議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 淡路市

平成18年第8回臨時会(第1日 8月 9日)




平成18年第8回臨時会(第1日 8月 9日)





           第8回淡路市議会臨時会会議録(第1号)





平成18年8月9日(水曜日)





  平成18年8月9日


午前10時開会





 
第 1.会議録署名議員の指名


第 2.会期の決定


第 3.諸般の報告


第 4.選任第 1号 議会運営委員会の委員の選任


第 5.選任第 2号 広報広聴調査特別委員会委員の補充選任


第 6.推薦第 1号 淡路市農業委員会の委員の推薦の件


第 7.同意第 2号 淡路市監査委員の選任に付き同意を求める件





1.会議に付した事件


日程第 1.会議録署名議員の指名


日程第 2.会期の決定


日程第 3.諸般の報告


日程追加  議長辞職の件


日程追加  議長の選挙


日程追加  副議長辞職の件


日程追加  副議長の選挙


日程追加  議長の常任委員会委員の辞任


日程追加  常任委員会委員の補充選任


日程第 4.選任第1号 議会運営委員会の委員の選任


日程第 5.選任第2号 広報広聴調査特別委員会委員の補充選任


日程第 6.推薦第1号 淡路市農業委員会の委員の推薦の件


日程第 7.同意第2号 淡路市監査委員の選任に付き同意を求める件





1.会議に出席した議員(28名)


   1番 戸 田 雄 士        2番 土 井 晴 夫


   3番 奥 野 幸 男        4番 新 阜 長 富


   5番 岬   光 彦        6番 地 主 雅 次


   7番 新 谷 福 松        8番 五 条 正 仁


   9番 田 村 伊久男       10番 松 岡   昇


  11番 西 谷 好 民       12番 田 尾   成


  13番 籾 谷   宏       14番 中 谷 秀 子


  15番 鎌 塚 俊 子       16番 谷   裕 子


  17番 蓮 池 久 志       18番 出 雲 容 子


  19番 正 井 正 一       20番 籔 渕 功 一


  21番 植 野 喬 雄       22番 富 田   豊


  23番 黒 地 祥 夫       24番 池 本 道 治


  25番 坊 下 正 修       26番 竹 中 史 雄


  27番 岡 田 勝 一       28番 松 本 英 志





1.会議に欠席した議員(なし)





1.会議を早退した議員(なし)





1.会議に出席した事務局員の職氏名


   局長        山 本 善 春


   参事兼調査係長   加 地 研 一


   課長補佐兼議事係長 竹 澤 秀 美


   総務係長      城 越 孝 輔





1.会議に出席した説明員の職氏名


   市長        門   康 彦


   助役        冨 岡 篤太郎


   収入役       広 岡 卓 樹


   理事        北 村 昭 二


   総務部長      栗 山   守


   行政改革推進部長  大 木 章 男


   企画部長      瀧 谷 勝 三


   市民生活部長    植 野 芳 昭


   健康福祉部長    速 谷 仁 義


   産業振興部長    森   定 男


   都市整備部長    新 居 茂 夫


   下水道部長     向野下 正 広


   水道事業部長    浜 野 展 好


   津名総合事務所長  山 崎 高 志


   岩屋総合事務所長  宮 本   肇


   北淡総合事務所長  長 浜 泰 之


   一宮総合事務所長  大 月 典 運


   東浦総合事務所長  清 水 良 司


   総務部財政課長   黒 地 禎 三


   教育長       内 海   孝


   教育次長      池 本 正 義








              開 会 午前10時00分


             ……………………………………


                 開会あいさつ


○議長(松本英志)  皆さん、おはようございます。


 開会に先立ちまして、一言ごあいさつを申し上げます。


 暑さことのほか厳しい折、議員各位並びに門市長始め幹部職員の皆様には、ご健勝にてご参集を賜り、本日、ここに第8回淡路市議会臨時会を開会できますことは、市政のため、まことにご同慶にたえません。


 本日、招集されました臨時議会に提案されます案件は、監査委員の選任等重要な案件でございます。


 また、この臨時会において、議会運営委員会の委員の改選なども予定されているところでございます。


 議員各位には、何とぞ格別のご精励を賜りまして、慎重にご審議の上、適切妥当な結論が得られますようお願い申し上げまして、簡単でございますが、開会のあいさつとさせていただきます。


 開会に先立ち、門市長よりあいさつがございます。


 はい、門市長。


○市長(門 康彦) (登壇)  第8回淡路市議会の開会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。


 8月臨時会を招集いたしましたところ、議員各位には、定刻にご参集を賜り、ここに開会の運びになりましたこと、衷心より厚く御礼を申し上げます。


 さて、近年、社会情勢は大きく変化し、少子高齢化の進展や地方分権への対応、景気の低迷、地球規模の環境問題、価値観の多様化など、地方自治体を取り巻く環境は目まぐるしい変遷を見せ、かつてないほどの変化の波が押し寄せております。


 このような状況下において、行財政基盤の強化を図り、多様化する行政ニーズに対応し得る自治体を実現するため、関係各位の英知と郷土愛の結集により乗り越えなければならないと考えております。しかし、合併は単なる行政のスリム化だけであってはなりません。新市全域がひとしく行政サービスを享受できるような体制を構築する必要もあります。


 今、地方自治体は、本格的な地方分権時代を迎えました。国も地方も厳しい財政状況下にあり、地域のことは地域で、民間でできるものは民間へという流れの中で、行財政改革を最優先課題として、市民と行政による協働のまちづくりを推進いたします。


 また、合併は、改革を実行する絶好のチャンスでもありますが、過渡期という混乱期にあって、他団体等にも見られる不祥事も、これまでの行政執行の結果責任として、財政破綻等にも他山の石として留意しなければなりません。市民の目線に立った身近で分かりやすい市政に変えていくため、市職員の意識も改革し、市民の声を謙虚に聞きながら、公平、公正な行政運営を行う所存であります。


 本市は、豊かな自然環境とさまざまな観光資源を有しており、これらの個性や地域の持つ魅力を生かし、合併の効果を上げながら、市民の意見を反映した住みよく明るいまちづくりを目標に全力を傾注してまいります。


 どうか今後とも市政運営につきましては、議員各位の一層のご指導、ご鞭撻とご協力を賜りますよう心からお願いを申し上げまして、開会のごあいさつといたします。


○議長(松本英志)  市長のあいさつは終わりました。


 それでは、ただいまから、平成18年第8回淡路市議会臨時会を開会いたします。


 これより、本日の会議を開きます。


 本日の議事日程及び地方自治法第121条の規定に基づき、説明のため、今期臨時会に出席を求めました者の職氏名は、お手元に配付しておりますとおりであります。これによりご了承願います。


 以上で報告は終わりました。


 これより、日程に入ります。


           ◎日程第1.会議録署名議員の指名


○議長(松本英志)  日程第1、会議録署名議員の指名であります。


 会議録署名議員は、会議規則第82条の規定によって、議長より指名いたします。


 13番、籾谷 宏君、14番、中谷秀子君、以上2名の方にお願いいたします。


           ◎日程第2.会期の決定


○議長(松本英志)  次は、日程第2、会期の決定であります。


 お諮りいたします。


 今期臨時会の会期は、本日1日といたしたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(松本英志)  異議なしと認めます。


           ◎日程第3.諸般の報告


○議長(松本英志)  続いて、日程第3、諸般の報告であります。


 本日、市長から提出されます案件は、お手元に配付いたしておきましたから、ご了承願います。


 次いで、監査委員から、地方自治法第235条の2第3項の規定により、一般会計及び特別会計等の平成18年5月から平成18年6月分び水道事業会計の平成18年5月から平成18年6月分の出納検査結果報告書がそれぞれ提出されました。


 また、地方自治法第180条の規定に基づく委任専決処分をしたものについて報告書が提出されました。


 以上、いずれもお手元に配付いたしておきましたから、ご了承願います。


 以上で報告は終わりました。


 ここで、暫時休憩いたします。再開は10時10分といたします。


             休憩 午前10時06分


            …………………………………


             再開 午前10時17分


○副議長(池本道治)  それでは、休憩に引き続き会議を再開いたします。


 議事の都合により、議長席に着かせていただきます。


 ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。


 休憩前に引き続き、ただいまから会議を再開いたします。


 この際、ご報告申し上げます。


 ただいま、松本英志議員から、本日付をもって、都合により議長の職を辞任いたしたい旨、辞職願が提出されました。


 お諮りいたします。


 議長辞職の件を本日の日程に追加し、直ちに議題といたしたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○副議長(池本道治)  異議なしと認めます。


 よって、さように決します。


              ◎追加日程 議長辞職の件


○副議長(池本道治)  続いて、お諮りいたします。


 地方自治法第108条の規定に基づき、松本英志議員の議長辞職を許可することにご異議ございませんか


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○副議長(池本道治)  異議なしと認めます。


 よって、松本英志議員の議長辞職を許可することに決しました。


 ここで、暫時休憩いたします。再開は午前10時20分といたします。


 議員各位に申し上げます。


 直ちに議員控え室にご集合いただきますよう、ご協力お願いいたします。


             休憩 午前10時17分


            …………………………………


             再開 午前10時20分


○副議長(池本道治)  休憩前に引き続き、ただいまから会議を再開いたします。


 お諮りいたします。


 松本英志議員の議長辞職に伴い、欠員となりました議長の選挙を本日の日程に追加し、議題にしたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○副議長(池本道治)  ご異議なしと認めます。


 よって、議長の選挙を本日の日程に追加し、直ちに選挙を行います。


             ◎追加日程 議長の選挙


○副議長(池本道治)  議場の出入り口を閉めます。


                 (議場閉鎖)


○副議長(池本道治)  ただいまの出席議員数は、28人であります。


 次に、立会人を指名いたします。


 会議規則第31条第2項の規定によって、立会人として、坊下正修君及び黒地祥夫君、以上2名を指名いたします。


 これより、投票用紙を配付いたします。


                (投票用紙配付)


○副議長(池本道治)  投票用紙の配付漏れはありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○副議長(池本道治)  配付漏れなしと認めます。


 投票箱を改めさせます。


                (投票箱点検)


○副議長(池本道治)  異状なしと認めます。


 この際、念のために申し上げます。


 投票は、単記無記名であります。


 投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票願います。


 これより、事務局長に点呼を命じます。


             (事務局長点呼、議員投票)


○副議長(池本道治)  投票漏れはありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○副議長(池本道治)  投票漏れなしと認めます。


 よって、投票を終了いたします。


 続いて、開票を行います。


 立会人、坊下正修君及び黒地祥夫君におかれましては、開票の立ち会いをお願いします。


                 (開 票)


○副議長(池本道治)  これより、選挙の結果を報告いたします。


 投票総数28票。うち、有効投票27票、無効投票1票。


 有効投票のうち、岡田勝一君27票。


 以上のとおりであります。


 この選挙の法定得票数は、7票であります。


 よって、岡田勝一議員が議長に当選されました。


 議場の閉鎖を解きます。


                 (議場解鎖)


○副議長(池本道治)  ただいま議長に当選されました岡田勝一議員が議場におられますので、本席より、会議規則第32条第2項の規定により、当選の告知をいたします。


 当選人の発言を求めます。


 岡田勝一議員。


○27番(岡田勝一) (登壇)  一言ごあいさつを申し上げます。


 このたび、図らずも議員皆様方の温かいご推挙によりまして、議長の要職を1年間おあずかりをすることになりました。


 十人十色の集団によって支えられておりますこういう組織でありますけども、その中で、28の中で生かされている私も一人であります。そして、私にとりましては、身に余る光栄でございます。深く感謝を申し上げる次第でございます。


 議会議員として、私以上の経験者もいる中、また、浅学非才であり、その器でないことはよく承知をいたしているものでありますが、議員皆様方のご推挙により27票という票で選ばれた議長でもございますし、前議長の残されました功績を汚さないように、さらにより立派な市政をつくり上げていくために、ここで皆様方の支えやご協力を得ながら全力を挙げて努力したいと考えております。


 もちろん、未熟でありますから、皆様方にはご迷惑をかけることが多々あろうかと存じますけども、いわゆる執行権を持つ執行部と、議決権限を持つ議会側とのそれぞれの権限を尊重しあい、ますます協力をして市民の負託にこたえる淡路市政を作りあげていきたいものと考えております。


 なお、議会の運営につきましては、議会運営委員会、会派代表者会議等のご意見を十分にくみ上げながら、不偏不党、公正無私の立場を堅持いたしますことを、ここにお誓いを申し上げる次第でございます。


 何とぞ温かいご支援を心からお願いを申し上げ、就任のあいさつといたします。


 よろしくお願いをいたします。


○副議長(池本道治)  議長のあいさつは終わりました。


 これをもって、直ちに議長席を交代いたします。


 ご協力、どうもありがとうございました。


                (議長席を交代)


○議長(岡田勝一)  それでは、議長を務めさせていただきます。


 ここで、暫時休憩をいたします。再開は午前10時45分といたします。


             休憩 午前10時36分


            …………………………………


             再開 午前10時45分


○議長(岡田勝一)  休憩前に引き続き、ただいまから会議を開きます。


 この際、ご報告を申し上げます。


 ただいま、池本道治議員から、本日付をもって、都合により副議長の職を辞任したい旨、辞職願が提出されました。


 お諮りをいたします。


 副議長辞職の件を本日の日程に追加し、直ちに議題といたしたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岡田勝一)  異議なしと認めます。


 よって、さよう決します。


             ◎追加日程 副議長辞職の件


○議長(岡田勝一)  続いて、お諮りをいたします。


 地方自治法第108条の規定に基づき、池本道治議員の副議長辞職を許可することにご異議ございませんか


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岡田勝一)  異議なしと認めます。


 よって、池本道治議員の副議長辞職を許可することに決しました。


 ここで、暫時休憩をいたします。再開は午前10時55分といたします。


 直ちに議員控え室にご集合いただきますよう、ご協力をお願いいたします。


             休憩 午前10時46分


            …………………………………


             再開 午前10時55分


○議長(岡田勝一)  休憩前に引き続き、ただいまから会議を再開いたします。


 この際、お諮りをいたします。


 池本道治議員の副議長辞職に伴い、欠員となりました副議長の選挙を本日の日程に追加し、直ちに議題にしたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岡田勝一)  異議なしと認めます。


 よって、副議長の選挙を本日の日程に追加し、直ちに選挙を行います。


             ◎追加日程 副議長の選挙


○議長(岡田勝一)  議場の出入り口を閉めます。


                 (議場閉鎖)


○議長(岡田勝一)  ただいまの出席議員数は、28名であります。


 次に、立会人を指名いたします。


 会議規則第31条第2項の規定による立会人の指名につきましては、先刻の議長選挙に立ち会われました坊下正修君及び黒地祥夫君の、2名の議員に重ねてお願いをいたします。


 それでは、これより、投票用紙を配付いたします。


                (投票用紙配付)


○議長(岡田勝一)  投票用紙の配付漏れはありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岡田勝一)  配付漏れないものと認めます。


 投票箱を改めさせます。


                (投票箱点検)


○議長(岡田勝一)  異状なしと認めます。


 念のため申し上げます。


 投票は、単記無記名であります。


 投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票願います。


 これより、事務局長に点呼を命じます。


             (事務局長点呼、議員投票)


○議長(岡田勝一)  投票漏れはありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岡田勝一)  投票漏れなしと認めます。


 よって、投票を終了いたします。


 続いて、開票を行います。


 立会人、坊下正修君及び黒地祥夫君におきましては、引き続き開票の立ち会いをよろしくお願いをいたします。


                 (開 票)


○議長(岡田勝一)  これより、選挙の結果を報告いたします。


 投票総数28票。うち、有効投票21票、無効投票7票。


 有効投票のうち、籔渕議員16票、谷議員5票。


 以上のとおりであります。


 この選挙の法定得票数は、6票であります。


 よって、籔渕議員が副議長に当選されました。


 議場の閉鎖を解きます。


                 (議場開鎖)


○議長(岡田勝一)  ただいま議長に当選されました籔渕功一議員が議場におられますので、本席より、会議規則第32条第2項の規定により、当選の告知をいたします。


 当選人の発言を求めます。


○20番(籔渕功一) (登壇)  副議長就任に当たり一言ごあいさつ申し上げます。


 ただいま、議員各位のご推挙により副議長に選ばれたことは、この上になく光栄に存じておりますと同時に、責任の重大さを痛感しております。


 浅学非才な私ですが、副議長の要職を十分果たすことができるかどうか、一抹の心配もしております。議員各位のご指導をよろしくお願いいたします。


 幸い、議長に就任された岡田氏は、人格、見識ともに卓越した方でございます。議長のご指導とご助言をいただきながら重責を果たしてまいりたいと思いますので、議員各位のご指導のほどをよろしくお願い申し上げまして、簡単ですが、副議長就任のごあいさつといたします。よろしくお願いいたします。


○議長(岡田勝一)  副議長のあいさつは終わりました。


 ここで、暫時休憩いたします。再開は、午前11時15分といたします。


             休憩 午前11時09分


            …………………………………


             再開 午前11時17分


○副議長(籔渕功一)  それでは、休憩中の会議を続けます。


 議事の都合により、議長席に着かせていただきます。


 ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。


 休憩前に引き続き、ただいまから会議を開きます。


 この際、ご報告申し上げます。


 ただいま、議長岡田勝一君から、議長は、議会の公正な運営に当たる立場にあるため、総務文教常任委員会の委員を辞任したいという旨の申し出がありました。


 お諮りいたします。


 議長岡田勝一君の総務文教常任委員会委員の辞任の件を本日の日程に追加し、直ちに議題とすることに異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○副議長(籔渕功一)  異議なしと認めます。


 よって、さように決します。


          ◎追加日程 議長の常任委員会委員の辞任


○副議長(籔渕功一)  それでは、お諮りいたします。


 本件は申し出のとおり、許可することにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○副議長(籔渕功一)  異議なしと認めます。


 よって、本件はさように決しました。


 ここで、暫時休憩いたします。再開は、午前11時25分といたします。


             休憩 午前11時19分


            …………………………………


             再開 午前11時25分


○議長(岡田勝一)  休憩前に引き続き、会議を開きます。


 次に、先ほど欠員が生じました総務文教常任委員会委員の補充選任の件であります。


 お諮りをいたします。


 総務文教常任委員会委員の補充選任の件を本日の日程に追加し、直ちに議題とすることにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岡田勝一)  異議なしと認めます。


 よって、さように決します。


          ◎追加日程 常任委員会委員の補充選任


○議長(岡田勝一)  お諮りいたします。


 総務文教常任委員会委員の補充選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、松本英志君を総務文教常任委員会委員に指名いたしたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岡田勝一)  異議なしと認めます。


 よって、本件はさよう決しました。


 ここで、暫時休憩をいたします。再開は、午後1時ちょうどといたします。


 議員各位に申し上げます。


 この休憩中に、各常任委員会において、正副委員長の互選をお願いをいたします。


 総務文教委員は第1委員会室に、民生委員は第2委員会室に、産業建設委員は第3委員会室に、それぞれご参集をいただきますようお願いをいたします。


 以上です。


             休憩 午前11時28分


            …………………………………


             再開 午後 1時00分


○議長(岡田勝一)  それでは、休憩前に引き続き、ただいまから会議を開きます。


 ご報告申し上げます。


 休憩中に行われました各常任委員会における正副委員長の互選の結果について、それぞれ委員会から報告がありましたので、議長から報告をいたします。


 総務文教常任委員会委員長に西谷好民君、同じく副委員長に土井晴夫君。


 民生常任委員会委員長に田尾 成君、同じく副委員長に新谷福松君。


 産業建設常任委員会委員長に奥野幸男君、同じく副委員長に五条正仁君。


 以上のとおりであります。


       ◎日程第4.選任第1号 議会運営委員会の委員の選任


○議長(岡田勝一)  次に、日程第4、選任第1号 議会運営委員会の委員の選任であります。


 委員定数は10名となっておりますが、都合により2名を欠員といたしたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岡田勝一)  異議なしと認めます。


 よって、さように決しました。


 議会運営委員の選任につきましては、委員会条例第8条第1項の規定により、議長から指名いたします。


 議会運営委員会委員として、籔渕功一君、西谷好民君、田尾 成君、奥野幸男君、池本道治君、戸田雄士君、黒地祥夫君、鎌塚俊子君。


 以上の方々であります。


 お諮りをいたします。


 ただいま指名のとおり、議会運営委員会の委員に選任することに決して、ご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岡田勝一)  異議なしと認めます。


 よって、議会運営委員会の委員は、議長指名のとおり選任されました。


 ここで、暫時休憩をいたします。


 再開は、午後1時20分といたします。


 先ほど選任されました議会運営委員会の委員の皆様に申し上げます。


 休憩中に、議会運営委員会において、正副委員長の互選をお願いしたいと思います。


 第1委員会室にご参集をお願いをいたします。


             休憩 午後 1時01分


            …………………………………


             再開 午後 1時30分


○議長(岡田勝一)  それでは、ただいまから会議を再開いたします。


 予定時間を大幅に過ぎましたことを、まずおわびをいたします。


 なかなか、今後1年間の議会運営もスムーズにいけるようにという願いをもって会議を進めたわけなんですけど、長時間の協議でこのように皆さんにご迷惑をおかけいたしました。今後、できるだけスムーズにいけるように、皆で力を合わせて運営していきたいと、このように思います。よろしくお願いいたします。


 休憩前に引き続き議事を進めます。


 ご報告申し上げます。


 休憩中に行われました議会運営委員会において、正副委員長の互選があり、委員会からその結果報告がありましたので、議長から報告をいたします。


 議会運営委員会委員長に池本道治議員、同じく副委員長に鎌塚俊子議員。


 以上のとおりであります。


    ◎日程第5.選任第2号 広報広聴調査特別委員会委員の補充選任


○議長(岡田勝一)  続いて、日程第5、選任第2号 広報広聴調査特別委員会委員の補充選任の件を議題といたします。


 この際、ご報告を申し上げます。


 広報広聴調査特別委員会委員であります池本道治議員、田村伊久男委員、田尾 成委員、籔渕功一委員、黒地祥夫委員、土井晴夫委員、戸田雄士委員から、広報広聴調査特別委員会委員を辞職したい旨、願い出がありました。


 よって、委員会条例第14条の規定により、議長において許可いたしましたので、ご了承をお願いいたします。


 これより、欠員となりました広報広聴調査特別委員会委員7名の補充選任を行います。


 委員会条例第8条の規定により、議長から籔渕功一議員、土井晴夫議員、新谷福松議員、五条正仁議員、新阜長富議員、鎌塚俊子議員、岬 光彦議員。


 以上を指名いたします。


 お諮りいたします。


 ただいま議長から指名いたしました7名の議員を、広報広聴調査特別委員会の委員に選任することに決して、ご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岡田勝一)  異議なしと認めます。


 よって、さよう決しました。


 ここで、暫時休憩をいたします。再開を1時45分といたします。


 先ほど選任されました広報広聴調査特別委員会委員の皆様に申し上げます。


 休憩中に、広報広聴調査特別委員会において、正副委員長の互選をお願いいたします。


 第1委員会室にご参集をお願いいたします。


 以上です。


             休憩 午後 1時32分


            …………………………………


             再開 午後 1時43分


○議長(岡田勝一)  ただいまから、会議を再開いたします。


 休憩前に引き続き議事を進めます。


 ご報告申し上げます。


 休憩中に行われました広報広聴調査特別委員会において、正副委員長の互選があり、委員会からその結果報告がありましたので、議長から報告をいたします。


 広報広聴調査特別委員会委員長に籔渕功一君、同じく副委員長に土井晴夫君。


 以上のとおりであります。


 ここで、暫時休憩をいたします。再開は、午後2時30分といたします。


 議員各位には、控え室にご参集をお願いいたします。


 農業委員の4名と、監査委員の1名についての協議を行いたいと思ってます。よろしくお願いいたします。


             休憩 午後 1時44分


            …………………………………


             再開 午後 2時30分


○議長(岡田勝一)  ただいまから、会議を再開いたします。


 休憩前に引き続き議事を進めます。


     ◎日程第6.推薦第1号 淡路市農業委員会の委員の推薦の件


○議長(岡田勝一)  日程第6、推薦第1号 淡路市農業委員会の委員の推薦の件を議題といたします。


 お諮りします。


 議会推薦の農業委員は4名とし、松岡 昇君、五条正仁君、籾谷 宏君、新阜長富君。


 以上の方を推薦したいと思います。


 これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岡田勝一)  ご異議なしと認めます。


 よって、さよう決しました。


   ◎日程第7.同意第2号 淡路市監査委員の選任につき同意を求める件


○議長(岡田勝一)  次は、日程第7、同意第2号 淡路市監査委員の選任につき同意を求める件を議題といたします。


 市長の提案説明を求めます。


 市長、門 康彦君。


○市長(門 康彦) (登壇)  それでは、同意第2号の淡路市監査委員の選任につき同意を求める件につきまして、提案説明を申し上げます。


 議会議員選出に係ります委員の植野喬雄議員が、本年8月8日をもって辞職されましたため、議会議員選出に係ります監査委員の後任を選任する必要が生じましたので、市議会議長に推薦をお願いしましたところ、本日、再度植野喬雄議員のご推薦をいただきました。


 よって、ここに同意議案として提出するものであります。


 議員の皆様には、よろしくご審議の上適切なご議決をいただきますようお願いします。


○議長(岡田勝一)  市長の提案説明は終わりました。


 この際、お諮りをいたします。


 ただいま上程中の議案につきましては、同意人事に関する案件でありますので、議事の順序を省略し、直ちに表決に入りたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岡田勝一)  ご異議なしと認めます。


 よって、直ちに表決に入ります。


 お諮りいたします。


 本件は、原案のとおり同意することに決して、ご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岡田勝一)  ご異議なしと認めます。


 よって、本件は、原案のとおり同意することに決定いたしました。


 議員各位に申し上げます。


 ただいま監査委員に選任同意されました議員等が議場に戻られるまでの間、このままでしならくお待ちをいただきますようお願いをいたします。


  (植野喬雄議員、松岡昇議員、五条正仁議員、籾谷宏議員、新阜長富議員入場)


○議長(岡田勝一)  以上で本日の日程は終わりました。


 お諮りいたします。


 今期臨時会に付議されました案件は全て議了いたしましたので、閉会いたしたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(岡田勝一)  ご異議なしと認めます。


 よって、第8回淡路市議会臨時会はこれをもって閉会いたします。


 閉会に当たり一言ごあいさつを申し上げます。


 本日は、農業委員の推薦、監査委員の選任同意を始め議会運営委員会並びに広報広聴調査特別委員会等の議会役員の選任などのために招集されました臨時議会でありましたが、議員各位には極めて熱心にご審議を賜り、いずれも適切妥当な結果を見まして閉会することができました。ここに謹んで議員各位のご精励とご協力に対し、衷心より敬意と謝辞を表する次第であります。


 まだまだ暑さ厳しい折から、議員各位並びに門市長始め当局の皆様には、何とぞご自愛の上市政発展のため一層のご活躍、ご尽力を賜りますようお願いを申し上げ、簡単ではございますが閉会のごあいさつといたします。


 ありがとうございました。


 続きまして、門市長からごあいさつがございます。


 市長。


○市長(門 康彦) (登壇)  第8回淡路市議会の閉会に当たり、一言ごあいさつを申し上げます。


 今期臨時会は、本日1日間でしたが、提案いたしておりました淡路市監査委員の選任につき同意を求める件を始め当面する重要案件につきまして、終始極めて熱心にご審議をいただき、本日、ここに全議案を滞りなく議了していただき、市政進展のためまことにご同慶に耐えない次第であります。


 会期中、議員各位から賜りましたご意見、ご要望のありました点につきましては、十分これを尊重し、検討いたしまして、市政の運営に遺憾なきを期してまいる所存であります。


 さて、今回の役員選挙におきまして、正副議長並びに正副委員長に就任された方々には、まことにおめでとうございます。心からお祝いを申し上げます。これからも情報の共有と相互連携をキーワードとして、説明責任を果たしながら行政サービスに努めてまいります。


 議員各位には、残暑の厳しい折から健康には十分ご自愛くださいまして、淡路市勢発展のため、ご支援、ご協力あらんことを心から念願し、また、報道機関のご協力にも感謝を申し上げまして、閉会に当たりましてのごあいさつといたします。


 どうもありがとうございました。


○議長(岡田勝一)  以上をもちまして終了いたします。


 皆様、大変ご苦労さまでございました。


 議員の皆さん方には、全員控え室に参集を願いたいと思います。総合計画委員の選任を進めていきたいと、このように思っております。よろしくお願いをいたします。





             閉 会 午後 2時36分