議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 南あわじ市

平成18年第11回定例会(第5日 9月20日)




平成18年第11回定例会(第5日 9月20日)





  ┌────────────────────────────────────┐


  │ 第11回南あわじ市議会定例会会議録                  │


  │               (第5日)                │


  │                    平成18年 9月20日(水曜日)│


  │                       開会   午後 1時30分│


  └────────────────────────────────────┘





 
 第 1.委員会調査報告


 第 2.認定第1号〜認定第21号(21件一括上程)


     認定第 1号 平成17年度南あわじ市一般会計決算の認定について


     認定第 2号 平成17年度南あわじ市国民健康保険特別会計決算の認定につ


            いて


     認定第 3号 平成17年度南あわじ市老人保健特別会計決算の認定について


     認定第 4号 平成17年度南あわじ市介護保険特別会計決算の認定について


     認定第 5号 平成17年度南あわじ市訪問看護事業特別会計決算の認定につ


            いて


     認定第 6号 平成17年度南あわじ市公共下水道事業特別会計決算の認定に


            ついて


     認定第 7号 平成17年度南あわじ市農業集落排水事業特別会計決算の認定


            について


     認定第 8号 平成17年度南あわじ市漁業集落排水事業特別会計決算の認定


            について


     認定第 9号 平成17年度南あわじ市サイクリングターミナル事業特別会計


            決算の認定について


     認定第10号 平成17年度南あわじ市慶野松原海水浴場特別会計決算の認定


            について


     認定第11号 平成17年度南あわじ市土地開発事業特別会計決算の認定につ


            いて


     認定第12号 平成17年度南あわじ市産業廃棄物最終処分事業特別会計決算


            の認定について


     認定第13号 平成17年度南あわじ市ケーブルテレビ事業特別会計決算の認


            定について


     認定第14号 平成17年度南あわじ市公共用地先行取得特別会計決算の認定


            について


     認定第15号 平成17年度南あわじ市広田財産区管理会特別会計決算の認定


            について


     認定第16号 平成17年度南あわじ市福良財産区管理会特別会計決算の認定


            について


     認定第17号 平成17年度南あわじ市北阿万財産区管理会特別会計決算の認


            定について


     認定第18号 平成17年度南あわじ市沼島財産区管理会特別会計決算の認定


            について


     認定第19号 平成17年度南あわじ市水道事業会計決算の認定について


     認定第20号 平成17年度南あわじ市農業共済事業会計決算の認定について


     認定第21号 平成17年度南あわじ市国民宿舎事業会計決算の認定について


 第 3.議案第107号、議案第110号〜議案第112号(4件一括上程)


     議案第107号 平成18年度南あわじ市一般会計補正予算(第2号)


     議案第110号 南あわじ市監査委員条例の一部を改正する条例制定について


     議案第111号 消防組織法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整


             理に関する条例制定について


     議案第112号 西淡町災害見舞金支給条例を廃止する条例制定について


 第 4.議案第108号、議案第109号、議案第113号〜議案第119号、議案第


             122号(10件一括上程)


     議案第108号 平成18年度南あわじ市国民健康保険特別会計補正予算(第


             2号)


     議案第109号 平成18年度南あわじ市介護保険特別会計補正予算(第1号)


     議案第113号 南あわじ市特別養護老人ホーム条例の一部を改正する条例制


             定について


     議案第114号 南あわじ市養護老人ホーム条例の一部を改正する条例制定に


             ついて


     議案第115号 南あわじ市デイサービスセンター条例の一部を改正する条例


             制定について


     議案第116号 南あわじ市在宅介護支援センター条例の一部を改正する条例


             制定について


     議案第117号 南あわじ市訪問看護ステーション条例の一部を改正する条例


             制定について


     議案第118号 南あわじ市国民健康保険条例の一部を改正する条例制定につ


             いて


     議案第119号 南あわじ市福祉医療費助成条例の一部を改正する条例制定に


             ついて


     議案第122号 南あわじ市公民館条例の一部を改正する条例制定について


 第 5.議案第120号、議案第121号、議案第123号、議案第124号(4件一


             括上程)


     議案第120号 南あわじ市営住宅条例の一部を改正する条例制定について


     議案第121号 南あわじ市営特定公共賃貸住宅条例の一部を改正する条例制


             定について


     議案第123号 字の区域の変更について


     議案第124号 特定環境保全公共下水道事業阿万浄化センター水処理施設土


             木・建築工事請負変更契約の締結について


 第 6.請願第4号、請願第5号(2件一括上程)


     請願第 4号 兵庫県教育委員会に対し「『高校教育改革第2次実施計画』は


            地元自治体・住民の意見を十分に聞き、合意のもとで策定する


            ことを求める意見書」の提出を求める請願書


     請願第 5号 兵庫県に対し「小中高30人学級実現を求める意見書」の提出


            を求める請願書


 第 7.請願第 6号 「兵庫県産粘土瓦利用住宅特別融資制度」の設立に関する請願


            書


 第 8.発議第 9号 「高校教育改革第二次実施計画」については地元自治体・住民


            の意見を十分に聞き、合意のもとで策定することを求める意見


            書について


 第 9.発議第10号 「小・中・高校30人学級実現」を求める意見書について


 第10.発議第11号 「兵庫県産粘土瓦利用住宅特別融資制度」の創設に関する意見


            書について


 第11.発議第12号 道路整備の財源確保を求める意見書について


 第12.議員派遣の申し出


 第13.議会運営委員会、常任委員会の閉会中の所管事務調査の申し出





会議に付した事件


 第 1.委員会調査報告


 第 2.認定第1号〜認定第21号(21件一括上程)


 第 3.議案第107号、議案第110号〜議案第112号(4件一括上程)


 第 4.議案第108号、議案第109号、議案第113号〜議案第119号、議案第


     122号(10件一括上程)


 第 5.議案第120号、議案第121号、議案第123号、議案第124号(4件一


     括上程)


 第 6.請願第4号、請願第5号(2件一括上程)


 第 7.請願第6号


 第 8.発議第9号


 第 9.発議第10号


 第10.発議第11号


 第11.発議第12号


 第12.議員派遣の申し出


 第13.議会運営委員会、常任委員会の閉会中の所管事務調査の申し出


               (閉 会 宣 告)





出席議員(28名)


  1番  吉 田 良 子            15番  北 村 利 夫


  2番  市 川 一 馬            16番  原 口 育 大


  3番  阿 部 計 一            17番  印 部 久 信


  4番  長 船 吉 博            18番  島 田 貞 洋


  5番  川 上   命            19番  森 田 宏 昭


  6番  蓮 池 洋 美            20番  乙 井 勝 次


  7番  武 田 昌 起            21番  登 里 伸 一


  8番  眞 野 正 治            22番  福 原 美千代


  9番  砂 田 杲 洋            23番  沖   弘 行


 10番  木 曽 弘 美            24番  森 上 祐 治


 11番  蛭 子 智 彦            25番  楠   直 茂


 12番  廣 内 孝 次            26番  出 田 裕 重


 13番  楠   和 廣            27番  野 口 健一郎


 14番  小 島   一            28番  中 村 三千雄





欠席議員(なし)





欠  員(なし)





事務局出席職員職氏名


 事務局長    稲 山 昜 二


 課長      山 口 恒 利


 書記      松 下 良 卓





説明のために出席した者の職氏名


 市長              中 田 勝 久


 助役              川 野 四 朗


 収入役             長 江 和 幸


 教育長             塚 本 圭 右


 総務部長            藤 本   昇


 財務部長            岡 田 昌 史


 市民生活部長          小 路 益 生


 健康福祉部長          喜 田 憲 康


 産業振興部長          富 田 千 秋


 農業振興部長          中 田 明 樹


 都市整備部長          西 岡 正 行


 上下水道部長          榎 本 二三雄


 教育部長            中 島 義 晴


 総務部次長兼市長公室長     田 村   覚


 総務部次長           渕 本 幸 男


 総務部総務課長         馬 部 総一郎


 財務部財政課長         土井本   環


 選挙管理委員会事務局長兼監査委員事務局長


                 高 見 雅 文





              開会 午後 1時30分





○議長(中村三千雄) ただいまの出席議員は28名であります。


 定足数に達しております。


 直ちに本日の会議を開きます。


 日程に入る前に、川野助役より発言の申し出がありましたので、これを許可します。


○議長(中村三千雄) 助役。


○助役(川野四朗君) 平成17年9月28日の産業建設常任委員会と、先の本会議で一般質問の答弁におきまして、大きな食い違いがあり、不適切で誤解を招きかねない発言で議会運営に迷惑をおかけをいたしました。


 今後は議会を尊重し、真摯に対応したいと思っております。


○議長(中村三千雄) 助役の発言が終わりました。


 本日の議事日程はあらかじめお手元に配付のとおりであります。


 直ちに日程に入ります。





               日程第1 委員会調査報告





○議長(中村三千雄) 日程第1、委員会調査報告についてを議題といたします。


 各特別委員長及び議会運営委員長より、閉会中の所管事務調査について、会議規則第101条の規定により報告書が提出されました。


 よって、委員長の報告を求めます。


 議会広報広聴特別委員長、武田昌起議員。


○7番(武田昌起議員) 委員会調査報告書を報告させていただきます。


 南あわじ市議会


 議長 中 村 三千雄 様


                            議会広報広聴特別委員会


                               委員長 武田昌起


 第6回南あわじ市議会臨時会において、本委員会に付託された事件について、その調査の経過並びに結果を会議規則第38条の規定により報告いたします。


              調  査  概  要


 1.付議事件


  南あわじ市議会広報編集発行及び広聴活動に関すること。


 2.調査の経過


 平成17年11月22日、第6回南あわじ市議会臨時会において、本特別委員会の設置及び付議事件が決議されました。


 以来、本特別委員会を10回にわたり開催し、編集・発刊に当たるとともに、元朝日新聞記者の小西孝彦氏を招いて、広報紙の編集に関する研修も行いました。


 (1)調査のため閉会中に開催した委員会


 平成17年 12月14日


 平成18年 1月17日・20日、2月15日、3月30日、4月13日・20日、6月15日、7月11日・20日


 (2)管外調査


 平成18年8月16日から17日、議会広報紙の編集・発刊に関する調査


 ・滋賀県栗東市議会


 ・朝日新聞大阪本社


 3.調査の結果


 本特別委員会は、第6回臨時会において、決議された要綱に基づき、定例会ごとの発行に向けて編集及び調査を行い、平成17年3月25日創刊号を発行し、現在は第7号の発行に至っています。


 当議会では、本会議及び委員会について、インターネット及び各庁舎・公民館においてモニターテレビによる会議の内容を中継して、開かれた議会活動を行っているが、議会広報紙発行の目的である「議会の活動状況を市民に周知する」、また「市民の議会及び市政に対する理解を深める」これらが果たせているか。


 また、情報化社会での会議公開を補完する一つの手段として効果を上げることができているかなど、委員全員で取り組んでまいりました。


 広報紙は事後発行であるため、ニュース性については劣っている面もありますが、市内全域に配布され、いつでも読み返せるという長所もあり、またホームページにも掲載をしています。


 今期においては、歴史探訪のコラム掲載等新しい取り組みにも挑戦しております。


 なお、次期においても広報紙の発行継続、広報紙の長所をさらに伸ばすための改善及び努力、あわせて広聴活動の充実と継続を望むものであります。


 以上、広報広聴特別委員会の調査報告を終わります。


○議長(中村三千雄) 議会広報広聴特別委員長の報告が終わりました。


 次に、総合防災対策調査特別委員長、楠直茂議員。


○25番(楠 直茂議員) それでは、総合防災対策調査特別委員会の報告をさせていただきます。


 南あわじ市議会


 議長 中 村 三千雄 様


                         総合防災対策調査特別委員会


                            委員長 楠  直 茂


          委 員 会 調 査 報 告 書


 第6回南あわじ市議会臨時会において、本委員会に付託された事件について、その調査の経過並びに結果を会議規則第38条の規定により報告いたします。


             調  査  概  要


 1.付議事件


 (1)東南海・南海地震対策及び津波対策の調査研究について


 (2)低地対策及び高潮対策の調査研究について


 2.調査の経過


 平成17年11月30日、第6回南あわじ市議会臨時会において、本特別委員会の設置及び付議事件が議決された。


 以来、本特別委員会を5回にわたり開催し、調査、研究を行うとともに、南海地震による津波で、兵庫県下でも最大の被害を受けるとされる福良湾の被害予想について、兵庫県津波災害研究会の調査結果による3次元動画の視聴を行った。


 (1)調査のため閉会中に開催した委員会


 平成18年 1月17日、2月22日、4月25日、5月25日、8月21日


 (2)管外調査


 平成18年9月6日


   徳島県美波町


   ・南海地震対策について


   ・津波避難タワーについて


 3.調査の結果


 (1)東南海・南海地震対策及び津波対策について


 新市発足後より、南あわじ市議会として災害に強いまちづくりのために、本特別委員会が継続して設置された。


 高い確率で近い将来発生する南海地震及び津波被害は、南淡地区においては兵庫県下で最大の被害が予想されるとともに、地震発生後から50分後に津波が当地に到達するといわれており、その対策と住民意識の高揚については、現在、市内全戸にハザードマップを配布し災害に対しての予備的知識を備えるとともに、自主防災組織の設立には市職員による推進員を各自治会に配置し、災害に対しての理解を求め、早期に市内全域に自主防災組織の立ち上げを求めるとともに、避難路については、地域住民との協議の上、確保を図られたい。とりわけ人口密集地である福良地域においては早急に確保ができるよう努力されたい。


 本年4月より、総合窓口センター課長に地域防災・振興を兼務させ、災害に対してより迅速に対応できるようにしているが、各庁舎間の連携及び指示について、より的確に対応できるよう訓練を行われたい。


 また、自主防災組織のリーダーともなる防災士の養成については、地域住民ができるだけ多く参加が得られるような方策を講じられたい。


 県事業で計画されている、福良湾及び阿万地区の防災ステーション建設については、地域と十分協議を重ね、市としての考え方を積極的に県へ伝えていただきたい。


 離島である沼島については、ヘリポート建設の計画もあり、消防・防災設備品の整備を初め、災害時の救助・救援体制についても十分考慮し早急に対応されたい。


 さらに、地域防災計画の策定、災害ボランティアの登録制度、各避難所の資機材の充実等、検討事項が山積しているが、事業の緊急性にかんがみ安全で安心なまちづくりの構築を図られたい。


 (2)低地対策及び高潮対策について


 低地対策については、平成16年の台風襲来による被害が甚大であったため、市としては、三原川水系の改善には非常に力を注いでいるが、河川整備及び内水排除については大きな進展が見られていない状況である。


 しかし、被害をなくする完全な方策については、非常に難しく、基本的には河川の改修を行い、内水の水をどれだけ川に流すのか、三原川水系の内水を13ブロックに分割し検討を行っているが、被害については、住宅の床上浸水をなくす、農地についてはある程度の冠水はやむを得ないとしているが、農作物の被害については農家の死活問題であり最善の努力を図られたい。


 河川整備については県が対応し、内水排除については市が担当するようになっているが、排水機場のポンプの改修などについては多額な費用が必要であり、今後国・県とも十分に協議を重ねるとともに、関係地域の意見が反映できるように努力されたい。


 高潮対策についても、護岸の改修及びフラップゲート等の改修及び新設について、関係部署の連携を密にし、小さな箇所からでも対応ができるよう対処されたい。


 災害はいつ起こるかわからない、市民それぞれが築いてきた財産を守るとともに、一番大切な生命をも守ることができるよう行政が中心となり、地域住民との対話を重ね災害に強いまちづくりを築き上げていただきたい。


○議長(中村三千雄) 総合防災対策調査特別委員長の報告が終わりました。


 次に、議会運営委員長、川上命議員。


○5番(川上 命議員) 議会運営委員会の調査報告をさせていただきます。


 南あわじ市議会


 議長 中 村 三千雄 様


                         議 会 運 営 委 員 会


                            委員長 川 上  命


          委 員 会 調 査 報 告 書


 第7回南あわじ市議会定例会において、本委員会に付託された事件について、その調査の経過並びに結果を会議規則第38条の規定により報告いたします。


             調  査  概  要


 l.調査事件


 (l)議会運営に関する事項


 (2)議会の会議規則、委員会に関する条例等に関する事項


 (3)議長の諮問に関する事項


 2.調査の経過


 平成17年12月22日、第7回南あわじ市議会定例会において、閉会中の継続調査事件として承認を受け、以来9回にわたり委員会を開催し、議会運営について自主的に調査を行うとともに、議案・陳情書等の審査を行った。


 また、南あわじ市議会政務調査費の交付に関する条例等の調査研究を行うとともに、会派制の議会運営についての実情を参考にするため、他市への管外調査も行った。


 (1)調査のため閉会中に開催した委員会


 平成18年 1月4日・13日、2月2日・16日・27日、4月6日・27日、5月8日、8月3日


 (2)管外調査


 平成18年7月4日〜5日


 ・兵庫県赤穂市議会


 ・岡山県笠岡市議会


     会派制の議会運営について


 3.調査の結果


 (1)議会運営に関する事項


 会議公開の原則に従い、市民の身近にある議会を目指し、本会議、各委員会については、インターネット及び各分庁舎、公民館においてテレビモニターにより中継を行い、関心持っていただくよう努めている。


 また、会議録についても、本会議、委員会も各公民館及び図書館で閲覧できるようにし情報公開に努めている。


 本委員会は、毎月初旬、定例的に開催し、議会運営や活動のあり方について問題点をとらえ、より適正で円滑な議会運営に資するため調査研究を行った。


 主な内容としては、定例会、臨時会の運営のあり方、常任委員会及び特別委員会の開催日程及び活動のあり方等、議会運営全般にわたり基本的事項の調査を行い、議会運営の充実に努めた。


 (2)議会の会議規則、委員会に関する条例等に関する事項


 南あわじ市行政組織条例の一部改正により、企画部が再編され、一部が総務部へ統合、名称も財務部となり、委員会の所管部を改正するとともに、常任委員の任期を2年から1年に改正を行ったところである。


 (3)議長の諮問に関する事項


 本格的な地方分権を向かえ、地方議会における活性化を図るために、審議能力をより一層強化していくことが不可欠であり、議員の調査研究に資するため必要な経費の一部として、自治法上制度化されている政務調査費について、当市議会においても政務調査費の交付に関する条例等の調査研究について、各常任委員会から1名の委員を含め調査研究を行い、参考人による意見聴取も行った。


 本年3月、第8回定例会において、南あわじ市議会政務調査費の交付に関する条例制定が可決されたところである。


 会派制については、会派規定の検討を行って規定が策定されたところであるが、会派代表者会を開催し、議会運営上の会派運営について協議を重ねているところである。


 以上、終わります。


○議長(中村三千雄) 議会運営委員長の報告が終わりました。


 以上で、委員会調査報告を終わります。





            日程第2 認定第1号〜認定第21号





○議長(中村三千雄) 日程第2、認定第1号から認定第21号、以上、21件一括議題としますが、これにご異議ございませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中村三千雄) 異議なしと認めます。


 よって、21件一括議題とすることに決しました。


 本案21件については、決算審査特別委員会に審査を付託しておりましたので、委員長より報告を求めます。


 決算審査特別委員長、北村利夫議員。


○15番(北村利夫議員) 委員会審査報告をいたします。


 ただいま、議題となりました認定第1号ないし認定第21号は、本定例会において当委員会に審査を付託され、9月7日、8日、11日、12日の4日間、決算審査特別委員会を開催し、審査を行いました。


 その経過と結果について、会議規則第38条の規定により報告します。


 審査に当たっては、委員会条例第21条の規定により、説明員の出席を求め審査を行いました。


 以下、審査の経過において、特に論議されました事項について報告します。


 認定第1号、平成17年度南あわじ市一般会計決算の認定について。


 市民税、対前年度比5.0%の減少の要因はの質疑に対し、16年度所得により課税していますが、16年度は台風の被害による、農業所得の減少が主な理由ですとの答弁でした。


 市民税、均等割、妻の非課税廃止による増税額は、また女性に対する増税負担増の考え方はの質疑に対し、17年度は2分の1課税で、均等割1,500円、4,781人で、約720万円の増税です。年金所得も含め、それなりの所得のある方に市民税として負担いただくということですとの答弁でした。


 起債の借り入れで、市中銀行等から借り入れる場合の利率の設定方法は、政府債に比べると若干高いと思うがの質疑に対し、こちらから借り入れの条件を付して、入札形式で行っています。社会情勢を踏まえれば、少し高いのは、仕方のないところですとの答弁でした。


 市税、滞納額が昨年度決算と比較して4,700万円増加しているの質疑に対し、そのような結果を踏まえ、18年度より徴収体制を強化していますとの答弁でした。


 固定資産税のうち償却資産税は、また業種別にわかるかの質疑に対し、償却資産税は、約5億6,000万円です。平成17年1月1日現在(合併前の旧町時代)に基づく課税ですので把握していませんが、18年度以降は可能ですとの答弁でした。


 地方交付税については、施政方針でも国の三位一体改革により昨年度から大幅に削減されましたと記載されていますが、17年度決算ではどうだったかの質疑に対し、17年度は、地方財政状況の通常分では減額ですが、合併特例により増額となっています。18年度以降は、制度改正・新型交付税の採用で、大幅に削減になるように聞いていますが、地方自治体には詳細な算定方法が提示されていませんとの答弁でした。


 17年度起債借入、教育債のうち、義務教育事業と合併特例事業の違いはの質疑に対し、合併特例事業の方が充当率において少し有利です。最大限有利な方に申請するのですが、許可制ですのでとの答弁でした。


 松くい虫防除事業の効果はの質疑に対し、特に航空防除において、規制で道路等から離れることが50mから200mになったため、防除しているところとしていないところでは明らかに違いが出ていますとの答弁でした。


 合併市町村補助金、4億円の性格と使途についての質疑に対し、合併に伴う臨時的経費に充当するもので、上限額5億4,000万円、17年度で4億円、18年度で1億4,000万円入ってきます。17年度は、20数項目に充当しています。主なものは、路線価評価業務、上水道認可策定業務、市勢要覧作成委託料、ケーブルテレビ整備事業等々ですとの答弁でした。


 路線価評価業務委託料になぜ合併補助金を充当したのかの質疑に対し、旧4町、土地の課税については標準化方式と一部路線価方式を採用していましたが、今回、平成21年の評価がえに対し、統一した課税に向けての事業でありますとの答弁でした。


 エレベーターの保守・点検委託の方法はの質疑に対し、市の管理するエレベーターは、31台あり、17年度は集約して入札を実施し、一括契約しました。昨年度より約100万円削減なりましたとの答弁でした。


 県知事選挙において配付したゴミ袋代が、選挙啓発費で支出されていないの質疑に対し、環境美化対策の一環で配付しましたもので、支出は衛生貴からですとの答弁でした。


 競輪訴訟対策委員会負担金の質疑に対し、西宮競輪廃止後の関係団体よりの訴訟に対する弁護士の経費負担金ですとの答弁でした。


 市議会議員選挙における選挙費用の公費負担の請求人数はの質疑に対し、選挙運動用自動車、運転手経費で41人、自動車燃料費で43人、ポスター経費で47人から申請があり、支出していますとの答弁でした。


 コミュニティバスの運行については、住民の声をよく聞いて、停留所、運行ルートの見直しをすべきではないかの質疑に対し、住民の利便性、市の財政面を考慮し、2年間の試行で判断し見直しをしますとの答弁でした。


 養護老人ホーム「さくら苑」の給食業務は引き続き委託するのかの質疑に対し、京都の業者ですが、できるだけ地元の食材を使っていただくこととし、18年度も継続して委託していますとの答弁でした。


 福祉いきいき住宅助成金、耐震補強工事も該当するかの質疑に対し、高齢者及び障害者の保有する住宅には助成しますとの答弁でした。


 保育所入所児童数が、一部の保育所で定員がオーバーしているの質疑に対し、国の基準では年度当初で15%、年度途中では25%まで認められています。認可定員の見直しも検討しますとの答弁でした。


 健康福祉増進施設「ゆ〜ぷる」の管理委託の経緯についての質疑に対し、旧南淡町当時、施設のスムーズな運営、展開、健全な経営能力等総合的に判断し、南淡町商工会福良支部に委託しましたとの答弁でした。


 公用車保険料の種類と加入先はの質疑に対し、対人・対物・車両保険に加入し、財団法人全国自治協会ですとの答弁でした。


 淡路広域行政事務組合「食肉センター」の3市における負担金割合はの質疑に対し、均等割と頭数割合ですとの答弁でした。


 優良乳用牛導入事業補助金についての質疑に対し、北海道産導入の1頭当たり5万円で30頭分です。旧町で行っていた継続事業で、17年度で終わりですとの答弁でした。


 バイオマス事業、不備な設備の改良工事における費用負担はの質疑に対し、当初提案していないものについては協議が必要ですが、それ以外は支払いいたしませんとの答弁でした。


 農業振興費で多額の補正予算を計上し、そのほとんどを繰り越した理由はの質疑に対し、阿万地区で、JAが行う育苗センター建設補助金(国庫補助金)が年度途中で繰り越しやむなしで交付決定があったものですとの答弁でした。


 施政方針において、特に進捗格差のある地籍調査事業を積極的に推進しますとありますが、その内容はの質疑に対し、旧三原町は46年、南淡町は47年、緑町は平成6年に着手し、西淡町は合併後着手と差があります。南あわじ市226K?のうち78K?、3分の1強が調査済みです。


 今後平成20年までに平たん地30k?を調査します。1k?当たり3,000万円で計9億円の事業になりますとの答弁でした。


 水産振興責、魚礁設置事業において瓦の利用計画はないのかの質疑に対し、漁場改良造成事業、並型魚礁設置工事(阿那賀沖)で瓦を利用していますとの答弁でした。


 林業振興費、山林火災跡地管理委託料の内容はの質疑に対し、平成6年、旧縁町、サンライズ淡路付近の山林火災の跡地で植栽の管理をシルバーに委託している経費ですとの答弁でした。


 農業公園管理事業費、管理運営委託料の内容はの質疑に対し、兵庫県が昭和60年、大鳴門橋の開通にあわせ、県民サービス向上のため、淡路ファームパークを設置、県からコアラの飼育等にかかる管理委託料として1億円の負担金歳入に伴う支出ですとの答弁でした。


 商工費において不用額が多い、特に負担金補助金においての質疑に対し、商工業制度融資利子補給金、淡路瓦屋根工事奨励金の不執行、また足湯が年度末に工事が完成したため、管理経費の不執行が主な理由ですとの答弁でした。


 工事等入札において、不落の件数及び理由はの質疑に対し、工事で30件、委託で8件です。詳細な調査はしていませんが、設計内容かと思います。特に災害復旧工事においては査定に基づき実施設計するため、内容変更できないのも原因ではとの答弁でした。


 国体の準備状況はの質疑に対し、17年度にリハーサル大会を実施したことにより、よい経験ができました。本番も大成功のうちに終わらせたいとの答弁でした。


 旧津井小学校を解体し、跡地の有効活用計画はの質疑に対し、それぞ小学校がなくなった地域については有効活用していますが、老朽化した津井小学校については解体に多額の費用がかかるため、とりあえず仮囲い工事を実施し管理しています。利用計画については、引き続き地元との協議を重ね検討しますとの答弁でした。


 学校給食の中で、月に1回か2回でも弁当をつくらせて持たせる考えは、また給食に関心を持っていただける事業、何か取り組みできないかの質疑に対し、食文化を教える場として給食は大切です。朝食をとらない児童、生徒が多く、給食を楽しみしています。弁当持参は難しいと思いますが、何か事業もあわせて検討しますとの答弁でした。


 採決の結果、賛成多数で認定すべきものと決しました。


 認定第2号、平成17年度南あわじ市国民健康保険特別会計決算の認定について。


 不納欠損額320万円の内訳はの質疑に対し、生活困窮者、財産のない方、死亡者、行方不明者等ですとの答弁でした。


 収納率の推移、また滞納者に対する処置はの質疑対し、16年度84.6%、17年度82.9%、マイナス1.7%です。18年2月現在では、資格証発行286件、短期証発行334件です。納税相談を実施し分納方式ででも支払いに努力していただくよう指導していますとの答弁でした。


 17年度の応能割はの質疑に対し、応能割47.79%、応益割52.21%ですとの答弁でした。


 採決の結果、賛成多数で認定すべきものと決しました。


 認定第3号、平成17年度南あわじ市老人保健特別会計決算の認定について。


 医療給付の不用額が多い理由はとの質疑に対し、総額が大きいため、率にすればそうでもないと思います。補正予算で対応しますが、2月受診者の額の決定が3カ月後になるのも要因ですとの答弁でした。


 採決の結果、賛成多数で認定すべきものと決しました。


 認定第4号、平成17年度南あわじ市介護保険特別会計決算の認定について。


 すいせんホール運営事業委託料92%の決定方法はの質疑に対し、指定管理の協定に基づき、合併前から決定していますとの答弁でした。


 施設介護サービス給付費の不用額が多いのは、10月からの制度改正によるものかの質疑に対し、その分は、12月の補正予算で考慮しています。やや多めの予算見込みを計上しており許容の範囲内ですとの答弁でした。


 特別養護老人ホームの入所希望者で待機者の人数はの質疑に対し、被保険者で130名ですとの答弁でした。


 採決の結果、賛成多数で認定すべきものと決しました。


 認定第5号、平成17年度南あわじ市訪問看護事業特別会計決算の認定について。


 訪問看護手数料の軽減は考えていないかの質疑に対し、国等が定めている報酬単価に基づき徴収していますとの答弁でした。


 遠距離訪問に対する加算金はの質疑に対し、加算金はありません。移動に時間がかかりますが、サービス内容は同じです。限られた職員ですので、効率のよいスケジュールを組んで実施していますとの答弁でした。


 採決の結果、賛成多数で認定すべきものと決しました。


 認定第6号、平成17年度南あわじ市公共下水道事業特別会計決算の認定について。


 工事請負費において、当初契約額に対し精算額で120%を超えるものが6件もあった、その増額の理由はの質疑に対し、十分現場を精査し設計しておりますが、掘削において湧き水、土質の変更が主な理由です。その他、公共升の関係でルート変更、また地元関係者と協議する中で、舗装復旧の材質変更等によるものですとの答弁でした。


 17年度、市が発注したすべての工事費で、議会の議決がいる1億5,000万円以上の件数は、また5,000万円以上はの質疑に対し、7件で約3%です。5,000万円以上は、災害復旧を除き約21%ですとの答弁でした。


 採決の結果、賛成多数で認定すべきものと決しました。


 認定第7号、平成17年度南あわじ市農業集落排水事業特別会計決算の認定について、


 認定第8号、平成17年度南あわじ市漁業集落排水事業特別会計決算の認定については、


 審査を行い、採決の結果、賛成多数で認定すべきものと決しました。


 認定第9号、平成17年度南あわじ市サイクリングターミナル事業特別会計決算の認定について。


 利用状況はの質疑に対し、宿泊者数で、17年度7,846人、16年度で8,206人でしたとの答弁でした。


 収支の状況はの質疑に対し、前年度繰越金があり黒字ですが、単年度では赤字ですとの答弁でした。


 近くにある、さんゆ〜館との連携はの質疑に対し、入浴希望者には送迎をします。また、割引券も発行していますとの答弁でした。


 採決の結果、賛成多数で認定すべきものと決しました。


 認定第10号、平成17年度南あわじ市慶野松原海水浴場特別会計決算の認定について。


 集客、観光施設として重要な施設、駐車場の利用状況はの質疑に対し、専用駐車場が200台、慶野松原荘の駐車場が150台ありますが、土・日曜日に集中するため不足します。社会教育センターにも誘導していますとの答弁でした。


 採決の結果、賛成多数で認定すべきものと決しました。


 認定第11号、平成17年度南あわじ市土地開発事業特別会計決算の認定について。


 企業団他の誘致においては思い切った発想の転換が必要ではの質疑に対し、そういうふうにしないとだめだと思いますとの答弁でした。


 採決の結果、賛成多数で認定すべきものと決しました。


 認定第12号、平成17年度南あわじ市産業廃棄物最終処分事業特別会計決算の認定について。


 処分場の状況はの質疑に対し、17年度末の埋立率で56.67%ですとの答弁でした。


 瓦くずの再利用の計画はの質疑に対し、一部魚礁として利用しています。それ以外は聞いていませんとの答弁でした。


 瓦くず処分に対する市の助成の考えはの質疑に対し、処分に対する価格設定において、考慮していますとの答弁でした。


 採決の結果、賛成多数で認定すべきものと決しました。


 認定第13号、平成17年度南あわじ市ケーブルテレビ事業特別会計決算の認定について。


 収支において、結果を出している要因はの質疑に対し、17年度は約1,300万円の黒字です。それは加入者が年々増加し、基本使用料の増、また17年度は大きい災害(台風・雷等)がなく、修繕費用の削減が主な理由ですとの答弁でした。


 住民との距離間、また、加入率向上の取り組みはの質疑に対し、番組編成職員を7名配置し、コミュニティづくりの番組を目指して取材活動をしています


 月1回の編集会議、また放送番組審議会には、住民の方8名にも入っていただいておりますとの答弁でした。


 採決の結果、賛成多数で認定すべきものと決しました。


 認定第14号、平成17年度南あわじ市公共用地先行取得特別会計決算の認定について、認定第15号、平成17年度南あわじ市広田財産区管理会特別会計決算の認定について、認定第16号、平成17年度南あわじ市福良財産区管理会特別会計決算の認定について、認定第17号、平成17年度南あわじ市北阿万財産区管理会特別会計決算の認定について、認定第18号、平成17年度南あわじ市沼島財産区管理会特別会計決算の認定については、


 審査を行い、採決の結果、賛成多数で認定すべきものと決しました。


 認定第19号、平成17年度南あわじ市水道事業会計決算の認定について。


 有収率が0.3%下がった原因はの質疑に対し、漏水及び下水道関連工事が多く、配水管の仮工事、本工事に伴う切りかえ時の洗管によるものですとの答弁でした。


 高料金対策補助金の算定方法はの質疑に対し、資本費が国の基準178円を上回る場合で、差額に有収水量を乗じて計算します。


 なお、合併特例により、15年間は旧町別で算出するか、有利な方法が選択できるため、その方法を採用しています。一般会計から補助金として歳入され、それには交付税算入があるものですとの答弁でした。


 老朽管、石綿管の改修状況はの質疑に対し、旧西淡、湊地区の改修は平成16年度から18年度でほぼ終わります。阿那賀、伊加利で一部残ります。旧南淡でも一部残っていますが、下水道工事にあわせて改修していますとの答弁でした。


 採決の結果、賛成多数で認定すべきものと決しました。


 認定第20号、平成17年度南あわじ市農業共済事業会計決算の認定については、審査を行い、採決の結果、賛成多数で認定すべきものと決しました。


 認定第21号、平成17年度南あわじ市国民宿舎事業会計決算の認定について。


 単年度収支では黒字となっているが、宿泊数は若干減少している。今後の対策はの質疑に対し、インターネットによる予約の受付、修学旅行生及び大学の合宿の受け入れ等、営業努力していますとの答弁でした。


 採決の結果、賛成多数で認定すべきものと決しました。


 以上で、決算審査特別委員会の審査報告を終わります。


○議長(中村三千雄) 委員長の報告が終わりました。


 これより質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


               (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中村三千雄) 質疑なしと認めます。


 暫時休憩いたします。


 再開は午後2時30分といたします。


               休憩 午後 2時21分


               ――――――――――――


               再開 午後 2時30分


○議長(中村三千雄) 再開いたします。


 これより討論に入ります。


 まず、認定第1号、平成17年度南あわじ市一般会計決算の認定について、通告がありますので発言を許可します。


 蛭子議員。


○11番(蛭子智彦議員) 私は、認定第1号、平成17年度南あわじ市一般会計決算を不認定する立場から討論を行います。


 決算審査に当たって、私たちは17年度の予算に基づいて執行された各事業や施策が、住民負担を軽減し、どのようにサービスが向上されたのか、市民の税金が効率よく市民に還元され、むだ遣いがないかどうか。


 とりわけ、社会的弱者に対する配慮ができているかどうか。また、予算執行による効果がどのようにあらわれ、今後、どのように引き継がれ改善がされているのかという点を重視して審査に臨んできました。


 そうした観点から見て、不十分な点を指摘いたします。


 まず、本年度の実質収支は294億3,000万円の収入に対し、282億4,000万円の支出で、繰越金の相殺と基金取崩額の減額をして計算すると、単年度実質収支は約1億5,000万円の黒字決算となっています。


 基金取崩額を平成16年度11億円から本年度は3億7,000万円と減額をし、今年度の当初予算の14億5,000万円の取り崩し予定からしても10億8,000万円を減額できたことは一つの成果です。


 平成17年度の予算編成ではコミュニティバスの導入、3歳児未満の外来医療費、3歳児以上就学未満までの入院医療費の無料化、負担軽減、高速バス利用の通勤、通学助成、小中学校入学祝金、第2子保育料の部分無料化などさまざまな努力は確かに見られます。


 しかし、基金取崩額を減額できたとはいえ、剰余金を出しながら高齢者への増税、住民税の引き上げ、高い水道料金の継続、公共施設の利用料の引き上げなどの住民負担を引き上げる一方、自治会活動への助成の減額、滝川奨学金の募集停止、公民館活動の縮小、外出支援サービスの所得制限、距離制限など、各分野でのサービスの低下が起こっています。


 また、合併により負担は低い方に、サービスは高い方に合わせると言ってきたのに、旧緑町では水道料金、国保税、ごみ袋などの市民生活の基本的な分野で負担がふえ、サービスが低下しています。


 このように、財政が厳しいからといっていろいろ理由をつけ、基金取り崩しを減らし、実質収支を黒字にしたとしても、市民生活や福祉の向上、社会的弱者への配慮などが犠牲にされた上での黒字であるならば、その価値観は下がってしまいます。


 また、税金のむだ遣いをやめるということから見たときにも大きな問題が出ています。


 公共工事の入札率が依然として高く、多くの市民から早急な改善を求める声が寄せられていながら、ほとんど改善が見られません。


 入札率は昨年9月まで平均98%、10月以降で95%と大変な状況です。足湯建設では、入札方法、契約金額、精算金額など数多くの問題を残しています。


 合併に伴う合併交付金では5億4,000万円のうち4億円が既に交付されていますが、そのうち2億円がケーブルテレビのエリア拡大、残り2億のうちの1億円余りが固定資産税の評価方法統一のために使われることになっています。


 これは合併による事務統一に使われたにすぎず、合併交付金の本来の目的から見て間違った使い方をしているといえます。


 合併交付金は住民サービスの格差是正に使われてこそ値打ちがあります。事務作業の調整のために使うとは理解しがたいものです。


 知事選挙でのごみ袋の配布は環境美化につなげるという取ってつけたような理由で行われました。知事選挙の投票率を上げるための手立てであったことは明白です。環境美化の効果を上げるには、一斉清掃時のごみ袋配布数をふやしたり、全住宅への無償配布でこそ効果が上がります。目的を明確にわかりやすい取り組みが必要です。


 また、農業公園の経営では、赤字になったら詳しく報告しますという姿勢は驚くべきものです。赤字になってからでは遅い、赤字になれば市民の税金を一層むだに使わなければならないし、現に補助金や委託金を大きくつぎ込んでいるのですから、市民の税金を注ぎ込まなければ維持できないものとなっていることは明白です。


 したがって、税金がどのように使われているのか、市民に知らせる義務がある中で、もっと情報公開が必要となっているにもかかわらず、ひた隠しにするようなやり方は改めるべきです。


 農業公園にとどまらず、業務指導契約のさまざまな問題、風力発電の赤字対策、ゆ〜ぷるのずさんな委託契約など第3セクターや業務委託契約をめぐる問題を市民の目から隠すのでなく、もっとオープンにするべきです。


 集会所条例と地域集会所条例があり、同和地区への優遇措置が継続されていますが、メリット、デメリットを総合的に判断をして、市民感情に配慮した改善を求めなければなりません。


 市民まつり、足湯建設、コミュニティバスなどにも共通することですが、市民と対話、市民の知恵と力を引き出す市政の弱さが指摘されています。


 これらに共通するのは、情報開示する積極的市政の欠如ではないでしょうか。


 一部の市民との協議だけで突然トップダウンで方針がおりてくる、下のものはただ従うだけというような状態が続けば、市民はもちろん、不満を持つ市民だけでなく、職員の士気にも響きます。


 士気低下を招く市政運営については、根本的に考え直すべきです。


 また、若者などの定住化を進めるためにも、公営住宅の建設は急務ですが、老朽化した公営住宅の増改築は全く見通しがありません。企業団地、住宅団地も売れ残り、住む場所、働く場所の展望が見出せない中、人口は減っていくばかりです。


 教育の分野でも、国や県の予算措置を待つだけでなく、市の独自の手立てを打って複式学級の解消や、35人学級の早期実現を行うべきです。


 自然学校にもさまざまな声が出ており、子供の発達段階の応じたものに改善が求められています。


 あそび塾のよさが継続をされ、休日、放課後、長期休暇中の取り組みとして学童保育が拡充されつつありますが、非常勤の職員を多く抱えるのが教育と福祉の分野です。安定した職場や雇用条件を確保することが定住化促進にもつながり、教育、福祉の内容を向上させます。


 給食センターの退職者の補充がされず、それぞれの職場の定数改善を図る市政に欠けた平成17年度一般会計決算であります。


 災害対策でも三原川水系の低地対策は全く手つかずに終わり、福良湾での津波対策、避難路の整備、避難経路の確保が不十分です。防災文化の創造といいながら、具体的な施策の乏しいものです。ハザードマップの作成や、自主防災組織の立ち上げもおくれました。


 災害は待ってくれないと言いながら、予算が取れない、財政面での不安を抱え、安心はいまだ遠い課題となっています。


 以上の理由から、平成17年度南あわじ市一般会計の決算の認定について不認定を表明いたします。


 議員各位におかれましては、賢明なるご判断を求めて討論といたします。


○議長(中村三千雄) 出田議員。


○26番(出田裕重議員) 私は、認定第1号、平成17年度南あわじ市一般会計決算の認定について賛成の立場から討論を行います。


 本決算は、4月から6月までは暫定予算で執行し、その後、市として初めて1年を通じて編成された予算として、平成17年6月議会において慎重審議を経て議決され執行されたものであります。


 主たる内容として、平成16年災害の復旧対策を最優先に実施するとともに、旧町時代からの継続事業の実施を初めとし、少子化対策、高齢者等の福祉対策、下水道整備やほ場整備等の生活・生産基盤整備などを可能な限り重点的に取り組んできたものであります。また、監査委員による審査が厳粛に行われ、関係書類、諸帳簿及び証書類については正確であり、予算の執行についても適正であると認められています。


 以上のことから、本決算は適正であると考え、私の賛成討論といたします。


○議長(中村三千雄) 次に、認定第2号、平成17年度南あわじ市国民健康保険特別会計決算の認定について、通告がありますので発言を許可します。


 蛭子議員。


○11番(蛭子智彦議員) 私は、認定第2号、平成17年度南あわじ市国民健康保険会計決算認定に対する不認定の討論を行います。


 自然災害と長引く不況、小泉構造改革による格差の拡大で市民生活は大変困窮を深めています。そのことは、国民健康保険税の滞納状況にも如実にあらわれています。


 決算審査の中で、国保税の滞納者1,269人のうち、年収100万円以下世帯で997人、100万円から200万円以下で159件と、合計1,156件。何と、滞納者全体のうち91%が低所得階層の方が滞納していることがわかります。


 金の切れ目が命の切れ目といいます。短期証や資格証明書で滞納者にも保険証が利用できるような制度もありますが、実際には窓口での全額負担が求められたり、場合によっては受診をあきらめたりする場合が生じています。


 国保税は言うまでもなく地方税であり、地方税法第6条、地方団体は公益上その他の事由により必要がある場合においては不均一の課税をすることができると明記されているように、特別の事情のある低所得者、生活困窮者には市長の判断で税の非課税を行えます。


 厳しい経済状況の中、低所得者、生活困窮者の立ち直りを促し、地球よりも重いといわれる人命を守り、貧しいものであっても安心して病気と闘える環境をつくり出すことが求められているのではないでしょうか。


 平成17年度決算は、命を守りきる志に欠けた予算の使われ方に終わっています。


 平成17年度には剰余金が1億6,900万円あり、その3分の1を使うだけで滞納繰越分の約5,000万円を減額することができたはずです。


 また、診療所の医師確保でも現状に甘んじ、将来への不安や危機感をいまだ感じていない対応であり、容認するわけにはいきません。


 以上のことから、平成17年度南あわじ市国民健康保険特別会計決算認定に対する不認定の態度を表明し、討論といたします。


 議員各位におかれましては、賢明なるご判断をお願いをいたします。


○議長(中村三千雄) 福原議員。


○22番(福原美千代議員) 私は、認定第2号、平成17年度南あわじ市国民健康保険特別会計決算の認定について、賛成の立場から討論いたします。


 高齢化の進展、医療技術の進歩などにより医療費は増加の一途をたどっております。


 また、国民健康保険の制度特有の脆弱な財政基盤から、財政状態は極めて危機的な状況であるといわれております。


 このような中、平成17年度の南あわじ市国民健康保険決算につきましては、被保険者数で159人の減少でありますが、保険給付費、老人保健拠出金、介護納付金の合計額では、前年度より1億7,744万円、3.4%の増加となっております。


 一方、国民健康保険税でありますが、前年度より3,636万円、2%の減となっております。


 平成16年度の台風災害等による影響で、約16億円もの課税標準所得が落ち込みました。本来なら大きな税率改正が必要でありますが、一般会計から5,000万円の繰り入れを行い、また財政調整基金からは9,753万6,000円の取り崩しなどの税の負担軽減が図られたことは大いに評価されるものと思っております。


 引き続き、厳しい国保の財政状況ではありますが、国保税の徴収率向上と生活習慣病対策を強力に推進し、医療費の適正化に向け努力され、健全な国保の運営がなされることをお願いいたしまして、私の賛成討論といたします。


 議員各位のご賛同をよろしくお願いいたします。


○議長(中村三千雄) 次に、認定第4号、平成17年度南あわじ市介護保険特別会計決算の認定について、通告がありますので発言を許可します。


 蛭子議員。


○11番(蛭子智彦議員) 私は、認定第4号、平成17年度介護保険特別会計決算認定に対する不認定の討論を行います。


 この介護保険制度は、今、国によって大きくゆがめられています。必要な介護が受けられない、保険料を払っているのにサービスから排除される。いわゆる介護難民が急速にふえています。


 平成17年はその本格改悪実施直前の事業活動の総括を行うものですが、既にその兆候があらわれています。


 介護給付サービス費の不用額が1億1,000万円生まれています。これは、居住費、給食費などの患者負担が昨年10月から求められたことから、会計年度途中で補正をかけ減額をして、当初予算から給付費を約2億円減額した上に、さらに1億1,000万円の不用額が生まれたということです。


 昨年、6月議会での介護保険予算に対する反対討論でも明らかにしているように、利用者家族の負担が急激にふえる中で、退所者利用制限が必ず起こると指摘したとおりの事態が進んでいること、この事実は物語っています。


 また、経済状況の悪化から保険税の滞納も蔓延し、介護保険財政を圧迫しています。国の施策の誤り、経済の悪化、そのしわ寄せを市民に押しつけることは到底できません。


 以上のことから、平成17年度南あわじ市介護保険特別会計決算について不認定の態度を表明して討論を終わります。


 議員各位におかれましては、賢明なるご判断を賜りますようお願いを申し上げます、


○議長(中村三千雄) 楠直茂議員。


○25番(楠 直茂議員) 認定第4号、平成17年度南あわじ市介護保険特別会計決算の認定について、賛成の立場から討論をいたします。


 介護保険は、加齢に伴って生ずる心身の変化に起因する疾病等により要介護状態になり、介護や看護などを要する人などについて、これらの人が尊厳を保持し、その有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるよう、必要な保健医療サービス及び福祉サービスにかかわる給付を行うことによって、国民の保健医療の向上及び福祉の増進を図ることを目的としております。


 平成17年度南あわじ市介護保険特別会計における歳入歳出の内容は、その目的に合致したものであります。


 また、歳入歳出差引残額は、約7,270万円の黒字決算であり、健全な財政運営となっております。よって、本会計の決算は適正であると申し上げ、賛成討論といたします。


 議員各位のご賛同をよろしくお願いいたします。


○議長(中村三千雄) 以上で、通告による討論は終わりました。


 これより採決を行います。


 採決は、分割または一部一括して行いますのでご留意願います。


 まず、認定第1号、平成17年度南あわじ市一般会計決算の認定について採決します。


 本件に対する委員長の報告は認定であります。


 よって、本件を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(中村三千雄) 起立多数です。


 よって、認定第1号は委員長の報告のとおり認定されました。


 次に、認定第2号、平成17年度南あわじ市国民健康保険特別会計決算の認定についてを採決します。


 本件に対する委員長の報告は認定であります。


 よって、本件を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(中村三千雄) 起立多数です。


 よって、認定第2号は委員長の報告のとおり認定されました。


 次に、認定第3号、平成17年度南あわじ市老人保健特別会計決算の認定について採決します。


 本件に対する委員長の報告は認定であります。


 よって、本件を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(中村三千雄) 起立多数です。


 よって、認定第3号は委員長の報告のとおり認定されました。


 次に、認定第4号、平成17年度南あわじ市介護保険特別会計決算の認定について採決します。


 本件に対する委員長の報告は認定であります。


 よって、本件を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(中村三千雄) 起立多数です。


 よって、認定第4号は委員長の報告のとおり認定されました。


 次に、認定第5号、平成17年度南あわじ市訪問看護事業特別会計決算の認定について採決します。


 本件に対する委員長の報告は認定であります。


 よって、本件を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(中村三千雄) 起立多数です。


 よって、認定第5号は委員長の報告のとおり認定されました。


 次に、認定第6号、平成17年度南あわじ市公共下水道事業特別会計決算の認定について採決します。


 本件に対する委員長の報告は認定であります。


 よって、本件を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(中村三千雄) 起立多数です。


 よって、認定第6号は委員長の報告のとおり認定されました。


 次に、認定第7号、平成17年度南あわじ市農業集落排水事業特別会計決算の認定について採決します。


 本件に対する委員長の報告は認定であります。


 よって、本件を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(中村三千雄) 起立多数です。


 よって、認定第7号は委員長の報告のとおり認定されました。


 次に、認定第8号、平成17年度南あわじ市漁業集落排水事業特別会計決算の認定について採決します。


 本件に対する委員長の報告は認定であります。


 よって、本件を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(中村三千雄) 起立多数です。


 よって、認定第8号は委員長の報告のとおり認定されました。


 次に、認定第9号、平成17年度南あわじ市サイクリングターミナル事業特別会計決算の認定について採決します。


 本件に対する委員長の報告は認定であります。


 よって、本件を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(中村三千雄) 起立多数です。


 よって、認定第9号は委員長の報告のとおり認定されました。


 次に、認定第10号、平成17年度南あわじ市慶野松原海水浴場特別会計決算の認定について採決します。


 本件に対する委員長の報告は認定であります。


 よって、本件を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(中村三千雄) 起立多数です。


 よって、認定第10号は委員長の報告のとおり認定されました。


 次に、認定第11号、平成17年度南あわじ市土地開発事業特別会計決算の認定について採決します。


 本件に対する委員長の報告は認定であります。


 よって、本件を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(中村三千雄) 起立多数です。


 よって、認定第11号は委員長の報告のとおり認定されました。


 次に、認定第12号、平成17年度南あわじ市産業廃棄物最終処分事業特別会計決算の認定について採決します。


 本件に対する委員長の報告は認定であります。


 よって、本件を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(中村三千雄) 起立多数です。


 よって、認定第12号は委員長の報告のとおり認定されました。


 次に、認定第13号、平成17年度南あわじ市ケーブルテレビ事業特別会計決算の認定について採決します。


 本件に対する委員長の報告は認定であります。


 よって、本件を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(中村三千雄) 起立多数です。


 よって、認定第13号は委員長の報告のとおり認定されました。


 次に、認定第14号、平成17年度南あわじ市公共用地先行取得特別会計決算の認定について採決します。


 本件に対する委員長の報告は認定であります。


 よって、本件を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(中村三千雄) 起立多数です。


 よって、認定第14号は委員長の報告のとおり認定されました。


 次に、認定第15号ないし認定第18号、以上4件一括して採決を行いたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中村三千雄) 異議なしと認めます。


 よって、さよう決しました。


 認定第15号ないし認定第18号、平成17年度南あわじ市広田財産区、福良財産区、北阿万財産区、沼島財産区管理会特別会計決算の認定について、4件一括して採決します。


 本4件に対する委員長の報告はいずれも認定であります。


 よって、本4件を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(中村三千雄) 起立多数です。


 よって、認定第15号ないし認定第18号、以上4件は委員長の報告のとおり認定されました。


 次に、認定第19号、平成17年度南あわじ市水道事業会計決算の認定について採決します。


 本件に対する委員長の報告は認定であります。


 よって、本件を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(中村三千雄) 起立多数です。


 よって、認定第19号は委員長の報告のとおり認定されました。


 次に、認定第20号、平成17年度南あわじ市農業共済事業会計決算の認定について採決します。


 本件に対する委員長の報告は認定であります。


 よって、本件を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(中村三千雄) 起立多数です。


 よって、認定第20号は委員長の報告のとおり認定されました。


 次に、認定第21号、平成17年度南あわじ市国民宿舎事業会計決算の認定について採決します。


 本件に対する委員長の報告は認定であります。


 よって、本件を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(中村三千雄) 起立多数です。


 よって、認定第21号は委員長の報告のとおり認定されました。





       日程第3 議案第107号、議案第110号〜議案第112号





○議長(中村三千雄) 日程第3、議案第107号及び議案第110号ないし議案第112号、以上4件一括議題としますが、これにご異議ございませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中村三千雄) 異議なしと認めます。


 よって、4件一括議題とすることに決しました。


 本案4件については、総務常任委員会に審査を付託しておりましたので、委員長より報告を求めます。


 総務常任委員長、森田議員。


○19番(森田宏昭議員) 総務常任委員会審査報告を朗読をもって報告いたします。


 ただいま議題となりました、議案第107号、議案第110号ないし議案第112号は、本定例会において当委員会に審査を付託され、9月13日、総務常任委員会を開催し審査を行いました。その経過と結果について、会議規則第38条の規定により報告します。


 審査に当たっては、委員会条例第21条の規定により説明員の出席を求め審査を行いました。


 以下、審査の経過において特に論議されました事項について報告します。


 議案第107号、平成18年度南あわじ市一般会計補正予算(第2号)、歳入について、


 質疑、市民まつり寄附金83万円についての問いに対し、税の関係で指定寄附となり、20名分で、一たん市の会計に入れて実行委員会へ支出を行ったとの答弁でした。


 次に、淡路人形協会負担金96万円についての問いに対し、人形浄瑠璃の入門ビデオ作成にかかる経費負担との答弁でした。


 次に、らん・らんバス運賃収入当初300万円を今回243万8,000円の追加の理由についての問いに対し、10月1日より灘・阿万線開通に伴う追加分で、200円の1日平均67人、182日分で計算し計上しているとの答弁でした。


 歳出について、質疑、地方路線バス運行補助金1,020万円についての問いに対し、灘・阿万線運行に伴う初期投資経費及びランニングコスト半年分との答弁でした。


 次に、集会所改修補助金についての問いに対し、集会所条例に基づいて補助を行うもので、現在、要望は29カ所あるが、改修を行う9カ所と見積書の提出がある9カ所も含め、おおむね20カ所を想定しているとの答弁でした。


 次に、市民生活応急措置費(いなりこ予算)100万円の追加で、どのような要望が多いのかの問いに対し、ほとんどが自治会からの要望で、溝蓋の改修など安全面の対策が多いとの答弁でした。


 次に、地域農業再生対策事業補助金の2,547万5,000円についての問いに対し、県2分の1、市4分の1、地元4分の1での災害復旧事業で、農業用施設等の再生で500万円が上限で、125万円が地元負担、16年度から19年度の4年間で事業が終了するとの答弁でした。


 次に、魚礁効果調査委託料について、今まで調査を行っていなかったのかの問いに対し、旧町では行っていなかったが、調査が必要と思われるため、今後は継続していきたいとの答弁でした。


 次に、淡路広域消防事務組合負担金4,021万4,000円の追加についての問いに対し、職員9名の増員、南淡分署へ工作車配備及び車庫の改築工事費の負担分との答弁でした。


 採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。


 議案第110号、南あわじ市監査委員条例の一部を改正する条例制定については、審査を行い、採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。


 議案第111号、消防組織法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例制定については、審査を行い、採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。


 議案第112号、西淡町災害見舞金支給条例を廃止する条例制定について。


 質疑、条例を廃止し、今後の対応についての問いに対し、南あわじ市災害見舞金要綱を制定し、10月1日より施行して対応するとの答弁でした。


 次に、要綱策定の経緯についての問いに対し、旧町では西淡のみ条例化され、残り3町では要綱で対応していたので、整合性を図るため要綱策定を行ったとの答弁でした。


 委員会の意見として、この際、要綱ではなく条例として定めるように執行部へ要望した。


 採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。


 以上で、総務常任委員会審査報告を終わります。


○議長(中村三千雄) 委員長の報告が終わりました。


 これより質疑を行います。


 質疑はありませんか。


               (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中村三千雄) なしと認めます。


 これより討論に入りますが、通告がありませんので、討論なしと認めます。


 よって、直ちに採決を行います。


 採決は分割して行います。


 まず、議案第107号、平成18年度南あわじ市一般会計補正予算(第2号)について採決します。


 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。


 よって、本案を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(中村三千雄) 起立多数です。


 よって、議案第107号は委員長の報告のとおり可決されました。


 次に、議案第110号、南あわじ市監査委員条例の一部を改正する条例制定について採決します。


 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。


 よって、本案を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(中村三千雄) 起立多数です。


 よって、議案第110号は委員長の報告のとおり可決されました。


 次に、議案第111号、消防組織法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例制定について採決します。


 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。


 よって、本案を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(中村三千雄) 起立多数です。


 よって、議案第111号は委員長の報告のとおり可決されました。


 次に、議案第112号、西淡町災害見舞い金支給条例を廃止する条例制定について採決します。


 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。


 よって、本案を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(中村三千雄) 起立多数です。


 よって、議案第112号は委員長の報告のとおり可決されました。





 日程第4 議案第108号、議案第109号、議案第113〜議案第119号、議案第122号





○議長(中村三千雄) 日程第4、議案第108号、議案第109号、議案第113ないし議案第119号及び議案第122号、以上10件一括議題としますが、これにご異議ございませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中村三千雄) 異議なしと認めます。


 以上、10件一括議題とすることに決しました。


 本案10件については、文教厚生常任委員会に審査を付託しておりましたので、委員長より報告を求めます。


 文教厚生常任委員長、眞野議員。


○8番(眞野正治議員) 委員会審査報告を朗読をもって報告いたします。


 ただいま議題となりました、議案第108号、議案第109号、議案第113号ないし議案第119号、議案第122号は本定例会において当委員会に審査を付託され、9月14日文教厚生常任委員会を開催し審査を行いました。


 その経過と結果について、会議規則第38条の規定により報告します。


 審査に当たっては、委員会条例第21条の規定により説明員の出席を求め審査を行いました。


 以下、審査の経過において特に論議されました事項について報告します。


 議案第108号、平成18年度南あわじ市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)についてであります。


 医療費が高額になった場合、同じ病気で月がまたがった場合、高額医療費支給が受けられない場合があるが改善はできないのかとの質疑に対し、現在の制度では支給対象にならない。税の控除制度の利用もあるという答弁でございました。


 採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。


 次に、議案第109号、平成18年度南あわじ市介護保険特別会計補正予算(第1号)、国・県への返納金額が大きい。積立金の考え方と活用についてという質疑に対し、国・県からは見込みにより交付され、実績により返納する。積立金については、基金条例に基づき、余剰金は基金へ、保険料だけでできない場合は取り崩すとの答弁でございました。


 採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。


 次に、議案第113号、南あわじ市特別養護老人ホーム条例の一部を改正する条例制定についてでありますが、審査を行い、採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。


 次に、議案第114号、南あわじ市養護老人ホーム条例の一部を改正する条例制定について、さくら苑の入居状況及び介護認定の状況についてという質疑に対し、97名の入居者で、約半数が介護認定を受けているとの答弁でした。


 また、どのようなサービスを受けているか、また負担についてという質疑に対し、介護資格を持った職員で、入浴介護などを行っている。負担については、ほとんどいらないとの答弁でした。


 採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。


 次に、議案第115号、南あわじ市デイサービスセンター条例の一部を改正する条例制定について、並びに議案第116号、南あわじ市在宅介護支援センター条例の一部を改正する条例制定について、この2件は、審査を行い、採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。


 次に、議案第117号、南あわじ市訪問看護ステーション条例の一部を改正する条例制定について。


 訪問リハビリの希望が多いが、理学療法士、作業療法士の増員についてはとの質疑に対し、訪問リハビリのみでは原則でできないので、増員は困難との答弁でした。


 また、ケアマネジャーの応募状況についてとの問いに対し、ケアマネジャーの有資格者が少ないので難しい状況との答弁でした。


 また、10月から、ベッド、車いすの利用について、軽度の人は利用できないがどうなっているかとの問いに対し、本当に必要な人については利用できるようにしているとの答弁でした。


 以上、採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。


 次に、議案第118号、南あわじ市国民健康保険条例の一部を改正する条例制定については、審査を行い、採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。


 次に、議案第119号、南あわじ市福祉医療費助成条例の一部を改正する条例制定について。


 老人の福祉医療費で高額医療費の支給要件が80万円から65万円に引き下げられたことにより、その対象者についてとの質疑に対し、65歳から70歳未満で1,750名の方が対象との答弁でございました。


 採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。


 次に、議案第122号、南あわじ市公民館条例の一部を改正する条例制定については、審査を行い、採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。


 以上で、文教厚生常任委員会の審査報告を終わります。


○議長(中村三千雄) 委員長の報告が終わりました。


 これより質疑を行います。


 質疑はありませんか。


               (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中村三千雄) 質疑なしと認めます。


 暫時休憩いたします。


 再開は3時35分といたします。


               休憩 午後 3時25分


               ――――――――――――


               再開 午後 3時35分


○議長(中村三千雄) 再開いたします。


 これより討論に入ります。


 まず、議案第114号、南あわじ市養護老人ホーム条例の一部を改正する条例制定について、通告がありますので発言を許可します。


 吉田議員。


○1番(吉田良子議員) 私は、議案第114号、南あわじ市養護老人ホーム条例の一部を改正する条例制定について、認められない点があり、反対討論を行います。


 今回の改正は、介護保険法の改正により、養護老人ホームさくら苑が現在行っている事業に新しく介護予防訪問介護事業、短期入所生活介護事業などを加え、入所者がこの制度によるサービスを利用した場合、新たに入所費用とは別に徴収するために費用負担を定めるものであります。


 さくら苑の入所者は、9月14日現在、要支援者13名、要介護35名、自立の方は49名、全員で97名であります。


 要支援、要介護の方に対してサービス提供が新しく行われるということですが、主に、トイレ、排泄介助、入浴介助を現在の職員が資格を持って行うものでありますが、さくら苑の今現在入所している方の入所費用は、収入によって39段階に分けられていますが、所得の低い人が多く、22段階までに約75%を占めております。入所費用ゼロという方も17名いらっしゃいます。


 今回の制度改正で利用料について、軽減制度はあるものの、要介護者に新たに負担ということになることは到底認められないものであります。


 減免制度を適用するなど、負担増にならないことを求めて討論を行います。


○議長(中村三千雄) 市川議員。


○2番(市川一馬議員) 私は、議案第114号、南あわじ市養護老人ホーム条例の一部を改正する条例制定について、賛成の立場から討論いたします


 今回の養護老人ホーム条例の一部改正は、介護保険法の改正に伴い、養護老人ホームが行う事業について、老人ホームの基本事業である、老人福祉法に基づく短期入所事業、入所措置事業を規定するとともに、新たに介護保険法の規定に基づき、訪問介護事業及び介護予防訪問介護事業、短期入所生活介護事業及び介護予防短期入所生活介護事業、特定施設入居者生活介護事業及び介護予防特定施設入居者生活介護事業を加え、さらに老人ホーム利用にかかる費用の負担の規定を追加するものです。


 これにより、外部サービス利用型特定施設の指定を受けるとともに、施設業務に訪問介護事業を追加し介護サービスを必要とする利用者に対し、できる限り施設職員がサービスを提供できるよう整備しようとするものであります。


 また、入所者が介護サービスを受けたときの自己負担額についても十分な対応がなされております。


 以上のことから、今回の南あわじ市養護老人ホーム条例の一部を改正する条例制定は、必要かつ適切なものと考え、賛成するといたします。


 議員各位のご賛同をよろしくお願いいたします。


○議長(中村三千雄) 次に、議案第118号、南あわじ市国民健康保険条例の一部を改正する条例制定について、通告がありますので、発言を許可します。


 吉田議員。


○1番(吉田良子議員) 議案第118号、南あわじ市国民健康保険条例の一部を改正する条例制定について、反対討論を行います。


 国民健康保険加入者は、医療を受けた場合、自己負担額は、年齢、所得によって負担割合が2割であったり、3割であったりというふうになっております。


 医療改革の中で、2006年10月1日から70歳以上の一定所得者については一部負担金が2割だったものが3割に引き上げられます。


 このような市民負担については、南あわじ市国民健康保険条例第9条第1項の中で明らかにされていますが、今回この部分を削除するというものであります。


 国民健康保険を使って市民が医療を受けたときの負担については、条例の中で明らかにすべきであります。


 今後、乳幼児患者負担限度措置対象年齢の引き上げ、出産一時金を30万から35万円に見直しされる部分面はありますが、小泉改革の5年間は高齢者に対して、医療、介護の改悪が進められ、2008年4月からは70歳から74歳はさらに2割に引き上げられます。


 また、高額療養費の自己負担額も見直しが行われ、負担がふえることになります。


 介護では、10月から療養型病床群に入院されている70歳以上の方に、食費で4万2,000円、居住費で1万円の負担を求め、1割の医療費の定率自己負担と合計すると、平均9万4,000円ということになり、国民年金では到底賄えないようなことに今なりつつあります。


 このようなときに、市民負担がふえるとき、市としても負担金については削除ではなく、条例で明確にすべきだったため、反対討論を行います。


 議員各位のご賛同をどうかよろしくお願いいたします。


○議長(中村三千雄) 福原議員。


○22番(福原美千代議員) 議案第118号、南あわじ市国民健康保険条例の一部を改正する条例制定について、私は賛成の立場から討論を行います。


 この条例改正は、第9条の一部負担金の項目を削除するものであります。


 健康保険法等の一部を改正する法律が、平成18年6月21日公布され、これにより国民健康保険法の一部改正として、70歳以上の一定以上所得者については、10月から一部負担金の割合が2割から3割に引き上げられることとなりました。


 本来なら条例内容の改正をすべきところではありますが、医療制度改正によりまして、今後も負担割合の改正が予定されていることから、本条文を削除することとしたものであります。


 本条例は、国民健康保険法の定めるところによる条例でありますし、この部分を削除することには問題がないものと思いますが、被保険者である住民への周知、理解を得ることの配慮は十分なされるようお願いいたしまして私の賛成討論といたします。


 議員各位のご賛同をよろしくお願いいたします。


○議長(中村三千雄) 次に、議案第119号、南あわじ市福祉医療費助成条例の一部を改正する条例制定について、通告がありますので、発言を許可します。


 吉田議員。


○1番(吉田良子議員) 議案第119号、南あわじ市福祉医療費助成条例の一部を改正する条例制定について、認められない点があり、反対討論を行います。


 老人保健法施行令の改正によって、所得の低い人が高額医療費を受けようとするときの年金の所得控除額が65万円から引き上げられ、80万円となりました。


 例えば、単身世帯で年金収入のみの場合は80万円以下ということになります。


 しかし、南あわじ市条例第4条で、福祉医療費の支給で福祉医療の対象となっている方、65歳から70歳未満、1,750名の所得の低い方についてはこの老人保健法の改正の80万円が適用されず、これまでの65万円で福祉医療が受けられるということで、対象者の枠が限定されることになるから、到底認めることはできません。


 福祉医療助成は兵庫県と各市町で行われております。県に対して、この65万から80万円の拡大について要望するとともに、市としても独自の助成制度の改善を求め討論といたします。


 議員各位の賛同をどうぞよろしくお願いいたします。


○議長(中村三千雄) 森上議員。


○24番(森上祐治議員) 議案第119号、南あわじ市福祉医療費助成条例の一部を改正する条例制定について、私は賛成の立場から討論をいたします。


 この条例の一部改正は、健康保険法等の一部を改正する法律の施行に伴いまして、用語の改正及び削除並びに条文を追加するものであります。


 第2条第8号では、特定療養費を保険外併用療養費に改め、また第10号では特定承認保険医療機関を削除するものであります。


 保険外併用療養費制度を導入し、混合診療の対象範囲を広げることを目的としており、患者負担の軽減が図られるものと思われます。


 福祉医療制度は、都道府県の制度であります。全国47都道府県及び政令指定都市でこの財政状況の厳しいときに、まだ存続しているのは10数県、都市であると聞いております。


 例えば、お隣の徳島で治療を受けた人が、徳島県はそういう制度がございませんので、この兵庫県で受けているというようなことも聞いておるような、兵庫県は非常に頑張っている充実した内容で実施している制度であります。引き続き、この制度の維持と福祉の向上に備えるようお願いいたしまして、私の賛成討論といたします。


 議員各位のご賛同をよろしくお願いいたします。


○議長(中村三千雄) 以上で、通告による討論は終わりました。


 これより採決を行います。


 採決は分割して行います。


 まず、議案第108号、平成18年度南あわじ市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)について採決します。


 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。


 よって、本案を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(中村三千雄) 起立多数です。


 よって、議案第108号は委員長の報告のとおり可決されました。


 次に、議案第109号、平成18年度南あわじ市介護保険特別会計補正予算(第1号)について採決します。


 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。


 よって、本案を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(中村三千雄) 起立多数です。


 よって、議案第109号は委員長の報告のとおり可決されました。


 次に、議案第113号、南あわじ市特別養護老人ホーム条例の一部を改正する条例制定について採決します。


 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。


 よって、本案を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(中村三千雄) 起立多数です。


 よって、議案第113号は委員長の報告のとおり可決されました。


 次に、議案第114号、南あわじ市養護老人ホーム条例の一部を改正する条例制定について採決します。


 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。


 よって、本案を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(中村三千雄) 起立多数です。


 よって、議案第114号は委員長の報告のとおり可決されました。


 次に、議案第115号、南あわじ市デイサービスセンター条例の一部を改正する条例制定について採決します。


 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。


 よって、本案を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(中村三千雄) 起立多数です。


 よって、議案第115号は委員長の報告のとおり可決されました。


 次に、議案第116号、南あわじ市在宅介護支援センター条例の一部を改正する条例制定について採決します。


 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。


 よって、本案を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(中村三千雄) 起立多数です。


 よって、議案第116号は委員長の報告のとおり可決されました。


 次に、議案第117号、南あわじ市訪問看護ステーション条例の一部を改正する条例制定について採決します。


 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。


 よって、本案を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(中村三千雄) 起立多数です。


 よって、議案第117号は委員長の報告のとおり可決されました。


 次に、議案第118号、南あわじ市国民健康保険条例の一部を改正する条例制定について採決します。


 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。


 よって、本案を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(中村三千雄) 起立多数です。


 よって、議案第118号は委員長の報告のとおり可決されました。


 次に、議案第119号、南あわじ市福祉医療費助成条例の一部を改正する条例制定について採決します。


 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。


 よって、本案を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(中村三千雄) 起立多数です。


 よって、議案第119号は委員長の報告のとおり可決されました。


 次に、議案第122号、南あわじ市公民館条例の一部を改正する条例制定について採決します。


 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。


 よって、本案を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(中村三千雄) 起立多数です。


 よって、議案第122号は委員長の報告のとおり可決されました。





   日程第5 議案第120号、議案第121号、議案第123号、議案第124号





○議長(中村三千雄) 日程第5、議案第120号、議案第121号、議案第123号、議案第124号、以上4件一括議題としますが、これにご異議ございませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中村三千雄) 異議なしと認めます。


 よって、4件一括議題とすることに決しました。


 本案4件については、産業建設常任委員会に審査を付託しておりましたので、委員長より報告を求めます。


 産業建設常任委員長、阿部議員。


○3番(阿部計一議員) 委員会審査報告を朗読をもって報告いたします。


 ただいま議題となりました、議案第120号、議案第121号、議案第123号、議案第124号については、本定例会において当委員会に審査を付託され、9月15日、産業建設常任委員会を開催し審査を行いました。その経過と結果について、会議規則第38条の規定により報告します。


 審査に当たっては、委員会条例第21条の規定により説明員の出席を求め審査を行いました。


 以下、審査の経過において特に論議されました事項について報告いたします。


 議案第120号、南あわじ市営住宅条例の一部を改正する条例制定について。


 質疑、駐車場については、1戸当たり何台確保しているか。また周辺への駐車状況について。答弁、1戸当たり1.5台確保している。隣接する市営住宅の駐車についてはないように聞いている。


 質疑、公園などの設置について。答弁、ブランコ、砂場、すべり台を設置している。


 質疑、一般公営住宅16戸の募集における定住化促進・少子化対策について。答弁、16戸のうち、市外若年世帯を対象に4戸募集する。


 採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。


 議案第121号、南あわじ市営特定公共賃貸住宅条例の一部を改正する条例制定について、議案第123号、字の区域の変更について、議案第124号、特定環境保全公共下水道事業阿万浄化センター水処理施設土木・建築工事請負変更契約の締結については、審査を行い、採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。


 以上で、産業建設常任委員会の審査報告を終わります。


○議長(中村三千雄) 委員長の報告が終わりました。


 これより質疑を行います。


 質疑はありませんか。


               (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中村三千雄) なしと認めます。


 これより討論に入りますが、通告がありませんので、討論なしと認めます。


 よって、直ちに採決を行います。


 採決は分割して行います。


 まず、議案第120号、南あわじ市営住宅条例の一部を改正する条例制定について、採決します。


 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。


 よって、本案を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(中村三千雄) 起立多数です。


 よって、議案第120号は委員長の報告のとおり可決されました。


 次に、議案第121号、南あわじ市営特定公共賃貸住宅条例の一部を改正する条例制定について採決します。


 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。


 よって、本案を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(中村三千雄) 起立多数です。


 よって、議案第121号は委員長の報告のとおり可決されました。


 次に、議案第123号、字の区域の変更についてを採決します。


 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。


 よって、本案を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(中村三千雄) 起立多数です。


 よって、議案第123号は委員長の報告のとおり可決されました。


 次に、議案第124号、特定環境保全公共下水道事業阿万浄化センター水処理施設土木・建築工事請負変更契約の締結について採決します。


 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。


 よって、本案を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(中村三千雄) 起立多数です。


 よって、議案第124号は委員長の報告のとおり可決されました。





             日程第6 請願第4号、請願第5号





○議長(中村三千雄) 日程第6、請願第4号及び請願第5号、以上、2件一括議題としますが、これにご異議ございませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中村三千雄) 異議なしと認めます。


 よって、2件一括議題とすることに決しました。


 本案2件については、文教厚生常任委員会に審査を付託しておりましたので、委員長より報告を求めます。


 文教厚生常任委員長、眞野議員。


○8番(眞野正治議員) 委員会審査報告を朗読をもって報告いたします。


 ただいま議題となりました請願第4号及び5号は、本定例会において当委員会に審査を付託され、9月14日委員会を開催し、紹介議員の出席を求め、請願事項の説明を受け、審査を行いました。その経過と結果について、会議規則第38条の規定により報告します。


 請願第4号、兵庫県教育委員会に対し「『高校教育改革第2次実施計画』は地元自治体・住民の意見を十分に聞き、合意のもとで策定することを求める意見書」の提出を求める請願書。


 南あわじ市では1校になるが、淡路島内での分校の取扱いについてどうかという質疑に対し、島内で中学卒業者が448名の減少となるので、分校についても含まれると思われるという答弁でございました。


 採決の結果、賛成多数で採択すべきものと決しました。


 次に、請願第5号、兵庫県に対し「小中高30人学級実現を求める意見書」の提出を求める請願書。


 県が35人学級を小学2年生までにとどめた理由についてという質疑に対し、大型公共事業に予算が支出されているとの答弁でした。


 また、30人学級と35人学級との違いについてとの質疑に対し、国の基準は40人。山形県では33人学級を取り入れ、学力の向上、欠席が減る、友達がふえるなど効果が出ている。


 現在では、小学2年生までが35人学級で、3年生になると40入学級が基本となるため、2クラスであったのが1クラスになる場合があり、子供が不安になる場合があるとの答弁でした。


 採決の結果、賛成多数で採択すべきものと決しました。


 以上で、文教厚生常任委員会審査報告を終わります。


○議長(中村三千雄) 委員長の報告が終わりました。


 これより質疑を行います。


 質疑はありませんか。


               (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中村三千雄) 質疑なしと認めます。


 これより討論に入りますが、通告がありませんので、討論なしと認めます。


 よって、直ちに採決を行います。


 採決は分割して行います。


 まず、請願第4号、兵庫県教育委員会に対し「『高校教育改革第2次実施計画』は地元自治体・住民の意見を十分に聞き、合意のもとで策定することを求める意見書」の提出を求める請願書について、採決します。


 本件に対する委員長の報告は採択であります。


 よって、本件を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(中村三千雄) 起立多数です。


 よって、請願第4号は委員長の報告のとおり採択することに決しました。


 次に、請願第5号、兵庫県に対し「小中高30人学級実現を求める意見書」の提出を求める請願書について、採決します。


 本件に対する委員長の報告は採択であります。


 よって、本件を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(中村三千雄) 起立多数です。


 よって、請願第5号は委員長の報告のとおり採択することに決しました。





                日程第7 請願第6号





○議長(中村三千雄) 日程第7、請願第6号、「兵庫県産粘土瓦利用住宅特別融資制度」の設立に関する請願書を議題とします。


 本件については、産業建設常任委員会に審査を付託しておりましたので、委員長より報告を求めます。


 産業建設常任委員長、阿部議員。


○3番(阿部計一議員) 委員会審査報告を朗読をもって報告いたします。


 ただいま議題となりました請願第6号は、本定例会において当委員会に審査を付託され、9月15日委員会を開催し、紹介議員より請願事項の説明を受け審査を行いました。


 その経過と結果について、会議規則第38条の規定により報告します。


 請願第6号、「兵庫県産粘土瓦利用住宅特別融資制度」の設立に関する請願書は、審査を行い、採決の結果、賛成多数で原案のとおり採択すべきものと決しました。


 以上で、産業建設常任委員会審査報告を終わります。


○議長(中村三千雄) 委員長の報告が終わりました。


 これより質疑を行います。


 質疑はありませんか。


               (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中村三千雄) なしと認めます。


 これより討論に入りますが、通告がありませんので、討論なしと認めます。


 よって、直ちに採決を行います。


 本件に対する委員長の報告は採択であります。


 よって、本件を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(中村三千雄) 起立多数です。


 よって、請願第6号は委員長の報告のとおり採択することに決しました。





                日程第8 発議第9号





○議長(中村三千雄) 日程第8、発議第9号、「高校教育改革第二次実施計画」については地元自治体・住民の意見を十分に聞き、合意のもとで策定することを求める意見書についてを議題とします。


 提出者より提案理由の説明を求めます。


 眞野議員。


○8番(眞野正治議員) 提案理由の説明をいたします。


 発議第9号


                             平成18年9月20日


 南あわじ市議会議長 中村三千雄 様


                 提出者 南あわじ市議会議員  眞 野 正 治


                 賛成者 南あわじ市議会議員  森 上 祐 治


                         〃      吉 田 良 子


                         〃      市 川 一 馬


                         〃      川 上   命


                         〃      乙 井 勝 次


                         〃      福 原 美千代


                         〃      沖   弘 行





 「高校教育改革第二次実施計画」については地元自治体・住民の意見を十分に聞き、合意のもとで策定することを求める意見書


 上記の議案を、別紙のとおり会議規則第13条の規定により提出をいたします。


 提出の理由を説明させていただきます。


 本市には、県立三原高校・志知高校がありますが、県の第一次高校教育改革では、小規模化した学校について2校を1校とする発展的統合の方針により、平成19年度より新設校として統合されます。


 また、第8回議会定例会において「三原高校、志知高校の発展的統合による南あわじ市地域の新設高校の学級数を1学年8学級とすることに関する意見書」が提出されていますが、今回の意見書は平成19年度からの「高校教育改革第二次実施計画」の策定に関し提出する「意見書」であります。


 県において、既に本年度「県立高等学校長期構想検討委員会」が立ち上げられており、少子化によるさらなる生徒数の減少と財政難を背景に、「高校教育改革第二次実施計画」はより一層厳しい内容と懸念されております。


 つきましては、「高校教育改革第二次実施計画」が検討されはじめた今、地元自治体・住民の意見を十分に聞き、合意のもとで「高校教育改革第二次実施計画」が策定されるよう「意見書」を提出するものであります。


 なお、提出先につきましては、別紙意見書提出先をごらんおき願います。


 議員におかれましては、慎重審議の上、適切なるご判断をお願いいたしまして提案理由の説明といたします。


○議長(中村三千雄) 提案理由の説明が終わりました。


 これより質疑を行います。


 質疑はありませんか。


               (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中村三千雄) 質疑なしと認めます。


 これより討論に入りますが、通告がありませんので、討論なしと認めます。


 よって、直ちに採決を行います。


 本件については、原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(中村三千雄) 起立多数です。


 よって、発議第9号は原案のとおり可決されました。





               日程第9 発議第10号





○議長(中村三千雄) 日程第9、発議第10号、「小・中・高校30人学級実現」を求める意見書についてを議題といたします。


 提出者より提案理由の説明を求めます。


 眞野議員。


○8番(眞野正治議員) 提案理由の説明をいたします。


 発議第10号


                             平成18年9月20日


 南あわじ市議会議長 中村三千雄 様


                 提出者 南あわじ市議会議員  眞 野 正 治


                 賛成者 南あわじ市議会議員  森 上 祐 治


                         〃      吉 田 良 子


                         〃      市 川 一 馬


                         〃      川 上   命


                         〃      乙 井 勝 次


                         〃      福 原 美千代


                         〃      沖   弘 行





      「小・中・高校30人学級実現」を求める意見書について


 上記の議案を、別紙のとおり会議規則第13条の規定により提出をいたします。


 提出の理由を説明させていただきます。


 子供たちに、豊かな人格としっかりした学力を身につけてほしい。これは、私たち県民の共通の願いです。


 多くの自治体ではこの願いに応えるべく、少人数学級実現に向けての努力を行っています。先の通常国会においても小泉首相自身が「少人数学級の方がよいと思う」と答弁したように、少人数学級の実現は国民的合意となっています。


 兵庫県においても、今年度より小学校2年生まで35入学級が実現していますが、これのさらなる拡大を求めるとともに、特に本市においては、三原志知、灘、沼島小学校の複式学級の解消を強く求めます。


 次代を担う子供たちの健やかな成長のために意見書を提出するものであります。


 なお、提出先につきましては、別紙意見書提出先をごらんおき願います。


 議員諸兄におかれましては、慎重審議の上、適切なるご判断をお願いしまして提案理由の説明といたします。


○議長(中村三千雄) 提案理由の説明が終わりました。


 これより質疑を行います。


 質疑はありませんか。


               (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中村三千雄) 質疑なしと認めます。


 これより討論に入りますが、通告がありませんので、討論なしと認めます。


 よって、直ちに採決を行います。


 本件については、原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(中村三千雄) 起立多数です。


 よって、発議第10号は原案のとおり可決されました。





               日程第10 発議第11号





○議長(中村三千雄) 日程第10、発議第11号、「兵庫県産粘土瓦利用住宅特別融資制度」の創設に関する意見書についてを議題とします。


 提出者より提案理由の説明を求めます。


 阿部議員。


○3番(阿部計一議員) 提案理由の説明をいたします。


 発議第11号


                             平成18年9月20日


 南あわじ市議会議長 中村三千雄 様


                 提出者 南あわじ市議会議員  阿 部 計 一


                 賛成者 南あわじ市議会議員  登 里 伸 一


                         〃      長 船 吉 博


                         〃      武 田 昌 起


                         〃      砂 田 杲 洋


                         〃      楠   和 廣


                         〃      小 島   一


                         〃      印 部 久 信


                         〃      島 田 貞 洋


                         〃      野 口 健一郎





    「兵庫県産粘土瓦利用住宅特別融資制度」の創設に関する意見書


 上記の議案を、別紙のとおり会議規則第13条の規定により提出いたします。


 提出の理由を説明させていただきます。


 兵庫県産粘土瓦は長期化する不況の中、日本古来の木造建築に変わる建築様式の洋風化に伴う需要不振を初め、産地間における価格競争の激化に加え、原油価格の高騰に起因する燃料の大幅な値上げなどさまざまな要因から、収益性の悪化、経営不振を招き、今までにない深刻な局面に立たされています。


 こうした状況下、国、県の支援を得て軽量瓦を初め、耐寒いぶし瓦、融雪瓦等への取り組み、さらに後継者育成を積み重ねておりますが、将来への不安、若者による後継者不足など非常に厳しい状況が続いております。


 全国三大産地の一つである淡路瓦は厳しい日本の気候風土に最適な機能を有し、経済的にもすぐれた屋根材であります。人と環境にやさしいこの屋根材は本市の重要な地場産業であります。


 つきましては、県内において地場産業である県内産粘土瓦を住宅に使用し施工した場合に特別融資が受けられるよう、「兵庫県産粘土瓦利用住宅特別融資制度」の創設を強く要望し、地場産業の活性化の一助とするため兵庫県知事に意見書を提出するものであります。


 議員各位におかれましては、慎重審議の上、適切なるご判断をお願いしまして提案理由の説明といたします。


○議長(中村三千雄) 提案理由の説明が終わりました。


 これより質疑を行います。


 質疑はありませんか。


               (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中村三千雄) 質疑なしと認めます。


 これより討論に入りますが、通告がありませんので、討論なしと認めます。


 よって、直ちに採決を行います。


 本件については、原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(中村三千雄) 起立多数です。


 よって、発議第11号は原案のとおり可決されました。





               日程第11 発議第12号





○議長(中村三千雄) 日程第11、発議第12号、道路整備の財源確保を求める意見書についてを議題とします。


 提出者より提案理由の説明を求めます。


 阿部議員。


○3番(阿部計一議員) 提案理由の説明をいたします。


 発議第12号


                             平成18年9月20日


 南あわじ市議会議長 中村三千雄 様


                 提出者 南あわじ市議会議員  阿 部 計 一


                 賛成者 南あわじ市議会議員  登 里 伸 一


                         〃      長 船 吉 博


                         〃      武 田 昌 起


                         〃      砂 田 杲 洋


                         〃      楠   和 廣


                         〃      小 島   一


                         〃      印 部 久 信


                         〃      島 田 貞 洋


                         〃      野 口 健一郎





           道路整備の財源確保を求める意見書


 上記の議案を、別紙のとおり会議規則第13条の規定により提出をいたします。


 提出の理由を説明させていただきます。


 提出の理由


 道路は、豊かな住民生活や活力ある経済・社会活動を支える最も基礎的な社会資本であり、地域間の交流・連携を促進する高規格道路から、幹線道路網である国・都道府県道及び住民生活に密着した市町村道まで体系的な整備が必要である。


 特に、都道府県・市町村道の整備率が約5割という状況において、厳しい財政の中から道路整備に多額の一般財源を投入せざるを得ない地方公共団体にとっては、財源確保は重要な課題である。


 こうした中、国においては、行政改革推進法に基づき、骨太の方針の策定に向け、道路特定財源の一般財源化を基本方針として見直しの議論がなされているところでありますが、一般財源化により道路整備財源の安定的確保に大きな影響を及ぼし、「真に必要な道路」の整備が大きく停滞することが懸念されるところであります。


 また、受益者負担という制度の趣旨を踏まえると、道路整備以外の用途へ充当することについて、納税者の理解を得ることは到底できない。


 よって、道路特定財源制度の趣旨を踏まえ、一般財源化することなく道路整備のための財源として確保するとともに、地方への配分割合を高めるなど、地方における道路整備財源のさらなる拡大を図ることを強く要望いたします。


 なお、提出先につきましては、別紙意見書提出先をごらんいただきたいとお願いします。


 議員におかれましては、慎重審議の上、適切なるご判断をお願いしまして提案理由の説明といたします。


○議長(中村三千雄) 提案理由の説明が終わりました。


 これより質疑を行います。


 質疑はありませんか。


               (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中村三千雄) 質疑なしと認めます。


 これより討論に入りますが、通告がありませんので、討論なしと認めます。


 よって、直ちに採決を行います。


 本件については、原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(中村三千雄) 起立多数です。


 よって、発議第12号は原案のとおり可決されました。





              日程第12 議員派遣の申し出





○議長(中村三千雄) 日程第12、議員派遣の申し出の件を議題といたします。


 議員派遣については、お手元に配付のとおり、会議規則第154条の規定により派遣いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中村三千雄) 異議なしと認めます。


 よって、議員派遣の申し出については、お手元に配付のとおり議員派遣することに決しました。





  日程第13 議会運営委員会、常任委員会の閉会中の所管事務調査の申し出





○議長(中村三千雄) 日程第13、議会運営委員会、常任委員会の閉会中の所管事務調査の申し出の件を議題とします。


 所管事務調査については、各委員長より会議規則第102条の規定により、お手元に配付しております一覧表のとおり閉会中の継続調査をしたい旨、申し出がありました。


 各委員長よりの申し出を、閉会中の継続調査とすることにご異議ございませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中村三千雄) 異議なしと認めます。


 よって、各委員長の申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決しました。


 以上で、今期定例会に付議されました議案はすべで議了しました。


 よって、第11回南あわじ市議会定例会を閉会をします。





               閉会 午後 4時31分





○議長(中村三千雄) 中田市長よりごあいさつがあります。





                  市長あいさつ





○市長(中田勝久君) 閉会に当たりまして、一言お礼のごあいさつを申し上げたいと思います。


 去る8月28日より本日まで開催されました今定例会、非常に長丁場でございましたが、本当に議員の皆さん方にはご苦労さんでございました。


 この議会は、特に決算審査が大変主でございまして、平成17年度南あわじ市の一般会計決算、これらを含めた21件の決算審査をいただいたわけでございます。


 そのすべてをご認定いただきましたことを改めて厚く御礼を申し上げたいと思います。


 当然、その審査の中でいろいろとご指摘をいただいたり、また、要望案件等もあったわけでございますが、それらを十分真摯に受けとめ、精査しながら今後の取り組みに生かすなり、また参考にさせていただきたい、このように思っている次第でございます。


 また、そのほかの件につきましては非常に多うございました。


 これらにつきましても、すべてご可決いただきましたことを改めて厚く御礼申し上げる次第でございます。


 さて、のじぎく兵庫国体、あと10日ほどに迫ってきたところでございますが、関係する機関、また議員各位、市民、そして市の職員等々にも大変これまでお世話をいただき、順調に準備が進められております。


 そして、特に10月2日には常陸宮殿下がお成りになるということでございまして、私どももこの大会が皇室のお成りによってなお一層品の高い大会が開催できるということで非常に喜んでいる次第でございます。


 どうぞ、これからも議員各位、また、先ほど申し上げた市民、市の職員についても成功裏に終わるよう、特にご理解、ご協力をお願いいたしたいと思います。


 また、ことしは非常に暑うございまして、なかなか体調管理に非常に皆さん方もご苦労されたと思います。


 季節的には10月ということで非常に過ごしやすい季節になるわけでございますが、夏の疲れが出ないよう十分ご自愛をいただきまして、議員活動、またご精励に取り組まれるようご期待を申し上げましてお礼のごあいさつにかえたいと思います。


 どうもありがとうございました。





                  議長あいさつ





○議長(中村三千雄) 閉会に当たり一言ごあいさつを申し上げます。


 今期定例会は、国体の関係もあり、異例の8月末、28日に招集され、本日までの24日間にわたり提案されました平成17年度の決算の認定が21会計、条例の制定及び一部改正、平成18年度の一般会計ほか補正予算等々、数多くの重要案件につきましては、議員各位には終始極めて熱心にご審議を賜り、適切妥当な結論を得ましたことに対し、重ねて敬意と感謝を申し上げる次第であります。


 市長初め執行部の皆さん方には、審議の間、常に真摯な態度でご協力いただきましたことに対して深く敬意をあらわすとともに、本会議並びに委員会において議員各位から出されました意見、要望等については、今後十分にご配慮の上、執行に当たられますよう強く要望する次第であります。


 いよいよ、のじぎく国体も開催します。


 南あわじ市にも全国各地から多くの選手が訪れます。関係者、そして市民が一丸となって大成功裏に終わらせたいものであると思っております。


 暑さ厳しかった夏が過ぎ、いよいよ秋本番の好季節となってまいりました。


 議員各位並びに、執行部におかれましては、特に健康に留意されまして、ますますご活躍くださいますようご祈念を申し上げまして閉会のごあいさつといたします。


 どうもありがとうございました。





地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。





平成18年 9月20日























                   南あわじ市議会議長  中 村 三千雄





                     会議録署名議員  廣 内 孝 次





                     会議録署名議員  楠   和 廣