議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 篠山市

平成19年第52回臨時会(第1号 1月15日)




平成19年第52回臨時会(第1号 1月15日)





        第52回篠山市議会臨時会会議録(1)





           平成19年1月15日(月曜日)


              午前 9時30分 開会








 
〇出席議員(22名)


     1番  植 村 義 昌         2番  降 矢 太刀雄


     3番  吉 田 浩 明         4番  波多野 元 治


     5番  森 本 富 夫         6番  河 南 克 典


     7番  谷   貴美子         8番  松 本   孜


     9番  谷 掛 加津一        10番  酒 井 斉 祥


    11番  天 野 史 朗        12番  市 嶋 弘 昭


    13番  岸 本 厚 美        14番  九 鬼 正 和


    15番  植 野 良 治        16番  田 中 悦 造


    17番  岡 前 昌 喜        18番  西 田 直 勝


    19番  藤 本 忠 男        20番  足 立 義 則


    21番  市 野 忠 志        22番  小 林 正 典





〇欠席議員(0名)





〇地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名


  市長       瀬 戸 亀 男    助役         稲 川 敏 之


  収入役      中 西   肇    教育委員長      大 前   衛


  教育長      畑 中 陽 次    代表監査委員     佐 圓   隆


  総務部長     大 対 信 文    政策部長       村 山 紳 一


  生活部長     田 中 保 昭    福 祉 部 長    平 野 芳 行


  保健部長     酒 井 松 男    産業経済部長     中 西 宗 一


  建設部長     円 増 幸 雄    人権推進部長     今 井   進


  公営企業部長   三 原 喜十郎    教育部長       粟 野 章 治


  監査委員・公平委員事務局長


           西 垣 正 和    消防長        大 前 良 太


  城東支所長    向 井 祥 隆    多紀支所長      関 口 恵 士


  西紀支所長    山 本 喜代治    丹南支所長      小 稲 敏 明


  今田支所長    松 本 和 良





〇議会事務局職員出席者


 局長        穴 瀬 雅 彰    課長         池 野   徹


 課長補佐      梶 村 徳 全





〇議事日程 第1号 平成19年1月15日(月曜日)午前9時30分開議


  第 1  会議録署名議員の指名


  第 2  会期の決定


  第 3  市長の退職の期日に関する同意について





                 午前9時30分開会


○議長(小林正典君)  皆さん、おはようございます。開会に当たりまして、一言ごあいさつ申し上げます。


 新しい年を迎える中、季節は一番寒さの厳しい時期を迎えようとしておりますが、議員の皆様には、ご健勝にてご参集賜り、感謝申し上げます。


 また、本日まで委員会、各種会合、行事への参加など、それぞれの分野でご精励をいただいておりますことに対しましても、心から感謝申し上げまして、まことに簡単ではございますが、開会のごあいさつといたします。


 ただいまから第52回篠山市議会臨時会を開会します。


 これから、本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりです。





◎日程第1  会議録署名議員の指名





○議長(小林正典君)  日程第1.会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第120条の規定によって、19番、藤本忠男君、20番、  足立義則君、21番、市野忠志君を指名します。





◎日程第2  会期の決定





○議長(小林正典君)  日程第2.会期決定の件を議題にします。


 お諮りします。


 本臨時会の会期は本日1日間にしたいと思います。


 ご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(小林正典君)  異議なしと認めます。


 したがって、会期は本日1日間に決定しました。


 ここで、市長から発言の申し出がありますので、発言を許可します。


 瀬戸市長。


○市長(瀬戸亀男君)(登壇)  議員の皆さん、おはようございます。


 1月15日、松も明日から明けるところでございますけれども、非常に公務、皆さんお忙しい中を臨時会を開催をいただきましたこと、そして1月10日に小林議長さんあてに退職申し出を出させていただき、今臨時会でそのご了解をいただけるのではないかと考えているところでございますけれども、一言、その理由等についてご説明を申し上げたいと存じます。


 退職の申し出には、このたび一身上の都合によりと申し上げているところでありますけれども、病気療養がその主なるものでございます。12月の昨年7日に、一般質問にお答えをする形で、来期には出馬はしない。あと残された期間、全力を傾注して最後の締めくくりをしたい、このように申し上げておりました。


 そうした中で、暮れの迫りました日でありますが、昨年の6月に胸に水がたまって半月余り入院をして治療をした経過がありました。皆さんにご迷惑をおかけしたわけであります。主治医の方から、半年が経過したので、精密検査、PET検査をすべきであるという指示をいただきまして、先ほど申し上げたような日程でPETの検査を受けたわけであります。その結果が、9日の日に主治医から告げられました。胸の方はいい方向に向いているけれども、腰の方に悪性の腫瘍がある。こういう指摘を受けたわけであります。そして、主治医の方から、残すところ3カ月ではあるけれども、非常に大事な腰であるということも含めて、治療に専念すべきであるという強い指示と指導を受けました。


 そうした話を主治医からいただきましたときに、一瞬、議員の皆さんに、市民の皆さんに申しわけない。常日ごろから健康管理には十分に注意をするようにと言いながら、こういったことを招いた自分に対して、強く責任を感じました。


 しかしながら、一日も早い治療をするのが鉄則であるということを指導されますと、すぐ事務局の方にも連絡を申し上げまして、「こういった経過である、決断をしたい」そう電話を入れて、主治医と話をいたしました。


 そういった中で、放射線治療と、ラジオ波、電磁波による治療があるけれども、先端を行くのは電磁波であって、後、後遺症が非常に少ないということでありました。しかしながら、その治療ができる病院が非常に少ないということのようであります。主治医から紹介された病院は、三重のある大学でありました。


 そういったことをも含め、その主治医からの指導も含め、すぐ帰りまして助役以下、幹部職員と、まことに申しわけないけれども、このたび、急なことでご迷惑をおかけするけれども、退職をして治療に専念をしたい。9日の晩にそう申し上げて、小林正典議長さんに10日の午前9時に退職申し出を出させていただきました。


 残すところ3カ月ではないかと。あるいは表面見ればどこが悪いのかというような指摘、あるいは、いや、悪いところが指摘されたら、判明したら、一日も早い治療に専念してほしい。いろいろなご意見をその後いただいたところであります。こうした皆さんの温かい言葉にも感謝をしながら、しかしながら一方では申しわけないという責任も感じながらの10日からきょうまでの日にちの経過でありました。


 そういった状況でございますので、長い間お世話になったことを感謝申し上げ、あとは治療に専念をさせていただいて、そしてまた皆さんといろいろなお話し合いをする機会が、あるいは地元のいろいろなことについて余生が送れるようなことができるように、病気回復のために全力を尽くしてまいりたい、こんな思い一念であります。まことに勝手なご迷惑をおかけする行為でありますけれども、お許しをいただきまして、ご理解をいただきますように請い願いまして、提案の説明にかえたいと思います。


 どうかよろしくお願いを申し上げます。





◎日程第3  市長の退職の期日に関する同意について





○議長(小林正典君)  日程第3.市長の退職の期日に関する同意についてを議題とします。


 お手元に配りました文書のとおり、市長、瀬戸亀男君は、1月15日をもって退職したい旨の申し出がありました。


 まず、その申し出書を朗読させます。


○事務局長(穴瀬雅彰君)  それでは、朗読をさせていただきます。


 退職申し出書


  このたび、一身上の都合により、平成19年1月15日に退職したいので申し出ます。


 平成19年1月10日


  篠山市議会議長 小林正典殿


                                   篠山市長 瀬戸亀男


 以上でございます。


○議長(小林正典君)  お諮りします。


 本件は、これに同意することにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(小林正典君)  異議なしと認めます。


 したがって、市長、瀬戸亀男君の退職に同意することに決定しました。


 この際、市長からの発言の申し出がありますので、これを許可します。


 瀬戸市長。


○市長(瀬戸亀男君)(登壇)  ただいまは、退職申し出に対しまして、ご同意をいただきました。まことにありがとうございました。心からお礼を申し上げます。ありがとうございます。


 先ほどもふれたとおりでありますけれども、今、思い返してまいりますと、市長職として2期8年近く、また町長職として3年、ある意味この11年というのは、平成8年に合併協議会ができた年でありましたから、4町の合併協議が精力的に行われる。そして、当時の多紀郡の課題を解決するために合併をしようという機運が高まり、特に議員さんの主導によっての合併でありましたから、その成功も順調に進んでいったのではないかと思うところであります。


 そして、11年の4月1日合併をして早8年が経過をいたしました。今、思い起こしますと、合併前の3年間も大変でありました。昭和33年から5回にわたって合併協議がなされたけれどもうまくいかなかったということがあります。6回目に成功した。それほどに難しい合併に対して、当時の議員さんが、地方分権の時代、みずからの力をつけなければならないとして、積極的なお取り組みをいただいたことに、私どもも敬意を表したものでありました。


 その後は、新市計画、あるいは総合計画にのっとりまして、合併1年目は57名の議員さんと、これからの篠山をいかにつくっていくのか。新市計画はあるけれども、まだ総合計画があるわけではない。しかし、新市計画に基づく事業展開をする中で、市民の皆さんの幸せのために何をすべきか。丹南支所の隣の旧体育館で議論を交わしたのが非常に懐かしい思い出であります。一般質問も30人ぐらいあったんじゃないかと思います。


 そうした議論の上に立って、方向づけがなされ、そして総合計画なるものが皆さんの力によって生まれてくる。そしていよいよ具現的な具体的な取り組みが展開され、四、五年をもっておおよそのめどがついていったのではないか。都市基盤の整備ができていったのではないかというような思いをいたしております。


 その後は、厳しい財政状況の中で、市民の皆さんと一緒に参画、協働のもとにまちづくりを進めるべきである。2年余にわたる自治基本条例の取り組み等々がなされて、昨年10月1日にはその施行がありました。補完する条例の3つの条例もできました。ある意味、いろいろな事業展開と同時に、いろいろなイベントを市民の皆さんと一緒にやっていく中で、心の合併というのが議員さんからも指摘をされましたけれども、そういう方向に今進みつつあるのではないかというような思いもいたすところであります。


 こうしたことが、こうした姿になり得ましたのも、議員の皆さん、市民の皆さんのお力添えによるところでございまして、心から感謝とお礼を申し上げるところであります。


 先ほどもふれましたけれども、篠山市をめぐる、あるいは地方自治体を取り巻く状況は非常に厳しいものがありますけれども、議員の皆さんの叡智をいただきながら、市長職務代理者である稲川助役を中心に、また新しく選出される市長さんによって、全国に誇れる篠山市のまちづくりが、篠山市の発展を心からこいねがうところでございます。


 私めにいただきました多くのご支援、ご協力、ご指導に心から感謝を申し上げると同時に、ありがとうございましたと申し上げて、意を尽くしませんけれども、一言のごあいさつにかえたいと存じます。


 小林議長さんをはじめ議員の皆さん、また職員の皆さんにもお世話になりました。心から感謝とお礼を申し上げ、病気療養に専念をしてまいりたいと思います。本当にありがとうございました。


○議長(小林正典君)  この際、ただいまの瀬戸市長のごあいさつに対しまして、降矢議員から発言の申し出がありますので、これを許可します。


 2番、降矢太刀雄君。


○2番(降矢太刀雄君)(登壇)  まことに僭越でございますが、議長の許可を得、議員諸侯のご配慮に感謝しながら、瀬戸市長との長年の友として、送る言葉を述べさせていただきたいと思います。


 ただいまの瀬戸市長の議場での最後となる、聞く者をして万感胸に迫る謝辞、いな、議場の歴史に残る名演説の凜とした響きを、今なお身が震える思いで感じております。


 政治は、激動の積み重ねであり、また、一寸先はやみと言いますが、わずか1カ月前の12月定例会では、「次期市長選には出馬しないが、残された任期は懸命にまっとうする」との市長答弁があっただけに、この10日の辞表の提出は、正直まさに青天のへきれきであり、電撃のごとく大きな衝撃を受けました。


 しかし、それ以上に、私の心には任期満了を目前にして市長の苦渋の決断、断腸の思いを察するに、その心情は余りあるものがございます。


 さて、市長とのおつき合いは、私が昭和58年11月に篠山町議会議員に初当選して以来、実に23年の長きにわたります。


 出会いの当時、市長は一期先輩の議員として活躍されておりました。議場での洗練された説得ある弁舌は定評があり、全議員が一目も二目も置くところでありました。私も、その弁舌に追いつけ、追い越せとひそかに努力もいたしました。


 当時、2人は議員としては若い部類であり、血気も盛ん、行政や議会のあり方について、しばしば怒声がごとき議論を交わしたこともよき思い出、議会人にとっての貴重な財産として私の五体に刻まれております。


 この23年間の中で、特に充実し、感慨深い思い出は、今も市長が述べられておりましたように、平成4年から4町各議会が中心となって展開してきた合併論議が、平成8年2月から本格化し、各町議会には合併研究会が設置されました。篠山町では、不肖、当時副議長でありました私が、座長を務めさせていただきました。その4月には、篠山町町長選で瀬戸町政が船出し、4町の町長と議会が呼吸をあわせて、平成11年4月、全国に先駆けての平成の大合併第1号としてこぎつけたことであります。


 そして、瀬戸町長は、平成11年4月25日の市長選挙で新生篠山市の初代市長として就任されました。以来きょうまで、2期7年9カ月にわたって新市のハード、ソフト両面にわたる基盤づくりに、我が身も省みず奮闘されてきたのであります。


 この間、合併時の約束、条件でありました広域事業、すなわち斎場建設、清掃センター改築、水資源の確保や4町の重要事業、チルドレンズ・ミュージアム建設、図書館建設、今田薬師温泉整備、西紀運動公園整備など、その実現に財政動向を見きわめつつ、議会の決議を得て、有利な合併特例債や過疎債等を活用しながら、忠実一路に実行され、ハード面における新市懸案の都市基盤整備はほぼ完成を見ることができました。


 この結果、確かに財政負担は増大し、市の財政に関する指数は悪化しておりますが、ここ数年の財政危機は、全国の市町村の財政に一律的に極めて深刻な影響を与えた国の三位一体の改革に起因するところが大であるということは、心ある市民は周知の事実でございます。


 そうした経緯、経過を抜きに、一部で財政の悪化は市長独断での箱物行政の結果であるとの、ためにする非難、批判がありますが、的外れと言わざるを得ません。


 さらに、ソフト面におきましては、市長就任以来、市民の心の合併を第一義とされ、その実現には、市民参画協働のまちづくりが大きなかぎを握るとの信念から、合併直後に100人委員会、女性委員会等を設置され、事あるごとに問題視されてきた行政の閉鎖性に風穴を開け、市民の市政への参画の道筋を開かれました。


 そして、この間に培われた参画と協働の精神をより確かなものとするために、市の憲法とも言うべき自治基本条例として、見事に開花されたのであります。


 こうした功績を語ると尽きませんが、あなたの議員、副議長、議長、町長、そして市長としての四半世紀の人生を総括いたしますと、「誠実」の二字に集約されると思います。


 それだけに、今回の辞任は、惜しみても惜しみきれない残念さが胸に込み上げてまいるのは、私一人ではないと確信いたしております。しかし、気丈な市長のご病気のことを察しますと、友としてもうこれ以上お引きとめするわけには参りません。


 亀は万年と申します。どうか瀬戸市長におかれましては、病気治療に専念され、一日も早く健康を回復され、何よりもご長寿で今後の市政発展に行政経験豊かな市民としてご指導あらんことをこいねがう次第であります。


 終わりに、昔より「陽関三畳」という言葉がございますが、これは、友を送るときに王維の元二が安西に使いするを送るという惜別の漢詩を3回繰り返して詠じる意味だそうでございます。


 しかし、私は漢詩を詠じる素養は持ち合わせておりませんので、きょうはその漢詩を紹介させていただいて、瀬戸さんの市長職とのお別れとねぎらいの言葉とさせていただきます。


 「元二が安西に使いするを送る」王維作。


 渭城の朝雨 軽塵を潤す。客舎青青 柳色新たなり。


 君に勧む、更に尽せ一杯の酒。西のかた陽関を出ずれば、故人無からん。


 瀬戸市長、本当に本当にお疲れさまでした。ありがとうございました。


 瀬戸市長の栄光を念じつつ、降壇いたします。


○議長(小林正典君)  以上で、本日の日程は全部終了しました。


 会議を閉じます。


 第52回篠山市議会臨時会を閉会します。


 閉会に当たりまして、一言ごあいさつ申し上げます。


 本日は、格別のご精励を賜り、閉会の運びとなりました。ここに心から敬意と感謝を申し上げます。


 皆様におかれましては、まだまだ寒さ厳しい日が続きますがご自愛をいただき、市政発展にご尽力賜りますようお願い申し上げます。


 あとになりましたが、瀬戸市長におかれましては、これまでの長年にわたりますご労苦に対しまして、議長といたしましても、深甚なる敬意と感謝を申し上げるところでございます。


 本当に長い間ご苦労さまでした。


 今後は、どうぞご自分のお体を十分に大切にしていただきまして、治療に専念いただくとともに、ごゆっくりご静養いただきますようお願い申し上げます。


 回復をされました後に、折りにふれ篠山市政の発展のために、ご尽力、ご援助を賜りますよう衷心よりお願い申し上げまして、閉会のごあいさつといたします。ありがとうございました。


               午前10時 5分  閉会





 地方自治法第123条第2項の規定により署名する。





                       平成19年1月15日





                       篠山市議会議長  小 林 正 典





                       篠山市議会議員  藤 本 忠 男





                       篠山市議会議員  足 立 義 則





                       篠山市議会議員  市 野 忠 志