議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 猪名川町

平成20年第341回定例会(第1号 9月 9日)




平成20年第341回定例会(第1号 9月 9日)




          第341回猪名川町議会定例会会議録(第1号)





平成20年9月9日(火曜日)午前10時 開 会


             ───────────────―



1 出席議員(16人)


   1番  仁 部 壽 夫        2番  久 保 宗 一


   3番  合 田 共 行        4番  安 井 和 広


   5番  石 井 洋 二        6番  尾 川 悦 子


   7番  西 谷 八郎治        8番  新 賀   保


   9番  福 井 昌 司       10番  池 上 哲 男


  11番  福 井 澄 榮       12番  道 上 善 崇


  13番  中 島 孝 雄       14番  南   初 男


  15番  下 坊 辰 雄       16番  福 田 長 治





2 欠席議員(な し)





3 説明のため議場に出席した者


 町長      真 田 保 男     副町長     西 村   悟


 教育長     橋 本 義 和     総務部長    小 北 弘 明


 生活部長    紺 家 儀 二     建設部長    別 当 敬 治


 教育部長    井 上 敏 彦     消防長     宮 脇   修


 総務課長    中 田 隆 男





4 職務のため議場に出席した事務局職員


 事務局長    仲 上 和 彦     副主幹     住 野 智 章


 主査      澤   宜 伸





                 議事日程(第1号)


日程第1  会議録署名議員の指名


日程第2  会期の決定


日程第3  議案第52号 監査委員の選任について


日程第4  議案第44号 平成19年度猪名川町一般会計歳入歳出決算の認定について


      議案第45号 平成19年度猪名川町国民健康保険特別会計歳入歳出決算の


             認定について


      議案第46号 平成19年度猪名川町介護保険特別会計歳入歳出決算の認定


             について


      議案第47号 平成19年度猪名川町老人保健特別会計歳入歳出決算の認定


             について


      議案第48号 平成19年度猪名川町農業共済特別会計歳入歳出決算の認定


             について


      議案第49号 平成19年度猪名川町下水道事業特別会計歳入歳出決算の認


             定について


      議案第50号 平成19年度猪名川町奨学金特別会計歳入歳出決算の認定に


             ついて


      議案第51号 平成19年度猪名川町水道事業会計決算の認定について


日程第5  議案第53号 平成20年度猪名川町一般会計補正予算(第1号)


      議案第54号 平成20年度猪名川町国民健康保険特別会計補正予算(第1


             号)


      議案第55号 平成20年度猪名川町介護保険特別会計補正予算(第1号)


      議案第56号 平成20年度猪名川町後期高齢者医療保険特別会計補正予算


             (第1号)


日程第6  議案第57号 地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整


             理に関する条例の制定について


      議案第59号 公益法人等への職員の派遣等に関する条例の一部改正につい


             て


      議案第61号 猪名川町道路占用料徴収条例の一部改正について


      議案第65号 権利の放棄について


      議案第66号 権利の放棄について


日程第7  議案第58号 猪名川町スポーツ施設の設置及び管理に関する条例の制定に


             ついて


      議案第60号 猪名川町廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部改正につ


             いて


      議案第62号 猪名川町社会教育施設の設置及び管理に関する条例の一部改


             正について


日程第8  議案第63号 笹尾地区土地改良事業計画の変更について


      議案第64号 字の区域を変更することについて


             ────────────────


              会 議 に 付 し た 事 件


日程第1〜日程第8


             ────────────────





◎午前10時00分 開会





○議長(福井昌司君) これより第341回猪名川町議会定例会を開会いたします。


             ────────────────


○議長(福井昌司君) 皆さんおはようございます。


 第341回猪名川町議会定例会の開会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。


 本定例会が招集されましたところ、議員各位にはご出席を賜り厚くお礼を申し上げます。皆様方には、平素から本町の発展と住民福祉の向上のため議員活動に精励されておりますことに敬意を表する次第であります。


 さて、日中はまだまだ暑さを感じますが、朝夕は幾分か涼しくなってまいりました。これからの季節は台風などによる自然災害が多発する時期でもあります。先ごろ東海地方を中心に襲った平成20年8月末豪雨では、愛知県内で約50万世帯に避難勧告が発令されるとともに、豪雨が都市部を直撃したため、浸水被害が多く、各地で床上浸水など甚大な被害をもたらしております。


 近年、地球規模の天候異変で各地で異常気象が続いており、予想の難しいゲリラ的な豪雨なども急増する中、地域の気象情報をいかに早く読み取り、タイムリーな情報を発信するかが求められており、予期せぬ事態にいかに対応できるかを平時から考えて備えることが大切と改めて認識したところであります。


 今定例会に提案されます議案につきましては、後ほど詳細にわたって説明されることと存じますが、議員各位には上程されます諸議案に十分の検討を加え、適正にして妥当な議決が導き出されますよう念願しまして、開会のあいさつとさせていただきます。よろしくお願いします。


 町長。


○町長(真田保男君) おはようございます。


 本日、341回定例会の開会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。


 ことしは連日体温に近い35度を超えるほどの猛暑でございましたが、朝夕はめっきり涼しくなり、時には肌寒さを感じるきょうこのごろでございます。


 議員各位におかれましては、平素から本町の発展と住民福祉の向上のため日々ご活躍をいただいておりますことに対しまして、厚くお礼を申し上げます。


 さて、原油の高騰によって生活関連商品の値上がりが続き、住民生活に大きな影響を及ぼしております。国では補正予算において大枠の経済対策が示されたところですが、実行までにはしばらく期間が要するのではないかなというふうに思うところであります。


 このように、先行き不安な面が見えますけれども、本町といたしましては、創意と工夫を凝らし、地域の特色を最大限に生かしながら、猪名川町に住んでよかった、いつまでも住み続けたいと思っていただけるような町づくりを進めてまいりたいと、このように考えておりますので、議員各位のご支援、ご協力を賜りますようによろしくお願いを申し上げます。


 今期定例会には、議案といたしまして、人事案件1件、決算認定8件、補正予算4件、条例の制定2件、条例の一部改正4件、その他4件、合計23件と報告1件を上程いたしております。議員各位には慎重審議をいただき、可決承認を賜りますようによろしくお願いを申し上げまして、私の開会のごあいさつとさせていただきます。ありがとうございます。


             ────────────────


○議長(福井昌司君) 直ちに本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、お手元へお配りしている日程表のとおりでございますので、ご了承願います。


 日程に入るに先立ち、ご報告いたします。


 まず、閉会中の議員派遣の件及び議員派遣結果報告書をお手元にお配りしておりますので、ご了承願います。


 次に、9月1日までに受理しました請願については、お配りしている請願文書表のとおりでございます。


 次に、地方公共団体の財政の健全化に関する法律第3条第1項及び同法第22条第1項の規定に基づき、報告第5号、健全化判断比率及び資金不足比率の報告についてが提出されましたので、お手元にお配りしておりますので、ご了承を願います。


 次に、議会運営委員会の報告でございますが、今期定例会の運営について協議を願い、その概要を記載し、既にお配りしているとおりでございますので、ご了承願います。


 次に、地方自治法第121条の規定に基づき、説明のための出席を求めましたのは、説明者席の町長以下9名でございます。


 以上で報告を終わります。


 これより本日の日程に入ります。


             ────────────────





◎日程第1 会議録署名議員の指名





○議長(福井昌司君) 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第119条の規定により、議長において、南君、下坊君、福田君を指名いたします。


             ────────────────





◎日程第2 会期の決定





○議長(福井昌司君) 日程第2 会期の決定を議題といたします。


 お諮りいたします。


 今期定例会の会期は、本日から9月22日までの14日間といたしたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福井昌司君) 異議なしと認めます。


 よって、会期は本日から9月22日までの14日間と決しました。


             ────────────────





◎日程第3 議案第52号





○議長(福井昌司君) 日程第3 議案第52号 監査委員の選任についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 町長。


○町長(真田保男君) ただいま議題となりました議案第52号 監査委員の選任についての提案理由のご説明を申し上げます。


 猪名川町監査委員、長島久氏が平成20年10月7日をもって任期満了となるため、地方自治法の規定により、長島久氏の再任について同意を求めるものでございます。


 どうぞご同意を賜りますように、よろしくお願いを申し上げます。


 以上です。


○議長(福井昌司君) 提案理由の説明は終わりました。


 これより質疑に入ります。


 質疑はございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福井昌司君) それでは質疑は終結いたします。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福井昌司君) それでは討論は終結いたします。


 これより議案第52号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は、これに同意することにご異議はありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福井昌司君) 異議なしと認めます。


 よって、議案第52号 監査委員の選任については、同意することに決しました。


             ────────────────





◎日程第4 議案第44号〜議案第51号





○議長(福井昌司君) 日程第4 議案第44号 平成19年度猪名川町一般会計歳入歳出決算の認定について、議案第45号 平成19年度猪名川町国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定について、議案第46号 平成19年度猪名川町介護保険特別会計歳入歳出決算の認定について、議案第47号 平成19年度猪名川町老人保健特別会計歳入歳出決算の認定について、議案第48号 平成19年度猪名川町農業共済特別会計歳入歳出決算の認定について、議案第49号 平成19年度猪名川町下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について、議案第50号 平成19年度猪名川町奨学金特別会計歳入歳出決算の認定について、議案第51号 平成19年度猪名川町水道事業会計決算の認定について、以上8議案を一括して議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 町長。


○町長(真田保男君) ただいま議題となりました議案第44号から議案第51号までの8議案につきまして、提案理由のご説明を申し上げます。


 地方自治法等の規定により、平成19年度猪名川町一般会計歳入歳出決算を初めとする特別・企業会計決算を別紙監査委員の意見をつけて議会の承認に付すものでございます。


 詳細につきましては、総務部長並びに担当部長にそれぞれ説明をさせますので、よろしくご審議を賜りますようにお願いを申し上げます。


 以上です。


○議長(福井昌司君) 総務部長。


○総務部長(小北弘明君) それでは、私の方からは一般会計、特別会計について、ご説明をさせていただきます。


 まず、総括表に従いましてそれぞれ朗読をさせていただきますので、よろしくお願いしたいと思います。


 まず、議案第44号 一般会計歳入歳出決算でございます。予算現額91億5,040万6,000円、収入済額90億7,321万2,826円、不納欠損額961万7,450円、支出済額88億5,940万3,979円、翌年度繰越額につきましては1億3,420万4,000円、収支差引残高2億1,380万8,847円でございます。


 次に、議案第45号、国民健康保険特別会計でございます。予算現額23億5,738万5,000円、収入済額23億3,584万9,724円、不納欠損額635万6,911円、支出済額22億5,968万7,580円、翌年度繰越額はございません。収支差引残高7,616万2,144円でございます。


 議案第46号 介護保険特別会計、予算現額13億264万1,000円、収入済額12億9,501万9,548円、不納欠損額39万8,600円、支出済額12億7,684万6,290円、翌年度繰越額205万5,000円、収支差引残高1,817万3,258円。


 議案第47号 老人保健特別会計、予算現額19億6,554万5,000円、収入済額19億7,557万5,829円、支出済額19億4,472万4,008円、収支差引残高3,085万1,821円。


 議案第48号 農業共済特別会計、予算現額4,540万1,000円、収入済額4,249万2,796円、支出済額2,305万7,405円、収支差引残高1,943万5,391円。


 議案第49号 下水道事業特別会計、予算現額10億9,376万6,000円、収入済額10億9,919万1,039円、不納欠損額161万7,487円、支出済額10億6,189万6,124円、収支差引残高3,729万4,915円。


 議案第50号 奨学金特別会計でございます。予算現額376万1,000円、収入済額418万5,387円でございます。支出済額311万円で、収支差引残高は107万5,387円でございます。なお、表中の括弧書きは内書きとして繰越明許額を計上いたしております。


 企業会計につきましては、建設部長の方から説明をいたします。


○議長(福井昌司君) 建設部長。


○建設部長(別当敬治君) それでは、議案第51号 平成19年度猪名川町水道事業会計決算の認定についての詳細説明をいたします。


 4ページ、5ページをお開きをいただきたいというふうに思います。平成19年度猪名川町水道事業決算報告書でございます。


 (1)の収益的収入及び支出のまず収入でございます。第1款水道事業収益、予算額の合計が8億7,585万2,000円、決算額につきましては8億8,485万9,988円でございます。続いて支出でございます。第1款水道事業費、予算額の合計が8億9,292万2,000円、決算額につきましては、8億8,792万1,297円でございます。


 続いて、6ページ、7ページをお開きをいただきたいと思います。


 (2)の資本的収入及び支出、まず収入でございます。第1款資本的収入、予算額の合計が11億2,952万円、決算額9億7,961万6,530円、続いて支出でございます。第1款資本的支出、予算額の合計が13億1,723万4,000円、決算額につきましては13億340万360円でございます。なお、欄外に記載しておりますとおり、資本的収入額が資本的支出額に対して不足する額3億2,378万3,830円は、当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額4,062万5,133円、及び過年度分損益勘定留保資金2億8,315万8,697円で補てんをいたしました。


 以上、説明とさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願いします。


○議長(福井昌司君) 提案理由の説明は終わりました。


 これより質疑に入ります。


 質疑はございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福井昌司君) それでは質疑は終結いたします。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっております議案第44号、議案第45号、議案第46号、議案第47号、議案第48号、議案第49号、議案第50号、議案第51号、以上8議案は、それぞれ所管の常任委員会に審査を付託したいと思います。


 これにご異議はございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福井昌司君) 異議なしと認めます。


 よって、議案第44号、議案第45号、議案第46号、議案第47号、議案第48号、議案第49号、議案第50号、議案第51号の以上8議案は、それぞれの所管の常任委員会に審査を付託することに決しました。


             ────────────────





◎日程第5 議案第53号〜議案第56号





○議長(福井昌司君) 日程第5 議案第53号 平成20年度猪名川町一般会計補正予算(第1号)、議案第54号 平成20年度猪名川町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)、議案第55号 平成20年度猪名川町介護保険特別会計補正予算(第1号)、議案第56号 平成20年度猪名川町後期高齢者医療保険特別会計補正予算(第1号)、以上4議案を一括して議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 町長。


○町長(真田保男君) ただいま議題となりました4議案につきまして、提案理由のご説明を申し上げます。


 まず、議案第53号 平成20年度猪名川町一般会計補正予算(第1号)について、提案理由のご説明を申し上げます。


 歳入歳出にそれぞれ7,469万4,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を86億1,869万4,000円とするものであります。


 主なものといたしましては、歳入では増額として繰越金5,317万6,000円、補助金返還金や消防団員退職報償金受入金などの雑入1,350万2,000円などであります。


 歳出では増額として総務費で基金積立金4,900万円、町民税特別徴収に係る電算処理委託料が970万9,000円、民生費で県補助金精算金296万5,000円、その他農林水産業費で営農活性化補助金131万4,000円、商工費でトイレの移設費121万3,000円などであります。


 続きまして、議案第54号 平成20年度猪名川町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)について、提案理由のご説明を申し上げます。


 歳入歳出にそれぞれ7,120万円を追加し、歳入歳出予算の総額を24億7,068万3,000円とするもので、主なものとしまして、保険給付費における退職被保険者に係る療養費等の増額。前年度繰越金の基金への積み立てなどを行うものでございます。


 続きまして、議案第55号 平成20年度猪名川町介護保険特別会計補正予算(第1号)についての提案理由のご説明を申し上げます。


 歳入歳出にそれぞれ1,611万8,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を14億596万1,000円とするもので、その内容としましては、前年度繰越金の処分のための基金への積み立て、過年度国庫支出金等の返納金でございます。


 続きまして、議案第56号 平成20年度猪名川町後期高齢者医療保険特別会計補正予算(第1号)についての提案理由のご説明を申し上げます。


 歳入歳出にそれぞれ19万8,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を3億9,945万7,000円とするもので、主なものとしまして、国の制度見直しによる保険料軽減措置に係る被保険者通知費用などでございます。


 よろしくご審議を賜りますようにお願いを申し上げます。以上です。


○議長(福井昌司君) 提案理由の説明は終わりました。


 これより質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福井昌司君) それでは質疑は終結いたします。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっております議案第53号、議案第54号、議案第55号、議案第56号、以上4議案は、それぞれ所管の常任委員会に審査を付託したいと思います。


 これにご異議はありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福井昌司君) 異議なしと認めます。


 よって、議案第53号、議案第54号、議案第55号、議案第56号、以上4議案は、それぞれ所管の常任委員会に審査を付託することに決しました。


             ────────────────





◎日程第6 議案第57号、議案第59号、議案第61号、議案第65号、議案第66号





○議長(福井昌司君) 日程第6 議案第57号 地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定について、議案第59号 公益法人等への職員の派遣等に関する条例の一部改正について、議案第61号 猪名川町道路占用料徴収条例の一部改正について、議案第65号 権利の放棄について、議案第66号 権利の放棄について、以上5議案を一括して議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 町長。


○町長(真田保男君) ただいま議題となりました5議案につきまして、提案理由のご説明を申し上げます。


 まず、議案第57号 地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定についての提案理由のご説明を申し上げます。


 地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴い、引用条項の整理を行う必要があるため、本条例を制定するものでございます。


 続きまして、議案第59号 公益法人等への職員の派遣等に関する条例の一部改正についての提案理由のご説明を申し上げます。


 一般社団法人及び一般財団法人に関する法律及び公益財団法人の認定に関する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律の施行に伴い、用語の整理を行うため、本条例の一部を改正するものでございます。


 続きまして、議案第61号 猪名川町道路占用料徴収条例の一部改正についての提案理由のご説明を申し上げます。


 道路法施行令の一部改正に伴い、道路占用の許可の対象として新たな工作物等が追加されたため、本条例の一部を改正するものでございます。


 続きまして、議案第65号 権利放棄についての提案理由のご説明を申し上げます。


 農林商工業振興資金貸付金に係る株式会社東田建設の債権について、既に破産廃止が決定しているなどの理由により、今後の償還が見込めない状況であるために権利放棄をするものでございます。


 次に、議案第66号 権利放棄についての提案理由のご説明を申し上げます。


 農林商工業振興資金貸付金に係る猪名川オート販売株式会社の債権について、既に破産廃止が決定しているなどの理由により、今後の償還が見込めない状況であるために権利放棄するものでございます。


 詳細につきましてはそれぞれ担当部長に説明をさせますので、よろしくご審議を賜りますようにお願いを申し上げます。


 以上です。


○議長(福井昌司君) 総務部長。


○総務部長(小北弘明君) それでは、私の方からは議案第57号と59号の説明をさせていただきます。


 まず、議案第57号につきましては、このたびの地方自治法の一部改正におきまして、議員活動の一層の明確化が図られることとなりましたけれども、その一つとして議員の報酬について、他の行政委員の報酬規定と分離することとされましたので、関係3条例につきまして用語の整理等を行うものでございます。


 3ページをお願いいたします。まず、特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例でございます。これは地方自治法が、203条におきまして203条の2というものに変更になったということでございます。


 次の4ページをお願いいたします。猪名川町特別職報酬等審議会条例でございます。これにつきましても、議会の議員の報酬という名称を議員報酬に改めるものでございます。


 5ページをお願いをいたします。猪名川町議会政務調査費の交付に関する条例でございます。これにつきましても、100条の第13項というものが1項追加をされまして14項、15項に変更になったということでございます。


 一つ飛びまして、議案第59号でございます。本案につきましては、公益法人制度改革によりまして、民間非営利活動の促進等の観点から、その設立を容易にするために従前の社団法人及び財団法人という二つの区分に対して、それぞれ一般と公益に再区分するというふうにされましたので、本町の公益法人等への職員の派遣に関する条例について字句の修正をするものでございます。


 3ページをお願いをいたします。新旧対照表でございますけれども、それぞれ現行条文におきまして、公益法人という規定がなされておりますけれども、公益と一般ということで区分されましたので、公益的法人と「的」を入れまして、公益的法人という語句を6カ所修正をしておるものでございます。


 以上でございます。


○議長(福井昌司君) 建設部長。


○建設部長(別当敬治君) それでは、私の方から残り3議案につきまして詳細説明を申し上げます。


 まず、議案第61号 猪名川町道路占用料徴収条例の一部改正についてでございます。


 3ページの新旧対照表をお開きをいただきたいというふうに思います。この改正につきましては、道路法施行令の一部改正によるものでございまして、3ページに掲げております占用料の減免の条文に新たに道路施行令で追加をされました非常災害の際の応急仮設建築物を減免の規定に第1号として追加をするものでございまして、新たな改正条文のところの第1号に追加をしたものでございます。したがいまして、現行条文の第1号から10号までにつきましては、それぞれ1号ずつ繰り下げをいたしまして、2号から11号と規定をするものでございます。


 なお、改正条文の2号の改正につきましては、新たに追加をいたしました1号のところで、以下政令という規定をしましたので、現行条文の道路法施行令云々を政令に改めるものでございます。


 続いて4ページをお開きをいただきたいと思います。4ページにつきましては、別表第2条関係ということで、占用料の料金を定める条項でございまして、内容について変更はございませんが、道路法施行令が改正され、非常時の際の応急仮設建築物という項が新たに施行令の第7条8号ということで追加をされましたので、この表に掲げております現行条文の7条第8号というのが1号繰り下がりまして、9号に施行令が改正されたことに伴いまして改正をするものでございます。


 以上、61号の説明とさせていただきます。


 続きまして、議案第65号 権利放棄について、ご説明を申し上げます。


 65号につきましては、1ページ開いていただきまして、参考資料をご詳覧いただきたいと思います。株式会社東田建設に係る貸付金の状況でございます。貸付元金につきましては500万円でございまして、年利1%の利息で平成14年11月に貸し付けを行っております。償還期間につきましては、平成15年11月から平成19年11月、毎年元金均等で100万円の元金、並びに利息につきましては、順次5万円から1万円までの5回での償還となっておるものでございます。


 償還済額につきましては、389万5,341円、未償還額は115万4,659円でございます。償還状況につきましては表に記載しておりますとおり、平成16年1月に1回目の償還といたしまして105万円を償還、平成16年6月には事業費相殺によります弁済といたしまして267万2,500円、平成16年10月から平成20年3月にかけましては連帯保証人からの再生弁済計画によります弁済として、合計17万2,841円の償還となっておるものでございます。


 これらの権利の放棄を行おうとする理由につきましては、記載しておりますとおり、債務者の破産廃止が決定していること、また連帯保証人の再生弁済計画によります最終弁済が完了していることから、以後の償還が見込めない状況のため権利放棄をするものでございます。


 続きまして、議案第66号、同じく権利放棄でございますが、1ページの参考資料をご詳覧いただきたいと思います。


 これにつきましては、猪名川オート販売株式会社に係ります貸付金の状況でございます。貸付元金につきましては500万円、年利1%の利息で平成16年5月に貸し付けを行っております。償還期間につきましては、平成17年5月から平成21年5月までの計画となっておりまして、毎年元利均等で100万円の元金、並びに利息については5万円から順次1万円までの5回での償還となっておるものでございます。償還済額につきましてはゼロでございます。未償還額は515万円となっております。


 この権利放棄を行おうとする理由につきましては、記載しておりますとおり、債務者の破産廃止が決定していること、並びに連帯保証人につきましても免責許可が決定していることから、以後の償還が見込めない状況のため権利放棄をするものでございます。


 以上、説明とさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。


○議長(福井昌司君) 提案理由の説明は終わりました。


 これより質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福井昌司君) それでは質疑は終結いたします。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっております議案第57号、議案第59号、議案第61号、議案第65号、議案第66号、以上5議案は、総務建設常任委員会に審査を付託したいと思います。


 これにご異議はありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福井昌司君) 異議なしと認めます。


 よって、議案第57号、議案第59号、議案第61号、議案第65号、議案第66号、以上5議案は、総務建設常任委員会に審査を付託することに決しました。


             ────────────────





◎日程第7 議案第58号、議案第60号、議案第62号





○議長(福井昌司君) 日程第7 議案第58号 猪名川町スポーツ施設の設置及び管理に関する条例の制定について、議案第60号 猪名川町廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部改正について、議案第62号 猪名川町社会教育施設の設置及び管理に関する条例の一部改正について、以上3議案を一括して議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 町長。


○町長(真田保男君) ただいま議題となりました3議案につきまして、提案理由のご説明を申し上げます。


 まず、議案第58号 猪名川町スポーツ施設の設置及び管理に関する条例の制定についての提案理由のご説明を申し上げます。


 猪名川町スポーツ施設の指定管理者を指定するために本条例を制定するものでございます。


 続きまして、議案第60号 猪名川町廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部改正についての提案理由のご説明を申し上げます。


 家庭から排出される大型ごみについて、処理経費に対する受益者負担を求めるために本条例の一部を改正するものでございます。


 続きまして、議案第62号 猪名川町社会教育施設の設置及び管理に関する条例の一部改正についての提案理由のご説明を申し上げます。


 猪名川町スポーツ施設の設置及び管理に関する条例を新たに制定することとなったため、本条例の一部を改正するものでございます。


 詳細につきましてはそれぞれ担当部長に説明をさせますので、よろしくご審議を賜りますようにお願いを申し上げます。


 以上です。


○議長(福井昌司君) 教育部長。


○教育部長(井上敏彦君) 失礼します。議案第58号及び議案第62号について、私の方から説明をさせていただきます。


 まず、58号の猪名川町スポーツ施設の設置及び管理に関する条例についてでございますが、本条例につきましては、猪名川町社会教育施設の設置及び管理に関する条例に文化体育館、スポーツセンター等、関係施設をまとめ規定しておりましたが、提案の説明にもございましたように、今般スポーツセンター及びテニスコート等につきまして、指定管理へ移行させるに当たりまして分離をさせていただきまして、条例を新たに設けるものでございます。


 1ページをお開きをいただきたいと思います。本条例の趣旨としまして、第1条に規定をしておるとおりでございます。第2条には名称及び位置ということで、スポーツセンター、うぐいす池公園テニスコート、登り尾公園テニスコートをそれぞれ規定をしてございます。第3条には、指定管理者による管理ということで、猪名川町教育委員会は施設管理を指定管理者に行わせるものとするということでございます。3条の2におきましては、その手続規定を明記してございます。


 2ページをお開きをいただきたいと思いますが、第9条には利用料金の規定を設けてございます。4ページには附則ということで、施行期日、1、この条例は21年4月1日から施行するというふうになってございます。附則の2には経過措置を入れてございます。5ページには第9条関係の料金でございますが、別表として掲げてございまして、これはもとの条例でありました社会教育施設の設置及び運営に関する条例に規定をされてますスポーツ施設料金、そのままを引用してございます。料金は全く変えてございません。以上でございます。


 引き続きまして、62条の猪名川町社会教育施設の設置及び管理に関する条例の一部改正について、説明をさせていただきます。


 さきの議案で申し上げましたように、この条例に規定されておりましたスポーツ施設を除くことによる改正によりまして、もとの条例の中にありましたスポーツセンター、それから各テニスコートを削除する形で改正をしたものでございます。従前、社会教育施設という名称をしておりましたものを残りました文化体育館のみに変更するものでございます。


 附則の規定でございますが、施行期日としまして21年4月1日から経過措置を規定してございます。


 新旧対照表で説明もさせていただきたいと思いますが、3ページをお開きいただきたいと思います。現行条文の中で、社会教育施設というふうになっておりますものをすべて文化体育館というものに変えさせていただきます。第2条の中に関係施設を列挙させてもらっておりましたが、これは表を削らせていただきまして、文化体育館の位置のみで第2条を変更するものでございます。以後、社会教育施設を文化体育館に変更をさせていただきます。


 利用料金の関係でございますが、別表第3で掲げておりましたものの中で、スポーツセンターの料金をすべて削除するというものでございます。


 以上、提案とさせていただきます。


○議長(福井昌司君) 生活部長。


○生活部長(紺家儀二君) それでは、議案第60号 猪名川町廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部改正について、ご説明を申し上げたいと思います。


 資料の3ページ、新旧対照表にてご説明をさせていただきたいと思います。別表の改正でございます。別表、第11条関係でございますが、その種別として、ごみ処理手数料の中に新たな区分一つを設けるものでございまして、区分としまして、一般家庭から排出されるごみのうち大型ごみとして規則で定めるものという区分を新たに設けまして、その単位と手数料につきましては、2,000円以内で品目ごとに規則で定める額と規定をいたそうとするものでございます。


 戻っていただきまして、1ページでございます。附則でございますが、附則の1項で施行期日を規定してございます。この条例は平成21年4月1日から施行するといったこと、それから経過措置を定めておるところでございます。


 以上、簡単でございますが、ご説明とさせていただきます。


○議長(福井昌司君) 提案理由の説明は終わりました。


 これより質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福井昌司君) それでは質疑は終結いたします。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっております議案第58号、議案第60号、議案第62号、以上3議案は、生活文教常任委員会に審査を付託したいと思います。


 これにご異議はありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福井昌司君) 異議なしと認めます。


 よって、議案第58号、議案第60号、議案第62号、以上3議案は、生活文教常任委員会に審査を付託することに決しました。


             ────────────────





◎日程第8 議案第63号、議案第64号





○議長(福井昌司君) 日程第8 議案第63号 笹尾地区土地改良事業計画の変更について、議案第64号 字の区域を変更することについて、以上2議案を一括して議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 町長。


○町長(真田保男君) ただいま議題となりました議案第63号 笹尾地区土地改良事業計画の変更についての提案理由のご説明を申し上げます。


 平成15年6月10日、議案第37号によって議決されました土地改良事業の実施において、地形的要因等によって、道路、水路の路線変更及び整備面積を変更したために、本事業計画を変更するものでございます。


 続きまして、議案第64号 字の区域を変更することについての提案理由のご説明を申し上げます。


 土地改良事業の実施に伴い、笹尾地区土地改良施行地域内の字の区域の変更をするものでございます。


 詳細につきましては建設部長に説明をさせますので、よろしくご審議のほどをお願い申し上げます。


 以上です。


○議長(福井昌司君) 建設部長。


○建設部長(別当敬治君) それでは、ただいま議題となっております議案第63号並びに64号につきましての詳細説明を申し上げます。


 まず、議案第63号 笹尾地区土地改良事業計画の変更でございます。これにつきましては、提案理由の説明のとおり、地形的要因等において生じる変更でございまして、1ページから順次概要を説明申し上げます。


 1ページをお開きをいただきたいと思います。まず、1の地積についてでございますが、一部不参加申し出によりまして減となっておるものでございます。若干の減でございます。


 2につきましての主要工事計画につきまして、まず、表記はしておりませんがアの整地工につきましては変更はございません。イからエの道路工等につきまして、それぞれイの道路工では変更前、変更後、比べていただきますと延長で81メーターの減、ウの用排水路工で335メーターの減、エの排水路工で295メーターの減となっております。いずれも既設の道路、水路等を利用したことによります減でございます。


 続いて2ページをお開きをいただきたいと思います。3の工事の着手及び完了の予定時期でございますが、これにつきましては、着工に変更はございませんが、完了につきまして、国からの予算配分等の影響によりまして完了年度を本年度に変更をするものでございます。


 4の換地計画の要領でございます。まず(1)の非農用地の換地方針につきましては、地元調整また確定測量面積等によりまして、合計面積で変更前から変更後につきまして、238平方メートルの増という結果になっております。


 続いて、3ページの(2)の土地改良法第5条第6項に規定する国有地等の編入承認にかかる地積についてでございますが、合計面積に変更はございませんが、国有地につきまして、それを公有地及び参加地の一部に町有名義の道路であるとか水路が存在したため、区分をしたものでございます。


 続いて5の事業費の総額及び内訳についてでございますが、事業費総額を見ていただきますと、変更前と変更後では、4,449万8,000円の減となっております。この減の理由につきましては、それぞれの事項ごとにおいて、数量の減でありますとか、価格、計画の変更、また大きくは入札減による減額でございます。


 続きまして、4ページをお開きをいただきたいと思います。6の土地改良事業の効果でございますが、これにつきましても事業費減等々の影響もございまして、変更前、変更後につきましては、それぞれの内訳におきまして効果項目ごとに変更後の事業費などによって置きかえたものでございます。


 続いて、7の計画概要図につきましては、6ページの別図で変更前後を表示しております。少し小さくて申しわけございませんが、後ほどご詳覧をいただきたいというふうに思います。


 続きまして、最後8の環境との調和についての配慮に関する事項でございます。この変更前につきましては、前回、議会議決をいただいた後に土地改良法の改正によりまして、新たに説明事項として追加となったものでございます。


 まず、(1)の農業農村整備事業における対応方策に関する事項につきましては、猪名川町では平成14年3月に策定をしております猪名川町田園環境整備マスタープランによる方針を列記しておるものでございます。


 また、この笹尾地区におけます具体の環境配慮事項といたしましては、5ページの(2)笹尾地区における環境配慮事項ということで記載をしております。当地区の事業区域内で採集した自然石を利用し、多孔質な空間を設けた水路及び池を設置し、モリアオガエルをはじめとする多様な生物に配慮した生息地を確保する。また、背後の里山と行き来できる連続性のあるビオトープ空間を計画し、環境に配慮するとともに、郷土種であるヒガンバナを移植し、従来からある農村の景観形成維持を図るということで、設置場所については、最後の6ページで環境配慮の箇所を明記をしておりますので、ご詳覧をいただきたいと思います。


 続きまして、議案第64号 字の区域を変更することについて、ご説明申し上げます。


 これにつきましても、この笹尾地区での土地改良事業の実施に伴いまして、参加地権者、また自治会の要望に基づきまして字の区域を変更するものでございます。1ページ、2ページにつきましては、それぞれ地番ごとの詳細を明記をしております。3ページにつきましてはこの位置図をつけておりまして、最後4ページで字区域の変更図、変更前と変更後ということでつけておりますので、それで若干の説明をさせていただきたいと思います。


 まず、方向的には右側が南側ということで見ていただければというふうに思います。また、色塗りをしていない字、右の方からいきますと西平井でありますとか東田、宮ノ前につきましては区域の変更がございません。


 まず、一番右側の水色で表記をしております黒添ヱ、下の方が変更後でございまして、下の方で見ていただきますと、大きくは変わっていないわけでありますけれども、変更前の上の図で、左の方に字ヘイソヘということで、その一部をこの黒添ヱに編入をしたということで、区域を変更しておるものでございます。


 その次、黄色く表示をしております、下の方で見ていただきますと字加門田という字につきましては、上の変更前の笹尾字材ノ前、加門田、箱石、これらを新たに編入して区域を変更したものでございます。


 それから変更後の下の方で、その次の青と申しますか、ちょっと紫で表示をしております字、笹尾字西大薮でございます。これは新たにつくる字でございまして、上の図の方で見ていただきますと、箱石でありますとか、大田といった字をこの新たな字西大薮という字に編入したものでございます。


 それからその上の大きく面積があります、緑で表記をしております字東大薮、これも新たにつくられた字でございまして、上の変更前のところを見ていただきますと、右の方から箱石の一部、また高町、それから大田、大薮、それから清水東字大薮でありますとか、笹尾の八ノ坪といったものが新たに東大薮というものに編入をするものでございます。


 最後に、一番左側、下の変更後の左側に水色で表記をしております。これは清水東字大薮ということでございまして、上の方の図で少し見ていただきますと、清水東字大薮、また八ノ坪、笹尾の大薮の一部がこの清水東大薮に編入をするものでございます。


 以上、説明とさせていただきます。よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。


○議長(福井昌司君) 提案理由の説明は終わりました。


 これより質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


 南君。


○14番(南 初男君) この工事が今いわゆる予算額よりか低くできたということに対しましては、入札減等々ということで、今の部長の説明でわかりましたけれども、1点だけ、今の環境配慮というところで、5ページの2番、笹尾地区における環境配慮事項いうところで、いろいろモリアオガエルとか、いろいろうたっておられますし、また郷土種であるヒガンバナを移植したということであります。景観形成を維持する、図るということでうたってありますけれども、6ページの地図を見まして、環境配慮のところを今ずっと探したんですけども、どの辺かがわかりませんので、どの辺やということをもう一度、笹尾のどの辺やというところを教えてもらったら幸いかなと思います。


○議長(福井昌司君) 建設部長。


○建設部長(別当敬治君) それでは、南議員のご質問にお答えいたしたいと思います。


 図面が非常に小さくて見にくくて、申しわけございませんが、6ページの図面の変更後という下の図面を見ていただきたいと思います。凡例のところに、一番下に環境配慮ということで緑で囲んでおるところということで、ここで番号でいいますと1番のところ、1番の田んぼのこれは谷筋になるんですけども、山からの関係でそういったビオトープ空間であるとかいったことをこの中で配慮をしておる。また、もう少し左の方に行っていただきますと、六瀬中学校の横のところ、そこもずっと緑で囲っておりますが、ここでもそういった配慮をしております。それからもう少し左の方、猪名川の河川との境になります町営プールの北側といいますか、そこでも河川側との関係で、そういった多様な生物に配慮した工事を施行しております。


 それから、明記はしておりませんが、中央の畦畔でありますとか、そういったところにはヒガンバナをそれぞれ球根といいますか、を植えて、農道のところのあぜ際にはヒガンバナが植わっておりまして、花を咲かせておるということで、見かけられたというふうに思います。そういった配慮をできる範囲のところでやっておるという状況でございます。


 以上でございます。


○議長(福井昌司君) ほかにございませんか。


 池上君。


○10番(池上哲男君) 1点だけお聞きしたいんですが、63号関連で、4ページの変更前、変更後の1段目のところの農業生産向上効果というところで、よく内容はわからないんですが、年増加所得額が変更前は635万円、変更後61万円ですか、そうすると年効果も半分ほどですね。この辺は所得が減るということになるんか、それのどういうことなんか、ちょっと教えていただきたい。


○議長(福井昌司君) 建設部長。


○建設部長(別当敬治君) それでは、4ページの土地改良事業の効果についての質問に対しましてお答えをさせていただきます。


 この表で見ると、年効果額であるとか、年増加所得額については、農業生産向上効果、また農業経営向上効果の欄でかなり減額になっておるということでのご質問ではないかと思います。これは上の農業生産効果につきましては、このほ場整備ができて、どんな作物をつくるんだといったこととか、この事業効果を最初の採択の段階で審査をされるわけです。その事業効率での効果の採択をされる際に、さまざまな効果項目がございまして、それらは複雑な計算をするわけですけども、それらが1以上でなければ採択が受けられないということで、その事業効果の測定によりまして事業が実施されたということで、最終的に変更後、それら効果項目ごとに、ここではその額をあらわしておりますけれども、効果効率という形で計算をいたしますと、当初の計画の段階では1を超えなければならないということで、1.05というのが当初の計画でございまして、最終的に実施をいたした段階で計測しますと、1.17ということで、それらの事業投資効果についてはクリアしておるということでございまして、具体に下がっておる原因という、下がっておるというか、この表での評価額が下がっておるのは、何をつくるかといったことで参加農家が検討いただいた、その作物の種類が変わってきておるというか、そういったことでこの所得額であるとか、年効果額ということについては減になっておる。


 また、農業経営向上効果については、維持管理経費の節減ということで、こういったほ場整備をすることによって効果があらわれるということでございますけれども、これは事業費、先ほど説明しました延長であるとか、そういったものが減になっておる、事業費の減によります管理費の節減といったことでの効果額の減となっておりますけども、全体での事業費でありますとか、新たに、当初は水稲とかトマト、ナスといったものが、最終的に今計画されておる、実際にほ場整備後つくられようとしておる中ではソバでありますとか、ナス、キュウリといったことが主体になって若干下がってきてはおりますけども、そういう全体的な投資効果、効率については、当初の計画よりも上がっておるというのが実際のところでございます。


 以上、説明とさせていただきます。


○議長(福井昌司君) 池上君。


○10番(池上哲男君) かなり詳しく説明していただいたとは思うんですが、何分素人なもんで、どこがどういうふうにこの金額が動いていったのかというのがよくわからないんですが、一つには土地改良工事事業を行って、それによって生産を集約していって所得も上がるような方向でこの事業を行ってきてると思うんですが、当初つくろうと思った作物と違う形になったという今のご説明あったんですが、土地改良工事を行って、生産も集約しながら、経費も削減しながら、それによって農家の所得が上がるのが基本的な方向じゃないかなというふうに、正しいかどうかはわかりませんけど、そういうふうに認識をしてるんですが、その点からいって、今後の農業経営指導なりの中で当初の見込んでる額に近づき、そしてこれを超えるような方策というのがあってのことなのか、ちょっとよくわかりませんので、もう一回だけお願いします。


○議長(福井昌司君) 建設部長。


○建設部長(別当敬治君) 再度のご質問でございます。当然こういった土地改良事業を実施するに当たって、農業経営の効率化といったことを図って、ひいては農家所得の向上につながる事業であるということでございまして、そのためにはこういったほ場を整備して、経営効率を高めるとともに、そこでつくる作物であるとか、そういった作物の所得向上に向けた効率的な作付といったことについては、当然この事業については担い手育成型の事業ということで、そういったことも条件になっておりますので、集落営農等々、集落挙げて、そういった経営効率につなげていただけるソフト事業もあわせて実施をしておりますので、そういう面で今後ともさらに効率、そういった効果があらわれるように、これは継続して私どもも営農指導ということで、JA等とも協力しながら、そういう指導を続けていきたいというふうに考えております。


 以上でございます。


○議長(福井昌司君) ほかにありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福井昌司君) それでは質疑は終結いたします。


 これより議案第63号 笹尾地区土地改良事業計画の変更について、議案第64号 字の区域を変更することについて、以上2議案について討論に入ります。


 討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福井昌司君) それでは討論は終結いたします。


 これより議案第63号、議案第64号、以上2議案を一括して採決します。


 お諮りいたします。


 本2議案は、原案のとおり決することにご異議はありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福井昌司君) 異議なしと認めます。


 よって、議案第63号 笹尾地区土地改良事業計画の変更について、議案第64号 字の区域を変更することについて、以上2議案は、原案のとおり可決されました。


             ────────────────


○議長(福井昌司君) 以上で本日の日程は全部終了いたしました。


 お諮りいたします。


 明10日から15日の間は議事の都合により休会といたしたいと思います。


 これにご異議はありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福井昌司君) 異議なしと認めます。


 よって、さよう決しました。


 次の本会議は、16日午前10時から再開いたします。


 本日は、これをもって散会いたします。


 ご苦労さまでした。


                午前11時15分 散会