議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 丹波市

平成20年民生常任委員会(12月 5日)




平成20年民生常任委員会(12月 5日)





 
                民生常任委員会会会議録


1.日時


  平成20年12月5日(金)午後1時50分〜午後2時30分


2.場所


  議事堂第2委員会室


3.出席委員


  委員長       荻 野 拓 司    副委員長      田 坂 幸 恵


  委員        木 戸 せつみ    委員        林   時 彦


  委員        足 立 正 典    委員        堀   幸 一


  委員        大 木 滝 夫    委員        田 口 勝 彦


4.欠席委員


  なし


5.議会職員


  係長        荻 野 隆 幸    主幹        和 久 邦 子


6.説明のために出席した者の職氏名


  なし


7.一般傍聴者


  2人


8.審査事項


  別紙委員会資料のとおり


9.会議の経過





               開会  午後1時50分


○事務局(荻野隆幸) ただいまから開催されます委員会は、改選後、最初の委員会でございます。


 委員長が選任されるまでの間、委員会条例第9条第2項の規定によりまして、出席委員の中で最年長の委員が委員長の職務を行うことになっております。


 本日出席委員中、最年長委員は堀幸一委員でございますので、座長を務めていただきたいと存じます。よろしくお願いいたします。


               (堀幸一委員、座長席に着く)


○座長(堀幸一) ただいま指名をいただきました堀幸一です。委員会条例第9条第2項の規定によりまして、委員長が選任されますまで、委員長の職務を務めさせていただきます。委員の皆さんのご協力をいただきましてスムーズに議事が進行できますよう、よろしくお願い申し上げます。


 日程第2、委員長の選任を議題といたします。


 選出方法として、投票による選挙と指名推選の方法がございますが、選出方法についてご意見をお聞きいたします。どのように取りはからったらよろしいでしょうか。


                 (発言するものなし)


○座長(堀幸一) それでは、私の方から言わせていただきますが、投票による選挙、指名推選とありますが、特にご意見ございませんので、投票による選挙とさせていただいてよろしいでしょうか。


               (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○座長(堀幸一) ご異議なしと認めます。


 ただいまより選挙を執行いたします。


 選挙は、無記名投票で行いたいと思います。


 まず、選挙立会人2名の指名をいたします。


 それでは、私の方から指名をさせていただきます。


 荻野君、木戸さんを指名をいたします。


 事務局に投票用紙を配らせます。


                 (投票用紙を配布)


○座長(堀幸一) 投票用紙の配布漏れはありませんか。


                (「なし」と呼ぶ者あり)


○座長(堀幸一) 配布漏れなしと認めます。


 事務局、投票箱の点検をお願いします。


                  (投票箱の点検)


○座長(堀幸一) 異状なしと認めます。


 ただいまから投票を行います。


 事務局職員が、投票箱を持ち回りますので、順次投票願います。


                   (投  票)


○座長(堀幸一) 投票漏れはありませんか。


                (「なし」と呼ぶ者あり)


○座長(堀幸一) 投票漏れなしと認めます。


 ただいまを持ちまして、投票は終了いたしました。


 引き続きまして、開票を行います。


 荻野君と木戸さん、開票の立ち会いをお願いいたします。


                   (開  票)


 委員長選挙の結果を報告いたします。


 投票数8票、これは、出席委員数に符号しております。


 有効投票数8票、


 無効投票数0票


 有効投票数のうち、荻野拓司君5票、堀幸一2票、林時彦君1票、以上とおりでございます。


 したがいまして、荻野拓司君が委員長に当選されました。


 ただいま、当選されました荻野拓司君が本委員会室におられますので、当選の告知をいたします。


 当選人の発言を求めます。


○委員長(荻野拓司) 先ほどの選任で委員長という大役を仰せつかりました荻野拓司でございます。振り返りましたら、1期の後半の部分の中で、当時の大木委員長のもとで副委員長をさせていただきました。色々と多くの課題があった中で、大木さんのいろんな部分を見せていただいた中で、また新たな委員長ということで、本当に責任なり、緊張もいたしたおります。皆さん方には何かとお世話になるかと思いますが、どうぞよろしくお願いします。


○座長(堀幸一) ありがとうございました。


 委員長のあいさつは終わりました。


 以上で、座長の職務は終了いたしました。


 初委員会における重責を無事遂行し得ましたことは、ひとえにみなさま方のご


 協力の賜物と深く感謝申し上げます。


 ありがとうございました。委員長の席を交代いたします。


              (荻野委員長、委員長席に着く)


○委員長(荻野拓司) それでは、日程第4ということで、副委員長の選任を議題といたします。


 選出方法として、投票による選挙と指名推選の方法がございますが、選出方法についてご意見をお聞きいたします。


                (「投票」と呼ぶ者あり)


○委員長(荻野拓司) 「投票」という声を聞きましたので、選挙によることにご異議ございませんか。


               (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○委員長(荻野拓司) ご異議なしと認めます。


 ただいまより選挙を執行いたします。


 選挙は、無記名投票で行います。


 次に、選挙立会人2名の指名をいたします。


 こちらから指名しますが、林さんと田坂委員さんどうぞよろしくお願いします。


 事務局に投票用紙を配らせます。


              (投票用紙を配布)


○委員長(荻野拓司)投票用紙の配布漏れはありませんか。


                (「なし」と呼ぶ者あり)


○委員長(荻野拓司) 配布漏れなしと認めます。


 事務局の方から、投票箱の点検をお願いします。


                  (投票箱の点検)


○委員長(荻野拓司) 異状なしと認めます。


 ただいまから投票を行います。


 事務局から、投票箱を持ち回りますので、順次投票をお願いします。


                   (投  票)


○委員長(荻野拓司)投票漏れはありませんか。


                (「なし」と呼ぶ者あり)


○委員長(荻野拓司)投票漏れなしと認めます。


 ただいまを持ちまして、投票は終了いたしました。


 引き続きまして、開票を行います。


 それでは、立ち会いの方をお願いいたします。


                   (開  票)


 副委員長選挙の結果を報告いたします。


 投票数8票、これは、出席委員数に符合しております。


 有効投票数8票、


 無効投票数0票


 有効投票数のうち、田坂幸恵君5票、木戸せつみ君2票、林時彦君1票、以上のとおりでございます。


 したがいまして、田坂幸恵君が副委員長に当選されました。


 ただいま、当選されました田坂幸恵君が本委員会室におられますので、当選の告知をいたします。


 当選人の発言を求めます。


○副委員長(田坂幸恵) この度の選挙で副委員長の大任を拝命いたしました田坂幸恵でございます。先だっても民生で後期の2年間をまた荻野議員をはじめ一緒に、大木議員も一緒、堀さんも一緒でしたので、また皆さん方、力を合わせて山積している問題に取りかかっていきたいと思っておりますので、皆様どうかご協力のほどよろしくお願い申し上げます。


○委員長(荻野拓司) 副委員長のあいさつは終わりました。


             (田坂副委員長、副委員長席に着く)


○委員長(荻野拓司) それではこの次第に基づいて議事の方をすすめてまいりたいと思います。


 5番の協議事項に入っていきます。


 まず最初の議会広報発行特別委員の選任についてを議題といたします。


 議会広報発行特別委員会の委員の選任については、会派代表者会において、各常任委員会から2名の委員を選出することに決定いたしておりますので、選出についてお諮りいたします。


 まず、立候補はございませんか。


                  (立候補者なし)


○委員長(荻野拓司) 立候補がございませんので、推選により選出したいと思います。


               (「副委員長」と呼ぶ者あり)


○副委員長(田坂幸恵) 私とこは、産建で藤原さんが出られるので、会派から1人出られるので、他の方で。


○委員(田口勝彦) 林議員さんを推薦します。


○委員長(荻野拓司) ただいま林委員さんの推選がありましたので、あと1名お願いします。


               休憩 午後2時12分


               ──────────


               再開 午後2時14分


○委員長(荻野拓司) 抽選でどうか。


○副委員長(田坂幸恵) 木戸さんにお願いしたい。


              (「木戸さんを推選」と呼ぶ者あり)


               休憩 午後2時15分


               ──────────


               再開 午後2時20分


○委員長(荻野拓司) 議会広報発行特別委員会委員の選任が決まりませんので、先に、行政委員会委員の選任についてを議題といたします。


 旅館業審査会は、委員長が就任することとなっております。


 篠山清掃センター環境保全委員会は、正副委員長が就任することになっております。


 次に、民生委員推薦会2名、消防審議会1名、休日診療所運営委員会2名、について環境審議会2名についてご推選をお願いいたします。


                 (発言する者あり)


○委員長(荻野拓司) 消防審議会に堀さんということで、あとのところについてご希望あればお聞かせていただきたいと思います。


                 (発言する者あり)


○委員長(荻野拓司) 林さん環境審議会、木戸さん休日診療所運営委員会。


                 (発言する者あり)


○委員長(荻野拓司) 民生委員推会に大木滝夫君、休日診療所運営委員会に足立正典さん。民生にあと1人。


                 (発言する者あり)


○委員長(荻野拓司) 環境審議会に副委員長、民生に堀さん。


○委員長(荻野拓司) それでは、広報の方は木戸さんにお世話になりたいと思います。


               (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○委員長(荻野拓司) それでは、ただいまご推選をいただきました、


 民生委員推薦会委員に大木滝夫君、堀幸一君


 消防審議会委員に堀幸一君


 休日診療所運営委員会委員に木戸せつみ君、足立正典君


 環境審議会委員に林時彦君、田坂幸恵君を選任することに決定いたしました。


○委員長(荻野拓司) これをもちまして、本日の議事はすべて終了いたしました。


 委員会を閉会といたします。ご苦労さまでした。それでは、副委員長お願いします。


○副委員長(田坂幸恵) ただいま常任委員会のすべてと広報と行政委員会の選任が終わりましたので、皆様よろしくお願いいたします。


                 閉会 午後2時30分








      丹波市議会委員会条例第29条第1項の規定により署名する。


              平成20年12月5日





                民生常任委員会 委員長