議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 たつの市

平成19年第2回たつの市議会臨時会(第1日 5月16日)




平成19年第2回たつの市議会臨時会(第1日 5月16日)





       平成19年第2回たつの市議会臨時会議事日程(第1日)


 
                    平成19年5月16日(水)午前10時開会





1 開会あいさつ(議長・市長)


2 開会宣告


3 開議宣告


  日程第1 会議録署名議員の指名(11番 今川 明議員、12番 桑野元澄議員)


  日程第2 会期の決定(5月16日(水)の1日間)


  日程第3 承認第 1号 専決処分した事件(たつの市税条例の一部を改正する条例


              制定について)の承認を求めることについて


       承認第 2号 専決処分した事件(たつの市国民健康保険税条例の一部を


              改正する条例制定について)の承認を求めることについて


                       (以上2件、提案説明から表決まで)


  日程第4 承認第 3号 専決処分した事件(平成18年度たつの市介護保険事業特


              別会計補正予算(第4号)について)の承認を求めること


              について


       承認第 4号 専決処分した事件(訴えの提起について)の承認を求める


              ことについて


                       (以上2件、提案説明から表決まで)


  日程第5 議案第47号 たつの市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条


              例制定について


       議案第48号 平成19年度たつの市一般会計補正予算(第1号)


                       (以上2件、提案説明から表決まで)


  日程第6 委員会提出第1号 たつの市議会委員会条例の一部を改正する条例制定に


                ついて


 (日程追加 議長辞職について)


 (日程追加 議長選挙について)


 (日程追加 副議長辞職について)


 (日程追加 副議長選挙について)


  日程第7 常任委員の指名について


  日程第8 議会運営委員の指名について


 (日程追加 特別委員補欠委員の指名について)


 (日程追加 同意第2号 監査委員選任の同意を求めることについて)


 (日程追加 揖龍地区農業共済事務組合議会議員の補欠選挙)


 (日程追加 播磨高原広域事務組合議会議員の補欠選挙)


 (日程追加 にしはりま環境事務組合議会議員の補欠選挙)


  日程第9 委員会の閉会中の継続審査について


4 閉会宣告


5 閉会あいさつ(議長・市長)











                会議に出席した議員





  1番 横 田   勉       2番 前 田 賢 治


  3番 山 本 修 三       4番 武 内 純 一


  5番 角 田   勝       6番 松 下 信一郎


  7番 永 富   靖       8番 小 寺 昭 男


  9番 沖 田 宏 一      10番 三 木 茂 毅


 11番 今 川   明      12番 桑 野 元 澄


 13番 栗 本 一 水      14番 岸 野 文 信


 15番 松 本 義 彦      16番 岸 野   弘


 17番 森 本 重 宣      18番 松 井 重 樹


 19番 龍 田   惇      20番 柳 生 陽 一


 21番 竹 内   豊      22番 井 上   仁


 23番 三 里 茂 一      24番 坂 上 ? 明


 25番 山 本 直 人      26番 楠   明 廣


 27番 ? 島 俊 一      28番 前 田 守 彦





            会議に欠席した議員





      な し





           議事に関係した事務局職員





議会事務局長                田 渕   守


総務課課長                 丸 尾 博 則


議事課課長                 米 澤 幸 和


副主幹                   木 村 仁 美


主 査                   梅 田 祐 子


課長補佐                  西 川   廣











           地方自治法第121条の規定による出席者





市長                    西 田 正 則


副市長                   八 木 捷 之


副市長                   松 尾 和 彦


調整審議監(政策担当)           中 谷 良 一


調整審議監(財政担当)           三 浦 謙 三


会計管理者                 山 村 茂 人


消防長                   森 本 忠 正


御津病院長                 木 下   修


行政改革推進室長              今 江   伸


総務部長                  山 口   昇


企画財政部長                井 村 勝 廣


市民生活部長                作 本   覚


健康福祉部長兼福祉事務所長         濱   光 治


産業部長                  酒 江   肇


都市建設部長                田 口 隆 弘


下水道部長                 山 本   実


公営企業部長                小 西 千 之


新宮総合支所長               北 林 俊 明


揖保川総合支所長              堀 本 敏 行


御津総合支所長               吉 田 末 廣


消防本部消防次長              田 口 三 好


御津病院事務局長              長 尾   孝


総務部参事兼税務課長            満 田   惠


都市建設部参事兼都市計画課長        丸 山 忠 勝


総務課長                  井 上 彰 悟


危機管理課長                森 川 幸 一


財政課長                  永 瀬 正 人


高年福祉課長                田 中   守


消防本部総務課長              小 河 博 信


教育委員長                 小 宅 正 純


教育長                   苅 尾 昌 典


副教育長兼教育事業部長           坂 本 幸 夫


教育管理部長                八 木 利 一


選挙管理委員会委員長            三 藤 省 瑞


選挙管理委員会事務局長           武 内 良 博


代表監査委員                出 田   昭


監査事務局長                渦 原 有 二


揖龍公平委員会書記長            渦 原 有 二


農業委員会会長               根 本 吉 彦


農業委員会事務局長             榮 藤 伊知郎











               議 長 あ い さ つ





○議長(竹内 豊議員)


 皆さんおはようございます。


 開会に先立ちまして、一言ごあいさつを申し上げます。


 木々の緑が目に鮮やかな風香る好季節となってまいりましたが、本日ここに平成19年第2回たつの市議会臨時会が開会の運びとなりましたことは、誠にご同慶にたえません。


 さて、今期臨時会は、既にお手元に配付しておりますとおり、市長より付議されました専決処分した事件の承認を求めるもの、条例改正及び平成19年度一般会計補正予算のほか、議会といたしましても、委員会提出議案及び議会構成に関する案件が付議されております。これらはいずれも重要な案件でありますので、議員各位におかれましては、それぞれの議案に対し、慎重なるご審議により、適切、妥当なるご決定を賜りますとともに、議会運営につきましても格段のご協力を賜りますようお願い申し上げまして開会のごあいさつといたします。


 市長。





               市 長 あ い さ つ





○市長(西田正則君)(登壇)


 開会に先立ちまして、一言ごあいさつを申し上げます。


 若葉眩く風香る本日ここに平成19年第2回たつの市議会臨時会を招集いたしましたところ、議員の皆様には、ご健勝にてご出席を賜り、ここに開会が宣せられる運びとなりましたことに対しまして厚くお礼申し上げます。


 さて、今期臨時会でご審議をお願いいたします案件は、既にお手元にお届けいたしておりますとおり、専決処分いたしました事件の承認を求めるもの4件、条例改正1件、補正予算1件の計6件でございます。このうち承認案件につきましては、3月市議会定例会の閉会のあいさつの際に、あらかじめご了承をお願いいたしておりました法及び政令の一部改正に伴う関係条例の改正をはじめ、いずれも緊急やむを得ないものとして措置させていただいたものでございます。何とぞ慎重なご審議をいただきまして、満場一致のご賛同をもって可決賜りますようお願い申し上げます。


 また本日は、任期満了に伴う各常任委員の選任などが行われる予定とお聞きしておりますが、どうか円滑な議事運営がなされますようご祈念申し上げまして開会のごあいさつといたします。





                 開 会 宣 告





○議長(竹内 豊議員)


 ただいまより平成19年第2回たつの市議会臨時会を開会いたします。





                 開 議 宣 告





○議長(竹内 豊議員)


 これより本日の会議を開きます。


 この際、ご報告いたします。


 初めに、市長より、地方自治法第180条第1号の規定により専決処分した事件の報告1件、武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律第35条第6項の規定による報告1件及び障害者基本法第9条第8項の規定による報告1件がそれぞれ提出され、その写しをお手元に配付いたしておりますので、ご清覧願います。


 次に、監査委員より、地方自治法第199条第4項及び第7項の規定による定期監査の結果報告1件及び同法第235条の2第1項の規定による例月出納検査の結果報告2件が提出されておりますので、ご清覧願います。


 次に、去る3月に開催いたしました平成19年第1回定例会以降における議長会等の諸会議についてでありますが、去る4月13日、大阪府羽曳野市におきまして、第72回近畿市議会議長会定期総会が開催され、平成19年度予算が承認されますとともに、役員の選任が行われ、本市は理事市に選任されました。


 次に、本日の出席議員数及び地方自治法第121条の規定により、説明のため出席を求めた者の職・氏名について、事務局長より報告いたします。





○議会事務局長(田渕 守君)


 命によりご報告いたします。


 まず、本日の出席議員数についてでありますが、本日ただいまの出席議員は28名全員でございます。


 次に、地方自治法第121条の規定により、説明のため出席を求めた者の職・氏名についてでありますが、お手元に配付いたしております名簿のとおりでありますので、ご清覧願います。


 次に、平成19年第1回定例会第1日に提出されました議案第8号 たつの市行政運営に関する基本構想を定めることについての参考資料、第1次たつの市総合計画の基本計画において誤りがあり、訂正の申し出がありましたので、お手元に正誤表を配付いたしております。ご訂正くださるようお願いいたします。


 以上でございます。





○議長(竹内 豊議員)


 以上で報告を終わります。


 これより日程に入ります。





            〜日程第1 会議録署名議員の指名〜





○議長(竹内 豊議員)


 まず日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 本臨時会の会議録署名議員は、会議規則第75条の規定により、議長において、11番今川明議員、12番桑野元澄議員を指名いたします。両議員、よろしくお願いいたします。





               〜日程第2 会期の決定〜





○議長(竹内 豊議員)


 次は、日程第2、会期の決定を議題といたします。


 お諮りいたします。


 今期臨時会の会期は、本日5月16日の1日間といたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(竹内 豊議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、会期は、本日5月16日の1日間と決しました。





            〜日程第3 承認第1号・承認第2号〜





○議長(竹内 豊議員)


 次は、日程第3、承認第1号 専決処分した事件(たつの市税条例の一部を改正する条例制定について)の承認を求めることについて及び承認第2号 専決処分した事件(たつの市国民健康保険税条例の一部を改正する条例制定について)の承認を求めることについての2件を一括議題といたします。


 これより上程議案に対する説明を求めます。


 総務部長。





○総務部長(山口 昇君)(登壇)


 ただいま議題となりました承認第1号 専決処分した事件(たつの市税条例の一部を改正する条例制定について)の承認を求めることについて及び承認第2号 専決処分した事件(たつの市国民健康保険税条例の一部を改正する条例制定について)の承認を求めることについての2件につきまして、一括して専決の理由及びその内容についてご説明申し上げます。


 本件につきましては、先の3月市議会定例会の閉会時に、市長のあいさつの中で、専決処分についてあらかじめお願いいたしておりましたように、平成19年度税制改正により、地方税法の一部を改正する法律及び地方税法施行令の一部を改正する政令が本年3月30日、法律第4号及び政令第79号によって公布され、4月1日から施行されたことに伴い、たつの市税条例等につきましても所要の改正を行うとともに、緊急を要しましたので、地方自治法第179条第1項の規定に基づき専決処分し、3月30日にたつの市条例第15号及び第16号をもって公布し、4月1日施行としたものでございます。


 次に、平成19年度税制改正の概要でございますが、持続的な経済社会の活性化を実現するための改革の一環として、住宅のバリアフリー改修に係る固定資産税の減額措置の創設、鉄軌道用地の評価方法の見直し、国民健康保険税の基礎課税額の賦課限度額の改正を主な内容とした税制改正でございます。


 それでは、承認第1号 たつの市税条例の一部を改正する条例制定についてから、順を追って改正内容についてご説明申し上げます。


 第34条の2の改正は、日仏租税条約が改正されたことに伴い、租税条約実施特例法に第5条の3が追加規定され、同条第3項において、日本国内居住者である市町村民税の所得割の納税義務者が本年4月1日以後に条約相手国の社会保障制度に対して支払った保険料についても社会保険料控除の対象とすることとされたので、所要の改正を行うものでございます。


 第95条の改正は、法第468条の改正により、市たばこ税の特例税率が廃止され、当該税率が本則税率とされたことに伴い、所要の改正を行うものでございます。


 なお、税率の特例から本則への移し変えでありますので、市たばこ税収入見込み額に影響はございません。


 附則第10条の2に第6項を加える改正は、法附則第16条が改正され、高齢者・障害者の居住の安全性及び介護の容易性の向上に資することを目的として、一定のバリアフリー改修工事を行った場合、1戸当たり100?までを限度として、翌年度分に限り、固定資産税額を3分の1減額する住宅のバリアフリー改修に係る固定資産税の減額措置が創設されたので、条例中に規定するものでございます。


 附則第11条の2の次に附則第11条の3を加える改正は、法附則第17条の3が追加規定され、鉄軌道用地評価の適正化、明確化を図る観点から、次期評価替え年度である平成21年度を待たずに、平成19年度から鉄軌道用地の評価の見直しができるよう措置が講じられたので、条例中に規定するものでございます。


 附則第16条の2の改正は、法附則第30条が改正され、旧3級品以外の製造たばこに係る市たばこ税の特例税率が廃止され、当該税率が本則税率とされたことに伴い、所要の改正を行うものでございます。


 附則第19条の3の改正は、法附則第35条の2の3が改正され、上場株式等を譲渡した場合の譲渡所得等に係る市民税の軽減税率の適用期間が平成19年12月31日から平成20年12月31日まで1年間延長されたので、所要の改正を行うものでございます。


 附則第20条の4の改正は、条例第34条の2が改正されたので、法律名を改めるものでございます。


 次に、改正条例の附則についてでございますが、第1条は、施行期日を平成19年4月1日と定めたもので、第2条は、市民税に関する経過措置を、第3条は、固定資産税に関する経過措置を定めたものでございます。


 第4条は、地方税法の一部改正に伴い、たつの市都市計画税条例の関係部分を改正するもので、第2条第2項及び附則第12条の改正は、地方税法の改正による項ずれに伴い、引用する項を改めるものでございます。


 第5条は、都市計画税に関する経過措置を定めたものでございます。


 次に、承認第2号 たつの市国民健康保険税条例の一部を改正する条例制定についてご説明申し上げます。


 第2条第2項ただし書き及び第15条第1項各号列記以外の部分の改正は、地方税法施行令の一部改正により、令第56条の88の2において、国民健康保険税の基礎課税額、いわゆる医療給付費分の賦課限度額が「53万円」から「56万円」に引き上げられたもので、所要の改正を行うものでございます。


 なお、賦課限度額の改正につきましては、たつの市国民健康保険運営協議会へ諮問し、諮問案どおりの答申を得ているところでございます。この改正に伴う影響額は1,146万円の増を見込んでおります。


 次に、改正条例の附則についてでございますが、第1条は、施行期日を平成19年4月1日と定めたもので、第2条は、経過措置を定めたものでございます。


 以上で承認第1号及び承認第2号についての専決処分に係る説明を終わらせていただきますが、緊急やむを得ない事情をご賢察賜りまして、何とぞ満場一致にてご承認賜りますようお願い申し上げます。





○議長(竹内 豊議員)


 上程議案に対する説明は終わりました。


 これより上程議案に対する質疑に入ります。


 ご発言ありませんか。


               (「なし」と呼ぶ者あり)





○議長(竹内 豊議員)


 ご発言がないので、質疑を終結いたします。


 この際、お諮りいたします。


 本件は、会議規則第35条第2項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(竹内 豊議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本件は、委員会付託の議事を省略することに決しました。


 これより討論に入ります。


 ご発言ありませんか。


               (「なし」と呼ぶ者あり)





○議長(竹内 豊議員)


 ご発言がないので、討論を終結して、直ちに表決に入ります。


 お諮りいたします。


 上程中の承認第1号及び承認第2号の2件は、原案のとおり承認することに決してご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(竹内 豊議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、承認第1号及び承認第2号の2件は、原案のとおり承認されました。





            〜日程第4 承認第3号・承認第4号〜





○議長(竹内 豊議員)


 次は、日程第4、承認第3号 専決処分した事件(平成18年度たつの市介護保険事業特別会計補正予算(第4号)について)の承認を求めることについて及び承認第4号 専決処分した事件(訴えの提起について)の承認を求めることについての2件を一括議題といたします。


 これより上程議案に対する説明を求めます。


 企画財政部長。





○企画財政部長(井村勝廣君)(登壇)


 ただいま議題となりました承認第3号 専決処分した事件(平成18年度たつの市介護保険事業特別会計補正予算(第4号)について)の承認を求めることについて及び承認第4号 専決処分した事件(訴えの提起について)の承認を求めることについての2件につきまして、一括してその専決の理由並びにその内容についてご説明申し上げます。


 初めに、承認第3号 専決処分した事件(平成18年度たつの市介護保険事業特別会計補正予算(第4号))でございますが、本件は、平成18年度たつの市介護保険事業特別会計において、介護保険制度改正に伴うシステム改修事業について、国保連合会審査システムをはじめその他の関連システムとの調整に不測の日数を要したことにより、年度内完了が見込めないため、やむなく事業費を繰り越すものでございます。


 その内容につきましては、1ページをお開き願います。繰越明許費補正といたしまして、介護保険システム改修事業388万5千円を追加するものでございます。


 次に、承認第4号 訴えの提起についてご説明申し上げます。


 本件は、旧龍野市外18市1町で構成し、平成14年度末をもって解散しました兵庫県市町競輪事務組合が平成13年度末をもって競輪事業から撤退し、阪急電鉄株式会社との西宮競輪場賃貸借契約の更新を行わなかったところ、同社が兵庫県市町競輪事務組合に対し、債務不履行責任ないし不法行為責任があるなどとして、競輪関係資産の残存価格等に相当する損害賠償を請求した大阪地方裁判所平成16年ワ第12、784号、損害賠償請求事件について、本年4月27日に同裁判所が原告の請求の一部を認め、兵庫県市町競輪事務組合から、裁判上の地位を継承した被告であるたつの市外19市に損害賠償を命じた判決に対し、現審の事実認定及び法解釈に不服があるため、関係する20市が共同歩調で大阪高等裁判所に控訴するものでございます。


 次に、控訴の相手及び内容でございますが、控訴の相手は、大阪府池田市栄町1番1号阪急電鉄株式会社でございます。


 控訴の趣旨は、まず1点目は、現判決中、控訴人らたつの市外19市、敗訴部分を取り消すこと、第2点目は、被控訴人の請求を棄却すること、第3点目は、訴訟費用は第1審及び第2審とも被控訴人の負担とするものでございます。


 これら控訴手続きとして、2週間以内となる5月11日までに控訴状を提出する必要がありましたが、議会が閉会中であり、議会を招集する時間的余裕がありませんでしたので、地方自治法第179条第1項の規定により、やむなく専決処分をしたものでございます。


 以上で承認第3号及び承認第4号についての提案説明を終わらせていただきますが、何とぞ事情をご理解いただきまして、満場一致のご承認を賜りますようお願い申し上げます。





○議長(竹内 豊議員)


 上程議案に対する説明は終わりました。


 これより上程議案に対する質疑に入ります。


 ご発言ありませんか。


               (「なし」と呼ぶ者あり)





○議長(竹内 豊議員)


 ご発言がないので、質疑を終結いたします。


 この際、お諮りいたします。


 本件は、会議規則第35条第2項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(竹内 豊議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本件は、委員会付託の議事を省略することに決しました。


 これより討論に入ります。


 ご発言ありませんか。


               (「なし」と呼ぶ者あり)





○議長(竹内 豊議員)


 ご発言がないので、討論を終結して、直ちに表決に入ります。


 お諮りいたします。


 上程中の承認第3号及び承認第4号の2件は、原案のとおり承認することに決してご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(竹内 豊議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、承認第3号及び承認第4号の2件は、原案のとおり承認されました。





           〜日程第5 議案第47号・議案第48号〜





○議長(竹内 豊議員)


 次は、日程第5、議案第47号 たつの市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例制定について及び議案第48号 平成19年度たつの市一般会計補正予算(第1号)の2件を一括議題といたします。


 これより上程議案に対する説明を求めます。


 消防長。





○消防長(森本忠正君)(登壇)


 ただいま議題となりましたもののうち、議案第47号 たつの市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例制定について、提案の理由及びその内容についてご説明申し上げます。


 まず、その理由でございますが、このたび非常勤消防団員等に係る損害補償の基準を定める政令の一部を改正する政令が平成19年3月30日に公布され、同年4月1日から施行されることに伴いまして、たつの市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する必要が生じたものでございます。


 次に、その内容でございますが、第5条第3項の改正規定は、非常勤消防団員等に対する損害補償に係る補償基礎額の加算額について、配偶者以外の3人目以降の扶養親族に係る加算額を2人目までの扶養親族に係る加算額と同額の200円に改正するものでございます。


 次に、附則でございますが、第1項では、施行期日等を、第2項では、経過措置を規定しております。


 以上で議案第47号の説明を終わらせていただきますが、何とぞ慎重審議賜りまして、原案のとおり可決いただきますようお願い申し上げます。





○議長(竹内 豊議員)


 企画財政部長。





○企画財政部長(井村勝廣君)(登壇)


 引き続きまして、議案第48号 平成19年度たつの市一般会計補正予算(第1号)について、提案の理由並びにその内容についてご説明申し上げます。


 提案の理由でございますが、先月18日付で総務省から市町村合併推進体制整備費補助金の交付決定がありましたので、補助対象事業費を増額補正するものでございます。


 それでは、内容についてご説明いたします。


 第1条で、歳入歳出それぞれ2,170万円を増額し、予算総額を335億2,170万円とするものでございます。


 その主な事業内容は、予算参考資料に詳細に記載いたしておりますので、ご清覧願います。


 次に、補正予算の内容について、歳出から順を追ってご説明申し上げますので、3ページをお開き願います。


 まず、第8款 土木費の第5項 都市計画費につきましては、都市計画マスタープラン及び緑の基本計画策定に係る事業費の追加でございます。


 次に、第9款 消防費につきましては、自主防災組織活動に対する事業費の追加でございます。


 なお、これらの歳入として、2ページの第14款 国庫支出金におきまして、市町村合併推進体制整備費補助金を計上し、第18款 繰入金におきまして、財政調整基金からの繰入金を追加いたしております。


 以上で議案第48号 平成19年度たつの市一般会計補正予算(第1号)の提案説明を終わらせていただきますが、何とぞ慎重にご審議を賜りまして、原案のとおり可決いただきますようお願い申し上げます。





○議長(竹内 豊議員)


 上程議案に対する説明は終わりました。


 これより上程議案に対する質疑に入ります。


 ご発言ありませんか。


               (「なし」と呼ぶ者あり)





○議長(竹内 豊議員)


 ご発言がないので、質疑を終結いたします。


 この際、お諮りいたします。


 本件は、会議規則第35条第2項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(竹内 豊議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本件は、委員会付託の議事を省略することに決しました。


 これより討論に入ります。


 ご発言ありませんか。


               (「なし」と呼ぶ者あり)





○議長(竹内 豊議員)


 ご発言がないので、討論を終結して、直ちに表決に入ります。


 お諮りいたします。


 上程中の議案第47号及び議案第48号の2件は、原案のとおり可決することに決してご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(竹内 豊議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、議案第47号及び議案第48号の2件は、原案のとおり可決されました。





             〜日程第6 委員会提出第1号〜





○議長(竹内 豊議員)


 次は、日程第6、委員会提出第1号 たつの市議会委員会の条例の一部を改正する条例制定についてを議題といたします。


 本件については、あらかじめご協議願ったことでありますので、提案説明、質疑及び委員会付託の議事を省略いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(竹内 豊議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本件は、提案説明、質疑及び委員会付託の議事を省略することに決しました。


 これより討論に入ります。


 ご発言ありませんか。


               (「なし」と呼ぶ者あり)





○議長(竹内 豊議員)


 ご発言がないので、討論を終結して、直ちに表決に入ります。


 お諮りいたします。


 委員会提出第1号は、原案のとおり可決することに決してご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(竹内 豊議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、委員会提出第1号は、原案のとおり可決されました。


 このままの状態で暫時休憩いたします。





             休   憩   午前10時28分


             再   開   午前10時29分





○副議長(三里茂一議員)


 休憩前に引き続き会議を開きます。


 議長が一身上の都合により退席されておりますので、その間、私が議長の職務を行います。


 議事進行につきまして、議員各位のご協力をよろしくお願いをいたします。


 この際、ご報告いたします。


 ただいま竹内豊議員から、一身上の都合により、本日付をもって議長を辞職したい旨の辞職願いが提出されました。


 お諮りいたします。


 議長辞職についてを本日の日程に追加し、直ちに議題といたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○副議長(三里茂一議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、議長辞職についてを議題といたします。





             〜追加日程 議長辞職について〜





○副議長(三里茂一議員)


 お諮りいたします。


 地方自治法第108条及び会議規則第87条第2項の規定により、竹内豊議員の議長辞職を許可することに決してご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○副議長(三里茂一議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、竹内豊議員の議長辞職を許可することに決しました。


 ここで議長を辞職されました竹内豊議員から発言を求められておりますので、これを許します。





○21番(竹内 豊議員)


 実に今日で1年を経過いたしましたが、本当に目まぐるしい1年だったように思います。しかし、この選ばれし28名の皆さん方の意見、質疑、いろんなことお聞きしていまして、すばらしい議会であったと自分では自負しております。これも皆さん方の勉強熱心なこと、西田市長以下、理事者側の本当に命をかけたあの質問のやりとり、心から感激をするものでございます。今日こうして終わりましても、一議員として皆さん方とともに市政の発展に全力を尽くしたいと思います。


 つたない議長でありましたけれども、快く応援していただきまして、無事1年間が過ぎたこと、あえて再びお礼を申し上げます。ありがとうございました。





○副議長(三里茂一議員)


 竹内豊議員のあいさつは終わりました。


 ただいまの辞職により議長が欠員となりました。


 お諮りいたします。


 議長選挙について、本日の日程に追加し、直ちに選挙を行いたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○副議長(三里茂一議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、議長選挙について議題といたします。





             〜追加日程 議長選挙について〜





○副議長(三里茂一議員)


 直ちに選挙を行います。


 この選挙は、投票により行います。


 議場の閉鎖を命じます。


                (議 場 閉 鎖)





○副議長(三里茂一議員)


 ただいまの出席議員数は28名であります。


 次に、立会人を指名いたします。


 立会人は、会議規則第30条第2項の規定により、3番山本修三議員、28番前田守彦議員を指名いたします。


 両議員、後ほどよろしくお願いをいたします。


 投票箱を改めさせます。


                 (投票箱点検)





○副議長(三里茂一議員)


 異常なしと認めます。


 念のため申し上げます。


 投票は単記無記名であります。


 点呼に応じて前へ出ていただき、投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、順次投票願います。


 これより事務局長に点呼を命じます。


 田渕議会事務局長。


                (点呼、議員投票)





○議会事務局長(田渕 守君)


 命により点呼いたします。


 1番 横田 勉議員、2番 前田賢治議員、3番 山本修三議員、4番 武内純一議員、5番 角田 勝議員、6番 松下信一郎議員、7番 永富 靖議員、8番 小寺昭男議員、9番 沖田宏一議員、10番 三木茂毅議員、11番 今川 明議員、12番 桑野元澄議員、13番 栗本一水議員、14番 岸野文信議員、15番 松本義彦議員、16番 岸野 弘議員、17番 森本重宣議員、18番 松井重樹議員、19番 龍田 惇議員、20番 柳生陽一議員、21番 竹内 豊議員、22番 井上 仁議員、23番 三里茂一議員、24番 坂上?明議員、25番 山本直人議員、26番 楠 明廣議員、27番?島俊一議員、28番 前田守彦議員。


 以上でございます。





○副議長(三里茂一議員)


 投票漏れはありませんか。


 投票漏れなしと認めます。


 よって、投票を終了いたします。


 これより開票を行います。


 3番山本修三議員、28番前田守彦議員、開票の立ち会いをお願いいたします。


                  (開 票)





○副議長(三里茂一議員)


 それでは、開票の結果をご報告いたします。


 投票総数28票、これは先ほどの出席議員数に符号しております。


 このうち有効投票26票、無効投票2票、有効投票中、山本直人議員21票、?島俊一議員5票、以上のとおりであります。


 この選挙の法定得票数は6.50であります。


 よって、25番山本直人議員が議長に当選されました。


 議場の閉鎖を解きます。


                (議 場 開 鎖)





○副議長(三里茂一議員)


 ただいま議長に当選されました25番山本直人議員が議場におられますので、本席から会議規則第31条第2項の規定により当選を告知いたします。


 ここで、当選されました25番山本直人議員より発言を求められておりますので、これを許します。


 25番山本直人議員。





               議 長 あ い さ つ





○議長(山本直人議員)


 ただいま議長選挙におきまして当選の告知をいただきました山本直人でございます。皆様方には大変ありがとうございました。


 向こう1年間、私なりに市政発展のために誠心誠意頑張ってまいりたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。それと私を了とされなかった方々もこれから1年間、ご指導ご鞭撻のほどをよろしくお願い申し上げまして私の御礼のあいさつとさせていただきます。本日はありがとうございました。





○副議長(三里茂一議員)


 新議長のあいさつは終わりました。


 山本議長、議長席にお着きください。


               (新議長、議長席に着席)





○議長(山本直人議員)


 暫時休憩いたします。





             休   憩   午前10時46分


             再   開   午前10時47分





○議長(山本直人議員)


 休憩前に引き続き会議を開きます。


 ご報告いたします。


 ただいま三里茂一議員から、一身上の都合により、本日付をもって副議長を辞職したい旨の辞職願いが提出されました。


 お諮りいたします。


 副議長辞職についてを本日の日程に追加し、直ちに議題といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(山本直人議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、副議長辞職についてを議題といたします。





             〜追加日程 副議長辞職について〜





○議長(山本直人議員)


 お諮りいたします。


 地方自治法第108条及び会議規則第87条第2項の規定により、三里茂一議員の副議長辞職を許可することに決してご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(山本直人議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、三里茂一議員の副議長辞職を許可することに決しました。


 ここで副議長を辞職されました三里茂一議員から発言を求められておりますので、これを許します。





○23番(三里茂一議員)


 私、副議長として、前竹内議長の補佐役として1年間頑張らせていただきました。これも皆さんのご協力のおかげだと思っております。本当に1年間ありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。





○議長(山本直人議員)


 三里茂一議員のあいさつは終わりました。


 ただいまの辞職により副議長が欠員となりました。


 お諮りいたします。


 副議長選挙についてを本日の日程に追加し、直ちに選挙を行いたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(山本直人議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、副議長選挙についてを議題といたします。





             〜追加日程 副議長選挙について〜





○議長(山本直人議員)


 直ちに選挙を行います。


 この選挙は、投票により行います。


 議場の閉鎖を命じます。


                (議 場 閉 鎖)





○議長(山本直人議員)


 ただいまの出席議員数は28名であります。


 次に、立会人を指名いたします。


 立会人は、会議規則第30条第2項の規定により、4番武内純一議員、24番坂上?明議員を指名いたします。


 両議員、後ほどよろしくお願いいたします。


 投票箱を改めさせます。


                 (投票箱点検)





○議長(山本直人議員)


 異常なしと認めます。


 念のため申し上げます。


 投票は単記無記名であります。


 点呼に応じて前へ出ていただき、投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、順次投票願います。


 これより事務局長に点呼を命じます。


 田渕議会事務局長。


                (点呼、議員投票)





○議会事務局長(田渕 守君)


 命により点呼いたします。


 1番 横田 勉議員、2番 前田賢治議員、3番 山本修三議員、4番 武内純一議員、5番 角田 勝議員、6番 松下信一郎議員、7番 永富 靖議員、8番 小寺昭男議員、9番 沖田宏一議員、10番 三木茂毅議員、11番 今川 明議員、12番 桑野元澄議員、13番 栗本一水議員、14番 岸野文信議員、15番 松本義彦議員、16番 岸野 弘議員、17番 森本重宣議員、18番 松井重樹議員、19番 龍田 惇議員、20番 柳生陽一議員、21番 竹内 豊議員、22番 井上 仁議員、23番 三里茂一議員、24番 坂上?明議員、25番 山本直人議員、26番 楠 明廣議員、27番?島俊一議員、28番 前田守彦議員。


 以上でございます。





○議長(山本直人議員)


 投票漏れはありませんか。


 投票漏れなしと認めます。


 よって、投票を終了いたします。


 これより開票を行います。


 4番武内純一議員、24番坂上?明議員、開票の立ち会いをお願いいたします。


                  (開 票)





○議長(山本直人議員)


 それでは、開票の結果をご報告いたします。


 投票総数28票、これは先ほどの出席議員数に符号しております。


 このうち有効投票25票、無効投票3票、有効投票中、岸野文信議員23票、?島俊一議員1票、岸野弘議員1票、以上のとおりであります。


 この選挙の法定得票数は6.25であります。


 よって、14番岸野文信議員が副議長に当選されました。


 議場の閉鎖を解きます。


                (議 場 開 鎖)





○議長(山本直人議員)


 ただいま副議長に当選されました14番岸野文信議員が議場におられますので、本席から会議規則第31条第2項の規定により、当選を告知いたします。


 ここで、当選されました14番岸野文信議員より発言を求められておりますので、これを許します。


 14番岸野文信議員。





              副 議 長 あ い さ つ





○副議長(岸野文信議員)


 ただいま副議長の選挙で山本議長より当選の告知をいただきました。慎んでお受けするとともに、その責任の重大さを感じておるところでございます。


 つきましては、議長の補佐役として、議会運営に並びにたつの市発展のために全力を傾注してまいる所存でございますので、どうぞよろしくお願いいたします。





○議長(山本直人議員)


 新副議長のあいさつは終わりました。


               (新副議長、自席に着席)





            〜日程第7 常任委員の指名について〜





○議長(山本直人議員)


 次は、日程第7、常任委員の指名についてを議題といたします。


 本件につきましては、あらかじめご協議願っており、委員会条例第7条第1項の規定により、議長において各常任委員の指名をいたします。


 まず、総務文教常任委員に、1番横田勉議員、11番今川明議員、18番松井重樹議員、20番柳生陽一議員、22番井上仁議員、23番三里茂一議員、24番坂上?明議員。


 次に、生活福祉常任委員に、2番前田賢治議員、3番山本修三議員、9番沖田宏一議員、14番岸野文信議員、16番岸野弘議員、17番森本重宣議員、27番?島俊一議員。


 次に、経済企業常任委員に、8番小寺昭男議員、12番桑野元澄議員、13番栗本一水議員、15番松本義彦議員、21番竹内豊議員、26番楠明廣議員、28番前田守彦議員。


 次に、建設消防常任委員に、4番武内純一議員、5番角田勝議員、6番松下信一郎議員、7番永富靖議員、10番三木茂毅議員、19番龍田惇議員、25番、私、山本直人。


 以上のとおり、常任委員を指名いたします。





           〜日程第8 議会運営委員の指名について〜





○議長(山本直人議員)


 次は、日程第8、議会運営委員の指名についてを議題といたします。


 本件についてもあらかじめご協議願っており、委員会条例第7条第1項の規定により、議長において指名いたします。


 10番三木茂毅議員、13番栗本一水議員、15番松本義彦議員、20番柳生陽一議員、22番井上仁議員、24番坂上?明議員、26番楠明廣議員、27?島俊一議員。


 以上のとおり、議会運営委員を指名いたします。


 この際、ご報告いたします。


 ただいま特別委員のうち、下水道事業特別委員の25番、私、山本直人、議会広報調査特別委員の23番三里茂一議員、庁舎問題調査特別委員の7番永富靖議員、同じく10番三木茂毅議員、同じく14番岸野文信議員の計5名の委員から各特別委員を辞任したい旨の辞任願いが提出されました。


 よって、委員会条例第18条の規定により、議長においてこれを許可いたします。


 この辞任により、該当の特別委員が欠員となりましたので、この際、特別委員補欠委員の指名についてを日程に追加し、直ちに議題にしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(山本直人議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、特別委員補欠委員の指名についてを議題といたします。





          〜日程追加 特別委員補欠委員の指名について〜





○議長(山本直人議員)


 委員会条例第7条第1項の規定により、議長において補欠委員を指名いたします。


 まず、下水道事業特別委員補欠委員に23番三里茂一議員、議会広報調査特別委員補欠委員に7番永富靖議員、庁舎問題調査特別委員補欠委員に5番角田勝議員、同じく9番沖田宏一議員、同じく24番坂上?明議員。


 以上のとおり、特別委員補欠委員を指名いたします。


 ここで暫時休憩し、ただいまから全員協議会を301会議室で開催いたしますので、各議員はご参集願います。





             休   憩   午前11時07分


             再   開   午前11時49分





○議長(山本直人議員)


 休憩前に引き続き会議を開きます。


 この際、ご報告いたします。


 先ほどの休憩の間に各委員会が開催され、正副委員長が互選されましたので、その結果をご報告いたします。


 総務文教常任委員長に1番横田勉議員、同副委員長に20番柳生陽一議員。


 次に、生活福祉常任委員長に16番岸野弘議員、同副委員長に2番前田賢治議員。


 次に、経済企業常任委員長に8番小寺昭男議員、同副委員長に12番桑野元澄議員。


 次に、建設消防常任委員長に5番角田勝議員、同副委員長に4番武内純一議員。


 次に、議会運営委員長に13番栗本一水議員、同副委員長に15番松本義彦議員。


 次に、下水道事業特別委員長に26番楠明廣議員、同副委員長に9番沖田宏一議員。


 次に、議会広報調査特別委員長に6番松下信一郎議員、同副委員長に3番山本修三議員。


 次に、庁舎問題調査特別委員長に2番前田賢治議員、同副委員長に11番今川明議員。


 以上のとおり、各委員会から報告を受けましたので、ご報告いたします。


 なお、基本構想審査特別委員会の正副委員長は留任となっております。


 ただいま市長から同意第2号 監査委員選任の同意を求めることについての議案が提出されました。


 お諮りいたします。


 これを本日の日程に追加し、直ちに議題といたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(山本直人議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、同意第2号を議題といたします。





               〜日程追加 同意第2号〜





○議長(山本直人議員)


 これより上程議案に対する説明を求めます。


 松尾副市長。





○副市長(松尾和彦君)(登壇)


 ただいま議題となりました同意第2号 たつの市監査委員選任の同意を求めることにつきまして、その提案の理由をご説明申し上げます。


 本件は、このたび市議会議員のうちから選任しておりました角田勝議員から監査委員の職を辞したい旨の届け出があり、これを承認いたしましたので、その後任として、永富靖議員を監査委員として選任いたしたく、地方自治法第196条第1項の規定により、ここに議会の同意を求めるものでございます。


 ご高承のとおり、監査委員は、地方自治法の定めるところにより、市の財務に関する事務の執行及び経営に係る事業の管理等を監査することをその職務とするものでございます。


 また、同法及び市条例の定めるところにより、その定数は2名であり、議会の同意を得て市長が選任することとなっておりますが、そのうちの1名は議会議員のうちからとされるものであります。ここに選任しようとする永富靖議員の経歴につきましては、議員各位は十分にご承知のとおりでありますので割愛させていただきますが、人格識見ともにすぐれ、本市監査委員として誠に適任であると信ずるものでございます。何とぞ満場一致のご賛同を賜りますようお願い申し上げまして説明を終わります。





○議長(山本直人議員)


 上程議案に対する説明は終わりました。


 これより上程議案に対する質疑に入ります。


 ご発言ありませんか。


               (「なし」と呼ぶ者あり)





○議長(山本直人議員)


 ご発言がないので、質疑を終結いたします。


 この際、お諮りいたします。


 本件は、会議規則第35条第2項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(山本直人議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本件は、委員会付託を省略することに決しました。


 これより討論に入ります。


 ご発言ありませんか。


               (「なし」と呼ぶ者あり)





○議長(山本直人議員)


 ご発言がありませんので、討論を終結して、直ちに表決に入ります。


 お諮りいたします。


 上程中の同意第2号は、原案のとおり同意することに決してご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(山本直人議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、同意第2号は、原案のとおり同意されました。


 ここで、監査委員に同意されました永富靖議員より発言を求められておりますので、これを許します。





○7番(永富 靖議員)(登壇)


 失礼いたします。


 議員各位のご理解、ご配意により、このたび選任同意いただきまして誠にありがとうございます。微力ながら誠心誠意職務に努めてまいりたいと思いますので、何とぞ今後ともよろしくご指導、ご鞭撻のほどお願い申し上げます。本当にありがとうございました。





○議長(山本直人議員)


 永富靖議員のあいさつは終わりました。


 この際、お諮りいたします。


 当議会より選出の揖龍地区農業共済事務組合議会議員の3番山本修三議員及び23番三里茂一議員から、本日付をもって揖龍地区農業共済事務組合議会議員を辞職する旨の辞職届けが提出されました。


 よって、同組合規約第6条第3項の規定により、揖龍地区農業共済事務組合議会議員の補欠選挙を日程に追加し、直ちに選挙を行いたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(山本直人議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、揖龍地区農業共済事務組合議会議員の補欠選挙を議題とし、直ちに選挙を行います。





       〜日程追加 揖龍地区農業共済事務組合議会議員の補欠選挙〜





○議長(山本直人議員)


 お諮りいたします。


 選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選することにいたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(山本直人議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、選挙の方法は、指名推選によることに決しました。


 次に、お諮りいたします。


 指名の方法につきましては、議長において指名することにいたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(山本直人議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、議長において、揖龍地区農業共済事務組合議会議員に4番武内純一議員及び7番永富靖議員を指名いたします。


 ただいま議長において指名いたしました被指名人をもって当選人と定めることにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(山本直人議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、ただいま指名いたしました4番武内純一議員及び7番永富靖議員が揖龍地区農業共済事務組合議会議員に当選されました。


 ただいま当選されました4番武内純一議員及び7番永富靖議員が議場におられますので、本席から、会議規則第31条第2項の規定により、当選を告知いたします。


 次に、お諮りいたします。


 当議会より選出の播磨高原広域事務組合議会議員の21番竹内豊議員及び26番楠明廣議員から、本日付をもって播磨高原広域事務組合議会議員を辞職する旨の辞職届けが提出されました。


 よって、同組合規約第5条第3項の規定により、播磨高原広域事務組合議会議員の補欠選挙を日程に追加し、直ちに選挙を行いたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(山本直人議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、播磨高原広域事務組合議会議員の補欠選挙を議題とし、直ちに選挙を行います。





        〜日程追加 播磨高原広域事務組合議会議員の補欠選挙〜





○議長(山本直人議員)


 お諮りいたします。


 選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選することにいたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(山本直人議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、選挙の方法は、指名推選よることに決しました。


 次に、お諮りいたします。


 指名の方法につきましては、議長において指名することにいたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(山本直人議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、議長において、播磨高原広域事務組合議会議員に17番森本重宣議員及び私、25番山本直人を指名いたします。


 ただいま議長において指名いたしました被指名人をもって当選人と定めることにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(山本直人議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、ただいま指名いたしました私、25番山本直人及び17番森本重宣議員が播磨高原広域事務組合議会議員に当選されました。


 私、25番山本直人及びただいま当選されました17番森本重宣議員が議場におられますので、本席から、会議規則第31条第2項の規定により、当選を告知いたします。


 次に、お諮りいたします。


 当議会より選出のにしはりま環境事務組合議会議員の2番前田賢治議員及び28番前田守彦議員から、本日付をもってにしはりま環境事務組合議会議員を辞職する旨の辞職届けが提出されました。


 よって、同組合規約第5条第3項の規定により、にしはりま環境事務組合議会議員の補欠選挙を日程に追加し、直ちに選挙を行いたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(山本直人議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、にしはりま環境事務組合議会議員の補欠選挙を議題とし、直ちに選挙を行います。





       〜日程追加 にしはりま環境事務組合議会議員の補欠選挙〜





○議長(山本直人議員)


 お諮りいたします。


 選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選することにいたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(山本直人議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、選挙の方法は、指名推選によることに決しました。


 次に、お諮りいたします。


 指名の方法につきましては、議長において指名することにいたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(山本直人議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、議長において、にしはりま環境事務組合議会議員に13番栗本一水議員及び23番三里茂一議員を指名いたします。


 ただいま議長において指名いたしました被指名人をもって当選人と定めることにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(山本直人議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、ただいま指名いたしました13番栗本一水議員及び23番三里茂一議員がにしはりま環境事務組合議会議員に当選されました。


 ただいま当選されました13番栗本一水議員及び23番三里茂一議員が議場におられますので、本席から、会議規則第31条第2項の規定により、当選を告知いたします。





         〜日程第9 委員会の閉会中の継続審査について〜





○議長(山本直人議員)


 次は、日程第9、委員会の閉会中の継続審査についてを議題といたします。


 お手元に配付しておりますとおり、議会運営委員長から、委員会条例第40条の規定により、閉会中の継続審査申出書が提出されました。


 この際、お諮りいたします。


 議会運営委員長の申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することとしてご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)





○議長(山本直人議員)


 ご異議なしと認めます。


 よって、議会運営委員長からの申出書のとおり、閉会中の継続審査とすることに決しました。





                 閉 会 宣 告





○議長(山本直人議員)


 以上で今期臨時会に付議されました議案はすべて議了いたしました。


 これをもって、平成19年第2回たつの市議会臨時会を閉会いたします。








               閉 会 あ い さ つ





○議長(山本直人議員)


 閉会に当たりまして一言ごあいさつ申し上げます。


 今期臨時会におきましては、市長から提案の専決処分した事件の承認案件、条例改正及び平成19年度補正予算等の審議をはじめ、議会といたしましても、議長、副議長の選挙、各委員、補欠委員の指名及び一部事務組合議会議員の補欠選挙等、今後の議会活動の根幹となります新たな議会構成が決定された大変重要な議会でありました。議員各位におかれましては、円滑な議事運営に格別のご協力を賜り、これらの案件につきまして、終始熱心かつ慎重にご審議いただき、いずれも適切なるご決定を賜り感謝申し上げる次第であります。


 さて、本市も合併3年目を迎え、理事者におかれては、去る3月定例会で合併後初となる第1次たつの市総合計画案を提案し、今年を実行元年の年と位置付け、旧1市3町一体化の一層の推進と地域の均衡ある発展に鋭意取り組まれておりますが、議会といたしましても、8万3千市民の代表として、市民の切実な要望や期待に応えるべく、議会活動や議員活動に粉骨砕身取り組んでまいりたいと考えております。


 最後になりますが、市長をはじめ理事者の皆様には、今後とも本市が目指すまちづくりの目標に向かって、車の両輪の如く、ともに協力し、切磋琢磨しながら進んでまいりたいと思いますので、一層議会へのご協力をお願い申し上げますとともに、議員各位におかれましても、たつの市発展のため、ご尽力賜りますようお願い申し上げまして閉会のごあいさつとさせていただきます。


 市長。





○市長(西田正則君)(登壇)


 第2回たつの市議会臨時会が閉会されるに当たりまして一言ごあいさつを申し上げます。


 今期市議会臨時会にご提案申し上げました案件につきまして、議員各位には終始慎重にご審査を賜り、いずれも原案のとおり可決いただきましたことに対しまして厚く御礼を申し上げます。誠にありがとうございました。


 また、議会におかれましては、議長、副議長の決定をはじめ各常任委員会の構成、その他各種委員の選任など、市議会の新しい組織構成も決まり、誠にご同慶に存じます。


 さて、本市市政は、3月市議会定例会でお示しした平成19年度の施政方針に沿って順調にスタートいたしたところでございまして、総合計画案をもとに各種施策を本格的に実行に移し、事業展開の中で市民の皆様に積極的に市政参加をいただき、より効果的な事業実施を図ることにより、魅力と活力あふれるまちづくりに職員ともども邁進してまいる所存でございますので、議員各位におかれましては、一層のご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。


 終わりに臨み、議員の皆様方のますますのご健勝とご活躍をご祈念申し上げ閉会のごあいさつとさせていただきます。本日は誠にありがとうございました。





○議長(山本直人議員)


 ご苦労さまでございました。





             閉   会   午後12時07分











 地方自治法第123条第2項の規定により署名する。








 平成19年5月16日








                    たつの市議会前議長  竹 内   豊





                    たつの市議会議長   山 本 直 人





                    会議録署名議員    今 川   明





                    会議録署名議員    桑 野 元 澄