議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 三田市

平成20年 9月 決算特別委員会 09月05日−05号




平成20年 9月 決算特別委員会 − 09月05日−05号







平成20年 9月 決算特別委員会



               決算特別委員会会議録

                (第5日・表決)



                             平成20年 9月 5日

                             午前10時00分開会

                             議会会議室



      出席委員(20名)



         北 本  節 代  (仁愛会)



         野 上  和 雄  (民主党)



         三 木  圭 恵  (新風みらい)



         関 本  秀 一  (新風みらい)



         美 藤  和 広  (民主党)



         檜 田    充  (民主党)



         坂 本  三 郎  (熱血市民クラブ)



         関 口  正 人  (市民クラブ21)



         松 岡  信 生  (公明党)



       ◎ 平 野  菅 子  (公明党)



         城 谷  恵 治  (共産党)



         藤 原  美津雄  (公明党)



         酒 井  一 憲  (盟正会)



         岡 田  秀 雄  (盟正会)



       〇 家代岡  桂 子  (市民クラブ21)



         國 永  紀 子  (共産党)



         大 月    勝  (清風会)



         前 中  敏 弘  (盟正会)



         藤 田  泰 一  (盟正会)



         植 田  豊 司  (盟正会)



         福 山  二三夫  (盟正会)



         今 井    弘  (民主党)



      ※ ◎委員長 〇副委員長



      欠席委員  なし







○委員長  本定例会は、これまでになく、付託議案審査と、それから決算審査ということで、大変お忙しい中、ご苦労さまでございました。

 それでは、ただいまより決算特別委員会を開会いたします。

 9月1日から4日までの各分科会審査及び総括質疑において、長時間にわたり、活発な審査をいただき、本当にご苦労さまでございました。

 本日は、さきの審査を踏まえての表決であります。

 ただいまから表決に入らせていただきます。

 認定第1号ないし認定第12号を一括議題といたします。

 これより討論に入ります。

 國永委員。



◆國永委員 討論があります。

 認定第1号 平成19年度三田市一般会計歳入歳出決算認定について、反対討論です。

 理由は、また本会議で詳しくは述べますが、主な内容は3点ありまして、1つには、当初予算では骨格予算ということで組まれたんですが、反対する理由の主なものは行革断行プランについて、5年間で52億円、21年には93%台に経常収支比率を戻すということで、箱物行政のツケを市民への負担増ということで押し切ろうとする。その内容としては母子福祉金のカット、それから高齢者外出支援3,000円券の無料券を1,000円有料にするとか、給食費の値上げなど市民負担で行われた行革であること。

 それから2点目は、一方で無駄を削って市民負担を軽減するという立場に立ったときに、キッピーモール6階の賃料とか1階から5階までの第三セクターに貸している家賃の算定方法について、公有財産の転貸しの問題とか、39年間にわたって用地費を賃料に含まないやり方などの違法性も疑われるなどの算定方法が不透明な中での決算がされているということです。

 3点目は、解放学級が含まれているということで、特定の地域に限定した解放学級ではかえって子どもたちの心の垣根をつくっていくことになりかねないと、また行政が深くかかわっての研修はやめるべきで……。

              (「発言する者あり」)



○委員長  ご静粛にお願いします。



◆國永委員 廃止すべきと。行政は、市民の心の中に立ち入るべきではないという、以上の点で当認定第1号は認められません。

 以上です。



○委員長  そのほかに討論のある方はございませんか。

              (「発言者なし」)



○委員長  なければ、これをもって討論を終結いたします。

 これより表決に入ります。

 それでは、これより表決に入ります。

 表決については議事の都合により、分離して採決いたします。

 まず、認定第1号 平成19年度三田市一般会計歳入歳出決算認定について、採決いたします。

 本決算を認定することに賛成の議員は、挙手願います。

              (挙手多数)



○委員長  挙手多数であります。

 よって、本案は認定することに決しました。

 次は、認定第2号ないし認定第12号を一括して採決いたします。

 本決算11件を認定することにご異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○委員長  よって、本決算11件は、認定することに決しました。

 以上をもちまして決算特別委員会に付議された事件はすべて議了いたしました。

 これをもって決算特別委員会を閉会いたします。

                           午前10時7分 閉会