議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 加西市

平成24年  6月 議会運営委員会 06月11日−01号




平成24年  6月 議会運営委員会 − 06月11日−01号









平成24年  6月 議会運営委員会



          議会運営委員会記録

1.日時  平成24年6月11日(月)9:23〜 9:45

2.場所  委員会室

3.出席委員

    委員長             森元清蔵

    副委員長            植田通孝

    委員              井上芳弘

    委員              織部 徹

    委員              黒田秀一

    委員              土本昌幸

    委員              別府 直

    委員              三宅利弘

    議長              森田博美

4.欠席委員

    なし

5.執行者

    なし

6.事務局

    事務局長            三船敏博

    書記              後藤光彦

7.審議事項

  1.242回(6月定例議会 2日目)の議事日程について

    第1 報告第1号及び報告第2号並びに議案第40号から議案第42号

       (質疑、委員会付託)

       ・5件を一括上程し質疑を行った後、別紙、付託表のとおり委員会付託

    第2 陳情第2号 「緊急事態基本法」の早期制定を求める意見書提出について

       陳情第3号 学校あり方検討委員会の答申を実行し学校統合計画を進めることについて

       陳情第4号 交流促進事業業務委託契約書について

       陳情第5号 議員協議会の議事録の発行を市民の情報公開請求があれば開示することについて

       陳情第6号 公共施設敷地内を全面禁煙にする条例等を制定することについて

       陳情第7号 幼・保の早期民営化について

       陳情第8号 五万人都市再生の年度ごとの目標値について

       陳情第9号 東小学校区の通学路の信号機の設置について

       陳情第10号 上下水道料金の後10%の値下げについて

       (委員会付託)

    第3 一般質問

  2.発言通告について(通告書=文書箱にて配布済)

     質疑    3名

     一般質問 12名

     合計   15名

  3.本会議の3日目と4日目の開会時間について

    ・1時間の繰り上げをするかどうか。

    ※開会時間を1時間繰り上げ9:00開会とした場合、慣例により当日の議運と議員協議会は開催しない。

  4.意見書の取り扱いについて

    「基地対策関係予算の増額等を求める意見書提出について」全国市議会議長会基地協議会から依頼。

    ・最終日に提案する

  5.議長交際費の基準等に関する要綱の作成について

    「加西市議会議長交際費の支出及び公表に関する要綱(案)」

  6.その他

   (1)議会運営委員会、人口増対策特別委員会の日程について

   (2)人口増対策特別委員会への執行者の出席要求の範囲について



△開会



○議会運営委員長(森元清蔵君) おはようございます。ただいまから議会運営会を行いたいと思います。



△242回(6月定例議会 2日目)の議事日程について



○議会運営委員長(森元清蔵君) 審議事項はお手元の資料に基づいて行いたいと思います。

 まず第1、第242回の定例議会2日目の議事日程についてであります。日程第1、報告第1号及び報告第2号並びに議案第40号から42号まで、質疑、委員会付託ということで5件を一括上程し、質疑を行います。その後、別紙の付託表のとおりに委員会付託ということになります。質問者については3名、質疑者については3名ということになります。それぞれ質疑をしてもらった後、委員会付託ということになります。日程第1、ご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議会運営委員長(森元清蔵君) 異議なしということで、このように行います。

 日程第2、陳情者第2号から事情第10号までの問題につきまして、委員会付託ということの決定をしていくということになります。これについては議長の方から報告をされます。これについて何かございませんか。井上さん。



◆議会運営委員(井上芳弘君) さきの議会運営委員会で私の意見は述べました。結果として、3名の異論があったわけですけれども、この点について議長は議長の判断に当たって3名異論があったことについて十分尊重して判断してほしいということを申し上げましたが、どのようにお考えになってこういう形になったのか、改めてお尋ねしておきたいと思います。



○議会運営委員長(森元清蔵君) 議長。



◆議長(森田博美君) 議運にお諮りをして、議員協議会で検討いただいて、さらに議運の方でまとめていただきました。その結果のとおりの取り扱いをするということにしました。付託する部分については、決定をいただいた部分を付託表に振り分けをさしていただいております。とりわけ付託しなかった分については、議員の方に配付をするということを、本会議の中で陳情項目と配付をしますということの宣言をしておきます。

 ?の森田博美に関する部分については、これはもう不受理まで検討した内容でございますし、議会としては取り上げないということでございますので、このことについてはもう一切触れないという扱いを本会議ではするということの準備をしております。



○議会運営委員長(森元清蔵君) 井上さん。



◆議会運営委員(井上芳弘君) 受理した案件を配付にとどめると、審査をしないということについては、この審議も踏まえて意見も踏まえた理由を明確にして、少なくとも説明をしていただきたい。そして、基本は受理をしたものは審査しないとしたものについて、全案件はやはり説明をすべきじゃないかというふうに思うんですけども。個人名とかそういったものは出す必要はないと思うんですけれど。



○議会運営委員長(森元清蔵君) 議長。



◆議長(森田博美君) 発言の内容は、さきの議会運営委員会での審議の結果、審査せずに配付のみとすることとした分が、以下これこれですということの言い方を考えております。



○議会運営委員長(森元清蔵君) 井上さん。



◆議会運営委員(井上芳弘君) 先ほどの議員の私的な問題にかかわる案件についても、それは一応受領しておりますので、この議運も審議の経過を踏まえてこうなって審査をしませんという報告は必要ではないでしょうか。



○議会運営委員長(森元清蔵君) 議長。



◆議長(森田博美君) その分については皆さんの意見をお聞きをして判断したいと思います。



○議会運営委員長(森元清蔵君) 議運の委員長といたしましては、前回に議運をしましたその報告については、議員協議会の方では議員に説明を、どういう理由で外したかという議会委員会の報告は議員協議会ではしたいと思いますが。井上さん。



◆議会運営委員(井上芳弘君) 意見を聞いてください。



○議会運営委員長(森元清蔵君) 皆さん、今回に受理をして付託をしなかった理由について、本会議等で理由を述べる必要があるんではないかという意見ですが、皆さんのご意見を伺いたいと思います。別府さん。



◆議会運営委員(別府直君) 私も井上議員と同じで、やはりきちっと説明をしてやるべきではないかなというふうに思います。



○議会運営委員長(森元清蔵君) ほかに、三宅さん。



◆議会運営委員(三宅利弘君) ちょっと確認なんですけど、議長から全受理した分で付託する分、あるいは配付だけにとどめる分、それは全部理由をつけていった方がいいという、井上さん、考え方でしょうか。



○議会運営委員長(森元清蔵君) 井上さん。



◆議会運営委員(井上芳弘君) とりわけ、これまで請願と同じ扱いということで受け入れてきた経緯があります。今回のような、確かに陳情の出方というのは、これまでになかった経緯であって、一定の議論が必要であったことはもう大事なことだったというふうに思うんですけれども、少なくとも今回配付にとどめるということについては、明確に理由を述べておく必要があるというふうに思います。



○議会運営委員長(森元清蔵君) 三宅さん。



◆議会運営委員(三宅利弘君) その点で、?の部分でちょっとどうするかという部分で、配付のみにとどめる、いやもうそれは取り上げない状況だという、そういうふうな議長の方から説明だったというふうに思うんですけども、どういう説明の仕方をするかというところだというふうに思うんですね。

 もう私は、全議員さんの意見ですから、もうこれは全く取り上げない状況であるという、そういう報告でいいんではないかなというふうに思いますけども。



○議会運営委員長(森元清蔵君) いま出てるのは、?についてはそうなんですが、それ以外の分で配付のみとした決定がある部分について、それらについてもすべて説明が必要ではないかという意見なんですね、井上さんはね。?も含めて。黒田さん。



◆議会運営委員(黒田秀一君) このたびだけはもうこういう理由づけがいるん違うかと思うんです。線引きが何もしてないからね、いま加西市には。だから、このたびは理由づけが要るん違うかと思います。



○議会運営委員長(森元清蔵君) 織部さん。



◆議会運営委員(織部徹君) 運営委員会でそれぞれ意見を述べて、一つのこういう理由でというのをまとめたわけではないので、明確な理由といいながら、もう出た意見を全部言わへんなんだらしょうがないようになってしまうので、こんなんかなというふうには思います。



○議会運営委員長(森元清蔵君) 井上さん。



◆議会運営委員(井上芳弘君) あくまでも最終の判断は、そういった議論を踏まえて議長が決定をされるものだと思うんです。そういう意味では、議長の権限でそういった意見をまとめられて説明をされればいいのではないかというふうに思うんですけれども。



○議会運営委員長(森元清蔵君) 土本さん。



◆議会運営委員(土本昌幸君) これ議運でこの前議論しましたので、個人のことに関してもここでちょっと議論した記憶が僕はあるんですけど、議論でなくてそういう意思表示がこの会議の場であったかなという記憶をしとるんですけど、もしそうであれば名前とかそんなん出す必要はないんですけど、その辺はこういうことで取り上げませんというのは、ちゃんと言ってもらった方がいいん違うかなと思うんです。

 ただ、これは最終的に幾らここで決めても、それはもう議長の判断になると思うんです。だから、今回これだけたくさんの陳情があったものの中から何件かは取り上げないという形をとりましたので、そういう意味で一つの初めての議会の表明という形なりますので、どこまで説明するかは、もうこれは議長の判断になると思うんですけれども、できたらやっていただいた方がいいのかなというふうに思いますけれども。



○議会運営委員長(森元清蔵君) 議長。



◆議長(森田博美君) ただいま出ましたように、委員長報告というふうな形の報告の仕方をするのであれば、きっちり議事録も確認しながらという扱いになるんですが、本来議案の付託について、陳情の付託についてはもう議長の判断で付託表のとおりでございますという扱いになっております。

 それよりも、通常は詳しく付託をするときには、配付することにとどめる部分についての取り扱いを説明するということだけをいま想定してるんです。?についてはもう一切触れないということなんですが、少し説明せよということであれば、その付託表のときに説明するしかないんですが、結果の報告だけしかできないのかなというふうにいま考えておりますけども。



○議会運営委員長(森元清蔵君) 三宅さん。



◆議会運営委員(三宅利弘君) 本会議で議長がこれこれの部分は付託します、これこれは配付にとどめます。そういう形の中で、普通は進んでしまうというふうに思うんですね。でないと、本会議の場で議長が委員会の結果をこと細かくそういう報告という部分は、これはちょっと無理が出てくるのかなというふうに思いますし、また別の場でどういう理由でこれは付託されたという、そういうことは議会の委員長の方から議運のそういう報告があってもいいんではないかなというふうに思いますけども。



○議会運営委員長(森元清蔵君) 井上さん。



◆議会運営委員(井上芳弘君) 議長と別途議運の委員長から報告されるということですか。



○議会運営委員長(森元清蔵君) 三宅さん。



◆議会運営委員(三宅利弘君) その方が別途やっぱり議運の委員長がその結果を報告される方が、それは適切かなと。議長としては最終的なその判断で、こういうふうにしましたというそういう報告でないと、本会議でこと細かくそういう議長から丁寧な説明は無理かなというふうに思いますけどね。すればそれにこしたことはないかなと思いますけども、でもその運営上やはりそういう言い方で進んでしまう方がいいのかなという。本会議の場はね。



○議会運営委員長(森元清蔵君) 井上さん。



◆議会運営委員(井上芳弘君) 市内からの陳情は、請願と同じ扱いでというふうにしました。それで、配付にとどめるというのは初めての例です。それを前提として、先ほども言いましたように陳情のあり方等が議論を託されたことも十分承知しております。それだけに、配付にした理由については一定議長の判断で結構です。ここで出た意見をまとめられて、こうこうこういった理由で配付にとどめますという形で報告される方がいいと思います。

 6番については、陳情の案件をそのまま述べる必要はないと思います。議員の私的問題にかかわる陳情については、全会一致でそういった委員会を設けることできないということで一致したので、配付にとどめましたというような形でいいんじゃないかと思うんです。やはり私はそういった報告は必要だというふうに思います。



○議会運営委員長(森元清蔵君) 最終は議長の判断ということになるんですが、議長、ここで皆さん意見をということでいま聞いてるんですが、最終は議長にお任せするということでよろしいか。

 いまの意見を踏まえて。ちょっと私から言わしていただきますと、前回の7日にですかね、この取り上げる、取り上げないかの議会運営委員会の場は公開をされてますから、そこに詳しく理由は述べられてますね。もう一つは本人に対してもなぜ取り上げなかったかというその陳情に対しての扱いについては、本人には報告が行くと思うんです。そういう形で、理由はある意味では公開されてると思うんです。いいのは、それは本会議でそういう形でもう一度理由を述べたらいいかもわからないんですが、そういう意味ではオープンにあるいはちょっとなっているんではないかという判断をしますね。議長。



◆議長(森田博美君) 私は、まさにその議会運営委員会にお諮りをしたということ自体がこれまでにない経過でございます。そこの議会運営委員会の審議の結果として、こう扱いましたということの発言でいいのではないかというふうに判断するんですが。委員長と同じ考えなんですが。



○議会運営委員長(森元清蔵君) 議長にお任せするということでよろしいか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議会運営委員長(森元清蔵君) それではそのようにさしていただきます。

 続きまして、日程第3、一般質問についてであります。これについては12名ですが、時間の許す限りしていただくということでよろしいでしょうか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



△発言通告について



○議会運営委員長(森元清蔵君) それから第2、発言通告についてですが、質疑者3名、一般質問12名、合計15名ということになります。これは報告です。



△本会議の3日目と4日目の開会時間について



○議会運営委員長(森元清蔵君) それから第3といたしまして、本会議の3日目と4日目の開催時間について皆さんにお諮りいたします。1時間の繰り上げをするかどうかなんですが、繰り上げた場合には1時間繰り上げて9時から開会をして、恒例により議運と議員協議会はしないということにしておるんですが、今回どういたしましょうか。繰り上げすることにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議会運営委員長(森元清蔵君) それでは3日目、4日目も繰り上げでするということにいたします。



△意見書の取り扱いについて



○議会運営委員長(森元清蔵君) それから、第4、意見書の取り扱いについてということで、基地対策関係の予算の増額等を求める意見書提出についてということで、全国市議会議長会基地協議会から依頼の文章が来ております。別紙を見ていただきたいんですが、これについては皆さんこの間中身を見てもらって、最終日に提案をして意見書提出の方向に持っていきたいということでございます。これについて何か質問ございませんか。(なし)

 ないようでしたら、こういう方向で行います。



△議長交際費の基準等に関する要綱の作成について



○議会運営委員長(森元清蔵君) それから5、議長交際費の基準等に関する要綱の作成についてということで、加西市議会議長交際費の支出及び公表に関する要綱もつくっていこうということで、案を議長の方から示されております。別紙2であります。これについても、本会議での議決事項ではないんですが、要綱という形で全員の審議を経て決定をしていきたいということです。最終日には決定をしたいということですので、それぞれの会派等において中身の精査をお願いしたいと思います。これについて何か質問ございませんか。三宅さん。



◆議会運営委員(三宅利弘君) 最終決定を議運で決定するわけですか。



○議会運営委員長(森元清蔵君) 議運ということになるでしょうね。ほかにございませんか。(なし)

 なければ、このように運びます。



△その他



○議会運営委員長(森元清蔵君) それから、その他ということで、一つは議会運営委員会、人口増対策特別委員会の日程ということで、先ほどの陳情の件でありますが、議会運営委員会とそれから人口増対策特別委員会に付託をされる陳情がございますので、これついては日程を決めなければならないということです。いまのところ、一般質問が12日でほぼ終わるだろうという想定のもとに、6月13日にこの二つの委員会を行いたいという予定でございます。

 まず、6月13日10時から議会運営委員会、それから1時から人口増対策特別委員会を開くということにしたいと思いますが、ご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議会運営委員長(森元清蔵君) それぞれの会議を開いてもらって、陳情の審議をしていただきます。そのように決定いたします。

 2番目といたしまして、人口増対策特別委員会の執行者の出席要求の範囲ということで、皆さんに相談したいということです。最終的には、特別委員長が要請するという形なんですが、議運の中で相談してほしいということですので、執行者の出席範囲を皆さんにご相談したいと思います。

 まずは、案としましては、市長、副市長、それから教育長、教育次長、それから各部の部長、それから特に人口増の問題のですから、ふるさと創造部の方は部長のあとふるさと創造課長、人口増対策課長に参加してもらうと、こういう形で要請をしたらどうかという案なんですが、どうでしょうか。井上さん。



◆議会運営委員(井上芳弘君) これは基本的に委員長権限ではないですか。この議運でやはり決定するものですか。



○議会運営委員長(森元清蔵君) 局長。



◎議会事務局長(三船敏博君) 委員会の出席要求のことなんですが、委員会条例によりますと出席要求は議長を経てしなければならないという手続規定のみでありますので、実際に議長に出席要請をしてほしいという、そのだれを出席させるかということについては委員長職権だと思います。



○議会運営委員長(森元清蔵君) ここの意見を参考にして、特別委員会の委員長に決めてもらうということで、案としてはそこら辺の案で提案してよろしいでしょうかね。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議会運営委員長(森元清蔵君) それではそのようには委員長に報告いたしたいと思います。

 それから、その他といたしまして、追加なんですが6月18日に議員協議会をしたいということが議長から出されております。1時半から議員協議会。

 それから、もう一つは追加議案の予定があるということで、執行者の方から連絡があります。最終日に出すかもしれないということで、中身的には昨年の夏祭の件で、けが人の件で、損害補償の和解が出た件で、議案提出があるかもしれないということです。まだ相手方との最終印鑑等のことで、まだ未定ということですが、追加議案があるかもしれないという報告があります。

 以上です。ほかに何かございませんか。(なし)



△閉会



○議会運営委員長(森元清蔵君) ないようでしたらこれで議会運営委員会を閉じたいと思います。ご苦労さまでした。

     9時45分 閉会

 委員会条例第27条の規定により、記録の大要を記載し、ここに署名と捺印をする。

    平成24年6月21日

                      議会運営委員長  森元清蔵