議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 猪名川町

平成19年第334回定例会(第2号2月28日)




平成19年第334回定例会(第2号2月28日)




         第334回猪名川町議会定例会会議録(第2号)





平成19年2月28日(水曜日)午前10時 開 議


            ───────────────―



1 出席議員(18人)


   1番  尾 川 悦 子        2番  西 谷 八郎治


   3番  新 賀   保        4番  福 井 昌 司


   5番  小 坂   正        6番  時 ?   巖


   7番  福 井 澄 榮        8番  池 上 哲 男


   9番  関 口 功 男       10番  道 上 善 崇


  11番  中 島 孝 雄       12番  山 ? 福 市


  13番  南   初 男       14番  福 本 典 子


  15番  下 坊 辰 雄       16番  山 口   昌


  17番  福 田 長 治       18番  切 通 明 男





2 欠席議員(な し)





3 説明のため議場に出席した者


 町長      真 田 保 男     助役      西 村   悟


 教育長     橋 本 義 和     企画部長    別 当 敬 治


 総務部長    今 里 康 一     住民生活部長  小 北 弘 明


 建設部長    大 嶋   博     上下水道部長  喜 多   護


 教育部長    倉 田 和 夫     消防長     井 谷 丈 志


 企画政策課長  宮 脇   修     総務課長    紺 家 儀 二


 生活環境課長  宮 城 治 康     農林商工課長  平 尾 伊和男





4 職務のため議場に出席した事務局職員


 事務局長    仲 上 和 彦     副主幹     古 東 明 子


 主査      澤   宜 伸





                議事日程(第2号)


日程第1  議案第 2号 平成19年度猪名川町一般会計予算


日程第2  議案第 3号 平成19年度猪名川町国民健康保険特別会計予算


      議案第 4号 平成19年度猪名川町介護保険特別会計予算


      議案第 5号 平成19年度猪名川町老人保健特別会計予算


      議案第 6号 平成19年度猪名川町農業共済特別会計予算


      議案第 7号 平成19年度猪名川町下水道事業特別会計予算


      議案第 8号 平成19年度猪名川町奨学金特別会計予算


      議案第 9号 平成19年度猪名川町水道事業会計予算


日程第3  議案第18号 猪名川町青少年問題協議会条例の制定について


      議案第19号 猪名川町福祉医療費の助成に関する条例の一部改正について


      議案第20号 猪名川町福祉金条例の一部改正について


      議案第21号 猪名川町奨学金条例の一部改正について


      議案第22号 猪名川町社会教育施設の設置及び管理に関する条例及び猪名


             川町営プールの設置及び管理に関する条例の一部改正につい


             て


日程第4  議案第23号 笹尾・清水・清水東地区ほ場整備工事請負変更契約の締結に


             ついて


日程第5  議案第24号 建物の取得について


日程第6  議案第25号 阪神広域行政圏協議会規約を改定することについて


日程第7  議案第26号 兵庫県町議会議員公務災害補償組合規約の一部改正について


      議案第27号 兵庫県市町村職員退職手当組合規約の一部改正について


日程第8  議案第28号 兵庫県市町交通災害共済組合規約の一部改正について


日程第9  議案第30号 農業共済事業における賦課について


      議案第31号 農業共済特別会計の繰入金を繰り戻さないことについて


      議案第32号 水稲共済の無事戻しについて


日程第10 兵庫県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙


            ────────────────


             会 議 に 付 し た 事 件


 日程第1〜日程第10


            ────────────────





◎午前10時00分 開議





○議長(福本典子君) 皆様、おはようございます。


 これより第334回猪名川町議会定例会第2日の会議を開きます。


            ────────────────


○議長(福本典子君) 本日の議事日程は、お手元にお配りしている日程表のとおりでございますので、ご了承願います。


 日程に入るに先立ち、ご報告いたします。


 2月23日に受理しました請願につきましては、お配りしている請願文書表のとおりでございます。


 以上で報告を終わります。


 これより本日の日程に入ります。


            ────────────────





◎日程第1 議案第2号





○議長(福本典子君) 日程第1 議案第2号 平成19年度猪名川町一般会計予算を議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 町長。


○町長(真田保男君) おはようございます。


 早速ですけれども、ただいま議題となりました議案第2号 平成19年度猪名川町一般会計予算について提案理由のご説明を申し上げます。


 総額は、歳入歳出それぞれ86億6,900万円です。必要な建設工事のピークが過ぎたことによりまして、前年度より5億2,600万円の減となっております。


 歳入につきましては、町税が前年度より約3億4,572万2,000円の増額となっております。歳出につきましては、経常経費の削減、人件費の抑制等に努めて、教育、福祉に重点を置いた予算となっております。


 どうぞよろしくご審議を賜りますようにお願いを申し上げます。


 以上です。


○議長(福本典子君) 提案理由の説明は終わりました。


 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本典子君) それでは、質疑は終結いたします。


 お諮りいたします。本案は、9名の委員をもって構成する一般会計予算特別委員会を設置し、審査を付託したいと思います。これにご異議はありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本典子君) 異議なしと認めます。よって、議案第2号は、9名の委員をもって構成する一般会計予算特別委員会を設置し、審査を付託することに決しました。


 お諮りいたします。ただいま設置されました一般会計予算特別委員会委員の選任については、委員会条例第7条第1項の規定により、切通さん、下坊さん、新賀さん、時?さん、西谷さん、福井澄榮さん、福井昌司さん、道上さん及び山?さんの以上9名を指名したいと思います。これにご異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本典子君) 異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました9名を一般会計予算特別委員会委員に選任することに決しました。


            ────────────────





◎日程第2 議案第3号〜議案第9号





○議長(福本典子君) 日程第2 議案第3号 平成19年度猪名川町国民健康保険特別会計予算、議案第4号 平成19年度猪名川町介護保険特別会計予算、議案第5号 平成19年度猪名川町老人保健特別会計予算、議案第6号 平成19年度猪名川町農業共済特別会計予算、議案第7号 平成19年度猪名川町下水道事業特別会計予算、議案第8号 平成19年度猪名川町奨学金特別会計予算、議案第9号 平成19年度猪名川町水道事業会計予算、以上7議案を一括して議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 町長。


○町長(真田保男君) ただいま議題となりました6議案につきまして提案理由のご説明を申し上げます。


 まず、議案第3号 平成19年度猪名川町国民健康保険特別会計予算についての提案理由のご説明を申し上げます。


 総額は、歳入歳出それぞれ21億7,793万2,000円でございます。前年度に比べて、保険給付費、老人保健拠出金、介護納付金などが増額しております。


 続きまして、議案第4号 平成19年度猪名川町介護保険特別会計予算について提案理由のご説明を申し上げます。


 総額は、歳入歳出それぞれ13億5,092万3,000円でございます。前年度に比べ、保険給付費などが増加いたしております。


 続きまして、議案第5号 平成19年度猪名川町老人保健特別会計予算について提案理由のご説明を申し上げます。


 総額は、歳入歳出それぞれ20億340万8,000円でございます。前年度に比べて、医療諸費が減少いたしております。


 続きまして、議案第6号 平成19年度猪名川町農業共済特別会計予算について提案理由のご説明を申し上げます。


 総額は、歳入歳出それぞれ4,540万1,000円でございます。前年度に比べて、農作物共済勘定が増加いたしております。


 続きまして、議案第7号 平成19年度猪名川町下水道事業特別会計予算について提案理由のご説明を申し上げます。


 総額は、歳入歳出それぞれ9億7,386万9,000円でございます。前年度と比較し、1,684万8,000円の減額ですが、主なものといたしまして、公債費が減少したものでございます。


 続きまして、議案第8号 平成19年度猪名川町奨学金特別会計予算について提案理由のご説明を申し上げます。


 総額は、歳入歳出それぞれ1,214万1,000円でございます。前年度と同額でございます。


 次に、議案第9号につきましては上下水道部長に説明をさせますので、よろしくご審議を賜りますようにお願いを申し上げます。


 以上です。


○議長(福本典子君) 上下水道部長。


○上下水道部長(喜多 護君) それでは、ただいま議題とされました議案第9号についてご説明申し上げます。


 平成19年度猪名川町水道事業会計予算。業務の予定量でございますけども、年間配水量といたしまして342万711立方メートルでございます。主な建設改良事業といたしましては、水道庁舎建設工事、事業費として4億6,074万円でございます。


 収益的収入及び支出でございますけれども、いずれも9億580万円でございます。


 資本的収入及び支出でございますけれども、資本的収入及び支出の予定額は、次のとおり定めるということで、資本的収入額が資本的支出額に対して不足する額2億4,089万3,000円は、過年度分損益勘定留保資金で補てんするものといたします。次に、2ページをおめくりください。資本的収入でございますけれども、8億9,012万2,000円、資本的支出11億3,101万5,000円でございます。


 企業債につきましては、水道庁舎建設整備事業といたしまして、限度額5億8,600万円を計上いたしております。利率につきましては年3%以内、償還方法は、据置期間5年を含めまして償還年限30年以内とするものでございます。


 一時借入金といたしまして、限度額は3,000万円といたしております。


 議会の議決を経なければ流用することのできない経費、職員の給与でございますけれども、7,399万6,000円、交際費として10万円でございます。


 たな卸資産購入限度額として、500万円を計上いたしております。


 どうぞよろしくお願いいたします。


○議長(福本典子君) 提案理由の説明は終わりました。


 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本典子君) それでは、質疑は終結いたします。


 お諮りいたします。本7議案は、9名の委員をもって構成する特別・企業会計予算特別委員会を設置し、審査を付託したいと思います。これにご異議はありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本典子君) 異議なしと認めます。よって、本7議案は、9名の委員をもって構成する特別・企業会計予算特別委員会を設置し、審査を付託することに決しました。


 お諮りいたします。ただいま設置されました特別・企業会計予算特別委員会委員の選任については、委員会条例第7条第1項の規定により、池上さん、尾川さん、小坂さん、関口さん、中島さん、福田さん、福本、南さん及び山口さんの以上9名を指名したいと思います。これにご異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本典子君) 異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました9名を特別・企業会計予算特別委員会委員に選任することに決しました。


 それでは、暫時休憩いたします。


               午前10時12分 休憩


               午前10時55分 再開


○議長(福本典子君) 定刻が参りましたので、休憩を閉じ、会議を再開いたします。


 ご報告いたします。


 先ほど一般会計予算特別委員会が開かれ、委員長及び副委員長が決まりました。


 委員長に新賀さん、副委員長に山?さんが決まりましたので、ご報告いたします。


 ご報告いたします。


 先ほど特別・企業会計予算特別委員会が開かれ、委員長及び副委員長が決まりました。


 委員長に関口さん、副委員長に福田さんが決まりましたので、ご報告いたします。


            ────────────────





◎日程第3 議案第18号〜議案第22号





○議長(福本典子君) 日程第3 議案第18号 猪名川町青少年問題協議会条例の制定について、議案第19号 猪名川町福祉医療費の助成に関する条例の一部改正について、議案第20号 猪名川町福祉金条例の一部改正について、議案第21号 猪名川町奨学金条例の一部改正について、議案第22号 猪名川町社会教育施設の設置及び管理に関する条例及び猪名川町営プールの設置及び管理に関する条例の一部改正について、以上5議案を一括して議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 町長。


○町長(真田保男君) ただいま議題となりました5議案につきまして提案理由のご説明を申し上げます。


 まず、議案第18号 猪名川町青少年問題協議会条例の制定についての提案理由のご説明を申し上げます。


 協議会の所掌事務、委員選出区分の明確化などを図るために、本条例を設定するものでございます。


 続きまして、議案第19号 猪名川町福祉医療費の助成に関する条例の一部改正についての提案理由のご説明を申し上げます。


 兵庫県福祉医療費助成事業実施要綱の一部改正に伴いまして、乳幼児医療費助成の対象を小学3年生まで拡充するとともに、本町次世代育成の一環として3歳未満の医療費の一部負担を無料化するために本条例の一部を改正するものでございます。


 続きまして、議案第20号 猪名川町福祉金条例の一部改正についての提案理由のご説明を申し上げます。


 福祉制度の変遷を踏まえ、支給額の改定を行うために本条例の一部を改正するものでございます。


 続きまして、議案第21号 猪名川町奨学金条例の一部改正についての提案理由のご説明を申し上げます。


 本条例の設置目的を規定する根拠法であります教育基本法が全部改正されたために、本条例の一部を改正するものでございます。


 続きまして、議案第22号 猪名川町社会教育施設の設置及び管理に関する条例及び猪名川町営プールの設置及び管理に関する条例の一部改正についての提案理由のご説明を申し上げます。


 阪神北部地域行政推進協議会に平成18年7月24日をもって三田市の加盟が承認されました。文化施設等の市町内外料金格差撤廃の取り組みに三田市が加わることとなったために、関連2条例の一部を改正するものでございます。


 詳細につきましては、それぞれ担当部長に説明をいたさせますので、よろしくご審議を賜りますようにお願いを申し上げます。


 以上でございます。


○議長(福本典子君) 教育部長。


○教育部長(倉田和夫君) それでは、ご説明を申し上げます。


 まず、議案第18号をごらんいただきたいと思います。青少年問題協議会条例の制定についてということで、提案理由で述べられましたとおり、協議会の所掌事務、委員選出区分等の明確化を図るために、この条例を制定しようとするものでございます。


 1ページをお開きをいただきたいと思います。現在、青少年問題協議会条例はございますんですが、これの全部を改正するというものでございます。


 第1条の設置につきましては、現行条例と変わりございません。


 第2条の所掌事務でございますが、ここでこの法の趣旨に基づきまして明確化をいたしてございまして、2号ございます。まず、1号が青少年の指導、育成、保護及び矯正に関する総合的施策の樹立につき必要な事項を調査・審議すること。2号で、これらの適切な実施を期するため必要な関係行政機関相互の連絡調整を図ることという形にいたしてございます。


 それから、第3条の組織でございますが、こちらの方も2項で、それぞれ次に掲げるものの中から、町長が任命し、委嘱するということで、1号から4号、明確にしてございまして、さらにこの条例の施行規則も予定をいたしてございまして、その中でさらに細かく規定をいたしてございます。


 次に、任期、第4条、これにつきましては現行と変わりございません。


 第5条の会長及び副会長ということでございますが、こちらの方も現行を踏襲するという形になってございまして、町長の附属機関ということでございますので、会長は町長とし、協議会を代表し、会務を総括するという形になってございます。


 それから、第6条の会議につきましても、会長が招集し、年2回の定例会、それと必要に応じての臨時協議会という形で規定をいたしておるものでございます。


 次のページに参りまして、第7条の専門委員ということで、その必要があるときは、専門委員を置くことができるという形にいたしてございます。


 それから、委任ということで、先ほど申しましたとおり、必要な事項につきましては、この条例施行規則を定めることといたしておりますので、その中でさらに詳細な規定を設けてまいるというふうにいたしてございます。


 附則といたしまして、平成19年6月1日から施行するという形になってございまして、これも現行の条例からスムーズにこの全部改正の条例に移行するために、6月1日ということといたしてございます。


 続きまして、議案第21号をご照覧いただきたいと思います。奨学金条例の一部改正についてでございます。


 提案理由で述べられましたとおり、教育基本法が全部改正されましたために、この条例を改正しようとするものでございます。


 3ページの新旧対照表をごらんいただきたいと思います。現行条文では、教育基本法「(昭和22年法律第25号)第3条」というものを改正条文では「(平成18年法律第120号)第4条」というふうに改正するものでございまして、現行条文の第3条並びに改正条文の第4条につきましては、いずれも教育の機会均等ということで同じものでございまして、条項が1条変更になっておるということでございます。


 この条例につきましては、公布の日から施行するという予定といたしてございます。


 続きまして、議案第22号をご照覧いただきたいと思います。猪名川町社会教育施設の設置及び管理に関する条例及び猪名川町営プールの設置及び管理に関する条例の一部改正でございます。


 これも提案理由で述べられましたとおり、三田市が新たに阪神北部地域行政推進協議会に加入されましたので、それに基づきまして、現在3市1町でしております部分に新たに三田市が加わるということでございます。


 3ページの新旧対照表をごらんいただきたいと思います。3ページに掲げてございますのは、社会教育施設の設置及び管理に関する条例の改正部分でございます。それぞれ別表第1並びに別表第3の関係で、備考欄に伊丹市、宝塚市及び川西市と書いてございますのを伊丹市、宝塚市、川西市及び三田市ということで、三田市を新たに加えるものでございます。別表第3の部分につきましても同様でございます。


 次の4ページをご照覧いただきたいと思います。こちらは猪名川町営プールの設置及び管理に関する条例の一部改正でございます。こちらの方も別表の中で、伊丹市、宝塚市及び川西市とありますものを川西市及び三田市という形に改正をさせていただこうとするものでございます。


 それから、1ページに戻っていただきまして、附則でございますが、施行期日は平成19年7月1日から施行するということでございます。これは、それぞれ協議会の中で協議されまして、三田市さんにおけるその周知期間でありますとか、そういったことの要請がございまして、それぞれ了解をいたしまして、7月1日から施行するという形になってございます。それに伴います経過措置も掲げておるところでございます。


 以上でございます。よろしくお願いをいたします。


○議長(福本典子君) 住民生活部長。


○住民生活部長(小北弘明君) それでは、私の方からは、議案第19号 猪名川町福祉医療費の助成に関する条例の一部改正について説明をさせていただきます。


 1ページをお願いいたします。1ページ、第1条の改正につきましては、これまで6歳到達年度、いわゆる就学前の幼児を対象といたしておりましたけれども、9歳、小学校3年生到達年度まで引き上げるという改正でございます。


 第2条は、ゼロ歳から2歳、いわゆる3歳到達の月までの幼児につきまして一部負担金を無料にしようという改正でございます。


 施行期日といたしまして、第1条の改正は19年4月1日から、それから第2条の改正は19年7月1日から施行をさせていただきたいということでございます。


 3ページの新旧対照表をお願いいたします。3ページにつきましては、ただいま申し上げたようなことで、幼児から児童まで対象になりますので、「幼児等」という変更をいたしております。また、「6歳」というのを「9歳」に変更をいたしております。


 次のページをお願いいたします。4ページでございます。4ページにつきましても同様でございます。その4ページの一番下の別表の中で、従前、盲学校、聾学校、養護学校という表現がありましたものについては特別支援学校ということに総称、名称を変更したものでございます。これまでは4月1日から施行するということでございます。


 次の5ページをお願いいたします。5ページは、これまで6歳未満ということで一括しておりましたものを3歳未満については無料化するということで、乳幼児等を2つの区分に分けたものでございます。


 次に、議案第20号 猪名川町福祉金条例の一部改正についてでございます。


 1ページをお願いいたします。1ページにつきまして、別表第1中について、この表の額をいずれも2分の1に変更しようとするものでございまして、この条例は19年4月1日から施行をいたします。


 3ページをお願いします。3ページにつきましては、引用条文の条項が第5条というのがこの母子及び寡婦福祉法が一部改正になっておりまして、第6条というところの規定を引用することになりますので、その部分を変更いたしております。


 次の4ページをお願いいたします。これは、先ほど申し上げましたように、表中の額をいずれも2分の1とするものでございます。


 以上でございます。


○議長(福本典子君) 提案理由の説明は終わりました。


 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本典子君) それでは、質疑は終結いたします。


 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第18号、議案第19号、議案第20号、議案第21号、議案第22号、以上5議案は、文教厚生常任委員会に審査を付託したいと思います。これにご異議はありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本典子君) 異議なしと認めます。よって、議案第18号、議案第19号、議案第20号、議案第21号、議案第22号、以上5議案は、文教厚生常任委員会に審査を付託することに決しました。


            ────────────────





◎日程第4 議案第23号





○議長(福本典子君) 日程第4 議案第23号 笹尾・清水・清水東地区ほ場整備工事請負変更契約の締結についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 町長。


○町長(真田保男君) ただいま議題となりました議案第23号 笹尾・清水・清水東地区ほ場整備工事請負変更契約の締結についての提案理由のご説明を申し上げます。


 第331回定例議会において、議案第53号で議決された請負契約について、次のとおり変更契約を締結するものでございます。


 変更しようとするものは、契約金額、変更前が5,722万5,000円のものを、変更後5,517万7,500円に変更しようとするものでございます。


 変更理由といたしまして、現地精査を行いましたところ、既存施設の利用が可能なために、道路などの施工数量が減となって、契約金額を減額するため、本請負契約を変更するものでございます。


 詳細につきましては農林商工課長に説明をさせますので、よろしくご審議を賜りますようにお願いを申し上げます。


○議長(福本典子君) 農林商工課長。


○農林商工課長(平尾伊和男君) では、議案第23号 笹尾・清水・清水東地区ほ場整備工事請負変更契約の締結についてご説明を申し上げたいと思います。


 1ページをお開きいただきたいと思います。1、事業名、基盤整備促進事業。2、工事番号18猪農商第土改1号。工事名、笹尾・清水・清水東地区ほ場整備工事。施工箇所、猪名川町笹尾地区ほかでございます。履行期間、着工、平成18年6月12日、完成、平成19年3月22日。工事概要でございます。整備面積、変更前6.2ヘクタール、変更後、変更なしでございます。整地工、変更前5.1ヘクタール、変更後5.2ヘクタール、0.1ヘクタールの増となっております。耕区面積でございますが、変更前が716平方メートルから5,120平方メートルでございます。変更後は680平方メートルから5,410平方メートル。筆数18筆、これにつきましては変更はございません。


 続きまして、道路工、延長845メートル、変更後787メートル、58メートルの減でございます。この理由といたしましては、北プール進入路58メートルの既設道路を利用したためでございます。幅員は4メートル、変更ございません。


 続きまして、用水路工、延長941メートル、変更後906メートル、マイナスの35メートルでございます。この理由といたしましては、用水路工の勾配調整によりまして35メートルの減となったものでございます。大きさでございますが、U字フリュームの250から350ミリメートル、これは変更はございません。


 続きまして、排水路工、延長943メートル、変更後886メートル、この分につきましては、57メートルの減となっております。この理由といたしましては、北プール横の駐車場と農道を一体的利用することで、排水路が57メートル減となったものでございます。内容でございますが、ベンチフリュームの250から300ミリメートルにつきましては変更ございません。延長が837メートルから753メートル、柵渠500かける500ミリメートル、これは変更ございません。延長が134メートルから133メートルとなっております。


 続きまして、3ページをお開きいただきたいと思います。笹尾・清水・清水東地区ほ場整備工事の計画平面図でございます。図面中央でございますが、先ほど工事概要でご説明申し上げましたように、北プールのところで茶色に塗っております分、これが道路工でございますが、この分が58メートル減となったものでございまして、その道路の横に青く塗っておる分がございます。これにつきましては、排水路工57メートルを減額したものでございます。それと、その北プールから少し東側に行ったところでピンク色で塗っておる分がございます。これが用水路工35メートルを減にした場所でございます。


 以上で説明を終わらせていただきます。


○議長(福本典子君) 提案理由の説明は終わりました。


 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。


 池上さん。


○8番(池上哲男君) 1点だけお聞きします。


 最終段階で精査してということですけれど、これは工事の設計始める前にわかってなかったものなのか、そこの考え方というのは、単に結果として不要だから、その分は削減します、それはそれでいいですけれど。こういった設計する際に、この場合、既存のものを使ってということですけれど、価格を抑えていくためには、あらゆる角度でこれは使えるもんか使えんもんか、そういうものを精査し、検討した上で設計を書くものかなというふうに思うのですが。その辺、計画当初、そういったものも考えられなかったのか、その辺の説明をちょっとお願いします。


○議長(福本典子君) 農林商工課長。


○農林商工課長(平尾伊和男君) 池上議員のご質問にお答えをさせていただきたいと思います。


 当初からそういった計画の段階で予測できなかったのかということでございますが、土地改良事業、こういったほ場整備でございますが、事業主体が地元でございます。そういったことから、できるだけ地元農家に負担をかけないというようなことから、調査測量、設計費用も含めてでございますが、できるだけコストをかけないというようなことで事業をスタートさせていただいてます。そのようなことから、当然最初の段階で予測できなかったのではないかということでございますが、そこまでシビアな設計等を最初の段階ですることにいたしますと、それなりの経費もかなりかかってくるというふうなことから、このような変更が出てくるということでご理解をいただきたいと思います。


 以上でございます。


○議長(福本典子君) ほかに質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本典子君) それでは、質疑は終結いたします。


 これより討論に入ります。討論はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本典子君) それでは、討論は終結いたします。


 これより議案第23号を採決いたします。


 お諮りいたします。本案は、原案のとおり決することにご異議はありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本典子君) 異議なしと認めます。よって、議案第23号 笹尾・清水・清水東地区ほ場整備工事請負変更契約の締結については、原案のとおり可決されました。


            ────────────────





◎日程第5 議案第24号





○議長(福本典子君) 日程第5 議案第24号 建物の取得についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 町長。


○町長(真田保男君) ただいま議題となりました議案第24号 建物の取得についての提案理由のご説明を申し上げます。


 次のとおり建物を取得するものでございます。所在地は、猪名川町つつじが丘1丁目44番地2、構造は軽量鉄骨造平家建て、床面積は618.59平方メートル、取得金額は1億4,710万円、取得の相手方は、東京都千代田区内幸町1丁目1番7号、株式会社ゼクス代表取締役、平山啓行。


 提案理由といたしまして、つつじが丘幼稚園の建物を取得したいので、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例の規定によって議会の議決を求めるものでございます。


 詳細につきましては教育部長に説明をさせますので、よろしくご審議を賜りますようにお願いを申し上げます。


 以上です。


○議長(福本典子君) 教育部長。


○教育部長(倉田和夫君) それでは、ご説明を申し上げます。


 1ページをお開きをいただきたいと思います。説明資料によりましてご説明をさせていただきます。施設名は、つつじが丘幼稚園でございます。所在地、施設概要につきましては、先ほど述べられたとおりでございます。施設の内訳でございますが、職員室、保健室、保育室4室、遊戯室、その他合わせまして床面積が618.59平方メートルでございます。


 次のページをお開きをいただきたいと思います。2ページでございますが、配置の平面図でございます。真ん中に破線が引っ張ってございますが、この破線から上の部分が、その下に書いてございます内訳での町有地でございまして、2,037.28平方メートル、その下の方が借地でございまして、グラウンド、駐車場に使っておる部分でございますが、2,269.88平方メートルでございます。


 3ページは建物の平面図、そして4ページには、それぞれ立面図という形で示させていただいております。ご清覧をいただきたいと思います。


 今回のこの買い取りに当たります取得金額1億4,710万円でございますが、これにつきましては、建物造成工事、設計監理費等すべてを含めたものでございます。この施設建設にあたりましては、企業の方もその開発責任というのを十分認識しておられまして、この買い取りに際しましても企業協力が得られたということで、今回この18年度でもって買い取ろうとするものでございます。


 なお、この企業の協力に係ります予算上の措置につきましては、さきの3号補正で対応させていただいたところでございます。


 以上、よろしくお願いをいたします。


○議長(福本典子君) 提案理由の説明は終わりました。


 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。


 下坊さん。


○15番(下坊辰雄君) ただいま説明をいただいたわけでありますけれども、まずお尋ねしたいのは、建替施行としては異例にも買い取りが早過ぎるということですけれども、当初から来年度に買い取るんだというのは聞いておりましたけれども、ただ、そういった点がなぜそう早く買い取りしなければならないのかという理由と、それともう一つは、これが仮につつじが丘幼稚園が独立園として建設を当初計画から持っていけば、国の補助は出なかったのかどうか、この点につきましては、教育委員会そのものも、猪名川幼稚園の分園とか、いろんな形の中で、当初、委員会でも園長は置かないとか、いろいろ言っておきながら、分園として進めかけた結果として建替施行という進め方がされてきたんじゃないかなと、このように思いますし、ただ、それが独立園として新たに出発するとして、きちんと国の補助を受ける体制ができなかったのかどうか、その点についてお尋ねしたいのと、先ほど説明がありましたように、企業からの寄附行為等があるということで、3号補正の中で詳しく私は聞いてなかったんですけれども、そういった企業の寄附行為と、そして今申し上げたように、国の補助をもらう部分と、こういった部分についてはどう比例するのか、その点についてお尋ねしたいと思います。


○議長(福本典子君) 教育部長。


○教育部長(倉田和夫君) まず、1点目の建替施行について、買い取るのが早いのではないかということ、そして、2点目で幼稚園の施設建設にあたっての補助制度はいかがかということでございますが、質問二ついただいたわけでございますけど、これ実はそれぞれ関連をいたしてございます。まず、補助制度であればどうかといったところでございますけれども、補助制度はございます。私どもも昨年、建設ということが俎上に上ってきたときに、県教委の方などとも協議もさせていただきましたが、制度はございますが、幼稚園のこの建設については、予算上はその補助を見込むことなしに、町の費用でもってまずは予算化してほしいといったようなことがございました。そういったこととあわせまして、企業の方との協議も当然並行して進めてきたわけでございますけれども、その中で、先ほど言いましたように、企業の方の協力姿勢ということが得られる見通しが立ちましたものですから、そういった中でいろいろとやりとりはあったわけでございますけれども、結果として単年度で買い上げるということに至ったわけでございます。


 それで、じゃあ今あります補助制度を使えばどれぐらいのといったようなことでございますけれども、幼稚園の今回建設いたしました軽量鉄骨造平家建ての部分でいきますと、建設補助単価が約12万600円という、平米当たり。これと建築面積を掛け合わせていただきますと、補助対象額は約7,400万円になります。制度上の補助金は3分の1でございますので、2,500万円弱といったような形になるものでございます。今回、その3号補正で示させていただいております部分につきましては、これを上回る企業協力を得られたということで、そういった関係で18年度当初予算で買い取り予算として計上させていただき、その3号補正をあわせまして、この議案でもって買い取りをさせていただこうと、こういうことでございます。


 以上でございます。


○議長(福本典子君) ほかに質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本典子君) それでは、質疑は終結いたします。


 これより討論に入ります。討論はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本典子君) それでは、討論は終結いたします。


 これより議案第24号を採決いたします。


 お諮りいたします。本案は、原案のとおり決することにご異議はありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本典子君) 異議なしと認めます。よって、議案第24号 建物の取得については、原案のとおり可決されました。


            ────────────────





◎日程第6 議案第25号





○議長(福本典子君) 日程第6 議案第25号 阪神広域行政圏協議会規約を改定することについてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 町長。


○町長(真田保男君) ただいま議題となりました議案第25号 阪神広域行政圏協議会規約を改定することについての提案理由のご説明を申し上げます。


 地方自治法の一部改正に伴い、阪神広域行政圏協議会規約を変更する必要が生じましたために、地方自治法の規定に基づきまして議会の議決を求めるものでございます。


 ご審議を賜りますように、よろしくお願いを申し上げます。


○議長(福本典子君) 提案理由の説明は終わりました。


 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本典子君) それでは、質疑は終結いたします。


 これより討論に入ります。討論はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本典子君) それでは、討論は終結いたします。


 これより議案第25号を採決いたします。


 お諮りいたします。本案は、原案のとおり決することにご異議はありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本典子君) 異議なしと認めます。よって、議案第25号 阪神広域行政圏協議会規約を改定することについては、原案のとおり可決されました。


            ────────────────





◎日程第7 議案第26号、議案第27号





○議長(福本典子君) 日程第7 議案第26号 兵庫県町議会議員公務災害補償組合規約の一部改正について、議案第27号 兵庫県市町村職員退職手当組合規約の一部改正について、以上2議案を一括して議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 町長。


○町長(真田保男君) ただいま議題となりました2議案につきましてご説明を申し上げます。


 まず、議案第26号 兵庫県町議会議員公務災害補償組合規約の一部改正についての提案理由のご説明を申し上げます。


 地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴い、兵庫県町議会議員公務災害補償組合規約を変更することについて、地方自治法の規定によって議会の議決を求めるものでございます。


 続きまして、議案第27号 兵庫県市町村職員退職手当組合規約の一部改正についての提案理由のご説明を申し上げます。


 地方自治法の一部を改正する法律の施行及び兵庫県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の変更に伴い、同組合規約を変更することについて、地方自治法の規定によって議会の議決を求めるものでございます。


 ご審議を賜りますように、よろしくお願い申し上げます。


○議長(福本典子君) 提案理由の説明は終わりました。


 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本典子君) それでは、質疑は終結いたします。


 これより議案第26号 兵庫県町議会議員公務災害補償組合規約の一部改正について、議案第27号 兵庫県市町村職員退職手当組合規約の一部改正について、以上2議案の討論に入ります。討論はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本典子君) それでは、討論は終結いたします。


 これより議案第26号、議案第27号、以上2議案を一括して採決いたします。


 お諮りいたします。本2議案は、原案のとおり決することにご異議はありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本典子君) 異議なしと認めます。よって、議案第26号 兵庫県町議会議員公務災害補償組合規約の一部改正について、議案第27号 兵庫県市町村職員退職手当組合規約の一部改正について、以上2議案は、原案のとおり可決されました。


            ────────────────





◎日程第8 議案第28号





○議長(福本典子君) 日程第8 議案第28号 兵庫県市町交通災害共済組合規約の一部改正についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 町長。


○町長(真田保男君) ただいま議題となりました議案第28号 兵庫県市町交通災害共済組合規約の一部改正についての提案理由のご説明を申し上げます。


 地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴い、兵庫県市町交通災害共済組合規約を変更することについて、地方自治法の規定によりまして議会の議決を求めるものでございます。


 ご審議を賜りますように、よろしくお願い申し上げます。


 以上です。


○議長(福本典子君) 提案理由の説明は終わりました。


 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本典子君) それでは、質疑は終結いたします。


 これより討論に入ります。討論はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本典子君) それでは、討論は終結いたします。


 これより議案第28号を採決いたします。


 お諮りいたします。本案は、原案のとおり決することにご異議はありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本典子君) 異議なしと認めます。よって、議案第28号 兵庫県市町交通災害共済組合規約の一部改正については、原案のとおり可決されました。


            ────────────────





◎日程第9 議案第30号〜議案第32号





○議長(福本典子君) 日程第9 議案第30号 農業共済事業における賦課について、議案第31号 農業共済特別会計の繰入金を繰り戻さないことについて、議案第32号 水稲共済の無事戻しについて、以上3議案を一括して議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 町長。


○町長(真田保男君) ただいま議題となりました3議案につきましてご説明を申し上げます。


 まず、議案第30号 農業共済事業における賦課についての提案理由のご説明を申し上げます。


 農業共済事業における平成19年度の賦課総額及び賦課単価を各共済区分ごとに表中においてお示しさせていただいておりますが、これらについて、猪名川町農業共済条例の規定によりまして議会の議決を求めるものでございます。


 続きまして、議案第31号 農業共済特別会計の繰入金を繰り戻さないことについての提案理由のご説明を申し上げます。


 平成17年度一般会計から平成17年度農業共済特別会計へ繰り出した1,355万8,000円を平成18年度以降において一般会計へ繰り戻さないことについて、農業共済災害補償法の規定によりまして議会の議決を求めるものでございます。


 続きまして、議案第32号 水稲共済の無事戻しについての提案理由のご説明を申し上げます。


 平成19年度において実施する水稲無事戻し金の対象年度は、平成16年度から平成18年度まで、対象者数は396名となり、無事戻し金は9万5,430円となりました。無事戻しの実施にあたり、猪名川町農業共済条例の規定によりまして議会の議決を求めるものでございます。


 ご審議を賜りますように、よろしくお願いを申し上げます。


 ただいま提案理由のご説明を申し上げました議案第31号について、一部訂正をさせていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。


 平成17年度一般会計から平成17年度農業共済特別会計へ繰り出した額についてであります。1,355万6,000円を8,000円と申したようでございます。訂正させていただきたいと思います。よろしくお願いします。


 以上です。


○議長(福本典子君) 提案理由の説明は終わりました。


 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本典子君) それでは、質疑は終結いたします。


 これより議案第30号 農業共済事業における賦課について、議案第31号 農業共済特別会計の繰入金を繰り戻さないことについて、議案第32号 水稲共済の無事戻しについて、以上3議案の討論に入ります。討論はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本典子君) それでは、討論は終結いたします。


 これより議案第30号、議案第31号、議案第32号、以上3議案を一括して採決いたします。


 お諮りいたします。本3議案は、原案のとおり決することにご異議はありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本典子君) 異議なしと認めます。よって、議案第30号 農業共済事業における賦課について、議案第31号 農業共済特別会計の繰入金を繰り戻さないことについて、議案第32号 水稲共済の無事戻しについて、以上3議案は、原案のとおり可決されました。


            ────────────────





◎日程第10 兵庫県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙





○議長(福本典子君) 日程第10 兵庫県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙を行います。


 お諮りいたします。選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選の方法にいたしたいと思います。これにご異議はありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本典子君) 異議なしと認めます。よって、選挙の方法は、指名推選で行うことと決しました。


 お諮りいたします。指名の方法については、議長が指名することにしたいと思います。これにご異議はありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本典子君) 異議なしと認めます。よって、議長が指名することに決しました。


 兵庫県後期高齢者医療広域連合議会議員に西村悟さんを指名いたします。


 お諮りいたします。ただいま指名いたしました西村悟さんを兵庫県後期高齢者医療広域連合議会議員の当選人と定めることにご異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本典子君) 異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました西村悟さんが兵庫県後期高齢者医療広域連合議会議員に当選されました。


 当選されました西村悟さんが議場におられますので、会議規則第33条第2項の規定によって、当選の告知をいたします。


            ────────────────


○議長(福本典子君) 以上で本日の日程は全部終了いたしました。


 お諮りいたします。明3月1日から7日の間は、議事の都合により休会といたしたいと思います。これにご異議はありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本典子君) 異議なしと認めます。よって、さよう決しました。


 次の本会議は、8日午前10時から再開いたします。


 本日はこれをもって散会いたします。


               午前11時41分 散会