議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 たつの市

平成21年第3回たつの市議会定例会(第1日 6月 5日)




平成21年第3回たつの市議会定例会(第1日 6月 5日)





        平成21年第3回たつの市議会定例会議事日程(第1日)


 
                     平成21年6月5日(金)午前10時開会





1 開会あいさつ(議長・市長)


2 開会宣告


3 開議宣告


  日程第1 会議録署名議員の指名(7番 富永 靖議員、8番 小寺昭男議員)


  日程第2 会期の決定(6月5日(金)から6月25日(木)までの21日間)


  日程第3 承認第3号 専決処分した事件(平成21年度たつの市老人保健医療事業


             特別会計補正予算(第1号)について)の承認を求めること


             について


                            (提案説明から表決まで)


  日程第4 同意第2号 たつの市功労者として同意を求めることについて


                            (提案説明から表決まで)


  日程第5 同意第3号 人権擁護委員候補者推薦の意見を求めることについて


                            (提案説明から表決まで)


  日程第6 議案第42号 工事請負契約について


       議案第43号 たつの市住みよい環境を守る条例及びたつの市工場立地促進


             条例の一部を改正する条例制定について


                       (以上2件、提案説明から表決まで)


  日程第7 議案第44号 平成21年度たつの市一般会計補正予算(第1号)


       議案第45号 平成21年度たつの市学校給食センター事業特別会計補正予


             算(第1号)


                 (以上2件、提案説明から各常任委員会付託まで)


4 休会議決(日程通告)


5 散会宣告











           会議に出席した議員





  2番 森 本 重 宣       3番 山 本 修 三


  4番 武 内 純 一       5番 沖 田 宏 一


  6番 三 木 茂 毅       7番 永 富   靖


  8番 小 寺 昭 男       9番 角 田   勝


 10番 松 下 信一郎      11番 今 川   明


 12番 龍 田   惇      13番 横 田   勉


 14番 前 田 賢 治      15番 三 里 茂 一


 16番 岸 野   弘      17番 竹 内   豊


 18番 井 上   仁      19番 桑 野 元 澄


 20番 柳 生 陽 一      21番 栗 本 一 水


 22番 岸 野 文 信      23番 松 井 重 樹


 24番 楠   明 廣      25番 松 本 義 彦


 26番 坂 上 ? 明      27番 ? 島 俊 一


 28番 前 田 守 彦





           会議に欠席した議員


              な し





          議事に関係した事務局職員





議会事務局長                満 田   惠


次長                    丸 尾 博 則


次長補佐                  西 川   廣


副主幹                   安 積   徹


主査                    梅 田 祐 子











       地方自治法第121条の規定による出席者





市長                    西 田 正 則


副市長                   八 木 捷 之


副市長                   松 尾 和 彦


会計管理者                 山 村 茂 人


消防長                   坂 本 幸 夫


御津病院長                 山 下 義 信


行政改革推進室長              小 西 千 之


総務部長                  山 口   昇


企画財政部長                田 口 隆 弘


市民生活部長                谷   和 廣


健康福祉部長兼福祉事務所長         今 江   伸


産業部長                  濱   光 治


都市建設部長                山 本   実


下水道部長                 井 上 伸 史


公営企業部長                吉 田 末 廣


新宮総合支所長               三 里   勉


揖保川総合支所長              堀 本 敏 行


御津総合支所長               酒 江   肇


消防本部消防次長兼たつの消防署長      ? ? 良 三


御津病院事務局長              長 尾   孝


総務部参事兼総務課長            井 上 彰 悟


企画財政部参事兼広報秘書課長        坂 口 孝 志


市民生活部参事兼市民課長          川 本 敏 尋


市民生活部参事兼環境課長          松 原   強


健康福祉部参事兼健康課長          隅 田 隆 明


産業部参事兼農地整備課長          丸 山 忠 勝


産業部参事兼商工観光課長          真 殿 基 義


都市建設部参事兼用地課長          谷 本 義 和


公営企業部参事兼水道事業所長        加 瀬 康 之


消防本部参事兼総務課長           横 田 京 悟


行政改革推進室次長             家   宏 行


危機管理課長                上 西 義 弘


情報推進課長                堀 本 和 秀


税務課長                  森 本 浩 司


企画課長                  米 澤 幸 和


財政課長                  石 原 和 良


工事検査課長                田 口   衛


なんでも相談課長              岸 本 ひばり


国保年金課長                小 河 博 信


人権推進課長                福 井 廣 吉


地域福祉課長                塚 本 清 隆


児童福祉課長                上 田 照 一


高年福祉課長                内 見 博 隆


農林水産課長                永 瀬 正 人


地籍調査課長                内 海 忠 之


建設課長                  永 安   悟


都市計画課長                前 田 一 彦


町並み対策課長               出 田 忠 康


下水道課長                 三 村 晴 彦


前処理場対策課長              谷   晴 視


赤とんぼ荘支配人              伊 藤 裕 明


志んぐ荘支配人               森 川 幸 一


新舞子荘支配人               中 谷 泰 裕


会計課長                  高 部 修 一


消防本部予防課長              内 海 博 昭


消防本部警防課長              紙 名   猛


御津病院事務局次長             小 川   宏


教育委員長職務代行者            谷 口 勝 昭


教育長                   苅 尾 昌 典


教育管理部長                腰 前   優


教育事業部長                田 中   守


教育管理部参事兼教育総務課長        松 田 正 義


教育事業部参事兼文化財課長         家 氏 時 康


教育事業部参事               八 木   隆


教育管理部施設課長             松 田 泰 政


教育管理部学校教育課長           岡 本 育 夫


教育事業部社会教育課長           内 海 潤 一


教育事業部人権教育推進課長         徳 富 伸 吾


教育事業部体育振興課長           福 田 一 成











○議会事務局長(満田 惠君)


 皆様、おはようございます。


 本会議の開会に先立ちまして、ただいまから全国市議会議長会表彰の伝達式を執り行います。


 去る5月27日、東京都で開催されました「第85回全国市議会議長会定期総会」におきまして、市議会議員と町村議会議員との在職期間の通算により、市議会議員として、市政の発展に尽くされた功績をたたえ、表彰されるものでございます。


 ?島俊一議員におかれましては、議員25年以上の功績による特別表彰を受賞されました。


 井上仁議員におかれましては、議員15年以上の功績による表彰を受賞されました。


 また、三里茂一議員、坂上?明議員、桑野元澄議員、栗本一水議員、岸野文信議員、松本義彦議員、前田守彦議員におかれましては、議員10年以上の功績による表彰を受賞されました。


 ここに、議員各位にご報告申し上げます。


 あわせまして、栗本一水議員におかれましては、6月2日、兵庫県公館におきまして、長年にわたる自治功労に対しまして、兵庫県知事から、平成21年兵庫県功労者表彰を受賞されましたので、ここに、議員各位にご報告申し上げますとともに、深甚なる敬意を表してお祝い申し上げます。


 それでは、ただいまから表彰状の伝達式を行いますので、お名前を読み上げます。


 ?島俊一議員、井上仁議員、三里茂一議員、坂上?明議員、桑野元澄議員、栗本一水議員、岸野文信議員、松本義彦議員、前田守彦議員は、演壇の前のほうへお進みいただきたいと思います。





○議長(角田 勝議員)


  表彰状 たつの市 ?島俊一殿


 あなたは、市議会議員として、25年の長きにわたって市政の発展に尽くされ、その功績は特に著しいものがありますので、第85回定期総会にあたり、本会表彰規程によって特別表彰をいたします。


 平成21年5月27日


 全国市議会議長会会長 五本幸正 代読(拍手)


  表彰状 たつの市 井上仁殿


 あなたは、市議会議員として16年、市政の振興に努められ、その功績は著しいものがありますので、第85回定期総会にあたり、本会表彰規程により表彰いたします。


 平成21年5月27日


 全国市議会議長会会長 五本幸正 代読(拍手)


  表彰状 たつの市 三里茂一殿


 あなたは、市議会議員として12年、市政の振興に努められ、その功績は著しいものがありますので、第85回定期総会にあたり、本会表彰規程により表彰をいたします。


 平成21年5月27日


 全国市議会議長会会長 五本幸正 代読(拍手)


  表彰状 たつの市 坂上?明殿


 文章、同じです。(拍手)


  表彰状 たつの市 桑野元澄殿


 あなたは、市議会議員として10年、市政の振興に努められ、その功績は著しいものがありますので、第85回定期総会にあたり、本会表彰規程により表彰をいたします。


 平成21年5月27日


 全国市議会議長会会長 五本幸正 代読(拍手)


  表彰状 たつの市 栗本一水殿


 文章、同じです。(拍手)


  表彰状 たつの市 岸野文信殿


 文章、同じです。(拍手)


  表彰状 たつの市 松本義彦殿


 文章、同じです。(拍手)


  表彰状 たつの市 前田守彦殿


 文章、同じです。(拍手)





○議会事務局長(満田 惠君)


 誠におめでとうございました。


 それでは、受賞されました議員を代表していただきまして、?島俊一議員からごあいさつをいただきたいと思います。





○27番(?島俊一議員)


 9名を代表いたしまして、一言御礼の言葉を申し上げたいと思います。


 私たち9名は、このたび、10年、12年、15年、25年、それぞれ議員永続の勤続の表彰を全国市議会議長会において、東京におきまして、角田勝たつの市議会議長が伝達表彰を受けられました。


 本日、このたつの市議会本会議場におきまして、ただいま伝達を受けたところでございます。誠に光栄であり、感激のきわみでございます。本当にありがとうございます。


 かくなる上は、私たちは、これまでの議会の経験と知識を生かしまして、たつの市議会の名誉と品位と向上のために、ひいては、たつの市政の発展のために全力を挙げて尽くしたいと思うわけでございます。


 本当に誠に簡単ではございますけれども、これをもちまして、御礼のお言葉とかえさせていただきます。本日は本当にありがとうございました。(拍手)





○議会事務局長(満田 惠君)


 これをもちまして、全国市議会議長会表彰の伝達式を終了いたします。


 ありがとうございました。





               議 長 あ い さ つ





○議長(角田 勝議員)


 皆さん、おはようございます。


 開会に先立ちまして、一言ごあいさつを申し上げます。


 ホタルの乱舞が清流に蘇えり、夏の訪れを告げる季節となりましたが、議員各位には、公私ともご多忙の中、ご健勝にてご参集賜り、本日ここに、平成21年第3回たつの市議会定例会が開会の運びとなりましたことは、誠にご同慶にたえない次第でございます。


 さて、今期定例会には、既にお手元にお届けしておりますとおり、承認案件、人事案件、条例改正、補正予算等の案件が提出されております。


 いずれも重要な案件でございますので、議員各位におかれましては、慎重にご審議いただき、適切なるご決定を賜りますようお願い申し上げます。


 また、議会運営につきましても、議員の格段のご協力を賜りますようお願い申し上げまして、開会のごあいさつとさせていただきます。


 西田市長。





               市 長 あ い さ つ





○市長(西田正則君)(登壇)


 開会に先立ちまして、一言ごあいさつ申し上げます。


 いよいよ本格的な梅雨の季節となり、日増しに暑さも加わってまいりました。


 本日ここに、平成21年第3回たつの市議会定例会を招集いたしましたところ、議員の皆様には、ご健勝にてご出席を賜り、ここに開会が宣せられる運びとなりましたことに対し、心から厚くお礼申し上げます。


 また、5月下旬から開催いたしております「まちづくりの集い」には、議員各位にはご出席を賜り、改めてお礼を申し上げるところでございます。市民の皆様からいただいた貴重なご意見については、真摯に受けとめ、市政に反映してまいりたいと存じます。


 なお、ご要望等のうち、早急に実施できるものにつきましては、迅速な対応をとるよう、今月1日の庁議において指示いたしたところでございます。


 さて、5月末をもちまして出納閉鎖をいたしました20年度各会計の決算につきまして、目下調整中でございますが、その概要を申し上げます。


 一般会計においては、実質4億2,800万円余りが、国民健康保険事業特別会計では5,800万円余りが、また、介護保険事業特別会計では4,900万円余りが、後期高齢者医療事業特別会計では1,400万円余りが繰り越しとなる見込みで、その他特別会計につきましても、おおむね計画どおりの決算となる予定でございます。


 なお、老人保健医療事業特別会計につきましては、国庫負担金等の一部が翌年度で精算されるため、歳入不足となりましたので、専決処分により、平成21年度予算からの繰上げ充用をしており、今回、議会の承認を得ようとするものでございます。


 一方、企業会計のうち、病院事業会計につきましては、4,400万円余りの純利益を、水道事業会計につきましても2,800万円余りの純利益を計上する見込みであり、また、国民宿舎事業会計につきましては、3荘合算で1億1千万円余りの純損失を計上する見込みでございます。


 さて、今期定例会でご審議をお願いいたします案件は、既にお手元にお届けいたしておりますとおり、承認案件1件、同意案件2件、工事請負契約1件、条例関係1件、補正予算2件の合計7件でございます。これらはいずれも重要なものばかりでございますので、何とぞ慎重なご審議をいただきまして、全議案につきまして、原案のとおりご賛同賜りますようお願い申し上げます。


 なお、今回の国の補正予算には、子育て応援特別手当の支給枠拡大やがん検診助成事業の創設などが盛り込まれており、現時点では施行期日が不明ですが、場合によっては、一般会計補正予算を今会期中に追加提案いたす必要が生じることも考えられますので、あらかじめご了承賜りますようお願い申し上げまして、ごあいさつといたします。ありがとうございました。





                 開 会 宣 告





○議長(角田 勝議員)


 ただいまより、平成21年第3回たつの市議会定例会を開会いたします。





                 開 議 宣 告





○議長(角田 勝議員)


 これより本日の会議を開きます。


 この際、ご報告いたします。


 本日の会議につきましては、報道関係者から議場内の写真、テレビ撮影等の申出があり、たつの市議会傍聴規則第9条の規定により、議長において許可しておりますので、よろしくご留意をお願いします。


 次に、平成21年6月3日、1番山本直人議員から辞職願が提出され、地方自治法第126条の規定により、議長において、辞職を同日付で許可いたしましたので、ご報告申し上げます。


 次に、本日、ただいままでに受理いたしました請願は1件であります。


 お手元に配付いたしております請願文書表のとおり、文教企業常任委員会へ付託いたしますので、よろしく審査をお願いいたします。


 次に、市長より、地方自治法施行令第146条第2項の規定による平成20年度たつの市一般会計及び下水道事業特別会計の繰越明許費繰越計算書並びに地方公営企業法第26条第3項の規定による平成20年度たつの市水道事業会計予算繰越計算書が提出されており、その写しをお手元に配付いたしておりますので、ご清覧願います。


 次に、同じく市長より、地方自治法第243条の3第2項の規定による平成20年度たつの市土地開発公社の経営状況報告書並びに平成20年度財団法人童謡の里龍野文化振興財団の経営状況報告書並びに平成20年度たつの市みつ町観光開発株式会社の経営状況報告書が提出されており、その写しをお手元に配付しておりますので、ご清覧願います。


 次に、同じく市長より、地方自治法第180条第1項の規定により、専決処分した事件の報告1件が提出され、その写しをお手元に配付いたしておりますので、ご清覧願います。


 次に、監査委員より、地方自治法第199条第4項の規定による定期監査の結果報告1件、同法第235条の2第1項の規定による例月出納検査の結果報告1件が提出されており、その写しをお手元に配付いたしておりますので、ご清覧願います。


 次に、去る5月15日に開催されました平成21年第2回たつの市議会臨時会以降における議長会等の諸会議についてでありますが、5月27日に東京都におきまして、第85回全国市議会議長会定期総会が開催され、部会提出議案並びに会長提出議案が審議され、全件が原案のとおり可決されました。


 次に、本日の出席議員数及び地方自治法第121条の規定により、説明のため出席を求めた者の職・氏名につきまして、事務局長より報告いたさせます。





○議会事務局長(満田 惠君)


 命により、ご報告いたします。


 まず、本日の出席議員数についてでありますが、本日ただいまの出席議員は27名全員でございます。


 次に、地方自治法第121条の規定により、説明のため出席を求めた者の職・氏名についてでありますが、お手元に配付いたしております名簿のとおりでありますので、ご清覧願います。


 以上でございます。





○議長(角田 勝議員)


 以上で報告を終わります。





            〜日程第1 会議録署名議員の指名〜





○議長(角田 勝議員)


 これより日程に入ります。


 まず、日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 本定例会の会議録署名議員は、会議規則第75条の規定により、議長において、7番永富靖議員、8番小寺昭男議員を指名いたします。


 両議員、よろしくお願いいたします。





               〜日程第2 会期の決定〜





○議長(角田 勝議員)


 次は、日程第2、会期の決定を議題といたします。


 お諮りいたします。


 今期定例会の会期は、本日から6月25日までの21日間といたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(角田 勝議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、会期は、本日から6月25日までの21日間と決しました。





               〜日程第3 承認第3号〜





○議長(角田 勝議員)


 次は、日程第3、承認第3号 専決処分した事件(平成21年度たつの市老人保健医療事業特別会計補正予算(第1号)について)の承認を求めることについてを議題といたします。


 これより上程議案に対する説明を求めます。


 企画財政部長。





○企画財政部長(田口隆弘君)(登壇)


 ただいま議題となりました承認第3号 専決処分した事件の承認を求めることについて、専決の理由並びにその内容についてご説明申し上げます。


 本件は、平成20年度たつの市老人保健医療事業特別会計の決算見込みにおいて、歳入総額が7億6,758万7千円に対し、歳出総額が7億7,077万5千円となり、差し引き318万8千円の不足が見込まれたために、これを平成21年度の予算でもって繰上充用の措置が必要となり、5月臨時議会が閉会された後でもあり、かつ緊急を要しましたので、地方自治法の規定により、専決処分によって措置いたしたものでございます。


 なお、歳入欠陥となりました要因としましては、国庫負担金の一部が翌年度で精算されるために、これの収支が平成21年度へずれ込むためでございます。


 それでは、予算の内容についてご説明申し上げます。


 3ページの歳出をご覧いただきたいと思います。


 第2款 諸支出金におきまして、826万9千円を追加いたしておりますが、これは平成20年度において収入しました支払基金交付金の医療費及び事務費負担金並びに県負担金の医療費負担金の収入超過分を平成21年度において返還するものでございます。


 次に、第3款 前年度繰上充用金318万8千円は、先ほどご説明いたしました平成20年度の歳入不足額を補てんする充用金でございます。


 次に2ページの歳入についてでございますが、第2款 国庫支出金で1,145万7千円を精算交付額として計上いたしております。


 以上で、専決のやむを得ない事情をご理解いただきまして、満場一致のご承認を賜りますようお願い申し上げます。





○議長(角田 勝議員)


 上程議案に対する説明は終わりました。


 これより上程議案に対する質疑に入ります。


 ご発言ありませんか。


               (「なし」と呼ぶ者あり)





○議長(角田 勝議員)


 ご発言がないので、質疑を終結いたします。


 この際、お諮りいたします。


 本件は、会議規則第35条第3項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(角田 勝議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本件は、委員会付託を省略することに決しました。


 これより討論に入ります。


 ご発言ありませんか。


               (「なし」と呼ぶ者あり)





○議長(角田 勝議員)


 ご発言がないので、討論を終結して、直ちに表決に入ります。


 お諮りいたします。


 上程中の承認第3号は、原案のとおり承認することに決してご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(角田 勝議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、承認第3号は、原案のとおり承認されました。





               〜日程第4 同意第2号〜





○議長(角田 勝議員)


 次は、日程第4、同意第2号 たつの市功労者として同意を求めることについてを議題といたします。


 これより上程議案に対する説明を求めます。


 松尾副市長。





○副市長(松尾和彦君)(登壇)


 ただいま議題となりました同意第2号 たつの市功労者として同意を求めることについての提案の理由をご説明申し上げます。


 本件は、たつの市功労者表彰条例に基づく本市功労者として、たつの市揖西町清水新69番地1の白谷澄子氏、たつの市龍野町富永192番地16の竹本美好氏、たつの市揖保川町山津屋145番地3の松尾寛美氏、たつの市龍野町日山356番地の和田千代氏、たつの市新宮町千本483番地1の北林俊明氏、揖保郡太子町老原556番地2の木下修氏、たつの市新宮町下笹102番地の田渕守氏、たつの市新宮町下笹31番地3の三浦謙三氏、たつの市新宮町下野151番地の八木利一氏の9名を表彰いたしたく、同条例第2条第3号の規定に基づき、議会の同意を賜りたく、ご提案いたした次第でございます。


 白谷澄子氏、和田千代氏につきましては、長きにわたり、旧龍野市の地区婦人会長として、また連合婦人会副会長として、婦人会活動を通して明るく住みよいまちづくりにご尽力いただくとともに、合併後は、婦人会組織の基盤づくりに貢献されるなど、市政の推進に多大の功績を残されているものでございます。


 竹本美好氏につきましては、長きにわたり、旧龍野市の小宅地区婦人会長として、また市連合婦人会長として、卓越した手腕と指導力により、明るく住みよいまちづくりにご尽力いただくとともに、合併後は、地域と協働した活力ある婦人会組織の基盤づくりに貢献されるなど、市政の推進に多大の功績を残されているものでございます。


 松尾寛美氏につきましては、長きにわたり、旧揖保川町の婦人会副会長として、また婦人会長として、婦人会活動を通して住民の融和団結と明るく住みよいまちづくりにご尽力いただくとともに、合併後は、婦人会組織の基盤づくりに貢献されるなど、市政の推進に多大の功績を残されているものでございます。


 北林俊明氏、三浦謙三氏、八木利一氏につきましては、旧新宮町及びたつの市職員として、長きにわたって勤務され、その間、管理職として幾多の困難な職責を全うされ、合併後は、円滑な事務移行や地域間の均衡を図るための事務調整に尽力されるなど、本市行政の運営並びに執行に多大の貢献をされたものであります。


 木下修氏につきましては、旧御津町及びたつの市職員として、長きにわたって勤務され、その間、御津病院を地域医療の拠点施設として、医療技術の向上に努められるとともに、病院経営に手腕を発揮されるなど、本市の保健事業及び医療サービスに多大の貢献をされたものであります。


 田渕守氏につきましては、旧龍野市及びたつの市職員として、長きにわたって勤務され、その間、管理職として幾多の困難な職責を全うされ、合併後は、円滑な事務移行や地域間の均衡を図るための事務調整に尽力されるなど、本市行政の運営並びに執行に多大の貢献をされたものであります。


 以上、9名の経歴につきましては、別紙資料として添付いたしておりますので、割愛させていただきますが、何とぞ慎重にご審議を賜り、満場一致のご賛同をもってご同意賜りますようお願い申し上げ、説明を終わらせていただきます。





○議長(角田 勝議員)


 上程議案に対する説明は終わりました。


 これより上程議案に対する質疑に入ります。


 ご発言ありませんか。


               (「なし」と呼ぶ者あり)





○議長(角田 勝議員)


 ご発言がないので、質疑を終結いたします。


 この際、お諮りいたします。


 本件は、会議規則第35条第3項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(角田 勝議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本件は、委員会付託を省略することに決しました。


 これより討論に入ります。


 ご発言ありませんか。


               (「なし」と呼ぶ者あり)





○議長(角田 勝議員)


 ご発言がないので、討論を終結して、直ちに表決に入ります。


 都合により、分割して採決いたします。


 初めに、上程中の同意第2号のうち、白谷澄子氏についてお諮りいたします。


 同氏について、原案のとおり同意することに決してご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(角田 勝議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、同氏は、原案のとおり同意されました。


 次に、上程中の同意第2号のうち、竹本美好氏についてお諮りいたします。


 同氏について、原案のとおり同意することに決してご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(角田 勝議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、同氏は、原案のとおり同意されました。


 次に、上程中の同意第2号のうち、松尾寛美氏についてお諮りいたします。


 同氏について、原案のとおり同意することに決してご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(角田 勝議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、同氏は、原案のとおり同意されました。


 次に、上程中の同意第2号のうち、和田千代氏についてお諮りいたします。


 同氏について、原案のとおり同意することに決してご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(角田 勝議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、同氏は、原案のとおり同意されました。


 次に、上程中の同意第2号のうち、北林俊明氏についてお諮りいたします。


 同氏について、原案のとおり同意することに決してご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(角田 勝議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、同氏は、原案のとおり同意されました。


 次に、上程中の同意第2号のうち、木下修氏についてお諮りいたします。


 同氏について、原案のとおり同意することに決してご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(角田 勝議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、同氏は、原案のとおり同意されました。


 次に、上程中の同意第2号のうち、田渕守氏についてお諮りいたします。


 同氏について、原案のとおり同意することに決してご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(角田 勝議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、同氏は、原案のとおり同意されました。


 次に、上程中の同意第2号のうち、三浦謙三氏についてお諮りいたします。


 同氏について、原案のとおり同意することに決してご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(角田 勝議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、同氏は、原案のとおり同意されました。


 次に、上程中の同意第2号のうち、八木利一氏についてお諮りいたします。


 同氏について、原案のとおり同意することに決してご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(角田 勝議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、同氏は、原案のとおり同意されました。





               〜日程第5 同意第3号〜





○議長(角田 勝議員)


 次は、日程第5、同意第3号 人権擁護委員候補者推薦の意見を求めることについてを議題といたします。


 これより上程議案に対する説明を求めます。


 八木副市長。





○副市長(八木捷之君)(登壇)


 ただいま議題となりました同意第3号 人権擁護委員候補者推薦の意見を求めることについてご説明を申し上げます。


 本件は、法務大臣から委嘱されて、本市に設置されております人権擁護委員13名のうち、勝部多鶴子氏の任期が平成21年9月30日をもって任期満了となりますとともに、人権擁護委員制度拡充施策の一環として、新たに定員が1名増となりますので、勝部多鶴子氏については引き続き、南木喜和子氏については、新たに推薦いたしたく、ここに人権擁護委員法第6条第3項の規定により、議会の意見を求めようとするものであります。


 ご高承のとおり、人権擁護委員は、国民の基本的人権が侵犯されることのないように監視し、もしこれが侵犯された場合には、その救済のため、速やかに適切な処理をとるとともに、人権相談をはじめ、常に人権思想の普及高揚に努めることを使命とするものでありあます。


 この委員は、市長が市議会議員の選挙権を有する住民のうちから選んだ候補者について、本市議会の推薦に同意する旨の意見を得た後、法務大臣に推薦するものであり、その任期は3年でございます。


 ここに、候補者として推薦しようとしております2名の方々につきましては、別添資料のとおりでありまして、人格識見ともに優れており、委員候補者としてまさに適任者であるものと確信するものであります。何とぞ満場一致をもって同意を賜りますようお願い申し上げまして、説明を終わります。





○議長(角田 勝議員)


 上程議案に対する説明は終わりました。


 これより上程議案に対する質疑に入ります。


 ご発言ありませんか。


               (「なし」と呼ぶ者あり)





○議長(角田 勝議員)


 ご発言がないので、質疑を終結いたします。


 この際、お諮りいたします。


 本件は、会議規則第35条第3項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(角田 勝議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本件は、委員会付託を省略することに決しました。


 これより討論に入ります。


 ご発言ありませんか。


               (「なし」と呼ぶ者あり)





○議長(角田 勝議員)


 ご発言がないので、討論を終結して、直ちに表決に入ります。


 都合により、分割して採決いたします。


 初めに、上程中の同意第3号のうち、勝部多鶴子氏についてお諮りいたします。


 同氏について、原案のとおり同意することに決してご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(角田 勝議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、同氏は、原案のとおり同意されました。


 次に、上程中の同意第3号のうち、南木喜和子氏についてお諮りいたします。


 同氏について、原案のとおり同意することに決してご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(角田 勝議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、同氏は、原案のとおり同意されました。


 このままの状態で暫時休憩いたします。





             休   憩  午前10時39分


             再   開  午前10時40分





○議長(角田 勝議員)


 会議を再開します。





           〜日程第6 議案第42号・議案第43号〜





○議長(角田 勝議員)


 次は、日程第6、議案第42号 工事請負契約について及び議案第43号 たつの市住みよい環境を守る条例及びたつの市工場立地促進条例の一部を改正する条例制定についての2件を一括議題といたします。


 これより上程議案に対する説明を求めます。


 企画財政部長。





○企画財政部長(田口隆弘君)(登壇)


 ただいま議題となりましたもののうち、議案第42号 工事請負契約について、提案の理由並びにその内容についてご説明申し上げます。


 この工事請負契約につきましては、たつの市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条に基づきまして提案するものでございます。


 工事概要につきましては、参考資料を添付しておりますので、ご清覧いただきたいと存じます。


 このたびに工事着手に至る経緯でございますが、市役所本庁舎は、昭和47年に新築され、37年を経過しており、同63年の増築部分も含め、建物の老朽化と耐震強度不足が指摘されております。そこで、鉄骨ブレース補強、鉄筋コンクリート造耐震壁補強、さらに柱、梁の鉄板巻き補強などの耐震工事を重点に庁舎を改修することによりまして、これらの問題を解消するとともに、地震発生時における来庁者並びに職員の安全確保と災害対策本部としての機能保全を図ろうとするものでございます。


 次に、この工事の契約につきましては、当該工事の規模、内容に対応できる施工能力及び実績等を勘案し、制限付き一般競争入札により、去る5月18日に執行しました結果、赤鹿・横田特別共同企業体が落札金額2億3,919万円、落札率65.3%で落札いたしましたので、工事請負契約を締結しようとするものでございます。


 同企業体の代表者である株式会社赤鹿建設は、姫路市内に本店を有し、県営住宅建築工事等の公共事業をはじめ、数多くの建築工事を施工しており、同市内でも有数の総合建設業者でございます。また、同企業体を構成する有限会社横田住建は、地元たつの市内で建築工事を専門に営む業者で、両社が協力し、その技術力と経験を生かすことによって、このたびの請負工事においても設計内容に適合した工事施工がなされるものと確信しております。


 工期につきましては、本議会の議決を得ましてから平成22年6月30日までの間としております。


 以上で議案第42号の提案説明を終わらせていただきますが、何とぞ原案のとおり可決賜りますようお願い申し上げます。





○議長(角田 勝議員)


 八木副市長。





○副市長(八木捷之君)(登壇)


 引き続きまして、議案第43号 たつの市住みよい環境を守る条例及びたつの市工場立地促進条例の一部を改正する条例制定について、提案の理由及びその内容についてご説明申し上げます。


 まず、提案の理由でございますが、統計法の全部改正が平成19年5月23日に公布され、本年4月1日に施行されたことを受けて、平成21年「総務省告示第175号」により、日本標準産業分類の全部改正が行われましたので、当該産業分類を引用する条例の所要の改正を行うものでございます。


 次に、改正の内容につきましてご説明申し上げます。


 第1条は、たつの市住みよい環境を守る条例第2条第10号において、第2条は、たつの市工場立地促進条例別表対象事業の項 播磨科学公園都市以外の区域の欄において、それぞれ総務省の告示番号を改めるものでございます。


 以上で議案第43号の提案説明を終わりますが、何とぞ慎重ご審議の上、原案のとおり可決いただきますようお願い申し上げます。





○議長(角田 勝議員)


 上程議案に対する説明は終わりました。


 これより上程議案に対する質疑に入ります。


 ご発言ありませんか。


 21番栗本一水議員。





○21番(栗本一水議員)


 議案第42号の工事請負契約についてお尋ねをいたします。


 議会運営委員会において、落札業者であります赤鹿、それから横田住建、この2社の経営審査事項の点数とか、そういう資料を出していただきたいということは申し上げました。それで、今日確かに参考資料としてはいただいておるんですけれども、入札が条件付きの入札であったと思います。その条件というのは、金額設定でどういうふうに今現在執行されているのか。例えば、県のAランク、それからBランク、Cランクがあろうと思うんですけれども、たつの市内において、金額的にどのぐらいのものはどういった形で条件をつけておられるのか、その区分け、区分をお聞かせ願いたいと思います。


 以上です。





○議長(角田 勝議員)


 企画財政部長。





○企画財政部長(田口隆弘君)


 建築工事につきまして、金額1億5千万円を超えるものにつきましては、市内業者だけでは施工する業者数が少ないため、JV、もしくは市外業者から広く公募できるような形で進めております。


 ちなみに、本工事につきましては、参加資格要件としまして、従来の工事、今までの工事を参考にいたしまして、単体、1社で参加できる場合は、市内業者は955点、ちなみにこれはAランク以上になるわけなんですけども、955点以上。県内業者は1,100点以上、県内に支店を有する業者は1,300点以上という形でしております。単体では、市内業者が1社しか参加できないために、地元業者にも参加の機会を設けるために、従来から共同企業体、JVというのを認めております。このJVの場合は、県内に本店を有するAランク以上955点以上のものと、市内の本店660点、Dランク以上なんですけども、660点以上のものが構成する場合、JVという形で特別共同企業体という形で参加することができるという形にしております。


 なおかつ、今回は施工実績を求めておりまして、2億円以上の施工実績を有するものという形で、大まかな大きな参加要件としましては、以上でございます。





○議長(角田 勝議員)


 21番栗本一水議員。





○21番(栗本一水議員)


 その都度、条件は変わっているのかどうか。前回の入札、その前の入札では、一定の条件で実施をされておるのか、それとも工事によってその条件は変わっているのか。


 それから、もう一点は、資料をいただいていますけれども、改札結果表の設計額、予定価格、落札金額、調査基準価格、調査基準最低価格をどういうふうにして出したのか、ちょっと理解が私のほう、できませんので、その説明をお願いいたします。





○議長(角田 勝議員)


 企画財政部長。





○企画財政部長(田口隆弘君)


 参加条件につきましては、大体金額に応じてほぼ同様の形で設定をしております。


 金額が、建物の工事金額が10億や20億となりましたら、当然この2億、3億の工事とは参加要件が変わってくるという形になりますので、大体の目安の金額で従来どおりの設定をしております。


 それと、調査基準価格、調査基準最低価格の関係なんですけども、これにつきましては、計算式を公表しておりまして、調査基準価格の算定方法としましては、直接工事費の95%、共通仮設費の90%、現場管理費の60%、一般管理費の30%を合計した金額を調査基準価格という形で設定しております。調査基準最低価格につきましては、直接工事費の75%、共通仮設費の70%、現場管理費の60%、一般管理費の30%という形でしております。


 今回、予定価格というのがございまして、予定価格と本来は調査基準価格という形の間が本来の落札という形になるんですけども、今回は調査基準価格がありますのでということで、それを下回っても調査基準最低価格を下回らない、それを上回る間については、一たん落札を保留して、その内容等を十分審査しました上で落札を決定しているというのが現状でございます。


 以上です。





○議長(角田 勝議員)


 23番松井重樹議員。





○23番(松井重樹議員)


 同じく第42号議案についてお尋ねします。


 これは、工事をするという議案なんですが、当然その前に構造設計があったと思います。その構造設計についての入札について、その違い、最低制限価格があるかなしかということと、それから、今回の庁舎についてはいつしたかということ。それから、その折に、これもネットで調べておるんですが、その上で申し上げているんですけれども、何社の指名といいますか、応募があったかということ。


 それで、今回、今同僚議員が質問なされたその答弁の中で、調査基準価格というのと調査基準最低価格ということの説明がありました。落札金額とそれの65.27%云々のところを見たときに、いわゆる私たち施工する側は、安ければいいという論議があるかもしれません。しかし、そのことによって、1つ、工事がきちんと行われるかどうか。2つ目は、そのことによって業者を苦しめること、つまり景気を浮揚するのに竿さすことになるのではないかということ。それについて市長はどのようにお考えになっていらっしゃるか、まず、その点、お聞きします。





○議長(角田 勝議員)


 企画財政部長。





○企画財政部長(田口隆弘君)


 今回の設計についてなんですけども、昨年の平成20年6月に入札を執行しまして、これにつきましては、建築事務所のほうで実施設計のほうをやっておりますので、こういう形の最低価格という金額は設けておりません。


 ちなみに、昨年度は契約金額は890万円余りでございます。


 今回、落札率が65.27%という低い数字になったことについてなんですけども、今回の入札においては、17社参加しておりまして、この調査基準価格を下回った業者というのが15社ございました。これにつきましてなんですけども、当然業者から資料を求めまして、業者の業務内容、営業内容、もしくはこの金額で間違いなく実施できるのか、そこら辺も調査いたしまして、大丈夫だという形の判断をいたしましたので、落札という形で至っております。


 以上です。





○議長(角田 勝議員)


 23番松井重樹議員。





○23番(松井重樹議員)


 最初の1点目の質問の中で、構造設計の入札に関しては、これは最低制限価格がないんですね。現在、50万都市の姫路市内においてすら、この構造設計の専門の知識を持つ、資格を持つ1級建築士が4名しかいない。その昨年の入札の折に、その法律が変わるということで、その前の話なんですが、現在と同じ話なんですけれども、そういうきちっとした資格を持った会社であったかどうか、調べていたかどうか、今回の工事にそれがかかわると思うので質問をしているわけです。


 今申しましたように、構造設計については最低価格がない、そのことによって、今回の庁舎の改修工事における内容において、きちっと精査がなされているのだろうかという疑問、それから、今申しましたように、設計価格に対して、一体じゃその設計価格というのはどういうふうに立てたんだろうか。大丈夫だと言いながら、そうしたら、65%のことで仕事ができるということになったら、固く絞ったタオルをさらに絞ったということになって、そのことが先ほど1回目の質問で言いましたように、業者を苦しめているようなことになりはしないか。今回、最低価格を設けなかった理由は何か。落札保留としたのは、単に下回るためだけではなしに、本当に大丈夫なんだろうかという疑義が当局にもあったからだと思うんです。


 以上、るるちょっと疑問点を並べ立てましたが、再度それについて答弁をお願いします。また、1回目の質問で申しましたように、今回のように、先ほど申したタオルを絞ることによって景気浮揚に竿さすのではないか、こういうことに対して市長はどうお考えか、お尋ねしたいと思います。





○議長(角田 勝議員)


 企画財政部長。





○企画財政部長(田口隆弘君)


 耐震の診断設計についてでございますけども、実は、先ほどちょっと言い忘れたんですけども、平成14年度に耐震の診断、それと概算設計を行っております。それをもちまして、昨年度、平成20年度にこの資料をもとに実施設計を行っております。


 それと、今回の2点目のご質問の調査基準価格を下回った低い落札率についての件なんですけども、最近の建築工事におきまして、昨年度の消防庁舎の耐震補強工事、また御津道の駅の関係の工事につきましても、建築工事におきましては、こういう形の低い落札率という形、競争が激しくなっているというのが現状でございます。これにつきましては、後の実際施工される業者の営業内容というんですか、資産内容、それから収支の状況などを参考に、十分そちらのほうも業者のヒアリングを行いまして決定しておりますので、ご理解賜りたいというふうに存じます。





○議長(角田 勝議員)


 23番松井重樹議員。





○23番(松井重樹議員)


 市長、いかがですか。市長に答弁を求めているんやけど。





○議長(角田 勝議員)


 松井議員、これでよろしいですか。





○23番(松井重樹議員)


 いいえいいえ、市長の答弁求めているんですけど。





○議長(角田 勝議員)


 市長。





○市長(西田正則君)


 ただいま企画財政部長が答えたとおりでございます。





○議長(角田 勝議員)


 23番松井重樹議員。





○23番(松井重樹議員)


 同じ話をするわけなんですけどね、設計金額が妥当なものかどうかというのを議論するのではなしに、それを請け負った価格に対してきちっと仕事をしてくれるかという、次々と我々議会としてやっぱりただしていく、その質問なんです。


 先ほど申しましたように、構造設計にも今回の工事の請負にも最低価格がない。部長、再度お尋ねしますけども、その構造設計にも今回の入札にも最低価格を設けなかった理由は何ですか。


 それと、先ほど大丈夫だということをるる申しておられるけれども、それならば、最初の設計額というのは一体何なんだろうかということに対して疑問をお持ちではないか。


 それから、財政部長が答弁したとおりというふうに市長はおっしゃられたけども、市内の、あるいは市内にかかわらず、このこういう工事に対して最低価格を設けないことによって、私たちの発注主が安く済んでいるということだけで喜んでいいのだろうか、そのことについて再度答弁を求めます。





○議長(角田 勝議員)


 企画財政部長。





○企画財政部長(田口隆弘君)


 先ほどご説明申し上げました調査基準価格があります。それと調査基準最低価格というのがございます。この調査基準最低価格を下回った落札については、当然これは失格という形で、最低価格を設けているというのが調査基準最低価格というもの、これを下回れば、工事は請負はできないという形の失格ラインを設けておりますので、その点、ご理解いただきたいというふうに思います。


 業者につきましては、過去に施工した公共事業の施工状況、今現在どういう工事を、公共工事を請け負っているか、そういうのも全部資料も提出していただきまして、確認の上、工事の業者決定を行っております。


 以上でございます。





○議長(角田 勝議員)


 他にご発言ありませんか。


 24番楠明廣議員。





○24番(楠 明廣議員)


 同じく第42号なんですけれども、今回、余り難しいことは言いませんけども、約2億3千万かけて、今回の耐震補強をすることに当たって、今後、何年安心して庁舎で皆仕事ができるのかということです。約2億3千万ほどで、今から50年ほどもったら相当安く上がったみたいなもんやからね。ちょっとそこらをお聞かせいただきたい。





○議長(角田 勝議員)


 企画財政部長。





○企画財政部長(田口隆弘君)


 今回の耐震補強工事を行いまして、当然今の予定では、50年以上、この工事によりまして、建物が大丈夫だというふうには聞いておりますので、よろしくお願いしたいと思います。





○議長(角田 勝議員)


 24番楠明廣議員。





○24番(楠 明廣議員)


 今から50年、70年ももったら、庁舎建設特別委員会というのが議会にあるんですけども、用事ないですね、これは。





○議長(角田 勝議員)


 答弁よろしいですか。





○24番(楠 明廣議員)


 庁舎建設特別委員会がありますけどね、解散したほうがいいと思いますけども、どう思いますか。





○議長(角田 勝議員)


 企画財政部長。





○企画財政部長(田口隆弘君)


 庁舎の建設につきましては、現庁舎が老朽化しておって、なおかつ耐震に適合していないという点が早急に対応を求められましたので、とりあえずこの本庁舎を耐震補強工事をするという形で考えております。


 庁舎の問題につきましては、引き続き検討していきたいというふうに考えておりますので、よろしくお願いしたいと思います。





○議長(角田 勝議員)


 他にご発言ありませんか。


               (「なし」と呼ぶ者あり)





○議長(角田 勝議員)


 ご発言がないので、質疑を終結いたします。


 この際、お諮りいたします。


 本件は、会議規則第35条第3項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(角田 勝議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本件は、委員会付託を省略することに決しました。


 これより討論に入ります。


 ご発言ありませんか。


               (「なし」と呼ぶ者あり)





○議長(角田 勝議員)


 ご発言がないので、討論を終結して、直ちに表決に入ります。


 お諮りいたします。


 上程中の議案42号及び議案第43号の2件は、原案のとおり可決することに決してご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(角田 勝議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、議案42号及び議案第43号の2件は、原案のとおり可決されました。


 ここで暫時休憩いたします。


 再開は、11時10分でお願いします。





             休   憩  午前11時04分


             再   開  午前11時10分





○議長(角田 勝議員)


 休憩前に引き続き会議を開きます。





           〜日程第7 議案第44号・議案第45号〜





○議長(角田 勝議員)


 次は、日程第7、議案第44号 平成21年度たつの市一般会計補正予算(第1号)及び議案第45号 平成21年度たつの市学校給食センター事業特別会計補正予算(第1号)の2件を一括議題といたします。


 これより上程議案に対する説明を求めます。


 企画財政部長。





○企画財政部長(田口隆弘君)(登壇)


 ただいま議題となりました議案第44号 平成21年度たつの市一般会計補正予算(第1号)及び議案第45号 平成21年度たつの市学校給食センター事業特別会計補正予算(第1号)の2件について、一括して提案の理由並びにその内容について、ご説明申し上げます。


 まず、議案第44号 平成21年度たつの市一般会計補正予算(第1号)について申し上げます。


 今回の補正は、国の補正予算に係る地域活性化・経済危機対策臨時交付金の計上及び補助事業採択に伴う増額並びにその他やむを得ない事情により補正を必要とするものについて行っておりますので、ご了承賜りたく存じます。


 なお、地域活性化・経済危機対策臨時交付金につきましては、地方公共団体が地球温暖化対策、少子高齢化社会への対応、安全・安心の実現、その他将来に向けた地域の実情に応じた地域活性化等に資する事業又は経済危機対策を行うために、実施計画に基づく事業に対し交付されるものでございます。


 それでは、条を追ってご説明いたします。


 第1条で歳入歳出それぞれ5億5,934万3千円を追加し、予算総額を314億3,934万3千円とするものでございます。


 その主な事業内容は、予算参考資料に詳細に記載いたしておりますので、ご清覧願います。


 次に、補正予算事項別明細書の主なものを歳出から順を追ってご説明申し上げますので、7ページをお開き願います。


 まず、第2款 総務費の第1項 総務管理費につきましては、揖保川総合支所の空調設備の点検整備経費、御津総合支所の空調設備改修経費、旧新宮公民館解体整備経費、市ホームページ管理システム導入経費及びブロードバンド整備経費の計上並びに嘱託職員報酬の追加でございます。


 次に、第3款 民生費の第1項 社会福祉費につきましては、補助採択に伴う障害者自立支援事業費の計上及び災害時要援護者支援システム導入経費並びに生きがいセンター整備経費の計上でございまして、8ページの第2項 児童福祉費につきましては、市立保育所の環境整備及び給食施設備品整備経費の計上でございます。


 次に、9ページの第4款 衛生費の第2項 清掃費につきましては、最終処分場浸出液処理施設の整備経費の追加でございます。


 次に、第5款 労働費につきましては、補助採択に伴う財源の変更でございまして、第6款 農林水産業費の第1項 農業費につきましては、嘱託職員報酬の減額でございます。


 次に、10ページの第2項 林業費につきましては、有害鳥獣捕獲檻購入経費の追加でございまして、第3項 水産業費につきましては、港整備交付金事業に係る事業費の更正でございます。


 次に、第7款 商工費につきましては、補助事業採択に伴う事業費の追加並びに財源の変更でございます。


 次に、11ページの第9款 消防費につきましては、携帯電話、IP電話からの通報に対応可能な位置情報システム導入経費の計上でございます。


 次に、第10款 教育費の第2項 小学校費につきましては、龍野地区及び揖保川地区小学校の給食施設整備及び小学校の校務用パソコン整備並びに校内LAN整備経費の計上でございまして、第3項 中学校費につきましても、中学校の校務用パソコン整備経費の計上及び財源の変更でございます。


 次に、12ページの第4項 幼稚園費につきましては、補助事業採択に伴う財源の変更でございます。


 次に、第5款 社会教育費につきましては、社会教育総務費におきまして、子育て学習センター事業に対して、指定寄附があったことに伴う図書購入費の計上でございまして、公民館費につきましては、嘱託職員から臨時職員への振り替えに伴う事業費の更正及び御津公民館空調設備改修経費の計上でございます。


 次に、13ページの児童健全育成費につきましては、補助事業採択に伴う財源の変更でございまして、図書館費につきましては、御津図書館空調設備改修経費の計上並びに文化会館費につきましては、赤とんぼ文化ホール吊物改修経費の計上でございます。


 次に、文化財保護費につきましては、補助事業採択に伴う小五月祭保存会への補助金の計上でございます。


 次に、第6項 保健体育費につきましては、学校給食センター厨房機器更新に係る繰出金の追加でございます。


 次に、14ページの第13款 諸支出金につきましては、兵庫県市町競輪事業の撤退による阪急電鉄競輪事業訴訟において、関係20市の勝訴が確定したことに伴い、弁護士に対する報償金を計上するものでございます。


 次に、歳入についてご説明申し上げますので、4ページをお開き願います。


 まず、第14款 国庫支出金及び第15款 県支出金につきましては、歳出の際に申し上げました補助事業採択に伴う追加でございまして、国の補正予算に伴う地域活性化・経済危機対策臨時交付金をはじめとする補助金を追加いたしております。


 次に、5ページの第17款 寄附金につきましては、教育事業に対する指定寄附金の計上でございます。


 次に、第18款 繰入金につきましては、財政調整基金からの繰入金の追加でございます。


 次に、6ページの第20款 諸収入につきましては、合併市町村住民組織活性化支援事業補助金の計上でございます。


 次に、議案第45号 平成21年度たつの市学校給食センター事業特別会計補正予算(第1号)についてご説明申し上げます。


 予算第1条で歳入歳出それぞれ3,600万円を追加し、予算総額を2億8,793万7千円とするものでございます。


 当該特別会計の補正につきましても、国の補正予算であります地域活性化・経済危機対策臨時交付金によるものでございます。


 次に、補正予算の内容についてご説明申し上げますので、3ページをお開き願います。


 まず、歳出の第1款 総務費につきましては、新宮及び御津学校給食センターの給食用備品整備経費を追加いたしておりまして、この歳入として、地域活性化・経済危機対策臨時交付金を財源とした一般会計からの繰入金を追加いたしております。


 以上で議案第44号及び議案第45号の各会計補正予算の提案説明を終わらせていただきますが、何とぞ慎重にご審議を賜りまして、いずれも原案のとおり可決いただきますようにお願い申し上げます。





○議長(角田 勝議員)


 上程議案に対する説明が終わりました。


 これより上程議案に対する質疑に入ります。


 ご発言ありませんか。


 21番栗本一水議員。





○21番(栗本一水議員)


 一般会計の補正予算の中で、この本体の質問ではないんですが、経済危機対策臨時交付金、それから地域活性化ということが今説明の中でございました。今後、まだ国のほうからこういった補助事業の関係が出てくるというふうに聞いておるんですけども、特に教育委員会、それから企画財政のほうにお尋ねをいたします。


 6月下旬ぐらいにエコ教育、学校の関連ですね、小学校、中学校に対して太陽光発電、これの設置をすれば、国が95%補助金を出すというふうな情報を聞いておるんですが、今日補正なので、6月の定例会中に多分出てくるのではないかというふうに私は聞いておるんですけれども、その辺の情報は持っておられるかどうか、お尋ねいたします。





○議長(角田 勝議員)


 企画財政部長。





○企画財政部長(田口隆弘君)


 今回の国の補正予算、第1次補正予算につきましては、14兆円の補正を行っておりまして、今回のたつの市のこの一般会計補正予算(第1号)につきましては、その中で緊急経済対策分として地方のほうへ1兆円が配分されると、その内容につきましては、たつの市の方に約4億6千万円余り入ってくるわけなんですけども、これにつきましては、国から県を通じで大体の内容、額が示されております。これ以外に、当初、先ほど市長が冒頭のあいさつで申し上げましたが、子育て応援特別手当、また女性のがん検診につきましても今回の国の補正予算に計上されております。そのほか、公共事業の公共投資臨時交付金というのもございます。これらにつきまして、先ほどの教育委員会の関係も含めまして、詳細がまだ市の方におりてきておりません。詳細がわかり次第、それらに対しては対応していきたいというふうに考えております。


 以上です。





○議長(角田 勝議員)


 21番栗本一水議員。





○21番(栗本一水議員)


 私が申し上げているのは、小・中学校に対して太陽光発電をすれば95%国が出してくれるという、そういった内容の情報が入っているんですけども、それを知っておられるかどうかということをお尋ねしておるわけです。





○議長(角田 勝議員)


 企画財政部長。





○企画財政部長(田口隆弘君)


 国の補正予算の大まかな概要につきましては、こちらのほうにも情報は届いております。ただ、その中にも、先ほど言われました学校の太陽光発電関係の分もございましたけども、まだそれの詳しい内容までが届いておりません。届き次第、こちらのほうとしても検討をしていきたいというふうには考えておりますけども、まだ現在、国のほうも各省庁から詳しい内容が来てないような状態で、県のほうに確認をしましても、そこまでの情報を県のほうも知り得てないというのが現状でございます。





○議長(角田 勝議員)


 他にご発言ありませんか。


 6番三木茂毅議員。





○6番(三木茂毅議員)


 予算参考資料のほうでちょっとお尋ねしますけども、2ページの学校管理費の小学校校務用パソコン整備事業で3,325万5千円、所要経費として上がっておりますけれども、これは先生用の分、校務用と書いてあるので、恐らく先生用のパソコンだろうと思うんですけども、それで間違いがないのか。


 それから、これは全部で何台買う予定で上げられているのか、その辺だけお願いします。





○議長(角田 勝議員)


 教育管理部長。





○教育管理部長(腰前 優君)


 お答えします。


 今議員さんのおっしゃったとおり、先生全員に当たるパソコンの台数でございまして、295台を整備しようとするものです。


 以上です。





○議長(角田 勝議員)


 他にご発言ありませんか。


 11番今川明議員。





○11番(今川 明議員)


 国からの経済危機対策臨時交付金ですね、4億8,702万3千円、これは、交付金としてぼんと国から来て、市のほうが緊急的に必要な部分に割り振られたのか、それともヒモ付きで、国のほうからこれに幾ら幾らというような形、詳細にわたっての補助金が明示されたのか、その点をお聞きしたいと思います。





○議長(角田 勝議員)


 企画財政部長。





○企画財政部長(田口隆弘君)


 国のほうからは額の提示がございまして、その内容については、詳しい指導はございません。ただ、本件につきましても、緊急経済対策の一環でございますので、昨年、平成20年度3月に提案しました地域活性化・経済危機対策の臨時交付金の活用事例を参考にいろんな事業を考えたらという話がございまして、市のほうでは、緊急に整備が必要な事業に今回充ててございます。


 以上です。





○議長(角田 勝議員)


 他にご発言ありませんか。


 24番楠明廣議員。





○24番(楠 明廣議員)


 松原隣保館の改修工事が入っていると思うんですけども、先ほどの説明でちょっと聞こえなかったと思うんですけども、どうでしょうかね。





○議長(角田 勝議員)


 24番楠明廣議員は生活福祉常任委員でありますので、ご発言を控えていただきますようよろしくお願いいたします。


 他にご発言ありませんか。


               (「なし」と呼ぶ者あり)





○議長(角田 勝議員)


 ご発言がありませんので、質疑を終結いたします。


 ただいま議題となっております議案第44号及び議案第45号の2件は、各常任委員会に付託いたします。





                 休 会 議 決





○議長(角田 勝議員)


 以上で本日の日程は終了いたしました。


 この際、お諮りいたします。


 委員会審査のため、明日6日から17日までの間、休会にいたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(角田 勝議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、さよう決しました。


 次の本会議は、6月18日午前10時より再開いたします。


 この際、お知らせいたします。


 一般質問の発言通告は、6月10日水曜日午後5時までとなっておりますので、よろしくお願いいたします。





                 散 会 宣 告





○議長(角田 勝議員)


 本日は、これをもって散会いたします。


 皆様お疲れさまでした。





              散   会  午前11時30分











 地方自治法第123条第2項の規定により署名する。








 平成21年6月5日








                    たつの市議会議長  角 田   勝





                    会議録署名議員   永 富   靖





                    会議録署名議員   小 寺 昭 男