議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 加西市

平成28年  6月 定例会(第261回) 06月03日−01号




平成28年  6月 定例会(第261回) − 06月03日−01号









平成28年  6月 定例会(第261回)



       第261回(定例)加西市議会会議録(第1日)

                       平成28年6月3日(金)

                       午前10時開会

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          ▲議事日程

第1 会議録署名議員の指名

第2 会期の決定

第3 諸般の報告

第4 諮問第7号 人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについて

   議案第40号 損害評価会委員の委嘱につき同意を求めることについて

   議案第41号 教育委員会委員の任命につき同意を求めることについて

   議案第42号 固定資産評価審査委員会委員の選任につき同意を求めることについて

   (提案説明、質疑、討論、採決)

第5 議案第43号 財産の交換、譲与、無償貸付け等に関する条例及び加西市産業振興促進条例の一部を改正する条例の制定について

   議案第44号 加西市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の一部を改正する条例の制定について

   議案第45号 訴えの提起について

   議案第46号 平成28年度加西市一般会計補正予算(第1号)について

   (提案説明)

          ▲本日の会議に付した事件

会議録署名議員の指名   7番 松尾幸宏   8番 植田通孝

会期の決定       6月3日(金)〜6月22日(水) 20日間

諸般の報告

諮問第7号並びに議案第40号から議案第42号(提案説明、質疑、討論、採決)

議案第43号から議案第46号(提案説明)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          ▲会議に出席した議員(15名)

  1番      深田真史        2番      丸岡弘満

  3番      原田久夫        4番      中右憲利

  5番      長田謙一        6番      衣笠利則

  7番      松尾幸宏        8番      植田通孝

  9番      黒田秀一       10番      井上芳弘

 11番      三宅利弘       12番      森元清蔵

 13番      織部 徹       14番      森田博美

 15番      土本昌幸

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          ▲会議に出席しなかった議員

なし

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          ▲議事に関係した者の職氏名

 事務局長      森井和喜   局長補佐      後藤光彦

 書記        大西真理子

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          ▲説明のため出席した者の職氏名

 市長        西村和平   副市長       佐伯武彦

 教育長       高橋晴彦   理事        須貝正俊

 ふるさと創造部長  西岡義信   市参事       前田 晃

 総務部長      森井弘一   健康福祉部長    山本和孝

 地域振興部長    河原浩申   都市整備部長    井上利八

 生活環境部長    高井勝正   会計管理者兼検査官 志方信之

 教育次長      達可忠久   市参事       前田政則

 選挙監査公平委員会事務局長    農業委員会事務局長 亀田哲馬

           大西守人

 病院事務局長    藤本隆文



△開会挨拶



○議長(三宅利弘君) 皆さんおはようございます。開会に先立ちまして一言ご挨拶を申し上げます。

 去る4月14日、そして、16日と熊本地方を中心に震度7を記録する地震が発生し、甚大な被害をもたらしました。被災地ではいまだ余震が続いており、住民の方々は不安な日々を送られていることと存じます。この地震によりお亡くなりになられました方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災されました皆様に心からお見舞いを申し上げ、一日も早い復旧、復興をお祈り申し上げます。

 さて、本日市長より第261回定例加西市議会が招集されましたところ、議員各位にはご健勝にてこぞってご参集を賜り、ここに開会できますこと、議長として厚く御礼を申し上げます。

 今期定例会に付議されます案件は、人事案件を初め、条例案、事件決議等総数8件であり、これらはいずれも重要な案件ばかりでございます。議員各位におかれましては、何とぞご精励を賜りまして活発な議論と円滑な議事進行、そして、適切妥当な決定をお願い申し上げまして、簡単ではありますがご挨拶といたします。



△開会及び開議



○議長(三宅利弘君) それでは、ただいまから第261回定例加西市議会を開会いたします。本日予定いたしております議事は、議員各位のお手元に配付をいたしております日程表のとおりであります。

 それでは直ちに日程に入ります。



△会議録署名議員の指名



○議長(三宅利弘君) 日程第1、会議録署名議員の指名であります。会議録署名議員の指名につきましては、会議規則第87条の規定に従いまして、議長から指名をいたします。7番松尾幸宏君、8番植田通孝君、この両議員にお願いをいたします。



△会期の決定



○議長(三宅利弘君) 次は、日程第2、会期の決定であります。今期定例会の会期は本日から6月22日までの20日間といたしたいと思いますが、ご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(三宅利弘君) 異議なしと認めます。

 よって、今期定例会の会期は本日から6月22日までの20日間と決定いたしました。



△諸般の報告



○議長(三宅利弘君) 次は、日程第3、諸般の報告であります。3月定例会以降、閉会中における議長会並びに議長の会務について、その主なものをご報告申し上げます。

 まず、4月15日には東播淡路市議会議長会定例会が三木市において開催されましたので、土本副議長とともに出席いたしました。当日の会議では、平成27年度の東播淡路市議会議長会歳入歳出決算について審議が行われまして、原案のとおり認定いたしております。なお、あわせて役員改正も行われまして、洲本議会議長が会長に選出をされました。

 次に、4月19日には近畿市議会議長会定期総会が奈良市において開催されました。当日の会議では、京都府支部から提案されました支部提出議案及び平成28年度近畿市議会議長会会計予算について審議が行われ、原案のとおり決定いたしております。

 次に、4月21日には兵庫県市議会議長会総会が神戸市において開催されましたので、土本副議長とともに出席をいたしました。当日の会議では、6件の部会提出議案が提案され、いずれも原案のとおり決定いたしております。

 また、研修会として「人生晴れたり曇ったり」と題して、ラジオパーソナリティーの妹尾和夫氏の講演を拝聴してまいりました。

 次に、5月13日には全国自治体病院経営都市議会協議会の定期総会が東京都で開催されましたので出席をいたしました。当日の会議では、平成27年度の決算及び平成28年度事業計画及び予算について審議が行われ、いずれも原案のとおり決定をいたしております。

 次に、5月31日には安倍内閣総理大臣等多くの来賓を迎え、全国市議会議長会定期総会が東京都で開催されました。当日の会議では、部会提出議案25件、会長提出議案4件について審議が行われ、いずれも原案のとおり決定をいたしております。

 続いて、翌日の6月1日には、同じく東京都において市議会議員共済会代議員会が開催されましたので出席をいたしました。当日の会議では、平成27年度の会計決算について審議が行われ、原案のとおり決定いたしております。

 そのほかにも、各種会議や行事につきましても加西市議会を代表して出席をいたしております。

 これをもちまして会務報告を終わります。

 続きまして、閉会中に開催されました委員会の活動状況について、委員長にその報告を求めます。総務委員長衣笠利則君。



◎総務委員長(衣笠利則君) =登壇=改めましておはようございます。ご指名をいただきましたので、去る5月16日に開催いたしました閉会中の総務委員会の審議内容についてご報告申し上げます。

 このたびは、委員会より提出を要求しておりました資料に基づいて審議をいたしました。その中から主なものをご報告いたします。

 初めに、ふるさと創造部の所管についてです。委員から、公共交通の今後の地域への提起方法についての質問があり、執行者からは昨年度末に完成した地域主体型交通導入の手引きを代表区長に送付しており、今後、以前から相談があった地域や希望に応じて手引きの説明を進めていく予定であるとのことでした。

 次に、加西市の地域主体型交通とは、あくまで地域が担う交通のみを想定しており、タクシー会社に運行を委託するような選択肢はあるのかとの質問があり、執行者からは基本的には導入の手引き自体は地域住民の協力による地域主体型交通の実現を想定して作成しているが、交通事業者を活用した導入を模索する方法もあり、必ずしも絶対視しているものではない。まずアンケート調査を実施し、ニーズの把握や利用希望者の地理的分布等を踏まえて、地域主体型もしくはほかの形態による実現のいずれかが適しているかを見極め、最適なものを導入していきたいとの考えであるということでした。

 続いて、アンケート調査について、例えば下里地区などでは北条鉄道までではなく、加西市街までの直行を希望する意見も出る可能性がある。アンケートでは、そのような個々の地域の事情を網羅できるのかとの質問があり、執行者からは導入ガイドはあくまでも汎用的につくられているが、地域の事情に合わせて柔軟な対応を考えているとのことでした。また、フィーダー交通として北条鉄道にアクセスするというのは地域によっては不便な状況となるかもしれないが、公共交通の考え方としては、既存の事業者や幹線交通を継続できるような交通網を築くことが根本にあり、公共交通活性化協議会においても北条鉄道や民間路線バスに接続しつつ共存するのが基本の考え方となっており、この点については今後丁寧な説明をして理解を求めていくことになるとのことでした。

 次に、委員からふるさと創造会議への地域担当職員の参加について地域からの要請を受けて参加するのみではなく、もっと積極的に担当職員から地域へ足を運んで、問題点の把握や市の思いを伝えるべきではないかとの意見があり、執行者からはふるさと創造会議は基本的には地域主体での運営としている関係から、職員の役割としては助言やアドバイスをする立場と考えているとのことでした。また、職員の参加状況については、毎月参加している地域や交代で順番に参加しているところなどさまざまであるが、おおむね積極的に参加しているとのことでした。

 続いて総務部所管についてです。委員から、土砂災害警戒区域の見直しについての質問があり、執行者からは県による西在田地区の基礎調査が平成27年度に完了し、上万願寺町のみ指定区域を公示しており、それ以外の町については6月から7月に県主催の説明会を行い、その後公示する予定であるとのことでした。その他の地区についても順次実施予定であり、最終的には平成29年から31年度にかけて市内全域の調査、説明会、公示を行う予定であるとのことでした。

 次に、北播磨消防管内における消防用設備点検報告率が15%に低迷していることについての質問があり、執行者からは加西市には点検報告の義務がある物件が2,037件あるが、そのうち大多数を占める個人経営者は、経費や制度の理解が不十分なことから実施しておらず、消防署においても未提出の物件に対して追跡指導をしていないのが現状であるとのことでした。対象物件の多さに対して現在2名の職員が査察を行っており、今後は継続して立ち入り検査を実施するともに、検査報告の重要性を理解していただき、所有者が積極的に取り組めるような手段を検討していきたいと聞いているとのことでした。

 続いて教育委員会所管についてです。委員から、加西市における小中一貫教育のメリットについての質問があり、執行者からは、現在ゼロ歳から15歳までの指導の継続性を進める中で小中連携推進プランを作成し、中一ギャップの解消や小学校から中学校へのスムーズな連携について取り組んでいるところであるとのことでした。

 続いて、委員から例えば宇仁地区では、しばしば複式学級が懸念されることもあるが、一方隣接する加東市では仮設校舎が必要なほど子供がふえている。そこで、小規模の特定認定校という形で広域連携による交流などができないのかとの質問があり、執行者からは基本的に学校は市町立であり、地域の子供はその市内の学校に通うこととなっており、実現には新たなシステムを構築する必要があり、現在は市内のみとなっているとのことでした。

 その他、委員会では北条高校アフタースクールゼミ事業、市制50周年行事、ふるさと納税、公共施設耐震状況、副市長選任について等々、幅広く意見が述べられていますが、詳細については割愛さしていただきます。

 以上、まことに簡単ではございますが委員長報告とさせていただきます。



○議長(三宅利弘君) 以上で、委員長の報告が終わりました。

 なお、市長より地方自治法第180条第1項の規定に基づく専決処分の報告書、平成27年度加西市一般会計予算繰越明許費繰越計算書、平成27年度加西市水道事業会計予算繰越計算書、平成27年度加西市下水道事業会計予算繰越計算書の提出がありましたので、議員各位のお手元に配付をいたしております。ご参照いただきたいと存じます。

 また、建設経済厚生委員会及び21政会から視察報告書の提出がございましたので、これも議員各位のお手元に配付をいたしております。あわせてご参照いただきたいと存じます。

 これをもちまして諸般の報告を終わります。



△人事案件上程



○議長(三宅利弘君) 次は、日程第4、諮問第7号並びに議案第40号から議案第42号までの人事案件4件を一括議題といたします。

 それでは直ちに提案理由の説明を求めます。市長西村君、登壇の上どうぞ。



◎市長(西村和平君) =登壇=それでは、第261回加西市議会定例会に提出いたしております議案等のうち、初めに人事案件についてご説明申し上げます。

 諮問第7号は人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについてであります。人権擁護委員の村田哲也氏、橋爪富紀子氏、増田憲子氏は平成28年12月31日をもって任期満了となりますので、後任に引き続き村田哲也氏と新たに渕脇英義氏、和田陽子氏を人権擁護委員候補者として推薦することについて、人権擁護委員法の規定により議会の意見を求めるものでございます。

 次に、議案第40号は損害評価会委員の委嘱につき同意を求めることについてであります。損害評価会委員のうち、学識経験を有する竹内重雄氏、古田智彦氏は平成28年6月30日をもって任期満了となりますが、引き続き両氏を委員に委嘱いたしたく、加西市農業共済条例の規定により議会の同意をお願いするものでございます。

 次に、議案第41号は教育委員会委員の任命につき同意を求めることについてであります。教育委員会委員の荒木貴子氏は、平成28年6月26日をもって任期満了となりますので、新たに沼澤郁美氏を委員に任命いたしたく、地方教育行政の組織及び運営に関する法律の規定により議会の同意をお願いするものでございます。

 次に、議案第42号は固定資産評価審査委員会委員の選任につき同意を求めることについてであります。固定資産評価審査委員会委員の吉田邦夫氏は、平成28年6月19日をもって任期満了となりますが、引き続き同氏を委員に選任いたしたく、地方税法の規定により議会の同意をお願いするものでございます。

 以上、よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(三宅利弘君) 市長の提案理由の説明が終わりました。



△質疑・討論・採決



○議長(三宅利弘君) これより質疑を行います。ご質疑のある方ございませんか。(なし)

 ご質疑もないようですので、質疑を終結いたします。

 お諮りをいたします。ただいま上程中の人事案件4件につきましては、会議規則第37条第3項の規定に従いまして、委員会付託を省略いたしたいと思いますが、ご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(三宅利弘君) 異議なしと認めます。

 よって、さよう決定いたしました。

 続いて討論に移ります。ご意見のある方ございませんか。(なし)

 ご意見もないようですので、討論を終結いたします。

 これより1件ずつ採決を行います。まず、諮問第7号人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについての採決を行います。

 お諮りをいたします。諮問第7号は原案のとおり適任と答申することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(三宅利弘君) 異議なしと認めます。

 よって、諮問第7号は原案のとおり適任と答申することに決定をいたしました。

 次に、議案第40号損害評価会委員の委嘱につき同意を求めることについての採決を行います。

 お諮りをいたします。議案第40号は原案のとおり同意することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(三宅利弘君) 異議なしと認めます。

 よって、議案第40号は原案のとおり同意することに決定いたしました。

 次に、議案第41号教育委員会委員の任命につき同意を求めることについての採決を行います。

 お諮りをいたします。議案第41号は、原案のとおり同意することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(三宅利弘君) 異議なしと認めます。

 よって、議案第41号は原案のとおり同意することに決定いたしました。

 最後に、議案第42号固定資産評価審査委員会委員の選任につき同意を求めることについての採決を行います。

 お諮りをいたします。議案第42号は原案のとおり同意することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(三宅利弘君) 異議なしと認めます。

 よって、議案第42号は原案のとおり同意することに決定いたしました。



△議案一括上程



○議長(三宅利弘君) 次は、日程第5、議案第43号から議案第46号まで4件を一括議題といたします。



△提案説明



○議長(三宅利弘君) それでは直ちに提案理由の説明を求めます。市長西村君、登壇の上どうぞ。



◎市長(西村和平君) =登壇=先ほどは、人事案件4件につきまして原案のとおり同意をいただきまして、まことにありがとうございました。

 続きまして、人事案件を除く議案についてご説明申し上げます。議案第43号は、財産の交換、譲与、無償貸付け等に関する条例及び加西市産業振興促進条例の一部を改正する条例の制定についてであります。本改正は、当市へのホテル等宿泊施設の積極的な誘致を図るために関係条例の改正を行うものでございます。内容につきましては、地域振興部長より説明をさせます。

 議案第44号は、加西市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の一部を改正する条例の制定についてであります。本改正は、市街化調整区域内において、新たに地区計画として下宮木町南部産業集積地区地区計画の都市計画決定を予定していることから、当該規定を追加するものでございます。内容につきましては、都市整備部長より説明をさせます。

 議案第45号は、訴えの提起についてであります。本件は、市税滞納者が第三債務者である相手方に対して有する不当利益返還請求権及び当該利息の支払請求権を差し押さえましたが、期限までに納付がないため、訴えにより支払を求めるものでございます。

 議案第46号は、平成28年度加西市一般会計補正予算(第1号)についてであります。今回の補正は、歳入歳出それぞれ9,211万3,000円を増額することについて議会の議決をお願いするものでございます。以上、2議案の内容につきましては、総務部長より説明をさせます。

 よろしくご審議を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(三宅利弘君) 市長の提案説明が終わりました。

 続いて、担当部長の補足説明を求めます。まず、議案第43号について、地域振興部長河原君。



◎地域振興部長(河原浩申君) それでは、議案第43号財産の交換、譲与、無償貸付け等に関する条例及び加西市産業振興促進条例の一部を改正する条例の制定についてご説明を申し上げます。

 議案書の5ページから6ページ、審議資料の4ページをご参照ください。ビジネス及び観光の来訪者の増加を促進し、まちのにぎわいの創出や地域経済の活性化を目的とした宿泊施設誘致のための優遇策として、関係条例の一部を改正しようとするものでございます。

 改正点といたしましては、1点目の財産の交換、譲与、無償貸付け等に関する条例の一部改正につきましては、普通財産を無償または減額して貸し付けることができる項目に、地域経済活性化に資するものを追加するものであります。これによりまして、誘致する事業者に対し、市が所有する用地を無償または減額して貸し付けができるようにするものです。

 2点目の加西市産業振興促進条例の一部改正につきましては、奨励金の対象に宿泊業を営む事業所を追加するものであります。これにより、家屋、償却資産等に対し、最初に付加される年度から、5年度間における固定資産税相当額及び10年度間における年間水道使用量が2,000立米を超えた水量にかかわる水道料金相当額の2分の1の合計額を交付できるというようにするものであります。

 以上、簡単ではございますが説明を終わらせていただきます。ご審議のほどよろしくお願いいたします。



○議長(三宅利弘君) 続いて、議案第44号について、都市整備部長井上君。



◎都市整備部長(井上利八君) それでは、議案第44号加西市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の一部を改正する条例の制定についてご説明を申し上げます。

 議案書の7ページから9ページ、審議資料の5ページをごらんください。このたびの改正する条例につきましては、平成27年度3月議会定例会におきまして可決、制定されましたものでございますが、市街化調整区域内における新たな地区計画として、下宮木町南部産業集積地区地区計画の都市計画決定を本年7月に予定をしております。この都市計画決定に伴い可能となる開発につきまして、地区計画の内容に即した開発を確実に行うため、建築基準法第68条の2第1項の規定に基づき、新たな地区計画の区域内における建築物の用途、敷地面積、壁面の位置、建築物の高さなどに関する制限を追加する必要が生じたことから本条例の一部を改正するものでございます。

 ご審議のほどよろしくお願いいたします。



○議長(三宅利弘君) 続いて、議案第45号及び議案第46号について、総務部長森井君。



◎総務部長(森井弘一君) まず、議案第45号訴えの提起について提案をさせていただきます。議案書の10ページ、審議資料の5ページをあわせてお願いをいたします。この議案は、差し押さえ債権の取り立てに係る訴えの提起をするに当たり、地方自治法第96条第1項第12号の規定に基づき議会の議決を求めようとするものでございます。

 今回、取り立てを行う差し押さえ債権の内容は、市税の滞納者が消費者金融との間で交わした金銭消費対策契約に基づき、利息制限法で定められた金利を超えて支払った利息を不当利得としてその返還を求める請求権であります。この不当利得額とそれに伴う利息分の支払請求権について、当市が第三債務者であるSMBCコンシューマーファイナンス株式会社に対して差し押さえを行い支払通知を行いましたが、期限までに納付がなかったことから、当該SMBCコンシューマーファイナンス株式会社代表取締役を相手方として、その支払いを求めて訴えの提起を行い、もって租税債権の確保を図ろうとするものであります。なお、支払請求額は255万9,536円とその支払いがあるまでの間の利息5%相当であります。

 次に、議案第46号28年度加西市一般会計補正予算(第1号)の提案の説明をいたします。審議資料の5ページ、6ページをあわせてご参照いただきます。それでは、補正予算書の1ページをお願いいたします。まず、第1条の歳入歳出予算の補正でありますが、歳入歳出それぞれ9,211万3,000円を増額し、予算の総額を200億6,211万3,000円とするものでございます。

 続きまして、補正予算の主なものにつきまして説明をさせていただきます。歳入の補正について予算書の10ページ、11ページをお願いいたします。55款国庫支出金10項国庫補助金10目総務費国庫補助金540万円の増額、同じく20目衛生費国庫補助金のうち表の右の端の説明欄にお示しをしております520万2,000円の増額、同じく40目土木費国庫補助金1,000万円の増額、同じく50目教育費国庫補助金50万円の増額は、いずれも国の地方創生推進交付金で歴史文化遺産を活用した交流のまちづくり促進事業に活用するものでございます。対象事業費の2分の1の補助でございまして、これら交付金の合計額は2,110万2,000円となっております。

 なお、20目衛生費国庫補助金1,278万4,000円の減額でございますが、説明欄にありますように運動ポイント事業における地方スポーツ振興費補助金の減と、先ほど説明をいたしました地方創生推進交付金の額との差し引きの差額でございます。

 次に、75款繰入金5項基金繰入金10目財政調整基金繰入金3,501万4,000円の増額につきましては、今回の補正財源に充てるために繰入金を増額をするものでございます。同じく、35目ふるさと応援基金繰入金290万円の増額は、市内事業者から加西商工会議所を通じて北条高校活性化協議会の事業に対し、寄附をしていただいたものを当該協議会に交付するために繰り入れをするものでございます。

 次に、歳出の補正につきまして主なものをご説明をいたします。14ページ、15ページをお願いをいたします。10款総務費5項総務管理費21目企画費1,444万円の増額は、宝くじの社会貢献広報事業を活用して、祭り用備品の修繕を行うコミュニティ助成事業補助金250万円の増額、また、地方創生推進交付金を活用して事業のベースとなります計画策定や関係団体との調整を図る北条旧市街地元気なまち再生事業1,080万円の増等でございます。

 同じく、22目市民参画推進費145万5,000円の増額は、長寿社会づくりソフト事業費交付金を活用して、ラジオ体操や朝食会をきっかけに地域の交流促進を図る朝から元気コミュニティ創造事業を行うものでございます。

 同じく27目災害対策費100万円の増額は、熊本地震災害復旧支援のため関西広域連合からの要請に備えて職員派遣に要する旅費の増でございます。

 次に、16ページ、17ページをお願いをいたします。15款民生費10項老人福祉費5目老人福祉費3,758万9,000円の増額は、県補助金を活用して小規模多機能型の居宅介護事業所の整備に対し補助を行うものでございます。

 同じく、15項児童福祉費15目児童福祉施設費340万円の増額は、駐車場借地の契約満了に伴う返還に伴いまして、北条西保育所の送迎用駐車場を新たに整備をするものでございます。

 20款衛生費5項保健衛生費10目予防費888万2,000円の増額は、予防接種法の改正に伴うB型肝炎予防接種の定期化に対応するもの及び予防接種健康被害救済措置制度による障害児養育年金の支給を行うものでございます。

 同じく、20目母子衛生費30万円の増額は、不妊症の方に早期の受診、治療を促進するとともに、経済的負担の軽減を図るために医療費助成を行うものでございます。

 同じく、30目健康推進対策費285万8,000円の減額は、運動ポイント事業において国庫補助金の減に伴い事業費を精査し減額をするもので、新たに地方創生推進交付金を活用して実施をしようとするものでございます。

 次に、18ページ、19ページをお願いいたします。30款農林水産業費5項農業費15項農業振興費400万円の増額は、県補助金を活用して新たに法人化、または新たに組織化、または法人化された集落営農組織の機械整備に対し補助を行うものでございます。

 40款土木費20項都市計画費45目都市再生事業費2,000万円の増額は、地方創生推進交付金を活用して、(仮称)鶉野ミュージアム等の基本計画の策定や戦争遺産等の調査などを行う戦争遺跡めぐり交流促進事業を推進するものでございます。

 次に、20ページ、21ページをお願いいたします。50款教育費30項社会教育費25目文化財保護費100万円の増額は、地方創生推進交付金を活用して青野ヶ原捕虜収容所跡地の活用と交流を促進しようとするものでございます。

 同じく、40目図書館費50万円の増額は、市内の法人からの寄附を活用し図書館の購入費用に充てようとするものでございます。

 以上、まことに簡単でございますが、説明を終わらせていただきます。よろしくご審議を賜りますようお願いを申し上げます。



△休会・散会



○議長(三宅利弘君) 以上で、提案理由の説明が全部終わりました。

 これで、本日予定いたしておりました日程が全部終わりました。

 お諮りをいたします。明4日から12日までは、議案熟読のため本会議を休会いたしたいと思いますがご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(三宅利弘君) 異議なしと認めます。

 よって、さように決定いたしました。

 次の本会議は、6月13日午前10時より開会をいたしまして、議案に対する質疑並びに市政全般にわたっての一般質問を行います。なお、発言通告につきましては、質疑、一般質問ともに6月7日火曜日の午後3時までにお願いをいたします。

 本日はこれにて散会といたします。ご苦労さまでした。

     10時41分 散会