議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 三田市

平成 5年第220回( 9月)定例会 09月06日−01号




平成 5年第220回( 9月)定例会 − 09月06日−01号







平成 5年第220回( 9月)定例会



          第220回三田市議会定例会会議録(第1日)



                            平成5年9月6日

                            午前10時00分開会



               議  事  日  程

        日程第1  会議録署名議員指名

        日程第2  会期の決定

        日程第3  諸般の報告

        日程第4  認定第1号及び認定第2号

              議案第67号ないし議案第79号

              (市長提案理由説明)



      会議に出席した議員(24名)

  1番  國 永 紀 子 君      2番  大 月   勝 君

  3番  上 實   明 君      4番  梶 原 和 代 君

  5番  前 中 敏 弘 君      6番  西 中 孝 男 君

  7番  馬 場 俊 彦 君      8番  坂 本 幸 正 君

  9番  畑 末 康 男 君     10番  畑 中 和 義 君

 11番  中 西 博 夫 君     12番  千 田   豊 君

 13番  藤 田 泰 一 君     14番  福 山 二三夫 君

 15番  井 殿   清 君     16番  今 井   弘 君

 17番  植 田 豊 司 君     18番  寺 本 孝太郎 君

 19番  井 根   稔 君     20番  酒 井 岩 夫 君

 21番  小 西   勝 君     22番  西 上 敏 明 君

 23番  乾   二三男 君     24番  福 中 一 民 君



      会議に欠席した議員

       な  し



      会議に関係した事務局職員(4名)

 事務局長  福 田 裕 廸 君   事務局次長 三 宅   保 君

 事務局副主幹白 井 安 博 君   事務吏員  寺 林   徹 君



      説明のため出席した者(22名)

    市長            塔  下  真  次  君

    助役            岡  田  義  弘  君

    助役            樋  口  一  郎  君

    収入役           西  井     圓  君

    教育委員長         土  谷     宏  君

    教育長           杉  尾     武  君

    監査委員          泉        昌  君

    理事            廣  瀬  信  行  君

    市参事(総務部長)     田  口  忠  雄  君

    市参事(建設部長)     坂  本  典  彦  君

    企画財政部長        久  保     定  君

    市民部長          宇  津     豊  君

    生活環境部長        塩  山  忠  義  君

    福祉部長(福祉事務所長)  杉  本  義  幸  君

    経済部長          岩  田  恪  夫  君

    教育管理部長        竹  内  英  昭  君

    教育指導部長        前  川  公  生  君

    消防長(消防署長)     安  井  昭  久  君

    水道事業所長        金  子  宕  雄  君

    総務課長          石 名 田  治  之  君









△議長開会のあいさつ



○議長(福山二三夫) 開会に当たりまして一言ごあいさつを申し上げます。

 例年に比べ不順な天候が続き、霖雨という異例な夏でございましたが、ここ数日間朝夕はめっきり涼しさを増し、秋の風を感じる今日このごろでございます。ここに第220回三田市議会定例会が招集されましたところ、議員各位には何かとご多忙の折にもかかわりませず、おそろいで、しかも極めてご健勝なお姿でご参集を賜り、開会の運びに至りましたことは、市政伸展のためまことにご同慶にたえないところでございます。改めてここに各位の日ごろのご精励に対し、衷心より敬意を表するところでございます。

 さて、今期定例会に市長から提出されました案件は、平成5年度一般会計補正予算を初め、平成4年度市民病院並びに水道両企業会計決算及び条例の一部改正など15件でございます。

 議員各位におかれましては、ご精励を賜りまして慎重にご審議の上、それぞれ適切なるご決定をいただきますようお願い申し上げまして、まことに簡単粗辞ではございますが、開会のごあいさつといたします。



△開会及び開議宣告



○議長(福山二三夫) ただいまより第220回三田市議会定例会を開会いたします。

 これより本日の会議を開きます。

 直ちに日程に入ります。



△日程第1



○議長(福山二三夫) 日程第1、会議録署名議員の指名であります。

 会議録署名議員は、会議規則第120条の規定により議長より指名いたします。

 10番 畑中和義君  11番 中西博夫君

 以上2名の方にお願いいたします。



△日程第2



○議長(福山二三夫) 次は、日程第2、会期の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。

 今期定例会の会期は、本日から17日までの12日間といたしたいと思います。

 これにご異議ありませんか。

                (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(福山二三夫) ご異議なしと認めます。

 よって、本定例会の会期は12日間と決定いたしました。



△日程第3



○議長(福山二三夫) 次は、日程第3、諸般の報告であります。

 まず、市長より地方自治法第180条第1項の規定による損害賠償の額の決定について専決処分した旨報告がありました。

 よって、これが写しをお手元に配付いたしておきましたので、ご了承願います。

 次に、監査委員より地方自治法第235条の2第1項の規定による例月出納検査の結果について、議長あて報告がありました。

 よって、これが写しをお手元に配付いたしておきましたので、ご了承願います。

 次に、今期定例会に市長より提出されました議案の件名並びに地方自治法第121条の規定により、説明のため出席を求めた者の職氏名でありますが、お手元に配付いたしておりますとおりでありますので、ご了承願います。

 次に、今期定例会に提出されました請願書及び陳情書でありますが、お手元に配付いたしております文書表のとおりでありますので、ご了承願います。

 以上で諸般の報告は終わりました。



△日程第4



○議長(福山二三夫) 次は、日程第4、認定第1号及び認定第2号並びに議案第67号ないし議案第79号を一括議題といたします。

 これより上程議案に対する市長の説明を求めます。

 市長 塔下真次君

                〔市長 塔下真次君 登壇〕



◎市長(塔下真次) 本日、ここに第220回定例市議会を開催いたしましたところ、議員各位におかれましては殊のほかご多忙の中をご出席賜り、厚く御礼申し上げます。

 異常気象による低温と日照不足が続いた夏も終わりを告げ、早くも秋の気配を感じる今日このごろでございますが、議員各位のご健勝を心からお喜び申し上げますとともに、日ごろのご精励に対し、深い敬意と感謝を表する次第であります。

 さて、7月、8月は市制35周年を記念して、市民参加によるまちづくりのシンポジウム開催を初め、コンサート月間としての「三田音楽祭」や「森と湖のまつり」、「三田まつり」等の多彩なイベントに多数の参加をいただき、また新しい住民を迎え、ニュータウンなど市内至るところで住民の手づくりの夏祭りなど、市民の参加と交流によるふるさとづくりへの市民意識の高まりとその活動が全市域に広がってまいりました。ここに心より厚く御礼申し上げる次第であります。

 さてこの際、提出議案の説明に先立ち、若干のご報告を申し上げます。

 まず、関西学院大学総合政策学部につきましては、自然と人間の共生並びに人間と人間の共生を基本理念とする学部の概要が明らかにされたところでございますが、いよいよ今月学舎の建設に着工される運びとなり、平成7年4月開学に向けまして準備が進んでいるところでございます。市といたしましても、そのための条件整備に引き続き努力してまいりたいと考えております。

 また、北摂三田ニュータウン内の公園都市線第2期工事が平成7年開通を目指し、この10月に着工されることとなりました。市民から一日も早い完成が望まれていたところでもあり、通勤・通学などのアクセス整備として大きな効果をもたらすものと考えているところであります。

 なお、さきのシンポジウムにおきまして、「まちづくり市民宣言」として、先人の残した自然や文化を大切にし、地域の特性と魅力を生かしながら市民とともにまちづくりを進めることが採択されました。これを機に、さらに住みよい夢のある田園文化都市づくりを進めてまいりたいと存じます。

 さて、最近の我が国の経済情勢でございますが、平成3年より引き続いておる景気の低迷も、国の積極的な経済対策の効果もあって、ことしの当初段階では一部で回復の兆しが見られたものの、最近の急激な円高や冷夏といった影響も重なり、個人消費は依然として伸び悩み、民間設備投資や雇用状況においては低下傾向にあるなど、先行き不透明感が一段と高まっている状況にあります。

 また、近年の経済成長率の動向を見ますと、平成2年度では5.5%、3年度で3.5%、4年度で0.8%と急激な落ち込みを示しており、平成4年度では昭和49年の第1次石油ショック以来の低い伸び率となっております。このような厳しい経済情勢が地方財政にも大きく影響するところであり、今後の財政運営に当たっては、常に経済動向に注視し、適切かつ弾力的な対応により健全財政の堅持に努めてまいる所存でございます。

 次に、平成4年度の決算状況について申し上げます。

 本市を取り巻く財政環境は、厳しい経済動向の影響が一部に見られるものの、人口増加などの要因に支えられ、堅調に推移しており、一般会計では約4億3,100万円の黒字となり、経常収支比率においては、臨時財政特例債償還基金費など特別要因による交付税収入の増により60.4%と前年に比し4ポイント、公債比率は7.8%と前年度に比して0.4ポイントとそれぞれ改善され、これら財政指標もおおむね初期の計画どおり順調に推移しております。

 また、特別会計では、下水道事業会計で先行的な資本整備の増加により約1億8,600万円、老人保健医療事業会計で約1,900万円の収支不足が生じておりますが、これらを除く他の会計ではいずれも黒字決算となり、特別会計全体では約3億3,900万円の黒字となっております。

 なお、今議会に上程いたしております企業会計を除くこれらの会計決算については、間もなく監査委員の審査に付することになっており、次期臨時市議会において認定案件として上程いたす予定であります。

 さて、このたび提案いたしました議案について説明申し上げます。

 まず、平成4年度市民病院事業会計及び水道事業会計の決算認定についてでありますが、病院事業会計につきましては、総医療費の抑制といった国の政策から、近年の自治体病院を取り巻く環境は極めて厳しいものがあり、中でも診療報酬の改定による外来部門の報酬引き下げなどが大きく影響したことや、新病院への移行に向けた体制の充実など運営経費の増加により、収益的収支において単年度で約7,900万円、年度末収支で約2,200万円の収支不足となりました。また、資本的収支では約5,000万円の収支不足となりましたが、この不足額については損益勘定留保資金で補てんすることといたしました。

 次に、水道事業会計でありますが、第8次拡張計画に基づく広域化促進事業や簡易水道施設整備事業の基幹的施設の整備も高平地区を最後に昨年8月おおむね完了し、市内全域の給水体制が確立できたことにより、4年度末における水道普及率は約96%となっております。そのほか、市街地などの給排水管の布設替えやニュータウン内の管網整備を行い、これらの決算の内容といたしましては、収益的収支で単年度約710万円の純利益を計上、一方資本的収支では約310万円の収支不足となりましたが、消費税資本的収支調整額により補てんすることといたしました。

 次に、補正予算でありますが、いずれも緊急を要する事業や補助の確定に伴う事業の補正であります。

 まず、一般会計におきましては、本年度より本格着工いたしました新市民病院の建設に伴う北摂中央3号線交差点改良事業費及び部分払い等一時借入金利息相当額の病院会計への繰り出しや広野市民センターの早期整備に向けた基本設計費等の補正をしようとするほか、本年11月より計画いたしております「家族の日」推進事業費、平成6年1月より運行予定の「移動図書館」運営費、大池南市営住宅建替に伴う実施設計費等事業費の補正、地域商業集積整備促進事業としてこのたびフラワータウンにオープンいたしましたサン・フラワーへの出資金の増額、本年6月及び8月の集中豪雨による公共土木施設及び農林施設の補助災害復旧費の補正、さらには単独事業として道路維持費、その他国・県補助事業の追加割り当てによる農村活性化住環境整備事業費等の補正など、総額にして6億6,074万円の増額補正とあわせて、土地開発公社事業資金借り入れに係る債務保証として10億円の債務負担行為の補正をしようとするものであります。

 次に、特別会計でありますが、国民健康保険事業会計では、市民の健康づくりを支援するヘルスパイオニア・タウン事業や財政調整基金の積み立てなど2億1,969万円の補正、下水道事業会計では、補助事業の追加割り当てによる雨水幹線や面整備事業の増により1億6,441万円の補正、北摂三田ニュータウン建設事業会計では、住宅宅地関連公共施設整備事業に係る公園の補助決定の増により1億1,800万円の補正と、ウッディタウン地区の中央運動公園の整備及びフラワータウン市民センター実施設計に係る開発者立て替施行として計4,000万円の債務負担行為の補正、生活排水処理事業会計では、補助事業の追加割り当てによる事業費の変動により6,392万円の増額補正をしようとするものであります。

 次に、市民病院事業会計では、収益的収支で新市民病院建設事業に係る当該年度部分払いに要する一時借入金利息として1,400万円の補正、資本的収支で同じく病院建設工事費出来高払いなど2億4,150万円の増額補正、また水道事業会計では、資本的収支でニュータウン内における拡張整備事業費として4,000万円の増額補正をしようとするものであり、合計7会計の補正予算であります。

 次に、条例案件でありますが、地方自治法第260条の2第1項の規定に基づく地縁団体の代表者等に係る印鑑の登録及び証明に関し、必要事項を定める「認可地縁団体印鑑条例」の制定のほか、非常勤消防団員等に係る損害補償の基準を定める政令の一部改正に伴う「消防団員等公務災害補償条例」、消防団員等公務災害補償等共済基金法施行令の一部改正に伴う「非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例」の一部改正の3件であります。

 最後に、事件決議でありますが、乙原地区の土地改良事業に伴う字区域の変更及び廃止のほか、ニュータウン地区における都市計画公園並びに公共下水道施設の設置事業に係る委託等契約の締結の計3件であります。

 なお、今会期中に、仮称でありますが三田市総合福祉保健センターの建設用地取得に係る事件決議案件を追加提出する予定でございますので、ご了承賜りたくお願い申し上げます。

 以上をもちまして提出議案の説明を終わります。議員各位におかれましては、何とぞ慎重にご審議の上、各議案について適切なご議決を賜りますようお願い申し上げます。

 以上です。



○議長(福山二三夫) 以上で市長の説明は終わりました。

 これをもって本日の日程は終わりました。

 お諮りいたします。

 明7日から12日までは、議案熟読のため休会いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

                (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(福山二三夫) ご異議なしと認めます。

 よって、さように決しました。

 次の本会議は本月13日午前10時より再開し、一般質問並びに総括質疑を行います。

 本日はこれをもって散会いたします。

                           午前10時23分 散会