議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 たつの市

平成22年第3回たつの市議会定例会(第4日 6月24日)




平成22年第3回たつの市議会定例会(第4日 6月24日)





        平成22年第3回たつの市議会定例会議事日程(第4日)


 
                    平成22年6月24日(木)午前10時開議





1 開議宣告


  日程第1 議案第47号 たつの市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条


             例制定について


       議案第48号 たつの市職員の勤務時間、休日、休暇等に関する条例の一部


             を改正する条例制定について


       議案第49号 たつの市職員団体のための職員の行為の制限の特例に関する


             条例の一部を改正する条例制定について


       議案第50号 たつの市営住宅条例の一部を改正する条例制定について


       議案第51号 字の区域の変更について


       議案第52号 平成22年度たつの市一般会計補正予算(第2号)


       議案第53号 平成22年度たつの市国民健康保険事業特別会計補正予算


             (第1号)


       議案第54号 平成22年度たつの市下水道事業特別会計補正予算


             (第1号)


       議案第55号 平成22年度たつの市前処理場事業特別会計補正予算


             (第1号)


       請願第1号 30人以下学級実現、義務教育費国庫負担制度拡充に係る意


             見書の採択要請について


       請願第3号 保険でよりよい歯科医療の実現を求める意見書の提出につい


             て


                 (以上11件、各常任委員長報告から表決まで)


 (日程追加)委員会提出第1号 30人以下学級実現、義務教育費国庫負担制度拡充を


                求める意見書の提出について


                            (提案説明から表決まで)


 (日程追加)委員会提出第2号 保険でよりよい歯科医療の実現を求める意見書の提出


                について


                            (提案説明から表決まで)


 (日程追加)同意第4号 たつの市副市長選任の同意を求めることについて


                            (提案説明から表決まで)


  日程第2 委員会の閉会中の継続審査等について


2 閉会宣告


3 閉会あいさつ(議長・市長)











          会議に出席した議員





  1番 楠   明 廣       2番 三 里 茂 一


  3番 山 本 修 三       4番 内 匠 勇 人


  5番 赤 木 和 雄       6番 三 木 浩 一


  7番 名 村 嘉 洋       8番 畑 山 剛 一


  9番 桑 野 元 澄      10番 小 寺 昭 男


 11番 松 下 信一郎      12番 井 上   仁


 13番 今 川   明      14番 龍 田   惇


 15番 堀     讓      16番 森 本 重 宣


 17番 松 井 重 樹      18番 柳 生 陽 一


 19番 松 本 義 彦      20番 岸 野 文 信


 21番 角 田   勝      22番 竹 内   豊


 23番 横 田   勉      24番 ? 島 俊 一





          会議に欠席した議員





            な  し





         議事に関係した事務局職員





議会事務局長                吉 田 末 廣


副局長                   米 澤 幸 和


次長補佐                  西 川   廣


副主幹                   安 積   徹


副主幹                   梅 田 祐 子











      地方自治法第121条の規定による出席者





市長                    西 田 正 則


行政改革推進室長              小 西 千 之


総務部長                  山 口   昇


企画財政部長                田 口 隆 弘


市民生活部長                三 里   勉


健康福祉部長兼福祉事務所長         今 江   伸


産業部長                  腰 前   優


都市建設部長                山 本   実


下水道部長                 井 上 伸 史


公営企業部長兼水道事業所長         加 瀬 康 之


消防長                   満 田   惠


病院建設担当部長併御津病院事務局長     酒 江   肇


会計管理者                 武 本 一 秀


新宮総合支所長               川 本 敏 尋


揖保川総合支所長              高 西 王 典


御津総合支所長               丸 尾 博 則


総務部参事兼総務課長            坂 口 孝 志


企画財政部参事兼財政課長          井 上 彰 悟


市民生活部参事兼環境課長          松 原   強


産業部参事兼農地整備課長          丸 山 忠 勝


産業部参事兼商工観光課長          真 殿 基 義


都市建設部参事兼都市計画課長        永 安   悟


消防本部副消防長兼たつの消防署長      ? ? 良 三


消防本部参事兼総務課長           横 田 京 悟


税務課長                  森 本 浩 司


なんでも相談課長              岸 本 ひばり


国保医療年金課長              小 河 博 信


地域福祉課長                伊 藤 裕 明


児童福祉課長                上 田 照 一


高年福祉課長                石 原 和 良


健康課長                  塚 本 清 隆


下水道課長                 堀   秀 三


前処理場対策課長              谷   晴 視


消防本部予防課長              玉 田 龍 彦


消防本部警防課長              中 谷   均


教育委員会委員長              小 宅 正 純


教育長                   苅 尾 昌 典


教育管理部長                松 田 正 義


教育事業部長                田 中   守


教育管理部参事兼施設課長          前 田 一 彦


教育事業部参事兼文化財課長         長 尾   孝


教育事業部参事               八 木   隆


教育管理部教育総務課長           中 谷 泰 裕


教育管理部学校教育課長           徳 富 伸 吾


教育事業部社会教育課長           柴 田 康 弘


教育事業部人権教育推進課長         名 村   浩


教育事業部体育振興課長           内 海 潤 一











                 開 議 宣 告





○議長(井上 仁議員)


 皆さん、おはようございます。


 ただいまより本日の会議を開きます。


 この際、ご報告いたします。


 監査委員より、地方自治法第199条第4項及び第7項の規定により実施した監査の結果報告1件が提出されており、その写しをお手元に配付いたしておりますので、ご清覧願います。


 次に、本日の出席議員数及び地方自治法第121条の規定により、説明のため出席を求めた者の職・氏名につきまして、事務局長より報告いたさせます。





○議会事務局長(吉田末廣君)


 命によりご報告いたします。


 まず、本日の出席議員数についてでありますが、本日ただいまの出席議員は24名全員でございます。


 次に、地方自治法第121条の規定により、説明のため出席を求めた者の職・氏名については、お手元に配付いたしております名簿のとおりでありますが、市長から、副市長が欠席の旨、報告を受けておりますので、ご報告いたします。


 以上でございます。





○議長(井上 仁議員)


 以上で報告を終わります。


 次に、今期定例会の会議録署名議員については、6月4日の定例会第1日に、3番山本修三議員、4番内匠勇人議員を指名いたしておりますので、両議員、よろしくお願いいたします。





           〜日程第1 議案第47号から請願第3号〜





○議長(井上 仁議員)


 日程第1、議案第47号 たつの市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例制定についてから請願第3号 保険でよりよい歯科医療の実現の意見書採択を求める請願までの11件を一括議題といたします。


 これより各常任委員会の審査の経過及び結果等について、各常任委員長の報告を求めます。


 初めに、総務文教常任委員長の報告を求めます。


 三里茂一総務文教常任委員長。





○総務文教常任委員長(三里茂一議員)(登壇)


 ただ今、議題となっております12件のうち、総務文教常任委員会に付託になりました議案第47号から議案第49号、議案第52号中付託関係部分及び議案第53号中付託関係部分の5件並びに請願第1号の1件につきまして、総務文教常任委員会を代表して、付託経過並びに審査の結果及び経過等をご報告申し上げます。


 まず、付託経過については、去る6月4日の今期定例会初日の本会議において当委員会に付託されたものであります。


 次に、審査の結果でありますが、当委員会は、これらの付託議案審査のため、去る6月8日午後1時30分から、議会第1委員会室におきまして委員会を開催し、教育長をはじめ関係部課長の出席を求め、慎重に審査を行いました。


 その結果、当委員会に付託されました議案5件について、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。


 また、請願1件につきましても、全員異議なく採択すべきものと決した次第であります。


 次に、審査中に委員から出されました質疑、意見等のうち、主なものについて要約してご報告申し上げます。


 初めに、議案第47号 たつの市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例制定についてでありますが、委員から、本市の育児休業の取得状況はどのようであるかとの質疑があり、当局から、現在14名が育児休業を取得しており、育児短時間勤務については1名が取得している。このたびの一部改正は、育児休業が取得しやすくなる改正であるとの答弁でありました。


 次に、議案第48号 たつの市職員の勤務時間、休日、休暇等に関する条例の一部を改正する条例制定について及びたつの市職員団体のための職員の行為の制限の特例に関する条例の一部を改正する条例制定についてでありますが、特に質疑等はありませんでした。


 次に、議案第52号 平成22年度たつの市一般会計補正予算(第2号)中付託関係部分についてでありますが、消防本部所管分について、委員から、消防車両整備事業に伴う高規格救急車購入について、安全安心に配慮するためにも、救急自動車配備の見通しとして、走行距離や経過年数などによる購入整備の計画はどのような状況になっているのかとの質疑があり、当局からは、緊急車両であることから、先を見込んで購入計画をしなければならないと考えている。今期6月定例会の第1日において、財産の取得で可決された救急車両については、揖保川出張所及び御津出張所に概ね年内に配備する予定である。今回補正の2台については、たつの消防署に平成23年3月に配備したいと考えている。よって、来年3月末には管内の配備車両の7台のうち5台が新車になる予定である。また、太子消防署に走行距離数が約9万2千?の救急自動車があり、救急車両の更新基準を10年15万?としているが、出動頻度がかなり高いため、できるだけ早く更新したいと考えている。車両更新においては、補助金が採択できるような事業であれば、積極的に協議検討しながら更新を図っていきたいとの答弁でありました。


 次に、社会教育課所管分について、委員から、中垣内教育キャンプ場について、撤去する予定が継続になったことは、どのような内容で地元から要望があり、どのように利用計画を考えているのかとの質疑があり、当局から、教育キャンプ場の上部の自然林を活用して、木工教室の開催、飯ごう炊さん、自然観察及びアスレチック体験などの親子による自然体験を展開する計画が提出されているとの答弁でありました。


 これを受けて委員から、今後の利用者をどのように見込んでいるのかとの質疑があり、当局から、現在、揖西東地区推進協議会から7件の計画が提出されており、それ以外にも従前どおりのキャンプ及び野外活動による利用について、別のグループから提出されると考えている。また、これから夏に向けて予約も入ってくると期待しており、さらに小中学校、子ども会及び青少年育成協議会へ当キャンプ場のPRを行うとともに、地元自治会へも具体的な利用計画を周知する予定であるとの答弁でありました。


 次に、議案第53号 平成22年度たつの市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)中付託関係部分についてでありますが、特に質疑等はありませんでした。


 次に、請願第1号 30人以下学級実現、義務教育費国庫負担制度拡充に係る意見書の採択要請についてでありますが、5名の紹介議員を代表して、三木浩一議員に紹介議員の立場から、請願趣旨の説明を求めました。


 この説明に対して委員から、請願事項に対して特に異議を唱える意見等はなく、採決の結果、全員異議なく採択すべきものと決したものであります。


 以上で、当委員会の審査経過及び主な質疑等を要約してご報告申し上げましたが、議員各位におかれましては、当委員会の審査結果にご賛同賜りますようお願い申し上げまして、総務文教常任委員長の報告を終わります。





○議長(井上 仁議員)


 総務文教常任委員長の報告は終わりました。


 これより総務文教常任委員長報告に対する質疑に入ります。


 ご発言ありませんか。


               (「なし」と呼ぶ者あり)





○議長(井上 仁議員)


 ご発言がありませんので、次に、生活福祉常任委員長の報告を求めます。


 今川明生活福祉常任委員長。





○生活福祉常任委員長(今川 明議員)(登壇)


 ただ今、議題となっております12件のうち、生活福祉常任委員会に付託になりました議案第52号中付託関係部分及び議案第53号中付託関係部分の2件並びに請願第2号及び請願第3号の2件につきまして、生活福祉常任委員会を代表して、付託経過並びに審査の結果及び経過等をご報告申し上げます。


 まず、付託経過につきましては、先ほどの総務文教常任委員長の報告と同様でありますので、省略させていただきます。


 次に、審査の結果でありますが、当委員会は、これらの付託議案審査のため、去る6月9日午後1時30分から、議会第1委員会室におきまして委員会を開催し、副市長をはじめ関係部課長の出席を求め、慎重に審査を行いました。


 その結果、当委員会に付託されました議案2件は、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。


 また、付託された請願第3号につきましては、全員異議なく採択すべきものと決しました。


 次に、審査中に委員から出されました質疑、意見等のうち、主なものについて、要約してご報告申し上げます。


 初めに、議案第52号 平成22年度たつの市一般会計補正予算(第2号)中付託関係部分についてでありますが、商工費の消費者行政推進費の補正について、消費生活センター機能強化のために、全国消費生活情報ネットワークシステム機器の設置をすることに伴い、なんでも相談課の現事務所が手狭になるため、事務所を移転しようとするものとの当局からの説明に対して、委員から、どのようなシステムを設置するのかとの質疑があり、当局からは、消費生活相談に際して、よりきめ細かな対応をするため、過去にどのような相談があり、どう対処したかなど、各種情報や全国の相談状況が即座に見ることができるシステムを設置するものとの答弁でありました。


 また、委員から、公用車を購入するということだが、なんでも相談課が直接出向いて相談を受けるのかとの質疑があり、当局からは、ひとり暮らしの方への訪問や出前講座等、出る機会が多くなったことから、古い公用車を廃止し、新たに購入するものであるとの答弁でありました。


 次に、議案第53号 平成22年度たつの市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)中付託関係部分についてでありますが、特に質疑等はありませんでした。


 次に、請願第2号 後期高齢者医療制度をただちに廃止することを求める意見書採択を求める請願についてでありますが、2名の紹介議員を代表して、堀讓議員に請願趣旨の説明を求めました。


 請願の趣旨は、後期高齢者医療制度をただちに廃止し、もとの老人保健法に一たん戻したうえで、改めて高齢者が安心して医療が受けられる制度にすべきということでありますが、審査の結果、後期高齢者医療制度廃止後の新制度について、引き続き調査研究が必要であるとの意見があり、採決の結果、閉会中の継続審査とすることに決しました。


 なお、請願第2号については、別途閉会中の継続審査申出書を提出しておりますことを申し添えます。


 次に、請願第3号 保険でよりよい歯科医療の実現の意見書採択を求める請願についてでありますが、請願第2号と同様に堀讓議員に請願趣旨の説明を求めました。


 委員からは、請願事項に対して特に異議を唱える意見等はなく、採決の結果、全員異議なく採択すべきものと決しました。


 以上で、当委員会の審査経過及び主な質疑等を要約してご報告申し上げましたが、議員各位におかれましては、当委員会の審査結果にご賛同賜りますようお願い申し上げまして、生活福祉常任委員長の報告を終わります。





○議長(井上 仁議員)


 生活福祉常任委員長の報告は終わりました。


 これより生活福祉常任委員長報告に対する質疑に入ります。


 ご発言ありませんか。


               (「なし」と呼ぶ者あり)





○議長(井上 仁議員)


 ご発言がありませんので、次に、経済建設常任委員長の報告を求めます。


 桑野元澄経済建設常任委員長。





○経済建設常任委員長(桑野元澄議員)(登壇)


 ただ今、議題となっております12件のうち、経済建設常任委員会に付託になりました議案第50号から議案第52号中付託関係部分、議案第54号及び議案第55号の5件につきまして、経済建設常任委員会を代表して、付託経過並びに審査の結果及び経過等をご報告申し上げます。


 まず、付託経過についてでありますが、先ほどの総務文教常任委員長の報告と同様でありますので、省略させていただきます。


 次に、審査の結果でありますが、当委員会は、これらの付託議案審査のため、去る6月10日午後1時30分から、議会第1委員会室におきまして委員会を開催し、副市長をはじめ関係部課長の出席を求め、慎重に審査を行いました。


 その結果、当委員会に付託されました議案全件について、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決した次第であります。


 次に、審査中に委員から出されました質疑、意見等のうち、主なものについて、要約してご報告申し上げます。


 初めに、議案第50号 たつの市営住宅条例の一部を改正する条例制定についてでありますが、委員から、耐用年数がすぎた長屋形式等の市営住宅を払い下げているが、条例から名称と位置以外の項目を削除することで契約締結までの期間が短縮でき、購入者の利便性の向上を図れるとの説明であるが、現在の払い下げ状況はどうかとの質疑があり、当局からは、新宮町にある6カ所が対象で、件数は現在まで23件であるとの答弁でありました。


 また、委員から、払い下げの単価はどのようになっているのかとの質疑があり、当局からは、財政課が事務局の市有財産評価委員会で決定されたもので、現在の平米単価は2万1千円から2万4千円であるとの答弁でありました。


 次に、議案第51号 字の区域の変更についてでありますが、特に質疑はありませんでした。


 次に、議案第52号 たつの市一般会計補正予算(第2号)中付託関係部分についてでありますが、商工観光課所管分について、委員から、労働諸費のごみステーションWebGIS事業について、具体的な内容はどのようになっているのかとの質疑があり、当局からは、市内約2,800カ所のごみステーションがある。これまで集約させていなかったこれらの情報をGIS(地図情報システム)に入れることによって、ごみステーション等の場所等を確認することができる。また、市道の工事などにより、ごみの回収経路を事前に協議することもでき、生活に密着した事業であるとの答弁でありました。


 次に、議案第54号 たつの市下水道事業特別会計補正予算(第1号)についてでありますが、委員から、下水道情報システムはどのようなものかとの質疑があり、当局からは、GISの中に下水道施設のデータを取り込む委託業務である。GISでパソコンに取り込むことにより、市民に対し迅速に対応することができる。これまでの下水道台帳は2、3年ごとに全面更新委託しなければならず、多額の費用がかかっていたが、今回のシステムに移行すれば、委託料の削減になると考えるとの答弁でありました。


 また、委員から、もともと計画にあり、補助対象事業となったから行うのか、それとも国のほうから整備を行うようにとの指示があって行うのかとの質疑があり、当局からは、今年の4月に国から補助対象の通知を受け、この事業を推進することがよいと判断したとの答弁でありました。


 これに対して委員から、もともとGIS化をしなければならないという意識はあったのかとの質疑があり、当局からは、やるべきものと認識していたとの答弁でありました。


 次に、議案第55号 たつの市前処理場事業特別会計補正予算(第1号)についてでありますが、委員から、施設整備工事とはどのようなものかとの質疑があり、当局からは、今回は松原前処理場の脱臭ダクトの延長を想定している。平成22年度は、管理棟からの臭いを処理するために、土壌脱臭槽を当初予算で計上した。平成23年度以降で沈殿池にふたをして、その空気を引き込んで脱臭処理をするつなぎとなるものであるとの答弁でありました。


 これに対して委員から、現在のところ何%の進捗と理解したらいいのかとの質疑があり、当局からは、平成21年度の開始から約15%の進捗であるとの答弁でありました。


 以上で、当委員会の審査経過及び主な質疑等を要約してご報告申し上げましたが、議員各位におかれましては、当委員会の審査結果にご賛同賜りますようお願い申し上げまして、経済建設常任委員長の報告を終わります。





○議長(井上 仁議員)


 経済建設常任委員長の報告は終わりました。


 これより経済建設常任委員長報告に対する質疑に入ります。


 ご発言ありませんか。


               (「なし」と呼ぶ者あり)





○議長(井上 仁議員)


 ご発言がありませんので、質疑を終結して、直ちに討論に入ります。


 討論は、議案第47号から請願第3号までの11件を一括して行います。


 ご発言ありませんか。


               (「なし」と呼ぶ者あり)





○議長(井上 仁議員)


 ご発言がないので、討論を終結して、直ちに表決に入ります。


 都合により、分割して採決いたします。


 お諮りいたします。


 上程中の議案第47号から議案第49号までの3件は、総務文教常任委員長の報告のとおり原案可決することに決してご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(井上 仁議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、上程中の議案第47号から議案第49号までの3件は、総務文教常任委員長の報告のとおり原案可決されました。


 次に、お諮りいたします。


 上程中の議案第50号及び議案第51号の2件は、経済建設常任委員長の報告のとおり原案可決することに決してご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(井上 仁議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、上程中の議案第50号及び議案第51号の2件は、経済建設常任委員長の報告のとおり原案可決されました。


 次に、お諮りいたします。


 上程中の議案第52号から議案第55号までの4件は、各常任委員長の報告のとおり原案可決することに決してご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(井上 仁議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、上程中の議案第52号から議案第55号までの4件は、各常任委員長の報告のとおり原案可決されました。


 次に、お諮りいたします。


 上程中の請願第1号は、総務文教常任委員長の報告のとおり採択することに決してご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(井上 仁議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、請願第1号は、総務文教常任委員長の報告のとおり採択されました。


 次に、お諮りいたします。


 上程中の請願第3号は、生活福祉常任委員長の報告のとおり採択することに決してご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(井上 仁議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、請願第3号は、生活福祉常任委員長の報告のとおり採択されました。





             〜日程追加 委員会提出第1号〜





○議長(井上 仁議員)


 ただいま、三里茂一総務文教常任委員長から、委員会提出第1号 30人以下学級実現、義務教育費国庫負担制度拡充を求める意見書の提出についてが提出されました。


 この際、お諮りいたします。


 本件を本日の日程に追加し、直ちに議題といたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(井上 仁議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、委員会提出第1号を議題といたします。


 この際、お諮りいたします。


 本件については、あらかじめご協議願ったことでもありますので、提案説明、質疑及び委員会付託の議事を省略いたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(井上 仁議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、さよう決しました。


 これより討論に入ります。


 ご発言ありませんか。


               (「なし」と呼ぶ者あり)





○議長(井上 仁議員)


 ご発言がないので、討論を終結して、直ちに表決に入ります。


 お諮りいたします。


 上程中の委員会提出第1号は、原案のとおり可決することに決してご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(井上 仁議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、委員会提出第1号は、原案のとおり可決されました。





             〜日程追加 委員会提出第2号〜





○議長(井上 仁議員)


 ただいま、今川明生活福祉常任委員長から、委員会提出第2号 保険でよりよい歯科医療の実現を求める意見書の提出についてが提出されました。


 この際、お諮りいたします。


 本件を本日の日程に追加し、直ちに議題といたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(井上 仁議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、委員会提出第2号を議題といたします。


 この際、お諮りいたします。


 本件については、あらかじめご協議願ったことでもありますので、提案説明、質疑及び委員会付託の議事を省略いたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(井上 仁議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、さよう決しました。


 これより討論に入ります。


 ご発言ありませんか。


               (「なし」と呼ぶ者あり)





○議長(井上 仁議員)


 ご発言がないので、討論を終結して、直ちに表決に入ります。


 お諮りいたします。


 上程中の委員会提出第2号は、原案のとおり可決することに決してご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(井上 仁議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、委員会提出第2号は、原案のとおり可決されました。


 この際、お諮りいたします。


 ただいま可決されました委員会提出第1号及び委員会提出第2号の取扱い並びに字句等の整理につきましては、会議規則第41条の規定により、議長に一任願いたいと思いますが、ご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(井上 仁議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、さよう決しました。





               〜日程追加 同意第4号〜





○議長(井上 仁議員)


 ただいま、市長から、同意第4号 たつの市副市長選任の同意を求めることについてが提出されました。


 この際、お諮りいたします。


 本件を本日の日程に追加し、直ちに議題といたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(井上 仁議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、同意第4号を議題といたします。


 これより上程議案に対する説明を求めます。


 市長。





○市長(西田正則君)(登壇)


 ただいま議題となりました同意第4号 たつの市副市長選任の同意を求めることにつきまして、提案の理由及びその内容をご説明申し上げます。


 本件は、副市長の松尾和彦氏から、健康上の理由により、6月30日をもって退職したい旨の申出書が提出され、これまでも何度となく本人と話し合い、慰留に努めましたが、本人の意思は固く、健康上のことゆえ、また今後の生活も鑑みますと、本人の申し出を受けざるを得ないと決断いたしたところであります。


 これに伴い、後任の副市長として、7月1日付で田口隆弘氏を選任いたしたく、地方自治法第162条の規定に基づき、議会の同意を求めるものでございます。


 選任しようとする田口隆弘氏の経歴につきましては、議員各位もよくご承知のとおりでありまして、別添資料にお示ししておりますように、地方行政に関する経験は豊かであり、かつ人格識見ともにすぐれており、本市副市長として最も適任者であると確信するものでございます。何とぞ満場一致をもってご同意賜りますようお願い申し上げまして、説明を終わります。





○議長(井上 仁議員)


 上程議案に対する説明は終わりました。


 これより上程議案に対する質疑に入ります。


 ご発言ありませんか。


               (「なし」と呼ぶ者あり)





○議長(井上 仁議員)


 ご発言ないので、質疑を終結いたします。


 この際、お諮りいたします。


 本件は、会議規則第35条第3項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(井上 仁議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本件は、委員会付託を省略することに決しました。


 これより討論に入ります。


 ご発言ありませんか。


               (「なし」と呼ぶ者あり)





○議長(井上 仁議員)


 ご発言がないので、討論を終結して、直ちに表決に入ります。


 お諮りいたします。


 上程中の同意第4号は、原案のとおり同意することに決してご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(井上 仁議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、同意第4号は、原案のとおり同意されました。


 ただいま副市長に同意されました田口隆弘氏より発言を求められておりますので、これを許します。





○新副市長(田口隆弘君)(登壇)


 ただいま副市長選任のご同意をいただきまして誠にありがとうございます。身に余る大任でございますが、たつの市民のため、西田市長を補佐し、粉骨砕身努めてまいりますので、議員各位のご指導、ご鞭撻、よろしくお願い申し上げます。ありがとうございました。(拍手)





○議長(井上 仁議員)


 田口隆弘氏のあいさつは終わりました。





         〜日程第2 委員会の閉会中の継続審査等について〜





○議長(井上 仁議員)


 日程第2、委員会の閉会中の継続審査等についてを議題といたします。


 お手元に配付いたしておりますとおり、生活福祉常任委員長及び議会運営委員長から、委員会条例第40条の規定により、閉会中の継続審査の申し出並びに各常任委員長から同じく閉会中の継続調査の申し出がありました。


 お諮りいたします。


 議会運営委員長及び各常任委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査及び調査とすることに決してご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(井上 仁議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、議会運営委員長及び各常任委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査及び調査とすることに決しました。





                 閉 会 宣 告





○議長(井上 仁議員)


 以上で、今期定例会に付議されました議案は、すべて議了いたしました。


 これをもって、平成22年第3回たつの市議会定例会を閉会いたします。





               閉 会 あ い さ つ





○議長(井上 仁議員)


 閉会にあたりまして、一言ごあいさつを申し上げます。


 今期定例会は、去る6月4日に招集されましてから本日までの21日間の会期で開催され、専決処分した事件の承認をはじめ人事案件、工事請負契約、財産の取得、条例改正、補正予算、請願及び委員会提出案件等、数多くの重要案件を終始熱心かつ慎重にご審議賜り、それぞれ適切妥当なるご決定を賜りました。また、議会運営につきましても、格別のご協力によりまして、ここに閉会の運びとなりましたことを心より厚くお礼申し上げます。


 なお、理事者におかれましては、今期定例会において、委員会審査の中や議員から出されました意見、要望等を今後の市政運営に十分反映されますよう強く要望するものであります。


 さて、本日新たに選任同意されました新副市長におかれましては、政局の不安定さからも今後ますます変動が予測される政治経済情勢の中ではありますが、市長を補佐し、誠心誠意全力を挙げて市政発展のために取り組んでまいられますようご活躍を期待申し上げる次第であります。


 最後に、まだしばらくは梅雨空が続きますが、議員各位におかれましては、健康に十分ご留意賜り、本市発展のため、なお一層のご尽力を賜りますようお願い申し上げまして、閉会のごあいさつといたします。


 市長。





○市長(西田正則君)(登壇)


 平成22年第3回たつの市議会定例会が閉会されるにあたり、一言ごあいさつ申し上げます。


 議員各位には、追加議案として急きょ上程させていただきました副市長選任の人事案件をはじめといたしまして、今期定例会にご提案申し上げました案件につきまして、終始慎重にご審議を賜り、いずれも原案のとおり可決いただきましたことに対しまして心から厚くお礼を申し上げます。誠にありがとうございました。


 また、会期中にお寄せいただきました貴重なご意見につきましては、その意を十分尊重し、今後の市政運営に配慮してまいる所存でございます。


 ご承知のとおり、今月8日、新たな内閣が発足し、参議院議員選挙は7月11日に投開票の日程で行うことを決定いたしました。


 また、新内閣においても、引き続き地域主権の確立は政権の最重要課題と位置づけているところであります。


 こうした中、全国市長会をはじめとする地方6団体では、先般、国に対して、地方税源の強化や地方への権限移譲、補助金の一括交付金等についての意見書を提出したところであります。


 一方、本市におきましても、現在、市内16会場において実施しております「市民がまちを変え、市民がまちを創る」をテーマにしたまちづくりの集いをはじめ、市長とふれあい夢トーク、たつのまちづくり塾、そして、本年度より新たに市民協働委託事業を立ち上げるなど、真に自立した地域づくりを進めるために、市民一人ひとりが自分で行動し、強い連帯と協力で取り組んでいるところであり、これはまさに国が進める地方主権と符合した取組みであると強く確信しているところであります。


 また、本市の重要課題であります行政改革につきましては、平成22年度から28年度の7年間を計画期間とする新・行政改革大綱を策定いたしました。従来からの無駄の排除など、削減手法による改革は継続いたします。また、新たに市民参画のまちづくりとして、公募委員によって、市の施設や事務事業を審査していただく市民の市政診断を実施しますので、議員各位におかれましては、ご理解とご支援をよろしくお願い申し上げる次第でございます。


 なお、現在、算出している行革効果額は、平成18年度から21年度までの4年間、累積で平成17年度に比べ約50億円の見込みでございます。


 終わりに臨み、議員の皆様方におかれましては、今後とも十分に健康にご留意いただき、市政全般にわたり、なお一層のご尽力を賜りますようお願い申し上げ、閉会のごあいさつといたします。どうもありがとうございました。





○議長(井上 仁議員)


 どうも皆様、お疲れさまでした。





             閉   会  午前10時43分











 地方自治法第123条第2項の規定により署名する。








 平成22年6月24日








                    たつの市議会議長  井 上   仁





                    会議録署名議員   山 本 修 三





                    会議録署名議員   内 匠 勇 人