議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 南あわじ市

平成18年第8回定例会(第7日 3月22日)




平成18年第8回定例会(第7日 3月22日)





  ┌────────────────────────────────────┐


  │  第8回南あわじ市議会定例会会議録                  │


  │               (第7日)                │


  │                    平成18年 3月22日(水曜日)│


  │                       開会   午前10時00分│


  └────────────────────────────────────┘





 
 第 1.議案第47号 南あわじ市バイオマス利活用施設条例制定についての議案撤回


            の件


 第 2.議案第 1号 平成17年度南あわじ市一般会計補正予算(第6号)


 第 3.議案第 2号〜議案第5号、議案第9号(5件一括上程)


     議案第 2号 平成17年度南あわじ市国民健康保険特別会計補正予算(第4


            号)


     議案第 3号 平成17年度南あわじ市老人保健特別会計補正予算(第2号)


     議案第 4号 平成17年度南あわじ市介護保険特別会計補正予算(第4号)


     議案第 5号 平成17年度南あわじ市訪問看護事業特別会計補正予算(第2


            号)


     議案第 9号 平成17年度南あわじ市産業廃棄物最終処分事業特別会計補正


            予算(第3号)


 第 4.議案第 6号〜議案第8号、議案第10号、議案第79号〜議案第81号(7


            件一括上程)


     議案第 6号 平成17年度南あわじ市公共下水道事業特別会計補正予算(第


            3号)


     議案第 7号 平成17年度南あわじ市農業集落排水事業特別会計補正予算(


            第3号)


     議案第 8号 平成17年度南あわじ市漁業集落排水事業特別会計補正予算(


            第3号)


     議案第10号 平成17年度南あわじ市水道事業会計補正予算(第4号)


     議案第79号 特定環境保全公共下水道事業管渠布設工事(福良6号)請負変


            更契約の締結について


     議案第80号 コミュニティプラント整備事業庄田浄化センター土木建築工事


            請負変更契約の締結について


     議案第81号 コミュニティプラント整備事業庄田浄化センター機械電気工事


            請負変更契約の締結について





会議に付した事件


 第 1.議案第47号


 第 2.議案第 1号


 第 3.議案第 2号〜議案第5号、議案第9号(5件一括上程)


 第 4.議案第 6号〜議案第8号、議案第10号、議案第79号〜議案第81号(7


            件一括上程)





 日程追加第1.議案第82号 南あわじ市バイオマス利活用施設条例制定について


 日程追加第2.同意第 2号 教育委員会委員の任命につき同意を求めることについて





               (散 会 宣 告)





出席議員(28名)


  1番  吉 田 良 子            15番  北 村 利 夫


  2番  市 川 一 馬            16番  原 口 育 大


  3番  阿 部 計 一            17番  印 部 久 信


  4番  長 船 吉 博            18番  島 田 貞 洋


  5番  川 上   命            19番  森 田 宏 昭


  6番  蓮 池 洋 美            20番  乙 井 勝 次


  7番  武 田 昌 起            21番  登 里 伸 一


  8番  眞 野 正 治            22番  福 原 美千代


  9番  砂 田 杲 洋            23番  沖   弘 行


 10番  木 曽 弘 美            24番  森 上 祐 治


 11番  蛭 子 智 彦            25番  楠   直 茂


 12番  廣 内 孝 次            26番  出 田 裕 重


 13番  楠   和 廣            27番  野 口 健一郎


 14番  小 島   一            28番  中 村 三千雄





欠席議員(なし)





欠  員(なし)





事務局出席職員職氏名


 事務局長    富 田 千 秋


 課長      山 口 恒 利


 書記      松 下 良 卓





説明のために出席した者の職氏名


 市長              中 田 勝 久


 助役              川 野 四 朗


 収入役             長 江 和 幸


 教育長             塚 本 圭 右


 総務部長            岡 田 昌 史


 財務部長            藤 本   昇


 市民生活部長          小 路 益 生


 健康福祉部長          中 島 義 晴


 農業振興部長          島 田 悦 夫


 都市整備部長          中 田 明 樹


 上下水道部長          稲 山 昜 二


 教育部長            喜 田 憲 康


 総務部次長兼市長公室長     田 村   覚


 総務部次長           奥 村 智 司


 財務部次長           稲 山 益 男


 市民生活部次長         三 好 雅 大


 健康福祉部次長         平 野 文 啓


 産業振興部次長         高 田 耕 次


 農業振興部次長         森   光 男


 都市整備部次長         吉 川 満 広


 上下水道部次長         津 谷 忠 志


 教育部次長           柳 本 佳 博


 次長兼会計課長         高 川 欣 士


 次長兼農業委員会事務局長    島 田 憲 治


 総務部総務課長         渕 本 幸 男


 財務部財政課長         馬 部 総一郎


 選挙管理委員会事務局長兼監査委員事務局長


                 高 見 雅 文





              開会 午前 10時30分





○議長(中村三千雄) おはようございます。


 ただいまの出席議員は28名であります。


 定足数に達しております。


 直ちに本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付のとおりであります。


 直ちに日程に入ります。





              日程第1 議案第47号





○議長(中村三千雄) 3月6日、市長から提出された、議案第47号 南あわじ市バイオマス利活用施設条例制定については、3月16日、撤回したいとの申し出がありました。


 日程第1、議案第47号 南あわじ市バイオマス利活用施設条例制定についての議案撤回の件を議題といたします。


 撤回の理由の説明を求めます。


 助役。


○助役(川野四朗君) ただいま議案第47号の議案撤回の件につきまして、ご説明を申し上げたいと思います。


 この件につきましては、過日、産業建設常任委員会で審査の途中、議員の方からご指摘を受けまして、錯誤が発見をされたわけでございます。


 たび重なる文言の訂正というふうなことの中から、我々といたしましては、非常に遺憾でございまして、改めてここで陳謝を申し上げて、一応、議案を取り下げをさせていただきまして、改めて訂正後、議案を提出させていただこうというふうに思っております。


 中身につきましては、議案の中の第11条第6項に、「第8条の規定は」というところに、「第6条の規定は」というところが、8条の誤りでございました。


 それから、別表第2のところにも、「6条関係」というのがありましたのが「8条関係」、その2ヵ所が間違っておりましたので、訂正をさせていただくものでございます。


 どうかよろしくお願いを申し上げたいと思います。


○議長(中村三千雄) 撤回の理由の説明が終わりました。


 これより質疑を行います。


 質疑ありませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中村三千雄) 質疑なしと認めます。


 これより採決を行います。


 議案第47号 南あわじ市バイオマス利活用施設条例制定について、撤回を許可することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(中村三千雄) 起立多数であります。


 よって、議案第47号の撤回の件は、許可することに決しました。





              日程第2 議案第1号





○議長(中村三千雄) 日程第2、議案第1号 平成17年度南あわじ市一般会計補正予算(第6号)についてを議題といたします。


 本案については、総務常任委員会に審査を付託しておりますので、委員長より報告を求めます。


 総務常任委員長、森田宏昭議員。


○総務常任委員長(森田宏昭議員) 委員会審査報告を、朗読をもって報告いたします。


 ただいま議題となりました議案第1号は、本定例会において当委員会に審査を付託され、3月20日総務常任委員会を開催し、審査を行いました。


 その経過と結果について、会議規則第38条の規定により報告します。


 審査に当たっては、委員会条例第21条の規定により、説明員の出席を求め、審査を行いました。


 以下、審査の経過について、特に論議されました事項について報告します。


 議案第1号 平成17年度南あわじ市一般会計補正予算(第6号)。


 全般では、5億4,200万円の減額の要因についての問いに対し、歳入では交付税等の確定、歳出でおおむね精算による減額との答弁でした。


 次に、財政厳しい中で努力しサービスを下げずに補正予算を計上しているかの問いに対し、3月補正予算は、精算を見込んで行い、サービスの低下をしないように節約も含めて行っているとの答弁でした。


 歳入では、クア施設、さんゆー館の使用料減の理由についての問いに対し、パスポート購入者の利用が、見込みより多かったため、また、第二泉源の利用が10月からとなったためとの答弁でした。


 次に、臨時財政対策債についての問いに対し、平成13年から15年までは伸びているが、16年からは減額となっているとの答弁でした。


 次に、公債費の見通しについての問いに対し、3月中に財政計画の策定予定で、起債制限比率が14パーセントを超えると、公債費負担健全化計画の作成が必要になるため、有利な方法で行っているとの答弁でした。


 次に、合併補助金について、今後どのようになっていくのか、また使いたいところで使えない理由はとの問いに対し、5億4,000万円のうち、17年度4億円、18年度1億4,000万円、ハード面は起債、ソフト面は補助金を使用、17年度4億円のうち2億円は、ケーブルテレビに使用しているとの答弁でした。


 歳出では、臨時職員などの共済費減の理由についての問いに対し、一般会計の中で各項目にも計上していたためとの答弁でした。


 次に、ケーブルテレビ施設整備工事費減及び実施設計委託料減の理由についての問いに対して、入札により減額となったとの答弁でございました。


 次に、通信運搬費、1,800万円減額の理由はとの問いに対し、当初旧町の積み上げで計上していたが、合併によりスケールメリットが生じたためとの答弁でした。


 次に、地方路線バス運行補助金、600万円減額の理由についての問いに対し、灘・阿万線、及びせい太くんバスの補助金で、主に淡路交通の精算により補助金が減額となったため、また市の負担は10パーセントとの答弁でした。


 次に、民生費全般で減額が見られる、その理由はの問いに対し、特に医療費で旧町の利用者を勘案し計上していたが、精査の結果利用者が減になったためとの答弁でした。


 次に、農業費でブランド日本条件整備事業の補助金の内容はの問いに対し、JAあわじ島農協の18年度事業で、レタス育苗施設建設の事業補助が急遽採択されたためで、トンネル事業分との答弁でした。


 消防費で、退職報償金、1,800万円減の理由は、また訂正についての問いに対し、退団者減によるもの、また団員確保が苦慮している団があり、今後分団統合も考えられるとの答弁でした。


 教育費で、小・中学校通学バス運行委託料の減の理由はの問いに対し、精算により特に辰美小学校で臨時的な運行を多く見積もっていたためとの答弁でした。


 次に、埋蔵文化財で出土などがあれば、経費の負担割合はの問いに対して、基本的には利用者負担だが、不足する場合は市で負担する場合があるとの答弁でございました。


 採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。


 以上で、総務常任委員会審査報告を終わります。


○議長(中村三千雄) 委員長の報告が終わりました。


 これより質疑を行います。


 質疑ありませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中村三千雄) 質疑なしと認めます。


 これより討論に入りますが、通告がありませんので討論なしと認めます。


 よって、直ちに採決を行います。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 よって、本案を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(中村三千雄) 起立多数であります。


 よって、議案第1号は、委員長の報告のとおり可決されました。





        日程第3 議案第2号〜議案第5号、議案第9号





○議長(中村三千雄) 日程第3、議案第2号ないし議案第5号及び議案第9号、以上5件一括議題としますが、これにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中村三千雄) 異議なしと認めます。


 よって、5件一括議題とすることに決しました。


 本案5件については、文教厚生常任委員会に審査を付託しておりますので、委員長より報告を求めます。


 文教厚生常任委員長、眞野正治議員。


○文教厚生常任委員長(眞野正治議員) 委員会審査報告を、朗読をもって報告いたします。


 ただいま議題となりました、議案第2号ないし議案第5号、議案第9号は、本定例会において当委員会に審査を付託され、3月17日文教厚生常任委員会を開催し、審査を行いました。


 その経過と結果について、会議規則第38条の規定により報告します。


 審査に当たっては、委員会条例第21条の規定により、説明員の出席を求め、審査を行いました。


 以下、審査の経過において、特に論議されました事項について報告します。


 議案第2号 平成17年度南あわじ市国民健康保険特別会計補正予算(第4号)。


 一般会計繰入金、福祉医療波及分などの減額が大きいがとの問いに対し、誤って計上していたため、今回更正を行ったとの答弁でございました。


 また、沼島診療所医師の配置はという問いに対して、2月7日からは灘診療所医師ほか3名で対応をしている。3月からは香川県の医師で現在試験的に従事をしていただいている。4月から詰めの話を行うとの答弁でございました。


 採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。


 次に、議案第3号 平成17年度南あわじ市老人保健特別会計補正予算(第2号)については、審査を行い、採決の結果賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。


 次に、議案第4号 平成17年度南あわじ市介護保険特別会計補正予算(第4号)についてでありますが、施設運営などについて、介護職員が大変厳しい状況であるので、職員の実態調査を行っているかとの問いに対し、委託先であるので職員の実態調査まではできていない。施設の運営状況については入所者からの調査は行っているとの答えでございました。


 採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。


 次に、議案第5号 平成17年度南あわじ市訪問看護事業特別会計補正予算(第2号)については、審査を行い、採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。


 次に、議案第9号 平成17年度南あわじ市産業廃棄物最終処分事業特別会計補正予算(第3号)でありますが、今後の見通しはという問いに対して、下水道関連を考慮して、財政的には約10年程度安定するものと思われるとの答えでありました。


 また、固定費については、7ないし8,000万であり、搬入料から判断し安定しているとの答えでございました。


 採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。


 以上で、文教厚生常任委員会の審査報告を終わります。


○議長(中村三千雄) 委員長の報告が終わりました。


 これより質疑を行います。


 質疑ありませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中村三千雄) 質疑なしと認めます。


 これより討論に入りますが、通告がありませんので討論なしと認めます。


 よって、直ちに採決します。


 採決は分割して行います。


 まず、議案第2号 平成17年度南あわじ市国民健康保険特別会計補正予算(第4号)について、採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 よって、本案を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(中村三千雄) 起立多数です。


 よって、議案第2号は、委員長の報告のとおり可決されました。


 次に、議案第3号 平成17年度南あわじ市老人保健特別会計補正予算(第2号)について、採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 よって、本案を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(中村三千雄) 起立多数です。


 よって、議案第3号は、委員長の報告のとおり可決されました。


 次に、議案第4号 平成17年度南あわじ市介護保険特別会計補正予算(第4号)について、採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 よって、本案を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(中村三千雄) 起立多数です。


 よって、議案第4号は、委員長の報告のとおり可決されました。


 次に、議案第5号 平成17年度南あわじ市訪問看護事業特別会計補正予算(第2号)について、採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 よって、本案を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(中村三千雄) 起立多数です。


 よって、議案第5号は、委員長の報告のとおり可決されました。


 次に、議案第9号 平成17年度南あわじ市産業廃棄物最終処分事業特別会計補正予算(第3号)について、採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 よって、本案を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(中村三千雄) 起立多数です。


 よって、議案第9号は、委員長の報告のとおり可決されました。





 日程第4 議案第6号〜議案第8号、議案第10号、議案第79号〜議案第81号





○議長(中村三千雄) 日程第4、議案第6号ないし議案第8号及び議案第10号、並びに議案第79号ないし議案第81号、以上7件一括議題としますが、これにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中村三千雄) 異議なしと認めます。


 よって、7件一括議題とすることに決しました。


 本案7件については、産業建設常任委員会に審査を付託しておりますので、委員長より報告を求めます。


 産業建設常任委員長、阿部計一議員。


○産業建設常任委員長(阿部計一議員) 委員会審査報告を、朗読をもって報告いたします。


 ただいま議題となりました、議案第6号ないし議案第8号、議案第10号、議案第79号ないし議案第81号については、本定例会において当委員会に審査を付託され、3月16日、産業建設常任委員会を開催し、審査を行いました。


 その経過と結果について、会議規則第38条の規定により報告いたします。


 審査に当たっては、委員会条例第21条の規定により、説明員の出席を求め、審査を行いました。


 以下、審査の経過において、特に論議されました事項について報告いたします。


 議案第6号 平成17年度南あわじ市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)、議案第7号 平成17年度南あわじ市農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)、議案第8号 平成17年度南あわじ市漁業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)は、審査を行い採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。


 議案第10号 平成17年度南あわじ市水道事業会計補正予算(第4号)。


 質疑、高料金対策補助金が減額となっている、またこの補助金は恒久的にあるのか。答弁、繰出基準額の資本費が当初182円であったが、確定は178円と単価が下がったため。補助金については、毎年改正されるが、数年はあると思われる。


 質疑、建設改良費の減額理由は。答弁、西淡湊地区の石綿管入れかえ工事による減額となった。


 以上であります。


 採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。


 議案第79号 特定環境保全公共下水道事業管渠布設工事(福良6号)請負変更契約の締結については、審査を行い採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。


 続きまして、議案第80号 コミュニティプラント整備事業庄田浄化センター土木建築工事請負変更契約の締結について。


 質疑、コンサルの工事現場管理の契約内容は。答弁、管路の布設工事など、設計書に基づいた工事がなされているか、役所の監督員の代理業務を行う。


 質疑、業者に対する指導と契約変更、本来なら入札前に質疑があるべき。答弁、型枠については、チェックミスで曲面型枠を普通型枠で設計をしていた。


 質疑、工事現場での事故について、また他の現場での安全指導は。答弁、マンホール内で作業中、2トンダンプトラックが前方へ移動中に起こった。安全対策については、担当部及び施工業者に今後十分徹底、安全対策を徹底して行うとの答弁がございました。


 採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。


 議案第81号 コミュニティプラント整備事業庄田浄化センター機械電気工事請負変更契約の締結について。質疑、コンサルの契約金額は。答弁、管路土木建築も合わせて1,575万円。


 質疑、最初の設計で抜けているので、追加が生じたものである。答弁、当初設計で計上漏れが合ったので。今後十分に指導を行う。


 採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。


 以上で、産業建設常任委員会審査報告を終わります。


○議長(中村三千雄) 委員長の報告が終わりました。


 これより質疑を行います。


 質疑ありませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中村三千雄) 質疑なしと認めます。


 これより討論に入りますが、通告がありませんので討論なしと認めます。


 よって、直ちに採決します。


 採決は分割して行います。


 まず、議案第6号 平成17年度南あわじ市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)について、採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 よって、本案を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(中村三千雄) 起立多数です。


 よって、議案第6号は、委員長の報告のとおり可決されました。


 次に、議案第7号 平成17年度南あわじ市農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)について、採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 よって、本案を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(中村三千雄) 起立多数です。


 よって、議案第7号は、委員長の報告のとおり可決されました。


 次に、議案第8号 平成17年度南あわじ市漁業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)について、採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 よって、本案を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(中村三千雄) 起立多数です。


 よって、議案第8号は、委員長の報告のとおり可決されました。


 次に、議案第10号 平成17年度南あわじ市水道事業会計補正予算(第4号)について、採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 よって、本案を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(中村三千雄) 起立多数です。


 よって、議案第10号は、委員長の報告のとおり可決されました。


 次に、議案第79号 特定環境保全公共下水道事業管渠布設工事(福良6号)請負変更契約の締結について、採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 よって、本案を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(中村三千雄) 起立多数です。


 よって、議案第79号は、委員長の報告のとおり可決されました。


 次に、議案第80号 コミュニティプラント整備事業庄田浄化センター土木建築工事請負変更契約の締結について、採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 よって、本案を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(中村三千雄) 起立多数です。


 よって、議案第80号は、委員長の報告のとおり可決されました。


 次に、議案第81号 コミュニティプラント整備事業庄田浄化センター機械電気工事請負変更契約の締結について、採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 よって、本案を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(中村三千雄) 起立多数です。


 よって、議案第81号は、委員長の報告のとおり可決されました。


 暫時休憩いたします。


 再開は、11時10分といたします。


             休憩 午前11時02分


             ――――――――――――


             再開 午前11時10分


○議長(中村三千雄) 再開いたします。


 お諮りします。


 本日、市長より、南あわじ市バイオマス利活用施設条例制定についての件、及び教育委員会委員の任命につき、同意を求める件が提出されました。


 これを日程に追加し、直ちに議題とすることにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中村三千雄) 異議なしと認めます。


 よって、さよう決しました。





            日程追加第1 議案第82号





○議長(中村三千雄) 日程追加第1、議案第82号 南あわじ市バイオマス利活用施設条例制定についてを議題とします。


提案理由の説明を求めます。


助役。


○助役(川野四朗君) ただいま上程をいただきました、議案第82号 南あわじ市バイオマス利活用施設条例制定について、提案理由の説明を申し上げたいと思います。


 本案は、取り下げをさせていただきました、議案第47号 南あわじ市バイオマス利活用施設条例制定についての条文中の字句の誤りを訂正をした上で、改めて提案をさせていただいたものでございます。


 近年、野菜残さ等の処理が大きな社会問題となっていることから、タマネギ残さ等の処理とバイオマス資源の有効利用を図るために設置したバイオマス利活用施設3ヵ所、八木センター・倭文センター・賀集センターの管理運営にかかる施設の名称・位置・業務・利用の許可・使用料・管理の代行等について、所要の条例整備をするものでございます。


 なお、附則で施行期日を平成18年4月1日と定めております。


 以上で、議案第82号 南あわじ市バイオマス利活用施設条例制定について、提案理由の説明をさせていただきました。慎重ご審議の上、適切なるご決定を賜りますようお願いを申し上げたいと思います。


○議長(中村三千雄) 提案理由の説明が終わりました。


 これより質疑を行います。


 質疑ありませんか。


 原口議員。


○16番(原口育大議員) 指定管理者に施設管理を行わせるということですけれども、黒字になった場合と、赤字になった場合のどういうふうな処理がされるのかを教えていただきたいと思います。


○議長(中村三千雄) 農業振興部長。


○農業振興部長(島田悦夫君) 黒字になった場合は、それぞれ今後の修繕なりしていかなければならないと思います。


 あと、赤字の場合についても、それぞれ関係商協の方でそれぞれ補てんをするということになります。


○議長(中村三千雄) 原口議員。


○16番(原口育大議員) そうすると、赤字になった場合は補てんしないと、市からは補てんしないというふうに考えていいんですか。


○議長(中村三千雄) 農業振興部長。


○農業振興部長(島田悦夫君) 市からは補てんはいたしません。


○議長(中村三千雄) 原口議員。


○16番(原口育大議員) そうすると、この施設の収入という部分では、施設の使用料ということになると思うんですけれど、それ以外の収入というのは見込めないわけですか。


○議長(中村三千雄) 農業振興部長。


○農業振興部長(島田悦夫君) そのできた炭化、約3パーセントの炭化を販売する予定であります。


○議長(中村三千雄) 原口議員。


○16番(原口育大議員) そしたら、炭の販売単価いうのは、大体どれぐらいになるんでしょうか。


○議長(中村三千雄) 農業振興部長。


○農業振興部長(島田悦夫君) 10キロ、1,000円で販売する予定であります。


○議長(中村三千雄) 原口議員。


○16番(原口育大議員) それと持ち込まれる量の計量というのは、どういうふうな方法でやるんでしょうか。


○議長(中村三千雄) 農業振興部長。


○農業振興部長(島田悦夫君) リフトがちょうど計量器をついておりますので、あわせて行います。


○議長(中村三千雄) 原口議員。


○16番(原口育大議員) そしたら、農家の定義について伺いたいんですけど、10a以上ということですけど、これはあらかじめ許可証か何か出して確認するわけですか。


○議長(中村三千雄) 農業振興部次長。


○農業振興部次長(森 光男君) 農家の方につきましては、指定管理者にいろいろ維持管理お願いするわけですけど、そこに申請書を出していただいて、そのそこで判断させていただきます。


○議長(中村三千雄) 原口議員。


○16番(原口育大議員) 個人でむき玉なんかをやっておる農家があると思うんですけど、そういう部分は確認できるんですか。


○議長(中村三千雄) 農業振興部次長。


○農業振興部次長(森 光男君) あくまでも農家から持ち込みのやつにつきましては、つり玉等の腐敗言うんですか、病気のタマネギもございますので、むき玉業者言うんですか、農家でもむき玉をしているところについては、その辺の中身の判別はできると思っております。


 以上です。


○議長(中村三千雄) 原口議員。


○16番(原口育大議員) 商協の加入者と、非加入者も利用する場合があると思うんですけど、その場合の利用料いうのは、使用料か、使用料いうのは同じになるわけですか。


○議長(中村三千雄) 農業振興部次長。


○農業振興部次長(森 光男君) それにつきましては、現在商協さんと打ち合わせしておりますのは、あくまで組合員で利用していくということでやっております。


 非組合員に、商協に入ってない方については、今後商協さんの方と、入ってない方との協議が必要だと思っております。


 あくまでも量的には出てくる残さの約2割強でございますので、その辺で今後課題として残っております。


 以上です。


○議長(中村三千雄) 原口議員。


○16番(原口育大議員) 条例の中に「利用料の免除、あるいは返還」というのがあるんですけども、その場合に「あらかじめ定めた基準」と書いてありますが、その基準というのはどういう内容でしょうか。


○議長(中村三千雄) 答弁。


 農業振興部次長。


○農業振興部次長(森 光男君) 「あらかじめ定めた基準」というのは、規則でいろいろ縛っておるわけなんですけど、ここにつきましては一つの例としては、利用料金の全部または一部の免除と、このへんにつきましてはいろんなケースがあるかと思うんですけど、その辺ケースバイケースによって判断していくということで、ご理解願いたいと思います。


○議長(中村三千雄) 原口議員。


○16番(原口育大議員) そのケースバイケースいうところは、あらかじめある程度わかってないと条例自体を審議できないと思うんですけど。


○議長(中村三千雄) 農業振興部次長。


○農業振興部次長(森 光男君) 申しわけございません。


 それにつきましては、商協さんなり、また農協さんなりの方と詳しい内容については、細則の方詰めておりますので、その辺決まり次第報告と言うんですか、したいと思っております。


○議長(中村三千雄) 原口議員。


○16番(原口育大議員) 炭の販売が最初から採算と言うか、使用料プラス炭の販売代金というのが収入になるわけで、私としてはそれだけでは赤字が出るん違うかなという不安を持っています。


 なかなかそういう形になると、商協さんと言うか、これは指定管理者が農協も含めて全体を管理されると思うんですけど、農協なり商協への負担が重くなるということだと思うんで、赤字を補てんしないという以上は、その辺をきっちりと見通してあげないと、負担が大きくなり過ぎると思うんで、検討いただきたいと思います。


 終わります。


○議長(中村三千雄) ほか質疑ございませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中村三千雄) 質疑なしと認めます。


 本案については、会議規則第36条の規定により、産業建設常任委員会に審査を付託します。





             日程追加第2 同意第2号





○議長(中村三千雄) 日程追加第2、同意第2号 教育委員会委員の任命につき同意を求めることについてを議題といたします。


提案理由の説明を求めます。


市長。


○市長(中田勝久君) 同意第2号 教育委員会委員の任命につき同意を求めることについての提案説明を申し上げます。


 次の者を教育委員会委員に任命したいので、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定により、議会の同意を求めるものでございます。


  住  所 南あわじ市阿万西町1番地。


  氏  名 谷口紘也。


  生年月日 昭和17年10月6日生まれ。


  任  期 平成18年3月31日〜平成22年3月30日まで、4年でございます。


 現教育委員会委員であります安田啓一様の任期につきましては、今議会の最終日であります、3月30日が任期満了となります。


 今回新たに教育委員会委員に任命のご同意をいただく谷口様におかれましては、京都教育大学卒業後、昭和40年4月、兵庫県立洲本実業高等学校教諭に奉職、以来、兵庫県立洲本高等学校、兵庫県立三原高等学校で美術の教師として勤務され、平成15年3月に定年により兵庫県を、すなわち教員を退職されております。


 現在、示現会会員、すなわち全国組織であります美術団体、それから淡路美術協会会員、南淡文化協会理事等を務められております。


 人格高潔にして、教育、文化行政にすぐれた識見を有されております教育委員会委員として適任であるということで、任命をいたしたいと思います。


 なお、谷口様の経歴につきましては、別紙のように記載してありますので、ご覧をいただきたいと思います。


 議会におかれまして、任命の同意を賜りますよう、よろしくお願いを申し上げる次第でございます。


○議長(中村三千雄) 提案理由の説明が終わりました。


 これより質疑に入ります。


 質疑ありませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中村三千雄) 質疑なしと認めます。


 お諮りします。


 本件は、人事案件でありますので、議事順序を変更し、直ちに採決したいと思いますが、これにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中村三千雄) 異議なしと認めます。


 よって、直ちに採決を行います。


 本件について、原案のとおり同意することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(中村三千雄) 起立多数であります。


 よって、同意第2号は、原案のとおり同意することに決しました。


 以上で、本日の議事日程はすべて終了しました。


 お諮りします。


 委員会開催のため、3月29日まで休会したいと思いますが、これにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(中村三千雄) 異議なしと認めます。


 よって、さよう決しました。


 次の本会議は、3月30日午前10時に再開します。


 本日は、これにて散会します。





             散会 午前11時25分