議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 三田市

平成19年11月 決算特別委員会 11月15日−04号




平成19年11月 決算特別委員会 − 11月15日−04号







平成19年11月 決算特別委員会



               決算特別委員会会議録

              (第4日・経済建設分科会)



                             平成19年11月15日

                             午前9時開会

                             西3号庁舎3階大会議室



      分科会に出席した委員(5名)



         北 本  節 代  (仁愛会)



         檜 田    充  (民主党)



         関 口  正 人  (市民クラブ21)



       〇 厚 地  弘 行  (盟正会)



         大 月    勝  (清風会)



      ※ 〇座長





        決算特別委員会審査答弁・説明員の職氏名(19名)

               [経済建設分科会]

       副市長                 吉 岡 正 剛

       経済建設部長              曽 谷 智 昭

       都市整備部長              南   孝 司

       経済建設部次長             川 本   渉

       経済建設部次長             久 下 秀 治

       経済建設部次長             中 西 勇 一

       都市整備部次長             中 井 俊 朗

       農業振興課長              塚 本 岩 夫

       商工観光課長              藤 原 利 夫

       建設課長                森 元 和 夫

       道路管理課長              東 仲 益 司

       公園緑地課長              赤 松 忠 幸

       用地課長                中 本 梅 夫

       県道整備推進課長            太治野   修

       都市計画課長              辻   啓 仁

       地域整備課長              垣 崎 芳 博

       住宅・営繕課長             岡 本   仁

       建築指導課長              藤 本   良

       農業委員会事務局長           裏 田 忠 雄









○座長  皆さんおはようございます。

 全員そろいましたので、ただいまより決算特別委員会経済建設分科会を開催いたします。

 一言ごあいさつを申し上げます。

 本市の予算規模も総額で歳入634億円、歳出で620億円と年々増大をしておりまして、その内容も多岐にわたっております。慎重に、かつ効率的な審査が進められますよう、委員各位にご協力をお願いを申し上げます。

 特に、答弁にあたっていただく当局の皆様方にもあらかじめお願い申し上げ、これから審査過程を通じて出されました意見、要望につきましては今後の市政執行に十分に反映されますよう、よろしくお願いを申し上げます。

 この際、副市長からごあいさつをいただきます。よろしくお願いします。

 吉岡副市長。



◎副市長  おはようございます。

 朝夕めっきり涼しくなってまいりまして、非常に紅葉も一段と色鮮やかになってまいりましたけども、さきの292回の臨時市議会におきまして18年度の三田市一般会計外、合計10件を決算認定をお願いいたしましたところ、早速議会におきまして特別委員会を設置いただきましてまことにありがとうございます。

 18年度の一般会計決算概要につきましては、申し合わせのとおり、決算附属資料の決算の概要をご参照いただくと、こういったことにさせていただいておりますので、よろしくお願いしたいと思います。私どもも的確にお答えさせていただくよう心がけてまいりますので、ひとつ慎重なるご審議をお願い申し上げまして、ごあいさつとさせていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。



○座長  どうもありがとうございました。

 続きまして、付議されております平成18年度一般会計及び各特別会計の決算概要について、各部長よりその概要について説明を求めます。

 曽谷経済建設部長。



◎経済建設部長  18年度の事業の内容等の、決算についての代表的な主な事業について、その成果なりをご報告申し上げたいと思います。

 まず、農業振興におきましては平成17年、18年の2カ年で実施をし、18年度完成いたしました第3次農業基本計画についてでありますが、前計画としましては平成9年から18年の10カ年計画ということで第2次農業基本計画をつくり、都市と農村との共生による新たな三田市農業の創造を目指した計画によって農業施策の推進を図ってまいりました。そして、このたび、平成19年度以降、10カ年の基本計画を示す第3次農業基本計画を農業関係、また消費者関係、流通関係、市民による公募委員等、また関係団体等幅広い市民の参加によりまして、今後10年間を見据えた三田市農業の進むべき方向につきまして議論をいただき、第3次三田市農業基本計画、三田市食と農の振興ビジョンとして、「都市と農村がはぐくむ三田の食と農」というような形で策定をいたしました。内容といたしましては、4月の委員会でご報告申し上げましたとおり、平成19年度から28年度までの10カ年を計画年度として、三田市農業の進むべき方向、施策、戦略プロジェクトとしての策定をし、19年度よりその取組みを進めているところでございます。

 農業施策でもう一点ですが、有害鳥獣対策、アライグマ対策についてでございます。平成16年度から生息が確認されておりましたけれども、その後生息区域が急速に広がり、生息数も増加しているという状況の中から、それに伴います農業被害または家屋侵入被害も増加をし、国内での天敵がない、増殖率が強い、雑食性で幅広い植生を有しているようなことから、被害網の拡大も危惧され、その対策としましては猟友会三田支部に捕獲を依頼して対応しておりましたけれども、平成18年3月に兵庫阪神北地域有害対策特区の認定を受けまして、狩猟免許を有しない従事者の容認事業というような形で実施をできるようになりました。あわせまして、有害鳥獣対策委員会を5月に設置をし、被害農家を捕獲協力員として登録をし、各地域で活動いただきました。そうしたことにより、平成17年度の効果としまして23匹の捕獲から、18年度につきましては131匹の捕獲というような形の中での成果を上げてまいりました。

 また次に、ツーリズム事業の推進についてでございますけれども、これにつきましても17年、18年の2カ年でツーリズムビジョンの基本行動計画を策定いたしました。そして、基本行動計画に基づいた四つの柱、歴史・文化を生かしたツーリズム、里山を生かしたツーリズム、花のツーリズム、食のツーリズムにつきまして実践活動の母体づくりと組織の再編、観光サポーターや一般ボランティア等の人材育成に向けて、一部その実証実験として実施をいたしました。その内容につきましては、歴史・文化を生かしたツーリズムとしましては川本幸民祭りを、里地・里山を生かしたツーリズムとしましては松茸山再生事業、そして花のツーリズムとしてさくら回廊ウオークを実施をしながら、持続可能なツアープログラムの開催に取り組みました。そして、その3回の実験の中で参加者のアンケート、反省会などによりその評価なり課題などを分析し、参考にしながら三田市ツーリズムの定着と魅力あるツアープログラムの開発に取り組んでおります。

 次に、18年度の建設事業についてでありますが、快適な生活環境の整備を目的とした道路新設改良事業につきましては16路線で事業を進めてまいりましたが、部分完了路線として平成11年度から着手しておりました都市計画道路横山天神線が天神武庫が丘線の交点から県道黒石三田線までの530mが平成18年9月に供用開始をし、このことにより既に供用開始しておりました680mと合わせ、南が丘までの1,210mがつながることにより市街地への幹線道路として利便性の拡充が図られました。

 次に、交通安全確保を目的とした交通安全施設整備事業におきましては、北摂中央3号線を含み4路線で事業を進めてまいりました。特に、懸案となっておりました新三田の国道176号との接点である北摂中央3号線の右折レーンの設置でございますが、平成15年度の着手以来、地元の協力を得て本年3月に完成しましたことで、事故多発地点であった箇所の改善により通行の安全確保が図れるようになりました。

 また、都市計画街路としまして進めております高次線でございますが、駅南側の集中する交通の分散を図り、駅北側に広場の整備と国道176号からのアクセス道路の整備を実施することにより円滑な交通体系の確立を図るという目的で進めております。平成18年度末の用地買収率といたしまして83.6%となっており、今後整備のときに地権者との交渉を重ね、早期用地取得、または工事完成に向けて努力してまいりたいというふうに考えております。

 次に、公園の関係についてでございますが、公園施設の適正な維持管理につきましては、ニュータウン開発等に伴い開発者から引き継ぎを受けるなど、公園は18年度末で132カ所を有し、都市施設として市民に憩いのオープンスペースを提供し、緑化拠点として管理しております。昨今、全国的にも施設、遊具等での事故が多発しており、当市におきましても事故を未然に防ぐべく、定期、不定期の点検を実施しております。しかしながら、遊具、ベンチなどの施設が経年劣化をし、修繕に多くのコストを有しているという状況があります。そういった中で、市民の安全・安心のまちづくりの一環として、公園の周辺からの見通し確保や夜間の明るさの確保など、植栽管理も含め多くの要望がある中、限られた予算の中での効率的、効果的な運用により適正な維持管理に努めております。成果といたしまして、幸いにして当市においての大きな事故等は発生しなかったということで要望し、考えております。

 次に、指定管理制度の件についてでございますけれども、地方自治法の改正による指定管理者制度を導入することにより、優良施設の設置された都市公園が市民に緑とオープンスペースを提供し、都市環境の改善、都市の防災性の向上等に寄与することを目的にさせるため、平成18年4月から指定管理者制度を導入をし、都市施設管理公社に指名、管理運営を委託をし、管理者の創意工夫による事業展開の基盤とする1年といたしました。この指定管理者制度は多様化する市民ニーズに効果的、効率的に対応するため、公の施設に民間事業者等の能力を活用し、市民サービスの向上と経費の削減等を図ることを目的として実施をし、18年度成果としましては接遇、セキュリティー等の研修を行い、利用者に対して管理者責任を果たし、公務に向けた基盤ができ、また施設管理について、グラウンド等施設管理、環境管理により利用者が快適に利用できるよう配慮された運営ができたというふうに考えております。

 以上で、18年度の経済建設部におきます主な事業の成果、結果につきまして報告を申し上げました。今後、決算審査の方よろしくお願い申し上げたいと思います。



○座長  南都市整備部長。



◎都市整備部長  おはようございます。

 続きまして、都市整備部の18年度の事業概要についてご説明申し上げます。

 私ども都市整備部につきましては、都市計画課、地域整備課、住宅・営繕課、開発指導課、建築指導課の5課でもって業務を担当しておりますけども、まず都市計画課につきましては、一つは都市の景観ということで、18年度から3カ年でもって景観条例等の制定に関する業務を行っておるところでございます。また、計画係では繰り越しをさせていただいておりますけども、今後の道路行政等の関係でもって必要となります、基礎となります交通量の調査を実施をさせていただきました。特に、今後景観問題についても、3カ年で20年度の結論ということになりますけども、その辺のことを、計画を進めたいというように考えております。

 それと、地域整備課につきましては、それぞれのまちづくりなり、それぞれのJR駅のまちづくり、また天神の区画整理、また特に駅前のB地区の推進ということで、地域とのつながりということで進めてございますけども、18年度といたしましては新三田駅、広野駅、相野駅というようなところのまちづくりについての、県のご支援をいただきながらの地域の協議、Bブロックについては地域の皆さん方の意識の醸成も含めながら進めていくというような業務を進めさせていただいております。それと、大きくは天神の区画整理の進捗ということで業務をさせていただきました。

 次に、住宅・営繕課でございますけども、これにつきましては市営住宅の管理というのが一番大きな業務でございます。市営住宅の、南が丘市営住宅の建てかえ事業の推進という格好で進めさせていただきました。

 次に、開発指導課でございますけども、ここにつきましては都市計画法等の許認可の申請でございますので、日常的な許認可の申請をできるだけ早く進めていくというようなことから、その方向で進めてくることとあわせて、違法の開発等の取り締まりも進めております。

 建築指導課につきましては、一昨年より問題になっております耐震偽装の問題等がございますし、市内にも1カ所ホテルがあるというようなことがございましたけども、それの対応と日常的な建築行政について対応しておるというのが状況でございます。

 以上でございます。



○座長  ありがとうございます。

 両部長の説明は終わりました。

 ただいまより審査に入るわけでございますが、念のためお願い申し上げます。

 審査につきましては、決算事項別明細書及びさきに配付しております科目別所管課一覧表、歳入と歳出科目一覧表に基づき、一般会計の歳入歳出、その後特別会計の順にさせていただきます。

 なお、一般会計の歳入につきましては款ごとに、歳出につきましては目ごとに行い、特別会計につきましては一括でさせていただきますので、よろしくお願いします。

 次に、当局者の答弁される方は時間の関係上速やかに挙手願い、私の方から指名いたしますので職、氏名を述べていただくようお願いを申し上げます。また、必ずマイクを通して的確に、しかも簡潔明瞭なご答弁をよろしくお願いします。その際は着席のままで結構です。

 それでは、ただいまより審査に入ります。

 まず、歳入からですが、決算事項別明細書の9ページをお願いします。

 第12款分担金及び負担金について、質疑のある委員は発言願います。

              (「発言者なし」)



○座長  それでは、次の11ページ、第13款使用料及び手数料について、こちらの方はページごとにいきますので、使用料・手数料の11ページの部分について、質疑のある方は挙手願います。

 よろしいですか。

              (「発言者なし」)



○座長  それでは、13ページ、使用料及び手数料について質疑のある方は挙手願います。

 関口委員。



◆関口委員 自転車等駐車場使用料約9,500万円について質問させていただきます。

 これは市内何カ所の駐輪場での使用料なんですか、まず教えてください。



○座長  東仲道路管理課長。



◎道路管理課長  市内11カ所でございます。



○座長  関口委員。



◆関口委員 その中でも、特に新三田の駐輪場について質問したいんですけども、これ毎回、決算、予算ずっと質問させていただいてまことに恐縮なんですけども、どうしても自動二輪をとめれないかという要望が常に私の方に届いております。何とか自動二輪がとめられないかということで毎回質問させていただいているんですけども、特に今回法改正があったと聞いておるんですけども、その点で、今までは法の問題でとめれないということで回答が常にあったんですが、そうすると法改正があったと思うんで、市としても何とか自動二輪の駐輪をお願いしたいと思うんです。その点のお考えは、予定等をお願いします。



○座長  東仲道路管理課長。



◎道路管理課長  駐輪場における自動二輪の駐車につきましては、これまでから市民から、または委員の方からご要望をいただいておるところでございますが、国のいわゆる自転車法において、整備に対する努力義務として自転車及び50?以下の原動機つき自転車に限られたものであることから、整備に至っていなかったのが現状でございます。先ほど委員言われましたとおり、平成18年11月の駐車場法の一部改正により整備の対象が自動二輪車を含むこととなりましたことから、努力義務とはいえ、現在既存の施設の中で整備できないかを検討しているところでございますので、ご理解を賜りたいと考えております。



○座長  関口委員。



◆関口委員 検討しているということなんですけども、検討しているばかりの毎回同じ回答じゃなくて、具体的にいつごろからできる方向で今向かっているというか、そういうものないんでしょうかね。



○座長  東仲道路管理課長。



◎道路管理課長  前回も、確かに検討しておると申し上げたところでございます。今条例制定に際しまして法制局と条例の中身とかを、今、最終詰めをしておるところでございまして、確実な約束といいますと、何とか次回の3月になりますかね、何とか議会の方で条例の方を整備したいと、今詰めておるところでございます。



○座長  関口委員。



◆関口委員 また3月予算委員会で聞くのも何なんですけども、余り検討検討というのでなく、早く発表できるように、検討でない段階で進めていただきたいなと思います。

 その辺、関連いたしまして、駐輪場、先ほどの11カ所ですか、あるというふうに言ったんで、その中でも私特に気がつくウッディタウン内の駐輪場なんですけども、南ウッディタウンとウッディタウン中央に駐輪場あると思うんですけども、見る限り余り利用されてないんじゃないかなあと思うんですけども、1日平均どれぐらいの利用がされているんでしょうか。



○座長  東仲道路管理課長。



◎道路管理課長  委員言われました、指摘されましたとおり、ウッディタウン内の駐輪場、南ウッディタウン駅とウッディタウン中央駅がございまして、この稼働率からいいますと、確かにそう高くないのは現状でございますが、数字からいいますと、ウッディタウン中央駅が20.6%、南ウッディタウンにつきましてはわずか0.2%の稼働率となっており、利用状況といたしましては低いものでございます。



○座長  関口委員。



◆関口委員 パーセントで答えていただいたんですけど、1日大体何台ぐらいになるんですか、それは。



○座長  東仲道路管理課長。



◎道路管理課長  稼働率と、先ほど言いましたのは整理できておるんですけども、1日の平均台数につきましては詳細な数字が手元にございません。



○座長  関口委員。



◆関口委員 また、後ほど報告していただければ結構です。それで、先ほどパーセント出たんですけども、採算合うんですかね、それで。



○座長  東仲道路管理課長。



◎道路管理課長  今委員のご質問の採算につきましては、確かに、例えばウッディタウン中央駅でございましたら20.6%ですから多くはありません。ウッディタウン中央駅につきましては指定管理者でありますシルバー人材センターに維持管理を委託しており、常時台数が少ないからとはいえ無人にするわけにはいきませんので、朝6時から夜10時までは1人張りついております。それからしますと、中央駅だけで見ましても人件費の方が上回っているかと思います。もう一つの南ウッディタウン中央駅につきましては、先ほど申し上げました稼働率でございますので、ここにつきましては、以前までは人を巡回ということでつけておったんですけども、隣接、真っすぐにシルバー人材センターの事務所がございますので、南ウッディタウンの管理につきましてはシルバー人材センターに費用を賦課することなく、まあ言えばついでにというんで維持管理をしてもらっておりますので、南ウッディタウンにつきましては人件費はかかってないのが現状でございます。



○座長  関口委員。



◆関口委員 今後、余り稼働してないということなんで、利用しやすい方法か、またいろいろと工夫を重ねていっていただきたいなと要望して終わります。



○座長  ほかに、委員の方ありますか。

 北本委員。



◆北本委員 関口委員と同じ質問になろうかとは思うんですけれども、稼働率が悪いということで、もともとこの、先ほど課長11カ所とおっしゃいましたけれども、私の中では12カ所でないかなと思っておりますけれども、この駐輪場を設けられた目的というのがちょっとわからないんですけど、教えていただけますか。



○座長  東仲道路管理課長。



◎道路管理課長  まず、箇所数につきましては、12カ所といいますのは、恐らく相野駅が第1と第2がございまして、これを1カ所といたしますと12カ所ということでございまして、私どもとしましては相野を一つとして11カ所というふうにしております。

 それと、次にこの駐輪場の設立の目的でございますが、一番初めに、平成3年に横山駐輪場の方が第一にオープンしたわけでございますが、これは先ほど関口委員の方からの質問でありましたように、この駐輪場、駅前周辺の、それまでは、駐輪場とか整備されてないときには、とにかく通勤、通学者は駅に一番近いところに無造作に自転車を置きっ放しにし、というのは、特に置きっ放しにされているのが歩道が大半を占めておりました。これでは、例えば健常者ならまだ知らずに、体に例えば障害がある方とかお年寄りの方とかが駅、駅前へ利用されるのに、こういった不法に駐輪された自転車が迷惑となって駅へスムーズに足を運べないというようなことがしょっちゅう起こってきまして、国の法律に基づきまして、駅周辺の良好な環境保全と駅利用者の利便性の確保を目的として、市営駐輪場を各駅に整備してきたところでございます。



○座長  よろしいですか。

 ほか、委員の方どうでしょうか。

 よろしいですか。

              (「発言者なし」)



○座長  では次のページ、15ページの使用料及び手数料について、質疑のある方は挙手願います。

 檜田委員。



◆檜田委員 不法駐車自転車等移動保管料123万6,000円上がってるんですけども、台数として一体どのぐらいの台数を年間で撤去しているのか、ちょっとそこら辺のことをお聞きしたいなというふうに思ってます。

 それと、事務報告書見てましたら、放置自転車撤去処分代として200万円ほど計上されてるわけですけども、その差額は結局市の持ち出しというふうになるというふうに解釈してよいのかどうか。



○座長  東仲道路管理課長。



◎道路管理課長  移動保管料、トータル、ここに、16ページにあります123万6,000円でございますが、この移動保管料とまず言いますのが、先ほども迷惑駐車のことを申し上げましたが、駐輪場以外の場所、特に駅周辺の歩道等に迷惑的な駐車をされた自転車に対して、駅前周辺の良好な環境保全と駅利用者の利便性確保、先ほど申し上げたとおりでございますが、この一掃のために、三田市において毎月定期的に撤去をいたしておりますが、この撤去をいたしました自転車等を一時的に決められた場所に保管をし、所有者等に対して返還の際に徴収いたしております手数料でございます。ちなみに、自転車で1,800円、原付で3,200円となっております。委員のご質問の台数等でございますが、平成18年度、自転車の撤去、移動、年間14回を行っておりまして、自転車で総台数850台撤去し、そのうち返還率は50%で78万4,000円、原付につきましては131台撤去し、ほぼ100%返還いたしておりまして、合計で123万6,000円の移動保管料を徴収いたしております。

 次に、処分代の200万円の件でございますが、先ほどご説明させましたとおり、原付の方はほぼ100%返還しており問題はございませんが、自転車につきましては、説明させてもらったとおり、50%の返還といいますと50%もちろん台数が残ります。これにつきましては、市の方で防犯登録されておる方等につきましてははがきを出したりして引き取りに来てくださいという周知をしておるんですが、それでも取りにこられない方が確かにございます。最終的には6カ月ほど一時的に保管をいたしますが、それを切りますと処分として、先ほどの経費を使いまして処分しており、委員のご指摘のとおり、最終的には、その処分代というのは市の方の持ち出しというふうになっておるのは現状でございます。



○座長  檜田委員。



◆檜田委員 ある意味モラルの問題であって、ここでとやかく言うすべもないと思うし、なんですけども、そういった意味で言うと、不法駐車対策、駐輪対策、これ何かお考えがあればお聞かせいただいて終わりにしたいと思うんですが。



○座長  東仲道路管理課長。



◎道路管理課長  その件につきましては、先ほどからもご説明させてもうたとおりなんですけども、定期的な撤去、これはもう随時今年度も行っております。それと、駅周辺につきましてはシルバー、この指定管理者でありますシルバー人材センターの方に、通勤、通学時において、そういった駐輪場以外にとめられているものに対して警告札等を張りつけて、駐輪場の方へとめてもらうような指導をいたしております。そのようなことで、ちょっと言い方悪いかもしれません、イタチごっこのようなことにはなっておりますが、今後も撤去、移動並びに警告札の張りつけ等いたしまして、不法駐輪、迷惑駐輪の一掃に努力していきたいと考えております。



○座長  ほか、委員の方どうでしょうか。

 北本委員。



◆北本委員 14ページの備考欄のところで市営住宅使用料の未済額が上がっております。毎年、平成15年から700万円台の未済額が計上されておりますが、これについて説明をお願いいたします。



○座長  岡本住宅・営繕課長。



◎住宅・営繕課長  委員ご質問の市営住宅の家賃の未収でございますが、その内訳といたしまして、市営住宅分で現年度分が116万円、過年度分が447万880円、合計558万6,880円、改良住宅の18年現年度分の未収が18万4,700円、過年度分の未収が148万5,100円、住宅分の合計は725万6,680円。その後、市営住宅の駐車場使用料の現年度の未納が3万4,000円、過年度分が4万円、合計7万4,000円でございまして、合計733万680円が未収というふうになってございます。

 以上です。



○座長  北本委員。



◆北本委員 この、ただいまご説明いただきました中で家賃未収の中の大口は何件で、金額は幾らぐらいでしょうか。



○座長  岡本住宅・営繕課長。



◎住宅・営繕課長  18年度末の未収の方は30名いらっしゃいますが、そのうち高額の未納者は2人でございます。額は、お一人が171万1,000円、もう一人が116万4,300円というふうになってございます。

 以上です。



○座長  北本委員。



◆北本委員 これらの徴収は効率的に厳正になされているとは思いますが、この滞っている理由は何でしょうか。



○座長  岡本住宅・営繕課長。



◎住宅・営繕課長  家賃滞納につきましては現在も努力をしているところでございますが、滞納がたまっている理由につきましては、たまった分については分納等で対応してますので、少しずつながらその解消に今努めているところでございます。

 以上です。



○座長  北本委員。



◆北本委員 それで、平成18年度のことは今お聞きしたんですけれども、19年度から、4月からこの10月までのその方たちの状況はいかがでしょうか。



○座長  岡本住宅・営繕課長。



◎住宅・営繕課長  滞納者の現在の状況でございますが、大口の2人の方につきましては昨年の議会で提訴に係る議決をいただきまして、裁判所に提訴して明け渡せという判決をいただき強制執行の手続に入ったわけですが、そのうち1件は本年19年3月末に自主退去いたしましたが、もう一件の方につきましては本年の4月に強制執行で退去をしていただきました。また、あとの方にも、さきに申し上げましたとおり、分納等で少しずつでも滞納の解消に努めているところでございます。

 以上です。



○座長  北本委員。



◆北本委員 その1件の退去された方については、未納の家賃についてはどうされるんでしょうか。



○座長  岡本住宅・営繕課長。



◎住宅・営繕課長  強制退去、また自主退去された方につきましては住所等を調査の上、これからも家賃について請求をしてまいりたいというふうに考えております。

 以上です。



○座長  北本委員。



◆北本委員 皆さん方、戸別訪問とか督促はもちろんされていると思うんですけれども、いろんな手段を講じて未済額の解消になお一層の努力をお願いいたします。ありがとうございました。



○座長  ほか、今15ページ、16ページありますか、よろしいですか。

              (「発言者なし」)



○座長  では、次17ページ、18ページの使用料及び手数料について、発言のある方は挙手願います。

 よろしいですか。

              (「発言者なし」)



○座長  それでは、次に23ページ、国庫支出金の中で所管の委員会の中で関係する分について、質疑のある方は挙手願います。

 よろしいですか。

              (「発言者なし」)



○座長  次に25ページ、国庫支出金について質疑のある方は挙手願います。

 檜田委員。



◆檜田委員 住宅費補助金の部分なんですが、予算書を見てますとこの備考欄が公営住宅等家賃対策補助金となってるんですが、予算書ではこれ3,958万2,000円で、もう一つの災害公営住宅等特別家賃低減対策補助金が143万1,000円となってるんですが、この備考欄の部分はちょっと違うんじゃないかなというふうに思います。

 それと、昨日聞いて、その3,958万2,000円の方が補助金から交付で出されたということでしたけれども、その理由というのが、もしわかるんであればお尋ねをしたいと思いますし、今年度の部分で言いますと、今年度の予算額ではまた2,300万円ほど戻ったりしてるんかなと思うんですけども、ここら辺、昨年度だけが交付税化されたのかどうか。また、それによって市に対する歳入の影響というのがあるのかどうか、お尋ねしたいと思います。



○座長  岡本住宅・営繕課長。



◎住宅・営繕課長  先ほどの公営住宅家賃対策補助金でございますが、これは国庫補助でございまして、18年度の予算要求当初につきましては補助廃止がまだ未確定でございましたので、財政課と協議の上、補助があるという見込みで要求をいたしましたが、平成18年1月に補助廃止が決定いたしましたので、その分を0というふうに出しました。家賃対策補助金の3,958万円についてはそういうことでございますが、その後の制度として公的賃貸住宅家賃低廉化事業というのが平成18年度から創設されましたけども、これにつきましては平成18年度以降に管理を開始した団地のみが対象となっておりますので、今回南が丘なんですが、それにつきましては平成19年度からの管理となりますので、平成18年については、予算については0ということでございます。19年度はこの制度によりまして、先ほど質問にありましたように、2,300万円が予算化されているということでございます。

 以上です。



○座長  檜田委員。



◆檜田委員 そうしましたら、その前の部分についてもまだ対象の地域が残ってたんですか、廃止になった部分。



○座長  岡本住宅・営繕課長。



◎住宅・営繕課長  あとの南が丘以外の団地につきましては、その年度の最終年度の交付をされるだろうという金額を、毎年国から照会がございますので、それについて報告しておりますが、その補助額につきましては国の方で精査した結果を地方交付税にあわせて交付されてますので、住宅・営繕課では、その枠については承知をしておりません。

 以上です。



○座長  よろしいですか。

 ほかの委員の方どうでしょうか。

 よろしいですか。

              (「発言者なし」)



○座長  次は31ページ、32ページ、第15款 県支出金について、質疑のある方は挙手願います。

              (「発言者なし」)



○座長  それでは、37ページ、第15款 県支出金について、質疑のある方は挙手願います。

              (「発言者なし」)



○座長  次に、39ページ、40ページ、県支出金について、質疑のある方は挙手願います。

              (「発言者なし」)



○座長  それでは、43ページ、44ページ、質疑のある方は挙手願います。

              (「発言者なし」)



○座長  次は45ページ、46ページ、質疑のある方は挙手願います。

              (「発言者なし」)



○座長  次は47ページ、48ページ、質疑のある方は挙手願います。

              (「発言者なし」)



○座長  次は同じくこれ47ページの第16款 財産収入について、質疑のある方は挙手願います。

              (「発言者なし」)



○座長  次に49ページ、50ページの財産収入について、質疑のある方は挙手願います。

              (「発言者なし」)



○座長  次に51ページ、第17款 寄附金について、質疑のある方は挙手願います。

              (「発言者なし」)



○座長  次に55ページ、第20款 諸収入について、質疑のある方は挙手願います。

              (「発言者なし」)



○座長  次に、57ページ、58ページ、諸収入について、質疑のある方は挙手願います。

 大月委員。



◆大月委員 諸収入の雑入のうち県用地関係事務委託金557万1,450円、この内容について少し説明をしていただきたいと思うんですが。



○座長  太治野県道整備推進課長。



◎県道整備推進課長  ただいま委員おっしゃいました557万1,450円ですけども、当県道整備推進課におきまして、18年度におきましては市内国道2カ所含めまして3路線の5カ所の事務委託を受けてまいりました。その中で、合計金額につきましてご報告を申し上げます。その合計金額につきまして、521万8,650円でございます。557万1,450円のうち、当課のものにつきまして521万8,650円の歳入をいただいております。

 以上です。



○座長  大月委員。



◆大月委員 今県道推進課が事業を起こしているうちの経費の一部を県の方から事務委託金として当市の方に雑収入として入ってきたと、こういうことですか。



○座長  太治野県道整備推進課長。



◎県道整備推進課長  そのとおりでございます。



○座長  大月委員。



◆大月委員 それで、県道整備推進課としては三田市のいわゆる自主事業といいますか、そのほか、県道以外に、県の事業以外に事業を推進している部分というのはあるんですか。



○座長  太治野県道整備推進課長。



◎県道整備推進課長  県道、国道以外につきましてはございません。



○座長  大月委員。



◆大月委員 国道の部分を除いて、いわゆる県道整備推進課として今までの年間のいわゆる人件費含めた形での金額というのは、大体でいいですけれども、総額どのぐらいになっているわけですか。人件費も含めて、いわゆるその県道推進課、今3名の方々が事務にあたっているわけですが、いわゆるその総額は大体どのぐらいかということを、まず聞いておきたいと思います、まあ概算で結構です。



○座長  太治野県道整備推進課長。



◎県道整備推進課長  人件費そのものはつかんでおりませんけども、平成18年度におきまして、課長以下3名の職員が配属されておるわけなんですけども、概算で申しわけないんですけど、人件費としては年所得1人平均800万円少し、2,400万円少々になるんじゃないかと思っております。

 以上です。



○座長  大月委員。



◆大月委員 なぜそれを聞くかというと、県の仕事をしながら、人件費だけにしてでも今言うような金額になるのは当然のことだろうというふうに思うんだけども、そのうち県の仕事をしていながら、県からいわゆるこの事務委託としておりてくるのが500万円足らずだということについて、かなり差があり過ぎるわけです。というのは、私は思っとんのは、言えば今まで、例えば県の予算についても、県道についても、かなり、うちの方がある程度の金額でもいたし方ないとする部分については、予算が大きかっただけにいろいろな部分でのメリットがあったわけです、現実は、県道整備推進課が立ち上がったときには。ところが、今もう絞りに絞り込んで、鼻血も出ないような今の県の中の情勢の中で、すべてその負担を当市に押しつけてきて、それを当市がうのみにして、わずかこの500万円の部分で、まさに県の下請をしているというような形というのに問題があるんではないだろうかということから、このことについてまずお尋ねをしていったということなんですが、その辺の所見についてどう思われますか。



○座長  曽谷経済建設部長。



◎経済建設部長  大月委員のご指摘のとおり、確かに職員の人件費と歳入の比較分という形の中での差については大きいというふうには認識をしております。しかし、こういった中で、市としましてやはり県が担当しております国県道の整備ということにつきましては、やはり、ご存じのとおり、市道関係と同じようにやはり地図混乱というような状況で、三田市の特有のやはり土地の状況がございまして、なかなか進んでいなかったというような状況がございます。そうした中で、やはり市民の方からも、なかなか進まないというようなことから、地域間を結ぶ広域幹線道路等の整備については、地域につきましても整備期成同盟会等を組織をしながら地域を挙げて協力体制をとり、進退する要望も強くありました。そういった中で、市としましても第3次総合計画の中でも行政の役割として位置づけをしながら、その国県道の整備について促進をするということで組織を充実し、取り組んでいっている状況でございます。そういった中で、今、先ほど太治野課長の方から成果等につきましても申し上げましたように、そういった中でひとつ大きな成果等上がっておりますし、そういった中で地域であったり、また市民の方についても十分評価をいただいているというふうに思います。ただ、ご指摘のとおり、受託しております金額等の関係につきましても、これにつきましてはやはり県の用地取得、指示をいただく事務要領というような形の中で、全県下的な形の中で各市、町の整備に対する各自治体の支援といいますか、協力状況についての委託料という形になっておりますんで、今の現状の中では、やはり制度的な部分からいいますとやむを得んのかというふうにも思いますし、やはりその成果についての評価ということはいただけるものというふうに思います。



○座長  大月委員。



◆大月委員 確かに、私も県道期成同盟にも参加をしたり、内容についてもよく認識はしてるわけです。今県道整備推進課の方で鋭意努力して着々と成果を上げているということについても、私はもう一定評価はしとるんですが、いわゆる今地方自治体が抱える問題というのは、例えば県の三位一体改革、あるいはまた県の今回発表された改革等によって痛みをすべて直接に事業をやっている市に負担をかけてきていると、まさに痛みを市に任せてきているというのが今の現実の状況なわけです。これはまさに、もう徳川幕府とほとんど変わらない体質となってるんです。そこの部分で、本当に分権化が進もうとするんであれば、やはりこの三田市独自が県あるいは国に対して、やはり分権化の流れの中でやっぱり主張していく、かかった分だけは持ってくるんだと、またとってくるんだというふうな気構えでなければ、どんどんどんどんこういう形の中で、県、国のまさに事業を自主財源で補っていかにゃならんという形になると、ますます財政が厳しくなってくるのは当然のことなんです、これ。そこに、政策的にどう進めていくかという、いわゆるその入りを図らなかったら、入りを図って出を制するというのが行政改革の一つの根本なわけです。ところが、それが、入りの方がなかなか図らなくて出の方ばっかり抑えているというのが今行革の流れになってるんです。これは三田市に限らずどこの市でも同じような形を言えるんですが、私は、やはり一番大事なのはやっぱり入りをどうするかということです。それについては、今言うように、ここではっきり明らかになっとんのは、県の下請をしながら、かかった分だけももらえないという体質自体に大きな問題があると思うんです。成果は上げている、住民の皆さん方にも非常に喜ばれている、そのことについては非常にもう評価もし、現在着々と進んでおる作業というたように、事業そのものについては、私はもう頑張っているということについてはよくわかるんです。ただ、今こういうふうな厳しい状況の中で、今部長が言われるように、他市の例からいうても、くれた分だけしか仕方がないんやというような物の考え方では問題があろうかと思うんです。やはり主張する部分はきっちりと主張して、地方分権化の中で三田市がどうあるべきかというふうな形の中で推し進めていかないと、ますますこれ首絞められてきます。その辺について、どう考えてますか。



○座長  吉岡副市長。



◎副市長  今県の関係等々の全体的な話もあったと思いますけども、今この用地の、この分につきましては、今部長申しましたように、一つの支援協力体制の中で推進していこうといった形で、これは一定の成果を上げてきましたし、その形については、市としてもそういう協力隊じゃなくて、この事業は推進してきたと、こういう理解しておりますけども、全体の話も含めての話ですけども、今おっしゃるとおりに、まさに今回の県の行革、この分権の流れの中で非常に、私どもに今第一素案でございますけども、15項目程度、即影響を受けるのは、そういう問題が、特に福祉部門が大きいわけでございますけども、当然今までの仕組みのやり方からすれば、お互いに県の分担分、市の分担分、こういった中でこれは成り立ってきたわけですから、当然そういうことの形が崩れてきているわけですから、この前も、8日の日に私ども副市長クラスでのやりとりもあったわけですが、当然我々としても、これはわかりましたじゃなしに聞きましたよということで、これからその辺の精査を全体的にしていかなければならないと、このようには考えております。



○座長  大月委員。



◆大月委員 全体的なことになるのはあれなんですが、特に今当市が抱えている部分のこの県道整備推進課というふうな形は、何といいますか、はっきりとわかってる部分なんです、誰が見ても。いわゆる県の仕事を三田市がしてるということについて、いわゆる一つの区分というのがはっきりしとるわけですから、強力的にやっぱり県に言うて、この部分何だと、実際はこれだけかかっとるんだと、あなた方のところはこの500万円わずかしかもらってないんだと。だから、その項目で全体的にひっくるめてしまうと主張がなかなか、いや、実はこうだという県の言い方が飛んでしまうんで、逆に言えば、この部分についてはこうなんだという箇所箇所で交渉していくというふうな形でないと話があちこちにそれてしまって、なかなか引っ張ってこれないと思うんです。その辺のやはりテクニックも考えていくべきだろうし、まさに今言えば、各自治体はもう生き残りをかけた知恵比べの時代に入ってるわけです。やはりそういう部分では、先ほど申し上げたように、国に対してもそうですが、特に身近な県に対しては、言えば、まさに今竹内市政がかわって、まさに三田市のプロパーが今かじ取りを進めてるわけですから、その部分については市民がやはり今までと違うんだと、変わってきたんだということを、もっとやはりこう、三田市独自の政策として、あるいはまた県、国に対しても強力的に押し出していく、いわゆるその三田城としてどう守るのかというふうな形まで進んでいかなかったら、決して三田が変わったという形にはならんと思うんです。特に、この今の予算からいうこの県道の部分については、先ほど申し上げたように、はっきりしてる部分ですから、この箇所について、副市長ももう今答弁をしていただきましたけれども、強力に、この箇所についてはこうなんだからということをアピールして、少なくともやっぱり事業費に見合った分のやはり補助金を取ってくるというふうな形での努力をしてもらいたいというふうに思うんですが、どうですか。



○座長  吉岡副市長。



◎副市長  今全体的な中でも、この、また行革の今回のその続きになりますけども、今各部署ごとにそういうヒアリングもこうしていっとるわけですから、当然そういう中で、そういう役割分担のはっきりとやる、これとこれということはやはり主張もしていかなならんと、こういう思いを、そういう精査はきっちりしていきたいと、このように思います。



○座長  大月委員。



◆大月委員 来年度予算、どういうふうな形になるかわかりませんが、そういう成果を、頑張ってる姿を数字にあらわしていただくよう期待をして、質問を終わります。



○座長  ほかの委員の方どうでしょうか。

 よろしいですか。

              (「発言者なし」)



○座長  次のページに行きます。59ページ、60ページの諸収入について、質疑のある方は挙手願います。

 よろしいですか。

              (「発言者なし」)



○座長  次に、61ページ、62ページの諸収入について、質疑のある方は挙手願います。

              (「発言者なし」)



○座長  なければ、ここまでで経済建設所管の一般会計の歳入は終わりました。

 この際、歳入について特に質問漏れがありましたら。

 よろしいですか。

              (「発言者なし」)



○座長  では、引き続きまして歳出に入ります。

 75ページ、第2款 総務費、第1項 総務管理費、第6目 財産管理費について、質疑のある方は挙手願います。



○座長  関口委員。



◆関口委員 青野ダム記念館管理運営費について、まず約420万円の内容をご説明願います。



○座長  赤松公園緑地課長。



◎公園緑地課長  青野ダム記念館の管理運営費で422万5,000円の内訳でございますが、まず管理運営で186万円、これは人件費等でございます。その他委託業務といたしまして管理業務、電気工作物、衛生設備等の機器維持管理がございます、それが64万5,000円程度でございます。あと施設の運営しております光熱水費が約110万円程度等でございまして、422万5,000円おおむねかかっております。



○座長  関口委員。



◆関口委員 420万円余り使っているんですけども、よく青野ダム、私も好きな場所なのでよく行くんですけども、以前よりも余り人を見かけないし、余り利用されてないのかなあと思うぐらい何かこうなってしまって、三田で本当に一番きれいな場所じゃないかなあと私は思っております。また、2階には景色のすばらしい和室や会議室等があるんですけども、今現在どのように活用されているのか、ご説明願いたいと思います。



○座長  赤松公園緑地課長。



◎公園緑地課長  現在の利用といいますと、ダム記念館につきましては、平成15年度だったと思いますが、貸し館業務をやっておりましたが廃止をしてきました。その後、現在の施設につきましてはダム建設当時の経緯等の写真、また建設時に発掘した文化財等の展示をしておりまして、その保管と日常的な施設の管理業務でございます。今委員がおっしゃられました2階に会議室、和室等がございますが、現在はほとんど利用されてないという状況でございます。



○座長  関口委員。



◆関口委員 この2階に行かれた方は、もう本当にあそこすばらしい場所だし、あれを使わないと本当にもったいないのかなあと。ただ単に今ほったらかし、今の話では何も使ってないし、放置したままになっているということなんですけども、やはりある施設を利用して、これからは余りいろんな施設をつくっていくというのじゃなくて、ある施設を利用していかないと、財政厳しくなっていくのかなという中で、あの施設を使わないのは本当にもったいないなと思うんですけども、その辺のお考えはどうですか。



○座長  赤松公園緑地課長。



◎公園緑地課長  現在は、青野ダム記念館につきましては平成18年度から3カ年、指定管理者業務としてシルバー人材センターの方に指名をいたしております。現在その業務、先ほど言いました業務が3年間、指定管理の指名という形になってございまして、21年3月末までが期限となってございます。活用等のことにつきましてはシルバー人材センター、指定管理者の方の自主運営事業等の企画等が、これから市と協議をする中で、例えば自主事業的に、そこの会議室等を手芸教室とか、そういう絵画教室とか、シルバー人材センターが主催する事業等に活用いただければというように考えております。ただ、そのことにつきましても、シルバー人材センターの方の指定管理者の人件費等がかかってくるわけでございまして、そのあたりは市としても調整なり協議なり、今後指導なりという形で進めていきたいというように思ってます。ただ、21年3月が期限となってございます。その後の活用につきましては、今の現状の指定管理者制度を、選択肢をする中で、それ以外に有効的な活用が、館自体を、今後方針を定めていく必要があるかなあというようには思ってございます。



○座長  関口委員。



◆関口委員 要するに、21年3月まではシルバー人材センターに委託しているので、ほとんど使わない状態でいきますよということなのですか。やっぱりその21年までまだありますので、そういうことでなく、もうちょっと工夫が必要。21年3月までは知らないというのではなく、もう少し市としても検討するべきではないかと考えますが、いかがでしょうか。



○座長  赤松公園緑地課長。



◎公園緑地課長  先ほども若干言いましたが、指定管理者との協議の中でその会議室、和室等、確かにあいている状況がございますので、自主的な事業として、先ほど言いましたけども、シルバー人材センターが主催する教室等が活用できないかなというように思っております。貸し館業務自体を現在は断念をしている状況でございまして、目的外使用という形の中で活用というのもかなり難しい点があるだろうというように思っておるところでございます。



○座長  吉岡副市長。



◎副市長  今指定管理事業として、全体的に16施設ほどですか、その中の一つとしてやっておるわけですが、今現実は、実態今ご指摘のとおりの形で、そしたらそれでいいのかということにはなりません。当然議会の方にもお知らせをさせていただいておると思いますが、やはりこの指定管理については任せっ放しというわけにいきませんので、当然モニタリングをかけております。そういった中で、当然こういう部分が欠けているんじゃないか、こういう分はやっておかなきゃいかんという分については指導も常にしていかにゃならんということで、我々は当然モニタリングという形の中で、その辺の弱い部分、強い部分、それは指定管理者に指導もし、やっていかななりませんし、そういった意味で、課長申しましたのはシルバーという、その一つの存在の、力量の問題もあるわけですが、現実に今やっておるわけですから、常にチェックはかけていっておると、こういうことでございます。



○座長  関口委員。



◆関口委員 先ほど課長が言われたように、シルバー人材の手芸教室とかなんとかっていっても、ほとんどそんなの毎日やってるわけでもないし、ほとんど使ってないということだと思いますので、また今副市長、今検討中、していっていただくことと言っておりますので、これは特に問題のある点だと、あるように指摘して終わりたいと思います。



○座長  ほかの委員の方どうでしょうか。

 よろしいですか。

              (「発言者なし」)



○座長  次に、それでは81ページ、82ページ、市民活動推進費について、質疑のある方は挙手願います。

              (「発言者なし」)



○座長  次は95ページ、防災対策費について、質疑のある方は挙手願います。

              (「発言者なし」)



○座長  次に、101ページ、第2款 総務費、第3項 戸籍住民基本台帳費、第1目 戸籍住民基本台帳費について、質疑のある方は挙手願います。

              (「発言者なし」)



○座長  次に、105ページ、統計調査総務費について、質疑のある方は挙手願います。

              (「発言者なし」)



○座長  同じく105ページ、指定統計調査費について、質疑のある方は挙手願います。

              (「発言者なし」)



○座長  次は、141ページ、第4款 衛生費、第1項 保健衛生費、第5目 環境美化推進費について、質疑のある方は挙手願います。



○座長  関口委員。



◆関口委員 花のまちづくり事業費1,200万円なんですけども、委託料、これ18年度は公社委託だったと思うんで委託という形になってるんですけども、今年度から公園緑地課が担当したと思うんですけども、特に変わったことは、どのようなことあったのか、ご説明願いたいと思います。



○座長  赤松公園緑地課長。



◎公園緑地課長  ただいま委員がおっしゃいましたとおり、18年度までは、従来都市施設整備管理公社に事業委託を市がいたしまして展開をしておりました。主な事業につきましては、まちなか花盛り事業の中での緑化資材等の配布、夏苗とか冬苗等、そういう配布事業、まち並みガーデンショー等の主な事業等を展開していたわけですけど、19年になって何が変わったかということですが、特に大きく変わったものはございません。ただ、基本的には花とか緑のあふれるまち並みの形成とか緑の保全で、潤いと憩いの場の提供ということからしますと大変重要な事業の一つだとは思っております。したがいまして、従来の公社の方が実施をいたしておりましたその事業について、現在も承継をし、実施をしているという状況でございます。直営になったことでいい点と言いますと、今までは委託事務費等が、数%公社の方に出しておりましたが、その分につきましては、若干ではございますが軽減が図られたというようには思っております。



○座長  関口委員。



◆関口委員 特に変わったことはないということなんですけども、見る限り公園緑地課大変になったんじゃないかなあと、こちらからは見ておりました。三田のまち、今課長も言われてますように、定着しつつある事業でありますので、今後大事にしていっていただきたいなと要望して、終わりたいと思います。



○座長  ほかの委員の方はどうでしょう。

 ありませんか。

              (「発言者なし」)



○座長  次は農業の方に入りますので、ここで10分間休憩をしたいと思います。

 次、10時25分まで休憩いたします。

            (暫 時 休 憩)



○座長  休憩前に引き続きまして審議に入りたいと思います。

 151ページ、第5款 農林業費、第1項 農業費、第1目 農業委員会費について、質疑のある方は挙手願います。

              (「発言者なし」)



○座長  次に、農業総務費について、質疑のある方は挙手願います。

 檜田委員。



◆檜田委員 次の農業振興費との絡みが出てこようかと思うんですが、114ページの報償費の内訳についてちょっとご説明をいただきたい、どのような委員会があるのか、ちょっとお願いします。



○座長  塚本農業振興課長。



◎農業振興課長  報償費の中身なんですけども、一つは、大きくを占めてますのは農会長委嘱手当てでございます、404万4,500円でございます。これは95農家ございまして、農会長さんに米の生産調整、作付実施計画の取りまとめであるとか、それから農業政策の連絡役になってもらっておる、あるいは有害鳥獣被害の申告、災害時の被害の取りまとめ、こういったことにお世話になっておる手当てでございます。あと5,000円は菊花会の賞品の分で使っております。

 以上です。



○座長  ほかの委員の方どうでしょうか。

              (「発言者なし」)



○座長  次に153ページ農業振興費について、質疑のある方は挙手願います。

 大月委員。



◆大月委員 委託料の農業基本計画策定事業費394万8,000円、その件について伺いたいんですが、この農業基本計画というのは、まさにこれから三田市が歩むべき、いわゆるこれからのその農業をどうするのやということでの策定だというふうに認識をしとるんですが、その辺についてどうですか。



○座長  塚本農業振興課長。



◎農業振興課長  まさに、そのとおりでございまして、今年からスタートしております、19年からの向こう10年間の計画で、特に今日の国の農業政策が大規模農家、担い手という大規模農家に集中した対策で出してきております。三田の場合、兼業農家も非常に多いわけでして、しかも耕作面積が平均当たり80aということで、国の政策、なかなか乗りにくい部分がございます。そういうことで、独自の政策を打ち出していかなきゃならないといけないという意味で、基本計画でもその辺を強調してうたっております。

 以上です。



○座長  大月委員。



◆大月委員 まさに、今課長が言われたように、今後10年間の農業のあるべき姿を文章あるいは計画書によってきっちりと示唆してきているという、そしてまた、その内容についても非常に立派なものだろうというふうに思うんですが、ただ問題はそれをどう実践していくかということにかかってくるだろうというふうに思うんです。その中で、私実はこの農業基本計画策定書を早稲田大学マニフェスト研究所の方へ持参をしたことがあったんです。中身を精査、精査っていいますか、見てもらったら、これは非常に立派なもんだというふうな話が出て私も安堵をしたんですが、先ほど言ったように、それをどう進めていくかの方がもっと大事なわけなんで、その中で、三田市は今の担い手の問題も含めてですけれども、一番恵まれているといえば、都市と農村がまさに共生するまち、いわゆる地産地消というふうな形の中で非常に環境が整っておるというふうに思うんですが、現実を見ると、なかなか地産地消、うたい文句では今回のこの基本計画が上がり、まあ上がってるんですが、それがなかなか進めていかれない、言えば三田にとれた作物は三田で十分消化できる人口構造にもなってるわけなんですが、現実からいうと、なかなかそれが進められていないというふうな部分というのは非常に見受けられるんですが、その辺についての見解はどうですか。



○座長  曽谷経済建設部長。



◎経済建設部長  今委員ご指摘のとおり、確かに今地産地消ということで、三田の特徴としまして、農業振興を図っていく中ではやはり同一市域の中で消費地と生産地を有する市というのは大きな特徴でございまして、それを生かした中での地産地消ということで、ご存じのとおり、市内で生産したものを市内の市民の方々に消費していただくという、その仕組みづくりという形の中で、パスカルさんだというふうな形の中で、農協の直販施設というものも整備をしてきました。そういった中で、今後川除の部分等で、第2パスカルとしましてフラワータウンの中での展開をしております。そうした中で、やはり多くの消費をという形、生産に合った形の消費をということで展開しようとしておるわけで、今後より市民に農業を理解いただくという方向の中でも含めた一つの、この10年間の中では協力いただく一つの担い手に対する支援という形の部分も含めた形の展開を図る予定をしております。



○座長  大月委員。



◆大月委員 私その地産地消の件についてなぜ質問したかと言いますと、その独自の政策を進めていくために、ある市では地産地消の条例をつくってるんです。いわゆる農協、JAですか、ということに市の政策を任すんではなしに、市独自が条例をつくって、その中で地産地消を推進をしていくというふうなことでやっている市もあるわけです。

 実は、我々このメンバーが豊橋市に視察に行ったことがあったんです。そのときに、向こうの農業委員会の会長さんもわざわざ出席をされて、かなり忌憚のない意見交換をする中で、今の農業はもう衰退の一途やと、いわゆる自給率がもう30%を割り始めてきているんだと。もちろんそれは国の政策にも大きな問題があるし、また地方自治体の物の考え方にも問題が出ていると。すべて、ほとんどが輸入作物に頼りゆうような形の中で、米をつくってこそ本当に表彰されるべきが、つくらない方に表彰されているっていう、そんなばかなことがあるかというような話まで聞いて、そのとおりやというふうに思ったわけですが、その中で、今言うように、いわゆる自治体自体が農業政策を進めるんではなしに、すべていわゆるJAにおんぶにだっこしているという、そういう構造にも非常に大きな問題があるということをその農業委員会の会長も言われておったわけですが、私はまさにそうだと思ってます。ということは、今までのJA自体は、どちらかというとその農業に対する支援という形が今まさに企業化してしまって、それ以外の部分に力を入れているという現実というのは、農家をつくっている皆さん方も、すべてそれはよく承知をしておるわけです。その中でこそ、今大事なのは三田市が地産地消、いわゆる都市と農村が共生する基本的な物の考え方の中でどう進めていくかということが何よりも大事だろうと。今ここで398万円、400万円の基本計画が絵にかいたもちにならないように、具体的にどう進めていくのか。今部長の方から、いや、JAのパスカルさんだですか、あるいはフラワータウンのあそこにもお願いをしているんだというんではなしに、市自体が、例えば今のニュータウンの代表たちがいわゆる農家の生産者と直接流通をするとか、あるいはまた給食関係にしてもそうですし、今進めている米飯給食にしてもそうですが、もっともっと市独自の形の中で、三田でとれたものは三田で消費をするんだという、その流通のルートをきっちりと確立をする中で、私は地産地消条例というふうな形の中で、今言うように、基本的に自治体が主導権を握る中でこそ農業というのは振興を図るべきではないだろうかというふうに思うんですが、その辺についてどう考えていますか。



○座長  曽谷経済建設部長。



◎経済建設部長  今委員ご指摘のように、確かにそういうな展開ということも今回の基本計画の中でも盛り込んでおりますし、例えば市内の生産された農産物を給食に提供するという形につきまして、今ご指摘のように、週4回という形の中で実施し、また、今年につきましても、安全・安心な食材を提供するという形の中で、それぞれ給食部会という形で取り組んでいただき、今回も制度の中でありますエコファーマーの認定という形の中で、県の方の認定を受けながらそれを進めていくと。やはりそういった形の中で、安全・安心をという一つの見える形で展開をし、また生産者と市民、各地域との連携、またその、そういったものも図っていく必要があると。それにつきましては、やはりそういった理解をいただくという形の中で必要あると思いますが、そういった形の中での具体的なそれぞれのプロジェクト、よそのプロジェクトという形の中での展開を図ろうということで今進めて、進めようとしておりますし、やはり三田の中での消費ということにつけては、今ご指摘のような方向の中では鋭意進めていく予定という形で考えております。



○座長  大月委員。



◆大月委員 例えば、部長のところ、すぐ近くでも100円野菜を売ってるところがありますわな。あるいはまた福島の朝のやってますわな、あれも非常に評判がいいわけです。あそこには誰も中に仲介する人もいなければ、まさに生産者とそれから消費者が顔を見合わせながら売買をしているという形ていうのは、昔はまあごく自然の形だったのが、今その流通が崩れてしまっとんです。その媒介が中に入らないと消費できないようなシステムになっとるわけです。反面ですよ。そこに私はやっぱりメスを入れるべきじゅないだろうかと。例えば、それぞれのニュータウンでの連合自治会等でも、いわゆる地域の中に入り込んできてでも、土曜市、日曜の野菜市をするとかといえば、ミニ農業祭みたいな形で方向づけをするとか、そういうふうな形で、言えば生産者と消費者が直接流通のできるようなシステムづくりということが、私は地産地消の大きな成果を上げる一つの要点ではないだろうかというふうに思うんですが、そういうふうな消費者の声、生産者の声をもっとくみ上げて、方向づけをしてやるというふうなことは考えられないですか。



○座長  曽谷経済建設部長。



◎経済建設部長  今、それぞれ地域の中で、100円についた形で直接そういった青空市と、そういうなものの発展した経過の中で、一つのまとめたものがパスカルさんだであるというような形の展開をしてきております。なお、実はもうその経過がありますけれども、はやりなお従前から各地域で生産組合等を中心にしながらそういった販売をされ、対面販売、直接確かにそういった対面販売という形の中で生産者と消費者がいろんな面で話し合い、やはりその生産過程であったり、その料理の方法、いろんな面で情報を交換しながら交流を図っていくというような形も現在進んでいる状況ではあります。そういった、やはり地域の中でといいます、先ほどから申し上げますように、やはりそういった交流をベースにしながら、一つのその地域の中での展開、仕組みづくりということも確かに必要であろうと思いますし、今後もそういった方向の中では、そういったことも含めて検討はしていく必要があるというふうにも思います。



○座長  大月委員。



◆大月委員 ただ、端的にその生産者と消費者がいわゆる農作物を通してということだけではなしに、私が言うとんのは、いわゆる三田市が都市と農村が共生をするまちということを総合計画の中でも一番にうたっているわけです。だから、そういう、そのことを踏まえる中で、そのことも一つの大きな交流だというふうに思うんです。だから、その基本的な政策をどういう形でやるかということについてはいろんな部分があろうかと思うけれども、私は今言うように、農作物を地産地消という形の中で、いわゆる対面で販売することによって、三田の歴史だとか、あるいは文化だとか、農業の大切さだとかというような部分がお互いの会話の中から生まれてくる、それがやはり基本的な都市と農村が共生するまちづくりの一つの一環だろうと。いわゆるそういうふうな見方をする中でこそ、その農業政策を進めていくということが非常に大事だろうというふうに認識をしているわけです。だから、この今言うような農業基本計画の中でうたわれていることが実際にどう実践していくのかということをやっぱり具体的に政策として推し進めていくことが、さっき言ったように、都市と農村が共生するまちづくりなんだということの一つの起爆剤にできるんではないかというふうに思うんですが、それについてどう考えますか。



○座長  曽谷経済建設部長。



◎経済建設部長  先ほどからも申し上げておりますように、19年度から始まった、今後10年間に見せた計画ということになります。そういった中で、今ご指摘のような内容も含め、そうすることによってやはり地域、農業農村の活性化ということも当然必要でありますし、高齢化が進んでいく中でも、やはりそういった都市住民の方々の支援といいますか、そういうなものも求めていくというようなことになりますと、やはり地域挙げた中での交流、ほんで理解というような形の中からそういったものがつくり上げられていくというふうにも思いますんで、そういった中で、具体的に計画の中では対応するように努力をしていきたいというふうに思います。



○座長  大月委員。



◆大月委員 最後に一点だけなんですが、今この農業問題というのは自治体に限らず日本全体の、いわゆる補助の問題も含めて、非常に大きい問題を抱えるというふうに思うんです。その中で、農業をどうするかというふうな形の中で、こういう立派な農業基本計画ができ上がってきているわけですから、もう絵にかいたもちにならずに、着実に成果を上げることこそこの計画の意味があるというふうに思いますので、積極的にこの計画に沿って政策を実行してもらいたいということをお願いして、質問を終わります。



○座長  ほかの委員の方はどうでしょう。

 檜田委員。



◆檜田委員 農業振興の中の報償費について説明をしていただきたい。



○座長  塚本農業振興課長。



◎農業振興課長  農業振興費の報償費についてお答えします。

 一つ、一番大きく占めてますのが猟友会への報償費106万6,000円でございます。それから、あと幾つか、4項目ほどございまして、水田農業推進協議会の委員報酬というのがございまして7万2,000円、それから数量円滑化推進事業、これも農会長手当ての一つになるんですけども、産地づくり、まあ転作確認の現地確認の謝礼ということで87万7,000円でございます。それから、農業基本計画策定懇話会の委員さんの報償費ということで39万500円、農業まつりの賞品5万3,760円。

 以上です。



○座長  檜田委員。



◆檜田委員 猟友会への106万円の報償費ですが、これは市から要請したときに出るものなのかどうなのか、ちょっとその中身的なもんを説明していただきたい。



○座長  塚本農業振興課長。



◎農業振興課長  市から要請をしまして、それに基づいて駆除活動していただいた分についての報償費でございます。ですから、11月15日から2月15日までは猟期ということで、免許を持っておる方が山に入って、これもう独自で活動されるわけですけども、これは対象にはなっておりません。あくまでも市が許可を出した範囲ということでございます。

 以上です。



○座長  檜田委員。



◆檜田委員 非常に有害鳥獣の問題が大きな影響を与えている中で、これだけ出ているということなんですけども、もしわかればですけども、延べの出動人員とか、大体1回当たりの単価としてどのぐらいの金額になっているのかお尋ねしたいんですがどうですか。



○座長  塚本農業振興課長。



◎農業振興課長  延べの人数、ちょっとここには今持ってきておりませんけども、1日当たりに直しますと1,000円切るぐらいだということで記憶しております、具体的な数字は持ち合わせていないんですけど。特に銃で行う駆除の場合ですけども、チームを組みまして、そして、1回出たら必ずとれるというわけでもございません、何週間もかかってという場合もあります、まあ1日でとれる場合もあるんですけども。ですから、1日にならしますと非常に安い価格になっておるということでございます。

 以上です。



○座長  檜田委員。



◆檜田委員 農家にとっては本当にこの有害鳥獣の駆除の問題、切実な問題でありまして、何かいうと猟友会の方に頼まんかいと私もよく地域でも言われたりするんですけども、今お話をお聞きしまして、1日当たり、出てもらっても、大人が出て1,000円を切るということではちょっと大変申しわけないようなというような思いもありますので、引き続きここら辺についてご努力をいただくということをお願いして、質問を終わります。



○座長  今の檜田委員の質問に、その回数と単価というのはそちらわからないですか。

 塚本農業振興課長。



◎農業振興課長  この106万6,000円の、一応積み上げた根拠のようなものでよろしいでしょうか。



○座長  はい。

 塚本農業振興課長。



◎農業振興課長  一応猟友会の方が1年間に何日活動されても、1人当たり1万円という考え方がまずございます。これ、猟友会の方八十数名いらっしゃるんですけども、有害駆除活動に出ていただいた方41名でございますので、まず41万円というのが一つのベースになりまして、あとはイノシシ、シカであれば1頭あたり1万円、それからアライグマであれば5,000円と、こういった形で、それぞれ捕獲した頭数に応じて足していくという形で106万6,000円になっております。



○座長  ほかの委員の方よろしいですか。

 関口委員。



◆関口委員 農業振興費、三田農業まつり開催補助金115万円、先日の土、日に開催されまして私も参加させていただいたんですけども、18年度より今のパスカル、JAで開催されていると思うんですが、今まで、あかしあ台の住宅予定地でやってたときよりも少し敷地的にも狭く、規模も小さくなったのかなあというのが感想です。横におまつり広場といいますか、郷の音ホールの駐車場がおまつり広場として設置したものがありまして、あそこを活用して農業まつりをやったらどうかなと思います。というのも、三田の農業というのは三田の基幹産業でもありますし、いろんな意味でPRする場である中で、あそこにはステージもありまして、表彰式もできますし、あえて仮設でつくる必要もない。隣接しているので両方使ってやればいいんじゃないかなと思うんですけども、その辺のお考えは、まずそこからお聞きしたいんですけども。



○座長  塚本農業振興課長。



◎農業振興課長  文化センターの駐車場を使って農業まつりを開催してはどうかというお話かと思うんですけども、まず、あちらの場所を使おうとすれば文化センターそのものを全部借り上げないと使えないということになってこようかと思います。文化センターの開設担当の方から聞いておりますのは、駐車場を使える指定事業として、三田まつりとマスターズマラソンということで、農業まつり、その対象になっていないということでございますので、非常に費用も高くついてくるということで、現在はパスカルさんだの駐車場を中心とした特設会場で行っているということでございます。

 以上です。



○座長  関口委員。



◆関口委員 やはり農業、三田の農業、秋の三田というのが一番、これは商工の方にもかかわってくるのかもしれませんけども、秋の三田というのは一番きれいだし、魅力のあるときにPRするという意味もありまして、例えば篠山であれば夏はデカンショで、秋は味覚祭りみたいなことで盛大にやっておられます。その辺で、これはもう農業だでなくて商工の方もかかわってくるかもしれないんですけども、PRをかねて大々的にやる必要があるのではないかなあと思います。

 また、文化センターが利用されているがために使えないということなんですけども、これも11月は文化祭月間ということで、文化課の方が管轄で市の文化祭というものに大体使っております。ですので、文化祭を使えば、一緒に、その別に使用料を使わずに、またあそこはおまつり広場として、ただ単なる郷の音ホールの駐車場として設置した場所ではなく、おまつり広場として設置したと私は認識しております。でなければ、あの常設の舞台をつくってあるんですけども、年に、三田まつりとマスターズマラソン以外は使わないというのであれば本当にもったいない施設というか、物になってしまうと思いますので、フルに、いろいろな意味であそこを使って、三田をPRする場のおまつり広場にしなければならないと考えますが、その辺、副市長どない思いますか。



○座長  吉岡副市長。



◎副市長  今、文化センターの関係につきましては、担当課長申しましたように、指定管理という状況の中で当然そういうシミュレーションで進めていますから、今三田まつりとマスターズと農業まつりというのは、すみ分けはしとるわけですが、近隣のことでありますけども、現実に今の場所が規模的にどうなのかということも含めて、それは十分精査はしなくてはならないと。今の、これからある意味ではあそこ恒久的にということで私が聞かせていただいておりますのは、共進会の牛の関係なんかでも、そういう尿とか、そんな関係もあそこもう整備もされておると、こういうことも聞いておりますし、その辺の、今の敷地の規模がどうなのかと、会場の規模として、その辺もよう精査する中で検討していかなきゃならないと、このように思います。



○座長  関口委員。



◆関口委員 三田を発信するに最もいい、そのためにつくられたおまつり広場でもあると思いますので、ぜひとも三田の基幹産業である農業をPRするため、また三田の秋というものをPRする絶好の場所であるし、ただ単に農業まつりというものでなく、いろんな課が交わってできるお祭りにしていただきたいなと要望して、終わりたいと思います。

 以上です。



○座長  北本委員。



◆北本委員 先ほど檜田委員の方からも有害鳥獣のお話が出たんですけれども、この有害鳥獣防除対策事業費についてお尋ねいたします。

 先ほどのお話の中で猟友会の方の話も出ましたけれども、この猟友会の方はカラスを専門にやっておられたんでしょうか。



○座長  塚本農業振興課長。



◎農業振興課長  カラスを専門というのは余り聞いてはいないんですが、おりを専門にされる方と銃を専門にされる方、あるいは両方免許をお持ちの方、そういうのがございます。カラスは昨年は5羽ですか、はい、5羽つかまえておりますが、専門というのは余り聞いておりません。

 以上です。



○座長  北本委員。



◆北本委員 大変猟友会の方には申しわけないんですけれども、カラスを対策でやられてる分につきましては、こちらの山で猟友会の方が入られたら、そのカラスが、一群が次のこっちの山へ移るということで、追っかけごっこをしてるように見受けます。何で、こんな私の方ばっかりカラスが来るんやろ、きっと向こうで猟友会が打ってるんやろなというような話も私の地域では出ておりました。

 それと、この防除対策事業には、地域ぐるみで対策事業として取り組んでおられるところはあるんでしょうか。



○座長  塚本農業振興課長。



◎農業振興課長  今捕まえる話ばっかりしてきたんですけども、地域ぐるみで防除ということで、電気さくであるとか、それから網さく、金網さくというんです、こういったもので田畑を囲む、集落を囲むという形での防除事業に対して補助金を市が出しているというのがございます。今のところで言いましたら、補助金、負担金のところでの有害鳥獣の部分はほとんどが地域に対しての補助をした分でございます。

 以上です。



○座長  北本委員。



◆北本委員 この対策費用としまして、農会長の方から回覧が回りまして補助金を出すということを知りました。それは2人ないし3人で、組を組んで申請しないといけないということがあったんですけれども、私の方ではそれぞれやり方が違いますので、組んでするというのはちょっと難しいということで、個人で対策を練っておりますけれども、この申請は、どのような鳥獣に対しての申請が出てるんでしょうか。



○座長  塚本農業振興課長。



◎農業振興課長  捕まえるという方はちょっと別にしまして、防除、守るというんですか、防ぐという方でのことでしたら電気さく、それから網さく、金網さく、こういったものに対して補助してます。今個人での申請というのは受け付けておりませんでして、農会長さんのお名前で申請をしていただく、といいますのは田畑を一つ一つ囲むことにしますと非常に距離が長くなるし、不効率、不経済にもなりますので、山際をお話ししていただいて、効率よくっていうんですか、少ない費用で効率よく防除するがために、農会長さんに取りまとめをお願いしているのが現状でございます。

 以上です。



○座長  北本委員。



◆北本委員 今後、まだまだこの有害鳥獣の対策というのは続けていただきたいと思いますし、我々もこういう制度を大いに利用させていただいて、少しでも被害が少なくなるようにしていきたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。



○座長  ほかの委員の方どうでしょうか。

 檜田委員。



◆檜田委員 観光農業振興事業費180万1,240円の部分ですが、附属資料見ますと特産化定着化補助、ソバの部分で151万7,000円となっているように思うんですが、これの具体的な補助形態というものを教えていただきたいと思います。



○座長  塚本農業振興課長。



◎農業振興課長  ソバの関係での補助ですけども、18年度は7地区、合計で19ha補助しました。1反当たり、10a当たりですが、8,000円の管理補助をいたしております。

 以上です。



○座長  檜田委員。



◆檜田委員 大体市内でソバの収穫量どのぐらいあるのか、つかまれてますでしょうか。



○座長  川本経済建設部次長。



◎経済建設部次長  ソバの収穫量でございますが、去年につきましてはよくできたということの中で、十四、五と農協の方から報告を受けております。今年につきましても、そのぐらいとれるだろうというふうに思います。



○座長  檜田委員。



◆檜田委員 できたソバを、結局私ちょっと関連しとるんで余り言いにくいんですが、永沢寺の方にかなり来てるんじゃないかと思うんですが、それ以外を消化しているところというんですか、消費しているところはあるのか、ちょっとお尋ねしたいと思います。



○座長  塚本農業振興課長。



◎農業振興課長  昨年度の分では、確かにできたものすべてがそば道場、永沢寺のそば道場で消費できてないと、少し残っていると聞いております。ただ、これちょっと言いにくい話なんですけど、品質が悪いという、悪いというんですか、石の混入であるとか、土砂が少し、土が入っているとか、こういったちょっと苦情もございまして、少し残っているというお話は聞いております。

 以上です。



○座長  檜田委員。



◆檜田委員 1カ所ではやっぱりちょっと、ここの、どないかなと。ただ、そこで全部消費できるぐらい頑張ればよいと思うんですけども、今現実問題としては、そういう問題もありますし、せっかく三田でできたソバですから、今後それを生かした特産物の開発等についても力を入れていくべきではないかなというふうに思うんです。だから、農家への補助はもちろんですけども、次の展開へ向けての施策というものについてお伺いいただけたらどうかなと思うんですが、そこら辺どうでしょうか。



○座長  塚本農業振興課長。



◎農業振興課長  今後の消費拡大といいますか、売り先を考えていかないといけないということなんですけども、加工品の検討を、お菓子にするとか、乾めんにして売るとかといったことの検討も必要だなということで考えております。

 それから、施設も、乾燥施設が、今現在各自が天日干しでされているようなんですけども、いいものをつくるためには施設も必要だというようなことで、こうしますと非常に投資も必要になってくるんですけども、非常にお金かかることですから難しい面がございますけど、今後また検討していきたいなと思います。

 以上です。



○座長  檜田委員。



◆檜田委員 ソバについては三田でも、三田はかなり名前も上がってきているところがありますので、引き続きそういった部分について強化をお願いしたいと思います。

 以上です。



○座長  農業振興費、ほか委員の方どうでしょうか。

 よろしいですか。

              (「発言者なし」)



○座長  では、次に畜産業費について、質疑のある方は挙手願います。

 大月委員。



◆大月委員 畜産費の件についてなんですが、私の方へ資料届いておるのが155ページの中で、各費目に分かれて畜産共進会活動運営費、三田肉牛生産奨励事業費、三田肉ブランド確立推進事業費、畜産振興総合対策推進指導事業費、三田牛三田市肉牛生産振興会運営費補助金というふうな形で届いておるんですが、この決算書の中で一点、三田肉牛生産奨励事業費373万5,000円というのが上がっとんですが、そのほかはどこの決算書見たらいいんですか。



○座長  塚本農業振興課長。



◎農業振興課長  同じ項目のところにその他という部分がございまして、43万円上がっております。この中に三田肉ブランド確立推進費29万円、三田肉牛生産振興会補助5万円、それから畜産共進会活動運営費9万円、これが43万円の中身でございます。それから、報償費の中にも、報償費が上にございますけども、この中にも幾つかございます。

 以上です。



○座長  大月委員。



◆大月委員 ということは、これは全体、今私が申し上げた項目もすべて畜産業費の486万2,000円の中に包括されて入っとるということで理解していいんですか。



○座長  塚本農業振興課長。



◎農業振興課長  そのとおりでございます。



○座長  大月委員。



◆大月委員 そしたら、その包括してちょっと質問をさせていただきますが、1点は、今回当局の非常なご努力によってブランド名を「三田牛」というふうな形で確立をされたということを前回の委員会でも報告を受けて、非常にいろいろの形から努力をされたんだろうということで、非常に高い評価をしているし、まだ、ましてこの三田肉というのが、例えば神戸肉がまだ、神戸牛がブランド名を取得をしてないというような話も聞く中で、いち早く三田牛がブランド名としてきっちりと登録をされたということなんですが、一部ではどうも神戸三田牛というような話もちらちらと聞いとるんですが、その辺のことについて、何か情報なり、得ておられますか。



○座長  塚本農業振興課長。



◎農業振興課長  私、前に委員会で報告したときに、神戸牛まだ地域団体商標登録とってないという話をしましたけども、三田肉とほぼ同じ時期に神戸ビーフですか、とられたようです。今お尋ねの神戸三田肉ですか、これ何かマスコミでそういう報道があったようなんですけども、あの三田肉というのと神戸肉というのとは一応定義は別になっておりますので、別物であると。ただ、非常に、何ていうんですかね、わかりにくい部分はあるんですけども、一応別物であるということでございます。



○座長  大月委員。



◆大月委員 そのわかりにくいというのは、どういうことでわかりにくいのか。



○座長  塚本農業振興課長。



◎農業振興課長  三田肉の場合は子牛が、もと牛が兵庫県産の牛であること、黒毛和牛なんですけども、三田で飼って、それを買ってきて三田で飼って、トータルで28カ月以上飼育された牛ということなんです。神戸牛の場合は県下で同じ定義、同じような定義なんですけど、県下でその大きくしたやつで、神戸で解体すれば神戸牛というふうな定義かと思うんですが、ですから三田の牛も神戸牛の中に、もう持っていきようによっては含まれてしまうということになるわけです。



○座長  大月委員。



◆大月委員 その辺はどういうふうに整理をしたらいいのか、神戸と三田は違うんですよというふうな形で、マスコミが報道されたときにどういうて、それをおかしいんじゃないかと、あんたとこの報道おかしいんじゃないかというのは言いづらい面もあろうかというふうには思いますが、言うように、三田牛というブランドを苦労してとったわけです。我々も視察や何かであっちこっち行ったりすると、三田市のことをなかなか「三田」とは読んでくれなくて「みた市」だとかっていうことを言うんですが、あれは牛のうまいとこの三田牛の三田なんですって言うたら、ああそうですかというぐらいに、いわゆる全国的にも三田牛という名前が知れ渡りはじめておるんです。その中で、今回そのブランド名を取得したというのは三田市にとって大きい一つの戦略になるというふうに思うんですが、その戦略をどう生かしていくのかということだろうというふうに思うんですが、そのことについてどんなふうに考えておられますか。



○座長  塚本農業振興課長。



◎農業振興課長  またおしかり受けるかもしれませんけど、この地域商標ブランド、地域団体商標登録ですか、これをとりましたのは兵庫六甲農業協同組合ということでとっておるわけなんですけども、ですから我々農協さんと話する機会もある、たびたびあるわけなんですけども、やはりこの三田肉を売り出すために、何かこう特別な包装紙をつくるとか、三田肉を買ってもらった人に三田肉であるという、はっきりわかるシールを表示するとか、何かこうもっと特化できるようなことを考えられないのかということでの話は進めております。今買っても、三田肉買ったのかよその肉買ったのか、そんなにはっきり識別できるわけじゃございませんので、10けたのバーコード、数字を見れば履歴は全部わかるわけなんですけど、お客さん、恐らくそんなことされる人はないと思いますので、もっとわかりやすい形で、三田肉であるということで売り出すことを、必要やなという話は今現在進めております。

 以上です。



○座長  大月委員。



◆大月委員 さきの農業基本計画の中でも話をしましたけども、いわゆるそこにJAが入っているから、今のような形にお話をしたんですがという形で、主体的に、その三田市独自の農業、あるいはまた畜産にしてもきっちりとした方向づけがないから、結果的に言うと、いや、農協にお話ししているんです、いや、農協に言えばすべて任せているんでというふうな話になってしまって、せっかく三田牛の名前がブランド化しながら、それが生かされてないということに非常に私はもったいない話だろうというふうに思うんです。やはり実際に三田市が、三田牛が三田市だとリンクさすような形で全国に発信できる手だてを打ち出していかなんだら、三田市のブランドというせっかくとったものが何の意味もなさなくなってしまうと思うんです。その辺について、どう思います。



○座長  塚本農業振興課長。



◎農業振興課長  あくまでも団体、商標登録をとった権利者はJA兵庫六甲であるということでございますので、ちょっと私の理解が悪いんかわかりませんけども、三田肉を排他的に、三田肉、三田牛を排他的に商標として使う権利を持っているのは兵庫六甲農業協同組合ということになりますので、これはやっぱり市が独自でとったものじゃございません。ということで、農協さんにそういうことでの三田肉、三田牛の売り出しということでの話はしておるわけなんですけども、そういうことで、ちょっと答弁にはならないかとは思いますが。



○座長  川本経済建設部次長。



◎経済建設部次長  三田肉のこの商標登録の業務で、農協がなぜとったかと、委員のそういうふうな一つの疑問があるかもわかりません。といいますのは、この三田肉の共進会ですとか生産に関すること、すべてこれ農協が事務局を持っております。そして、これを個人がとるということになりますと、ほかの生産者の皆さん、三田牛という肉というものを使えないと、すると、農協がとらすことが一番いいと。といいますのは、その中で農協組織というんですか、事務局を持っております共進会とかのメンバーがすべてその三田肉、三田牛という名前を使えるというようなことで、例えばこれが三田屋さんとか、そこらがとりましたらほかのところが一切とれないということになりますので、農協の方でこの商標登録をとったというのが一つでございます。

 それともう一点、この三田肉の振興ということにつきますと、一番、どういうんですか、売り出しとか、それで全国的に発信するということになりますと本当に頭数が足らないということは、本当の1年間の三田肉として指定できるのが1,400から1,500、これは昔から今も変わっておりません。それと、畜産農家が、肥育農家が非常に高齢化、あるいは人数が減ってきたというような中で、1戸当たりの牛を飼ってる頭数がだんだん延びてきたということで、何とかその三田肉なり牛の生産が維持できているというのが今の状況でございます。ですから、やはりこれにつきましては、その三田肉をどういうふうに組み合わすのか、一つまぼろしの肉とした中で貴重性を高めていくのか、頭数を増やしていくのかというようなことの中で、これからも検討していかなきゃいけないというふうに考えています。

 以上です。



○座長  大月委員。



◆大月委員 ということは、今次長の言われるのは、もう全国的に発信しなくてももう十分売れとんねやと、むしろ発信したら牛が足らなくなるから困るんやと、こういうことなんですか。



○座長  川本経済建設部次長。



◎経済建設部次長  それも、絶対数も全国的に、これの、1,400頭そこそこでは足らないというふうに私は思っております。



○座長  大月委員。



◆大月委員 そうすると、余り、かえって宣伝しない方がええっていうことになるんじゃないですか、それ。たらなくなったら困ると言いながら三田牛のブランドをとって、ほんでまた三田牛はうまいんやというような形の中で、全国に広まっている中で、いや、実は牛がおらないんやから、三田牛はもう売れないんですわというふうな形に現実になっとるということなんですかな、そしたら。



○座長  川本経済建設部次長。



◎経済建設部次長  現実的には、今言いましたように、頭数が絶対的に足らないと。ですから、これを本当に全国発信した中で、やはり需要と供給の中で求められたものが果たして出していけるかということになったら、今の時点の中で非常に難しいというふうな認識はしております。



○座長  大月委員。



◆大月委員 ちょっと今の話聞くと、私、恐らくここにおられる方、大概はそんなんかなというふうに、改めてその三田牛というふうな部分が、今までの我々が考えているイメージと現実が随分かけ離れているような感じがしてならないんですけど。その点は、副市長申しわけないけど、どんなに思われます、私今初めて現実聞いたんで。



○座長  吉岡副市長。



◎副市長  今の生産の需要と供給という部分になれば、現実の話は今どんどん広げるか、それだけ追いつくかという議論はあるかもわかりませんけども、やはりひとつこのブランドとったというのは、当然三田からの発信の話やしブランドの話ですから。それと、今課長申しましたように、この三田牛の定義は何かということは、今28月以上というような押さえがしとる部分がありますから、しかし、その範囲の中でどうブランド化を発信するかという、こういう議論がありますので、余り宣伝し過ぎたら足らんようになるという、この議論ではないと、こう理解しております。



○座長  大月委員。



◆大月委員 というのは、私はいわゆる、前にも言うたけども、もう生き残りをかけた知恵比べの、地方自治体はそういう時代に入っとんねやと。いわゆるその「三田」を「みた」と呼ばせないためには何か方法がないのか、全国的にやはり三田が、もう近隣では篠山の方がはるかに知名度が高いし、もう関東地区行ったらほとんど三田というふうな名前さえ呼ばれない状況の中で、もう少しやはり知名度を上げる方法がないだろうかというふうに思っとるんです。そのことは、なぜかというたら、例えば観光も含めて、いろんな部分で注目のその知名度を上げる一つの起爆剤になるというふうに思ったから今お話をしておるんですが、例えば今盛んにマスコミを騒がせている東国原さんが宮崎県の地鶏を売りに歩いたりすることによって、大きなその観光資源のリンクした成果を上げているんです。そういうふうな部分で、私は逆に言えば足らないから、牛が足らないから宣伝はしないんだじゃなしに、売れ過ぎて足らなくなったんだというぐらいなことの中で商業戦略を打ち出していく、それがすなわち「三田」を「みた」と呼ばせない一つの原動力になり、あるいは観光、すべての形で全国的に三田の名前を売る一つの大きな要素になるだろうと。その中でこそ、三田牛というふうなブランドを全国的に発信するんだというふうな物の考え方に転換をしていかないと、いや、もう今宣伝、もう牛が足らなくて、へたしたら赤福もちだとかやな、そんなふうになっても困るんだというような感じ方では、やはり私には三田が全国的に知名度を上げる形にはならんだろうというふうに思うんです。もちろん、ほかの牛肉をまぜ込んで三田牛で売った方がいいなんていうことを言っておるわけじゃないんです。ただ、やっぱりあくまでも正当な形での三田牛をレベルアップさせて、あるいはまたそれに耐えるだけの畜産をどうしていくのかということも含めて、やはり全国的に発信をし、行政当局、例えば竹内市長さんが農林水産大臣のとこへ行って、これはもうおいしいんやとかというてやな、というぐらいなことまでしてでも三田を全国発信するような手段を講じるべきじゃないだろうかというふうに私は考えるんですけれども、その辺についてどう思われます。



○座長  吉岡副市長。



◎副市長  今まさに都市間競争の中で、我々の職員の要望の中でもブランディングという、まちの魅力という、このことが今テーマということでもう十分承知しておりますし、今おっしゃるように、その生産と、そのことのイコールという部分じゃなしに、今、先ほどから申しましたように、あくまで脈々と、今までから三田のこの三田牛というのは長い間かかっての一つの知名度を得てきたわけですから、それを、また商標登録という部分がということできちっとしていっとるわけですから、そのことは発信として大いにしていかなくてはならないだろうと、こう思います。その部分の中で、あと生産の今千何頭でありますけども、そう簡単に増やしていけるわけじゃございませんけども、やはりそのことだから宣伝余りしないんだという議論にはならないと、まちの魅力、ブランディングといったことのやはり宣伝はしていかなならないだろうと、こう思います。



○座長  大月委員。



◆大月委員 せっかくブランドもとったし、今副市長が言われるように、やはりそれを生かしていく方法がないのかと、全国に発信できる方法が、どうしたら発信できるんやと、そのブランドを使って、その戦略的な構想というのは、いわゆる行政当局に一番欠けているとこだと思うんです。もっとやはりやわらか頭で、民間のそのノウハウを取り入れながら、方向づけはどうすんねやということを、知恵を絞るということの方が私は大事てはないだろうかということを最後に申し上げて、質問を終わります。



○座長  ほかの委員の方で畜産業費についてありますか。

 よろしいですか。

              (「発言者なし」)



○座長  それでは、次の土地改良総務費について、質疑のある方は挙手願います。

              (「発言者なし」)



○座長  それでは次のページ、土地改良事業費について、質疑のある方は挙手願います。

              (「発言者なし」)



○座長  それでは、次のほ場整備事業費について、質疑のある方は挙手願います。

 関口委員。



◆関口委員 ほ場整備事業費についてお聞きしたいと思います。

 ほ場整備を行うと農地としての価値も上がると思いますが、整備の場所はどのように決定されるのか教えてください。



○座長  塚本農業振興課長。



◎農業振興課長  ほ場整備の決定の要件というようなものですね。まず、受益面積が5ha以上であること。それから、当然これ地元の要望というんですか、意見の取りまとめがあっての話なんですが、それが大前提でございます。それから、受益面積が5ha以上。それから、以前はなかったんですけども、国の農業政策と連動しておりまして、担い手への農地集積が行われることというのが条件となっております。

 以上です。



○座長  関口委員。



◆関口委員 それでは、18年度の整備はどこで、また残っているところはどれぐらいあるのか、ご説明願います。



○座長  塚本農業振興課長。



◎農業振興課長  18年度としましては砥石川地区だけでございます。今現在やってますのは、砥石川地区だけが工事で残っておるというところでございます。それから、全く手つかずというんですか、計画区域には入ってるけども工事の見通しがまだ立ってない地域というのが、面積は少ないんですけども、寺村地区であるとか大原の一部であるとか、それから淡路地区、こういったところが、計画の中に入りながらまだ実際の工事の予定が立ってないというところでございます。



○座長  ほかの委員の方、どうでしょうか。

 檜田委員。



◆檜田委員 今のお話で担い手への農地集積というのが条件に入ってきたということで、ほぼ終わった後でということでよかったなと思うんですが、農業振興のところでも農業機械の整備支援とか、地域貢献認定、認定農業者農地集積支援事業費でありますとか、そのいわゆる国の施策に沿ったというか、担い手、農家の大規模化という、目指した部分であるわけですけども、こういった部分と三田市の農家の実態、ここら辺との兼ね合いについてはどのようにお考えになってらっしゃいますか、ちょっとお尋ねをしておきたいと思うんですが。



○座長  川本経済建設部次長。



◎経済建設部次長  現在の三田市の一つの、1戸当たりの農家というふうにつきましては86a、これは平均だと思うんです。そして、担い手というふうにつきましては、やはり平成18年に農業基盤強化法という一つの法律に基づきまして、一つのパターンを出しております。どのぐらいになればサラリーマンの収入が得られるかということで、1年間で大体550万円ぐらいがあればいいということの中で、いろいろなパターンを出しておりまして、その中で、水稲でしたら10ha以上、そうすっとほかの水稲、麦、そういうのを組み合わせた中でひとつの11パターンのモデルですか、このぐらいに経営すれば550万円ぐらいいくという一つのパターンを出しております。それを目指した中で農業振興というのは進めておるわけですが、特に担い手という定義につきましては、やはりその収入、550万円程度の収入を得るという農家をつくっていこうというのが一つのねらいということでございます。

 そして、個々ではなかなか対応が難しいということになりましたら、これにつきましては共同作業なり、組織をつくった中でやりましょうということの中で、今年からですか、品目横断価格安定対策というのが始まっておりますが、やはりそういうのに加入していただいた中で、いかに経費を安く上げて所得を上げるかというような施策の中で振興しておるというようなところでございます。



○座長  檜田委員。



◆檜田委員 なかなか農家の意識というのが、変えるのが大変だなというふうに、私もわずかですけども農地がある関係で田舎におりますので感じるわけで、そういった面で施策面大変だと思いますけども、このまま進めていただきたいと思います。

 以上です。



○座長  ほかの委員の方、どうでしょうか。

              (「発言者なし」)



○座長  その次の林業振興費について、質疑のある方は挙手願います。

 北本委員。



◆北本委員 松くい虫の特別防除事業費についてお尋ねします。

 この松くい虫の防除は何年ぐらいから実施されてたのでしょうか。



○座長  塚本農業振興課長。



◎農業振興課長  昭和52年から始めておりまして、18年度までで、一応19年度からはやめております。

 以上です。



○座長  北本委員。



◆北本委員 52年度から始めておられたということなんですが、私が知ったのは今回初めてなんですけれども、これは何か、採択基準とかがあるんでしょうか。



○座長  塚本農業振興課長。



◎農業振興課長  三田市の中でやっておりますのは、小柿と乙原の山で130haぐらいやってるんですが、これは県の森林病害虫防除計画という計画書があるんですけども、その中に位置づけられている山と。もう少し違う言葉で言えば、保全すべき松林と、それを取り巻く周辺の山という意味合いでございます、それが130haやっておるということでございます。



○座長  北本委員。



◆北本委員 それでは、この小柿と乙原が県の方から保全すべき山林ということで、我々の方の山も結構松くいが入ってるんですけれども、県から指定がなければ防除はしていただけないということですか。



○座長  塚本農業振興課長。



◎農業振興課長  昭和52年から始めたと申しましたんですけども、当時はもっと広い範囲でやってきておったようでございます。そして、ずっと縮小した縮小傾向になっておりまして、枯れた状態を対応するんじゃなしに、まだ松くい虫が入ってない山をこの方法で守ってきたというのがこの特別防除、特別防除というのはヘリコプターで農薬を散布する事業なんですけども、そのことなんですが、その事業はそういう限定されたところで、守っていくという位置づけになった山だけを対象にしてきたというのが実態でございます。

 以上です。



○座長  北本委員。



◆北本委員 それで、これが19年度から実施されないということなんですが、今そのように防除され続けてきたんですけれども、松茸も余り出ないし、松枯れはまだまだあるとは聞いております。18年度までやってこられた効果はあったのでしょうか。



○座長  塚本農業振興課長。



◎農業振興課長  特別防除、ヘリコプターの散布の事業はやり続けてこそ松くい虫が守れるということで、残念ながらいつまでもまき続けないと、守れないというのはちょっと矛盾点がありまして、効果といいますと、その場所は青々とした松が残ってきたということでございます。

 以上です。



○座長  北本委員。



◆北本委員 そしたら、これに引き続いて、県の単独松くい虫抜伐駆除事業費というのが上がってるんですけれども、これは何年からやってこられた事業なんでしょうか。



○座長  塚本農業振興課長。



◎農業振興課長  何年からというのが、ちょっと今資料持ち合わせてないんですけども、かなり以前から続いている事業だと思います。

 以上です。



○座長  北本委員。



◆北本委員 これについても採択基準はあるんでしょうか。



○座長  塚本農業振興課長。



◎農業振興課長  これは特に、採択基準といいますのは主要道路から景観上好ましくない場所を選んで抜刀しているというのが、枯れた松を抜伐しているというのが事業でして、主要沿線沿いであるとか、目立つところ、こういったところを抜伐しております。

 以上です。



○座長  北本委員。



◆北本委員 それでは、我々の山間部、三田市の北部については目立たないところにありますので、それは対象にはならないということでしょうか。何か申請をすることによってしていただけるのかどうか、お尋ねします。



○座長  塚本農業振興課長。



◎農業振興課長  この事業、県単独抜伐駆除ということで表現しているかと思いますが、兵庫県の方が2分の1負担している事業でして、申し込みあれば可能かとは思いますが、ただ県の方がこういう財政状態になってきておりますので、来年度からはもっと縮小したいというふうなことでの連絡は入ってきております。

 以上です。



○座長  大月委員。



◆大月委員 どの項目に入っとんのかちょっとわからないんですが、161ページのみどりの少年団運営費補助金というのが、資料来とるんですけども、これはどこの細目に入れとるんですかね。



○座長  塚本農業振興課長。



◎農業振興課長  負担金補助の中にその他という項目があると思いますが、その他73万7,080円の中に含まれております。

 以上です。



○座長  大月委員。



◆大月委員 その他の中に幾ら含まれとんですか。



○座長  塚本農業振興課長。



◎農業振興課長  みどりの少年団に対して30万円の補助をしております。



○座長  大月委員。



◆大月委員 現実に活動しておる部分というたらみどりの日だとか、それから育樹祭だとか植樹祭には姿が見えるんですが、ふだんの活動というのが見えてきてないんですけれども、どんな活動をして、どういうふうなことをやられておるのか。



○座長  塚本農業振興課長。



◎農業振興課長  今団員174名ございまして、団員の活動の主なものとしましては夏のキャンプ、それから炭焼き体験教室、これは釜入れ、釜出し、それからサツマイモの、これは農園を使ってでのサツマイモの収穫祭、こういったものをやっております。それから、そういったものをトータルした活動発表大会というのがまた県下全域、県下の中であるわけなんですけども、ちょうど先日、農業まつりの日にもその発表大会ございまして、三田のみどりの少年団が兵庫県で最優秀賞になったというふうなことで、かなり活発に活動していただいておると思います。

 以上です。



○座長  大月委員。



◆大月委員 これは三田市の自主事業というか、県からの例えば補助対象だとか、そういうふうな形には入ってるんですか。



○座長  塚本農業振興課長。



◎農業振興課長  この30万円のうち幾らかが県から入ってきているかということでは、入っておりません。団の方に直接補助が出ている部分はございます。

 以上です。



○座長  大月委員。



◆大月委員 その団の方へ県の方から直接に補助金が出とるということですか。



○座長  塚本農業振興課長。



◎農業振興課長  はい、そのとおりでございます。そんなに大きな金額じゃないんですけども、活動実績に応じて補助金があるようでございます。



○座長  大月委員。



◆大月委員 今話を聞いてみますと、例えば炭焼きだとか、あるいはキャンプだとかというような話、活動内容なんですけども、ちょっと何か趣旨からずれているような感じもしないわけではないんです。いわゆるその環境の部分での活動なのか、というのは、なぜそういうことを言うかというと、いわゆるそういうふうな部分の、例えば少年団、ボーイスカウトにしろガールスカウトにしろ、いろんな活動されている部分があるんですが、その補助対象の基準というか、どうもちょっとずれているような思いをしないわけでもないんですが、その辺について、今行革の流れの中で動いている中で補助金の見直しということについても進めていかにゃいかんというふうな形で、かなり行革のプランの中でも出てきとるわけですけれども、その辺についての、このみどりの少年団の位置づけについてはどういうふうな考え方をされておるんですかね。



○座長  塚本農業振興課長。



◎農業振興課長  これは林業振興費の中に置いてますので、林業、山の緑に親しもうと、里山に親しもうというのが趣旨でございますが、青少年育成活動の側面もかなりございます。ですから、対象があくまでも小学生でございますので、キャンプとか、いろんなその本来のこの環境の問題に取り組んでいるとか、社会的な貢献をやっているとかということからいえば、少しそうでない部分があるかもわかりませんけども、青少年の育成ということでの役割も大きい部分がございますので、大事な活動ではないかなと考えておるところでございます。

 それから、補助金の方については、これは来年度に向けての話になりますが、もう少し削減をしていく今は考えでおります。

 以上です。



○座長  大月委員。



◆大月委員 今おっしゃるように、青少年の健全育成の部分も含まれるんだというお話ですが、そういうことになると、もういわゆる小学校なり中学校なり、いろんな団体があるわけです。例えばスポーツにしろ、先ほど申し上げたような部分にしろ、やっぱりその補助金を出す以上はそれなりのやはりきちっとした位置づけの中で、どことどこは出さざるを得んのや、これはもう出さなくてもええのやというような線引きなり、基準をつくらないと、ほかの方から、同じ青少年の健全育成で我々も努力してるんだというような声が上がったときに整理のしようがないだろうというふうに思うんです。その辺のところを、もうちょっとやはり精査する必要があるだろうというふうに思うんですが、その点についてどう思われます。



○座長  吉岡副市長。



◎副市長  この事業の内容は今説明したとおりでありますけども、委員もご承知のとおり、いわゆる都市経営システムのこの積み上げの中で団体補助がどうあるべきかと、こういうことで、団体運営補助なのか、いわゆる事業費補助なのか、こういったすみ分けをきっちりしていこうということで、システムの中で整理をしていっていこうとしておるわけですから、そういった中での視点で、今課長申しましたように、その補助の内容はどうであるべきか、ふるいにかけると、こういうことでございます。



○座長  大月委員。



◆大月委員 あくまでもやはり公金を支出する以上は責任説明というのが問われてくるんで、その辺について、さっき申し上げたような類似団体、あるいはまたスポーツ団体、あるいは芸術団体等、いろいろとそういうふうな組織を運営しながら青少年の健全育成のためにご努力いただいてる各団体もあるわけですから、その人たちの部分にきっちりと、いや、これはこうなんだから補助は出しているんですよというふうなことの説明責任のとれる範囲でやっぱり補助金を支出するということは大事なことだろうというふうに思うんで、その辺について、またよく検討していただければなということを提言申し上げて、質問を終わります。



○座長  林業振興費、ほかに委員の方どうでしょうか。

 よろしいですか。

              (「発言者なし」)



○座長  それでは、次に商工総務費について、質疑のある方は挙手願います。

              (「発言者なし」)



○座長  その次、商工振興費について、質疑のある方は挙手願います。

              (「発言者なし」)



○座長  それでは、次が165ページ、観光振興費について、質疑のある方は挙手願います。

 関口委員。



◆関口委員 観光振興事業補助金214万4,000円、まず内訳をお聞かせください。



○座長  藤原商工観光課長。



◎商工観光課長  委員お尋ねの観光振興事業補助金の内訳でございますが、秋の味覚と観光山開き、これにつきまして100万円、それから観光写真コンテスト、これが27万円、それからさくら回廊ウオーク30万円、それからサンダリアンツアー10万円、それから各種イベントへの参画が23万円、それから初日の出協賛事業が15万円、そのほか、合計しましてその金額となってございます。



○座長  関口委員。



◆関口委員 その中で初日の出登山開催費15万円についてお聞かせ願いたいと思いますけども、毎年、私三田に越してきてから初日の出登山に、羽束山の方にいつも登っているんですけど、毎年楽しみにして登っております。年々数が大分増えてきて、盛況になってきているのかな、いろんな住民の方が参加してこられているのかなあと思っておりました。また、歴代の市長におかれましても、年頭のあいさつには必ず羽束山に登って、日の出が出たとか出なかったとか、そんなあいさつからいつも入るような、恒例の行事となっているのかなと思っております。それが今年度から縮小という形になったと思うんですけども、今後のこの15万円、補助金に対しての方針についてお聞かせ願います。



○座長  藤原商工観光課長。



◎商工観光課長  先ほど説明をさせていただきました、この観光協会に対する補助金につきましては15万円でございますが、ただいま委員の方もご指摘ありましたように、従前から数十年間、20年以上かかわってきております市主催事業でございますが、市の直営費用がほかにございまして、それも含めまして100万円弱の事業をしているわけでございますが、ご指摘のように、羽束山につきましては昨年で約1,500人、それから藍本の虚空蔵山につきましては昨年で約800人というふうなにぎわいを見せているところでございますが、今回、19年度からにつきましては、一定市の主催事業としましては、取り組んできた参加者の定着の状況からも見ましても一定の成果を得たというふうに判断をしておりまして、19年度、今年度につきましては地元の方と協議をさせていただいた結果、イベントとしましては中止をするということに決定をいたしておりまして、19年度の予算は計上しておりません。

 以上です。



○座長  関口委員。



◆関口委員 15万円じゃなくて100万円弱だということなんですけども、100万円弱にいたしましても、年頭初日の出を見る会というのはどの地区でも新聞に、どこどこどこどこはやっているというふうにPR等がしていただくことがありまして、三田の初日の出の登山会も、このようにやっているということも新聞等でいろいろ書いていただけるメリットを考えますと、その100万円弱というのも、そんなに高い費用ではないのではないかなと。三田をPRするためにも、ぜひとも続けていただきたいなと思うんですけども、そんなにその辺は難しいんでしょうか。



○座長  吉岡副市長。



◎副市長  二十数年進めてまいりました、この流れの中では一つのまち開きといいますか、まちの進展とともに新しい三田へ、ふるさととしてこられた方、こういった方にもひとつそういう都市と農村の共生ということを含めて、そういう一定の流れの中できたわけでございますが、今課長申しましたように、その一定の流れの中で一定の定着も見てきた、成果を見てきたということでありまして、まさに我々のこの事業の一つの仕組みはサンセットということでございますから、やはり太陽上ればある程度、十分成果が上がればそういう方たちで収束していく、また新しい形の中で芽生えて続けていただくと、こういうことでございますから、事業としてはこういう形で、今説明しましたとおりでございますが、やはり長年の、このことについてはこれからも市民の皆さんには朝、元旦には登らないと気が済まないと、一年を迎えたような気がならないと、こういう方も当然おられましょうし、そういった形の中でこれは定着していくものと、このように考えています。



○座長  関口委員。



◆関口委員 かなりこれ好評になってきているところで、突然のという感じになっていますので、恒例に登ってらっしゃる方におきましては、結構残念だなと思っている方はたくさんおられるんじゃないかなあと思います。いろんな行革の中でそういうことになってきていると思うんですけども、余りイベントを縮小、縮小という形で、三田が暗くなっていくような、新年から暗くなるようなことがないように、新年の行事もきちっとやっていただきたいなあと要望して、終わりたいと思います。



○座長  ほかの委員の方どうでしょうか。

 檜田委員。



◆檜田委員 負担金補助及び交付金のところで、各種団体活動奨励事業ということで、この補助金調べを見ますと4団体に補助金が出ているということですが、この4団体が選ばれた、4団体という、この選定された理由というのがあるのかどうか。

 また、ほかのそういった団体が補助金を受けるためにはどういったことが必要なのか、この要件がわかりにくいのでお尋ねしたい。



○座長  藤原商工観光課長。



◎商工観光課長  今委員ご指摘の4団体でございますが、特に選定理由というわけではございませんけれども、三田太鼓につきましては三田を代表する伝統芸能として、その活動を長く継承、保存するという目的でございますので、例年支援をいたしてございます。それから、三田音頭会につきましても、同様に伝統ある三田音頭を継承し、郷土文化の向上とふるさと三田のまちづくりを目指していると、こういった目的で活動されておりますので、同様に支援をしているところでございます。それから、三田さつき会、これにつきましては市花がご承知のようにさつきでございますので、市花さつきを普及させる目的で活動をされているということに対しまして支援をしているものでございます。もう一点、鈴鹿竹器組合がございますが、これにつきましても伝統工芸である竹細工の保存育成と継承ということで、市の方で支援をしているところでございます。

 以上です。



○座長  檜田委員。



◆檜田委員 一定期間経過しているということもありますし、またそれぞれが、新しい団体がいろんな事業を活動している中で、本当にそれだけで理解できるのかどうか、理解をいただけるのかどうかという部分もありますし、いろんな補助金カットという動きの中で、今後こういった部分について検討していく、削除ということじゃなしに、新しく追加できるのか、そういった部分についてはどのようにお考えなのか、お尋ねしておきたいと思います。



○座長  藤原商工観光課長。



◎商工観光課長  新しく追加できるのかというお話でございますが、今現在私の方にはそういった申請等をお聞きしているわけでもございませんので、今後そういったお話がありましたら活動の内容等を考えさせていただきまして、三田太鼓等のように市が支援するべき団体であるのか、そういったあたりを判断しながら検討してまいりたいというふうに思います。



○座長  ほかの委員の方どうでしょうか。

 よろしいですか。

              (「発言者なし」)



○座長  あと労働対策費について、質疑のある方は挙手願います。

              (「発言者なし」)



○座長  ここで経済関係が一応終わりますので、ここで暫時休憩をしたいと思います。

 昼は1時から再開いたします。よろしくお願いします。

            (暫 時 休 憩)



○座長  それでは、休憩前に引き続き審査を続行いたします。

 事項別明細書169ページ、土木総務費について、質疑のある方は挙手願います。

              (「発言者なし」)



○座長  ないようですので、次に参ります。

 169ページから171ページ、道路橋梁維持管理費について、質疑のある方は挙手願います。

 大月委員。



◆大月委員 委託料の中で道路橋梁維持管理費の2,504万7,000円のこの部分で、道路はわかるんですが、橋梁の部分というのはどこを指しているのか、その辺ちょっとお伺いしたいんですけど。



○座長  東仲道路管理課長。



◎道路管理課長  この道路橋梁維持管理費2,504万7,000円の委託費でございますが、今委員ご質問の橋梁の部分でございます。あえて橋梁の部分といたしますと、駅前にありますペデストリアンデッキの清掃等の維持管理がここに含まれております。その他、大部分が、補足になりますけど、駅にあります自由通路の清掃、排水ポンプの清掃、道路、側溝整備とか清掃とか、トイレの清掃、路面清掃等の、施設の保守点検とかの清掃業務をこの業務で行っております。



○座長  大月委員。



◆大月委員 今説明を受けたペデストリアンデッキぐらいが橋梁の維持管理の費用だという話ですが、毎年アメリカでもニュースで橋が落ちたというような形の中で、国がそれぞれの橋梁をもう一回再点検をしなさいというような形で、高速道路含めてです。国が管理をしている部分については維持管理を進めてきたと、そういう経緯があるわけですが、三田でもかなり古い橋梁もありますし、もう恐らく鉄筋コンクリートで、鉄筋自体も老朽化しているというふうな部分も想像がつくわけですが、その辺の調査だとかというふうな形についてはどんなふうな経過をたどっとるのか。



○座長  東仲道路管理課長。



◎道路管理課長  今委員申し上げられました8月1日のアメリカの事故、本当にショッキングな事故でございまして、ほっと思いつくに、私とこ、三田市市道で350?ほどの橋を管理しておるんですけども、その中で特に古い橋どうかなと思て、本当に現地を見に行って心配したところでございます。おかげさまで、その橋については今のところ、業者にも見てもらったところ大丈夫であるということで、安心したところでございます。今も、委員申し上げられましたとおり、昨年ごろから、やはり国の方からも橋の老朽化に伴う保守点検、橋の場合、道路に例えば穴があいてすぐ補修するというわけには、簡単にはいきません、費用も莫大な費用がかかります。そういうな中で、遠い将来を見た現時点での状態を確認して、例えばこの橋は何年ごろに架橋、架設した橋だから、このころにはこのような補修が要るんじゃないかというようなところを、三田市の方としましても安全・安心のため調査をしなければならないという認識のもと、今どうした、どのような対応というか、を計画を立てていけばいいのかというのを検討しておるところでございます。



○座長  大月委員。



◆大月委員 橋梁の保守点検についての国の指針なりマニュアル的なものというのは、こういうふうな形で点検をしなさいという手引きみたいのはないんですか。



○座長  東仲道路管理課長。



◎道路管理課長  先ほど言いましたように、国の方からそういった橋の、いわゆるこれアセットマネジメントというんですけども、策定されておると思うんですけど、ちょっと私の手元にそういった資料持ち合わせておりません。



○座長  大月委員。



◆大月委員 やはり、今説明のあったように、市道に関する橋梁がかなりな数に上ると思うんです。ですから、やはり人ごとではなしに、やっぱりそのマニュアルに沿って一度総点検をして、本当に安全なのかどうかというふうな部分というのは再度やっぱり確認する必要があろうかと思うし、それにかかわらず、国の方は別としても、県道の橋梁もかなりあると思うんです。その辺についても県と協議をして、本当にこの橋梁については、道路だったらもう見た目でわかるわけですから、橋梁というのはなかなか目測では判断のしかねない部分というのがようけあるわけです。ですから、そういうふうな部分で、県道も含めて、県とも協議しながら、三田市域にある橋梁について本当に安全なのか。さっきの言うた、国から出てるとすれば、そのマニュアルに沿って県とも協議しながら、再度三田市域の橋梁の再点検という形はやはりやるべきだろうというふうに思いますが、どう思いますか。



○座長  東仲道路管理課長。



◎道路管理課長  今委員が申し上げられましたとおり、私とこも心配といいますか、将来を心配しておるところでございますので、今言われましたことをもとに、三田市市道の橋はもちろん、県とも、県の進捗状況とか、その辺も確認しもって、安全・安心のために早期にできるよう努力していきたいと考えております。



○座長  大月委員。



◆大月委員 そのようにお願いして、質問を終わります。



○座長  ほかの委員の方どうでしょうか。

 檜田委員。



◆檜田委員 同じく委託料の道路植栽管理事業費なんですが1億5,000万円、行革の中で今年度予算1億2,000万円で減らされてきておりますけども、交通安全上必要だと思うんですけども、現在の整備基準、大体どのぐらいの割合で手入れをしているのか、ちょっと聞かせをいただきたいし、交通安全上の確保という面でどうなのか、お尋ねします。



○座長  東仲道路管理課長。



◎道路管理課長  ただいまの委員の道路植栽管理につきましてお答えいたします。

 現在、市内の街路樹の維持管理としましては約360路線を行っており、基本的な作業といたしましては植樹帯や法面の除草及び高木や中・低木の剪定並びに薬剤散布や施肥等を定期的に実施しておりまして、事業費といたしましては、先ほど言われましたとおり、18年度1億5,100万円となっております。

 次に、ご質問の整備基準につきましては、除草は主要幹線道路で年に3回、その他の路線では年に2回。そして、剪定につきましては高木、中木、低木、おのおの樹種によって年1、2回から3年に1回行っておりました。しかし、現在では、先ほど委員も言われましたとおり、行革断行プロによる経費削減により除草はすべて2回にいたしましたこと等、剪定につきましては、高木においては剪定の手法を整枝剪定といいまして、枝を透かす程度、透かす程度にとどめ、できるだけ理想的な樹形を保つように努めているところでございます。

 それと、委員言われました交通安全上ということにつきましては、信号機や街路灯、標識、おのおの、それらの支障になるところでは安全性確保のため随時支障剪定を行っているところでございます。



○座長  檜田委員。



◆檜田委員 それぞれ注意をしていただいていると思うんですけども、秋の観光シーズン、市外からもたくさん観光客もありますし、道路の部分、そこら辺の部分で非常に市のイメージにもかなり影響があると思いますので、タイミングを見計らって実施をしていっていただきたいと思います。



○座長  ほかの委員の方どうでしょうか。

 よろしいですか。

              (「発言者なし」)



○座長  ないようですので、次に参ります。

 171ページから176ページ、道路橋梁新設改良費について、質疑のある方は挙手願います。

              (「発言者なし」)



○座長  では、次に参ります。

 交通安全施設費について、質疑のある方は挙手願います。

              (「発言者なし」)



○座長  ないようですので、次に行きます。

 河川維持費について、質疑のある方は挙手願います。

 大月委員。



◆大月委員 武庫川桜つづみ修景事業費923万7,000円、この件なんですが、かつて貝原知事が瀬戸内桜回廊ということで、ずっとその武庫川、それぞれの地域で、武庫川も含めてですが、苗木を植えたわけですが、かなり立派になって、もうすごい春の一つの風物詩として市民からも、あるいはまた花見に他市からも見えているというような話を聞くわけですけれども、この修景事業費の内訳というのはどういう形になりますか。



○座長  赤松公園緑地課長。



◎公園緑地課長  桜つづみの維持管理費の内訳につきましては、桜の木が植わっております両サイド、約1mずつ、2mの幅でまず除草をしております。それと、害虫駆除用の防虫剤散布が主でございまして、あと通行的に、かなり枝が大きく成長して枝が張っております。その中で、農業作業用の車両とか、支障になる部分につきましては枝を、下枝をはつっておるというような管理の状況でございまして、三田市ではおおむね26?、下田中から藍本の波田橋のところまででございます。

 以上です。



○座長  大月委員。



◆大月委員 26?ですか。



○座長  赤松公園緑地課長。



◎公園緑地課長  おおむね26?。両護岸に桜を植えておりますので約5,000本余りと、今管理をしておる状況です。



○座長  大月委員。



◆大月委員 ほかでも、今言う桜回廊というふうな形の中で事業が展開されておると思んですが、私も見に、桜は嫌いな方じゃないもんですからあちこち見に行くんですが、この三田の桜というのはすばらしいもんだろうというふうに思うんで、この金額で十分だろうとは思うんですが、特に何か問題がなければそれでいいんですけれども、やはりまちおこしの一つの、何ていうか、起爆剤にしてでも、せっかくの桜なんで、今後も維持管理に十分努めてもらいたいというふうに思ってますんで、その辺よろしくお願いしたいと思います。



○座長  赤松公園緑地課長。



◎公園緑地課長  はい、わかりました。



○座長  ほかの委員の方はどうでしょうか。

 よろしいですか。

              (「発言者なし」)



○座長  では、続きまして都市計画総務費について、質疑のある方は挙手願います。

              (「発言者なし」)



○座長  次に、建築指導費について、質疑のある方は挙手願います。

 関口委員。



◆関口委員 建築指導費について質問いたします。

 平成18年3月予算特別委員会において、この建築指導費について質問させていただいたんですが、そのころはちょうど姉歯問題の真っただ中ということで、構造計算とかいろいろ問題のあるときであったんですけども、そのときに構造計算、審査のチェック体制、チェック方法を強化をしていただきたいと求めたわけなんですが、その後、その事件から新たな建築指導方法、審査のチェック体制がどのように行われてきたのか、ご説明願います。



○座長  藤本建築指導課長。



◎建築指導課長  一昨年判明いたしました耐震偽装事件でございますが、姉歯に代表されておりますが、その後二、三の建築士が耐震偽装を行っていたということが判明しました。それを受けまして、建築物の安全性の確保を図るため、建築基準法の一部を改正する法律が平成18年6月21日に交付されたところでございます。これによりまして、建築士法、建設業法、宅地・建物業法等の改正が次々に行われているところでございます。特に、この対策の根幹となりますのが建築基準法でございまして、これにつきましては本年、平成19年でございますが、6月20日に施行されまして、重立った改正内容といたしましては建築確認、検査の厳格化ということでございます。これは耐震偽装が構造計算を、いわゆるブラックボックスという内容になっておりまして、この点を解消するということにメインを置かれました。この対策といたしましては、第三者機関、構造適合判定審査機関でございますが、この制度が創設されて、構造につきましては二重の審査を実施することになっております。そのほか、確認申請の内容がずさんであったということでございまして、これにつきましても申請図の記載内容の明示、あるいは訂正の方法等が法で定められることになりまして、それの対する厳格化が行われたところでございます。

 そのほか、指定確認検査機関の業務の適正化が、これ行われました。これは民間に対する指導、強化ということでございますが、これにつきましては賠償能力、あるいは公正中立要件、人員の体制等の強化が図られたところでございます。また、特定行政庁指導監督という立場にございまして、立入権限等の権限が付与されまして、それを実行しておるところでございます。また、耐震偽装が判明しても、それを調べる資料がないというような状況があったということでございますが、いわゆる3年間保存という枠の中でそういう事態が起こったわけですが、この図書につきましても15年間の保存ということなどの定めが改正されまして、三田市もこの国の方針にのっとりまして、現在適切に事務処理を行っているところです。

 以上です。



○座長  関口委員。



◆関口委員 課長の方から建築指導方法、審査チェック体制をかなり強化したという答弁をいただきまして、本当に安心したわけです。また、その中で、市外には多々その後いろんな物件で耐震偽装なり、いろいろ起きたという報告があったわけです。それで、三田市といたしましても指導方法、チェック体制を強化した中で、三田市の物件に何か問題はなかったのか、まずお答えください。



○座長  藤本建築指導課長。



◎建築指導課長  姉歯以外の件でございますが、現在判明しておりますのがサムシング、福岡県の関係でございますが、その後浅沼良一、田沼水落設計、その他都市再生機構、次々と判明しておりますが、幸いなことに三田市内には、いわゆる耐震偽装にかかわる物件というものは判明していないというのが現状でございます。

 以上です。



○座長  関口委員。



◆関口委員 耐震偽装による問題は発覚しなかったということなんですけども、耐震偽装以外にそういう問題がなかったのか、耐震偽装以外でなかったのかお聞きしたいと思います。



○座長  藤本建築指導課長。



◎建築指導課長  最近のことでございますが、いわゆる防火製品による材料でございますが、これにつきまして、東洋ゴムであるとか、あるいは最近言われております東洋ゴム、ニチアスと防火製品が偽装されているというような状況がございまして、現在その物件等の調査に、三田市内該当する物件が見られるという状況がございまして、現在その調査中でございます。

 以上です。



○座長  関口委員。



◆関口委員 耐震偽装はなかったけども、ほかにちょっと問題のある物件があったということなんですが、南部長、どの辺までその辺把握しているのでしょうか。



○座長  南都市整備部長。



◎都市整備部長  先ほども申しましたように、現在材料の関係につきまして調査中ということでございますので、調査の結果等については今後出てくるというように考えております。

 以上です。



○座長  関口委員。



◆関口委員 今後問題が出てくるということなので、出てきたら即座に議会の方に報告をお願いして、質問を終わります。

 以上です。



○座長  ほかの委員の方はどうでしょうか。

              (「発言者なし」)



○座長  次に行きます。

 都市計画費、計画調査費について、質疑のある方は挙手願います。

 関口委員。



◆関口委員 計画調査費の繰越明許費が約700万円ほど出てるんですが、これは何か、まず内容をご説明願います。



○座長  辻都市計画課長。



◎都市計画課長  繰越明許費の703万5,000円ですけれども、これにつきましては17年度発注した都市施設、特に道路交通計画の基礎になります将来交通需要予測調査委託を行った事業費でございます。



○座長  関口委員。



◆関口委員 そこで、今出てきました将来交通需要予測調査費ということにつきまして、平成18年3月の予算特別委員会に質問させていただいたんですけども、その際、予測調査の活用方法について質問しましたが、その結果、どのような結果が出て、どのように活用して、するつもりなのか教えていただきたいと思います。



○座長  辻都市計画課長。



◎都市計画課長  調査結果ですけども、繰り越しを行ってまして、この5月ぐらいにその計画書、調査表が提出されてきたという状況でございますけども、現状の調査関係ではその交通量及び将来予測ですけども、特に慢性的なその停滞、混雑を招くような路線は基本的には見当たらないという報告になってます。また、今後につきましても、おおむね円滑な交通が維持できるというように見込んでおるところでございます。また、一部未改良区間等が残ってますので、その部分については混雑が発生する可能性があるという状況の報告になってます。

 それと、実際将来の交通需要予測ということで推計をやっておるわけですけども、平成42年の予測値で推計をやっておるわけですけれども、それにつきましてはあくまでも国等のデータをもとにいたしまして、都市計画道路を含む道路網について、その交通量を各路線に、道路に分配を行って、各道路ごとにどれぐらいの交通量が予測されているかということの推計値を出しているものなんですけれども、その推計そのものは、今すぐにどうこうするというものではなしに、今後その都市計画道路の新しい決定とか変更、見直し、また事業実施を行っていく場合に、その道路構成などの基礎資料として、必要に応じて今後活用を図っていきたいというように考えております。

 以上です。



○座長  ほかの委員の方どうでしょうか。

 よろしいですか。

              (「発言者なし」)



○座長  では、次に参ります。

 街路事業費について、質疑のある方は挙手願います。

 ありませんか。

              (「発言者なし」)



○座長  続きまして、公園費について、質疑のある方は挙手願います。

 檜田委員。



◆檜田委員 都市公園の植栽管理費1億8,800万円について、その内容について説明をいただきたいと思います。

 また、実施にあたっての入札執行方法や発注件数、落札率についてお願いいたします。



○座長  赤松公園緑地課長。



◎公園緑地課長  植栽管理費の1億8,870万1,943円の内容でございますが、18年度末現在132の公園、緑地等を管理をしております。その管理をしている除草、低木の剪定、中・高木の剪定、施肥、かん水等が主な業務の内訳でございまして、年2回の除草作業、枝の剪定等につきましては、支障枝の剪定、先ほどの道路管理の道路街路樹と同様に、高木等につきましては整枝剪定等を実施をしておりまして、その作業の1億8,870万円のうち1億8,710万9,093円が公園、緑地の分でございます。あと159万2,850円、差し引きしますと残るわけですが、この金額につきましては自然還元リサイクルの実験をクリーンセンターの下で現在、18年度から実施をしております。そこに、管理をする必要な経費として計上をいたしております。

 以上、内容の作業実施につきましては都市施設整備管理公社の方に委託業務として執行をしております。



○座長  中西経済建設部次長。



◎経済建設部次長  植栽管理の関係で、平成元年6月に都市施設整備管理公社を設立をいたしました。そのときというのは、これから植栽管理が増えるだろうということの中で、総合的に一体的に植栽についてすべて街路を含んだ、すべてやっていかにゃいかんということで設立した内容です。そのときの物の考え方が、植栽管理というのは樹木の成長状況を良好なものに維持していって、その目的、効果が十分に得られるような管理をせないかんと、管理上は一つです。一方、樹木、木そのものが生き物でありまして、それぞれ生育過程において環境の変化を受けやすいことから、現場に熟知した上で管理をせないかんだろうなと。その施工方法についてなんですが、業者にやらすということにしましても、業者がその剪定等について責任を持ってやっていかにゃいかんだろうと。その中で、業者自身も自覚を持ってしてもらわにゃいかんし、適期、的確な対応をそのときにしてもらわないかんと。一方では経済的な効果、経費についても節減できるだろうということをもとにして、植栽管理については市内の造園工事、市内の業者等を対象に、指名競争入札で1年目は決定いたしました。引き続き、2年、3年目につきましてはその業者が単独随契でやってくと、3年ごとにその場所をかわるというような形で従来やってきました。その結果の話なんですが、18年度の業者数、また落札率というご質問でございますけども、公園だけで発注をしておりません。公園と道路が一本で抱き合わせてしたりしておりますので、今回この委員会の中で関係します道路、公園、河川、交通安全施設、その関係についてご説明申し上げますと、全体で44件の発注をいたしました。それの落札率が、97.9%というのが18年度の状況でございます。

 以上です。



○座長  檜田委員。



◆檜田委員 市内業者に絞ってきたという経緯については、ある面理解できる部分もあると思うんですけども、昨日の生活環境でも、市内業者にということで意見が出てたと思うんですけども、そこら辺の、市外の業者を入れればもう少し、97.9%が下がる可能性もあるだろうし、管理の面からいえば、いや、やっぱり近くで、市内を知り尽くした方がよいという部分も、意見としては二通りあるんじゃないかなと思うんです。そういった中で、その市内業者だけでよいのかという部分は、私自身は正直ちょっと疑問も感じるところはあるんですけども、これ、やっぱりもう見直すということは当面ないということなんでしょうか。



○座長  吉岡副市長。



◎副市長  近年競争の原理、これはもう必ず担保しなくてはなりませんし、行為的にやらなくならないと、こういうことはございます。そういう中でも、一方では地域のやはり産業といいますか、企業育成という側面も持っています。そういった中で、今まずはやっていこうとしておりますのは、今までこの植栽関係は、特に造園関係の業者ということで枠組みしておりましたけども、最近は土木業者でもそれを事業として組んできておりますし、まずそういう中からの競争性を担保して、その見定めの中で次のステップかなあと、このように考えます。



○座長  大月委員。



◆大月委員 街路の剪定の件なんですけれども、決算とは少しちょっと離れるかもしれませんが、関連してなんでちょっとお尋ねをしておきたいと思うんですが、一時期、街路樹を強剪定し過ぎて非常に見苦しいと。一方では、住民の方から、そらもう枝が伸び過ぎて困るんやというような、相反するような意見が出て、かなり、まあ私もちょっとそのことについていろいろと話をした経緯があるんですが、そのときに、一定区域について、一度その住民の意見を聞きながら、剪定がどうあるべきかということで事業を進めていこうというふうなお話があった記憶があるんですが、その後住民の皆さん方からはどんなふうな反響であったのか、その後どういう経緯だったのか、その辺ちょっと聞いておきたいなというふうに思うんですけども。



○座長  東仲道路管理課長。



◎道路管理課長  今委員が言われました地域とのかかわりということで、平成これ18年度に市内でフラワータウンとウッディタウン、道路で言いますと2路線ずつ、公園もあるんですけども、その中である路線、基終点のある中で同じ樹種が植わっているところ、約半分に割りまして、ある一方はもうほとんど手をつけない、ある一方は、先ほどご説明させてもらった整枝剪定等を行ってみて、もちろん自治会の方等立ち会いして一緒に見ていただきながら、1年間様子を見ていこうとして、一応18年度終わり、今年度も継続をしておるところでございます。実験を進める中で、やはり委員も言われましたように、剪定することとしないことの意見、さまざまございます。その中で、やはり手つかず、手をつけずに指定した路線におきましては、やはり住宅に近い舗道に植わっているものについては家の、宅地の方へ枝が越境してきて、落ち葉が落ちるとか、実が落ちて、その木の実がまた庭になるというような苦情といいますか、もう少し強目の庭の方は剪定をしてもらえないかというようなもう点も、実験を進める中でも出てきたところでございます。先ほどの街路樹の管理の説明の中でもさせてもらったとおり、やはりそういった、特にやっぱり境界を、宅地側へ越境して、そういった影響がある分については、実験路線とはいえ、限定して、支障剪定は行っていかなくてはならないと思いますし、現にしてきたところでございます。そのような中で、各自治会、実験路線の自治会を一緒に進めていく中では、おおむね実験の趣旨も理解していただきましたし、今後も続けてもらうようにというようにいただいておるところでございます。



○座長  大月委員。



◆大月委員 ということは、市民の皆さん方、両方、相反する意見もある程度まとめ上がったというふうに理解してよろしいんですかな。



○座長  東仲道路管理課長。



◎道路管理課長  聞かせてもらっている範囲では、そのようなことでございます。



○座長  大月委員。



◆大月委員 それはそれでよかったと思いますし、かなりやっぱり市民の皆さん方もそれぞれの思いが違うんで、それに対応する、また行政の方も非常に難しい部分もあろうかと思いますけれども、よく理解していただいて、双方の意見を上手にやはりコントロールしながら、きちっと対応してもらえるようにまたお願いをしておきたいと思います。この件についてはこれで結構です。



○座長  ほかに。委員の方どうでしょうか。

 大月委員。



◆大月委員 関連してよろしいかな、このことで。



○座長  はい。

 大月委員。



◆大月委員 実は赤松課長から、先ほど剪定枝の、枝の部分を堆肥化するということで積み上げてましたわな、前に私どもも1回見に行ったんですが、どうも、本当にそれ堆肥になるのかなという、あれから随分たってまして、実際どうなんかなという気がしとるんですが、実用に向けてもう成熟、熟成といいますか、という形には進んでいっとるんですか、費用もかかっとるようだし。



○座長  赤松公園緑地課長。



◎公園緑地課長  18年度から実施しまして、見ていただいておるように、確かに野積みの状況になっております。スペースの問題もあるわけですけども、18年度に約470トンほど入れております。ただ、今の現状、おおむね1年たったわけですけども、地面に接している部分からおおむね2〜3mの範囲ぐらいまでにつきましては、かなり草の部分につきましては利用できるような状況に一部なっている部分もございます。ただ、枝が入っております関係がありまして、どうしても乾燥の状態で、まだ堆肥化の状況に至ってないという状況でございます。ただ、今回の実験につきましては、何年間で堆肥化が自然堆肥化ができるかという一つのデータを研究する、追及するという形のものも一つは含めてスタートしたものでございますので、もう少し様子を見ていきたいというように考えております。

 以上です。



○座長  ほかの委員の方はどうでしょうか。

 檜田委員。



◆檜田委員 ちょっと先ほどの、そのトータル44件で、金額もしわかれば。



○座長  中西経済建設部次長。



◎経済建設部次長  総額で3億1,300万円です。ただし、税抜きの額ですんで、これに税の5%プラスです。



○座長  ほかの委員の方どうでしょうか。

 よろしいですか。

              (「発言者なし」)



○座長  では、次に参ります。

 公園建設費について、質疑のある方挙手願います。

              (「発言者なし」)



○座長  ないようですので、次のページ、体育館費について、質疑のある方は挙手願います。

              (「発言者なし」)



○座長  ないようですので、その次、土地区画整理事業費について、質疑のある方は挙手願います。

              (「発言者なし」)



○座長  次のページ、市街地再開発費について、質疑のある方挙手願います。

 関口委員。



◆関口委員 三田駅前B、Cブロック地区推進調査費について質問したいと思います。

 Bブロック、Cブロックの最新、最近の状況についてご説明願います。



○座長  垣崎地域整備課長。



◎地域整備課長  ご質問のBブロック、Cブロックの最新情報ですけれども、新聞等でもご承知かと思いますけれども、本年、19年6月10日に三田駅前Bブロック地区市街地再開発準備組合というものが設立されております。その後、最近では、新聞でも載りましたけれども、10月末日を期限としまして、協力企業の企画提案の募集を行いましたところ6社から応募がございまして、本年度、それらの選定に向けて取り組んでいるというところがBブロックの状況でございます。それと、Cブロックにつきましては、若干Bブロックよりは進捗が遅れているわけですけども、準備組合の設立に向けて、今それぞれの権利者の中で勉強会をされているというところでございます。

 以上です。



○座長  関口委員。



◆関口委員 Bブロックについては進んできているということなんですけども、今後の方針と具体的な今後のスケジュール、達成目標についてご説明願います。



○座長  垣崎地域整備課長。



◎地域整備課長  今後のスケジュールですけれども、先ほど申しました、本年度に協力企業等が選定をされますと、何を置きましても組合施行でございますので、地権者の皆さんの合意というのが前提になりますけれども、順調に進みますと、それを受けまして平成20年度中に再開発の都市計画決定を行いたい。それと、21年度に入りますと事業認可、それから本組合の設立というのを予定しております。22年度には権利返還の作成というものを行いまして、順調に参りますと23年、もしくは24年あたりから工事着手、工事の期間は恐らく2カ年程度になるのかなというような状況で考えております。その達成目標ですけれども、ご承知のように、Aブロック、Dブロックというのが既に再開発を終えておりますけれども、B、Cブロックは権利者の皆さんによります組合施行ということでございますけれども、今現在老朽化した木造住宅等もございますし、またそういったこと、それと道路が狭小であるというふうなことから道路の拡幅等も計画をしております。そういったことで、土地の高度利用、有効な活用利用を図りながら、安全で安心な、三田の駅前の玄関口としてふさわしいまちづくりにしていきたい、こんなふうに考えております。

 以上です。



○座長  関口委員。



◆関口委員 要するに、平成25、26年にはもう達成という形でよろしいんでしょうか。



○座長  垣崎地域整備課長。



◎地域整備課長  そのように、Bブロックについては理解をしていただけたらと思います。



○座長  関口委員。



◆関口委員 Cブロックに関してはどの辺を目標に考えてるんでしょうか。



○座長  垣崎地域整備課長。



◎地域整備課長  Cブロックは当初の、昨年ぐらいの予定ではBブロックより二、三年程度遅れるというような形で地域の皆さん進めておられますけれども、先ほども申しましたように、Cブロックの方が面積も大きいございます。したがって、権利調整等々についても時間を要するのではないかというふうに思いますので、準備組合の設立にもまだ至っておらない状況ですので、具体的なところはまだ定まっておらないということです。

 以上です。



○座長  ほかの委員の方どうでしょうか。

              (「発言者なし」)



○座長  続きまして、次のページ、住宅管理費について、質疑のある方は挙手願います。

              (「発言者なし」)



○座長  ないようですので、次、公営住宅建設費について、質疑のある方は挙手願います。

              (「発言者なし」)



○座長  なければ次のページ、急傾斜地対策費について、質疑のある方は挙手願います。

              (「発言者なし」)



○座長  なければ227ページ、現年発生農林施設災害復旧費について、質疑のある方は挙手願います。

 よろしいですか。

              (「発言者なし」)



○座長  なければ、以上で経済建設所管の一般会計の歳出は終わりました。

 この際、歳出について、特に質問漏れがありましたらお願いしたいと思いますが、よろしいですか。

              (「発言者なし」)



○座長  質疑がないようですので、これで一般会計の歳出の審査は終わらせていただきます。

 引き続きまして、特別会計に移らせていただきます。

 257ページ、農業共済事業特別会計に入ります。

 この特別会計については歳入歳出同時にやりたいと思いますので、含めまして質疑のある方は挙手願います。

 北本委員。



◆北本委員 水稲共済の掛金についてお伺いいたします。

 ここに1番の歳入で水稲共済掛金と上がっておりますが、これは我々が年間幾らかの共済を掛けてるんですけど、その分の収入でしょうか。



○座長  塚本農業振興課長。



◎農業振興課長  そのとおりでございます。



○座長  北本委員。



◆北本委員 そうしましたら、268ページ歳出のところで水稲共済交付金というのが上がってるんですけれども、これはどの分に当たるんでしょうか。



○座長  塚本農業振興課長。



◎農業振興課長  水稲共済の交付金、これは、被害が発生した農家に対してお支払いをしたものでございます。



○座長  北本委員。



◆北本委員 これは、水稲共済の被害というのは倒伏とか豪雨による被害でしょうか。



○座長  塚本農業振興課長。



◎農業振興課長  そのほかに鳥獣害の被害による被害もございます。



○座長  北本委員。



◆北本委員 それでしたら、イノシシで田んぼを荒らされたというのも対象になるんですか。



○座長  塚本農業振興課長。



◎農業振興課長  はい、なってございます。



○座長  北本委員。



◆北本委員 これは農会長さんを通じての申請になるんでしょうか。



○座長  塚本農業振興課長。



◎農業振興課長  一応お名前は水稲共済連絡員という名前なんですけども、農会長さんが窓口になっていただいております。



○座長  北本委員。



◆北本委員 わかりました。ちょっと倒伏の被害だけで今まで調査されてたと思っておりましたので、今後また農会長さんを通じて被害届を出したいと思います。



○座長  ほかの委員の方どうでしょうか。

 よろしいですか。

              (「発言者なし」)



○座長  次に、303ページ、三田駅前地区市街地再開発事業特別会計について、質疑のある方は挙手願います。

 よろしいですか。

              (「発言者なし」)



○座長  引き続きまして、317ページ、駐車場事業特別会計について、質疑のある方は挙手願います。

 北本委員。



◆北本委員 市営駐車場、新三田駅前と藍本駅前の駐車場の状況についてお伺いいたします。



○座長  東仲道路管理課長。



◎道路管理課長  新三田駅前駐車場と藍本駅前駐車場の利用状況。まず、新三田駅前駐車場でございますが、当駐車場、平成11年4月にオープンいたしまして、収用台数は280台、平成18年度は4,730万4,000円の収入となっております。そのうち定期利用が2,760万8,000円と、約58%を占めております。次に、藍本駅前駐車場でございますが、平成17年11月に新規オープンいたしまして、収用台数は22台、18年度は1年間で57万6,000円の収入となっております。ちなみに、月平均22台の収用台数に対しまして8台の利用でございました。

 以上です。



○座長  北本委員。



◆北本委員 この新三田駅前の駐車場につきましては、一時預かりが30分ごとに150円、6時間以上でしたら1,800円、1カ月で1万6,000円、これは少し高いように思われるんですけど、いかがでしょうか。



○座長  東仲道路管理課長。



◎道路管理課長  定期利用料金のことについてご説明させていただきます。

 新三田駅前駐車場の料金設定につきましては、平成8年、9年の事業計画の段階において当時の建設省との協議の中で、駅前周辺の民間駐車場の経営を圧迫してはならないと指導といいますか、協議を受け、周辺の民間駐車場の料金を十分調査した結果、現在の定期利用料金、1カ月1万6,000円の設定となっております。

 以上です。



○座長  北本委員。



◆北本委員 周辺の方に配慮されての料金となっているそうですが、もう少し安ければ利用者も増えるのではないかと思います。



○座長  ほか委員の方、どうでしょうか。

 関口委員。



◆関口委員 新三田の駅前駐車場は毎回決算委員会、テーマのように質問させていただきまして、安くならないか、安くならないかという形で、当時の前川収入役にも久保収入役にも、どない思ってますと質問してきた経緯がありますけども、これ今、北本委員が言われたように、何とかもうちょっと検討していただきたいなと。その反面、近隣には安い駐車場がどんどんできていく、福島地区にはどんどん、道路沿いに延びていっているという状況があります。その辺の中で、その周辺にできている、福島地区にできていっているというか、近辺にできてきている駐車場に対して法的な問題はないのか、その辺をお聞きしたいんですけども。



○座長  東仲道路管理課長。



◎道路管理課長  民間の駐車場、これ18年9月現在で駅周辺に22カ所ございます。ちなみに、月極めで9,000円から1万1,000円、2,000円の設定となっておりました。民間経営がされます料金についての法的なこととなりますと、ちょっと民間の方の、私とこではわかりかねるところでございます。

 以上です。



○座長  関口委員。



◆関口委員 また、その辺はちょっと調べといていただきたいんですけども、とにかく毎回のように安くならないかということを言ってますけども、これは本当住民の中からの要望もかなり上がってきていることだと思いますので、またその辺、検討していっていただきたいなと思って質問を終わります。



○座長  ほかに委員の方どうでしょうか。

 特別会計について、特にありませんか。

 大月委員。



◆大月委員 今、北本委員、それから関口委員の方から安くならないかというふうなことで、私も実際に地域に住んでますから、かなり苦情を受けることがあるわけですが、あそこで大体利用率はどのぐらいになってますか。



○座長  東仲道路管理課長。



◎道路管理課長  先ほどご説明させてもらいましたように、280台の駐車スペース、このうち半分の140台を定期利用に振り分け、あとの140台、半分を一時利用にとしております。その中で、定期利用は今のところほぼ140台分を確保しておりますが、先ほど関口委員の方からもありましたように、一時利用の方が、周辺民間駐車場の非常に安い駐車場もできたおかげで、一時利用の方は残念ながら減少傾向にございます。



◆大月委員 その一時利用というのは振り分けしたら何%ぐらいになるのか。



○座長  東仲道路管理課長。



◎道路管理課長  先ほど言いましたように、定期利用については確かに1カ月1万6,000円で台数が数えやすいんですけども、一時利用の場合は、数字的にはよく回転率ということで表現させてもらいまして、よくご存じのように、1時間で出られる方、1日おられる方ということでぐるぐる回りますので、その回転率といいますと約2.5ぐらいの率に今現在なっております。



○座長  大月委員。



◆大月委員 行政の立場として、地域の皆さん方が土地利用の観点から駐車場を設置をしているという形の中で、市安くしてもらったら困んねやと、我々のお客さん減るやないかというのが本音だろうと思うんです、一方ではね。また一方では、その網の目をくぐったように、もっと安い駐車場を設置をしてくるということになると、そっちの方に流れていく。ということになると、なおさら市の今の言うような回転率も落ちてくる、値段が高いからです、言うまでもなく。それをそのまま、当時の、今平成8年のときの国との交渉だからというような形で、仕方がないんだというんであるんであれば、余りにも脳がなさ過ぎるだろうというふうに思うんです。もっとやはり、まさに三田市が都市経営を目指して、民間に学べというような形で進んできてるわけでしょう。今のある施設をいかに利用して効果を上げるかということを考えないで、都市経営なんて成り立っていくわけがないんです。少なくとも、遊んでいる、値段が高いから利用率が悪いということがはっきりわかってたら、それに対したらどうしたらいいのかということを考えなかったら、そら本当に駐車場としての意味が持たなくなってしまうと思うんです。今進めていこうとしている行革に対しても、逆行していると言わざるを得んような状況なんです。その辺についてどう思います。

 だから、答えにくいやろうとは思うけども、ただやはり、そのあたりについてはよく承知をしておると思うんです。だから、やはり地域住民との合意をどうとっていくのか、理解を求めて、納得のいくような形の中で、なおかつ市民サービスがいかにしたら向上するのかというふうなことを真剣にやはり考えていかなかったら、行革なんかもう一切前へ進んでいかないって。その辺を庁内の中でもよく、課内の中でも、どの方向がいいのか、どうしたら利用率が上がるのかということを第一前提に考えて、前向きにやはり進めていかなかったら、一部の考え方に押されないように、きちっとした指針を持って進んでいただきたいということを注文して、質問を終わります。



○座長  行政の答弁いいですね、よろしいですね。

 吉岡副市長。



◎副市長  確かに、今の悩ましいとこでありまして、都市経営システムと言いながら、やはり公務の段階の民営圧迫という一つの視点がありますから、そうかといって今指定管理なり、そういういろいろそういう手法があるわけですから、求めるならそういう視点かなと、こう思います。いろいろ研究してみたいと思います。



○座長  ほかありませんか、よろしいですか。

              (「発言者なし」)



○座長  質疑がないようですので、これで特別委員会の審査は終わらせていただきます。

 冒頭申し上げましたけれども、本日出されました委員各位からの提言につきましては十分市政に反映していただきますようお願いを申し上げます。

 以上で経済建設分科会の審査を終わります。

 明日は午前9時から決算特別委員会全体会が開催されます。

 本日はどうもご苦労さまでした。