議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 篠山市

平成19年第53回臨時会(第1号 2月14日)




平成19年第53回臨時会(第1号 2月14日)





        第53回篠山市議会臨時会会議録(1)





           平成19年2月14日(水曜日)


              午前 9時30分 開会








 
〇出席議員(22名)


     1番  植 村 義 昌         2番  降 矢 太刀雄


     3番  吉 田 浩 明         4番  波多野 元 治


     5番  森 本 富 夫         6番  河 南 克 典


     7番  谷   貴美子         8番  松 本   孜


     9番  谷 掛 加津一        10番  酒 井 斉 祥


    11番  天 野 史 朗        12番  市 嶋 弘 昭


    13番  岸 本 厚 美        14番  九 鬼 正 和


    15番  植 野 良 治        16番  田 中 悦 造


    17番  岡 前 昌 喜        18番  西 田 直 勝


    19番  藤 本 忠 男        20番  足 立 義 則


    21番  市 野 忠 志        22番  小 林 正 典





〇欠席議員(0名)





〇地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名


  市長職務代理者助役           収入役        中 西   肇


           稲 川 敏 之


  教育委員長    大 前   衛    教育長        畑 中 陽 次


  代表監査委員   佐 圓   隆    総務部長       大 対 信 文


  政策部長     村 山 紳 一    生活部長       田 中 保 昭


  福祉部長     平 野 芳 行    保健部長       酒 井 松 男


  産業経済部長   中 西 宗 一    建設部長       円 増 幸 雄


  人権推進部長   今 井   進    公営企業部長     三 原 喜十郎


  教育部長     粟 野 章 治    監査委員・公平委員事務局長


                                 西 垣 正 和


  消防長      大 前 良 太    城東支所長      向 井 祥 隆


  多紀支所長    関 口 恵 士    西紀支所長      山 本 喜代治


  丹南支所長    小 稲 敏 明    今田支所長      松 本 和 良





〇議会事務局職員出席者


 局長        穴 瀬 雅 彰    課長         池 野   徹


 課長補佐      梶 村 徳 全





〇議事日程 第1号 平成19年2月14日(水曜日)午前9時30分開会


  第 1  会議録署名議員の指名


  第 2  会期の決定


  第 3  諸般の報告


  第 4  行政報告


       ・寄附採納報告


  第 5  承認第 1号 専決処分の承認を求めることについて


       ・専決第1号 平成18年度篠山市一般会計補正予算(第4号)


  第 6  議案第 1号 篠山市コミュニティ消防センター条例等の一部を改正する


              条例制定について


  第 7  議案第 2号 平成18年度篠山市一般会計補正予算(第5号)


  第 8  議案第 3号 平成18年度篠山市住宅資金特別会計補正予算(第2号)


  第 9  議案第 4号 平成18年度篠山市下水道事業特別会計補正予算(第5号)


  第10  議案第 5号 平成18年度篠山市農業集落排水事業特別会計補正予算


              (第3号)


  第11  議案第 6号 平成18年度篠山市公営駐車場事業特別会計補正予算(第


              1号)


  第12  議案第 7号 平成18年度篠山市診療所特別会計補正予算(第3号)


  第13  議案第 8号 平成18年度篠山市観光施設事業特別会計補正予算(第1


              号)


  第14  議案第 9号 平成18年度篠山市国民健康保険特別会計補正予算(第3


              号)


  第15  議案第10号 平成18年度篠山市老人保健特別会計補正予算(第2号)


  第16  議案第11号 平成18年度篠山市介護保険特別会計補正予算(第4号)


  第17  議案第12号 平成18年度篠山市農業共済事業会計補正予算(第2号)


  第18  議案第13号 平成18年度篠山市水道事業会計補正予算(第4号)





                 午前9時30分開会


○議長(小林正典君)  皆さん、おはようございます。開会に先立ちまして、一言ごあいさつ申し上げます。


 ことしの冬は、記録的な暖冬が続いており、タンポポが平年より大幅に早く開花するなど、春の前倒しが起こっております。議員各位には、ご健勝にてご参集賜り、本日ここに第53回篠山市議会臨時会を開会することができますことは、市政のためにまことにご同慶にたえません。


 さて、本臨時会は、市長退職のため、市長職務代理者の稲川助役から、条例改正1件、平成18年度の一般会計をはじめ、各特別会計の補正予算など、重要な案件が上程されています。


 議員各位には、慎重なご審議をいただき、市民の皆様の負託にこたえるべき適切妥当な結論が得られますようご祈念申し上げますとともに、格別なご精励を賜りますようお願い申し上げまして、開会のごあいさつにいたしたいと思います。


 ただいまから第53回篠山市議会臨時会を開会します。


 これから、本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりです。





◎日程第1  会議録署名議員の指名





○議長(小林正典君)  日程第1.会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第120条の規定によって、1番、植村義昌君、2番、降矢太刀雄君、3番、吉田浩明君を指名します。





◎日程第2  会期の決定





○議長(小林正典君)  日程第2.会期決定の件を議題にします。


 お諮りします。


 本臨時会の会期は本日から22日までの9日間にしたいと思いますがご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(小林正典君)  異議なしと認めます。


 したがって、会期は本日から22日までの9日間に決定しました。





◎日程第3  諸般の報告





○議長(小林正典君)  日程第3.諸般の報告を行います。


 本日、市長職務代理者から提出されております案件は、お手元に配付しておきましたからご了承願います。


 次に、地方自治法第121条の規定に基づき、議案の説明のため、市長職務代理者、代表監査委員、教育委員長及びその委任を受けた者の出席を求めておきましたのでご了承願います。


 次に、監査委員から、地方自治法第199条第9項の規定に基づき、財政援助団体監査結果報告書並びに地方自治法第235条の2第3項の規定に基づき、平成18年11月分の出納検査報告書が提出されております。その写しをお手元に配付しておりますので、お目通しいただきたいと思います。なお、関係諸表は議会事務局に備えておりますので、ご了承願います。


 次に、閉会中に陳情書等2件が議長あてに提出されております。文書表とともに、その写しをお手元に配付しておりますので、お目通しいただきたいと思います。


 次に、関係議長会の報告をいたします。


 近畿市議会議長会関係について、去る1月18日、第3回支部長会議が開催されました。また、1月26日には、第2回理事会が開催され、副議長とともに出席いたしました。


 次に、兵庫県市議会議長会関係では、1月16日にブロック会長会を篠山市において開催しました。1月25日には、豊岡市において理事会が、また2月9日には、神戸市において第222回総会を開催、副議長とともに出席しました。平成19年度予算764万円と役員改選では、会長に養父市、副会長に伊丹市と洲本市とが決定しました。


 次に、阪神市議会議長会関係では、1月30日、三田市において定例会が開催され、副議長とともに出席いたしました。


 いずれも資料等は事務局に備えておりますのでお目通しいただきたいと思います。


 これで、諸般の報告を終わります。





◎日程第4  行政報告





○議長(小林正典君)  日程第4.行政報告を行います。


 市長職務代理者から報告がございますが、それに先立ちまして、寄附採納の報告文書を事務局長に朗読させます。


                (事務局長朗読)


○議長(小林正典君)  市長職務代理者稲川助役、報告願います。


○市長職務代理者(稲川敏之君)(登壇)  議員の皆さん、おはようございます。


 報告に先立ちまして、一言ごあいさつを申し上げます。


 瀬戸市長が退任されましてから、早いもので1カ月が経過し、2月も半ばとなりました本日、ここに第53回市議会臨時会を招集いたしましたところ、議員各位には、極めてご壮健にてご出席の中、本臨時会を開催できますこと、市政推進の上からまことに喜ばしい限りでございます。


 また、平素から真摯な議会運営と積極的な議員活動を通して、市政の進展にご精励をいただいておりますことに、心からの敬意と感謝を申し上げる次第でございます。


 さて、本臨時会に提案し、ご審議いただきます議案は、条例改正、平成18年度一般会計及び特別会計の補正予算などでございます。どうか慎重なるご審議をいただきまして、適切なるご決定を賜りますようお願いを申し上げます。


 では、早速報告に入らせていただきます。


 報告の第1点目は、寄附の受け入れについてであります。


 現金2件、計300万円と物品1件、26万円相当額でございます。寄附の目的を示され、その志をもっての奇特な寄附でございましたので、これを採納させていただきました。そのご厚志にこたえるべく、有効適切な活用に努めてまいる所存でございます。


 第2点目は、市長選挙についてであります。


 瀬戸市長の退任に伴います市長選挙は、今月18日告示、25日の投票となっております。選挙の管理に当たります市選挙管理委員会には、万全の体制で臨んでいただきますよう、よろしくお願いをするところでございます。


 第3点目は、第4回「いのしし祭り」についてであります。


 1月27日に開催されました「いのしし祭り」でございますが、好天にも恵まれまして、各地から多くの来場客で大いににぎわいました。多くの料理店のぼたん鍋やぼたん汁や丹波ーガーなど、おなじみとなりました味の競演に長い行列ができ、今回初登場のユニークな和菓子「ししのはな」も人気を呼んだようでありました。


 特に今年は亥年ということもあり、メーンイベントのいのししレースの写真入りの記事が、全国紙の1面を大きく飾るなど、篠山のPR効果にも大きなものがあったのではないかと思われます。「いのしし祭り」の成功にご尽力を賜りました関係団体の皆様方に厚くお礼を申し上げる次第でございます。


 第4点目は、先日開催されました篠山市教育委員会平成18年度「三宅剣龍賞・みどり賞」の表彰でございます。


 今回、三宅剣龍賞を受賞されましたのは、芸術文化活動に大きな功績のありました4名の皆様、そしてみどり賞はすぐれたスポーツ、文化のクラブ活動や生徒会活動で活躍された中学校4団体と中学生、養護学校高等部の生徒さん7名の個人に贈られました。受賞されました皆様のご功績につきまして、心から敬意を表するとともに、今後のなお一層のご活躍をご祈念申し上げるものでございます。


 第5点目は、2月7日開催されました「兵庫まちづくりセミナー2007」におきまして、第8回「人間サイズのまちづくり賞」の表彰式が行われ、篠山市からは、「まちなみ・景観部門」において、市営福住本陣団地、建築部門におきまして、篠山市民センターがそれぞれ受賞し、さらにまちづくり活動部門におきまして、日置地区里づくり協議会が受賞の栄誉に輝かれました。


 市営福住本陣団地は、軒の高さや出幅、面格子、虫籠窓など、この地域の町家特有の建築要素を設計に取り入れるとともに、壁土や建材材料に地元産を使用するなど、京街道宿場町の面影が色濃く残る福住地区に調和した景観が高く評価されたものでございます。


 また、篠山市民センターは、ガラス張りの解放感あふれる吹き抜け構造で、内部からも篠山の豊かな自然や歴史景観を体感できることや、空調設備に負荷がかからないよう、2重のガラス外壁になっており、環境に配慮した点も評価されたものでございます。


 日置地区の里づくり協議会におかれましては、地域の将来像や土地、建物の利用等についてルールを定めた日置地区里づくり計画のもと、公園の整備や環境保全活動、さらには一昨年からの「ひおき軒先ミュージアム」の開催で、歴史街道における道文化を構築されるなど、地域づくりの先進的な活動が評価されたものでございます。


 今回の審査には、兵庫県下から4部門で合計161件の応募があり、受賞が12件、その4分の1に当たります3件が篠山市からで、これは、特筆すべきではないかと思っております。


 第6点目は、篠山市広報「丹波篠山」が、このほど行われました第54回兵庫県広報コンクールの広報誌部門で、5年連続最高位の特選を受賞、また、写真部門でも第2位に相当する入選をなし遂げたことでございます。さらに、映像部門におきましても、視聴覚ライブラリー制作の「丹波篠山ぶらり散策」が特選に選ばれ、トリプル受賞という快挙をなし遂げました。


 広報誌の今回の受賞作品は、丹波篠山12月号の「手から心へ」という特集記事でごらんをいただいたかと存じますが、篠山の農業、丹波焼、丹波木綿、丹波杜氏という4つのテーマを取り上げ、それぞれに活躍される皆さんの手にスポットを当て、特産物への強い思いと情熱を写真とともに紹介をいたしました。


 コンクールでの審査講評では、「超A級の作品で、特集記事への編集者の熱い思いと、丹念な取材の様子が伝わり、頭の下がる思いがする。テーマのねらいと絞り込みもよく、すべてにおいて完成度の高い仕上がりである」との最高級のお褒めをいただきました。


 また、ライブラリーの受賞作品は、市内各所の名所・旧跡・四季の行事、特産物などを美しい映像で紹介していますが、これについては「ワンカットワンカット丁寧に撮っていて、企画・構成ともにすばらしく、制作担当者の映像技術のレベルの高さが伺える。ナレーションもきれいで、ぜひ行ってみたいという気持ちになる」とのすばらしい講評をいただきました。


 そして、広報誌、写真、映像のいずれもが、来る全国コンクールに出場することになっております。今後も、今回の受賞におごることなく、謙虚な姿勢を貫き、市民参画のまちづくりを推進するため、広報誌の充実にさらに研さんを努めてまいりたいと考えております。


 第7点目は、第27回、篠山ABCマラソン大会についてでございます。3月4日、早春の風物詩でございます第27回篠山ABCマラソン大会が行われます。今回の参加申込者数は8,908名で、昨年より263名の増加となり、ここ5年間では最も多くなっています。参加者の皆様には、春の息吹を感じながら、それぞれ感動のゴールを目指して篠山路を駆け抜けていただきたいと思います。


 また、この大会は1,200人もの多くのボランティアの皆様に支えられた大きなスポーツイベントでございます。今回も、篠山から感動のメッセージを内外に発信できますよう願っております。


 篠山市では、このように1年間の四季を通して著名なイベントが数多く開催され、篠山の魅力を広く全国に発信しているところでございますが、先ほどもふれましたように、スポーツや文化活動における市民の皆様の活躍や各種コンクールでの受賞も、篠山のよさとすばらしさを市内外の皆さんに再度認識していただける大きなインパクトになるのではないかと思っているところでございます。


 以上7点につきましてご報告を申し上げまして、臨時会開催に当たっての行政報告とさせていただきます。


○議長(小林正典君)  これで、行政報告は終わりました。





◎日程第5  承認第1号 専決処分の承認を求めることについて





○議長(小林正典君)  日程第5.承認第1号 専決処分の承認を求めることについてを議題とします。


 議案の朗読を省略し、提案理由の説明を求めます。


 大対総務部長。


○総務部長(大対信文君)(登壇)  ただいまご上程いただきました承認第1号、専決処分の承認を求めることについて提案理由のご説明を申し上げます。


 専決第1号、平成18年度篠山市一般会計補正予算(第4号)は、来る2月25日執行の篠山市長選挙にかかります経費について補正するものでございます。


 第1条歳出予算の補正は、歳入歳出予算の総額は変わらず、2,226万2,000円の歳出のみを補正するものでございます。


 それでは、議案書に予算書がついております。予算書3ページをお開きいただきたいと思います。


 まず、款2総務費、項4選挙費は、2,226万2,000円の追加で、市長選挙費は、2月25日に執行します市長選挙にかかります投票管理者及び投票立会人等の報酬292万5,000円、ポスター、掲示板の作成費用など、需用費343万1,000円、選挙公報郵送料など役務費256万2,000円、選挙公営負担金201万1,000円など、選挙経費を追加するものでございます。


 なお、今回の専決処分に要します一般財源2,226万2,000円は、全額予備費にて措置いたしておりますことにつきまして、ご理解を賜りますようお願い申し上げまして、提案理由の説明とさせていただきます。ご審議いただきましてご承認賜りますようよろしくお願い申し上げます。


○議長(小林正典君)  提出者の説明が終わりました。


 これから質疑を行います。


 質疑はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(小林正典君)  質疑なしと認めます。


 これで、質疑を終わります。


 これから討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(小林正典君)  討論なしと認めます。


 これから承認第1号を採決します。


 本件は承認することに賛成の方は起立願います。


                (賛成者起立)


○議長(小林正典君)  起立全員です。


 したがって、承認第1号は承認することに決定しました。





◎日程第6  議案第1号 篠山市コミュニティ消防センター条例等の一部を改正する条例制定について





○議長(小林正典君)  日程第6.議案第1号、篠山市コミュニティ消防センター条例等の一部を改正する条例制定についてを議題とします。


 議案の朗読を省略し、提案理由の説明を求めます。


 円増建設部長。


○建設部長(円増幸雄君)(登壇)  ただいま上程いただきました議案第1号、篠山市コミュニティ消防センター条例等の一部を改正する条例制定につきまして、提案理由の説明を申し上げます。


 このたびの一部改正につきましては、平成6年度より組合施行として実施されております篠山都市計画事業・篠山口駅西土地区画整理事業におきまして、換地処分に関するものでございます。


 当該区画整理事業の換地計画は、昨年11月28日付で、知事の認可を得て、現在、換地処分通知の事務処理が進められており、2月9日付で知事に換地処分の完了届が提出されており、この完了届を受けまして、知事の換地処分の公告が、この3月となる予定で進められているものでございます。


 換地処分の公告の翌日からその効力が発生し、当該区画整理事業区域内の大字名、町名につきましては、大沢1丁目、大沢2丁目との表示に変わってまいります。したがいまして、当該区画整理事業区域内に存する市の施設の所在や上下水道において区域表示している名称につきまして、変更及び追加する必要があるものでございます。


 それでは、新旧対照表をごらんいただきまして、まず第1条の篠山市コミュニティ消防センター条例では、別表篠山市 篠山口駅西コミュニティ消防センターの項中、篠山市 篠山口駅西土地区画整理事業施行区域内14街区9画地を、篠山市大沢1丁目9番地10に改め、第2条の篠山口駅西公営駐車場条例では、第2条中157番地1を2丁目14番地4に、第3条の篠山市自転車駐車場条例では、第2条中27号、28号、特殊道路敷地内を2丁目8番地16及び9番地18に改めるものでございます。


 第4条の篠山市公共下水道処理場設置条例では、別表(1)公共下水道事業住吉浄化センターの項中、大沢の右に「、大沢1丁目、大沢2丁目」を加え、第5条の篠山市公営企業の設置等に関する条例では、別表第1、区域の全部に渡るものの項中、吹上の右に「、大沢1丁目、大沢2丁目」を加えるものでございます。


 なお、附則でこの条例は篠山都市計画事業 篠山口駅西土地区画整理事業の換地処分の公告のあった日の翌日から施行するものでございます。


 以上、提案説明とさせていただきます。よろしくご審議を賜りまして、ご決定くださいますようお願い申し上げます。


○議長(小林正典君)  提出者の説明が終わりました。


 これから質疑を行います。


 質疑はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(小林正典君)  質疑なしと認めます。


 これで、質疑を終わります。


 これから討論を行います。


 討論はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(小林正典君)  討論なしと認めます。


 これから議案第1号を採決します。


 本案は原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。


                (賛成者起立)


○議長(小林正典君)  起立全員です。


 したがって、議案第1号は原案のとおり可決されました。





◎日程第7  議案第2号 平成18年度篠山市一般会計補正予算(第5号)





○議長(小林正典君)  日程第7.議案第2号、平成18年度篠山市一般会計補正予算(第5号)を議題とします。


 議案の朗読を省略し、提案理由の説明を求めます。


 大対総務部長。


○総務部長(大対信文君)(登壇)  ただいまご上程賜りました議案第2号、平成18年度篠山市一般会計補正予算(第5号)につきまして、提案理由の説明を申し上げます。


 このたびの補正は、市税及び地方交付税などを主な財源といたしまして、将来にわたります健全財政の堅持のため、財政調整基金への積み立てを行うほか、国及び県の支出金の確定によります事業精査、各事業の決算見込みによります精査と、財源調整など関係予算の補正をお願いするものでございます。


 結果、第1条の歳入歳出予算の補正につきましては、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ8,300万円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ222億7,552万7,000円とするものでございます。


 それでは、まず予算書23ページをお開きいただきまして、歳出からご説明申し上げます。


 歳出の内容につきましては、先ほど申し上げましたとおり、事業の完了見込みや国・県の補助金等の確定に伴います減額補正が多くなっております。それでは、それぞれの目ごとの主な事業内容を中心に説明させていただき、減額補正につきましては、おおむね100万円以上のもの及び追加補正につきましては、特徴的なものについて説明を申し上げたいと存じます。補正予算の財源内訳につきましては、特定財源を伴うものにつきましてのみ、歳出予算と連動して減額等になる特定財源につきましては、説明を省略させていただきますことをご了承賜りたいと存じます。


 まず初めに、それぞれの目に計上いたしております職員人件費は、時間外勤務手当の精査と、報酬では非常勤嘱託職員等報酬是正によるものでございますので、各項での説明は省略させていただきます。


 まず、款1議会費、項1議会費は、525万4,000円の減額で、各節にわたりまして今後の見込み額を精査したものでございます。


 次に、23ページから28ページの款2総務費、項1総務管理費は、1,357万5,000円の追加で、23ページの一般管理費は、3,181万8,000円の追加で、職員人件費は、退職者にかかる退職手当組合特別負担金3,150万2,000円の追加、一般管理費は、市例規追録業務委託料65万2,000円、訴訟弁護士委託料157万5,000円の追加と、それぞれ今後の見込み額精査によるものでございます。


 次に25ページの財産管理費は、1,182万2,000円の減額で、市営駐車場管理費は、駐車場管理委託料300万7,000円の減額と、それぞれ今後見込み額精査で、特定財源は市営駐車場使用料500万円の減額でございます。


 次に、26ページの情報システム費は、175万9,000円の減額で、電算業務委託料の精査でございます。


 次に、28ページの項2徴税費は、445万5,000円の減額で、賦課徴収費は地番図分合筆修正業務及び評価がえ業務等にかかります委託料440万3,000円の減額で、特定財源は、個人県民税徴収取扱い費委託金220万5,000円の追加でございます。


 次に、29ページの項4選挙費は、179万円の減額で、県議会議員選挙費委託金の確定による179万円の減額に伴う歳出の事業費精査でございます。


 次に、30ページから35ページの款3民生費、項1社会福祉費は、6,672万7,000円の減額で、30ページの社会福祉総務費は614万4,000円の追加で、国民健康保険事業勘定繰出し金478万9,000円の追加で、特定財源は保険基盤安定国庫負担金26万4,000円及び国民健康保険基盤安定化県負担金35万6,000円の追加と、無年金外国籍高齢者等福祉給付金支給事業補助金16万8,000円の減額でございます。


 次に、老人福祉費は98万2,000円の追加で、人生80年いきいき住宅助成事業は、下水道改修等の完了によります対象者減により、助成金855万4,000円、老人保護措置事業は、措置人数減により452万5,000円、ともに減額で、地域介護福祉空間整備交付金事業は、介護保険施設の整備推進補助金1,631万4,000円の追加で、特定財源の国県支出金1,178万7,000円は、地域介護福祉空間整備交付金事業補助金1,631万4,000円の追加及びいきいき住宅助成事業補助金の427万7,000円の減額ほかで、その他は老人保護措置費用徴収金100万7,000円の減額でございます。


 次に、31ページの老人医療費は、710万4,000円の減額で、老人医療費助成事業は、扶助対象者減による老人医療費1,720万円の減額、老人保健医療費給付事業は、老人保健特別会計繰出し金1,323万5,000円の追加で、特定財源の国県支出金1,099万4,000円の減額は、老人医療費助成事業補助金1,099万4,000円の減額でございます。


 次に、32ページの障害者福祉費は、3,371万8,000円、また33ページの障害者医療費は1,433万円ともに減額で、それぞれの事業につきまして、今後の見込み額を精査したことによります減額が主なもので、特定財源は各事業に対します国県支出金並びに利用者負担金を精査したものでございます。


 次に、35ページの介護保険費は、1,287万6,000円の減額は、介護保険特別会計繰出し金1,145万9,000円の減額で、特定財源は各事業に対します国県支出金を精査したものでございます。


 次に、36ページから39ページの項2児童福祉費は5,941万5,000円の減額で、児童福祉総務費は1,309万1,000円の減額で、児童扶養手当支給事業は、支給額の減額により1,245万9,000円の減額で、特定財源は児童扶養手当負担金413万8,000円の減額でございます。


 次に、母子福祉医療費は、113万6,000円の減額で、乳幼児医療費及び母子家庭等医療費の精査によるものでございます。


 次に、37ページから39ページの児童福祉施設費は、287万3,000円の減額で、各保育園の事務費及び運営事業費につきまして、今後の見込み額を精査したことによります減額でございます。


 次に、母子福祉費は、112万7,000円の減額で、母子生活支援施設入所措置費及び母子自立支援給付金の精査によるものでございます。


 次に項3、生活保護費は、139万9、000円の追加で、生活保護扶助費は139万3,000円の追加で、補助人員の増加見込みによるもので、特定財源の国県支出金102万8,000円は、生活保護費負担金の追加でございます。


 次に、40ページから41ページの款4衛生費項1保健衛生費は、1,305万3,000円の減額で、40ページの予防費は1,103万6,000円の減額で、予防費の医薬材料費及び予防接種委託料、生活習慣病予防対策費の事業精査による減額でございます。


 次に、41ページの斎場運営管理費は、123万6,000円の減額で、管理にかかります各委託料の精算見込みと、特定財源は式場使用料及び動物火葬料の追加によるものでございます。


 同じく項2清掃費は、1,638万1,000円の減額で、清掃総務費の441万円の減額は、それぞれの事業につきまして、今後の見込み額を精査及び水洗便所改造資金助成金事業の減額によるものでございます。


 次に、塵芥処理費は810万9,000円の減額で、燃料費及び施設点検業務委託料の精査で、特定財源は丹波市よりの清掃センター建設運営分担金294万1,000円の減額及び資源化物売却料100万円の追加でございます。


 次に、し尿処理費は、334万8,000円の減額で、施設運営の処理薬品、燃料費の精査で、特定財源はくみ取り手数料及び投入手数料700万円の減額でございます。


 次に、42ページから44ページの款6農林水産業費、項1農業費は177万1,000円の追加で、各目のそれぞれの事業につきまして、今後の見込み額を精査したことによります増減と、農地費の766万5,000円の追加は、県営土地改良事業費の確定によります負担金286万9,000円及び12件の市単独土地改良事業補助金申請があったことによります467万9,000円の追加で、特定財源は県営土地改良事業にかかる一般公共事業債300万円の減額と、事業確定による地元負担金114万8,000円の追加でございます。


 次に44ページの農地保全費は、571万4,000円の減額で、農業用河川工作物応急対策事業で実施しています追分の工法変更に伴う減額で、特定財源は農業用河川工作物応急対策事業補助金618万8,000円の減額でございます。


 次に、同じく44ページから45ページの項林業費は、1,386万5,000円の減額で、林業振興費は295万円の減額で、木材蓄積量の実測量の減によります風倒木処理森林復旧対策事業補助金229万9,000円の減額で、特定財源の国県支出金713万5,000円の減額は、風倒木処理森林災害復旧費補助金156万7,000円及び松くい虫伐倒駆除事業補助金32万9,000円ほかでございます。


 次に、45ページの林業施設費は、1,078万7,000円の減額で、後川及び栃梨地内で実施しております県単独補助治山工事の事業費確定によります減額で、特定財源は県単独補助治山事業補助金713万5,000円及び地元負担金171万5,000円の減額でございます。


 次に、款7商工費、項1商工費408万6,000円の減額で、観光費は403万4,000円の減額で、市公営管理業務の精査によります委託料410万8,000円の減額でございます。


 次に、46ページの款8土木費項2道路橋梁費は、251万2,000円の減額で、道路新設改良費は259万8,000円の減額で、市単独事業の工事請負費等の事業精査によります減額でございます。


 次に、47ページの項3河川費は、184万9,000円の減額で、河川総務費は河川環境整備工事の事業費精査によります減額でございます。


 次に、47ページから48ページの項4都市計画費は、23万2,000円の追加で、各目のそれぞれの事業につきまして、今後の見込み額を精査したことによります減額と、篠山口駅周辺整備事業費の320万8,000円の追加は、都市計画道路大沢味間南線の道路改良に伴います工事請負費の追加で、特定財源は、一般単独事業債280万円の追加でございます。


 次に、街路事業費の131万2,000円の減額は、都市計画道路中央線及び御徒町線等の工事請負費等の精査によるもので、特定財源は街路事業費補助金131万2,000円の減額でございます。


 次に、48ページの項6住宅費は、700万8,000円の減額で、市営住宅の外壁及び設備改修工事費の確定によります減額で、特定財源は特定公共賃貸住宅家賃対策補助金366万2,000円の減額、地域住宅交付金の234万1,000円の追加及び公営住宅建設事業債160万円の減額でございます。


 次に、48ページから49ページの款9消防費、項1消防費は96万2,000円の減額で、常備消防費は大沢新にお住まいの中澤清治様より消防本部の資機材充実のためにご寄附いただきました200万円をもって、消防用備品エアテントを購入するものでございます。


 次に、消防施設費は、神戸市にお住まいの山田典志様より消防団の資機材充実のためにご寄附をいただきました100万円をもって、防火服37着を購入するものでございます。


 49ページの災害対策費は、190万3,000円の減額で、洪水ハザードマップ作成委託料149万1,000円の減額で、特定財源は自治振興事業補助金50万円の追加と、「1.17を忘れない」地域防災訓練事業補助金7万円の減額でございます。


 次に、49ページから50ページの款10教育費、項1教育総務費935万4,000円の減額で、各目それぞれの事業につきまして、今後の見込み額を精査したことによります減額でございます。


 次に、50ページから51ページの項2小学校費は、74万5,000円の減額で、教員振興費の124万2,000円の減額は、小学校教育備品の196万円の減額と新規事業として3月1日から31日に各小学校にカウンセラーを配置し、相談事業を実施するための報償費60万8,000円を追加するもので、特定財源は「子どもと親の相談員」緊急配備事業委託金60万8,000円の追加と、要保護児童生徒及び障害児教育就学援助補助金の21万1,000円、理科教育等整備費補助金18万8,000円の減額でございます。


 次に、52ページから53ページの項4幼稚園費は、221万6,000円の減額で、今後の見込み額を精査したことによります減額でございます。


 次に、53ページの項5養護学校費は439万8,000円の減額で、学校管理費は425万3,000円の減額で、学校改修工事費等の精査によるものでございます。


 次に、53ページから57ページの項6社会教育費は594万3,000円の減額で、56ページの文化財保護費は、多紀史友会様より史跡篠山城跡内の緑化修景整備のためにご寄附いただきました50万円をもって、サクラ植栽など修景整備を行うものであります。また、各目のそれぞれの事業につきまして、今後の見込み額を精査したことによります増減に伴い、特定財源も精査したものでございます。


 次に、57ページから59ページの項7保健体育費は、5,382万円の減額で、保健体育総務費は、2,366万7,000円の減額で、スポーツクラブ21クラブハウス建設が4クラブから2クラブになったため、委託料及び工事請負費を2,168万3,000円の減額で、特定財源はのじぎく兵庫国体会場地市町開催運営経費助成金278万6,000円、スポーツクラブ21ひょうご事業負担金2,168万4,000円の減額でございます。


 59ページの給食センター建設費の2,340万5,000円の減額は、備品購入費の精査により、1,978万円を減額するもので、他の目につきましては、それぞれの事業につきまして、今後の見込み額を精査したことによります減額でございます。


 次に、60ページの款12諸支出金、項1基金費は、1億5,874万1,000円の追加で、財政調整基金の1億5,005万1,000円の追加は、決算見込みの精査により、積み立てが可能となりましたので積み立てるもので、積み立て後の基金残高は25億2,701万8,000円でございます。


 次に、公共施設整備基金費は199万3,000円の減額で、市営駐車場使用料の減額に伴うもので、減額後の基金残高は2,319万8,000円でございます。


 次に、宅地開発関連事業基金費は、709万9,000円の追加は、宅地開発協力金を積み立てるもので、積み立て後の基金残高は、2,920万6,000円でございます。


 次に、温泉施設整備基金費は、358万4,000円の追加は、入湯税相当額を積み立てるもので、積み立て後の基金残高は1億7,596万5,000円でございます。


 次に、款13予備費、項1予備費は2,200万円の追加で、専決第1号、平成18年度篠山市一般会計補正予算(第4号)で予備費を財源として補正を行いましたため、今回追加するものでございます。


 次に、款14災害復旧費、項1農林水産業施設災害復旧費は640万円の減額で、18年災及び16年災の事業費精査によります減額で、特定財源は農地農業用施設災害復旧費補助金424万7,000円、地元分担金65万8,000円の減額でございます。


 以上で歳出に関します説明を終わらせていただきます。


 続きまして、歳入についてでございますけれども、特定財源につきましては、歳出のところでご説明申し上げましたので、一般財源につきましてご説明を申し上げます。


 それでは、9ページに戻っていただきまして、款1市税、項1市民税は、法人市民税553万8,000円の追加でございます。同じく項4入湯税は、当初見込み額精査及び更正決定により358万4,000円の追加でございます。


 次に、款10地方交付税、項1地方交付税は、3,277万1,000円の追加で、国の補正予算に伴い、平成18年度普通交付税の調整額が追加交付されるもので、補正後の普通交付税は78億9,705万2,000円になるものでございます。


 次に、19ページ款16財産収入、項2財産売り払い収入は353万5,000円の追加で、14件の市有地売却収入でございます。


 次に、款18繰入金、項1特別会計繰入金は、286万7,000円の追加で、下水道事業特別会計及び公営駐車場事業特別会計よりの繰入金でございます。


 次に、20ページから22ページの款20諸収入項5雑入は634万2,000円の減額で、総務費雑入は1,271万2,000円の追加で、派遣職員給与費負担金506万8,000円、雇用保険個人負担金485万9,000円ほか、民生雑入費は843万8,000円の追加で、市町村振興協会市町交付金591万4,000円ほかでございます。


 続きまして、債務負担行為の補正につきましてご説明申し上げます。


 第2条により、今回追加しようとする債務負担行為につきましては、6ページの第2表、債務負担行為補正にお示ししております2件でございます。


 まず、退職者にかかる県市町村職員退職手当組合特別負担金につきましては、期間を平成19年度から平成24年度までとし、限度額を1億1,658万5,000円としようとするもので、平成18年度をもって退職いたします職員の特別負担金につきまして、債務負担の追加をお願いするものでございます。


 次に、平成18年度における地方債証券の共同発行によって生ずる連帯債務につきましては、期間を平成18年度から平成24年度まで、限度額を95億、及びこれに対する利子相当額としようとするものでございまして、このたび、ミニ公募債を発行するに当たりまして、篠山市及び兵庫県三田市など15団体が共同で地方債を発行することとするため、地方財政法第5条の7の規定に基づきまして連帯債務が必要であることから、今回、債務負担の追加をお願いしようとするものでございます。


 現在、予定しておりますミニ公募債につきましては、全体発行額を100億円とし、そのうち兵庫県が37億円、篠山市ほか12市1町が63億円を発行する予定で、平成24年5月に満期一括償還し、その時点で借りかえを行うことになります。今回、限度額として設定いたしております95億円につきましては、篠山市以外の団体が発行いたします95億円につきまして、連帯債務を設定しようとするものでございますが、団体間で自己の負担部分に相当する償還額を確実に期日までに支払い、いかなる場合にも他の団体に自己の負担部分を負担させることはしない旨の遵守義務を盛り込んだ共同発行に関する協定書を15団体で締結することとしております。


 また、篠山市が発行いたします5億円の充当予定事業は、西部給食センター建設事業にかかります合併特例債を予定しております。


 次に、地方債の補正につきまして、ご説明を申し上げます。


 第3条によりまして、今回、変更しようとする地方債は、6ページの第3表、地方債補正でお示ししております3項目で、補正額は280万円の減額でございます。公営住宅建設事業は、補正前の限度額720万円から160万円を減額するもので、その内訳は、市営住宅外壁及び設備改修の工事請負費等の減額によるものでございます。


 次に、一般公共事業は、補正前の限度額1,590万円から300万円を減額するもので、県営土地改良事業負担金の確定に伴います減額でございます。


 次に、一般単独事業は、補正前の限度額1億6,370万円に180万円を追加するもので、都市計画道路大沢味間南線改良の工事請負費の増額によります280万円の追加、及び防火水槽整備の事業費確定によります100万円の減額でございます。


 以上の結果、今回の地方債の補正によりまして、補正後の地方債総額は、17億4,990万円となり、このうち普通交付税に算入されます地方債は13億5,022万円で、補正後の普通交付税算入率は77.2%でございます。


 以上で提案理由の説明とさせていただきます。ご審議を賜りましてご決定賜りますようよろしくお願い申し上げます。


○議長(小林正典君)  提出者の説明が終わりました。


 これから質疑を行いますが、本案につきまして、各常任委員会に負託し、休会中に審査を願うことにしたいと思います。したがいまして、説明に対する総括的な質疑をお願いいたします。


 質疑はありませんか。


 16番、田中悦造君。


○16番(田中悦造君)  16番、田中悦造です。2点お聞きしたいと思います。今回の補正額は、差し引きしますと8,300万円ということでなっておるんですが、中身をよく見ますと、基金に積み立ての1億5,000万円等が差し引きされていますので、実際の減額、補正減というのは、かなり大きな数字になると思うんですね。その中で、特に民生費が1億2,000万円、衛生費が2,900万円というような、極めて住民サービスに直結する部分の補正の減が多いなということが非常に気になるんですが、今、部長の説明では、財政の健全化に向けて余ったお金はほとんどこの基金に積んだと。これはこれで一つの考え方としては正しいかと思うんですが、一方で今言いました民生費とか衛生費がどうも減ってるから気になるなということで中身を見ると、例えば障害者医療とか、障害者福祉、それから衛生関係が病気の予防費ですね。これなんかが減ってるし、ここらはどうなんでしょうね。また、教育費もこれ、かなり7,400万円でしたか、7,600万円の減額ですが、例えば学校の管理費とかいうのが減るのは、これはランニングコストを削減するという意味で、それはそれでいいと思うんですが、例えば教育振興費なんかも減になってますよね。だから、今、部長では事業精査による減だという決まり文句で説明があったんですが、私が懸念するのはそういうことで、積立金を積んで財政健全化に向かっていることはある意味では評価しても、片方では住民サービスが犠牲になっておるのではないかという見方も一方ではあると思うんですが、その懸念があるのかないのか、その辺についての考え方を1点、まずお聞きします。


 もう一つは、財政調整基金が、これ今回積んで25億2,700万円という残高になるということですが、これによって、平成18年度の単年度収支の見込みはどのような見込みを立てておられるのかということを2点目にお聞きします。


 以上2点です。


○議長(小林正典君)  大対総務部長。


○総務部長(大対信文君)  まず、いわゆる民生費等、また教育費の一部につきまして減額されているということで、一部では財政健全化の見方があるんではないかという反面、住民サービスの低下につながっているのではないかということでございますが、詳細、それぞれの部局から説明申し上げますが、全体として制度改正等、また事業精査等による減額でございまして、住民サービスの低下ということには直接つながっていないと、このように感じるところでございます。


○議長(小林正典君)  平野福祉部長。


○福祉部長(平野芳行君)  私の方からは、障害者福祉費のざっと3,370万円の減額について説明申し上げますが、これは、ご承知のとおり、障害者自立支援法が4月から施行されまして、措置費といいますか計算方法が、これまで1月単位で計算しておりましたのが、月単位で計算になりました。つまり、端的なことを申しますと、1カ月の間に1日でもサービスを利用されれば、1カ月の計算方法をしておりましたが、今度、1カ月の間1日利用されたら1カ月、1日分しか入ってこないというような制度改正のもので、簡単に申し上げますと以上のようなことで、大幅に3,300万円減額をせざるを得なかった。ただ、制度改正がどういうふうに変化するかわからないということもありまして、実は12月補正のときにもおおよそ把握はしておりましたが、不安等々もありましたので、最終的な補正で精査をさせていただきたいという形でお願いをするものでございます。


 以上でございます。


○議長(小林正典君)  酒井保健部長。


○保健部長(酒井松男君)  ただいまのご質問でございますが、保健部が所管をしておりますものにつきましてご説明申し上げます。


 老人医療費で老人医療助成事業で約2,000万円、それから33ページの障害者医療費、重度心身障害者医療助成事業で1,790万円と、合わせまして3,700万円ほどの減額になっておりますが、まず老人医療費助成事業につきましては、当初、1人当たり4万3,000円の医療費で1,900人見込んでおりましたが、精査をいたしまして、最終見込みましたら対象人数が400人ほど減りまして1,500人ということで、その関係で減額をさせていただいております。


 それから重度心身障害者医療助成事業につきましては、これにつきましても当初1人当たり18万円で医療費を見込んでおりましたが、最終11万5,000円程度に納まるということで、その分が1,700万円ほど減額ということでお願いしております。


 以上でございます。


○議長(小林正典君)  粟野教育部長。


○教育部長(粟野章治君)  教育費の7,600万円の減額の主なものでございますが、57ページの工事費のスポーツ21、これは2つの地域の建設費が見送られた減額でございます。


 それと59ページの西部給食センターの建築事業に対しまして入札をさせていただきました工事費の差額で2,300万円ほど、また、給食費の材料、また委託、これはパンの委託費なんですけれども、500万円ほどあるんですけれども、これは給食の日数が行事等によりまして減ったという材料費の減額等が主なものになっております。あわせまして、各施設のランニングコスト等の精査によるものでございまして、事業費につきましては、ほぼ予定どおり実施をさせていただいております。


 以上でございます。


○議長(小林正典君)  大対総務部長。


○総務部長(大対信文君)  2点目のお尋ねの18年度の単年度収支の件でございますが、今、18年度の予算執行中なので、まだその見込みが出ていないところでございますが、ただ、当初予算のときに、財政調整基金7億9,000万円余りを取り崩しておりまして、平成17年度末の財政調整基金が27億6,287万円ございます。そうしますと、今現在の積んでおります25億2,718万円でございますが、予算そのものが財政調整基金を取り崩さなければできないという状況の中で、非常に厳しい状況がございまして、この後、1億8,000万円近い財政調整基金を積まなければ、非常に厳しい状況にあるということは言えるのではないかと、このように考えているところでございます。


 以上でございます。


○議長(小林正典君)  ほかに質疑はありませんか。総括的質疑をお願いいたします。


 7番、谷貴美子君。


○7番(谷貴美子君)  総括的というふうにおっしゃられたんですけれども、所管が違いますので1点だけお聞きしておきたいと思います。


 教育振興費の子どもと親の相談員の調査研究事業ということで、カウンセラーの謝金ということでなっているんですけれども、これはどういった内容のものなのか、もう少し詳しくお聞かせいただきたいと思います。


○議長(小林正典君)  粟野教育部長。


○教育部長(粟野章治君)  県が新規事業で本年度3月に実施をしていただくことになっておりますいじめ問題の早期発見、早期解決を図るための子どもと親の相談員を設置する委託費でございます。


○議長(小林正典君)  7番、谷貴美子君。


○7番(谷貴美子君)  7番、谷です。これもどなたかカウンセラーは県からの派遣なんでしょうか。わかっておりましたらお聞かせいただけたらと思います。


○議長(小林正典君)  粟野教育部長。


○教育部長(粟野章治君)  各学校に1名ずつ配置をさせていただくことになっておりますが、教職員の経験の方でお世話になるということが既に決定して氏名もわかっておりますが、手元に氏名を持っておりませんので、また後ほどお渡しさせていただきたいと、このように思いますがよろしくお願いいたします。


○議長(小林正典君)  17番、岡前昌喜君。


○17番(岡前昌喜君)  17番、岡前です。不勉強の面もあって教えてほしいんですけれども、地方債証券の共同発行の件ですけれども、これは今までもあったものなのかどうかお尋ねしたいと思うんです。それとあわせて、共同で15団体で発行される場合、共同発行ですけれども、この事業、これの使われる事業費は、各15団体の特定の持ち寄った事業を事業費に使うということで活用されるのかどうかということをお尋ねしておきたいと思うんです。


 それからもう1点、駐車場問題、500万円ほど収入減になったということとあわせて、各施設の入館料が各施設とも減っているということの関係についての検討はされたのかどうか、ちょっとお尋ねしておきたいと思うんです。


○議長(小林正典君)  大対総務部長。


○総務部長(大対信文君)  まず1点目の共同発行の件ですけれども、のじぎく債ということで、一応今までからも発行はいたしております。それぞれですが、縁故債等を借りることもあるわけでございますが、それぞれの事業がこの共同発行することによって、5年間で一括で5年後に返すということで、5年間というものは利子のみを負っていくというような状況になりまして、これが銀行で借りますと、その利息は銀行に入っていきますが、この共同発行債になりますと、各個人が1万円以上で買えます。そうしますと、その利息が個人に還元されるという、そういったメリットもございまして、今後こういった形での地方債が発行されるのではないかと、このように思っているところでございます。


 あと、駐車場の関係でございますが、今回、500万円減額になります。当初見込みとして、いわゆる30分以内の無料での駐車を50%という形で見ておりましたが、今現在無料駐車が65%を占めておるということ、さらにはイベント時におきます駐車場が使えないといった等のこと等によりましての減額をお願いをしております。


 この関係と、それからその周辺にあります大書院、また歴史美術館等の入館料の減額との関係というのは、今現在調査はしていないというのが現実でございます。


○議長(小林正典君)  17番、岡前昌喜君。


○17番(岡前昌喜君)  17番、岡前です。この地方債の共同発行の件、使用の方は特定されずに一般的に使えるということになるのかどうか。


○議長(小林正典君)  大対総務部長。


○総務部長(大対信文君)  これはそれぞれが事業目的を持って起債を起こしておると思います。一般財源として出すというものではないと、このように思っておるところでございます。


○議長(小林正典君)  18番、西田直勝君。


○18番(西田直勝君)  18番、西田です。ちょっと聞いておきますが、この給食事業収入というのが600万円程度減収ということになってますね。先ほど、田中議員との関係で、給食日数が減ったというようなことを一つの理由にされてましたけれども、これはトータルしてどういうような状況になっているんですか。ちょっと詳細に説明いただけますか。


○議長(小林正典君)  粟野教育部長。


○教育部長(粟野章治君)  先ほど田中議員さんのご質問にもお答えさせていただきましたが、材料調達費等、それとパンの加工費の委託料なんですけれども、これが連動しておりまして、1食、小学校、中学校の単価が違うんですけれども、行事等によって、またいろんな学校等の事情によりまして、給食を中止をした場合に、日数が当初予定をしておりました給食費の材料費、またパンの加工費等の計算が当然減ってくるわけなんですけど、それの減額を合わせた金額を1年間で精査させていただきました金額でございます。


○議長(小林正典君)  質疑は、これ委員会に付託いたしますので、総括的な質疑をしていただけなかったら、これは委員会の意味がありませんので、その辺は十分ご了解して質問をしていただきたいと思います。


○議長(小林正典君)  18番、西田直勝君。


○18番(西田直勝君)  西田ですが、そういう中身というように僕は理解してなかったので。問題はやはり今給食費の滞納とかいろんな問題というのが大きな課題としてなってきているし、そういうふうな総合的な問題が、やっぱりこの根底にあるのではないかなというように思ったので、そういうふうな単純な、要するに日数だけが減ったとかいうような問題ではないのではないか。ということは今の財政状況の中でいろんなそういう問題がいろいろ波及しているわけだから、極めてそういうところについてはシビアに問題点を議会の中で出すということは当たり前の話ではないかなと思うので。ただ、もうそれ以上何もない、いえ、滞納とかそんなんありませんよ。もう要するにそういうことだったらそれで理解しますけど。


○議長(小林正典君)  これで質疑を終わります。


 お諮りいたします。


 ただいま議案となっております議案第2号は、各常任委員会に付託することにしたいと思います。ご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(小林正典君)  異議なしと認めます。


 したがって、議案第2号は、各常任委員会に付託することに決定しました。


 ここで、暫時休憩いたします。再開は11時10分といたします。


              午前10時55分  休憩


              午前11時10分  再開


○議長(小林正典君)  休憩前に引き続きまして、会議を開きます。





◎日程第 8  議案第 3号 平成18年度篠山市住宅資金特別会計補正予算(第2号)


 日程第 9  議案第 4号 平成18年度篠山市下水道事業特別会計補正予算(第5号)


 日程第10  議案第 5号 平成18年度篠山市農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)


 日程第11  議案第 6号 平成18年度篠山市公営駐車場事業特別会計補正予算(第1号)


 日程第12  議案第 7号 平成18年度篠山市診療所特別会計補正予算(第3号)


 日程第13  議案第 8号 平成18年度篠山市観光施設事業特別会計補正予算(第1号)


 日程第14  議案第 9号 平成18年度篠山市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)


 日程第15  議案第10号 平成18年度篠山市老人保健特別会計補正予算(第2号)


 日程第16  議案第11号 平成18年度篠山市介護保険特別会計補正予算(第4号)


 日程第17  議案第12号 平成18年度篠山市農業共済事業会計補正予算(第2号)


 日程第18  議案第13号 平成18年度篠山市水道事業会計補正予算(第4号)





○議長(小林正典君)  日程第8.議案第3号、平成18年度篠山市住宅資金特別会計補正予算(第2号)から、日程第18.議案第13号、平成18年度篠山市水道事業会計補正予算(第4号)までの11件を一括議題といたします。


 議案の朗読を省略し、提案理由の説明を求めます。


 議案第3号について、今井人権推進部長。


○人権推進部長(今井 進君)(登壇)  ただいまご上程を賜りました議案第3号、平成18年度篠山市住宅資金特別会計補正予算につきまして、提案理由のご説明を申し上げたいと思います。


 このたびの補正は、住宅資金貸付助成事業の一般事務経費の精査と年度内繰り上げ償還、さらに繰り上げ償還に伴う起債償還利子の減額を含め、増額しようとするものでございます。


 よって、第1条の歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ435万4,000円を増額し、歳入歳出それぞれ5,694万5,000円にしようとするものでございます。


 それでは、予算書の6ページをごらんください。


 歳出からご説明を申し上げます。


 歳出でございますが、1款1項1目一般管理費のうち、需用費の償還推進事業、普通旅費の1万1,000円、手数料2,000円、研修負担金1万3,000円を減額し、消耗品費を1万1,000円、基金積立金2,000円を増額し、都合1万3,000円を減額いたします。2款公債費、1項1目元金でございますが、繰り上げ償還によりまして、住宅資金貸付事業起債償還にかかる元金分を451万1,000円増額し、また、2目利子につきましては、同じく繰り上げ償還に伴い、起債償還分にかかる利子として14万4,000円を減額しようとするものでございます。


 次に、歳入でございますが、予算書5ページをごらんください。


 1款県支出金、1項1目県補助金でございますが、住宅資金貸付償還推進補助金1万5,000円を減額し、2款1項1目利子及び配当金、内容につきましては基金利子3,000円を増額し、都合1万2,000円を減額しようとするものでございます。5款諸収入、1項貸付金元利収入、1目貸付金元利収入につきましては、年度内繰り上げ償還に伴い、住宅新築資金等貸付元利収入451万3,000円を増額し、それに伴い現年度分14万4,000円を減額しようとするものでございます。


 以上、簡単な説明で恐縮に存じますが、ご審議を賜りましてご決定いただきますようお願いを申し上げます。


○議長(小林正典君)  次に、議案第4号及び議案第5号について、円増建設部長。


○建設部長(円増幸雄君)(登壇)  ただいま上程いただきました議案第4号及び第5号につきまして、提案理由の説明を申し上げます。


 まず最初に、議案第4号、平成18年度篠山市下水道事業特別会計補正予算(第5号)につきまして説明を申し上げます。


 今回の補正の主なものといたしまして、事業精査などの精査見込みによるものでございます。


 まず、公共下水道事業でございますが、歳入歳出予算にそれぞれ823万8,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を、歳入歳出それぞれ12億3,886万9,000円にしようとするものであります。


 それでは、6ページの歳出から説明をいたします。


 下水道総務費の一般管理費823万8,000円の追加の主なものとしまして、公共下水道管理費の手数料211万3,000円の追加は、処理水量増加に伴い、脱水ケーキの処分量80トン分を追加するものでございます。


 次に、減債基金積立金771万5,000円、一般会計繰出し金132万3,000円の追加は、後ほど歳入で説明申し上げます開発等によりまして、受益者負担金の増加に伴います負担金相当額を減債基金に積み立てするものと、一般会計に繰り出すものでございます。


 また、職員人件費の時間外勤務手当150万円の減額や、公共下水道管理費の電気代150万円をはじめとする減額は、生産見込みによるものでございます。


 次の公債費の元金につきましては、財源更正でございます。これらの財源につきまして、5ページの歳入について説明いたします。


 まず、分担金及び負担金、下水道事業受益者負担金903万8,000円の追加は、開発等によりまして22件の新規加入があったことにより、受益者負担金現年分854万1,000円と滞納分49万7,000円を追加するものでございます。


 次に、市債の下水道債80万円の減額につきましては、地方債80万円の減額に伴い、資本費平準化債を減額するものでございます。


 続きまして、特定環境保全公共下水道事業でございますが、歳入歳出予算からそれぞれ289万8,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を9億5,740万5,000円にしようとするものでございます。


 それでは、18ページの歳出から説明いたします。


 まず、下水道総務費の一般管理費289万8,000円の減額は、職員人件費の時間外勤務手当58万円の減額、特定環境保全公共下水道管理費の電気代100万円、手数料190万円は、脱水ケーキ70トン分でございます。消費税及び地方消費税107万5,000円をはじめとする減額は、それぞれ精算見込みによるものでございます。


 次に、減債基金積立金166万9,000円の追加は、後ほど歳入で説明申し上げます新規加入分担金の増加に伴います相当額を減債基金として積み立てるものでございます。


 次の公債費の元金につきましては、財源更正でございます。


 これらの財源につきまして、17ページの歳入について説明いたします。


 分担金及び負担金の下水道事業受益者負担金166万9,000円の追加は、新規加入が西部処理区等で5件あったことによるものでございます。


 次の使用料及び手数料の下水道使用料53万3,000円の追加は、受益者の増加に伴いまして追加するものでございます。


 次に、市債の下水道債510万円の減額につきましては、地方債の減額に伴い資本費平準化債を減額するものでございます。


 続きまして、議案第5号、平成18年度篠山市農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)につきまして説明を申し上げます。


 今回の補正の主なものといたしましては、事業精査などの精査見込みによるものでございます。これらによりまして、歳入歳出予算からそれぞれ343万7,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を、6億4,481万7,000円にしようとするものであります。


 それでは、6ページの歳出から説明いたします。


 農業集落排水総務費の一般管理費343万7,000円の減額の主なものとしまして、職員人件費の時間外勤務手当25万円の減額や農業集落排水管理費の手数料160万円、これにつきましては汚泥処分費の240トン分の減額でございます。委託料200万円につきましては、汚泥運搬費400トン分を計上いたしております。これらの減額は、精算見込みによるものでございます。


 次に、減債基金積立金56万3,000円の追加は、後ほど歳入で説明申し上げます新規加入等で受益者分担金の増加に伴い積み立てするものでございます。


 次の公債費の元金につきましては、財源更正でございます。


 これらの財源としまして、5ページの歳入について説明いたします。


 分担金及び負担金、農業集落排水受益者分担金56万3,000円の追加は、みたけ地区などで新規加入が2件あったことにより追加するものでございます。


 次に、市債の下水道債400万円の減額につきましては、地方債の減額に伴い、資本費平準化債を減額するものでございます


  以上、まことに簡単な説明ではございますが、よろしくご審議を賜りまして、ご決定くださいますようお願い申し上げます。


○議長(小林正典君)  次に、議案第6号について、小稲丹南支所長。


○丹南支所長(小稲敏明君)(登壇)  ただいま上程いただきました議案第6号、平成18年度篠山市公営駐車場事業特別会計補正予算(第1号)につきまして、提案理由の説明を申し上げます。


 今回の補正は、公営駐車場使用料収入の決算見込み精査によりまして、増額になる見込みのもの、それと平成17年度の繰越金の確定に伴うものでございます。


 予算書第1条のとおり、歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ154万4,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を、歳入歳出それぞれ773万7,000円に定めようとするものでございます。


 それでは、歳入より説明申し上げますので、予算書の5ページをごらんください。


 1款使用料及び手数料、1項使用料、1目使用料、1節駐車場使用料を、一時利用と月極利用をあわせた127万3,000円を追加し、746万5,000円に増額しようとするものでございます。参考までにですが、一時利用が39万7,000円、月極利用が87万6,000円という内訳でございます。


 次に、2款繰越金、1項繰越金、1目繰越金、1節前年度繰越金に27万1,000円を追加し、27万2,000円に増額しようとするものでございます。


 続きまして、歳出についてご説明申し上げますので、予算書の6ページをごらんください。


 1款管理費、1項管理費、1目駐車場管理費609万3,000円に154万4,000円を追加し、763万7,000円に増額しようとするものでございます。内容につきましては、補正額全額の154万4,000円を、28節一般会計へ繰出しするものでございます。


 以上、まことに簡単な説明でございますが、提案理由の説明とさせていただきます。ご審議いただきましてご承認賜りますようよろしくお願い申し上げます。


○議長(小林正典君)  次に、議案第7号、議案第9号、及び議案第10号について、酒井保健部長。


○保健部長(酒井松男君)(登壇)  続きまして、議案第7号、平成18年度篠山市診療所特別会計補正予算(第3号)、議案第9号、平成18年度篠山市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)、及び議案第10号、平成18年度篠山市老人保健特別会計補正予算(第2号)につきまして、一括して提案理由の説明を申し上げます。


 まず、診療所特別会計の補正予算についてでございますが、今回の補正につきましては、歳入では、診療報酬収入、使用料及び手数料、並びに諸収入を精査したことにより、また歳出では、診療所管理費の精査及び医薬材料費に不足が生じることによりますものでございます。


 結果、第1条の歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ34万3,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を、歳入歳出それぞれ8,706万7,000円にしようとするものでございます。


 それでは、事項別明細書6ページの歳出からご説明申し上げます。


 1款1項1目一般管理費の7節賃金18万1,000円の減額は、水曜日、木曜日、土曜日に勤務を願っております非常勤医師の賃金で、11節需用費6万円の減額は、暖冬のため暖房用の電気代を、それから14節使用料及び賃借料1万6,000円の減額は、テレビ1台を廃止したことによりますNHKの受信料の減額でございます。


 次に、2款1項3目医療用衛生材料費60万円の増額は、3月末を見通しましたところ医薬品に不足が生じるため、増額をお願いするものでございます。


 続きまして歳入でございますが、5ページをお願いいたします。


 1款1項1目国民健康保険診療報酬収入80万円の増額、2目社会保険診療報酬収入20万円の減額は、それぞれ報酬額を精査したことによるものでございます。


 2款1項1目文書料、1節6万4,000円の減額は、主治医意見書作成件数の減、2節福祉医療事務処理手数料4万4,000円の減額も、取扱い件数を精査したことによる減額でございます。2目使用料1万9,000円の減額は、往診車使用料でございますが、これも使用回数を精査した結果、減額するものでございます。


 次に、5款2項1目、雑入13万円の減額は、本年度は今日までインフルエンザが流行しておらず、また接種料の単価も下がりましたことなどから減額をするものでございます。


 以上、診療所特別会計補正予算(第3号)の提案理由の説明とさせていただきます。


 続きまして、議案第9号、平成18年度篠山市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)についてでございますが、今回補正しようといたしますのは事業勘定のみで、歳入では各款ともに補助金、交付金の確定、そして地方交付税が確定したことに伴います一般会計繰入金の増額などで、歳入全体では増額補正を、また歳出では医療費の伸びに対しまして、保険給付費の増額のほか、各事業を精査したことによるものでございます。


 結果、第1条の歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ9,697万4,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を、歳入歳出それぞれ40億3,089万5,000円にしようとするものでございます。


 それでは、事項別明細書8ページの歳出からご説明申し上げます。


 1款1項1目一般管理費のうち、13節委託料190万5,000円の減額は、レセプト点検業務で入札による単価契約に切りかえたことによる減額でございます。14節使用料及び賃借料14万円の減額は、複写機使用料を精査したことによります減額でございます。2項1目賦課徴収費は、説明欄のとおり、事務の精査により需用費、役務費、委託料をそれぞれ組みかえるものでございます。


 続きまして、2款1項1目一般被保険者療養給付費1億7,200万円の増額は、当初予算で被保険者8,050人、一人当たり15万8,000円と見込んでおりましたが、高齢者の増加による医療費単価の増加から増額を、2目退職被保険者等療養給付費1,000万円の減額は、当初予算で被保険者3,480人、1人当たり29万6,000円と見込んでおりましたが、決算見込みにより精査した結果減額を、3目の一般被保険者療養費300万円の増額は、一般被保険者の増加と一人当たりの給付費が伸びておりますこと、5目審査支払い手数料10万円の増額は、レセプトの審査件数の増加に伴い補正をお願いするものでございます。


 次に、9ページに移りまして、2項高額療養費でございますが、1目一般被保険者高額療養費1,000万円及び2目退職被保険者等高額療養費300万円の増額につきましては、それぞれ決算見込みにより精査し増額をするものでございます。


 次に、4款1項1目介護納付金につきましては、国庫の普通調整交付金が増額となりましたため、財源更正をいたしております。


 続きまして、5款1項1目高額療養費共同事業拠出金2,400万円の減額は、本年度対象となりますレセプトが少なかったために減額をするものでございます。


 2目保険財政共同安定化事業拠出金1,200万円の減額でございますが、これも事業の確定により減額をするものでございます。


 次に、6款1項1目保健事業費99万2,000円の減額は、説明欄記載のとおり、健康管理事業44万9,000円の減額、10ページに移りまして健康教育事業で71万8,000円の減額、そして医療費通知事務費では17万5,000円の増額をお願いするものでございますが、これらにつきましても、それぞれ決算見込みを立て精査した結果でございます。


 次に10款予備費は、当初予算で保険給付費の1.5%相当額を見込んでおりましたが、保険給付費の増額分の財源として、規定の国県支出金、保険税を充当した上で、なお不足する4,208万9,000円につきまして、予備費を減額して充当するものでございます。


 続きまして歳入でございますが、5ページに戻っていただきまして、1款1項1目、一般被保険者国民健康保険税の現年課税分140万円の減額は、医療分では今後の収納額を見込んだところ281万円の増額となりましたが、介護分は若年者層の国保から社会保険への加入などもあり、被保険者が減少したため、421万円を減額し、差し引き140万円を減額するものでございます。


 また、滞納繰越分697万1,000円の増額は、決算見込みにより増額をお願いするものでございます。


 次に、2目退職被保険者等国民健康保険税現年課税分4,197万7,000円の増額は、医療分では12月時点で前年同期と比べまして、退職者の増加により、被保険者数、調停額ともに大幅な増加となっているため、4,551万6,000円の増額を見ておりますが、介護分では、決算見込みを精査した結果、353万9,000円を減額し、差し引き4,197万7,000円を増額するもので、また、滞納繰越分につきましても、精査をいたしました結果、医療、介護分あわせまして146万6,000円の増額を見込んでおります。


 続きまして、3款1項1目療養給付費等負担金717万3,000円の増額は、国保の財政は比較的低所得の方々が多く加入されていることから、財政基盤が脆弱であるため、国庫から保険給付費、介護納付金、老人保健拠出金の34%相当額を受け入れるものでございますが、決算見込みにより精査をし増額をするものでございます。


 次に、2目高額医療費共同事業負担金486万5,000円の減額でございますが、この事業は、一件80万円を超えるレセプトがある場合、保険財政に与える影響を緩和するため、国、県、市町がそれぞれ拠出し、80万円を超えた部分を受け入れるものでございますが、本年度は対象となるレセプトが少なかったため減額をするものでございます。


 次に6ページに移りまして、2項1目財政調整交付金6,439万6,000円の増額は、国保財政は国庫負担と保険税でまかなっておりますが、市町村間の財政力の不均衡を是正するため、国庫から交付されるものでございまして、今回、交付金の確定によります増額でございます。


 次に、4款1項1目療養給付費交付金1,314万5,000円の減額は、退職者医療の給付費の確定に伴い減額をするものでございます。


 続きまして、5款1項1目高額医療費共同事業負担金486万5,000円の減額は、事業費が少なくなりましたことにより、国庫同様、県負担金も減額するものでございます。


 次に、6款1項1目共同事業交付金、1節の高額療養費交付金2,208万5,000円の減額は、1件80万円を超えるレセプトがある場合、国保連合会から10分の6相当額を受け入れるものですが、本年度は対象額が70万円から80万円に引き上げられたこと、及び対象となるレセプトが少なかったため減額をするものでございます。


 2節の保険財政共同安定化事業交付金1,483万7,000円の増額につきましては、この事業は医療制度改革に基づき、本年10月から創設され、1件30万円を超えるレセプトについて、県内各市町が共同で助け合う制度で、医療費の実績と保険者数に応じて交付を受けるものでございますが、事業費の確定により増額をするものでございます。


 次に、8款1項1目一般会計繰入金、1節保険基盤安定繰入金29万9,000円の増額は、国保税で低所得者軽減を実施したものに、県が4分の3相当額を負担し、一般会計を通じて受け入れるもので、2節職員給与等繰入金204万5,000円の減額は、歳出の一般管理費の委託料、使用料及び賃借料などの精査により、繰入金を減額するものでございます。


 次に、4目の財政安定化支援事業繰入金600万7,000円の増額は、低所得者が多い、またベッド数が過剰、高齢化率が高いなど、保険者の責に期さない事由がある場合、国が交付税措置をするもので、算定額が確定したことにより受け入れるものでございます。


 次に、6目保険基盤繰入金52万8,000円の増額は、中間所得層への税負担が増加しないよう、各保険者への支援制度として設けられたもので、事業の確定により、国庫から一般会計を通じて受け入れるものでございます。


 次に7ページに移りまして、10款2項1目及び2目の増額は、一般、退職とも疾病に基づかない治療分で、特に交通事故など、第三者にかかりますものは、国保連合会へ求償事務を委託しておりますが、その実績に基づき増額をするものでございます。


 3目一般被保険者返納金22万3,000円の増額は、社会保険への加入により、国保の加入者でないものが医療を受けた場合、診療報酬請求と国保の資格の突合により、国保が負担した医療費の返還を受け入れるものでございます。


 以上、国民健康保険特別会計補正予算(第3号)の提案理由の説明とさせていただきます。


 続きまして、議案第10号、平成18年度篠山市老人保健特別会計補正予算(第2号)についてでございますが、今回補正をお願いいたします主な理由は、歳出では医療費の伸びに対しまして医療給付金の増額並びに一時借入金の利子不用によります減額、歳入では、これに対します支払い基金交付金、国庫負担金、県負担金、及び交通事故による第三者納付金の増額によるものであります。


 結果、第1条、歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ2億3,500万6,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を、歳入歳出それぞれ49億6,403万2,000円にしようとするものでございます。


 それでは、事項別明細書6ページの歳出からご説明申し上げます。


 1款1項1目医療給付金2億3,620万円の増額は、当初予算で1人当たり医療費を62万2,000円と見込んでおりましたが、1人当たり66万3,000円と伸びておりますことからの増額でございます。


 2目審査支払い手数料80万円の増額は、国保連合会等へ支払うもので、レセプトが当初見込みから約7,100件余り増加したことにより増額するものでございます。


 次に、3款1項1目利子199万4,000円の減額は、一時借入金を予定しておりました利子でございますが、不用となりましたため減額するものでございます。


 続きまして歳入でございますが、5ページをお願いいたします。


 1款1項1目医療費交付金1億3,471万5,000円の増額は、老人医療費の伸びにより、社会保険診療報酬支払基金からルール分を受け入れるものでございます。


 2目審査支払い手数料交付金79万9,000円の増額は、レセプトの増加により、審査経費の増額分を受け入れるものでございます。


 次に、2款1項1目医療費国庫負担金6,091万円、3款1項1目医療費県負担金1,522万7,000円、及び4款1項1目一般会計繰入金1,323万5,000円の増額は、社会保険診療報酬支払基金からの医療費交付金同様、老人医療費の増額に伴い、ルール分を受け入れるものでございます。


 次に、6款2項1目第三者納付金1,012万円の増額は、本年度11件の求償事務が完了したことにより増額するものでございます。


 以上、3議案一括いたしまして提案理由の説明とさせていただきました。ご審議いただきましてご決定賜りますようよろしくお願い申し上げます。


○議長(小林正典君)  次に、議案第11号について、平野福祉部長。


○福祉部長(平野芳行君)(登壇)  ただいまご上程いただきました議案第11号、平成18年度篠山市介護保険特別会計補正予算(第4号)につきまして、提案理由の説明を申し上げます。


 今回、お願いしようといたします主な内容は、大きく3点ございます。まず1点目は、医療制度改正における後期高齢者医療制度創設に伴い、介護保険事務システムの改修に219万3,000円を追加、2点目には、保険給付費における決算見込みに伴い、4,402万1,000円の減額、3点目には、昨年4月の介護保険法の一部改正に伴い創設されました地域支援事業、いわゆる介護予防事業において、国が示します告示などが大幅に遅延したことにより、十分な準備期間がなく、対象である特定高齢者の把握がおくれたことや、介護予防教室への参加数が予想数より少なかったことなどにより、772万1,000円を減額しようとするものであります。


 結果、第1条、介護保険事業勘定の歳入歳出予算の総額から、歳入歳出それぞれ4,890万1,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を、歳入歳出それぞれ28億8,009万5,000円にしようとするものでございます。


 それでは、8ページの歳出から説明を申し上げます。


 1款総務費、1項1目一般管理費は、284万1,000円の追加で、職員人件費において、制度改正に伴い、要介護認定事務や介護予防マネジメント業務などに時間を要したことにより、時間外勤務手当が不足を生じたため、134万8,000円を追加、先ほど申し上げましたが、後期高齢者医療制度創設に伴い、保険料の徴収を介護保険に準じて、年金からの特別徴収システムを導入するために、介護保険側の事務システムの改修費用として、委託料に219万3,000円を追加、また、使用料及び賃借料のコンピューターリースの70万円の減額につきましては、庁内事務事業の運用方法の見直しにより、端末機を精査したものでございます。


 続きまして、2款保険給付費、1項1目居宅介護サービス給付費1,707万1,000円の減額、6目居宅介護サービス計画給付費485万5,000円の減額、続いて、2款1項1目介護予防サービス給付費1,332万5,000円の減額、2目地域密着型介護予防サービス給付費495万5,000円の減額、3目介護予防福祉用具購入費173万4,000円の減額、4目介護予防住宅改修費265万円の減額、9ページに移りまして、5目介護予防サービス計画給付費56万9,000円の追加は、それぞれ制度改正に伴う介護予防対象者の要支援者が予想より少なくなったためなど、それぞれに過不足が生じ精査をお願いするものでございます。


 次に4款地域支援事業費1項1目介護予防特定高齢者施設事業費56万2,000円の減額、2目介護予防一般高齢者施策事業費84万円の減額、続きまして10ページの2項2目総合相談事業費2万9,000円の減額、3目権利擁護事業費420万1,000円の減額、4目包括的継続的ケア・マネジメント支援事業費25万5,000円の減額、5目任意事業費183万4,000円の減額は、いずれも冒頭に申し上げましたように、昨年の制度改正により、地域包括支援センターが新たに創設されましたが、国が示す告示などが大幅におくれたことにより、各市町村では混乱を招き、介護予防マネジメント業務に追われてしまいました。そのため、地域支援事業の全般にわたり、十分な展開ができず精査をお願いいたすものであります。


 次に、5ページからの歳入でございます。


 1款保険料1項1目第1号被保険者保険料1,959万2,000円の追加は、保険料基準額の改正と激変緩和対象者数が当初見込みより減少したことによるものであります。


 次に、3款国庫支出金1項1目介護給付費負担金4,089万5,000円の減額は、保険給付費の精査に伴う国庫負担分でございます。


 2項1目調整交付金296万3,000円の減額も、同じく保険給付費の精査による普通調整交付分であり、2目地域支援事業交付金(介護予防事業)でありますが、19万6,000円の追加、3目地域支援事業交付金(包括的支援事業・任意事業)でございますが、24万6,000円の減額は、歳出の地域支援事業の減額に伴います国庫補助分でございます。


 続いて、4款県支出金1項1目介護給付費負担金4,941万1,000円の追加も、県費負担分でございます。6ページの2項1目地域支援事業交付金(介護予防事業)9万8,000円の追加、2目地域支援事業交付金(包括的支援事業・任意事業)12万3,000円の減額は、地域支援事業の増減に伴う県費補助金であり、3目総務費補助金111万5,000円は、介護保険事務システムの改修費等に関する補助金でございます。


 続きまして5款支払い基金交付金1項1目介護給付費交付金5,497万9,000円は、保険給付費の減額に伴うものであり、2目地域支援事業支援交付金24万3,000円の追加は、地域支援事業の精査による社会保険診療報酬支払基金の交付金の見直しであります。


 次に、7款繰入金1項1目一般会計繰入金1,145万9,000円の減額の保険給付費及び地域支援事業の精査によるものであります。


 7ページの2項1目介護給付費準備基金繰入金865万1,000円の減額は、介護保険料の増加、保険給付費の減額により、基金繰入金を減額するものでございます。


 最後に、9款諸収入1項3目雑入24万円の減額は、介護予防教室の参加者の減により、減額をお願いしようとするものであります。


 以上、提案理由の説明とさせていただきます。よろしくご審議いただきましてご承認賜りますようお願い申し上げます。


○議長(小林正典君)  次に、議案第8号及び議案第12号について、中西産業経済部長。


○産業経済部長(中西宗一君)(登壇)  ただいま一括ご上程いただきました議案第8号、平成18年度篠山市観光施設事業特別会計補正予算(第1号)から提案理由の説明を申し上げます。


 今回の補正につきましては、当初3部門の総売上見込み額2億2,700万円を2億6,400万円の上方修正にすることによりまして、280万円を追加し、歳入歳出予算の総額を、歳入歳出それぞれ4,949万8,000円にしようとするものです。


 それでは、5ページの歳入の方からご説明を申し上げます。


 款1財産収入、項1財産運用収入、目1財産貸付収入280万円の追加につきましては、先ほど申し上げました売上額の修正によるものでございます。


 6ページの支出につきましては、同額を王地山公園ささやま荘運営基金に積み立てようとするものでございます。


 続きまして、議案第12号、平成18年度篠山市農業共済事業会計補正予算(第2号)につきまして、提案の理由を申し上げます。


 今回の補正につきましては、それぞれの共済勘定におきまして事業確定見込みに伴い、農作物共済勘定と業務勘定で減額補正しようとするものでございます。


 それでは、補正予算書1ページをごらんください。第2条の区分中段の補正予定額、農作物共済勘定で142万1,000円の減額と、業務勘定で344万8,000円の減額補正を行い、収入、支出予定総額それぞれ1億3,489万円にしようとするものでございます。


 2ページからの収益的収入及び支出でございますが、まず、農作物共済勘定の収入は、水稲損害防止事業費の確定により、目7農作物特別積立金戻し入れ142万1,000円を減額し、補正後予定額1,563万2,000円にしようとするものでございます。


 支出につきましては、先ほど申し上げました水稲損害防止事業費の確定により、目5業務勘定繰り入れ142万1,000円を減額しようとするものです。


 次に、3ページの業務勘定の収入ですが、項1事業収益、目2受け取り奨励金16万8,000円の追加は、主に大豆モデル事業にかかる県連合会から奨励金の追加、目3賦課金57万5,000円の減額は、水稲及び大豆の共済金額の減額によるもの、目5受け取り損害防止事業負担金18万1,000円の減額は、家畜頭数の減により、連合会からの負担金の減額、目6事業勘定受け入れ142万1,000円の減額は、農作物共済勘定でご説明させていただいたとおりです。そして目7業務雑収入12万1,000円の減額です。項2事業外収益、目1受け取り寄附金128万1,000円及び項2受取利息2万7,000円を減額し、補正後予定額6,680万4,000円にしようとするものでございます。


 支出につきましては、目1支払い賦課金12万1,000円の減額は、水稲、大豆共済金額の減少によるものです。目2一般管理費74万4,000円の減額は、それぞれ節にかかります事業量の確定見込みから精査によるものです。以下、目3普及推進費6万4,000円の減額、目4損害評価費38万5,000円の減額、目5損害防止費212万2,000円の減額、目6負担金1万2,000円の減額につきましても同様の理由で精査しようとするものでございます。


 以上、提案の理由の説明とさせていただきます。よろしくご審議いただきましてご決定くださいますようお願い申し上げます。


○議長(小林正典君)  次に、議案第13号について、三原公営企業部長。


○公営企業部長(三原喜十郎君)(登壇)  ただいまご上程を賜りました議案第13号、平成18年度篠山市水道事業会計補正予算(第4号)につきまして、提案理由の説明を申し上げます。


 補正をお願いいたします主な内容でございますが、3条関係予算の事業収益では、水道使用料の決算見込みによる給水収益の減額、営業外収益では、給水協力金等の増額でございます。


 営業費用、原水及び浄水費では、決算見込み額によります動力費、薬品費の減額、また、営業外費用では、企業債利息、一時借入金利息の減額でございます。


 次に、4条関係予算では、配水管の布設工事、及び布設がえ工事、道路改良関連、水道管支障移転工事等、事業の精査によります減額と、その財源でございます企業債の減額、加入者負担金、工事補償金の増額が主な内容でございます。


 それでは、補正予算書1ページの第2条から説明申し上げます。


 第2条に定めました業務予定量の補正でありますが、給水戸数を135戸減の1万7,750戸、年間総給水量を27万1,400立方メートル減の460万6,500立方メートル、また、1日平均給水量を743立方メートル減の1万2,621立方メートルに、それぞれ業務の予定量について変更を行うものでございます。


 次に、主な建設改良事業の補正でありますが,原浄水施設改良費を10万3,000円減額して1億4,869万7,000円に、配給水施設改良費を2,359万5,000円減額して3億3,127万5,000円に変更を行うものでございます。


 次に、第3条に定めました収益的収入及び支出につきまして、補正予算市4ページで説明申し上げます。


 まず、収入第1款水道事業収益14億7,425万9,000円から4,141万1,000円減額して、14億3,284万8,000円にしようとするものであります。その内訳としては1項営業収益13億9,516万7,000円から6,828万6,000円減額して、13億2,688万1,000円にしようとするものでございます。その内容として、1目給水収益6,969万8,000円の減額は、決算見込みにより精査を行うものでございます。


 2目のその他営業収益141万2,000円の追加は、給水工事等にかかります設計審査手数料等の増額であります。


 2項営業外収益7,909万1,000円に2,687万5,000円を追加し、1億596万6,000円にするものでございます。その内容として、4目雑収益2,640万2,000円の追加は、給水協力金、水道施設破損事故にかかります原因者負担金等でございます。


 5目の受取利息配当金47万3,000円の追加は、定期預金の利息であります。


 次に、支出1款水道事業費用15億6,771万3,000円から2,025万1,000円減額して、15億4,746万2,000円にしようとするものであります。


 その内容として、1項営業費用13億597万9,000円から1,223万5,000円減額して、12億9,374万4,000円にするものでございます。


 その内容といたしまして、1目原水及び浄水費706万3,000円の減額は、動力費、薬品等の決算見込みによります精査でございます。


 補正予算書の5ページをお願いしたいと思います。


 2目の配水及び給水費57万3,000円の追加は、職員手当等人件費の精査でございます。


 3目の総係費206万6,000円の減額は、郵送料等の通信費、納付書等の印刷製本費等、決算見込みによる精査でございます。


 4目の減価償却費138万3,000円の減額は、取得資産及び除却による減価償却費の精査でございます。


 6目その他営業費用229万6,000円の減額は、現年度分の水道漏水軽減還付について会計処理を変更したことによる精査でございます。


 2項営業外費用、1目支払い利息801万6,000円の減額は、長期債にかかる借り入れ利率が低くなったこと、また、資金調整のための予定しておりました一時借入金の利息は、その実行期間が短縮されることから精査を行うものでございます。


 次に、第4条の資本的収入及び支出につきまして説明申し上げます。


 まず収入1款資本的収入5億7,696万6,000円から4,056万円減額して、5億3,640万6,000円にしようとするものであります。その内訳は、1項1目の企業債4億830万円から4,830万円減額して,3億6,000万円にするものでございます。


 その内容は、上水道債で、配水管の布設工事及び布設がえ工事、水道管支障移転工事等の事業精査によります3,700万円の減額と、簡易水道事業債で配水管の布設工事、水管橋工事等の精査による1,130万円の減額、あわせまして4,830万円の減額でございます。


 補正予算書の6ページをお願いします。


 3項1目負担金2,961万円に644万円追加し、3,605万円にするものでございます。その内容は、水道加入者負担金の増額であります。


 5項1目の補償金2,320万円に130万円追加し、2,450万円にするものでございます。


 その内容につきましては、水道管支障移転工事に伴います原因者からの移設補償金でございます。


 次に、支出1款資本的支出10億9,395万5,000円から3,657万7,000円減額して、10億5,737万8,000円にしようとするものであります。


 その内訳といたしまして、1項建設改良費7億5,921万3,000円から3,657万7,000円減額して、7億2,263万6,000円にするものでございます。


 その内容として、1目の原浄水施設費9万3,000円の減額は、浄水場設計調査等の事業精査によります減額、2目の配給水施設費2,359万5,000円の減額は、配水管の布設がえ工事、水道管の支障移転工事等、事業の精査による減額、4目の事務費1,287万9,000円の減額は、継続費にかかります長期債において、借り入れ利率が低くなったこと等によります減額でございます。


 続きまして、補正予算書2ページをお願いします。


 第4条資本的収入額が資本的支出額に対して不足する額5億1,698万9,000円を5億2,097万2,000円に改め、補てん財源について、当年度消費税資本的収支調整額及び過年度分損益勘定留保資金については変更ございませんが、当年度分損益勘定留保資金1,705万8,000円を2,104万1,000円に改めまして補てんするものでございます。


 補正予算書の3ページをお願いします。


 第5条に定めました継続費の事業費総額と平成18年度の年割額を補正するものでございます。


 多紀簡易水道統合事業で、補正前の総額33億2,000万円に1億円を追加し34億2,000万円に、年割額を3,080万円追加し2億780万円に、生活基盤近代化事業、西紀ダムの年割額を727万円追加し2,177万円に補正するもので、多紀簡易水道統合事業の総額の変更理由といたしまして、配水管布設工事等の追加、年次割りの変更理由といたしまして、同じく配水管の布設工事等による変更増を行うものでございます。


 また、生活基盤近代化事業(西紀ダム)の年割額の変更理由といたしまして、ダム負担金の減、配水管布設工事等の増額と精査の結果、変更増を行うものでございます。


 また、補正予算書12ページから15ページにかけまして、継続費の補正前、補正後の調書をつけておりますので、ご確認をお願いしたいと思います。


 補正予算書3ページをお願いいたします。


 次に、第6条に定めました企業債の限度額を補正するものでございます。


 原水配給水施設整備工事費、補正前の額3億6,790万円から4,830万円減額して、補正後の額3億1,960万円に改めるものでございます。その内容は、配水管の布設工事、布設がえ工事、水道管支障移転工事等の事業の精査により、限度額の補正を行うものでございます。


 第7条、議会の議決を得なければ流用することができない経費、職員給与費について1億4,373万5,000円に52万7,000円追加し、1億4,426万2,000円に改めるものでございます。


 以上、まことに簡単な説明でございますが、提案理由の説明とさせていただきます。よろしくご審議を賜りまして決定くださいますようお願い申し上げます。


○議長(小林正典君)  提出者の説明が終わりました。


 これから一括して質疑を行います。なお、本案についても、それぞれの所管の常任委員会に付託し、休会中に審査を願うことにしたいと思います。したがいまして、説明に対する総括的な質疑をお願いいたします。


 質疑はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(小林正典君)  質疑なしと認めます。


 これで、質疑を終わります。


 お諮りします。


 ただいま議題となっております議案第3号から議案第13号までの11議案は、お手元にお配りしました議案付託表のとおり、それぞれの所管の常任委員会に付託することにしたいと思います。ご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(小林正典君)  異議なしと認めます。


 したがって、議案第3号から議案第13号までの11議案は、お手元にお配りしました議案付託表のとおり、それぞれの所管の常任委員会に付託することに決定しました。


 以上で、本日の日程は全部終了しました。


 お諮りします。


 委員会審査等、議事の都合によって、明15日から2月21日までの7日間休会としたいと思います。


 ご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(小林正典君)  異議なしと認めます。


 したがって、明15日から2月21日までの7日間休会とすることに決定しました。


 次の本会議は、2月22日午前9時30分から開議します。


 本日はこれで散会します。皆さんご苦労さまでございました。


               午後 0時10分  散会





 地方自治法第123条第2項の規定により署名する。





                       平成19年2月14日





                       篠山市議会議長  小 林 正 典





                       篠山市議会議員  植 村 義 昌





                       篠山市議会議員  降 矢 太刀雄





                       篠山市議会議員  吉 田 浩 明