議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 淡路市

平成17年第4回定例会(第1日 9月 7日)




平成17年第4回定例会(第1日 9月 7日)





           第4回淡路市議会定例会会議録(第1号)





平成17年9月7日(水曜日)





  平成17年9月7日


午前10時開会





 
第 1.会議録署名議員の指名


第 2.会期の決定


第 3.諸般の報告


第 4.議案第34号 淡路市名誉市民に関する条例制定の件


第 5.議案第35号 淡路市表彰条例制定の件


第 6.議案第36号 淡路市治山事業分担金徴収条例制定の件


第 7.議案第37号 淡路市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例制定の件


第 8.議案第38号 淡路市税条例の一部を改正する条例制定の件


第 9.議案第39号 淡路市手数料条例の一部を改正する条例制定の件


第10.議案第40号 淡路市漁港管理条例の一部を改正する条例制定の件


第11.議案第41号 淡路市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例制定の


           件


第12.議案第42号 兵庫県市町村職員退職手当組合規約の一部を改正する規約制定の


           件


第13.議案第43号 兵庫県町議会議員公務災害補償組合規約の一部を改正する規約制


           定の件


第14.議案第44号 兵庫県市町交通災害共済組合規約の一部を改正する規約制定の件


第15.議案第45号 淡路土地開発公社の定款の変更の件


第16.議案第46号 淡路市過疎地域自立促進計画の策定の件


第17.議案第47号 興隆寺地区における公共的施設の総合整備計画の策定の件


第18.議案第48号 長澤地区における公共的施設の総合整備計画の策定の件


第19.議案第49号 平成17年度淡路市一般会計補正予算(第2号)の議定の件


第20.議案第50号 平成17年度淡路市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)の


           議定の件


第21.議案第51号 平成17年度淡路市老人保健特別会計補正予算(第1号)の議定


           の件


第22.議案第52号 平成17年度淡路市介護保険特別会計補正予算(第1号)の議定


           の件


第23.議案第53号 平成17年度淡路市養護老人ホーム特別会計補正予算(第1号)


           の議定の件


第24.議案第54号 平成17年度淡路市福祉の里特別会計補正予算(第1号)の議定


           の件


第25.議案第55号 平成17年度淡路市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)の


           議定の件


第26.議案第56号 平成17年度淡路市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号


           )の議定の件


第27.議案第57号 平成17年度淡路市東浦サンパーク事業特別会計補正予算(第1


           号)の議定の件


第28.議案第58号 平成17年度淡路市津名港ターミナル事業特別会計補正予算(第


           1号)の議定の件


第29.議案第59号 平成17年度淡路市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)


           の議定の件


第30.議案第60号 平成17年度淡路市水道事業会計補正予算(第2号)の議定の件


第31.認定第 1号 平成16年度津名町水道事業会計決算認定の件


第32.認定第 2号 平成16年度淡路町水道事業会計決算認定の件


第33.認定第 3号 平成16年度北淡町水道事業会計決算認定の件


第34.認定第 4号 平成16年度一宮町水道事業会計決算認定の件


第35.認定第 5号 平成16年度東浦町水道事業会計決算認定の件


第36.諮問第 1号 人権擁護委員候補者の推薦に関する件


第37.諮問第 2号 人権擁護委員候補者の推薦に関する件


第38.諮問第 3号 人権擁護委員候補者の推薦に関する件


第39.請願





1.会議に付した事件


日程第 1.会議録署名議員の指名


日程第 2.会期の決定


日程第 3.諸般の報告


日程第 4.議案第34号 淡路市名誉市民に関する条例制定の件


日程第 5.議案第35号 淡路市表彰条例制定の件


日程第 6.議案第36号 淡路市治山事業分担金徴収条例制定の件


日程第 7.議案第37号 淡路市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例制定の


             件


日程第 8.議案第38号 淡路市税条例の一部を改正する条例制定の件


日程第 9.議案第39号 淡路市手数料条例の一部を改正する条例制定の件


日程第10.議案第40号 淡路市漁港管理条例の一部を改正する条例制定の件


日程第11.議案第41号 淡路市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例制


             定の件


日程第12.議案第42号 兵庫県市町村職員退職手当組合規約の一部を改正する規約制


             定の件


日程第13.議案第43号 兵庫県町議会議員公務災害補償組合規約の一部を改正する規


             約制定の件


日程第14.議案第44号 兵庫県市町交通災害共済組合規約の一部を改正する規約制定


             の件


日程第15.議案第45号 淡路土地開発公社の定款の変更の件


日程第16.議案第46号 淡路市過疎地域自立促進計画の策定の件


日程第17.議案第47号 興隆寺地区における公共的施設の総合整備計画の策定の件


日程第18.議案第48号 長澤地区における公共的施設の総合整備計画の策定の件


日程第19.議案第49号 平成17年度淡路市一般会計補正予算(第2号)の議定の件


日程第20.議案第50号 平成17年度淡路市国民健康保険特別会計補正予算(第1号


             )の議定の件


日程第21.議案第51号 平成17年度淡路市老人保健特別会計補正予算(第1号)の


             議定の件


日程第22.議案第52号 平成17年度淡路市介護保険特別会計補正予算(第1号)の


             議定の件


日程第23.議案第53号 平成17年度淡路市養護老人ホーム特別会計補正予算(第1


             号)の議定の件


日程第24.議案第54号 平成17年度淡路市福祉の里特別会計補正予算(第1号)の


             議定の件


日程第25.議案第55号 平成17年度淡路市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号


             )の議定の件


日程第26.議案第56号 平成17年度淡路市農業集落排水事業特別会計補正予算(第


             1号)の議定の件


日程第27.議案第57号 平成17年度淡路市東浦サンパーク事業特別会計補正予算(


             第1号)の議定の件


日程第28.議案第58号 平成17年度淡路市津名港ターミナル事業特別会計補正予算


             (第1号)の議定の件


日程第29.議案第59号 平成17年度淡路市公共下水道事業特別会計補正予算(第1


             号)の議定の件


日程第30.議案第60号 平成17年度淡路市水道事業会計補正予算(第2号)の議定


             の件


日程第31.認定第 1号 平成16年度津名町水道事業会計決算認定の件


日程第32.認定第 2号 平成16年度淡路町水道事業会計決算認定の件


日程第33.認定第 3号 平成16年度北淡町水道事業会計決算認定の件


日程第34.認定第 4号 平成16年度一宮町水道事業会計決算認定の件


日程第35.認定第 5号 平成16年度東浦町水道事業会計決算認定の件


日程第36.諮問第 1号 人権擁護委員候補者の推薦に関する件


日程第37.諮問第 2号 人権擁護委員候補者の推薦に関する件


日程第38.諮問第 3号 人権擁護委員候補者の推薦に関する件


日程第39.請願





1.会議に出席した議員(28名)


   1番 戸 田 雄 士        2番 土 井 晴 夫


   3番 奥 野 幸 男        4番 新 阜 長 富


   5番 岬   光 彦        6番 地 主 雅 次


   7番 新 谷 福 松        8番 五 条 正 仁


   9番 田 村 伊久男       10番 松 岡   昇


  11番 西 谷 好 民       12番 田 尾   成


  13番 籾 谷   宏       14番 中 谷 秀 子


  15番 鎌 塚 俊 子       16番 谷   裕 子


  17番 蓮 池 久 志       18番 出 雲 容 子


  19番 正 井 正 一       20番 籔 渕 功 一


  21番 植 野 喬 雄       22番 富 田   豊


  23番 黒 地 祥 夫       24番 池 本 道 治


  25番 坊 下 正 修       26番 竹 中 史 雄


  27番 岡 田 勝 一       28番 松 本 英 志





1.会議に欠席した議員( 名)


    番





1.会議を早退した議員( 名)


    番





1.会議に出席した事務局員の職氏名


   局長       山 本 善 春


   課長兼総務係長  新 開 正 章


   副課長兼調査係長 加 地 研 一


   議事係長     竹 澤 秀 美





1.会議に出席した説明員の職氏名


  市長         門   康 彦


  助役         冨 岡 篤太郎


  収入役        広 岡 卓 樹


  総務部長       栗 山   守


  企画部長       瀧 谷 勝 三


  市民生活部長     植 野 芳 昭


  健康福祉部長     速 谷 仁 義


  産業振興部長     森   定 男


  都市整備部長     新 居 茂 夫


  下水道部長      清 水 良 司


  水道事業部長     浜 野 展 好


  津名総合事務所長   向野下 正 広


  岩屋総合事務所長   長 浜 泰 之


  北淡総合事務所長   宮 本   肇


  一宮総合事務所長   山 崎 高 志


  東浦総合事務所長   中 本   渉


  教育長        内 海   孝


  教育次長       池 本 正 義








               開 会 午前10時00分


              ……………………………………


                  開会あいさつ


○議長(松本英志)  皆さん、おはようございます。


 開会に先立ち、一言あいさつを申し上げます。


 昨日は大型の台風14号の接近により心配されました本市の災害等もほとんどなく、本日定例会を迎えることができました。


 議員各位には極めてご健勝にてご参集を賜り、本日ここに第4回淡路市議会定例会を開会できますことは、市政のためまことにご同慶にたえません。


 さて、今期定例会に提案されます案件は、水道事業会計の決算認定のほか緊急の行政課題に対応するための補正予算、条例制定・改正、事件決議等いずれも重要な案件でございます。


 また、今期定例会においては、平成16年度水道事業会計決算審査及び平成17年度各種会計補正予算審査のためそれぞれ特別委員会の設置も予定されております。


 議員各位におかれましては、何とぞ格別のご精励を賜りまして慎重にご審議の上、適切妥当な結論が得られますようお願い申し上げまして、開会のごあいさつといたします。


 引き続きまして、開会に先立ち、市長のあいさつがございます。


 市長、門 康彦君。


○市長(門康彦) (登壇)  皆さん、おはようございます。


 第4回淡路市議会の開会に当たり、一言ごあいさつを申し上げます。


 9月定例会を招集いたしましたところ、議員各位には定刻にご参集を賜り、ここに開会の運びとなりましたこと衷心より御礼を申し上げます。


 まず、台風14号につきましてご報告をいたします。


 被害に遭われた地域の方々には心からお見舞いを申し上げるものでありますけれども、今現在も日本海を北上中であります。進路に当たる地域の方々の安全管理について万全を期していただきたいことをご祈念申し上げるものでありますけれども、幸いに私たちの淡路市管内につきましての報告では、先ほど議長からもお話がありましたように大した被害は出ておりませんけれども、詳細等につきまして今から私の方からご説明をまず申し上げます。


 心配しておりました大型で非常に強い台風第14号でありますけども、9月の6日14時過ぎに長崎県諫早市付近に上陸し、九州地方や四国地方に非常に激しい雨を降らせ、日本海に入り、近畿地方には9月7日、本日の2時ごろ最も雨風が強かったようであります。幸いにして総雨量も少なく、被害も少なかったわけでありますが、ちなみに雨量につきましては降り始めから津名総合事務所で39ミリ程度でした。


 台風14号接近に伴う職員の配備体制でありますけども、合併後初めての危機管理体制でもありまして、四役を初め本庁、各総合事務所の管理職、一般職員で96名を待機させ、万全の体制で臨みました。


 避難所につきましては、市内で6カ所を開設し、うち5カ所が避難されてまいりまして、17世帯19名の方が自主避難をいたしました。これも午前8時には解散をいたしております。


 それから9月5日15時に災害警戒本部を設置しまして、9月7日0時に災害対策本部に切りかえ、台風14号による被害のおそれが解消されましたので、午前8時に廃止をいたしました。


 被害状況を申し上げますと、電気の停電箇所は北淡・一宮・津名地区1,500戸で、人的被害はありません。


 また、一宮地域におきまして地盤の低いところに満潮時と重なり路面まで水が上がり、数軒床下すれすれのところまで海水が来ましたが、床下浸水はしませんでした。再度家屋調査をしたいと考えておりますが、今現在で1軒だけ床下浸水が確認をされております。


 それから道路等の状況でありますけども、通行止め区間、国道28号、直轄道路でありますが、塩尾から炬口の区間、いわゆるいつもよく陥没する厚浜海岸の地域でありますけども、そこが20メーター程度陥没をしておりまして、解除は未定の状況であります。


 それから市道北淡一宮線、いわゆる室津パーキングエリアの上部のところでありますけども、被害はなかったわけでありますが、危ないということで通行止めをしておりましたけども、これももう解除をする予定であります。


 他の箇所につきましては今のところ被害報告は受けておりませんが、今後とも被害の確認に努めますとともに、災害対応につきましては万全を期してまいりたいと思っております。


 さて、地方自治を取り巻く環境は、加速する少子高齢化や産業・経済のグローバル化、情報化の進展などを背景に地方分権への対応や行財政改革の実施が不可欠となっております。行財政の合理化・効率化に積極的に取り組み、多様化・高度化する住民ニーズに対応するとともに、より質の高い行政サービスの提供ができるよう行政体制、行政基盤の確立に努めてまいります。特に財政問題は、緊急の課題であります。三位一体改革による地方交付税の削減など今後の財政運営が厳しくなることが予想されるため、来年度の予算編成に向け政策財政戦略会議を立ち上げ、事務事業などの見直しを早急に推し進め、行政本来の目的であります最小の経費で最大の効果を合い言葉に将来にわたって持続可能な財政運営の確立を目指します。


 また、新市におきましては、これまでの経験をもとに先人たちの知恵と工夫により築き上げられてきましたそれぞれの地域特性や歴史の伝統、文化を踏まえ、地域間格差が生じないよう市域全体の発展に努めるとともに、市民との対話の場、市長と明日を語る会を設け、民間活力はボランティアと協働し、市民の目線と感覚を生かす市民が主役のまちづくりを目指します。


 地方自治は、今大きな転換期を迎えており、本格的な地方分権時代の到来が予想されます。現在淡路市におきまして、公共施設に係るアスベスト対策や少子高齢化に対応した保健・医療・福祉の増進、産業・経済の振興による経済基盤の確立、安全・安心のための防災、危機管理体制の拡充など課題は山積しておりますが、豊かさが実感できるまちの実現に向けて本当に合併してよかったと実感していただける自信と誇りに満ちた新生淡路市の新たな創造のため全力で取り組む覚悟であります。


 また、今後、行政と関係諸団体、地域の方々と連携を深め、市全体の融和を図りながら市民との一体感を醸成し、調和のあるまちづくりの推進に継続と融和を手法として渾身の努力を傾注してまいりたいと思っております。


 また、合併によりましていろんな改革等をされておりますけれども、例えば9月は敬老月間でありますが、その敬老月間について敬老の祝い金等の改正につきまして議論がいろいろあるとこでありますけども、これらにつきましては合併協議の中できちんと討議を重ねられた上で非常に改悪とはなっておりません。意味のある改正となっておりますので、ただ、そういうことにつきましての説明責任が不十分な部分もあろうかと思われますので、この議会等を通じまして、また今後とも我々行政の方からの説明を十分してまいりたいと思っております。


 どうか今後の市政運営につきましては、議員各位の一層のご指導、ご鞭撻とご協力を賜りますよう心からお願いを申しまして、開会のごあいさつといたします。どうかよろしくお願いします。


○議長(松本英志)  門市長のあいさつは終わりました。


 それでは、ただいまから平成17年第4回淡路市議会定例会を開会いたします。


 これより直ちに本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、お手元に配付しておりますとおりであります。


 それでは、これより日程に入ります。


            ◎日程第1.会議録署名議員の指名


○議長(松本英志)  日程第1は、会議録署名議員の指名であります。


 会議録署名議員は、会議規則第82条の規定により、議長より指名いたします。


 3番、奥野幸男君、4番、新阜長富君、以上2名の方にお願いいたします。


               ◎日程第2.会期の決定


○議長(松本英志)  次は、日程第2、会期の決定であります。


 お諮りいたします。


 今期定例会の会期は、本日から9月26日までの20日間といたしたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(松本英志)  異議なしと認めます。


 よって、さように決しました。


                ◎日程第3.諸報告


○議長(松本英志)  続いて、日程第3、諸般の報告であります。


 本日市長から提出されます案件は、お手元に配付しておきましたから、ご了承願います。


 次に、地方自治法第121条の規定に基づき、説明のため今期定例会に出席を求めた者の職氏名は、お手元に配付いたしておりますとおりであります。


 続いて、市長から地方自治法第243条の3第2項の規定に基づき、報告第1号 淡路土地開発公社、報告第2号 キャトルセゾン松帆株式会社、報告第3号 株式会社ほくだん及び報告第4号 財団法人淡路市ふるさと交流協会の経営状況説明書がそれぞれ提出されました。お手元に配付しておきましたから、ご了承願います。


 また、監査委員から地方自治法第235条の2第3項の規定により、一般会計及び特別会計等の平成17年7月分及び水道事業会計の平成17年6月分から7月分の出納検査報告書がそれぞれ提出されました。これについても写しをお手元に配付しておりますので、ご了承願います。


 以上で諸般の報告を終わります。


   ◎日程第4.議案第34号から日程第38.諮問第3号まで 27案一括上程


○議長(松本英志)  次は、日程第4、議案第34号から日程第30、議案第60号まで及び日程第31、認定第1号から日程第35、認定第5号まで並びに日程第36、諮問第1号から日程第38、諮問第3号までを一括議題といたします。


 これより上程議案に対する市長の説明を求めます。


 市長、門 康彦君。


○市長(門康彦) (登壇)  それでは、議案第34号から議案第60号まで及び認定第1号から認定第5号まで並びに諮問第1号から諮問第3号までの提出議案の説明を一括して申し上げます。


 まず最初に、議案第34号から第41号までの条例制定8件に係ります提出議案の説明を申し上げます。


 議案第34号の淡路市名誉市民条例の制定につきましては、市の発展に多大な貢献があり、その功績が卓絶で市民から深く尊敬されてる人に対しまして淡路市名誉市民の称号を贈り、これを顕彰する制度を整備するため本件条例を制定するものであります。


 次に、議案第35号の淡路市表彰条例の制定につきましては、市の行政各般にわたってその振興に寄与し、または市民の模範と認められる行為のありました市民や団体を表彰する制度を整備するため本件条例を制定するものであります。


 次に、議案第36号の淡路市治山事業分担金徴収条例の制定につきましては、市の治山事業の実施に伴い事業の受益者から分担金を徴収する必要が生じましたので、地方自治法の規定に基づき本件条例を制定するものであります。


 次に、議案第37号の淡路市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定につきましては、職員給与の振り込み及びその控除に関し必要な事項を条例で整備する必要が生じましたので、地方公務員法の規定に基づき本件改正条例を制定するものであります。


 次に、議案第38号の淡路市税条例の一部を改正する条例の制定につきましては、個人の市民税の非課税範囲を見直すなど地方税法等の一部を改正する法律の施行に伴い所要の措置を講じる必要が生じましたので、本件改正条例を制定するものであります。


 次に、議案第39号の淡路市手数料条例の一部を改正する条例の制定につきましては、社会保障に関する日本国とフランス共和国政府との間の協定の実施に伴う厚生年金保険法等の特例等に関する法律などの施行に伴い法令に基づき手数料が減免とされているものの規定を整備する必要が生じましたので、本件改正条例を制定するものであります。


 次に、議案第40号の淡路市漁港管理条例の一部を改正する条例の制定につきましては、市が管理する漁港の占用に係る占用料につきまして所要の整備をする必要が生じましたので、本件改正条例を制定するものであります。


 次に、議案第41号の淡路市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例の制定につきましては、水防法及び土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律の一部を改正する法律の施行に伴い所要の措置を講じる必要が生じましたので、本件改正条例を制定するものであります。


 続きまして、議案第42号から第48号までの事件決議7件に係ります提出議案の説明を申し上げます。


 まず、議案第42号の兵庫県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の増減及び規約の変更、議案第43号の兵庫県町議会議員公務災害補償組合を組織する地方公共団体の数の増減及び規約の変更及び議案第44号の兵庫県市町交通災害共済組合を組織する地方公共団体の数の増減及び規約の変更の3件につきまして一括して提案説明を申し上げます。これらの議案につきましては、県内各地における市町合併に伴い、これらの組合を構成する団体の数を減少し、当該組合の規約を変更する必要が生じましたので、地方自治法等の規定に基づき協議するため議決を求めるものであります。


 次に、議案第45号の淡路土地開発公社定款の変更の件につきましては、島内の市町合併に伴い公社の名称を淡路島土地開発公社に改めるなど公社の定款を変更する必要が生じましたので、議決を求めるものであります。


 次に、議案第46号の淡路市過疎地域自立促進計画の策定の件につきましては、過疎地域自立促進特別措置法に基づく本計画を定める必要が生じましたので、議決を求めるものであります。本計画の実施により市の各地域にあります資源や活性化事業を連携させ、新たな定住・交流人口の増加を目指すほか、まちづくりへの地域住民の積極的な参画を通じ市民のだれもが生き生きと暮らしていくことのできるまちづくりを推進しようとするものであります。


 次に、議案第47号の興隆寺地区における公共的施設の総合整備計画の策定の件及び議案第48号の長澤地区における公共的施設の総合整備計画の策定の件の2件につきましては、一括して提案説明を申し上げます。これらの計画につきましては、辺地に係る公共的施設の総合整備のための財政上の特別措置法に関する法律に基づく計画でありまして、同法の規定に基づき議決を求めるものであります。


 まず、興隆寺地区の計画におきましては、興隆寺中央線を整備し、災害時における県道の迂回路としての機能を果たすとともに、通勤、通学等地区住民の日常の生活における安全を確保し、さらには農産物の搬出等の利便性を図り、興隆寺地区の振興と活性化に大きく寄与し、魅力ある地域づくりに役立てようとするものであります。


 また、長澤地区の計画におきましては、地区住民の生活道及び防災上重要な道路6路線を整備し、地域の活性化と安全性を確保し、さらには農業生産性の向上、観光の振興など長澤地区の魅力ある発展に大きく寄与しようとするものであります。


 続きまして、議案第49号から第60号までの補正予算12件に係ります提出議案の説明を申し上げます。


 まず、議案第49号の平成17年度淡路市一般会計補正予算(第2号)につきましては、歳出予算の土木費諸支出金、農林水産業費等を増額し、また民生費、公債費、総務費等を減額し、これらの財源であります地方交付税、地方譲与税、寄附金等を増額し、また国庫支出金、繰入金等を減額し、補正予算の総額は歳入歳出それぞれ3億5,790万円余りを追加することになり、補正後の歳入歳出予算の総額は552億9,850万余となります。


 次に、議案第50号の平成17年度淡路市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)につきましてご説明申し上げます。


 まず、事業勘定の予算につきましては、歳出予算の保険給付費、基金積立金等を増額し、また諸支出金を減額し、これらの財源であります国庫支出金、療養給付費交付金等を増額し、事業勘定の補正予算の総額は歳入歳出それぞれ1億4,180万円余りを追加することになり、補正後の事業勘定の歳入歳出予算の総額は56億3,310万余となります。


 次に、直営診療施設勘定の予算につきましては、歳出予算の医業費を増額し、また諸支出金及び総務費を減額し、これらの財源であります診療報酬、諸収入等を減額し、補正予算の総額は歳入歳出それぞれ770万円余りを減額することになり、補正後の直営診療施設勘定の歳入歳出予算の総額は2億8,510万余となります。


 次に、議案第51号の平成17年度淡路市老人保健特別会計補正予算(第1号)につきましては、医療費国庫負担金、医療費県負担金等の増額に伴い一般会計繰入金を増額し、補正後の歳入歳出予算の総額は補正前と変更なく、70億4,490万円余となります。


 次に、議案第52号の平成17年度淡路市介護保険特別会計補正予算(第1号)につきましては、歳出予算の諸支出金、基金積立金等を増額し、また保険給付費等を減額し、これらの財源であります繰入金を増額し、支払い基金交付金、国庫支出金等を減額し、補正予算の総額は歳入歳出それぞれ170万円余りを追加することになり、補正後の歳入歳出予算の総額は36億3,440万余となります。


 次に、議案第53号の平成17年度淡路市養護老人ホーム特別会計補正予算(第1号)につきましては、歳出予算の施設管理費を減額し、これらの財源であります一般会計繰入金及び諸収入を減額し、補正予算の総額は歳入歳出それぞれ570万円余りを減額することになり、補正後の歳入歳出予算の総額は2億8,420万余となります。


 次に、議案第54号の平成17年度淡路市福祉の里特別会計補正予算(第1号)につきましては、歳出予算の介護老人福祉施設費及び通所介護施設費を減額し、これらの財源であります介護サービス収入及び一般会計繰入金を減額し、補正予算の総額は歳入歳出それぞれ580万円余りを減額することになり、補正後の歳入歳出予算の総額は3億5,730万余となります。


 次に、議案第55号の平成17年度淡路市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)につきましては、歳出予算の諸支出金、南部簡易水道費等を減額し、これらの財源であります一般会計繰入金及び使用料を減額し、補正予算の総額は歳入歳出それぞれ1,910万円余りを減額することになり、補正後の歳入歳出予算の総額は6億9,710万余となります。


 次に、議案第56号の平成17年度淡路市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)につきましては、歳出予算の農業集落排水事業費を増額し、これらの財源であります一般会計繰入金を増額し、また諸収入を減額し、補正予算の総額は歳入歳出それぞれ3万3,000円を追加することになり、補正後の歳入歳出予算の総額は4億3,660万円となります。


 次に、議案第57号の平成17年度淡路市東浦サンパーク事業特別会計補正予算(第1号)につきましては、歳出予算の東浦サンパーク管理費を増額し、これらの財源であります諸収入を増額し、補正予算の総額は歳入歳出それぞれ28万9,000円を追加することになり、補正後の歳入歳出予算の総額は9,270万余となります。


 次に、議案第58号の平成17年度淡路市津名港ターミナル事業特別会計補正予算(第1号)につきましては、歳出予算の津名港ターミナル事業費を増額し、これらの財源であります諸収入を増額し、補正予算の総額は歳入歳出それぞれ105万円を追加することになり、補正後の歳入歳出予算の総額は9,130万余となります。


 次に、議案第59号の平成17年度淡路市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)につきましては、歳出予算の公共下水道事業費及び特定環境公共下水道事業費を増額し、また諸支出金を減額し、これらの財源であります国庫支出金を減額し、また市債、繰入金等を増額し、補正予算の総額は歳入歳出それぞれ7,620万円余りを追加することになり、補正後の歳入歳出予算の総額は44億4,400万余となります。


 次に、議案第60号の平成17年度淡路市水道事業会計補正予算(第2号)につきましては、収益的収入の水道事業収益を9,900万円余りを追加し、収益的支出の水道事業費用を1億50万円余りを追加し、補正後の収益的収入の予定額は28億5,330万円余、それから収益的支出の予定額は28億4,050万余となります。また、資本的支出の建設改良費用7,400万余を追加し、補正後の資本的支出の予定額は7億8,480万余となり、不足額は損益勘定留保資金を追加し、補てんすることとします。


 それから決算認定であります。続きまして、認定第1号の平成16年度津名町水道事業会計決算認定、認定第2号の平成16年度淡路町水道事業会計決算認定、認定第3号の平成16年度北淡町水道事業会計決算認定、認定第4号の平成16年度一宮町水道事業会計決算認定及び認定第5号の平成16年度東浦町水道事業会計決算認定の5件を一括して提案説明を申し上げます。


 本件につきましては、旧5町において執行しました平成16年度の水道事業会計の決算につきまして監査委員の意見をつけ認定に付すものであります。


 最後になりましたが、諮問第1号から第3号までの人権擁護委員候補者の推薦に関する件の3件につきまして一括して提出議案の説明を申し上げます。


 人権擁護委員の任期満了に伴い、後任候補者を法務大臣に推薦する必要が生じましたので、人格、識見高く、広く社会の実情に通じ、人権擁護に関しまして理解ある方々を推薦するものであります。


 諮問第1号におきましては神垣依子様を、諮問第2号におきましては花野敏一様を、諮問第3号におきましては百田宏勝様をそれぞれ推薦しようとするものでありまして、議会の意見を求めるものであります。


 以上をもちまして議案第34号から議案第60号まで及び認定第1号から認定第5号まで並びに諮問第1号から諮問第3号までの提出議案の説明を終わります。


 議員の皆様におかれましては、よろしくご審議の上、適切なご議決を賜りますようお願いいたします。


○議長(松本英志)  以上をもって市長の説明は終わりました。


 これより質疑に入りますが、ただいま上程中のうち諮問第1号から諮問第3号 人権擁護委員候補者の推薦に関する件の3件は、いずれも人事に関する案件でありますので、議事の都合により分離して先議いたしたいと思います。


 本案は人事案件でありますので、質疑、討論を省略し、3件を一括して直ちに表決に入りたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(松本英志)  異議なしと認めます。


 よって、さように決しました。


 それでは、直ちに採決いたします。


 諮問第1号から諮問第3号の人権擁護委員候補者の推薦に関する件については、いずれも原案のとおり決することにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(松本英志)  異議なしと認めます。


 よって、本案は、いずれも諮問のとおり答申することに決定いたしました。


 引き続いて、これより質疑に入ります。


 ただいま上程中の議案第34号から議案第36号まで及び認定第1号から認定第5号までの32件に対する総括質疑でありますが、発言の通告がありませんので、質疑を終結いたします。


 次に、ただいま上程中のうち議案第34号から議案第41号まで及び議案第46号から議案第48号までの11件については、会議規則第38条第1項の規定により、お手元に配付しておきました議案配付表のとおり、それぞれ所管の常任委員会に審査を付託することにいたします。


 続いて、お諮りいたします。


 ただいま上程中の議案第49号から議案第60号までの12件については、委員会条例第6条の規定により、お手元に配付しておきました要綱のとおり議長を除く議員27名の委員をもって構成する補正予算審査特別委員会を設置し、これに審査を付託することにいたしたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(松本英志)  異議なしと認めます。


 よって、さように決しました。


 続いて、お諮りいたします。


 ただいま上程中の認定第1号から認定第5号までの5件については、委員会条例第6条の規定により、お手元に配付しておきました要綱のとおり議長を除く議員27名の委員をもって構成する水道事業会計決算審査特別委員会を設置し、これに審査を付託いたしたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(松本英志)  異議なしと認めます。


 よって、さように決しました。


 なお、先ほど設置されました補正予算及び水道事業決算特別委員会における正副委員長の選任については、さきに協議いたしました会議により平成17年度補正予算審査特別委員会委員長に岡田勝一君、同じく副委員長に田村伊久男君、平成16年度水道事業会計決算審査特別委員長に籾谷宏君、同じく副委員長に籔渕功一君がそれぞれ選任することになっております。これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(松本英志)  異議なしと認めます。


 よって、さように選任されました。


 これより討論に入ります。


 先ほど議決及び委員会付託いたしました案件を除く残りの議案第42号から議案第45号までの4件に対する討論でありますが、通告がありません。


 つきましては討論を終結いたします。


 続いて、表決に入ります。


 議案第42号から議案第45号までの4件につきましては、一括して採決いたしたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(松本英志)  異議なしと認めます。


 よって、直ちに一括して採決いたします。


 議案第42号から議案第45号までの4件については、いずれも原案のとおり決することにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(松本英志)  異議なしと認めます。


 よって、本案は、いずれも原案のとおり決しました。


                ◎日程第39.請願


○議長(松本英志)  次に、日程第39、請願であります。


 今期定例会において受理いたしました請願1件は、会議規則第135条第1項により、お手元に配付しておきました請願文書表のとおり、所管であります総務文教常任委員会に付託いたします。


 以上で本日の日程は終わりました。


 この際、お諮りいたします。


 本日の議事はこの程度で打ち切りたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(松本英志)  異議なしと認めます。


 よって、さように決しました。


 次の本会議は、9月12日月曜日午前10時から再開いたします。


 本日はこれをもって散会いたします。


 議員各位並びに市長を初め幹部職員の皆様には、長時間ご苦労さんでございました。





               散 会 午前10時35分