議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 たつの市

平成25年第3回たつの市議会定例会(第1日 6月 6日)




平成25年第3回たつの市議会定例会(第1日 6月 6日)





       平成25年第3回たつの市議会定例会議事日程(第1日)


 
                     平成25年6月6日(木)午前10時開会





1 開会あいさつ(議長・市長)





2 開会宣告





3 開議宣言


  日程第1 会議録署名議員の指名(10番 小寺昭男議員、11番 松下信一郎議


       員)


  日程第2 会期の決定(6月6日(木)から6月26日(水)までの21日間)


  日程第3 委員会提出第4号 たつの市議会基本条例制定について


                           (提案説明から表決まで)


  日程第4 同意第5号 たつの市功労者として同意を求めることについて


                           (提案説明から表決まで)


  日程第5 議案第42号 工事請負契約について


       議案第43号 工事請負契約について


                      (以上2件、提案説明から表決まで)


  日程第6 議案第44号 財産の取得について


                           (提案説明から表決まで)


  日程第7 議案第45号 たつの市子ども・子育て会議条例制定について


       議案第46号 兵庫県市町交通災害共済組合規約の変更について


             (以上2件、提案説明から生活福祉常任委員会付託まで)


  日程第8 議案第47号 平成25年度たつの市一般会計補正予算(第1号)


                     (提案説明から各常任委員会付託まで)





4 休会議決(日程通告)





5 散会宣告








          会議に出席した議員





  1番 楠   明 廣       2番 三 里 茂 一


  3番 山 本 修 三       4番 内 匠 勇 人


  5番 赤 木 和 雄       6番 今 川   明


  7番 名 村 嘉 洋       8番 畑 山 剛 一


  9番 桑 野 元 澄      10番 小 寺 昭 男


 11番 松 下 信一郎      12番 井 上   仁


 13番 岸 野 文 信      14番 龍 田   惇


 15番 堀     讓      16番 森 本 重 宣


 17番 松 井 重 樹      18番 柳 生 陽 一


 19番 松 本 義 彦      20番 三 木 浩 一


 21番 角 田   勝      22番 竹 内   豊


 23番 横 田   勉      24番 ? 島 俊 一





          会議に欠席した議員





            な   し





        議事に関係した事務局職員





議会事務局長                米 澤 幸 和


副局長                   上 田 照 一


主幹                    安 積   徹


副主幹                   梅 田 祐 子


副主幹                   中 野 真 吾








      地方自治法第121条の規定による出席者





市長                    西 田 正 則


副市長                   小 西 千 之


たつの市民病院長              山 下 義 信


行政改革推進室長              堀 本 和 秀


総務部長                  坂 口 孝 志


企画財政部長                井 上 彰 悟


市民生活部長                森 川 幸 一


健康福祉部長兼福祉事務所長         石 原 和 良


産業部長                  小 河 博 信


都市建設部長                井ノ原 康 宏


下水道部長                 家   宏 行


公営企業部長                酒 江   肇


たつの市民病院事務局長           吉 田 末 廣


会計管理者                 井 上 伸 史


新宮総合支所長               高 岸 博 之


揖保川総合支所長              松 田 泰 政


御津総合支所長               塚 本 清 隆


総務部参事兼税務課長            森 本 浩 司


企画財政部参事兼工事検査員         内 海 忠 之


企画財政部参事兼財政課長          菅 原 昌 則


市民生活部参事兼国保医療年金課長      中 岡   清


市民生活部参事兼環境課長          小 谷 真 也


健康福祉部参事兼高年福祉課長        長 尾   孝


健康福祉部参事兼健康課長          柴 田 康 弘


都市建設部参事               松 田 正 義


都市建設部参事兼建設課長          田 中 寿 長


下水道部参事兼下水道課長          堀   秀 三


公営企業部参事兼水道事業所長        山 口 貴美雄


行政改革推進室次長             冨 井 静 也


総務課長                  石 井 和 也


危機管理課長                小 松 精 二


情報推進課長                佐 用 永 喜


企画課長                  田 中 徳 光


広報秘書課長                森 川 智 司


契約課長                  菅 野 博 人


市民課長                  小 川   宏


なんでも相談課長              有 本   功


人権推進課長                西 川   廣


地域福祉課長                石 原 徹 之


児童福祉課長                東 元 千代子


農林水産課長                伊 藤 裕 明


農地整備課長                満 田 勝 義


商工観光課長                眞 殿 幸 寛


用地課長                  ? 田   満


都市計画課長                梶 本 秀 人


町並み対策課長               古 林 義 博


前処理場対策課長              谷   晴 視


総括支配人兼志んぐ荘支配人         加 藤 真 司


会計課長                  中 谷 泰 裕


たつの市民病院事務局次長          森 本 康 路


教育委員会委員長              湯 本 浩 一


教育長                   苅 尾 昌 典


教育管理部長                藤 井 一 重


教育事業部長                加 瀬 康 之


教育管理部施設課長             和 田 利 恵











              議 長 あ い さ つ





○議長(松本義彦議員)


 皆さん、おはようございます。


 開会に先立ちまして、一言ご挨拶申し上げます。


 今年は、例年にない5月の梅雨入りとなり、雨の季節を迎えておりますが、現在のところは連日好天が続き雨が少ない梅雨となっております。


 さて、議員各位には、公私ともご多忙の中、ご健勝にてご参集賜り、本日ここに平成25年第3回たつの市議会定例会が開会の運びとなりました。誠にご同慶にたえない次第でございます。


 さて、今期定例会には、既にお手元にお届けしておりますとおり委員会提出議案、人事案件、条例制定、工事請負契約、財産の取得、補正予算等の案件が提出されております。いずれも重要な案件でございますので、議員各位におかれましては、慎重にご審議いただき、適切なるご決定を賜りますようお願い申し上げます。


 また、議事運営につきましても、議員の格段のご協力を賜りますようお願い申し上げまして、開会のご挨拶とさせていただきます。


 市長。





              市 長 あ い さ つ





○市長(西田正則君)(登壇)


 開会に先立ちまして、一言ご挨拶申し上げます。


 本格的な梅雨の季節を迎え、日増しに暑さも加わってまいりました。


 本日ここに、平成25年第3回たつの市議会定例会を招集いたしましたところ、議員の皆様には、ご健勝にてご出席を賜り、ここに開会が宣せられる運びとなりましたことに対しまして厚くお礼を申し上げます。


 さて、4月1日に相生市、たつの市、宍粟市、太子町及び佐用町の3市2町の消防広域化により、管轄人口21万人の西はりま消防組合が誕生いたしました。約2カ月余りが経過いたしましたが、この間、大きな混乱や災害、事故もなく、おおむね順調に消防行政が進展しておりますことをご報告申し上げます。


 しかしながら、近年の災害は、梅雨の長雨による川の氾濫、ゲリラ豪雨による土砂災害、地震による津波など、いつ災害が起こるかわからない状況でございます。特に、5月28日に公表されました南海トラフ巨大地震対策の最終報告書によりますと、広域支援の枠組みや地震の連続発生による複合対策など、備えるべき項目が多岐にわたっております。また、地震の発生時期や規模の予測は、不確実性を伴い困難と結論づけられました。


 そこで、本市におきましては、市内210ある自主防災組織における避難訓練の推進や地域防災計画の見直しなど、やるべきことを着実に進めながら、来るべき時に備え、絶えず市民、行政、消防が連携を図り、万一の災害に対応できる防災組織の構築を目指し、引き続き努力してまいる所存でございますので、ご理解とご協力をお願い申し上げます。


 また、5月18日から順次開催いたしております、まちづくりの集いにおきましては、議長、副議長をはじめ、議員各位のご出席を賜り、改めてお礼を申し上げるところでございます。市民の皆様からいただきました貴重なご意見につきましては、真摯に受けとめ、市政に反映してまいりたいと考えております。


 なお、ご要望等のうち、早急に実施できるものにつきましては、迅速な対応をとるよう指示いたしたところでございます。


 一方、5月末をもちまして出納閉鎖をいたしました。平成24年度の各会計の決算につきまして、目下調整中でございますが、その概要を申し上げます。


 一般会計におきましては、実質12億4,000万円余りが、国民健康保険事業特別会計では1億1,600万円余りが、また後期高齢者医療事業特別会計では1,900万円余りが、介護保険事業特別会計では500万円余りが繰り越しとなる見込みで、その他特別会計におきましても、おおむね計画どおりの決算となる予定でございます。


 次に、企業会計のうち、病院事業会計におきましては、7億1,400万円余りの純損失となり、水道事業会計におきましては、6,000万円余りの純利益を、また国民宿舎事業におきましては、3荘合算で2億400万円余りの純損失を計上する見込みでございます。


 さて、今期定例会でご審議をお願いいたします案件は、既にお手元にお届けいたしておりますとおり、同意案件1件、工事請負契約案件2件、財産取得案件1件、条例案件1件、規約変更案件1件、補正予算案件1件の合計7件でございます。これらはいずれも重要なものばかりでございますので、何とぞ慎重なご審議をいただきまして、全案件につきまして、原案のとおりご賛同賜りますようお願い申し上げまして開会のご挨拶といたします。ありがとうございました。





                開 会 宣 告





○議長(松本義彦議員)


 ただいまより、平成25年第3回たつの市議会定例会を開会いたします。





                開 議 宣 告





○議長(松本義彦議員)


 これより本日の会議を開きます。


 この際、ご報告いたします。


 本日、ただいままでに受理いたしました請願は1件であります。お手元に配付いたしております請願文書表のとおり、総務文教常任委員会へ付託いたしますので、よろしく審査をお願いいたします。


 次に、同じく市長より地方自治法施行令第146条第2項の規定による平成24年度たつの市一般会計、下水道事業特別会計、農業集落排水事業特別会計及び前処理場事業特別会計の各繰越明許費繰越計算書が提出されており、その写しをお手元に配付いたしておりますので、ご清覧願います。


 次に、同じく市長より、地方自治法第243条の3第2項の規定による平成25年度のたつの市土地開発公社事業報告並びに決算書が提出されており、その写しをお手元に配付しておりますので、ご清覧願います。


 次に、去る5月14日に開催されました平成25年第2回たつの市議会臨時会以降における議長会等の諸会議についてでありますが、5月22日に東京都におきまして全国市議会議長会第89回定期総会が開催され、部会提出議案及び会長提出議案が審議され、全件が原案のとおり可決されました。また、本年度の役員改選で、本市は全国市議会議長会建設運輸委員会副委員長に選任されましたので、ご報告いたします。


 次に、本日の出席議員数及び地方自治法第121条の規定により説明のため出席を求めた者の職・氏名につきまして、事務局長より報告いたさせます。





○議会事務局長(米澤幸和君)


 命によりご報告申し上げます。


 まず、本日の出席議員数についてでありますが、本日ただいまの出席議員数は24名全員であります。


 次に、地方自治法第121条の規定により、説明のため出席を求めた者の職・氏名についてでありますが、お手元に配付いたしております名簿のとおりでありますので、ご清覧願います。


 以上でございます。





○議長(松本義彦議員)


 以上で報告を終わります。





           〜日程第1 会議録署名議員の指名〜





○議長(松本義彦議員)


 これより日程に入ります。


 まず、日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 本定例会の会議録署名議員は、会議規則第82条の規定により、議長において、10番小寺昭男議員、11番松下信一郎議員を指名いたします。両議員、よろしくお願いいたします。





             〜日程第2 会期の決定〜





○議長(松本義彦議員)


 次は、日程第2、会期の決定を議題といたします。


 お諮りいたします。


 今期定例会の会期は、本日から6月26日までの21日間といたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(松本義彦議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、会期は、本日から6月26日までの21日間と決しました。





     〜日程第3 議会改革調査特別委員会調査中間報告について〜





○議長(松本義彦議員)


 次は、日程第3、委員会提出第4号 たつの市議会基本条例制定についてを議題といたします。


 これより、上程議案に対する説明を求めます。


 小寺昭男議会改革調査特別委員長。





○議会改革調査特別委員長(小寺昭男議員)(登壇)


 ただいま議題となりました委員会提出第4号につきまして、議会改革特別委員会を代表いたしまして提案理由の説明を申し上げます。


 委員会提出第4号 たつの市議会基本条例制定についてでありますが、本条例は、本市議会における最高規範として位置づけられるものであり、これまで明確でなかった議会や議員の活動原則、市民と議会の関係、議会と行政の関係等の議会の基本的な事項を条例として議会自らが明文化し、市民の皆様に約束することにより、分権時代にふさわしい議会を目指すものであります。


 ここで、議案提出に至るまでの経緯を申し上げます。


 議会改革調査特別委員会は、平成21年3月24日に設置され、議員定数をはじめ21項目について、短期的、中期的、長期的に分けて検討してまいりました。議会基本条例制定の検討は、平成24年3月27日より現在まで15回の委員会を開催するとともに、先進地視察を実施するなど精力的に検討を重ねてまいりました。本委員会といたしましては、議会基本条例を制定すること自体が目的ではなく、実際に実践できる実効性のある条例の制定をするより重要であるという認識に立ちまして検討をしてまいりました。


 この間、平成24年6月及び12月定例会において、議会改革調査特別委員会の中間報告を行い、その後3回の全員協議会を開催し最終報告を行いました。特別委員会委員の皆様をはじめ議員各位のご精励に対しまして、この場を借りまして深く感謝を申し上げる次第でございます。


 また、先月には、条例素案を公表するとともにパブリックコメントを実施し、市民の皆様からご意見をいただき、それらに対する議論も行ってまいりました。


 次に、提出議案の概要ですが、本条例は前文、全9章からなる本文21条及び附則で構成されております。前文は、本条例制定の背景と趣旨をうたっております。本文のうち特筆すべき主な点を申し上げますと、第1章の総則では、第1条で制定の目的を、第2条では議会の役割について規定しております。


 次に、第2章の議会及び議員の活動原則では、第3条で議会として4つの活動原則を定めており、第4条で議員個人として必要な3つの活動原則を、第5条では会派についてそれぞれ明記しております。


 次に、第3章の市民と議会の関係では、第6条で情報の積極的公開、特に全ての会議の原則公開を明文化しております。第7条では市民への説明責任を果たすため、市民との意見交換の場を設けることについて規定しております。


 次に、第4章の議会と行政の関係では、第8条で議会審議における議員と市長等執行機関との健全な緊張関係の保持及び反問権について規定しております。つまり、理事者側が逆質問できるということであります。


 次に、第5章の議員間討議による合意形成では、第11条で委員会における議案審議などの際に、議員相互の自由討議により議論を尽くして合意形成に努めることを規定しております。


 次に、第6章では委員会の運営について規定をしております。


 次、第7章の議会及び議会事務局の体制整備では、第13条で議員の政策形成、立案能力向上のため、議員研修の充実、強化を定め、第14条で議会事務局の体制整備について規定をしております。


 次に、第8章の議員の政治倫理、身分及び待遇では、第16条で現在、政治倫理条例の制定がないために本条例で最低限の倫理事項を規定しております。第17条で議員定数、第18条で議員報酬について規定しております。いずれも公聴会制度及び参考人制度の活用、市政の現状及び課題並びに将来の予測及び展望を十分考慮したものであることを規定しております。第19条では政務活動費について、市民に対してその使途について説明する責任を負うことを規定しております。


 次に、最終の章、第9章の最高規範と条例の見直しでは、第20条で本条例が議会の最高規範であることを規定し、その他の議会関係条例等においても本条例の趣旨と整合を図ることを規定しております。また、第21条で常に社会情勢などの変化に対応できるよう本条例を必要に応じて見直すことを規定しております。


 そして、附則では、本条例の施行期日を規定しております。


 以上で、提出条例案の概要説明を終わりますが、私たち議員が選挙によって選ばれた市民の代表者であることを自覚しながら、本条例の前文にうたってありますように、分権時代にふさわしい開かれた議会を目指し、議員一同がこの条例を遵守して議会活動に取り組めば必ず市政の発展につながるものと確信をしております。


 議員各位におかれましては、提案の趣旨をご理解いただき、ご賛同を賜りますようお願いをいたしまして提案理由の説明を終わります。ありがとうございました。





○議長(松本義彦議員)


 議会改革調査特別委員長の説明は終わりました。


 これより上程議案に対する質疑に入ります。


 ご発言ありませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)





○議長(松本義彦議員)


 ご発言がないので、質疑を終結いたします。


 この際、お諮りいたします。


 本件は、会議規則第35条第2項の規定により、委員会付託を省略いたします。


 これより討論に入ります。


 ご発言ありませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)





○議長(松本義彦議員)


 ご発言がないので、討論を終結して、直ちに表決に入ります。


 お諮りいたします。


 委員会提出第4号は、原案のとおり可決することに決してご異議ありませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)





○議長(松本義彦議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、委員会提出第4号は、原案のとおり可決されました。





             〜日程第4 同意第5号〜





○議長(松本義彦議員)


 次は、日程第4、同意第5号 たつの市功労者として同意を求めることについてを議題といたします。


 これより上程議案に対する説明を求めます。


 副市長。





○副市長(小西千之君)(登壇)


 ただいま議題となりました同意第5号 たつの市功労者と同意を求めることについての提案理由及びその内容をご説明申し上げます。


 本件は、たつの市功労者表彰条例に基づく本市功労者として、たつの市神岡町北横内95番地の田淵敏樹氏、たつの市龍野町水神町138番地3の浦上好央氏、たつの市龍野町富永110番地1の田口隆弘氏、たつの市揖保川町馬場787番地の?西王典氏、姫路市香寺町犬飼46番地1の永瀬正人氏、たつの市龍野町片山200番地2の山本 実氏の6名を表彰いたしたく、同条例第2条第3号の規定に基づき、議会の同意を賜りたく提案いたした次第でございます。


 田淵敏樹氏につきましては、長きにわたり固定資産評価審査委員会委員として、また、同委員長として固定資産課税台帳に登録された価格に関する不服の審査、決定等により、課税の公平性確保に尽力され、本市の地方自治の発展に多大な功績を残されているものでございます。


 浦上好央氏につきましては、旧龍野市龍野地区連合自治会長をはじめとして、たつの市連合自治会理事及び同会計など長きにわたって自治会役員を努められ、自治会活動の円滑な推進をはじめ本市の地方自治の発展に多大な功績を残されているものでございます。


 田口隆弘氏につきましては、旧龍野市及びたつの市職員として長きにわたって勤務され、その間、管理職として職責を全うされ、合併後は円滑な事務移行や地域間の均衡を図るための事務調整に尽力されました。また、たつの市副市長として幾多の困難な課題解決に取り組まれ、本市行政の運営並びに執行をはじめとして、本市の市政発展に多大の貢献をされたものであります。


 ?西王典氏、永瀬正人、山本 実氏につきましては、旧龍野市及びたつの市職員として長きにわたって勤務され、その間、管理職として幾多の困難な職責を全うされ、合併後は円滑な事務移行や地域間の均衡を図るための事務調整に尽力されるなど、本市行政運営並びに執行に多大の貢献をされたものであります。


 以上、6名の経歴につきましては、別紙資料として添付いたしておりますので説明を割愛させていただきますが、何とぞ慎重ご審議を賜り、満場一致のご賛同をもって同意賜りますようお願い申し上げ説明を終わらせていただきます。





○議長(松本義彦議員)


 上程議案に対する説明は終わりました。


 これより上程議案に対する質疑に入ります。


 ご発言ありませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)





○議長(松本義彦議員)


 ご発言がないので、質疑を終結いたします。


 この際、お諮りいたします。


 本件は、会議規則第35条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思いますが、これにご異議ありませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(松本義彦議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本件は委員会付託を省略することに決しました。


 これより討論に入ります。


 ご発言ありませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)





○議長(松本義彦議員)


 ご発言がないので、討論を終結して、直ちに表決に入ります。


 お諮りいたします。


 上程中の同意第5号は、原案のとおり同意することに決してご異議ありませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)





○議長(松本義彦議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、同意第5号は、原案のとおり同意されました。





         〜日程第5 議案第42号から議案第43号〜





○議長(松本義彦議員)


 次は、日程第5、議案第42号 工事請負契約について及び議案第43号 工事請負契約についての2件を一括議題といたします。


 これより上程議案に対する説明を求めます。


 企画財政部長。





○企画財政部長(井上彰悟君)(登壇)


 ただいま議題となりました議案第42号及び議案第43号、工事請負契約についての2件につきまして、一括して提案の理由及びその内容についてご説明申し上げます。


 これらの議案につきましては、たつの市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得、または処分に関する条例第2条の規定に基づき提案するものでございます。


 工事の概要につきましては、参考資料を添付いたしておりますので、ご清覧いただきたいと存じます。


 初めに、議案第42号、龍野東中学校校舎耐震補強工事(第2期)についてご説明申し上げます。


 このたびの工事着手に至る経緯でございますが、龍野東中学校中棟校舎は、昭和38年に建築され、以来50年を経過しており、校舎の老朽化と耐震診断の結果により耐震強度不足が指摘されております。そこで、このたび学校施設としての安全性を考慮し、耐震補強工事に着手するものでございます。


 なお、工期につきましては、本議会の議決を得ましてから、平成26年1月31日までの間としております。


 次に、工事の契約につきましては、当該工事の規模、内容に対応できる施工能力及び実績等を勘案し、制限付一般競争入札により、去る5月17日に執行いたしました結果、株式会社進藤組が落札金額1億3,860万円、落札率84.2%で落札いたしましたので、工事請負契約を締結しようとするものでございます。


 請負業者である株式会社進藤組は、本市に本店を有し建築工事では有数の業者であり、過去2年間においても新宮中学校校舎耐震補強工事、揖保川中学校屋外プール改修工事など数多くの公共工事の実績を有しております。このたびの請負工事におきましても、これまでに培った技術力と経験を生かし、設計内容に適合した工事施工がなされるものと確信いたしております。


 次に、議案第43号、龍野西中学校校舎耐震補強工事(第2期)についてご説明申し上げます。


 このたびの工事着手に至る経緯でございますが、龍野西中学校北棟校舎は、昭和44年に建築され、以来44年を経過しており、校舎の老朽化と耐震診断の結果により耐震強度不足が指摘されております。そこで、このたび学校施設としての安全性を考慮し、耐震補強工事に着手するものでございます。


 なお、工期につきましては、本議会の議決を得ましてから、平成25年11月30日までの間としております。


 次に、工事の契約につきましては、当該工事の規模、内容に対応できる施工能力及び実績等を勘案し、制限付一般競争入札により、去る5月17日に執行しました結果、株式会社進藤組が落札金額1億2,101万8,800円、落札率76.1%で落札いたしましたので、工事請負契約を締結しようとするものでございます。請負業者である株式会社進藤組の経歴は、先ほど申し上げましたとおりでございまして、当該請負工事においても、これまでに培った技術力と経験を生かし、設計内容に適合した工事施工がなされるものと確信いたしております。


 以上で議案第42号及び議案第43号の提案説明を終わらせていただきますが、何とぞ慎重ご審議の上、原案のとおり可決賜りますようお願い申し上げます。





○議長(松本義彦議員)


 上程議案に対する説明は終わりました。


 これより上程議案に対する質疑に入ります。


 ご発言ありませんか。


 17番松井重樹議員。





○17番(松井重樹議員)


 17番、2点についてお尋ねします。


 まず、1点目、同じ業者がほぼ同じ時期に今回工事にあたることになります。その点についての何か危惧をお持ちかどうか。


 それから、2点目、いわゆる入札におきまして、最初の東中学に関して落札業者とそのほかの業者との差が大きいのに比べ、西中学においては、どの入札業者も競った価格を入れて入り札にしておられます。その上で、西中学のほうが調査基準を下回るというそういう保留がありました。そのうちに保留したことを調査した上での内部経緯をお知らせいただけたらと思います。


 以上、2点。





○議長(松本義彦議員)


 企画財政部長。





○企画財政部長(井上彰悟君)


 まず、1点目のこの2つの工事について、同一業者がとったことによる工事施工の危惧という問題でございますけれども、進藤組さんは、先ほども申しましたように実績もおありでございまして、なおかつ責任技術者というんですか、管理技術者というのを16人程度、持たれております。そういった意味においては、技術力もしっかりしておるということで全くの危惧は持ってございません。


 それと、2点目の入札が、東中学校の場合は非常に競ってないんだけれども、西中学校のほうは競っておるという問題につきましては、実は東中学校の工事概要が、議案42号の工事概要の中ほどに耐震補強工事で工事概要の鋼板内蔵コンクリートブレース新設10構面というのがございます。この構面につきましては、いわゆる特殊な工法、ピタコラム工法といって特殊な工法でございまして、この工法をするにあたって特定の業者が入らなあかんというようなことになっておりますので、いわゆる入札時が下がらないというようなことでございまして、西中学校のほうは非常に競ったと。そういった一般的な工法でございますので、非常に競ったという点がございます。


 2つ目に、保留になってどういうような調査をしたのかというふうなことなんですけれども、たつの市の低入札価格調査制度という要綱がございまして、その5条で工事の内訳書であるとか、1号から11号までの様式で提出されるようになってございます。その中で工事の妥当性という意味と、いわゆる経営の状況であるとか実績であるとか、あるいは工事の安全性が確保できるのかどうかというような、大まかに言いますと3点を審査いたすわけなんですけれども、その内容、工事内訳書が一番重要になるんですけれども、直接工事費の内訳とか、いわゆる共通仮設費の内訳というのを設計書にあわせて照らしていくわけです。どれほどの価格で入札したかというのを見ていくと。そういう調査をいたしますと、事務費的ないわゆる一般管理費というような部分がぐっと圧縮されて、経営努力をされた中での入札になっておるというような状況でございます。そういったこと、それから先ほど言いました管理技術者のいろんな総合的に勘案いたしましても立派に工事をやっていただけるものというふうに確信いたしましたので契約をしたということでございますので、ご理解いただきたいと思います。





○議長(松本義彦議員)


 他にご発言ございませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)





○議長(松本義彦議員)


 ご発言がないので、質疑を終結いたします。


 この際、お諮りいたします。


 本件は、会議規則第35条第3項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(松本義彦議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本件は委員会付託を省略することに決しました。


 これより討論に入ります。


 ご発言ありませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)





○議長(松本義彦議員)


 ご発言がないので、討論を終結して、直ちに表決に入ります。


 お諮りいたします。


 上程中の議案第42号及び議案第43号の2件は、原案のとおり可決することに決してご異議ありませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)





○議長(松本義彦議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、議案第42号及び議案第43号の2件は、原案のとおり可決されました。





             〜日程第6 議案第44号〜





○議長(松本義彦議員)


 次は、日程第6、議案第44号 財産の取得についてを議題といたします。


 これより上程議案に対する説明を求めます。


 企画財政部長。





○企画財政部長(井上彰悟君)(登壇)


 ただいま議題となりました議案第44号 財産の取得につきまして、提案の理由及びその内容についてご説明申し上げます。


 本議案につきましては、たつの市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得、または処分に関する条例第3条の規定に基づき提案するものでございます。


 はじめに、購入に至る経緯についてでございますが、現在、たつの市では、市内47分団の消防車両について経年劣化の状況に応じた年次計画を策定の上、順次、更新を行っております。


 今回、更新する3台の車両のうち、消防ポンプ自動車1台につきましては、昭和63年に購入し25年を経年している新宮第16分団車両を更新するもので、小型動力ポンプ付積載車2台につきましては、昭和61年に購入し27年を経年している新宮第9分団車両と呼び昭和60年に購入し28年を経年している新宮第14分団車両をそれぞれ更新するものでございます。


 次に、契約の方法についてでございますが、去る5月16日、制限付一般競争入札を執行いたしました結果、有限会社岡本ポンプが3,097万5,000円で落札いたしましたので、このたび購入契約を締結しようとするものでございます。同社は、たつの市に本店を有し、創業以来、たつの市をはじめ近隣市町に消防ポンプ自動車や小型動力ポンプ付積載車などの各種消防車両、または消防関係機器を多数納入した実績があり、契約相手として信頼できる業者でございます。


 以上で、議案第44号の提案説明を終わらせていただきますが、何とぞ慎重ご審議の上、原案のとおり可決賜りますようお願い申し上げます。





○議長(松本義彦議員)


 上程議案に対する説明は終わりました。


 これより上程議案に対する質疑に入ります。


 ご発言ありませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)





○議長(松本義彦議員)


 ご発言がないので、質疑を終結いたします。


 この際、お諮りいたします。


 本件は、会議規則第35条第3項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(松本義彦議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本件は委員会付託を省略することに決しました。


 これより討論に入ります。


 ご発言ありませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)





○議長(松本義彦議員)


 ご発言がないので、討論を終結して、直ちに表決に入ります。


 お諮りいたします。


 上程中の議案第44号は、原案のとおり可決することに決してご異議ありませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)





○議長(松本義彦議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、議案第44号は、原案のとおり可決されました。





         〜日程第7 議案第45号から議案第46号〜





○議長(松本義彦議員)


 次は、日程第7、議案第45号 たつの市子ども・子育て会議条例制定について及び議案第46号 兵庫県市町交通災害共済組合規約の変更についての2件を一括議題といたします。


 これより上程議案に対する説明を求めます。


 健康福祉部長。





○健康福祉部長兼福祉事務所長(石原和良君)(登壇)


 ただいま議題となりましたもののうち、議案第45 たつの市子ども・子育て会議条例制定につきまして、提案の理由及びその内容についてご説明申し上げます。


 まず、提案の理由についてでございますが、我が国における急速な少子化の進行並びに家庭及び地域を取り巻く環境の変化に対応すべく、児童福祉法、その他子どもに関する法律と相まって、一人一人の子どもが健やかに成長することができる社会を実現することを目的として、平成24年8月22日に子ども・子育て支援法が制定されたところでございます。このたび、同法第77条の規定に基づき、特定教育、保育施設及び特定地域型保育事業所の利用定員を定めるとともに、市町村子ども・子育て支援事業計画を策定するにあたり意見を聞くため、また、市における子ども・子育て支援に関する施策の推進及び当該施策の実施状況を調査、審議するための機関として、たつの市子ども・子育て会議を条例で設置するものでございます。


 次に、条例の内容について、条を追ってご説明申し上げます。


 第1条は、たつの市子ども・子育て会議の設置について規定いたしております。


 第2条は、所掌する事務を規定し、第3条は、市長が委嘱・任命する委員の人数及びその範囲を規定したものでありまして、子ども・子育て支援に関する事業従事者、学識経験者、保護者等、子ども・子育て支援に関して各分野から人選しようとするものでございます。


 第4条は、委員の任期等について、第5条は、会議を代表する会長及び副会長の選出方法、職務について、第6条は、会議の招集、議決等について規定しているものでございます。


 第7条は、委員以外の者からの説明、または意見聴取について規定いたしております。


 第8条は、当該会議の庶務を所管する主管課を規定し、第9条は、委任について定めるものでございます。


 附則につきましては、第1項において、この条例の施行期日を公布の日からとし、第2項において、1回目の会議は市長が招集する旨を規定しているものでございます。


 以上で、議案第45号についての提案説明を終わらせていただきますが、何とぞ慎重ご審議の上、原案のとおり可決賜りますようお願い申し上げます。





○議長(松本義彦議員)


 市民生活部長。





○市民生活部長(森川幸一君)(登壇)


 引き続きまして、議案第46号 兵庫県市町交通災害共済組合規約の変更について、提案の理由及びその内容についてご説明申し上げます。


 当該交通災害共済組合は、兵庫県内8市12町で組織され、交通災害共済事業に関する事務を共同処理いたしております。


 本件は、このたび、養父市長から脱退の届け出がなされたことにより、兵庫県市町交通災害共済組合規約を改正するものでございまして、地方自治法第290条の規定により、関係する地方公共団体の議会の議決を得るために上程するものでございます。


 改正の内容につきましては、第5条で、組合の議会の議員定数を20人から19人に改め、第7条及び第9条で、略称を規定する条文を改め、法制上の整備を図るものでございます。


 別表につきましては、当組合を組織する市町の中から養父市を削るものでございます。


 附則につきましては、当規約改正の施行期日を兵庫県知事の許可があった日と規定するものでございます。


 以上で、議案第46号の提案説明を終わらせていただきますが、何とぞ慎重ご審議の上、原案のとおり可決賜りますようお願い申し上げます。





○議長(松本義彦議員)


 上程議案に対する説明は終わりました。


 これより上程議案に対する質疑に入ります。


 ご発言ありませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)





○議長(松本義彦議員)


 ご発言がないので、質疑を終結いたします。


 ただいま議題となっております議案第45号及び議案第46号の2件は、生活福祉常任委員会に付託いたします。





             〜日程第8 議案第47号〜





○議長(松本義彦議員)


 次は、日程第8、議案第47号 平成25年度たつの市一般会計補正予算(第1号)を議題といたします。


 これより上程議案に対する説明を求めます。


 企画財政部長。





○企画財政部長(井上彰悟君)(登壇)


 ただいま議題となりました議案第47号 平成25年度たつの市一般会計補正予算(第1号)について、提案の理由並びにその内容についてご説明申し上げます。


 今回の補正は、補助事業採択に伴う増額及びその他緊急やむを得ない事情により補正を必要とするものについて行っておりますのでご了承賜りたく存じます。


 補正予算第1条で、歳入歳出それぞれ5,535万円を追加し、予算総額を301億535万円とするものでございます。


 その主な事業内容につきましては、お手元に配付いたしております予算参考資料に詳細に記載いたしておりますのでご清覧願います。


 次に、補正予算の内容について、歳出からご説明申し上げますので、5ページをお開き願います。


 まず、第3款 民生費の第1項 社会福祉費のうち、社会福祉総務費につきましては、消費者行政活性化事業補助金の追加による財源変更を、障害者福祉費では新たな県の補助事業の追加による扶助費を計上いたしております。


 次に、第2項 児童福祉費につきましては、国の経済対策で、保育士の処遇改善に取り組む保育所へ資金を交付することにより、その人材確保を図るための臨時特例事業補助金の追加並びにその事務に従事する事務補佐員賃金の追加でございます。


 また、6ページの第3項 生活保護費につきましては、生活扶助基準の改正により、電算システムを改修する経費の追加でございます。


 次に、第4款 衛生費の第1項 保健衛生費では、風しん予防接種助成事業費を計上いたしております。これは、昨今、風しんが全国的に流行し、妊娠中の女性が風しんにかかりますと、生まれてくる赤ちゃんに難聴、心疾患や白内障などの障害をもたらす可能性がございます。そこで、母子の健康を守るため、緊急対策として風しん予防接種費用の一部助成を実施しようとするものでございます。


 次に、第5款 労働費の第1項 労働諸費では、緊急雇用対策補助事業の採択に伴う失業者を雇用する委託事業費の計上でございます。


 次に、第7款 商工費の第1項 商工費のうち、消費者行政推進費につきましては、県の補助事業配分額の決定による事業費の追加と財源変更でございます。


 また、観光費では、一般コミュニティ助成事業の採択による行事用テント購入費の追加計上でございます。


 次に、歳入についてご説明申し上げますので、3ページをお開き願いたいと思います。


 まず、第14款 国家支出金及び第15款 県支出金につきましては、歳出の際にも申し上げました事業に係る補助金の計上でございまして、第19款 繰越金につきましては、前年度繰越金の追加でございます。


 次に、4ページの第20款 諸収入につきましては、歳出の補正事業に係る助成金の計上でございます。


 以上で、議案第47号の一般会計補正予算の提案説明を終わらせていただきますが、何とぞ慎重ご審議の上、原案のとおり可決賜りますようお願い申し上げます。





○議長(松本義彦議員)


 上程議案に対する説明は終わりました。


 これより上程議案に対する質疑に入ります。


 ご発言ありませんか。


 15番堀讓議員。





○15番(堀  讓議員)


 労働諸費についてちょっとお尋ねします。


 これは県の委託事業の推進ということですが、地域特産物定着推進業務と、それから地域スポーツ振興業務、この内容についてもう少し詳しく説明をいただけないでしょうか。


 それから、この委託料、委託となっておりますので、どこへ委託するのでしょうか。


 以上、よろしくお願いします。





○議長(松本義彦議員)


 15番堀讓議員に申し上げます。一問一答形式でございますので、一問ずつお願いいたします。


 産業部長。





○産業部長(小河博信君)(登壇)


 ただいまのご質問なんですけども、これは国の補正予算を受けまして、地域の株式会社であるとか、地域に根差した産業をする株式会社であるとか、NPO法人に対しまして雇用を促進する意味からこういう委託経費をつけていただいております。


 先ほどありました、どこにということなんですけども、まず、最初の地域特産物定着推進事業につきましては、株式会社ささ営農、地域スポーツ振興業務委託につきましては、NPO法人の西播磨サッカー協会に委託する予定でございます。





○議長(松本義彦議員)


 15番堀讓議員。





○15番(堀  讓議員)


 この事業は、そうすると県の事業ですので単年度事業というふうに受け取ったらいいでしょうか。





○議長(松本義彦議員)


 産業部長。





○産業部長(小河博信君)


 今のところそのとおりでございます。





○議長(松本義彦議員)


 他にございませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)





○議長(松本義彦議員)


 ご発言がありませんので、質疑を終結いたします。


 ただいま議題となっております議案第47号は、各常任委員会に付託いたします。





                休 会 議 決





○議長(松本義彦議員)


 以上で、本日の日程は終了いたしました。


 この際、お諮りいたします。


 委員会会審査のため、明日7日から19日までの間、休会にいたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(松本義彦議員)


 ご異議なしと認めます。


 次の本会議は、6月20日午前10時より再開いたします。





                散 会 宣 告





○議長(松本義彦議員)


 この際、お知らせいたします。一般質問の発言通告は、6月12日水曜日、午後5時までとなっておりますので、よろしくお願いいたします。


 本日は、これをもって散会いたします。


 皆様、お疲れさまでした。





            散   会  午前10時53分











 地方自治法第123条第2項の規定により署名する。








 平成25年6月6日








                    たつの市議会議長  松 本 義 彦





                    会議録署名議員   小 寺 昭 男





                    会議録署名議員   松 下 信一郎