議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 稲美町

平成17年第197回定例会(第4号 3月25日)




平成17年第197回定例会(第4号 3月25日)





 
             第197回稲美町議会定例会会議録





                              平成17年3月25日開設


1.議 事 日 程


 第 1.諸報告


 第 2.(平成17年度)


     議案第  1号 稲美町名誉町民条例の制定について


     議案第  2号 職員の特殊勤務手当に関する条例の制定について


     議案第  3号 稲美町法定外公共物管理条例の制定について


     議案第  4号 稲美町老人福祉医療費助成条例の制定について


     議案第  5号 稲美町乳幼児福祉医療費助成条例の制定について


     議案第  6号 稲美町重度障害者・母子家庭等福祉医療費助成条例の制定につい


             て


     議案第  7号 稲美町職員定数条例の一部を改正する条例の制定について


     議案第  8号 職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例の制


             定について


     議案第  9号 特別職の職員で常勤のものの給与に関する条例の一部を改正する


             条例の制定について


     議案第 10号 教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部を


             改正する条例の制定について


     議案第 11号 職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について


     議案第 12号 稲美町国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定について


     議案第 13号 稲美町立文化会館の設置及び管理に関する条例の一部を改正する


             条例の制定について


     議案第 14号 稲美町スポーツ施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正す


             る条例の制定について


     議案第 15号 稲美町水道事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例の制


             定について


     議案第 16号 兵庫県町議会議員公務災害補償組合規約の一部を変更する規約に


             ついて


     議案第 17号 兵庫県町交通災害共済組合規約の一部を変更する規約について


     議案第 18号 兵庫県市町村職員退職手当組合規約の一部を変更する規約につい


             て


     議案第 19号 兵庫県町土地開発公社定款の変更について


     議案第 20号 稲美町立図書館の指定管理者の指定について


     議案第 21号 平成17年度稲美町一般会計予算


     議案第 22号 平成17年度稲美町国民健康保険特別会計予算


     議案第 23号 平成17年度稲美町老人保健特別会計予算


     議案第 24号 平成17年度稲美町介護保険特別会計予算


     議案第 25号 平成17年度稲美町下水道事業特別会計予算


     議案第 26号 平成17年度稲美町農業集落排水事業特別会計予算


     議案第 27号 平成17年度稲美町水道事業会計予算


 第 3.議案第 28号 稲美町議会会議規則の一部を改正する規則の制定について


 第 4.議案第 29号 稲美町議会委員会条例の一部を改正する条例の制定について


 第 5.常任委員会、議会運営委員会及び特別委員会の閉会中の継続調査申出書について





1.会議に付した事件


 第 1.諸報告


 第 2.(平成17年度)


     議案第  1号 稲美町名誉町民条例の制定について


     議案第  2号 職員の特殊勤務手当に関する条例の制定について


     議案第  3号 稲美町法定外公共物管理条例の制定について


     議案第  4号 稲美町老人福祉医療費助成条例の制定について


     議案第  5号 稲美町乳幼児福祉医療費助成条例の制定について


     議案第  6号 稲美町重度障害者・母子家庭等福祉医療費助成条例の制定につい


             て


     議案第  7号 稲美町職員定数条例の一部を改正する条例の制定について


     議案第  8号 職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例の制


             定について


     議案第  9号 特別職の職員で常勤のものの給与に関する条例の一部を改正する


             条例の制定について


     議案第 10号 教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部を


             改正する条例の制定について


     議案第 11号 職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について


     議案第 12号 稲美町国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定について


     議案第 13号 稲美町立文化会館の設置及び管理に関する条例の一部を改正する


             条例の制定について


     議案第 14号 稲美町スポーツ施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正す


             る条例の制定について


     議案第 15号 稲美町水道事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例の制


             定について


     議案第 16号 兵庫県町議会議員公務災害補償組合規約の一部を変更する規約に


             ついて


     議案第 17号 兵庫県町交通災害共済組合規約の一部を変更する規約について


     議案第 18号 兵庫県市町村職員退職手当組合規約の一部を変更する規約につい


             て


     議案第 19号 兵庫県町土地開発公社定款の変更について


     議案第 20号 稲美町立図書館の指定管理者の指定について


     議案第 21号 平成17年度稲美町一般会計予算


     議案第 22号 平成17年度稲美町国民健康保険特別会計予算


     議案第 23号 平成17年度稲美町老人保健特別会計予算


     議案第 24号 平成17年度稲美町介護保険特別会計予算


     議案第 25号 平成17年度稲美町下水道事業特別会計予算


     議案第 26号 平成17年度稲美町農業集落排水事業特別会計予算


     議案第 27号 平成17年度稲美町水道事業会計予算


 第 3.議案第 28号 稲美町議会会議規則の一部を改正する規則の制定について


 第 4.議案第 29号 稲美町議会委員会条例の一部を改正する条例の制定について


 第 5.常任委員会、議会運営委員会及び特別委員会の閉会中の継続調査申出書について





1.会議に出席した議員(18名)


   1番 青 木 佑 剛        2番 吉 川 善 夫


   3番 池 田 博 美        5番 藤 井 隆 男


   6番 藤 田 佳 恒        7番 井 上   進


   8番 植 田 眞一郎        9番 中 嶋 修 市


  10番 赤 松 弥一平       11番 南 澤 定 雄


  12番 東   国 隆       13番 滝 本 悦 央


  14番 吉 岡 敏 子       15番 藤 本   惠


  16番 鷲 野 隆 夫       17番 藤 本   操


  18番 西 川 大 乘       19番 木 村 圭 二





1.会議に欠席した議員(なし)





1.会議に出席した説明員(9名)


   町長                赤 松 達 夫


   助役                大 西 由 二


   経営政策部長            前 川 正 明


   健康福祉部長            米 田 有 三


   経済環境部長            藤 原 憲 夫


   地域整備部長兼水道事業所長     福 井 宣 司


   経営政策部チームリーダー兼企画課長 大 竹   正


   教育長               堀 口   昇


   教育政策部長            黒 田   進





1.会議に出席した事務局職員(4名)


   事務局長              藤 城 隆 夫


   事務局次長             萬 永 康 憲


   書記                青 木 悦 子


   書記                栗 原 智 美





               開 会 午前 9時35分


○議長(木村圭二)  おはようございます。


 ただいまの出席議員は18名で、議員定足数に達しておりますので、第197回稲美町定例会4日目を開会いたします。


 ただいまから、本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、お手元に配付いたしております。


 直ちに日程に入ります。


                …………………………


                 日程第1.諸報告


                …………………………


○議長(木村圭二)  日程第1は、諸報告であります。


 地方自治法第121条の規定により、説明のため出席を求めました者の職氏名は、お手元に配付いたしております一覧表のとおりであります。


     …………………………………………………………………………………


      日程第2.議案第1号から議案第27号まで  27案一括上程


     …………………………………………………………………………………


○議長(木村圭二)  次は日程第2、議案第1号 稲美町名誉町民条例の制定についてから、議案第27号 平成17年度稲美町水道事業会計予算までの27案を一括議題といたします。 予算特別委員会に付託いたしておりました議案第1号から議案第27号までの27案については、慎重審査の結果、いずれも原案のとおり可決すべきものと決した旨、予算特別委員会委員長から、稲美町議会会議規則第77条の規定により審査結果の報告書が提出されております。その写しをお手元に配付いたしておりますので、ご了承願います。


 この際、お諮りいたします。


 これより、予算特別委員会委員長に審査の経過と結果の報告を求め、それに対する質疑に入るところですが、議長を除く全員で構成する特別委員会で審査した案件ですので、委員長の審査報告とそれに対する質疑を省略いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(木村圭二)  ご異議なしと認めます。


 よって、委員長の審査報告とそれに対する質疑を省略することに決しました。


 議案第1号から議案第27号までの27案に対する一括討論に入ります。


 発言を許します。


 ご発言はございませんか。


 ご発言の声を聞きませんので、討論を終結し、これより議案第1号から議案第27号までの27案を一括して表決に入りたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(木村圭二)  ご異議なしと認めます。


 よって、議案第1号から議案第27号までの27案を一一括して採決いたします。


 お諮りいたします。


 本27案に対する委員長の審査報告は原案可決であります。


 本27案は、委員長の審査報告のとおり決することにご異議ございませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(木村圭二)  ご異議なしと認めます。


 よって、本27案は原案のとおり可決されました。


 しばらく休憩します。


               休 憩 午前 9時40分


              ……………………………………


               再 開 午後 1時18分


○議長(木村圭二)  休憩前に引き続き、会議を開きます。


       ………………………………………………………………………


        日程第3.議案第28号 稲美町議会会議規則の一部を


                    改正する規則の制定について


       ………………………………………………………………………


○議長(木村圭二)  次は日程第3、議案第28号 稲美町議会会議規則の一部を改正する規則の制定についてを本日の日程に追加し、議題とすることにご異議ございませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(木村圭二)  ご異議なしと認めます。


 よって、議案第28号 稲美町議会会議規則の一部を改正する規則の制定についてを議題といたします。


 これより、発議者の提案説明を求めます。


 13番、滝本悦央議員。


○13番(滝本悦央) (登壇)  それでは、議案第28号の提案をさせていただきます。  お手元の文章の朗読をもって提案にかえさせていただきます。





        稲美町議会会議規則の一部を改正する規則の制定について


 稲美町議会会議規則(昭和62年稲美町議会規則第1号)の一部を改正する規則の制定についてを、別紙のとおり稲美町議会会議規則第14条の規定により提出する。


 平成17年3月25日提出


 稲美町議会議長 木 村 圭 二 様


                      発議者


                       稲美町議会議員  滝 本 悦 央


                      賛成者


                       稲美町議会議員  藤 本   惠


                                東   国 隆


                                藤 本   操


                                植 田 眞一郎


                                青 木 佑 剛





 (理由)


 この度の改正は、議会改革をさらに進め、議会の一層の活性化を図るため、一般質問において執行部説明員と議会議員の討議を活発にし、かつ説明員から的確な答弁が得られるよう、答弁者(説明者)が、質問者に対し、趣旨確認の発言(「反問」)することを認めようとするものである。


 加えて、一般質問の質問回数の制限をなくし、より円滑な議論が深められる「一問一答形式」を導入しようとするものである。





           稲美町議会会議規則の一部を改正する規則


 稲美町議会会議規則(昭和62年稲美町議会規則第1号)の一部を次のように改正する。  第62条の次に次の1条を加える。


 (質問趣意の確認)


 第62条の2 説明員は質疑又は質問に対する答弁をするに当たっては、議長の許可を得て、質問議員に対し、当該質疑又は質問の趣意を確認することができる。


 第63条中「第55条(質疑の回数)及び」を削る。


 附 則


 この規則は、公布の日から施行する。





 以上でございます。


 よろしくご審議ください。


○議長(木村圭二)  以上で、発議者の提案説明は終わりました。


 これより、議案第28号に対する質疑に入ります。


 発言を許します。


 ご発言はございませんか。


 ご発言の声を聞きませんので、議案第28号に対する質疑を終結し、討論に入ります。


 発言を許します。


 ご発言はございませんか。


 ご発言の声を聞きませんので、討論を終結し、表決に入りたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(木村圭二)  ご異議なしと認めます。


 よって、議案第28号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は、原案のとおり決することにご異議ございませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(木村圭二)  ご異議なしと認めます。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。


       …………………………………………………………………………


        日程第4.議案第29号 稲美町議会委員会条例の一部を


                    改正する条例の制定について


       …………………………………………………………………………


○議長(木村圭二)  次は日程第4、議案第29号 稲美町議会委員会条例の一部を改正する条例の制定についてを本日の日程に追加し、議題とすることにご異議ございませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(木村圭二)  ご異議なしと認めます。


 よって、議案第29号 稲美町議会委員会条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。


 これより、発議者の提案説明を求めます。


 13番、滝本悦央議員。


○13番(滝本悦央) (登壇)  それでは、議案第29号の提案をさせていただきます。  朗読をもって提案にかえさせていただきます。





       稲美町議会委員会規則の一部を改正する条例の制定について


 稲美町議会委員会条例(昭和62年稲美町条例第20号)の一部を改正する条例の制定についてを、別紙のとおり稲美町議会会議規則第14条の規定により提出する。


 平成17年3月25日提出


 稲美町議会議長 木 村 圭 二 様


                      発議者


                       稲美町議会議員  滝 本 悦 央


                      賛成者


                       稲美町議会議員  藤 本   惠


                                東   国 隆


                                藤 本   操


                                植 田 眞一郎


                                青 木 佑 剛





 (理由)


 稲美町水道事業の設置等に関する条例の改正に伴い、委員会条例の所要の改正を行おうとするものである。





           稲美町議会委員会条例の一部を改正する条例


 稲美町議会委員会条例(昭和62年稲美町条例第20号)の一部を次のように改正する。  第2条第3号中「水道事業所の所管に関すること。」を削る。


 附 則


 この条例は、平成17年4月1日から施行する。





 以上でございます。


 よろしくご審議ください。


○議長(木村圭二)  以上で、発議者の提案説明は終わりました。


 これより、議案第29号に対する質疑に入ります。


 発言を許します。


 ご発言はございませんか。


 ご発言の声を聞きませんので、議案第29号に対する質疑を終結し、討論に入ります。


 発言を許します。


 ご発言はございませんか。


 ご発言の声を聞きませんので、討論を終結し、表決に入りたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(木村圭二)  ご異議なしと認めます。


 よって、議案第29号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は、原案のとおり決することにご異議ございませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(木村圭二)  ご異議なしと認めます。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。


       …………………………………………………………………………


        日程第5.常任委員会、議会運営委員会及び特別委員会の


                   閉会中の継続調査申出書について


       …………………………………………………………………………


○議長(木村圭二)  次は日程第5、常任委員会、議会運営委員会及び特別委員会の閉会中の継続調査申出書についてを議題といたします。


 各常任委員会委員長、議会運営委員会委員長及び特別委員会委員長から、稲美町議会会議規則第75条の規定に基づき、お手元に配付いたしております一覧表のとおり閉会中の継続調査としたい旨の申し出があります。


 お諮りいたします。


 各常任委員会委員長、議会運営委員会委員長及び特別委員会委員長から申し出のとおり、それぞれ閉会中の継続調査とすることに決してご異議ございませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(木村圭二)  ご異議なしと認めます。


 よって、各常任委員会委員長、議会運営委員会委員長及び特別委員会委員長からの申し出のとおり、それぞれ閉会中の継続調査とすることに決しました。


 以上で、本日の日程は終わりました。


 お諮りいたします。


 第197回稲美町定例会に付議されました案件はすべて議了いたしましたので、これをもって閉会いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(木村圭二)  ご異議なしと認めます。


 よって、今期稲美町定例会はこれをもって閉会いたします。


              …………………………………


               閉 会 あ い さ つ


              …………………………………


○議長(木村圭二)  閉会に当たり、一言ごあいさつを申し上げます。


 今期定例会は、去る3月3日に招集されてから本日まで23日間に及ぶ長い会期でございました。ことに予算特別委員会では、連日、長時間にわたり、慎重かつ精力的にご審議をいただき、厚くお礼申し上げます。


 また、町長をはじめ町当局の審議に寄せられましたご協力に対しましても厚くお礼申し上げます。


 なお、その過程において述べられました各議員の意見等につきましては、今後の町政執行に十分反映されますよう強く要望するものでございます。特に新年度予算の執行に当たっては、社会経済情勢の変化に的確に対応し、住民生活に密着した快適なまちづくりの実現に向かって、格段の努力を払われますよう強く望むものであります。


 暖かさが実感できる好季節を迎えておりますが、議員各位におかれましては健康に十分ご留意され、ご精励をされますようお願い申し上げ、閉会のごあいさつといたします。


 続きまして、町長、ご挨拶をお願いいたします。


 赤松達夫町長。


○町長(赤松達夫) (登壇)  第197回稲美町定例会の閉会に当たりまして、一言ご挨拶を申し上げます。


 3月3日の開設以来、連日にわたり精力的なご審議を賜り、多くの審議をいただきました。中でも新年度予算をはじめとする平成17年度議案につきましては、予算特別委員会が設置をされ、慎重に審議を賜りました。今期定例会にご提案申し上げました議案を全て原案のとおり可決いただきましたことにつきまして、厚くお礼を申し上げます。


 審議の過程で議員の皆様からちょうだいいたしましたご意見につきましては、今後の町政執行にしっかりと生かしてまいる所存でございます。


 しかし一方では、将来の稲美町の発展への歩みを考えるとき、危惧される言動が確認されたことは誠に残念と言わざるを得ません。それは、人間としての生き方についてであります。人生には山あり谷あり、喜びも悲しみもあり、順調なときもあれば困難な場面に遭遇することもあります。しかし、いかなるときであっても、人として決して踏みはずしてはならないものがあります。それは、道徳心であります。人間として一番大切なこと、子供のときに親から教わったごく当たり前のこと、嘘をつくな、正直であれ、人を騙してはいけない、そういうシンプルな規範の意味を改めて考え直し、それを遵守することが、今の時代、特に必要なことだと思います。小さいときに教わったようなことを大人が守れないからこそ、人の心が荒廃していくのではないでしょうか。


 このことを考えますと、この度の一部議員の言動は、人間としての正しい生き方からすれば、いかがなものかと言わざるを得ません。何を言ってもいい、何をしてもよいというのは個人の自由でしょうが、必ずその裏返しに責任が伴うことを忘れてはならないと思います。 私もこのように言えるほど立派な人間ではありませんが、ただ一つ心がけていることは、常に道徳心に照らし、誤りがなかったかどうかを確かめ、誤りがあれば反省し、ときとして素直に謝罪をするようにしているところであります。議員や私も含めた職員は、今一度原点に立ち返り、自分の置かれている立場を自覚し、全体の奉仕者として、住民の公共の利益のために全力を挙げることを専念しなければなりません。


 人間としての正しい生き方が、この稲美町の隅々にまで広がるとすれば、必ずや人と人とが交わり、温もりのある町として、他市町から尊敬される稲美町が実現できると確信をしており、それに向かって全精力を傾注する所存でありますので、議員の皆さんにも、こうした心は微塵にも揺るがないものと期待をしているところでございます。


 どうぞ健康には十分留意をされまして、新しい平成17年度におきましても町政の推進のためご活躍をいただきますようお願い申し上げまして、閉会に当たりましてのご挨拶とさせていただきます。


 ありがとうございました。


○議長(木村圭二)  町長のご挨拶は終わりました。


 本日はご苦労さまでした。


               閉 会 午後 1時33分





 地方自治法第123条第2項の規定により次に署名する。





  平成17年3月25日





                     稲美町議会議長  木  村  圭  二





                     稲美町議会議員  藤  井  隆  男





                     稲美町議会議員  藤  田  佳  恒