議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 加西市

平成23年 11月 議会運営委員会 11月24日−01号




平成23年 11月 議会運営委員会 − 11月24日−01号









平成23年 11月 議会運営委員会



          議会運営委員会記録

1.日時  平成23年11月24日(火)10:05〜11:01

2.場所  委員会室

3.出席委員

     委員長             森元清蔵

     副委員長            植田通孝

     委員              井上芳弘

     委員              織部 徹

     委員              黒田秀一

     委員              土本昌幸

     委員              別府 直

     委員              三宅利弘

     議長              森田博美

4.欠席委員

    なし

5.執行者

    総務部長             高橋晴彦

    総務部行政課長          大西守人

6.事務局

    事務局長             三船敏博

    書記               深江克尚

7.審議事項

  1.第240回平成23年(12月)加西市議会定例会について

   (1)定例議会日程について

     ?本年9月議会(最終日)の議運及び議員協議会において決定

      ※ただし、初日のみ11月29日に変更

   (2)提出予定議案について

     ?条例案、事件決議、補正予算案、 = 計10件

      ・総務部長より概略説明(説明終了後、退席)

     ※本会議初日までに人勧等関連議案の追加提案検討中

   (3)議案審議について

     ?〔継続審査案件〕

          決算案件  初日に上程し委員長報告、質疑、討論、採決。

               (審議終了後 特別委員会の廃止)

               ※指摘事項を本会議初日に配布

     ?〔12月議会の提案案件〕

      ・即決案件

          事件決議(あかあゆ園規約改正) 1件

          (追加)人勧関連案件      ※件

      ・上記以外の議案

          初日(上程し提案説明)→2日目(質疑終了後に委員会付託)→委員会審議→最終日(委員長報告・質疑・討論・採決)

   (4)一般質問について

     ?本会議時間の繰上げの可否(第3日)

      ・繰上げをすれば、慣例により議運と議員協議会は開催をしない。

   (5)請願書・陳情書・要望書等の取り扱いについて(閉会中の受付分)

     ?請願

      ・第5期介護保険事業計画について

        加西市桑原田町 菅野松朗外7名

        ※担当より進捗状況の報告希望

      ・年金受給資格期間の10年への短縮を求める請願

        加西市繁昌町 日本年金者組合加西支部 書記長 藤田武男

      ・国民への負担増を新たに強いる「社会保障・税一体改革成案」に反対し、社会保障の充実・改善を求める請願

        加西市繁昌町 日本年金者組合加西支部 書記長 藤田武男

     ?陳情

      ・加西市坂元町で発生した人権問題について、被害者が加西市の担当部局へ相談したところ適切な対応がされませんでした。人権問題に対する加西市の対応、すなわち職務の執行や判断が全国の自治体と同じ基準で行われているかの調査を求めることについて

  2.その他

   (1)議会報告会の開催について

   (2)その他

      ・議案勉強会(議員協議会で協議)

      ・都市計画マスタープラン説明会(2回目)



△開会



○議会運営委員長(森元清蔵君) 皆さんおはようございます。ただいまから議会運営委員会を行いたいと思います。それでは、お手元の審議事項に基づいて行っていきたいと思います。



△第240回平成23年(12月)加西市議会定例会について



○議会運営委員長(森元清蔵君) まず、1点目は第240回平成23年12月の加西市議会定例会について審議をお願いしたいと思います。まず、最初にきょうは総務部長が来られてますので、2番目の提出予定案件から入っていきたいと思います。別紙2のように、条例案件、事件決議、補正予算案と計10件が提出されておりますが、それについて総務部長より概要の説明をお願いしたいと思います。総務部長。



◎総務部長(高橋晴彦君) 第240回平成23年12月市議会定例会に提出予定の議案の概要を説明させていただきます。事前に配付しております議案並びに審議資料をあわせてごらんいただきたいと思います。

 議案総数10件、内訳につきましては条例7件、事件決議1件、予算関係2件ということとなっております。条例関係のうち、議案第81号加西市の組織及びその事務分掌に関する条例の一部を改正する条例の制定につきましては、行財政改革プランの策定に当たりまして、市内部の取り組みとしまして平成24年4月1日から機構改革を行うに当たりまして、条例の一部を改正しようとするものでございます。

 議案82号加西市民会館の設置及び管理に関する条例等の一部を改正する条例の制定につきましては、市民会館、オークタウン、健康福祉会館の施設の使用料金の統一を図る、具体的には午前の使用、午後の使用、連続した使用に関する料金も統一しようとするものでございます。それとともに、体育施設を加えまして、これらの施設を平成19年から指定管理者に移行しまして、その際に利用料金制を採用しておりますが、利用料金に係る規定の遺漏がありますので、このたび所要の改正をさせていただく提案をさせていただいております。

 それから、議案第83号議会の議員、その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例の制定と、議案第84号加西市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例の制定につきましては、障害者制度改革推進本部等における検討を踏まえて、障害保健福祉施策を見直すまでの間において、障害者等の地域生活を支援するための関係法律の整備に関する法律が、去る10月1日から施行されたことになどによりまして、所要の改正を行うものでございます。

 次に、議案第85号加西市農業共済条例の一部を改正する条例の制定につきましては、家畜伝染予防法の改正に伴う農業災害補償法の改正によりまして、関係条項を改正しようとするものでございます。

 次に、議案第86号加西市公民館の設置及び管理に関する条例及び加西市農村環境改善センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定につきましては、議案第82号と同様、施設の使用料金の料金体制の統一を図ろうとするものでございます。

 議案第87号市立加西病院の使用料及び手数料に関する条例の一部を改正する条例の制定につきましては、病床利用率の向上、利用者負担の軽減を図るために、マタニティセンターにおきます世帯用特別室の個室差額の1日の加算額を、6,000円から3,000円に減額しようとするものでございます。

 次に、事件決議ということで議案第88号北播肢体不自由児機能回復訓練施設事務組合わかあゆ園規約の一部変更につきましては、これも障害者制度改革推進本部等における検討を踏まえて、障害保健福祉施策を見直すまでの間において、障害者等の地域生活を支援するための関係法律の整備に関する法律、長ったらしい法律なんですが、この法律の規定によりまして、児童福祉法の一部が改正されたことに伴いまして、規約の変更が生じております。そのため議決をお願いするものでございますが、この規約につきましては一部事務組合規約でございますので、この全構成市町の議会の議決後、兵庫県知事の認可が必要となっております。その手続上、各市町共通の取り扱いとしまして、議会初日の本会議で議決をお願いしたいと思っております。よろしくお願いします。

 それから、予算の関係でございますが、議案第89号平成23年度一般会計補正予算(第4号)につきましては、台風12号の災害復旧事業、県単独緊急ため池整備事業等の実施に係るものなどでございます。

 次に、議案第90号平成23年度加西市介護保険特別会計補正予算(第2号)につきましては、介護給付費の増加等によりまして、関連の歳入歳出予算を補正するものでございます。

 以上が提出を予定している議案の概要でございます。ただ、現在人件費削減と給与の適正化について労使交渉も行っておりまして、本日も実施予定でございますが、決定次第、人事院勧告の実施に伴う給与条例の一部改正、それから給与削減の特例条例の制定について、2議案を追加送付さしていただく予定でおります。この条例につきましては、手続上11月中に議決いただく必要がありますので、決定次第、速やかに送付させていただく予定でございますので、この件もよろしくお願いしたいと思います。

 以上です。



○議会運営委員長(森元清蔵君) 説明が終わりました。何か特に質問ございませんか。井上さん。



◆議会運営委員(井上芳弘君) この人事院勧告の関係なんですけれども、給与のその特例の条例というのは、いま労使交渉中だと思うんですけれども、人事院勧告にかかわる部分については確定していると思うんですけれども、確定というのか内容がその分は決まってると思うんですけれども教えていただけませんか、その内容について。



○議会運営委員長(森元清蔵君) 総務部長。



◎総務部長(高橋晴彦君) 人事院勧告もやはり交渉を踏まえて、実施するかしないか、あくまで勧告でございますので、それについて交渉を踏まえて、それと給与削減条例との調整もございますので、その結果を踏まえまして提案させていただくという予定でございます。



◆議会運営委員(井上芳弘君) はい、わかりました。



○議会運営委員長(森元清蔵君) ほかに何か。(なし)

 ないようでしたら、これで説明を終わりたいと思います。それでは退席していただいて結構です。

     (執行者退席)



○議会運営委員長(森元清蔵君) それでは、続きまして審議をお願いしたいと思います。

 まず、1点目は定例議会の日程についてであります。別紙1を見ていただきたいと思いますが、9月議会の最終日に議運で決定いただいたとおりであります。ただ、1日初日のみが11月29日ということに変更になっております。日程については、何か質問ございませんか。これで決定してよろしいでしょうか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議会運営委員長(森元清蔵君) 異議なしということなので、これで決定いたします。

 それから3番目ですが、議案審議についてであります。まず、1点目は継続審査案件について、決算案件がございまして、これついては初日に上程をして、委員長報告、質疑、討論、採決ということで、審議終了後特別委員会の廃止ということになります。

 それから指摘事項等は本会議の初日に配付ということになります。これについて何かございませんか。よろしいでしょうか。(なし)

 それから、二つ目は12月議会の提案案件ということで、即決案件がいまありましたが、わかあゆ園の規約改正、88号、それから追加議案があれば、2件追加があればあるようですが、それについても即決議案、即決ということになります。

 それから、上記以外の議案については、初日に上程して提案説明を受けて、2日目に質疑を行って、終了後に委員会付託と。それから、委員会審議、それから最終日に委員長報告、質疑、討論、採決ということで、こういう形で議案については流れていきます。

 以上、議案審査についてこれでいいでしょうか。異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議会運営委員長(森元清蔵君) それでは、即決議案、上記以外の議案についてはこういうことで決めさせていただきます。

 それから、4番目一般質問についてですが、本会議時間の繰り上げについてお諮りしたいと思います。繰り上げをすれば、恒例により議運と議員協議会は開催しないということで、質疑、一般質問の通告の数によって3日目をするかしないか決まると思うんですが、もしも多い場合には繰り上げをしてするということで、これの形で決めておいてよろしいでしょうか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議会運営委員長(森元清蔵君) はい、それではこういうことにいたします。

 それから5番目、請願・陳情書、要望書の取り扱いについてお諮りをしたいと思います。現在、閉会中に受けておりますのは、請願が3件、それから陳情が1件でございます。第5期の介護保険事業計画についてと、それから年金受給期間について、それから国民への負担を強いる社会保障・税一体改革案件について、それから陳情は町内の人権問題についてということで出ております。この取り扱いについて皆さんにお諮りをしたいと思います。請願については、紹介議員の形で審議をされることになると思います。それから陳情の件ですが、これについては内容等もちょっと見ていただいて、問題点等指摘があればここで議論をしておきたいと思うんですが。井上さん。



◆議会運営委員(井上芳弘君) 人権問題ということなんですけれども、きわめて地域、あるいは個人にかかわる問題になっていますので、いずれにしても地域とか個人名というものは、議論をするにしてもこれはもう当然慎重にするべきですね。当然、事実であったとしても安易にそういったことを取り上げることは慎重であるべきだというふうに、まず思います。

 それと、この陳情については人権擁護委員会が適切な基準で判断をし、対応しているのかということを調査してほしいという内容なんですけれども、まず一つは、人権擁護委員会の判断そのものに議会がどうこうという結論を出すことは、できないと思います。どういう対応で、どういう基準で判断をされたのかというようなことの確認はできたとしても、判断結果をどうこうということは、なかなか難しいと思うんですね。こういった問題は、人権擁護委員会での判断、決定が不服である場合は、上部機関への申し立てとか等もあるはずですので、我々に審議できる範疇というのは非常に、これを可とするにしても、審議するについては、非常に制約があるというふうには思うんです。ただ、全く確認しないで陳情に対してこれをそのまま受けないということはやはり避けるべきだと思います。地域名、個人名等は、いろんな対象に当然しないということを前提に、委員会の判断がどういう基準で行われたのかという確認にとどまる範疇ですね。その対応しかできないのじゃないかと。委員会でどういう判断をされるかは別にして、私自身は非常に難しいなという気がしますけれども、議論の中身がね。



○議会運営委員長(森元清蔵君) ほかにございませんか。三宅さん。



◆議会運営委員(三宅利弘君) いま井上委員が言われたように、当然もう個人名とか地域名ですね、これはもうあってはならないことだというふうに思います。それから、やはりこの請願者の願意をくむとすれば、先ほど井上委員も言われたように、適切な対応ができとるかどうかということで、人権擁護委員会へ尋ねてくれと、調査してくれということですので、それぐらいの調査しているかどうかという部分ぐらいしか議会としては、審議できない状況ですね。また、私もこれちょっとまだ判断にちょっと決めかねております。採択さしていただくか、いや採択じゃなしに、これを取り上げるかどうかという部分ですね。



○議会運営委員長(森元清蔵君) ほかにございませんか。閉会中に申し出があった分でいま挙げているんですが、請願・陳情ということで受けた分については、差し戻しはできないことですから、これは受理する形で、審議の土壌には乗っていかざるを得ないと思うんですが、その審議の仕方の問題ですね。個人名とか地域名とか、やっぱりこれを出すことによってまた個々の人権が侵されることがありますから、こういった個人名とか地域名の特定のものについては、議論の場では出さない、出ない形で議論せざるを得ないと思うんですね。それについては、請願者等にもそこは強く言ってもらって、審議の中で人権侵害的なことがないような形で進めなければならないと思います。ということで、あとこれは付託をして委員会で審議されるんですが、そういうこともしっかりと委員長等に確認しておきながら審議を進めてもらうということになりますが、それでよろしいでしょうか。三宅さん。



◆議会運営委員(三宅利弘君) そういうことであれば、ここに上がっている分は、当然ホームページとかそういった部分にも掲載をされますので、町名、あるいは個人名等をもうしっかりと訂正、黒塗りですか、そういう見えない部分でという形で処理をしておいた上で、諮っていかなければいけないというふうに思うんですけども。



○議会運営委員長(森元清蔵君) そうなると思いますね。やっぱり議案等と同じで、個人名等は、問題の部分は伏せて公表するということになると思います。

 ほか、この件についてはそんなものでしょうか。特に委員会の議論の中でも公表されることですから、そういう個人名とか個人の侵害になるようなことがありましたら、委員長の注意とともに秘密会等を行って、公表できない部分については配慮をお願いするという形になると思いますね。それは付託委員長にもよくお話をしておきたいと思います。この請願・陳情についてほかにございませんか。井上さん。



◆議会運営委員(井上芳弘君) 今回は、一応人権問題ということで、公益性にもかかわる問題だとたしかに思います。ただ、当事者ではなくてこの第三者からこういった陳情が出る場合に、その第三者と当事者との関係性等、やはり明確でなければ、例えば地域の問題を全く別の第三者がこういった形で陳情・請願等にどんどん出せるのかといえば、この辺も非常に難しい判断をしなければならない部分があると思うんです。

 今回、私は人権問題にかかわるということで受けていいと思うんですけれども、今後また一つの大きな課題ではあるというふうに思います。例えば、当事者との依頼を受けてとかのものが明確であるとかいうようなものも、事案によっては必要性が求められる場合もあるんじゃないでしょうか。これはもう今後の課題ですけど、今回の問題と別にね。



○議会運営委員長(森元清蔵君) それも今後のこととしては課題であると思います。ほかございませんか。(なし)

 ないようでしたら、この点については以上で進めていきたいと思います。



△その他



○議会運営委員長(森元清蔵君) それから、2番目その他ということで、一つは議会報告会の開催についてということで、時期のことですが、これについて議運で決定をお願いしたいと思うんですが、今後もう1回残されているんですが、12月の議会報告をするのか、3月の予算議会の報告をするのかというような点で、どちらで行うかということはきょう決めていただく方が、後の段取りがいいと思いますが、これについてはどう思われますか。黒田さん。



◆議会運営委員(黒田秀一君) 私はやっぱり12月1本と違うて3月議会とひっくるめた会をしたらどうやろと思うんですけどね。いうのは、一つだけやったら報告が少ないのと違うかなと思いますけども。



○議会運営委員長(森元清蔵君) ほかにございませんか。井上さん。



◆議会運営委員(井上芳弘君) 私は、報告会は反省点もたくさんあるんですけれども、最近の宝塚市でしたか、新しく最近基本条例を定めたところ、毎回定例会ごとにという報告会を行っています。そういう意味では、今回の報告会で出た問題等を、班構成は変わりますけれども、前回出た意見等のこともそこで答えられるような意味でいけば、余り間を空かずに、できれば本会議ごとにそういう場を持って、例えば報告の時間が少なければ意見も聞く時間を増やすとかいうような形、これは一定のルールが必要だと思うんですけけれども、そういう形でむしろ積極的に進めることができたらなという思いがあるんですけれども。



○議会運営委員長(森元清蔵君) 12月議会も、もうしてはどうかということでございますが。織部さん。



◆議会運営委員(織部徹君) 私は黒田議員が言われている3月も含めてというのに賛成なんですけど、12月だけで報告会にすると、この3月とかいうのをいつするかというようなことも生じてくるので、そういうことからいって、含めてされたらどうかなというふうに思います。



○議会運営委員長(森元清蔵君) 黒田さん。



◆議会運営委員(黒田秀一君) それと、もう一つはこのたびも大分反省点があったと思うんですけどね、それをまた来年の2月なり、今度の報告会の要項をもう一度改めて見直す方に力を入れたらいいと思うんですけどね。



○議会運営委員長(森元清蔵君) 別府さん。



◆議会運営委員(別府直君) 前回の報告会にいろんな市民からの意見とかいろいろあったと思いますけども、そういったこともやはり議会としてしっかりとやはり分析もし、いろいろ調査もして、そういった部分を含めてやっぱり返していくというのも一つの流れじゃないかなというふうに私は思いますし、そういった部分、そして他市なんかの報告会に行きましても、やはりいろいろまた学ぶ点もあると思いますし、私どものいまの報告会等、そういったことも検討して、行えるならば毎回とかいうのもあるんでしょうけど、やっぱり3月議会終了後にそういったこともしっかり見直し等、それから前の意見をいただいた分なんかも検討を具体に持っていくという部分も含めて、そういった時期でいいんではないかと思ったりしております。



○議会運営委員長(森元清蔵君) ほかよろしいか。三宅さん。



◆議会運営委員(三宅利弘君) 私も、年に2回以上という、そういう規定があります。毎回すれば当然いいわけですけども、今回ちょっと変則的な部分もあって、6月、9月という部分でしたわけですけども、それがいままで、これからも黒田議員が言われたように、反省点も踏まえてやはり3月議会が済んでからした方がいいのではないかというふうな思いであります。



○議会運営委員長(森元清蔵君) 土本さん。



◆議会運営委員(土本昌幸君) 井上委員が言われるように、毎回議会ごとというのが一番理想やと思うんですけど、去年の6月に基本条例を制定しまして、トータル3回目をやったわけですけど、やはり反省というか、やはりその議会の方のあり方をもう1回ちょっとやっぱり条例はちゃんとできてるんですけど、発表会のやり方そのものをちょっと見直す必要もあるように思います。だから、12月議会が終わって例えば1月の終わりとか2月の初めにすれば、そこら辺のかなり日程的にも厳しいかなというふうに思うので、やっぱり3月議会を終えて、それでもう一回方向性というか、やることは決まっているんですけど、しっかり反省を踏まえてやった方がいいと思いますけど。



○議会運営委員長(森元清蔵君) 多くの議員は3月議会にしてはどうかという意見ですが、井上さんが言われるように1回1回というのはすごく丁寧でいいんですが、大半としては反省も含めて3月にしようということですが、3月議会の報告ということでよろしいでしょうか、総意としては。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議会運営委員長(森元清蔵君) それでは、議運の決定としては3月議会の報告を議会報告で行うという方向で決めたいと思います。ちょっと休憩をとりたいと思います。

     10時36分 休憩

     10時57分 再開



○議会運営委員長(森元清蔵君) 休憩を解きまして再開をいたします。今後の報告会について、委員長としてある程度3月議会ということで方向性を示したんですが、これでよろしいでしょうか。井上さん。



◆議会運営委員(井上芳弘君) 休憩中にそれぞれの委員の思いとか意見もたくさん述べていただきました。その中で、議長も含めて基本条例の制定の趣旨というものをやはり大事にして、当初しっかり2回実施して、徐々に本会議ごとの報告会という趣旨だったと思います。そういう意味では、最初にも言いましたけれども、委員会等もしっかりと活性化していって、市民との意見交換を図る中で、議会・市民ともに成長していくというような形を生み出していくためにも、やはり定例会ごとの報告をやっていって、そういう経験をしっかり積み重ねていくという事が一番大事だと思いますので、いま先ほどの議論の中では3月議会をという意見が非常に多かったんですけれども、ぜひもう一度会派等でも議論してもらって、定例会ごとの報告会が実施できないかどうか、ぜひもう一度検討する時間を与えていただけたらなというふうに思うんですけれども。



○議会運営委員長(森元清蔵君) いまの意見もありますので、きょうはそういう最終決定じゃなくて、皆さん会派へ持ち帰ってもらって、議論してもらって、再度もう一度相談をして、次の議会報告会の開催については決定していきたいと思います。それでよろしいでしょうか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議会運営委員長(森元清蔵君) はん、それじゃそういうことにいたします。

 それから2番目、その他ということで議案の勉強会の件なんですが、29日に提案されました後のことですが、皆さん議員全体の中で議案の勉強会をしようということで前回もあったんですが、これについてもする方向で検討してよろしいでしょうか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議会運営委員長(森元清蔵君) はい、執行者等も聞きますと、12月1日がほぼいいようなんですが、その1日という方向でよろしいでしょうかね。10時からということで。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議会運営委員長(森元清蔵君) はい、そしたら勉強会については12月1日10時からということで、議員全員で行っていきたいと思います。

 それからもう1点は、都市計画マスタープランの説明会並びに請願もあるんですが、介護保険の事業計画についての勉強会も重ねて、その2件についての勉強会をする必要があると思いますが、それについてもちょっと相談を願いたいと思います。特に、請願との関連でいきますと、委員会の前に行いたい、行う必要があると思うんですが、質問が3日目、13日、もしも少ない場合はこれがなくなりますのと、14日が空いてますので、13か14日の日にその勉強会、説明会の勉強会をするという方向でよろしいでしょうか。これについては、質問等の通告を見てからでないと判断できないんですが、13か14ということできょうは含みを持った決定をさしていただけますか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議会運営委員長(森元清蔵君) はい、それじゃそういうことでいきたいと思います。

 以上で、審議事項を終わりますが、ほかに何かございませんか。(なし)



△閉会



○議会運営委員長(森元清蔵君) ないようでしたらこれで議会運営委員会を終わります。ご苦労さまでした。

     11時01分 閉会

 委員会条例第27条の規定により、記録の大要を記載し、ここに署名と捺印をする。

     平成23年 12 月 21 日

                      議会運営委員長  森元清蔵