議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 加東市

平成24年12月 第 45回定例会 12月21日−03号




平成24年12月 第 45回定例会 − 12月21日−03号







平成24年12月 第 45回定例会



  ┌───────────────────────────┐

  │会議録第111号                     │

  │      第45回(定例)加東市議会会議録      │

  │              平成24年12月21日(第3日)│

  │                  開議 午前9時30分│

  └───────────────────────────┘



1 議事日程

  第1 第81、82、89号議案 一括上程

     委員会報告 総務文教常任委員会委員長 安 田   朗

     委員長報告に対する質疑、各議案ごとに討論、採決

     (1)第81号議案 加東市税条例の一部を改正する条例制定の件

     (2)第82号議案 加東市長期継続契約を締結することができる契約を定める条例の一部を改正する条例制定の件

     (3)第89号議案 公の施設の指定管理者の指定の件

  第2 第83、84、85、86、87、88号議案 一括上程

     委員会報告 産業建設常任委員会委員長 二 階 一 夫

     委員長報告に対する質疑、各議案ごとに討論、採決

     (1)第83号議案 加東市道路の構造の技術的基準を定める条例制定の件

     (2)第84号議案 加東市道路標識の寸法を定める条例制定の件

     (3)第85号議案 加東市移動等円滑化のために必要な道路の構造に関する基準を定める条例制定の件

     (4)第86号議案 加東市準用河川管理施設等の構造に関する基準を定める条例制定の件

     (5)第87号議案 加東市都市公園条例の一部を改正する条例制定の件

     (6)第88号議案 加東市営住宅条例の一部を改正する条例制定の件

  第3 第92号議案 加東市証人等の費用弁償に関する条例及び加東市特別職報酬等審議会条例の一部を改正する条例制定の件

  第4 議員提出第2号議案 加東市議会基本条例の一部を改正する条例制定の件

     議員提出第3号議案 加東市議会委員会条例の一部を改正する条例制定の件

     議員提出第4号議案 加東市議会会議規則の一部を改正する規則制定の件

     (一括上程)

     日程追加 議会広報特別委員会の廃止の件

  第5 委員会の閉会中の継続調査の件

2 会議に付した事件

  議事日程どおり



3 出席議員(18名)

      1番  長谷川 幹 雄 君

      2番  石 井 雅 彦 君

      3番  岸 本 眞知子 君

      4番  石 井 正 敏 君

      5番  小 川 忠 市 君

      6番  小 紫 泰 良 君

      7番  磯 貝 邦 夫 君

      8番  藤 尾   潔 君

      9番  安 田   朗 君

      10番  長谷川 勝 己 君

      11番  藤 原 文 悟 君

      12番  桑 村 繁 則 君

      13番  丸 山 武 彦 君

      14番  山 本 通 廣 君

      15番  二 階 一 夫 君

      16番  井 上 茂 和 君

      17番  藤 田 靖 夫 君

      18番  志 方   勉 君



4 欠席議員(なし)



5 欠員(なし)



6 説明のため出席した理事者(17名)

     市長          安 田 正 義 君

     副市長         山 田 義 人 君

     技監          松 井 三思呂 君

     企画政策課長      芹 生 修 一 君

     総務部長        吉 田 秋 広 君

     総務部総務課長     藤 井 康 平 君

     総務部財政課長     中 村 隆 文 君

     市民安全部長      阿 江 孝 仁 君

     福祉部長        大 橋 武 夫 君

     地域整備部長      岸 本 敏 弘 君

     建設部長        利 山 尚 由 君

     上下水道部長      岡 田 孝 志 君

     病院事務局長      中 村   勇 君

     危機管理担当参事    臼 井 敏 正 君

     会計管理者       山 本 貴 也 君

     教育長         藤 本 謙 造 君

     教育部長        村 上 秀 昭 君



7 出席事務局職員(3名)

     事務局長        大 畑 一千代

     次長          西 角 啓 吾

     主幹          藤 本 弘 子







        〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

               午前9時30分 開議



△開議宣告



○議長(井上茂和君) おはようございます。

 時間が若干早いですがおそろいですので、ただいまから始めます。

 ただいまの議員の出席数は18名です。定足数に達しておりますので、会議は成立いたしました。

 これより本日の会議を開きます。



△日程第1 第81号議案、第82号議案及び第89号議案一括上程



○議長(井上茂和君) 日程第1、第81号議案、第82号議案及び第89号議案を一括議題といたします。

 上程議案について、総務文教常任委員会委員長 安田 朗君の報告を求めます。

 9番安田 朗君。

              〔9番 安田 朗君登壇〕



◆9番(安田朗君) おはようございます。

 それでは、総務文教常任委員会委員長報告をいたします。

 平成24年11月29日、第45回加東市議会定例会の本会議において付託されました第81号議案 加東市税条例の一部を改正する条例制定の件、第82号議案 加東市長期継続契約を締結することができる契約を定める条例の一部を改正する条例制定の件及び第89号議案 公の施設の指定管理者の指定の件につきまして、お手元に委員会審査報告書の写しが配付されておりますが、審査に当たりましては、12月4日に委員会を開催し、委員全員出席のもと鋭意審査を行いました経過並びにその結果について御報告を申し上げます。

 まず、議案の内容でありますが、既に本会議において提案説明がなされておりますので、省略させていただきます。

 次に、審査の過程で委員各位より出されました意見や質疑、その答弁については、特に議論が集中した事項を中心に御報告を申し上げます。

 まず、第81号議案 加東市税条例の一部を改正する条例制定の件について審査を行いました。

 委員から、今回の改正案には異論はないが、むしろもっと早く改正するべきではなかったかという意見があり、今回、改正するに至った経緯はとの問いに対し、兵庫県が平成24年度から障害者の社会参加の促進を図るという意味で、障害の程度に関係なく減免するということで要件を緩和しており、それにあわせて加東市においても障害者の社会参加の促進を図る一施策として今回改正しようとするものであるとの答弁がありました。

 次に、委員から、身体障害者等と生計を一にする者が所有する軽自動車等についても減免の対象となっているが、本人のみで十分ではないかとの質疑に対し、従前については基本的には身体障害者の方が所有される車と限定しており、過去の事例では高齢者の親が身体障害者になられた場合、本人は車を所有しておらず、子供さんが所有している場合には名義を変更していただき、減免を受けていただくという手段しかなかったということがあり、社会参加の促進という意味から対象拡大することになったとの答弁がありました。

 次に、委員から、平成23年度の軽自動車税の徴収額が1億140万円程度あるが、この制度を導入することにより、徴収額に対する影響はどの程度予測されているのかという問いに対し、平成24年度では障害者手帳をお持ちの方に対して軽自動車税の減免をしているが、約10%の割合である。また、自動車税の減免と軽自動車税の減免を併用するということはできないなど、予測は難しいが十二、三%程度になるであろうという予測を立てており、予算的には大きく影響は受けないと思っているとの答弁がありました。

 続いて、第82号議案 加東市長期継続契約を締結することができる契約を定める条例の一部を改正する条例制定の件について審査を行いました。

 議員から、条例の本則中、地方自治法第234条の3を削除してあるが、削除した理由についての問いに対し、根拠法令について現行の条例では地方自治法と地方自治法施行令の両方を上げていた。地方自治法施行令第167条の17では長期継続契約を締結することができる契約として、地方自治法に規定する政令で定める契約は翌年度以降にわたり、物品を借り入れ、また役務の提供を受ける契約で、その契約の性質上、翌年度以降にわたり契約を締結しなければ、当該契約にかかわる事務の取り扱いに支障を及ぼすようなもののうち、条例で定めるものとするという条項になっており、地方自治法の根拠規定を削除し、本条例の改正を行うとの答弁がありました。

 続いて、第89号議案 公の施設の指定管理者の指定の件について審査を行いましたが、本会議において質疑があったため、特段委員会での質疑はありませんでした。

 以上が委員会での審査の概要であります。

 次に、表決の結果でありますが、第81号議案 加東市税条例の一部を改正する条例制定の件、第82号議案 加東市長期継続契約を締結することができる契約を定める条例の一部を改正する条例制定の件及び第89号議案 公の施設の指定管理者の指定の件については、いずれも全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 何とぞ議員各位におかれましては、当委員会の決定のとおり御賛同賜りますようお願いを申し上げまして、総務文教常任委員会の審査報告を終わります。



○議長(井上茂和君) 総務文教常任委員会委員長報告が終わりました。

 これから委員長報告に対する質疑を行います。

 藤尾君。



◆8番(藤尾潔君) 第89号議案について数点伺いたいと思うのですけれども、質疑は特段なかったということでしたけれども、例えば私も本会議のときに質疑をしましたけれども、今後つまり3年間お任せするわけですよね。その段に当たって、つまり今後どういう事業の計画で進めていくとか、そういった内容について当局から追加の資料なり、そういうものが出るとか説明があったりして、そういうものを理解した上で今後お任せするという、これ妥当だという結論を委員会で下されてるわけですから、そういうことはちゃんと把握をした上で審査、可決ということで決定をされたんでしょうか。



○議長(井上茂和君) 安田君。

              〔9番 安田 朗君登壇〕



◆9番(安田朗君) 先ほどの藤尾議員からの質問ですが、特段委員会では本会議においての質疑だけで、委員会としては特にそういったことの議論もありませんでした。

 以上でございます。



○議長(井上茂和君) ほかに。

 山本君。



◆14番(山本通廣君) この第82号議案についてお尋ねしますが、今の報告では特段にそういうお話はなかったようでございますけれども、この長期継続契約ということを条例化することについては特段に異議はないわけですけれども、このことをすることによって本来債務負担行為と長期継続契約というその関係が私あると思うんですね。

 それで、このいただきました改正理由の中の文章でいきますと、やはりちょっとこれは債務負担行為を幾分回避する、そういう趣旨も入っとるじゃないかということを私感じるわけですけれども、やはり委員会のほうで、まあ当局のほうの説明は私聞いておりませんのでわかりませんけれども、そういう議論もなされるべきであったと思うんですが、その点はどうあったんでしょうか。当局のほうの説明なんかも含めてお答えいただいたらありがたいんですが。



○議長(井上茂和君) 安田君。

              〔9番 安田 朗君登壇〕



◆9番(安田朗君) 山本議員の質問に答えたいと思います。

 委員会のほうでは、先ほど報告いたしました施行令の改正の部分のことのみで、第234条の3でしたか、それのみの質疑だけで、特段それについての質疑はありませんでした。



○議長(井上茂和君) ほかに。

 藤田君。



◆17番(藤田靖夫君) 第82号議案に関しまして一言お尋ねをしたいんですけれど、この長期継続契約の条例を制定する、これに対しての思いは同じなんですけれど、結局これを委員会で付託して委員会の皆さんは議論されたことと思っておるんですが、例えば長期契約がいいことばかりではないと思うんですね。問題点もあるんではないかと、こういうメリット、デメリットというものがあると理解するんですけれど、そういうことに関する委員からの質疑といいますか、意見が全然なかったということにちょっと私はなぜやねんという思いがありまして、そのあたり本当に何も意見がなかったんですか。



○議長(井上茂和君) 安田君。

              〔9番 安田 朗君登壇〕



◆9番(安田朗君) 藤田議員からの御質疑でありますが、先ほども申し上げましたとおり、地方自治法第234条の3の削除の件に関しまして質疑はありましたが、先ほど言われました質疑はありませんでした。委員の皆さんが御理解されておるものだと私は理解しておるんですが。

 以上です。



○議長(井上茂和君) ほかに。

              (「なし」の声あり)



○議長(井上茂和君) これで質疑を終わります。

 これから各議案ごとに討論、採決を行います。

 初めに、第81号議案 加東市税条例の一部を改正する条例制定の件の討論を行います。

 原案に反対者の方、ございませんか。

              (「なし」の声あり)



○議長(井上茂和君) ほかになければ、討論を打ち切ります。

              (「なし」の声あり)



○議長(井上茂和君) これで討論を終わります。

 これから第81号議案 加東市税条例の一部を改正する条例制定の件を採決いたします。

 本案に対する総務文教常任委員会委員長報告は原案可決です。

 委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

              (起 立 全 員)



○議長(井上茂和君) 起立全員。

 したがって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 次に、第82号議案 加東市長期継続契約を締結することができる契約を定める条例の一部を改正する条例制定の件の討論を行います。

 まず、原案に反対者の発言を許します。

              (「なし」の声あり)



○議長(井上茂和君) ほかにございませんか。

              (「なし」の声あり)



○議長(井上茂和君) これで討論を終わります。

 これから第82号議案 加東市長期継続契約を締結することができる契約を定める条例の一部を改正する条例制定の件を採決いたします。

 本案に対する総務文教常任委員会委員長報告は原案可決です。

 委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

              (起 立 多 数)



○議長(井上茂和君) 起立多数。

 したがって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 次に、第89号議案 公の施設の指定管理者の指定の件の討論を行います。

 藤尾君。

              〔8番 藤尾 潔君登壇〕



◆8番(藤尾潔君) 私は、原案に賛成の立場から討論をしたいと思います。

 ただ、先ほどの質疑を聞いておりますと、委員会では例えば今後の事業の内容なんかについての報告などもなかったという話もございました。これは、当局のホームページを見ればわかることですけれども、そこには今後どういった条件で公募をしますかという資料も出ております。そういう資料は本会議には出されておりませんし、今の説明でありましたら委員会にも提出されていないんでしょう。

 だから、今後どういう条件でということを募集した紙を見ずに審査を、インターネットでごらんになってた方もいらっしゃるのかもしれませんけれど、インターネットをつながれてない方もいらっしゃると思いますし、そういうものの提出も受けずにこれが妥当だと決める委員会というのは、ほんまに逆の立場ですごいと思います。私は、自分で見てるからわかっておりますけれども。

 そして、例えば今まで、去年日本木管コンクールの件ではえらいいろいろと言いましたけれども、結局それについてどのように今後の委託の内容がなっておるかということを御存じの方いらっしゃいますでしょうか。そういうのをちゃんと確認していかないと、確認せずに後からどうだこうだと騒いでもそれは一緒なんですよ。私は、家に帰ってインターネットをつなぐことができる方はごらんになったらいいと思いますけれど、今後3年間お任せするに当たってどういう条件でお任せするかということをきちっとその辺は委員会として把握して審議すべきだったと思います。

 非常にそういうことから、この後採決は委員長報告に対して賛成の諸君と言われて起立するのは私もちょっとそういう審議でいかがなものかなと思う部分あるんですけれども、それでは原案に反対することになってしまいますから賛成はいたします。また、その当局に対する、私もあの内容を見て注文といたしましては、今まで3年間のことは私も様子を見ておりますけれども、やはりかつての管理の委託制度ですか、あの考えのままの延長を引きずっておるんじゃないか、幾ら市がかかわっている法人だからといって指定管理で出した以上はやはり財団の自主性を重んじた運用をしていかなければいけないということを私は思いますし、さらにもう一点言うのであれば、これは以前から申し上げていることですけれども、あの今回の計画のとおり財団が自主的に事業されれば私はかなりいいものにはなると思うのですけれども、ただ以前から申し上げておりますように、あの文化財団というのは旧社町のあのやしろ国際学習塾1館の文化事業を運営するために財団として積んだ資金で運用してる団体なので、あのまま市が適切な支援をせずに3館の文化事業を全部やれというのはあれは無理な話です。

 ですから、当然あの書かれている文化事業を適切に行うための適切な支援というのは当然やっていただきたいということを要望いたしまして、私は原案に賛成という気持ちを込めて賛成をいたします。

 以上です。



○議長(井上茂和君) ほかに討論はありませんか。

              (「なし」の声あり)



○議長(井上茂和君) これで討論を終わります。

 これから第89号議案 公の施設の指定管理者の指定の件を採決いたします。

 本案に対する総務文教常任委員会委員長報告は原案可決です。

 委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

              (起 立 全 員)



○議長(井上茂和君) 起立全員。

 したがって、本案は委員長報告のとおり可決されました。



△日程第2 第83号議案ないし第88号議案 一括議題



○議長(井上茂和君) 日程第2、第83号議案ないし第88号議案を一括議題といたします。

 上程議案について、産業建設常任委員会委員長 二階一夫君の報告を求めます。

 15番二階一夫君。

              〔15番 二階一夫君登壇〕



◆15番(二階一夫君) 産業建設常任委員会委員長報告をいたします。

 平成24年11月29日、第45回加東市議会定例会の本会議において付託されました第83号議案 加東市道路の構造の技術的基準を定める条例制定の件、第84号議案 加東市道路標識の寸法を定める条例制定の件、第85号議案 加東市移動等円滑化のために必要な道路の構造に関する基準を定める条例制定の件、第86号議案 加東市準用河川管理施設等の構造に関する基準を定める条例制定の件、第87号議案 加東市都市公園条例の一部を改正する条例制定の件、第88号議案 加東市営住宅条例の一部を改正する条例制定の件につきまして、お手元に委員会審査報告書の写しが配付されておりますが、12月5日に委員会を開催し、委員全員出席のもと鋭意審査を行いました経過並びにその結果について御報告申し上げます。

 まず、議案の内容でありますが、既に本会議において提案説明がなされておりますので、省略をさせていただきます。

 次に、審査の過程で委員各位より出されました質疑、意見とその答弁については、特に論議が集中いたしました事項を中心に御報告申し上げます。

 まず、当委員会に付託された関係上、制定理由及び制定内容等について、各議案に関して再度細部にわたり説明を求め、続いて、各議案ごとに質疑を行いました。第83号議案19件、第84号議案11件、第85号議案4件、第86議案3件、第87号議案5件、第88号議案9件、合計51件の質疑があり、それぞれ理事者側より答弁をいただきました。

 まず、第83号議案について、委員より、条例を制定する場合、市独自の技術的基準であれば近隣市と異なる構造の技術的基準が起きるのかとの問いに、これまで国の道路構造令に従って道路の設計、施工をしており、道路構造令とは違う独自基準はどこの市も設けられていないとの答弁がありました。

 また、この条例に基づいて既設道路を改修する場合、窮屈にならないかとの問いに、第1次一括法の施行に伴い、市道の構造の技術的基準は道路構造令で定める基準を参酌して条例で定めるとなったため、条例制定している。今までも道路構造令の基準で新設及び改築しており、非常に軽減される、あるいは重荷になることはないとの答弁がありました。

 次に、第84号議案では、道路標識は本来県が設置すべきだと思うがとの問いに、市道については市が設置することになっている。また、制定内容で兵庫県の基準と整合をとるため独自基準を定めるとなっているが、県と整合しているのかとの問いに、市の独自基準はない、標識は国の道路標識、区画線及び道路標示に関する命令と県が定めている独自基準に整合しており、今後新しく設置する場合も何ら変わらない。標識の支柱に設置者のステッカーを張っているとの答弁がありました。

 次に、第85号議案ですが、委員より、特定道路の増築や改築等を照らした場合、どう理解すればよいのかとの問いに、特定道路というのは公共施設間をおおむね1キロメートルの範囲で結ぶ道路を指す。現在、市道の中では特定道路はない。今後、特定道路として指定してもらうことについては十分に考えていかなければならない問題だと思っているが、今のところ特に現在ある市道の中でこの市道を特定道路にという具体の思いは持っておらず、計画もないと説明がありました。

 次に、第86号議案ですが、委員より、河川管理施設等構造令で定める基準を参酌し、同様の基準を定めることとなったが、市の独自基準はあるのかとの問いに、市の独自基準はない。準用河川とは、一級あるいは二級河川以外の河川で市町村長が公共性の見地から重要であると考え指定した河川で、市では大谷川、高倉川を準用河川に指定しているとの答弁がありました。

 次に、第87号議案ですが、委員より、都市公園の配置及び規模については、主として街区内に居住する者、近隣に居住する者、徒歩圏域内に居住する者、市の区域外、区域内に居住する者と分かれているが、おおむねどの範囲を指しておるのか具体例を挙げてという問いに、街区公園は道路と道路に囲まれた区域で、敷地面積は0.25ヘクタールを基準としている。近隣公園は半径500メートル圏内を標準とし、幹線道路で分けられる区域で、敷地面積は2ヘクタールを基準とする公園である。主として、徒歩圏内に居住する者の利用に供することを目的とする都市公園については、4ヘクタールを基準とし、中央公園的なものになると説明がありました。

 次に、第88号議案ですが、委員より、本来階層の収入基準額15万8,000円並びに裁量階層の収入基準額21万4,000円の算出の根拠はとの問いに、額については現状の基準額をそのまま使っており、本来階層は15万8,000円、裁量階層は21万4,000円と政令で定められていたが、条例で定める必要が生じたため、条例に具体的な数字を上げているとの答弁がありました。

 以上が委員会での審査の概要であります。

 次に、表決の結果でありますが、第83号議案 加東市道路の構造の技術的基準を定める条例制定の件、第84号議案 加東市道路標識の寸法を定める条例制定の件、第85号議案 加東市移動等円滑化のために必要な道路の構造に関する基準を定める条例制定の件、第86号議案 加東市準用河川管理施設等の構造に関する基準を定める条例制定の件、第87号議案 加東市都市公園条例の一部を改正する条例制定の件、第88号議案 加東市営住宅条例の一部を改正する条例制定の件は、いずれも全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 今までは、何とぞ議員各位におかれましては当委員会の決定のとおりに御賛同賜りますようお願いを申し上げておりましたが、今回も今後も私は委員会の決定のとおりに御賛同賜りますようお願いは申し上げません。議員各位が正しい判断を下されますようお願い申し上げ、産業建設常任委員会の審査報告を終わります。

 以上であります。



○議長(井上茂和君) 産業建設常任委員会委員長報告が終わりました。

 これから委員長報告に対する質疑を行います。

              (「なし」の声あり)



○議長(井上茂和君) これで質疑を終わります。

 これから各議案ごとに討論、採決を行います。

 初めに、第83号議案 加東市道路の構造の技術的基準を定める条例制定の件の討論を行います。

              (「なし」の声あり)



○議長(井上茂和君) これで討論を終わります。

 これから第83号議案 加東市道路の構造の技術的基準を定める条例制定の件を採決いたします。

 本案に対する産業建設常任委員会委員長報告は原案可決です。

 委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

              (起 立 全 員)



○議長(井上茂和君) 起立全員。

 したがって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 次に、第84号議案 加東市道路標識の寸法を定める条例制定の件の討論を行います。

              (「なし」の声あり)



○議長(井上茂和君) これで討論を終わります。

 これから第84号議案 加東市道路標識の寸法を定める条例制定の件の採決を行います。

 本案に対する産業建設常任委員会委員長報告は原案可決です。

 委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

              (起 立 全 員)



○議長(井上茂和君) 起立全員。

 したがって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 次に、第85号議案 加東市移動等円滑化のために必要な道路の構造に関する基準を定める条例制定の件の討論を行います。

              (「なし」の声あり)



○議長(井上茂和君) これで討論を終わります。

 これから第85号議案 加東市移動等円滑化のために必要な道路の構造に関する基準を定める条例制定の件の採決を行います。

 本案に対する産業建設常任委員会委員長報告は原案可決です。

 委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

              (起 立 全 員)



○議長(井上茂和君) 起立全員。

 したがって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 次に、第86号議案 加東市準用河川管理施設等の構造に関する基準を定める条例制定の件の討論を行います。

              (「なし」の声あり)



○議長(井上茂和君) これで討論を終わります。

 これから第86号議案 加東市準用河川管理施設等の構造に関する基準を定める条例制定の件を採決いたします。

 本案に対する産業建設常任委員会委員長報告は原案可決です。

 委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

              (起 立 全 員)



○議長(井上茂和君) 起立全員。

 したがって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 次に、第87号議案 加東市都市公園条例の一部を改正する条例制定の件の討論を行います。

              (「なし」の声あり)



○議長(井上茂和君) これで討論を終わります。

 これから第87号議案 加東市都市公園条例の一部を改正する条例制定の件を採決いたします。

 本案に対する産業建設常任委員会委員長報告は原案可決です。

 委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

              (起 立 全 員)



○議長(井上茂和君) 起立全員。

 したがって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 次に、第88号議案 加東市営住宅条例の一部を改正する条例制定の件の討論を行います。

              (「なし」の声あり)



○議長(井上茂和君) これで討論を終わります。

 これから第88号議案 加東市営住宅条例の一部を改正する条例制定の件を採決いたします。

 本案に対する産業建設常任委員会委員長報告は原案可決です。

 委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

              (起 立 全 員)



○議長(井上茂和君) 起立全員。

 したがって、本案は委員長報告のとおり可決されました。



△日程第3 第92号議案 加東市証人等の費用弁償に関する条例及び加東市特別職報酬等審議会条例の一部を改正する条例制定の件



○議長(井上茂和君) 日程第3、第92号議案 加東市証人等の費用弁償に関する条例及び加東市特別職報酬等審議会条例の一部を改正する条例制定の件を議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 総務部長。

              〔総務部長 吉田秋広君登壇〕



◎総務部長(吉田秋広君) 第92号議案 加東市証人等の費用弁償に関する条例及び加東市特別職報酬等審議会条例の一部を改正する条例制定の件につきまして、提案理由並びにその内容を御説明申し上げます。

 改正の要旨をごらんいただきたいと思います。

 提案理由でございますが、地方自治法の改正により、議会の各委員会等に関する規定の整理統合及び政務調査費の名称変更並びに公聴会参加者及び参考人に対する実費弁償に関する規定が追加され、また改正地方自治法の一部の施行により、事務調査に係る規定が改正されたことに伴い、本条例を改正するものでございます。

 改正の内容でございますが、まず加東市証人等の費用弁償に関する条例に関するものの1点目は、引用をしております各委員会等に関する規定が統合されたことにより、条文の整理を行うものでございます。

 2点目につきましては、公聴会参加者及び参考人を実費弁償の対象とすること。

 3点目は、引用をしております事務調査権に関する規定が改正されたことにより、条文の整理を行うものでございます。

 次に、加東市特別職報酬等審議会条例に関するものでございますが、政務調査費の名称を政務活動費に改めるものでございます。

 なお、施行期日につきましては、要旨の3項目め、施行期日としてお示しをいたしております。

 以上、第92号議案 加東市証人等の費用弁償に関する条例及び加東市特別職報酬等審議会条例の一部を改正する条例制定の件につきましての御説明といたします。

 御審議の上、議決いただきますようよろしくお願い申し上げます。



○議長(井上茂和君) 提案理由の説明が終わりました。

 これから質疑を行います。

              (「なし」の声あり)



○議長(井上茂和君) これで質疑を終わります。

 これから討論を行います。

              (「なし」の声あり)



○議長(井上茂和君) これで討論を終わります。

 これから第92号議案 加東市証人等の費用弁償に関する条例及び加東市特別職報酬等審議会条例の一部を改正する条例制定の件を採決いたします。

 本案について原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

              (起 立 全 員)



○議長(井上茂和君) 起立全員。

 したがって、本案は原案のとおり可決されました。



△日程第4 議員提出第2号議案ないし議員提出第4号議案一括上程



○議長(井上茂和君) 日程第4、議員提出第2号議案ないし議員提出第4号議案を一括議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 17番藤田靖夫君。

              〔17番 藤田靖夫君登壇〕



◆17番(藤田靖夫君) それでは、議員提出議案につきまして御説明、提案内容を申し上げます。

 まず、議員提出第2号議案から第4号議案について、提案理由と内容の説明を申し上げます。

 まず、議員提出第2号議案 加東市議会基本条例の一部を改正する条例制定の件についてでありますが、第6条第3項の改正は、地方自治法の改正に伴い、これまで委員会において認められておりました公聴会制度及び参考人制度が本会議にも拡大されたことに対応するための改正と委員会に関する地方自治法の規定について改正が行われ、引用条項にずれが生じたことに対応するものであります。

 第13条の改正は、旧地方自治法第2条第4項において、市町村に義務づけされていた基本構想の策定規定が削除されましたが、今後においても市の裁量で基本構想の策定が予想されることから議会の議決事項として規定しようとするものであり、旧地方自治法での表記を引用し、第1号を改正するものです。

 次に、議員提出第3号議案 加東市議会委員会条例の一部を改正する条例制定の件についてでありますが、旧地方自治法第109条、第109条の2、第110条において規定されていた常任委員会、議会運営委員会及び特別委員会の設置等に関する規定が大幅に簡素化され、委員の選任に関する事項については地方公共団体の条例で規定することとされたことから、改正前の地方自治法の規定に倣って、第8条において規定するものであります。

 次に、議員提出第4号議案 加東市議会会議規則の一部を改正する規則制定の件についてでありますが、今回の主な改正は、まず第1段階として、第1条では全員協議会、議会広報委員会、議会報告会実行委員会を地方自治法に規定する協議または調整を行うための場として位置づけるため、新たに第15章第121条に規定するもので、別表においてそれぞれ名称、目的等を表記いたしております。

 なお、第15章第121条を挿入することから、影響する章及び条を繰り下げております。

 また、全員協議会、議会広報委員会、議会報告会実行委員会それぞれの位置づけについては、規程(案)をお手元に配付しておりますので、御参照ください。

 次に、第2段階として、第2条は議会基本条例の改正でも触れましたが、本会議においても可能となった公聴会制度及び参考人制度について、その運営方法等を委員会条例に倣って規定するものであります。公聴会については第14章第117条から第122条に、参考人については第15章第123条に規定し、新たに挿入することから影響する章及び条を繰り下げております。

 以上が議員提出第2号議案から議員提出第4号議案の提案理由と内容でありますが、改正規定の施行期日については、地方自治法の関係規定が全て施行されるのを待って施行するものと、現時点において施行が可能なものに区分しておりますことを申し添えておきます。よろしく御審議いただき、議決いただきますようお願いいたします。



○議長(井上茂和君) 提案理由の説明が終わりました。

 これから質疑を行います。

 小川君。



◆5番(小川忠市君) 1点だけ、議員提出第2号議案について、第13条で新旧対照表を見ますと、「総合計画の基本計画を策定すること」を改正し、「総合的かつ計画的な行政の運営を図るための基本構想及び」というのがふえておりますけれども、当初の説明時にはその文言はなかったと思うんですが、今回この文言がふえたという理由をお示しいただければと思います。



○議長(井上茂和君) 藤田君。

              〔17番 藤田靖夫君登壇〕



◆17番(藤田靖夫君) ただいまの小川議員の質問に対しまして、説明を申し上げます。

 当初は、総合計画の基本計画を策定することと議会基本条例のほうではなっておると思いますが、これは地方自治法第2条の第4項において、市の義務づけされていた部分が市の独自の裁量といいますか、考え方で運用していくことのため、地方自治法第2条第4項が削除されたことに基づいて、この基本計画という表記の部分が市のほうでも総合的かつ計画的な行政の運営を図るためのと言う文言に変わってまいりました。市の方針で、今後とも引き続き基本構想及び基本計画を策定して市の指針を示すという方針には変わりないということでありまして、その文言に合わせたと御理解をいただきたいと思います。



○議長(井上茂和君) 小川君。



◆5番(小川忠市君) 基本構想は市がもう独自、今まで義務づけられたことが市町村独自でできるということに地方自治法が改正されて、しかし議会としてはその基本構想も議決事件に含むということをふやしたということではないかと思うんですが、いかがでしょうか。



○議長(井上茂和君) 藤田君。

              〔17番 藤田靖夫君登壇〕



◆17番(藤田靖夫君) ただいまのお尋ねに説明申し上げます。

 総合計画の基本計画を策定することが議決事件として上がっておりましたが、この総合計画、基本計画というのが地方自治法の改正に伴って義務づけが外れました。そういう流れの中で、地方自治体、市町村によっては同じように総合計画、基本計画という表現を引き続きされておるところもあろうかとは思いますが、加東市の場合は基本構想及び基本計画という表現、その頭に総合計画というものはこの2つの計画で成り立っておるわけですが、議決事件そのものは新たに追加されたわけではなく、要するに名称、表現が変わったと、同じであるという認識で捉えておるところでございます。



○議長(井上茂和君) これで質疑を終わります。

 これから各議案ごとに討論、採決を行います。

 初めに、議員提出第2号議案 加東市議会基本条例の一部を改正する条例制定の件の討論を行います。

              (「なし」の声あり)



○議長(井上茂和君) これで討論を終わります。

 これから議員提出第2号議案 加東市議会基本条例の一部を改正する条例制定の件を採決いたします。

 本案について原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

              (起 立 全 員)



○議長(井上茂和君) 起立全員。

 したがって、本案は原案のとおり可決されました。

 次に、議員提出第3号議案 加東市議会委員会条例の一部を改正する条例制定の件の討論を行います。

              (「なし」の声あり)



○議長(井上茂和君) これで討論を終わります。

 これから議員提出第3号議案 加東市議会委員会条例の一部を改正する条例制定の件を採決いたします。

 本案について原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

              (起 立 全 員)



○議長(井上茂和君) 起立全員。

 したがって、本案は原案のとおり可決されました。

 次に、議員提出第4号議案 加東市議会会議規則の一部を改正する規則制定の件の討論を行います。

              (「なし」の声あり)



○議長(井上茂和君) これで討論を終わります。

 これから議員提出第4号議案 加東市議会会議規則の一部を改正する規則制定の件を採決いたします。

 本案について原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

              (起 立 全 員)



○議長(井上茂和君) 起立全員。

 したがって、本案は原案のとおり可決されました。

 お諮りいたします。

 ただいま議員提出第4号議案 加東市議会会議規則の一部を改正する規則制定の件が可決され、議会広報委員会が法定の委員会として規定されました。

 これまで設置しておりました議会広報特別委員会にかえて議会広報委員会を設置することになりますので、従来の議会広報特別委員会の廃止の件を日程に追加し、直ちに議題とすることにいたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

              (「異議なし」の声あり)



○議長(井上茂和君) 異議なしと認めます。

 したがって、議会広報特別委員会の廃止の件を日程に追加し、直ちに議題とすることに決定いたしました。

日程追加 議会広報特別委員会の廃止の件



○議長(井上茂和君) 日程追加、議会広報特別委員会の廃止の件を議題といたします。

 お諮りいたします。

 議会広報特別委員会につきまして、本日をもって廃止したいと思いますが、賛成の方は起立願います。

              (起 立 全 員)



○議長(井上茂和君) 起立全員。

 したがって、議会広報特別委員会は本日をもって廃止することに決定いたしました。

 なお、新たに設置する議会広報委員会の委員については、この後予定されております全員協議会で指名させていただきます。



△日程第5 委員会の閉会中の継続調査の件



○議長(井上茂和君) 日程第5、委員会の閉会中の継続調査の件を議題といたします。

 各委員長から会議規則第75条の規定により、お手元に配付しております所管事項の閉会中継続調査事件一覧表のとおり、閉会中の継続調査の申し出があります。

 お諮りいたします。

 各委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに御異議ございませんか。

              (「異議なし」の声あり)



○議長(井上茂和君) 異議なしと認めます。

 したがって、各委員長の申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決定いたしました。



△閉会宣告



○議長(井上茂和君) これで本日の日程は全部終了いたしました。

 お諮りいたします。

 本定例会に付された事件は全て終了いたしました。

 したがって、会議規則第7条の規定によって閉会いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

              (「異議なし」の声あり)



○議長(井上茂和君) 異議なしと認めます。

 したがって、本定例会は閉会することに決定いたしました。

 これで本日の会議を閉じ、第45回加東市議会定例会を閉会いたします。

               午前10時20分 閉会



△あいさつ



○議長(井上茂和君) それでは、第45回加東市議会定例会閉会に当たりまして、一言御挨拶を申し上げます。

 今期定例会は、去る11月29日に招集され、本日まで23日間にわたり多数の重要議案について終始極めて熱心に御審議いただき、本日ここにその全議案を議了し、無事閉会の運びとなりましたことは、市政のためまことに御同慶にたえません。ここに謹んで議員各位の御精励と御協力に対しまして、衷心より敬意を表するものでございます。

 また、市長を初め当局の皆様には、議会審議に寄せられました真摯な態度に対しまして深く敬意を表しますとともに、その審議の過程で議員各位より寄せられました意見、要望につきましては、今後の市政運営に的確に反映されるよう望むものであります。

 年の瀬も押し迫ってまいりましたが、議員各位を初め、市長並びに当局の皆様にはこの上とも御自愛いただき、幸多き新年を迎えられますことを祈念いたしまして、閉会の御挨拶といたします。どうもありがとうございました。

 市長。

              〔市長 安田正義君登壇〕



◎市長(安田正義君) それでは、閉会に当たりまして、一言お礼を申し上げたいと、このように思います。

 今定例会、私ども提案いたしました22の案件につきまして、それぞれ原案のとおり決定といただきました。心からお礼を申し上げます。そしてまた、一般質問におきましては、多くの議員さん方からまずは安全、安心のまちづくり、そして元気なあすへの基盤づくり、そういった点からの幅広い御質問等をいただきました。それぞれにお答えをしてまいりましたが、やはりいつも申し上げておりますが、答弁が終わったから、答弁の終わりはこれは私どもは始まりと捉えております。そういうことから、いろいろと御意見をいただいたことにつきましても、今後の市政にぜひ反映していきたいと思うところでございます。

 きょうは冬至ということでございます。一陽来復、この日をもって上昇運に転じる日と言われております。ただ、何もせずして運が向いてくると、そんなことは絶対にないと思いますし、やはり日々の積み重ねの中で市民の安全、安心、そういったところにもぜひ取り組んでまいりたいと思っております。

 議員各位のさらなる御支援をいただきますように心からお願いを申し上げ、そしてまた御自愛あってよき年をお迎えになられますことを心からお祈りを申し上げまして、閉会に当たっての御挨拶とさせていただきます。ありがとうございました。



  地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名をする。



                加東市議会議長  井  上  茂  和



                署 名 議 員  石  井  雅  彦



                署 名 議 員  岸  本  眞 知 子