくと。で、随時ですね、新しい会社がきたとかですね、特に件数はそんなにはこなしてはおりませんが、現場へも行って調査することもございます。新規課税は必ずメモを見て台帳と原簿をチェックする、そういうことを行っております。


 それから、ちょっと率的にはですね、機械及び装置が前年度対比4.7%の伸び、それから伸びているものもう1点は車輌及び運搬具、その項目で約11%ぐらいの伸びがございまして、主には機械と装置、車輌と運搬具、そういう項目でございます。


○議長(吉岡敏子)  他にご発言はございませんか。


 15番、植田眞一郎議員。


○15番(植田眞一郎)  18ページの、先ほども質疑があったんですけれども、財政調整基金がまた戻しているわけですけれども、当初、18年度に入る前の17年度最終の、これ繰り入れする前の金額は幾らであったのかということと、この度最終的には繰り入れが4億7,000万円で、若干戻しておるんですけど、トレンドとしてはこういう傾向はいつごろから、大体この時期の専決ではかなりな余剰金というか、繰り入れ以上のものが財調の方へ戻っていったような感じがするんですけど、いつごろからこういういびつなというか、どうしようもないというかね、危機的な状況になっているんでしょうか。それも改善する方法があるのか予測をされているのか、これもうこのまま財調ずっとつぶしてしまうのか、何年ほど持つのか。いや、これはもう18年度だけですよということなのか、どういう見通しなのか。いつもこの時期、歳出の積立金の方にも億近い金が積まれているような状況で、おおというようなお金が残ってたんですけれども、今年はもうそういう、いつものパターンと違うような感じがするんですけれども、そういうご説明は全然いただいてないんですけれども、その辺どういうふうなお考えなのかも含めてお願いします。


○議長(吉岡敏子)  茨木育夫経営政策部長。


○経営政策部長(茨木育夫)  17年度の財政調整基金は、約14億円ございます。財政見通しでお話をさせていただいているとおりですね、国の三位一体改革によることから、平成16年度からこういった傾向がございます。


 が、基本的な考えは、予算は当初置いた目的を達成すれば、できるだけその予算を残額を残していくと。これは、古谷町長自らが庁議等でそういう方針を打ち出されて、これまでは予算残で来年度行うものを前倒しをしてやっておったケースもあるんですが、できるだけ当初目的で果たしたものは、もうその時点で予算を凍結して、次年度へ余剰金として送ると、こういう姿勢がこれからなかったらですね、稲美町は生き延びていけない。そういう基本的な姿勢を保ちつつ、財政運営をしていく基本的な考えでおります。


○議長(吉岡敏子)  15番、植田眞一郎議員。


○15番(植田眞一郎)  行政としては中長期的な財政計画を立てられているわけですね。一回、それを見ますと、もうなし崩し的に何の手立てもなしに、これだと14億あったやつが、先ほどの話だと12億と。2億、毎年2億ほど貯金がなくなって、まあ減債基金も減ってくるんですけど。というような単純な計算でいいんですか。町長の支持のもと、なるべくお金を使わないようにするというようなことですけど、当初予算からもうしめていかんといかんのとちがいますのん。


○議長(吉岡敏子)  茨木育夫経営政策部長。


○経営政策部長(茨木育夫)  19年度予算もですね、投資的経費が非常に、事務的経費は変わりませんし、交付税は2割カットと。そういう中で、なるほど税財源の移譲の町民税の配分はですね、非常に増えましたが、いろんな項目で目減りをしていると。そのトータルは、約2億5,000万円から6,000万円ぐらいはですね、例年ペースよりは歳入が不足すると。その結果ですね、96億から3億円程度を財政規模を縮小したと。もうこれは当初予算でお話をさせていただいたとおりですね、そういった入がないなら、そういう工夫をしていくと。今後、議員各位のご支援ご協力を得ながらですね、稲美町は生き延びるためにはですね、入を図って出ずるを制す、こういう基本的な考えに立って、できるだけ新規事業をやるなら何か振り替えて事業を中止、廃止、休止していくという基本姿勢で臨んでまいりたいと考えております。


○議長(吉岡敏子)  15番、植田眞一郎議員。


○15番(植田眞一郎)  その考え方からするとね、当初の繰入金の8億近い繰り入れをして、この最終で余ったら残すかというよりも、現場になると、予算があったら何のための予算やということで、お使いになる可能性の方が、住民のため、要望もあるしということであるんで、この繰入金はこれがなかったら予算が組めないということだったんかもしれませんけれども、安易に繰り入れをやると、これ戻すための繰り入れなんでしょう。今までそういうやり方でやっていたから。交付税だよりみたいなことは、もう今後は許されないわけですから、やり方も変えてもらわんといかんのとちがうかと思うんですけど、その辺のことお聞きしておきます。


○議長(吉岡敏子)  茨木育夫経営政策部長。


○経営政策部長(茨木育夫)  繰り返すようになりますが、議員のおっしゃられた考え方でもって19年度予算を編成した、逆にそういうことも言えると思います。よろしくお願い申し上げます。


○議長(吉岡敏子)  他にご発言はございませんか。


 他にご発言の声を聞きませんので、続いて歳出の第2款総務費から第12款公債費に対する質疑を行います。


 発言を許します。


 1番、木村圭二議員。


○1番(木村圭二)  21ページ、事務事業評価委託料につきましては、止めよう、廃止をしようというのはいつ決定されたのか。


 22ページの神戸地下鉄延伸期成同盟、これはいつ廃止を決定されたのか。商工会をはじめ、関係者と協議をした上で廃止ということを決定されたのか。


 23ページの防犯灯、該当の大幅な減額でありますが、これはいつ見直しをしたんでしょうか。


 29ページの元気農業をつくる会、いつ終止を決定をされたんでしょうか。


 33ページ、子ども条例策定、これはまちづくり条例と一緒に策定するんだという方針でありました。という説明がありました。つまり、まちづくり条例を撤回した段階で既に子ども条例は策定しないということを決定しておったという説明であります。まちづくり条例撤回は、6月の定例会でされました。昨年の6月時点で、既に子ども条例の策定につきましては、これは執行しない、事業はやらないということを決定しておったわけであります。どうして専決で出てくるんでしょうか。


 議会を専決というのは、議会を招集する時間的余裕がないことが明らかであると認めるときに専決処分ができます。地方自治法です、これが。明確に答弁をしてください。


 36、グラウンドゴルフ場整備検討委員会は、昨年の9月の政策会議で決定したと。設置しない、実施しない。これは、なぜその後補正予算として出してこなかったのか、これも地方自治法の時間的余裕がないことが明らかであるということに、明白に違反をしております。この点について釈明を求めたい。


 37ページ。学校給食調理業務の選定委託、委託業者選定報償費ですけれども、これは直営にするときの募集で何人の方が応募され、そして受けられたのか。そのうち、稲美町に関係する、稲美町から一冨士へ行って、一冨士からまた稲美町に帰ってきたと、そういうことも含めて、稲美町に関係しておった学校給食の関係者は何人採用をされたのか、受けた人全員が採用されたのか、落ちた人はおるのか。それと、平均年齢は、今回採用した人の平均年齢は何歳か、平均年齢についてお尋ねしたいと思います。どういうメンバーでその採用を決定したのか、そういうこともお尋ねしたいと思います。


 以上です。


○議長(吉岡敏子)  米田有三副町長。


○副町長(米田有三)  各項目をそれぞれご質問になりましたが、基本的なところ、先日の一般質問でも木村議員からご質問がございまして、一般質問でもお答えをいたしました。重複するかもしれませんが、基本的にはこの専決補正予算を決めた段階で事務的な処理をしたということで、時期がずれた点、誠に申し訳ないという点も過日の一般質問のときにもお詫びをいたしましたとおりでございます。


 ここで、専決で、3月の議会でもお約束をいたしましたように、古谷町長に変わって、その方針論等の変わったことの整理をして、議員の皆さん方にお知らせをするということで、ここに記載をさせていただいておりますので、最終的に事務的に決定したのは3月の専決の段階でございますので、よろしくお願いします。


 学校の関係は、教育の方から答えてもらいます。


○議長(吉岡敏子)  堀口 昇教育長。


○教育長(堀口 昇)  まず、子ども条例の件でございますが、今議員ご指摘のように、これはまちづくり基本条例の下位条例としての性格を持っておるというふうなことで、昨年に見直しの方向を決めたわけであります。この方向を決めたのは9月頃でございます。しかしながら、住民の声というのか気運が高まってくれば、またこの検討についてはというようなこともございましたので、最終の決定をいたしたのはこの3月の段階でございます。


 しかし、委員会等で報告をしなかったことについては、誠にこれはお詫びをしなければいけないというふうに思います。今後は、委員会等できっちりと報告をしてまいりたい、このように思いますので、よろしくお願いしたいと思います。


 グラウンドゴルフの検討委員会の件につきましても、これにつきましては3月の議会で部長の方からも答弁を申し上げておりますけれども、決定については、大方の決定については9月ということは当然あったわけですけれども、最終の決定ということにつきましては3月の時点というふうなことで、今子ども条例でも申し上げた、そういったことでございます。しかし、これも委員会等で報告をしなかったことについては、大変申し訳なかったというふうに思います。今後、このようなことのないように気をつけてまいりたいというふうに思いますので、よろしくお願いをいたします。


○議長(吉岡敏子)  大路一光教育政策部長。


○教育政策部長(大路一光)  それでは、学校給食につきましてご質問にお答えいたしたいと思います。


 まず、試験に応募された人数でございますけれども、45名です。そのうち、当日試験を受験されました人数につきましては42名でございます。3名の欠席がございました。


 それと、稲美町に関係しておった者ということで、稲美町の方で学校給食に携わっていた者の採用の人数でございます。これはまあ、一冨士も含めましてでございますけれども、7名でございます。


 それから、平均年齢につきましては、今はっきりした年齢のわかる資料を持っておりませんので、即座にはお答えできませんけれども、40前後というふうには思っております。


 試験のメンバーでございますけれども、教育長と私と、あと教育課の課長の2名の、4名で試験の応対をいたしております。


 42名の受験のうち、採用させていただいておりますのが嘱託として8名、臨時として14名の採用をいたしております。ですので、28名が落ちたということになります。


 稲美町の学校給食で関係した者で落ちた者はございません。


○議長(吉岡敏子)  1番、木村圭二議員。


○1番(木村圭二)  大変な答弁をしましたよ。今ですね、42名受験されてですよ、稲美町の学校給食に関係した人は全員採用されたんです。全員ですよ。よろしいですか。今答弁ありましたね。全員通ったんです。これ大変な問題です。あり得ない。加西市ではどうや。加西市では、職員を採用するのに、改ざんして職員を採用したということで市長選挙になったんですよ、あそこ。これはね、大変な問題です。42名が受験して、稲美町7名、稲美町の給食に関係している7名が全員が通った。事前に、この人らを通そうという考えがあるからじゃないですか。これは大変な問題です。大問題です、これは。これは大変な問題ですよ。これは大変な問題です。これは、厳重に資料等を含めまして調査が必要です。あなた方はもう事前に採用しますよという話し合いができておったんじゃないですか。考えられない。私聞きましたよ。私ら利用されて受験させられたんとちがいますかと、最初から決まっておったんとちがいますか、そう言う人いましたよ、住民の中で。最初からですね、採用する人を決めておって、私らは、まあ言うたらカモフラージュするために受験だけされたんちがいますかと。私、事務局から聞きました。事実そうでした、今の答弁では。これは大変な問題です。重大問題です。そのことを申し上げておきます。反論ございましたら、言ってくださいよ。


 既に9月に、子ども条例につきましては6月に決めてたんです。そうでしょう。6月にまちづくり条例を撤回した段階で、もうこれは実施できないというのは決定したんでしょう、実施できないということは。当然ですね、これは補正として上げてくるのは当然の話ですよ。グラウンドゴルフ場につきましても9月ですよ。答弁したんですから。消せませんよ。9月に決定したんです、実施しないということを。当然、補正予算で出してくるのは当たり前のことです。委員会で報告があった、なかったの問題じゃないですよ。議会の議決の問題です。議会で議決しなきゃならないんです。それをあなた方勝手に決裁してもらったんですよ。決済しておるんですか。これはもう大変な問題です。消せませんよ、これ。9月に決定しているんですから。12月なり、少なくとも3月には補正予算で出せたわけです。それ出さなかったんです。明確に地方自治法に違反をしております。その認識がまったくない、違反しているという認識がまったくないんです。違反しておりますよ、地方自治法に。委員会で報告しなかったからという謝罪の言葉はありましたが、地方自治法に明確に違反しております。


 助役から答弁がございましたが、私いろいろ勉強しまして、これだけのことを申し上げました。総括的に、これは議案の質疑ですのでね、一般質問ではございませんので、総括的に答弁されましても再質問できないんです。ですから、一つ一つ、いつですかと。まあ3月にと最終的に言われましたけれども、しかし防犯灯につきましては、3月にですね、じゃあこれからつけようかというわけにいかんでしょう、300万の金を。300万もね、3月の時点で、これからじゃあ最終的につけていきましょうということにならんでしょう。300万も減額しておるんですよ。これは説明になりません。


 したがいまして、担当部長である茨木部長が明確にですね、嘘をつかないでくださいよ、正直に言ってくださいよ、正直にいつですかと言うてください。今後私は改めてもらったらいいわけですから、正直に言うてください。部長、どうぞ。


○議長(吉岡敏子)  堀口 昇教育長。


○教育長(堀口 昇)  木村議員が先ほど給食のことでご質問されたことでございますけれども、採用の件で、これは大変な問題だと、最初から採用者が決めていたのではないかというふうな、そういったことを申されましたが、これは本当にそんなふうに、本当に思われておるのかと、逆に私はこれは大変なことを聞いていただいたなというふうに思っております。そんなことはございません。優秀な方をこちらで選考をしたわけであります。議員がおっしゃっているようなこと、最初から決まっておったとかいうのはとんでもないことでございます。


 それから、先ほどの子ども条例、グラウンドゴルフの問題、検討委員会の問題につきましても、先ほど申し上げましたけれども、9月ごろですね、方向性をもちろん決めたわけですけれども、最終の決定は3月の段階であるということでご理解をいただきたいというふうに思います。


○議長(吉岡敏子)  茨木育夫経営政策部長。


○経営政策部長(茨木育夫)  決めた時期はですね、ただいま副町長が申しましたとおりでございます。


 で、ちょっと中身が違いますので、ちょっとお話させてほしいんですが、西神地下鉄の期成同盟会。同盟会と言うからにはですね、やっぱり他の市町村も一緒に組織をするということでないと、同盟という名前にそぐわない。で、少なくとも神戸市が、我々がそういうことの期成同盟会をつくるということを理解してくれる状況が1点。それから、稲美町議会でですね、今のところまだ具体的に、加古川を含めて一緒に同盟会をやろうという気運が高まっていないこと。3点目は財政的なこと。でもって、今、期成同盟会を準備することはいかがなものかと、中止をします。やめてしまうんじゃなしに、今はその時期ではないということが1点です。


 それから、事務事業評価もですね、やめてしまうんではないんです。750事業全部がですね、議会の最高のチェック機関以外でですね、仮に権威を持つ形で収集されればですね、この間の総務委員会の結果のように、農業施策は全部否定するというような偏った意見がある。で、私たちは、町長が言っておりますが、職員はプロであると。で、その範囲の中で迷うもの、判断を迷うものを絞ってですね、ご意見を外部委員会にかけていただくと。750事業全部外部委員会にかけることはやめようと。で、議会と意見が対立するもの、あるいは行政が迷うもの、今後大きなプロジェクトでやろうとするもの、そういった問題をきちんと外部評価委員会をやっていくということが根底にございますので、よろしくお願い申し上げます。


○議長(吉岡敏子)  しばらく休憩をいたします。


              休 憩 午前11時00分


             ……………………………………


              再 開 午前11時15分


○議長(吉岡敏子)  休憩前に引き続き、再開をいたします。


 堀口 昇教育長。


○教育長(堀口 昇)  先ほどの木村議員のご質問、給食の件でございますが、一つ反問のお許しをいただきたいというふうに思います。


 大問題であるというふうなことを言われました。また、初めから決まっておるのではないかというふうにも聞いておるというふうなことをおっしゃいましたが、根拠を示していただきたいと、このように思います。そういう根拠がはっきりしているのであれば、これは大問題であろうというふうに思いますが、我々は優秀な方を採用したと、きっちりとした選考によって採用したと、このように自信を持っておるところでありますので、そのへんの根拠をぜひとも示していただきたいと、このように思います。


 それから、もう1点、グラウンドゴルフの検討委員会のことでございますが、これは今までにも申しておりますが、9月にほぼ決定は一旦しましたけれども、最終の決定はあくまでも3月であるということで、これまでるるご説明していることと同様でございますので、ご理解をいただきたいと思います。


○議長(吉岡敏子)  高橋秀一経済環境部長。


○経済環境部長(高橋秀一)  木村議員さんの防犯灯の関係でございますけれども、最終的に決定したのは副町長が申し上げたとおりでございます。しかし、これには経過があるわけです。18年度の設置路線、特に中学生の通学路を中心にして再調査をして工事の実施をしたわけですけれども、そういう状況の中で、通学路についてはほぼ設置が完了したというふうに認識をした中で、主要路線の部分、県道、町道主要路線、そういったところについても中学生の通学路部分で再調査をしたわけです。しかし、部分的には大体防犯灯というのは100メートルピッチでいっているわけですけれども、部分的には飛んでいるところもあるわけですけれども、絶対的に設置をするという状況ではない、そういうふうに判断をしました。そういう状況の中では、もっとほかの部分もあるんではないかという調査が手間取った、そういう部分での減額補正ということになっております。


 以上でございます。


○議長(吉岡敏子)  1番、木村圭二議員。


○1番(木村圭二)  受験された中の、受けた方の中の全員がですね、7人全員がですよ、採用されたということで、私はこれは疑惑があるんじゃないかと申し上げておる。だから調査をしましょう。今日は100条委員会の設置は最終日でしかできません。ですからね、あなた方はないと言っているんだから、資料は積極的に出してくださいよ。拒まないで。資料請求しますからね、これからどんどん。今日は100条はできませんけれども、あなた方どんどん出してくださいよ。疑惑はないと言っているんだから。疑惑はないわけですから。ありませんということをどんどん出してくださいよ。いいですか。そのことを申し上げておきます。


 結局ですね、3月に決定したというのは、3月に専決したということじゃないですか。3月に決裁をしたからなんでしょう。3月に決裁をしたんでしょう。だから専決処分に出してくるんじゃないですか。


○議長(吉岡敏子)  木村議員、品位を保持して、よろしく質問してください。


○1番(木村圭二)  3月に、こちらもそうですよ。3月に決裁をしたから、専決の決裁をしたからでしょう。だから決めたんだということでしょう、あなた方言っておるのは。無茶ですよ、その答弁は。3月に決済を終わっておるじゃないですか。3月に決めたんでしょう。無茶ですわ。決裁が終わったことは3月はいいんですよ。神戸の地下鉄の延伸期成同盟会の、これは既に準備会が立ち上げられて、商工会をはじめ関係団体も寄っておるんですよ。だから、こういう関係団体の皆さんと一緒になってやめましょうと、今回。やめておきましょうと、中断しましょうということを決めたんですかということを聞いているんです。あなた方がトップダウンで、政策会議で勝手に決めたのか、そういう商工会をはじめとした皆さんと一緒になって、今回中断しましょうということを決定したのか、その説明をしてくださいよ。その点をお願いをしておきます。


 ですから、皆さん3月、3月っていうのは全部そうですよ。決裁をしたのが3月なんですから。3月に決裁しましたということ言えないから、3月に決めました、決めましたと。3月に決裁したということでしょう。無茶ですよ。もっとわかるように答弁してください。


○議長(吉岡敏子)  堀口 昇教育長。


○教育長(堀口 昇)  先ほど反問をさせていただきましたが、その反問に対してはいただけないんでしょうか。


○議長(吉岡敏子)  茨木育夫経営政策部長。


○経営政策部長(茨木育夫)  神戸市市営地下鉄の期成同盟会はですね、今お話したとおり、今はちょっと時期がふさわしくないのではないかというお話をですね、本年度に入ってから、いわゆる予算審議がもう終わってからですが、これは町長が会長です。で、副会長は商工会長ですし、過去の会議経過を見てもですね、1町だけでは非常に動きがとれないのではないかと。議員おっしゃるように立ち上げの承認と現状報告、そこから会議が進められないという現状を踏まえて、一応休止という形をとりました。それで、副会長にもその旨をお話しし、了解を得られました。


○議長(吉岡敏子)  米田有三副町長。


○副町長(米田有三)  先ほど来お答えいたしております。それぞれ6月の町長選挙の後、いろんな新施策について町長と方針が違うという面について協議をした結果、3月の専決の時点で事務的には少し遅れたということで、申し訳ございませんが、整理をさせていただいて、3月の定例会でお約束をしたように、次の定例会のときに報告をさせていただくということで今回させていただいておりますので、その旨よろしくお願いしたいと思います。


○議長(吉岡敏子)  1番、木村圭二君の発言はすでに3回に及びましたが、会議規則第5条の但し書きの規定により、特にあと1回許します。


 1番、木村圭二議員。


○1番(木村圭二)  結局ですね、この3月というのは、何回も言いますけども、専決が3月なんですよ。でも3月に決めたということは、専決を3月にしましたということなんです。専決をする前に決めておるはずなんですよ、あなた方は。政策会議も9月に決めましたと、グラウンドゴルフ場の検討委員会は。子ども条例は6月ですわ。今、9月と言いましたけれども、期間があるんです、その間。これはもう消しようがありません。特にグラウンドゴルフ場は会議録に残っておりますから。消しようがありませんよ。私は、明確に地方自治法に違反している行為だということを申し上げておきます。


 先ほどの教育長の反問につきましては、私は言うたつもりですけれども、もう一度言いますよ。受けた一冨士、稲美町の学校給食から一冨士へ行って、一冨士から学校給食に帰ったとか、いろいろな人を含めて、稲美町の学校給食に関係していた人は全員採用されましたと言うたでしょう。私はそれが疑惑があるんじゃないかということを申し上げたんです。だから、どんどん、いやありませんと言うんだから資料を出してくださいと。疑惑の解明に協力してくださいと、資料請求しますから、これから。ボタン一つ押せば今自動で動くんでしょうが、見ていますけども私も。何を言うておるんですか、あなた方は。だからこそ一般の人に公募したんでしょう、誰でもできるんだから。そういう中で、結果的に稲美町の学校給食に関係する人全員採ったんですよ。疑惑解明にあなた方も協力してください、徹底的に私もやります。よろしいですか。答弁してくださいよ、それも。


○議長(吉岡敏子)  米田有三副町長。


○副町長(米田有三)  先ほどもお答えしたとおりでございます。3月の専決の時点で事務的な最終の決定をさせていただいております。


○議長(吉岡敏子)  堀口 昇教育長。


○教育長(堀口 昇)  反問をした内容は、はじめから決まっているというふうに言うている人があるとおっしゃいました。その根拠を示していただきたい。誰が言われておるんですかということをお聞きしたいというふうに聞いたつもりであります。


 それから、結果的にそういった人が採用をされたと、今議員おっしゃいましたが、結果的に優秀な人が選考されたと、選考をしたと、そのように思っております。


○議長(吉岡敏子)  他にご発言はございませんか。


 12番、井上 進議員。


○12番(井上 進)  2点ほどお聞きしたいと思います。


 今も専決について木村議員から時期的なこととかいろいろと言われましたけれども、私もその議決に賛成した者として、専決された理由がもうひとつわかりかねますので、要するに住民になんでと聞かれたら、その理由がわかりませんので、2点ほどお聞きしたいと思います。


 まず1点目のことでございます。ページは28ページでございます。天満大池の北池の借地料と天満大池の整備工事のことでございます。


 これ、事業見直しという説明があったんですけれども、これは当初朝市をしたいと、そういう予算だったと思うんですけれども、朝市ができなかったその理由、それをお聞きしたいと思います。


 それともう1点は、今の36ページの、同じくグラウンドゴルフ場でございます。これも事業見直し、いわゆる中断か中止かしりませんけれども、要するにこれの事業見直しをした、これの理由をお聞きしたいと思います。


○議長(吉岡敏子)  高橋秀一経済環境部長。


○経済環境部長(高橋秀一)  井上議員さんの、天満大池北池造成地の関係でございますけれども、5月15日の常任委員会の中で副町長の方から申し上げましたように、そういう状況で、土地改良区、稲美町の双方が協議して、お互いに納得できる状況、答えをみつける、そういうことが変わってませんけれども、政策会議を9月4日に開催をしました。そういう状況の中で、町として具体的に施設等はない、そういう状況の中では、今の段階ではなかなかそこに、朝市をそこへ持っていくということが難しい、そういうことを考えた。また、朝市実行委員会の皆さんと協議をして、そういう状況の中で、今ふぁーみんの前で朝市をやっていますけれども、造成地、非常に空いた部分の中ではなかなかそこへ朝市を持っていくということは非常に困難やという実行委員の皆さん方の意見。最終的に、実行委員さんの方から回答をいただいたというのは、19年の2月の段階。そういう状況の中で、大池の現状では朝市が今の中ではできない、今後もふぁーみんショップのところでがんばっていく、そういうお答えをいただいて、そういう部分の中で天満大池関連のものについては専決処分をさせていただいています。


 以上です。


○議長(吉岡敏子)  大路一光教育政策部長。


○教育政策部長(大路一光)  グラウンドゴルフの整備検討委員会の設置事業でございますけれどもこのグラウンドゴルフ場の検討委員会につきましては、日本グラウンドゴルフ協会の認定をとれる専用のグラウンドゴルフ場の整備について検討をし、それに基づいて19年度以降に事業計画を立てると、こういうことで、平たく言えば公認にするかしないか、それを決定する検討委員会でございます。


 で、一般質問のときにもお答えしましたように、公認のグラウンドゴルフ場にすることによりまして、非常に制約がございます。そういった中で、既存の公園とか新しくできる公園で整備をしていきたい、その中でそういった公園についてはやはり多目的で利用していきたいということで、先ほど申しましたように、公認のグラウンドゴルフ場にしますといろいろと制約がございます。そういったことで、公認にすることはあまり得策ではないというふうに判断をいたしまして、この検討委員会の設置を見送ったということでございます。


 今後、時期がまいりましたらこのグラウンドゴルフ場の整備工事につきましては、また委員会で報告をさせていただきますというふうにも、一般質問のときにもお答えさせていただいたとおりでございます。


○議長(吉岡敏子)  12番、井上 進議員。


○12番(井上 進)  まず、天満大池の北池のことですけど、部長は朝市をするのには困難が伴うと、そういうふうな説明があったと思うんですけれども、それらは、そんなこと困難かどうかということははじめから、そういうことを相談しながら朝市をおくんだと、そういうことで私は朝市をあの場所へ建てるんだと、そのように思います。


 まあ、いろいろとありますけれども、この天満大池の北池についてはですね、過去からいろいろな経緯があると私は思っております。このことについては、天満大池の土地改良区との、いろいろと絡みがあると思いますけれども、あれが造成できてから10年もっと経っておるかもわかりません。ただ当初は、その当初は多目的広場ですか、要するにテニス場とか、またゲートボール場、その当時についてはゲートボールの方がよく流行っておったから、ゲートボール場をつくるんだと、そういうふうな説明だったと思います。


 そして、それができなくて、そして今度は道の駅、また南部コミセン構想ができたと、そのように我々もいろいろとあっちやこっちへ視察行きながら、そういうことで道の駅をつくるとか、そういうようなことで計画の段階に入って、そして16年の9月にはもう完成と、オープンだと、そういうようなことの経緯もあったと、そのように思っております。ところが、このことについては前町長が町議会でそれを中断、中止されました。そして、その代わりに今回朝市をつくるようになったと、そういうようなことで予算が上げられたと思っています。ところが、今聞きますとそれが困難であるとか、また、だからもう一遍考え直してみたいと。やはり、その都度その都度議会にですよ、いろいろと説明し、議会といろいろ議論しながら、ところが、多目的広場になったと。また、南部コミセンだと、それでまた道の駅、朝市をするんだと。はっきり言うて、我々に全然当局は一貫性がないと思います。我々を、今回の今の話聞いても、まやかしであると、そのように言っても私は過言ではないと、そのように思っております。


 今後ですね、北池のあの、稲美町では一番中心にあるあの土地をこのままにしておくには、私は勿体ないと、そのように思いますけれども、今後何らかの計画があるのかどうか、そのことを聞いてみたいと思います。


 それともう1点、グラウンドゴルフ場です。このことは、今部長が19年度以降計画を立てると、公認にするかどうかわからんけれどもと。そのことについては、私もちょっと認識不足で、ありがたい答弁だと、そのように思っています。


 そこでまあちょっと、これはお願いということがあると思いますけど、ちょっと長くなってすみませんけれども、今、グラウンドゴルフの会員といいますか、愛好者が大変多いと思います。特にそのグラウンドゴルフは熱が上がって、今ある村のグラウンドとかそんなんやなくして、やはり変化を求められてきておると思います。そういうグラウンドゴルフの愛好者の、やはり気持ち、そんなことを考えたら、やはり少し、今までは楽しみから今度は面白み、だからやはりグラウンドゴルフ場は、やはり公認ではなくしても公認に近いような起伏のあるような、そういうようなグラウンドゴルフ場を町としてつくってやってほしいと、そのように思いますけれども、そのあたりについて聞いておきます。


○議長(吉岡敏子)  米田有三副町長。


○副町長(米田有三)  天満大池の関係でございますが、井上議員さん言われますように、いろんな計画を立てていたことも私も承知をいたしております。公園的なものにしたいというのは、前の前の井上町長の時代の話でありまして、その後コミセンとか道の駅、朝市等についてもそれぞれ前の赤松町長の時代の話であります。そんな中で、地元、議会等々にもいろんな協議をしていったわけですけれども、いずれもうまくいかなかったというのが今の時点でございます。


 そういうことで、今後は地元や議会と十分協議をしながら、あそこの場所をどういうふうに有効活用していくかということをさらに検討していきたいというのが今の時点でございます。


○議長(吉岡敏子)  大路一光教育政策部長。


○教育政策部長(大路一光)  先ほど井上議員さんの言われましたとおり、私も住民の方からそういった、やはり変化に富んだコースがほしいんやというふうな意見も聞いております。私も意見的には同感でございますので、できるだけ住民の方の要望に沿った、そういった形で今後計画ができた時点で考えていきたいと、そのように思っております。


 以上でございます。


○議長(吉岡敏子)  12番、井上 進議員。


○12番(井上 進)  最後は質問というより要望というような形で聞いてほしいと思うんです。


 これは私の考えですけれども、私の頭の中にですね、天満の北池の造成地と、そしてグラウンドゴルフ場の建設と、そんなことが浮かんでおります。このことについては、天満大池の土地改良区とも話し合いをしなければいけないし、また町の考え方もあると思いますけど、私の考えとしてではね、ぜひあの場所に当初の考えであった多目的広場、特にグラウンドゴルフ場を設置してはどうかと、そのように思います。特にあの場所については、さっきも言いましたように町の中心の場所であります。このまま放っておくのは勿体ないと、そのように思います。そしてまた、池の造成地ですので池があります。そしてまた隣には立派な公園があります。私はそういう、高齢者が楽しむ場所としては最も相応しい場所だと、そのように思っています。もちろんトイレもあります。いろいろなことの条件が備わっておると思います。だから、北池にそういうような、もちろん土地改良区とも話し合いをしなければいけないと、天満大池の土地改良区とも話し合いをしなければいけないと思いますけれども、そういう私は私の考えを持っておりますから、まあそんな、少しでも一度考えてもらえる余地があったらお願いしたいと、そのように要望しておきます。


○議長(吉岡敏子)  米田有三副町長。


○副町長(米田有三)  貴重なご提案をありがとうございます。その案も含めまして、先ほどご答弁させていただきましたように、地元、また議会の議員さん方と稲美町の真ん中的な形の場所にあるものの有効の利用を図っていきたいというふうに考えておりますので、よろしくお願いいたします。


○議長(吉岡敏子)  他にご発言はございませんか。


 2番、南澤定雄議員。


○2番(南澤定雄)  ページ数は27ページなんです。27ページの一番最後なんですけど、霊柩車の使用負担金28万3,000円補正されておりますけど、これ、なんでしょうか、死亡者が何体ぐらいあるのか、年間を通じて増えてきよるんですか。稲美町でどのぐらいあるか、ちょっと内容を聞きたいと思って、お願いします。


○議長(吉岡敏子)  高橋秀一経済環境部長。


○経済環境部長(高橋秀一)  霊柩車の使用負担金でございますけれども、ご質問の内容は、死亡する人数でございますので、そのへんちょっと報告します。


 平成17年の場合、稲美町で214、播磨町で140、合計354、18年度については稲美町が212、播磨が144、合計356。そういうことで、死亡される方については非常に減ったり増えたりしてないということでございまして、要するに霊柩車の使用負担金については、要するに件数によって分担率が変わってくるということでございます。


 以上です。


○議長(吉岡敏子)  2番、南澤定雄議員。


○2番(南澤定雄)  今の答弁いただきました分担金ですけど、以前は7、3とかいうて聞いておりましたけど、本当に今も現状は70対30でいっておられるか、その点をお尋ねします。


○議長(吉岡敏子)  高橋秀一経済環境部長。


○経済環境部長(高橋秀一)  霊柩車の使用負担金については、先ほど私が言いましたように、件数による分担の率でそれぞれの町が出し合うということは、これは変わっていません。従来から変わっていませんので、そういうことでお願いをしたいと思います。


 負担率でございますけれども、18年度については稲美町は212体ということでございますので59.5%、播磨町が144体ということですから40.5%ということになります。


○議長(吉岡敏子)  他にご発言はございませんか。


 11番、藤本 操議員。


○11番(藤本 操)  私は、この36ページのグラウンドゴルフと37ページの学校給食についてお尋ねします。


 今、井上さんからもいろいろ提言されているんですけれども、私はずっとこれ一般質問している中においてですよ、検討委員会なんですよ。検討委員会でこういうようなグラウンドゴルフ場をしようとか、そういうことの検討委員会を設置しなかった、そういうことなんですよね。だから、今言われている公認とか公認でないとか、そういうようなことは検討委員会の中で皆さんにお話していただきましょうということを設置された。それを葬っていこうとしているんですかと私も何回も言ったでしょう。それをあなた方はトップダウン的にこれはしないと、自分たちで考えた考えでグラウンドゴルフ場を設置していこう、そういう考えなんじゃないですか。だから、古谷町長にお聞きしたい。終始一貫して、私はその思いでおりますが、古谷町長のトップダウン、対話と協調と言われた、その言葉から逸脱するんじゃないですか。どうなんですか、具体的に。


○議長(吉岡敏子)  古谷 博町長。


○町長(古谷 博)  何回質問されても答えは一緒でございます。私は対話と協調、これ今じゃ政治の世界で大いに流行って、私のオリジナルがいつの間にか隣の町長さんのオリジナルになっておりますけれども、私は住民、議会の意向というものを最大限尊重するというのは基本的なスタンスでございます。しかしながら、やりたくてもやれない、これはいかがなものと思っておってもやらなければならん、こういうジレンマに私自身陥っておるわけでございます。18年度は特にそうでございました。


 先ほど来、終始一貫しないと。私は終始一貫しております。昨年の3月議会で決められたこと、私は忠実に守ろうとした。しかしながら、それが地元と調整ができていない。私はそのことを随所で挨拶して回ったわけでございます。大恥かきました。私は、一切協調と対話の基本的な姿勢は今後も変わりませんし、今までも変えたつもりはございませんので、よろしくお願いします。


○議長(吉岡敏子)  11番、藤本 操議員。


○11番(藤本 操)  私が今述べているように、検討委員会の専決に対して、今私言うているんですよ、はっきりとね。


 それと、今町長さんなんぼか答弁されましたけどね、やはり素直に、やっぱり違っていたら違っていましたということを言ってほしかったですね。


 その次、37ページの学校給食なんですけれど、先ほどいろいろと木村議員の方からお話がありましたので、その中で、採用された嘱託職員とか、今臨時雇用とか言われましたね。その人数ですね、採用された。その方の人数をちょっとお聞きしたいことと、それから受講者が四十何名ありましたね、45でしたかね、ああ45名ですね。受講者が42名、公募が45名で受講者が45名。この年齢的な、平均年齢的なことのやつを、その2点を、ちょっと学校給食の方でお聞きしておきたいなと思います。


○議長(吉岡敏子)  大路一光教育政策部長。


○教育政策部長(大路一光)  採用いたしました嘱託職員は8名、それから臨時職員は6名でございます。それから、応募されました方の平均年齢でございますが、44.4歳でございます。


○議長(吉岡敏子)  他にご発言はございませんか。


 5番、藤本 惠議員。


○5番(藤本 惠)  1点だけお伺いをしたいと思います。


 21ページの大学と連携したまちづくりについてお伺いをしたいんですが、これ私委員会で一度質問をさせていただきました。その中で、やられるんですかとお聞きをしたら、やりますというようなご返事がございまして、努力をいただいたのかどうか、その辺のところについてお伺いをしたいと思います。


○議長(吉岡敏子)  茨木育夫経営政策部長。


○経営政策部長(茨木育夫)  大学連携のまちづくりにつきましては、残念ながら18年度、私たちも非がございますが、何度となくアプローチはしたんですが、大学側で周年記念事業であると、しばらく時間をくださいということで、実は18年度は具体的な動きがございませんでした。で、本年4月に入りまして、私も副学長とお会いしてですね、契約の締結の中で運営協議会を立ち上げると、このことについて強く申し入れをし、近く2回目の運営委員会立ち上げについて協議をしていくと。で、なんとか本年は町民講座でやるのかどうかはわかりませんが、なにか事業をやっていきたいという強い申し出をしておりますので、ぜひとも19年度は大学連携のまちづくりをやりたいと。で、大学側は官学による国の施策でですね、補助金のメニューがございまして、いろいろ福祉関係部門とかいろいろ研究をされておられますが、本年についてはちょっと補助事業が間に合わないと、そんなお話も担当で聞いておるようですが、ぜひとも19年度は何らかの形で事業展開をしていきたい、このように考えております。


○議長(吉岡敏子)  5番、藤本 惠議員。


○5番(藤本 惠)  多分9月の改正前ですから、6月か7月ごろの委員会であったろうと思うんですね。そのときに、積極的に取り組むというふうなお話がございまして、その中で今帰ってきた答えがですね、大学の連携が難しかったと。そうすれば、あのときにもお伺いしたんですが、要するに大学がやる気を持ってやってくれておるんですかと。やる気のないところと連携してもあまりいい答えが出ませんよという話もさせていただいたと思うんですけどね、その辺はどうなんですか。本気になって大学側がやる気を持ってやっていただけるのか。それとも、いやいや、補助金もらえるからやるんやというふうな考え方なのか、その辺をはっきりとさせておかなければ、せっかくやっても意味のないものになってくるわけですね。だから、その辺の詰めをきちっとやっぱり大学と詰めていただく。


 本当に稲美町のことを考えてね、大学がこういうふうなまちづくりをしようやないかという提案をいただけるということが一番大事なことなんですよ。しかしながら、もうじゃまくさいなと思ってやったことなんかいうたら、申し訳ないですけども、非常に、結果的にはいい答えが出てこないと思うんですよ。だから、その辺の真意というものを十分に私は、やはり大学側とお話をすべきだろうと思うんですけど、いかがですか。


○議長(吉岡敏子)  茨木育夫経営政策部長。


○経営政策部長(茨木育夫)  藤本議員ご指摘のとおりだと思います。まあ、副学長から我々のいろんな行政の中でお世話になっています田畑教授、それから事務局の学事課長さんを3人交え、今おっしゃるような形でどのようなメニューが展開できるか、早く運営協議会を今後ご相談しながら立ち上げてやっていきたい。


 ただ、やるからにはいろんな全国の事例もおっしゃっておりましたが、我々は予算的にそんなに多くをお助けできませんと、そういう中で国の補助メニューを生かす形もある。できれば、そういうことも積極的に研究しながら進めたいというお話をいただいておりますので、ぜひともそういうことも含めて、今後ご相談申し上げます。


○議長(吉岡敏子)  5番、藤本 惠議員。


○5番(藤本 惠)  大事なことはね、お互いが積極的にね、本当にまちづくりについて考えていこうかという気持ちを持っていただくということが大事なことであると。そのことは、やはりこちらの方も誠意を持って、きちっと、こういう考え方を持っているという考え方をきちっと出していただいてね、それで相手方にご理解をいただきながら、そして真剣に考えていただけるように、今後ともご努力をいただきたいと思います。


 以上で終わりたいと思います。


○議長(吉岡敏子)  茨木育夫経営政策部長。


○経営政策部長(茨木育夫)  今後、ご指摘のように実現できますように努力したいと思います。


○議長(吉岡敏子)  議長から申し上げます。


 先ほど、大路教育政策部長の答弁の中で、木村議員にお答えした数字と藤本 操議員のお答えの人数がちょっと違っていたように私は記憶しているんですけど、間違いございませんか。


 その点、もう一度答弁を許しますので、きちっと答えてください。


 大路一光教育政策部長。


○教育政策部長(大路一光)  給食調理員の採用の人数につきましては、嘱託が8名、臨時職員が6名の合計14名でございます。


○議長(吉岡敏子)  他にご発言はございませんか。


 9番、青木佑剛議員。


○9番(青木佑剛)  1点だけお願いします。


 30ページ。商工費のところの商品券の交付金290万円ですか、減額されておるんですけれども、この商品券について、私一般質問したときに少子化対策のことも触れたんですけど、埼玉ですね、それから岡山、島根、資料取り寄せておりますけれども、商品券を少子化対策に有効に使っている自治体が増えてきておりますね。で、うちの稲美町の商品券について、現状、あまり深く追求しませんけど、今、どういうような状態で商品券が運営されておるのか、ちょっとお聞きしたいと思います。


○議長(吉岡敏子)  高橋秀一経済環境部長。


○経済環境部長(高橋秀一)  今の商品券の関係ですけれども、販売状況についてちょっと報告させていただきたいと思うんですけれども、産業課の窓口で販売しているのは5,628枚、個人が38名、団体が63件ということでございます。また、商工会の方では1万2,488枚が窓口で、個人として51件、団体として94件ということで、そういう状況で販売をされております。


 以上でございます。


○議長(吉岡敏子)  9番、青木佑剛議員。


○9番(青木佑剛)  商工会の方の人数というか、需要と供給の関係でもあると思いますけど、稲美町として商品券はですね、商工会の方はどのようなとらえ方をしていますか。


○議長(吉岡敏子)  高橋秀一経済環境部長。


○経済環境部長(高橋秀一)  商工会としてのとらえ方というふうに言いますと、そういった各稲美町の企業さんなり商店、そういう部分の中での利用率というものがやっぱり高くなってきている状況、そういう部分の中での商品券の果たす役割というのは、非常に重要な部分があるんではないかというふうに考えております。


○議長(吉岡敏子)  他にご発言はございませんか。


 13番、東 国隆議員。


○13番(東 国隆)  ちょっと1点だけお尋ねいたします。


 ページは21ページなんですが、19節負担金補助及び交付金、10番目の自治会集会所の整備、これが620万円、その下の下水道の接続関係が160万4,000円と、かなり大きな金額なんですが、多分これ数字から見たら1つの自治会じゃないかと思うんですが、自治会とですね、当初からどういう計画が出てたのかということをちょっとお尋ねいたします。


○議長(吉岡敏子)  茨木育夫経営政策部長。


○経営政策部長(茨木育夫)  当初、自治会集会所関連では、蛸草で上条から下条、中条合わせてですね、5件のいろんな申し入れを受けておりましたが、そのうちの3箇所が未施工、いわゆる条件が整わなかったということがございました。さらに、大きいのは丸山集会所の新築の施工工事補助金が農地転用、それから建築許可の手続きの遅れですね、実は19年へずれこんだと、これが大きな理由でございます。


○議長(吉岡敏子)  13番、東 国隆議員。


○13番(東 国隆)  大きな金額の丸山地区ですか、こういった大きな金額ですね、予算設定する時点で大体はっきりしておったんじゃないかと思うんですが、大体見込でそういう計上をしておったと、そういうことで理解してよろしいんですか。


○議長(吉岡敏子)  茨木育夫経営政策部長。


○経営政策部長(茨木育夫)  予算編成時までに、自治会長の皆さんに、もし自治会集会所の建て替え等の計画があれば、こういうふうに次年度に向けて申請をお願いしますという中で、丸山集会所も上がっておりましたが、特に農地転用手続きが当初地域で予定されておられました時期よりもずれこんで、19年に実施をなさると、こういう経過でございますので、ご理解をお願いしたいと思います。


○議長(吉岡敏子)  13番、東 国隆議員。


○13番(東 国隆)  大体その理由はわかりました。したがってですね、最初受け付けするときにもっと詳しい話の詰めをしていただいて、大事な予算ですから、大体、固い予算の数字を予算編成にしていただきたい、そういう要望をしておきます。


 以上です。


○議長(吉岡敏子)  茨木育夫経営政策部長。


○経営政策部長(茨木育夫)  ご指摘のとおりだと思いますので、年度内に予算が消化できますように、今後自治会長等窓口になっておられる方と調整をしていきたい、指導をしていきたいと思います。


○議長(吉岡敏子)  他にご発言はございませんか。


 暫時休憩いたします。


              休 憩 午前12時04分


             ……………………………………


              再 開 午後 1時10分


○議長(吉岡敏子)  休憩前に引き続き、再開をいたします。


 15番、植田眞一郎議員。


○15番(植田眞一郎)  天満大池の借地料ですけど、これ、せっかくここまできて、借地料なぜこういうことになったかね、お願いをいたします。


 それと、29ページ。国営東播用水土地改良事業費償還基金ですけれども、東播用水については自治体が責任を持って支払わなければならないんですけれども、この基金の残高と運用はうまくいって、年度ごとの支払い計画どおりいっているか、持ち出しがあるかないか。


○議長(吉岡敏子)  米田有三副町長。


○副町長(米田有三)  28ページの大池の関係です。先ほど井上議員にもお答えしたように、経過いろいろございまして、現在もう一度地元と協議をしていくという段階になっておりますので、先ほど申し上げたとおりでございます。


○議長(吉岡敏子)  高橋秀一経済環境部長。


○経済環境部長(高橋秀一)  国営東播用水の関係でございますけれども、現状、それぞれの受益者からいただいたものをお支払いをしているわけですけれども、基金の残高等については。


○議長(吉岡敏子)  しばらく休憩します。


              休 憩 午後 1時12分


             ……………………………………


              再 開 午後 1時13分


○議長(吉岡敏子)  休憩前に引き続き、再開をいたします。


 高橋秀一経済環境部長。


○経済環境部長(高橋秀一)  申し訳ございませんでした。


 年度末の基金残額については、1億6,302万1,000円ということでございます。運用等、今後も現実に利子利息等が、基金がなくなってくるという段階が大体平成24年ぐらいになるだろうというふうにも思いますけれども、29年まで支払いになるわけですけれども、こちらにいたしましても鋭意努力をしているところでございます。


○議長(吉岡敏子)  15番、植田眞一郎議員。


○15番(植田眞一郎)  この北池のことですね、工事はまあまあ仕方なかったにしてもね、地元と話し合いと言われましたけれども、お金は受け取ってもらえなかったということですか、支払わなかったということ、どうなんですか。そういう話までもいってなかった、いかなかったと、どうなんですか。


○議長(吉岡敏子)  高橋秀一経済環境部長。


○経済環境部長(高橋秀一)  まあ、北池の造成地の借地料の問題については、平米当たり80円という、そういう予算設定をしたわけですけれども、土地改良区の方では、そういう金額では話にならないという状況でもございました。


 また、私どもについては、北池の造成地について、朝市の実行委員さんともいろいろとお話をする中で、ああいった現状の中ではなかなか集客は見込めない。ですから、ふぁーみんショップのところで朝市は継続をしていくと、そういうことで実行委員の皆さんからもそういう話を聞いてございます。


 以上です。


○議長(吉岡敏子)  15番、植田眞一郎議員。


○15番(植田眞一郎)  北池のことですけれども、早くお話し合いをして、ここに載せてあるから向こうは一応借地料を受け取っていただけるような状況になっていたんではないかと思ってお尋ねしたんですけれども、早く、これだといつまで経っても借地料を受け取ってもらえないような、今まで町が自分の土地やと言いながらも、借地料も使う権利がありながらも、使用料も払わずにほったらかしてきたわけですから、その分も一度考えなきゃいけないんじゃないですか、それでないと話できないんじゃないですか。町の権利、これ借地料受け取っていただけるような状況だったら、町の使用の権利が明確にされますけれども、今の話だと受け取っていただけないと。造成してから長い間向こうに、使用者からすれば損やったということあるんじゃないんですかね。


 次の町の計画を実行しようと思えば、それなりの借地料を受け取ってもらえるような状況、そういうのをしていかないと、どういう、なんか協定かなんかあるんですか。それもお聞きしておきます。


 それと、国営の件ですけれども、29年まで払わなくちゃいけないので、今後は24年ごろになくなるということは、かなり町の持ち出ししなくてはならないということですか。一括償還金の金額は安かったということなんでしょうか。それとも転用決済金とかそういう分納、未納がどこかにあるんですか。それなりの計算をされて、一括償還なり転用決済金なんかをとられて基金に積み上げられていると思うんですよね。まあ、農家の負担はこれ以上無理かもわかりませんけれども、十分な運用ができてないということなんですか。当初の計画とかなり食い違ってきているような答弁だったと思うんですけど、一時聞いたときは順調にいっていますというようなことも聞いたんですけれども、どれが正しいんですか。


○議長(吉岡敏子)  高橋秀一経済環境部長。


○経済環境部長(高橋秀一)  北池の造成地につきましては、るる井上町長からの状況、いろいろあるわけですけれども、今の公園用地そのものは平米80円という、そういう契約はしてあると。しかし、それが、例えば今の北池の造成地の中で当てはまるかということについては、それは土地改良区の皆さん方のいろいろ意見はあるだろうというふうに思います。


 まあ、先ほど副町長の方からもありましたように、具体的な状況が定まった段階でまた議会ともお話をさせていただくということには変わりないわけですけれども、現実にああいった状況でいつまでも、町の一番いい場所というか、そういう場所を置いておくということについてもいろいろ問題はあるというふうに思いますけれども、やはり土地改良区のご意見というものをやっぱり尊重をしていくべきであろうというふうに考えているわけです。


 また、東播用水の関係ですけれども、東播用水の関係そのものについては、一応基金残高が、先ほどの1億6,300万程度ですけれども、そういったものについては段々少なくなってくる状況ではありますけれども、こちらの方としましても滞納者であったり、そういうことをなくしていく、そういうことを含めながら努力をしていきたいというふうに思っています。


○議長(吉岡敏子)  他にご発言はございませんか。


 17番、滝本悦央議員。


○17番(滝本悦央)  2点ちょっとお願いします。


 25ページの児童福祉総務費のところで、すこやか医療費助成が383万9,000円マイナスになっていますね。このすこやか医療というのは、昨年度からやった中学生の無料、中学生まで無料ということととらえてよろしいんですね。私もそうとらえておるんですけれども、それは380万円伸びているということは、どれぐらいの人数が入院されたのか、それを教えていただきたいなと。


 それから、26ページの母子福祉費ですね。これの母子家庭等医療費助成金、これも600万円マイナスなんですが、これを何が不用になってきたのか、少なかったのか、それとも最近母子家庭になっている人をちょこちょこ聞くんですけれども、これで出てくるというのはどういうことかなあと。中身ちょっと教えていただきたい。このへん2つお願いします。


○議長(吉岡敏子)  福井宣司健康福祉部長。


○健康福祉部長(福井宣司)  すこやか医療助成金につきましては、入院の無料化の分でございます。19件で74万8,826円使っているということでございます。


 それと、母子医療の関係でございますけれども、これにつきましても一部負担金の問題がございましたので、導入に伴いまして受診の減ということになっております。総件数で4,734件の912万1,464円、このようになっております。


○議長(吉岡敏子)  17番、滝本悦央議員。


○17番(滝本悦央)  私はですね、このすこやか医療の3年生まで無料のときは、ちょっと私は公明党としての立場で申し訳ないんですけれども、これはもう少し乳幼児の方に手厚くしたらどうかということを私は言ったと思うんですけれども、乳幼児はなんぼか280万円ほど出てきていますね。最近は、小さな子どもさんの医療費が手厚くされてきている中で、これは、なんでこんなにしたんですかと聞いたときに、すこやかなんでするんですか、そんなに入院おらへんでと言われた覚えが私あるんですけど、入院がおらへんのやったらそんなする必要がないんで、必要なところにお金を手厚くしたらどうかと言ったことを覚えているんですけれども、今できているやつを下げる、やめるというのはなかなかできませんけれども、こういう人数的なことを見ていくとですね、決算でどうなのかわかりませんけれども、お金が、出てきたお金を乳幼児に回していくというような考え方が、中から私は出てくるんですけれども、その辺は、そちらではどのように考えられているのかなと。たとえ1年生でも2年生でもね、今6歳最後ですね、学校行くまでですね、乳幼児は。それがもう少しできないかなという考え方が、今度の予算のときにちょっと考えていただきたいなということが出てきます、私は。


 それから、この母子家庭の方もですね、受診がこうやからやったということですけれども、600万円も出てきているということはですね、やっぱり相当な見込み違いであると思うんですね。この辺も、もうすこしやっぱりきちっとしたところでお金を使えば、ほかのどうしても必要なところに予算というのは回せるんではないかなと、このように思うんですけれども、その辺は、今後の問題になると思いますけれども、これらの補正予算と最後の方ですね、決算のときにどのような数字が出るのかわかりませんが、考えていっていただきたいなあと思うんですが、その辺いかがですか、お尋ねします。


○議長(吉岡敏子)  福井宣司健康福祉部長。


○健康福祉部長(福井宣司)  すこやか医療の関係でございますけれども、現在の、昨年度の設置して、このような実績でございます。乳幼児の医療の方へということでのお話でございますけれども、本年度も乳幼児医療につきましては小学校から3年生まで拡大していったということで、現在拡張したという実績は残っておりますけれども、町では所得制限分をはずして、この19年度予算に反映させてもらっているところでございます。


 母子家庭につきましても、福祉医療全般でこういうふうな一部負担問題もございますけれども、現状としては従来から続いている制度でございますので、十分その制度を活かせていただいて、皆さんに普及をしていきたいと、このように考えております。


○議長(吉岡敏子)  17番、滝本悦央議員。


○17番(滝本悦央)  最初の方の乳幼児の医療は、これ1年から3年まで伸びたというのは、県の制度が伸びたわけでしょう。で、町としては伸びてないでしょう、無料になってないわけですからね。だから、それは県の方ということで、そこのところにこっちの分をちょっと回せないかなと、私はこう思うんです。


 それから、母子家庭の方ですね、これは実績から、これははずせと言うておるんじゃないんですわ。お金がこれだけ出てくるということはですね、今後ちょっと、また来年の予算のときに考えられるんではないかなと。そしてそれを参考にしていただきたいと、こういう希望ですので、その辺またそのときにまた質問するかもわかりませんけれども、それを頭において、ぜひ予算組み等をやっていただきたい、このように思います。


○議長(吉岡敏子)  福井宣司健康福祉部長。


○健康福祉部長(福井宣司)  現在、今年もそうでございますけれども、あらゆる施策の中で見直すべき点は見直しまして、少子化対策の方へできるだけ充当していくというような形でもう今進んでおりますので、そういう方針でやっていきたい、このように考えております。


○議長(吉岡敏子)  他にご発言はございませんか。


 3番、鷲野隆夫議員。


○3番(鷲野隆夫)  31ページの都市計画総務費で、細節13委託料の12番の優良田園住宅基本方針作成委託料366万7,000円。これは、ご説明では目処たたずというふうなご説明、18年度の予算の説明では本当に張り切って、今にもできるようなご説明いただいたんですが、その後の経過についてひとつお伺いしたいんですが。


○議長(吉岡敏子)  西澤秀勝地域整備部長。


○地域整備部長(西澤秀勝)  優良田園住宅基本方針、議員のおっしゃるように昨年開発というんですか、地元の委員の皆さんがですね、すぐできるというような形のお申し出がありまして、そして開発事業者も窓口が決定して進んでいくということで、我々予算を置かせていただきました。


 しかし、それからですね、まず所有者とまだ売買の仮契約にも至っていないと、こういうふうな状況でございます。ただ、開発事業者はですね、いろんな事業者を募って、優良田園住宅を前向きにするという基本方針は変わってないと、こういうふうに聞いております。


○議長(吉岡敏子)  3番、鷲野隆夫議員。


○3番(鷲野隆夫)  そうしますと、継続されておるということに理解してよろしいんでしょうか。そういう条件整備は、周辺の都市計画法に基づく条件整備は、みなきちっとできているのかどうか、その辺ちょっと、再度お聞かせいただきたいです。


○議長(吉岡敏子)  西澤秀勝地域整備部長。


○地域整備部長(西澤秀勝)  これについては、いわゆる窓口の開発事業者と一度お話させていただきまして、周辺はこういうふうにお願いしますよと、で、中身はこうですよ、中身と言いますか用地の中はこんなんですよというような形があったんですが、それから一向に周辺整備はこうするというような形の具体的なものがまだ出てきておりませんので、こういう形になっております。


○議長(吉岡敏子)  3番、鷲野隆夫議員。


○3番(鷲野隆夫)  経過はそういうことなんでしょうけど、その下にですね、農住まちづくり計画策定補助金45万円、これが出てますね。これは田園住宅との絡みだと思うんですが、まったく違うんでしょうかね。その辺と、今後、これも廃池の土地だったと記憶をいたしておりますけれども、それらを含めた長期的な施策のお考えも合わせてお聞かせいただきたいと思います。


○議長(吉岡敏子)  西澤秀勝地域整備部長。


○地域整備部長(西澤秀勝)  これについては、農住の部分とは違いますので、農住というのはまた別の場所でございます。


 この優良田園の考えなんですが、当然これは調整区域の開発ということの手法の一つということで考えております。町のいわゆる方針と、また地元、また役員の皆さん等と十分に打ち合わせさせていただきまして、地元も納得するような、いわゆる優良田園住宅が計画できましたら、町も応援をしたいと、こういうふうに思っております。


○議長(吉岡敏子)  他にご発言はございませんか。


 14番、吉川善夫議員。


○14番(吉川善夫)  一番最初の21ページの自治会集会所整備事業の件なんですが、先ほどの答弁の中に、市街化区域に対する自治会の補助金は差をつけないということでやっておるという答弁があったように思いますので、去年の11月の総務常任委員会のときの報告では補助金要綱が出されましたけれども、そのときには市街化区域と調整区域と補助金の料が違う、平米4万5,000円と、もうひとつなんぼやったか、平米なんぼかで差がついておったと思うんですが、それはいつ変わったんですか。11月から今までの間にいつ変わったかということをちょっと教えてもらいたい。


 それとですね、確か早急には従来からの経緯もあるから、早急には変えられないという話だったように、私は委員長だったので覚えておりますけれども、そういうふうにバンと変えられたのかというのをちょっと教えてもらいたいと思います。


 それと、24ページの障害者福祉のところですが、障害者自立支援法というのが去年の4月から施行されました。なんか施設を利用するのに1割の負担をしなきゃならんということで、非常に施設が経営も難しくて、該当する障害者の方々の非常に困っておられるという形で非常に多く話を聞いておりますけれども、にもかかわらず補正額が2,300万円という形で少なくなっておる。その辺の辻褄がですね、さらに追い打ちをかけて補助金を少なくしていっているのかなというふうに思うんですが、その辺の意味合いをちょっと教えてもらいたいと思います。


○議長(吉岡敏子)  茨木育夫経営政策部長。


○経営政策部長(茨木育夫)  自治会集会所整備事業補助金の要綱はですね、わかりやすいものに変えていくと、そういったことで先の常任委員会で、いろんな課題事項を整理してご報告申し上げました。で、決してあの報告以降補助金の要綱を変えたわけではございませんでして、従来の都市計画税のご不満のある、いわゆる都市計画事業が施されずに都市計画税だけを納めていると、こんなご不満な経過がある中で、市街化調整区域の集会所の建築助成はですね、一般の市街区調整区域よりも差をつけましょうと、そんな中身で実施をしてまいりましたので、何らそれ以降変えておりません。


 ただ、都市計画税の充当の予算整理の中で、これまでは我々は過去の事務の踏襲に従って税金を充当しておりました。その方が理解されやすいということもございまして、そういうことをしておりましたが、その予算事務整理上、都市計画税を充当することは予算の事務処理上18年度の決算をもって充当しておりません。それとは連動しておりませんので、ご理解をいただきたいと思います。


○議長(吉岡敏子)  福井宣司健康福祉部長。


○健康福祉部長(福井宣司)  自立支援サービスにつきましては、昨年法改正がございまして、それぞれのサービスにつきまして負担金等がきたものでございますので、そういうことで予算額も減になっております。制度による負担金の増によることでございます。


○議長(吉岡敏子)  14番、吉川善夫議員。


○14番(吉川善夫)  自立支援法に対してはちょっと意味が理解できませんので、また部長のとこに行って聞きます。


 で、今の自治会集会所の件についての、これはそしたら財源が都市計画税から入れることはしませんということ、但し一般財源から要綱に従って入れるということですか。差がついていますね、補助金要綱の中には市街化区域と調整区域との差があります。この差はどこの財源を充てるわけですか。


○議長(吉岡敏子)  茨木育夫経営政策部長。


○経営政策部長(茨木育夫)  そもそもですね、都市計画税のあり方の中で、こういった手法で解決をしていくというのは無理があると私も思っております。本来、自治会集会所の自治会活動の一環の中では、等しくやはり補助金が均一であるというのが望ましい姿ではないかと思っております。将来ですね、そういった形で自治会長会あたりでもご相談をしてまいるわけですが、いろんなこれには経過がございまして、これでもってある程度の都市計画税を不満が解消したということも事実なわけでございますから、今後そのことは非常に大きな課題でございますが、見渡してみますと大体市街化区域の自治会集会所もほぼ一部を除いて非常に整備済みであると。で、ある時期をもってそういう考え方をお示しして、将来は均一化が望ましいと考えておりますが、今しばらくお時間をいただきたいというご説明を総務常任委員会でお話をさせていただいたとおりでございます。


○議長(吉岡敏子)  14番、吉川善夫議員。


○14番(吉川善夫)  確かあのときにしばらく猶予をいただきたいと、副町長がそういう返事を、最後に返事されたと思いますね。にも関わらず、もうそういうのを充当しませんとポーンと変わって、部長の方から返事があった、辻褄が合わんなあという、そういう質問なんですよ。


 まあ、実際にそれに該当する事業がなかったということなのかなとは思ったりはしたんですけれども、あてがいません、もうそういうことはやりません、補助金は出しませんという、そういう返事であるからおかしいな、何もその間、いましばらく検討の猶予をくださいと言いもって、いつの間にかできあがってしまっておるように聞こえたわけで、その辺をちょっと、副町長ひとつよろしくお願いしたいと思います。


○議長(吉岡敏子)  米田有三副町長。


○副町長(米田有三)  総務委員会のときに、確かそのように申し上げております。基金、都市計画税の基金の方も底をつきかけてきている状況、で、各公会堂等の整備の状況、それから市街区調整区域の負担、補助率の違い、そういうような面をあわせて、もうしばらく時間をいただいて調整をしたいという考え方は同じでございます。


○議長(吉岡敏子)  他にご発言はございませんか。


 16番、西川大乘議員。


○16番(西川大乘)  先ほど来、いろいろ皆さんのご質問で答弁をいただいておりますんですが、どうしてもちょっと納得がいきません。私の勉強不足のせいかもわかりませんが、28ページの天満大池の北池の借用についての話なんですが、これはこの文言だけ見ますと、いわゆる造成地を借用するということで言えば、これは計画ができればぜひ貸していただきたいというふうにお願いをするような性質のものなのか、町にまったく権利が存在しないのかというようなふうに受け取るんですが、それは一体どうなんでしょうか。


 それともう1つですね、この造成地については南部コミセンということが常に一緒に話が出てきておったんです。それが、南部コミセンというのがいつの間にか消えてしもうてですね、この辺については対象地域の住民の皆さんは、もう南部コミセンというのはどっちでもよくなったんでしょうか。それとも、当局は南部コミセンについてはもう考える意思がなくなったんでしょうか。


 それからもう1つ、29ページですね。この国営東播用水の関係ですが、いわゆる返還基金という点については、ずいぶん長い年月を費やしております、というようなことから考えますと、当初、最終返還はこのぐらいの額というのがおよそ予算化されておったと。それがもうずいぶんと長い間、経済環境も変わってきておりますし、当初から言えばどのぐらい高額化しておるのかというのを、まあアバウトで結構でございますので、お教えいただきたい。


○議長(吉岡敏子)  高橋秀一経済環境部長。


○経済環境部長(高橋秀一)  天満大池の北池の造成地でございますけれども、井上町長の段階から公園用地であったり道の駅であったりという、そういう変わりはあるわけですけれども、特に造成地の借地の関係につきましては、現実に予算を策定するときに、どれだけ土地改良区の皆さん方とお話をされたかという、そういう状況も出てくるわけです。また、先ほど井上議員さんにもお話しましたように、平米当たり80円という公園用地、借地をしているわけですけれども、現実に今の段階でその金額が妥当であるかどうかということについては、それはまた土地改良区の皆さん方とお話をしていく必要があるだろうというふうに思います。


 で、南部コミセンの関係につきましては、現実に道の駅を策定する段階ではそういう状況も出てきましたですけれども、その部分がその造成地ではなくてもっと別のところにつくっていこうと、そういう形でいるわけでございます。


 それと、東播用水の関係でございますけれども、先ほど私の方から言いましたように、29年度までの支払いということの中で、現実に24年度ぐらいになりますと基金がなくなってくる。そういう形の中ではありますけれども、滞納者であったりそういったものをできるだけなくしていく、そういう部分の中で努力をしていきたいというふうに考えているところでございます。


 総額の関係につきましては、現在の段階では支払金額等については変わってないという状況でございます。


 以上です。


○議長(吉岡敏子)  16番、西川大乘議員。


○16番(西川大乘)  天満大池の分ですね、もうひとつようわからんのですが、端的に答弁をいただきたいんですが、この土地についての使用貸借については、町にはまったく権利がないのかあるのか、あるいは、これはもう0から借用地なんで、借用、いわゆる借地料を払うという状況なのかということがまず1つ。


 それから、南部コミセンという話は立ち消えになったのか、それとも眠ってしまったのかというのを端的にお答えいただきたい。


○議長(吉岡敏子)  高橋秀一経済環境部長。


○経済環境部長(高橋秀一)  北池造成地につきましては、造成するものについて地元負担分を町が立て替えてということでございます。ただ、使用権の問題等ということになりますと、要するに土地改良区の皆さん方と稲美町、また、その計画がいいかどうかという、そういう部分を判断をしなければならない部分があるわけですけれども、これからも土地改良区の皆さんと協議をしていく中で、具体的な方法ができ次第、また議会等にもご相談をさせていただきたいというふうに考えております。


 それと、南部コミセンの関係については、道の駅をつくる段階ではそういったこともその中に入っていたというふうに私は記憶していますけれども、その後の状況等につきましては、ちょっと私の今の段階ではちょっと定かではございません。


○議長(吉岡敏子)  茨木育夫経営政策部長。


○経営政策部長(茨木育夫)  南部コミセンの問題でございます。井上町政時代から、特に六分一山の皆さんには建て替えたいが用地がない、そんなことで町も関電に一緒に交渉に行ったりしてまいりましたが、今ご承知のとおり立派な集会所ができました。で、相の山地区につきましても増築ができておりますし、当時ほど南部コミセンをほしいという声は、現状では聞いてございません。


○議長(吉岡敏子)  16番、西川大乘議員。


○16番(西川大乘)  はい、ありがとうございました。


 南部コミセンについては、これは今答弁いただきました内容、よくわかったんですが、いわゆる大池の利活用の部分については、もうひとつはっきりしない、町にまったく権利がないのやったら、貸してくれと言うても貸してくれへんのやということで、これでおしまいです。しかし、町になにがしかの権利があるんならですね、ただ貸してくれ言うて貸してくれへんからということでおしまいではないはずです。その辺のところを、本当に権利があるのかないのかということから出発をしませんと、どうももうひとつ得心がいかない。権利があるものをわざわざ頭下げてお願いします、貸してくださいと、こういうことだけでいくというのはいかがなものかというふうに思うんですが、どうでしょうか。


○議長(吉岡敏子)  高橋秀一経済環境部長。


○経済環境部長(高橋秀一)  先ほど私が言いましたように、造成を負担割合したという、そういう部分はあるわけですけれども、底地そのものは天満大池土地改良区の所有地でございます。そういう部分の中で、町の一番神戸市等から来る中で一番利用が臨まれるという、そういう部分ですから、私どももそういった状況をいつまでも放置するという状況ではありません。しかし、土地改良区との話し合いが、やはり具体的に進捗する中での予算の計上だというふうに思っています。そういう状況がない限りは、やはり予算を計上しても現実には執行できる状況ではないという状況があるわけですから、今回のいろんなことでそれぞれの皆さん方お話をしましたけれども、そういう状況をやはりこちらの稲美町の方もつくっていく中で、よりよい方向性を見つけていきたいというふうに思っています。


 以上です。


○議長(吉岡敏子)  他にご発言はございませんか。


 他にご発言の声を聞きませんので、続いて第2条地方債の補正に対する質疑を行います。


 発言を許します。


 ご発言はございませんか。


 他にご発言の声を聞きませんので、報告第5号に対する質疑を終結し、討論に入ります。


 発言を許します。


 ご発言はございませんか。


 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。


 1番、木村圭二議員。


○1番(木村圭二)  反対討論を行います。


 今回の専決処分は、地方自治法違反であることが明確であります。補正予算として提案する時間的余裕は十分ありました。こうした違法なやり方は到底認めるわけにはまいりません。したがって、反対をいたします。


○議長(吉岡敏子)  次に、賛成討論の発言を許します。


 5番、藤本 惠議員。


○5番(藤本 惠)  本予算は専決で執行されたものであります。ただ、今反対討論で言われた部分については、行政も十分私は反省をしておるのではないかというふうに、各答弁の中で聞こえてまいりました。


 それともう1点言えることは、当初予算を選挙のときに組むときに、やはり一番大事なのは、骨格部分はそのままで組んで、新しい部分をこの予算の中に寄せていくということが非常に問題があったのではないかというふうな気がいたしております。前の町長さんが組まれた予算の部分も幾らかあって、執行者が変わり、それによってかなりの変革があったのではないかという気がいたしております。


 基本的な話として、町長が選挙をするときには、新しい予算を組まないというのが私は原則であると、そのことを我々自体も反対ができずに通してしまったという責任もあろうかと、そういうことから、今回のこの補正予算に関してはやむを得ないのではないかと思います。


 しかしながら、今後やはり専決処分については、十分に考えていただきたいということをお願いを申し上げながら、賛成討論といたします。


○議長(吉岡敏子)  他にご発言はございませんか。


 次は反対討論ですが、ございませんか。


 なければ、賛成討論の発言はございませんか。


 他にご発言の声を聞きませんので、討論を終結し表決に入りたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(吉岡敏子)  ご異議なしと認めます。


 よって、報告第5号 専決第3号を起立により採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は、原案のとおり承認することに賛成の皆さんの起立を求めます。


              (賛 成 者 起 立)


○議長(吉岡敏子)  起立多数であります。


 よって、本案は原案のとおり承認することに決しました。


   …………………………………………………………………………………………


    日程第4.報告第6号 専決処分したものに承認を求めることについて


         専決第4号 専決処分書(平成18年度稲美町国民健康


               保険特別会計補正予算第5号)


   …………………………………………………………………………………………


○議長(吉岡敏子)  次は日程第4、報告第6号 専決処分したものに承認を求めることについて、専決第4号 専決処分書(平成18年度稲美町国民健康保険特別会計補正予算第5号)を議題といたします。


 本案は、本会議第1日目において当局の提案理由の説明まで済んでおりますので、本日は質疑から行います。


 発言を許します。


 1番、木村圭二議員。


○1番(木村圭二)  54ページです。


 健康づくり施設利用補助金の減額につきまして、これもいつこの減額、実施しないということを決定されたのか、その点をお尋ねしたいと思います。


○議長(吉岡敏子)  福井宣司健康福祉部長。


○健康福祉部長(福井宣司)  先ほどから答弁しておりますように、3月の時点で決定をしたということでございます。


 以上でございます。


○議長(吉岡敏子)  米田有三副町長。


○副町長(米田有三)  この件につきましては、6月の委員会、町長選挙の後の委員会でご報告を申し上げて、中止ということで、一旦はこの予算の凍結という形でご報告を申し上げ、今部長が言いましたように、最終的に3月の専決で決定で廃止、今年度の廃止という形をとらせていただいております。


 以上です。


○議長(吉岡敏子)  1番、木村圭二議員。


○1番(木村圭二)  結局、6月の選挙の後に、近い時期に中止ということで、決定というのは3月に専決処分したと、いわゆる落とすということを決定したということになるんですね。3月になってから、さあしましょうということわけにはいきませんので、それはもうですから、十分これも時間的余裕があったと私は思います。


 それと、介護保険でも出てきますけれども、こうした保険事業は大きな成果が出てきておるというのが介護保険の中でも出てきておるわけですね。そうした積極的な取り組みを進めようということがまったく見えてこないんですね。不公平やというふうに古谷町長言われました。不公平だと。町民の健康づくりをするのに不公平やというのが出てきました、言葉が。そんな姿勢であれば、町民の健康づくりというのはなかなか進んでいかない、事業が、と思いますけれども、あらためてその点をお尋ねしたいと思いますが、いかがですか。


○議長(吉岡敏子)  米田有三副町長。


○副町長(米田有三)  プールの助成ということで、ひとつの赤松町長の時代、健康づくりをやっていくということで、我々の方もそういう体制でやっておりました。古谷町長になりまして、やはり民間でやっていただくんなら民間の努力をしていただいて、そのことで、その後の応援、なるべく民間の活力をそのまま培っていただくということで方向が、協議をいろいろ重ねた結果、3月に専決という形で今回ご報告をさせていただいております。


 そういう意味で、なんとか民間のところで今ご努力をいただいておりまして、プールの方は盛況に進んでいるという報告を聞いております。


 以上です。


○議長(吉岡敏子)  他にご発言はございませんか。


 他にご発言の声を聞きませんので、報告第6号に対する質疑を終結し、討論に入ります。


 発言を許します。


 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。


 1番、木村圭二議員。


○1番(木村圭二)  健康づくりに対する姿勢が非常に弱いように思います。住民の健康づくりに対する姿勢が非常に弱いように思います。


 また、先ほども討論で申し上げましたけれども、補正で提案する時期は、十分時間的に余裕があったというふうに思っております。


 そういうことで、反対討論といたします。


○議長(吉岡敏子)  次に、賛成討論の発言を許します。


 5番、藤本 惠議員。


○5番(藤本 惠)  先ほどの討論の中でもある程度お話をさせていただきましたが、町長の考え方によってある程度の部分が出てこようかと思います。ましてや新しい事業については、選挙前であればやはりきちっと基本的な、継続事業についてはそのまま執行すべきであろうと思いますけど、新規事業についてはやはり、議会としてもその辺の流れを十分にチェックをしていかなければならない機関であろうと。そういう面からしますと、議会のチェック機能も、我々も反省すべきところがあると思います。


 ただ、先ほども申し上げましたように、専決を簡単にやるという姿勢は、絶対に今後ないようにしていただきたい、このことだけ十分は申し上げまして、賛成討論とさせていただきます。


○議長(吉岡敏子)  他にご発言はございませんか。


 他にご発言の声を聞きませんので、討論を終結し表決に入りたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(吉岡敏子)  ご異議なしと認めます。


 よって、報告第6号 専決第4号を起立により採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は、原案のとおり承認することに賛成の皆さんの起立を求めます。


              (賛 成 者 起 立)


○議長(吉岡敏子)  起立多数であります。


 よって、本案は原案のとおり承認することに決しました。


   …………………………………………………………………………………………


    日程第5.報告第7号 専決処分したものに承認を求めることについて


         専決第5号 専決処分書(平成18年度稲美町老人保健


               特別会計補正予算第2号)


   …………………………………………………………………………………………


○議長(吉岡敏子)  次は日程第5、報告第7号 専決処分したものに承認を求めることについて、専決第5号 専決処分書(平成18年度稲美町老人保健特別会計補正予算第2号)を議題といたします。


 本案は、本会議第1日目において当局の提案理由の説明まで済んでおりますので、本日は質疑から行います。


 発言を許します。


 ご発言はございませんか。


 ご発言の声を聞きませんので、報告第7号に対する質疑を終結し、討論に入ります。


 発言を許します。


 ご発言はございませんか。


 ご発言の声を聞きませんので、討論を終結し表決に入りたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(吉岡敏子)  ご異議なしと認めます。


 よって、報告第7号 専決第5号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は、原案のとおり承認することにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(吉岡敏子)  ご異議なしと認めます。


 よって、本案は原案のとおり承認することに決しました。


   …………………………………………………………………………………………


    日程第6.報告第8号 専決処分したものに承認を求めることについて


         専決第6号 専決処分書(平成18年度稲美町介護保険


               特別会計補正予算第5号)


   …………………………………………………………………………………………


○議長(吉岡敏子)  次は日程第6、報告第8号 専決処分したものに承認を求めることについて、専決第6号 専決処分書(平成18年度稲美町介護保険特別会計補正予算第5号)を議題といたします。


 本案は、本会議第1日目において当局の提案理由の説明まで済んでおりますので、本日は質疑から行います。


 発言を許します。


 ご発言はございませんか。


 1番、木村圭二議員。


○1番(木村圭二)  79ページの準備基金の積立金ですけれども、合計で1億2,200万円になりました。答弁では、国県へ返す金を差し引くと7,700万円が残るという説明であります。つまり、1年間で7,700万円の介護保険料をとりすぎておったということであります。この7,700万円あればですね、介護保険料の引き下げができます。一般質問でそのことを私申し上げましたけれども、改めて7,700万円の基金を使って介護保険料の引き下げに取り組んでいただきたいと思いますが、いかがですか。


○議長(吉岡敏子)  福井宣司健康福祉部長。


○健康福祉部長(福井宣司)  一般質問でもお答えしましたとおり、現在まだ第3期中の初年度でありますので、今後の介護基盤の整備、保険給付の動向を見据える中で慎重な対応が必要と考えております。


 以上でございます。


○議長(吉岡敏子)  1番、木村圭二議員。


○1番(木村圭二)  だいたい1年と何ヶ月か経ちましたので、私は動向は出たと思う。動向は、方向性は出ておると思いますね。そのことの予測なりというのはついたと思いますよ。動向のだいたいの、そこらあたりの予測というのは、かなり下がっておるというのが実態ですね、減額になっておりますから、サービスが。全部減額です。7,000万円以上減額になっていますね。結局、減額ということは見込みよりも少なかったということですから、19年度がどういう推計になっているのか、推移になるのかというのは、大体私は現時点でも推計はできると思います。国保のように一度に上がったり下がったりもないわけですから、その点はもっと真剣に、この点は考えてもらいたいと思います。あるわけですから。住民の皆さんにお返しをするということです。下げろと私言いますけれども、返してください、住民の皆さんに。


 いかがでしょうか、もう一度答弁をお願いします。


○議長(吉岡敏子)  福井宣司健康福祉部長。


○健康福祉部長(福井宣司)  この保険料の設定につきましては、保険財政の安定を図る観点から中期的な見通しが必要であるということでございますので、今現在初年度で、まだ今後の介護基盤の動向、給付の状況、この辺を見極める必要があると考えております。


 以上です。


○議長(吉岡敏子)  1番、木村圭二議員。


○1番(木村圭二)  介護保険事業計画から考えて、18年度の決算は出ていませんけれども、大体どの辺にあるかというのは大体わかるでしょう。最終的にどこらあたりで落ち着くかというのがね。何パーセントぐらいで落ち着くんですか。19年度もそれに基づいて、介護保険事業計画の何パーセントぐらいのところでいけるなというのは当然出てくるわけですからね、そのことの予測が立ってこそ初めて、鳩ヶ谷市のようにこれはいかんなと、議会の皆さん、これはもう承認してくれないんじゃないかと。だから、職員の皆さんが一生懸命寄ってですね、この対応を一生懸命考えたというわけです。議会で承認してもらえない、通してもらえないと、議案を。こんな不細工なことでは。そういうふうに職員の方が言われていましたよ。そのぐらいの真剣みをもって職員の皆さん考えてください。余ってきたんですから、1年間で、7,700万円も。年間で1,200円、稲美町の介護保険料3,800円でよかったんですよ。


 もう一度真剣に考えて、そして9月定例会には条例の改正ぐらい出すぐらいまでやってくださいよ。いかがでしょうか。十分検討していただきたい。答弁お願いします。


○議長(吉岡敏子)  米田有三副町長。


○副町長(米田有三)  過日の一般質問のときにも何度となくお答えをしております。やはり介護保険は一つの事業計画書で3年間でその動向を定めていく。確かに1年度も思わぬ財源が残っていただいて、これが2年、3年続けばいい結果になるなというのが今思っているところでございますが、これも何もじっとしていてこういう結果になったわけではなくて、あらゆる介護予防事業、それから住民の皆さんの努力ということでこの財源が生まれてきております。


 この2年目、3年目の動向を見極めて、今後、古谷町長が申しております介護保険料の引き下げにつながっていくように、我々もこれからがんばっていきたいというふうに思っております。


○議長(吉岡敏子)  他にご発言はございませんか。


 11番、藤本 操議員。


○11番(藤本 操)  先ほどの介護保険の基金の関係なんですけど、先ほども話が出ました。推移ですね。鳩ヶ谷では6ヶ月したその推移がちゃんと分析されているんです。稲美町ね、もう1年3ヶ月経っているんです。大体の推移はそれ以上にきちっと推移が出てくる。それは、携わる担当の経験とかいろんなものの形の中で、そういうようなものの推移が出にくい場合もあるでしょう。しかし、真剣に、今の話じゃないけど、これだけの7,700万円、そして町長が言われている、播磨町並の4,600円にするには、2,700万円の積み立てを崩せばね、5,000万円も積み立てができて、そして町長が言われている4,600円のそういった400円の引き下げができるという推移もね、必ず真剣に取り組まれたら出てくるはずです。ただ単にすり替えてですよ、住民が苦しんで払ったこの保険料を、いつまでも自分たちがその推移を分析できずにね、ただ待ってください、待ってくださいと。これはね、この前の一般質問でも言いましたけど、その間に亡くなった人たちどうなるんですかということも言いましたでしょう。そういったことをきちっと、もっと真剣に取り組んでいただかんとだめではないかと思います。


 僕はね、はっきり言うてすり替えですよ、これは。どうなんですか。


○議長(吉岡敏子)  福井宣司健康福祉部長。


○健康福祉部長(福井宣司)  先ほどと答弁は変わりませんけれども、我々も一生懸命、住民の方も一生懸命介護予防事業へ取り組んでおるわけでございます。その結果、幾らかこのような状況が続いておるわけですけど、過去にも大きな赤字ですか、大きな負担が生じたわけでございますので、十分にやっぱり介護基盤の安定を目指しまして、我々も力一杯努力しもってですね、介護保険財政に力を入れていかなければいけないと思っておりますので、そのへんのこともご理解願いたいと思います。


○議長(吉岡敏子)  11番、藤本 操議員。


○11番(藤本 操)  今、推移の分析等についてお話しましたけど、鳩ヶ谷市では6ヶ月でもちゃんと推移がわかるんですよ、分析して。もう1年3ヶ月経っているじゃないですか。それでもまだ推移がはじきだせない、分析できない。もっともっと住民のことを思ってきちんと出してくださいよ。私はね、すり替えやと言うたんは、はっきりしておるのは議会をね、私が自動車のノックスいうたら、その分について、単に言うておるのに通告外やと、あんたが決めるものとちがうんですよ、部長。議長が決めるもんでしょう、通告外とか。あんたが勝手に決めてこんな議会なめたようなこと言うたらあかんですよ。


○議長(吉岡敏子)  質問者に申し上げます。


 要点を整理して、できるだけ整理して発言してください。


○11番(藤本 操)  そしたら、はっきりしているのは今先ほど言うたような数字的なものはきちっと現実に出ています。はっきり言わしてもらったら、議員も町長さんも知らなかったわけですよ、この減額されたやつ。この間はっきりしたじゃないですか。そんなような中で、下げるのを3年間待っておけというてもわからないでしょう。それで通じるでしょう。それはあきませんよ。もっと住民の立場に立って、あなた方住民の税で暮らしているんやから、ちゃんともっと真剣に、プロとかいうお話が出たけど、当たり前じゃないですか。そこで給料もらって生活してるんじゃないですか。


 ちゃんと引き下げについて真剣に分析して、推移が6ヶ月でわかるんや、あなた方1年3ヶ月でわからない、情けないと思ってくださいよ。


 もう答弁はよろしいです、同じようなことを繰り返してくると思いますので。もう答弁はいりません。議長、私いりません。


○議長(吉岡敏子)  副町長、同じこと言うから言うてますけど、どうぞ答弁してください。


 米田有三副町長。


○副町長(米田有三)  同じことは申さないようにします。


 それぞれ、やっぱり市町にはそれぞれの基盤、考え方、それと状態というのは違うと思います。我々も鳩ヶ谷の方調べました。向こうの方は基金をお持ちでございまして、そういう点では稲美町はまだ償還金を持っている状態でございます。今の1年目、2年目、3年目について。そういう状況の中で、真剣に考えれば考えるほど、健康長寿に尽くしていって、3年間を無事に過ごし、なおかつ次の年度以降については引き上げをせずに、できれば引き下げをしたいということで、健康づくりの方にがんばっていきたいというふうに思っておりますので、皆様方のご協力をお願いしたいと思います。


○議長(吉岡敏子)  11番、藤本 操議員。


○11番(藤本 操)  副町長さんがいいこと言うてくれはったんですけど、償還、一括償還とかいうことをされればね、実質引き下げになりますので、よろしくお願いします。


 以上です。


○議長(吉岡敏子)  他にご発言はございませんか。


 14番、吉川善夫議員。


○14番(吉川善夫)  73ページ。保険給付費の話ですが、部長の答弁の中ではいろいろ努力をして給付費が下がったということで、減少は実に居宅介護が2,700万、施設が3,800万、その他400万とかいう形でなっておりますけれども、それぞれの主なる原因というのを。例えば、介護認定者が亡くなられたのか少なくなられたのか、3の人が2になったのか、いろいろ原因があると思うんですが、使用回数がどのように減ったのか、その辺の、これだけの金額が下がっておるという理由はかなりはっきりした理由があると思うんです。その辺をちょっと分類してもらえませんか。


○議長(吉岡敏子)  福井宣司健康福祉部長。


○健康福祉部長(福井宣司)  まず、居宅介護サービス費につきましては、これは予防サービスを見ていただいたらわかるんですけれども、全体的にこことこの部分、居宅費に関する部分につきましては、1億3,000万円ほど計画よりも安くなってきております。これにつきましては、回数、いわゆる法の改正によりまして回数制限とか、介護報酬の金額が下がってきたということ。また、もちろん予防事業につきましても成果は出ているんではないかというような考え方を持っております。


 施設サービスにつきましては、全体的に8億のうちの3,000万円ほどですので、ほぼ横ばいであると。そんなに大きな成果は出てないというような状況でございます。


 福祉用具とかそういう、後の住宅改修につきましては、若干多く、予定よりも若干多いというような状況です。これはやっぱり下水の普及によりまして改修等をされた、下水道工事に伴いますいわゆる便器の改修とか、そんなんも含んで若干伸びてきているような傾向でございますけれども、総体的に計画よりも給付費が下がっているというのは、そういう介護保険制度の介護報酬の関係もございます。それとやっぱり、今言いましたように認定率が下がってきておりますので、そういう傾向になるんじゃないかと、そういうような見方をしているところでございます。


○議長(吉岡敏子)  14番、吉川善夫議員。


○14番(吉川善夫)  そういうことですか。要するに介護報酬が下がって請求額が少なくなってきておる、認定者数が少なくなったわけではないと、回数が少なくなったわけではないということですか。回数制限があるからそれ以上は使えない、自己負担になるからということですか。


 なんか私の、見ておったらいきいきサロンとかそういうものの成果が顕著に表れてきたのではないのかなと、そういうふうに見方をしたかったんですけれども、そういう見方ではないわけですね。


○議長(吉岡敏子)  福井宣司健康福祉部長。


○健康福祉部長(福井宣司)  当然、制度改正もそういう健康予防事業の成果が出てきておるとみております。


 但し、今後高齢者人口が増えてきますので、人数自体はどんどん増えてきます。年間に五、六百人増えていきますので、分母が多くなってきますので、介護認定率は下がっておりますけれども、今後の予想としては増えていく予想でございます。


 それと、今、施設の横ばいというような話をいたしましたけれども、施設入所者が1人入りますと30万から40万月にかかりますので、年間400万円、10人そういう方が増えられますと4,000万円という金がかかってしまうわけでございますので、今後の予想、そういう動向も見ながらですね、町としては判断していかなければなりませんので、十分に先を、今後の状況を見据えた中で判断をしていかなければいけない。この保険財政基盤を安定させなければいけないということを今ご説明をさせていただいていますので、ご理解をお願いしたいと思います。


○議長(吉岡敏子)  14番、吉川善夫議員。


○14番(吉川善夫)  答えは同じ答えになるんですが、先ほど藤本議員の方からも分析をせないかん、分析をせないかんと。分析をするにはやっぱり表をつくって、動向を見て、何が効果があるのか、私はいきいきサロンのボランティアでやってくれている人にお礼を言わないかんのかいなと、そういうとこまで思いよったんですけど、そういう方向ではないわけですね。いずれまたそういうお礼をしに回っていかないかんわけですが、だから、今何が原因で今下がったのか、来期なんで下がっていくのかというのがきちっとわかるような、そういう分析をしていかんといかんと思います。ただ、全体に下がりましたというだけでは、いろんな人にお世話になって全体に下がりましたというだけでは、どうも前を見る目ができないと思うんですけど、その辺どうですか。最後に言うておきます。


○議長(吉岡敏子)  福井宣司健康福祉部長。


○健康福祉部長(福井宣司)  稲美町の介護保険料の大きな費用がかかるのはですね、施設入所者が多いと、それが約54%ほどおられるということでございますので、いかに諸設備ですね、在宅で、健康でいていただくというのがこれの一番の原則でございますので、そのように、今後保険料を引き下げるためにも介護予防事業に力を入れまして、皆さん元気になっていただく、これしかございませんので、この事業に向けて一生懸命我々努力しまして、この保険料が下がるように努力してまいりたいと、このように思っております。


○議長(吉岡敏子)  他にご発言はございませんか。


 9番、青木佑剛議員。


○9番(青木佑剛)  はい、1点だけ。今の説明、町当局の説明、介護保険について聞いておりますけれども、本当に介護保険を勉強した者として一言言わさせていただきますとね、改正された介護保険ということが今、副町長からも言葉にないのが私寂しいと思います。改正介護保険で稲美町の施設に入っている人の食事費、いいですか、200人なら200人と想定しましょう、サービスに入っている。その人の食事費幾らカットできると想定していますか。まだ光熱費とか居住費とかありますけど、一番大きな食事、どう把握していますか。


○議長(吉岡敏子)  福井宣司健康福祉部長。


○健康福祉部長(福井宣司)  今、全体的な金額的なものはございませんけれども、特定入所者サービスという項目がございますけれども、全体的にこのサービス費が伸びてきているということは、町がいわゆる入っている方の食事代、光熱費等、低所得者に対する負担部分が、町が負担しよるわけですけれども、これが伸びてきているというのが現状でございます。


 現実的には、町としましては負担としては高額サービス、特定入所者サービスですね、この費用は当初よりも多い目にきているというのが現状でございます。


○議長(吉岡敏子)  9番、青木佑剛議員。


○9番(青木佑剛)  残念ながらね、焦点が合ってない。私は、食事費が一番大きいんだと、施設に入っている人の。200人が入ったらね、2億違うんです、2億、3年間。そこのところの数字が一番大きい、食事費。それで改正されたんです介護保険法というのは。だから、そこのところの答弁にそれを入れてもらわんとね、本当に私不思議に思うんやわ。その国がそうして改正された介護保険法をね、自治体がよう運営、運用してないんじゃないかと。ほんま、厚生労働省のあれしてから傍聴にきたら泣きますよ、はっきり言って。そこを言わないかんのですよ。介護保険法をなんで改正されたのか、そこを追求したら一発で数字出ますよ。そこのところを、また偉そうなこと言うわけじゃないですけど、私勉強したときにそこに一番焦点当てましたんでね、稲美町の介護保険料が高いということの原因を。


 で、その施設に入っている入所者の200人なら200人を、どういう経費がかかるか、コストダウンをどこで図るか、視点がちょっと違うのよ。私この間も、ずっと前の一般質問でちょっと言うたけど、だからそこのところをもうちょっと、本当に法律的なものを前提にね、もう一回見直してください。


 答弁いりませんわ。それに対して答弁できるんやったら、今までそういう答弁してないと思うから。次にいってもらって結構です。


○議長(吉岡敏子)  米田有三副町長。


○副町長(米田有三)  青木議員の質問の趣旨と少し異なるかもしれませんが、いわゆる介護保険が改正されて、特に稲美町の場合恩恵を被ったんじゃないかなというふうな趣旨ではないかなと思います。というのは、入所者の比率が稲美町の場合は高いということで、入所者は当然1割負担でしたから、その分について改正されたことによって、数字的には約3割ぐらいの負担になるんではないか、それが今言われています食費であったり光熱水費、部屋代であったりというふうな形でございます。その分確かにありました。


 で、それは全額個人負担じゃなくて、今、部長が説明しました低所得等に対する還付という形で、今、76ページの方に特定入所者介護サービス等費ということで5,400万円、1ヶ月約500万円弱ですか、450万円ぐらいの金額になりますかね。で、それだけの還付をしているという形になっています。で、本来ですとこの倍ちょっとですかね、半分ぐらいが該当というふうに当初聞いております。今の比率は少し承知してないんですけれども、そういうふうなことで、全て個人で払われている方がこの後ろにいらっしゃるということで、介護保険の方の今の現実の、稲美町の介護保険も助かっているのは事実でございます。


 それでよろしいでしょうか。


○議長(吉岡敏子)  他にご発言はございませんか。


 5番、藤本 惠議員。


○5番(藤本 惠)  私もちょっと介護保険のことでお聞きをしたいと思うんですけど、今、借り入れの残高がどれくらいあって、それで支払いを幾らしておるのか、その辺をちょっとお伺いしたいのと、それと、今聞いておりますと、非常に、今後ですね、介護保険の低減のためにですね、介護予防、やはり今のままでよいのかね、もっともっとやはり介護予防をやっていくのかね、その辺のところ。そして、最終的に、私は長期的展望に立った中で、段階的にじゃなしに、今後の改正のときには、より以上の減額ができるようにね、どのような努力をされていこうとされておるのか、ちょっとお伺いをしたいと思います。


○議長(吉岡敏子)  福井宣司健康福祉部長。


○健康福祉部長(福井宣司)  借り入れにつきましては、2,850万円借りております。年間950万円ほど返しております。


 それと、減の努力の件ですけれども、介護予防事業につきましても、今いきいきサロン、いきいき広場を拡充をしていっている途中でございますけれども、その介護予防事業と、また健康支援通じまして、全般的にやっぱり町民の健康度アップをしていきたい。それと同時にですね、介護保険の給付の適正化ということで、今回担当課長つくっておりますので、プロジェクトをつくりまして、事業所等指導をやっていきたい、あらゆるチェックをかけていきたい、このような関係で給付管理にも努めながらですね、健康度のアップ、こういうような形で考えております。


○議長(吉岡敏子)  5番、藤本 惠議員。


○5番(藤本 惠)  介護については、今までにも社会、どっちかと言うたらボランティア的な考え方があったわけですが、最近では商売としてされている企業さんがおられますね。そういう中で、今後やはり一番大事なのは、今、法律が改正されて、町が指導できる、監督ができるという立場になっております。そういう面についても十分に監督指導を行い、示唆を行い、そして介護保険料がもっともっと低減できるように、そしてサービスの向上ができるような方法というのも、やはり十分に考えていっていただきたい。そして、長期的な展望に立って、きちっとした数字を上げていただくことをお願いしたいと思います。


○議長(吉岡敏子)  福井宣司健康福祉部長。


○健康福祉部長(福井宣司)  今後とも、介護保険、担当課つくっておりますので、十分にそういうチェック機能を果たしまして、また住民の皆さんに、現状についてPR、お知らせをしていきたいと思っております。


○議長(吉岡敏子)  他にご発言はございませんか。


 他にご発言の声を聞きませんので、報告第8号に対する質疑を終結し、討論に入ります。


 発言を許します。


 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。


 1番、木村圭二議員。


○1番(木村圭二)  反対討論を行います。


 基金を2,600万から2,700万円取り崩すだけで播磨町並みの保険料になります。鳩ヶ谷市のように、借入金の一括償還でも保険料は下がります。基金を取り崩して介護保険料の引き下げをすべきであるという立場から、反対といたします。


○議長(吉岡敏子)  次に、賛成討論の発言を許します。


 12番、井上 進議員。


○12番(井上 進)  賛成討論を行います。


 財源に余裕ができているので即引き下げるべきという、そういうような気持ちはわからんことはございませんが、しかし、介護保険は3年毎の見直し、今後の推移を見守るべきであると、私はそのように思いますので、賛成討論といたします。


○議長(吉岡敏子)  他にご発言はございませんか。


 他にご発言の声を聞きませんので、討論を終結し表決に入りたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(吉岡敏子)  ご異議なしと認めます。


 よって、報告第8号 専決第6号を起立により採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は、原案のとおり承認することに賛成の皆さんの起立を求めます。


              (賛 成 者 起 立)


○議長(吉岡敏子)  起立多数であります。


 よって、本案は原案のとおり承認することに決しました。


   …………………………………………………………………………………………


    日程第7.報告第9号 専決処分したものに承認を求めることについて


         専決第7号 専決処分書(平成18年度稲美町介護サービス


               特別会計補正予算第2号)


   …………………………………………………………………………………………


○議長(吉岡敏子)  次は日程第7、報告第9号 専決処分したものに承認を求めることについて、専決第7号 専決処分書(平成18年度稲美町介護サービス特別会計補正予算第2号)を議題といたします。


 本案は、本会議第1日目において当局の提案理由の説明まで済んでおりますので、本日は質疑から行います。


 発言を許します。


 ご発言はございませんか。


 ご発言の声を聞きませんので、報告第9号に対する質疑を終結し、討論に入ります。


 発言を許します。


 ご発言はございませんか。


 ご発言の声を聞きませんので、討論を終結し表決に入りたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(吉岡敏子)  ご異議なしと認めます。


 よって、報告第9号 専決第7号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は、原案のとおり承認することにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(吉岡敏子)  ご異議なしと認めます。


 よって、本案は原案のとおり承認することに決しました。


   …………………………………………………………………………………………


   日程第8.報告第10号 専決処分したものに承認を求めることについて


         専決第8号 専決処分書(平成18年度稲美町下水道事業


               特別会計補正予算第4号)


   …………………………………………………………………………………………


○議長(吉岡敏子)  次は日程第8、報告第10号 専決処分したものに承認を求めることについて、専決第8号 専決処分書(平成18年度稲美町下水道事業特別会計補正予算第4号)を議題といたします。


 本案は、本会議第1日目において当局の提案理由の説明まで済んでおりますので、本日は質疑から行います。


 発言を許します。


 ご発言はございませんか。


 ご発言の声を聞きませんので、報告第10号に対する質疑を終結し、討論に入ります。


 発言を許します。


 ご発言はございませんか。


 ご発言の声を聞きませんので、討論を終結し表決に入りたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(吉岡敏子)  ご異議なしと認めます。


 よって、報告第10号 専決第8号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は、原案のとおり承認することにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(吉岡敏子)  ご異議なしと認めます。


 よって、本案は原案のとおり承認することに決しました。


    …………………………………………………………………………………


     日程第9.議案第29号 稲美町消防団員等公務災害補償条例の


                 一部を改正する条例の制定について


    …………………………………………………………………………………


○議長(吉岡敏子)  次は日程第9、議案第29号 稲美町消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。


 本案は、本会議第1日目において当局の提案理由の説明まで済んでおりますので、本日は質疑から行います。


 発言を許します。


 ご発言はございませんか。


 ご発言の声を聞きませんので、議案第29号に対する質疑を終結し、討論に入ります。


 発言を許します。


 ご発言はございませんか。


 ご発言の声を聞きませんので、討論を終結し表決に入りたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(吉岡敏子)  ご異議なしと認めます。


 よって、議案第29号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は、原案のとおり決することにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(吉岡敏子)  ご異議なしと認めます。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。


 しばらく休憩をいたします。


              休 憩 午後 2時37分


             ……………………………………


              再 開 午後 3時00分


○議長(吉岡敏子)  休憩前に引き続き再開をいたします。


 …………………………………………………………………………………………………


  日程第10.議案第30号 平成19年度稲美町一般会計補正予算(第1号)


 …………………………………………………………………………………………………


○議長(吉岡敏子)  次は日程第10、議案第30号 平成19年度稲美町一般会計補正予算(第1号)を議題といたします。


 本案は、本会議第1日目において当局の提案理由の説明まで済んでおりますので、本日は質疑から行います。


 質疑の方法ですが、お手元に配付いたしております質疑の方法により行いたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(吉岡敏子)  ご異議なしと認めます。


 よって、お手元に配付いたしております質疑の方法により行うことに決しました。


 まず、第1条歳入の第14款国庫支出金から第20款諸収入に対する質疑を行います。


 発言を許します。


 ご発言はございませんか。


 5番、藤本 惠議員。


○5番(藤本 惠)  ちょっとお伺いをしたいんですが、4ページのスクールアシスタント配置事業補助金216万円の増額と、スクーリングサポートネットワーク設置事業54万円の減額のやつ、もう少し詳しく知りたいんですが。


○議長(吉岡敏子)  大路一光教育政策部長。


○教育政策部長(大路一光)  スクールアシスタントの配置事業補助金につきましては、今年度新設でございます。この事業につきましては、当初予算の方で、教育指導費の方で、障害児童教育指導補助員の賃金として727万7,000円の予算を計上いたしておりましたが、この19年度、新しくこの分について補助がついたということで、ここで計上をさせていただいております。


 それから、委託金としてスクーリングサポートネットワーク整備事業委託金、これは今のふれあい交流館の方で実施しておりますふれあい教室でございますけれども、この分につきましては19年度から打ち切るということで、新年度に入ってから県の方から連絡が入りまして、今回減額という形で補正で上げさせていただいております。


 以上でございます。


○議長(吉岡敏子)  5番、藤本 惠議員。


○5番(藤本 惠)  スクールアシスタント配置事業補助金は、要するに障害者のアシスタントの先生をということで、教育費の中でみておったということですが、そしたらその部分の720万円の金額の予算みておったうちの216万円の補助はいただいたと。そうした場合に、これの部分は逆に720万円の部分については減額をする、216万円減額された。それとも、もっと以上に使われて障害者のアシスタントのここでやられたのかどうかね、その辺はところはどうですか。要するに、726万円なんぼかいってますね、当初予算。その中の216万円は補助金でいただいたと。あと500万円になって、その726万円のやつが216万円減額された。それとも、それプラスアルファでもっと拡大事業をやったのかね、そのへんのところをもう一度お伺いをしておきたい。


 それと、スクーリングサポートネットワーク整備事業54万円、これふれあい教室のということになりますと、これは一般の会計の中からその部分足してやったのかね、これを事業自体を打ち切ったのか、その辺のところもお伺いしたいと思います。


○議長(吉岡敏子)  大路一光教育政策部長。


○教育政策部長(大路一光)  スクールアシスタント配置事業の補助金の教育指導費で予算計上しております727万7,000円につきましては、18年度まで、まあ19年度当初までは町単独事業として予算計上をさせていただいておりました。各校1名ずつの補助員の配置を計画いたしておりましたところ、19年度、4月に入ってから補助がつくということで、当初予算、単独で置いておりました予算につきましてはそのまま継続して実施をいたすと。その上に補助がついて、その分だけ入ってくるということでございます。


 ですので、歳出で置いております補助員の賃金についてはそのままの額で実施をしていく。18年度までは補助はついてきておりませんでしたので、町単独でその分執行しておったわけですけれども、執行額は一緒ですけれども、県の補助がついてくると。


○議長(吉岡敏子)  暫時休憩します。


              休 憩 午後 3時06分


             ……………………………………


              再 開 午後 3時07分


○議長(吉岡敏子)  休憩前に引き続き、再開いたします。


 大路一光教育政策部長。


○教育政策部長(大路一光)  そうしましたらですね、財源内訳の説明をさせていただきます。


 まず、5ページの教育委託金の細節1のスクーリングサポートネットワーク整備事業委託の打ち切りが、19年度、先ほど申しましたように19年度に入ってから県から連絡がございました。で、今回の補正で54万円の減額をさせていただいております。この54万円の充当につきましては、当初予算書の2目の事務局費に20万7,000円、3目の教育指導費に33万3,000円充当をさせていただいております。


 この事務局費の20万7,000円につきましては、8ページ、今回補正予算書の8ページの2目の事務局費の補正額の財源内訳、国庫支出金で減額をさせていただいておる額でございます。


 また、4ページの7目の教育費県補助金、細節10のスクールアシスタント配置事業補助金216万円、この分につきましては、19年度に新設されております。


 で、歳出の3目教育指導費の賃金、細節1で、町単独事業で当初予算、これも先ほど説明いたしましたけれども、当初予算で計上しておりました障害児教育指導補助費の賃金に対して、今年度補助がつくことになり、今回補正で216万円計上させていただいておるところでございます。


 これの充当先につきましては、教育指導費の賃金に充当することになるわけですけれども、先ほどのスクーリングサポートネットワーク整備事業の54万円のうち20万7,000円につきましては、事務局費で減額しております。残りの33万円3,000円、この分を今回補正の216万円から差し引きした額の182万7,000円が、8ページの3目教育指導費の補正額の財源内訳でございます。


 以上でございます。


○議長(吉岡敏子)  5番、藤本 惠議員。


○5番(藤本 惠)  今の説明でね、216万円の増額は支出のところで教育指導費ということなんですけど、教育指導費は5万円ぐらいしか変わってないんですね。その上の少人数制臨時講師賃金の部分では453万7,000円が減額になっておるわけですね。だから、今の説明で聞きますと、その部分、上の臨時講師の賃金のところに充当しておるのやったらわかるんやけども、今の説明でちょっと私わかりかねるんですが。


○議長(吉岡敏子)  暫時休憩します。


              休 憩 午後 3時12分


             ……………………………………


              再 開 午後 3時13分


○議長(吉岡敏子)  休憩前に引き続き、再開をいたします。


 大路一光教育政策部長。


○教育政策部長(大路一光)  そうしましたら、後ほど詳しく内訳表をお渡しをしたいと思います。


○議長(吉岡敏子)  他にご発言はございませんか。


 他にご発言の声を聞きませんので、続いて歳出の第3款民生費から第10款教育費に対する質疑を行います。


 発言を許します。


 18番、赤松弥一平議員。


○18番(赤松弥一平)  10ページの報償費の放課後子ども教室推進事業報償費が、当初予算確か155万8,000円が73万6,000円の減、半分になっているんじゃないかと思うんですが、これは、私大事な事業やと思うんですが、なぜこんなに減額になったんでしょうか。


○議長(吉岡敏子)  大路一光教育政策部長。


○教育政策部長(大路一光)  今回、県の内示がございました。その県の内示に伴いまして予算を変更させていただいております。減額につきましては、県の内示が原因でございます。


○議長(吉岡敏子)  18番、赤松弥一平議員。


○18番(赤松弥一平)  一応、当初これだけの事業をやるということでやって、確かに県が39万5,000円、町が倍ですから70万円、計算合うんですが、結局これだけの事業をやろうとしたわけでしょう。ですから、県の補助が減っても、減ったからといってすぐやめにするんじゃなしに、町単で何とかがんばるという考えはないんですか。


○議長(吉岡敏子)  大路一光教育政策部長。


○教育政策部長(大路一光)  事業の内容につきましては変更はございません。いろいろと削除できるところを削除していったということで、事業自体の内容については変更する気持ちはございません。


○議長(吉岡敏子)  18番、赤松弥一平議員。


○18番(赤松弥一平)  そしたらね、最初の見積もりがおかしかったということになりますよ。最初これだけのお金がかかってする、それが同じような事業が金が半分になってもできるというのは、そしたら逆にそのままがんばれば倍の事業ができるんとちがいますか。逆に言うたら報償費ですから、そこらの方に単価的にしわ寄せがいったりするんじゃないですか。全体の計画そのまま、金額は半分になる、ちょっと、それでやれたら結構ですけれども、ちょっと筋が通らんのとちがいますか。


○議長(吉岡敏子)  大路一光教育政策部長。


○教育政策部長(大路一光)  特に今回精査させていただきましたのはコーディネーターの謝金でございます。当初の計画では2人というような形で計画をしておりましたものを、とりあえず2人は配置をいたしますけれども、1人分が補助の対象という形にはなっております。


 それと、運営委員さんの謝金、ここらあたりにつきましても当初8人の6回というような形で計画をいたしておりましたけれども、5人の3回というような形で回数を減らすということで、何とかこの事業が当初の計画どおり実施できるように、そういったところで精査をさせていただいたところでございます。


○議長(吉岡敏子)  他にご発言はございませんか。


 他にご発言の声を聞きませんので、議案第30号に対する質疑を終結し、討論に入ります。


 発言を許します。


 ご発言はございませんか。


 ご発言の声を聞きませんので、討論を終結し表決に入りたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(吉岡敏子)  ご異議なしと認めます。


 よって、議案第30号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は、原案のとおり決することにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(吉岡敏子)  ご異議なしと認めます。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。


 ……………………………………………………………………………………………………………


  日程第11.議案第31号 平成19年度稲美町介護保険特別会計補正予算(第1号)


 ……………………………………………………………………………………………………………


○議長(吉岡敏子)  次は日程第11、議案第31号 平成19年度稲美町介護保険特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。


 本案は、本会議第1日目において当局の提案理由の説明まで済んでおりますので、本日は質疑から行います。


 発言を許します。


 ご発言はございませんか。


 ご発言の声を聞きませんので、議案第31号に対する質疑を終結し、討論に入ります。


 発言を許します。


 ご発言はございませんか。


 ご発言の声を聞きませんので、討論を終結し表決に入りたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(吉岡敏子)  ご異議なしと認めます。


 よって、議案第31号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は、原案のとおり決することにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(吉岡敏子)  ご異議なしと認めます。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。


 ……………………………………………………………………………………………………………


  日程第12.議案第32号 平成19年度稲美町下水道事業特別会計補正予算(第1号)


 ……………………………………………………………………………………………………………


○議長(吉岡敏子)  次は日程第12、議案第32号 平成19年度稲美町下水道事業特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。


 本案は、本会議第1日目において当局の提案理由の説明まで済んでおりますので、本日は質疑から行います。


 発言を許します。


 ご発言はございませんか。


 ご発言の声を聞きませんので、議案第32号に対する質疑を終結し、討論に入ります。


 発言を許します。


 ご発言はございませんか。


 ご発言の声を聞きませんので、討論を終結し表決に入りたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(吉岡敏子)  ご異議なしと認めます。


 よって、議案第32号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は、原案のとおり決することにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(吉岡敏子)  ご異議なしと認めます。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。


    ……………………………………………………………………………………


     日程第13.議案第33号 平成19年度稲美町農業集落排水事業


                  特別会計補正予算(第1号)


    ……………………………………………………………………………………


○議長(吉岡敏子)  次は日程第13、議案第33号 平成19年度稲美町農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。


 本案は、本会議第1日目において当局の提案理由の説明まで済んでおりますので、本日は質疑から行います。


 発言を許します。


 ご発言はございませんか。


 ご発言の声を聞きませんので、議案第33号に対する質疑を終結し、討論に入ります。


 発言を許します。


 ご発言はございませんか。


 ご発言の声を聞きませんので、討論を終結し表決に入りたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(吉岡敏子)  ご異議なしと認めます。


 よって、議案第33号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は、原案のとおり決することにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(吉岡敏子)  ご異議なしと認めます。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。


              (「動議」と呼ぶ者あり)


○18番(赤松弥一平)  動議を提出します。


 新県立加古川病院に小児科、産科の設置を求める意見書を提出したいと思います。


              (「賛成」と呼ぶ者あり)


○議長(吉岡敏子)  ただいま、18番、赤松弥一平議員より新県立加古川病院に小児科、産科の設置を求める意見書案を提出する動議が提出されました。


 本動議に所定の賛成者がありますので、動議は成立しております。


 しばらく休憩します。


              休 憩 午後 3時23分


             ……………………………………


              再 開 午後 3時40分


○議長(吉岡敏子)  休憩前に引き続き、会議を開きます。


 意見書案第13号 新県立加古川病院に小児科、産科の設置を求める意見書についてを本日の日程に追加し、直ちに議題とすることに賛成の皆さんの起立を求めます。


              (賛 成 者 起 立)


○議長(吉岡敏子)  起立全員であります。


 よって、意見書案第13号を本日の日程に追加し、直ちに議題とすることに決しました。


 しばらく休憩します。


              休 憩 午後 3時42分


             ……………………………………


              再 開 午後 3時43分


○議長(吉岡敏子)  休憩前に引き続き、会議を開きます。


  ……………………………………………………………………………………………


   日程追加.意見書案第13号 新県立加古川病院に小児科、産科の設置を


                 求める意見書について


  ……………………………………………………………………………………………


○議長(吉岡敏子)  意見書案第13号 新県立加古川病院に小児科、産科の設置を求める意見書についてを議題といたします。


 これより、発議者の提案説明を求めます。


 18番、赤松弥一平議員。


○18番(赤松弥一平) (登壇)


  意見書案第13号


       新県立加古川病院に小児科、産科の設置を求める意見書





 別紙、「新県立加古川病院に小児科、産科の設置を求める意見書」を各関係方面に提出されたく、稲美町議会会議規則第14条の規定により提出します。





  平成19年6月22日


  稲美町議会議長  吉 岡 敏 子 様





                     発議者  稲美町議会議員  赤松弥一平


                     賛成者  稲美町議会議員  鷲野 隆夫


                                   井上  進


                                   吉川 善夫


                                   植田眞一郎


                                   木村 圭二


                                   滝本 悦央


                                   藤井 隆男


 以上の議員であります。





      新県立加古川病院に小児科、産科の設置を求める意見書(案)





 兵庫県では、医師確保に関する地域レベルでの情報収集と対応の強化に向け、県民局単位で県民局長をトップに置く「県医療確保対策推進圏域本部」を設置され、市町からの医療確保に関する要望の受付窓口となるほか、必要に応じて個別の病院へ出向き、詳細な情報を収集されると聞いている。


 平成21年度の供用開始に向け整備が進んでいる新県立加古川病院の診療科目は、17診療科となり、小児科は廃止され、産婦人科は婦人科に改めると聞き及んでいる。東播磨圏域の病床数は基準病床数を超えているが、開業医を含めて小児科、産科は不足している。稲美町においても、平成19年3月末で17医療機関があるものの、診療科目に小児科のある医院は5医院で、うち小児科専門医院は1医院だけである。産婦人科においては2医院で、婦人科のみの診療となっており、お産はできない状況である。


 よって、稲美町住民及び東播磨地域の住民の少子化対策の一つとして、安全で安心な子供を産みやすい環境づくりのため、新県立加古川病院に小児科、産科を設置することを強く要望する。


 以上、地方自治法第99条の規定により、意見書を提出する。





 平成19年6月22日


                           兵庫県稲美町議会


 以上でございます。


○議長(吉岡敏子)  以上で、発議者の提案説明は終わりました。


 これより、意見書案第13号に対する質疑に入ります。


 発言を許します。


 ご発言はございませんか。


 ご発言の声を聞きませんので、意見書案第13号に対する質疑を終結し、討論に入ります。


 発言を許します。


 ご発言はございませんか。


 ご発言の声を聞きませんので、討論を終結し表決に入りたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(吉岡敏子)  ご異議なしと認めます。


 よって、意見書案第13号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は、原案のとおり決することにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(吉岡敏子)  ご異議なしと認めます。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。


 さらにお諮りいたします。


 ただいま可決いたしました意見書案第13号の取り扱いについては、議長に一任願いたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(吉岡敏子)  ご異議なしと認めます。


 よって、ただいま可決いたしました意見書案第13号の取り扱いについては、議長に一任願うことに決しました。


     ……………………………………………………………………………


      日程第14.常任委員会、議会運営委員会及び特別委員会の


            閉会中の継続調査申出書について


     ……………………………………………………………………………


○議長(吉岡敏子)  次は日程第14、常任委員会、議会運営委員会及び特別委員会の閉会中の継続調査申出書についてを議題といたします。


 各常任委員会委員長、議会運営委員会委員長及び各特別委員会委員長から、稲美町議会会議規則第75条の規定に基づき、お手元に配付いたしております一覧表のとおり閉会中の継続調査としたい旨の申し出があります。


 お諮りいたします。


 各常任委員会委員長、議会運営委員会委員長及び特別委員会委員長から申し出のとおり、それぞれ閉会中の継続調査とすることに決してご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(吉岡敏子)  ご異議なしと認めます。


 よって、各常任委員会委員長、議会運営委員会委員長及び特別委員会委員長から申し出のとおり、それぞれ閉会中の継続調査とすることに決しました。


 以上で、本日の日程は終わりました。


 お諮りいたします。


 第206回稲美町定例会に付議されました案件はすべて議了いたしましたので、これをもって閉会いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(吉岡敏子)  ご異議なしと認めます。


 よって、今期稲美町定例会はこれをもって閉会いたします。


             …………………………………


              閉 会 あ い さ つ


             …………………………………


○議長(吉岡敏子)  第206回稲美町定例会の閉会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。


 今期定例会は、6月7日から本日までの16日間、専決処分、人事案件、条例の改正、平成19年度補正予算等審議いただきました。その審議に寄せられましたご協力に対しまして、厚くお礼を申し上げます。


 なお、その過程において述べられました各議員の意見等につきましては、今後の町政執行に十分反映されますよう強く望むものでございます。


 盛夏を目前にいたしまして、議員の皆さんには健康に十分ご留意いただき、ますますご精励されますよう心からお願いを申し上げ、誠に簡単ではございますが、閉会のごあいさつといたします。


 続きまして、町長、ごあいさつをお願いいたします。


 古谷 博町長。


○町長(古谷 博) (登壇)  第206回稲美町定例会の閉会に当たりまして、一言お礼とごあいさつを申し上げたいと思います。


 先ほど、議長の方からお話がございましたように、今回の定例会におきましてはたくさんの報告、専決、そして議案等々上程をいたしました。たくさんのご意見を賜りました。


 私は、本来専決にするべき事項か、あるいは議案として補正をすべき事項か、このあたりは議論を分かつところでございますけれども、けっして、藤本議員申されましたように、むやみやたらに専決をいたしません。できるだけ早い時期に議会に相談を申し上げ、そのご意見を賜った中でそれぞれの事業を執行してまいりたいという基本的なスタンスで、19年度は精一杯取り組んでまいります。


 本当にありがとうございました。


 全て承認、あるいは議決を賜りましたことに対しまして、心より改めましてお礼申し上げます。ありがとうございました。


 また、暑い暑い夏が目前に迫っております。議員各位におかれましては、それぞれの地域におかれますイベント、あるいは稲美町の一大イベントでございます大池まつり等々、それぞれの地域にお顔を出されるわけでございますので、特にこの暑い夏は乗り切っていただきたいなと、健康で夏を乗り切っていただきたいと。町民のために、今後ともご努力を賜りたいと、このような強い願いで一杯でございますので、町民の幸せのために、共に精一杯この夏を乗り切って、この19年度の事業を早期に、できるだけ町民の望む方向で満足のいくような結論を見たいなと、このように思っておりますので、よろしくご協力賜りますようにお願い申し上げまして、ごあいさつにかえたいと思います。


 ありがとうございました。


○議長(吉岡敏子)  町長のご挨拶は終わりました。


 本日はご苦労さまでした。





              閉 会 午後 3時52分





 地方自治法第123条第2項の規定により次に署名する。





 平成19年6月22日





                      稲美町議会議長  吉  岡  敏  子





                      稲美町議会議員  赤  松  弥 一 平





                      稲美町議会議員  木  村  圭  二