議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 淡路市

平成19年第13回臨時会(第1日 8月 9日)




平成19年第13回臨時会(第1日 8月 9日)





           第13回淡路市議会臨時会会議録(第1号)





平成19年8月9日(木曜日)





 平成19年8月9日


午前10時開会


 
第 1.会議録署名議員の指名


第 2.会期の決定


第 3.諸般の報告


第 4.承認第22号 専決処分をしたものにつき承認を求める件(平成19年度淡路市


           一般会計補正予算(第1号))


第 5.選任第 1号 常任委員会の委員の選任


第 6.選任第 2号 議会運営委員会の委員の選任


第 7.選任第 3号 広報広聴調査特別委員会の委員の補充選任


第 8.同意第 3号 淡路市監査委員の選任同意に関する件


第 9.農業委員会の選任による委員推薦に関する件


第10.議員派遣の件





1.会議に付した事件


日程第 1.会議録署名議員の指名


日程第 2.会期の決定


日程第 3.諸般の報告


日程第 4.承認第22号 専決処分をしたものにつき承認を求める件(平成19年度淡


             路市一般会計補正予算(第1号))


日程追加  議長辞職の件


日程追加  議長の選挙


日程追加  副議長辞職の件


日程追加  副議長の選挙


日程第 5.選任第 1号 常任委員会の委員の選任


日程追加  議長の常任委員会委員の辞任


日程第 6.選任第2号 議会運営委員会の委員の選任


日程第 7.選任第3号 広報広聴調査特別委員会の委員の補充選任


日程第 8.同意第3号 淡路市監査委員の選任同意に関する件


日程第 9.農業委員会の選任による委員推薦に関する件


日程第10.議員派遣の件





 1.会議に出席した議員(28名)


   1番 戸 田 雄 士        2番 土 井 晴 夫


   3番 奥 野 幸 男        4番 新 阜 長 富


   5番 岬   光 彦        6番 地 主 雅 次


   7番 新 谷 福 松        8番 五 条 正 仁


   9番 田 村 伊久男       10番 松 岡   昇


  11番 西 谷 好 民       12番 田 尾   成


  13番 籾 谷   宏       14番 中 谷 秀 子


  15番 鎌 塚 俊 子       16番 谷   裕 子


  17番 蓮 池 久 志       18番 出 雲 容 子


  19番 正 井 正 一       20番 籔 渕 功 一


  21番 植 野 喬 雄       22番 富 田   豊


  23番 黒 地 祥 夫       24番 池 本 道 治


  25番 坊 下 正 修       26番 竹 中 史 雄


  27番 岡 田 勝 一       28番 松 本 英 志





1.会議に欠席した議員(なし)





1.会議を早退した議員(なし)





1.会議に出席した事務局員の職氏名


   局長        山 本 善 春


   副課長兼調査係長  加 地 研 一


   主幹兼議事係長   竹 澤 秀 美


   総務係長      城 越 孝 輔


   主査        道 満 順 一





1.会議に出席した説明員の職氏名


   市長        門   康 彦


   副市長       冨 岡 篤太郎


   収入役       広 岡 卓 樹


   理事        北 村 昭 二


   総務部長      瀧 谷 勝 三


   行政改革推進部長  黒 地 禎 三


   企画部長      大 月 典 運


   健康福祉部長    植 野 芳 昭


   産業振興部長    宮 本   肇


   下水道部長     浜 野 展 好


   水道事業部長    梶 原 史 雄


   津名総合事務所長  奥 井 義 一


   岩屋総合事務所長  中 尾 清 人


   北淡総合事務所長  岡 原 辰 生


   一宮総合事務所長  竹 沢 好 生


   東浦総合事務所長  大 歳 享 甫


   総務部財政課長   船 橋 敏 祝


   教育長       内 海   孝


   教育次長      山 崎 高 志








              開 会 午前10時00分


             ……………………………………


                 開会あいさつ


○議長(岡田勝一)  皆さん、おはようございます。


 開会に先立ちまして、一言ごあいさつを申し上げます。


 暑さことのほか厳しい折、議員各位並びに門 市長はじめ幹部職員の皆様方には、ご健勝にてご参集を賜り、本日、ここに第13回淡路市議会臨時会を開会できますことは、市政のため、まことにご同慶にたえません。


 本日、招集いたしました臨時議会に提案されます案件は、監査委員の選任など重要な案件でございます。


 また、この臨時会において、各常任委員会、議会運営委員会の委員の改選なども予定されているところでございます。


 議員各位には、何とぞ格別のご精励を賜りまして、慎重にご審議の上、適切妥当な結論が得られますようお願いを申し上げまして、簡単ではございますが、開会のあいさつといたします。


 開会に先立ち、門 市長よりごあいさつがございます。


 市長、門 康彦君。


○市長(門 康彦) (登壇)  第13回淡路市議会臨時会の開会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。


 今臨時会を招集いたしましたところ、議員各位には、定刻にご参集を賜り、ここに開会の運びとなりましたこと、衷心より厚く御礼を申し上げます。


 さて、先日の議会全員協議会でもご報告をいたしました先月27日、北淡温水プールで発生しました学童保育での事故の件であります。一日も早い回復を願って、医師団によります懸命の治療、ご両親をはじめご家族や関係者の皆様方が看護のすべてを尽くされておりましたが、真木翔也君は、8月6日の深夜、不帰の人となられました。ご逝去を痛み、ご家族のご心痛をお察し申し上げ、心よりお悔やみを申し上げます。


 楽しいはずのプール遊びが暗転し、このような事態を招いた市政全般にわたる責任者として、翔也君とご家族の方々に心からお詫びを申し上げます。


 また、学童保育利用者の方々をはじめ市民の皆様の思いを裏切り、多大なご迷惑をおかけしましたことを、重ねてお詫び申し上げます。


 市の事業であってはならないこのような重大な事故を起こしましたことを真摯に受けとめ、猛省をするとともに、安全・安心を確保するため、本事業を徹底的に検証し、再発防止に全職員一丸となって全力を挙げる所存であります。


 また、学童保育の原点に戻り、学童の視点に立った施策も模索しなければと思っています。老若男女がともに安心して暮らせる地域づくり、身の丈に合ったまちづくりの実現に向けて、いま一度足元を見直し、堅牢な礎を築きます。どうか、今後の市政運営につきまして、議員各位の一層のご指導・ご鞭撻を賜りますよう心からお願いを申し上げまして、開会のごあいさつといたします。


○議長(岡田勝一)  門 市長のあいさつは終わりました。


 それでは、ただいまから、平成19年第13回淡路市議会臨時会を開会をいたします。


 これより、本日の会議を開きます。


 本日の議事日程及び地方自治法第121条の規定に基づき、説明のため、今期臨時会に出席を求めました者の職・氏名は、お手元に配付いたしておりますとおりであります。


 長濱都市整備部長、新居市民生活部長には、業務のため、欠席する旨報告がありました。ご了承をいただきますようお願いをいたします。


 以上で報告は終わりました。


 これより、日程に入ります。


           ◎日程第1.会議録署名議員の指名


○議長(岡田勝一)  日程第1、会議録署名議員の指名であります。


 会議録署名議員は、会議規則第82条の規定によって、議長より指名いたします。


 25番、坊下正修君、26番、竹中史雄君、以上2名の方にお願いいたします。


           ◎日程第2.会期の決定


○議長(岡田勝一)  次は、日程第2、会期の決定であります。


 お諮りをいたします。


 今期臨時会の会期は、本日1日といたしたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岡田勝一)  ご異議なしと認めます。


 よって、さよう決しました。


           ◎日程第3.諸般の報告


○議長(岡田勝一)  次に、日程第3、諸般の報告であります。


 本日、市長から提出されます案件は、お手元に配付いたしておきましたから、ご了承願います。


 次は、監査委員から、地方自治法第235条の2第3項の規定により、一般会計及び特別会計等の平成19年5月分及び水道事業会計の平成19年5月分の出納検査結果報告書がそれぞれ提出されました。


 以上、お手元に配付いたしておきましたから、ご了承願います。


 以上で報告は終わりました。


    ◎日程第4.承認第22号 専決処分をしたものにつき承認を求める件


         (平成19年度淡路市一般会計補正予算(第1号))


○議長(岡田勝一)  次に、日程第4、承認第22号 専決処分をしたものにつき承認を求める件(平成19年度淡路市一般会計補正予算(第1号))を議題といたします。


 これより、上程議案に対する市長の説明を求めます。


 市長、門 康彦君。


○市長(門 康彦) (登壇)  それでは、専決承認議案の承認第22号の提出議案の説明を申し上げます。


 承認第22号の専決処分した一般会計補正予算(第1号)の承認を求める件につきましては、台風4号に係る災害対策費及びその復旧費によるものでありまして、これらの財源であります国県支出金、分担金及び負担金等を含め所要の予算を定める必要が生じ、本年7月 15日に専決の処分をしましたので、本議会に報告をし、承認を求めるものであります。


 補正予算の総額は、歳入歳出それぞれ1億9,310万円余を追加、補正後の歳入歳出予算の総額は、272億2,640万円余となります。


 また、地方債の追加としましては、災害対策復旧事業債1件が追加となります。


 以上をもちまして、提出議案の説明を終わります。


 議員の皆様には、よろしくご審議の上適切なご議決をいただきますようお願いします。


○議長(岡田勝一)  市長の提案説明は終わりました。


 上程議案に対する質疑については、通告を受けておりませんから、これを終結いたします。


 次に、ただいま議題となっております承認第22号については、会議規則第38条第2項の規定により、委員会への付託を省略したいと思います。


 これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岡田勝一)  異議なしと認めます。


 よって、承認第22号は、委員会への付託を省略することに決しました。


 これより、討論に入ります。


 念のため申し上げます。


 討論は、登壇の上、1人10分以内で発言を願います。


 それでは、反対討論から許可します。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岡田勝一)  討論もないようでありますので、これを終結いたします。


 これより、採決いたします。


 本件は、承認することにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岡田勝一)  異議なしと認めます。


 よって、本件は、承認することに決しました。


 ここで、暫時休憩をいたします。再開を午前10時30分といたします。


             休憩 午前10時10分


            …………………………………


             再開 午前10時30分


○副議長(籔渕功一)  それでは、休憩前に引き続き、ただいまから会議を再開いたします。


 この際、ご報告申し上げます。


 ただいま、岡田勝一議員から、本日付をもって、都合により議長の職を辞任いたしたい旨、辞職願が提出されました。


 お諮りいたします。


 議長辞職の件を本日の日程に追加し、直ちに議題とすることにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○副議長(籔渕功一)  異議なしと認めます。


 よって、さように決します。


           ◎追加日程 議長辞職の件


○副議長(籔渕功一)  それでは、お諮りいたします。


 地方自治法108条の規定に基づき、岡田勝一議員の議長辞職を許可することにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○副議長(籔渕功一)  異議なしと認めます。


 よって、岡田勝一議員の議長辞職を許可することに決しました。


 ここで、暫時休憩いたします。再開は午前10時50分といたします。


 議員各位に申し上げます。


 直ちに議員控え室にご集合いただきますようお願いいたします。


             休憩 午前10時31分


            …………………………………


             再開 午前10時50分


○副議長(籔渕功一)  休憩前に引き続き、ただいまから会議を再開いたします。


 お諮りいたします。


 岡田勝一議員の議長辞職に伴い、欠員となりました議長の選挙を本日の日程に追加いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○副議長(籔渕功一)  ご異議なしと認めます。


 よって、議長の選挙を本日の日程に追加し、直ちに選挙を行います。


           ◎追加日程 議長の選挙


○副議長(籔渕功一)  それでは、議場の出入口を閉めます。


                (議場閉鎖)


○副議長(籔渕功一)  ただいまの出席議員数は、28人であります。


 投票箱を改めさせます。


                (投票箱点検)


○副議長(籔渕功一)  投票箱の点検が終わりました。


 異状なしと認めます。


 次に、立会人指名をいたします。


 会議規則第31条第2項の規定によりまして、立会人として、竹中史雄君及び岡田勝一君の2人を指名いたします。


 この際、念のために申し上げます。


 投票は、単記無記名であります。


 投票用紙に、被選挙人の名前を記載の上、点呼に応じて順次投票願います。


 名前を呼ばれた方は、順次、前の記載台にお進みください。お願いいたします。


 これより、事務局に点呼を命じます。


             (事務局長点呼、議員投票)


○副議長(籔渕功一)  投票漏れはございませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○副議長(籔渕功一)  投票漏れなしと認めます。


 よって、投票を終了いたします。


 続いて、開票を行いたいと思います。


 立会人、竹中史雄君及び岡田勝一君におかれましては、開票の立ち会いをお願いしたいと思います。よろしくお願いいたします。


                 (開 票)


○副議長(籔渕功一)  それでは、これより、選挙の結果の報告をいたします。


 投票総数28票。うち、有効投票27票、白票1票。


 有効投票のうち、松本英志君13票、植野喬雄君14票。


 以上のとおりでございます。


 この選挙の法定得票数は、7票であります。


 よって、植野喬雄議員が多数をもって議長に当選されました。


 議場の閉鎖を解きます。


                 (議場開鎖)


○副議長(籔渕功一)  ただいま議長に当選されました植野喬雄議員が議場におられますので、本席より、会議規則第32条第2項の規定により、当選の告知をいたします。


 当選人の発言を求めます。


 植野喬雄君、壇上にお願いいたします。


○21番(植野喬雄) (登壇)  今回、皆様方の温かいご支援のたまもので、私が議長に就任することができました。


 何分、私は浅学非才の身でございまして、その任の遂行に当たりまして、皆様方には今後、多々迷惑かけることも多いと思いますが、皆様方の温かいご指導とご協力を得まして、この淡路市議会、地方自治の確立とまた、公正円満な議会運営を努力をいたしまして頑張っていきたいと思っております。


 皆様方の今後ますますのご指導とご協力を私にお与えくださいますよう、心からお願いを申し上げまして、就任のあいさつとさせていただきます。よろしくお願いを申し上げます。


○副議長(籔渕功一)  議長のあいさつが終わりました。


 これをもって、直ちに議長席を交代したいと思います。


 ご協力のほど、ありがとうございました。よろしくお願いいたします。


                (議長席を交代)


○議長(植野喬雄)  それでは、議長を務めさせていただきます。


 ここで、暫時休憩をいたします。再開は午前11時30分といたします。


             休憩 午前11時15分


            …………………………………


             再開 午前11時30分


○議長(植野喬雄)  休憩前に引き続き、ただいまから会議を開きます。


 この際、ご報告申し上げます。


 ただいま、籔渕功一議員から、本日付をもって、都合により副議長の職を辞任したい旨、辞職願が提出されました。


 お諮りいたします。


 副議長辞職の件を本日の日程に追加し、直ちに議題といたしたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(植野喬雄)  ご異議なしと認めます。


 よって、さように決します。


           ◎追加日程 副議長辞職の件


○議長(植野喬雄)  お諮りいたします。


 地方自治法第108条の規定に基づき、籔渕功一議員の副議長辞職を許可することにご異議ございませんか


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(植野喬雄)  異議なしと認めます。


 よって、籔渕功一議員の副議長辞職を許可することに決しました。


 ここで、暫時休憩いたします。再開は午前11時45分といたします。


 議員各位に申し上げます。


 直ちに議員控え室にご集合いただきますよう、ご協力方お願いをいたします。


             休憩 午前11時31分


            …………………………………


             再開 午前11時45分


○議長(植野喬雄)  休憩前に引き続き、ただいまから会議を再開いたします。


 この際、お諮りいたします。


 籔渕功一議員の副議長辞職に伴い、欠員となりました副議長の選挙を本日の日程に追加し、直ちに議題にしたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(植野喬雄)  ご異議なしと認めます。


 よって、副議長の選挙を本日の日程に追加し、直ちに選挙を行います。


           ◎追加日程 副議長の選挙


○議長(植野喬雄)  議場の出入口を閉めます。


                (議場閉鎖)


○議長(植野喬雄)  ただいまの出席議員数は、28人であります。


 次に、立会人を指名いたします。


 会議規則第31条第2項の規定による立会人の指名につきましては、先刻の議長選挙に立ち会われました竹中史雄君及び岡田勝一君の、2名の議員に重ねてお願いいたします。


○議長(植野喬雄)  投票箱を改めさせます。


               (投票箱点検)


○議長(植野喬雄)  異状なしと認めます。


 念のため申し上げます。


 投票は、単記無記名であります。


 投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票願います。


 これより、事務局長に点呼を命じます。


             (事務局長点呼、議員投票)


○議長(植野喬雄)  投票漏れはありませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(植野喬雄)  投票漏れなしと認めます。


 よって、投票を終了いたします。


 続いて、開票を行います。


 立会人、竹中史雄君及び岡田勝一君におきましては、引き続き開票の立ち会いをお願いします。


                 (開 票)


○議長(植野喬雄)  これより、選挙の結果を報告いたします。


 投票総数28票。うち、有効投票28票、無効投票0票。


 有効投票のうち、坊下正修君、28票。


 以上のとおりであります。


 この選挙の法定得票数は、7票であります。


 よって、坊下正修議員が、多数をもって副議長に当選されました。


 議場の閉鎖を解きます。


                 (議場開鎖)


○議長(植野喬雄)  ただいま副議長に当選されました坊下正修議員が議場におられますので、本席より、会議規則第32条第2項の規定により、当選の告知をいたします。


 当選人の発言を求めます。


 坊下正修議員。


○25番(坊下正修) (登壇)  ただいまの選挙の結果、議員各位の温かいお心によりまして、淡路市議会副議長の選任をいただきました。まことにありがとうございました。


 私たちのこの淡路市も、誕生いたしましてからはや2年が経過をし、3年目に入ったわけでございますが、いよいよ検証と実行という時代に入ってきたわけでございます。先ほど、誕生された植野議員は、議員職豊かな立派な方でございます。議長を補佐して、私もこの淡路市議会の運営に寄与したい、こう思っておる次第でございます。


 どうか、議員の皆さん方、また事務職の方々におかれましても、旧に倍しました温かいご指導やご鞭撻や、また物心両面にわたりますところのご協力・ご援助のほどを、切に切にお願いを申し上げまして、甚だ簡単で言葉足りませんが、就任のあいさつといたします。


 ありがとうございました。


○議長(植野喬雄)  副議長のあいさつは終わりました。


 暫時休憩いたします。再開は、午後1時といたします。


             休憩 午後 0時06分


            …………………………………


             再開 午後 1時00分


○議長(植野喬雄)  休憩前に引き続き、会議を再開いたします。


           ◎日程第5 選任第1号 常任委員会の委員の選任


○議長(植野喬雄)  日程第5、選任第1号 常任委員会の委員の選任を行います。


 常任委員の選任につきましては、委員会条例第8条第1項の規定により、議長から指名いたします。


 総務文教常任委員会委員として、奥野幸男君、新阜長富君、地主雅次君、五条正仁君、西谷好民君、植野喬雄君、鎌塚俊子君、蓮池久志君、出雲容子君、岡田勝一君、以上10名。


 民生常任委員会委員として、戸田雄士君、土井晴夫君、岬 光彦君、中谷秀子君、谷 裕子君、正井正一君、籔渕功一君、籾谷 宏君、黒地祥夫君、以上9名。


 産業建設常任委員会委員として、新谷福松君、田村伊久男君、松岡 昇君、田尾 成君、富田 豊君、池本道治君、坊下正修君、竹中史雄君、松本英志君、以上9名。


 以上であります。


 お諮りいたします。


 ただいま指名のとおり、それぞれ常任委員会の委員に選任することに決して、ご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(植野喬雄)  ご異議なしと認めます。


 よって、各常任委員会の委員は、議長指名のとおり選任されました。


 ここで、暫時休憩いたします。再開は、午後1時10分といたします。


             休憩 午後 1時04分


            …………………………………


             再開 午後 1時10分


○副議長(坊下正修)  それでは、休憩前に引き続き、ただいまから会議を再開いたします。


 この際、ご報告申し上げます。


 ただいま、議長植野喬雄君から、議長は、議会の公正な運営に当たる立場にあるため、総務文教常任委員会の委員を辞任したい旨の申し出がありました。


 お諮りいたします。


 議長植野喬雄君の総務文教常任委員会委員の辞任の件を本日の日程に追加し、直ちに議題とすることに異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○副議長(坊下正修)  ご異議なしと認めます。


 よって、そのように決しました。


           ◎追加日程 議長の常任委員会委員の辞任


○副議長(坊下正修)  それでは、お諮りいたします。


 本件は、申し出のとおり許可することに異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○副議長(坊下正修)  ご異議なしと認めます。


 よって、本件はさように決しました。


 ここで、暫時休憩いたします。再開は、午後1時40分といたします。


 議員各位に申し上げます。


 この休憩の間に、各常任委員会において、正副委員長の互選をお願いいたします。


 総務文教常任委員は、第1委員会室に、民生委員は、第2委員会室に、産業建設委員は、第3委員会室に、それぞれご集合いただきますようお願い申し上げます。


 以上であります。


             休憩 午後 1時10分


            …………………………………


             再開 午後 1時40分


○議長(植野喬雄)  休憩前に引き続き、議事を進めます。


 休憩中に行われました各常任委員会における正副委員長の互選の結果について、それぞれ委員会から報告がありましたので、議長から報告いたします。


 総務文教常任委員会の委員長に地主雅次君、同じく副委員長に出雲容子君。


 民生常任委員会の委員長に戸田雄士君、同じく副委員長に谷 裕子君。


 産業建設常任委員会の委員長に富田 豊君、同じく副委員長に松岡 昇君。


 以上のとおりであります。


           ◎日程第6.選任第2号 議会運営委員会の委員の選任


○議長(植野喬雄)  次は、日程第6、選任第2号 議会運営委員会の委員の選任であります。


 委員定数は10名となっておりますが、都合により1名を欠員といたしたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(植野喬雄)  ご異議なしと認めます。


 よって、さように決しました。


 議会運営委員の選任につきましては、委員会条例第8条第1項の規定により、議長から指名いたします。


 議会運営委員会委員として、地主正次君、戸田雄士君、富田 豊君、坊下正修君、五条正仁君、奥野幸男君、田村伊久男君、籾谷 宏君、新阜長富君。


 以上の方々であります。


 お諮りいたします。


 ただいま指名のとおり、議会運営委員会の委員に選任することに決して、ご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(植野喬雄)  ご異議なしと認めます。


 よって、議会運営委員会の委員は、議長指名のとおり選任されました。


 ここで、暫時休憩をいたします。再開は、午後2時といたします。


 先ほど選任されました議会運営委員会の委員の皆様に申し上げます。


 休憩中に、議会運営委員会において、正副委員長の互選をお願いいたします。第1委員会室にご参集願います。


 以上です。


             休憩 午後 1時43分


            …………………………………


             再開 午後 2時00分


○議長(植野喬雄)  ただいまから会議を再開いたします。


 休憩前に引き続き、議事を進めます。


 ご報告申し上げます。


 休憩中に行われました議会運営委員会において、正副委員長の互選があり、委員会からその結果報告がありましたので、議長から報告いたします。


 議会運営委員会委員長に奥野幸男君、同じく副委員長に田村伊久男君。


 以上のとおりであります。


           ◎日程第7.選任第3号 広報広聴調査特別委員会委員の補充選任


○議長(植野喬雄)  続いて、日程第7、選任第3号 広報広聴調査特別委員会委員の補充選任の件を議題といたします。


 ご報告を申し上げます。


 先般、広報広聴調査特別委員会委員であります籔渕功一委員、土井晴夫委員、新阜長富委員、岬 光彦委員、新谷福松委員、五条正仁委員、鎌塚俊子委員から、広報広聴調査特別委員会委員を辞職したい旨、願い出がありました。


 よって、委員会条例第14条の規定により、議長において許可いたしましたので、ご了承願います。


 それでは、欠員となりました広報広聴調査特別委員会委員7名の補充選任を行います。


 委員会条例第8条の規定により、議長から坊下正修議員、出雲容子議員、谷 裕子議員、松岡 昇議員、西谷好民議員、新谷福松議員、田村伊久男議員を指名いたします。


 お諮りいたします。


 ただいま議長から指名いたしました7名の議員を、広報広聴調査特別委員会の委員に選任することに決して、ご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(植野喬雄)  ご異議なしと認めます。


 よって、さように決しました。


 ここで、暫時休憩いたします。再開は、午後2時30分といたします。


 先ほど選任されました広報広聴調査特別委員会の委員の皆様に申し上げます。


 休憩中に、広報広聴調査特別委員会において、正副委員長の互選をお願いいたしたいと思いますので、委員各位には、第1委員会室にご参集願います。


 以上です。


             休憩 午後 2時02分


            …………………………………


             再開 午後 2時47分


○議長(植野喬雄)  ただいまから、会議を再開いたします。


 休憩前に引き続き、議事を進めます。


 ご報告申し上げます。


 休憩中に行われました広報広聴調査特別委員会において、正副委員長の互選があり、委員会からその結果報告がありましたので、議長から報告いたします。


 広報広聴調査特別委員会委員長に坊下正修君、同じく副委員長に田村伊久男君。


 以上のとおりであります。


 議案を配りますので、5分間、休憩をいたします。


           ◎日程第8.同意第3号 淡路市監査委員の選任同意に関する件


○議長(植野喬雄)  次は、日程第8、同意第3号 淡路市監査委員の選任同意に関する件を議題といたします。


 これより、上程議案に対する市長の説明を求めます。


 市長、門 康彦君。


○市長(門 康彦) (登壇)  それでは、同意議案の同意第3号の提出議案の説明を申し上げます。


 同意第3号の淡路市監査委員の選任につき同意を求める件につきまして、提案説明を申し上げます。


 議会議員選出委員の植野喬雄議員が、本年8月8日をもって辞職されましたため、議会議員選出の監査委員の後任を選出する必要が生じましたので、議長に推薦をお願いしましたところ、本日、蓮池久志議員のご推薦をいただきました。


 よって、ここに同意議案として提出するものであります。


 以上をもちまして、提出議案の説明を終わります。


 議員の皆様には、よろしくご審議の上、適切なご議決をいただきますようお願いします。


○議長(植野喬雄)  市長の提案説明は終わりました。


 この際、お諮りいたします。


 ただいま上程中の議案につきましては、同意人事に関する案件でありますので、議事の順序を省略し、直ちに表決に入りたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(植野喬雄)  ご異議なしと認めます。


 よって、直ちに表決に入ります。


 お諮りいたします。


 本案は、原案に同意することに決して、ご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(植野喬雄)  ご異議なしと認めます。


 よって、本案は、原案に同意することに決しました。


           ◎日程第9.淡路市農業委員会の選任による委員の推薦の件


○議長(植野喬雄)  次は、日程第9、農業委員会の選任による委員推薦に関する件を議題といたします。


 お諮りいたします。


 議会推薦の農業委員は4人とし、竹中史雄君、正井正一君、土井晴夫君、田尾 成君。


 以上の方を推薦したいと思います。


 これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(植野喬雄)  ご異議なしと認めます。


 よって、さように決しました。


           ◎日程第10.議員派遣の件


○議長(植野喬雄)  次いで、日程第10、議員派遣の件を議題といたします。


 お諮りいたします。


 地方自治法第100条及び会議規則第160条の規定に基づき、お手元に配付のとおり、議員を派遣することにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(植野喬雄)  ご異議なしと認めます。


 よって、お手元に配付のとおり議員を派遣することに決しました。


 以上で本日の日程は終わりました。


 お諮りいたします。


 今期臨時会に付議された案件はすべて議了いたしましたので、閉会いたしたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(植野喬雄)  ご異議なしと認めます。


 よって、第13回淡路市議会臨時会はこれをもって閉会いたします。


 閉会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。


 本日は、議会運営委員会及び常任委員会等の議会役員の選任、同意人事など重要案件を滞りなく議了することができました。市政のため、まことにご同慶にたえません。


 ここに、謹んで議員各位のご精励とご協力に対しまして、衷心より敬意と感謝を表する次第であります。


 また、門 市長をはじめ当局の皆様におかれましては、現下の極めて厳しい財政状況の中にあって、健全財政の構築を目指し、市民の安全・安心の確保、未来への夢と希望が持てる施策の推進など、将来における美しい淡路市の実現に向けご尽力賜りますようお願い申し上げます。


 まだまだ暑さ厳しい折から、議員各位並びに門 市長はじめ当局の皆様には、何とぞご自愛のうえ市政発展のため一層のご活躍、ご尽力を賜りますようお願い申し上げ、簡単ではございますが閉会のごあいさつといたします。


 ありがとうございました。


 続きまして、門 市長からあいさつがございます。


 門 市長。


○市長(門 康彦) (登壇)  第13回淡路市議会の閉会に当たり、一言ごあいさつを申し上げます。


 今期臨時会は、本日1日でしたが、提案いたしました淡路市監査委員の選任同意案件をはじめ当面する重要案件につきまして、終始極めて熱心にご審議をいただき、ここに全議案を滞りなく議了していただき、市政進展のためまことにご同慶に耐えない次第であります。


 本日、議員各位から賜りましたご意見、ご要望のありました点につきましては、十分これを尊重し、検討いたしまして、市政運営に遺憾なきを期してまいる所存であります。


 さて、今回の役員選挙におきまして、正副議長並びに正副委員長に就任された方々には、まことにおめでとうございます。心からお祝いを申し上げます。混迷の度を深める国政、都市と田舎の二極化など、このような中にあって、日々刻々と変化する情報を的確に処理しながら、市民福祉の向上につなげてまいります。


 議員各位には、残暑なお厳しき折から十分にご自愛くださいまして、淡路市発展のため、ご支援・ご協力あらんことを念願し、また、報道機関のご協力にも感謝を申し上げまして、閉会に当たりましてのごあいさつといたします。


 ここで、ご提案がございます。


 議員各位のご賛同が得られましたら、この本会議場で、真木翔也君への弔意をあらわしたいと思いますが、いかがでしょうか。もし、ご異議がなければ、黙祷をお願いしたいと思います。


               (全員起立、黙祷)


○市長(門 康彦)  ありがとうございました。


○議長(植野喬雄)  皆様、大変ご苦労さまでございました。





             閉 会 午後 2時59分