議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 たつの市

平成20年第1回たつの市議会定例会(第1日 3月 4日)




平成20年第1回たつの市議会定例会(第1日 3月 4日)





        平成20年第1回たつの市議会定例会議事日程(第1日)


 
                     平成20年3月4日(火)午前10時開会





1 あいさつ(議長・市長)


2 開会宣告


3 開議宣言


  日程第1 会議録署名議員の指名(20番 柳生陽一議員、21番 竹内 豊議員)


  日程第2 会期の決定(3月4日(火)から3月25日(火)までの22日間)


  日程第3 同意第 1号 人権擁護委員候補者推薦の意見を求めることについて


                            (提案説明から表決まで)


  日程第4 議案第 1号 平成19年度たつの市一般会計補正予算(第6号)


       議案第 2号 平成19年度たつの市地域振興事業特別会計補正予算(第


              1号)


       議案第 3号 平成19年度たつの市土地取得造成事業特別会計補正予算


              (第1号)


       議案第 4号 平成19年度たつの市国民健康保険事業特別会計補正予算


              (第3号)


       議案第 5号 平成19年度たつの市介護保険事業特別会計補正予算(第


              3号)


       議案第 6号 平成19年度たつの市下水道事業特別会計補正予算(第2


              号)


       議案第 7号 平成19年度たつの市農業集落排水事業特別会計補正予算


              (第2号)


       議案第 8号 平成19年度たつの市前処理場事業特別会計補正予算(第


              2号)


       議案第 9号 平成19年度たつの市病院事業会計補正予算(第1号)


       議案第10号 平成19年度たつの市水道事業会計補正予算(第1号)


       議案第11号 平成19年度たつの市国民宿舎事業会計補正予算(第1号)


                      (以上11件、提案説明から表決まで)


       【市長施政方針演説】


  日程第5 議案第12号 たつの市事務分掌条例の一部を改正する条例制定について


       議案第13号 たつの市職員定数条例の一部を改正する条例制定について


       議案第14号 たつの市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する


              条例制定について


       議案第16号 たつの市国民健康保険税条例の一部を改正する条例制定に


              ついて


       議案第17号 兵庫県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の


              数の減少及び規約の変更について


       議案第18号 たつの市特別会計設置条例の一部を改正する条例制定につ


              いて


       議案第19号 たつの市新宮ふるさと館振興基金条例を廃止する条例制定


              について


       議案第20号 たつの市立公民館条例の一部を改正する条例制定について


       議案第21号 たつの市総合文化会館条例の一部を改正する条例制定につ


              いて


       議案第22号 たつの市体育施設条例の一部を改正する条例制定について


       議案第23号 たつの市立学校施設使用料条例の一部を改正する条例制定


              について


       議案第24号 学校教育法等の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例


              の整理に関する条例制定について


       議案第25号 たつの市後期高齢者医療に関する条例制定について


       議案第26号 たつの市国民健康保険条例の一部を改正する条例制定につ


              いて


       議案第27号 たつの市福祉医療費助成条例の一部を改正する条例制定に


              ついて


       議案第28号 たつの市一般廃棄物処理施設条例の一部を改正する条例制


              定について


       議案第29号 たつの市敬老祝金条例の一部を改正する条例制定について


       議案第30号 たつの市百歳以上高齢者等祝金支給条例の一部を改正する


              条例制定について


       議案第31号 たつの市介護保険条例の一部を改正する条例制定について


       議案第32号 たつの市病院事業条例の一部を改正する条例制定について


       議案第34号 市道の路線認定及び変更について


       議案第35号 工事委託に関する協定について


       議案第36号 たつの市下水道条例等の一部を改正する条例制定について


       議案第37号 損害賠償額の決定及び損害賠償請求に関する和解について


                          (以上24件、提案説明まで)


  日程第6 議案第38号 平成20年度たつの市一般会計予算


       議案第39号 平成20年度たつの市学校給食センター事業特別会計予算


       議案第40号 平成20年度たつの市土地取得造成事業特別会計予算


       議案第41号 平成20年度たつの市揖龍広域センター事業特別会計予算


       議案第42号 平成20年度たつの市揖龍公平委員会事業特別会計予算


       議案第43号 平成20年度たつの市国民健康保険事業特別会計予算


       議案第44号 平成20年度たつの市老人保健医療事業特別会計予算


       議案第45号 平成20年度たつの市後期高齢者医療事業特別会計予算


       議案第46号 平成20年度たつの市介護保険事業特別会計予算


       議案第47号 平成20年度たつの市下水道事業特別会計予算


       議案第48号 平成20年度たつの市農業集落排水事業特別会計予算


       議案第49号 平成20年度たつの市前処理場事業特別会計予算


       議案第50号 平成20年度たつの市と畜場事業特別会計予算


       議案第51号 平成20年度たつの市病院事業会計予算


       議案第52号 平成20年度たつの市水道事業会計予算


       議案第53号 平成20年度たつの市国民宿舎事業会計予算


                          (以上16件、提案説明まで)


4 休会議決(日程通告)


5 散会宣告











           会議に出席した議員





  1番 横 田   勉      2番 前 田 賢 治


  3番 山 本 修 三      4番 武 内 純 一


  5番 角 田   勝      6番 松 下 信一郎


  7番 永 富   靖      8番 小 寺 昭 男


  9番 沖 田 宏 一     10番 三 木 茂 毅


 11番 今 川   明     12番 桑 野 元 澄


 13番 栗 本 一 水     14番 岸 野 文 信


 15番 松 本 義 彦     16番 岸 野   弘


 17番 森 本 重 宣     18番 松 井 重 樹


 19番 龍 田   惇     20番 柳 生 陽 一


 21番 竹 内   豊     22番 井 上   仁


 23番 三 里 茂 一     24番 坂 上 ? 明


 25番 山 本 直 人     26番 楠   明 廣


 27番 ? 島 俊 一     28番 前 田 守 彦





           会議に欠席した議員





              な し





          議事に関係した事務局職員





議会事務局長                田 渕   守


総務課課長                 丸 尾 博 則


議事課課長                 米 澤 幸 和


副主幹                   木 村 仁 美


課長補佐                  西 川   廣


主査                    梅 田 祐 子











       地方自治法第121条の規定による出席者





市長                    西 田 正 則


副市長                   八 木 捷 之


副市長                   松 尾 和 彦


調整審議監(政策担当)           中 谷 良 一


調整審議監(財政担当)           三 浦 謙 三


会計管理者                 山 村 茂 人


消防長                   森 本 忠 正


御津病院長                 木 下   修


行政改革推進室長              今 江   伸


総務部長                  山 口   昇


企画財政部長                井 村 勝 廣


市民生活部長                作 本   覚


健康福祉部長兼福祉事務所長         濱   光 治


産業部長                  酒 江   肇


都市建設部長                田 口 隆 弘


下水道部長                 山 本   実


公営企業部長                小 西 千 之


新宮総合支所長               北 林 俊 明


揖保川総合支所長              堀 本 敏 行


御津総合支所長               吉 田 末 廣


消防本部消防次長              田 口 三 好


御津病院事務局長              長 尾   孝


総務部参事兼税務課長            満 田   惠


市民生活部参事兼環境課長          谷   和 廣


都市建設部参事兼都市計画課長        丸 山 忠 勝


行政改革推進室次長             上 田 貞 美


総務課長                  井 上 彰 悟


危機管理課長                森 川 幸 一


情報推進課長                堀 本 和 秀


企画課長                  石 原 和 良


広報秘書課長                坂 口 孝 志


財政課長                  永 瀬 正 人


工事検査課長                田 口   衛


市民課長                  真 殿 基 義


国保年金課長                山 本 義 孝


人権推進課長                福 井 廣 吉


地域福祉課長                八 木 有 輔


児童福祉課長                三 里   勉


いじめ対策課長               久 保 孝 幸


高年福祉課長                田 中   守


健康課長                  谷 林 義 和


農林水産課長                谷 本 義 和


農地整備課長                松 本 勝 男


商工観光課長                上 西 義 弘


建設課長                  永 安   悟


用地課長                  上 田 利 彦


町並み対策課長               出 田 忠 康


下水道課長                 八 木 信 幸


前処理場対策課長              井 上 伸 史


水道事業所長                加 瀬 康 之


水道総務課長                大 柿 正 敏


水道事業所施設課長             ? 野 隆 悟


赤とんぼ荘支配人              伊 藤 裕 明


志んぐ荘支配人               下 川   満


新舞子荘支配人               塚 本 清 隆


会計課長                  清 水 豊 彦


たつの消防署長               ? ? 良 三


消防本部総務課長              小 河 博 信


消防本部予防課長              岩 村 義 孝


消防本部警防課長              長 方 伸 行


御津病院事務課長              中 谷 泰 裕


御津病院医事課長              高 部 修 一


教育委員長                 川 上 壽 子


教育長                   苅 尾 昌 典


副教育長兼教育事業部長           坂 本 幸 夫


教育管理部長                八 木 利 一


教育事業部参事兼社会教育課長        武 本 一 秀


新宮教育事務所長兼社会教育課長       家 氏 時 康


揖保川教育事務所長兼社会教育課長      進 藤 真 作


御津教育事務所長兼社会教育課長       松 原   強


教育管理部教育総務課長           松 田 正 義


教育管理部施設課長             竹 本 秀 基


教育管理部学校教育課長           松 尾 壮 典


教育事業部人権教育推進課長         福 田 秀 樹


教育事業部体育振興課長           腰 前   優


選挙管理委員会委員長            三 藤 省 瑞


選挙管理委員会事務局長           武 内 良 博


代表監査委員                出 田   昭


監査事務局長                渦 原 有 二


揖龍公平委員会委員長            尾 西 廣 信


揖龍公平委員会書記長            渦 原 有 二


農業委員会会長               根 本 吉 彦


農業委員会事務局長             榮 藤 伊知郎











               議 長 あ い さ つ





○議長(山本直人議員)


 皆さん、おはようございます。


 開会に先立ちまして、一言ごあいさつ申し上げます。


 3月に入り、ようやく梅の花もほころび、一雨ごとに春の息吹を感じる季節となりました。


 こうした中、議員各位には、ご健勝にてご参集賜り、本日ここに平成20年第1回たつの市議会定例会が開会の運びとなりましたことは、誠にご同慶にたえない次第でございます。


 さて、今期定例会には、議員各位ご高承のとおり、平成20年度の本市行政推進の根幹となります各会計の新年度予算を審議する重要な議会であります。


 また、今回提出されました議案、案件は、新年度予算以外にも人事案件、本年度補正予算、条例の制定、改正等、非常に多数の議案が提出されており、いずれも市民生活に直結した重要な案件であり、なお、平成20年度の施政方針をはじめ、各議案の内容等につきましては、後ほど理事者側から詳細なる説明がなされるものと存じますが、議員各位におかれましては、何とぞ慎重にご審議いただき、適切妥当なるご決定を賜りますとともに、議事運営につきましても格段のご協力を賜りますようお願い申し上げまして開会のごあいさつといたします。


 市長。





               市 長 あ い さ つ





○市長(西田正則君)(登壇)


 開会に先立ちまして、一言ごあいさつを申し上げます。


 梅の花も咲きほころび、日増しに春の気配が漂う好季節を迎えました。


 本日ここに、平成20年第1回たつの市議会定例会を招集いたしましたところ、議員の皆様には、ご健勝にてご出席を賜り、ここに開会が宣せられる運びとなりましたことに対しまして厚くお礼申し上げます。


 さて、合併後、1年を称して合併元年、計画元年、実行元年とそれぞれ位置づけてまいりましたが、本年はあえて同様の表現で現すとしますと、改革元年と言えるのではないかと考えます。これには2つの視点がございまして、まず、第1点目は、まちづくりの概念で、私は、終始一貫「住民の住民による住民のためのまちづくり」が重要であると申し上げてきました。ときには市民の皆様から出されたご意見は、市政構築の宝という表現で、社会的弱者や少数市民の意見も含め、住民の意見をどれだけ市政に反映させることができるか、また住民がどれだけ社会に貢献できるか。これらはまさに住民自治の完成度のバロメータとしてはかることができると考えているところでございます。そういった意味で、これまで以上に住民自治の伸展のため、住民の皆様の意識を変えていただく努力をしようと努めてまいりました。


 第2点目は、新聞報道等で各市町の予算が公表されていますが、いずれの市町も経済的な視点に立った行政改革を断行されております。本市も同様でございますが、私は、これに加え、質の行政改革にも同時に取り組む必要性を感じております。質の行政改革とは、一つひとつの事業ごとに何のためにするのかという目的、つまり原点に立ち返って事業の意味を再認識したとすれば、自ずと改善点は見つかり、事業の質は向上するものと考えます。加えて、職員には、ゼロ予算のように、これまで以上に発想の転換や自ら考えることの必要性を求めてまいりたいと考えております。


 このような2つの視点から改革元年と申し上げたわけでございます。こうした基盤に立って、平成20年度の予算編成を編成したところでございまして、その概要や施策の詳細につきましては、後ほど施政方針でその所信を具体的に述べさせていただきますので、何とぞ議員各位のご理解をお願い申し上げる次第でございます。


 さて、今期定例会でご審議をお願いいたします案件は、既にお手元にお届けいたしておりますとおり、平成20年度各会計予算などの予算関係27件をはじめ、同意案件1件、条例案件20件、その他の案件4件の合計52件に及ぶ多くの議案を提出いたしております。これらはいずれも重要な案件ばかりでございますので、何とぞ慎重なご審議をいただきまして、全議案につきまして、原案のとおりご賛同賜りますようお願い申し上げまして、開会のごあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。





                 開 会 宣 告





○議長(山本直人議員)


 ただいまより平成20年第1回たつの市議会定例会を開会いたします。





                 開 議 宣 言





○議長(山本直人議員)


 これより本日の会議を開きます。


 この際、ご報告いたします。


 まず、初めに、監査委員より地方自治法第199条第4項及び第7項の規定により実施した定期監査の結果報告2件及び同法第235条の2第1項の規定により実施した例月出納検査の結果報告3件が提出されており、その写しをお手元に配付いたしておりますので、ご清覧願います。


 次に、市長から、地方自治法第243条の3第2項の規定により、たつの市土地開発公社に係る平成19年度の経営状況の変更報告及び平成20年度の経営状況の報告並びに財団法人「童謡の里龍野文化振興財団」に係る平成20年度の経営状況の報告書がそれぞれ提出されており、その写しをお手元に配付いたしておりますので、ご清覧願います。


 次に、昨年12月21日に開催されました平成19年第5回たつの市議会定例会以降における議長会等の諸会議についてでありますが、2月5日、宍粟市におきまして、第206回播但市議会議長会が開催され、平成20年度の予算案及び事業計画案が審議され、原案のとおり可決されました。


 次に、2月8日、神戸市におきまして、第225回兵庫県市議会議長会総会が開催され、会長提出議案として、会則及び表彰規定の一部改正並びに平成20年度予算案が提出され、全件、原案のとおり可決されました。


 次に、本日の出席議員数及び地方自治法第121条の規定により、説明のため出席を求めた者の職・氏名につきまして、事務局長より報告いたします。





○議会事務局長(田渕 守君)


 命によりご報告いたします。


 まず、本日の出席議員数についてでありますが、本日ただいまの出席議員は28名全員でございます。


 次に、地方自治法第121条の規定により、説明のため出席を求めた者の職・氏名についてでありますが、お手元に配付いたしております名簿のとおりでありますので、ご清覧願います。


 以上でございます。





○議長(山本直人議員)


 以上で報告を終わります。





            〜日程第1 会議録署名議員の指名〜





○議長(山本直人議員)


 これより日程に入ります。


 まず、日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 本定例会の会議録署名議員は、会議規則第75条の規定により、議長において、20番柳生陽一議員、21番竹内 豊議員を指名いたします。両議員、よろしくお願いいたします。





               〜日程第2 会期の決定〜





○議長(山本直人議員)


 次は、日程第2、会期の決定を議題といたします。


 お諮りいたします。


 今期定例会の会期は、本日から3月25日までの22日間といたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(山本直人議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、会期は、本日から3月25日までの22日間と決しました。





               〜日程第3 同意第1号〜





○議長(山本直人議員)


 次は、日程第3、同意第1号 人権擁護委員候補者推薦の意見を求めることについてを議題といたします。


 これより上程議案に対する説明を求めます。


 八木副市長。





○副市長(八木捷之君)(登壇)


 ただいま議題となりました同意第1号 人権擁護委員候補者推薦の意見を求めることについてご説明を申し上げます。


 本件は、法務大臣から委嘱されて本市に設置されております人権擁護委員12名のうち、白井章子氏の任期が平成20年6月30日をもって満了となりますので、引き続き推薦いたしたく、ここに人権擁護委員法第6条第3項の規定により、議会の意見を求めようとするものであります。


 ご高承のとおり、人権擁護委員は、国民の基本的人権が侵犯されることのないように監視し、もしこれが侵犯された場合には、その救済のため、速やかに適切な措置をとるとともに、人権相談をはじめ、常に人権思想の普及、高揚に努めることを使命とするものであります。この委員は、市長が市議会議員の選挙権を有する住民のうちから選んだ候補者について、本市議会の推薦に同意する旨の意見を得た後、法務大臣に推薦するものであり、その任期は3年であります。


 ここに候補者として推薦しようとしております白井章子氏につきましては、別添資料のとおりでありまして、人格識見ともに優れており、委員候補者としてまさに適任者であるものと確信するものであります。何とぞ満場一致をもって同意を賜りますようお願い申し上げまして説明を終わります。よろしくお願いします。





○議長(山本直人議員)


 上程議案に対する説明は終わりました。


 これより上程議案に対する質疑に入ります。


 ご発言ありませんか。


               (「なし」と呼ぶ者あり)





○議長(山本直人議員)


 ご発言がないので、質疑を終結いたします。


 この際、お諮りいたします。


 本件は、会議規則第35条第3項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(山本直人議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本件は、委員会付託を省略することに決しました。


 これより討論に入ります。


 ご発言ありませんか。


               (「なし」と呼ぶ者あり)





○議長(山本直人議員)


 ご発言がないので、討論を終結して、直ちに表決に入ります。


 お諮りいたします。


 上程中の同意第1号は、原案のとおり同意することに決してご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(山本直人議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、同意第1号は、原案のとおり同意されました。





           〜日程第4 議案第1号から議題第11号〜





○議長(山本直人議員)


 次は、日程第4、議案第1号 平成19年度たつの市一般会計補正予算(第6号)から議案第11号 平成19年度たつの市国民宿舎事業会計補正予算(第1号)までの11件を一括議題といたします。


 これより上程議案に対する説明を求めます。


 企画財政部長。





○企画財政部長(井村勝廣君)(登壇)


 ただいま議題となりましたもののうち、議案第1号 平成19年度たつの市一般会計補正予算(第6号)から議案第8号 平成19年度たつの市前処理場事業特別会計補正予算(第2号)までの8件について、一括して提案の理由並びにその内容についてご説明申し上げます。


 まず、議案第1号 平成19年度たつの市一般会計補正予算(第6号)について申し上げます。


 今回の補正は、事業費の確定及び補助事業等の決定に伴う増減並びにその他やむを得ない事情により補正を必要とするものについて行っておりますので、ご了承賜りたく存じます。


 それでは、条をおってご説明いたします。


 第1条で、歳入歳出それぞれ3億9,596万2千円を減額し、予算総額を330億9,646万2千円とするものでございます。その主な事業内容は、予算参考資料に詳細に記載いたしておりますので、ご清覧願います。


 次に、第2条 繰越明許費の補正につきましては、5ページの第2表に列記いたしておりますとおりでございまして、総務費の姫新線高速ディーゼル化事業につきましては、軌道回路内の絶縁部の劣化が当初の想定以上であったため、その再調査及び検討に不測の日数を要したことにより、繰り越すものでございます。


 次に、土木費の道路橋りょう費につきましては、関係機関との協議及び用地買収等に不測の日数を要したことなどにより、道路新設改良事業5件、繰り越すものでございまして、都市計画費の本龍野駅周辺整備事業及び新宮地区まちづくり交付金事業につきましては、補償交渉に不測の日数を要したことにより、繰り越すものでございます。


 いずれの事業におきましても、事業期間の延長を余儀なくされ、年度内完了が見込めないため、やむなく繰り越ししようとするものでございますので、何とぞご理解を賜りますようお願い申し上げます。


 次に、第3条 地方債の補正は、6ページの第3表のとおり変更しようとするものでございます。その主な理由といたしましては、事業費の確定に伴う市債の変更、一般公共事業財源対策債の調整分が配分されたことに伴う追加及び借換債の追加でございます。


 財源対策債調整分につきましては、地方財源の不足に対処するため措置される財源対策債の調整後の追加配分として認められたもので、償還時には50%の交付税算入がございます。また、借換債につきましては、平成19年度から21年度までの臨時特例措置として、平成4年5月までに借り入れた政府資金等の公的資金のうち、金利5%以上のものの一部について、財政健全化に取り組む地方公共団体に対し、国は繰上償還の際に支払うべき将来の利子を免除するといった補償金免除の繰上償還を認めることとしたことによるものでございます。この繰上償還に伴う償還財源として借換債の発行が認められることにより、市では、低利の市債に借り換え、今後の利子償還額を軽減し、さらなる財政の健全化に努めるものでございます。つきましては、借換債として2,060万円を計上し、総額におきまして2億8,460万円を減額するものでございます。


 次に、補正予算事項別明細書の主なものを歳出から順をおってご説明申し上げますので、16ページをお開き願います。


 まず、第2款 総務費の第1項 総務管理費につきましては、兵庫県市町村職員退職手当組合特別負担金の追加及び事業費の確定に伴う減額並びに財源変更でございまして、第2項 徴税費につきましては、財源変更でございます。


 また、17ページの第4項 選挙費につきましては、参議院議員及び県議会議員選挙に係る事業費の確定に伴う減額でございます。


 次に、18ページの第3款 民生費の第1項 社会福祉費におきましては、後期高齢者医療制度に係る保険料激変緩和措置対応システム改修経費の計上、障害者自立支援給付の追加及び事業費の確定に伴う減額でございます。


 また、21ページの第2項 児童福祉費につきましては、事業費等の確定に伴う減額等のほかに、児童福祉総務費におきまして、児童扶養手当制度改正に伴うシステム改修経費を追加し、児童福祉医療費におきましては、乳幼児医療に係る対象児童の増加に伴う扶助費等の追加をいたしております。


 また、22ページの児童措置費におきましては、障害児数の増加及び私立まあや保育園が認定こども園に認定されたことに伴う私立保育所に対する補助金の追加及び児童手当の減額でございます。


 次に、第3項 生活保護費につきましては、事業費等の確定に伴う減額でございます。


 次に、23ページの第4款 衛生費の第1項 保健衛生費につきましては、事業費の確定に伴う減額並びに財源変更でございます。


 次に、24ページの第2項 清掃費につきましては、事業費確定に伴う揖龍保健衛生施設事務組合及びにしはりま環境事務組合への負担金の減額並びに今市コミプラ解体に伴う国庫補助金返還金の計上等でございまして、第5款 労働費につきましては、事業費確定に伴う減額でございます。


 次に、25ページの第6款 農林水産業費につきましては、事業費の確定に伴う減額並びに財源変更でございまして、26ページの第7款 商工費につきましては、事業費確定に伴う減額及び国民宿舎志んぐ荘への補助金の計上並びに財源変更でございます。


 次に、27ページの第8款 土木費の第1項 土木管理費につきましては、急傾斜地崩壊対策に係る財源変更でございまして、第2項 道路橋りょう費につきましては、事業費の確定に伴う更正及び財源変更でございます。


 また、28ページの第3項 河川費につきましては、事業費の確定に伴う減額でございます。


 次に、第5項 都市計画費につきましては、平成18年度に実施した祇園公園の災害復旧に係る補助金の精算返還金の計上、県営事業費の確定に伴う負担金の追加及び事業費の確定に伴う減額並びに財源変更でございまして、30ページの第6項 住宅費につきましては、市営住宅整備事業費の確定に伴う減額でございます。


 次に、31ページの第9款 消防費につきましては、事業費の確定に伴う減額並びに財源変更でございます。


 次に、第10款 教育費の第1項 教育総務費から第4項 幼稚園費につきましては、事業費の確定に伴う減額並びに財源変更でございます。


 次に、33ページの第5項 社会福祉費につきましては、揖保公民館の空調設備改修経費の追加及び事業費の確定に伴う減額並びに財源変更でございまして、34ページの第6項 保健体育費につきましては、事業費の確定に伴う減額並びに財源変更でございます。


 次に、35ページの第12款 公債費につきましては、公的資金の繰上償還に係る元金償還金の追加でございまして、第13款 諸支出金につきましては、基金から生じる利子額の確定に伴う積立金の追加及び地域振興事業特別会計で管理しておりました新宮ふるさと館振興基金を廃止することに伴う減債基金及び公共施設整備基金への積立金の追加並びに財政調整基金への積立金の追加でございます。


 次に、歳入についてご説明申し上げますので、7ページをお開き願います。


 まず、第12款 分担金及び負担金のうち、第1項 分担金につきましては、事業費の確定に伴う分担金の更正でございまして、第2項 負担金につきましては、まあや保育園が認定こども園に移行したことにより、保育料が園での徴収に振りかわることに伴う保育所入所負担金の減額でございます。


 次に、第14款 国庫支出金から第15款 県支出金におきましては、歳出の際に申し上げました補助事業などの決定によります更正及び県の自治振興事業補助金の計上をいたしております。


 次に、12ページの第16款 財産収入のうち、第1項 財産運用収入につきましては、基金利子の確定による追加でございまして、第18款 繰入金につきましては、地域振興事業特別会計からの繰入金の追加でございます。


 次に、13ページの第20款 諸収入のうち、第2項 預金利子におきましては、預金利子を追加し、第3項 貸付金元利収入につきましては、事業費の確定に伴う回収金の減額でございます。


 また、第4項 受託事業収入につきましては、播磨高原広域事務組合事務に係る受託事業収入の計上でございまして、14ページの第5項 雑入につきましては、兵庫県市町村振興協会市町交付金及び室津漁港公共事業負担金の清算返還金の計上等でございます。


 次に、第21款 市債につきましては、第3条 地方債の補正でご説明申し上げましたので、省略させていただきます。


 次に、議案第2号 平成19年度たつの市地域振興事業特別会計補正予算(第1号)についてご説明申し上げます。


 予算第1条で、歳入歳出それぞれ7,097万9千円を追加し、予算総額を1億6,797万9千円とするものでございます。内容といたしましては、歳出におきまして、新宮ふるさと館振興基金から生じる利子額の増に伴う積立金及び一般会計への繰出金を追加いたしております。


 これらの歳入として、第2款 財産収入におきまして、基金利子を追加し、第3款 繰越金において前年度繰越金を追加いたしております。


 また、第5款 繰入金につきましては、新宮ふるさと館振興基金を廃止することに伴い、基金繰入金を計上いたしております。


 次に、議案第3号 平成19年度たつの市土地取得造成事業特別会計補正予算(第1号)についてご説明申し上げます。


 予算第1条で、歳入歳出それぞれ6,812万3千円を減額し、予算総額を6,767万7千円とするものでございます。内容といたしましては、歳出におきまして、事業費の確定に伴う減額を行い、これの歳入として、財産収入におきまして、基金利子の追加及び土地売払収入の減額をし、土地開発基金繰入金を追加いたしております。


 次に、議案第4号 平成19年度たつの市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)についてご説明申し上げます。


 予算、第1条で、歳入歳出それぞれ470万8千円を追加し、予算総額を86億1,243万2千円とするものでございます。


 次に、補正予算の内容についてご説明申し上げますので、3ページをお開き願います。


 まず、歳出の第1款 総務費及び第6款 保健事業費におきまして、事業費の確定に伴い事業費の減額及び更正をいたしておりまして、第7款 基金積立金につきましては、国民健康保険財政調整基金から生じる利子額の増加に伴う積立金の追加でございます。


 また、第8款 諸支出金におきまして、国民健康保険税の還付金を追加いたしております。


 なお、これらの歳入として、第7款 財産収入におきまして、基金利子を追加し、第8款 繰入金におきまして、一般会計繰入金を減額し、基金繰入金を追加いたしております。


 次に、議案第5号 平成19年度たつの市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)についてご説明申し上げます。


 予算第1条で、歳入歳出それぞれ1,177万8千円を減額し、予算総額を44億5,818万2千円とするものでございます。


 次に、補正予算の内容についてご説明申し上げます。


 まず、7ページの第1款 総務費におきまして、特定検診システム導入及び後期高齢者制度改正に伴うシステム改修経費を追加いたしております。


 次に、第2款 保険給付費から第4款 介護サービス事業費までにつきましては、事業費の確定に伴う減額でございまして、9ページの第6款 基金積立金につきましては、介護給付費準備基金から生ずる利子額の増加及び前年度繰越金の追加に伴う基金積立金の追加でございます。


 また、これらの歳入として、3ページの第1款 保険料から6ページの第10款 諸収入までをそれぞれ更正いたしております。


 次に、議案第6号 平成19年度たつの市下水道事業特別会計補正予算(第2号)についてご説明申し上げます。


 予算、第1条で、歳入歳出それぞれ7億3,828万8千円を追加し、予算総額を53億7,248万8千円とするものでございます。


 次に、第2条 繰越明許費の補正につきましては、2ページの第2表のとおりでございまして、半田神部中央雨水幹線整備事業について、地元との協議に不測の日数を要したことにより、事業期間の延長を余儀なくされ、年度内完了が見込めないため、やむなく繰り越しようとするものでございますので、何とぞご理解を賜りますようお願い申し上げます。


 次に、第3条 債務負担行為の補正を3ページの第3表のとおり変更しようとするもので、流域下水汚泥処理を兵庫県に委託するための債務負担の期間及び限度額を変更するものでございます。


 次に、第4条 地方債の補正は、4ページの第4表のとおり変更しようとするもので、内容は、事業費の確定による減額及び一般会計でご説明申し上げました公的資金保証金免除の繰上償還に伴う借換債の計上でございまして、市債を7億3,954万6千円追加するものでございます。


 次に、補正予算の内容についてでございますが、まず、7ページの第1款 下水道費におきまして、事業費の確定に伴う減額並びに揖保川流域下水道建設負担金の減額を行い、8ページの第2款 公債費におきまして、公的資金の繰上償還に係る元金償還金の追加及び長期債償還利子の確定によります減額をいたしております。これらの歳入として、5ページの第1款 分担金及び負担金から6ページの第7款 市債までを更正いたしております。


 次に、議案第7号 平成19年度たつの市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)についてご説明申し上げます。


 予算第1条で、歳入歳出それぞれ1,722万8千円を追加し、予算総額を5億982万7千円とするものでございます。


 次に、第2条 地方債の補正は、2ページの第2表のとおり追加しようとするもので、内容は、公的資金の補償金なし繰上償還に伴う借換債の計上でございまして、市債を2,100万円追加するものでございます。


 次に、補正予算の内容についてでございますが、まず、5ページの第1款 農業集落排水費におきまして、事業費の確定に伴う減額をいたしておりまして、第2款 公債費におきまして、公的資金補償金免除の繰上償還に係る元金償還金の追加等をいたしております。


 これらの歳入として、3ページの第1款 使用料及び手数料から4ページの第4款 市債までを更正いたしております。


 次に、議案第8号 平成19年度たつの市前処理場事業特別会計補正予算(第2号)についてご説明申し上げます。


 予算第1条で、歳入歳出それぞれ7億8,725万4千円を追加し、予算総額を27億3,939万5千円とするものでございます。


 次に、第2条 繰越明許費の補正につきましては、2ページの第2表のとおりでございます。そのうち、前処理場の耐震設計につきましては、沈殿地内部の調査に相当の日数を要することによるものでございまして、松原前処理場の流入ゲート改築につきましては、流入部の止水に相当の日数を要することによるものでございます。


 いずれの事業におきましても、事業期間の延長を余儀なくされ、年度内完了が見込めないため、やむなく繰り越ししようとするものでございますので、何とぞご理解を賜りますようお願い申し上げます。


 次に、第3条 債務負担行為の補正につきましては、3ページの第3表のとおり、流域下水汚泥処理を兵庫県に委託するための債務負担の期間及び限度額を変更するものでございます。


 次に、第4条 地方債の補正は、4ページの第4表のとおり変更しようとするもので、内容といたしましては、事業費の確定による減額及び公的資金補償金免除の繰上償還に伴う借換債の計上でございまして、市債を7億8,725万4千円追加するものでございます。


 次に、補正予算の内容についてでございますが、歳出において、揖保川流域下水道建設負担金の減額及び公的資金の繰上償還に係る元金償還金の追加をいたしておりまして、これの歳入として、第5款 市債を追加いたしております。


 以上で議案第1号から議案第8号までの各会計補正予算の提案説明を終わらせていただきますが、何とぞ慎重にご審議を賜りまして、いずれも原案のとおり可決いただきますようお願い申し上げます。





○議長(山本直人議員)


 病院事務局長。





○病院事務局長(長尾 孝君)(登壇)


 引き続きまして、議案第9号 平成19年度たつの市病院事業会計補正予算(第1号)についてご説明申し上げます。


 平成19年度たつの市病院事業会計補正予算(第1号)は、国の定めた平成19年度公的資金補償金免除繰上償還措置により、年利5%以上の高金利事業債を繰上償還し、後年度に至る利息負担の軽減を目的とするもので、それに伴う財源としての借換債相当額を補正するものでございます。


 なお、このたびの繰上償還については、定員管理の適正化や維持管理費等の縮減を目標とした公営企業経営健全化計画の承認を国から受け、実施するものでございます。


 それでは、条を追ってご説明いたします。


 第1条は、総則でございます。


 第2条は、平成19年度たつの市病院事業会計予算第4条を補正するものであります。資本的収入の予定額を2億8,910万円増額して3億8,421万9千円とし、資本的支出の予定額につきましても、収入予定額と同額の増額補正を行い、4億1,940万4千円とするものでございます。


 第3条は、起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法を定めるものでございます。


 1ページ以降につきましては、実施計画、資金計画等をお示ししておりますので、ご参照くださるようお願いいたします。


 以上で議案第9号についての提案説明を終わらせていただきますが、何とぞ慎重ご審議を賜りまして、原案のとおり可決くださいますようお願い申し上げます。





○議長(山本直人議員)


 公営企業部長。





○公営企業部長(小西千之君)(登壇)


 引き続きまして、議案第10号 平成19年度たつの市水道事業会計補正予算(第1号)及び議案第11号 平成19年度たつの市国民宿舎事業会計補正予算(第1号)の2件について、一括してご説明申し上げます。


 平成19年度たつの市水道事業会計補正予算(第1号)は、他会計同様、年利5%以上の高金利企業債を繰上償還し、後年度に至る利息負担の軽減を目的とするもので、それに伴う財源としての借換債相当額を補正するものでございます。


 なお、このたびの繰上償還につきましては、定員管理の適正化や維持管理費等の縮減を目標とした公営企業経営健全化計画の承認を国から受けて実施するものでございます。


 それでは、条を追ってご説明いたします。


 第1条は、総則でございます。


 第2条は、平成19年度たつの市水道事業会計予算、第4条を補正するものでございます。資本的収入の予定額を3億5,220万円増額して3億6,040万1千円とし、資本的支出の予定額につきましても、収入予定額と同額の増額補正を行い、8億8,282万6千円とするものでございます。


 第3条は、起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法を定めるものでございます。


 1ページ以降につきましては、実施計画、資金計画等をお示ししておりますので、ご参照くださるようお願いいたします。


 次に、議案第11号 平成19年度たつの市国民宿舎事業会計補正予算(第1号)についてご説明申し上げます。


 平成19年度たつの市国民宿舎事業会計補正予算(第1号)は、平成19年度の志んぐ荘に係る企業債償還金に充当するため、一般会計からの補助金を補正するものでございます。


 それでは、条を追ってご説明いたします。


 第1条は、総則を謳っております。


 第2条に関しては、平成19年度たつの市国民宿舎事業会計予算第4条を改正するものであります。資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額、1億4,271万5千円は、過年度分損益勘定留保資金5,937万9千円、当年度分損益勘定留保資金4,257万2千円、当年度分利益剰余金3,985万1千円を資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額6,071万5千円は、過年度分損益勘定留保資金5,456万3千円、当年度分損益勘定留保資金488万8千円、当年度分利益剰余金35万1千円に改め、資本的収入の予定額を8,200万円増額して8,200万3千円とするものでございます。


 第3条に関しては、企業債償還金のため、一般会計から補助を受ける額を定めております。志んぐ荘は、本年度、従来に増して健全な経営を目指して努力してまいりましたが、企業債元利償還金1億2,087万1千円に対して8,200万円の不足が生じ、やむを得ず補正を必要とするものでございます。何とぞご理解を賜りますようお願いを申し上げます。


 以上で議案第10号及び議案第11号についての提案説明を終わらせていただきますが、何とぞ慎重ご審議を賜りまして、原案のとおり可決いただきますようお願いを申し上げます。





○議長(山本直人議員)


 上程議案に対する説明は終わりました。


 これより上程議案に対する質疑に入ります。


 ご発言ありませんか。


               (「なし」と呼ぶ者あり)





○議長(山本直人議員)


 ご発言がないので、質疑を終結いたします。


 この際、お諮りいたします。


 本件は、会議規則第35条第3項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(山本直人議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本件は、委員会付託を省略することに決しました。


 これより討論に入ります。


 ご発言ありませんか。


               (「なし」と呼ぶ者あり)





○議長(山本直人議員)


 ご発言がないので、討論を終結して、直ちに表決に入ります。


 お諮りいたします。


 上程中の議案第1号から議案第11号までの11件は、原案のとおり可決することに決してご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(山本直人議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、議案第1号から議案第11号までの11件は、原案のとおり可決されました。





          〜日程第5 議案第12号から議案第37号〜





○議長(山本直人議員)


 次は、日程第5、議案第12号 たつの市事務分掌条例の一部を改正する条例制定についてから議案第37号 損害賠償額の決定及び損害賠償請求に関する和解についてまでの24件を一括議題といたします。


 なお、ここでこれらの提案説明に先立ち、市長から平成20年度の施政方針演説を行いたいとの申し出がありますので、これを許します。


 市長。





○市長(西田正則君)(登壇)


 施政方針のうち、1番、市政推進の基本姿勢について申し上げます。


 平成20年度の予算を初めとする諸議案のご審議をお願いするに当たり、市政に取り組む私の所信の一端と主要施策の概要を申し上げ、議員各位並びに市民の皆様のご理解とご協力を賜りたいと存じます。


 昨年は、6月議会におきまして、今後10年間のまちづくりの指針となる総合計画を議決いただき、まちづくりに本格的に取り組む「実行元年」の年と位置づけました。そこで、各地域におきまして大きなプロジェクト事業に着手してまいりました。一方、厳しい社会経済情勢の中、行政改革を進めるために、広報誌をはじめ市内16カ所での「まちづくりの集い」で、市の財政状況と今後の行政改革の必要性を市民の方々に説明し、理解を求めてきたところでございます。さらに、市民まつりをはじめ数々のイベントを通して市民の方々に交流していただく中で、新市としての一体感が出てきたのではないかと感じております。


 地方分権の推進によって、自治体は市民に評価され、選択される時代となってきました。このことは、国や県に依存する自治体から、自ら考え自ら行動を起こす自治体に大きく変貌しつつあります。今後、自治体間の格差はその努力の如何によってますます広がっていくものと考えられます。従来のような、どの自治体でも同じサービスが受けられるという画一的な時代は終わろうとしております。


 こうした中で、合併4年目の平成20年度は、これまでの合併元年・計画元年・実行元年の3カ年の基礎固めの上に、限られた財源を有効活用するための事業の精選を行い、躍動のある市政を展開してまいりたいと存じます。


 そこで、市政推進について、3点に絞って申し上げます。


 1点目は、自立(自分で立つ)、自律(自分で律する)についてであります。


 これからは、行政が何もかも主導的な立場で市民を引っ張っていくのではなく、市民一人ひとりが主体的にまちづくりに参画し、住民の住民による住民のためのまちづくりを実現する必要があります。つまり、市民の内側に内在する施策構築の「種」を市民自らが気づき、行動を起こしてもらう。同時に、それが行政にとっての宝であることに職員が気づき、施策を立案し、実践していくという力を培わなくてはなりません。


 そのためには、議員各位からのご意見はもとより、「まちづくりの集い」や「市長とふれあい・夢トーク」などで、市民の生の声を聞き、一緒になってまちづくりを考えてまいります。また、「たつのまちづくり塾」では、市民と職員が対等な立場で連携し、互いに知恵と汗を出しながら新たな課題に取り組んでもらいます。一方、職員におきましては、独自性と独創性を持った事業展開が図られるよう現地主義を徹底し、現地に即した施策を職員自ら考え、実施できる、自立した個性豊かな職員の育成に取り組んでまいります。


 こうした活動から、自分を律し、自分で決める「自律」ができ、そして自分で立つことができる「自立」を確立することによって、本市のさらなる発展を図ってまいります。


 2点目は、行政改革の推進であります。


 平成18年度に策定いたしました行政改革大綱や行政改革実施計画(集中改革プラン)に基づき行政改革を進めている中で、昨年11月に兵庫県の新行財政構造改革推進方策が発表されました。福祉医療費助成については、実施時期が先送りされたものの、このプランは、本市はもとより特に市民に影響が出ることは必至であります。


 この現実から、着実に本市の行政改革を進めていくためには、市民に対して十分な説明や情報開示、そして意見聴取を行い、経費の節減合理化、補助金等の合理的な整理を行い、自主性・自立性の高い財政運営を確保してまいります。また、民間委託や指定管理者制度を進め、民間活力を導入してまいります。これらを確実に推進するために、PDCAサイクルをもとに検証し、健全財政の堅持に努めてまいります。


 3点目は、大型プロジェクト事業の着実な推進であります。


 市民の利便性の向上と新市のさらなる一体化を図るために、揖龍南北幹線道路整備事業、姫新線高速ディーゼル化事業、本竜野駅・播磨新宮駅周辺整備事業、(仮称)御津道の駅建設事業を推進いたします。また、市民の安全・安心のために、半田神部中央雨水幹線整備事業、防災行政無線整備事業を進めてまいります。どの事業も旧市町ではできなかった大型プロジェクト事業でありますので、職員一丸となって着実に推進させてまいります。


 以上申し上げました以外の分野におきましても十分配慮し、住んでよかった、住んでみたい、訪れてみたいと感じていただける「自然と歴史と先端科学技術が調和し、一人ひとりが輝くまち」の実現を目指して最善を尽くしてまいる所存でございます。


 次に、主要施策の概要につきましてご説明します。


 第1の柱:自然と調和した快適で安心な環境づくりについて申し上げます。


 その1「自然環境の保全と緑化」につきましては、近畿自然歩道など、自然とのふれあいの場を整備し、憩いの場として公園緑地の保全を図ります。


 また、緑地の保全と緑化の推進の方針を示す「緑の基本計画」を策定します。


 河川改修においては、引き続き前川の護岸を整備します。


 その2「住環境の整備」につきましては、民間既存住宅の簡易耐震診断を推進します。また、市営住宅は、外壁等を改修し、住環境の整備を図ります。下水道事業は、下水道未接続世帯の水洗化を推進します。また、現在3種類の下水道使用料体系を一元化します。さらに、施設の適正かつ効率的な維持管理と処理場等の修繕を行います。


 浸水対策は、半田神部中央雨水幹線の早期完成を目指して工事を進めます。宮内川浸水対策実施設計、揖保中浸水対策基本設計を実施します。前処理場は、維持管理経費の節減と有収率の向上に取り組みます。また、原因者負担の原則をもとに、国・県に対して強力に財政支援の要望を続け、健全な財政運営に努めます。


 水道事業は、上水道事業基本計画に基づき、引き続き龍野区域と新宮区域の水道本管直結事業を実施します。


 一方、高度浄水処理施設の(仮称)龍野浄水場は今春完成し、より安全でおいしい水の供給が可能となります。


 また、未対策の浄水場においても、高度浄水処理方法に関する新たな技術手法も研究し、事業の展開を図ります。


 その3「安全・安心なまちづくり」につきましては、災害時の情報伝達・情報収集の手段として防災行政無線の整備を引き続き進めます。あわせて、国民保護計画に基づく武力攻撃等の不測の事態に瞬時に対応できる全国瞬時警報システムを整備し、危機管理機能の向上を図ります。


 また、地域住民や学校などが一体となった防災訓練を実施し、防災意識の高揚と防災活動に必要な知識や技術の習得を図ります。


 消防団においては、消防団員の確保や訓練の充実を図ります。また、活動拠点である分団車庫の整備を行います。


 救急救命については、市民救急救命士の養成や普通救命講習の実施、またAEDのレンタル事業により、救命技術の普及と救命率の向上を図ります。


 火災予防の推進や防災・防犯意識の高揚については、消防劇団を活用した消防防災意識普及啓発事業やレッドパトロール・青色防犯パトロールを実施します。また、住宅火災警報器の普及促進のための住宅防火診断事業を実施します。


 消防庁舎は、耐震補強工事を行い、消防の拠点施設として充実を図ります。


 交通安全については、警察署や交通安全連絡協議会などと連携し、子どもや高齢者を対象とした交通安全教室を開催します。また、万一の交通事故に備えて、交通災害共済事業や弁護士相談事業を行います。


 さらに、悪質商法などによる被害を未然に防ぐために、関連機関との連携を強化し、多重債務者には弁護士等への相談料を助成する救済事業を行います。


 その4「循環型社会の形成」につきましては、ごみの減量化と再資源化のため、地域と協働したごみ分別の徹底、生ごみ減量化機器購入助成や再生資源集団回収運動助成などを推進します。


 一般廃棄物最終処分場では、市内全地域からの土砂・がれき等の受け入れを行います。また、最終処分場の長期的かつ安定的な運営方法について検討します。


 旧新宮町環境衛生センターは、解体撤去します。


 たつの市の山・川・海の特色を生かした体験型環境学習「たつのこどもエコクラブ事業」を実施し、環境意識を高めます。


 第2の柱:健やかに暮らせる福祉コミュニティづくりについて申し上げます。


 その1「地域福祉の充実」につきましては、障害者に対する施策展開において、障害者と地域自立支援協議会を中心とした日常生活に対する支援体制の強化に努めます。


 また、障害者計画や障害福祉計画に基づき、障害者サービスと地域生活支援事業の適正な運営に努めるほか、療育相談支援、精神障害者へのサポート事業など、市民ニーズに沿った施策を推進します。


 さらに、次期障害福祉計画の策定に向けた作業を進めます。


 経済的困窮者に対する施策としては、生活保護制度の適正な運営に努め、困窮の程度に応じた必要な保護と就労支援を行い、自立助長へ導きます。


 また、仙正隣保館の大規模改修を行い、隣保館機能の充実を図ります。


 その2「高齢者福祉介護サービスの充実」につきましては、配食サービス事業、住宅改造費助成事業、緊急通報システム設置事業、高齢者タクシー事業などを引き続き実施します。


 また、高齢者やその家族への相談や支援、介護予防、高齢者虐待防止などの機能を果たす地域包括支援センターの充実を図ります。


 一方、介護保険事業では、介護保険制度の適切な運営を図るため、介護給付の適正化に取り組みます。また、住み慣れた地域で生活できる地域密着型サービスの小規模多機能型居宅介護の基盤整備を進めます。さらに、次期老人保健福祉計画と介護保険事業計画を策定します。


 その3「子育て支援の充実」につきましては、児童手当、乳幼児医療費助成制度、子育て祝金の支給など、経済的支援を行います。


 また、仕事と子育ての両立支援を目指して、保育事業の充実を図ります。一方、在宅での子育て家庭には、集いの広場・子育て学習センター・地域子育て支援センター等の充実を図ります。


 また、平成22年度に策定する次世代育成支援行動計画の後期計画の基礎資料となるニーズ調査を行います。


 さらに、子育ての孤立化や不安感・負担感を解消するため、母子保健推進員・健康推進員が「こんにちは赤ちゃん訪問」を引き続き実施し、子育てに関する相談・指導や情報提供の充実に努めます。


 いじめ・不登校・児童虐待の解消においては、早期発見・早期対応を目指して支援体制の充実を図ります。


 その4「保健・医療システムの確立」につきましては、市民の健康づくりの具体的な行動指標を示し、地域保健推進計画や食育推進計画を策定します。


 さらに、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の予防改善に向けた特定健診・特定保健指導を実施します。


 がん検診については、特に死亡率の高い肝がんの予防対策として、肝炎ウイルス検診の受診勧奨に努めます。


 単位老人クラブに出向いて、健康教育や健康相談を開催し、特定高齢者を把握して、チャレンジ筋トレ教室等の介護予防事業につなげます。


 母子保健では、妊婦健康診査費用の一部助成を行います。また、発育や発達に継続支援が必要な乳幼児には乳幼児健診フォロー事業を実施します。さらに、発達障害が疑われる児童には、精神科医・言語聴覚士・心理判定員による発達相談を実施します。


 また、健診未受診の乳幼児には、民生委員・児童委員による訪問も実施し、対象児の全数把握と受診勧奨に努めます。


 食育については、子どもから高齢者までの各年代にあった食育を推進します。


 市立病院では、乳房用?線診断装置(マンモグラフィ)の新規導入や生体情報モニタシステムの更新を図り、検診・診療機能の充実を図ります。


 さらに、新病院の整備に向け、引き続き基本計画の策定を進めます。


 国民健康保険事業については、医療費の動向や制度改正を的確に把握し、適正な保険税の賦課と収納率の向上に努めます。


 また、医療費抑制対策として、レセプト点検による医療費適正化の疾病分析を行います。さらに、生活習慣病の早期発見と予防を行うため、新たに始まる特定健診の受診率の向上と健診後の保健指導に努めます。


 4月から始まる後期高齢者医療制度については、周知徹底と適正な事業の推進に努めます。


 第3の柱:未来を担い文化を育む人づくりについて申し上げます。


 その1「学校教育の充実」につきましては、基礎基本の徹底と学習習慣を定着させるため、学力アップ推進事業や少人数授業推進事業を実施します。また、学力向上を図るため、読書大好きサポート事業や幼・小・中交流確かな学力育成事業、理科大好き実験教室事業を実施します。さらに、合併を実感させ、郷土愛を育てるため、地域を知ろう観光カルタ作成事業や4年生郷土体験学習事業を実施します。


 いじめ・不登校問題の解決に向け、適応教室推進事業や「スペース遊・友・悠」推進事業等を実施します。


 一方、心豊かでたくましく生きる力を養うため、幼稚園においては、わくわくどくどく事業、仲良しブック事業を、小・中学校においては、いきいき学校応援事業を実施します。また、読書習慣を促進するため、読書100プラン事業を充実します。


 学校施設の整備は、西栗栖小学校、室津小学校、龍野西中学校の屋内運動場の耐震補強工事を実施します。さらに、龍野小学校、龍野東中学校、新宮中学校、御津中学校の校舎の耐震診断調査を行います。


 また、学校給食センター建設に向け、引き続き調査検討を行います。


 登下校時の安全を確保するため、新小学1年生に防犯ブザーを、新中学1年生に通学用ヘルメットを貸与します。


 その2「生涯学習の充実」につきましては、子どもから高齢者までのすべての世帯が自発的に学習できる環境を整備し、幅広い学習機会の充実を図ります。


 公民館では、高齢者教室や成人教室、子どもから高齢者までを対象とした生涯学習推進事業などを充実させていきます。


 図書館では、読書講演会やボランティア養成講座等を開催し、市民の読書活動を支援します。また、「はじめましてえほん」事業や学校園での読み聞かせ等を通じて、子どもに読書の楽しみを伝えます。


 さらに、子育て学習センター事業や家族でものづくりコンテスト事業を通して、家庭教育の推進を図ります。


 放課後児童クラブでは、ボランティアの協力を得て、昔遊びを子どもに伝え、情操の涵養に努めます。また、保育料については、段階的に調整します。


 こどもサイエンスひろばでは、ものづくり教室や移動ミニ科学館などを開催し、多くの子どもが気軽に科学を親しむことができるように努めます。


 人権教育・啓発については、人権施策推進指針に基づき、人権尊重のまちづくり・人づくりに努めます。


 隣保館や教育集会所では、ふれあいまつりなど、多くの市民がともにふれあう交流の場づくりを行い、人権文化の創造を目指した活動を推進します。


 また、男女共同参画プランに基づき、男女共同参画社会の実現に向けた啓発活動を推進します。


 その3「歴史と地域文化の継承」につきましては、国指定史跡である新宮宮内遺跡の史跡公園整備事業を行います。


 歴史的町並みの保存として、龍野・室津地区の伝統的建造物などの修理・再生を支援します。また、十文字川沿いの道路美装化工事を行います。


 歴史文化資料館や埋蔵文化財センター、室津海駅館などでは、特別展や企画展を開催します。


 また、たつの歴史絵巻新宮編を実施するほか、文化財マップなどを活用して、歴史と文化の魅力を探る機会を提供します。さらに、市民が企画・運営するオータムフェスティバル、町ぢゅう美術館などを支援します。


 埋蔵文化財の保護では、必要な発掘調査を継続しながら、出土文化財の整理を行います。


 文化事業では、美術展、音楽祭、俳句大会、霞城館設立30周年記念特別展などを開催します。


 童謡の普及・振興では、三木露風賞新しい童謡コンクールから生まれた新しい童謡を核に、「童謡の里たつの」を全国に発信していきます。


 また、赤とんぼ文化ホールやアクアホールでは、各世代を対象にした芸術文化公演やロビーコンサートなどを開催します。


 その4「スポーツ・レクリエーションの充実」につきましては、各市立体育館、スポーツセンターを拠点として、各種スポーツの振興を図ります。


 市民の親睦と交流を図りながら健康増進を図るため、ニュースポーツ大会、スポーツクラブ21対抗ソフトボール大会、ウォーキング事業などを実施します。


 さらに、スポーツ少年団総合競技大会、小学生相撲大会などを実施し、子どもの交流と健全育成を図ります。


 のじぎく兵庫国体を記念して市内で開催されたデモスポ競技大会を引き続き開催します。


 第4の柱:地域を支え世界に羽ばたく産業づくりについて申し上げます。


 その1「農林業の振興」につきましては、法人化を目指す集落営農の推進にあわせて認定農業者による担い手づくりに努めます。


 また、生産調整田の有効活用として、コスモス・紅花・そば・菜の花などを栽培し、田園景観を創出します。


 地物農産物は、直売所を拠点として、地産地消を推進し、消費拡大に努めます。


 一方、小麦・黒大豆・紫黒米・トマト・梅などの特産物の生産、加工、販売を促進します。


 さらに、地元企業との連携により、醤油加工に適した高タンパク麦の生産を推進します。


 シカ、イノシシなどの有害鳥獣対策は、専門家へ委託して捕獲活動を行います。


 また、森林の環境対策では、県民緑税事業などの活用による災害に強い森林整備にあわせて里山林の活用を啓発します。


 農業農村整備事業として、新宮地区では、下笹集落道と交流広場の整備や篠首地域のほ場整備事業を引き続き実施します。揖西地区では、竹原奥池等の危険ため池の改修や農道整備事業を支援します。揖保川地区では、村づくり交付金事業として袋尻地区の農業用排水施設を整備します。


 また、農地・水・環境保全向上対策として、農地や農業用水等の資源や農村環境を守り、地域活性化を図るための共同活動を支援します。


 その2「水産業の振興」につきましては、稚魚育成放流、築いそ事業、漁港整備事業を引き続き進め、漁業生産の向上と経営安定を図ります。


 一方、室乃津祭や室津かきまつりなどのイベントを通して、海の幸をPRし、ブランド化を目指します。


 その3「観光事業の振興」につきましては、多くの観光資源を有効活用し、観光都市“たつの”の情報発信を行います。


 また、観光写真コンテストを実施し、入賞作品をPR用に活用します。


 観光イベントは、各地域に根ざした独自性のあるイベントや市民総参加の市民まつりを継承・拡大し、地域間交流を推進します。


 また、海とのかかわりを前面に打ち出した(仮称)御津道の駅建設に着手します。


 国民宿舎3荘は、従来に増して連携を強化し、共通割得プランの販売や各荘の個性を打ち出した四季の特別料理の提供を行い、利用者の増加を図ります。また、将来の望ましい経営のあり方について、調査・研究を進めてまいります。


 その4「商工業の振興」につきましては、地場産業の活性化を図るため、産・学・官の連携、異業種交流の推進により、新たな販路開拓のための体制づくりを支援します。


 また、商工会議所や商工会が実施する各種事業の支援をはじめ、商業活性化事業や中小企業金融対策事業を実施します。


 一方、企業立地促進法に基づく地域産業活性化基本計画により、播磨科学公園都市産業用地や播磨龍野企業団地などへの企業立地を促進します。


 第5の柱:活力あふれる交流と連携のまちづくりについて申し上げます。


 その1「適正な土地利用の推進」につきましては、都市の将来像や計画的な土地利用の方針の基本となる都市計画マスタープランと土地利用計画を策定します。また、土地取引の円滑化や行政コストの軽減などを図るため、地籍調査事業を進めます。


 その2「市街地の整備」につきましては、本竜野駅周辺では、橋上駅舎と自由通路等の実施設計と工事をJR西日本に委託します。駅東地区では、都市計画道路本龍野末政線の用地買収、物件補償と道路沿線の土地区画整理事業の推進に努めます。


 播磨新宮駅周辺については、駅舎の橋上化に向けた仮駅舎工事をJR西日本に委託します。また、駅南駐車場の整備と市道新宮駅裏線の整備を実施します。


 また、小宅地区では、ユニバーサル社会づくりに向けた活動を住民と共に実施します。


 その3「交流基盤の形成」につきましては、揖龍南北幹線道路の整備促進と揖保川に架ける橋の下部工工事を引き続き実施します。


 また、地域の幹線道路である広山高駄線、片島土師線、新宮中学校線(大鳥踏切)などの道路完了を進めます。


 さらに、鍛冶屋中央線(相坂橋)の橋梁架け替え工事など、身近な市道の改修や舗装・修繕を実施します。


 JR姫新線では、高速ディーゼル化を進め、高速化の開業に合わせた増便運行のための増便検討調査を実施します。


 また、路線バスの維持とコミュニティバスの運行により、交通弱者や公共交通空白地域の生活交通の確保を図ります。


 その4「市民参画と協働の推進」につきましては、パブリックコメントを活用し、市政への参加機会の確保と開かれた市政の推進を図ります。


 また、「まちづくりの集い」や「市長とふれあい・夢トーク」により、積極的に市民対話を進めていきます。さらに、「市役所出前講座」により、市民の市政への理解を深めます。


 「広報たつの」やホームページを充実し、適切かつ迅速な情報の提供に努めます。


 議会においては、一層開かれた議会を目指して、各総合支所に本会議のライブ中継を配信し、迅速な議会情報を提供します。


 「たつのまちづくり塾」においては、市民と職員が協働して研究し、さらに試行的に事業実施を行うことにより、市民の積極的なまちづくりの取り組みと市民提案型の独創的な施策展開を推進します。


 地域審議会においては、市民の声を傾聴し、均衡ある発展を目指します。


 地域通貨「とんぼ」は、まちづくり活動の推進やコミュニティの活性化を図るため、広く浸透するよう努めます。


 また、地理情報の有効活用と付加価値を持った事業展開が図れるよう、地理情報システムの構築を推進します。さらに、インターネットによる地図情報の公開に向けて検討します。


 情報公開については、個人情報の保護に配慮しつつ、積極的に推進し、市政の透明化を図ります。


 その5「市政運営の確立」につきましては、県の「新行政構造改革推進方策」の動向を注視しながら、本市行政改革大綱や同実施計画(集中改革プラン)、また職員定員適正化計画に基づき、行財政改革への不断の取り組みを続けます。


 その推進に当たって、地方公共団体の財政の健全化に関する法律に基づく健全化判断基準等を踏まえ、自主・自立性の高い財政運営を維持します。


 また、常に費用対効果を意識した予算執行を行うため、業務改善運動の展開や行政評価を継続実施し、事務の効率化と予算縮減に努めます。


 公共施設については、効率的な運営や適正な配置を検証して、統廃合や指定管理者制度の活用を行います。


 本庁舎については、現庁舎の耐震補強設計を行いながら、全体の整備について建設検討委員会において調査・検討を進めます。


 人材育成については、人材育成基本計画に基づき、職場研修、カフェテリア型派遣研修などの職員研修を充実します。


 また、能力や業績を重視した勤務評定、さらには目標管理制度の確立により、人事や給与等の処遇に結びつけ、職員のやる気や働きがいを引き出します。


 次に、たつの市に関係する国・県の主要事業につきまして、その状況を申し上げます。


 1主要地方道網干たつの線のバイパス道路(都市計画道路揖保線)は、真砂大橋の上部工工事とバイパス部の道路改良工事が継続して進められます。


 2はりま・ふれあいロードの県道岩見揖保川線では、原工区のJR跨線橋上部工などの改良事業が進められます。岩見地区の国道250号との交差点改良は、用地買収と排水工工事が実施されます。


 3県道桑原北山揖保川線の鳥坂峠は、用地買収と工事が継続して進められます。


 4県道網干停車場新舞子線では、用地買収が進められ、平成20年度末に一部の区間の完成を目指し、工事が進められます。


 5交通安全施設等整備事業では、継続して国道179号(平野地区)と県道たつの竜野停車場線(龍野新大橋西詰以南)が整備されます。


 6主要地方道本竜野停車場線(都市計画道路本龍野富永線)で用地買収が進められます。


 7河川事業では、新宮町芝田・新宮・段之上地先の栗栖川で築堤工事が実施されます。


 8揖保川水系馬路川は、堤防かさ上げ工事が順次実施されます。


 9山根川は、河川整備計画と水辺の楽校構想に基づき、順次改修工事が着手されます。


 10特定交通安全対策(統合補助)で、歩道のリニューアル工事が主要地方道姫路上郡線(日飼〜片山地区)で実施されます。


 次に、平成20年度予算の概要でございますけれども、3点を踏まえ、自立と躍動を目指す精選配分型予算として編成しました。


 1行財政改革の推進


 2安全安心のまちづくりの推進


 3利便性の向上と地域の一体化の推進


 予算の概要は、総額610億886万9千円、対前年度比9.3%減。


 その内訳は、一般会計320億8千万円、対前年度比4.2%減。


 特別会計231億1,081万5千円、対前年度比18.4%減。


 企業会計58億1,805万4千円、対前年度比6.4%増です。


 歳入予算では、市税、交付税、地方交付税がともに減額となり、全体で14億2千万円の減額となっております。


 歳出予算では、行財政改革により、人件費2億6,360万円、物件費で4億4,656万円減額し、投資的経費においても7億2,918万円の減額となっておりますが、必要な事業に精選配分し、自立と躍動のある市政を展開してまいります。


 以上、平成20年度の市政を運営するに当たり、私の所信と施策の概要を申し上げました。議員各位並びに市民の皆様におかれましては、今後とも市政の推進に一層のご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げまして、私の施政方針といたします。ありがとうございました。





○議長(山本直人議員)


 ここで暫時休憩いたします。再開は11時25分でよろしくお願いします。





             休   憩  午前11時16分


             再   開  午前11時25分





○議長(山本直人議員)


 休憩前に引き続き会議を始めます。


 引き続き上程議案の説明を求めます。


 松尾副市長。





○副市長(松尾和彦君)(登壇)


 ただいま議案となりましたもののうち、議案第12号 たつの市事務分掌条例の一部を改正する条例制定及び議案第13号 たつの市職員定数条例の一部を改正する条例制定の2件について、一括して提案の理由及びその内容についてご説明申し上げます。


 初めに、たつの市事務分掌条例の一部を改正する条例制定の提案の理由でございますが、後期高齢者医療制度の施行に伴う新たな事務に対応するとともに、事務の所管を見直すことによって、より効率的、効果的な事務の執行を図るため、各部の事務分掌事項を見直すべく、所要の改正を行うものでございます。


 次に、改正の内容でございますが、第2条の改正規定は、後期高齢者医療に関することを市民生活部の分掌事項に追加するとともに、男女共同参画に関することを企画財政部から市民生活部へ、消費生活に関することを産業部から市民生活部へ移すものでございます。


 次に、議案第13号 たつの市職員定数条例の一部を改正する条例制定についてご説明申し上げます。


 ます、提案の理由でございますが、平成20年度に予定いたしております事務の効率化を目指した機構改革の一環として、監査委員及び公平委員会の事務部局職員と選挙管理委員会の事務部局職員とを兼任させることにより、当該事務に係る人員を削減しようとするものでございます。


 次に、改正に内容でございますが、現在、監査委員及び公平委員会の事務部局職員が兼任で3人、選挙管理委員会の事務部局職員5人、合わせて8人のところ、監査委員、公平委員会及び選挙管理委員会の事務部局職員を兼任する職員3人、選挙管理委員会の事務部局専任の職員を3人、合わせて6人とすることにより2人の減とし、職員数の合計を1,073人とするものでございます。


 以上で議案第12号及び議案第13号についての説明を終わりますが、何とぞ慎重ご審議の上、原案のとおり可決賜りますようお願い申し上げます。





○議長(山本直人議員)


 総務部長。





○総務部長(山口 昇君)(登壇)


 引き続きまして、議案第14号 たつの市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例制定から議案第17号 兵庫県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更についてまでの3件について、一括して提案の理由及びその内容についてご説明申し上げます。


 初めに、たつの市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例制定の提案理由でございますが、地方公務員の育児休業等に関する法律の一部を改正する法律が平成19年8月1日に施行されました。その主な内容は、1点目が少子化対策として、地方公務員の育児と仕事の両立が可能となるよう、従来の育児休業、部分休業に加え、小学校就学前の子を養育するために、1日4時間勤務、週3日勤務などの勤務形態をとることができる育児短時間勤務制度を導入するものであり、2点目が、部分休業の対象となる子どもの年齢を3歳未満から小学校就学前までの引き上げるもの。3点目が、育児休業から職場復帰した職員の昇給について、育児休業期間中勤務していることと同様に取り扱うこととするものでございます。市といたしましても、職員の育児支援により、少子化対策に資するため、この制度を導入すべく関係条例の整備を行うものでございます。


 次に、改正の内容でございますが、第3条の改正は、1人の子どもについて再度育児休業を取ることができる特別の事情の追加であり、第8条の改正は、育児休業から職場復帰した職員の給料の号給の調整について、従来、育児休業期間の「2分の1」を勤務したものとして取り扱っていたところを「100分の100以下」の勤務の取り扱いに改めるものでございます。


 次に、第9条から第15条までの追加は、育児短時間勤務に関する規定であり、第9条で、育児短時間勤務をすることができない職員を、第10条で、育児短時間勤務期間終了後1年以内に再度育児短時間勤務をすることができる特別の事情を、また、第11条で、交代制等勤務職員の取ることのできる育児短時間の勤務形態を規定し、第12条で、育児短時間勤務の請求手続を、第13条で、育児短時間勤務の承認取消理由を規定し、第14条及び第15条で、育児短時間勤務期間終了後も短時間勤務をさせる場合について規定しております。


 附則につきましては、第1条で、施行期日を、第2条で、経過措置を規定し、第3条は、たつの市職員の勤務時間、休日、休暇等に関する条例について、第4条は、たつの市職員の給与に関する条例について、それぞれ育児短時間勤務職員に係る取り扱いを規定すべく改正するものであり、また第5条は、たつの市企業職員の給与の種類及び基準に関する条例について、部分休業の対象となる子どもの年齢の引き上げに伴い改正するものでございます。


 次に、議案第16号 たつの市国民健康保険税条例の一部を改正する条例制定についてご説明申し上げます。


 医療保険制度の将来にわたる持続的かつ安定的な運営を確保するため、健康保険法等の一部を改正する法律が平成18年法律第83号をもって公布され、この法律において地方税法の一部が改正され、後期高齢者医療制度の創設に伴い、国民健康保険税における後期高齢者支援金等の納付に要する費用に充てるための新たな税率として、後期高齢者支援金等課税の創設、老齢等年金給付の支払いを受けている年齢65歳以上の国民健康保険の被保険者である世帯主に対して課する国民健康保険税の特別徴収制度の創設を主な内容とする改正が行われました。この制度改正に伴い、またあわせて税率等を改正するため、たつの市国民健康保険税条例の所要の改正を行うものでございます。


 なお、このたびの税率等の改正につきましては、たつの市国民健康保険運営協議会へ諮問し、諮問案どおりの答申を得ているところでございます。


 それでは、改正の内容についてご説明申し上げます。


 第2条第1項の改正は、後期高齢者支援金等課税に関する規定の追加による字句の追加で、第2項は、国民健康保険税の基礎課税額の賦課限度額を「56万円」から「47万円」に引き下げるもので、第3項の追加は、後期高齢者支援金等課税額の規定の追加及びその賦課限度額を12万円とするものでございます。


 第3条から第6条までの改正は、国民健康保険の被保険者に係る基礎課税額の税率を引き下げるものでございまして、所得割額の税率を「100分の6.9」から「100分の6.2」に、資産割額の税率を「100分の19」から「100分の12」に、被保険者均等割額の税率を1人について「2万6,500円」から「2万4,900円」に、世帯別平等割額の税率を1世帯について「2万6,500円」から「2万1,100円」にそれぞれ引き下げるものでございます。


 第16条から第21条の改正は、条番号の繰り下げでございます。


 第15条の改正は、国民健康保険税の賦課限度額及び税率の改正に伴い、一定以下の所得の場合、課税額から減額する金額の改正及び条番号を繰り下げるものであり、第3項の改正は、2割減額の適用につきまして、申請に基づく適用から職権適用に改正されたため、削除するものでございます。


 第14条第1項及び第9項の改正は、引用条番号及び字句の整備並びに条番号の繰り下げでございます。


 新たに追加する第19条から第25条までの規定は、国民健康保険税の特別徴収に関するものでございまして、第19条は、年齢65歳以上の老齢等年金受給者で、国民健康保険の被保険者である世帯主に対して課税する国民健康保険税を特別徴収の方法により徴収することを規定し、第20条は、特別徴収義務者を、第21条は、特別徴収税額の納入義務等を、第22条は、被保険者資格喪失等の場合の取り扱いを、第23条は、以前から特別徴収対象保険者であった者に対する仮徴収を、第24条は、新たに特別徴収対象被保険者になったものに係る仮徴収を、第25条は、特別徴収税額から普通徴収税額への繰り入れを規定するものでございます。


 第7条から第13条までの改正は、字句及び条例引用条番号の整備並びに条番号の繰り下げでございます。


 新たに追加する第7条から第10条までの規定は、国民健康保険の被保険者に係る後期高齢者支援金等課税額の税率の規定を追加するものでございまして、所得割額の税率を100分の1.7、資産割額の税率を100分の3、被保険者均等割額の税率を1人について6,600円、世帯別平等割額の税率を1世帯について5,400円とするものでございます。


 附則の改正は、条例引用条番号の整備でございます。


 次に、附則についてでございますが、第1項は、この改正条例の施行期日を定めたもので、第2項及び第3項は、経過措置を定めたものでございます。


 次に、議案第17号 兵庫県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更についてご説明いたします。


 当該退職手当組合は、兵庫県、兵庫県内全町、一部の市及び一部事務組合で組織され、退職手当の支給に関する事務及び組合加入市町等の負担金納入事務を共同処理をしております。本件は、平成20年3月31日付で加古川市、高砂市宝殿中学校組合が解散し、兵庫県市町村職員退職手当組合から脱退することに伴い、規約を変更するものであり、地方自治法第290条の規定により、関係する地方公共団体の議会の議決を得るために上程するものでございます。


 改正の内容につきましては、当組合を組織する市及び一部事務組合を列記した別表第1号表から「、加古川市、高砂市宝殿中学校組合」を削るものでございます。


 附則につきましては、当規約改正の施行期日を規定しており、当該組合の解散日の翌日としております。


 以上で議案第14号から議案第17号までについての提案説明を終わらせていただきますが、何とぞ慎重ご審議の上、原案どおり可決賜りますようお願い申し上げます。





○議長(山本直人議員)


 企画財政部長。





○企画財政部長(井村勝廣君)(登壇)


 引き続きまして、議案第18号 たつの市特別会計設置条例の一部を改正する条例制定、議案第19号 たつの市新宮ふるさと館振興基金条例を廃止する条例制定及び議案第35号 工事委託に関する協定の3件について、一括して提案の理由及びその内容についてご説明申し上げます。


 まず、初めに、たつの市特別会計設置条例の一部を改正する条例制定の提案の理由でございますが、地域振興事業特別会計は、新宮ふるさと館(道の駅しんぐう)の維持管理及び運営に係る経費を管理する目的で設置した特別会計でございますが、当該施設が平成20年4月1日付で指定管理に移行することから、特別会計を廃止するものでございます。平成20年度以降におきましては、指定管理に含まれない県道附帯施設の管理経費等を一般会計に予算計上し、維持管理を図っていくこととしております。


 また、後期高齢者医療事業特別会計につきましては、平成20年4月から施行される高齢者の医療の確保に関する法律に基づき、75歳以上を対象とする後期高齢者医療制度が創設されることから、当該法律第49条の規定に基づき、新たに特別会計を設置し、後期高齢者医療に関する収入及び支出を管理するものでございます。


 また、附則につきましては、平成20年4月1日をもってこの条例の施行期日とするものでございます。


 次に、たつの市新宮ふるさと館振興基金条例を廃止する条例制定についてご説明申し上げます。


 提案の理由でございますが、たつの市新宮ふるさと館振興基金は、新宮ふるさと館(道の駅しんぐう)の維持管理及び運営に資する目的で設置した基金でございますが、先ほど地域振興事業特別会計の際にご説明申し上げましたとおり、施設の指定管理への移行により、同時に本条例を廃止しようとするものでございます。基金条例廃止後は、その残額を減債基金及び公共施設整備基金において管理し、今後の施設整備等の財源に充てようとするものでございます。


 また、附則につきましては、平成20年4月1日をもってこの条例の施行期日とするものでございます。


 次に、議案第35号の工事委託に関する協定についてご説明申し上げます。


 この工事委託に関する協定につきましては、たつの市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条に基づきまして提案しようとするものでございます。


 契約の目的につきましては、姫新線播磨新宮駅自由通路等施設新設工事の委託に関する協定を契約金額7億2,234万円をもって西日本旅客鉄道株式会社と締結しようとするものでございます。


 なお、契約金額につきましては、工事完了後に精算することになっております。


 工事の概要につきましては、参考資料を添付しておりますので、ご覧いただきたいと思います。


 施工内容は、自由通路並びにトイレ及び情報コーナー等の都市施設を新設しようとするもので、工期は平成22年10月31日までとしております。


 以上で議案第18号、議案第19号及び議案第35号についての提案説明を終わらせていただきますが、何とぞ慎重ご審議の上、原案のとおり可決賜りますようお願い申し上げます。





○議長(山本直人議員)


 副教育長。





○副教育長(坂本幸夫君)(登壇)


 引き続きまして、議案第20号 たつの市立公民館条例の一部を改正する条例制定についてから議案第22号 たつの市体育施設条例の一部を改正する条例制定についてまでの3件について、一括して提案の理由及び内容をご説明申し上げます。


 初めに、たつの市立公民館条例の一部を改正する条例制定の提案理由でございますが、たつの市立公民館は、合併の際に、使用料等については旧1市3町のとおり引き継いでおり、現在、使用料及び使用時間、休館日については統一が図られていないのが現状です。使用料については、徴収している公民館と徴収規定のない公民館があり、また使用料を徴収している場合にも公民館により額に相違がありますので、このたび合併後に調整するとの協議結果を受けて調整し、全市的に公平かつ適正な受益者負担の原則を適用し、利用者に応分の負担を求めるものでございます。また、休館日や使用時間についても統一するため、所要の改正を行うとともに、あわせて条文の整備を行うものでございます。


 次に、内容につきましては、第5条におきまして、公民館の休館日を月曜日、国民の祝日に関する法律に規定する休日、年末年始に統一するものです。


 第6条は、公民館の使用時間を午前9時から午後9時30分に統一するものです。


 別表の改正は、休館日及び使用時間を規定する表を削除するとともに、使用料を定める表を全部改正し、50人以下の会議室は500円に、51人以上の会議室は千円に、調理実習室と陶芸室は千円に、舞台付き大ホールを2千円に規定し、新たに冷暖房設備を使用する場合については、規定する使用料に50%相当額を加算するものでございます。


 最後に、附則でございますが、施行期日は平成20年6月1日とし、改正後の使用料が現行より下がる部分の公民館の使用料については、平成20年4月1日からとするものでございます。


 次に、議案第21号 たつの市総合文化会館条例の一部を改正する条例制定についてご説明申し上げます。


 まず、提案の理由でございますが、現在、社会福祉法人たつの市社会福祉協議会が、目的外使用中である総合文化会館アクアホール2階の揖保川支部ボランティアルームについて、使用許可期間が満了となる平成20年3月31日付をもって返還する旨の報告を受けたことに伴い、平成20年4月1日から当該施設区分を一般使用者が利用できる施設、会議室3に変更し、施設使用料を新たに設定して徴収しようとするものでございます。


 次に、内容につきましては、別表第5、基本使用料の款、会議室2の項の次に、会議室3の使用料として午前600円、午後900円、夜間1,200円、午前午後1,500円、午後夜間2,100円、終日2,700円の規定を加えるものであります。


 最後に、附則でございますが、施行期日を平成20年4月1日から施行しようとするものでございます。


 次に、議案第22号 たつの市体育施設条例の一部を改正する条例制定につきましてご説明申し上げます。


 まず、提案理由でございますが、先にご説明をいたしました市立公民館条例の一部を改正する条例制定と同様に、合併協議及びたつの市行政改革大綱に基づきまして、使用料等の統一を図るべく、所要の改正をしようとするものでございます。


 次に、改正しようとする内容でございますが、屋内体育施設間で不均衡となっています休館日使用料、使用時間帯等の統一を図る内容となっています。具体的に申し上げますと、別表第2におきましては、体育館の休館日を月曜日と12月28日から翌年1月4日までとし、別表第3におきましては、体育館の使用時間を午前9時から午後9時30分までと統一をしようとするものでございます。


 さらに、別表第4は、体育館の使用料等の改正でございますが、まず、使用料を1時間当たり競技場は1,200円、柔剣道場は400円、卓球場及び研修室は200円を基準として使用料を設定し、また、使用時間区分につきましては、原則2時間としようとするものでございます。


 附則は、この条例の施行期日及び経過措置を規定したものでございます。


 以上で議案第20号から議案第22号までの説明は終わりますが、何とぞ慎重ご審議の上、原案のとおり可決賜りますようお願い申し上げます。





○議長(山本直人議員)


 教育管理部長。





○教育管理部長(八木利一君)(登壇)


 引き続きまして、議案第23号 たつの市立学校施設使用料条例の一部を改正する条例制定及び議案第24号 学校教育法等の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例制定の2件について、提案の理由及びその内容についてご説明申し上げます。


 まず、初めに、たつの市立学校施設使用料の一部を改正する条例制定の提案の理由でございますが、屋内運動場等の学校施設につきましては、学校教育法等により、学校教育上支障のない限り、社会教育、その他公共のために利用させることができるとされております。その場合の使用料につきましては、各自治体で定めておりますが、本市の場合、合併の際に当分の間、旧1市3町の現行のとおりとするとしておりました。しかしながら、使用料の負担を要する地区と要しない地区があり、また、使用料を徴収することとなっている場合も、地区によりその額に相違がありましたので、このたび全市的に公平かつ適正な受益者負担の原則を適用するため、所要の改正を行うとともに、あわせて条文の整理を行うものでございます。


 次に、その内容でございますが、第1条は、教育制度改革の一環として、学校教育法等の一部を改正する法律が平成19年12月26日に施行され、たつの市立学校施設使用料条例に引用する学校教育法の条番号が改正されたため、その整理を行うものでございます。


 続きまして、第2条でございますが、この条例により、全市的に統一しようとする使用料につきましては、第3条に規定する額を本年6月1日から適用とするものでありますが、改正後の額が現行の額を下回る場合には、その均衡を勘案して4月1日から施行するため、その旨の規定をするものでございます。


 次に、第3条でございますが、先ほど申し上げましたように、このたび統一しようとする使用料の額を定めるもので、午前8時から午後0時まで及び午後0時から午後5時までは、屋内運動場、屋外運動場ともそれぞれ1,500円、その他の施設はそれぞれ千円、午後5時から午後9時30分までは、屋内運動場が2,500円、屋外運動場及びその他の施設は1,500円とし、屋外運動場の照明施設を使用する場合、冷暖房施設を使用する場合及び市外居住者、または市外の団体が使用する場合については、それぞれ規定する額を加算するものでございます。使用料の額につきましては、現行の額、近隣の状況を勘案しながら、これまで徴収していなかった地区について、急激な負担増とならないよう配慮して決定いたしました。また、社会教育の振興、青少年の育成等に配慮が必要な場合には、条例施行規則で減免措置を定めることとしております。


 附則につきましては、この条例の施行日を定めるものでございます。


 次に、議案第24号 学校教育法等の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例制定についてご説明申し上げます。


 まず、提案の理由でございますが、第23号でご説明いたしました学校教育法等の一部を改正する法律により、本市の条例の中に引用しております学校教育法の条番号が改正されましたので、関係条例について、その整理を行うものでございます。


 次に、その内容でございますが、第1条は、たつの市心身障害児福祉金支給条例について、第2条は、たつの市立学校設置条例について、第3条は、たつの市特別支援学校等就学奨励条例について、それぞれ引用しております学校教育法の条番号の整理を行うものでございます。


 附則につきましては、この条例の施行日を公布の日からとするものでございます。


 以上で議案第23号及び議案第24号についての説明は終わらせていただきますが、何とぞ慎重ご審議の上、原案のとおり可決賜りますようお願い申し上げます。





○議長(山本直人議員)


 市民生活部長。





○市民生活部長(作本 覚君)(登壇)


 引き続きまして、議案第25号 たつの市後期高齢者医療に関する条例制定から議案第28号 たつの市一般廃棄物処理施設条例の一部を改正する条例制定までの4件について、一括して提案の理由及びその内容についてご説明申し上げます。


 初めに、たつの市後期高齢者医療に関する条例制定の提案の理由でございますが、平成18年6月21日、健康保険法等の一部を改正する法律が公布され、その中におきまして、現行の高齢者医療制度を定めます老人保健法の一部が改正されました。


 改正の内容としましては、法律の題名が「高齢者の医療の確保に関する法律」に改められたこと、並びに75歳以上を対象とする後期高齢者の新たな医療制度が創設され、平成20年4月1日から施行されることでございます。


 後期高齢者医療制度につきましては、急速な高齢化による老人医療費が増大する中、医療保険制度の将来にわたる持続的かつ安定的な運営を確保するため、また、現役世代と高齢者世代との世代間の負担を明確化し、公平でわかりやすい制度とするため改正されたものでございます。ご高承のとおり、現在75歳以上の高齢者医療につきましては、まず資格についてはそれぞれの健康保険に加入し、保険税や保険料を負担し、医療機関で受診する場合には、老人保健法に基づく医療受給者証によって医療の給付を受けております。その医療給付の財源につきましては、国、県、市負担金と各健康保険からの拠出金で賄う仕組みとなっております。一方、後期高齢者医療制度では、75歳以上のすべての高齢者が加入する独立した1つの保険制度となります。その財源といたしましては、国、県、市負担金が5割、現役世代からの支援金が4割、高齢者自身の保険料が1割の負担となっております。また、この制度の運営は、県内の市町すべてが加入する広域連合と市町とで事務を分担することとなっております。今回の条例制定につきましては、高齢者の医療の確保に関する法律の中で、市の行う事務として、保険料の徴収や保険証の交付等を行う規定があること、並びに普通徴収の方法によって徴収する保険料の納期は、市町村の条例で定めることとされていることから提案する次第でございます。


 それでは、条例の内容につきましてご説明いたします。


 第1条は、市が行う後期高齢者医療事務について定めるものです。


 第2条は、法律制令等に規定された事務以外に市において行う事務を具体的に定めるものです。


 第3条は、保険料を徴収すべき被保険者を定めるものです。


 第4条は、普通徴収による保険料の納期を定めるものです。


 第5条、第6条は、保険料の督促手数料及び延滞金を定めるものです。


 第7条、第8条は、保険料徴収に関しての虚偽の答弁または不正な行為により保険料を免れた場合の過料を定めるものです。


 第9条は、過料の酌量、納期限を定めるものです。


 附則第1条は、施行日を定めるものです。


 附則第2条は、平成20年度において保険料の賦課の特例を受ける場合の保険料徴収の納期の特例について定めるものです。


 附則第3条は、延滞金の割合の特例について定めるものです。


 次に、議案第26号 たつの市国民健康保険条例の一部を改正する条例制定についてご説明申し上げます。


 まず、提案の理由ですが、議案第25号でご説明いたしました健康保険法等の一部を改正する法律におきまして、国民健康保険法の一部が改正されたこと、並びに葬祭費の支給額の改定を行うことによるものです。


 国民健康保険法の主な改正点は、一部負担金の対象年齢及び負担割合の改正でございます。それでは、改正の内容につきまして、順を追って説明いたします。


 第4条第1号及び第2号の改正は、療養を受ける場合の年齢要件を3歳から6歳に引き上げるものでございます。


 第3号の改正は、70歳以上で現役並み所得者以外のものの負担割合については、「10分の1」を「10分の2」に引き上げるものです。


 第5条第2項の改正は、字句の整理でございます。


 第6条第1項の改正は、葬祭費を「4万円」から「5万円」に引き上げるもので、後期高齢者医療の支給額と同額といたします。


 第2項の改正は、葬祭費の併給調整を規定するものでございます。


 第7条の改正は、後期高齢者医療制度の創設に伴い、結核医療賦課金の支給について、老人保健受給者の適用除外規定を削るものです。


 第8条の改正は、医療保険に特定健康診査、特定保健指導が義務づけられたことに伴う条文の整理でございます。


 第11条は、字句の整理でございます。


 附則第1項は、この条例の施行日を。


 附則第2項、附則第3項は、経過措置を定めるものでございます。


 次に、議案第27号 たつの市福祉医療費助成条例の一部を改正する条例制定についてご説明申し上げます。


 本件は、議案第25号においてご説明いたしましたとおり、健康保険法等の一部を改正する法律により、老人保健法が改正されましたので、たつの市福祉医療費助成条例関係条文中、老人保健法から引用している法律名、条番号、字句について所要の改正を行うものです。


 附則は、この条例の施行期日を定めるものです。


 次に、議案第28号 たつの市一般廃棄物処理施設条例の一部を改正する条例制定についてご説明申し上げます。


 龍野町中井に設置しておりますたつの市一般廃棄物最終処分場においては、受け入れ区域を合併前の旧龍野市区域から排出されるものに限定をしておりましたが、中井自治会との受け入れ協議も整いましたので、受け入れ区域をたつの市全域とし、新宮町馬立の仮置き場を停止しますので、所要の改正を行うものでございます。


 それでは、改正の内容についてご説明申し上げます。


 附則第2項の改正は、受け入れ区域を合併前の旧龍野市区域のみとする受け入れ制限の規定を削るものです。


 次に、附則でございますが、この改正条例の施行期日を公布の日からとするものでございます。


 以上で議案第25号から議案28号までについての提案説明を終わりますが、何とぞ慎重審議の上、原案のとおり可決賜りますようお願い申し上げます。





○議長(山本直人議員)


 12時を過ぎておりますが、日程第6までこのまま会議を進めさせていただきたいと思いますが、よろしいですか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(山本直人議員)


 では、進めさせていただきます。


 健康福祉部長。





○健康福祉部長(濱 光治君)(登壇)


 引き続きまして、議案第29号 たつの市敬老祝金条例の一部を改正する条例制定から議案第31号 たつの市介護保険条例の一部を改正する条例制定までの3件について、一括して提案の理由及びその内容についてご説明申し上げます。


 初めに、たつの市敬老祝金条例の一部を改正する条例制定の提案の理由でございますが、本件は、平成18年11月策定の行政改革実施計画の中で見直し対象としていたものでございます。高齢化の進展に伴い、敬老祝金支給事業の経費が年々増加しており、本市では、この事業に加えて敬老会の開催、敬老会における各種祝品の贈呈を行っております。この状況を踏まえまして、事業の見直しをしようとするものでございます。


 次に、内容についてご説明申し上げます。


 第2条において、敬老祝金支給の対象者である「75歳、77歳、88歳及び99歳の者」を「77歳及び88歳の者」に改正するものでございます。


 第3条において、敬老祝金の額を改正するもので、77歳の者は「5千円」に88歳の者は「1万円」にしております。


 附則につきましては、施行日は平成20年4月1日と定めております。


 次に、議案第30号 たつの市百歳以上高齢者等祝金支給条例の一部を改正する条例制定についてご説明申し上げます。


 初めに、提案の理由でございますが、この事業は、本市のみならず兵庫県たつの市社会福祉協議会においても類似した事業を展開しておりますので、この事業の祝金等の支給内容を見直そうとするものでございます。


 次に、内容についてご説明いたします。


 題名第1条、第2条の改正は、字句の整理でございます。


 第3条の改正は、第1号において、百歳到達者への祝金等を「10万円」から「祝金5万円及び祝品」に、第2号において、百歳を超える高齢者への祝金等を「1万円」から「祝品」に、第3号において、最高齢者、最高齢夫婦への祝金等を「2万円」から「祝金1万円及び祝品」に改正し、あわせて字句の整理を行うものです。


 次に、附則でございますが、施行日を平成20年4月1日とするものでございます。


 次に、議案第31号 たつの市介護保険条例の一部を改正する条例制定についてご説明を申し上げます。


 初めに、提案の理由でございますが、介護保険法施行令及び介護保険の国庫負担金の策定等に関する政令の一部を改正する政令により、税制改正の影響で、介護保険料が大幅に上昇するものに対し、平成18年度及び平成19年度の保険料は、本条例の附則において激変緩和措置を講じております。一方、国において、引き続き平成20年度も激変緩和措置を継続することができるように、介護保険法施行令及び介護保険の国庫負担金の算定等に関する政令の一部を改正する政令が平成19年12月12日、制令第365号で公布されたところでございまして、本市におきましても、激変緩和措置を継続するため、条例の一部を改正しようとするものでございます。激変緩和措置は、合計所得金額が125万円以下であり、かつ平成17年1月1日現在において年齢65歳以上であった者が対象で、保険料基準額に乗じた割合について引き上げるものでございます。


 次に、内容についてご説明申し上げます。


 介護保険条例の附則に加えて、第9項の見出しを平成20年度における保険料率の特例とし、平成19年度の激変緩和措置と同様の措置を平成20年度も適用するとするもので、第1号から第3号は、条例第3条第4号に該当するものであり、税制改正がなかったとすれば、条例第3条第1号、第2号となるもので、「4万5,600円」を「3万7,848円」に、第3号となるものは、「4万1,496円」に、第4号から第7号は、条例第3条第5号に該当するものであり、税制改正がなければ第3条第1号、第2号となるものは、「5万7千円」を「4万5,600円」に、第3号となるものは、「4万9,248円」に、第4号となるものは、「5万2,869円」とするものでございます。この措置によりまして、平成20年度の影響額につきましては、約1,100万円と見込んでいるところでございます。


 最後に、附則でありますが、施行日を平成20年4月1日と定めるものでございます。


 以上で議案第29号から議案31号までについての提案説明を終わらせていただきますが、何とぞ慎重ご審議の上、原案どおり可決決定賜りますようよろしくお願い申し上げます。





○議長(山本直人議員)


 病院事務局長。





○御津病院事務局長(長尾 孝君)(登壇)


 引き続きまして、議案第32号 たつの市病院事業条例の一部を改正する条例制定について、提案の理由及びその内容についてご説明申し上げます。


 まず、提案の理由でございますが、本件は、市立病院の健全経営のため、県に対し病床数の増を要望いたしておりましたが、平成18年4月に兵庫県保健医療計画並びに西播磨圏域保健医療計画が見直され、病床数は西播磨全域で77床増床されることになりました。うち13床について市立御津病院に割り当ていただき、平成19年4月9日付で増床の県知事許可を得ましたので、平成19年度において病床の整備を行い、このたび本条例について所要の改正を行うものでございます。


 次に、内容についてご説明申し上げます。


 条例第2条第3項中「165床」を「178床」に改めるものでございます。


 次に、附則につきましては、本条例を平成20年4月1日から施行するものでございます。


 以上で議案第32号についての提案説明を終わらせていただきますが、何とぞ慎重ご審議の上、原案のとおり可決賜りますようお願い申し上げます。





○議長(山本直人議員)


 都市建設部長。





○都市建設部長(田口隆弘君)(登壇)


 引き続きまして、議案第34号 市道の路線認定及び変更についてご説明申し上げます。


 市道の路線認定及び変更につきましては、道路法第8条第2項及び第10条第3項の規定によりまして、議会の議決を求めるものでございます。


 市道の認定につきましては、龍野町内において、土地区画整理法第105条第3項の規定により、帰属を受けた道路をはじめ、龍野町、揖保川町、御津町において、都市計画法に基づく開発行為により設置された道路及び新宮町内においてほ場整備事業により設置され供用しておりましたが、不特定多数の一般交通の利用に供されている道路を市道として認定しようとするものです。


 その内容につきましては、市道認定路線調書に掲げておりますとおり、大道5号線ほか16路線を新規に認定しようとするものでございます。


 次に、変更する路線でございますが、大陣原線につきましては、現地調査の結果、道路敷地が農林水産省所管の公有財産であることが判明したため、当該区間を減ずることにより、終点を変更するものでございます。


 次に、大道4号線につきましては、既認定区間に土地区画整理法の規定により帰属を受けた道路を追加し、認定することにより、起点を変更するものでございます。


 下笹13号線につきましては、既認定区間にほ場整備事業により設置され、一般交通の利用に供されている道路を追加することにより、起点を変更するものでございます。


 以上で議案第34号についての提案説明を終わりますが、何とぞ慎重ご審議の上、原案どおり可決賜りますようお願い申し上げます。





○議長(山本直人議員)


 下水道部長。





○下水道部長(山本 実君)(登壇)


 引き続きまして、議案第36号 たつの市下水道条例等の一部を改正する条例制定及び議案第37号 損害賠償額の決定及び損害賠償請求に関する和解の2件について、一括して提案の理由及びその内容についてご説明申し上げます。


 初めに、たつの市下水道条例等の一部を改正する条例制定の提案の理由ですが、下水道使用料につきましては、合併協議会において、当分の間現行のとおり新市に引き継ぎ、新市発足後、事業計画を策定して統一を図るものとするとの調整方針に基づき、それぞれの地域で異なる3つの体系で今日に至っております。


 このたび、経営の改善、受益と負担の平等性・公平性を確保するため、下水道使用料統一検討委員会の提言をもとに今回使用料を統一するものでございます。


 新使用料につきましては、月10m3までの基本料金が787円50銭、従量料金は10m3を超え20m3以下の分が94円50銭、20m3を超え40m3以下の分が136円50銭、40m3を超え100m3以下の分が189円、100m3を超える分が220円50銭と使用料の多寡に応じて算定される4段階の従量使用料体系といたします。


 次に、区域ごとにご説明申し上げます。


 まず、旧龍野市区域につきましては、変更はありません。


 旧新宮町区域につきましては、基本料金が月10m3まで「840円」を「787円50銭」に、月10m3を超える排出については、1m3当たり一律105円であったのが従量使用料体系へと変わります。


 旧揖保川町区域と旧御津町区域につきましては、基本料金が10m3まで「945円」を「787円50銭」に、10m3を超える分の従量使用料体系を6段階から4段階へと変更します。また、公衆浴場汚水については、市内全域において当該施設がないので、削除いたします。


 次に、改正の内容についてご説明申し上げます。


 第1条は、たつの市下水道条例の一部改正でございまして、字句を改めるとともに別表第2を新使用料金に改めております。


 第2条は、たつの市農業集落排水施設条例の一部改正でございまして、別表第2を新使用料に改めております。


 第3条は、たつの市個別排水処理施設条例の一部改正でございまして、別表第1を新使用料に改めております。


 第4条は、たつの市コミュニティプラント条例の一部改正でございまして、別表第2を新使用料に改めております。


 次に、改正条例の附則でございますが、第1条は、この条例の施行期日を平成20年9月1日とし、第2条から第5条までは経過措置並びに平成20年5月1日から平成21年3月31日までの間及び平成21年4月1日から平成22年3月31日までの間の旧新宮町区域においての激変緩和措置について規定するものでございます。


 次に、議案第37号 損害賠償額の決定及び損害賠償請求に関する和解についてご説明申し上げます。


 本件は、平成15年10月着工の公共ます設置のため、下水道管渠附設工事において、申立人より、旧揖保川町が建物の基礎や地盤に影響を与えないようにする注意義務を怠ったため、建物にクラック、不等沈下が生じたと、平成16年8月27日、龍野簡易裁判所への調停申し立てがあり、平成17年5月26日に神戸地方裁判所龍野支部に損害賠償請求訴訟が提起されたものでございます。


 工事につきましては、旧揖保川町として誠意を持って対応してまいりましたが、十分にご理解をしていただけず、訴訟となったものでございます。


 本訴訟は、係属して以来18回に及ぶ口頭弁論を経て、裁判所から職権による和解勧告がなされ、本市としましても、この和解により原告との間の紛争が早期に解決することを勘案し、和解しようとするものでございます。


 内容といたしましては、1損害賠償の額115万円。2損害賠償の相手方 たつの市揖保川町袋尻833番地、土井雅博さん。


 和解の概要、1本件解決金として115万円を相手方に支払う。2当事者は、本件に関し、本和解条項に定めるほか、何ら債権債務のないことを相互に確認する。3訴訟費用は各自の負担とするという内容でございます。


 これにより、地方自治法第96条第1項第12号に規定によります和解及び同項第13号の規定による損害賠償の額を定めることについて、議会の議決を求めるものであります。


 なお、今後につきましては、下水道工事につきまして、より一層の安全管理対策の強化に努めていきたいと考えております。


 以上で議案第36号及び議案第37号について提案説明を終わらせていただきますが、何とぞ慎重ご審議の上、原案のとおり可決賜りますようお願い申し上げます。





          〜日程第6 議案第38号から議案第53号〜





○議長(山本直人議員)


 次は、日程第6、議案第38号 平成20年度たつの市一般会計予算から議案第53号平成20年度たつの市国民宿舎事業会計予算までの16件を一括議題といたします。


 これより上程議案に対する説明を求めます。


 企画財政部長。





○企画財政部長(井村勝廣君)(登壇)


 ただいま議題となりましたもののうち、議案第38号 平成20年度たつの市一般会計予算から議案第50号 平成20年度たつの市と畜場事業特別会計予算までの13件について、一括して提案の理由並びにその内容についてご説明申し上げます。


 まず、議案第38号 平成20年度たつの市一般会計予算についてご説明申し上げます。


 1ページをご覧願います。第1条において、歳入歳出それぞれ320億8千万円と定めております。その主な内容は、お手元に配付いたしております予算参考資料に詳細に記載いたしておりますので、ご清覧願います。


 次に、第2条では、債務負担行為を計上するもので、9ページの第2表のとおりでございます。


 また、債務保証につきましては、10ページに掲げておりますが、たつの市土地開発公社の事業資金に対する債務保証でございます。


 次に、第3条では、地方債の起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法として、11ページの第3表で総額36億9,180万円と定めており、その内容につきましては、同表に列記いたしておりますので、ご清覧願います。


 次に、第4条、一時借入金でございますが、借り入れの最高額を10億円とするものでございます。


 また、第5条、歳出予算の流用につきましては、歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合を表示いたしております。


 次に、予算の内容につきまして、主な事業等について、歳入歳出予算事項別明細書によりご説明申し上げます。


 まず、15ページの歳出からご説明申し上げます。


 第1款 議会費につきましては、2億9,492万9千円を計上いたしております。


 次に、第2款 総務費につきましては、34億4,551万4千円を計上し、その主な内容といたしましては、庁舎耐震補強の実施設計委託、姫新線高速ディーゼル化事業補助金、播磨高原広域事務組合負担金並びに電子自治体推進に係る経費等でございます。


 次に、第3款 民生費につきましては、75億2,896万4千円を計上し、その主な内容としましては、医療費助成、障害者自立支援給付費、生活保護及び児童手当等に係る扶助費並びに後期高齢者医療制度に係る負担金等でございます。


 次に、第4款 衛生費につきましては、27億5,178万9千円を計上し、その主な内容は、揖龍保健衛生施設事務組合及びにしはりま環境事務組合等への分担金、病院事業会計への繰出金並びにごみ焼却施設解体緑化公園整備費等でございます。


 次に、第5款 労働費におきましては、2億3,120万6千円を計上いたしております。


 次に、第6款 農林水産業費につきましては、11億5,695万7千円を計上し、その主な内容は、県営事業負担金、村づくり交付金事業、中山間地域総合整備事業及び港湾整備事業等でございます。


 次に、第7款 商工費につきましては、5億6,926万3千円を計上いたしておりまして、その主な内容は、中小企業振興融資制度預託金でございます。


 次に、第8款 土木費につきましては、71億2,392万6千円を計上いたしております。その主な内容といたしましては、道路維持費、龍野揖保川御津線及び(仮称)御津道の駅をはじめとする道路新設改良事業費、本竜野駅及び播磨新宮駅周辺等のまちづくり交付金事業並びに下水道事業、前処理場事業特別会計への繰出金等でございます。


 次に、第9款 消防費につきましては、17億3,460万1千円を計上いたしておりまして、その主な内容といたしましては、消防庁舎耐震補強及び防災行政無線整備経費等でございます。


 次に、第10款 教育費につきましては、30億9,189万2千円を計上し、この主な内容は、西栗栖小学校屋内運動場改修及び室津小学校屋内運動場大規模改造事業をはじめとする義務教育施設整備費並びに新宮宮内遺跡整備費等でございます。


 次に、第12款 公債費につきましては、40億5,600万5千円を計上いたしておりまして、平成19年度に引き続き、公的資金の補償金免除の繰上償還に係る元金償還金を含めて計上いたしております。


 次に、第13款 諸支出費につきましては、6,495万4千円を計上いたしておりまして、第14款 予備費につきましては、3千万円を計上いたしております。


 以上で歳出を終わりまして、次に歳入についてご説明申し上げます。


 13ページをお開き願います。第1款 市税につきましては、104億3,184万4千円を計上いたしております。前年度と比較いたしますと4億1,775万2千円の減額となっておりまして、この主な理由といたしましては、景気変動等によるものでございます。


 また、第2款 地方譲与税につきましては、3億6,690万円を計上し、第3款 利子割交付金につきましては、5千万円を計上いたしております。


 次に、第4款 配当割交付金につきましては、7,200万円を計上し、第5款 株式等譲渡所得割交付金につきましては、4,500万円を計上いたしております。


 次に、第6款 地方消費税交付金につきましては、7億7千万円を計上いたしておりまして、第7款 ゴルフ場利用税交付金につきましては、2,600万円を計上いたしております。


 また、第8款 自動車取得税交付金につきましては、1億9千万円を計上いたしておりまして、第9款 地方特例交付金につきましては、1億5,300万円を計上いたしております。


 次に、第10款 地方交付税につきましては、対前年度比2億5千万円減の88億円を計上いたしております。


 次に、第11款 交通安全対策特別交付金につきましては、1,900万円を計上いたしております。


 次に、第12款 分担金及び負担金につきましては、5億7,294万6千円を計上し、その主な内容は、農業施設整備に係る地元分担金及び保育所入所負担金等でございます。


 次に、第13款 使用料及び手数料につきましては、4億5,671万3千円を計上いたしております。


 次に、第14款 国庫支出金につきましては、21億6,817万5千円を計上し、その主な内容は、障害者自立支援給付費等負担金、児童手当負担金、生活保護費負担金、地方道路整備臨時交付金及びまちづくり事業交付金等でございます。


 次に、第15款 県支出金につきましては、17億8,906万5千円を計上し、この主な内容といたしましては、障害者自立支援給付費等負担金、国民健康保険事業保険基盤安定負担金、後期高齢者医療保険基盤安定負担金、児童手当負担金、医療費助成事業補助金及び中山間整備費補助金等でございます。


 次に、第16款 財産収入につきましては、9,709万9千円を計上いたしております。


 次に、第17款 寄附金につきましては、517万3千円を計上いたしておりまして、主な内容といたしましては、生活道路等整備工事地元負担金でございます。


 次に、第18款 繰入金につきましては、9億8,173万8千円を計上しておりまして、主な内容といたしましては、財政調整基金から6億4,200万円、減債基金から3億1,158万1千円を繰り入れる予定でございます。


 次に、第19款 繰越金につきましては、基礎額でございまして、第20款 諸収入につきましては、13億9,354万6千円を計上し、その主なものは、勤労者住宅資金融資預託金回収金及び中小企業融資預託金回収金、太子町からの消防事務受託収入等でございます。


 次に、第21款 市債につきましては、36億9,180万円を予定いたしておりまして、その主なものといたしましては、姫新線高速ディーゼル化事業債が1億3,500万円、環境衛生施設整備事業債が2億1,750万円、道路整備事業債が7億9,040万円、まちづくり交付金事業債が4億9,050万円、防災行政無線整備事業債が2億3,790万円、学校教育施設整備事業債が2億6,150万円、臨時財政対策債が8億3千万円、繰上償還に係る借換債が1億2,480万円などでございます。


 以上で一般会計を終わり、引き続き特別会計についてご説明申し上げますので、別冊の特別会計予算書をご清覧願います。


 まず、1ページ、議案第39号 平成20年度たつの市学校給食センター事業特別会計予算についてご説明申し上げます。


 第1条におきまして、歳入歳出それぞれ2億5,176万9千円と定めております。


 次に、5ページの歳出からご説明申し上げます。


 第1款 総務費におきまして、1億2,600万6千円を計上し、第2款 給食費におきまして1億2,576万3千円を計上いたしております。その主な内容は、新宮及び御津の学校給食センターの管理運営経費でございます。


 次に、歳入についてご説明申し上げますので、4ページをお開き願います。


 第1款 分担金及び負担金につきましては、学校給食に係る負担金として1億2,576万1千円を計上し、第2款 繰入金につきましては、一般会計から1億1,830万8千円の繰入金を計上いたしております。


 また、第4款 諸収入のうち、教育費受託事業収入につきましては、播磨高原広域事務組合からの光都地区学校給食事務受託事業収入でございます。


 次に、19ページをお開き願います。議案第40号 平成20年度たつの市土地取得造成事業特別会計予算についてご説明申し上げます。


 第1条におきまして、歳入歳出それぞれ3億2,912万円と定めております。


 次に、23ページからの歳出からご説明申し上げます。


 第1款 総務費におきまして、土地開発基金所有土地を基金から買い戻し、住宅用地として売り払うための費用及び土地開発基金への利子積立金並びに土地売払収益金積立金を計上し、その歳入として、22ページの第1款 財産収入及び第2款 繰入金を計上いたしております。


 次に、26ページをお開き願います。議案第41号 平成20年度たつの市揖龍広域センター事業特別会計予算についてご説明申し上げます。


 第1条におきまして、歳入歳出それぞれ640万円と定めております。


 次に、30ページからの歳出からご説明申し上げます。


 第1款 総務費におきまして、揖龍広域センターの管理運営経費として639万円を計上いたしておりまして、その歳入といたしましては、29ページの第1款 分担金及び負担金におきまして、太子町からの分担金を166万1千円計上し、第2款 繰入金で一般会計から375万4千円の繰入金を計上いたしております。


 次に、35ページをお開き願います。議案第42号 平成20年度たつの市揖龍公平委員会事業特別会計予算についてご説明申し上げます。


 第1条におきまして、歳入歳出それぞれ94万2千円と定めております。


 次に、39ページからの歳出からご説明申し上げます。


 第1款 総務費におきまして、揖龍公平委員会運営経費として94万2千円を計上いたしておりまして、その歳入といたしましては、38ページの第1款 分担金及び負担金から第3款 繰越金までの予算を計上いたしております。


 次に、43ページをお開き願います。議案第43号 平成20年度たつの市国民健康保険事業特別会計予算についてご説明申し上げます。


 第1条におきまして、歳入歳出それぞれ81億7,655万3千円と定めております。


 次に、第2条の歳出予算の流用につきましては、歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合を表示いたしております。


 次に、歳出についてご説明申し上げますので、49ページをお開き願います。


 第1款 総務費におきまして、1億3,049万8千円を計上し、第2款 保険給付費につきましては、療養給付費高額療養費等負担金として56億9,450万3千円を計上いたしております。


 また、第3款 後期高齢者支援金等につきましては、8億3,860万円を計上し、第4款 前期高齢者納付金等につきましては、205万円を計上いたしております。


 次に、第5款 老人保健拠出金につきましては、2億2,647万6千円を計上し、第6款 介護納付金におきましては、3億8,525万円を計上いたしております。


 また、第7款 共同事業拠出金につきましては、8億1,461万5千円を計上いたしております。


 次に、第8款 保健事業費につきましては、特定健康診査をはじめとする各種保健事業に係る経費として5,524万円を計上し、第9款 基金積立金におきましては、国民健康保険財政調整基金利子の積立金を計上いたしております。


 また、第10款 諸支出金におきまして、償還金、還付金を計上いたしておりまして、第11款 予備費につきましては、2千万円でございます。


 次に、歳入についてご説明申し上げますので、48ページをお開き願います。


 第1款 国民健康保険税につきましては、19億5,907万7千円を計上いたしております。


 また、第3款 国庫支出金につきましては、療養給付費等負担金及び財政調整交付金等として18億7,190万9千円を計上いたしておりまして、第4款 療養給付費交付金につきましては、7億950万4千円を計上いたしております。


 また、第5款 前期高齢者交付金につきましては、19億4,970万4千円を計上し、第6款 県支出金につきましては、高額医療費共同事業負担金及び県財政調整交付金等として3億5,125万8千円を計上いたしております。


 また、第7款 共同事業交付金につきましては、保険財政共同事業交付金等として8億1,461万5千円を計上いたしております。


 また、第8款 財産収入におきましては、国民健康保険財政調整基金利子を計上し、第9款 繰入金につきましては、一般会計からの繰入金を4億5,691万円、基金繰入金を5千万円予定いたしております。


 また、第11款 諸収入につきましては、第三者行為納付金等でございます。


 次に、74ページをお開き願います。議案第44号 平成20年度たつの市老人保健医療事業特別会計予算についてご説明申し上げます。


 第1条におきまして、歳入歳出それぞれ9億8,584万8千円と定めております。


 次に、78ページの歳出からご説明申し上げます。


 第1款 医療諸費におきまして、医療給付費等として9億8,583万7千円を計上いたしております。


 次に、歳入についてご説明申し上げますので、77ページをお開き願います。


 第1款 支払基金交付金につきましては、医療費交付金等として5億1,303万8千円を計上いたしております。


 また、第2款 国庫支出金及び第3款 県支出金につきましては、医療費負担金等を計上いたしておりまして、第4款 繰入金におきましては、一般会計からの繰入金として7,713万4千円を予定いたしております。


 第6款 諸収入につきましては、第三者納付金等でございます。


 次に、84ページをお開き願います。議案第45号 平成20年度たつの市後期高齢者医療事業特別会計予算についてご説明申し上げます。


 第1条におきまして、歳入歳出それぞれ8億1,092万7千円と定めております。


 次に、88ページの歳出からご説明申し上げます。


 第1款 総務費におきまして、3,903万3千円を計上し、第2款 後期高齢者医療広域連合納付金につきましては、7億7,187万4千円を計上いたしております。


 次に、歳入についてご説明申し上げますので、87ページをお開き願います。


 第1款 保険料におきまして、後期高齢者医療保険料を6億4,299万4千円計上いたしておりまして、第3款 繰入金におきましては、一般会計からの繰入金として1億6,792万円を予定いたしております。


 次に、101ページをお開き願います。議案第46号 平成20年度たつの市介護保険事業特別会計予算についてご説明申し上げます。


 第1条におきまして、歳入歳出それぞれ45億981万8千円と定めております。


 次に、第2条の歳出予算の流用につきましては、歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合を表示いたしております。


 次に、歳出のうち主なものについてご説明申し上げますので、107ページをお開き願います。


 第1款 総務費におきまして、1億2,656万円を計上し、第2款 保険給付費につきましては、介護サービス等給付費をはじめとする経費として42億8,161万円を計上しております。


 次に、第3款 地域支援事業費につきましては、介護予防及び包括的支援任意事業費として7,593万8千円を計上いたしております。


 また、第4款 介護サービス事業費につきましては、介護予防ケアプラン作成業務に係る経費として1,228万6千円を計上いたしておりまして、第5款 財政安定化基金拠出金につきましては、396万8千円を計上いたしております。


 次に、第6款 基金積立金におきましては、介護給付費準備基金利子の積立金を計上いたしておりまして、第7款 公債費につきましては、財政安定化基金貸付金に係る償還金でございます。


 また、第8款 諸支出金におきまして、償還金、還付金を計上いたしておりまして、第9款 予備費につきましては、500万円でございます。


 次に、歳入についてご説明申し上げますので、106ページをお開き願います。


 まず、第1款 保険料におきまして、介護保険料7億8,435万2千円を計上し、第3款 国庫支出金から第5款 県支出金において、介護給付費負担金及び地域支援事業交付金等を計上いたしております。


 次に、第6款 介護サービス事業収入につきましては、歳出で申し上げました介護サービス事業に係るものでございます。


 また、第7款 財産収入におきましては、介護給付費準備基金利子を計上し、第8款 繰入金におきましては、一般会計からの繰入金を6億7,660万1千円、介護給付費準備基金繰入金を5千万円予定いたしております。


 次に、133ページをお開き願います。議案第47号 平成20年度たつの市下水道事業特別会計予算についてご説明申し上げます。


 まず、第1条におきまして、歳入歳出それぞれ53億6,948万4千円と定めております。


 次に、第2条は、債務負担行為を計上するもので、136ページの第2表のとおりでございます。


 次に、第3条の地方債につきましては、起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法について、137ページの第3表のとおり定めておりまして、起債の限度額を13億3,541万6千円といたしております。


 次に、第4条に定めております一時借入金につきましては、借り入れの最高額を10億円と定めるものでございます。


 次に、歳出のうち主なものについてご説明申し上げますので、139ページをお開き願います。


 第1款 下水道費では、下水道維持管理及び整備事業費等として18億2,242万1千円を計上しております。


 次に、第2款 公債費につきましては、35億4,506万3千円を計上いたしておりまして、平成19年度に引き続き、公的資金の補償金免除の繰上償還に係る元利償還金を含めて計上いたしております。


 次に、歳入についてご説明申し上げますので、138ページをお開き願います。


 まず、第1款 分担金及び負担金におきまして、受益者負担金といたしまして880万円を計上し、第2款 使用料及び手数料につきましては、8億8,914万5千円を計上いたしております。


 次に、第3款 国庫支出金につきましては、歳出で申し上げました下水道整備事業に係る補助金として4億2,300万円を計上いたしております。


 次に、第4款 繰入金につきましては、一般会計から27億1,312万2千円の繰り入れを予定いたしておりまして、第7款 市債につきましては、13億3,541万6千円を予定いたしておりまして、その内訳といたしましては、下水道整備事業債が5億241万6千円、繰上償還に係る借換債が8億3,300万円でございます。


 次に、159ページをお開き願います。議案第48号 平成20年度たつの市農業集落排水事業特別会計予算についてご説明申し上げます。


 第1条において、歳入歳出それぞれ5億3,934万8千円と定めております。


 次に、第2条の地方債につきましては、起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法について、162ページの第2表のとおり定めておりまして、繰上償還に係る借換債の限度額を4,870万円と予定しております。


 次に、歳出のうち主なものについてご説明申し上げますので、164ページをお開き願います。


 第1款 農業集落排水費では、1億2,068万8千円を計上し、第2款 公債費におきましては、4億1,816万円を計上いたしておりまして、平成19年度に引き続き、公的資金の補償金免除の繰上償還に係る元金償還金を含めて計上いたしております。


 次に、歳入についてご説明申し上げますので、163ページをお開き願います。


 まず、第1款 使用料及び手数料につきまして、農業集落排水施設使用料等として8,336万1千円を計上し、第2款 繰入金におきましては、一般会計からの繰り入れを4億618万9千円予定いたしております。


 また、第4款 市債につきましては、繰上償還に係る借換債として4,870万円を予定いたしております。


 次に、179ページをお開き願います。議案第49号 平成20年度たつの市前処理場事業特別会計予算についてご説明申し上げます。


 まず、第1条において、歳入歳出それぞれ20億7,410万6千円と定めております。


 次に、第2条は、債務負担行為を計上するもので、182ページの第2表のとおりでございます。


 次に、第3条において、地方債の起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法について、183ページの第3表のとおり定めておりまして、起債の限度額を3億4,558万4千円といたしております。


 次に、第4条に定めております一時借入金につきましては、借り入れの最高額を10億円と定めるものでございます。


 次に、歳出のうち主なものについてご説明申し上げますので、185ページをお開き願います。


 第1款 前処理場費では、13億961万5千円を計上し、第2款 公債費につきましては、7億6,249万1千円を計上いたしておりまして、平成19年度に引き続き、公的資金の補償金免除の繰上償還に係る元金償還金を含めて計上いたしております。


 次に、歳入についてご説明申し上げますので、184ページをお開き願います。


 まず、第1款 使用料及び手数料につきましては、5億6,953万4千円を計上いたしておりまして、第2款 国庫支出金につきましては、前処理場整備に係る補助金として9,700万円を計上いたしております。


 次に、第3款 繰入金につきましては、一般会計からの繰り入れを10億6,173万3千円予定いたしております。


 また、第5款 市債につきましては、3億4,558万4千円を計上いたしておりまして、その内訳といたしましては、下水道整備事業債が1億5,548万4千円、繰上償還に係る借換債が1億9,010万円でございます。


 次に、201ページをお開き願います。議案第50号 平成20年度たつの市と畜場事業特別会計予算についてご説明申し上げます。


 第1条において、歳入歳出それぞれ5,650万円に定めております。


 次に、歳出のうち、主なものについてご説明申し上げますので、205ページをお開き願います。


 第1款 と畜場費では、食肉センター管理運営経費等として5,650万円を計上いたしておりまして、その歳入として、204ページの第1款 使用料及び手数料及び第2款 諸収入を計上いたしております。


 以上で議案第38号から議案第50号までの各会計予算の提案説明を終わらせていただきますが、何とぞ慎重にご審議を賜りまして、いずれも原案のとおり可決くださいますようお願い申し上げます。





○議長(山本直人議員)


 病院事務局長。





○御津病院事務局長(長尾 孝君)(登壇)


 引き続きまして、議案第51号 平成20年度たつの市病院事業会計予算についてご説明申し上げます。


 たつの市特別(企業を含む)会計予算並びに予算説明書の208ページをご覧願います。


 まず、第2条の業務の予定量といたしまして、病床数178床で入院4万1,245人、外来7万5,330人、計11万6,575人。療養室50床で入所1万7,702人、通所5,407人、計2万3,109人といたしております。


 次に、第3条の収益的収入及び支出の予定額でございますが、収入は21億5,804万1千円、209ページの支出は21億8,672万4千円を予定いたしております。


 次に、第4条の資本的収入及び支出の予定額でございますが、収入は3億7,180万円、支出は3億9,619万2千円を予定いたしております。


 次に、210ページの第5条は、企業債で病院整備事業に伴う不足財源の一部及び高金利企業債の借り替えを起債で補うものでございます。


 次に、第6条は、一時借入金の限度額を6億円と定めるものでございます。


 次に、第7条は、予算執行上必要がある場合に、各項の経費の金額を流用できる経費として、医業費用、医業外費用、介護老人保健支出費用と定めるものでございます。


 次に、第8条は、議会の議決が経なければ流用することができない経費として、職員給与費13億7,015万8千円、公債費70万円と定めるものでございます。


 次に、211ページの第9条は、棚卸資産購入限度額として3億8,367万9千円と定めるものでございます。


 212ページ以降につきましては、ただいま申し上げました予算に関する説明書でありまして、実施計画、資金計画、給与費明細書、損益計算書及び貸借対照表を計算しておりますので、ご参照くださるようお願いいたします。


 さて、病院経営を取り巻く環境は、国の総医療費抑制策によるさらなる診療報酬の引き下げに加え、深刻な医師不足など、なお厳しい状況ではございますが、本年度は新病院整備に向けた計画策定に引き続き取り組む一方、新鋭医療機器の新規導入と更新を行い、医療の質の向上、福祉サービスの向上に努めるとともに、健全経営に邁進する所存でございます。


 以上で議案第51号の説明を終わらせていただきますが、何とぞ慎重ご審議を賜りまして、原案のとおり可決賜りますようお願い申し上げます。





○議長(山本直人議員)


 公営企業部長。





○公営企業部長(小西千之君)(登壇)


 引き続きまして、議案第52号及び議案第53号の2件について、一括してご説明申し上げます。


 初めに、議案第52号 たつの市水道事業会計予算についてご説明申し上げます。


 たつの市特別(企業を含む)会計予算並びに予算説明書の246ページをご覧願います。


 まず、第2条の業務の予定量といたしまして、給水件数2万1千件、年間総給水量824万8千m3、1日平均給水量2万2,596m3。


 主な建設改良事業としまして、排水施設改良費に2億9,340万3千円、また水源整備費の1,680万円を予定いたしております。


 次に、第3条の収益的収入及び支出の予定額でございますが、水道事業収益を10億318万円、対する水道事業費用9億6,849万1千円と予定いたしております。


 次に、247ページ、第4条の資本的収入及び支出の予定額でございますが、収入を1億5,650万2千円、支出を6億1,193万3千円予定いたしております。資本的収入額が資本的支出額に対して不足する額4億5,543万1千円は、当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額702万8千円、過年度分損益勘定留保資金2億7,354万9千円及び当年度分損益勘定留保資金1億7,485万4千円で補填することといたしております。


 次に、第5条は、債務負担行為で、水道事業会計システムの更新に伴い、期間及び限度額を定めるものでございます。


 次に、第6条は、企業債で、このたびの代替水源施設整備事業に伴う不足財源の一部及び高金利企業債の借り換えを起債で補うものでございます。


 次に、第7条は、一時借入金の限度額を1千万と定めるものでございます。


 次に、第8条は、議会の議決を経なければ流用することのできない経費として、職員給与費2億3,855万2千円、交際費10万円と定めるものでございます。


 次に、第9条は、棚卸資産購入限度額を2,600万円と定めるものでございます。


 249ページ以降につきましては、ただいま申し上げました予算に関する説明書であり、実施計画、資金計画、給与費明細書、損益計算書及び貸借対照表等を掲載しておりますので、ご参照くださるようお願いいたします。


 水道事業は、引き続き龍野区域と新宮区域の本管直結事業を行い、配水効率を高める総合的な施設整備に取り組んでまいります。


 一方、高度浄水処理施設の(仮称)たつの浄水場が今春完成することにより、さらに安全な水の供給が可能となります。今後におきましても、新たな高度浄水処理技術の調査研究に努めるなど、安全で良質な水を安定して供給するとともに、水道事業経営の健全化に邁進する所存でございます。


 次に、議案第53号 平成20年度たつの市国民宿舎事業会計予算についてご説明申し上げます。


 たつの市特別(企業を含む)会計予算並びに予算説明書の276ページをご覧願います。


 まず、第2条の業務の予定量といたしまして、宿泊人員を7万1,213人、休憩人員を22万3,851人といたしております。


 次に、第3条の収益的収入及び支出の予定額でございますが、収入は15億5,055万9千円、支出は15億1,166万7千円を予定いたしております。


 次に、第4条の資本的収入及び支出の予定額でございますが、277ページに記載しておりますように、収入は3千円、支出は1億4,304万7千円を予定しております。


 資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額1億4,304万4千円は、当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額118万7千円、過年度分損益勘定留保資金3,644万8千円、当年度分損益勘定留保資金6,852万7千円及び当年度分利益剰余金3,688万2千円で補填することといたしております。


 次に、第5条は、一時借入金の限度額を2億3千万円と定めるものでございます。


 次に、第6条は、議会の議決を経なければ流用することのできない経費として、職員給与費4億5,916万6千円、交際費240万円と定めるものでございます。


 次に、第7条 棚卸資産の購入限度額を4億5,619万円と定めるものでございます。


 次に、278ページからは、ただいま申し上げました収益的収入及び支出並びに資本的収入及び支出の内訳でございます。


 また、281ページ以降につきましては、資金計画、給与費明細書、損益計算書及び貸借対照表等を掲載しております。


 301ページからは、赤とんぼ荘、志んぐ荘、新舞子荘ごとに収益的収入及び支出、資本的収入及び支出を記載しておりますので、ご参照くださるようお願いをいたします。


 本年度は、従来に増して国民宿舎3荘の協調連携を強化し、共通プランの販売に努めるとともに、各荘の個性を打ち出した四季の特別料理を提供し、一層の利用者増を図ります。また、引き続き積極的な営業活動を展開するとともに、顧客サービスの向上に努め、健全経営に邁進する所存でございます。


 以上で議案第52号及び議案第53号の説明を終わらせていただきますが、何とぞ慎重ご審議を賜りまして、原案のとおり可決くださいますようお願い申し上げます。





                 休 会 議 決





○議長(山本直人議員)


 長時間に及びましたが、以上で本日の日程は終了いたしました。


 この際、お諮りいたします。


 議案熟読等のため、明日5日から6日まで休会いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(山本直人議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、さよう決しました。


 次の本会議は、3月7日金曜日午前10時より再開いたします。





                 散 会 宣 告





○議長(山本直人議員)


 本日は、これをもって散会いたします。


 ご苦労さまでした。





              散   会  午後1時00分











 地方自治法第123条第2項の規定により署名する。








 平成20年3月4日








                    たつの市議会議長  山 本 直 人





                    会議録署名議員   柳 生 陽 一





                    会議録署名議員   竹 内   豊