議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 南あわじ市

平成17年第4回臨時会(第1日 7月28日)




平成17年第4回臨時会(第1日 7月28日)





  ┌────────────────────────────────────┐


  │  第4回南あわじ市議会臨時会会議録                  │


  │               (第1日)                │


  │                    平成17年 7月28日(木曜日)│


  │                       開会   午前10時00分│


  └────────────────────────────────────┘





 
 第 1.会議録署名議員の指名


 第 2.会期の決定


 第 3.諸般の報告


 第 4.議案第133号 松帆小学校改築及び大規模改造工事請負契約の締結について


 第 5.議案第134号 榎列小学校校舎地震補強及び大規模改造工事請負契約の締結


             について





会議に付した事件


 第 1.会議録署名議員の指名


 第 2.会期の決定


 第 3.諸般の報告


 第 4.議案第133号


 第 5.議案第134号


               (散 会 宣 告)





出席議員(59名)


  1番  道 上 義 治            31番  越 岡 邦 雄


  2番  長 船 茂 久            32番  矢 内 利 明


  3番  阿 部 計 一            33番  三 原 賀代子


  4番  森 田 宏 昭            34番  中 村 一 男


  5番  楠   直 茂            35番  武 田 昌 起


  6番  根 津 歡 男            36番  北 村 利 夫


  7番  馬 詰   修            37番  澤 田 とよ子


  8番  廣 内 邦 夫            38番  楠   和 廣


  9番  岡 本   務            39番  沼 田 日出男


 10番  松 井 睦 機            40番  畑 野 良 道


 11番  富 本   猛            41番  川 上   命


 12番  仲 野   享            42番  沖   弘 行


 13番  坂 本 浩 子            43番  長 船 吉 博


 14番  乙 井 勝 次            44番  山 野   均


 15番  畠 田 幹 生            45番  中 村 三千雄


 16番  前 田 秀 二            46番  池 田   進


 17番  野 口 健一郎            47番  赤 松 照 美


 18番  小 林 俊 宜            48番  松 本 静 雄


 19番  寺 馬 栄 一            49番  中 嶋 良 一


 20番  窪 田 良 岱            50番  小 林 重 明


 21番  大 住 逸 朗            51番  山 口 和 彦


 22番  島 田 貞 洋            52番  眞 野 正 治


 23番  大 本 幸 二            53番  萩 山 利 夫


 24番  米 田 武 雄            54番  竹 中 和 夫


 25番  砂 田 杲 洋            55番  木 曽 弘 美


 26番  榎 本 喜 一            56番  山 口 久 雄


 27番  菅   歳 美            57番  江 本 一 成


 28番  奈 良 昭 一            58番  松 尾   巖


 29番  石 金 政 宏            59番  蓮 池 洋 美


 30番  吉 田 良 子





欠席議員(なし)





欠  員(なし)





事務局出席職員職氏名


 事務局長    富 田 千 秋


 課長      山 口 恒 利


 書記      松 下 良 卓


 書記      濟 藤 貴 志





説明のために出席した者の職氏名


 市長              中 田 勝 久


 助役              川 野 四 朗


 収入役             長 江 和 幸


 教育長             塚 本 圭 右


 企画部長            藤 本   昇


 総務部長            岡 田 昌 史


 健康福祉部長          中 島 義 晴


 産業振興部長          西 岡 正 行


 農業振興部長          島 田 悦 夫


 都市整備部長          中 田 明 樹


 上下水道部長          稲 山 昜 二


 教育部長            喜 田 憲 康


 企画部次長           田 村   覚


 総務部次長           奥 村 智 司


 市民生活部次長         三 好 雅 大


 健康福祉部次長         平 野 文 啓


 産業振興部次長         高 田 耕 次


 農業振興部次長         森   光 男


 都市整備部次長         吉 川 満 広


 上下水道部次長         津 谷 忠 志


 教育部次長           柳 本 佳 博


 企画部財政課長         長 尾 重 信


 教育総務課長          山 田   充


 学校教育課長          田 中 光 宣





○議長(蓮池洋美) おはようございます。


 開会にあたり、一言ごあいさつ申し上げます。


 本日、第4回南あわじ市議会臨時会が召集されましたところ、議員並びに執行部各位には公私何かとご多忙のところご出席をいただき、ここに開会の運びとなりましたことを心から厚く御礼を申し上げます。


 去る6月の本定例会におきまして成立しました平成17年度予算は、南あわじ市発足後初めての本予算でありますが、その主要事業であります、小学校校舎の改築工事に伴います請負契約の締結について2件提出がされております。


 議員各位には慎重ご審議賜りますとともに、執行部各位にはできるだけわかりやすく答弁くださいますようお願い申し上げ、開会のあいさつといたします。





              開会 午前 10時10分





○議長(蓮池洋美) ただいまの出席議員は59名であります。


 定足数に達しております。


 よって、第4回南あわじ市議会臨時会を開会いたします。


 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付のとおりであります。


 直ちに日程に入ります。





          日程第1 会議録署名議員の指名





○議長(蓮池洋美) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議規則第78条の規定により、議長より指名いたします。


 8番、廣内邦夫議員、9番、岡本 務議員。


 以上の2名にお願いをいたします。





          日程第2 会期の決定





○議長(蓮池洋美) 日程第2、会期の決定を議題といたします。


 お諮りします。


 今期臨時会の会期は、本日から8月1日までの5日間としたいと思います。これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(蓮池洋美) 異議なしと認めます。


 よって、さよう決しました。





          日程第3 諸般の報告





○議長(蓮池洋美) 日程第3、諸般の報告を行います。


 第3回定例会より本日までの会議規則第153条の規定による議員派遣については、お手元に配付の報告書のとおりであります。


 第3会定例会より本日までの議会及び議長の活動状況については、お手元に配付のとおりであります。


 次に、地方自治法第121条の規定により、説明のため今期臨時会に出席する者の職氏名は、お手元に配付の一覧表のとおりであります。


 以上で、諸般の報告を終わります。


 ここで、市長より行政報告の申し出がありますので、これを許可いたします。


 市長。


○市長(中田勝久君) 皆さん、おはようございます。


 本日、第4回南あわじ市議会臨時会を開会にあたりまして、一言ごあいさつと行政報告をさせていただきたいと思います。


 心配されておりました台風7号、大きな影響もなく通り過ぎて、ほっといたしているところでございますし、まさに夏本番の暑い暑い毎日がこれから続くものと思います。


 きょうは、議員各位には今期の臨時会、全員ご出席を賜りましてまことにありがとうございます。


 今も議長よりお話ありましたが、今臨時議会にご提案申し上げている案件は工事請負契約の締結2件でございます。どうぞ慎重審議賜り、適切妥当なご決定をいただきますようお願い申し上げます。


 それでは、1件、行政報告をさせていただきます。


 既に皆さん方はもう新聞紙上でごらんになっていることと思いますが、本年4月より、国の方では新しく地域再生法という法律を施行いたしております。その第1号として、当南あわじ市がその承認を受けることに決定いたしまして、つい先日、国の方に行ってまいりました。


 なお、第1号ということもありますし、また新法でもございますので、小泉首相また細田官房長官等々担当大臣も出てこられまして、私たち第1号になった自治体、直接その認定授与式で授与いただいたところでございまして、小泉首相とも記念撮影を撮らせていただいたということでございますが。


 中身につきましては既に皆さんご案内のとおり、公共下水道の整備また市道・農道整備、そして環境の関連の施策、それから食まつりなり、この地域の食の関係の施策等々に通じて市が事業計画をいたしております、その予算につきまして、国は今までの単年度予算であったものとか、また縦割り省庁の予算づけであったものを内閣府が一括して継続的な、また横断的な予算をつけられるような新しい法律でございます。そのようなことから今後、本市におきましても今いろいろ事業計画もいたしておりまして、それらの事業推進につけてはこの法律の認定を受けさせていただいたということでスムーズな展開ができるものと考えております。これから非常に予算の獲得等々に厳しい状況下でありますが、おかげをもちまして第1号の認定を受けることができました。これから議員の皆さん方にも、また関係する人たちにもいろいろとご理解をいただきながら、この法律のもと着実な事業展開をしていく、そんな思いでございます。


 以上申し上げ、ごあいさつにかえたいと思います。


 ありがとうございました。


○議長(蓮池洋美) 市長の行政報告が終わりました。


 以上で、諸般の報告を終わります。





          日程第4 議案第133号





○議長(蓮池洋美) 日程第4 議案第133号 松帆小学校改築及び大規模改造工事請負契約の締結についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 助役。


○助役(川野四朗君) ただいま上程をいただきました議案第133号 松帆小学校改築及び大規模改造工事請負契約の締結につきまして、市長にかわりまして提案理由の説明を申し上げます。


 契約の目的は、松帆小学校改築及び大規模改造工事でございます。


 次に、契約の方法は、指名競争入札によるものでございまして、去る7月25日、株式会社森長組、太田土建株式会社、株式会社柴田工務店南淡営業所、全淡建設株式会社、栄和興業株式会社、ダイニチ・コンストラクション株式会社淡路本店、株式会社斉藤工務店、株式会社山野工務店、堀建設株式会社、株式会社宮本土建、株式会社西中工務店、丸一建設株式会社、船越工務店株式会社の市内建築Aランク業者13社によりまして指名競争入札の結果、全淡建設株式会社が落札いたしました。


 契約の金額は5億4,495万円でございます。


 契約の相手方は、兵庫県南あわじ市松帆塩浜127番地、全淡建設株式会社 代表取締役 平川隆一でございます。


 おめくりをいただきまして、位置図と鳥瞰図を添付させていただいております。


 本工事は、南あわじ市立松帆小学校の南校舎改築工事及び北校舎の大規模改造工事であります。学校規模といたしましては、全校児童数260名で、9クラスと障害児学級が2クラスございます。本校舎は昭和36年12月に新築、その後、昭和41年12月に増築され、昭和62年に大規模改造を行っていますが、経年劣化も著しいので耐力度調査を行ったところ、構造上危険な状態であると判定されたため建てかえを余儀なくされました。


 一方、障害児対策として、北校舎のバリアフリー化とエレベーターを設置することにより児童の移動の負担を軽減することに努めております。


 また、同時に多目的トイレを設置するものでもございます。


 もう1枚おめくりをいただきますと、各階ごとの平面図を添付させていただいております。


 工事概要につきましては、総建築面積は2,206平方メートル、鉄筋コンクリート造3階建て、屋根は地元特産の瓦を使用した瓦葺といたしております。


 続いて、各階の間取りについて説明をいたします。


 1階には校長室、職員室、保健室、特別教室、教育相談室、会議室などでございます。2階には家庭室、図工室、理科室、少人数指導に対応したオープンスペースの設置をいたしております。3階には、3室に間仕切りすることのできる多目的視聴覚室を設けて、複数学級による合同授業であったり少人数授業であったりと多目的な利用が可能であるように配慮をいたしております。


 設備といたしましてはエレベーター、防犯カメラ及び非常ベルを設置し、児童たちの安全に努めております。


 以上、議案第133号 松帆小学校改築及び大規模改造工事請負契約の締結について、提案理由の説明をさせていただきました。


 慎重ご審議の上、適切なるご決定を賜りますようよろしくお願いをいたします。


○議長(蓮池洋美) 提案理由の説明が終わりました。


 これより質疑に入ります。


 吉田議員。


○30番(吉田良子議員) 議案第133号について質疑を行います。


 この松帆小学校の改築の問題でありますが、この前に松帆地域の、台風災害によって関連する体育館が避難所というふうに位置づけられ、そこに去年の台風被害では避難者が体育館に入って行くというようなことが言われておりました。その中で避難所のあり方というのが見直しされているようでありますが、その体育館と小学校との関係で、この小学校を改めて避難所と位置づけていくのかどうか、その点についてお尋ねいたします。


○議長(蓮池洋美) 企画部次長。


○企画部次長(田村覚君) 先ほど議員、ご質問ありましたように今現在、市内に47カ所避難所を設けているわけなんですけれども、昭和56年以前の建物、要するに耐震の基準にあってないものと、いろんな建物がありますので、今現在見直しております。


 当然、この松帆小学校につきましては新しく改築されますと、新しい耐震基準に基づく建物でございますので避難所に位置づけたいと考えております。


○議長(蓮池洋美) 吉田議員。


○30番(吉田良子議員) そうしますと、この小学校そのものに避難所という位置づけというふうに言われておりました。避難所というふうになりますと、いわゆる高齢者等が避難されてくるわけでありますから、この校舎の中にやっぱり畳の部屋とかそういうのがいるのではないかと思いますが、そういう点ではそういうふうにはなっておりません。その点についてお尋ねしたいのと、3階が、今の助役の説明ですと多目的に使いたいというふうに言われておりますが、その横に配膳室というのがあります。ここが私は、これはランチルームということになるのかというふうに思っておりましたが、そういうことになるのかどうか改めてお尋ねいたします。


○議長(蓮池洋美) 教育部次長。


○教育部次長(柳本佳博君) 先ほど、3階については多目的ということで提案説明をさせていただいております。多目的の中には、いわゆる全員でのランチルームということも多目的の目的の一つでございます。


○議長(蓮池洋美) 吉田議員。


○30番(吉田良子議員) そうしたら3階はランチルームという形で活用されるというふうな答弁であります。その前に、この改築される校舎が避難所というふうな位置づけであるというふうに言われておりました。そして先ほど質問をさせていただいたのは、ここに、やはり避難所として位置づけるのであれば畳の部屋等がいるのではないかということを質問させていただきましたが、答弁がなかったので改めて質問させていただきます。


○議長(蓮池洋美) 企画部長。


○企画部長(藤本昇君) 今、次長もお答えさせていただいたとおり、できたら避難所として指定をする予定ではありますけれども、これはあくまでも小学校でございますので、避難場所に指定したとしても、それは一時的な避難場所ということですから、畳等を敷いた部屋は必要ないと、あくまでも学校施設だということでございますので必要ないというふうに考えております。


○議長(蓮池洋美) 吉田議員。


○30番(吉田良子議員) 避難所として位置づけるということであれば、そういうふうに対応できるような方策をとっていただきたいというふうに思っております。


 以上です。


○議長(蓮池洋美) ほかに。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(蓮池洋美) ないようでありますので、これで質疑を終わります。


 本件については、会議規則第36条の規定により文教厚生常任委員会に審査を付託いたします。





          日程第5 議案第134号





○議長(蓮池洋美) 日程第5、議案第134号 榎列小学校校舎地震補強及び大規模改造工事請負契約の締結についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 助役。


○助役(川野四朗君) 市長にかわりまして、議案第134号 榎列小学校校舎地震補強及び大規模改造工事請負契約の締結について、提案理由の説明を申し上げます。


 契約の目的は、榎列小学校校舎地震補強及び大規模改造工事でございます。


 次に、契約の方法は、指名競争入札によるものでございます。


 去る7月25日、株式会社森長組、太田土建株式会社、株式会社柴田工務店南淡営業所、全淡建設株式会社、栄和興業株式会社、ダイニチ・コンストラクション株式会社淡路本店、株式会社斉藤工務店、株式会社山野工務店、堀建設株式会社、株式会社宮本土建、株式会社西中工務店、丸一建設株式会社、船越工務店株式会社のこれも同じく市内建築Aランク業者13社によりまして指名競争入札の結果、太田土建株式会社が落札をいたしております。


 契約の金額は2億7,930万円でございます。


 契約の相手方は、兵庫県南あわじ市志知中島903−2、太田土建株式会社 代表取締役 太田賀雄でございます。


 おめくりいただきまして、位置図を添付させていただいております。


 本工事は、南あわじ市立榎列小学校の管理教室棟改造工事でありまして、学校規模といたしましては全校児童数264名で10クラスと障害児学級が1クラスございます。改造校舎は昭和56年7月に新築されましたが、設計は新耐震設計法(昭和56年)前の基準により建築されているため耐震診断を行い、その結果に基づき補強を実施し、建物の強度を上げることにいたしました。また、築後24年を経過いたしているため、外部及び内部を一新いたします。


 また、障害児対策としてはバリアフリー化とエレベーターを設置すると同時に、多目的トイレを設置するものでございます。


 もう1枚おめくりいただきますと、各階ごとの平面図を添付させていただいております。


 工事概要につきましては、総建築面積2,326平方メートル、耐震補強として補強壁を1階に8カ所、2階に5カ所、3階に1カ所設置いたします。間取りについては、現在2階にある職員室を1階に移すなど大幅な変更を行うことにしていますので各階について説明をさせていただきますが、1階には校長室、職員室、保健室、家庭室を配置。2階には会議室、普通教室2室、特別教室、図工室、カウンセリング室を。3階には普通教室4室、図書室、コンピューター室を配置をいたしております。


 設備といたしましては、防犯カメラ用テレビ及び非常ベルを設置し、児童たちの安全保護に努めてまいります。


 もう1枚おめくりいただきますと補強壁を行なう場所の側面図を添付させていただいておりますので、ごらんおきをいただきたいと思います。


 以上、議案第134号 榎列小学校校舎地震補強及び大規模改造工事請負契約の締結について提案理由の説明をさせていただきました。


 慎重ご審議の上、適切なるご決定を賜りますようお願いを申し上げます。


○議長(蓮池洋美) 提案理由の説明が終わりました。


 これより質疑に入ります。


 畑野議員。


○40番(畑野良道議員) これは先ほど松帆小学校、榎列小学校と出ましたが、これ期限は載ってないのですが、期間はどれくらいの期間になってますか。


○議長(蓮池洋美) 教育部長。


○教育部長(喜田憲康君) ただいまのご質問でございますが、榎列小学校は12月末をめどといたしております。先の、松帆小学校は工期が大体400日ぐらい必要なのかなと思われます。


 以上でございます。


○議長(蓮池洋美) 畑野議員。


○40番(畑野良道議員) 松帆小学校は、ちょっと聞こえにくかったのですが何カ月。


○議長(蓮池洋美) 教育部長。


○教育部長(喜田憲康君) 400日でございます。


○議長(蓮池洋美) 畑野議員。


○40番(畑野良道議員) 400日というのは、これ、いつから400日ですか。


○議長(蓮池洋美) 教育部長。


○教育部長(喜田憲康君) 議会で承認をいただきました後から着手等も含めて、すべて準備期間も含めて、おおむね400日程度ということで現在考えておるところでございます。


○議長(蓮池洋美) 畑野議員。


○40番(畑野良道議員) これは仮設なり解体も入れて400日ですか。松帆小学校の改築だけで400日ですか。


○議長(蓮池洋美) 教育部長。


○教育部長(喜田憲康君) 本工事のみでございます。


○議長(蓮池洋美) ほかに、川上議員。


○41番(川上命議員) ちょっと教えていただきたいんですけど、確かに阪神・淡路大震災の中での建築法が今後変わってきたためにこういったことになってると思いますが、これは耐震ということの中で、震度何ぼまで想定した中でそういったことを、強度というものを決めているのか。


 それと、結局今まで建ったすべての公共建物、これは民間にも言えることですが、これはすべて耐震測定の中でこういった改修をしなければならないのか、これが強制的なのか、ちょっとそういった点について教えていただきたいと思います。


○議長(蓮池洋美) 教育部次長。


○教育部次長(柳本佳博君) 耐震補強の中でご質問にお答えをいたします。


 これにつきましては昭和53年に発生しております宮城沖地震、これを契機に、いわゆる構造上の強度を上げろということで昭和56年にその基準が改定されております。そういう中で、そのマグニチュードという観点で言いますと宮城沖地震が7.4でございます。そういうことから7.4には耐え得るというか新たな基準といいますか、そういうことと認識してございます。


○議長(蓮池洋美) まだ質問が残っておりますが。


 教育総務課長。


○教育総務課長(山田充君) ただいまの民間の施設については新聞等で見られると思うんですけれど、随時、補強を義務づけるというふうになっていくと想定されます。


 それと、他の公共施設についてはいろいろ耐震補強という制度を通じて行われていく予定であります。


○議長(蓮池洋美) ほかに、川上議員。


○41番(川上命議員) ちょっと、あとの言葉がわからないんですけど、一応、民間というのは我々今のところ関係ないのですが、公共の建物としている、特に学校関係が、南あわじ市の今まで建てた校舎の全部耐震鑑定をやった中で順次、榎列小学校とやっていくのか、次、全部そういった耐震化が引っかかっているのは、これは義務づけをされてるということはしなくてもいいのか。やっぱり公共ですからこれは強制的な効力があるのか、そういった点で、もうちょっとはっきり教えてください。


○議長(蓮池洋美) 教育部次長。


○教育部次長(柳本佳博君) 教育施設だけで言いますと、いわゆる耐震補強の工事で未整備といいますか、そういうのが14校ございます。そのうち耐震の診断を実施してないのが5校ございます。これについては当該年度にすべて耐震の診断ですけども、それを実施していこう、その耐震の結果を踏まえて全体計画もきっちりと立てていきたいというふうに考えております。


○議長(蓮池洋美) ほかに、畠田議員。


○15番(畠田幹生議員) 榎列小学校について1点だけお伺いしたいと思います。


 広田の小学校を建てる折に、基本というか一応見学させていただきまして、すばらしい小学校であるということで、特異を見ない運動場に面した校長室、管理室というか職員室を建てておりました。どこの学校を見ても、そういうふうに運動場にうまく面して管理をできるような学校はなかなか見受けられません。その中で2階に今まで職員室があったものについて、2階にあるということは子供たちの休み時間、運動場で遊ぶ、管理するのには理想的な小学校の職員室の管理、配備ではなかろうかと思いました。これを改築と同時に、なぜ1階に職員室を移したのか、その点お伺いしたいと思います。


○議長(蓮池洋美) 教育総務課長。


○教育総務課長(山田充君) ただいまの質問に対してですけれど、現在2階でありまして、そういう目配りというんですか、それが十分なされると思うんですけど、1階部分の要するに隠れた部分についても十分配慮、安全を確保したいなということで1階に持ってきて、入り口でとめようという考えでございます。


○議長(蓮池洋美) 砂田議員。


○25番(砂田杲洋議員) 一つ質問したいと思います。


 先ほど川上議員の質問に関連しておりますが、耐震診断ができてない5校ということですが、その校名と、また耐震済みの全国の進捗率ですか、できているパーセント並びに南あわじ市の耐震対策の完成度、パーセントでお願いします。


○議長(蓮池洋美) 教育総務課長。


○教育総務課長(山田充君) 耐震診断のできてない学校につきましてですけれど、現在、賀集小学校、北阿万小学校、灘小学校、それと灘小の屋内運動場。賀集と北阿万については屋内運動場でございます。それと沼島の屋内運動場。診断ができてないところは以上の学校になっています。


 それと耐震診断率ですけれど、市内の耐震診断率につきましては85%。それで耐震化率については77%でございます。


 全国ベースの耐震化率ですけど、診断率につきましては62%、耐震化率につきましては約49%でございます。


○議長(蓮池洋美) 砂田議員。


○25番(砂田杲洋議員) 全国から比べると南あわじ市はかなり進んでおるようでございますが、耐震診断ができてない5つの施設というのは旧の南淡町ばかりのようでございます。特にこの中でも灘は地層がちょっと軟弱なところが多いようでございますので、早急に対策を立てていただいて、早期完成を目指してほしいと思います。


 終わります。


○議長(蓮池洋美) ほかに。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(蓮池洋美) ないようでございますので、これで質疑を終わります。


 本件については、会議規則第36条の規定により文教厚生常任委員会に審査を付託いたします。


 以上で、本日の議事日程はすべて終了しました。


 お諮りします。


 議事の都合により7月31日まで休会したいと思いますが、これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(蓮池洋美) 異議なしと認めます。


 よって、さよう決しました。


 次の本会議は8月1日、午前10時に再開をいたします。


 本日はこれにて散会をいたします。





               散会 午前10時46分