議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 南あわじ市

平成20年第19回定例会(第8日 3月18日)




平成20年第19回定例会(第8日 3月18日)





  ┌────────────────────────────────────┐


  │ 第19回南あわじ市議会定例会会議録                  │


  │               (第8日)                │


  │                   平成20年  3月18日(火曜日)│


  │                       開会   午前10時00分│


  └────────────────────────────────────┘





 
 第 1.議案第 1号、議案第11号(2件一括上程)


     議案第 1号 平成19年度南あわじ市一般会計補正予算(第5号)


     議案第11号 平成19年度南あわじ市福良財産区管理会特別会計補正予算(


            第1号)


 第 2.議案第 2号〜議案第4号、議案第9号(4件一括上程)


     議案第 2号 平成19年度南あわじ市国民健康保険特別会計補正予算(第3


            号)


     議案第 3号 平成19年度南あわじ市老人保健特別会計補正予算(第3号)


     議案第 4号 平成19年度南あわじ市介護保険特別会計補正予算(第3号)


     議案第 9号 平成19年度南あわじ市産業廃棄物最終処分事業特別会計補正


            予算(第2号)


 第 3.議案第 5号〜議案第8号、議案第10号(5件一括上程)


     議案第 5号 平成19年度南あわじ市公共下水道事業特別会計補正予算(第


            3号)


     議案第 6号 平成19年度南あわじ市農業集落排水事業特別会計補正予算(


            第3号)


     議案第 7号 平成19年度南あわじ市漁業集落排水事業特別会計補正予算(


            第3号)


     議案第 8号 平成19年度南あわじ市土地開発事業特別会計補正予算(第2


            号)


     議案第10号 平成19年度南あわじ市水道事業会計補正予算(第3号)


 第 4.発委第 1号 「バイオマス推進基本法」(仮称)の制定を求める意見書につ


            いて





会議に付した事件


 第 1.議案第 1号、議案第11号(2件一括上程)


 第 2.議案第 2号〜議案第 4号、議案第 9号(4件一括上程)


 第 3.議案第 5号〜議案第 8号、議案第10号(5件一括上程)


 第 4.発委第 1号


               (散 会 宣 告)





出席議員(27名)


  1番  沖   弘 行            15番  阿 部 計 一


  2番  武 田 昌 起            16番  川 上   命


  3番  廣 内 孝 次            17番  福 原 美千代


  4番  出 田 裕 重            18番  楠   直 茂


  5番  蛭 子 智 彦            19番  木 曽 弘 美


  6番  吉 田 良 子            20番  島 田 貞 洋


  7番  眞 野 正 治            22番  中 村 三千雄


  8番  市 川 一 馬            23番  原 口 育 大


  9番  北 村 利 夫            24番  森 田 宏 昭


 10番  蓮 池 洋 美            25番  小 島   一


 11番  長 船 吉 博            26番  砂 田 杲 洋


 12番  森 上 祐 治            27番  楠   和 廣


 13番  印 部 久 信            28番  登 里 伸 一


 14番  野 口 健一郎





欠席議員(1名)


 21番  乙 井 勝 次





欠  員(なし)





事務局出席職員職氏名


 事務局長    渕 本 幸 男


 次長      山 口 恒 利


 課長      松 下 良 卓





説明のために出席した者の職氏名


 市長              中 田 勝 久


 副市長             川 野 四 朗


 収入役             長 江 和 幸


 教育長             塚 本 圭 右


 市長公室長           田 村   覚


 総務部長            藤 本   昇


 財務部長            岡 田 昌 史


 市民生活部長          小 路 益 生


 健康福祉部長          喜 田 憲 康


 産業振興部長          太 田 良 一


 農業振興部長          中 田 明 樹


 都市整備部長          吉 川 満 広


 上下水道部長          柳 本 佳 博


 教育部長            三 好 雅 大


 市長公室次長          東   茂 樹


 財務部次長兼財産処分・企業誘致推進担当特命参事


                 稲 山 益 男


 市民生活部次長         堀 川 雅 清


 健康福祉部次長         平 野 文 啓


 産業振興部次長         斉 藤 幸 一


 農業振興部次長         石 上 達 也


 都市整備部次長         榎 本   尚


 上下水道部次長         津 谷 忠 志


 教育部次長           南   幸 正


 次長兼会計課長         高 川 欣 士


 次長兼農業委員会事務局長    高 田 耕 次


 総務部総務課長         馬 部 総一郎


 財務部財政課長         土井本   環


 選挙管理委員会事務局長兼監査委員事務局長


                 高 見 雅 文





              開会 午前10時12分





○議長(登里伸一) ただいまの出席議員は27名であります。


 定足数に達しております。


 直ちに本日の会議を開きます。


 本日の議事日程はあらかじめお手元に配付のとおりであります。


 直ちに日程に入ります。





            日程第1 議案第1号、議案第11号





○議長(登里伸一) 日程第1、議案第1号及び議案第11号、以上2件一括議題としますが、これにご異議ございませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(登里伸一) 異議なしと認めます。


 よって、2件一括議題とすることに決しました。


 本案2件については総務常任委員会に審査を付託しておりましたので、委員長より報告を求めます。


 総務常任委員長、武田昌起君。


○2番(武田昌起君) 総務常任委員会審査報告を朗読をもって報告いたします。


 ただいま議題となりました議案第1号、議案第11号は、本定例会において当委員会に審査を付託され、3月14日総務常任委員会を開催し審査を行いました。


 その経過と結果について、会議規則第38条の規定により報告します。


 審査に当たっては、委員会条例第21条の規定により説明員の出席を求め審査を行いました。


 以下、審査の経過において特に論議されました事項について報告します。


 議案第1号、平成19年度南あわじ市一般会計補正予算(第5号)。


 歳入では、質疑、市民税個人分が8,700万円減額となり、法人分が増額となっていることについて。


 答弁、個人分が不況下において給与所得の落ち込みで減となっている。法人については1社がプラスとなったことが主な要因。


 質疑、基金繰入金で滝川文化振興基金が1,100万円の減額、また滝川奨学資金貸付金元利収入が166万3,000円の収入についての説明を。


 答弁、18、19年度当初2,000万円を取り崩し、スポーツ振興等と美術館運営に充てていたが、今回改め、19年度は美術館運営費のみに充てているため。166万3,000円については基金に加えて運営を行う。


 質疑、さんゆ〜館使用料1,000万円の減、また雑入でも800万円の減となっている理由について。


 答弁、使用料については指定管理者導入のため年度途中に年会員券購入された方への返還のため。雑入では、レストラン等の収入減によるもの。


 歳出では、質疑、社会福祉費の後期高齢者医療制度導入システム開発委託料262万5,000円の追加及び後期高齢者医療広域連合負担金410万2,000円の減額について。


 答弁、開発委託料の追加については、市単独の部分で被扶養者や減免の関係のシステム開発委託料。負担金については広域連合においてシステム構築をするための入札減によるもの。


 質疑、清掃費の大阪湾フェニックス負担金157万9,000円の減について。


 答弁、当初の事業量が減少のため。


 質疑、オニオン道路事業負担金2,332万2,000円の減額理由と今後の計画について。


 答弁、当初7億円計上、国より2億円減の指導があったため。進捗については洲本市部分を含む19.6キロメートルあり、市内では神代で460メートルの用地交渉部分と阿万で県道に接続する部分を残しているのみ。


 質疑、公民館費の臨時職員賃金519万7,000円の減及び図書館費の臨時職員賃金1,200万9,000円の減の理由について。


 答弁、三原、西淡、公民館の2人分で、臨時職員から正規職員の配置を行い、今回精算したもの。


 図書館費も同様に、臨時職員を5名減をし、正規職員5名の配置を行ったため。


 採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。


 議案第11号、平成19年度南あわじ市福良財産区管理会特別会計補正予算(第1号)は、審査を行い、採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。


 以上で、総務常任委員会審査報告を終わります。


○議長(登里伸一) 委員長の報告が終わりました。


 これより質疑を行います。


 質疑はありませんか。


               (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(登里伸一) 質疑なしと認めます。


 これより討論に入りますが、通告がありませんので、討論なしと認めます。


 よって、直ちに採決します。


 採決は分割して行います。


 まず、議案第1号、平成19年度南あわじ市一般会計補正予算(第5号)について採決します。


 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。


 よって、本案を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(登里伸一) 起立多数です。


 よって、議案第1号は委員長の報告のとおり可決されました。


 次に、議案第11号、平成19年度南あわじ市福良財産区管理会特別会計補正予算(第1号)について採決します。


 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。


 よって、本案を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(登里伸一) 起立多数です。


 よって、議案第11号は委員長の報告のとおり可決されました。


 暫時休憩します。


 再開の時間は後刻お知らせいたします。


               休憩 午前10時20分


               ――――――――――――


               再開 午前11時00分


○議長(登里伸一) 再開します。


 私、議長が議会運営委員会のルールを無視いたしまして、少し休憩時間を取らせていただきましたことには、心からおわびを申し上げる次第でございます。


 思いは、何とか運営をスムーズにやりたいと思いましてしたことでございますので、何とぞご理解を賜りたいと思う次第でございます。


 砂田杲洋君。


○26番(砂田杲洋君) 今、議長から陳謝がありましたけれども、議会というのは本会議が最優先のはずでございます。


 どういう理由があったのかはわかりませんが、本会議を議員全員に説明することもなく中断したということは、これは大変遺憾に思っております。


 今後、二度とこういうことがないようにしていただきたいと、そういうことを申し上げておきます。これは強く申し上げます。


○議長(登里伸一) 皆さんの、特に砂田議員の申されましたことを真摯に受けとめまして、これからはそのようなことのないことをお誓い申し上げまして答弁とさせていただきます。


 阿部計一君。


○15番(阿部計一君) 先ほど議運でそれぞれ言いたいことは言いましたけれども、ただ、暫時休憩を取って、そういう市長を暫時休憩で呼び出すというようなことはいかがなものかと思うんですが、その点。


○議長(登里伸一) 暫時休憩します。


               休憩 午前11時02分


               ――――――――――――


               再開 午前11時05分


○議長(登里伸一) 再開します。


 阿部計一君。


○15番(阿部計一君) 動議を提出します。


○議長(登里伸一) 動議の内容を求めます。


 暫時休憩します。


               休憩 午前11時06分


               ――――――――――――


               再開 午前11時07分


○議長(登里伸一) 再開します。


 阿部議員に申し上げますが、発言を求める動議でしょうか。


○15番(阿部計一君) そのとおりです。


○議長(登里伸一) ただいま、阿部議員から発言を求める動議が提出されました。


 賛成の方の挙手を求めます。


 動議は成立しました。


 阿部計一君。


○15番(阿部計一君) 私も長年やっていながら勉強不足で失礼をいたしました。


 議運でも検討を十分したわけですが、ただ、ああいう形で議会が突然ストップしたということで、議員全員の前で市長を、いわば表現はいかがなものかと思いますが、外へ呼び出して連れ出したというようなことは議長として、これはやっぱり5万人のトップに対する大変これは無礼な行為であると思いますが、これは議長、どのように思われますか。


○議長(登里伸一) 休憩を打ちまして市長に相談したかっただけのことでございまして、それ以上のことはありません。


 それでは、議事進行させていただきます。





          日程第2 議案第2号〜議案第4号、議案第9号





○議長(登里伸一) 日程第2、議案第2号ないし議案第4号及び議案第9号、以上4件一括議題としますが、これにご異議ございませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(登里伸一) 異議なしと認めます。


 よって、4件一括議題とすることに決しました。


 本案4件については、文教厚生常任委員会に審査を付託しておりましたので、委員長より報告を求めます。


 文教厚生常任委員長、原口育大君。


○23番(原口育大君) 委員会審査報告を朗読をもって行います。


 ただいま議題となりました、議案第2号ないし議案第4号、議案第9号は本定例会において当委員会に審査を付託され、3月13日文教厚生常任委員会を開催し審査を行いました。


 その経過と結果について、会議規則第38条の規定により報告します。


 審査に当たっては、委員会条例第21条の規定により説明員の出席を求め審査を行いました。


 以下、審査の経過において特に論議されました事項について報告します。


 議案第2号、平成19年度南あわじ市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)について。


 質疑、保険財政共同安定化事業交付金8,400万6,000円の減額の理由について。


 答弁、交付金の確定によるものである。


 質疑、財政調整基金取り崩し3,600万円の理由について。


 答弁、見込み違いであったため。


 採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。


 議案第3号、平成19年度南あわじ市老人保健特別会計補正予算(第3号)は、審査を行い採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。


 議案第4号、平成19年度南あわじ市介護保険特別会計補正予算(第3号)については、質疑、地域支援事業の介護予防事業費及び包括的支援事業費の任意事業費が減額されている理由について。


 答弁、地域支援事業費では、ミニデイサービス事業費補助金で旧4町4カ所で予定していたが、うち2カ所の準備がおくれたための減額である。


 また、任意事業費では、配食サービス事業で対象者が減少したための減額である。


 採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。


 議案第9号、平成19年度南あわじ市産業廃棄物最終処分事業特別会計補正予算(第2号)について。


 質疑、起債残高は幾らになっているか。


 答弁、平成19年度末で2億6,429万円となっている。


 採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。


 以上で、文教厚生常任委員会の審査報告を終わります。


○議長(登里伸一) 委員長の報告が終わりました。


 これより質疑を行います。


 質疑はありませんか。


               (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(登里伸一) 質疑なしと認めます。


 これより討論に入りますが、通告がありませんので、討論なしと認めます。


 よって、直ちに採決します。


 採決は分割して行います。


 まず、議案第2号、平成19年度南あわじ市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)について採決します。


 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。


 よって、本案を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(登里伸一) 起立多数です。


 よって、議案第2号は委員長の報告のとおり可決されました。


 次に、議案第3号、平成19年度南あわじ市老人保健特別会計補正予算(第3号)について採決します。


 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。


 よって、本案を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(登里伸一) 起立多数です。


 よって、議案第3号は委員長の報告のとおり可決されました。


 次に、議案第4号、平成19年度南あわじ市介護保険特別会計補正予算(第3号)について採決します。


 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。


 よって、本案を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(登里伸一) 起立多数です。


 よって、議案第4号は委員長の報告のとおり可決されました。


 次に、議案第9号、平成19年度南あわじ市産業廃棄物最終処分事業特別会計補正予算(第2号)について採決します。


 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。


 よって、本案を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(登里伸一) 起立多数です。


 よって、議案第9号は委員長の報告のとおり可決されました。


○議長(登里伸一) 起立多数です。


 よって、議案第9号は委員長の報告のとおり可決されました。





         日程第3 議案第5号〜議案第8号、議案第10号





○議長(登里伸一) 日程第3、議案第5号ないし議案第8号及び議案第10号、以上5件一括議題としますが、これにご異議ございませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(登里伸一) 異議なしと認めます。


 よって、5件一括議題とすることに決しました。


 本案5件については、産業建設常任委員会に審査を付託しておりましたので、委員長より報告を求めます。


 産業建設常任委員長、廣内孝次君。


○3番(廣内孝次君) 委員会審査報告を朗読をもって報告いたします。


 ただいま議題となりました、議案第5号ないし議案第8号、議案第10号は本定例会において当委員会に審査を付託され、3月17日産業建設常任委員会を開催し審査を行いました。


 その経過と結果について、会議規則第38条の規定により報告します。


 審査に当たっては、委員会条例第21条の規定により説明員の出席を求め審査を行いました。


 以下、審査の経過において特に論議されました事項について報告します。


 議案第5号、平成19年度南あわじ市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)。


 質疑、加入負担金1,230万6,000円の減額の理由について。


 答弁、想定していた予算より事業展開がおくれたため。


 質疑、市の財政悪化原因は下水道事業であり、加入促進が一番のポイントでは。


 答弁、加入促進担当を配置し、一定の効果があった。今後は担当課を設置して一層の推進を図る。


 質疑、農村地域の加入率が悪いことについて。


 答弁、農村地域は家から家までの距離が長いため、また、高齢者家庭等の人たちには訪問を行い促進している。


 質疑、施工監理委託料3,497万6,000円の増及び管渠布設工事費2,304万円が減になっている。工事費が減で施工監理委託が上がるのか。


 答弁、委託料については下水道公社に委託をしており、協議により委託料が2%アップとなった。


 また、工事費については賀集浄化センターの処理場工事追加分であります。


 採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。


 議案第6号、平成19年度南あわじ市農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)、議案第7号、平成19年度南あわじ市漁業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)、議案第8号、平成19年度南あわじ市土地開発事業特別会計補正予算(第2号)及び議案第10号、平成19年度南あわじ市水道事業会計補正予算(第3号)は、審査を行い、採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。


 以上で、産業建設常任委員会審査報告を終わります。


○議長(登里伸一) 委員長の報告が終わりました。


 これより質疑を行います。


 質疑はありませんか。


               (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(登里伸一) 質疑なしと認めます。


 これより討論に入りますが、通告がありませんので、討論なしと認めます。


 よって、直ちに採決します。


 採決は分割して行います。


 まず、議案第5号、平成19年度南あわじ市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)について採決します。


 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。


 よって、本案を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(登里伸一) 起立多数です。


 よって、議案第5号は委員長の報告のとおり可決されました。


 次に、議案第6号、平成19年度南あわじ市農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)について採決します。


 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。


 よって、本案を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(登里伸一) 起立多数です。


 よって、議案第6号は委員長の報告のとおり可決されました。


 次に、議案第7号、平成19年度南あわじ市漁業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)について採決します。


 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。


 よって、本案を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(登里伸一) 起立多数です。


 よって、議案第7号は委員長の報告のとおり可決されました。


 次に、議案第8号、平成19年度南あわじ市土地開発事業特別会計補正予算(第2号)について採決します。


 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。


 よって、本案を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(登里伸一) 起立多数です。


 よって、議案第8号は委員長の報告のとおり可決されました。


 次に、議案第10号、平成19年度南あわじ市水道事業会計補正予算(第3号)について採決します。


 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。


 よって、本案を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(登里伸一) 起立多数です。


 よって、議案第10号は委員長の報告のとおり可決されました。





                日程第4 発委第1号





○議長(登里伸一) 日程第4、発委第1号、バイオマス推進基本法(仮称)の制定を求める意見書についてを議題とします。


 提出者より提案理由の説明を求めます。


 議会運営委員長、吉田良子君。


○6番(吉田良子君) 提案理由の説明を行います。


 発委第1号


                             平成20年3月18日


 南あわじ市議会議長 登里伸一 様


                   提出者 議会運営委員長  吉 田 良 子





     バイオマス推進基本法(仮称)の制定を求める意見書について


 上記の議案を、別紙のとおり地方自治法第110条第5項及び会議規則第13条第2項の規定により提出いたします。


 提出の理由を説明させていただきます。


 昨年、国連IPCC(気候変動に関する政府間パネル)が発表した第4次評価報告書は、地球温暖化について、引き続き石油などの化石燃料に依存していけば、今世紀末には平均気温は4.06度上がると予測し、今後、人間の存在基盤が著しく脅かされる恐れがあり、その対策の緊急性を訴えるとともに、各国政府がより強力な対策を講じるよう警鐘を鳴らしています。


 現在、政府が進めるバイオマス・ニッポン総合戦略を総合的かつ計画的に推進するためにも、バイオマス推進基本法の制定を強く要望します。


 なお、提出先につきましては、別紙意見書提出先をごらんおきをお願いいたします。


 議員各位におかれましては慎重審議の上、適切なるご判断をお願いいたしまして提案理由の説明とさせていただきます。


○議長(登里伸一) 提案理由の説明が終わりました。


 これより質疑を行います。


 質疑はありませんか。


               (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(登里伸一) 質疑なしと認めます。


 これより討論に入りますが、通告がありませんので討論なしと認めます。


 よって、直ちに採決を行います。


 本件については、原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(登里伸一) 起立多数です。


 よって、発委第1号は原案のとおり可決されました。


 以上で、本日の議事日程はすべて終了しました。


 お諮りします。


 委員会開催のため、3月27日まで休会したいと思います。


 これにご異議ございませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(登里伸一) 異議なしと認めます。


 よって、さよう決しました。


 次の本会議は、3月28日午前10時に再開します。


 本日は、これにて散会します。





               散会 午前11時29分