議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 加西市

平成25年  3月 予算特別委員会 03月14日−01号




平成25年  3月 予算特別委員会 − 03月14日−01号









平成25年  3月 予算特別委員会



          予算特別委員会記録

1.日時  平成25年3月14日(木)13:00〜16:39

2.場所  委員会室

3.出席委員

    委員長             森元清蔵

    副委員長            松尾幸宏

    委員              井上芳弘

    委員              中右憲利

    委員              長田謙一

    委員              高橋佐代子

    委員              土本昌幸

    委員              別府 直

    議長              森田弘美

4.欠席委員

    なし

5.執行者

    市長              西村和平

    副市長             大豊康臣

    技監兼検査官          東一正典

    ふるさと創造部長        小川輝夫

    財務部長            森井弘一

    財務部財政課長         古角宏貴

    健康福祉部長兼福祉事務所長   前田政則

    健康福祉部次長兼福祉企画課長  藤本隆文

    健康福祉部市民課長       内藤利樹

    健康福祉部健康課長       河原 紫

    健康福祉部長寿介護課長兼地域包括支援センター所長

                    山本和孝

    健康福祉部地域福祉課長     片岡建雄

    地域振興部長          森井和喜

    病院事務局長          西脇嘉彦

    病院事務局総務課長       西脇 親

    病院事務局用度管理課長     志方信之

    病院事務局医事課長       斉藤祝治

6.事務局

    事務局長            三船敏博

    書記              後藤光彦

7.審議事項

    1.議案第30号 平成25年度加西市病院事業会計予算について

      (質疑、討論、採決)

    2.議案第22号 平成25年度加西市一般会計予算について

        歳出:健康福祉部 所管予算

      (質疑)

    3.議案第23号 平成25年度加西市国民健康保険特別会計予算について

      (質疑、討論、採決)

    4.議案第24号 平成25年度加西市介護保険特別会計予算について

      (質疑、討論、採決)

    5.議案第25号 平成25年度加西市後期高齢者医療特別会計予算について

      (質疑、討論、採決)



△開会



○予算特別委員長(森元清蔵君) それでは昨日に引き続きまして、ただいまより予算特別委員会を開会いたします。本日の会議はお手元に配付をしております審議事項のとおり、建設経済厚生委員会の所管部分のうち、病院や福祉部門についての審議を行ってまいります。

 それでは日程に入ります。



△議案第30号 平成25年度加西市病院事業会計予算について



○予算特別委員長(森元清蔵君) まず、日程第1は、議案第30号平成25年度加西市病院事業会計の予算についてを議題といたします。それでは直ちに質疑から受けていきたいと思います。質疑ございませんか。高橋さん。



◆予算特別委員(高橋佐代子君) 予算資料、きのういただいた資料の27ページなんですけど、外来診療収益、去年23億幾らかが、ことしが14億幾らかになっています。この減少については院外処方になったことがすべての理由なのかいうことと、一人当たりの診療単価ですね、どのように見込んで、一問一答でしたね。はい。まず、院外処方になったことがすべての理由か、1点お尋ねいたします。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 斉藤課長。



◎病院事務局医事課長(斉藤祝治君) 失礼します。外来診療につきましては、いま議員さんがおっしゃられるとおりで、昨年度は院外処方が年度途中でしたので、25年度は当初から1年間の予算になりますので、その分が減少しております。

 以上です。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 高橋さん。



◆予算特別委員(高橋佐代子君) 一人当たりの診療単価はどのように見込んでおられるのでしょう。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 斉藤課長。



◎病院事務局医事課長(斉藤祝治君) 外来の診療単価ですけれども、大体その院外処方になりましたら全体の外来診療の薬剤費が45%前後を占めております。院内処方の時代の55%程度の単価になりますので、1万円弱の単価で予算を計上しております。

 以上です。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 高橋さん。



◆予算特別委員(高橋佐代子君) この一人当たりの診療単価ですけど、院外処方をしているほかの病院と比べてどのようになっているのかお尋ねいたします。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 斉藤課長。



◎病院事務局医事課長(斉藤祝治君) 診療行為によってもかなり違ってきますけれども、大体9,000円程度から1万2,000円ぐらいのところが多いというように認識しております。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 高橋さん。



◆予算特別委員(高橋佐代子君) 最後です。入院患者数ですけど、去年も620、ことしも620、これはもう同数で予算を組まれてるんでしょうか。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 斉藤課長。



◎病院事務局医事課長(斉藤祝治君) 数字は全く一緒でございます。現在の、2月現在の入院ですね。現在の入院患者数が205人から210人の間を推移をしております。月ごとに見ますと、一番多い月で220人をオーバーしております。昨年度は230人をオーバーした月もかなりありましたので、目標としましてこの数字を計上しております。



○予算特別委員長(森元清蔵君) ほかにございませんか。中右さん。



◆予算特別委員(中右憲利君) 同じところなんですけれども、その入院収益なんですけど、24年度も25年度も入院患者数の見込みが8万3,950人、1日平均が230人としてるんですけれども、25年度のほうが2億ほど多く見積もられているんですけれども、これは何でなんですか。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 斉藤課長。



◎病院事務局医事課長(斉藤祝治君) 入院の診療単価ですけれども、二つの根拠がありまして、一つはこの今年度の4月に診療報酬改定がございました。その目玉の一つとしまして、難易度の高い手術が点数がアップをしております。当院でも現在昨年度よりも30件ほど手術件数もふえております。難易度の高い手術もやっておりますので、それがまず1点。もう1点は入院の基本点数というのがございます。疾病ごとに1日の入院の点数が決まっております。これは全国一律なんですけれども、それ以外に入院の診療体制にかかわる施設基準を取得することで、その点数、施設基準が計数化をされております。この計数化されているのが入院の基本点数にプラスアルファということで加算をされます。当院は一番大きいのが看護体制の7対1というようなものですけれども、そういうその計数の高いものを取得を幾つかしております。

 今月の請求の予定ですけれども、感染症防止対策加算というものが高い計数でなっておりますので、そういうその計数でプラスになっているところはかなり多いということで、一人当たり実績から換算をしまして2,000円程度の単価アップを考えております。

 以上です。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 中右さん。



◆予算特別委員(中右憲利君) 先ほども質問があったんですけれども、その1日平均230人というその入院者数なんですけれども、たしか加西病院は265床ぐらいあったと思うんですけれども、この230人というのが適正な人数ということなんでしょうか。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 斉藤課長。



◎病院事務局医事課長(斉藤祝治君) 現在260床ございます。230人にしますと7対1の上限ぐらいの、少し余裕はあるんですけども、その程度の1日の平均患者数になります。病床利用率に換算しますと88%前後になりますので、この数字にしております。

 以上です。



○予算特別委員長(森元清蔵君) ほかにございませんか。井上さん。



◆予算特別委員(井上芳弘君) 予算書の19ページの一番最後からで申しわけないんですけど、当年度純損失が4億9,887万2,000円ということで、5億円近い今年度の損失という予算になってるんですけれども、これは不良債務とかの発生とかは今年度の状況では、25年度どうなるんでしょうか。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 西脇さん。



◎病院事務局総務課長(西脇親君) まだ24年度の決算が終了していないんですけれども、23年度の末で内部留保資金が5億9,000万ほどございます。恐らく24年度決算では現金ベースで大体1億5,000万ぐらい減るであろうという予測をしております。現金ベースでいくと25年度においても不良債務は出ないという予測というか、見込んでおります。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 井上さん。



◆予算特別委員(井上芳弘君) まず、逆からいって申しわけないんですが16ページ、24年度のこの見込みということなんですけれども、3億7,600万ぐらいの純損失ということなんですけれども、この24年度6億から7億の繰り入れを行い、先ほどの本年についてはさら8億という繰り入れという状況なんですけれども、そういう一般会計も厳しい中で繰り入れをふやしてきているんですが、そういった中でも損失が年々ふえていくという状況についは今後どういうふうに理解したらいいんでしょうか。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 西脇課長。



◎病院事務局総務課長(西脇親君) 23年度と24年度、高度医療機器を導入いたしました。その起債を借りておりますので起債の償還が始まっていきます。それもかなりの額でございますので、1億ふやしていただくということでなりましたけれども、そちらのほうにすべて消えていってしまうというのもございますし、減価償却費ですね、こちらのほうも高度医療機器分、それから電子カルテ分が発生していきますので、かなりの23年、24年導入しておりますので、それが24年、25年となかなか苦しい状況でありますので、なかなか余裕ができないというのが現在の状況でございます。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 井上さん。



◆予算特別委員(井上芳弘君) 電子カルテ等の導入にかかわる起債の償還というのはどのぐらいの期間でしたか。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 西脇課長。



◎病院事務局総務課長(西脇親君) 導入して1年据え置きで、あと4年間で償還していくという計画です。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 井上さん。



◆予算特別委員(井上芳弘君) そういう意味ではこの4年間ぐらいがそういう起債の償還等で非常に重い負担になっているというふうに理解してよろしいんでしょうか。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 西脇課長。



◎病院事務局総務課長(西脇親君) あくまでも見込みでございますけれども、27年ぐらいまで結構苦しい状況が続きまして、それ以降はちょっとずつ柔らかに回復していくんじゃないかなというふうに見込んでおります。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 井上さん。



◆予算特別委員(井上芳弘君) それともう1点。一般会計の繰り入れのことなんですけれども、よくその病床数に対しての繰り入れ、近隣の自治体の状況と比較しても7億、8億という状況でも決して多いほうではないということをよく言われます。もしいま近隣のこの、直近の何か数字がありましたら教えていただけますでしょうか。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 西脇課長。



◎病院事務局総務課長(西脇親君) 24年度で申し上げますと1床当たりの一般会計からの繰入金という数字で申し上げます。加西病院の場合は1床当たり269万2,000円という金額でございます。ちなみに近隣ではどこまで言っていいかちょっとわからないんですけれども、まず西脇病院の場合は461万円、それから加東市民が392万、小野市民が284万、三木市民が432万という数字になっておりますので、ほかの病院に比べれば、1床当たりという金額になりますけれども、少ないというふうに感じております。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 井上さん。



◆予算特別委員(井上芳弘君) この25年度の予算上で言いますと約309万、10万ぐらいになるということでしょうか。加西市で。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 西脇課長。



◎病院事務局総務課長(西脇親君) 1億ふやしていただいておりますので、300万にまではいきませんけれども、270万、80万程度ではないかなというふうに思います。



○予算特別委員長(森元清蔵君) ほかにございませんか。別府さん。



◆予算特別委員(別府直君) 予算書の9ページ、ここの支出の中の病院施設整備費工事請負費ということですね。9,900万。これは審議資料を見ますと中央と東館の直流電源盤更新工事等というように上がっとるんですけど、この電源部分を触るんで、例えばその病院機能の中でのその電源とかのいろんな不具合というような、工事に関する部分でどこか電源をとめないといけないとか、そういうことはやっぱり出てくるんですかね。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 志方課長。



◎病院事務局用度管理課長(志方信之君) 中央館と東館の直流電源盤の更新工事ということで、停電時に非常灯とか、誘導灯とかを点灯させる装置でございます。更新のときには停電等の処置を行って工事を行いますが、それに伴う措置はする予定でございます。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 別府さん。



◆予算特別委員(別府直君) その工事の期間というのは、日数とかいうのは大体どれぐらいかかるんですかね。大体予定聞いてますかね。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 志方課長。



◎病院事務局用度管理課長(志方信之君) 現地での施工は少なくて済むと。あと製品をつくるという期間に関しましては相当数要るというふうに聞いております。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 別府さん。



◆予算特別委員(別府直君) わかりました。あと、有形固定資産購入費ということで1億7,700万ですか。審議資料によると、そのガラス台の手術装置等いうて上がっとるんですけども、このほかにも何かおっきなものとかいうのは、多分合わせてこの合計金額だと思うんですけども、何点かその大きな金額の分とかいうのが、もしわかれば教えていただけますか。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 志方課長。



◎病院事務局用度管理課長(志方信之君) 超音波内視鏡システムとか、大動脈バルーンポンプ、ここらが1,000万を超えるような機械という見積もりをいただいております。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 関連で。高橋さん。



◆予算特別委員(高橋佐代子君) いま工事の件が出たんですけど、病院もかなり古くなってきて、いろいろ工事をされていると思うんですけど、計画的に整備が行われているのかどうかにあわせまして、そういうような優先順位ですね。どこを直そうっていうのはどのように計画されているのかお尋ねしたいと思います。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 志方課長。



◎病院事務局用度管理課長(志方信之君) 長期の改修計画は立てております。ですが、いまおっしゃられたように老朽しております施設ですので、なかなかそのとおりにはいっておりません。予算を組むときに専門的な調査をいたしまして、その都度計画を立てているというのが実情です。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 高橋さん。



◆予算特別委員(高橋佐代子君) これで終わりにしたいんですけど、それは病院の中で院長先生も含め、そういうような改修計画について、会議とかそんなん持たれているのか、それとも事務所のほうでその辺優先順位を決められておられるのか、その点だけちょっとお尋ねします。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 志方課長。



◎病院事務局用度管理課長(志方信之君) 改修につきましては当然院長までお伺いをして、それで決裁いただいて計画を立てております。



○予算特別委員長(森元清蔵君) ほかにございませんか。中右さん。



◆予算特別委員(中右憲利君) 予算書の6ページの一番上なんですけれども、固定資産売却益が630万ほど上がってます。これ医師住宅1戸分ということだと思います。去年も上がってるんですけれども、売却益ということなんですけれども、これのその予定売却価格というのは幾らになるんでしょうか。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 西脇課長。



◎病院事務局総務課長(西脇親君) 4ページに資本的収入及び支出の欄で、固定資産売却代金といたしまして368万6,000円という数字を計上させていただいております。それと、さきほど議員おっしゃいました固定資産売却益をプラスすると1,000万という数字になりますけれども、その数字を売却の見込みという数字に考えております。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 中右さん。



◆予算特別委員(中右憲利君) 売却については管財課に任せるということなんでしょうか。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 西脇さん。



◎病院事務局総務課長(西脇親君) 病院の資産イコール市の資産ということになるんですけれども、全適を受けておりますので、この売却については病院のほうで行うという予定にしております。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 中右さん。



◆予算特別委員(中右憲利君) その売れる見込みですね。それはあるんでしょうか。ことし25年度に。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 西脇課長。



◎病院事務局総務課長(西脇親君) なかなか難しいところなんですけれども、できるだけ早期にこちらは売却していきたいというふうなことで取り組んでまいりたいと思っております。



○予算特別委員長(森元清蔵君) ほかにございませんか。長田さん。



◆予算特別委員(長田謙一君) 2点だけお聞きいたします。予算書の8ページで特別損失の中で、過年度修正損、これ750万出てますよね。これ1点だけちょっと説明お願いしたいんですけど。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 斉藤課長。



◎病院事務局医事課長(斉藤祝治君) 過年度修正損につきましては、年度を変わりまして4月ごろに、4月、5月に多く発生するんですけれども、支払いの保留、例えば自費、保険証を持ってこなかった方、あるいは事故の方っていうのがそのままの支払いになっておりまして、支払いが確定したときに保険へ移行するというようなものがかなりございます。それを400万円程度見込んでおります。それと不納欠損、毎年の同じような額350万を見込んでおりまして、トータル750万ということです。

 以上です。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 長田さん。



◆予算特別委員(長田謙一君) ありがとうございます。もう1点だけ。その下にある同じような形なんですけども、入院患者の他院に受診による医療損失282万、これもちょっとだけその部分ご説明願いたいんですけども。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 斉藤課長。



◎病院事務局医事課長(斉藤祝治君) これにつきましては当院の入院の患者さんによるものでございます。入院はいまDPC制度というものでやっておりますけれども、その中にちょっと矛盾したルールなんですけれども、入院中に当院ではできないような専門的な治療が必要な場合、他院に受診をするというような患者さんがいらっしゃいます。その部分で、そのDPCの制度の中で、これは包括になるもの、これは出来高になるものというものが決まっておりまして、入院中にその包括になるようなものを他院で受診した場合は入院の医療機関が持たなければいけないというルールがございます。それが病院の支払いとなって出ていきますのでこの分を形状しております。



◆予算特別委員(長田謙一君) わかりました。ありがとうございます。



○予算特別委員長(森元清蔵君) ほかにございませんか。井上さん。



◆予算特別委員(井上芳弘君) 一つ歳入のほうで、人間ドッグで今度新たに消化器系のドッグを始められました。今回の予算は前年度に比べても余り、10万円ちょっとくらいなんですが、それでいうと数人程度の予定なのか、その辺はどういうふうに理解したらいいんでしょうか。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 西脇課長。



◎病院事務局総務課長(西脇親君) 当初から実施しております人間ドッグが若干いま減ってきているというような状況でありまして、その分消化器ドックのA、Bという、新たにつくりますけれども、そのほうで大体100人ずつぐらいは見込んでおります。その割には人間ドッグ収益伸びてないやないかというふうに言われるかもわからないんですけれども、これもどの程度利用されるかというのも不確かなところでありまして、他の人間ドックの利用者数を若干減らしてこちらのほうをふやすというような当初予算にしております。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 井上さん。



◆予算特別委員(井上芳弘君) 結果としてその人間ドック利用される方をふやすということになればいいんですが、逆にその受けやすい、そういう特化したようなドックをつくることによって総合的なドックを避けてそちらのほうがふえるということもこれ十分に考えられるということですか。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 西脇課長。



◎病院事務局総務課長(西脇親君) 人間ドックで内科診等で当院の幹部クラスの医師が当たっておるんですけれども、なかなか時間がとれないというのもございます。そんな中、1日当たり何人というふうに絞って、いま人間ドックのほう行っておるんですけれども、それを人間ドッくの内診ができる医師を充実させながらというのも考えております。そんな中、消化器内科の体制が充実するということで、そちらのほうも加西病院の売りとして受けやすい消化器ドックというふうなことでPRをさせていただきながら、最終的には両方とも伸ばせていけたらなというふうには思っておるんですが、とりあえずは25年度におきましては新設でありますので、これからどういうふうにPRしていって利用者数をふやすかというところからスタートしてまいりますので、当初から人数を大幅に上げているということではございません。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 井上さん。



◆予算特別委員(井上芳弘君) 経費のほうで予算書の6ページ、光熱水費で上水道使用料が1,380万ということで載ってます。7ページに清掃手数料で、公共下水道使用料として1,924万6,000円というのが上がってるんですが、この上水道の使用料と下水道の使用料の、少しバランスが合わないというふうに思うんですが、これはこの清掃手数料で使用料ほかということなんでしょうか。ちょっと教えていただけませんか。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 下水と上水の料金の違いというとこら辺と思うんですが。



◆予算特別委員(井上芳弘君) 通常はまだ水道料金のほうが少し高いように思うんですけど、いかがですか。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 答弁誰ができますか。6ページ光熱水費を、それから7ページの清掃手数料、真ん中辺なんですが。その違いといいますか、根拠。



◆予算特別委員(井上芳弘君) ・・また、後ほどでも結構です。



○予算特別委員長(森元清蔵君) そうですか。ほかございませんか。土本さん。



◆予算特別委員(土本昌幸君) 委員会資料の28ページの一番上の給与費なんですけれども、これ嘱託臨時職員が10人で、非常勤医師も3人ふえるんですけれども、この増員による何か事業的に何か変わるとかいうことはあるんですか。いまの状況に比べて。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 西脇課長。



◎病院事務局総務課長(西脇親君) 事業がふえるとか、別の何かをするということではなくて、現在も少ない人数で十分足りているかというとなかなか足りていない状況のまま、お互いにフォローし合いながら業務を進めておるんですけれども、そんな中本会議でもございましたように、小児科、ドクターが常勤から非常勤になるということで、非常勤のほうにその人数をプラスしてあるということが一つと、嘱託、それから臨時職員については、看護師について正職がなかなか動員できないという状況から、パートで雇う場合も多くなってます。そういう背景がございまして人数はふえております。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 土本さん。



◆予算特別委員(土本昌幸君) ということは、いまも少し、例えば残業であったり、無理をしながらやりくりされてて、このふやすことによってそれは緩和できるというふうな考え方ですか。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 西脇課長。



◎病院事務局総務課長(西脇親君) 100%緩和できるかというと、なかなかまだそこまでいっておりませんでして、非常に苦しい状況からちょっと苦しい状況ということで、足りない人員でやっておりますけれども、それをアルバイトで補完することによって正職員の負担を多少でも軽減するというスタンスでおります。



○予算特別委員長(森元清蔵君) ほかに。高橋さん。



◆予算特別委員(高橋佐代子君) いま人間ドック、課長、啓発に努めていきたいいうような答弁があったんです。それはそれで大事なことだと思うんですけど、いま病院の危機的な、いろんなことが言われている中で、あの人間ドックについて市の職員が率先して受けていただけるような、何も強制でもないんですけど、結構人間ドックは言葉は悪いんですけど、収益、もうけがいいようなことも聞くんですけど、その辺ぜひそういうふうなことを思うんですけど、これは市長に答弁をいただきたいと思います。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 市長。



◎市長(西村和平君) 病院経営に対して市の職員として協力できることはしていきたいなというふうに思っております。

 以上です。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 高橋さん。



◆予算特別委員(高橋佐代子君) それはそれでわかりました。一人でも多くの方が受診していただいたらと思います。もちろん私もそう思っております。

 それで、次の質問ですけど、28ページ救急受付夜間警備委託料、これ去年に1,200万ほどあって、ことしに1,800万ほどで、600万ほど上がってるんですけど、この理由は何なんでしょう。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 志方課長。



◎病院事務局用度管理課長(志方信之君) 今年度で契約が終わりまして、来年度から新たな業者ということで業者決定しました。その金額をあげておりますが、内容といたしましては昨今クレーマーが非常に多うございます。それで、その対応といたしまして警察官のOBを張り付けていただくという仕様にして募集いたしましたので、その方を雇うということで高くなっていると思います。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 高橋さん。



◆予算特別委員(高橋佐代子君) 警察官のOBの方ですけど、その方についてはどんなポジションでおられて、どういうような病院で対応されるのか、その辺お尋ねしたいんですけど。ただ、警察官を張り付ける、元警察官を張り付けるいう、来ていただく、それはそれでいいとは思うんですけど、その辺日常、夜間ですか。どういうかたちでおかれるのか質問します。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 志方課長。



◎病院事務局用度管理課長(志方信之君) 業務といたしましては365日、夜間におっていただくという予定にしております。救急の受付、病棟等にもしそういう方がおられたら駆けつけていただくということで、電話とか、救急の受付とかではなく、割とフリーな立場のところにおっていただくというふうに思っております。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 高橋さん。



◆予算特別委員(高橋佐代子君) どういうような効果を期待されているのか。一つ、二つお尋ねしたいんですけど。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 志方課長。



◎病院事務局用度管理課長(志方信之君) まず、夜職員が非常に少なくなります。特に看護師などは女性の方が多いです。やはり、そういうふうな方が来られると非常に不安がっておられますので、男性、しかも警察官のOBということで職員が安心するというところと、あと、職業柄そういう方に対してもいままで経験を詰まれておりますので対応も上手にしていただけるんではないかと思っております。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 高橋さん。



◆予算特別委員(高橋佐代子君) 委託の業者の選定ですけど、警察官云々もあっただろうと思うんですけど、何社ほど応募があって、何を基準に、警察官云々はそれはいろいろ言われてましたが、どんなことを基準に4月からの委託をされるのか。その辺お尋ねいたします。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 志方課長。



◎病院事務局用度管理課長(志方信之君) プロポーザル方式で募集をしました。募集したときには3社の応募がありましたが、実際プレゼンテーションに来られた会社は2社です。その中の2社で院長以下選定を行いまして、そういう業務内容とか、当然金額も含めて点数化して業者を決めました。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 高橋さん。



◆予算特別委員(高橋佐代子君) 最後。いま課長、金額もって言われたんですけど、この会社は金額的にも低かった部分があって選考されたのか、それを確認させていただいて質問を終わります。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 価格が低かったんかどうかということで、志方課長。



◎病院事務局用度管理課長(志方信之君) 2社のうちでは高いほうでした。



○予算特別委員長(森元清蔵君) ほかございませんか。別府さん。



◆予算特別委員(別府直君) いまのに関連してなんですけど、いま市役所のほうはいろんなそういう入札とか、プロポーザルに関しても情報は結構オープンになってるというふうに思とるんですけども、病院については、いまこういうふうに聞いて初めてわかるようなことなんで、例えばそういった情報が、例えばじゃ議会のほうでも、本当言えば市民なんですけど、いろんなそういうことについてこういうふうになりましたよというふうなものが本当言えば、私どものほうにもやはり知らせていただきたいというのが、思いがあるんですけど、そういう点に関してはどうでしょうか。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 西脇課長。



◎病院事務局総務課長(西脇親君) 病院としても市役所と同じように情報公開をしていくという気持ちではおるんですが、ちょっとついついそこができていないところになっておりまして、以前の院外薬局をするときに土地の売却を行いました。そのあと入札結果等につきましてはホームページのほうで公開させていただいたんとおんなじような格好で、ほかの入札についても公開していくと。結果の公表というのを積極的に行うというふうにさせていただきたいと思います。



○予算特別委員長(森元清蔵君) よろしいか。井上さん。



◆予算特別委員(井上芳弘君) 関連してですけれども、この予算資料の28ページの救急受付夜間警備委託ということ、前年度も同じ内容ですが、前年度はこの会社については公安委員会の指定による警備業務ということではなかったと思うんですが、今回の委託相手先は公安委員会が認定している警備業務の会社だというふうに考えてよろしいんでしょうか。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 志方課長。



◎病院事務局用度管理課長(志方信之君) 仕様ではそこまで求めておりません。ですので、その警備業法に当てはまる会社かどうかまでは確認しておりません。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 井上さん。



◆予算特別委員(井上芳弘君) それでは、なぜこの、繰り返し前も指摘したことがあるんですが、この警備ということになるんですか。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 志方課長。



◎病院事務局用度管理課長(志方信之君) 警備業法でいう、その警備の資格というのは人の命とか、非常に大切なものを扱うという場合に警備業法でいう、その警備の資格が要るというふうに理解しております。委託の業務名は今年度までは警備という名前でした。来年も名前だけですが委託の名前は宿直業務というふうに変えております。内容も実際はそういうような巡回はいたしますが、主な内容といたしましては電話の受付、救急の受付が主な業務になろうとなっておりますので、警備業法でいう警備の資格にまではならないというふうに考えております。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 井上さん。



◆予算特別委員(井上芳弘君) 私は病院というのは進入路は夜でも開けておかなければなりませんし、いわば病気を持った方々がいらっしゃる場所ですし、状況によっては市民病院でも患者さんがいらっしゃらなくなって、後日亡くなっておられたというような事例もございました。そういう意味では、私はやはりきちっとした体制で警備をするというのは極めて重要ではないかと思うんですけれども、もう一遍だけその点お尋ねしておきます。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 志方課長。



◎病院事務局用度管理課長(志方信之君) おっしゃられるような事例もございました。ただ、委託の内容といたしましてはそういうふうな患者さんの見張りいうんですか、チェックまではこの業務の中には入っておりません。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 井上さん。



◆予算特別委員(井上芳弘君) それはわかりました。それともう1点、夜間救急の受付等もされると思うんですけれども、いわゆる救急の夜間に問い合わせがあったとき等はマニュアル的に夜間の近隣の病院も含めた体制をご案内するだけではなくて、症状をお聞きをして、確認をして判断をする必要があると思うんです。ですから、夜間の救急受付については必ず看護師さん等医療の専門家につないで症状確認して対応するということが極めて重要だと思うんですが、その辺はいまどうなっているんでしょうか。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 斉藤課長。



◎病院事務局医事課長(斉藤祝治君) いま現在夜間の受付は委託の業者がやっております。患者さんの対応としましては北播磨の輪番制がありますので、そちらで担当診療科というのが表示されております。明らかにその聞いた時点でそちらの診療科とわかる場合は夜間のその委託業者が案内をしております。そのほかに関しましては、看護師に連絡をしておりますけれども、いま夜間9時以降は医師1名、看護師1名で対応しております。9時までは当直、副当直、内科、外科と1名ずつ配置をしております。9時以降の場合でしたら看護師も1名になりますので、すべてのその電話対応を、治療とか重症な患者さんもいらっしゃいますので、できてないというのが現状でございます。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 井上さん。



◆予算特別委員(井上芳弘君) そういう状況は大変だということはよくわかるんですけれども、またコンビニ受診的なところはぜひ市民にも理解してもらわなければなりませんけれども、やはり救急で夜間に連絡をしてこられるというのは何らかの事情があるわけで、マニュアル的な対応だけではなくて、ぜひ症状等も含めて専門家の判断も仰いで対応するという努力はやはり必要ではないかと思いますので、その辺ぜひお願いをしておきたいというふうに思います。

 それと、これに関連してお尋ねするんですが、さきの委員会、建設経済厚生委員会でも詳しく議論されてきた経緯があると思うんですけれども、いわゆる一般的な苦情、それからクレーム、クレーマーということが言われますが、さきの委員会でも苦情の件数とか、面談等による苦情の状況とかが出されておりましたけれども、あの資料を見ますと、一般的な苦情とクレーマーというのが何かもう一緒になって対応されているように見えて仕方がないんですが、一般的な相談、苦情に対しての対応、それから度を過ぎたクレーマーに対する対応というのは明確にしなければなりませんし、市民のそういった苦情的なことも全てクレーマー的なイメージで受けとめられることのないようにだけは明確にしてほしいし、その辺の状況はどうなんでしょうかね。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 斉藤課長。



◎病院事務局医事課長(斉藤祝治君) いま苦情の、苦情といいますか相談等を含めました対応の窓口としまして、いま議員さんが言われましたような一般的な苦情に関しては事務所が1階には医事課しかございませんので、まず最初に患者さんが医事課のほうに来られます。そちらのほうで聞いております。もう一つの窓口としまして地域医療室で入院中の患者さんの相談、あるいは外来の患者さんも含めました福祉サービスの相談、それと医療にかかわるような相談っていうのは地域医療室で担当しております。しかし、その最初にいまのところ多い苦情といいますと看護師の対応、あるいは先生の診察に関したものが多いんですけれども、まず医事課で聞きまして、その後長期になりそうな患者さんにつきましては倫理委員会等で検討する内容もございます。そういう場合は総務、あるいは医療安全の従事者、医療安全の専従の担当者がいらっしゃいますので、そちらと一緒に協議をするという方向で動いております。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 井上さん。



◆予算特別委員(井上芳弘君) 内部でのマニュアルと同時に、何よりも市民がもし何かそういった病院に対して不安、不信を持ったときにどこの窓口に行けばいいのかということをやはり明確にすること。どういうものが医事課なのか。あるいはどういう場合には地域医療室なのかというようなことを、市民にもきちっと知ってもらって、窓口を整理していくことによって、それ以上の対応をしなければならないものと、その範疇できちっとお話をすればわかってもらえるものというふうに、市民も含めてこの明確に整理できるような取り組みが必要ではないかというふうに思うんですが、最後にそのことだけお尋ねします。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 斉藤課長。



◎病院事務局医事課長(斉藤祝治君) いま現在、先ほど言いましたような体制ですけれども、総合案内のカウンターのところに医療に関する相談は地域医療室で受け付けておりますという看板も出しております。ただ、市民の方にはわからないところもあると思います。今後そういうものも検討していくと、いかなければいけないというように考えているところでございます。

 以上です。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 中右さん。



◆予算特別委員(中右憲利君) 予算書の6ページ、給料のところにその事務員給として6,000万弱、15人分というのがあります。この間のその本会議で院長先生が市、病院独自の専門の事務員さんという存在が重要なんだというふうなことを言われてたと思うんですけれども、この中でその市から出向されてる事務員さんにかわるような人材として、病院が独自で採用された事務員さんというのはおられるんでしょうか。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 西脇課長。



◎病院事務局総務課長(西脇親君) 15人のうち24年の4月1日採用でプロパー職員を1人採用しております。それから25年の4月1日採用で2人のプロパー職員を予定しておりますので、このうち3名が病院独自で採用した職員ということになります。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 中右さん。



◆予算特別委員(中右憲利君) それは、その、以前にそういう職業にあった人ではなくて、新卒の人をその病院の中で育てていくというふうな感じなんでしょうか。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 西脇課長。



◎病院事務局総務課長(西脇親君) 昨年の4月に採用したものが新卒プラス社会人経験者も可ということで年齢層を幅広く募集しておりました。ことし4月の採用、25年の4月採用者については、連続で同じような年代を採用するということは将来的に事務職の年齢構成がちょっと偏り過ぎるんじゃないかなということで、昨年4月採用したものが20代後半でありましたので、1人は新卒で採用する。もう1人は診療情報管理士の資格を持っている職員ということで募集をしまして、その方については現在別の病院で同じような職をされておりますので、経験者という採用になります。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 中右さん。



◆予算特別委員(中右憲利君) 最終的に何人ぐらいそういう人を採用される予定なんでしょうか。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 西脇課長。



◎病院事務局総務課長(西脇親君) すべてが専門職で病院で採用した職員ということにはなかなかなり辛いかなと。院長の思いもあると思います。やはり市からの出向者は当面の間は何人か人事交流を行って、うまく専門職として雇った職員に指導なり、育成をしながら将来は託せるような人材を育てていきたいというふうに考えております。



○予算特別委員長(森元清蔵君) ほかに。別府さん。



◆予算特別委員(別府直君) 井上委員の言われたことについて、ちょっともう一遍確認したいんですけども、その夜間警備委託と宿直の部分ですね。これ例えばプロポーザル受けるときにはあくまでもその警備的な部分の範囲があって、一応声をかけているというふうに私思うんですけど、名目上は宿直業務と言われたんですけども、実際にプロポーザルするときにはやっぱりそれ警備の分も含めてのプロポーザルだったと思うんですが、どうなんでしょうか。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 志方課長。



◎病院事務局用度管理課長(志方信之君) 募集の仕様の中には、業務といたしましては電話の受付、救急の受付、夜間の巡回とその宿直がこれで3名おりますので、その補助ということで、業務としては4種類4名の方というふうにして募集いたしました。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 別府さん。



◆予算特別委員(別府直君) だからその中に、巡回っていう業務が入ってますよね。いま言われたとおりね。ということは、これ例えば加西病院が病院の職員で回るのは別にこれ警備員は要らないんやけども、例えば他人の依頼に応じてこれ巡回警備やってますから、これはっきりいうとこれ警備業で資格いりますよね。これ間違いなしに要るはずなんですよ。そういった認識はお持ちなんですよね。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 志方課長。



◎病院事務局用度管理課長(志方信之君) 先ほども言いましたように、金銭を扱うとか、人の命を扱うとかいう場合は警備業法でいう警備業務の資格も要ると理解しておりますが、病院の業務には当てはまらないというふうに思っております。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 別府さん。



◆予算特別委員(別府直君) 病院もそうですね。例えば、じゃ警備員の場合は教育もやってますから不審者の対応とか、消火とか、いろんな部分に対して教育を受けて多分入ってきていると思うんですよ。普通の受付業務じゃなしに、そういった部分を含めてやっているはずだと思うし、そういうのがおるから、また病院にしては安心してそういった会社に任せて安全面とか運営できるものじゃないかなというふうに私は思うんですけどね。だから、受付だけじゃなしに、やっぱりそういったプラスアルファもあって初めて病院が安心なものだとして思うというふうに私解釈するんですが、いかがなもんですかね。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 志方課長。



◎病院事務局用度管理課長(志方信之君) 業者でも当然その資格は要らないといいながらも研修は受けさせております。また、病院で行います防災訓練等にも当然参加してもらっております。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 別府さん。



◆予算特別委員(別府直君) 井上委員の中の話ありましたけど、確かに多分この度の業者も警備業法でいう、多分1号警備というか、施設警備を持ってると思うんですよ。前回の業者も多分そうやと思います。持ってなかったらそんなん入れないというふうにやっぱり思いますから、そういった部分で、やはり受付、宿直業務も大事やけども、やっぱり一方ではそのクレーマー対策で警察OBの方も入られておるということになると、やはりそういった安全面でも病院としてはやっぱりきっちり確保できていて、なおかついろいろ批判があった窓口についてもきちっと対応できる人に入れかえたというふうにやっぱり言うてもらうほうが、私らにとっては安心して、病院が変わってきたなというふうに思うんですけど、いかがなもんですか。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 志方課長。



◎病院事務局用度管理課長(志方信之君) 当然議員のおっしゃられるようにプロポーザルで提案書等で、そういう面を十分確認いたしまして、いまの業者よりも任せられるなというところで業者選定したつもりでおります。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 高橋さん。



◆予算特別委員(高橋佐代子君) 資料28ページなんですが、給食材料費が去年より今年のほうがふえているのですが、その下、給食業務委託料は減ってるんですけど、その理由についてお尋ねいたします。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 西脇課長。



◎病院事務局総務課長(西脇親君) 委託料の給食業務委託については、25年の3月末が更新の時期でありまして、新たに委託業者を選定いたしました。その中で、同じ業者に最終なりましたけれども、若干経費がそれで軽減できたということになります。

 それから、給食材料費でございますけれども、これは純然たる入院患者数の増と言いたいんですが、入院患者数は逆に減ってるという中で、これについてはちょっと申しわけないんですが、わかりかねます。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 高橋さん。



◆予算特別委員(高橋佐代子君) それと、これはこれでいいんですけど、もう1点ですけど、あの北条のまちの中にいまどない言うんですか。あれ本町になったんでしょうか。医師のお医者さんの住宅があるんですけど、結構老朽化してますし、何か独身寮みたいなとこはそんなに夜電気もついてないように思うんですけど、いま医師不足の中で市としてのそういう受け入れ体制といいますか、きちっと寮が完備できてる、そういうようなことは若いお医者さんにとってメリットではないかなと思うんですが、その辺ああいうとこの計画とか、そんなんはいろいろ議論の中でこれから先見越してあるのか、その辺全く、いやもうそれはそんなそこまで考えてない言われるんでしたらそれはそれでいいんですけど、ちょっと局長に答弁をお願いいたします。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 西脇局長。



◎病院事務局長(西脇嘉彦君) 医師の横尾の部分ですね。あそこに・・・まず、田町のほうにある分は保健所の、旧の保健所横にある分はまだ多分新しいんですね。そういう意味で当初49年建ちましたその横尾1丁目の官舎、鉄骨づくりの2階建ての分ですけども、その部分がいまもう雨漏りがするとか、そんなんで入居をいまとめております。ですから、いま現在3月末では1名の医師しか入らないと。その1名もほかの場所へ移っていただきたいということで交渉しております。それと、その横に一戸建ての住宅が6戸あります。その住宅を、それは所帯用の住宅なんですけど、その分についてはいま現在3所帯入られております。その3所帯のうち2人の方がこの4月で異動で変わられますので、あと1人の医師がその横の住宅におられます。その方についてもいろいろお話を、説明をしたんですけども、そこが大分気に入られておりますので、若干その分についてはもう少し継続していきたい。

 そして、そのいまの隣の先に説明しました独身の啓心寮ですけども、その分についてはいまもう4月以降は使用しないようにということでやっております。その分、どこでその医師の官舎を用意しておるか言いますと、昨年でしたら東高室にできました病院の下、あそこのマンションを8部屋確保しまして、そしてそこへ研修医とか、先生方を入れております。今回も4月以降四、五人の先生の官舎分をほかの民間のほうで用意をしまして、受け皿を用意しております。ですから、今後病院として考えてますのは、そのいま持ってます啓心寮とか、医師住宅、それはもう老朽化してきておりますので、あと更新するのに大分経費が要りますので、すべて民間のほうに任せていこうという考えでおります。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 高橋さん。



◆予算特別委員(高橋佐代子君) 最後です。いや、あのまま利用したいままでしたら、何か置いてるだけ、建ってるだけで、もっと利用方法もあるのではないかなと。お医者さんが使われないのならね。あるのではないかなと思うんですけど、いまの説明聞いてわかりました。またお医者さんがどんどんふえてきた場合は改装していい施設に、いい建物にしていただいたらなと思います。もうこれはこれで結構です。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 井上さん。



◆予算特別委員(井上芳弘君) 先ほどの給食材料費は23年度の決算からいうと、今度の予算は1,400万くらい増えてるんです。それで、中身をしっかりとしたものにということであればいいんですけど、そのことも含めてまた調べといてほしいなというふうに思います。

 それと、事務報告書見よったら、例えば平成20年は入院が200名ぐらい、外来の患者さんが500人ぐらいなんですね。それからずっと、それ以前もっと多いときもあったと思うんですけど、ずっとふえてきてると。ふえてきてるんだけれども、先生、看護師さん等も充実させてきてるんだけども、収支は例えば平成24年が純損益として3億、それから21年が2億、22年が7,400万、23年度が、これは不動産の処分等があって黒字でしたけども、実質医業収支ということではあれだったと思うんですけれども、このずっと患者、入院、外来ともに増えてきてるのに、なかなかその収支が改善しないというのはどういうところにあるのかなというふうに思うんですけれども、その辺はどうなんでしょう。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 西脇課長。



◎病院事務局総務課長(西脇親君) まず、先ほどの給食材料費の件でございますけれども、材料費が単価が上昇したというのが一つの理由、それから食器を新たに導入するというので、その経費がございまして昨年度、一昨年度から比べますと予算上多く置いているというような状況です。

 それから医者も充実し、それから入院患者数、あるいは外来患者数が非常に伸びているのに収支がなかなか改善しないという状況なんですが、外来患者数が現在非常に多くて、なかなか適正数にはならないというのがございます。外来患者数が多いイコール医療材料費がかなりかさんでくると。外来患者数が適正数、すなわちかかりつけ医さんにまずかかっていただいて、それから紹介状を持たれて病院も受診していただくというふうなシステムが完全に確立しますと、外来患者数も落ち着いていくんじゃないかなというふうに思います。その分入院患者数のほうに手厚くといいますか、医療看護が充実して行えるというふうになると、そちらのほうで診療報酬が多く受け入れるようになれば、ちょっとは改善していくんじゃないかなというふうに考えております。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 井上さん。



◆予算特別委員(井上芳弘君) そういう意味では先ほどもご質問あったんですが、この外来の、いまこれ620人という設定ですよね。先ほど言いましたように平成20年は決算で500人ということでした。どの程度が、そういう意味では収支上外来患者が適正数になるのかもう一遍お尋ねします。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 西脇局長。



◎病院事務局長(西脇嘉彦君) まず、外来の人数につきましては、大体こういう急性期病院でいいますとベッド数260床ありますと、大体2倍ぐらいが一番いいというようにいわれております。ですから500人程度が急性期病院としては、外来のほうにそう力を入れずに、入院患者のほうへ力を入れるという意味で、若干そういう考えでやります。

 それが、いま加西病院の場合は外来患者は多くなってますので、どうしても入院患者のほうにある程度こっちからは行けないというような状況になっとるんですけども、平成20年度の外来を見ますと、大体1人当たり1万7,000円ぐらいの、1人当たりの単価でした。それがいま1万5,700円という、そういう24年の見込みで見ますと1万4,000円ぐらい、これは薬剤の関係があるんですけども、1万4,000円、だから若干この外来患者も単価的に2,000円ほど減っておりますので、人数がふえたとしても結局単価が下がっておるということになります。入院のほうにつきましては、平成20年度では4万近い入院患者の単価でしたけども、ことしの場合4万7,000円ぐらいのところまできてますので、こういう流れでいきますと、やっぱり入院のほうの人数をふやして外来は減らしてという、そういう仕組みをしないとなかなか収益のほうにも影響は出てこないんじゃないかなと思っております。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 井上さん。



◆予算特別委員(井上芳弘君) それはその急性期を目指して、病診連携ということで地域の診療所や病院と連携して、そういう努力をこの間図ってこられたと思うんですが、これがなかなかそういう方向へ行かないというのは、これは逆に言えば市民病院が信頼されていると。そこへ大勢来られているということかもしれないんですが、その辺はどういうふうにしていこうと思われてますか。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 西脇局長。



◎病院事務局長(西脇嘉彦君) 私からは前から言ってますように、かかりつけ医という方、先生のほうに行っていただくということで、どうしてもいま加西病院へ総合的に来られますと、1カ所で二つか3カ所の診療をされます。1日でそういうように済むという、市民の方のそういう考えがあります。個人の開業医へ行きますと1カ所しか行けない。そうすると2日、3日かかって病気を見てもらわなあかんという、そういうところがやっぱり市民の方のやっぱりその辺の考え方を変えていただかないと、どうしても総合病院としての役割が手薄になってくるんじゃないかと思いますので、市民の皆さんのご理解をお願いしたいと思います。



○予算特別委員長(森元清蔵君) ほかにございませんか。西脇課長。



◎病院事務局総務課長(西脇親君) 先ほど井上委員さんのご質問で、25年度繰入金8億になれば1床あたりどれぐらいかということで300万ぐらいじゃないですかというご質問に対して、私ちょっと勘違いをしておりまして答えましたけれども、8億円になりますと、大体300万、307万程度の1床当たりの単価になります。申しわけございませんでした。



○予算特別委員長(森元清蔵君) ほか質疑ございませんか。(なし)

 ほかにないようですのでこれで質疑を終わります。

 続いて討論に移ります。ご意見のある方ございませんか。井上さん。



◆予算特別委員(井上芳弘君) 私はこの本年の秋に総合医療センターが新しく誕生するという中で、やはり市民病院のこの地域における医療施設として、その方向性が本当に問われてくる時期だと思うんですけれども、やはり地域医療を守るという意味で総合病院としての役割を発揮して、西脇、あるいはその北播磨という中で、また加古川方面にも大きな病院ができてきましたけれども、新たにその医療圏というのですか、そういったものも明確にして、やはり役割を果たしていくべきだというふうに思います。

 そういう意味では病院もできるだけの努力をしていただいて、市民も協力しなければなりませんが、さらに市民にも信頼してもらえる病院となることを努力してもらって、ぜひやはり守っていかなければならないというふうに思います。

 そういう意味では、財政非常に厳しいんですけれども、また財政計画の中では当面8億ということになっていますけれども、収支の状況を見ながら、やはり病院をしっかり支援していくと。そこで働く職員の方も、行政のほうもしっかり支援する方向性は明確やというような、やっぱり状況をしっかり持っていかないと今後非常に難しくなると思いますので、本当に市民も含めた、その一体となって地域医療を守っていくということが大事だと思いますので、そういった思いでこの予算にも賛成をして、その支援について市長にもぜひまた引き続き努力をしていただきたいと、お願いをしたいと思います。

 以上です。



○予算特別委員長(森元清蔵君) ほかにご意見ございませんか。(なし)

 ほかに意見もないようですので、これで討論を終わります。

 これより採決を行います。お諮りをいたします。議案第30号平成25年度加西市病院事業会計予算について可決することに賛成の方の挙手を求めます。

     (賛成者 挙手)



○予算特別委員長(森元清蔵君) 7名。賛成7ということで、全会一致で可決といたします。

 これで病院事務職員の方は退席していただいて結構です。ちょっと移動の間しばらく休憩といたします。

     14時08分 休憩

     14時20分 再開



○予算特別委員長(森元清蔵君) 休憩を解きまして会議を続けます。



△議案第22号 平成25年度加西市一般会計予算について(健康福祉部所管部分)



○予算特別委員長(森元清蔵君) 次に、日程第2、議案第22号平成25年度加西市一般会計予算について建設経済厚生部分所管部分のうち健康福祉部所管部分について議題といたします。早速質疑を受けていきたいと思います。質疑のある方どうぞ。井上さん。



◆予算特別委員(井上芳弘君) それでは1ページで、住民基本台帳に関連して先ほどもその外国人の登録についての住基法の改正とか、入管法の改正があったんですけれども、それによってこの外国人登録事務と、その外国の方が利用するに当たってどういうところが便利になったり、また行政にとってどういう事務的に改善されてきたとかいうことがあるのか改めてお尋ねしておきます。1ページの。すみません。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 内藤課長。



◎市民課長(内藤利樹君) 外国人登録事務が廃止されまして、住民基本台帳法適用となりました。事務的には外国人の方入国されまして、以前は法務省のほうから通知がきまして、それを市町村のほうで登録していたわけですけども、現状は外国人の方入国されまして、その場で法務局のほうで登録といいますか、入国手続されまして、そこでカードを発行される。また、住民基本台帳によります住民票をつくられて以降はその異動につきましても日本人と同じように転入転出の手続をされる。また、外国人カードですけども、変更がございましたら法務局のほうに行っていただいて更新の手続ないし内容の変更手続をされていただくというような手続になっております。

 また、特別永住者の方につきましては、以前と同様市のほうで手続をされまして、カードにつきましては法務局のほうで発行されまして、市のほうで交付するというような格好になってございます。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 井上さん。



◆予算特別委員(井上芳弘君) ありがとうございます。23年度の事務報告ではそういう意味では外国人登録者数787名なんですけれども、いま現在これはどういう状況か大体わかりますでしょうか。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 内藤課長。



◎市民課長(内藤利樹君) たしか2月末現在では820人ぐらいだったと思います。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 井上さん。



◆予算特別委員(井上芳弘君) 一時減っている状況があったと思うんですけど、またふえてきているという状況なんでしょうか。そうでもないんですか。少しずつふえてるんですか。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 内藤課長。



◎市民課長(内藤利樹君) 以前は900人台のころもございましたけども、いまは大体800人前後で安定しているというようなことでございます。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 井上さん。



◆予算特別委員(井上芳弘君) これに関してもう1点だけ。昨年でしたか、いわゆる本人以外による住民票の取得についての本人通知制度登録してということだったと思うんですが、これのいま活用状況というのか、そういう登録されている方とか、そして不正防止に一定効果を発揮してきているのかどうかお尋ねしたいと思います。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 内藤課長。



◎市民課長(内藤利樹君) 本人通知制度につきましては、ただいま現状は49名の登録でございまして、そのうち1件請求、第三者による請求がございまして、その方8業種の方なんですけども、それに基づいて本人のほうに通知させていただいたところでございます。



◆予算特別委員(井上芳弘君) わかりました。



○予算特別委員長(森元清蔵君) ほかにございませんか。中右さん。



◆予算特別委員(中右憲利君) 予算資料の4ページの民生費、生活保護費なんですけれども、25年度はその24年度に比べて1,000万ほどマイナスになっていると。ただ、24年度は補正で2,000万ほどマイナスがありましたんで、実質的には1,000万ほどふえているということなんでしょうかれども、最近のこの生活保護費の動向というんですか、傾向を教えていただけますか。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 片岡課長。



◎地域福祉課長(片岡建雄君) そうですね、24年の当初予算ベースのときの保護世帯については149世帯188名ということで予算組みをしておりました。25年度当初予算につきましては142世帯で178人ということで、7世帯10名程度減ということでございまして、傾向といたしましてはいわゆる就労に伴う自立、それからお亡くなりになった方もありますが、そういった関係で若干減少傾向ではあるかというふうに考えております。ただ、この2月、3月相談件数が結構ふえておりまして、そういった関係で今後もそのまま減少傾向ということではなくて、若干数字としてはちょっと昇り加減になってくるかなというふうな予想はしておるところでございます。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 中右さん。



◆予算特別委員(中右憲利君) この生活保護については、最近小野市が受給者のギャンブル等の不適切な生活態度については、通報することを市民の責務にするというような条例案を出したり、また生活保護者の医療費がただであるということに、つけ込んで医療機関が医療費詐欺に近いことをしているというようなそのテレビ報道もありました。加西市はその生活保護者の認定及び指導ということに関しては適正にできているんでしょうか。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 片岡課長。



◎地域福祉課長(片岡建雄君) 生活保護の認定につきましては当然のことながら申請以降基本的には15日以内の認定と−−認定というか決定というようなことでやっておりますが、資産調査、それから保護義務者等の調査等々踏まえまして、特例を使いましてもう少し十分な時間をかけてやっているケースもございます。そういったところで、ケースによりましては民生委員さん等のほうの情報を取ったりということでやっておりまして、昨今言われているような不正受給というものについてはないものというふうに考えております。

 また、医療費につきましては毎月医師会から医師の派遣をいただきまして、レセプト等の適正執行ということで確認をお願いしておるところでございまして、大阪のほうで言われているような不正医療請求といったものについてもあわせて確認をしていただいているところでございまして、特に加西市の場合はいわゆる申請に来られる方っていうのは、本当に生活に困られて来る方ばかりでございまして、そういったところでちまたで言われているような、単にただのお金をいただくというような形で来られる方っていうのは、幸いにしてないというふうに考えておりまして、そういった意味で市民の方々のそういった良識といいましょうか、そういったことにも助けられまして、生活保護受給に関しては適正な執行を保っていただいているということでございます。

 以上です。



○予算特別委員長(森元清蔵君) ほかにございませんか。高橋さん。



◆予算特別委員(高橋佐代子君) いま戸籍住民基本台帳の関係が出ました。その関係で、これは提案とか希望とかそういう部類なんですけど、いまふるさと創造部長も来られているんですけど、うち娘が神戸市のある区へ子連れで転入しましたときに、市民課の窓口で区内を案内しましょうというそういうバスツアーがあったっていうんですね。それで、いろんなところを区の中のいろんな施設を見せていただくので、子連れで参加したいうて、いろいろ状況がわかってよかったというようなことを以前に言ってました。

 加西市に入られる方、加西市から転入されて入られる方は、市内の様子もご存じやと思うんですけど、その辺全くわからずに来れる方もあると思いますので、バス代は若干負担等、そんなこともあると思うんですけど、ぜひそういうふうな人に一緒に何カ月かに1回、年に1回でも、半年に1回でも、何かそういうふうな人に声かけしていただいて、市内を知っていただく、加西市ってこんなにいいとこなんやなって思って、見学というんですか、そういう市内を知ってもらう、そういうふうな施策もいいんやないかなって思って言いました。予算的なこととはちょっと離れてるんですけど、一応提案とさしていただきます。

 それから、本来の質問ですけど、増進センター費、これ資料の2ページなんですが、資料の2ページとトピックスの4ページもあわせまして、増進センターを古いからつぶされる、それは別にいいと思うんですが、福祉会館へ機能が入るということ、そしてここの健康課がそちらへ行くということ、私、いままでにも去年も4月から移動して、またことしの10月に向こうへ動くということに対して、意見なり提案をさしていただいたことがありました。状況を見ましたら何か押しくら饅頭みたいな状態で入るとか、そういうようなこともちらっと聞いたんですが、かなり費用をかけての移動となります。

 以前に増進センターに健康課があって、それではぐあい悪いやろということで、市役所へ帰ってきたことがありました。今回小野市のようなことをしたいということで、市長は言われていたんですが、それはそれで市長の意向ですので、今回予算に上がってるんですけど、果たしてその健康課と社協とそれから増進センターの機能があのあそこで、修繕はされるんですけど、その辺うまくいくと思われてるのか、それだけちょっと確認さしていただきたいと思うんですが。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 藤本課長。



◎健康福祉部次長兼福祉企画課長(藤本隆文君) これは9月議会あたりからずっとお答えをさしていただいております。ご承知のように、既存の建物ですので改造して入っていくということについては、相当改装について費用がかさむということもございます。ただ、いま増進センターでいろんな子どもの健診でありますとか、あるいは離乳食講習であるとかいうようなことで、利用してやっておりますが、健康課の職員自身がそのために移動しなければならないというふうなことがございます。

 前にも申し上げてますように、新しく施設を建てるというようなことについては、相当な費用が必要やというふうなこともあります。健康福祉会館も名前は健康福祉会館ですけれども、いままで健康に関しての取り組みというのはなされてこなかった。福祉については、社会福祉協議会が会館の管理も受け持ちながら担当していただいておりましたけれども、この際に健康と福祉の拠点づくりというふうな形で、当初からスムーズに進めていくというふうには考えておりませんけれども、いろんな面で連携をしながら、事務所スペースも1階に構えまして、そこで皆さん方の利用に供していくというようなこと、それから向こうへ行くことによってちょっとそのデメリットというふうなこともあるんですが、いわゆる出生届が出て、あるいは編入をされて、母子手帳の交付であるとか、あるいは乳幼児の健診についての説明というようなことがその場でできないというということになろうかと思うんですが、その辺は市民課の窓口できちっとお伝えをする。出かけていただく分については、福祉会館へご案内をして、手続をしていただくというふうなことで、進めていきたいなというふうに考えております。

 特に、施設を改良するわけですけれども、できるだけ親切なというか、きちっとした対応がとれるようなというふうな形で施設の整備もしてまいりますので、その辺は当初からきちっとした体制という名なかなか難しいかもしれませんけれども、順次いわゆる健康と福祉の拠点と皆さんから認識をしていただけるような形に進めていきたいなというふうに考えておりますので、よろしくご理解をお願いしたいと思います。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 高橋さん。



◆予算特別委員(高橋佐代子君) わかりました。それで駐車場なんですけど、それはそれで当初からうまくいくとは考えてない、それはいろいろあると思うんです。そんな中で、何か行事があったらそこ駐車場がすごくいっぱいになってしまうんですけど、職員の数だけでもかなりなると思いますし、その辺駐車場はどのように考えておられますか。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 藤本課長。



◎健康福祉部次長兼福祉企画課長(藤本隆文君) いま、大ホールで行事をされますと、かなり駐車場がいっぱいというようなことで、公園もあるんですが、どうしてもやむを得ないときはもうその公園を利用していただくということもございます。できるだけ皆様方にはそういった行事事があるときには、乗り合わせてお越しをいただくと、大体団体で会議をされるというふうなことが多いと思いますので、そういった場合については事前に乗り合わせてお越しをいただく、駐車場に限りがありますというふうな周知を十分にさしていただくということも一つかなというふうに思っております。いま新たに広げるというのは、なかなか難しいというようなことがございます。

 一つ考えられるのは、ちょっとその奥まったところにはなるんですが、古坂が所有されております雑種地がございます。最近の例でいいますと、ボランティアの集いを社会福祉協議会がやってるんですけども、そういった場合については、通常の駐車場で間に合わないというふうなことがありまして、そちらのほうへご案内をするというふうなことで、対応させていただいております。ただ、これは私のいまの思いですので、そういうことも含めて駐車場の確保ができるような取り組みをしていかなければならないのかなというふうに考えております。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 高橋さん。



◆予算特別委員(高橋佐代子君) いろいろ建設事業がある中で、押しくら饅頭的なそういう施設にするよりも、私が常にそこに広い芝生のところがありますので、その辺でこれ以上借金をとも思うんですが、3階建てぐらいの増進センターに変わるものを建設して、1階は事務所とか健康相談、また2階がトレーニングルーム、3階が体操室のような形で、そういうふうなことができたら別にそんなに動かさなくても、いま健康課があそこにありますので、その辺走っていっていろんな調整もできるし、いいかなと思うんです。これはもう夢物語のようなことなんですけど、そんな計画もちょっとはどないかなと思って、私の意見として発言さしていただいて、もうこの質問は終わりたいと思います。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 別府さん。



◆予算特別委員(別府直君) いまの意見に関連してですけども、予算のトピックスの4ページ、同じく健康福祉会館の件なんですけども、こちらのほうに「乳幼児から中高年世代までの健康づくり事業を充実させ」というふうに記載されております。この充実をどういうふうに図られるのかどうか、具体的にお聞きにしたいと思うんですけども。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 河原課長。



◎健康課長(河原紫君) 具体的にということなんですが、事業のほうにつきましては、次年度につきましてはとりあえず増進センターで、いま現在実施している事業をどのような形で順調にやっていくかということが、ちょっと主軸に回っておりますので、ちょっと具体的にというところの議員のご要望までお答えできるかどうかわかりませんが、1点考えておりますのは、子育て世代というか、乳幼児期につきましては、いま健診とか、乳幼児健診とか、相談業務とか、離乳食の講習会といわれる事業ベースのものを主体的に行っております。

 いま健康福祉会館というネーミングの中でしますので、その中でできればお母さんの交流的な、法的な事業というものにプラスアルファお母さん同士が交流できるような場なり、そういうふうなちょっと企画を、事業に付随してか別途かはまたちょっと検討課題なんですけど、そういうふうなものが少し入れられないかなというふうに考えております。

 あと中高年から高齢者についてということにつきましては、これもちょっと具体的なところというよりは、イメージみたいなお答えなるかもしれませんが、いま健康増進センターは立地条件が病院の隣ということで、少し高台にあります。福祉会館のほうはそういう意味では平地におりてきますし、非常にそういう意味の利便性は高まるかなというふうに思います。

 あと、玉丘史跡公園とか周りにはいろいろいわゆる市民の皆さんが日常的に使えるような空間とか、公園とかがたくさんありますので、そういうところ利用した形で運動とそれから健康課の特徴である栄養とか食生活というものをあわせた形で、皆さんに何か提供できるようなもの、それもできたら行政が事業を組んで提供できるものというよりは、市民の皆さんが少し意見提案をしていただいたりとか、そういうところを有効活用して、運動とか食生活を見直すのに、何か支援できるような形で事業とかイベントとか、そういうふうなものがちょっと取り組むことができるんではないかなというふうに考えております。

 ただ、申しわけありません、ちょっとそれぐらいのところで、具体的にということは移転も順調に終わりました中で、追って考えていきたいなというふうに考えております。

 以上です。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 別府さん。



◆予算特別委員(別府直君) いま市民の意見提案とかをというようなこともあったんですけど、じゃそしたら、実際秋になったら移っていきますよね。だから、そういった市民のいろんな声を聞ける組織とか、そういったものはやっぱりきちっとつくり上げて移していただきたいと思うし、やはり多額の費用を入れてもっていきますから、それなりのやっぱり市民の方が利用されるそういった会館になるようにお願いしたいなというふうに思いますから、ただ、時間はこれあっという間に来ますので、早急に着手してもらいたいと思います。

 ちょっとあと次に移ってよろしいですかね。87ページ、予算書の87になりますねんけども、シルバー人材センターの運営事業で、こちらのシルバー人材センター運営補助金というのが昨年710万でしたか。今年度1,010万にこれ上がってるんですけども、この増額について説明いただきたいんですけども。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 山本課長。



◎長寿介護課長兼地域包括支援センター所長(山本和孝君) 失礼いたします。本年度の1,022万のうち722万につきましては、これは例年市のほうからも助成しておりますシルバー人材センター全体の運営費の助成でございます。25年度300万の増額をしております。この分につきましては、シルバー人材センターですね、24年度から研修等事業で取り組んでいただいてるんですけども、いわゆる福祉、家事援助サービス、この事業について企画提案事業として、新たに事業展開をするということで、現在先ほども申しましたように会員さんの研修等を取り組んでいただいて、今後本格的に実施する方向で、現在ご検討いただいております。

 この事業につきましては、市が補助をする分と同等額を国が補助してくれるという、そういった事業でございます。限度額を事業費として600万、市の補助金としては300万ということでなっております。その支援を行うために、市のほうは補助として準備しているというところでございます。この家事援助事業につきましては、シルバー人材センターが取り組んでいただくということで、高齢者の働く場所、生きがい、そして支援の必要な方へのそういった介護保険制度では手の届かない部分の支援という、この三つを目的が同時に達成できるものとして、市も非常に期待しておりまして、何とか事業が確立できるように支援をしてまいりたいというふうに考えております。

 以上でございます。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 別府さん。



◆予算特別委員(別府直君) いま説明を聞いたんですけどね、結局これは会員の研修に充てる部分というふうに解釈を受けたんですけど、じゃ例えばいろいろ目的、いま高齢者とか介護と言われたんですけども、この辺に対してどういった研修とかをされるような計画が出とるんでしょうかね。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 山本課長。



◎長寿介護課長兼地域包括支援センター所長(山本和孝君) すみません、私の説明不足の点がありまして、この300万の事業費については、会員の研修のための費用というわけではございません。もちろんそういった研修、それから事務費等、準備のための経費、そういったことに活用していただくことも当然ですが、研修はこの24年度、既にシルバー人材センター独自でといいますか、県のシルバー人材センター連合会が主催して、こういった各地域のシルバー人材センターへの会員さんに向けての研修を実施しているというところでございまして、加西市シルバー人材センターが独自に研修をというのは、今後の事業の進め方と含めて検討していくわけでございます。

 研修の内容としましては、いわゆる会員さんがご家庭にそういった支援に行ったときの援助のあり方、家の清掃に関することであるとか、それからあるいは高齢者の特徴、それから認知症への対応とか、知識とか、そういった研修について24年度既に実施していただいて、それを受けていただいております。

 以上です。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 別府さん。



◆予算特別委員(別府直君) シルバー人材センターですけど、例えば前に教育委員会の図書館のほうから依頼があって、じゃ図書館の警備をやってたと思うんですよね。今回は、例えば家庭支援として、高齢者とか介護も入るのかな。そういったご家庭のほうに入ってくるものと思うんですけども、そういった場合の資格とか、例えば運営自体としてシルバー人材センターがそういういろんな警備とか介護とか保険とかの、そういった資格なんかもきちんともってこれはやっぱり運営していかなあかん部分も絡んでくるんじゃないかなと思うんです。そのあたりの部分はどういうふうにお考えなんでしょうかね。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 山本課長。



◎長寿介護課長兼地域包括支援センター所長(山本和孝君) 実際に、現在運営されているシルバー人材センターを全国で見ますと、いわゆる介護保険のそういう在宅介護支援の指定を受けて、ヘルパー事業やっている、そういったシルバー人材センターもございます。加西市シルバー人材センターについては、現在のところそこまでの予定はございません。ですから、ヘルパー資格を持った方が事業所としてやるという、そこまでの援助、家事援助といいますか、支援というのは考えてなくて、ヘルパー資格がなくても行えるような、ですから家の掃除をちょっと物を動かしたりとか、そういった簡易なヘルパー資格なくてもできるような援助、高齢者の一人暮らしであるとか、高齢夫婦の世帯の方とかっていうので、日常のちょっとしたそういったこともなかなか人手が必要な、支援が必要なという方もいらっしゃるので、そういった方へのところの支援ができるようなという、そういう比較的簡易な援助というところで、現在のところは計画していただいております。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 別府さん。



◆予算特別委員(別府直君) あと、そういった場合に、いま既存のいろんなサービスをされるところがありますよね。そういった部分とのこのすり合いというか、調整というのも必要じゃないかなというふうに思うんですけども、例えばシルバーがそれをやりますとなってくると、いままでそれに附帯したような事業をやっていた事業所とかもあると思うんですけど、そのあたりとも調整というのはこれついてきませんかね。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 山本課長。



◎長寿介護課長兼地域包括支援センター所長(山本和孝君) もちろん議員ご指摘のようなそういったすり合わせというのは必要だと私自身も思っております。ただ、シルバー人材センターがそういった部分を担っていただくことによって、いままでその資格のあるヘルパーさんが行っていただいてた部分、逆にそこが負担が軽減できれば、その労力をより本来の介護保険制度を適用したヘルパーを求めておられる、そちらのほうへ支援が回るわけですので、そこら辺のすみ分けといいますかをきちっと調整できれば、より有効な機能として活動できるのではないかというふうに思っておりますので、その辺も十分注意しながら、気をつけながらやっていきたいというふうに思っております。



○予算特別委員長(森元清蔵君) ほかに。長田さん。



◆予算特別委員(長田謙一君) 1点だけお尋ねさしていただきます。この資料の中の2ページ、それで予算書の81ページですね。社会福祉費、障害者福祉費で非常に手厚い前年度よりも金額が上がっとるんですけども、予定されとるんですけども、この中で1点だけ。障害児通所給付事業という形のものが1件、恐らく新しくこれ設けられとると思うんですよ。これは実質は肢体不自由の児童の医療費とか、障害者通所給付のお金とかで、それがほとんどと思うんですけども、この中で障がい児の通所給付者というですか、それは把握されてるわけですか。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 片岡課長。



◎地域福祉課長(片岡建雄君) この障害者通所給付事業につきましては、平成24年度の制度改正に伴いまして、事業実施をしておるものでございまして、これにつきましてはいわゆる福祉会館でありますとか、それからわかあゆ園、それからあと特別支援学校の生徒さんで実施しておりますタイムケア事業というようなものが主な給付事業でございまして、わかあゆ園につきましては現在加西市のほうから通所されてる方が3名、それからタイムケアにつきましては現在5名で、内容等につきましては1週間をとおしまして、1カ月をとおしまして総勢20名ほどが通所しておくるというふうに聞いておりまして、そのうち若干市外からの通所者も入っておるというふうに聞いております。

 以上です。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 長田さん。



◆予算特別委員(長田謙一君) わかりました。これ非常にせっかく前年度から約8,000万のこの事業に充てられてるわけなんですけども、せっかくここまで手厚い事業をされるんであれば、やはりこういう形に自立支援の給付等も約5,000万ぐらい上がってるのかな。だから、その辺もよく考えていただいて、障がい者に手厚い事業をされてるんであれば、しっかりと支援してあげていただきたいなと思います。これはもう要望で結構です。



○予算特別委員長(森元清蔵君) ほかに。土本さん。



◆予算特別委員(土本昌幸君) トピックスの5ページなんですけども、上から2番目、健康管理支援事業についてちょっとこれ教えてほしいんですけども、内容的に。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 健康管理支援事業、片岡課長わかりますか。片岡課長。



◎地域福祉課長(片岡建雄君) この健康管理支援事業につきましては、現在も精神疾患者等の方につきまして、生活保護受給者を中心に日々の生活支援をしているところがございまして、そういったものを加えて、日常の健康管理等、訪問相談士等を通じて実施していくものでございます。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 土本さん。



◆予算特別委員(土本昌幸君) それはここに書いてあるとおりやわね。だから、ちょっと質問を変えまして、これ該当者は何名、何所帯ぐらいあるんですかね。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 片岡課長。



◎地域福祉課長(片岡建雄君) すみません、ちょっと該当者につきましては現在手持ちがありませんけれども、申し訳ございません。ちょっと現在、手持ちのほうで持ってございません。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 土本さん。



◆予算特別委員(土本昌幸君) これ予算が322万これ出てますので、この金額をどういうふうにして出されたのかなというのがあるので、その何かこの金額の根拠はどうなってるんですかね。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 片岡課長。



◎地域福祉課長(片岡建雄君) すみません、これにつきましては、322万円につきましては、いわゆる精神障害福祉士の職員の賃金ということでございます。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 土本さん。



◆予算特別委員(土本昌幸君) 賃金というのはわかりました。ただ、これ新規として上がってますので、いままでもこれをやられてるんですよね。この内容的には、そうじゃないんですか。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 片岡課長。



◎地域福祉課長(片岡建雄君) それに加えまして、保健師とか管理栄養士等々の専門的な方にお願いをいたしまして、日常の生活管理等の困難な方に保健指導を行うというふうなものでございまして、現在精神保健福祉士はおりますけども、その者にいわゆる生活指導に加えて、健康管理も行うということで、新たな補助メニューのほうでさしていただくということで、新規事業として上げさしていただいているものでございます。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 土本さん。



◆予算特別委員(土本昌幸君) それにしても、賃金で1人例えば雇うとしたとして、その人が1年間でどの程度活動されるのかというのが、例えばこれ該当される方がわからなかったら、これ何か決めようがないと思うんですけど、そのあたりは把握はないんですかね。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 片岡課長。



◎地域福祉課長(片岡建雄君) それはちょっと調べまして、後ほどご報告いたします。



○予算特別委員長(森元清蔵君) ほかございませんか。井上さん。



◆予算特別委員(井上芳弘君) 先ほど取り上げられましたシルバー人材センターの家事援助サービスということなんですけど、これは事業的にはいつスタートになるんでしょうか。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 山本課長。



◎長寿介護課長兼地域包括支援センター所長(山本和孝君) 家事援助そのものについては、シルバー人材センターは既に実施されております。件数は決して多くないんですけども、一部介護保険制度を利用できない方ですね。要介護等のそういった認定を受けておられないような方とか、そういったところでほんのわずか数人という単位ではあるんですけども、既にそういった援助も実施もされております。その規模を拡大、事業を拡大し、その事業の拡大に合わせて、会員さんの加入もふやしということで、この25年度からそういった本格的に実施したいというようなことでの現在計画をしてくださっておりますが、具体的にこの事業をいつからというところまではなくて、25年度からそういった準備、もう少し規模の拡大で体制の整備をきちっと図っていくという、そういったところでございます。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 井上さん。



◆予算特別委員(井上芳弘君) いまお話があったように、高齢者で介護認定が受けられていない、だけど実際には日常生活非常に不自由だという人に対して、どういう手だてがあるかというところで、なかなかそういうのがなくて、結局地域の人とか、まさにボランティア的な活動で支えられている部分が非常に多いんですが、これはこういう方向で進めて、そういう対象者に対してこれを中心にやっていくということなんですか。それはいろんな取り組みの中の一環としてということなんでしょうか。もちろんこれ有償になるんですか。有償なんですか、現実に。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 山本課長。



◎長寿介護課長兼地域包括支援センター所長(山本和孝君) まず有償か無償かということにつきましては有償でございます。

 それと、ここを中心にということをかどうかという点でございますが、私としては一つの受け皿というふうに考えております。シルバー人材センター、前からちょっとお話もさしていただいておりますように、支援事業が地域支援総合事業にというような形で変わってきたというような部分があります。この事業については、そういったボランティア等も含めた担い手ということもまたありというふうな部分がございます。介護の要支援、それから要介護に認定を受けた方、あるいはそれを行き来するような方ですね、非該当との行き来をするような方、非該当の方を含めたというような、そういった大きな枠組みの中での事業展開が可能となっております。

 そういった中で、ボランティア、そしてシルバー人材センターのこういった事業、そして介護保険制度、そういったものを総合的に組み合わせて、必要な方への支援が適切に行くように構築していきたいというふうに考えております。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 井上さん。



◆予算特別委員(井上芳弘君) 介護保険制度が、少しずつ私は改悪だと思っていますけれども、例えば要支援であったり、介護度の低い方へのいわゆる介護保険制度のいわゆる生活援助にかかわるような時間が短縮されたり、外されていったりという方向にあります。いまもいわゆるそういう福祉施策を縮小していくという方向から、要支援者に対する介護サービス等をさらに縮小していこうというような検討もされているやにお聞きしています。

 そういう意味では、本当にどういった形でじゃ対応していくかというのは非常に大きな課題で、もしこれ有償の制度ができたとしても、お金も十分に払えない人もあるわけで、そういった層に対して、じゃあ市としてどういう対応、どういう仕組みでやっていくのかというのは非常に大事なことなので、やっぱり高齢者生活支援事業ってこの一番上にもありますけど、そういった仕組みをどういうふうに構築するかというのは、ぜひね−−私は何もシルバー人材センターがだめだというんじゃなくて、もしやるとすればやっぱり多重というんですか、いろんな方法で全体を支えていくという方向が必要だと思うので、そういう努力もしていただきたいと思うんですが、ぜひそういう網の目から落ちていくような状況にある人をきちっとカバーできる仕組みはやっぱりつくっていただきたいなというふうに思うんですけれども、ご答弁をお願いします。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 山本課長。



◎長寿介護課長兼地域包括支援センター所長(山本和孝君) その点に関しまして、いま議員ご指摘いただいている点に関しましても、私も全く同感でございまして、幅広い担い手も必要ですし、そういったきめ細かな支援体制といいますかを制度として構築していくことが非常に重要なことだというふうに思っております。

 先ほども申しましたように、幅広い担い手とともに、当然有償の部分もございます。またボランティアの部分もございます。有償の部分につきましても、利用者負担の部分をどう軽減を図っていくかということも念頭に置きながら制度を構築して聞かなければいけないものと思っております。その幅広い担い手をということになりますと、多くの方々のボランティアの方も含めて、またこのシルバーへの会員登録のことも含めて、多くの方々のお力が必要になってくるわけですので、幅広い議論と協力、支援をあわせて市民の方々へもお願いしたいというふうに思っております。そういった中で、きちっと仕組みづくりを進めていけたらというふうに思いますので、よろしくお願いいたします。



○予算特別委員長(森元清蔵君) ほかに。別府さん。



◆予算特別委員(別府直君) 予算書の93ページ、下から3行目なんですけども、児童虐待防止対策強化事業、これの13委託料の広告委託料85万7,000円です。昨年は、50万4,000円だったと思うんですけど、それが85万7,000円と増額になっとるんですけども、これについてちょっと説明いただきたいと思いますけども。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 片岡課長。



◎地域福祉課長(片岡建雄君) 失礼いたします。児童虐待防止ということで、今年度も巡回バスのほうに広告を貼りまして、したところでございますけども、新年度につきましては北条鉄道のほうでも中吊り広告、トレードマークですね、そういったものについてできるかなということを聞いておりまして、加えて北条鉄道のほうにもそういった広告をいたしまして、通勤・通学者に啓発をしていきたいというふうに考えておるところでございます。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 別府さん。



◆予算特別委員(別府直君) ということは、今回の増額分は北条鉄道のほうに出す広告料というふうに解釈してよろしいですか。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 片岡課長。



◎地域福祉課長(片岡建雄君) いまのところそういうことで予定をしております。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 別府さん。



◆予算特別委員(別府直君) 次に、103ページなんですけども、こちらのほうの保健衛生管理費の7、賃金のところですね。アルバイト賃金ということで、これ多分昨年は730万、今年度は1,190万5,000円というふうに増額になってるんですけど、これのちょっと説明をいただきたいですけども。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 河原さん。



◎健康課長(河原紫君) この分の増額は、主には予算の設置場所の組みかえということで増額になっております。24年度まではこのアルバイト賃金のほうを予防接種、予防費のところにも賃金を置き、それからあと健康推進対策費の成人歯科保健事業になるんですけれども、そちらのほうにと分けて置いておりました。それを今回運営そのものと、それからいままで補助金でついておりました3種ワクチンの補助金の事務費等とかの補助事業がなくなりましたので、その分管理費で一括で置くという形で組みかえをさしていただいて、ここで一括置かしていただいてますので、そのことによる増が主な原因ということになっております。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 別府さん。



◆予算特別委員(別府直君) ということは、人員とかはそんなに変わってないというふうに考えていいんですかね。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 河原さん。



◎健康課長(河原紫君) はい、大きくは変わっておりません。ただ、次年度県からの委譲事業のほうで、新生児の中の未熟児訪問等の事業が市のほうに委譲でおりてきます。その関係等もありますので、少しその辺で賃金のほうが少し増額にはなっておりますが、そんなに大きな増ではありません。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 別府さん。



◆予算特別委員(別府直君) そのすぐ下の8番この報償費の謝礼も、昨年2万4,000円、ことし18万になってますけど、これの増の要因は何でしょうか。



◆予算特別委員(別府直君) 河原さんと。



◎健康課長(河原紫君) これにつきましては、昨年度人口増政策課のほうでつくっていただきました食育計画の推進のほうを、今年度途中から健康課のほうで実施ということになっております。それで、次年度またその食育計画を推進するに当たりまして、プロジェクト会議等を推進していくということで、その分の謝礼ということで増額になっております。



○予算特別委員長(森元清蔵君) ほかに。中右さん。



◆予算特別委員(中右憲利君) 予算書の111ページの上から2番目のがん検診委託料2,650万ほど挙げられてるんですけど、24年度では2,150万が当初予算で、補正で178ほどマイナスになって、最終的には2,000万弱の出費になっていると思うんです。今回、その2,650万ということで、41歳節目年齢がん検診推進事業の拡充ということで295万出てますけども、それを入れても300万ほどの増額になると思うんですが、これはがん検診をさらに力を入れてやっていこうということなんでしょうか。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 河原課長。



◎健康課長(河原紫君) そのとおりでありまして、目標値的には30%ということで掲げておりますが、さすがに30%というのはなかなか厳しい課題というふうになっておりますので、20%を目標値という形で挙げておりまして、それに基づいた形で委託料をと思っております。

 それで、具体的には来年度子宮頸がんの枠と単独の集団で実施する分をふやすことと、あと乳がん検診につきましては一部ではありますが公民館等で地域に出て実施するというようなところを計画をしておりますので、主に今がん検診の中で重点になっていますその女性のがんの子宮がんと乳がんにつきまして、次年度も推進していこうということを考えておりますので、それを目標ということで増額さしていただいております。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 中右さん。



◆予算特別委員(中右憲利君) いまの20%を目標にということだったんですけれども、最近の傾向ですね、上がってるんですか下がってるんですか。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 河原課長。



◎健康課長(河原紫君) 乳がん検診、子宮がん検診におきましては上がっております。胃がん検診につきましては若干下がっておりまして、それ以外のところにつきましては大体現状維持で上がっていると思ったら、少し下がったりというところなんですが、全体的には少し上昇しているというふうに認識をしております。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 中右さん。



◆予算特別委員(中右憲利君) 私の周りでもがんで亡くなる方、あるいはがんの治療をされてる方、がんになったことがある方、特に乳がんなにか物すごく多いというふうな感じがするんです。その検診の受診率を上げていくということは非常に重要だと思うんですけれども、その取り組みですね、PRというのはどういうふうなことをされているんでしょうか。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 河原課長。



◎健康課長(河原紫君) 一番主にしておりますのは、いま国が実施しておりますがん検診推進事業ということで、乳がん、子宮がん、大腸がんにつきましては、節目年齢5歳刻みなんですけど、その方に無料のクーポン券を送って受診を促しております。そこを重点的に受けられてない方に再度勧奨をさしていただいたり、それからいま乳がんにつきましては、やはり受けやすい体制づくりということですので、できるだけ回数を多くということで、年々大体毎年3回ずつぐらい実施回数をふやしてきておりまして、検診の機会をふやすということで、それにあわせて周知をさせていただいております。

 それ以外に、昨年度は校区ごとで実施されましたはつらつ委員会等に出向きまして、チラシをお配りして、受け方を説明させていただいたり、あとは母子の乳幼児の健診のときに来ていただいているお母さんたちにも、検診を受けていただくということで周知をするという形で、現在取り組んでおるところです。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 中右さん。



◆予算特別委員(中右憲利君) それからその同じところの下のほうに、心の健康づくり事業というのがあるんですけれども、これはどのような人を対象にどんな事業されるんでしょうか。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 河原課長。



◎健康課長(河原紫君) これにつきましては、対象は基本的に全市民の方に実施をする事業でして、啓発事業としましては特に対象を誰というふうに区分しているものではありません。ですが、とりあえず方向性としましては、まず支援をしていただく方の立場にある介護保険でいわゆるケアマネさんとか、民生委員さんとか、それからボランティアさんとか、そのような形で少し身近にかかわりを持っいただいてる方に、ゲートキーパーという役割ということで、まず異常を発見していただくとか、相談相手になっていただくとか、そういうところの普及を中心にという形で実施しておりまして、そういう方を対象にした講演会とか、それから相談先の周知のPRとかをしております。

 あと負担金、補助金のところにありますメンタルヘルスケア事業補助金というものにつきましては、地域の方で、地域の中で、組織の中でこういうメンタルケアというか、心の健康づくりについて講演会とかそういうものを実施していただけた場合、市のほうから補助金を出すという制度になっておりまして、これにつきましてはいろいろな地域の方とかPTAとか、それからいま言ったいきいき委員会とか、そういったところでこういうふうな取り組みをしていただいた方に補助金を出すという形で実施しているのが主な内容になっております。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 中右さん。



◆予算特別委員(中右憲利君) いま心の病を持ってる人って結構多いと思うんですよね。それによって自殺をされる方なんか物すごく最近多いというふうに聞いてます。この心の健康づくり事業ですけれども、24年度80万でしたか、今回60万、その講演会の費用、あるいはそのメンタルヘルスケア事業の補助金も減額されてるんですけれども、これは何でなんでしょうか。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 河原課長。



◎健康課長(河原紫君) 実は、これは県の自殺対策の基金の補助事業として実施しておりまして、次年度のいただける補助金のちょっと限度額を当初県のほうに確認さしていただいたところ、この金額でしたので、それで満額という形で計画をさしていただいております。もし基金とかその辺が今後もう少し確定して拡充できるということでしたら、またその辺は対応していきたいというふうに思っております。一応100%事業として予算を組んでおる関係上、このような形になっております。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 井上さん。



◆予算特別委員(井上芳弘君) 予算書の99ページで、母子福祉の関係で、扶助費の中の高等技術訓練促進事業というのが毎年、200万ぐらいあるんですけど、これはどういう訓練になるんでしょうか。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 片岡課長。



◎地域福祉課長(片岡建雄君) 基本的には、いわゆる「士」のつくような資格取得のための講習等の費用でございます。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 井上さん。



◆予算特別委員(井上芳弘君) 実際に、これは例えば何人ぐらいがこういう技術指導を受けられて、実際に資格を取られて、生活が改善されたというような事例、毎年何例か出てきてるんでしょうか。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 片岡課長。



◎地域福祉課長(片岡建雄君) なかなか予算を置きまして、市も対応をしているところなんですが、実際にそこまで行くことがなくて、十分活用できてないというのが現実にございます。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 井上さん。



◆予算特別委員(井上芳弘君) これは例えば父子ではだめなんですか。母子だけなんですか。これは母子と書いてあるけど、父子でも大丈夫なんですか。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 片岡課長。



◎地域福祉課長(片岡建雄君) 父子も対象にしていると思います。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 井上さん。



◆予算特別委員(井上芳弘君) こういう情報もう少し知らせるというような努力が要るんじゃないでしょうか。例えば、どの程度の金額の支援があるんですか。この210万というのは例えば何名ぐらいを想定してされてるんですか。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 片岡課長。



◎地域福祉課長(片岡建雄君) 基本的には資格を取得するまでということになりますので、1名ないし2名というところでございますが、相談支援をする中で、そういう資格取得をとりたいというような方につきまして、あっせんをしているというようなところでございまして、議員ご指摘のようにもう少し啓発というところについては、今後検討していきたいと思います。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 井上さん。



◆予算特別委員(井上芳弘君) そういう福祉母子施策として乗せる以上、有効利用できるように努力してほしいなと思います。それとちょっと関連して申しわけないんですがこの前年度の地域子育て創成事業でのはどういう内容で、事業が終わったのがどういう成果があって終わったのかお尋ねしておきます。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 片岡課長。



◎地域福祉課長(片岡建雄君) 24年度の地域子育て事業につきましては、100ということで予算をしておりましたが、これはいわゆる基金事業ということで、予算10分の10ということで予算計上しておりましたが、24年度で23年度末で事業終了ということで、この3月にも補正減をさしていただいたところですけども、ということで昨年度それについては実施をしておりません。ただ、目的は児童療育室の環境整備ということで計画をしておりまして、それにつきましては一部23年度予算での執行等々によりまして、人工芝生等の敷設等々さしていただいたところでございます。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 井上さん。



◆予算特別委員(井上芳弘君) 福祉というのは非常に重要な施策であって、予算を設置してそれを生かすということが極めて重要だと思うんです。年度末にこの福祉の予算というのはいつも大幅に減額をされたりする対象になります。対象人数が少なかったとか、いろんなことが言われるんですけれども、やはり実質的に有効な手だてを集中してやっていくというような工夫も要るのではないかと思いますので、これ新年度予算でこんなことを言うのも何ですけれども、年度が終わって執行できなかったというようなことがないように、生かしていただくようにお願いしたいと思います。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 土本さん。



◆予算特別委員(土本昌幸君) がん検診でトピックスの4ページなんですけれども、今年度41歳の節目年齢のがん検診の推進事業として、新規で行っていただきましたけれども、これ実際に対象となる方が何名で、実際どれだけ活用されたのかお聞きしたいんですけれども。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 河原課長。



◎健康課長(河原紫君) この41歳の検診なんですけれども、対象数は男女ともに受けていただけます胃がん検診、胸部検診、大腸がん検診はそれぞれ41歳の方で581名が対象です。そして女性のみが受けていただけます子宮がん、乳がん検診については、258名が対象となっております。今年度はこれだの方にクーポン券のほうを送付さしていただきまして、現在12月末現在までの利用数ですけれども、胃がん検診で利用が58名、胸部検診で82名、大腸がん検診で74名、子宮がん検診で58名、乳がん健診で45名というまだ途中経過ですが、このような中身になっております。

 利用数としましては、約1割から2割というところではありますが、その前の平成23年度の同じく41歳の方の受診数を見ますと、胃がんで22人でしたので、約2倍強、胸部検診につきましても36人でしたので、同じくに2倍強ということで、大腸がん、子宮がん、乳がんにつきましては、昨年度から無料クーポンの対象という形になっておりますので、ちょっと現段階で比較はできないんですけれども、胃がん、胸部の検診のほうを見ましても、倍以上ということになっておりますので、一定の効果があるかなというふうに考えてはおります。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 土本さん。



◆予算特別委員(土本昌幸君) これは今月いっぱいで終わるわけですかね。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 河原課長。



◎健康課長(河原紫君) がん検診の利用期限のほうは2月末までという形になっておりますので、先月末で一応クーポンの利用期限は終了という形になっております。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 土本さん。



◆予算特別委員(土本昌幸君) これせっかく取り入れていただいた新規事業で、確かに効果はあったということですけれども、受けてない方も相当おられますよね。そういう意味で継続されるんであれば、また新たな促進する必要があると思うんですけど、そのあたりについてはいまお考えはあるんでしょうか。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 河原課長。



◎健康課長(河原紫君) そうですね。ほかのクーポンの全体の利用率を見ましても、大体県下の平均が大体2割から3割という形になっておりますので、目標としましてはその辺まで上げていきたいというふうには思っております。

 具体的な促進なんですけれども、現段階の中でこのご利用いただけなかった方に、アンケートという形をとったんですけれども、なかなか回収率が悪かったというか、受けていただいた方が返していただいた方が多くて、本当は受けていない方に返していただきたかったんですけども、ちょっとその辺が今年度は思ったように受けない理由の調査ができませんでしたので、次年度につきましてはその辺の状況をなかなかアンケートという形では難しいようなので、何がし、ちょっと未受診の理由というとこら辺をどのようにとっていくか、本当は電話というふうにここで言い切りたいところなんですけども、なかなか41歳の年齢の方を電話でつかまえて聞くといっても、日中も、なかなか夜もいらっしゃらないという形になりますので、少し何か限定した形でか、未受診の理由を少し改めて確認しながら進めていきたいというふうには現在考えております。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 土本さん。



◆予算特別委員(土本昌幸君) 要望ですけれども、職員の方もたくさんおられますし、まあ言ったら年齢を限定されればかなり近所にもおられる可能性があるので、電話できない場合はほかの方法も考えていただくと。以前、しつこいぐらいやってくださいよという依頼もしたと思うんですけれども、1回取り組むことがすごく後に影響があるので、ぜひとも挑戦していただきたいなというふうに思いますので、よろしくお願いいたします。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 高橋さん。



◆予算特別委員(高橋佐代子君) 2点だけ聞かせていただきます。資料の1ページですね、難病患者等居宅生活支援事業、これ去年27万9,000円だったんですけど、ことしは0になっているんですけど、これ該当者がないのかその辺ちょっとお聞かせいただきたいんですけど。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 片岡課長。



◎地域福祉課長(片岡建雄君) 難病患者の居宅支援事業につきましては、このたびの平成25年度の国の障害総合支援法に変わりました中で、難病患者等につきましても一般の障がい者と同じようなサービス支給ができるというふうに制度が変わりまして、そういった関係でここに置いております部分につきましては、障害福祉の支援費の中へ入っていくということでございまして、項目上は消えておりますけども、実質的には支援費のほうで支給をさしていたたくということになっております。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 高橋さん。



◆予算特別委員(高橋佐代子君) それともう1点なんですが、3ページ目の児童福祉総務費なんですけど、これ支給時事務費が去年1,000万ほどだったんですけど、ことし380万ほどになってるんですけど、この余りにも減っているその理由ですね、お尋ねしたいんですけど。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 片岡課長。



◎地域福祉課長(片岡建雄君) これにつきましては、昨年度24年度はいわゆる子ども手当から、6月から児童手当ということで、制度が大幅に変わりまして、その関係での児童手当支給システムのシステム改修変更費ということで、600万円程度予算を加算さしていただきまして執行させていただいております。今年度につきましては、大きな変更はないということで、システム改修費はゼロということで600万の減となっているところでございます。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 一つだけ、これはもう答弁は何も要らないんですけど、福祉会館管理運営業務の中で、2月号の広報で市民向けにボランティアの運営委員さんを募集されたという方の苦情というのか、聞いてくださいよというようなことで延々と電話を聞いたんですが、2月19日に申し込んだら、何人ほどいま申し込みがありますかって聞いたら、ゼロですというふうに言われて、それから22日が締め切りだったので、当然その方にしてみたら採用してもらえるというのか、運営委員にさしていただけるように思うとったったんですが、それからその次の週に文書1枚でお断りしますというようなことが来たいうようなことで、大変がっかりしたというようなこと言われていました。

 面接があったり、たとえ5分10分でも面接していただいて、どういうことで該当しなかったのか、それで人数についても若干名ということになってたので、きちっと何名ほど募集するんやたら募集するいうことで、納得のいく不採用のそういうような対応をしていただきたいなと思います。それは市全体にも言えることであると思いますので、市民からそういう苦情があったということをお伝えし、また今後そんなことないようにしていただきたいな、それはもう私の要望、意見でおいておきます。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 井上さん。



◆予算特別委員(井上芳弘君) 5ページなんですけれども、保健衛生総務費なんですが、これは参照の102ページなんですけど、これは病院への繰り出しが除いてあるというのわかるんですが、あとこの予算書をというのはどれどれが外してあるんですかね、これ。職員給与も予算書では8,174万2,000円というふうになっているんですが、どの部分が除いてあるのかちょっと教えていただけないでしょうか。



○予算特別委員長(森元清蔵君) ちょっとどの部分かもう一度。



◆予算特別委員(井上芳弘君) 予算書102ページで、保健衛生総務費が9億9,472万4,000円の予算になっております。この予算の資料では、1億800万ということで、病院事業の補助金8億円等がもうこれ抜いてあるというのはわかるんですけど、そのほかに何が除いてあるのか、職員給与等も、この予算書と少し違うんですが、教えていただきたいなと思いまして。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 藤本課長。



◎健康福祉部次長兼福祉企画課長(藤本隆文君) お答えいたします。一応、保健衛生総務費の中で、健康福祉部関連分はこの資料に挙げておりますように、保健衛生管理費と救急医療対策事業、それ以外は生活環境であったり、その辺の部分でというようなことになっています。職員給与につきましては、保健衛生総務費の中で、健康課分と生活環境部の分が一緒に計上されております。そのうち、健康課分につきましては11人ですね、それから職員が11人、それから再任用の職員が1名ということで、給与で4,341万2,000円、手当で1,622万6,000円、共済費で1,177万6,000円、合計7,141万4,000円という内訳になってございます。

 あと、ですのでいま言いましたこの103ページに上がっております保健衛生管理費と救急医療対策事業、それからいま申し上げました職員給与等の7,140万円、これが健康福祉部の関連分ということになってございます。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 井上さん。



◆予算特別委員(井上芳弘君) 水道事業会計補助金は生活環境部だというふうにわかるんですが、その生活環境部の人件費をここに入れる、保健衛生総務費に入れるというのはどういう理由によるのでしょうか。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 古角課長。



◎財政課長(古角宏貴君) この保健衛生費の中には、環境衛生費であるとか、環境保全対策費とか、そういう生活環境部の所管の事業も入っておりますので、そういうのを含めました人件費については一括保健総務費のほうで置くということになっておりますので、部署をまたがりますけども、そういう場合についてはその項の関係する職員の給与については、保健衛生総務費のほうで一括して置いているということになります。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 井上さん。



◆予算特別委員(井上芳弘君) 長くやってきて、いまさらとおっしゃるかもしれませんが、それは分けることはできないんですか。そもそももうそういう予算項目というんですか、それに合わせた例えば部署の配置を変えていけば、どんどんそういうふうに工夫すればするほど、この予算書とは違ってくるということになるんですか。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 古角課長。



◎財政課長(古角宏貴君) 人件費につきましては、それぞれの事業ごとに置くというのは、事業費支弁という置き方はありますけども、それ以外については一括して総務費関係のところへまとめて置くというのが、地方自治法の施行規則で決まっておりますので、それに基づいての予算を立ててるということになります。



○予算特別委員長(森元清蔵君) ほかにございませんか。(なし)

 それでは質疑がないようですので、これで質疑終わります。片岡さん。



◎地域福祉課長(片岡建雄君) すみません、健康管理支援事業につきましては、現在保護者のうち10名程度を対象として在宅支援を進めてまいりたいというふうに考えております。



○予算特別委員長(森元清蔵君) それでは質疑終わります。本議案については本委員会の最終日に総括質疑を行った後、採決を行いますので、本日の審議はこの部分についてはこれで終わりたいと思います。



△議案第23号平成25年度加西市国民健康保険特別会計予算について



○予算特別委員長(森元清蔵君) 次は、日程第3、議案第23号平成25年度加西市国民健康保険特別会計予算についてを議題といたします。早速ですが質疑を受けていきたいと思います。井上さん。



◆予算特別委員(井上芳弘君) まず、一般会計からの繰入金ですね、2億9,400万のこの内容というんですか。法定外、法定内、どういう内容になっているのかお尋ねをしたいと思います。予算書の216ページ繰入金のほうで、法定外繰り入れ、法廷内繰り入れ、どういうふうになっているのかお尋ねします。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 内藤課長。



◎市民課長(内藤利樹君) それではお答えします。一般会計繰出金は総額で2億9,401万7,000円でございますけども、このうち法定内といわれているもの、まず一つは基盤安定負担金分、これは保険税の軽減分と保険者支援分に当たりますけども、保険税軽減分については1億2,236万8,000円、それから保険者支援分につきましては2,643万1,000円でございます。

 それから、二つ目に財政安定化支援事業分がございます。これが2,976万8,000円でございます。それから、三つ目に出産育児一時金分、これが1,640万円でございます。それと、4点目に職員給与費等の繰入金分でございます。これが8,703万2,000円でございます。

 それと、最後に法定外と呼ばれる繰入分でございますけども、一つは国保税の減免額分、これが128万5,000円、それと二つ目に福祉医療の波及分といわれるものが1,073万3,000円、以上でございます。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 井上さん。



◆予算特別委員(井上芳弘君) 要するに一般会計繰入金が法定外の繰り入れで、それ以外はもう法定内繰り入れだという理解でいいんですね。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 内藤課長。



◎市民課長(内藤利樹君) 基盤につきましては、国の負担金とうことで入ってくる分、それから県の入ってくる分、それから保険者の支援分につきましては、国が2分の1、それから県が4分の1という分でございます。それ以外の分については、一般会計から入っているということでございます。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 前田部長。



◎健康福祉部長兼福祉事務所長(前田政則君) ご指摘のとおりで、ここに掲げております5節の一般会計繰入金、これがもう法定外の繰り入れになっております。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 井上さん。



◆予算特別委員(井上芳弘君) いま説明していただいたのでいいと思うんです。法定内の繰り入れの中でも、県とか国から来ているものと、市が負担している分があると思うんですね。ですから保険基盤制度以下の中で市が負担分として負担しているものは、それぞれ幾らになるかわかりますでしょうか。いまおっしゃってた話で、すみません、申しわけありません。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 内藤課長。



◎市民課長(内藤利樹君) 先ほど言ってましたけども、基盤安定繰入金の中で、保険税の軽減分といいますのは、保険税の軽減分対象となったものの、それに対して県が4分の3と、市が4分の1を持つというものでございます。また、保険者支援分については、保険税軽減分の対象となった一般被保険者数に応じた保険税の一定割合を補填されるものでございまして、これが国が2分の1と、それから県が4分の1、市が4分の1というような財源構成になっております。

 また、財政安定化支援事業分、2点めに上げましたけども、これは保険者の責めに帰することのできない特別な事情、低所得者か多いという事情でございますけども、こういう国保の財政の負担増に対しての一般会計からの繰り入れでございますが、これはもう国の交付税措置がされておりますので、そういった意味では国から出ているというようなものでございます。

 以上が財源の内訳でございます。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 井上さん。



◆予算特別委員(井上芳弘君) そしたら、職員給与等の繰入金というのは、法定で決められた市独自の繰入額なんですか。出席育児一時金もそうなんでしょうか。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 内藤課長。



◎市民課長(内藤利樹君) 職員給与費につきましては、一般財源から出ているものでございます。これも法定で認められております。それと出席育児につきましては、これも一般会計から3分の2の補填ということで出ております。ほかの部分については、保険税から出ております。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 井上さん。



◆予算特別委員(井上芳弘君) そしたら、一般会計繰入金1,200万円というのは、市からの法定外の繰り入れだと言われましたが、二つの名目で入っていると。それから以降の保険基盤安定繰入金については約三百何十万かが市から、支援分についてはこれもこの2,604万の4分の1が市から、それから職員給与費等の繰入金はこれも一般財源からとおっしゃいましたよね。それから出産育児一時金の繰入金については、3分の2が市から、それから財政安定化支援事業繰入金というのは、事実上交付税措置で国から出ているということでした。

 市から、一般会計から出ている中でも、法定で決められた繰り入れですから、この法定外の繰り入れっていうことが一般会計から実質独自にされるものだというふうに思うんですが、さきに補正で収支が不足しているということで、一般会計から繰り入れということがありましたけれども、そういう意味で言えばこれはこの一般会計繰入金の項で名目としてはどうなるんですが。収支安定のためというような繰り入れになるんですか。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 内藤課長。



◎市民課長(内藤利樹君) そのように考えております。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 井上さん。



◆予算特別委員(井上芳弘君) 一般的に、法定外繰り入れの項目をというのはどういうものがありますか。いま加西市ではこの二つと、それからその収支が足らない場合ということでということですけども、多分近隣の自治体で法定外の繰り入れを大分してるところもあるんですが、どういう名目で入れているのが多いですか。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 内藤課長。



◎市民課長(内藤利樹君) 法定外繰入金でございますけども、先ほど申したとおり、乳幼児医療などの福祉施策によるもので、医療費の波及増相当額について、国保会計に出すものとか、保険税負担を軽減するために政策的に国保会計に繰り出すもの。それから、他市では保険税未納分のある一定割合を一般会計から補填するというようなものもあるように聞いております。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 井上さん。



◆予算特別委員(井上芳弘君) これ西脇市の中身なんかを見ますと、法定外繰り入れということで、いまおっしゃったものも入ってますけども10項目以上の項目で繰り入れをしていると。これ最近だと思うんですけども、やはり収支が不安定になってから以降だと思うんですけれども、ですから一般会計から法定外で繰り入れるというのは、国保財政の状況などから当然できることだと。例外的なことではないということだけちょっと確認したいんです。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 市長。



◎市長(西村和平君) 補正の議論の中でも課長のほうから答弁しましたように、基本的にこの国民健康保険事業というのは特別会計でありまして、その特別会計というのは、最終の国民皆保険の受け皿ということで、医療給付事業を行うという事業でありますが、一定の制度、国、県、市というものがかかわった補助という枠組みの中で、基本的には保険税を徴収して、その年に必要な医療給付費を賄うという事業でありますので、基本的にはその保険という、税の徴収という中で行われる事業であるというのが基本であると思っています。

 その枠組みの中に、法定の一般会計から繰り入れなさいよという枠組みがあるんですが、その法定内というきちっとした言い方を使うかどうかは難しいところなんですが、一応根拠のある−−根拠のあるというのは、厚労省の方針、それと予算の裏づけという意味の根拠のある法定内というのが先ほど言いました一般会計繰り入れ以外の部分であると。だから、そこは交付税措置も含めて、国としては財政の裏づけをしっかりつくってますよということである。それ以外のいま行っておる一般会計繰入金につきましては、国保という一つの事業運営の中で賄うべきでない、それは市の政策として国保にマイナスの財政の影響を与えておるということについては、市全体として一般会計として措置すべきではないかという、それは国も県もそういう考え方を持っていると。ただ、予算の裏づけはないので市がやるかどうかは市が決めるということであります。

 だから、いま福祉医療波及分なり税の軽減は、これは市の方針としてやってることでありますので、一般会計から入れますよということでありますが、それ以外でということになると、やはりいまのところそんなに考えれるものはないのではないかなという思いでありまして、基本的には今回当初予算には一般会計からの赤字補填ということは、全く税の軽減に充てるということは入れておりませんので、そういう枠組みの中で今年度も運営していきたいなというふうに思っております。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 井上さん。



◆予算特別委員(井上芳弘君) ただ、23年度に基金1億円取り崩したと思います。24年のでは補正も含めて残りの二億数千万円全部取り崩す結果にて、これ最終残るかもしれませんし、繰り越して25年度に入ってくるかもしれませんけれども、そういう状況の中で一般会計から収支が大変だからということで三千何百万を入れるというのは、やっぱり国保会計そのものが相当大変な状況だからこそ、いわば本来想定してない分を入れたというふうに思うんです。

 それで、この新年度の予算はどうかというと、その既に12月時点で2号の補正で基金の取り崩しの積み直しをしているような状況にもかかわらず、結局前提になっている24年度の当初予算というのは、いわば見込みが甘かって基金全部取り崩し、さらにそれは国の交付金の減額等もありますけれども、そういった見通しを含めて、狂ってきているということだと思うんです。それを前提に、またこの予算を組んだら、今回はもういわゆる一般会計繰り入れもこれそんなにふやしてありませんし、基金の取り崩しはもうできませんしということになっています。それで、国からの調整交付金も前年並みの予算並みに1億ぐらい減額されたのに、またそれを繰り返し予定しているというようなことになったら、これは今回のこの国保の会計というのは、早い時期にもお金がなくなってしまうという内容になっているんじゃないかと思うんですけど、その辺はどうですかね。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 内藤課長。



◎市民課長(内藤利樹君) 25年度の予算につきましては、まず支出を決定しまして、それに対しての歳入ということで編成しておりますけども、ただ、支出につきましては、平成24年度予算が23年度の実績に基づいて、保険給付費など計上されておりまして、かなり低い数字だったと思います。この25年度につきましては、22年、23年、そして24年見込みでございますけども、この3年間の平均という値を用いまして計算しておりますので、まず24年度のような急激な伸びを示しますと苦しくなってはくるんですけども、一応3年平均ということで、激変を緩和するという意味での歳出予算となっております。

 入につきましても、例えば調整交付金などは、平成22年から23年度の増加率みたいなものを計算しまして、ほぼそれに合った形での計上としておりますので、極端に医療費が上がればまた補正対応ということも考えられるわけですが、現段階では収支を合わせているような状況でございます。



○予算特別委員長(森元清蔵君) よろしいか。ほかに。高橋さん。



◆予算特別委員(高橋佐代子君) 2点聞かしていただきます。出産育児一時金が420万、これ増額されているんですが、いい傾向だと思うんですが、その辺ちょっと大きいかなと思うんですけど、それが1点と、それともう1点ですね、予算書の231ページ、優良世帯助成金31万5,000円が上がってるんですけど、これ何世帯ほどが対象なのか2点聞かせください。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 出産一時金について。予算書の225ページの出産一時金の件なんですが、内藤課長。



◎市民課長(内藤利樹君) 出産育児一時金につきましては、42万円の60件を見込んでおります。これにつきましては、24年度当初50件上がっておりましたけども、3月補正で57件ということで、大体の60ぐらいの平均でございます。これも過去10年間ぐらい見ておりまして、多いときで76件ぐらい、少ないときで、44件でしたか、だからその間をとったような形になっております。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 231ページの優良世帯助成金31万5,000円。231ページ。



◎市民課長(内藤利樹君) すみません、優良世帯の助成でございますけども、1年間の方につきまして5,000円の130所帯の30%、それから3年間につきましては1万円の助成で40世帯の30%ということで、合わせて31万5,000円となっています。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 高橋さん。



◆予算特別委員(高橋佐代子君) 保険税ですので、その辺この優良世帯の件ですけど、5,000円と1万円それは予算もあることですので、この間も薬屋さんで薬を買いに行きましたら、よく知ってる人が歯痛の薬、歯が痛いいうて薬を買われているんです。それやったら、なんでお医者さんへ行ってないんですかっていうたら、もう待つのが面倒くさいさかいにいつも市販の薬で、保険証なんか使うたことがないねんいうて、そないいうて言われまして、ありがたいのか、その辺面倒くさいというのが理由ならそれでいままで健康やから、それでいいのかなと思ったんですけど、何か私たちから見たら、もう医者にずっと走る中で、その辺もうちょっと手厚くてもいいんじゃないかなと思いました。それはそれでちゃんと決まってることですので結構です。ありがとうございました。



○予算特別委員長(森元清蔵君) ほかございませんか。(なし)

 それでは質疑もないようですので、これで質疑を終わります。

 続いて討論に入りたいと思いますがご意見のある方ございませんか。井上さん。



◆予算特別委員(井上芳弘君) 私はこの予算すごく心配です。実際、一般会計からの繰り入れも前年度予算よりも5,000万減っています。国庫支出金等がふえるという試算になっていますけれども、基金の繰り入れもできない中で大丈夫かなという気がしてますけれども、24年度の最終繰り入れができるような状況に改善できればいいんですけれども、すごく心配な内容だなというふうに私は思っています。間違っていればいいと思います。

 ただ、そういうことが、次年度以降にほかの国保税の引き上げ等につながることについてはすごく心配ですし、必要であれば一般会計から法定外の繰り入れもして、そういった負担はできるだけ控えるというような姿勢も極めて大事だと思いますので、そういった方向も十分考慮しながら運営をしっかりとやっていただきたいというふうに思います。そういう意見を申し述べて、賛成とします。



○予算特別委員長(森元清蔵君) ほかに意見ございませんか。(なし)

 ないようですのでこれで討論を終わります。

 これより採決を行います。お諮りをいたします。議案第23号平成25年度加西市国民健康保険特別会計予算について、可決することに賛成の方の挙手を求めます。

     (賛成者 挙手)



○予算特別委員長(森元清蔵君) はい、7名。賛成7名であります。よって、全会一致で議案第23号は可決することに決定いたしました。



△議案第24号平成25年度加西市介護保険特別会計予算について



○予算特別委員長(森元清蔵君) 次は、日程第4、議案第24号平成25年度加西市介護保険特別委員会予算についてを議題といたします。質疑のある方ございませんか。井上さん。



◆予算特別委員(井上芳弘君) ちょっと関連してお尋ねしたいんですけれども、24年度の先ほどの補正で介護保険の−−関連して申しわけないんですけれどもお尋ねするんですが、基金の繰り入れをふやして一般会計の繰り入れを減ずるという最終歳入で手だてがとられていますが、これはどういう考え方によるものか、ちょっとまず教えていただきたいんですけど。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 山本課長。



◎長寿介護課長兼地域包括支援センター所長(山本和孝君) 失礼いたします。まず、一般会計からの繰り入れにつきましては;;、事業費を含む事業費、一般事務費、それから各介護保険事業費ですね。事業費、給付費に係る市の負担割合分、それから包括事業2事業に係る市の負担分、それらを計算して出した数字でございます。全体の事業費が減額しておりますので、それに伴って一般会計からの繰り入れについても減額というような形になっております。

 それに対しまして、基金からの繰り入れにつきましては、国庫負担金、それから調整交付金を含めてなんですけども、県費等の交付金のほうが、補助金も含めてなんですけど額が確定しております。全体事業費に対するそれぞれの割合があるんですけども、最終事業費につきましては、事業額が決定した段階で翌年度について精算というような形になります。現在のところ、こちらの事業費見込みに対して、それぞれの負担金、交付金の方の決定額が若干若干低めにいま設定されているという関係があります。そこの部分を準備基金から補填しているというような部分もございまして、それについては増額というような形になった次第でございます。

 以上でございます。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 井上さん。



◆予算特別委員(井上芳弘君) 内容は、これ24年度が3年の枠組みで言えば初年度だったと思うんですね。その基金については初年度は少なめに、徐々にという形だと思うんですが、その意味では初年度に4,000万ぐらいを取り崩さなければならないというような中で、この25年度は1,700万というふうに戻してあるんですけど、これはそれで大丈夫なんですか。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 山本課長。



◎長寿介護課長兼地域包括支援センター所長(山本和孝君) 先ほども申しましたように、国等からの交付金の精算によって、その辺がまた基金への繰り戻しといいますか、積み立てのほうが発生するというふうに見込んでおりますので、基金の運営上は大丈夫だというふうに思っております。

 以上でございます。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 井上さん。



◆予算特別委員(井上芳弘君) この24年度の補正の時点で、基金はどのぐらいあるんですか。



◎長寿介護課長兼地域包括支援センター所長(山本和孝君) 失礼いたしました。23年度の年度末の確定した段階ということでございますが、1億8,576万2,148円基金がございます。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 井上さん。



◆予算特別委員(井上芳弘君) 24年度の3月補正の段階では、その1億8,000万から4,000万を取り崩し、また別途2,700万ほどを積み立てるという、その差でマイナスになるということでよろしいでんしょうか。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 山本課長。



◎長寿介護課長兼地域包括支援センター所長(山本和孝君) さようでございます。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 井上さん。



◆予算特別委員(井上芳弘君) それじゃ、この24年度の介護保険料を設定されたんですけれども、この補正の状況を見れば、ほぼ順調な予算の執行状況だと思うんですが、そういう意味では無理なくきているというふうに理解してよろしいでしょうか。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 山本課長。



◎長寿介護課長兼地域包括支援センター所長(山本和孝君) 私どももそのように考えております。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 井上さん。



◆予算特別委員(井上芳弘君) 逆に、介護保険料を引き上げ過ぎたというようなことはありませんか。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 山本課長。



◎長寿介護課長兼地域包括支援センター所長(山本和孝君) いまのところそのような状況には至ってないと判断しおります。



○予算特別委員長(森元清蔵君) ほかにございませんか。中右さん。



◆予算特別委員(中右憲利君) 予算書の252ページの保険給付費の中の介護サービス等諸費なんですけれども、当初予算で約1億で、24年度の補正がマイナス3,000万ほどありますので、実績には、1億3,000万ほどの増額になっているんですが、これもどういう計算でこのようになっているんでしょうか。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 山本課長。



◎長寿介護課長兼地域包括支援センター所長(山本和孝君) 介護サービスの給付費につきましては、各月の実績状況等を勘案し、さらにサービスの整備状況等もあわせて勘案して、予算を見積もっております。今回の補正との関連でございますが、補正におきましては特に地域密着型サービスについて大きな減額をさしていただきました。といいますのも、地域密着型小規模多機能施設でございますが、1施設、市内の施設がサテライトの施設を整備して事業運営に当たりたいという計画がございました。その関係上、そこの部分について当初予定をしておりましたが、事業者様のほうの事業計画等が若干おくれもあって、本年度実質サービスのスタートができない状況が発生しております。そういった関係で減額しておりますが、いよいよ新年度からは、そういった事業もスタートしていただけるという状況がまいっております。そういったことも勘案して、事業費の見積をしているところでございます。

 以上でございます。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 中右さん。



◆予算特別委員(中右憲利君) その関連してなんですけれども、国の方針としては施設介護から居宅介護へと重点を移していきたいというふうなことを聞いているんですが、加西市の場合そういうことに関して何か取り組まれていることはあるんでしょうか。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 山本課長。



◎長寿介護課長兼地域包括支援センター所長(山本和孝君) 加西市につきましては、従来から在宅サービスの支援ということで、きめ細かなサービスの提供ができるような介護保険事業、それから予防事業、そして市の任意事業等で、きめ細かくその辺のサービスを構築してきたところです。今後引き続き、そういったところにはより一層サービスの充実を図ってまいりたいというふうに思っております。先ほどの井上議員さんのお話の中にもありました。ああいった生活支援事業ですね、そういった部分についても今後きちっと構築していきたいというふうに思っております。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 中右さん。



◆予算特別委員(中右憲利君) それからその下の介護予防サービス事業ですけれども、これは具体的にどういうことをされるんでしょうか。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 山本課長。



◎長寿介護課長兼地域包括支援センター所長(山本和孝君) 介護予防サービスにつきましては、要支援1、2ですね、こちらの認定を受けられた方が受けられるサービスというふうにご理解いただければどうかと思います。要介護の1から5の方については、介護サービスというふうに、そこで仕分けがあるというふうに考えていただければ結構かというふうに思います。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 中右さん。



◆予算特別委員(中右憲利君) 要介護にならない予防というか、そういうところの取り組みというのはどういうふうになっているんですか。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 山本課長。



◎長寿介護課長兼地域包括支援センター所長(山本和孝君) そちらのほうにつきましては、次の257ページの介護予防事業、こちらのほうがそれに関連する予算でございます。日常生活指導を初め、二次予防者、通所介護事業、いわゆる公民館等でやっております介護予防事業ですね。転倒予防教室であるとか、おたっしゃクラブであるとか、あるいは各地域でやっていただいております介護予防教室であるとか、そういった事業ですね。あるいは、その下にあります高齢者あったか推進の集いというような各町で、地域で実施していただいております交流事業、そういったものを生活機能評価、こちらにつきましてはまちぐるみ健診のときに、あわせて機能チェック等を実施して、それに基づいて相談あるいは保健師の訪問等を実施して、生活相談指導等に当たっているという、そういった事業でございます。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 中右さん。



◆予算特別委員(中右憲利君) 加西市の場合は、ほかの自治体に比べて高齢者のうち介護の必要な人の割合はどうなんでしょうか、多いでしょうか、少ないんでしょうか。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 山本課長。



◎長寿介護課長兼地域包括支援センター所長(山本和孝君) 高齢化率から言いますと、いまおよそ兵庫県下で21番目ぐらいだったと思います。ちょうど中間ぐらい、平均的なところかなと思うんですけども、この近隣から比べれば高齢化率は確かに高い状況があるというふうに思っております。また、それに係る認定率といいますか、あるいはその要介護度別の状況等についても、おおむね各市の状況と同じような状況は推移しているというふうに考えております。



○予算特別委員長(森元清蔵君) ほかに。高橋さん。



◆予算特別委員(高橋佐代子君) 予算書の246ページなんですけど、の保険料というところで、第1号被保険者保険料、これ対象が何人ほどかということを聞きたいのと、ここ二、三年結構ふえていくと思うんですが、その辺の人数を把握されていたら聞かしてください。まず1点目。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 山本課長。



◎長寿介護課長兼地域包括支援センター所長(山本和孝君) 今年度におきましては、1号被保険者の介護保険料が1万2,983人というふうに見込んで計算をしております。対前年度から見れば289人の増というふうに見込んでおります。それでよろしいでしょうか。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 高橋さん。



◆予算特別委員(高橋佐代子君) ここ二、三年もし把握されてたら、わからなかったら結構ですよ。もうことしの予算ですので。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 山本課長。



◎長寿介護課長兼地域包括支援センター所長(山本和孝君) 申しわけございません。ちょっと調べさしていただきます。後ほど説明させていただきます。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 高橋さん。



◆予算特別委員(高橋佐代子君) それともう1点だけ聞かしていただきたいんですけど、予算相259ページ権利擁護事業245万3,000円上がってるんですけど、ちょっとだけ内容的なことを簡単で結構ですのでお聞かせください。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 山本課長。



◎長寿介護課長兼地域包括支援センター所長(山本和孝君) この権利擁護事業につきましては、成年後見制度ですね、成年後見人の制度がございますが、例えば身寄りのいらっしゃらない方等で成年後見の必要な方につきましては、市長申し立てに市長が裁判所に申し立てて成年後見人を設定していただくという、市長申し立ての制度がございます。現在でも、加西市のほうで24年度お二方、その市長申し立てによって成年後見人をついていただいて、財産管理、身上監護等を行っていただいているという方がいらっしゃいますが、その際に成年後見人に対するいわゆる報酬といいますか、謝礼というものが発生します。その場合、通常は成年後見人から裁判所のほうへ費用等を申し立て、裁判所の認定に基づいて費用が確定し、それが被後見人の資産から支払われるというような形になるんですけども、被後見人にそういった資産等がない場合、市長申し立てによるところがありますので、市長のほうがそれを負担する、被後見人にその分を助成するというような形になるわけなんですけども、そういった費用を見込んでおります。こういった制度につきましても、ちょっと増加傾向というか、ありますので、それに対応できるように予算措置も考えております。

 以上でございます。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 高橋さん。



◆予算特別委員(高橋佐代子君) この制度ですけど、そういう場合は地域の民生委員さんを通じてするのか、その辺介護が必要な方でしたらヘルパーさんを通じてするのか、その辺だけちょっとお聞かせいただきたいのと、加西市も2人あった、これからふえるって言われてました。いま一人暮らしの方がふえてますし、結構ふえていくと思うんですが、その辺いろいろマスコミの報道なんか見てましたら、トラブル的なこともちょこちょこ報道されているんですけど、そういうふうなことに関しては市として、もう市を通じてるから絶対大丈夫なのか、その辺のところだけを聞かせいただいて終わりたいと思います。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 山本課長。



◎長寿介護課長兼地域包括支援センター所長(山本和孝君) まずその最初の入口のところの申し入れでございます。それにつきましては、いわゆるケアマネさんであっても、民生委員さんであっても、また地域包括支援センターであっても、幅広く受け付けて市のほうへ申し出ていただくようにはしております。そして市のほうで、もちろんその方自身の状況、また医療機関での判断能力の判定、そして近親者といいますか、ご親族等の調査、そういったものをきちんとした上で、本当に市が申し出る必要があるかどうかっていうところを最終判定委員会で審議しまして、その上で申し立てをするようなシステムにしております。

 その後見制度に伴うトラブル等につきましては、一部そういった報道をされております。特に、語弊があってはいけませんが、任意申し立ての場合に比較的そういった例があるというふうなことも聞いております。市の場合ですと、そこには申し立てに関しては社会福祉士さんであるとか、司法書士さん、行政書士さん、あるいは弁護士さん、そういったところと裁判所のほうと協議しながら、設定していくような形になりますので、ないとは限りませんが、できるだけそういったトラブルのないように、また適切な支援が行われるように、その辺も含めて慎重に扱っていきたいというふうに考えております。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 高橋さん。



◆予算特別委員(高橋佐代子君) 最後、いま課長、判定委員さんと言われてたんですけど、そのメンバーですよね。どんな方が判定委員になっておられるのかお聞きして、本当に最後にしたいと思います。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 山本課長。



◎長寿介護課長兼地域包括支援センター所長(山本和孝君) 判定委員につきましては、市の職員で対応しております。基本的には市民福祉部の担当の部長を初め、課長級で構成して、それぞれの立場から審議するようにしております。

 以上でございます。



○予算特別委員長(森元清蔵君) ほかにございませんか。井上さん。



◆予算特別委員(井上芳弘君) 253ページで、事業計画の策定委託料が出ているんですけど、これは第6期策定ということなんでしょうか。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 山本課長。



◎長寿介護課長兼地域包括支援センター所長(山本和孝君) さようでございます。第6期計画に向けてのいよいよ本格的にスタートということで考えております。なお、前回第5期のところで、全数調査といいますか、しっかりした調査を実施するようにというご意見を議会のほうからもちょうだいしまして、この25年度、26年度と実際の計画を策定するに当たりましては、そういった点も踏まえて予算措置をしており、早々に取りかかっていきたいというふうに考えております。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 井上さん。



◆予算特別委員(井上芳弘君) 5期計画の際に、地域密着型なのか広域型なのかという議論もありました。それで、待機者の状況から見て地域密着型でと、状況の推移を見ながらまた第6期でということだったんですけれども、現時点で地域密着型がいよいよ動き出すと思うんですけれども、いまの状況は施設サービスの利用のいまの状況、要望等を踏まえての今回の地域密着型で十分な状況にあるんでしょうか。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 山本課長。



◎長寿介護課長兼地域包括支援センター所長(山本和孝君) 十分かどうかというところは、それをどう考えていくかというところでございますが、そんなに待機者がどんどん急激にふえているという状況ではございません。確かに減ってはいないんですけども、同程度規模で推移しているという状況でございます。それと在宅サービスの整備もあわせて、この5期計画の中でまた定期巡回随時対応型の訪問看護介護等を整備する計画でもございますので、そちらのほうへもまた着手してまいりたいというふうに考えております。



○予算特別委員長(森元清蔵君) ほかにございませんか。(なし)

 もうないようですので、これで質疑を終わります。

 続いて討論に移ります。ご意見のある方ございませんか。井上さん。



◆予算特別委員(井上芳弘君) 24年度時点で、いわゆる第5期計画の問題と合わせて、広域型の方がいまの加西市にとっては必要だという立場で反対をしました。また、介護保険料の引き上げについても、県、あるいは市の基金の活用をもっと図るべきだという指摘をして反対をした経緯があります。

 今回は、十分に調査もして、第6期に備えていまから計画の準備をしていくということですので、もし施設が十分でないならば、さらに第6期で計画をすることも含めて、また現在の確認でも1億6,000万程度の基金があるということですから、25年度、26年度を踏まえても、次の第6期の際に、基金を生かしていけるような状況で、極端な介護保険料の引き上げをしないということを、ぜひ要望して、私は今回は賛成をします。



○予算特別委員長(森元清蔵君) ほかにご意見ございませんか。(なし)

 特にないようですので、これで討論を終わります。

 これより採決を行います。お諮りをいたします。議案第24号平成25年度介護保険特別会計予算について、可決することに賛成の方の挙手を求めます。

     (賛成者 挙手)



○予算特別委員長(森元清蔵君) 7名、賛成7名ということで、全会一致ということで議案第24号は可決することに決定いたしました。山本課長。



◎長寿介護課長兼地域包括支援センター所長(山本和孝君) 失礼いたします。先ほどご答弁できなかった1号被保険者の推移についてでございます。よろしいでしょうか。23年度におきましては、最終1万2,365名でございました。22年度におきましては1万2,157名ございました。21年度につきましては1万2,189名というふうになっております。

 以上でございますが、よろしいでしょうか。



○予算特別委員長(森元清蔵君) はい、ありがとうございました。



△議案第25号平成25年度加西市後期高齢者医療特別会計予算について



○予算特別委員長(森元清蔵君) それでは続きまして、次の日程第5、議案第25号平成25年度加西市後期高齢者医療特別会計予算についてを議題といたします。ご質疑ございませんか。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 井上さん。



◆予算特別委員(井上芳弘君) この後期高齢者医療を制度については、制度がつくられた直後から、見直しまたは廃止というようなことも、民主党政権のもとで議論されてきた経緯がありますけれども、現在のこの制度そのもの、市長も県の議会に参加していただいているんですけれども、市長の率直なこの制度の評価、あるいは問題、ご意見をちょっとお聞きしたいんですけど。



○予算特別委員長(森元清蔵君) 市長。



◎市長(西村和平君) 私、広域連合議会の議員として出席者していただいております。ことしは、保険料改定の年ではございませんでしたので、いろんな議論はございましたが、特に皆さんにご報告する状況ではございませんでしたので報告もしておりませんが、また議事録等が来したら皆さんのほうにお示ししたいなというふうに思っております。

 いま後期高齢者医療制度の評価といいますか、今後のことも含めてだと思うんですが、私の見解ということですので、それ以前から私、医療保険に関わっておりましたので、日本のこの皆保険制度、国保とも結局一体の考え方になるんですが、医療保険制度を守っていくためには一定の改革が必要であるという議論が、長い間続けられてきました。この一つの結論が後期高齢者医療制度であったというふうに思います。

 しかしながら、国民という次元では十分議論してきた一部の人々、私もその医療保険に携わる立場としては、その議論に加わってきたつもりでありますが、そういう制度をどうしていくかということを真剣に−−真剣に言うたらあきませんね、みな真剣なんですが、問題認識を持って議論してきた人々にとりましては、もう大きな結論であったというふうに私は思っておるんです。だから、当時考えれた一つの医療保険制度を、日本の医療保険制度を守っていくための一つの手だてであったと思っています。ただ、国民の皆さんについてはその議論も十分ご理解いただかない中で、後期高齢者という名称、それをまたお婆捨て山とかいう、そういう言葉にまた変えて、ちょっとセンセーショナルな議論になって、それがまた選挙の争点になったとかいうようなことがありまして、その医療保険制度をどうするかという本体の議論が、国民の中で十分認識されなかったというふうに、私は一つは非常に重要なこととして思っております。

 しかしながら、その後期高齢者医療制度は国民皆保険を守る、すなわち国保を守るという意味では、後期高齢者医療制度は大変いい制度だったと私は思ってるんです。それは、まずやはり医療保険制度は保険でありますので、やはり保険料があるというのがいいと思うんです。ここは井上委員と少し私は見解が大きく異なっておるんですが、老健制度はやはり保険料を取らない福祉制度の延長だったので、やはり問題があったと私は思っております。だから、必ず給付に対しては保険料という跳ね返りがあるということをそれぞれ認識しながら、その制度を守っていくという理論が非常に私は大切だと思っておりまして、そういう議論ができる土壌が1割でありますが、保険料を同じ土俵の中で、同じ制度の枠組みの中で、保険料をいただくと、それまでも保険料はそれぞれの保険の中でいただいておったんですが、同じ枠組みの中でいただくということで、大変意義があったと思っております。

 しかしながら、それであってもまだまだ共通の基盤になってない。といいますのは、結局国保もそういう医療保険制度改革の議論の中で主張してきましたのは、一本化、一元化というよりも一本化、医療保険制度の一本化をすべきであると。それは、もう既に被用者保険、非常にいま恵まれ−−恵まれてもいませんが、制度的に充実しているのは被用者保険の中の大企業の健保組合でありますが、大企業の健保組合にしても、例えば前期高齢者の交付金を前期高齢者の加入割合に応じて拠出するということでも、非常に制度が困窮してきております、現実にね。

 だけど、そのことが共通の医療保険制度でないために、国民共通の認識になってないという意味で、やはり一本化すべきであるというのがいま大変重要なことでありまして、それは22年の年末の民主党の方針として、基本的には一本化ということの方向は確認されたと思っているんですが、現実にはそこからは一つも進んでおらない。それは、県で基本的に国保というものを一つにしようと、後期高齢も含めて一つにしようという方向が出されたんですが、県が受けないと。保険者として受けないという状況が打開できないために進んでおりません。国保というか、国保も後期高齢のその徴収部分も受け持っている市の責任者としては、やはり一本化を今後主張していきたいなという思いでおりまして、その一本化をすることによって、医療保険制度を本当に共通の制度の中で考えていく。その中には当然健康な体を本当につくっていくことが、守っていくことであるということを、誰もが当たり前に実行できるというふうに私はなっていくと思ってまして、そういう主張を今後は私としてはしていきたいなというふうに思っております。

 以上です。



○予算特別委員長(森元清蔵君) ほかございませんか。(なし)

 それでは質疑もないようですので、これで質疑終わります。

 続いて討論に移りますがご意見ございますか。井上さん。



◆予算特別委員(井上芳弘君) 私、市長、しっかりとお話をしていただいてありがとうございました。ただ、私自身は国民皆保険制度というものを土台というのは、もう当然保険制度であって初めて成り立つという理解をしていますけれども、とりわけ老人医療については、年齢をどうするかは別にしても、老人福祉としての視点はやはり極めて重要で、いまの憲法、あるいは地方自治法、住民の福祉向上という立場から言えば、老人医療をこういった別立てでしてやっていくことが適切なのかといえば、私はすごく問題があると思っています。

 この制度ができた当初に、いろんな問題点を指摘して反対し、議会でも意見書を上げてきた経緯がありますけれども、その根本的な問題点はいまも私は解消されていないと思いますので、この事務執行についてどうこう意見を申し述べるつもりはありませんけれども、やはりこの制度については納得のいかない部分がありますので、そういう立場から反対をいたします。



○予算特別委員長(森元清蔵君) ほかにご意見ございませんか。(なし)

 ないようですので、これで討論を終わります。

 これより採決を行います。議案第25号平成25年度加西市後期高齢者医療特別会計予算について可決することに賛成の方の挙手を求めます。

     (賛成者 挙手)



○予算特別委員長(森元清蔵君) 6名、賛成6名、はい、ありがとうございます。反対1名ということで、賛成多数ということで、議案第25は可決することに決定いたします。



△散会



○予算特別委員長(森元清蔵君) これで本日予定しておりました。日程は全部終了しました。時間の委員会は3月18日の午前9時より当委員会室で開催いたしますので、よろしくお願いいたします。

 本日の予算特別委員会はこれにて散会いたしたいと思います。ご苦労さまでした。

     16時39分 散会

 委員会条例第27条の規定により、記録の大要を記載し、ここに署名と捺印をする。

     平成25年3月22日

                     予算特別委員長  森元清蔵