議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 南あわじ市

平成17年第2回定例会(第3日 3月17日)




平成17年第2回定例会(第3日 3月17日)





  ┌────────────────────────────────────┐


  │  第2回南あわじ市議会定例会会議録                  │


  │               (第3日)                │


  │                     平成17年3月17日(木曜日)│


  │                       開会   午前10時17分│


  └────────────────────────────────────┘





 
 (開議宣告)


 第 1 議案第1号、議案第14号、議案第15号、議案第19号〜議案第22号、


     議案第45号〜議案第47号、議案第49号、議案第50号(12件一括上程)


     議案第1号 平成16年度南あわじ市一般会計予算


     議案第14号 平成16年度南あわじ市ケーブルテレビ事業特別会計予算


     議案第15号 平成16年度南あわじ市公共用地先行取得特別会計予算


     議案第19号 平成16年度南あわじ市広田財産区管理会特別会計予算


     議案第20号 平成16年度南あわじ市福良財産区管理会特別会計予算


     議案第21号 平成16年度南あわじ市北阿万財産区管理会特別会計予算


     議案第22号 平成16年度南あわじ市沼島財産区管理会特別会計予算


     議案第45号 南あわじ市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に


            関する条例の一部を改正する条例制定について


     議案第46号 南あわじ市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正


            する条例制定について


     議案第47号 南あわじ市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例制定


            について


     議案第49号 南あわじ市船員法に係る証明に関する条例の一部を改正する条


            例制定について


     議案第50号 南あわじ市手数料条例の一部を改正する条例制定について


 第 2 議案第2号〜議案第5号、議案第12号、議案第51号〜議案第53号、


     議案第59号〜議案第62号(12件一括上程)


     議案第2号 平成16年度南あわじ市国民健康保険特別会計予算


     議案第3号 平成16年度南あわじ市老人保健特別会計予算


     議案第4号 平成16年度南あわじ市介護保険特別会計予算


     議案第5号 平成16年度南あわじ市訪問介護事業特別会計予算


     議案第12号 平成16年度南あわじ市産業廃棄物最終処分事業特別会計予算


     議案第51号 南あわじ市リサイクルセンター条例制定について


     議案第52号 南あわじ市介護保険条例制定について


     議案第53号 南あわじ市福祉医療費助成条例の一部を改正する条例制定につ


            いて


     議案第59号 南あわじ市入学祝金支給条例制定について


     議案第60号 南あわじ市吹上浜野外教育センター条例の一部を改正する条例


            制定について


     議案第61号 南あわじ市青少年育成センター条例制定について


     議案第62号 南あわじ市スポーツ振興審議会条例制定について


 第 3 議案第6号〜議案第11号、議案第13号、議案第16号〜議案第18号、議


     案第54号〜議案第56号、議案第72号(12件一括上程)


     議案第6号 平成16年度南あわじ市公共下水道事業特別会計予算


     議案第7号 平成16年度南あわじ市農業集落排水事業特別会計予算


     議案第8号 平成16年度南あわじ市漁業集落排水事業特別会計予算


     議案第9号 平成16年度南あわじ市サイクリングターミナル事業特別会計予


           算


     議案第10号 平成16年度南あわじ市慶野松原海水浴場特別会計予算


     議案第11号 平成16年度南あわじ市土地開発事業特別会計予算


     議案第13号 平成16年度南あわじ市潮美台汚水処理事業特別会計予算


     議案第16号 平成16年度南あわじ市水道事業会計予算


     議案第17号 平成16年度南あわじ市農業共済事業会計予算


     議案第18号 平成16年度南あわじ市国民宿舎事業会計予算


     議案第54号 南あわじ市沼島ターミナルセンター条例の一部を改正する条例


            制定について


     議案第55号 南あわじ市都市計画審議会条例制定について


     議案第56号 南あわじ市公共下水道条例の一部を改正する条例制定について


     議案第72号 平成17年度農業共済事業に係る事務費の賦課総額及び賦課単


            価について





会議に付した事件


 日程第 1.議案第1号、議案第14号、議案第15号、議案第19号〜議案第22号、


       議案第45号〜議案第47号、議案第49号、議案第50号(12件一括


       上程)


 日程第 2.議案第2号、議案第5号、議案第12号、議案第51号〜議案第53号、


       議案第59号〜議案第62号(12件一括上程)


 日程第 3.議案第6号〜議案第11号、議案第13号、議案第16号〜議案第18号、


       議案第54号〜議案第56号、議案第72号(12件一括上程)


 日程追加第 1.議案第73号 南あわじ市税条例の一部を改正する条例制定について


 日程追加第 2.同意第2号〜同意第5号 固定資産評価審査委員会委員の選任につき


                     同意を求めることについて


 日程追加第 3.同意第6号 南あわじ市福良財産区管理会委員の選任につき同意を求


               めることについて


 日程追加第 4.同意第7号 南あわじ市・洲本市小中学校組合議会議員の選任につき


               同意を求めることについて


 日程追加第 5.同意第8号 洲本市・南あわじ市山林事務組合議会議員の選任につき


               同意を求めることについて


               (散 会 宣 告)





出席議員(58名)


  1番  道 上 義 治            31番  越 岡 邦 雄


  2番  長 船 茂 久            32番  矢 内 利 明


  3番  阿 部 計 一            33番  三 原 賀代子


  4番  森 田 宏 昭            34番  中 村 一 男


  5番  楠   直 茂            35番  武 田 昌 起


  6番  根 津 歡 男            36番  北 村 利 夫


  7番  馬 詰   修            37番  澤 田 とよ子


  8番  廣 内 邦 夫            38番  楠   和 廣


  9番  岡 本   務            39番  沼 田 日出男


 10番  松 井 睦 機            40番  畑 野 良 道


 11番  富 本   猛            41番  川 上   命


 12番  仲 野   享            42番  沖   弘 行


 13番  坂 本 浩 子            43番  長 船 吉 博


 14番  乙 井 勝 次            44番  山 野   均


 15番  畠 田 幹 生            45番  中 村 三千雄


 16番  前 田 秀 二            46番  池 田   進


 17番  野 口 健一郎            47番  赤 松 照 美


 18番  小 林 俊 宜            48番  松 本 静 雄


 19番  寺 馬 栄 一            49番  中 嶋 良 一


 20番  窪 田 良 岱            50番  小 林 重 明


 21番  大 住 逸 朗            51番  山 口 和 彦


 22番  島 田 貞 洋            52番  眞 野 正 治


 23番  大 本 幸 二            53番  萩 山 利 夫


 24番  米 田 武 雄            55番  木 曽 弘 美


 25番  砂 田 杲 洋            56番  山 口 久 雄


 26番  榎 本 喜 一            57番  江 本 一 成


 27番  菅   歳 美            58番  松 尾   巖


 28番  奈 良 昭 一            59番  蓮 池 洋 美


 29番  石 金 政 宏


 30番  吉 田 良 子





欠席議員(1名)


 54番  竹 中 和 夫





欠  員(なし)





事務局出席職員職氏名


 事務局長    富 田 千 秋


 課長      山 口 恒 利


 書記      松 下 良 卓


 書記      濟 藤 貴 志





説明のために出席した者の職氏名


 市長              中 田 勝 久


 助役              川 野 四 朗


 収入役職務代理者会計課長    稲 山 益 男


 教育長             森 上 祐 治


 企画部長            藤 本   昇


 総務部長            岡 田 昌 史


 市民生活部長          小 路 益 生


 健康福祉部長          中 島 義 晴


 産業振興部長          西 岡 正 行


 農業振興部長          島 田 悦 夫


 都市整備部長          中 田 明 樹


 上下水道部長          稲 山 昜 二


 教育部長            喜 田 憲 康


 企画部次長           田 村   覚


 総務部次長           奥 村 智 司


 緑総合窓口センター所長     長 田   久


 西淡総合窓口センター所長    前 谷 史 郎


 三原総合窓口センター所長    榎 本 二三雄


 南淡総合窓口センター所長    太 田 良 一


 市民生活部次長         三 好 雅 大


 健康福祉部次長         平 野 文 啓


 産業振興部次長         高 田 耕 次


 農業振興部次長         森   光 男


 都市整備部次長         吉 川 満 広


 上下水道部次長         津 谷 忠 志


 教育部次長           柳 本 佳 博


 企画部財政課長         馬 部 総一郎


 総務部総務課長         渕 本 幸 男


 選挙管理委員会事務局兼監査委員事務局長


                 高 見 雅 文


 農業委員会事務局長       島 田 憲 治





○議長(蓮池洋美) ただいまの出席議員は57名であります。


 定足数に達しております。


 直ちに、本日の会議を開きます。





              開会 午前 10時17分





○議長(蓮池洋美) 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付のとおりであります。直ちに日程に入ります。





          日程第1 日程第1、議案第1号、議案第14号、議案第15号、


               議案第19号〜議案第22号、議案第45号〜議案第4


               7号、議案第49号、議案第50号





○議長(蓮池洋美) 日程第1、議案第1号、議案第14号、議案第15号、議案第19号ないし議案第22号、議案第45号ないし議案第47号、議案第49号及び議案第50号、以上12件一括議題としますが、これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(蓮池洋美) 異議なしと認めます。


 よって、12件一括議題とすることに決しました。


 本12件については、総務常任委員会に審査を付託しておりましたので、委員長より報告を求めます。


 総務常任委員長、馬詰 修議員。


○総務常任委員長(馬詰 修議員) 委員会審査報告を朗読をもって報告します。


 ただいま、議題となりました議案第1号、議案第14号、議案第15号、議案第19号ないし議案第22号、議案第45号ないし議案第47号、議案第49号、議案第50号について、本定例会において当委員会に審査を付託され、3月11日に総務常任委員会を開催し、審査を行いました。その経過と結果について、会議規則第38条の規定により報告します。審査に当たっては、委員会条例第21条の規定により、説明員の出席を求め審査を行いました。以下、審査の経過において、特に論議された事項について報告します。


 議案第1号、平成16年度南あわじ市一般会計予算について、三位一体の改革で交付税の減額はされるが、新市への影響は、また財政計画はとの質疑に対して、全体で約6億5,000万円程度の減額になる。今後、健全な財政を保つため作成するとの答弁でありました。


 次に、6月の本予算において、固定収入、税収が支出の何パーセント程度かの質問に対して、約20ないし23%程度との答弁でありました。


 次に、住宅用太陽光発電システム補助金の件数及び広報についての質疑に対して、16年度見込、約60件、市広報及びホームページで知らされているとの答弁でございました。


 次に、旧町のごみ袋の使用について。旧町の使用できないかとの質疑に対して、旧町のは使用しない。在庫をパレットのリサイクルに出す予定で経費は要らないとの答弁でした。


 次に、小規模学校の校区規制についての質疑に対して、原則は校区であるが、変更するには明確な理由がなければ変更できないため、今後、方針を立てるとの答弁でございました。


 次に、小学校等耐震診断の今後の計画について、質疑に対して、新基準にあわせ、新市で耐震工事をしなければならない小中学校で14棟を整備しなければならない。大規模回収とあわせると約30億円になるとの答弁でございました。


 次に、昨年の23号台風などの災害復旧状況は、との質疑に対して、農地災害では689件あり、8月ごろまでにはほぼ発注予定、道路、河川等も17年度中に発注予定との答弁でございました。


 次に、三原川、長田川の改修はいつごろかとの質疑に対して、災害復旧は3年であるが、関連事業では3年ないし5年かかるので、県土木との調整中との答弁でございました。採決の結果は賛成多数で、原案のとおり可決すべきと決しました。


 議案第14号、平成16年度南あわじ市ケーブルテレビ事業特別会計予算について。


 合併後5年ぐらいで緑・南淡に実施計画がいつごろとの質疑に対して、市民からの問い合わせもあり、早急に補助金等の検討を行うとの答弁でございました。


 次に、加入率についての質疑に対しまして、現在、約88%の加入率との答弁でございました。


 次に、災害情報についての質疑に対して、告知放送またテレビでは3チャンネルで実施との答弁でございました。災害時に関連して、早く住民に伝えるマニュアル作成はとの質疑に対しまして、職員用及び消防団のマニュアルは作成中で、消防団等現地で対応し、ケーブルテレビへ情報を流し、住民に早く情報を流したいとの答弁でございました。


 採決の結果は賛成多数で、原案のとおり可決すべきものと決しました。


 議案第15号、平成16年度南あわじ市公共用地先行取得特別会計予算について。


 旧南淡町の福良下水処理場の購入単価が非常に高いと思われるが、価格の基準は、との質疑に対しまして、鑑定士の報告を受けて、助役、事業担当課長、税務課長等での審査会を開き、鑑定結果以内で価格を決めているとの答弁でございました。採決の結果は、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。


 議案第19号、平成16年度南あわじ市広田財産区管理会特別会計予算について。


 財産区の性質、形態、委員報酬は、との質疑に対しまして、地方自治法にある特別地方公共団体に属し、新たに財産を持たない財産区の経費で賄っているとの答弁でございました。採決の結果は、賛成多数で原案のとおり可決するものと決しました。


 議案第20号、平成16年度南あわじ市福良財産区管理会特別会計予算について。


 一般会計より繰り入れをしている。また、補助金を出しているが、との質疑に対しまして、財産区の土地貸付代で一たん市に入り、財産区へ繰り入れている補助金については財産区で生じたお金を地区民に補助しているとの答弁でございました。採決の結果は、賛成多数で原案のとおり可決するものと決しました。


 議案第21号、平成16年度南あわじ市北阿万財産区管理会特別会計予算は、審査を行い、採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。


 議案第22号、平成16年度南あわじ市沼島財産区管理会特別会計予算は、審査を行い、採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決するものと決しました。


 議案第45号、南あわじ市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例制定について、報酬の基礎は、との質疑に対しまして、旧町の額及び他の類似団体の参考したとの答弁でございました。


 続いて、月額の場合、1カ月何日程度出勤するかという質疑に対しまして、学校教育指導員、社会教育員、人権教育指導員については週3日、9時から午後5時までとの答弁でございました。採決の結果は、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。


 議案第46号、南あわじ市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例制定については審査を行い、採決の結果は賛成多数で原案のとおり可決するものと決しました。


 議案第47号、南あわじ市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例制定について、職員に現金で支払いをしているのかとの質疑に対して、一般職員全員口座振替をしているとの答弁でございました。続いて、特別職においては、との質疑に対しまして、一般職員と同様で行っているとの答弁でございました。採決の結果は、賛成多数で原案のとおり可決するものと決しました。


 議案第49号、南あわじ市船員法に係る証明に関する条例の一部を改正する条例制定については、審査を行い、採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決するものと決しました。


 議案第50号、南あわじ市手数料条例の一部を改正する条例制定については審査を行い、採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決するものと決しました。


 以上で、総務常任委員会の審査報告を終わらせていただきます。


○議長(蓮池洋美) 委員長の報告が終わりました。


 これより、質疑に入ります。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(蓮池洋美) 質疑なしと認めます。


 これより、討論に入ります。


 討論の通告がありますので、発言を許可します。


 反対者、坂本浩子議員。


○13番(坂本浩子議員) 私は、議案第1号、平成16年度南あわじ市一般会計予算について、反対討論を行います。


 この予算の総務管理費の中に特別職の給料としまして、市長、助役、収入役3人で720万3,000円、教育長が253万2,000円計上されています。1月から3月分ですが、月額にして市長が96万円、助役が75万円、収入役が68万円、教育長も68万円ということですが、今の経済状況の中、また、大規模な災害の復旧が急がれている中では、特別職として一定の痛みを背負う姿勢を見せるべきではないでしょうか。


 参考といたしまして、洲本市では災害後、特別職の報酬の1割カットが実施されております。市長及び三役が決意さえすれば、直ちに実施できることではないでしょうか。この点について、市民からも批判の声があり、私も納得できませんので、平成16年度南あわじ市一般会計予算に反対いたします。


 以上、反対討論を終わります。


○議長(蓮池洋美) 賛成者、川上議員。


○41番(川上 命議員) 私は、平成16年度南あわじ市一般会計予算に賛成の立場から賛成理由を申し上げます。


 平成16年度南あわじ市一般会計予算は、平成17年1月11日の合併から、本年3月末日までの新市における本予算でございます。旧4町時代に議決され、新市に引き継がれたものがほとんどであり、中でも合併関連経費並びに災害対策関連経費を初めとして、市民生活に必要不可欠なものであり、新市へ移行する上で大変重要な予算であります。


 また、特別職の報酬につきましても、特別職報酬検討委員会での決定を尊重し、合併協議会でも議論され、平成17年1月11日に専決処分を行い制定されたものを予算計上したものであります。平成16年度予算は、新市へのスムーズな移行に必要な予算でございます。


 以上、簡単ですが、賛成討論とさせていただきます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。


○議長(蓮池洋美) 以上で、通告による討論は終わりました。


 これより、採決を行います。


 採決は、分割して行います。


 まず、議案第1号、平成16年度南あわじ市一般会計予算について、採決をいたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 よって、本件を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を願います。


              (起 立 多 数)


○議長(蓮池洋美) 起立多数であります。


 よって、議案第1号は、委員長の報告のとおり可決されました。


 次に、議案第14号、平成16年度南あわじ市ケーブルテレビ事業特別会計予算について、採決をいたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 よって、本件を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(蓮池洋美) 起立多数であります。


 よって、議案第14号は、委員長の報告のとおり可決されました。


 次に、議案第15号、平成16年度南あわじ市公共用地先行取得特別会計予算について、採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 よって、本件を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(蓮池洋美) 起立多数であります。


 よって、議案第15号は、委員長の報告のとおり可決されました。


 次に、議案第19号、平成16年度南あわじ市広田財産区管理会特別会計予算について、採決をいたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 よって、本件を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(蓮池洋美) 起立多数であります。


 よって、議案第19号は、委員長の報告のとおり可決されました。


 次に、議案第20号、平成16年度南あわじ市福良財産区管理会特別会計予算について、採決をいたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 よって、本件を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(蓮池洋美) 起立多数であります。


 よって、議案第20号は、委員長の報告のとおり可決されました。


 次に、議案第21号、平成16年度南あわじ市北阿万財産区管理会特別会計予算についてを採決をいたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 よって、本件を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(蓮池洋美) 起立多数であります。


 よって、議案第21号は、委員長の報告のとおり可決されました。


 次に、議案第22号、平成16年度南あわじ市沼島財産区管理会特別会計予算ついて、採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 よって、本件を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(蓮池洋美) 起立多数です。


 よって、議案第22号は、委員長の報告のとおり可決されました。


 次に、議案第45号、南あわじ市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例制定についてを採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 よって、本件を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(蓮池洋美) 起立多数です。


 よって、議案第45号は、委員長の報告のとおり可決されました。


 次に、議案第46号、南あわじ市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例制定についてを採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 よって、本件を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(蓮池洋美) 起立多数です。


 よって、議案第46号は、委員長の報告のとおり可決されました。


 次に、議案第47号、南あわじ市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例制定についてを採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 よって、本件を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(蓮池洋美) 起立多数です。


 よって、議案第47号は、委員長の報告のとおり可決されました。


 次に、議案第49号、南あわじ市船員法に係る証明に関する条例の一部を改正する条例制定についてを採決します。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 よって、本件を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(蓮池洋美) 起立多数です。


 よって、議案第49号は、委員長の報告のとおり可決されました。


 次に、議案第50号、南あわじ市手数料条例の一部を改正する条例制定についてを採決します。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 よって、本件を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(蓮池洋美) 起立多数です。


 よって、議案第50号は、委員長の報告のとおり可決されました。





          日程第2 議案第2号〜議案第5号、議案第12号、議案第51号


               〜議案第53号、議案第59号〜議案第62号





○議長(蓮池洋美) 日程第2、議案第2号ないし議案第5号、議案第12号、議案第51号ないし議案第53号及び議案第59号ないし議案第62号、以上12件一括議題としますが、これにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(蓮池洋美) 異議なしと認めます。


 よって、12件一括議題とすることに決しました。


 本12件については、文教厚生常任委員会に審査を付託しておりましたので、委員長より報告を求めます。


○文教厚生常任委員長(坂本浩子議員) 文教厚生常任委員会の報告を行います。


 当委員会に付託されました議案第2号、議案第3号、議案第4号、議案第5号、議案第12号、議案第51号、議案第52号、議案第53号、議案第59号、議案第60号、議案第61号、議案第62号、以上12件について、3月15日、文教厚生常任委員会を開催し、審査を行いました。その経過と結果について、会議規則第38条の規定により報告いたします。


 審査に当たっては、委員会条例第21条の規定により説明員の出席を求めて審査を行いました。以下、特に論議されました事項について報告いたします。


 議案第2号、平成16年度南あわじ市国民健康保険特別会計予算につきましては、高額医療費の申請、行政からの口座振込、資格証明の発行数について質問があり、高額医療費は担当課より案内している。口座振込は今後対応したい。資格証明は149件、短期は205件との答弁があり、採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。


 議案第3号、平成16年度南あわじ市老人保健特別会計予算につきましては、審査を行い採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。


 議案第4号、平成16年度南あわじ市介護保険特別会計予算につきましては、介護保険サービス適正実施調査委員会が調査しているかとの質問に対し、現在は委員会がないが、17年度予算に計上するとの答弁があり、要望としてサービスの多様化で適正に実施されているか、指導できる委員をお願いするとの発言があり、採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。


 議案第5号、平成16年度南あわじ市訪問看護事業特別会計予算につきましては、合併前は4町でかなり負担していた。年間を通じて収入が少ないのではとの質問に対し、8名で運営しており、ほとんど人件費になっているとの答弁があり、採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。


 議案第12号、平成16年度南あわじ市産業廃棄物最終処分事業特別会計予算につきましては、審査を行い、採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。


 議案第51号、南あわじ市リサイクルセンター条例制定については、施設の運営はシルバーまたは直接業者が行っているのかとの質問に対し、旧緑町、旧三原町はシルバーで、旧西淡町、旧南淡町は臨時職員で対応しているとの答弁がありました。


 また、公の施設の指定管理者制度を使うのかとの質問には、今後の運営について検討したいとの答弁がありました。緑リサイクルセンターの借地料についての質問には年50万円、他の施設は私有地との答弁がありました。家庭ごみは分別ができているかとの質問には、できていると思う。分別の種類をふやしていきたいとの答弁があり、採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。


 議案第52号、南あわじ市介護保険条例制定については、保険料が旧緑、旧南淡は上がる。一般会計より繰り入れし、平均にできないかとの質問には、一般会計からの繰り入れはしないようにとの指導があるとの答弁がありました。また、地域福祉基金の取り崩しについては考えていないとの答弁でした。


 介護認定がされるまでの期間はとの質問には、約1カ月間をめどに対応している。急な場合、特例で先にサービスを受けて、後から認定される場合があるとの答弁がありました。また、意見といたしまして、大幅な負担増と給付減になるとか、介護施設の入所者が負担増になるとかいう意見も出ました。採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。


 議案第53号、南あわじ市福祉医療費助成条例の一部を改正する条例制定については、具体的な制度を早くつくるのかとの質問に対し、この制度は国と県との共同事業である。各制度間のバランスを考えながら、老人医療などの公平性など、今後考えていきたいとの答弁があり、ほかには県が廃止するが市独自で続けるべきだとか、弱者に対する支援の打ち切りになるとかいう意見も出されました。裁決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。


 議案第59号、南あわじ市入学祝金支給条例制定については、一律にすると予算は幾らかとの質問には、小中の新1年生で1,150万円との答弁がありました。少子化対策も含んでいるのかの質問には、その施策の一環として考えているとの答弁があり、採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。


 議案第60号、南あわじ市吹上浜野外教育センター条例の一部を改正する条例制定については、大幅な値上げで施設の改善はあるのかとの質問に、今後、検討するとの答弁がありました。運営人数などはどうなっているのかとの質問に対しては、吹上町内会にお願いをしている。管理責任者とほかの1名の2名で管理運営をしているとの答弁でした。さらに料金を上げた場合、利用者があるかとの質問には、既にこの料金で行われている。16年度で1,665名、15年度で2,132名との答弁でした。維持管理費についての質問には、基本的に収入で行っているとの答弁があり、採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。


 議案第61号、南あわじ市青少年育成センター条例制定については、青少年育成会議について質問があり、市統一で考えているが、旧町できめ細かな活動を行っていたので、慎重に行いたいとの答弁があり、採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。


 議案第62号、南あわじ市スポーツ振興審議会条例制定については、旧4町にあったのかとの質問に対し、南淡のみとの答弁がありました。


 また、スポーツ振興に理解のある方を選んでほしい。旧4町で分配する方がよいのではとの質問には、旧4町及び専門家も含めて検討したいとの答弁があり、採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。


 以上で報告を終わります。


○議長(蓮池洋美) 委員長の報告が終わりました。


 これより、質疑に入ります。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(蓮池洋美) 質疑なしと認めます。


 これより、討論に入ります。


 討論の通告がありますので、発言を許可します。


 反対者、長船茂久議員。


○2番(長船茂久議員) 議案第52号、南あわじ市介護保険条例制定について、私は、委員長報告に反対し、反対討論を行いたいと思います。


 介護保険制度は、5年ごとに制度改正が行われるわけでございまして、本年がこの制度改革の年でございます。その内容は大幅な負担増と給付減を国民に迫る大改悪であり、この改悪から南あわじ市市民の生活と健康を守るためには、本条例では不十分であることをまず指摘しておきたいと思います。


 私の反対の理由の一つは、介護施設の入所者は平均で年間40万円もの負担増になるということでございます。特別養護老人ホームを初め、老人保健施設など介護施設の入所者の方々に移住費用と食費を介護保険の給付から外し、全額自己負担を原則に変えるいうものでございます。給付が減った分は、まるまる利用者負担増になり、これも本年10月より実施されます。これでは年金生活者やお年寄りは介護施設から出ていかなければなりません。


 2番目には、低所得者への軽減措置が打ち切られるということでございます。介護保険実施当初は、介護サービス料、普通は10%でございましたが、低所得者に対しては、負担を0.3%、あるいは0.6というふうに軽減措置があったわけでございますが、これも本年から打ち切られるわけでございます。ただし、特養ホーム利用者の方には、特別対策として5年間は延長されますが、在宅サービス利用者の軽減は、負担増が大きくなるということでございます。


 3番目には、介護保険料を適正にすべきだというふうに私は思います。南あわじ市改正の介護保険料では、旧西淡、旧三原は保険料が下がります。旧緑、旧南淡の市民は、介護保険料が上がります。合併後の保険料を決める場合、こうした地域での差をつける。このことでは市民感情が一層悪くなると、私は思います。


 そこで私は、市民に理解していただくために、旧緑、旧南淡町が実施しておりました3段階支給の3,500円に統一すべきだと、このように考えております。こうなりますと、旧緑、旧南淡の方々は料金は据え置きになり、旧西淡、三原の市民は、大幅な形で保険料が下がるわけでございます。そこで市の介護保険料改正では、介護保険代3段階で3,100円にいたしますと、年間5億216万3,000円になります。先ほど、私が言った旧緑、旧南淡の3,500円を据え置き、市を一律にするということになりますと、4億9,194万2,000円になり、その差額1,022万1,000円が不足するわけでございます。しかしながら、この不足を補う財源は今の南あわじ市には十分にあります。


 一つは、合併時に4町合併によることで8億1,000万円の特別交付税が来ます。そして初年度には、約4億円が見込まれるわけでございます。この一部を当てれば十分な財源として使えるわけでございます。


 また、合併時に持ち寄った福祉基金7億2,193万7,000円があります。この一部分を当ててでも十分な財源があるわけでございます。


 最後に、議員の皆さん、私たちは在任期間中に新しい南あわじ市の進むべき方向の基礎をつくろうと、こういう形で在任期間を設定したわけでございます。合併後の南あわじ市の介護保険の方向を決める大切な議案です。本議案に反対し、市民が安心して健康と生活を守ることのできる条例を市民とともにつくろうではございませんか。


 以上で、私の反対討論を終わりたいと思います。


○議長(蓮池洋美) 賛成者、三原賀代子議員。


○33番(三原賀代子議員) 議案第52号、南あわじ市介護保険条例制定について、私は賛成の立場から討論いたします。


 南あわじ市発足後、平成16年度の介護保険料につきましては、合併前の各町介護保険条例の暫定施行によりまして不均一料金といたしております。平成17年度の南あわじ市の介護保険料の統一を図る必要があるため、今回、南あわじ市介護保険料を調整の上、新たに南あわじ市介護保険条例を制定するものであります。介護保険料の算定では、給付費見込み多面的に試算の上、調整されたものであり適当なものと考えます。本条例制定は必要なものと考え、賛成をいたします。議員各位のご賛同をよろしくお願いいたします。


○議長(蓮池洋美) 反対者、吉田良子議員。


○30番(吉田良子議員) 私は、議案第53号、南あわじ市福祉医療助成の一部を改正する条例制定について、認められない立場から討論を行います。


 兵庫県の井戸知事は、行財政構造改革推進方策後期5カ年計画の取り組みを発表いたしました。これは、県民に痛みだけをさらに押しつけるものとなっております。県民の怒りの声、県医師会などの署名活動の広がりやさまざまな分野の抗議があったにもかかわらず、入院生活福祉給付金の廃止を決定いたしました。さらに、今回の条例の改正で老人医療費助成を2割負担に、さらに乳幼児医療費入院有料化、また外来の場合も負担がふえること、さらに重度心身障害者、障害児、母子福祉家庭、高齢障害者の福祉医療の有料化など、福祉医療制度、助成制度を改悪して、7月から市民に負担を押しつける条例は認めることはできません。私は、むだな普及の大型公共工事をやめれば税金の使い道、切り替えれば財源があると考えております。


 そして、今回の改正を知ったある市民の声を紹介したいと思います。同席をしている女性の話ですが、血管の壁にカルシウムが沈着するため、血管が細くなってしまい、少し歩いても息苦しく、そのためカテーテルを入れ、バルーンで血管を膨らませるのに定期的な入院を余儀される。さらに合併症で眼科、歯科、腰に負担がきて、整形外科にも通うとのことです。このような今回の改悪で、無料だったのに毎月お金が要る。このようなことに負担がたえられないという切実な声でありました。この透析している患者さんに共通する状況で必死に社会参加されている方も、これ以上の負担はたえられないとのことでした。また、兵庫県保健医師会の調査でも、この間、国、県の高齢者に対する負担増が受診抑制につながり、薬を減らしたり、通院を減らしたり、結局、重症に陥ってることと言われております。そして、先日の質疑でも行いましたが、子育てをするお母さん方からも子育てに対する経済的支援をというふうな声も挙がっております。


 伊丹市、三田市などでは、市単独事業として通院医療費無料2歳まで拡大し、入院についても就学前乳幼児医療費助成制度を拡大しております。また、障害者医療費助成についても3級まで拡大するなど、独自政策を打ち出しております。旧西淡町は乳幼児医療費助成を行っていましたが、合併と同時に廃止となっております。市民の生命と暮らしに心をくだくなら、市独自で福祉医療助成制度の政策を1日も早く実施することを求めて討論をいたします。


○議長(蓮池洋美) 賛成者、楠 和廣議員。


○38番(楠 和廣議員) 私は、議案第53号、南あわじ市福祉医療費助成条例の一部を改正する条例制定について、賛成の立場から討論をいたします。


 本議案は、兵庫県が行財政構造改革推進方策、後期5カ年の取り組みの一環として、老人重度心身障害者、乳幼児、母子家庭、父子家庭及び遺児に対する福祉医療助成制度の見直しを平成17年7月から実施することに伴い、本市条例の一部を改正するものであります。低所得者に対しての配慮もなされており、本条例改正は必要なものと賛成をいたします。議員各位のご賛同よろしくお願いを申し上げまして、賛成討論といたします。


○議長(蓮池洋美) 以上で、通告による討論は終わりました。


 これより、採決を行います。


 採決は、分割して行います。


 まず、議案第2号、平成16年度南あわじ市国民健康保険特別会計予算についてを採決します。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 よって、本件を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(蓮池洋美) 起立多数です。


 よって、議案第2号は、委員長の報告のとおり可決されました。


 次に、議案第3号、平成16年度南あわじ市老人保健特別会計予算についてを採決します。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 よって、本件を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(蓮池洋美) 起立多数です。


 よって、議案第3号は、委員長の報告のとおり可決されました。


 次に、議案第4号、平成16年度南あわじ市介護保険特別会計予算について採決します。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 よって、本件を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(蓮池洋美) 起立多数です。


 よって、議案第4号は、委員長の報告のとおり可決されました。


 次に、議案第5号、平成16年度南あわじ市訪問看護事業特別会計予算について採決します。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 よって、本件を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(蓮池洋美) 起立多数です。


 よって、議案第5号は、委員長の報告のとおり可決されました。


 次に、議案第12号、平成16年度南あわじ市産業廃棄物最終処分事業特別会計予算について採決します。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 よって、本件を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(蓮池洋美) 起立多数です。


 よって、議案第12号は、委員長の報告のとおり可決されました。


 次に、議案第51号、南あわじ市リサイクルセンター条例制定についてを採決します。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 よって、本件を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(蓮池洋美) 起立多数です。


 よって、議案第51号は、委員長の報告のとおり可決されました。


 次に、議案第52号、南あわじ市介護保険条例制定についてを採決します。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 よって、本件を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(蓮池洋美) 起立多数です。


 よって、議案第52号は、委員長の報告のとおり可決されました。


 次に、議案第53号、南あわじ市福祉医療助成の一部を改正する条例制定についてを採決します。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 よって、本件を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(蓮池洋美) 起立多数です。


 よって、議案第53号は、委員長の報告のとおり可決されました。


 次に、議案第59号、南あわじ市入学祝金支給条例制定についてを採決します。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 よって、本件を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(蓮池洋美) 起立多数です。


 よって、議案第59号は、委員長の報告のとおり可決されました。


 次に、議案第60号、南あわじ市吹上浜野外教育センター条例の一部を改正する条例制定についてを採決します。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 よって、本件を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(蓮池洋美) 起立多数です。


 よって、議案第60号は、委員長の報告のとおり可決されました。


 次に、議案第61号、南あわじ市青少年育成センター条例制定についてを採決します。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 よって、本件を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(蓮池洋美) 起立多数です。


 よって、議案第61号は、委員長の報告のとおり可決されました。


 次に、議案第62号、南あわじ市スポーツ振興審議会条例制定についてを採決します。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 よって、本件を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(蓮池洋美) 起立多数です。


 よって、議案第62号は、委員長の報告のとおり可決されました。


 暫時、休憩をいたします。


 再開は11時25分といたします。


              休憩 午前11時14分


             ――――――――――――


              再開 午前11時25分


○議長(蓮池洋美) 再開いたします。


 長船茂久議員より発言を求められておりますので、許可をいたします。


 長船茂久議員。


○2番(長船茂久議員) 先ほどの反対討論で、私、3,050円というふうに言うべきところを3回ほど3,500円というふうに言ったということを同僚議員から指摘されましたので、その点、訂正したいと思いますので、よろしくお願いしたいと思います。





          日程第3 議案第6号〜議案第11号、議案第13号、議案第16


               号〜議案第18号、議案第54号〜議案第56号、議案


               第72号





○議長(蓮池洋美) 日程第3、議案第6号ないし議案第11号、議案第13号、議案第16号ないし議案第18号、議案第54号ないし議案第56号及び議案第72号、以上14件一括議題としますが、これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(蓮池洋美) 異議なしと認めます。


 よって、14件一括議題とすることに決しました。


 本14件については、産業建設常任委員会に審査を付託しておりましたので、委員長より報告を求めます。


 産業常任委員長、窪田良岱議員。


○産業常任委員長(窪田良岱議員) 産業建設常任委員会の報告をいたします。


 ただいま、議題となりました議案第6号ないし議案第11号、議案第13号、議案第16号ないし議案第18号、議案第54号ないし議案第56号、議案第72号について、本定例会において当委員会に審査を付託され、3月16日、産業建設常任委員会を開催し、審査を行いました。


 その経過と結果につきまして、会議規則第38条の規定により報告をいたします。


 審査に当たりましては委員会条例第21条の規定により、説明員の出席を求め審査を行いました。以下、審査の経過において特に論議されました事項について報告いたします。


 まず、議案第6号、平成16年度南あわじ市公共下水道事業特別会計についてでありますが、質疑の中で平成28年度完了予定となっておるが、将来的に多くの起債を残すことになるので、区域の中で経費の安い合併浄化槽を設置していけばよいのではないかという問いがございましたが、各処理区域の中で許可を得ているためできないとの答えでございました。


 また、旧町での地方債残はいかほどかという問いがございましたが、計画ベースで旧緑41億円、西淡155億円、三原72億円、南淡72億円の残になるということでございました。採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決定しました。


 次に、議案第7号、平成16年度南あわじ市農業集落排水事業特別会計につきましては、使用料の積算はどのようにしてるかという問いがございましたが、公共下水と農業集落排水で按分を行っているということでございました。


 処理施設の機械の基準はという問いがありましたが、リン、チッソを除くための高度処理が行えるものというお答えがございました。


 流入水質のphが高い場合の理由はという問いがございましたが、地域の汚水により異なるというお答えでございました。


 水道管の移設補償の中で、どの辺まで新しい菅を使うのかという問いがございましたが、ほとんど新しい菅を使用してるということでございました。


 採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。


 次に、議案第8号、平成16年度南あわじ市漁業集落排水事業特別会計につきましては、審査を行い、採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。


 次に、議案第9号、平成16年度南あわじ市サイクリングターミナル事業特別会計につきましては、審査を行い、採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。


 次に、議案第10号、平成16年度南あわじ市慶野松原海水浴場特別会計予算につきましては、整備費の予算はどのようにしてるかという質問がございましたが、大きな改修などは海水浴場の余剰金は一般会計に繰り入れをしているので、市の予算より行っているということでございました。採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。


 議案第11号、平成16年度南あわじ市土地開発事業特別会計につきましては、緑と西淡の土地の単価はどのようになってるかという問いがございましたが、緑、平米当たり10万円、西淡、約5万円とのことでございました。淡路瓦振興助成金がこの特別会計で支出されておりますが、おかしいのではないかと。むしろ、産業振興で支出する方がよいのではという問いがございましたが、旧西淡では町並みや住宅環境の形成に寄与するということから、一般会計から特別会計へ繰り入れをして助成をしているということでございました。


 企業団地の売れ残り面積はいかほどかということに対しまして、8区画で7.1ヘクタールが残っておるということでございました。


 宅地開発を何らかの形で行い、利息分ぐらいの返済を考えているのかという問いがありましたが、現在は1社の駐車場として貸しているということでございました。


 採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。


 続きまして、議案第13号、平成16年度南あわじ市潮美台汚水処理事業特別会計予算につきましては、審査を行い、採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。


 次に、議案第16号、平成16年度南あわじ市水道会計予算についてでありますが、徴収が南淡では2カ月遅れとなっているが、新市で調整できないかという問いがありましたが、検針から3カ月遅れとなっている。南淡で2カ月を一度に集金することとなるため、難しいというお答えでございました。


 本土導水で責任受水量があるが、自己水源をいっぱい使うことはできないかということに対しまして、使わなくても支払わなければならないので、できるだけ責任受水量の範囲内に定めて、自己水源で受水をしたいというお答えでございました。


 本土導水による地域と自己水源との区域に分かれておるがということに対しましては、災害の場合の対応を考えて取り組んでいるということでございました。


 採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。


 議案第17号、平成16年度南あわじ市農業共済事業会計予算につきましては、審査を行い、採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。


 次に、議案第18号、平成16年度南あわじ市国民宿舎事業会計予算についてでありますが、年間の収益はいかほどになっているかという問いがございましたが、約1,000万円の利益となっているという答えでございました。採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。


 次に、議案第54号、南あわじ市沼島ターミナルセンター条例の一部を改正する条例制定についてでありますが、質疑の中で委託先はどのように考えているかというのがございましたが、5月までに検討したいということでありました。


 使用料で、営利を目的とする業者等の募集をするのかということがございましたが、募集は考えていない。沼島ターミナルの自販機等の検討を行いたいということでありました。


 公園使用料の設定があるが、営利業者が公園に入るのかという質問がありましたが、そのケースがあるので設定しているという答えでございました。


 採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。


 議案第55号、南あわじ市都市計画審議会条例制定についてでありますが、委員15名の選任の方法は旧町を考慮するのかということでございましたが、旧4町の中から委員として選任できるよう検討しますということでありました。


 審議会の発足はいつごろかということに対しましては、議決をいただいた後、早急に行いたいということでありました。


 女性の委員を考えているのかということにつきましては、できれば考えたいということであります。


 それから、議員が委員として加わることへの考え方はということに対しまして、政令により議会議員が加わることが決められているということでございました。


 学識経験者の基準はということに対しましては、経験豊富な各種団体の長を考えているということでありました。


 採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。


 続きまして、議案第56号、南あわじ市公共下水道条例の一部を改正する条例制定についてでありますが、浄化センターの管理委託はどのようにしているかということでありましたが、国家資格を持った業者に委託をしているということであります。


 汚泥の処理方法はといったことがございましたが、炭化あるいは堆肥などコストは安く環境にやさしい方法で考えていきたいということであります。


 市全体の接続はいかほどかということに対しましては、約43%という答えでありました。


 稼働率を上げる方策は考えておるのかということに対しましては、早期接続者に対する優遇措置及び個別推進を行いたいということであります。


 現在の進捗状況はということに対しましては、市全体で約50%弱、平成28年度完了を予定してるということでございました。


 それから処理場用地確保で問題点はあるのかということに対しましては、現在、松帆湊が残っているが、それ以外はほぼ完了してるということでございました。


 採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。


 議案第72号、平成17年度農業共済事業に係る事務費の賦課総額及び賦課単価についてでありますが、審査を行い採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。


 以上で、産業建設常任委員会の報告を終わらせていただきます。


○議長(蓮池洋美) 委員長の報告が終わりました。


 これより、質疑に入ります。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(蓮池洋美) 質疑なしと認めます。


 これより、討論に入りますが、通告がありませんので、討論なしと認めます。


 よって、直ちに採決を行います。


 採決は分割して行います。


 まず、議案第6号、平成16年度南あわじ市公共下水道事業特別会計予算について採決します。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 よって、本件を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(蓮池洋美) 起立多数です。


 よって、議案第6号は、委員長の報告のとおり可決されました。


 次に、議案第7号、平成16年度南あわじ市農業集落排水事業特別会計予算について採決します。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 よって、本件を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(蓮池洋美) 起立多数です。


 よって、議案第7号は、委員長の報告のとおり可決されました。


 次に、議案第8号、平成16年度南あわじ市漁業集落排水事業特別会計予算について採決します。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 よって、本件を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(蓮池洋美) 起立多数です。


 よって、議案第8号は、委員長の報告のとおり可決されました。


 次に、議案第9号、平成16年度南あわじ市サイクリングターミナル事業特別会計予算について採決します。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 よって、本件を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(蓮池洋美) 起立多数です。


 よって、議案第9号は、委員長の報告のとおり可決されました。


 次に、議案第10号、平成16年度南あわじ市慶野松原海水浴場特別会計予算について採決します。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 よって、本件を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(蓮池洋美) 起立多数です。


 よって、議案第10号は、委員長の報告のとおり可決されました。


 次に、議案第11号、平成16年度南あわじ市土地開発事業特別会計予算について採決します。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 よって、本件を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(蓮池洋美) 起立多数です。


 よって、議案第11号は、委員長の報告のとおり可決されました。


 次に、議案第13号、平成16年度南あわじ市潮美台汚水処理事業特別会計予算について採決します。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 よって、本件を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(蓮池洋美) 起立多数です。


 よって、議案第13号は、委員長の報告のとおり可決されました。


 次に、議案第16号、平成16年度南あわじ市水道事業会計予算について採決します。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 よって、本件を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(蓮池洋美) 起立多数です。


 よって、議案第16号は、委員長の報告のとおり可決されました。


 次に、議案第17号、平成16年度南あわじ市農業共済事業会計予算について採決します。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 よって、本件を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(蓮池洋美) 起立多数です。


 よって、議案第17号は、委員長の報告のとおり可決されました。


 次に、議案第18号、平成16年度南あわじ市国民宿舎事業会計予算について採決します。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 よって、本件を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(蓮池洋美) 起立多数です。


 よって、議案第18号は、委員長の報告のとおり可決されました。


 次に、議案第54号、南あわじ市沼島ターミナルセンター条例の一部を改正する条例制定についてを採決します。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 よって、本件を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(蓮池洋美) 起立多数です。


 よって、議案第54号は、委員長の報告のとおり可決されました。


 次に、議案第55号、南あわじ市都市計画審議会条例制定についてを採決します。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 よって、本件を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(蓮池洋美) 起立多数です。


 よって、議案第55号は、委員長の報告のとおり可決されました。


 次に、議案第56号、南あわじ市公共下水道条例の一部を改正する条例制定についてを採決します。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 よって、本件を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(蓮池洋美) 起立多数です。


 よって、議案第56号は、委員長の報告のとおり可決されました。


 次に、議案第72号、平成17年度農業共済事業に係る事務費の賦課総額及び賦課単価についてを採決します。


 本件に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 よって、本件を委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(蓮池洋美) 起立多数です。


 よって、議案第72号は、委員長の報告のとおり可決されました。


 暫時、休憩をいたします。


 再開は11時25分といたします。


 再開は1時30分の予定といたします。


              休憩 午前11時45分


             ――――――――――――


              再開 午後 1時20分


○議長(蓮池洋美) 再開をいたします。


 お諮りします。


 休憩中に、市長の方から、議案1件及び同意7件が提出されました。


 これを日程に追加し、直ちに議題とすることにご異議ございませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(蓮池洋美) 異議なしと認めます。


 よって、さよう決しました。





          日程追加第1 議案第73号





○議長(蓮池洋美) 日程追加第1、議案第73号、南あわじ市税条例の一部を改正する条例制定についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 市民生活部長。


○市民生活部長(小路益生君) ただいま、上程をいただきました議案第73号、南あわじ市税条例の一部を改正する条例制定について、要旨によりご説明を申し上げます。


 本案は、不動産登記法が改正され、平成17年3月7日に施行されたことに伴い、本市条例第54条第2項及び第5項に定める用語の訂正及び第2条第1項に定める不動産登記法の記載事項を一部改正するものです。なお、附則で、この条例の施行日を交付の日からとし、適用については不動産登記法の施行日とあわせるため、平成17年3月7日と定めています。


 以上、簡単でございますが、議案第73号、南あわじ市税条例の一部を改正する条例制定についての説明とさせていただきます。


 よろしくご審議を賜りますようお願い申し上げます。


○議長(蓮池洋美) 提案理由の説明が終わりました。


 これより、質疑に入ります。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(蓮池洋美) 質疑なしと認めます。


 本件については、会議規則第36条の規定により、文教厚生常任委員会に審査を付託します。





          日程追加第2 同意第2号〜同意第5号





○議長(蓮池洋美) 日程追加第2、同意第2号ないし同意第5号、固定資産評価審査委員会委員の選任につき同意を求めることについて、以上4件一括議題としますが、これにご異議ございませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(蓮池洋美) 異議なしと認めます。


 よって、4件一括議題とすることに決しました。


 提案理由の説明を求めます。


 市長。


○市長(中田勝久君) 同意第2号、同意第3号、同意第4号及び同意第5号の4件についての提案説明を申し上げます。


 同意第2号、固定資産評価審査委員会委員の選任につき同意を求めることについてでございますが、下記の者を南あわじ市固定資産評価審査委員会委員に選任したいので、地方税法第423条第3項の規定により、議会の同意を求めるものでございます。


 住  所  南あわじ市山添389番地1


 氏  名  奥田 功


 生年月日  昭和9年3月24日生まれ


 任  期  平成17年4月1日〜平成20年3月31日


 提案理由の中身といたしましては、南あわじ市設置に伴います固定資産評価審査委員会委員の暫定の任期満了によるものでございます。奥田 功氏は、平成8年3月から旧緑町固定資産評価審査委員会委員に引き続き現在まで本委員を務めておられました。略歴につきましては、皆さん方の手元の別紙に掲載しておりますので、ごらんいただきたいと思います。


 続きまして、同意第3号、同じく固定資産評価審査委員会委員の選任につき同意を求めることについてでございます。


 下記の者を南あわじ市固定資産評価審査委員会委員に選任したいので、地方税法第423条第3項の規定により、議会の同意を求めるものでございます。


 住  所  南あわじ市福良乙186番地


 氏  名  津村 稔


 生年月日  昭和11年11月28日生まれ


 任  期  平成17年4月1日〜平成20年3月31日まで


 提案理由といたしまして、南あわじ市設置に伴います固定資産評価審査委員会委員の暫定任期の満了によるものでございます。津村 稔氏は、平成12年4月から旧南淡町固定資産評価審査委員会委員に引き続き現在まで本委員を務められております。略歴につきましても別紙に掲載してありますので、ごらんをいただきたいと思います。


 続きまして、同意第4号、同じく固定資産評価審査委員会委員の選任につき同意を求めるものについてでございます。


 下記の者を南あわじ市固定資産評価審査委員会委員に選任したいので、地方税法第423条第3項の規定により、議会の同意を求めるものでございます。


 住  所  南あわじ市榎列上幡多207番地1


 氏  名  里深 亘


 生年月日  昭和17年9月26日生まれ


 任  期  平成17年4月1日〜平成20年3月31日まで


 提案理由としまして、南あわじ市設置に伴います固定資産評価審査委員会委員の暫定の任期満了によるものでございます。


 里深 亘氏は、平成15年7月から旧三原町の固定資産評価審査委員会委員に引き続き現在まで本委員を務められております。略歴につきましては別紙に掲載しておりますので、ごらんいただきたいと思います。


 続きまして、同意第5号、同じく固定資産評価審査委員会委員の選任につき同意を求めることについてでございます。


 下記の者を南あわじ市固定資産評価審査委員会委員に選任したいので、地方税法第423条第3項の規定により、議会の同意を求めるものでございます。


 住  所  南あわじ市湊297番地


 氏  名  辻 明


 生年月日  昭和9年12月9日生まれ


 任  期  平成17年4月1日〜平成20年3月31日まで


 提案理由といたしましては、南あわじ市設置に伴います固定資産評価審査委員会委員の暫定任期満了によるものでございます。


 辻 明氏は、平成15年6月から旧西淡町固定資産評価審査委員会委員に引き続き現在まで本委員を務められております。略歴につきましては別紙に掲載しておりますので、ごらんいただきたいと思います。


 今、申し上げました4氏につきましては、人格は円満高潔にいたしまして、税制、行財政運営に関しましても執権、そして経験ともに豊富でございますので、本職にふさわしい方である、このように判断いたしております。再度、南あわじ市の委員としてご選任をいただきたく存じております。議会におかれましては、選任のご同意を賜りますようよろしくお願い申し上げ、4名の提案の説明といたします。


○議長(蓮池洋美) 提案理由の説明が終わりました。


 これより、質疑に入ります。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(蓮池洋美) 質疑なしと認めます。


 お諮りします。


 本件は、人事案件でありますので、議事順序を変更し、直ちに採決したいと思いますが、これにご異議ございませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(蓮池洋美) 質疑なしと認めます。


 よって、直ちに採決を行います。


 採決は、分割して行います。


 まず、同意第2号について、原案のとおり同意することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(蓮池洋美) 起立多数です。


 よって、本件は原案のとおり同意することに決しました。


 次に、同意第3号について、原案のとおり同意することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(蓮池洋美) 起立多数です。


 よって、本件は原案のとおり同意することに決しました。


 次に、同意第4号について、原案のとおり同意することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(蓮池洋美) 起立多数です。


 よって、本件は原案のとおり同意することに決しました。


 次に、同意第5号について、原案のとおり同意することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(蓮池洋美) 起立多数です。


 よって、本件は原案のとおり同意することに決しました。





          日程追加第3 同意第6号





○議長(蓮池洋美) 日程追加第3、同意第6号、南あわじ市福良財産区管理会委員の選任につき同意を求めることについてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


○市長(中田勝久君) 同意第6号、南あわじ市福良財産区管理会委員の選任につき同意を求めることについての提案説明を申し上げます。下記の者を南あわじ市福良財産区管理会委員に選任したいので、南あわじ市福良財産区管理会設置条例第3条の規定により議会の同意を求めるものでございます。


 住  所  南あわじ市福良乙1263番地35


 氏  名  坂本 秀夫


 生年月日  昭和19年3月25日生まれ


 任  期  平成17年3月17日〜平成19年7月28日まででございます。


 任期といたしましては、前任者の残任期間でございます。


 南あわじ市福良財産区管理委員会委員であられました保居俊治氏が、平成17年2月3日にご逝去されましたことから、新たに福良地区町内会連合会より財産区管理に識見を有する委員として坂本秀夫氏をご推薦いただきましたので、南あわじ市福良財産区管理会委員として選任するものでございます。


 略歴につきましては皆さんの別紙につけてございますので、ごらんいただきたいと思います。


 なお、議会におかれまして、選任のご同意を賜りますようよろしくお願いを申し上げます。


○議長(蓮池洋美) 提案理由の説明が終わりました。


 これより、質疑に入ります。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(蓮池洋美) 質疑なしと認めます。


 お諮りします。


 本件は、人事案件でありますので、議事順序を変更し、直ちに採決したいと思いますが、これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(蓮池洋美) 異議なしと認めます。


 よって、直ちに採決を行います。


 本件について、原案のとおり同意することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(蓮池洋美) 起立多数です。


 よって、本件は原案のとおり同意することに決しました。





          日程追加第4 同意第7号





○議長(蓮池洋美) 日程追加第4、同意第7号、南あわじ市・洲本市小中学校組合議会議員の選任につき同意を求めることについてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 市長。


○市長(中田勝久君) 同意第7号、南あわじ市・洲本市小中学校組合議会議員の選任につき同意を求めることについての提案理由を申し上げます。


 下記の者を南あわじ市・洲本市小中学校組合の議会の議員に選任したいので、南あわじ市・洲本市小中学校組合規約第5条第2項の規定により議会の同意を求めるものでございます。


 氏  名  小林 重明


 生年月日  昭和27年10月25日生まれ


 住  所  南あわじ市広田中筋47番地





 氏  名  木曽 弘美


 生年月日  昭和33年4月15日生まれ


 住  所  南あわじ市倭文庄田743番地2





 氏  名  大本 幸二


 生年月日  昭和41年10月24日生まれ


 住  所  南あわじ市広田中筋851番地4





 氏  名  小嶋 節士


 生年月日  昭和15年2月5日生まれ


 住  所  南あわじ市広田広田424番地1





 氏  名  木戸 秀行


 生年月日  昭和24年6月26日生まれ


 住  所  南あわじ市広田広田602番地3


 南あわじ市・洲本市小中学校組合議会議員の選出区分は、南あわじ市、洲本市各5名となっております。旧三原郡緑町・洲本市小中学校組合当時の慣例に準じまして、5名の組合議会議員につきましては、市会議員3名、識見を有する者2名といたしております。旧緑町地域に精通された小林重明議員、木曽弘美議員、大本幸二議員には、市議会を代表する組合議会議員として、また、小島節士様、木戸秀行様には、旧小中学校組合から引き続いて学校教育に識見を有する議員として、以上、5名の皆さんを南あわじ市・洲本市小中学校組合議会議員に選任いたしたいと存じております。


 議会におかれましては、選任のご同意を賜りますようよろしくお願いを申し上げます。


○議長(蓮池洋美) 提案理由の説明が終わりました。


 これより、質疑に入ります。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(蓮池洋美) 質疑なしと認めます。


 お諮りします。


 本件は、人事案件でありますので、議事順序を変更し、直ちに採決したいと思いますが、これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(蓮池洋美) 異議なしと認めます。


 よって、直ちに採決を行います。


 採決は分離して行います。


 小林重明議員については、議場におられますので、退場を願います。


             (小林重明議員 退場)


○議長(蓮池洋美) まず、小林重明さんについて、同意することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(蓮池洋美) 起立多数です。


 よって、小林重明さんについては同意することに決しました。


             (小林重明議員 入場)


○議長(蓮池洋美) 木曽弘美議員については、議場におられますので、退場を願います。


             (木曽弘美議員 退場)


○議長(蓮池洋美) 次に、木曽弘美さんについて、同意することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(蓮池洋美) 起立多数です。


 よって、木曽弘美さんについては同意することに決しました。


             (木曽弘美議員 入場)


○議長(蓮池洋美) 大本幸二議員については、議場におられますので、退場を願います。


             (大本幸二議員 退場)


○議長(蓮池洋美) 次に、大本幸二さんについて、同意することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(蓮池洋美) 起立多数です。


 よって、大本幸二さんについては同意することに決しました。


             (大本幸二議員 入場)


○議長(蓮池洋美) 次に、小嶋節士さんについて、同意することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(蓮池洋美) 起立多数です。


 よって、小嶋節士さんについては同意することに決しました。


○議長(蓮池洋美) 次に、木戸秀行さんについて、同意することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(蓮池洋美) 起立多数です。


 よって、木戸秀行さんについては同意することに決しました。





          日程追加第5 同意第8号


                   


○議長(蓮池洋美) 日程追加第5、同意第8号、洲本市・南あわじ市山林事務組合議会議員の選任につき同意を求めることについてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


○市長(中田勝久君) 同意第8号、洲本市・南あわじ市山林事務組合議会議員の選任につき同意を求めることについての提案理由の説明を申し上げます。


 下記の者を洲本市・南あわじ市山林事務組合の議会の議員に選任したいので、洲本市・南あわじ市山林事務組合規約第5条第2項の規定により、議会の同意を求めるものでございます。


 氏  名  木村 志津馬


 生年月日  昭和5年7月24日生まれ


 住  所  南あわじ市山添830番地





 氏  名  山崎 政秋


 生年月日  昭和18年1月13日生まれ


 住  所  南あわじ市広田広田218番地





 氏  名  鯉森 才治郎


 生年月日  昭和20年5月18日生まれ


 住  所  南あわじ市広田広田453番地





 氏  名  不藤 又夫


 生年月日  昭和13年11月6日生まれ


 住  所  南あわじ市広田中筋80番地1





 氏  名  不動 茂木


 生年月日  昭和13年10月3日生まれ


 住  所  南あわじ市広田中筋1157番地1





 氏  名  長尾 治


 生年月日  昭和8年3月14日生まれ


 住  所  南あわじ市中条中筋554番地1





 氏  名  井實 和正


 生年月日  昭和17年9月25日生まれ


 住  所  南あわじ市中条徳原397番地2


 洲本市・南あわじ市山林事務組合議会議員の選出区分は、南あわじ市、洲本市各7名となっております。旧洲本市・三原郡緑町山林事務組合当時の慣例に準じまして、7名の組合議会議員につきましては、広田財産区管理会委員の兼任といたしております。


 木村志津馬様、山崎政秋様、鯉森才治郎様、不藤又夫様、不動茂木様、長尾 治様、井實和正様には、旧組合から引き続いて洲本市納、鮎屋財産区及び南あわじ市広田財産区の共有山林財産の管理に精通された組合議会議員として選任したい、このように思います。


 議会におかれましては、選任のご同意を賜りますようよろしくお願いを申し上げます。


○議長(蓮池洋美) 提案理由の説明が終わりました。


 これより、質疑に入ります。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(蓮池洋美) 質疑なしと認めます。


 お諮りします。


 本件は、人事案件でありますので、議事順序を変更し、直ちに採決したいと思いますが、これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」の声あり)


○議長(蓮池洋美) 異議なしと認めます。


 よって、直ちに採決を行います。


 採決は分離して行います。


○議長(蓮池洋美) まず、木村志津馬さんについて、同意することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(蓮池洋美) 起立多数です。


 よって、木村志津馬さんについては同意することに決しました。


 次に、山崎政秋さんについて、同意することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(蓮池洋美) 起立多数です。


 よって、山崎政秋さんについては同意することに決しました。


 次に、鯉森才治郎さんについて、同意することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(蓮池洋美) 起立多数です。


 よって、鯉森才治郎さんについては同意することに決しました。


 次に、不動又夫さんについて、同意することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(蓮池洋美) 起立多数です。


 よって、不藤又夫さんについては同意することに決しました。


 次に、不動茂木さんについて、同意することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(蓮池洋美) 起立多数です。


 よって、不動茂木さんについては同意することに決しました。


 次に、長尾 治さんについて、同意することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(蓮池洋美) 起立多数です。


 よって、長尾 治さんについては同意することに決しました。


 次に、井實和正さんについて、同意することに賛成の方の起立を求めます。


              (起 立 多 数)


○議長(蓮池洋美) 起立多数です。


 よって、井實和正さんについては同意することに決しました。


 以上で、本日の議事日程はすべて終了しました。


 次の本会議は、明日午前10時に再開します。


 本日は、これで散会といたします。


 ありがとうございました。





              散会 午後 1時48分