議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 加西市

平成23年 11月 決算特別委員会 11月14日−02号




平成23年 11月 決算特別委員会 − 11月14日−02号









平成23年 11月 決算特別委員会



          決算特別委員会記録

1.日時  平成23年11月14日(月)10:00〜15:32

2.場所  委員会室

3.出席委員

    委員長        土本昌幸

    副委員長       衣笠利則

    委員         黒田秀一

    委員         長田謙一

    委員         別府 直

    委員         三宅利弘

    委員         森元清蔵

    議長         森田博美

4.欠席委員

    なし

5.執行者

    市長              西村和平

    副市長             大豊康臣

    理事              隅田昇次

    技監兼検査官          前田秀典

    市民福祉部長兼福祉事務所長   前田政則

    市民福祉部市民課長       内藤利樹

    市民福祉部国保健康課長     高井勝正

    市民福祉部国保健康課主幹兼健康増進センター事務長

                    河原 紫

    市民福祉部長寿介護課長兼地域包括支援センター所長

                    山本和孝

    市民福祉部社会福祉課長     片岡建雄

    市民福祉部ダイバーシティ推進課長兼主任指導主事

                    志方正典

    病院事務局長          西脇嘉彦

    病院総務課長          西脇 親

    病院事務局用度管理課長     志方信之

    病院事務局医事課長       斉藤祝治

    農業委員会事務局長       小篠正彦

    財務部長            森井弘一

    財務部財政課長         古角宏貴

    財務部税務課長         河原浩申

    財務部収納課長         松岡伸一

6.監査委員及び監査事務局

    監査委員(議会選出)      井上芳弘

    監査事務局長          前田幸良

7.議会事務局

    事務局長            三船敏博

    書記              深江克尚

8.審議事項

  1.議案第78号 平成22年度加西市病院事業会計の決算認定について

    (提案説明、審議、採決)

  2.議案第69号 平成22年度加西市一般会計の決算認定について

    (建設経済厚生委員会所管中市民福祉部関係)

    (提案説明、審議)

  3.議案第70号 平成22年度加西市国民健康保険特別会計の決算認定について

    (提案説明、審議、採決)

  4.議案第71号 平成22年度加西市介護保険特別会計の決算認定について

    (提案説明、審議、採決)

  5.議案第72号 平成22年度加西市後期高齢者医療特別会計の決算認定について

    (提案説明、審議、採決)

  6.議案第73号 平成22年度加西市老人保健医療特別会計の決算認定について

    (提案説明、審議、採決)



△開会



○決算特別委員長(土本昌幸君) 皆さんおはようございます。本日は11月2日に引き続きまして、決算特別委員会を開会いたします。きょうの会議はお手許に配付しておりますとおり、建設経済厚生委員会の所管部分中、病院や福祉部門について審議を行ってまいります。なお、小谷代表監査委員については欠席届が提出されておりますので、お知らせしておきます。



△議案第78号 平成22年度加西市病院事業会計の決算認定について



○決算特別委員長(土本昌幸君) それではまず、日程第1、議案第78号平成22年度加西市病院事業会計の決算認定についてを議題といたします。本案に対する説明を求めます。西脇総務課長。



◎病院総務課長(西脇親君) それでは、平成22年度加西市病院事業会計の決算について説明いたします。加西市病院事業会計決算報告書の11ページをお願いいたします。まず、平成22年度の事業報告ですが、10年ぶりに診療報酬全体でプラス0.19%とネットプラス改定が行われたものの、ETC病院における調整係数の見直しと実質的にはプラス改定にならない厳しい状況の中でしたが、平成21年3月に策定いたしました加西病院改革プランを着実に実行し、計画を上回って達成することができております。

 病院運営におきましては、「やりがいのある病院をつくろう」を年間目標とし、医療と経営の質、教育、研修、市民や患者の視点から部署目標を定め、経営改善と環境整備に取り組みました。一方、進歩する医療に追従し、高度医療の充実と医療の向上を図っていくため、CT64列を初め、血管造影撮影装置アンギオ、核医学診断装置RIの高度医療機器の充実を図るとともに、人材面におきましても、産婦人科医師を初め、前期後期研修医、看護師等の医療職員の拡充を行うことができました。

 次に、業務並びに経理の状況について説明させていただきます。まず、業務の状況ですが、決算報告書の13ページをお願いいたします。平成22年度の患者の利用状況は入院患者数では述べ人数で前年度と比較して、3,447人増の8万1,181人、1日平均222人、昨年度より9.4人増となりました。外来患者数も前年度比較、7,315人増の述べ13万7,717人、1日平均567人、昨年度より28人増加しています。

 入院の診療科別では、内科が2,857人、精神科が784人の増、外科が1,312人、小児科が207人の減となっています。増減率では眼科が52.7%増と大幅に増加し、泌尿器科、皮膚科、精神科が20%以上の増加となっています。

 外来の診療科別では眼科2,410人、精神科が1,207人、内科が1,034人の増、小児科が387人、外科が226人の減となりました。増減率ではこちらも眼科が28.7%と増加し、次いで泌尿器科18.2%、精神科15.7%の増加となっています。

 一般病床の病床利用率は、平均在院日数が0.8日短縮し、14.2日となっているものの、前年度に比べ3.6ポイント上昇し、85.5%となっています。

 続きまして、経理状況でございますけれども、平成22年度決算資料の病院事業会計決算で説明させていただきますので、最終ページ15ページをお願いいたします。なお、詳細につきましては、先ほども決算報告書の23ページから27ページになりますのでご参照ください。

 まず、収益的収入の病院事業収益は64億9,181万7,000円で、その内訳は医業収益が61億1,887万5,000円、医業外収益が3億7,293万円となり、病院事業収益は前年度に比べ4億7,100万1,000円、7.8%増加しております。また、医療収益のうち入院収益は35億9,850万円で、前年度と比べ12.1%の増、外来収益は21億9,873万2,000円で、昨年度と比べ3.6%の増となり、医業収益全体でも4億8,124万7,000円、8.5%の増となりました。負担金、補助金、施設使用料等の医業外収益は3億7,293万1,000円で、前年度と比べ1,025万6,000円、2.7%の減となっております。

 次に、収益的支出の病院事業費用は65億6,653万7,000円で、その内訳は医業費用が64億3,631万3,000円、医業外費用2億470万4,000円、特別損失547万6,000円となっており、病院事業費用は前年度と比べ4億1,900万5,000円、6.7%の増となっております。医業費用のうち給与費は33億8,299万4,000円で、人員増、それから法定福利費の増により、昨年度と比べ2億678万8,000円、6.5%の増となり、材料費は18億7,687万2,000円で、前年度と比べ1億815万円、6.1%の増、経費は7億7,941万6,000円で、医療機器補修委託料の増等により、前年度と比べ1,316万6,000円、1.7%の増、減価償却費は2億8,755万1,000円、1.8%の減で、医業費用全体では前年度と比べ3億3,599万1,000円、5.6%の増となりました。

 企業債利息、雑支出等の医業外費用の1億9,868万9,000円は、収益的支出及び貯蔵品の控除対象外消費税の増により、前年度と比べ400万1,000円、2.1%の増となり、特別損失は523万6,000円で、94万2,000円、15.3%の減となっております。その結果、当年度純損益は昨年度と比べ1億3,195万2,000円改善し、7,472万円となります。

 資本的収支につきましては、収入は企業債4億7,960万円、一般会計出資金1億7,370万4,000円等を合わせて6億5,524万3,000円となり、支出は先ほど申し上げました高度医療機器でありますCP64列を初め、血管造影撮影装置、核医学診断装置の医療機器の購入、受変電設備更新工事等の建設改良費で4億8,002万3,000円、企業債償還金2億9,177万7,000円、合わせて7億7,180万円となりました。

 なお、資本的収支で1億1,655万7,000円の不足が生じましたが、過年度損益勘定留保資金等で補てんいたしました。今年度以降も病院事務に対する一般会計負担の考え方に基づいた繰出基準の範囲内での一般会計負担をしていただき、引き続き経営の健全化を図ってまいりますのでご支援賜りますようお願い申し上げます。

 以上簡単でございますが、説明を終わらせていただきます。よろしくご審議のほどお願いいたします。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 以上で説明が終わりました。何かご質疑のある方はございませんか。三宅委員。



◆決算特別委員(三宅利弘君) 失礼します。病院事業会計ですね。前年度と比べまして随分改善されて、ざっと1億3,200万余りの前年度より増収という収支報告ですね。そのようになっております。一番大きな要因といいますか、どういった部分にあるのかご説明いただけませんでしょうか。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 西脇総務課長。



◎病院総務課長(西脇親君) やはり先ほど病院の利用状況のところで申し上げましたけれども、入院、それから外来とも大幅に増加しております。やはりそういう医業に本来の医業に占めるその収益が大変大きかったと。また、高度医療機器を導入することによりまして、医療の充実、そしてスタッフの方も充実しておりますので、やはり人が増えると対応できる患者の数も増えるということで、うまく好転できて収益が上がったというふうに思っております。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 三宅委員。



◆決算特別委員(三宅利弘君) そういった中で、支出の方で一応給与費ですね、これは2億円余り、2億600万ですか、増えております。24ページに給料のところでずっと示してあるんですけども、医師給ですね、これが延べで451人ということで示してあるんですけども、お医者さん、多分増えられたというふうに思うんですけども、前年度からどれだけ増えられて、どれだけの給料が支払われているか、その辺ちょっともう少し詳しく知りたいですけど。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 西脇事務局長。



◎病院事務局長(西脇嘉彦君) 医師の数につきましては、平成21年度が医師38名、そして研修医が12名の50名で21年度はしております。22年度につきましては、医師が42名。ここで4名増えております。研修医が9名ということで3名減になっておるんですけども、全体で51名、全体では1名増になっておるわけですけれども、医師が4名増えております。その関係で述べ24ページに書いております医師給ですけど、ことしは451人になってますけど、この数字が前年度より延べ52人分が増えておるということになっておりますので、医師はこの中で内科の医師が3名増えたのと、整形1名が増えた。その4名が増えた要因で給料費も増えております。



◆決算特別委員(三宅利弘君) 一たんおきます。それともう1点いいます。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 三宅委員。



◆決算特別委員(三宅利弘君) それからもう1点、減価償却費、これが今回減っております。25ページの原価償却費の中で、建物とか構築物、機器類なんかは増えとるんやないかなというふうに理解するんですけど、この数字を見てもどこがどう減ったのか増えたのかいうのはちょっとわかりにくいんですけども、その辺のご説明お願いしたいです。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 西脇総務課長。



◎病院総務課長(西脇親君) 減価償却費につきましては、建物の減価償却費、こちらが300万余り増加しております。それに対しまして、機械備品償却費こちらが840万程度減少しておるという状況になっております。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 三宅委員。



◆決算特別委員(三宅利弘君) 機械備品、これは新しく購入された部分っていう部分が多分あろうかというふうに思うんですけども、それプラスマイナスして、またこれだけ減ったということですか。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 西脇総務課長。



◎病院総務課長(西脇親君) こちらの機械の焼却につきましては、22年度購入いたしました減価償却は、1年置いた後発生いたしますので、22年度では発生しておりません。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 他にございませんか。長田委員。



◆決算特別委員(長田謙一君) 失礼します。9ページ、加西病院事業貸借対照表の中で、流動資産未収金10億3,698万4,810円かな。未収金が非常に多いんですが、どのような形でこれ回収とかいう形をとられる方策はありますでしょうか。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 西脇総務課長。



◎病院総務課長(西脇親君) この未収金といいますのは、病院の会計上3月31日で締め切っております。その関係で費用として発生しておりましても、まだ手元に入ってきてないというものもございますので、いま議員さんおっしゃっていますのは、恐らく治療に係る経費の未収金という意味かと思いますが、それにつきましてはこういう大きな数字ではございません。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 長田委員。



◆決算特別委員(長田謙一君) そしたらこれ10億余りの数字なんですが、3月末でこういう数字が上がっとるんですんで、現在は大分減っとるということですね。そうしたらその未収で治療された方、幾らほど残っとるような形になりますか。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 斉藤医事課長。



◎病院事務局医事課長(斉藤祝治君) 22年度の医療費に対する未集金ですけれども、現年度分4,100万円ほど残っております。過年度が3,500万、トータル7,600万程度の未収金が残っております。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 長田委員。



◆決算特別委員(長田謙一君) 7,600万という形ですんですが、非常に大きいというように認識するんですけども、集金というんですか、回収というんですかね、どのようにお考えですか。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 斉藤医事課長。



◎病院事務局医事課長(斉藤祝治君) 現年度分の4,100万円に関しましては、未到来分がありますので、3月のいま月に1回の請求になっておりますので、3月の入院費は全く回収しておりませんので、それが未収金として上がっております、その金額が2,500万ほどありますので、それを抜けば現年度が4,100万から2,500万引きまして、1,600万ほどあります。過年度分に関しましては毎月の督促、あるいは電話での督促をしておりまして、22年度、2年前から回収債権会社に委託をしておりまして、全額ではないんですけれども、そちらの方の収納で多少収納したものがあります。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 長田委員。



◆決算特別委員(長田謙一君) それでは、10ページの資本の部で企業債、明細書の方には企業債は合計が4億7,960万、それが企業債に載っとるんですけども、この企業債を資本としての組み入れなんで、若干数字が違うと思うんですけども、数字的にちょっとバランスが離れとるんですが、何か入っとる分があるんですかね、これ。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 西脇総務課長。



◎病院総務課長(西脇親君) 決算報告書の29ページになりますけれども、29ページに企業債の明細書と上げております。その中で最後になりますけれども、未償還残高、これが38億9,600万という数字が10ページの資本の部の方の企業債に来ておるということでございます。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 長田委員。



◆決算特別委員(長田謙一君) 同じく10ページの資本の部で、寄附金、今年度の寄附はたしか28万2,000円ほどやったんですが、これ合計トータル的には7,166万6,973円と載っとるんですね。これは、この寄附は現在残っとるということで、今後の利用という形のものをお考えですか。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 西脇事務局長。



◎病院事務局長(西脇嘉彦君) まず、7ページの方でことしの寄附がございまして、その中で金額でいただいた分の中で、44万9,096円という数字が当年度発生高と出ております。これがお金をいただいて、その分をテレビを購入しまして、それはいま薬局の前でしております。そして、いま質問されておりますいままでの寄附金につきましては、当時いただいた寄附金の額がそのまま累積して残っている額がそうなっておるわけでありまして、それを利用してどうこうというのは今回、22年度初めてそのお金によりましていただいた分でテレビを購入したというのは初めてでございます。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 長田委員。



◆決算特別委員(長田謙一君) 同じく6ページの医業外費用の中で、5番雑支出1億3,022万6,093円、これ相対的にこれ、どういうことになってますか。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 西脇総務課長。



◎病院総務課長(西脇親君) この1億3,000万の中身でございますけれども、収益的支出の貯蔵品控除対象外消費税額ということでございます。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 長田委員。



◆決算特別委員(長田謙一君) それはかみ砕いて言えばどういうことなんですか。ちょっとわからないんでちょっと説明をお願いします。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 西脇事務局長。



◎病院事務局長(西脇嘉彦君) 病院の場合ですけれども、診療に対する分につきましては、消費税はかかっておりません。しかし、薬剤費とかそういうものを買います。そういうものにつきましては消費税がついていきます。その分を税務署で支払いする分の額をここで計上しておるわけであります。



○決算特別委員長(土本昌幸君) よろしいですか。長田委員。



◆決算特別委員(長田謙一君) 続きまして、26ページ、医業外費用一時借入金利息、これは万単位やな。108万7,561円。但馬銀行から一時借り入れの利息という。これ利率と総額幾らお借りになってますか。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 西脇総務課長。



◎病院総務課長(西脇親君) 22ページをごらんいただきたいと思います。一時借入金の概況を書かせていただきますけれども、こちらで額の方は記させていただいております。利率でございますけれども、但馬銀行が1.475%でこの金額でございます。それから、下の二つにつきましては、下の水道会計の方からは利率が0.3%でございます。

 以上です。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 黒田委員。



◆決算特別委員(黒田秀一君) 14ページの不納欠損処分のこの中の居所が不明とかいろいろ載ってますけど、51件分。この病院の治療を受けたその日にみんな金払って会計でして出られると思うんですけども、どういう理由の居所不明。これはどういうことですか、ちょっとお聞きしますけども。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 斉藤医事課長。



◎病院事務局医事課長(斉藤祝治君) 不納欠損の状況ですけども、居所不明以下3項目によるものをやってるんですけれども、これは平成11年度からやっておりまして、そのときに未収が発生をしていると。11年度以降、それから19年度までその間に治療をして未収が発生をしているというものが残っておりましたので、これの追求をしていまして、居所不明が51件。本人死亡14名、生活困窮5名というような状況で不納欠損をさせていただきました。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 黒田委員。



◆決算特別委員(黒田秀一君) ということは、昨年度の22年では何件ほどあるんですか。1年では。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 斉藤医事課長。



◎病院事務局医事課長(斉藤祝治君) 昨年度の件数、ちょっと正確に把握してないんですけれども、100件ほどありまして、昨年度の場合は金額的には200万円ほど不納欠損をしております。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 黒田委員。



◆決算特別委員(黒田秀一君) いやいや、ということは治療をされて、会計せんとそのままさっと帰られるパターンですか。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 斉藤医事課長。



◎病院事務局医事課長(斉藤祝治君) そうです。当日保険証を持たないできた患者さん、あるいは保険証は、いままでかかって保険証の確認はしてるんですけれども、医療費を持ってこない患者さんっていう方がいらっしゃいます。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 黒田委員。



◆決算特別委員(黒田秀一君) そやからその後の対処はどういう具合になっておりますか、対処。やっぱり取り立てとかそんなんやっぱり行かれとるんですか。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 斉藤医事課長。



◎病院事務局医事課長(斉藤祝治君) その当時、平成11年度はちょっとわからないんですけれども、当日お金を持たないで来られた患者さんにつきましては、当日電話でもう一度確認をさせていただいております。1カ月後には必ずはがきで督促というようなルールを決めておりまして、当年度の未収の患者さんに関しましては、先ほど言いました、電話での督促、あるいは次に受診をされた機会に分納誓約というような状況で対応しております。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 黒田委員。



◆決算特別委員(黒田秀一君) だからいま分納って、分納の対処を言われましたけど、みんなその分納で払ろていらっしゃるんですかいね、その人らは。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 斉藤医事課長。



◎病院事務局医事課長(斉藤祝治君) すみません、不納欠損に上げている患者さんは、分納誓約もしないでいる患者さんなんですけれども、これは当院だけではなくて、ほかの病院でも滞納があるというような患者さんも結構いらっしゃいますので、ほかの市町村から来ている患者さんっていうのが結構多くなっております。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 黒田委員。



◆決算特別委員(黒田秀一君) それでわかってるんだけど、そうやからそのあとの取り立てはそのままないわけですか。それともう一つ、本人が死亡しても家族がおってやと思うんですけど、そういう取り立てはどういうぐあいになっとるんですかね、これは。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 斉藤医事課長。



◎病院事務局医事課長(斉藤祝治君) 入院している患者さんにつきましては、誓約書をいただいておりますので、本人死亡の場合でしたら、保証人への請求もしております。あと、外来の患者さんにつきましては、文書は何も残っておりませんので、電話の対応、あるいは訪問徴収という感じで対処をさせていただいております。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 黒田委員。



◆決算特別委員(黒田秀一君) よろしいですけども、取り立ての程度ですけども、本当にそのまま済んでしまっとるのか、督促してもだめですかね。お金払うんやったらそのまま済んだ状態でいらっしゃるのか、まだいまの状態でいまも取り立てなり督促状、またよくされとるんですか、それとももうそのままになっとるんですか。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 斉藤医事課長。



◎病院事務局医事課長(斉藤祝治君) 居所不明の患者さんにつきましては、はがきの督促をしておりますけれども、所在不明で返ってくるという患者さんがほとんどです。その患者さんにつきましては、住民票の照会等しておりますけれども、住民登録がないという患者さんもいらっしゃいますので、そういう患者さんはこの居所不明ということでやっております。あと、生活困窮、本人死亡という患者さんにつきましては、一応はがきは出しておりますけども、まだ支払いに至ってないというふうな状況です。



○決算特別委員長(土本昌幸君) よろしいですか。さっき斉藤課長、よその病院にも要は支払いしてないということを言われてましたけど、これはそうだから病院同士で何か連携とかそういうのはあるんですか。斉藤課長。



◎病院事務局医事課長(斉藤祝治君) 連携っていう定期的なものはないんですけれども、住所を見まして、そちらの公立病院に照会ということはやっております。



○決算特別委員長(土本昌幸君) だから、その照会やけど、そういうよその病院にもそういうリストがある人が、加西病院に来たときには、そのまま診察されるんですか。斉藤課長。



◎病院事務局医事課長(斉藤祝治君) 医師法の20条だと思うんですけれども、医師の招集義務というのがありまして、正当な事由がなくしてその診療を断ってはいけないというようなことがありまして、そこに未収をしている患者さんというのは正当な事由に反映しないというような通則っていいますか、そういうようになっておりますので、滞納をしているから診療を拒否するということはちょっとできないというようになっております。



○決算特別委員長(土本昌幸君) わかりました。ほかにございませんか。別府委員。



◆決算特別委員(別府直君) 少し関連して質問をさせていただきたいんですけれども、この消滅時効が近づいているものということで、意見書には書いてあるんですけれども、この消滅時効についてちょっと、いまどういったものになっているかっていうのを聞きたいんですけども。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 斉藤医事課長。



◎病院事務局医事課長(斉藤祝治君) すみません、消滅時効、地方自治法では5年というようになっているんですけれども、以前は公立病院はこの5年というように解釈をしてたんですけれども、最高裁の判例で、私立の病院は3年という判決が出ております。その後、公立病院、私立の病院、何らその治療するということでは本質的な差異がないということで、いま現在は3年というようになっております。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 別府委員。



◆決算特別委員(別府直君) そうしましたら、例えばこれ絶えず時効が近づいてきますよね。ですから、じゃここに記載もされとるんですけれども、じゃ次に近づいてくるっていうのはどれぐらいあるんですか。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 斉藤医事課長。



◎病院事務局医事課長(斉藤祝治君) ちょっと次年度のその不納予定の件数っていうのはちょっと把握してないんですけれども、当然まだ3年以前にかかった患者さんでも、当年度、2年前、3年以降にかかった患者さんっていうのは、当然消滅はしませんので、そういう患者さんに対しては、分納制約、あるいは次回の診察時に窓口での相談というようにさせていただいております。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 別府委員。



◆決算特別委員(別府直君) 例えば、ここにその時効の中断措置、こういったものも使ったらいいというふうに書いてあるんですけども、そういったこともやはりしていかないと無理じゃないかなというふうに思うんです。どうなんでしょうかね。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 斉藤医事課長。



◎病院事務局医事課長(斉藤祝治君) すべて相談に来るという患者さんばっかりではありませんので、来られた場合はその分納誓約をするとともに、これだけまだ未収金が残っているということを患者さんに認識していただくということで、分納誓約をすることによって、その時効の中断というように考えております。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 別府委員。



◆決算特別委員(別府直君) 例えば、その患者さんがまた新たに診察に来られますよね。先生は断れません。そういったときに、じゃ本人がきたときに、じゃちょっと別室へどうぞという形で、そのときにその債券会社とかも含めて、しっかりと対応するというね。ただ、口頭だけじゃなくて、ちょっとお部屋の方に移動をお願いしますということで、その場でしっかりとやるっていうもの一つの方法じゃないかなと思うんですけど。例えば、本人さん重い病気なら仕方ないんですけども、ご家族、つき添いの場合とかいろいろあると思いますけども、そういうことも含めてやれないかなというふうに思うんです。どうなんでしょう。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 斉藤医事課長。



◎病院事務局医事課長(斉藤祝治君) すべての患者さんにその対処っていうのは、今後また検討していきたいんですけれども、いま現在ではたとえば、入院をされた患者さん。そういう患者さんにつきましては、看護師、あるいは医師から医事課の方に連絡をしてもらうという連携で、直接病室に伺って話をさせてもらうというような対応をとっております。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 別府委員。



◆決算特別委員(別府直君) その点、やっぱりしっかりやっていきたいなと思いますし、かねてから本当にその医療費がなかったら、急な話ですよ。救急車呼んだらいいねんとか、そういう話も出てますんで、やはりきちんとその患者さんのこと見た限りは、それに対する対価っていうのはやっぱりいただくものは責任があると思いますんで、そのあたりはしっかりお願いしたいと思います。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 要望でよろしいですか。他にございませんか。森元委員。



◆決算特別委員(森元清蔵君) 一般会計からの負担金についてお聞きしたいんですが。病院の努力によって、ことしについても1億3,000万余り改善されてるんですが、こういった形で一般会計から6億しか出せないということできているんですが、それにしてもこれでやっていけるのか、ちょっと私も心配なところがありまして、このまま順調に改善していっていただいて、改善、収支改善するのは一番理想なんですが、病院としての必要性というか、そこら辺はどのように感じられていますか、負担金の増については。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 西脇総務課長。



◎病院総務課長(西脇親君) 一般会計からの繰入金につきましては、平成21年が6億円でした。22年が6億916万3,000円と上がっておるんですが、この900万等の分については、子ども手当て相当分でありまして、実質的には19年度から22年度については、同額ということになっております。

 先ほども申しましたように、22年度で高度医療機器を購入しております。その減価償却が23年度後半から発生してくるということになります。また、医師数、あるいは看護師数、スタッフの数が充実してきておりますし、それに伴いまして福利厚生費等も毎年伸び続けております。そういう中で、やはり小野・三木、そちらの病院が合併して、新たな病院ができるという、こういう病院に対応していくためには、やはりそれなりの余力というのか、力をつけておかないと勝てないというような状況にありますので、やはりさらなる一般会計からの繰入金をいただいて、いまのうちに内部留保金の方を充実させていって、いざというときにために対応できるような体制づくりというのが必要であろうかと思っておりますので、引き続いて繰入金増ということで、病院サイドからはお願いしていきたいというふうに思っております。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 森元委員。



◆決算特別委員(森元清蔵君) この6億のうち、交付税措置というか、その部分もあると思うんですが、それはどうなってますか。繰出のうち、6億のうちの。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 西脇事務局長。



◎病院事務局長(西脇嘉彦君) 普通交付税で算定されておるわけでありますけども、いま説明しましたように、本来、交付税、こちらが要求しておりますのは10億余り要求しております。その中で、交付税算定にされている額というのは約3億から3億5,000万ぐらいの数字だと思うんです。ですから、あと残りは一般会計の方から上積みして6億という金を渡してくれ思うんですけども、大体交付税で算入されて、こちらへ病院側としていただく額というのは、3億5,000万ぐらいだろうというように数字は記憶しております。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 森元委員。



◆決算特別委員(森元清蔵君) 交付税、要望から交付税を引いて6億ということなんですね。それで、いまこの6億以上欲しいという要望の中身なんですが、もうひとつはっきりわからなくて、減価償却ということで、償還が増えてくるというのはわかるんですが、それ以外にその留保金のつくっておきたいとこういうような、何か漠然として余力のように感じるんですが、その、もうちょっと繰り出しの必要性というのは、もうちょっとどこら辺にあるんでしょうか。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 西脇事務局長。



◎病院事務局長(西脇嘉彦君) いま減価償却の分で増えるという計算、数字を言いましたけど、一応はいま24年度でいま22年に買いました機械の増える部分は、約1億6,500万増えます、減価償却で。そして25年が1億7,700万という、この額も増えてきますので、減価償却が増える分、この分を何とか一般会計の方で増額していただきたいというお願いをしております。

 それと、いま病院はいまいい傾向にいっとるわけでありますけども、この23年の9月末現在で見ますと、前年度対比同期で見ますと若干落ちております。ですから、いまの収益が続けていけるかどうかというのは、ちょっといま心配しているところでありまして、もう少し重症患者を増やすとか、そういうことをすれば収益も上がるわけですけども、そういう入院患者もこちらは選択できるわけではございませんけれども、そういうことでもう少し入院の単価を上げていけば収益もよくなるんですけども、いまの状況で見ますと9月末現在で見ますと、同時期で比べまして前年度より約2,500万ほどちょっと落ちております。

 ですので、最終的に23年度決算は、このたびは7,400万余りで済んだわけですけども、それに近づけるようには努力はしていきたいと思うんですけども、そうすることによって、また不良債務が出ますと、留保資金の方をまたそれ使っていかなくてはならないということになりますと、平成25年には留保資金はもうなくなってしまうというような状況でありますので、できましたら前倒しで24年ぐらいから2億ぐらいの繰出金を入れていただいて、経営状況が表向きにいい状況だというような状況を、医師の方にもわかっていただくようになれば、新しい医師もまた募集すればして来てくれますので、どうしてもいまの医師もやっぱり病院の経営状況を見ながら、こちらの方へ就職される場合もありますので、そういう状況から収益の留保資金もあると、不納欠損もないと、いまそういうようなそういう数字がでれば医師もまた来てくれますので、何とかそういうことで一般会計の繰出金の増を院長の方から市長の方へお願いにはずっときておりますので、その辺何とか24年度には2億を上積みしてほしいという希望を出しております。

 以上です。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 森元委員。



◆決算特別委員(森元清蔵君) 副市長か市長、これに対してどういうふうに考えられますか。病院改革プランということで6億でいくという形になってるんですが、やはり24年、25年のそういう医師の外から見た雰囲気というのもありますから、改善していくことが本当に必要なことだと思うんですが、そこら辺はどういうふうにいま考えられておりますか。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 市長。



◎市長(西村和平君) 先ほど病院の事務局長が説明いたしましたように、病院の事業管理者であります病院長の方から、再三先ほど申し上げましたような要望を受けております。病院長のご努力によりまして、経営が一定好転している状況は確かにそういう状況でありますが、病院長も再三おっしゃっておられますように、いつそれが悪い方に転換するかわからない本当に状況だという認識も再三お教えいただいております。

 そういう状況の中で、医師の確保が非常に病院経営にとって重要なことであるという意味で先ほど事務局長が言いましたように、医師が加西病院をどう受けとめるかということを重用でありますので、最終判断をどうするかというところはもう少し考えたいと思っておりますが、非常に重要な課題だと思っておりまして、市としても全体の中でということに常になるんですが、新しい施策もまた講じなければなりませんし、全体の中で判断していきたいなというふうに思っております。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 他にございませんか。長田委員。



◆決算特別委員(長田謙一君) 25ページの消耗品3,188万6,318円。これ消耗品に漠然となってますが、どういうものが消耗品か、内訳等を教えていただいたら助かりますが。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 答弁お願いいたします。消耗品について、西脇総務課長。



◎病院総務課長(西脇親君) 大変おそくなりまして申しわけございません。一般的な消耗品となるんですが、やはり病院という規模が大きいところでございますので、一月当たりの金額も非常に大きいということであります。例えば、洗濯に係る洗剤等につきましても、年間通じるとかなりの額になりますので、管理をしていく事務消耗品についても多くなってまいりますので、一般的な消耗品としてこれだけの額になっております。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 長田委員。



◆決算特別委員(長田謙一君) 漠然としとるんですが、リネンはリネンであれは、リネン用品はあれは、委託いうのか、入っとるね、別に。そのほかにこれ金額的に非常に大きなもので、3,100万もあるとちょっと内訳がもう少し詳しくわかればいいなと思ってご質問させていただいたんですが。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 西脇総務課長。



◎病院総務課長(西脇親君) 詳細につきましては、ちょっと資料として持ち合わせておりませんので、また後日報告させていただきます。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 長田委員。



◆決算特別委員(長田謙一君) お願いします。それと、27ページ資本的収入の中で、収入の部分で、一般会計の出資金、これ出資金というのは、金額的に非常に大きいんですが、約1億7,300万ほどあるんですが、病院の出資という形のものはどのようなものを出資として取り扱いされておるんですか。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 西脇事務局長。



◎病院事務局長(西脇嘉彦君) 企業債の償還する場合の利子と元金がございます。利子については3条で払います。それで、元金については4条、いまこの資本的収入のこの出資金の中で、元金についてはその交付税の対象になって、一般会計の方からその元金分について1億7,300万余りが入ってきます。そして利子分は3条になりますので、23ページの方で一般会計の同じ負担金として入ってきます。この医業外収益の負担金交付金3億2,292万9,000円の中のうちで、企業債利息として3,600万余りがここで負担金で入ってきております。ですから、総額企業債の償還に対する利子と元金合わせまして、約2億のお金が一般会計の方から入ってきております。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 長田委員。



◆決算特別委員(長田謙一君) それじゃ、この1億7,370万4,000円というこの出資金、一般会計の出資金という形なんですが、通常出資金という形を一般常識から考えれば、だれかが出資するという形の資金という形と認識するんですけども、そういう形のものやないんですね。それでは、この出資金は増えることはないということですか。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 西脇事務局長。



◎病院事務局長(西脇嘉彦君) これは毎年返す金額が変わってきますので、その償還元金と利子によって計算をしますので、年々額は変わります。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 長田委員。



◆決算特別委員(長田謙一君) そうすれば、あくまでも変わってくるという形なんで、これは私らが考えている出資法という形には抵触しないわけですか。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 西脇事務局長。



◎病院事務局長(西脇嘉彦君) これは一応、一般会計から入ってくる出資金ということで、いま言いましたように償還の元金と、それからもしもう一つあるのは建設改良というその分で、今回13万5,000円というのは入ってるわけですけれども、ですからそれは一般会計からの交付繰入金の中の額だという解釈をしておりますので、ちょっと出資金という解釈はちょっと、私の方でちょっと理解してないので。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 長田委員。



◆決算特別委員(長田謙一君) わかりました。じゃ、この場合の一般会計の出資金というのは、通常私らが認識しておる市民からの出資とかそういう意味合いのことやないわけですね。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 答弁いいですか。黒田委員。



◆決算特別委員(黒田秀一君) 病院の院内保育でちょっとお聞きしたんですけど、この15ページを見ましたら、院内保育は教育委員会の所轄になっとるんですけど、これはこれでいいんですかいね。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 西脇事務局長。



◎病院事務局長(西脇嘉彦君) 事業の内容としましては、こちらの方で病院の方で直接委託契約をして行っております。そして雇用促進事業の補助金、大方1,000万ほどいただいて、それが3年事業でしたので、この23年度でその補助金も終わるわけでありますけども、一応やっておりますけれども、ちょっとこの15ページの216番に上がってます部署が教育委員会となっておりますのが、ちょっとこれも調べてみないとわからないんですけども、一応病院の方で直接委託契約をして行っておる事業であります。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 黒田委員。



◆決算特別委員(黒田秀一君) わかりました。全然教育委員会はかかわりないというこっちゃね。これ。そうやったらもう一つ聞きますけど、だったらその、いまの保育の幼児いうんですか、ちょっとわかりましたら教えてほしいんですけど、どれぐらい、1年間で幼児の数。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 西脇総務課長。



◎病院総務課長(西脇親君) 人数につきましては、大体毎日10人前後ぐらいずつの利用ということになっております。休日については、月2回しておりますけれども、こちらは二、三人という利用になっておりまして、定員が15人ということでございますので、日にち、曜日によりましては15人でちょうどぐらいになるときが最大という状況です。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 黒田委員。



◆決算特別委員(黒田秀一君) この内訳ですけれども、それはどういう、ほとんどは看護婦さんの子どもさんとかありますやんか、それはどんな感じですか。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 西脇総務課長。



◎病院総務課長(西脇親君) すべてが加西病院に勤務する職員の子どもということになっておりまして、看護師はもちろんのこと、医師の子どもさんもいらっしゃるという状況です。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 黒田委員。



◆決算特別委員(黒田秀一君) 月の代々保育費は、費用は何ぼほど要るんですか。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 西脇総務課長。



◎病院総務課長(西脇親君) 詳しい資料は持ち合わせてないんですが、今年度は2,100万程度の経費になっております。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 黒田委員。



◆決算特別委員(黒田秀一君) この1年、22年度1年を通じての問題点とかいろいろそういういまの施設に対しての何かないんですかいね。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 西脇総務課長。



◎病院総務課長(西脇親君) やはり病院の中の建物を改造いたしまして、保育所としての機能を持たしております。そのため、一般の保育所のような運動場があったりとかというような設備は当然ございませんので、外での遊びとかというのも、近くの公園に行くとかいうようなことで対応していくというところが、やはり外で元気に遊ぶという子どもたちの思いをなかなかかなえてあげられないということがもう一つ問題かなと。

 それから、できるだけ早朝から夜間までということは対応しておりますし、ゼロ歳児からの保育というのも実践をしております。そういう中で、駐車上等も若干少ないということもありますけれども、車が頻繁に院内の通路を通るということから、部屋で遊ぶについてはいいですけれども、屋外に連れて行くときには若干危険性を伴うかなというところが支障になっているというようなことを聞いております。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 黒田委員。



◆決算特別委員(黒田秀一君) 別の棟になることであって、その院内感染の心配はないと思うんですけども、そういう事例はなかったんですかね。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 西脇総務課長。



◎病院総務課長(西脇親君) 私もこの8月からですので、前年のことはある程度は引き継ぎはしておるんですけれども、院内感染、あるいは中で感染症等の発症というのは、なかったということで聞いております。



○決算特別委員長(土本昌幸君) ほかにございませんか。別府委員。



◆決算特別委員(別府直君) 事務報告書の341ページですけども、主要な医療機器の備品の取得状況についてお尋ねしたいですけど、今回こちらの購入業者の方を見さしてもらうんですけども、前年度ほんのわずかしかなかった業者なんですけども、今回名前はこういう場所なので申し上げにくいですけども、もう半分以上がある会社になってきてるんです。こちらの会社というのはいままで私も議員してるんですけども、余り名前を見なかったような業者なんですけども、どういった関係になるんでしょうか。業者の、もしわかる範囲で、教えていただきたいですけども。余りにも過半数をこのき納入業者が占めてきてますのでね。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 志方用度管理課長。



◎病院事務局用度管理課長(志方信之君) 機器の選定に関しましては、委員長以下の機器選定委員会というもの立ち上げておりまして、そこで協議して機器を選んでおります。それによりまして、その機器を購入するに当たりましては、業者に見積もりをとりまして、その一番安いところから購入しております。たまたまある一定の会社が安く応札されまして、とられたというような状況だと思います。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 別府委員。



◆決算特別委員(別府直君) 病院の医師の方とかは非常にやはりこのメーカーの例えばこの機種が欲しいという、そういった感じで多分指名をされるんじゃないかなと思うんですけども、そういった場合においても例えば随契の方をみましてもほとんどないところを見ると、見積とかきちっとされているとは思ってるんですけども、そういった部分に例えばこの機種が欲しいというときには、いまここに名前が挙がっているやっぱり何社かというのは、そのメーカーのその機器というのは応じて納品できることで応札をされるでしょうかね。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 志方用度管理課長。



◎病院事務局用度管理課長(志方信之君) いまおっしゃられますように、機器はいまの委員会で決まります。それによりまして、その機器を納入できる会社を選びまして、応札をいたしております。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 別府委員。



◆決算特別委員(別府直君) あとは、もちろん機器が入りましたら、それに対しての今度ついてきますよね。外部委託ということで、同じ会社の部分の維持管理というのはまたずらっと契約金額というふうに上がってくるんですけども、やはりそういった場合にはもちろん機器だけでじゃくて、あとのそのアフターというんですか、いろんなそういった部分も加味されながら、やっぱり見積もりとかをされているというふうに判断してよろしいんですか。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 志方用度管理課長。



◎病院事務局用度管理課長(志方信之君) 先ほどの機器選定委員会で、機器の種類だけじゃなく、後の保守、また必要な薬品等の購入も含めまして決めております。ですから、その機器を購入された業者に後の保守が随契という格好で結ぶという格好になっております。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 別府委員。



◆決算特別委員(別府直君) それでわかったんですけど、もう一度確認したいんですけども、こちらのたくさん入れているもちろん営業力もあると思うんですけども、こちらの会社というのはこれほんま最近に参入してきた会社か、それともずうっと前から病院の方にはアクションをかけてきてた業者なんですか。例えば、昨年はもう3件しか取得状況に上がってない名前が、今回は本当にたくさん出てきてますから、そこを確認したいんです。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 西脇事務局長。



◎病院事務局長(西脇嘉彦君) この会社につきましては、社名変更をしております。ですから、以前から納入していた業者であります。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 他にございませんか。議長。



◆議長(森田博美君) 先ほど、森元委員の方から繰出金についての質問がありましたが、非常に重要な部分として確認をしておきたいと思うんですが、決算報告、説明を受けまして、院長を初め職員の皆さんの努力の成果が改善される数字で出ているということで、感謝をするわけなんですが、監査の方で審査をした意見書の中、32ページについて先ほどの森元委員の質問にあわせて確認をしていきたいと思うんですが、一般会計からの繰り出しをしなければ非常に厳しい状況であるというのはわかるんですが、病院経営としても一般的な経営から見てもそうなるんだろうというふうに思うんですが、やはり内部留保、この意見書の中には損益勘定留保資金が残されてないから、今後減価償却のみならず、新しい機器やら施設の整備等については、地方債、一般会計からの補助金からの繰り出しが必要やということを認識しておきなさいということなんですが、そのときになって繰り出しを増やして対応するというよりも、普段からやはり留保金を持つ状態にしておく方が、病院経営的にはやっぱり信頼度が高くなるという理解でいいですかね。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 西脇事務局長



◎病院事務局長(西脇嘉彦君) いま議長が言われましたように、監査委員さんの方からもそういう体制でいくべきだということで、この意見書の中にも書いていただいております。ですから、病院としましては留保資金をある程度貯えながらいかないと、いつどういう状況で悪化するかもわかりませんので、近隣市の病院を見ましても、それに比べましたらどうしてもそういう金額が少ない状況でありますので、一般会計からのそういう繰り入れ増をお願いしたいと思っております。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 議長。



◆議長(森田博美君) 高度な医療を追求するために、最新の医療機器を購入をして、その減価償却がいまから始まっているんやと、いまから増えていくんやという説明でわかるんですが、まだまださらに新しい機器を購入して、医療技術も含めたアップを目指していく、それが病院としての患者に対する期待を高めていくということになろうというふうに思うんです。その病院事業の概要の中にも、監査委員の方からはさらに医療サービスの充実のために、改革プランに従って経営改革を進めて、さらなる医療機器、医療職員等の充実を望むところであるということなんです。現在、新しい機器を入れてその減価償却に追われる状態だというのはわかるんですが、もっとやっぱり充実さしていこうというのは、病院としてはその方針はあるわけですか。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 西脇事務局長。



◎病院事務局長(西脇嘉彦君) そういう思いで、この23年度も電子カルテを導入しております。これは総額で約5億いっております。これも、また25年ぐらいから増えてくるものでありまして、ですからその市民サービスにつながるものということで、電子カルテを導入し、そして市民にサービスを提供したいということで、病院の方もご努力をしております。

 これつきましては、何も入れたから補助金もあるわけではないですし、診療報酬の分がそれによってアップするわけではございません。ですから、本当の病院の持ち出しが丸々5億出しております。それだけを入れて、病院を何とか医師が勤めやすいそういう職場づくりをして、市民のためになる病院をつくりたいと考えてやっております。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 議長。



◆議長(森田博美君) 来年度から医薬分業で院外処方ということの方針も、我々説明を受けておるわけなんですが、その説明の中では病院として売上という言い方がいいのかどうか、それが落ちると。当然、薬品を触らないわけですから、そういったことはやっぱり病院経営的には、どうなっていくのか、もう一度確認をさせていただきたいと思います。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 西脇事務局長。



◎病院事務局長(西脇嘉彦君) いまですと薬価差益分で、数字でいますと四、五千万いま上がっております。これがいま国の方では消費税を上げるとかいろいろ言われております。これは消費税が上がりますと、差益分が一遍に飛んでしまいます。そういう先のことを見ますのと、それから来年24年に診療報酬改訂あります。この場合に、病棟への薬剤師に対するそういう手当についても出てきますので、そういうのを見ながら、若干そっちのある方へ向けていった方がいいんじゃないかということで、来年院外処方に持っていこうという結論は出ております。ですから、いろんな面を考えながら、若干マイナス面もありますけども、全体病院のことを考えますと、院外処方も一つの考え方であるということで、近隣市に合わせた状態に持っていっております。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 森田議長。



◆議長(森田博美君) これで最後にしますが、先ほど病院としては10億要求をしておるけれどもという答弁もありました。少なくとも24年度からは2億の追加をということなんですが、この33ページには、上から4行目ですね、3行目、4行目、病院事業の向上と医療者のモチベーション維持を図るため、繰り出し基準に応じたという、この繰り出し基準というのは何が基準はあるんですか。

 先ほど、市長もしっかり病院の状況も把握した上で対応していくということなんですが、遠慮して病院の方から市の財政状況も心配をされて、遠慮をして数字を出されておるのか、もっと希望をされて短期間の間に他の周辺の新しい病院が建てられる、そんな中で加西病院としてしっかりとした体制をつくっていく、財政的にも強化をしていく、そうでなければ存続についても危惧される状況が出てくるのは、もう皆共通認識として持っておるわけですから、もっと希望があればそれをお聞きをしたい。ここでいう繰り出し基準というのに照らして、どういう状況か、繰り出し基準がどんなものか教えていただきたいです。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 西脇事務局長。



◎病院事務局長(西脇嘉彦君) 交付税の算定でありまして、1床当たりその単価が幾らかというのも国の方で決めております。これが、21年度で1床当たり59万4,000円というのが、22年度では70万1,000円ということで、この交付税算定基準の額も大方10万近く上がっております。それで10万近く上がってるのに、かつ交付税繰入額が6億、6億、一緒だというのが、こちらにしてはどうしてもおかしいと思うんですね。

 ですから1床当たり10万上がってるんであれば、266床ありますので、それに対する10万かけた分の額が上がれればいいんですけど、これは22年度がそういう数字が出ておりますので、ですからこういう根拠に基づいて病院の方は、10億という数字を出しております。23年度では11億という数字にもなっておりますので、そういう交付税算定基準がありますので、それに基づいて要求をしているものでありまして、何もこちらがこれだけ要るからという最低の不足分を請求しているわけではないわけですので、地方交付税に基づく交付基準に基づいて、繰り入れの要求はしております。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 森田議長。



◆議長(森田博美君) 病院における皆さんの努力に加えて、繰り出し金を単純に増やせば、こういった経営的な数字、分析数字も改善されて数字もよくなっていくんだろうというふうに思うんです。それだけではなしに、やっぱり病院として将来的な部分を考えると、繰出金はやっぱり増やしていかなければいけない状況だというふうに思いますので、市長の方にそれをしっかりと要望しておきたい。

 それが1点と、先ほど未集金のことも出てました。お金がなかったら病院にかかられへんという状況が、そういうふうに受けとめられる意見でもあったというふうに思うんですが、それはやっぱり病院としてはしっかり治療をすると、医師法に関係する部分もありますという答弁でした。やっぱり病院にかかって、患者に対しては精いっぱいの対応をしていただきたい。しかし、一方で病院の経営については未集金は一時に支払うというのは病気をし、経済的な部分でしんどい部分もあろうというふうに思いますが、回収金はできるだけ時間をかけてでも回収をするように、さらに努力をしていただきたいということを、この2点を要望をして、もう答弁はいいです。終わります。



○決算特別委員長(土本昌幸君) ほかにございませんか。(なし)

 じゃ、意見もないようですのでこれで質疑終わりまして、続いて討論に移ります。ご意見なる方ございませんか。(なし)

 ないようですので、討論を終結いたします。

 お諮りをいたします。これより採決を行いたいと思いますので、議案第78号平成22年度加西市病院事業会計の決算認定については、認定することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○決算特別委員長(土本昌幸君) 異議なしと認めます。よって、平成22年度加西市病院事業会計の決算認定については、認定することに決定をいたしました。

 ここで病院事務局職員の方は、退席していいただいて結構であります。なお、その退席がありますのでここで休憩をとりたいと思います。10分間の休憩で再開は、30分からにいたします。お願いいたします。

     11時20分 休憩

     11時30分 再開



○決算特別委員長(土本昌幸君) それでは休憩を解きまして、委員会に戻します。



△議案第69号 平成22年度加西市一般会計の決算認定について



○決算特別委員長(土本昌幸君) 次は、日程第2、議案第69号平成22年度加西市一般会計の決算認定についての建設経済厚生委員会所管部分を議題といたします。市民福祉部所管について審議を行います。片岡社会福祉課長。



◎社会福祉課長(片岡建雄君) 失礼をいたします。一般会計の審議していただく前に、一部資料の修正をお願いしたいと思います。お手元にお配りしております平成23年度決算特別委員会追加資料の方をごらんください。6ページの方ですけれども、ナンバー68、69民生委員児童委員協議会活動委託契約並びに民生委員児童委員活動委託契約の2点でございますけれども、契約金額につきまして699万5,000円とありますところを、695万6,000円。繰り返します。699万5,000円とありますところを695万6,000円。

 続きまして、その下段の方ですけれども120万とありますところを119万3,000円に。繰り返します、120万のところを119万3,000円に修正をお願いいたします。

 あわせまして、31ページでございます。随意契約の一覧表の方26、27につきましても、同じ金額を計上しておりまして、民生委員児童委員協議会活動委託契約につきましては699万5,000円を695万6,000円に、民生委員児童委員活動委託契約につきましては120万を119万3,000円に訂正をお願いいたします。

 これにつきましては、内容を精査せずに委員会の方にお出ししましたこと、お詫びした上で訂正をよろしくお願いいたします。

 以上です。



○決算特別委員長(土本昌幸君) わかりました。それでは質疑に入りたいと思います。質疑のある方ございませんか。長田委員。



◆決算特別委員(長田謙一君) 失礼します。6ページの77、善防園の委託管理を社会福祉協議会が、金額が非常に多いんですが、6,508万8,000円の金額なんですけども、これぐらいの金額非常にずば抜けて多いという、これは恐らく人件費も入ってると思うんですが、メリット等を聞かしていただきたいなと思うんですけど。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 片岡社会福祉課長。



◎社会福祉課長(片岡建雄君) メリットということでございますが、善防園につきましてはいわゆる市立の施設ということで、市の方が直接運営をしてまいったところでございますけれども、従前におきましては直営といいながら介助員等の主な職員につきましては、社会福祉協議会より職員を派遣していただきまして、事業を運営しておったというところがございます。そういった中で、職員を派遣をしながら直営でやっているというふうな関係はありましたが、いわゆる指定管理者制度というものができましたところで、そういった職員も含めて、直接社会福祉協議会の方に事業運営そのものもあわせてお願いをするというような形をとりました。

 そういう関係で、先ほど申しましたように、市でをやりながら職員を派遣していただくというようなところで、関係が若干あいまいなところもありましたが、社会福祉協議会の方に直接お願いすることによりまして、責任等の明確化も含めて事業実施に積極的に取り組んでいただいているという状況が最近ありますところから、そういったところがメリットになっておるというふうに考えております。

 以上です。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 長田委員



◆決算特別委員(長田謙一君) これはいまは社会福祉協議会が全部職員等を派遣という形と認識してるんですが、いま福祉会館は市の職員は1名ですか。市の職員、市からの職員は1名と聞いてるんですが、それでいいんですか。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 片岡社会福祉課長。



◎社会福祉課長(片岡建雄君) 現在、市の職員1名行っておりますのは、社会福祉協議会本体の方の運営等について、社会福祉協議会の方からの要請がありまして派遣をしております。健康福祉会館の運営につきましては、社協の方でやっておりますが、それについては直接その職員はタッチしておりません。

 以上です。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 長田委員。



◆決算特別委員(長田謙一君) これ実際のことをいって、金額は恐らく6,500万余りの金額ですと、ほとんど人件費と認識してるんですけども、市の職員が以前は市の職員がやっとったと確認してるんですけども、これ一応この管理、社協が管理という、委託管理という形であれば、出所というですか、お金は一緒やと認識するんです。だから、市の職員がそういう形をとってもいいんやないかなと思うんだけども、その辺のお考えはどうですか。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 片岡社会福祉課長。



◎社会福祉課長(片岡建雄君) 確かに、健康福祉会館設立当初は職員を置いてそこで運営をしていただくということでやっておりましたが、職員の職員数の削減等々といったところ、他方社会福祉協議会さん自体が設立当から下で事務所を構えていただいているというような関係から、直接事業運営と会館運営等をしていただくということにしたものでございまして、現在のところはそれを再び職員を派遣するといいましても、なかなか職員数も非常に厳しいところから難しいものがありまして、そういった意味におきましては引き続き社協さんを含む指定管理事業者さんに、管理をお願いしたいというふうに考えております。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 長田委員。



◆決算特別委員(長田謙一君) 同じく、78の福祉会館の管理運営も社協さん、いまもおっしゃってた社協さんが管理委託という形になってると思いますが、福祉会館においてもそういう形ですると市民にプラスになっておりますでしょうか。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 片岡社会福祉課長。



◎社会福祉課長(片岡建雄君) 先ほども申しましたが、健康福祉会館につきましては、そういった形で市の方の職員を削減ということについてメリットがありますほか、やはりそういった市民会館を活用した事業といったものも含めて、社協さんの方で精力的に行っていただいているという部分がありますので、そういった意味ではメリットがあるというふうに考えております。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 長田委員。



◆決算特別委員(長田謙一君) それと、同じく次のページの87ページの84、87、90、91もこれ社協さんが一応委託管理されておりますけども、これも同じようなメリットと考えてよろしいんですか。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 山本長寿介護課長。



◎長寿介護課長兼地域包括支援センター所長(山本和孝君) 失礼します。まず、84番でございますが、敬老月間ふるさと芸能大会の事業につきましては、加西市社会福祉協議会ではなくて、加西市老人クラブ連合会さんの方へ委託しておりますので、一言そのことだけ申し添えさしていただきます。

 あと、87番、90番、そういった社会福祉協議会さんへお願いしています事業、委託事業につきましては、87番についてはいわゆるいきいき・はつらつ委員会を初めとする地域福祉活動に対するものでございます。また、90番につきましては配食サービスというか、お弁当の配達のサービスを実施していただいてるものでございまして、非常に安い費用で市民の方にご利用いただいているという点において、一定効果があるのかなというふうに考えております。

 以上でございます。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 長田委員。



◆決算特別委員(長田謙一君) 申しわけございません、84番は老人会でしたね、申しわけございません。このこともあとでちょっとお聞きしたいんですけども、実際私もきょう朝、この77番、78番の金額が余りにも大きいもので、中身をちょっと見せてほしいなという形で、また後で昼からになるということをお話聞いてますので、その辺もまたご質問させていただきたいと思います。

 それとごめんなさい、同じく84番、加西市老人クラブ連合会、これが委託しとる、300万で委託しとるということなんですけども、いままで市の芸能、市内の方が芸能関係をやっておられたみたいで、去年ですか。新屋一座という芝居の実施という形をとってるみたいなんですけども、この方のこれも同じくどういうような決算になっておりますでしょうか。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 山本長寿介護課長。



◎長寿介護課長兼地域包括支援センター所長(山本和孝君) 失礼いたします。22年度の敬老月間ふるさと芸能大会の決算資料については、お手元の方へ、午後に資料を一緒に提出させていただく予定となっておりますので、よろしくお願いいたします。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 長田委員。



◆決算特別委員(長田謙一君) それと、これは私もちょっとお聞きしたんですけども、このバザーについても市内の産物を提供するということを聞いとったんですけども、何か日本海の食材が来とったようないうことをお聞きしたんですけど、これはどういうような形でこういうものが入ってきたんですか。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 山本長寿介護課長。



◎長寿介護課長兼地域包括支援センター所長(山本和孝君) バザーにつきましては、老人クラブ連合会さんの方が主催でしていただいてまして、基本的には各単位老人クラブさんを通じての会員の皆様方から提供して持ち寄っていただいた品物等でバザーをやっているということで、そこである特定の事業所さんが一部場所を提供されてというのは、ちょっと私どもでは把握してない、直接老人クラブ連合会さんとお話されてやっておられることで、ちょっと市の方は把握しておらない状況なんです。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 長田委員。



◆決算特別委員(長田謙一君) 最初に何か取り決めというんですか、お話の中で少し耳に挟んだんですが、加西の産物を中心にバザーをするとかいう話やったやつが、どこでどう間違うたのかその日本海の物産がかなり来ていたと。これだれかの紹介ですか。それとも、だれか議員の口利きか何かあったんですか。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 山本長寿介護課長。



◎長寿介護課長兼地域包括支援センター所長(山本和孝君) ちょっとすみません、私、把握してないので、また確認しておきたいと思います。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 他にございませんか。別府委員。



◆決算特別委員(別府直君) この追加資料の7ページ、それの85番ですね、この生活支援ハウスの運営事業、これについてちょっと内容は書いてあるんですけども、こちらの委託業者ですね、こちらの方が任されてるんやけども、もうちょっとこのあたりについて詳しく説明いただけませんか。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 山本長寿介護課長。



◎長寿介護課長兼地域包括支援センター所長(山本和孝君) 失礼いたします。こちらの生活支援ハウス、高齢者生活福祉センター運営事業につきましては、社会福祉法人しあわせ福祉会さんの方へ委託しております。特別養護老人ホームに隣接して、この生活支援ハウスを設置していただきまして、そこに定員10名、現在7名の方が生活していただいております。65歳以上の一人暮らしの方、あるいは高齢夫婦の方等で、特別その施設に入るまででもないんだけども、一定生活の支援を受けながら、ある程度は自立した生活ができる方が、そちらの方で生活していただいていると。それに対する委託でございます。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 別府委員。



◆決算特別委員(別府直君) 失礼ですけども、これ場所どちらの方でされてますかね。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 山本長寿介護課長。



◎長寿介護課長兼地域包括支援センター所長(山本和孝君) 特別養護老人ホーム加西の里さんのところにございます陽だまりの家というのがこの施設の名称でございます。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 別府委員。



◆決算特別委員(別府直君) 例えば、その設置というか、この内容から見れば結構需要というのもやり方によっては多いと思うんですけども、こういったものがいま1カ所だけでされてるんやけども、こういったものも例えば加西市にあるほかの施設でも運用とかいう検討はされたことはあるんでしょうか。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 山本長寿介護課長。



◎長寿介護課長兼地域包括支援センター所長(山本和孝君) この施設についての同種の施設といいますか、そういったものをについてはちょっと検討というものは私をよく把握してないんですけども、あとこれだけの施設ではなくて、例えば認知症の方のグループホームであるとか、あるいは介護保険事業などの適用があります地域密着型の小規模多機能居宅介護の事業であるとか、そういった地域であるいは日常生活上でそういった支援の必要な方のための施設みたいなものは、一定順次整理してきてますし、今後またそういったものも含めて、介護保険事業計画、今後の事業計画も含めて、介護保険事業計画の中で順次そういったものを計画していくというような形になろうかと思っています。



○決算特別委員長(土本昌幸君) よろしいですか。三宅委員。



◆決算特別委員(三宅利弘君) 事務報告書の105ページですね。障害者福祉についてお尋ねしたいんですけども、障害者福祉のサービスですね、これより充実されてきめ細やかなサービスをしていただいてるというふうに理解します。そういった中で、相談支援センターですね、このやすらぎというところで相談支援業務をされております。

 それと、この決算書の119ページの当然10目の障害者福祉ですね、そのうちの13節の委託料、このうちの相談支援事業委託料969万円、これとリンクはするでしょうか、まずその辺からお尋ねしたいんですけど。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 片岡社会福祉課長。



◎社会福祉課長(片岡建雄君) おっしゃるとおり、いわゆる障害者の相談支援業務ということで委託をしておりまして、その金額が議員おっしゃいました969万円でございます。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 三宅委員。



◆決算特別委員(三宅利弘君) 障害者の方々、親御さんとかそういった方々の当然そういう普段困っておられる方が相談に来られるというふうに思うんですけども、件数ぐらいは聞いてもよろしいですか。内容はちょっと別しまして、何件ぐらいのご相談があるんでしょうか。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 片岡社会福祉課長。



◎社会福祉課長(片岡建雄君) 事務報告書134ページにございます3番地域生活支援事業は、相談支援機能強化事業ということで書いております部分、これが基本的には相談業務受付件数ということでございまして、相談件数、延べ件数で年間4,863件、月別に直しますと約400件程度ということになります。

 以上です。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 三宅委員。



◆決算特別委員(三宅利弘君) 自立に向けたご相談という部分もあろうかと思うんですけども、自立支援に向けていろんな市からの援助とか、そういった部分についての相談とか、それから市の方の対処ですね、どういったことをされておりますか。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 片岡社会福祉課長。



◎社会福祉課長(片岡建雄君) 個別の内訳まではちょっといま手持ちにありませんけども、福祉サービスの利用であるとか、一般的な健康医療相談、それから不安になってそういったことを相談に来られる方といったことがございまして、いわゆる障害者関係の相談全般に乗っていただいているというところでございます。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 三宅委員。



◆決算特別委員(三宅利弘君) それからもう1点、その保護処置についてお尋ねしたいというふうに思うんです。保護世帯ですね、これが事務報告書の139ページに出ております。22年3月31日現在で、141世帯から22年度ですね、要するに、155世帯というふうに増えております。これは保護世帯、当然守っていってあげなければいけない方々だというふうに理解しますけれども、都会の方へ行けば不正といいますか、そういった部分も見受けられます。多分そんなことないというふうに理解をしますけれども、保護世帯の判断基準ですね。どういったことを基準として査定をされておるのか、その辺からちょっとお聞きしたいと思います。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 片岡社会福祉課長。



◎社会福祉課長(片岡建雄君) 保護世帯につきましては、139ページにもありますとおり、22年から23年つきまして、世帯数で14件の増となっておりまして、23年度におきましても若干微増傾向にあるというところでございます。いわゆる保護に至るまでの間ということで、ちょっと簡単なご説明で申しわけございませんが、基本的にはご本人さん、もしくは民生委員さん等々からのご相談がありまして、その方につきましてのいわゆる収入状況、資産状況、それから親類、兄弟等々の援助の状況と、要するに支援が可能かどうかといったところを判断をさしていただきます。

 そういった中で、特に預貯金につきましては金融機関等の紹介、それからいわゆる親戚につきましては、いわゆる金銭的な支援が可能なのか、もしくは精神的な支援にとどまるのかといった照会も含めてさしていただいております。そういった中で、真に生活保護が必要なのかどうか、時期をある程度経過すれば年金等の支給が始まって、自立が可能といったようなケースの場合は、例えば社会福祉協議会の生活福祉資金の貸し付けといったところへの相談といったことも含めて相談をしておりまして、そういったところでなかなか生活状況が厳しいという方について、初めて生活保護支給を認めるといったような流れで、対応をさしていただいているところでございます。

 以上です



○決算特別委員長(土本昌幸君) 三宅委員。



◆決算特別委員(三宅利弘君) これは、対象は日本人の方というふうに理解をするんですけど、外国人の方は対象にはならないというふうに理解してるんですけど、それでよろしいですか。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 片岡社会福祉課長。



◎社会福祉課長(片岡建雄君) 外国人も対象になります。



◆決算特別委員(三宅利弘君) 対象になるんやね。



◎社会福祉課長(片岡建雄君) はい。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 三宅委員。



◆決算特別委員(三宅利弘君) 外国人の方で、その辺が本当に難しい判断基準があろうかというふうに思うんですけど、日本人の方でありますと親類縁者とかそういう部分は把握しやすいと思うんですけども、その辺はどのように調査をされてしよるんですかね。外国人の方。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 片岡社会福祉課長。



◎社会福祉課長(片岡建雄君) ちょっと実際どういう対応するかについては、また後刻ご報告させいただけたらありがたいのですが、ちょっといま手元にございませんので、ただ、現在ずうーっと保護ケースということで回っている分につきましては、ちょっと外国人、ちょっと在日の韓国人の方はどうかわからないんですが、ちょっと対象には上がってないのではないかというふうに考えております。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 三宅委員。



◆決算特別委員(三宅利弘君) いま現在は外国人の方の保護世帯の方はいらっしゃるんですか。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 片岡社会福祉課長。



◎社会福祉課長(片岡建雄君) 待ってください、それも含めてちょっといま資料を持っておりませんので、改めてご報告させいただきます。



○決算特別委員長(土本昌幸君) よろしいですか。審議の途中でありますけれども、ここで昼食のために休憩といたします。再開は1時といたします。よろしくお願いいたします。

     11時57分 休憩

     13時00分 再開



○決算特別委員長(土本昌幸君) それでは休憩を解きまして、午前中に引き続き市民福祉部所管について審議を行います。片岡社会福祉課長。



◎社会福祉課長(片岡建雄君) 失礼いたします。午前中に外国人の生活保護についてご質問が2点ありまして、それにつきまして先にご報告をさしていただきたいと思います。外国人の生活保護につきましては、いわゆる法による適用の対象となっておりません。しかしながら、厚生省の方より通知がありまして、当分の間、法による保護に準ずる取り扱いをすることとされておりまして、外国人につきましても同様の保護の措置をしているところでございます。なお、対象となる外国人につきましては、適法で日本に滞在し活動に制限を受けない永住、定住等の在留資格を有する外国人ということになっております。なお、現在加西市の方で生活保護を受給しております外国人については、1名おります。

 以上です。



◆決算特別委員(三宅利弘君) わかりました。



○決算特別委員長(土本昌幸君) それでは、質疑のある方ございませんか。長田委員。



◆決算特別委員(長田謙一君) 午前中の三宅委員議員の関連ですが、生活保護をいま午前中に課長の方から金融機関に残高の資産の照会をするというようなお話を少し聞いたのですが、加西市としましてその残高という金額ですね、どのような形で、例えばいまでしたら11月ですね、11月はまだ終わってませんので10月の末現在で残高を紹介してほしいと金融機関に依頼されておるんですか。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 片岡社会福祉課長。



◎社会福祉課長(片岡建雄君) 通帳の残高照会につきましては、一定の時点の残高ということで紹介をしておるところでございます。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 長田委員。



◆決算特別委員(長田謙一君) 実は非常にその辺が生活保護を不正受給する盲点になっているように私は考えるんですけども、実際、残高ということになりますと、10月の末で残高がほしいという形で、生活保護をもらうという市民であれば、各銀行に行って解約してくるようなケースがございます。だから、私の考え方としましては、例えば23年の1月1日から10月の31日までの預金の動きという形のもの出してほしいと金融機関に依頼される方が、不正受給は少なくなるんじゃないかと思うんですが、いかがですか。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 片岡社会福祉課長。



◎社会福祉課長(片岡建雄君) 確かに、いわゆる通帳、預金の流れというものについて、金融機関によってはそういったものも含めてご報告いただいているところもあるところでございまして、一定検討の余地があるかなと思います。

 ただ、生活保護受給の流れの中で、一定ちょっと担当に確認をいたしまして再度ご報告させいただきたい事項がありまして、いわゆる金融機関の照会をさしていただく前に、一たんご本人さんの方から通帳の提出を受けまして、その内容を事前に確認をした上で、念のため金融機関に残高の照会にかけております。そういった中で、ご本人さんが持ってこられなかった金融機関の残高がある場合には、再度その漏れについても通帳の提供を受けて、金額等の確認をしておるということを聞いておりまして、そういった中である一定いわゆるお金の流れというものが確認できようかと思いますが、今後さらにそういったいわゆる不正受給に対するチェックということについては、注意をしながら業務を進めてまいりたいというふうに思います。

 以上です。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 長田委員。



◆決算特別委員(長田謙一君) いこういう景気の低迷する時期、大阪なんかは生活保護は毎年増えておると、ことしに関しては日本一やというような報告も出てます。ご他聞に漏れず、恐らく近隣県内は恐らく増えておるようなことやと思うんですけども、現実にやはり不正受給というのを私も以前の仕事から、そういう形のものを確認してきましたもので、できれば市民の税金から生活保護というのは出されるべき資財なので、できたら預金の動き、流れですか。銀行によってはさほど残高照会をするにも、預金の動きを調べるのに余り手間暇かかりませんので、できたら一定の期間、半年なら半年、いまの機械であれば3カ月間はプールして機体上に持っていると思うので、半年出そうと思ってもセンターに問い合わせば半年であろうが1年であろうが出てきます。だから、その件はさほど時間はかかりませんので、できれば不正受給をなくすためには、そのぐらいの配慮があってもいいやないかとな思うんですが。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 片岡社会福祉課長。



◎社会福祉課長(片岡建雄君) 議員さんご指摘のとおり、生活保護受給世帯につきましては、今年度におきましても若干増えているというふうな傾向でございます。そういった中で、不正時給を防ぐということで、ご指摘にあった点も踏まえてより一層いわゆる預金等の流れについても正確に把握をした上で、保護決定を打つというふうなことについては、引き続き努力してまいりたいと思います。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 別府委員。



◆決算特別委員(別府直君) 関連してなんですけども、その保護なんですけども、例えば事務報告書の140ページ、ここでその保護停止の理由ということで、働きによる収入の増加取得ということが9件あったと。基本的には働けるのにできてないということに対して、市としては働いてもらうようにやってるというふうに前に聞いたことがあるんですけども、実際にここには働けたというふうに解釈するんですけども、そう対象者というのは何件ぐらいあるんでしょうかね。働けるのに働けていない、その部分なんですけども。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 片岡社会福祉課長。



◎社会福祉課長(片岡建雄君) 申しわけございません。ちょっと全世帯中の稼働世帯数については、いわゆる就労の可能な、基本的には60歳未満ということになりますが、ちょっといま持ち合わせておりません。申しわけございません。ただ、いわゆる働きによる収入の増加取得というこれつきましては、新たな就労、それから一定程度収入が保護費を上回った場合について、一たん保護費を切るといった流れの中で対応しております。

 他方、現在就労支援委員というのを別途新たに設けておりまして、いわゆる生活保護受給者のうち、稼働年齢の方については、支援員によって積極的にハローワークと協働しながら、就労に結びつけるといった形で努力をしておりまして、昨年度も3件だと思いますけども、そういった形で就労に結びつけるという実績がございまして、今後ともそういったことについては努力をしてまいりたいと思います。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 別府委員。



◆決算特別委員(別府直君) その支援員さんですけども、その対象者とどういった頻度で会われながらされてるんですかね。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 片岡社会福祉課長。



◎社会福祉課長(片岡建雄君) 特に、やはり月に一遍ぐらいは対象としてかかわっている部分については、いわゆるハローワークに行くなどの就労活動をやっているということについては報告を受けております。生活保護の中ですね。そういった中で、いわゆるその方の希望に合ったような就業先といったものがあれば紹介するなど、それから家庭を訪問してまず就労の前提として、やはり規則正しい生活をやっていただくと。規則正しく定めれた時期にハローワークに行っていただくなどの生活改善等も含めて、指導していただいているところでございます。



○決算特別委員長(土本昌幸君) いいですか。ほかにございませんか。別府委員。



◆決算特別委員(別府直君) では、続きまして同じくその事務報告書の116ページなんです。こちらの人権教育と啓発事業についてちょっとお尋ねしたいです。市内において、この町別学習会、そして地区別人権学習会、これをされてるわけでございます。その中で、町別学習会なんですけども、ここには77町で延べ1,619人が参加されたという数字が出てるんですけども、こちらの人数ですね。例えば、一番少ない参加者があった町、町名は結構ですけども、何人ぐらいなんですか。多分、私も町によってばらつきがあると思うんですけど、非常に少ない町もあり、また結構参加者の多い町もあると思うんですけども、少ない方というのはどういった感じなんでしょうかね。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 志方ダイバーシティ推進課長。



◎ダイバーシティ推進課長兼主任指導主事(志方正典君) 町の大きさ等にもよりますけれども、少ないところでしたら役員さんというような形で、10名ちょっと切るときはあります。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 別府委員。



◆決算特別委員(別府直君) 実際、こちらの街角フォーラムをされる場合ですと、担当の方も出ていかれて、講師さんも出ていかれていろいろされていると思うんですよ。かねてからこういった指摘はしてるんですけども、やはりこういった人権学習についてより多くの参加者が集まっていただけるような策を考えないかんと思うんです。なかなかこれ変更はされてないと思うんですけども、実際のところどういうふうに参加人数を増やす、そういう手だてというのは毎年毎年検討されてますか。それをお聞きしたいんですけど。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 志方ダイバーシティ推進課長。



◎ダイバーシティ推進課長兼主任指導主事(志方正典君) 街角フォーラムですけれども、町を中心に行うということで、やはり町の代表であります区長様を中止に呼びかけていただくような形をとらしていただいております。

 内容につきましては、こちらから働きかけということで、公民館指導員さん、また私どもを通じまして、どのような内容をやるかというような、啓発ビデオを中心にやってるところが多いんですけど、その内容がわかるように、こういうテーマで話し合いますということを、昨年、一昨年に比べてより詳しくわかっていただけるような内容、それからただ話を聞いて帰るわけでなく、昨年からちょっと色の違ったカードを取り入れて、自分の意思を出すというんですか、その考え方に賛成だ反対だというような意思表示、せめてそれぐらいしていただこうということでやっております。

 ただ、ちょっと難しいことについては、やはり個々にまでアプローチしにくいという点があるかと思うんですけれども、やはり代表の方を通じてということで、地域によって温度差が結構あって、もう必ず各そこの自治体の戸数近く集まっていただける町と、それから大きい町で実際具体的に言いますと10%いかないような町もございます。そういうところについては、やはり行政の流れからいって、こちらの努力も必要かと思うんですけども、区長さんを中心に声かけしていただくという、ちょっとそのやはり紙ではなくて実際の言葉での働きかけというんですか、そういうものをしていただけたらありがたいというふうに考えております。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 別府委員。



◆決算特別委員(別府直君) ところで、こちらのこの街角フォーラム、これを例えば町でされている何かの行事かイベントというか、そういったものにくっつけてされているような事例はありますか。単発じゃなしに、例えばより多くの方に参加してもらいたいということでね、町が行ってるいろんなイベントがありますよね、行事なんか、それらに合わせてより多くの人に参加してもらうと、そういったところをやっている町というのはございますか。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 志方ダイバーシティ推進課長。



◎ダイバーシティ推進課長兼主任指導主事(志方正典君) 市内で答えさせいただいたらよろしいですか。時間帯が、大人、成人が中心だということで、参加できる夕方というのが大体ほとんどです。中には、土曜日、日曜日に特にやってもらいたいという希望がありまして、そちらに変えてるところもございます。中には、青少年育成会の会と一緒にということでしていただいてるところもございますが、ただ、内容が人権学習会と青少年育成会でしたら、似てるようなんですけれども、なかなか人権意識というところまで迫るにはちょっと難しいところがありまして、なかなか行事、他行事と一緒にするということで、ちょっと難しい側面もございます。

 以上でございます。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 別府委員。



◆決算特別委員(別府直君) ぜひ、こういった。町別学習会をこれからもやっていくというならば、新たなやっぱりそういう手法も考えながら、やっぱり1人でも多くの方に参加してもらうというのは大切だなと思うんです。いままで多分時間的にも1時間半とかのペースでされているのかなと思うんですけども、時間配分等も含めてやはりきちっとやっぱり1人でも多くの方が参加してもらうということを今後考えていただきたいなと思います。これは要望で結構でございます。



○決算特別委員長(土本昌幸君) ほかにございませんか。森元委員。



◆決算特別委員(森元清蔵君) 事務報告書の112ページの住基カードの件についてお聞きをいたします。ことしは、無料交付ということでされたようですが、無料で申請された方は何人おられましたか。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 内藤市民課長。



◎市民課長(内藤利樹君) 住基カードの無料化に伴います発行枚数は、昨年度は663枚となっております。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 森元委員。



◆決算特別委員(森元清蔵君) それはそしたら(3)公用無料交付のこの中の欄のことですね。それで、基本的には住基カードのいま発行枚数は何枚になっていますか。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 内藤市民課長。



◎市民課長(内藤利樹君) 平成22年度の3月31日現在ですけども、1,712枚となっております。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 森元委員。



◆決算特別委員(森元清蔵君) 結局、いろいろ奨励してもなかなか広がらないということと、それからこの住基カードを使っていろいろ証明を申請された件数というのはわかりますか。住基カードが実際にどう使われているかというところなんですが、発行しても使われてないのかどうかという、そこら辺なんですが。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 内藤市民課長。



◎市民課長(内藤利樹君) 住基カードにつきましては、多目的利用ということが考えられるわけですけども、加西市はまだその多目的利用を行っておりません。したがいまして、利用としましては、本人確認という程度で、それを使った件数というのは数字は把握しておりませんけどもわずかではないかと思っております。



◆決算特別委員(森元清蔵君) 最初住基カードのメリットとして住居変わった場合に両方へ行かなくて一ヶ所で済むとかいうメリットを言われてましたが、結局、そのカードがどう使われているかというのは、把握はそういうのはできないんですか。どういうところで利用されているか、本人確認はそれぞれでされているというふうにしか思えないんですが、どういう利用はされているんですか、いま。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 内藤市民課長。



◎市民課長(内藤利樹君) 先ほども申し上げましたとおり、本人確認という意味以外は、他市で住民票をとられたとかいう件数も確かにありましたけれども、恐らく1件か2件程度であったかなと記憶しております。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 森元委員。



◆決算特別委員(森元清蔵君) 結局、住基カードをつくるときから問題になって、すごいシステム費用はかかったんですが、それに対してメリットがないのではないかということで、導入のときにも議論になったんですが、結局いまとなってもそういう利用をされてないという現状の中で、市としても上部に向かって物を言う必要があるのではないかと思うんですね。そこら辺、ほかの動きというか、住基カードについての動きのそういう連帯みたいな、そんなんありますか。物を言うところはあるんですか。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 内藤市民課長。



◎市民課長(内藤利樹君) 議員さんおっしゃるとおり、このメリットが見えてないということで、阪神間では多目的利用ということで、例えば図書カードとか印鑑登録証明書を兼用したりとか、そういうことをやっておられまして、かなりの普及率を上げておられるんですけども、現実問題としてシステム開始料につきましてはもう何千万単位、さらに毎年維持費として数百万単位要るということで、としもやないけども加西市の財政状況では無理かなと考えております。

 総務省を管轄なんですけども、なかなかそれを言う場所もありませんで、国で論議されております社会保障と税の一体化いいますか、番号制度といいますか、そういった形で非常に住基カードは使用されるというふうに聞いておりますけども、その動向を見ながら今後また検討していきたいと考えております。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 森元委員。



◆決算特別委員(森元清蔵君) 結局無料にしても663名申し込まれて、結局つくっても利用価値がいまとしてはないとしか言い切れなくて、市としてもこれどうしてもつくってくださいよとも言えないというか、利用価値がないようなことだと思うんですが、そこら辺の見解はどう思われてますか。これからも市民につくってくださいよという広報はするつもりがあるんですか。結局、使われてない、利用価値がないというふうにしか思えないんですが、そこらはどうでしょう。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 内藤市民課長。



◎市民課長(内藤利樹君) 高齢者の方につきましては、免許証を返納される方がいらっしゃるということで、自分を証明するものが少なくなっているということで、住基カードを勧めております。実際、購入価格1枚1,800円なんですけども、そのうち1,000円程度交付税で戻ってくるだけで、あとは市の持ち出しということで、なかなか厳しいものがありますけども、そういった高齢者の方の本人確認という形を進めていきたいと思っております。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 他にございませんか。別府委員。



◆決算特別委員(別府直君) 事務報告書の150ページですけども、はつらつ委員会、そしていきいき委員会についてお尋ねしたいと思います。22年度、生き生き委員会の方は、下里の尾崎団地自治区の方がされているわけですけども、毎年毎年いま142町のうちの122町ということで、多分推進はされていると思うんですけども、そういった動きはどのようにされていますか。お聞きしたいと思うんですけども。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 山本長寿介護課長。



◎長寿介護課長兼地域包括支援センター所長(山本和孝君) 失礼します。はつらつ委員会、いきいき委員会、こういった地域の福祉を高める運動ということで、具体的には社会福祉協議会さんの方を中心に取り組んでいただいているところが実情でございます。社会福祉協議会さんの方では、まだ全町ですかね。市内全町、こういった委員会すべての町に設置できているわけではないので、まだ未設置の自治会等へ積極的に働きかけをしていただきながら、1日も早く全市にわたってそういった地域の福祉活動、見守り活動を推進していけるようにということで取り組んでいただいております。

 以上でございます。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 別府委員。



◆決算特別委員(別府直君) 151ページにもこの高齢者あったか推進の集いということで、事業費が1,038万から、これが各町とか各町いきいき委員会に委託しているというふうに書いてあります。そういうことをかんがみてみますと、やはりこういう高齢者あったか推進の集いというのは、このいきいき委員会の方々が精力的にやってて、そしてそれが町の中のこういった福祉の部分なんかもしっかりされているというふうに判断する次第であります。だからこそ、そういったものをやっぱり社会福祉協議会とかしっかりと話をして、やっぱり1町でも拡大していただいて、そして地域住民が主体となったこういった集いとかをやっていただくようにお願いをしたいと思うんですけども、どうなんでしょうか。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 山本長寿介護課長。



◎長寿介護課長兼地域包括支援センター所長(山本和孝君) いわゆる高齢者の集いにつきましては、確かにそういった委員会を中心に取り組んでいただいているところ、あるいは町として町の役員会、あるいは婦人の方々、そしてまた老人会の方々も力を合わせてやっていただいているところもございます。別に、必ずしもそういったはつらつ委員会、いきいき委員会でなければいけないということではないので、その地域地域の独自の取り組みでしていただいたら結構かというふうに思っておるんですけども、そういった交流、地域活動の中でそういったどんどん地域のいわゆる福祉力みたいなものが高まってくることを期待しているところでございます。



○決算特別委員長(土本昌幸君) ほかにございませんか。長田委員。



◆決算特別委員(長田謙一君) 午前中から追加資料を請求しておりまして、作成ありがとうございます。こういう形で見せていただくと、数字的なこともわかるんですが、なかなか見えない部分もたくさんありまして、私も何を質問したらいいのかという形に皆議員方々も思われるんでないかと思います。

 まず、善防園の管理運営委託料、追加資料の中でですね、収支内訳表の中において支出の部で、最後当期資金の収支差額、金額が大きいのが出ますよね。決算額で1,020万5,660円という、これはどういう形でこの金額が大きいやつが出てまいりましたか。今後どうされますか。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 片岡社会福祉課長。



◎社会福祉課長(片岡建雄君) 善防園につきましては、22年度から指定管理ということで、社会福祉協議会に運営を委託をしております。確かに、議員ご指摘のとおり資金収支額ということで1,000万、大ざっぱに見ますと、当期の黒字というふうになっているんですけども、出ているところでございますが、善防園につきましては障害者自立支援法の制定に伴いまして、通所授産施設から法適用におけるいわゆる就労支援という形、それから生活支援というふうな事業への衣がえということを、今年度実施をする予定をしております。

 そういった中で、ある一定いわゆる費用の増高等も見込まれるところでありまして、加えて今年度よりいわゆる土曜日の通所の開始というふうなことも計画の中で聞いております。そういった関係で、こういった費用についてはそういったところへの費用充当というふうなことで、決して丸々黒ということで残ってしまうというものではないというふうに聞いております。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 長田委員。



◆決算特別委員(長田謙一君) 恐らく今後の人件費、いまから非常に善防園等なんかに手当、資金等の援助もしかり、また人の派遣という形もかなりできてくると思われるんで、このぐらい残ってもいいのかなと思うんですが、現実にこの資金で見ると、委託料が余りにも大き過ぎるんじゃないかなと。ただ、この分、余剰に出ている分に関しては、また人件費等という考え方でよろしいですか。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 片岡社会福祉課長。



◎社会福祉課長(片岡建雄君) この善防園のこの委託費に関しましては、いわゆる受託事業指定管理料、それから人材の処遇改善事業ということで、国・県の方のいわゆる補助金等々によって運営をしておるものでございまして、特に善防園につきましては、日々の通所者の人数によって、国・県等の助成が出てくるという施設運営の中で委託をしているものでございまして、当然のことながらいわゆる通所者が増えれば、国・県からの助成も増えてくるという形になりまして、それも含めて善防園の方に委託費として渡しているというところでございます。

 ですので、こういった余剰金につきましては、人件費に加えてやはりこちら22年度におきましても、いわれる薪割り等々に必要ということでフォークリフトの購入もしているところでございまして、そういった通所者のための施設、それからそういった機器等の購入といったものに充てていただくものというふうに考えています。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 長田委員。



◆決算特別委員(長田謙一君) これは、そしたら毎年この金額が上がっていくというような考え方ではないですか。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 片岡社会福祉課長。



◎社会福祉課長(片岡建雄君) 今年度の大まかな状況というものもちょっと確認をさしていただいているところでございますけども、今年度につきましては余るということではなくて、ほぼ委託料に見合うような形での支出というふうに聞いております。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 長田委員。



◆決算特別委員(長田謙一君) ということは、この1,020万5,660円いうのは、そのまま残るというような考え方で認識しとってよろしいんですか。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 片岡社会福祉課長。



◎社会福祉課長(片岡建雄君) これにつきましては、そういう余剰金ということではなくて、やはりそういった備品機器等も含めて、施設の充実ということにも使っていただくということで話をしたいと思います。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 長田委員。



◆決算特別委員(長田謙一君) わかりました。私も、先般善防園に行かしていただいたんですけども、ここには介護の資金というんですか、設備いうんですか、もっと立派な設備も投資してもいいんやないかなと思うんですが、ただ、やはり1,000万も残るというような決算の方法では、ちょっとどんぶり勘定じゃないからとも私ら思うんですが、その辺もおいて、しっかり委託料も、予算を組むとかじゃなくて、補正予算を組むということじゃなくて、しっかりした経営という形の認識で、力いっぱいそういう介護の方に携わっていっていただきたいなと思うんですけど、お願いいたします。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 要望でよろしいですか。ほかにございませんか。長田委員。



◆決算特別委員(長田謙一君) 午前中に、ふるさと芸能大会のちょっとだけバザーについてのこともチラッと言わせもらったんですが、そのあたりどうですか。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 山本長寿介護課長。



◎長寿介護課長兼地域包括支援センター所長(山本和孝君) 失礼します。この平成22年度におけるバザーの状況なんですけども、当時の担当にもちょっと確認したんですけども、この資料の中にもありますいわゆる芝居の新屋一座さんを、加西市の方でこの期間芝居公演を実施していただいたんですけども、そちらのつながりというか、こちらの芝居が香美町の方の一座でございまして、その関係でそちらの方の特産品といいますか、物産をというご紹介があっようで、急遽、そのバザーと一緒にそこで実施することになったというふうに聞いております。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 長田委員。



◆決算特別委員(長田謙一君) 香美町いうたら日本海の香美町ですね。確かに加西のものを置かなくて、日本海の物産を置くというような形もそれは非常に結構かもしれませんけども、私が一番危惧しているのは、その新屋一座ですか、その方のだれかの紹介であったんですか。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 山本教授介護課長。



◎長寿介護課長兼地域包括支援センター所長(山本和孝君) ちょっとその辺の詳しいことは私も把握してないので、申しわけございません。



◆決算特別委員(長田謙一君) わかりました。できたらいろんな出演の依頼もされていると思うんですが、加西市にもたくさんの素人芸能でやってる方もおられます。また、加西市も農産物という形で展示されると、非常に結構やないかなと思いますので、わざわざ遠いところから呼んでくる必要もなかろうと思いますので、今後ともできれば加西の地元の素人の出演の依頼もお願いしたいなと思うんですが、いかがですか。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 山本長寿介護課長。



◎長寿介護課長兼地域包括支援センター所長(山本和孝君) 基本的には、現在、以前は市が直営でこの芸能大会をやっていたんですけども、いまは高齢者の方が、高齢者みずからが企画して、高齢者自身の手で運営していただいてという、そういう目的のもと加西市老人クラブ連合会さんの方へ委託して、そちらの方で企画をして実施をしていただいているというところでございます。今後、運営に当たってそういった点も考慮しながら、企画運営していただくように、また相談してまいりたいというふうに思います。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 長田委員。



◆決算特別委員(長田謙一君) せっかく追加資料をいただいたので、もう二、三お尋ねさせていただきたいなと思うんですけども、福祉会館の委託料の2ページですね。これも恐らくこの金額ですと、人件費等が非常に多いですよね。委託料と人件費がほとんどかんでまして、それプラス事業の水道光熱費等がほとんどを占めとるような形なんですけども、できる限り残が出ないようにきちんと管理していただくとともに、これも、200万ほど余っておりますが、余ってるという言い方はいけないのかな。200万程度資金が残っているというような形ですが、これも今後はどういうような形で利用されるんですか。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 片岡社会福祉課長。



◎社会福祉課長(片岡建雄君) まず、1点ちょっとご説明をさせていただく必要があると思いますのは、いわゆる指定管理者制度につきましては、当然当初募集する際に現在ではこういう事業をやって、おおむねこういった部門の費用で幾らありますと、かかってますという提示をさしていただいた上で、応募される事業者さんの方からこれこれこういった事業、例えば旧来よりもプラスアルファした事業を、こういった金額でやりますというご提案を受けて、そのヒアリングを受けて事業者を決定をするという流れになります。ですので、安いからといって事業がなおざりであれば、その方にお願いするというものではないという前提があります。

 そういった関係で、指定管理者の場合は当初提案されました事業をこの金額で実施をするということについて、三ヵ年の事業実施をしていただくということになっておりますので、初期の目的を達するその費用内訳というところ、加えて余剰金のどうのこうのというところまでは、あくまでそれについては求めないというのが、基本的な制度というふうに聞いております。

 そういったことにつきましては、指定管理の方の担当の経営戦略室の方にも確認をしまして、そういった関係で資金収支決算書につきましても、大きな項目についての報告でいいというふうに聞いておりまして、そういった意味におきましては、提案をいただいております事業を実施するとしていただいている中の資金収支額につきましては、この程度の金額であればある一定範囲内、中なのかなというふう理解をしておるところでございます。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 長田委員。



◆決算特別委員(長田謙一君) 金額の小さいのを報告ということを、余り詳細なことは報告しなくていいというような感じのことをおっしゃってましたが、この出てる金額の委託料というのは5,200万余りでしょう。だから、やはりこれも市民からの、もう何遍も言うようですけど、税金なので、収支についてはしっかりとやはり目に見えるということは前提でいかなくてはなりません。

 それと、もう1点これは恐らく水道光熱費というのは、お風呂か何かの分でしょうか、これは。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 片岡市民福祉課長。



◎社会福祉課長(片岡建雄君) これは全部です。全部というのは、いわゆる健康福祉会館の全館の水道代でございますので、当然お風呂の部分もこの中に入っているということでございます。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 長田委員。



◆決算特別委員(長田謙一君) いまもちょっと調べたりしたんですが、お風呂の入浴の状況というのは、1日当たりもしくは月当たり、収支がとれないのはわかるんですが、お年寄りの方になごんでいただくというのを前提に、こういうような形をとられてると思うんですが、その辺をちょっと数字的なことをお聞きたいんですけど。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 片岡社会福祉課長。



◎社会福祉課長(片岡建雄君) 事務報告書の148ページをごらんください。その中の項目でいいますとふれあいセンターという項目の中に、浴室というものがございます。ちょっと横書きになっておりますのでごらんいただきたいと思うんですけども、148ページでございます。ふれあいセンターの中の浴室というものがございまして、そこで年間トータルで298日で3,857人の利用ということでございまして、単純に平均しますと、約1日当たり13名の利用者というところでございます。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 長田委員。



◆決算特別委員(長田謙一君) 単純計算すると1日13名で、非常にもったいないなというような気もするんですけども、お年寄りの方がなごまれるというのであれば、致し方がないのかなともとれるんですけど、もう少しこれだけの水道とか、高いお水を使ってお湯を沸かしてしておるんであれば、もう少しお年寄りの方をなごんでいただくような、入っていただくような宣伝というようなことは、いまのところされてるわけですか。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 片岡社会福祉課長。



◎社会福祉課長(片岡建雄君) 入浴サービスにつきましては、事業報告の中でいわゆる敬老月間のときの芸能祭のときに無料で入力していただくといったサービスも行っているところでございますが、確かに議員ご指摘のとおり利用者が少ないということについては、こちらもやはり一定の努力をお願いしているところでありまして、今年度につきましてもその入浴者の増ということについてはご指摘をさしていただいておりまして、社会福祉協議会の方におきましても、いろんな工夫をしながら、例えば竹炭を風呂に浮かべたようなお風呂の入浴サービスをするとか、そういったことも含めて努力したいというふうなところを聞いておるところでございまして、こちらとしては指定管理事業者であります社会福祉協議会の方の状況を見守っているというところでございます。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 長田委員。



◆決算特別委員(長田謙一君) やはり、ただというのも魅力があって、皆来られると思うんですけども、ただでするんであればもう少し増員をしていただくような考え方において、いまのお年寄りはたくさんお金を持っていてはりますので、来て地元のスーパー等が前にもありますし、物を買っていただいて、お金でも落としていただく、もしくは福祉会館において喫茶室もあるんですから、しっかりとした対応もしていただいて、より充実した福祉会館のサービスという形を構築していただきたいなと思います。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 要望でよろしいですか。



◆決算特別委員(長田謙一君) 入浴料300円、ごめんなさい、失礼しました。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 要望でよろしいですか。



◆決算特別委員(長田謙一君) 要望で結構です。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 他にございませんか。(なし)

 ほかにないようですので、これで平成22年度加西市一般会計決算認定の建設経済厚生委員会所管部分の福祉部門についての質疑を終結いたします。

 なお、本件については最終日の総括行った後に採決を行いますので、ご理解いただきたいと思います。



△議案第70号 平成22年度加西市国民健康保険特別会計の決算認定について



○決算特別委員長(土本昌幸君) それでは、続きまして日程第3、議案第70号平成22年度加西市国民健康保険特別会計の決算認定についてを議題といたします。本案に対する説明を求めます。高井国保健康課長。



◎国保健康課長(高井勝正君) 失礼いたします。それでは、議案第70号平成22年度加西市国民健康保険特別会計の決算認定についてご説明を申し上げます。

 まず、最初に国民健康保険事業の概要ですけれども、23年3月末現在で国民健康保険被保険者数は1万2,317人で、全人口の約25.6%、世帯数にしますと6,700世帯で、全世帯の39.5%を占めております。

 保険給付の状況ですけれども、平成22年度の保険給付費の総額は、33億5,411万円であり、前年度比で0.4%の増となっております。

 保険税の収納におきましては、平成22年4月より特別徴収や24時間納付可能なコンビニ収納を導入し、納税者の利便性の確保を図ったことなどにより、平成22年度課税分につきまして、前年度91.5%から92%に、0.5%アップしております。また、滞納繰り越し分につきましても、滞納処分の強化を図ったことによりまして、14.19%と0.45%の伸びを示しております。

 それでは、決算の内容でございますけれども、決算資料の6ページをお願いいたします。国民健康保険特別会計の決算は、歳入で49億5,330万7,351円となり、前年度比2.2%の減、額にいたしまして1億1,312万5,484円の減となっております。歳出は、49億16万6,863円となり、前年度比対0.9%の減、額にいたしまして、4,579万350円の減となっております。実質収支は5,314万488円の黒字となっております。

 次に歳入歳出の主なものについてご説明させていただきます。8ページの歳入の部をお願いいたします。主なものは、5款国民健康保険税ですが、収入済み額は10億109万8,671円、パーセントにいたしますと20.2%となっております。

 次に、55款国庫支出金13億4,209万7,856円は、パーセントにいたしまして27.1%、主に療養給付費と負担金及び調整交付金でございます。

 続きまして、57款療養給付費交付金2億7,625万8,000円は、退職被保険者の医療費から退職被保険者保険税の差額を、社会保険診療報酬支払基金から受け入れたものでございます。

 次に、58款前期高齢者交付金9億8,560万2,454円は、前期高齢者65歳以上75歳未満の医療保険の加入者でございます−−にかかわる給付費について、保険者間の前期高齢者の偏差による負担の不均衡を調整するため、社会保険診療報酬支払基金から受け入れたものでございます。

 次に、60款県支出金2億3,216万2,767円は、県補助金及び調整交付金でございます。

 次に、64款共同事業を交付金6億8,043万4,612円は、高額医療費協働事業交付金及び保険財政共同安定化事業交付金でございます。

 次に、75款繰入金2億9,295万1,005円は、法に定められた基盤安定負担金、財政安定化支援事業負担金を一般会計から繰り入れたものでございます。

 次に、80款繰越金1億2,047万5,622円は前年度繰越金でございます。

 以上、歳入合計は、49億5,330万7,351円となっております。

 続きまして、10ページ歳出の主なものについてご説明させていただきます。

 10款保険給付費ですが、支出済み額は33億5,411万3,687円、率にしまして68.5%が療養給付費、療養費、高額医療費、高額介護合算医療費、出産育児一時金、葬祭費等の総額となっております。

 次、12款後期高齢者支援金等4億9,859万4,097円は、後期高齢者医療に要する費用の4割相当額を、現役世代からの支援金として負担するものでございます。

 次に、18款介護納付金2億4,331万3,100円は、40歳から64歳までの第2号被保険者が負担すべき介護保険料を納付するものでございます。

 次に、20款共同事業拠出金5億9,744万5,642円は、レセプト30万円以上の高額医療に対する支出金でございます。

 次に、25款保険事業3,202万2,003円は、特定健診、人間ドック助成事業、医療費通知等の保険事業に要する費用でございます。

 次に、35款諸支出金9,002万2,184円は、主に療養給付費国庫負担金償還金、療養給付費交付金償還金、国民健康保険税過誤納付金でございます。

 以上、歳出合計は49億16万6,863円となっております。以上、簡単ですけれども、説明を終わります。よろしくご審議のほどお願いいたします。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 以上で説明が終わりました。何か質疑等ございませんか。森元委員。



◆決算特別委員(森元清蔵君) 不納欠損についてちょっとお聞きしたいんですが、これは決算特別委員会資料の3ページの関係なんですが、特に地方税法によるそこの不納欠損なんですが、トータルで2,400万余りあるんですが、不況というのは一般的なんですが、特に今期の特徴的な理由はどういうところでしょうか。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 松岡収納課長。



◎収納課長(松岡伸一君) 一般会計のときにもお答えしましたが、いま議員ご指摘の社会情勢というのもございますが、国民健康保険を見ていただくとわかりますように、即時消滅によるもの、15条、7条の5項がかなり増えております。これは生活保護者の増加という部分で増えた分でございます。それから、18条の消滅時効というのも、国民健康保険でしたら800万程度前年と比較して増えているんでございますが、これには時効の精査をかなり綿密に行いまして、従前の時効と考えてた中断事由がどうも該当しない部分が出てまいりまして、本年831万4,120円を不納欠損で上げさせていただきました。

 以上です。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 森元委員。



◆決算特別委員(森元清蔵君) これは、不納欠損、そういう形になるですが、それと関連して今度は未集金の関係なんですが、いろいろ税率アップは努力されてるのはわかるんですが、その過年度の分のやっぱり対策としては、まだなかなか大変だと思うんですが、どういうふうなことを考えられておりますか。収納率アップに向けて。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 松岡収納課長。



◎収納課長(松岡伸一君) 国民健康保険税だけではなくて、一般市税とともに滞納処分、滞納整理を行っておりますので、一般会計のときも申し上げましたように差し抑えの強化を中心にして滞納処分を進めてまいりたいと考えております。

 以上です。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 森元委員。



◆決算特別委員(森元清蔵君) 今回、その特別徴収なり、それからコンビニ収納ということで改善されたようですが、ここら辺の効果はどのぐらい出てるんでしょう。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 松岡収納課長。



◎収納課長(松岡伸一君) コンビニ収納が徴収率に占める割合とかというのは、ちょっと数字的には出せませんので、コンビニ収納はあくまで利用者というか、納税者の利便性を図ったということでご理解をいただきたいと思います。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 森元委員。



◆決算特別委員(森元清蔵君) 徴収に向けてなんですが、いろいろ努力されているんでしょうけど、新聞紙上によりますともう国保も一般の税も含めて滞納処分を、もう全市挙げて取り組んでいるというところもあるようですが、そういった収納体制についての改善というか、それについては何か考えておられますか。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 松岡収納課長。



◎収納課長(松岡伸一君) 現在、兵庫県の債権回収チームというのがございまして、そこから1名派遣を受けておりまして、その職員とともに滞納処分の進行方法であるとか、新たな滞納方法の進め方などを享受いただきまして、次年度以降に結びつけていきたいと考えております。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 他にございませんか。三宅委員。



◆決算特別委員(三宅利弘君) 今年度、22年度ですね、一応税率が地方税法に伴いまして、賦課金の限度額、これ3万円と後期高齢者の支援分が限度額1万円と引き上げになっておりますね。この引き上げになったにもかかわらず減収となっておるという、その辺のもう一度原因を教えてください。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 河原税務課長。



◎税務課長(河原浩申君) 失礼します。まず、課税が去年よりかなり低くなっておりまして、平成21年に比べまして課税自身が低くなっております。その原因といたしましては、一つはやはりいま何度も申しますけれども、非常に不景気な状態で、国民健康保険税には所得割りという部分がありまして、所得にあわせて課税していくというのがございます。その所得割自身が低くなってきております。それが第1点です。

 それから、もう一つは国民健康保険税には軽減措置というのがございます。これは、地方税法の705条だったと思うんですが、それに基づきまして条例の中で7割軽減、5割軽減、2割軽減という軽減がございます。それは、その世帯の収入に合わせまして、所得に合わせまして軽減措置をとると。仮に10万円の方でしたら7割軽減でしたら3万円になるというような、そういった軽減措置があります。そういったものが、非常に所得が少なくなった世帯が多くなりまして、そういったことがあります。

 それから、非自発的失業者の軽減措置ですね。これは昨年に制定されたものですけれども、いわゆる自分みずから自発的に会社をやめたというものではなくて、会社からいわゆる解雇されたと、あるいは会社の方が倒産とかでなくなって失業したと、そういった方に対して軽減措置をとるということで、国民健康保険というのは前年の所得で見るんですけれども、その前年所得を3割にすると。それで、国民健康保険税を計算していくという、そういった措置があるんですけれども、そういったものも非常に多かったというようなこと。たしか去年で240件ぐらいあったと思うんですけどね。

 それから、軽減措置は全体の45%が軽減措置をしたと、その2割、5割、7割ですね、いうようなことで非常に多くのそういったことがございまして、課税自身が減りつつあるということで、こういった減収になったというふうに考えております。

 以上です。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 三宅委員。



◆決算特別委員(三宅利弘君) そういうことで、実質黒字ということで収支額5,000万上がってるんですけど、単年度収支では6,733万ほどの赤字という、そういう単年度収支になっておりますね。その辺、これ収支額、黒字にされた部分ですね、どの辺から、ちょっとわかりにくかったんで教えてください。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 高井国保健康課長。



◎国保健康課長(高井勝正君) 21年度分の繰越額というのは一億二千数百万あると思うんですが、その部分から5,300万を引いていただくと6千何がしかの赤字になるということでございます。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 三宅委員。



◆決算特別委員(三宅利弘君) それから、高額医療費の共同事業負担金ですね。これも、高額な医療が発生した場合に、市町等が財政に与える影響を緩和するためにということで、出ておるんですけども、この辺の内訳ですね、もう少し詳しく教えていただけますか。



◎国保健康課長(高井勝正君) すみません、もう一度お願いします。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 三宅委員。



◆決算特別委員(三宅利弘君) この高額医療費ですね、共同事業負担金いうことで2,604万2,000円が上げられとるんですけども、これが市町村国保財政に与える影響を緩和するために、レセプト1件当たり80万以上の療養費を対象にして、一定挙手金を出すという、そういうふうに書いてあるんですけども、説明書き、もうちょっと詳しくどいうふうにするのかということを教えていただきたいということなんです。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 高井国保健康課長。



◎国保健康課長(高井勝正君) いまも言いましたとおり、小さな自治体が高額医療が発生したときに、すべての自治体で助け合うということなんですけども、国・県の支援を受けて、国の部分については、市町村国保が拠出する額の4分の1ということでございます。



◆決算特別委員(三宅利弘君) わかりました。



○決算特別委員長(土本昌幸君) ほかにございませんか。別府委員。



◆決算特別委員(別府直君) 決算特別委員会の資料の11ページ、これの不用額ですね、これについて尋ねしたいんですけども、この出産の育児諸費ということで、不用が321万4,870円出てます。このここで、出産数が見込みを下回ったというふうになっとるんですけども、当初の予定、そして実際はどうなったのかという、それちょっと内訳を教えていただきたいですけども。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 高井国保健康課長。



◎国保健康課長(高井勝正君) いまちょっと手元に資料がございませんので、後でお願いしたいと思います。



○決算特別委員長(土本昌幸君) ほかにございませんか。森田議長。



◆議長(森田博美君) 医療費の適正化にも努めるのはもう当然だということを思うんですが、その適正な状態であるのかどうかということについての取り組みなり、行政としてのチェック体制はどういうふうになっとるのか、簡単に説明いただければ。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 高井国保健康課長。



◎国保健康課長(高井勝正君) 国民健康保険自体の運営状況なんですが、いま単年度収支では赤字がとか黒字だとかというふうに、ここ数年事業内容については綱渡り状態というのが実情でございます。本来、アップして市民の皆様方に負担をお願いするというふうなこともあるんですが、いまの状態では基金3億幾らというのもございますし、その辺を利用しながらもう少し頑張っていきたいなというふうに考えております。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 森田議長。



◆議長(森田博美君) 国保の会計は、見込み額で予算を立てて、それで最終的に収支を見るということなんですが、医療費については、かかった、私もそれは随分お世話になっとる1人なんですが、使ってそれがお医者さんの方から、病院の方から請求が回ると。それはやっぱり適正なものであるかどうかというのは、多分大丈夫だろうというふうに思うんですが、不正があるとかいうことも報道もされてきてますし、それが不用な部分まで薬剤投与も含めて、そういうことが使われているのではないかというのはやっぱり関心がある部分なんです。その部分について、しっかりしたチェックがなされているかどうかということをお尋ねするんですけども。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 高井国保健康課長。



◎国保健康課長(高井勝正君) 現在、国保健康課におきましては、臨時職員ではございますけれどもレセプト点検職員というのを4名配置していただいて、レセプト点検の確認ということで取り組んでおるという状況でございます。



○決算特別委員長(土本昌幸君) よろしいですか。森元委員。



◆決算特別委員(森元清蔵君) 特定健診の受診率の改善の件なんですが、今年度は29.7%の受診率ということのようですが、これ平成24年には65%まで上げないと、何かペナルティがつくようなことを聞いてたんですが、なかなか65までいかないんですが、努力されているのはわかるんですが、この対策はどういうふうに考えられていますか。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 高井国保健康課長。



◎国保健康課長(高井勝正君) 29.7%というのは、いま県の平均が30%というふうに聞いております。当市におきましても去年、ことしと老人会の方々にお世話になりまして、勧奨等をしていただく、また電話での勧奨をする、それからいろいろな場でやっていきながら、22年度の決算ではありますけれども、今年度につきましてはまだパーセントが出ておりませんけれども受けやすくするということで、例えば受診券をなくすでありますとか、いろんな方法をとって努力しているというのが現状でございます。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 森元委員。



◆決算特別委員(森元清蔵君) なるほど、ことしも2回目ですか、時間指定制ということで、割とスムーズに流れるようになりましたので、受診されている方にとってはよくなっていると思うんですが、その受診をされない方をいかにそちらに足を向いてもらうかということは大切だと思うんですね。いま聞いてますと、老人会に何か委託もしているようですが、それは老人会にはどういうお願いをされているんですか。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 高井国保健康課長。



◎国保健康課長(高井勝正君) 22年度老人会には105万円という委託料をお支払いしてお願いをしました。内容につきましては、個々に受けていらっしゃらない方に、直接出会って直接会をしていただくというふうな事業の内容で、22年度については実施をさせていただきました。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 森元委員。



◆決算特別委員(森元清蔵君) その検証というのはどういう形になってあらわれますか。老人会に任せて、それが果たして効果的に使われたかどうか、効果が出ているかどうかというのはどういうふうにしてわかりますか。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 高井国保健康課長。



◎国保健康課長(高井勝正君) ちょっと難しいところではあるんですけれども、22年度なんですが、ちょっと23年度の例えば例を申し上げさせていただきますと、23年度につきましても同じく老人会に100万円で委託をしたわけなんですけれども、その部分について9月、10月、敬老月間の中でもあいさつもお願いしましたし、9月、10月、各戸にアンケートを配布していただくなりしました結果、このたびの土曜日、日曜日にまちぐるみ健診があったんですけども、通常の倍を超す1日450名というふうな、こちらもちょっとうれしいような、びっくりしたような数字もいただいておりますので、効果はあるというふうに考えております。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 森元委員。



◆決算特別委員(森元清蔵君) 結局、その100何万かの補助金はどういう形でその老人会は使われているかというのはわかるですか。各町に何か奨励委員として上がっているのか、あいさつだけではちょっと何か委託の内容としてはおかしいように思うんですが、そこら辺どうでしょう



○決算特別委員長(土本昌幸君) 高井国保健康課長。



◎国保健康課長(高井勝正君) 確かに老人会と契約はさせていただいておるんですけれども、100何万円という内訳につきましては、全員の方に勧奨していただくということで、老人会1万1400名近くいらっしゃるんですけどれも、郵便代より安く70円ということで計算をさしていただきまして、計算していただくと80万円。諸経費をちょっと20%つけさしていただいて100万円というふうになるんですけれども、各家庭にすべてお願いすることでしております。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 森元委員。



◆決算特別委員(森元清蔵君) 最後なんですが、以前各農協の支所ごとでされてたときには、大分受診率がよかったと思うんですね。また、それをもとに戻すのは大変かもわからないんですが、結局きめ細かなところでの受診ということの方が、やっぱり行きやすい、受診されやすいのではないかと思うのですが、そういう場所と回数を多くするとか、そういうことは考えられてませんか。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 高井国保健康課長。



◎国保健康課長(高井勝正君) かつては、支所を順番に回ってお願いしてたというところもあるんですけれども、受診項目が増えてきたということもありますし、会場内で安全に受診していただくということになりましたら、農協会館が一番安全で駐車場もあり、いいだろうというところで、1カ所集約でやらせていただいております。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 森元委員。



◆決算特別委員(森元清蔵君) まあまあわかります。そこら辺もまた検討していただきたいと思います。

 それから、もう一つは年がいった方で、なかなか集団健診、まちぐるみ健診は行きにくいというか、お年寄りが来ててもなかなか要領よくできなくて、結局尻込みされるというか、そこへ行かないような方が多いのではないかと思うのですが、そういう高齢者対策というか、大体どこら辺までの年齢の人にはぜひとも来てもらいたいというか、そういう形の高齢者に対しての対策はどういうふうにされていますか。来にくいような方とか、どこまで、もう85いったらちょっと来にくいとか、レントゲンでも動作をなかなか年が行った方にするというのは過酷なことなんですが、そこら辺も含めて65%の受診率だと思うんですが、そこら辺は高齢者用には何か対策ないでしょうか。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 高井国保記号課長。



◎国保健康課長(高井勝正君) 高齢者の方々につきましては、何らかの形で医療機関にかかわっていらっしゃるというところがございまして、医師会を通じまして、医師会の方から病院に来られたときに、健診をというお声かけをしていただくように医師会の方へもお願いをしておりますし、事実昨年と比べまして医療機関での受診率というのが数は少ないですけども、パーセンテージしまして十数%上がってるというのが現状でございます。

 三宅委員。



◆決算特別委員(三宅利弘君) そうですね、この特定健診ですね、受診率29.7%で昨年より、21年度よりは実際には上がってるわけですね。ところが、参酌基準の65%、あるいは特定指導ですか、これ保健指導の45%を達成するにはまだほど遠いということでありますけれども、確実に伸びてきているのは事実じゃないかなというふうに思います。

 いま、老人会に依頼されて、受けておられない方を直接個人的に回っておられると。実は私もそれでこの間行ったんですけれども、そういうことで確実に伸びているんですけども、なおかつそれ以上にやはり受診率を上げていくという、これからのどのように取り組まれるか、その意気込みをお願いします。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 高井国保健康課長。



◎国保健康課長(高井勝正君) まちぐるみ健診を行っていく中で、多数の方がいらっしゃる中で、例えば女性専用の日を設けたら、もう少し女性自身が健診しやすいんではないかとか、それからある方からのご意見なんですが、カレンダーの設定によりまして、どうしても同じようなカレンダーの日にちに組み込みますと、女性特有の生理現象に当たって受診しにくいというようなところもございますので、カレンダーの見直しであったり、女性専用の日を設定する、またもう少し土日を増やしていくというふうな検討も必要じゃなかろうかというふうにも思っております。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 三宅委員。



◆決算特別委員(三宅利弘君) それで、医療機関へ直接行かれる方というふうにもあるんですけども、その辺医療機関の方で、その健診であるのか、あるいは受診されるのか、その辺の決め分けというんですか、その辺がはっきりしてないかなというふうなことも感じるんですけども、その辺の聴取なんかは医療機関の方から、きっちりされとるんでしょうかね。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 高井国保健康課長。



◎国保健康課長(高井勝正君) 実際、ちゃんとしていらっしゃるところもあるし、まだあいまいなところもあるというのが事実でございます。その辺も医師会の先生方通じまして、ずっとお願いをしておるんですけれども、再度お願いをしていきたいというふうに思っております。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 他にございませんか。(なし)

 他に行けもないようですのでこれで質疑終わりまして、続きまして討論に移ります。ご意見のある方ございませんか。(なし)

 意見もないようですので、これで討論終わります。

 それでは、これより採決を行いたいと思います。お諮りをいたします。議案第70号平成22年度加西市国民健康保険特別会計の決算認定については、認定することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○決算特別委員長(土本昌幸君) 異議なしと認めます。異議もないようですので、議案第70号平成22年度加西市国民健康保険特別会計の決算認定については、認定することに決定いたしました。



△議案第71号 平成22年度加西市介護保険特別会計の決算認定について



○決算特別委員長(土本昌幸君) 続きまして日程第4、議案第71号平成22年度加西市介護保険特別会計の決算認定についてを議題といたします。本案に対する説明を求めます。山本長寿介護課長。



◎長寿介護課長兼地域包括支援センター所長(山本和孝君) 失礼いたします。それでは、議案第71号平成22年度加西市介護保険特別会計の決算認定についてご説明申し上げます。

 決算資料の6ページをお願いいたします。介護保険特別会計の決算は、歳入で35億484万8,163円となっており、対前年度と比較しますと2.6%の増、額にして8,859万9451円の増加となっております。また、一方歳出につきましては35億410万5,097円となり、対前年度3.2%の増。額にして1億850万9,035円の増となっており、実質収支は74万3064円の黒字と成っております。

 次に、歳入歳出の主なものについてご説明申し上げます。まず、8ページの歳入の部をお願いいたします。まず、5款保険料ですが、収入済み額は5億8,579万4,270円となっております。平成23年3月末現在の被保険者数が、1万2,157人ですので、1人当たりの保険料にしますと平均約4万8,000円ということになります。

 次に、55款国庫支出金8億1,769万8,699円は、介護給付費負担金、調整交付金及び地域支援事業交付金でございます。

 次に、57款支払基金交付金9億8,211万6,619円は、主に保険給付費の30%分を社会保険診療報酬支払基金から受け入れたものです。これにつきましては、40歳から64歳までのいわゆる第2号被保険者の負担する部分ということになります。

 次に、60款県支出金5億201万円は、主に介護給付費に係る県の負担金と、それから県補助金の地域支援事業交付金でございます。

 次に、75款繰入金5億7,843万9,676円は、市負担分を一般会計から繰り入れたもの及び基金を取り崩してくり入れたものでございます。

 以上、歳入合計は35億484万8,163円でございます。

 続きまして、11ページ歳出の部についてでございますが、主なものをご説明申し上げます。まず、5款総務費ですが、支出済み額1億1,884万5,986円は、人件費等に係るいわゆる事務費でございます。

 次に、10款保険給付費は32億4,729万1,346円で、介護サービス費等の諸費、いわゆる在宅サービス費、施設サービス費等の総額となっております。対前年比にしますと、4.7%の増、額にしてた1億4,665万1,000円の増加でございます。

 次に、25款地域支援事業費1億1,397万3,432円は、高齢者の介護予防事業及び地域包括支援センターの事業費等でございます。

 次に、30款基金積立金費911万1,529円は、介護給付費準備基金積立金でございます。これは21年度決算に基づく積立分ということになります。

 次に、50款の諸支出金1,488万2,804円は21年度の国庫県支出金の精算後の返還分が、主なものとなっております。

 以上、歳出合計は35億410万5,097円でございます。以上、簡単ですが説明を終わります。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 以上で説明が終わりました。何かご質疑なる方ございませんか。別府委員。



◆決算特別委員(別府直君) 意見書なんですけども、意見書の27ページのこの介護保険料の収納状況表、ここでその不納欠損なんですけども、22年度に物すごい数が上がってきておるんですけども、これついでもう少し詳しく教えていただけませんか、お願いいたします。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 松岡収納課長。



◎収納課長(松岡伸一君) 介護保険法200条による消滅時効でございまして、税の消滅時効は5年でございまして、ちょっと法律が違うもので消滅時効が介護保険では2年ということになってございます。それで、国保のときに申しましたように、時効中断の要因というの再検証した結果、どうしても時効中断ではないというのがかなり出てまいりまして、それを今回この200条による消滅時効に上げさせていただきまして、件数と金額が増えたものでございます。

 以上です。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 別府委員。



◆決算特別委員(別府直君) ただ、これの今回件数もまあ言ったら100件から増えてますし、金額も前は300万ほど増えてるんですけども、これは今年度22年度にこれをしたということは、それから先というのはある程度整理はできたというふうに解釈するんですか。すみません、今回そういうふうに200条に基づいてやれたんやけども、これはこれからはもう例えばこういった収支状況の不納欠損が、これだけの件数というのはもう毎年上がってくるというふうに、そうじゃないですよね。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 松岡収納課長。



◎収納課長(松岡伸一君) その年度その年度の徴収率によって違ってくるとは思うんですが、恐らくこの程度の数字は出てくるのではないかと考えております。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 別府委員。



◆決算特別委員(別府直君) やっぱりこれ2年でしたかね。いまおっしゃったんですけども、ということになると余計に普段からのこの徴収作業というのは重みを増してくると思うんですけど、それで間違いないですよね。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 松岡収納課長。



◎収納課長(松岡伸一君) 議員ご指摘のとおりでございまして、ご存じと思いますが介護保険は賦課が介護保険の担当、市民福祉部の方でありまして、過年度になった徴収が財務部の方で行っておりまして、その元年度から滞納繰り越しに至る過程がうまく連携がとれてないというのが実情でございまして、議員ご指摘のどおりその現年度の早いうちからの対応というのは大事なんではないかなとは考えております。

 以上です。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 別府委員。



◆決算特別委員(別府直君) やはりかねてからこういう滞納とかの分については、やっぱりきちっと中で連携もとってもらいながら、大きくならないうちに対応しないと、もうにっちもさっちもいかなくなってしまうと思いますので、その点よろしくお願いいたします。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 他にございませんか。森元委員。



◆決算特別委員(森元清蔵君) 介護保険の介護認定の中身的なことなんですが、傾向として要介護が増えているかとか、傾向はどういう感じでしょう、介護保険の実際使ってる中身的には。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 山本長寿介護課長。



◎長寿介護課長兼地域包括支援センター所長(山本和孝君) 介護認定の状況につきましては、年度ごとにずっと見てみますと、具体的な数字を申し上げますと、事務報告にある数字でございますが−−失礼いたしました。事務報告の166ページをごらんいただきたいんです。平成22年度におきまして、要支援1、298、要支援2、253、この小計が551というのが、1号被保険者における要支援の認定者数、1号、2号被保険者も合わせますと565という数字になります。要介護の1から5の認定者数が第1号被保険者で1,613となっておりますが、これは平成12年介護保険スタート地点と申しますか、その時点で見ますと要支援1、2の合計で81だったわけですね。実に6.8倍ぐらい伸びております。要介護の1から5の合計が当時927です。2倍弱ぐらいですね。そういった傾向があるということでございます。

 以上でございます。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 森元委員。



◆決算特別委員(森元清蔵君) そういう傾向の中で、介護予防とかいうことでいろいろ努力されていると思うんですが、その傾向がだんだん高値化してきているのか、介護予防が働いてて効果が出ていて、現状維持的になっているのか、そういう傾向はわかりますか。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 山本長寿介護課長。



◎長寿介護課長兼地域包括支援センター所長(山本和孝君) もちろん、途中でちょっと認定のあり方も変わったというふうにも聞いているんですが、いま申し上げた数字はあくまでも結果であって、これがもし、予防事業ですね、そういったものを実施しなかったら結果どうなっていたかというところがちょっと難しいところなんですけども、ただ、要支援の伸びからすると要介護の伸びがもう少し圧縮されているという部分においては、どんどん要支援から要介護への移行が一定効果があるのかというふうにも考えられるのではないかというふうに思っておりますが、特にこれからますますそういった予防事業を我々も重要視しておりまして、そういったところ十分に力を入れてやっていきたいなと。

 しかも、熱心に取り組んでくださる方は、熱心に取り組んでくださっているんですけども、継続して取り組んでくださっているんですけども、継続だけてはなくて横への広がりみたいなものも、そういった予防事業、あるいは予防的な活動にもっとより多くの方が取り組んでいただけるような、そういった展開も今後ますます必要になってくるんじゃないかというふうに認識しております。

 以上でございます。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 森元委員。



◆決算特別委員(森元清蔵君) そういう面では、報告書の163ページのこの認定結果表の見方なんですが、一次と二次との審査結果があるんですが、どちらを最終的に見たらいいかわからないんですが、これを見ますと要介護の度数が上がっていきながら、そしてそういう人たちも増えているというような数字に見えるんですが、この見方、この表はどういう結果をあらわしているんでしょう。要介護の重度的な人が増えているというふうに、これはあらわしているでしょうか。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 山本長寿介護課長。



◎長寿介護課長兼地域包括支援センター所長(山本和孝君) もちろん、認定者数全体を見ますと、高齢化率の増加とともに、高齢者数が増加するとともに、やっぱり増えてきているのは事実でございます。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 森元委員。



◆決算特別委員(森元清蔵君) この表でいきますと、平成22年度は21年に比べたら、この要介護5の人にしても、一次、二次どちらを見ても数字はやっぱり増えてますね。そういう面では、重度化されている人も増えているというふうに、傾向としてはなっているということですか。介護4にしても、人数も増えてますし、そのランクの人たちが増えているという、両方増えつつあるから、結局高齢化とともに重度化も進んでるというような現状でしょうか。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 山本長寿介護課長。



◎長寿介護課長兼地域包括支援センター所長(山本和孝君) 失礼しました。確かにそういう傾向といいますかはあります。それぞれの1、2、3、4、5、要支援1、2、それぞれを見ますと増えてきているというのは事実でございます。ただ、21年から22年の数値という、その2カ年だけを見ますと、例えば要支援の方で約40名程度の減があったり、あるいは要介護3でやはり30数名の減があったりという、一部で減もあるんですけども、増加傾向です。増加しているのは間違いないですね。先ほど申しました平成12年との、約11年間をずっと見ますと、確実にそれぞれの介護度に合わせて確実に増えてきているというのが事実でございます。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 森元委員。



◆決算特別委員(森元清蔵君) そういうことで、結局介護予防にやっぱりもっと力を入れないと、どんどんそういう保険の対象、保険を使って療養費というか、医療費というか、それが増えてくる傾向があると思うんですが、その介護予防についての対策はどういうふうに考えられますか。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 山本長寿介護課長。



◎長寿介護課長兼地域包括支援センター所長(山本和孝君) 失礼します。介護予防につきましては、在宅支援のサービスの事業所さん、それから市主催、それから公民館との連携による教室、また社協さんとの連携による教室等におきまして、いわゆる介護予防教室などでレクレーションを初め、あるいは体操、そういったもので転倒予防、それから健康増進のための体力づくりと体力の維持向上、そういったものを目的に実施しております。

 先ほども申しましたように、そういった取り組みにまたそれにはボランティアの方々もサポーターとして携わってくださって、皆さんのお力でそういった事業展開をしているわけなんですけども、先ほども申しましたように一生懸命やってくださる方は継続してずっとやってくださってるという状況はあります。それとともに、今後横への広がり、そういった活動へもっとたくさんの人が参加していただけるような、そういった活動、展開も必要だというふうに認識しております。

 以上でございます。



○決算特別委員長(土本昌幸君) ほかに、三宅委員。



◆決算特別委員(三宅利弘君) 事務報告書の167ページの介護給付費の支給状況ですね。合計で32億4,729万1,000何ぼということで、決算書にも介護諸費サービスのところに上がっております。これが大きなやっぱり一番大きなウエイト占めとると思うんですけども、その中に一応居宅介護の支援ですね。計画費ということで、事務報告書の中には1億5,900万ということで出てるわけですけども、決算書ですね、居宅介護サービス計画給付費、これに当たるんやないかなというふうに思うんですけど、まずその辺はどうでしょうか。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 山本教授介護課長。



◎長寿介護課長兼地域包括支援センター所長(山本和孝君) 失礼いたしました。決算書で申しますと305ページをお願いいたします。305ページの10保険給付費5介護サービス等諸費5介護サービス等諸費の19負担金補助及び交付金のうちの居宅介護サービス計画給付費、こちらの1億4,334万5,530円、この分と次のページになりますが、306ページ、307ページのいわゆる介護予防サービス等諸費のうちの負担金、この中の介護予防サービス計画給付費、この1,637万6,880円の合計を居宅介護支援計画費として挙げております。

 以上でございます。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 三宅委員。



◆決算特別委員(三宅利弘君) そうしますと、この支援計画費という部分ですね。これはどういう内容なんですか。ちょっと教えてください。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 山本長寿介護課長。



◎長寿介護課長兼地域包括支援センター所長(山本和孝君) こちらにつきましては、介護認定、要介護の認定を受けてくださっている方が、居宅サービス事業所さんでケアマネがついていけやプランを作成した、その分でございます。介護予防の分につきましては、いわゆる要支援の方々へのプランの部分で、市の包括支援センターであるとか、あるいは市の方からそういったサービス事業所さんへ委託している部分であるとかの要支援者の方々のケアプランの分でございます。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 三宅委員。



◆決算特別委員(三宅利弘君) これ、それぞれ介護者がケアプランなり、いろんなことを受けられた部分の費用だというふうに理解するんですけども、これ当然その年によっても人数によっても違うというふうに思うんですけども、どういった算定基準といいますか、お1人当たりでどういったケアプランとかマネージャーとかついて、これだけの費用がかかるんだという、そういった算定基準といったお1人に対する部分はあるんですか、これは。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 山本長寿介護課長。



◎長寿介護課長兼地域包括支援センター所長(山本和孝君) 具体的この金額というのは、ちょっと私いま手元に資料を持ち合わせてないんですけども、いわゆる介護報酬として国の方で、医療報酬なんかと同じように、介護報酬として報酬金額が定まっております。



◆決算特別委員(三宅利弘君) そない言われたらちょっと。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 三宅委員。



◆決算特別委員(三宅利弘君) 別に不正があるとかそんなんではないというふうには思うんですけども、例えば事業所さんでどれだけの方が入所されて、そして介護を受けられた、そういったことも全部報告はされるというふうには思うんですけれども、きちっとやっぱりそういうことも把握しておく必要があるのかなというふうな思いでお尋ねしよるんですけれども。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 山本長寿介護課長。



◎長寿介護課長兼地域包括支援センター所長(山本和孝君) 介護給付費につきましても、基本的に医療費と同じような動きといいますか−−ような形になっておりまして、給付費の方は支払いは国保連合会の方へ支払う。各事業所が国保連合会の方へ請求する、そしていわゆる医療費がレセプトを保険者に発行するのと同じように、保険者に対しては各サービス提供事業者から、いわゆる介護報酬に係るレセプトみたいなものが来ます。保険者はそれをチェックして、適切な給付がされているか、計画に基づいた適切な給付がされているか、そういったものをチェックして確認してという、そういう流れになっております。

 以上でございます。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 三宅委員。



◆決算特別委員(三宅利弘君) 特養とかそういった施設が建設されれば、当然そういう医療費とか介護サービスが増えてくるという、そういう部分で待機者もたくさんいらっしゃる中で、欲しいという部分もあるんですけども、つくれば当然医療費に加算されて保険の方へ跳ね返ってくるという、そういった部分もこの辺関係してくるところなんでしょうか。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 山本長寿介護課長。



◎長寿介護課長兼地域包括支援センター所長(山本和孝君) 施設にしろ、そういったサービスがどんどん規模が拡大していくにつれて、この給付費というものは確実に増えていくということでございます。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 三宅委員。



◆決算特別委員(三宅利弘君) そこでもうちょっとお尋ねしたいですけども、私は、当然その必要な施設というのはつくっていかなければいけないというふうに思うんですけども、地域密着型という、この辺の部分も非常に重要な施設ではないかなというふうに理解します。今後の取り組みですね、どちらの方を優先という言い方はおかしいですけれども、加西市としての考え方ですね、どのようにされていくのかお尋ねしたいと思うんです。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 山本長寿介護課長。



◎長寿介護課長兼地域包括支援センター所長(山本和孝君) いわゆる地域密着型というのは、やっぱりその地元の保険、地元を中心に、地元優先にという、そういう意味で地域密着型。また、一方ああいう広域型という施設もあります。広域型はある程度の範囲から利用者さんを招き入れられる。地域密着型は、その地元の方々にご利用いただくと。その部分があります。そして、またあわせて負担の部分も同時にあるというふうにあります。地元の方最優先ということになったら、地域密着型という形がいいのかもしれません。ですが、一方でやっぱり一定の規模、やっぱり地域密着型ですのでそんなに大きな規模でという感じではない部分があります。そういった規模の中で、どういった運営をしていただくとか、どういった事業展開をしていただくのかという、そういったものも考えていかなければいけない部分であるというふうには思っています。

 広域型であるならば、規模がどんどん大きくなれば、その設定する地元だけではなくて、近隣からも集めるという、そういう部分もありますんですけども、逆に広域型にすれば規模が大きくなるので、そしたらそれをどういった場所に設置するという、そういった問題もまた発生するわけなんです。ですから、なかなかどちらがいいのかと、どちらを中心にというようなところは、実際難しいところでは、単純にそういった判断というのは難しい部分があると思います。

 ですから、今後必要であろう施設、あるいはサービス、そういったものの内容と規模、そういったものを勘案しながら幅広くご意見をちょうだいして考えていくべきところかなというふうに思っております。

 以上でございます。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 三宅委員。



◆決算特別委員(三宅利弘君) もう1点だけ。その広域の施設を建てたとしますと、当然加西市だけじゃなしに、ほかの他市からも入所される、そういった部分が医療費として上がってくるわけですけども、この保険の方へ直接加西市の方々の方へ直接跳ね返ってくるのか、いやいやそうじゃないそれぞれの市で入所されている市の方へ行くのかという、その辺のことなんですけど、どのようになっているでしょうかね。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 山本長寿介護課長。



◎長寿介護課長兼地域包括支援センター所長(山本和孝君) そういった広域の施設に入所される方の給付費の負担には、保険料の負担なんですけども、介護保険に係る部分については、その入所される施設の前の住所地のところが受け持つということになっております。そうでないと、施設が例えばそこへ来られるいうたら、全部その施設のところ自治体が負担しなければいればいけなくなりますので、それはちょっといろんな問題がありますので、その辺は制度設計上その前のもともとのというか、入所される前の住所地が負担するということになっております。



○決算特別委員長(土本昌幸君) その施設の全体像を含めて、前田部長どうぞ。全体像について、いま現在市としてどのように考えられておられるのか。



◎市民福祉部長兼福祉事務所長(前田政則君) いま数字上でも待機者が調査では24名でしたか、いらっしゃるということで、特養についての必要性は感じております。いま議論がありましたように、地域密着型にするのか、あるいは広域型にするのかというのは、今後いろんな意見を聞きながら、この第5期の介護保険事業計画の中で、専門の有識者等、あるいは市民と等意見も聞きながら、その辺は検討してまいりたいというふうに思います。



○決算特別委員長(土本昌幸君) ほかにございませんか、別府委員。



◆決算特別委員(別府直君) 不用額についてもう一遍確認したいんですけども、303ページですね、総務費の総務管理費、それの中の報酬なんですけども、このたび105万7,100円、これは介護認定の審査会報酬の減によるという理由になっているんですけども、こういったたぐいは、審査会というのはもう大体年間に何回するとかいうふうに決められてると思うんですけども、そうではないんですかね。そのあたりの仕組みを教えていただきたいんですけど。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 山本長寿介護課長。



◎長寿介護課長兼地域包括支援センター所長(山本和孝君) 失礼いたします。現在、介護認定の認定審査会、主にその認定審査会の委員さんの報酬の部分でございますが、認定審査会につきましては四つの班編成を行いまして、毎週2回実施しております。ですから、年間にすれば相当な回数のもがございまして、中にはもちろん医療関係、福祉関係というふうに、あるいは保健師さんとかの専門分野から集まっていただきまして、ご議論しチェックしていただいております。そういった形で、頻繁に行っておりますので、ちょっとご都合の悪い方もいらっしゃって欠席される場合もありますので、そういった方の部分で支払えなかった報酬の部分で不用額が発生しておるというところでございます。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 森田議長。



◆議長(森田博美君) 申しわけないです。さっき答弁いただいたんですが、不納欠損について、改めてやっぱり件数が非常に増えてます。国保のときも確かに増えてるんですが、この介護の件数が、異常なほどというのか、増えてますので、もう一遍改めて説明をいただけますか。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 松岡収納課長。



◎収納課長(松岡伸一君) 先ほどもお答えしましたように、介護保険法200条で時効が2年ということで、きわめて短い時間でございます。その中で、時効を中断すれば不納欠損にはならないということでございますが、時効の中断の要因には差し押さえであるとか、差し押さえを前提とした半年以内、差し押さえ事前通知を送付すること、それから承認をさせることという、この三つの中断要因がございますが、このどれにもいずれにも該当しなかった案件がこれだけ出てきてしまったというのが実情でございます。

 以上です。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 森田議長。



◆議長(森田博美君) それは、もう事務処理上そういうことに気がついて処理が変わったということなんですか、それとも法的な判断を、解釈を変えることによってそうなったのか、2年で消滅するということもう前々から同じ状況だっだというふうに思うんですが、それがその不能欠損の処理の件数に反映をされとるんですか。たまたまこういう数字になったのか、そこですけども。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 松岡収納課長。



◎収納課長(松岡伸一君) 従前から2年は2年でございまして、議長おっしゃるとおりなんでございますが、ご存じのようにシステムを、電算のシステムを改修いたしまして、それが確実に時効管理というのができるようになりまして、何の処分もしてないものについて2年経過した分については自動的に上がってくるというような、これは税も含めてそうなんですが、手法に変わりまして、それで抽出した結果、こんな数字が上がってきたということでございます。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 森田議長。



◆議長(森田博美君) それでわかりましたというふうにおきたいんですが、そのシステムをそういうふうにしたということであれば、いままでまあ言ったら取り立てを厳しくしてきたのかどうかは別にしても、不納欠損処理に該当させずに、やはり収納をお願いをしてきた。それがシステムがそう変わることによって、これだけの不納欠損が出たということであれば、私、いままでの処理をしてきた人たちに対して申しわけないという気持ちが出てくるんです。もういつでも不納欠損については慎重にやってもらわないかんのですよ。滞納をしっかり徴収してくれいうて言いよる以上に、もうこれはなかったものにしようという処理ですからね、この数字がそれは大きいので気になるところなんです。担当課長がかわれたところで、それで答弁せよというのも無理な部分があるかわかりません。あるかもわかりませんけど、そういうふうに思うんです。

 3ページの資料を見ますと、所在不明が34件で財産なしで103件という欄に区分けをされて、合計で137件、こういうことなんですが、その所在不明についても介護保険料だけではなしに、介護だけではなしに、所在不明についてもやっぱりしっかりと追跡調査なり、行政として調査するのはやりやすい部分があるというふうに思うんですが、そういう調査をしっかりなされてるのかどうか、2点気になるところなんですけど。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 松岡収納課長。



◎収納課長(松岡伸一君) 調査の件でございますが、不納欠損を上げるに際しては、財産の調査と、それから所在の調査は確実に行っております。

 以上です。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 河原税務課長。



◎税務課長(河原浩申君) すみません、ちょっと私前に収納課におりましたので、ちょっと補足の方をさしていただきたいですけれども、実はこの介護保険料といいますのは、ほとんど99%が特別徴収であります。65歳以上の方が対象となりまして、99%がいわゆる年金からの特別徴収になります。残りの1%の方が普通徴収で、いわゆるみずから納付書なり口座振替によって納められているというのが現状なんです。ところが、その1%の方を実際に現場で見てみますと、非常に生活困窮者がもうほとんどです。といいますのは、どうしてその方々は特別徴収にならないのかということは、つまり年金が無年金者というのはほとんどの方、あるいは無年金者でなくてもその年金を担保にお金を借りられて、特別徴収ができないという方ばかりでございます。

 実際に、私ども去年も一昨年もずっと家庭訪問といいますか、現実を訪問徴収に行きましたけれども、本当に悲惨な、悲惨というたらちょっと語弊がありますけども、生活に困っているなという方が本当に多い状況であります。そういった方をどうやるかといいましたら、もうお願いするしかないというようなケースが多いです。といいますのは、この資料にも載せてますけども、非常に介護保険の滞納処分というのは非常に少ない数字を上げております、税に比べまして。

 というのは、滞納処分できる財産がないわけでございます。そういった方を何とか納めていただきたいということで、我々は何度も足を運んだり、お手紙を出したりさしていただいたんですけれども、いま松岡課長が言いように時効が2年やということで、我々は訪問に行くだけで、それが一応催促をしたということで、時効の中断になるんじゃないからというような部分もあったんですけども、いろいろ調べてみますと法的に時効の中断にならないということが、いろんなケースでわかってくるようなこともございまして、そういった形で以前はなかなかその時効の管理というのが前システムでは非常に難しかった。各個人の担当者で把握していたというような部分がございまして、しかしながら今回のシステム改修でそれははっきりと改善ができておるということで、実際こちらは時効中断してると思ってたのに、時効になったというようなケースが非常に多かったというふうに形で、こういった数字だ出てきたということでございます。

 ちなみに、この介護保険の収入未済額約1,400万ほどあると思うんですけれども、ごめんなさい、2,000万近いですね1,900万ほどあると思うんですが、実際本当になかなか納められないような方が非常に多いというのが現状でございますが、私が言うのもおかしいですけども、今後はそういった時効についての把握というのはきちんとできるんじゃないかというふうに思っております。

 以上です。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 森田議長。



◆議長(森田博美君) 何でもかんでも不納欠損処理せんと、取り立てなさいという意味ではないんです。やっぱりその個別市民の経済的な状況は、もう最大配慮せないかいうのは承知した上で、こういう質問をしよるんですけども、数字が一気に増えたということで、だんだんにシステム的な部分でそういうことで出てきた数字であるということであっても、やっぱり基準が基準なり対応なり、それが変えた状態で出てきた数字であれば、そういう説明をしなければ、いままでの人はどないなるねんというのは、やっぱり疑問としては出てくるわけですよ。平成22年度の決算としてこういう処理したということで、承知はしました。わかりましたので、そういう意味合いで質問をしております。

 以上です。



○決算特別委員長(土本昌幸君) ほかにございませんか。(なし)

 他に意見もないようですので、これで審議を終えたいと思います。

 続きまして討論に移りたいと思います。ご意見のある方ございませんか。(なし)

 ご意見もないようですので、これで討論を終わります。

 それではお諮りいたします。採決を行いたいと思います。議案第71号平成22年度加西市介護保険特別会計の決算認定については、認定することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○決算特別委員長(土本昌幸君) 異議なしと認めます。よって、議案第71語平成22年度加西市介護保険特別会計の決算認定については、認定することに決定をいたしました。

 ここで税務課長、収納課長は退席をいただいて結構であります。

 ここでちょっと暫時休憩をとりたいと思います。再開は3時20分にいたします。

     15時06分 休憩

     15時20分 再開



○決算特別委員長(土本昌幸君) それでは休憩を解きまして、委員会に戻します。高井国保健康課長。



◎国保健康課長(高井勝正君) 失礼します。先ほどの別府議員からの質問で、出産育児一時金の質問があったと思うんですけれども、それをご答弁させていただいてよろしいでしょうか。当初の見積もりでは60人というのを見ておりまして、実績は48人ということでございます。



△議案第72号 平成22年度加西市後期高齢者医療特別会計の決算認定について



○決算特別委員長(土本昌幸君) それでは、次は日程第5、議案第72号平成22年度加西市後期高齢者医療特別会計の決算認定についてを議題といたします。本案に対する説明を求めます。高井国保健康課長。



◎国保健康課長(高井勝正君) それでは、議案第72号平成22年度加西市後期高齢者医療特別会計の決算認定について、ご説明申し上げます。計算書の6ページをお願いいたします。後期高齢者医療特別会計の決算は、歳入で4億5,075万928円となり、昨年度比2.1%の増、額にいたしまして921万7,433円の増となっております。

 歳出は、4億4,911万9,844円となり、前年度比3.9%の増、額にいたしまして1,695万4,861円の増となっております。実質収支は163万1,084円の黒字となっております。

 次に、歳入歳出の主なものについて説明さしていただきます。9ページの歳入をお願いいたします。主なものは、5款保険料ですが、収入済み額は2億9,587万7,010円となっております。

 次に75款繰入金1億4,437万9,252円は、法に定められた基盤安定負担金や事務に要する費用を一般会計から繰り入れたものでございます。

 以上、歳入合計は4億5,075万928円となっております。

 続きまして、11ページをお願いいたします。歳出の主なものについて説明させていただきます。5款総務費2,644万4,559円は、後期高齢者医療の事務等に要する費用でございます。

 次に、10款後期高齢者医療広域連合納付金4億2,191万円824円は、後期高齢者医療保険料と、基盤安定負担金繰り入れ額をあわせて兵庫県後期高齢者医療広域連合に納付するものでございます。歳出合計は4億4,911万9,844円となっております。

 以上、簡単ですけれども、説明を終わらせていただきます。よろしくご審議のほどお願いいたします。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 説明が終わりました。何か質疑等ございませんか。森元委員。



◆決算特別委員(森元清蔵君) この後期高齢者保険制度なんですが、厚生省の方ではこれはもう廃止して、新たな制度改正をするようなことも言われてたんですが、この何か方向性は出てますか。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 高井国保健康課長。



◎国保健康課長(高井勝正君) 当初、今年度初めは25年3月からというふうな方向を県の方も示しておりましたけれども、いまの段階では新しく税及び社会保障の見直しも含めまして26年3月以降というふうにお聞きをいたしております。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 森元委員。



◆決算特別委員(森元清蔵君) いろいろと年齢による差別制度でないかみたいなこととか、見直しをいろいろ言われてたんですが、結局何かこれは去年の新聞を見ますと、また65歳からも国保にもうすべて入って、それで中身的に変えようかみたいなことも言われてたんですが、そこら辺の次の段階というのはわかりませんか。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 高井国保健康課長。



◎国保健康課長(高井勝正君) いまの段階で非常に微妙な段階で、ここで私がどうのこうのというふうなところまで、私も情報をつかんでいないというのが実情でございます。



○決算特別委員長(土本昌幸君) よろしいですか。他にございませんか。(なし)

 他に、ご意見もないようですので質疑を終わります。

 続いて討論に移ります。ご意見のある方ございませんか。(なし)

 ご意見もないようですのでこれで討論を終わります。

 それではお諮りをいたします。採決を行いたいと思います。議案第72号平成22年度加西市後期高齢者医療特別会計の決算認定については、認定することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○決算特別委員長(土本昌幸君) 異議なしと認めます。よって、議案第72号平成22年度加西市後期高齢者医療特別会計の決算認定については、認定することに決定をいたしました。



△議案第73号 平成22年度加西市老人保健医療特別会計の決算認定について



○決算特別委員長(土本昌幸君) 続きまして、日程第6、議案第73号平成22年度加西市老人保健医療特別会計の決算認定についてを議題といたします。本案の説明を求めます。高井国保健康課長。



◎国保健康課長(高井勝正君) それでは、議案第73号平成22年度加西市老人保健医療特別会計の決算認定について、ご説明申し上げます。計算書の6ページをお願いいたします。老人保健医療特別会計の決算は、歳入で840万958円となり、前年度対比70.5%の減、額にいたしまして2,006万3,957円の減となっております。

 一方、歳出は676万9,000円となり、前年度対比68.8%の減、額にいたしまして1492万7,018円の減となっております。

 実質収支は、163万1,958円の黒字となっております。

 次に、歳入歳出の主なものについて説明させていただきます。9ページの歳入をお願いいたします。主なものは、80款繰り越し金676万8,897円は、前年度繰越金でございます。

 次に、85款諸収入163万1,509円は、主に過誤調整による診療報酬の返還分でございます。

 以上、歳入合計は840万958円となっております。

 続きまして、11ページ歳出についてご説明させていただきます。10款諸支出金676万9,000円は、社会保険診療報酬支払基金、国・県等に返還したものでございます。なお、老人保健医療特別会計は、平成23年3月末をもって廃止し、平成23年度から一般会計に移管をしております。

 以上、簡単ですけれども説明を終わらせていただきます。よろしくご審議のほどお願いいたします。



○決算特別委員長(土本昌幸君) 以上で説明が終わりました。何かご質疑等ございませんか。ありませんか。(なし)

 質疑もないようですので、討論もございませんね。(なし)

 わかりました。それではこれより採決を行います。お諮りをいたします。議案第73号平成22年度加西市老人保健医療特別会計の決算認定については認定することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○決算特別委員長(土本昌幸君) 異議なしと認めます。よって、議案第73号平成22年度加西市老人保健医療特別会計の決算認定については、認定することと決定をいたしました。



△散会



○決算特別委員長(土本昌幸君) これで本日予定をしておりました日程は、全部終了いたしました。次回の委員会はあす11月15日午前10時より委員会室で開催をいたしますので、よろしくお願いいたします。本日の決算特別委員会はこれにて散会といたします。ご苦労さまでした。

     15時32分 散会

  委員会条例第27条の規定により、記録の大要を記載し、ここに署名と捺印をする。

     平成23年11月29日

                       決算特別委員長  土本昌幸