議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 三田市

平成19年11月 決算特別委員会 11月14日−03号




平成19年11月 決算特別委員会 − 11月14日−03号







平成19年11月 決算特別委員会



               決算特別委員会会議録

              (第3日・生活環境分科会)



                             平成19年11月14日

                             午前9時開会

                             西3号庁舎3階大会議室



      分科会に出席した委員(5名)



       〇 美 藤  和 広  (民主党)



         三 木  圭 恵  (新風みらい)



         坂 本  三 郎  (熱血市民クラブ)



         前 中  敏 弘  (盟正会)



         植 田  豊 司  (盟正会)



      ※ 〇座長



      分科会に欠席した委員(1名)



         藤 原  美津雄  (公明党)





        決算特別委員会審査答弁・説明員の職氏名(22名)

               [生活環境分科会]

         副市長               吉 岡 正 剛

         生活環境部長            小 西 良 博

         水道部長              辻 上 秀 夫

         消防長               清 水 和 雄

         生活環境部次長           大 原 和 夫

         生活環境部次長           森 田 安 市

         消防次長              眞 造   豊

         消防署長              奥   美 政

         消防次長              今 西 竹 夫

         生活安全課長            岩 下 邦 彦

         地域交流課長            五 良 隆 視

         まちづくり協働センター所長     田 中   実

         市民課長              豊 後 甚 裕

         環境課長              入 江 秀 美

         下水道管理課長           中 前 昭 弘

         クリーンセンター所長        佐 谷 富 夫

         環境センター所長          小 田 直 樹

         水道部業務課長           畑 古 守 男

         水道部工務課長           土 取 敏 男

         消防課長              小 田 輝 男

         予防課長              前 川 正 一

         消防署分署長            前 西   剛









○座長  それでは、おはようございます。

 ただいまより本日の決算特別委員会を開会いたします。

 本日は、生活環境常任委員会所管の生活環境分科会ですので、よろしくお願いいたします。

 開会に先立ちまして、一言ごあいさつ申し上げます。

 本日は、生活環境分科会の各会計決算の審査を願うわけでありますけれども、この分科会だけ、審査を円滑に行うために事前に追加資料を要望させていただきました。決算委員の皆様方の手元には一応写しを置かせていただいておりますので、よろしくお願いいたします。

 なお、当局におかれましては、急なお願いにもかかわりませず早急なるご回答いただきましたことを本当に感謝いたします。

 本市の予算規模も、歳入で634億円、そして歳出で620億円という額ということで、内容も多岐にわたっておりますので、慎重に、かつ効率的な審査が進められますよう委員各位のご協力をお願いするとともに、当局の皆様も、あらかじめお願い申し上げておきますが、審査過程を通じ出された意見、要望につきましては、今後の市政執行に十分反映していただきますようよろしくお願い申し上げまして、開会にあたってのごあいさつといたします。

 この際、副市長よりごあいさつをいただきます。よろしくお願いいたします。

 吉岡副市長。



◎副市長  おはようございます。

 朝夕めっきり冷え込みまして、紅葉も一段と色鮮やかな季節でございますが、さきの292回臨時市会におきまして18年度の三田市一般会計のほか10件の決算認定をお願いいたしましたところ、早速議会におきまして決算委員会を設置いただきまして、本日ご審議いただくわけでございますが、18年度の一般会計及び決算概要につきましては、申し合わせのとおり、既に配付させていただいております18年度の決算附属資料、主要施策と決算概要を参照いただくと、こういうことでお願い申し上げておりますので、よろしくお願い申し上げたいと思います。

 本日、私どもも的確にお答えさせていただくよう心がけてまいりますので、慎重なるご審議を賜りますようお願い申し上げましてごあいさつとさせていただきます。よろしくお願いいたします。



○座長  ありがとうございます。

 続きまして、生活環境部長より18年度事業における特徴的な取組みについてご報告願います。よろしくお願いいたします。

 小西生活環境部長。



◎生活環境部長  平成18年度におきまして生活環境部の所管をいたします事務の執行状況について簡単に説明をさせていただきたいと思います。

 まず、事務の執行体制でございますが、ご存じのように6課2センターで事務の推進をいたしております。各部内の人員の体制でございますが、私以下157名の正職員と76名の嘱託、アルバイトの職員で事務執行をしており、アルバイト、臨時職員が非常に多い職場であると言えるかと思います。

 次に、生活環境部の所管しております主な施策の進捗状況につきまして簡単に説明をします。

 自律したパートナーシップづくり、自治会の活動振興事業補助、地域集会所整備補助事業など、自治会の活動を支援する施策を実施しております。また、市民の活動を支援するための各市民センターの管理運営から、市民自らの手による市民祭りの開催、またまちづくり協働センターの管理運営事業等を実施をいたしまして、市民主体のまちづくり活動の促進に努めてまいりました。結果、市民センターの利用の件数につきましては、年間で1,700件増加しており、また利用人員につきましても年間で約8,000人が増加した状況にございます。

 次に、人権尊重と共生の社会づくりでございますが、人権・男女共同参画プラザ、また国際交流プラザ等の運営補助や国際交流事業等を開催をし、共生社会の推進に努めてまいっております。

 暮らしの安心、安全づくりでは、バスシェルター等の整備事業としてバスシェルター2カ所を整備、またベンチ35カ所の設置を行いました。高齢者や障害者の支援に努めるとともに、快適な生活環境の整備を推進しております。また、市民の暮らしを守るため、まちづくり事業として交通安全教室の開催や防犯灯設置及び電気代の補助事業を行っております。

 特に、交通安全対策におきましては、交通事故について、発生が、17年度に比べ事故件数が162件の減、人身事故につきましては9件が減じておるといった状況にあります。

 豊かな自然と快適な生活環境づくりにおきましては、自然環境調査やダイオキシンの対策、また環境汚染監視測定など、自然環境の保全に努めてまいりました。また、市民の皆さんの協力のもと、クリーンデー、また環境パトロール等を実施するなど、魅力ある生活空間の創造に努めるほか、環境社会の形成を図るため、し尿処理施設の整備、資源ごみ集団回収活動支援、合併浄化槽維持管理、設置補助など、事業を推進しております。クリーンデーにおきましては、非常に市民の多くの方のご協力を得まして年間で約46トンのごみの収集をいただいております。また、環境パトロールを実施するにあたりましては、不法投棄件数が17年度に比べまして32件減じておるといったような状況にございます。環境パトロールの効果であるというように高く評価をしてるところでございます。また、クリーンセンターに排出されますごみの総量につきましては377トンの減をしており、市民の協力がうかがえるといった状況でございます。また、資源ごみの集団回収等の支援につきましては、現在71団体、561回実施をいただきまして、6,187トンの資源ごみ回収の実施ができた状況になっております。

 次に、生活環境部が所管しております特別会計における事業推進の状況でございますが、下水道事業の特別会計につきましては、公共下水道をはじめ、コミュニティプラント事業実施を行っておりまして、いずれも適正な維持管理に努める一方で、管の布設工事や設計業務などの実施を行い、市内全域の水環境の保全に努めてまいっております。この結果、市内の整備率につきましては99.7%、水洗化率につきましては95.8%といった状況となっております。もう一つの特別会計でございますが、公共墓地整備事業特別会計、霊園の植栽管理や定期的な清掃に努めておりますとともに、地域の住民の皆様方との協力のもと、周辺の環境保全に努めておるといった状況でございます。

 これら事業を推進するにあたりましては、生活環境部が所管しております歳入経費につきましては4億5,100万円程度、それに事業推進に要した経費につきましては18億3,800万円程度を支出してる状況にございます。

 また、特別会計の執行状況でございますが、下水道特別会計の収入額につきましては35億5,700万円、そして支出済額については29億9,800万円といった状況となっております。

 最後に、墓地会計の特別会計でございますが、収入、支出とも3,863万3,000円となっておる状況でございます。

 以上、生活環境部が所管します事務事業及び予算の執行状況について概略説明をさせていただきました。審査のほどよろしくお願い申し上げます。よろしくお願いします。



○座長  ありがとうございました。

 続きまして、消防長から18年度事業における特徴的な取組みをよろしくお願いいたします。

 清水消防長。



◎消防長  消防の18年度決算に関しまして、現在進めております消防行政の推進体制、そして具体的な予算の執行状況につきまして、また特徴的な部分について触れさせていただきたいと、このように考えます。

 まず、現在の推進体制でございますけれども、平成19年4月1日現在におきましては、定数が101に対しまして96名で、1本部1署1分署の体制で現在推進をさせていただいております。具体的な内訳の中には、日勤の者がそのうち22名ということで、隔勤の者が74名、2係でもって対応してるということでございます。なお、非常備の方の消防団につきましては、現在704名の定数に対しまして700名堅持をしてるということでございます。

 予算に関しまして触れてまいりたいというふうに思います。

 消防総予算の現計予算9億9,300万円ございますが、このうち本年度、18年度執行させていただきましたのは9億7,300万円ということになってございます。その78%が人件費ということでございまして、残り22%が事業に絡む予算ということでございます。

 具体的に申しますと、18年度特徴的な部分としましては、まずは救助工作車の更新、これが8,225万円かかってございます。そしてまた、藍本器具庫、そしてサイレン塔の新築工事に1,134万円を執行してございます。そのほか、2,100万円が庁舎管理、そして職員の研修につきましても800万円を執行しているのが現状でございます。

 一方、常備消防につきましては、特に団員報酬2,400万円、退職手当1,500万円、公務災害掛金に2,000万円、このようなものが主な内容となってございます。

 消防の財源の確保にあたりましては、国の三位一体改革によりまして消防資機材等の整備に要する助成制度が特定事業を除いて廃止という状況になってございます。具体的には、大規模災害を想定した国の緊急援助隊登録資機材、震災等に備えた大規模防火水槽、こういったものがメニューとしてはあるわけでございますが、以外のものにつきましては廃止という状況でございます。同時に、県費に関しましても、従来消防団の車両等の更新につきましても助成制度があったわけでございますけれども、来年度から廃止という方向に向かっているのが現状でございます。

 そういう状況の中で、とりわけ予算の執行にあたりましては、市が進めております都市経営の視点に立って、消防総務課の統括管理のもとに、担当部署間の事前協議を得まして、それぞれ資機材の状況を確認の上、執行という手順を踏んで進めております。中でも、特に指令資機材と特殊機材については、メンテナンスについて、ソフトの関係から納入業者に随意契約という課題がございます。そしてまた、消防行政の推進にありましては人の問題が大切なわけでございますけども、20年度に多数の退職を迎えるということで、18年度の採用時からそのことを踏まえながら随時補充をしていくということで、本年度も4名を採用する予定といたしております。

 最後に、消防の現在の活動状況ですが、既に平成18年につきましてはご報告させていただいてると思いますが、火災53件、救急3,283件、救助73件でございましたが、今年の状況は、10月末におきましては救急活動はほぼ昨年並みに推移をしてございまして、2,746件、救助活動につきましては85件と、同時期に比べまして27件増えてございます。これは建物事故ということで、お年寄りのひとり暮らし等々の問題から家の中に閉じ込めと、こういった状況から27件ほど、昨年の2倍という状況になってございます。火災につきましては、10月末で37件ということで、昨年に比べまして10件ほど減少でございます。なおまた、死傷者につきましては現在のところ一人もないということで、昨年2名、その前の年については1名という状況でしたけれども、幸いそういう状況でございますので、引き続いて堅持をしていければ大変うれしいというように考えてございます。

 以上で18年度の消防費の執行に関しまして、取組み状況、課題、活動状況についてご報告させていただきました。よろしくご審議のほどお願い申し上げたいと思います。

 以上でございます。



○座長  ありがとうございます。

 審査につきまして、決算事項別の明細書、この分厚い冊子ですね、及びさきに配付をしております科目別所管課一覧表ということで、それに基づきまして一般会計の歳入、歳出、特別会計の順にさせていただきます。

 なお、一般会計の歳入につきましては款ごとにさせていただきます。歳出につきましては目ごとに行い、特別会計については一括ということでさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

 次に、当局者の答弁される方は、時間の関係上、速やかに挙手を願い、職氏名を述べていただきますと私の方から指名をいたしますので、着席したままマイクを通して的確に、しかも簡潔明瞭なご答弁をお願い申し上げます。着席したままで結構ですので、よろしくお願いいたします。

 それでは、ただいまより審査に入ります。

 まず、歳入から。歳入の9ページお開きください。

 まず、第12款分担金及び負担金について質疑のある方はご発言願います。特にございませんか。

              (「発言者なし」)



○座長  よろしいですか。

 それでは次に、11ページ、使用料及び手数料について質疑のある方ご発言お願いいたします。特にございませんか。

              (「発言者なし」)



○座長  続きまして、23ページになります。款14国庫支出金について質疑のある方よろしくお願いいたします。

              (「発言者なし」)



○座長  では、続きまして31ページ、県支出金についてございませんか。

 三木委員。



◆三木委員 32ページの自治振興NPO等活動支援事業費補助金530万円、これまちづくり協働センターに出ているようなんですが、こちらの方ちょっとご説明お願いいたします。



○座長  田中生活環境部次長。



◎生活環境部次長  先ほど質問ありました自治振興費補助金でございますけども、これにつきましてはNPO等の活動育成支援事業の補助金という形で、これにつきましては市民活動推進プラザを現在まちづくり協働センターの6階に設置しとるわけですけども、それに対しましての運営事業という形で、内訳としましては、市民活動推進プラザの運営業務費、それから市民活動相談、コーディネート等の業務、それから市民活動ホームページ維持、保守業務費、これの額が1,069万8円、それの2分の1という形で530万円の補助をいただいております。

 以上です。



○座長  よろしいですか。

 三木委員。



◆三木委員 では、歳出の方で委託料のうちの1,900万円の中から1,000万円の分で半分補助ということでよろしいんでしょうか。



◎生活環境部次長  そうです。



◆三木委員 わかりました。



○座長  ほかに質問のある方はどんなんでしょうか。

 三木委員。



◆三木委員 それと、昨日、おとついとやっぱり県の支出金について県の行革の影響額はというようなことが聞かれているんですけれども、生活環境の方では何か影響額があるんでしょうか。



◎生活環境部次長  先ほどの自治振興事業費の補助金でございますけど、平成20年度におきましては廃止というようなことでは聞いております。この分につきましては、今後市民活動基金等の活用等も考えていかないといけないというようには考えております。



◆三木委員 済いません、ちょっと聞き取れなかったんで。どれが廃止。



○座長  小西生活環境部長。



◎生活環境部長  今お答えしましたように、20年度におきます県の自治振興事業補助でございますけど、来年度から廃止というように聞いておりますので、これらに伴います事業補助につきましては未収という形になろうというように思っております。

 以上です。



○座長  ほかにはございませんか。

              (「発言者なし」)



○座長  ないようでしたら、次、47ページ、財産収入で質疑のある方いらっしゃいましたらお願いします。

              (「発言者なし」)



○座長  それでは次、55ページになります。諸収入について質疑をする前に、あらかじめお願いしておりました追加資料の1枚めくっていただいたところに説明の資料をお願いしておりますので、この一般コミュニティ助成事業交付金についての説明を、簡単で結構です、よろしくお願いいたします。

 五良地域交流課長。



◎地域交流課長  一般コミュニティ助成事業につきましては、これにつきましては財団法人自治総合センターの一般コミュニティ助成事業ということで、宝くじの普及広報事業による受託事業の収入の財源としましてコミュニティ助成をされております。これにつきましては、ウッディタウン市民センターのセンター祭り等に利用する地域コミュニティのイベント等に活用する備品類を購入しております。一応助成金については250万円ということで、購入したものにつきましては、テント、テーブル、パイプいす、あと収納物置、それと屋外の関係のホース設備を購入しております。

 以上です。



○座長  はい、ありがとうございます。

 今の件を含めてこの諸収入のところで質疑ございましたらよろしくお願いいたします。



◆三木委員 次のとこも言ってもいいんですか。



○座長  諸収入の中であれば。



◆三木委員 中の項目には……。



○座長  はい。同じ款の中であれば結構でございます。

 三木委員。



◆三木委員 指定ごみ袋売払収入についてちょっと詳しく内訳などを説明してください。



○座長  佐谷クリーンセンター所長。



◎クリーンセンター所長  指定ごみ袋の売り払いの明細になりますけれども、可燃の大の袋が枚数としまして640万8,000枚、可燃の小が61万2,000枚、不燃の大が39万8,400枚、不燃の小が8万3,600枚、ペットボトル用の大が17万2,600枚、ペットボトル用の小が2万5,000枚、合計769万9,600枚、以上になっております。この769万9,000枚のうち、燃えるごみの大が83%を占めとるというような状況でございます。

 以上でございます。



○座長  はい、ありがとうございます。私が諸収入の項目、事前にお願いしている資料であと2種類ございまして……。

 三木委員。



◆三木委員 この歳入の部分で可燃大のごみ袋が単価が9円24銭で販売されてると思うんですけれども、これはどのような販売経路をとってるんでしょうか。



○座長  佐谷クリーンセンター所長。



◎クリーンセンター所長  可燃の大につきまして、9円24銭ていうのは、これをJAさんに市内に提供することを条件で売り払いということで売り払いしております。



○座長  三木委員。



◆三木委員 これは何か販売の業務委託か何かなんですか。



○座長  佐谷クリーンセンター所長。



◎クリーンセンター所長  売り払いをしておる状況でございます。



○座長  三木委員。



◆三木委員 じゃ、JAさんに売り払いしているというのはよくわかったんですけれども、これはじゃあJAさん以外はこの金額では買えない、専売ということですか。



○座長  佐谷クリーンセンター所長。



◎クリーンセンター所長  ですんで、JAさんから小売業者に全部卸していただいとるというのが状況でございます。



○座長  三木委員。



◆三木委員 それの根拠は。つまり、JAさんになぜお願いしてるのかという根拠をお願いできますか。



○座長  佐谷クリーンセンター所長。



◎クリーンセンター所長  市内を網羅できる業者ということでJAさんを選定して売り払いを行っております。



○座長  三木委員。



◆三木委員 ちょっとよくわからないんですけど、もう少しなぜJAさんにしてるのか。普通こういう場合で販売していくということは、市の方で何か販売するということはめったに、販売するものというのは余りないと思うんですけれども、販売していくにあたっては販売業者というものをやはり公募するなりなんなり、入札かけるなり、この金額が9円24銭ていうのは何か理由があってというように普通だったら考えると思うんですけれども、そこら辺の説明をちょっとしていただきたいなと思うんですが。



○座長  佐谷クリーンセンター所長。



◎クリーンセンター所長  指定ごみ袋につきましては、市の方で入札して業者を選定して、ほんで納入していただくと。その納入していただくのが、あと小売店等への納入やその辺を全部市内でできる業者、それをJAさんということでJAさんにお願いして、あとは小売店への、製造業者との、あと販売業者への納入等をJAさんにお任せしとるというのが状況でございまして、あとその9円24銭と製造業者への納入……。



◆坂本委員 聞こえへんです。



◎クリーンセンター所長  販売価格との差額を基金に積ませていただいとるというのが状況でございます。



○座長  大原生活環境部次長。



◎生活環境部次長  先ほどの質問の件でございますが、指定ごみ袋というのは日常生活にとってやはり欠かせないということで、それぞれの市内の104店の量販店を含む小売店に取扱いをいただいております。特にJAさんにお願いしたということは、一つは商品の在庫管理をしていただく、そのための倉庫なり、それから104店のそれぞれのお店に不足が生じないような形で袋の管理をしていただかなければならない。それにつきましては市内で地域の事情をよくご存じのJAさんに随契をさせていただいてると、こういうことでございます。

 以上です。



○座長  三木委員。



◆三木委員 現状というのは、センター長にも、今、大原次長にもご説明いただいてすごくよくわかりました。104店取扱いということで、ごみ袋は日常生活に絶対欠かせないものであると。ということは、言葉を返せば絶対に売れる商品なわけですよ、市場では、ごみ袋というのは。ということは、ここに競争原理が働いてもいいんじゃないかなっていうふうに普通だったら考えるんじゃないかなと。市内で104店の取扱いというのは決してむちゃな数ではないですよね、民間委託すれば。そこら辺で経費節減ていうのはできないものなのかどうなのか。JAさんに随契する理由というのがしっかりとご説明できるのかどうかっていうのは、ちょっと今の厳しい財政状況の中では、JAさんにお任せするんであればお任せするんできっちりとしたやっぱり説明というものをしていただかないと、単独随契というのはこの大きい金額の中でちょっとよろしくないんじゃないかというふうに思うんですが、そこら辺はどういうふうにお考えですか。



○座長  小西生活環境部長。



◎生活環境部長  ごみ袋の売り払いにつきましては、今も説明申し上げましたようにJAが今一手に販売をいたしております。そのことについて、入札等の競争原理を働かせて少しでも安くということでございますが、この今9円何がしで販売をしております経費につきましては、当然それに伴います製造費、製造に係る経費ですね、作成費、それにJAが104店舗に配送する事務費、そうしたものを含めた経費として今売り払い金として収入をしております。そもそもごみ袋を作成いたしましたときに、入札等の問題につきましては協議を十分にいたしました。今委員ご指摘のように各店舗ごとに入札をするといった方法も可能ではあるとは思いますが、やはり一手にそれらのものを販売するルートを持ってるというのが第一条件であろうということから、今のJAさんとの随契という形をとらせてもらったというのが経緯でございますので、なかなか100店舗以上に配送をするといったようなルートを持ってる企業等についてはなかなかないんじゃないかと。そうしたことから、JAと単独随契をしてるというのが状況でございます。

 以上です。



○座長  三木委員。



◆三木委員 公募されてみました。一手に販売する業者がないって言い切れますか。



○座長  小西生活環境部長。



◎生活環境部長  それだけのルートを持ってるものはないというように考えております。



○座長  三木委員。



◆三木委員 それだけのルートを持っているものがないというふうなお答えであれば、逆に言えば公募をかけたらJAさんしか手が上がらないということになると思うんです。それだったら透明性を図るために公募をかけたらいかがでしょうか。



○座長  小西生活環境部長。



◎生活環境部長  当然これらのことにつきましては、入札を行います必要性があるのかどうか、そうしたことについても庁内で持っております審査会等を通じて決定をしてまいりたいというように考えますので、そうした委員会の方で最終決定をして、次年度以降それらの取組みができるのか、十分に検討してまいりたいというように思います。よろしくお願いいたします。



○座長  三木委員。



◆三木委員 今、やはりごみ袋50円値上げの問題とかいろいろございますよね。ということは、やはりその原価が幾らなのか、販売経路がどうなのか、そこでどれぐらいの利益が出ているのか、そういうことに対してやはり厳しい目が向けられていくと思いますし、議会としてもそういう部分を追求していかないと、ごみの有料化という問題、ごみの減量化とはまた別ですけれども、ごみを有料化する際にあたってはそういうコスト意識というものも非常に図られていかなければいけない一因だと思います。そういうところでやはり公明正大に透明性を図っていくということは、市役所としてとても大切なことだと思いますので、ぜひその点検討していただいて、ご留意いただきたいと思います。



◆前中委員 関連質問。



○座長  前中委員。



◆前中委員 いつも当局の答弁は、これからいろんな形で庁内で検討するって話ばかりなんですね。結局、我々議員は提言したにもかかわらず、いつも同じ質問が出るってことは、結論はいっつも伝わって返ってこないわけです、言いっ放し、聞きっ放しで。その辺、副市長、我々はやっぱり議員としていろんな形の提言をさせてもらいます。だから、当局としていついつまでにこんな検討をしたと最終的な結論を必ず欲しいと私思うんですけど、いかがですか。



○座長  吉岡副市長。



◎副市長  いろんな場面で議員の皆さんからもご提言なりアイデアも含めて当然いただくわけでございますから、そういった内容のものによって当然きっちりと返さなくてはいけない問題もありますし、皆さんからいただくご意見を参考にしながらその中で精査させていただくと、こういう内容もありますから、今、ご指摘のとおり、ほとんどキャッチボールができてないと、こういうような意見でございますけれども、我々はそれは委員会を通じてできるだけ返させていただいとるつもりでありますけども、より精査をしていきたいと、このように思います。



○座長  よろしいですか。

 先ほど私がちょっと言いかけたことで、諸収入ということで3点追加資料をお願いしております。三つ目の資源ごみ等選別売払収入の件をご説明お願いいたします。

 佐谷クリーンセンター所長。



◎クリーンセンター所長  資源ごみ等選別物売払収入の件でございますが、総額につきましては676万3,709円であります。その内訳につきましては、品目としましてアルミのばら、これが売却単価が?当たり20円で、排出量が9万1,220?、金額にいたしまして182万4,400円。同じくアルミですが、プレス物、これが売却単価が?当たり50円、排出量が1,950?で9万7,500円。同じく品目が鉄でございますが、売り払い単価が?当たり2円、排出量が50万4,480?、金額にいたしまして100万8,960円。品目、新聞、段ボールでございますが、?当たり1円で、排出量が12万5,740?、金額にいたしまして12万5,740円。続きまして、ペットボトルでございますが、売却単価がトン当たり2万3,457円、排出量が15万8,040?、金額にしまして370万7,109円。合計といたしまして、総排出量が88万1,470?で、金額にいたしまして676万3,709円でございます。

 売却先につきましては、アルミ、鉄、新聞、段ボールが丹波市氷上町上成松の増田商店でございます。ペットボトルは財団法人日本容器包装リサイクル協会であります。

 以上でございます。



○座長  三木委員。



◆三木委員 説明いただいて大変よくわかったんですけれども、これは18年度決算の額で、17年度決算の額が資源ごみ等選別物売払収入が252万円なんですね。17年度が252万円ということで、今回676万3,709円で大幅に増になっているんですけれども、その原因について教えていただけますでしょうか。



○座長  佐谷クリーンセンター所長。



◎クリーンセンター所長  18年度に増えたという指摘でございますが、ペットボトルにつきましては17年度までは無償で引き取りがされておりまして、18年度は中途からペットボトルについて有償ということで、ペットボトルが4月分から2月分までと3月分排出の2回に分けた拠出金額が先ほど言いました370万円余りの金額が18年度初めて入ったということでございます。



○座長  三木委員。



◆三木委員 ペットボトルが18年度から有償になって370万円分が増収になったということですよね。670万円のうち370万円で、300万円、それでもやっぱり50万円ぐらい増えているんですけれども、これは資源ごみの回収率が上がったとかということとも関係あるんですか。



○座長  佐谷クリーンセンター所長。



◎クリーンセンター所長  アルミの単価が若干上がったということでございます。



○座長  三木委員。



◆三木委員 先ほどのJAのごみ袋と同じなんですけれども、こちらの方の増田商店さんに売却しているというのは、こちらはどういうふうな経緯で増田商店さんに売却されてるんでしょうか。



○座長  佐谷クリーンセンター所長。



◎クリーンセンター所長  これにつきましても単独随意契約でございます。



◆前中委員 同じ質問ええやんか。同じ質問ええて。



○座長  三木委員。



◆三木委員 同じ質問はいいと言われましたが……。



◆前中委員 検討してくれる言うとんやからええやん。



◆三木委員 今、ごみの方もぜひ売却先もちょっと研究されてみて、どこが高く買ってくれるのかということをちょっと一度検討されてみてはいかがでしょうか。



○座長  佐谷クリーンセンター所長。



◎クリーンセンター所長  今後検討してみたいと思いますが、今のところ市内業者が名乗りがないというのが現状でございます。



○座長  三木委員。



◆三木委員 やはり手続というものが大切になってくると思いますので、少なくとも今のお答えではきっちりとした、例えば審査会を通ったとか公募をかけてとか入札をかけてとかっていう形ではないと思うんですよね、さっきのごみ袋に関しても、このごみの売り払いに関しても。だから、そういうふうに言われたときにきっちりと説明できる根拠がないと、非常にこれからやはり市の方も行革を進めていく上で市民の方に説明責任というのが果たしていけないんじゃないかっていうふうに思うわけです。ですので、そこら辺のことはやはり行政の方のお仕事の一つになってくると思いますので、きっちりとそういうことに対しては留意をしていただきたいと思います。



○座長  佐谷クリーンセンター所長。



◎クリーンセンター所長  はい、わかりました。



○座長  ほかにはございませんでしょうか。

 じゃ、副座長。

              〔副座長、座長席に着席〕



○副座長  美藤委員。



◆美藤委員 ちょっと私から、この際、売却するにあたってお金は出していただいてるんですが、それぞれにかかるコストというものをどのように把握されているのか、わかりましたらお願いいたします。例えばペットボトル、どのぐらいのコストをかけているとか、そういうことが把握されているのでしょうか。この単価ということは、確かに捨てればごみ、あるいは燃やしてしまえばというのはあるんですが、それをリサイクルするにあたってどのぐらいコストがかかっているのかなあということなんですけれども。何かありましたらお願いいたします。



○副座長  小西生活環境部長。



◎生活環境部長  これら資源ごみを回収するにあたってのコストでございますが、確かに、当然ペットボトルをとってみましても、それに要している経費、民間へ委託している経費、また直接とっている経費、それをまた仕分けをしている者の経費等を含めますと非常に高コストになってるというのは事実でございますが、やはり生かせば資源ですから、そうした部分から経費は、いずれにしましても収集する必要もございますし、それらを生かしていくというのは行政としては必要であろうというように考えますので、コスト面については正確には算出はいたしておりませんが、かなりな高コストになってるというのは事実でございます。ただ、その一部でもやはり収入を得るということの必要性について追求を今後ともしていきたいというように考えてますので、ご理解をいただきたいと思います。



○副座長  美藤委員。



◆美藤委員 わかりました。せめてクリーンセンター内におけるコストですね、それぐらいはわかるようにしていただければと思います。これからいろいろな意味でコスト意識というのがどんどん出てくると思いますので、将来に向けてのご要望とさせていただきます。

              〔副座長退席、座長着席〕



○座長  ほかにはございませんでしょうか。諸収入という款の中でどの項目でも結構でございます。ほかはない。よろしいでしょうか。

              (「発言者なし」)



○座長  それでは、歳入ではもう一通り通りましたので、歳入を通して何か最後ございましたらお願いいたします。

              (「発言者なし」)



○座長  よろしいですか。

 それでは、ちょっと早いんですが、10時までしばし休憩とさせていただきます。引き続き、後は歳出の方に移りたいと思います。ありがとうございます。

            (暫 時 休 憩)



○座長  それでは、休憩前に引き続き審査を始めさせていただきます。

 それでは、歳出の部に移ります。

 ページ68ページ、総務費の総務管理費、その一般管理費目について一般管理費のくくりで質疑がなければ……。

 三木委員。



◆三木委員 防犯灯設置維持管理費なんですけれども、これ19年の最初に行革断行プランの中で2分の1自治会負担というお話が出てたと思うんですけれども、それは今後はどのような……。



○座長  決算ですけれども、簡単にじゃあ回答お願いいたします。方向性だけで結構です。

 小西生活環境部長。



◎生活環境部長  今ご指摘のとおり、自治会に対しまして2分の1の経費を負担をいただきたいという提案をさせていただきました。その内容につきましては自治会には説明をさせていただいた現状でございまして、平成20年度、来年度を1年かけましてこれらのことについて協議をし、最終決定を図っていきたいというふうに考えております。

 以上です。



○座長  ほかには質問はございませんでしょうか。

              (「発言者なし」)



○座長  ないようでしたら、次は75ページ、総務費総務管理費の目名が6番の財産管理費に移ります。ここでの質疑ありましたらよろしくお願いいたします。

 三木委員。



◆三木委員 公用車の維持管理費についてちょっと説明してください。



○座長  岩下生活安全課長。



◎生活安全課長  公用車の維持管理でございますけれども、生活環境部には2台の公用車がございます。これに対する経費を上げているものでございます。支出につきまして、燃料費、ガソリン代の方が15万1,000円、車検代の方が16万6,000円、それからエアコン等の修理ですね、17万7,000円、合計49万4,000円余を支出しています。

 以上でございます。



○座長  三木委員。



◆三木委員 今ある2台の公用車の方は買いかえの予定とかはありますかね。



○座長  岩下生活安全課長。



◎生活安全課長  現在のところございません。



○座長  三木委員。



◆三木委員 現在のところはないということなんですけれども、次に買いかえるときに低公害車、ハイブリッドであるとかそういうものに買いかえるというような予定とかっていうのはあるんでしょうか。



○座長  小西生活環境部長。



◎生活環境部長  環境の面から、今委員ご指摘のとおり、低公害車、またハイブリッド車の導入を図るように環境課の方で推進をいたしております。

 以上です。



○座長  よろしいですか。

 それでは、財産管理費は特によろしいですね。

              (「発言者なし」)



○座長  続きまして、79ページ以降、総務費の総務管理費、目10番の市民活動推進費に関しまして事前の資料をお願いしておりますので、まず行政事務委託事業費についてご説明お願いいたします。

 岩下生活安全課長。



◎生活安全課長  行政事務委託費でございますけれども、これは区長・自治会長連合会に対しまして支出しておるものでございます。市内各地域の文書回覧等を全戸配布をお願いしている事務の一部につきまして、自治会の組織に対して委託をしておるものでございます。委託先は、先ほど言いましたように区長・自治会長連合会でございまして、一括契約をしております。ただ、支払いにつきましては、各自治会組織の方へ口座を指定していただきまして直接支払いをしておるところでございます。

 委託事務の内容でございますけども、主としたところが市が発行する各種文書の配布または回覧をお願いしてるところでございます。二つ目には、街路灯の管理の協力をお願いしてるところです。三つ目に、地域の緑化、美化、その他の衛生面に関することのお願いでございます。四つ目は、地域の防災計画につきまして、災害時等の通報についてお願いしております。次に、市が主催する各種大会、それへの参加につきまして啓発とかあるいは参加の要請をしているところでございます。もう一つは、各種調査員とかあるいは委員さんの推薦につきましてお願いをしております。そのほか、公共の福祉に関することにつきましていろんな事務をお願いしておるというところが事務の内容でございます。

 初めに言いました区長、自治会長あての文書の発送でございますけども、区長さんの方の手間もございますので、私の方でまとめまして全市の分を毎月3回、10日、20日、30日の3回に分けて発送してるところでございます。これにつきます委託料でございますけども、均等割、1地区当たり4万円、そして世帯割につきまして1世帯当たり560円、これを世帯割ということで決めております。平成18年度の委託料につきましては、186組織に対しまして2,959万3,000円を支出したところでございます。

 以上でございます。



○座長  この件に関して何かご質問ございますか。

 前中委員。



◆前中委員 行革に絡んで昨年度時点で原課の方でいろんな形で行革上げてこられて、生活安全課は地域の防犯灯、それを2分の1補助ということで出されてきたんですけども、私にしてみたら削るのはこっちの行政事務委託費の方やと思うんです。なぜなら、安心、安全と言いながらそれを負担しろって、やっぱり住民感情ありますし、この金額っていうのは私に言わせれば、ここに委託事務って書いてありますけれども、別に区として当たり前のことをするのは当然のことですわね。そして、なぜこの委託料を年間3,000万円も払う必要があるのかどうか。削るならここだと思うんです。これ一遍に削ったって別に文句出てこないと思う。その辺の話をお伺いしたいのと、それからいつからこういう行政事務委託費が払われてきたのか。また、均等割、この金額の根拠、これ何らわからないんですね。どういった形で1地区4万円、世帯割で560円掛ける世帯数、この辺の根拠はどこから来てるんですか。ご説明いただけますか。



○座長  岩下生活安全課長。



◎生活安全課長  まず、行政事務委託費でございますけれども、自治会活動を当然されるわけですけども、今申し上げました委託の内容につきましては市からお願いする分でありまして、自治会自体が行うものではございません。文書の配布にしましても、自分とこの文書は当然でございますけれども、市の方からお願いする文書について配っていただいてますので、これはあくまで市の事務でございます。そのほかの事務につきましても、災害時の通報とか電気代等につきましても、地元のこともございますけれども、市の方の協力をいただいてるという意味でやっております。

 この収入につきましても、既に各地区の方で予算化されてまして、各事業に使うておられるということでございます。もしこれを減額するとなりますと、事業は多分削れないと思いますので、自治会の方で会費の値上げということになってきます。今の自治会を維持していくために会費はなるべく値上げしないようにしていきたいと思っておりますので、削減の方は避けたいというふうに私の方では思ってるところでございます。

 経費につきましては、詳しい資料を持ってきてないんですけれども、過去には区長手当とかあるいは衛生委員手当というのがございまして、それぞれそういうものが市の方からございました。それを引き継いだものがまとめて行政事務委託料ということになっております。金額につきましては、その当時からのいきさつの中からこの金額になってきたというふうに聞いておるところでございます。金額につきましては、ほとんどその当時から余り上げていっていないという状況で引き継いでいるという状況でございます。

 以上です。



○座長  前中委員。



◆前中委員 結局、根拠も何もないんですわね。それで、早い話が、私去年区長しましたけれども、自治会長、区長をうまいこと行政が使うと、そのかわりこれだけのお金を出すからやってくれってことですよね。しかしながら、市からの広報物といいますとやはり一般市民に関係のあるものですわね。当然回覧しなきゃいけないものですよね。その辺をお金を出すからやってくれっていうの、まさにこれはばらまきだと思うんです。なくってもやって当然やと、市民なら。私は、去年各種団体いろんなあれへ入られて、区長会もいろんな形でお話しされて、そして市民に痛みは与えるなと、本物を手つけろという話をされたということですけれども、まさにこれこそばらまき以外の何物でもないと。強い姿勢で持っていったらこんなの市民納得すると思うんですけど、いかがですか。絶対に必要なのを配っていただくわけでしょう。回覧するわけでしょう。



○座長  小西生活環境部長。



◎生活環境部長  今担当課長の方からお答えしましたように、これらにつきましては市の広報物であるといったことと、もう一点、やはりすべての方が自治会、区長会の会員であるということではないわけでして、当然それらの回覧物等につきましては、会員に入っておられない世帯の方もそれらのものについてやはり区として責任を持って回覧をいただくといったこともありますので、そうした部分として事務委託料という形で支出をいたしておりますし、また当然これが区の中で予算化をされてます。そのことによってある程度の収入があるといったことから、やはり会費、自治会で集めておられる会費に少なからずの影響を与えるであろう。会費が10円上がれば会員が何人か減るというような訴えもございますので、そうした部分から早急に今ご提案があるようにすべてを切るということについては多少の問題が生じるかなというように考えますし、先ほど防犯灯の関係もございましたように、これら自治会に今支出をしております経費、全体の中でやはり何が自治会にとって必要なのか、どうした部分で市と協働という世界の中で自治会に負担をいただけるのか、そうしたことについて20年度十分に協議をし、精査してまいりたいというように考えますので、ご理解をいただきたいと思います。



○座長  前中委員。



◆前中委員 ただ、部長ね、私しつこいようですけれども、これにつきましては、例えば委託料支払いの世帯数だって自治会に加入してないところまでアバウトな感じで例えば出してきてると思うんです。だから各住戸の正式な数ではないと思うんです。その辺をアバウトにしながらいつまでもこういう形でお願いっていう形で委託料を払い続けるっていうのはもうこの際やめにして、我々も頑張ってるんだっていう意識ははっきりさせるべきだと思う。そして、私は、もし防犯灯を削るならばこっちを削って、行って来いにした方が私はいいと思いますけども、いかがですか。



○座長  吉岡副市長。



◎副市長  今、バーターの話じゃないと理解しますけども、防犯灯は防犯灯の一つの流れの中で役割分担、これは明確にしていけばいいと、こう思います。

 それと、今行政事務の云々につきましては、今部長が申しましたように、今までは区長手当とか衛生手当とか、こういう形で、市があって、請負というようなやはり関係の中で今までそういう関係が来たと思うんです。我々、今部長が申しましたように、パートナー、協働という、お互いに一緒に町をつくっていくんだと、こういうスタイルの当然今関係でございますから、それは我々が今行政のことをお願いしてる分につきましては協力依頼と、こういう部分でございますから。それとあと、これからやはり少子・高齢化と、こういった時代の中でますます地域のコミュニティなり地域力というのが非常に大事になってまいります。そういった意味では、そういう自治会の活動の支援という部分も含めて、やはりそういう位置づけのこの事務委託料というような、名称からすればちょっとイメージ的にそう流れますけども、中身はそういう方向性だと、こういうように考えております。

 以上です。



○座長  前中委員。



◆前中委員 趣旨はよくわかりますよ。当然かもわからない。しかしながら、結局この行政事務委託費は、とりあえずここにつきましては自治会に支払うって話になってますけども、区長個人の口座といいますか、個人のものになってるところもあると思うんです。その辺は行政はタッチせずってことでいいのかどうか。その辺の話も含めまして、実際区長個人の区長手当として受け取っているところもあります。私んとこの地区では去年までそうでした。その辺も含めまして、本来、たくさん自治会員がいらっしゃる中で、この行政事務委託費が区、またあるいは自治会に入ってることすら知らない住民てのはほとんどだと思います。あえて行政がここまで出して区の運営費の補助をする必要があるのかどうか、もう一度やっぱり精査していただきたいと思います。



○座長  吉岡副市長。



◎副市長  特に、今委員ご指摘の金額の入り方の問題ですが、これにつきましては課長からも説明しましたように、当時区長手当という流れの名残の中でそういった部分がありまして、これはもう随分前から区の会計に入れてくださいと。今ご説明申し上げましたようにこういう協力依頼のこの分ですから、その中で歳入に入れてくださいと。その中で、いわゆる区域、区域で区長手当なり自治会手当というのはまたいろいろそのとこの事情がございましょうから、そういう形でもう随分前から指導はしておるわけでございますが、一部今おっしゃるような形があるということは認識しておりますけども、よりそういう方向性を、ほとんど今区の入りに入っておると、こう理解しておりますけども、より指導といいますか、助言をさせてもらわなくてはならないだろうと、こう思います。



○座長  前中委員、よろしいですか。

 三木委員。



◆三木委員 済いません、関連してなんですけれども、今自治会の問題なんですが、2点ほどお伺いしたいと思います。

 まず一つは、ニュータウンなんですけれども、自治会員でない方、自治会から抜けられる方っていうのが非常に増えてきていると思うんです。防犯灯なんかは、歩いていらっしゃる方、市民の方皆さんが安心、安全のため市が設置して、区や自治会が守っていくというのが本来の筋ではあろうとは思うんですけれども、自治会に加入されてる方ばかりの負担になっていくのかなあという気がしないでもないんです。マンションごと自治会に入っていらっしゃらないニュータウンのところもあれば、ニュータウン以外のところではもう自治会に入るのが当然というふうなところもあれば、均一でないというか、そういうとこら辺のコミュニティのあり方というか、そこら辺もっと自治会に入ることのメリットが何なのかということをやっぱりちょっと明確にしていかないと、そこら辺のことから考えていかないとちょっと難しいのかなあと。防犯灯2分の1負担というのはちょっと難しく、ニュータウンの方では特に難しくなってくるのかなあというふうな思いがあるんです。

 それともう一つ、今前中委員がおっしゃったように、自治会におりていく補助金、委託料、そういうものありますよね。そういうものが、こういう言い方はちょっと失礼かもしれないんですけれども、適正に使われているかどうかということを市の方できっちりとチェックできているかどうかっていうことは前からちょっと疑問には思っていたところではあるんです。やはりどういう形であれ市民の税金なんですから、それがどのように使われたかというのをやはり精査していく必要もあるのではないかなと。それを全自治会に実施するというのが難しければ、逆に言えば抜き打ち的に何か調査をしていくというようなことも必要になってくるのかなあと今思うんですけれども、そのことについてご答弁お願いいたします。



○座長  岩下生活安全課長。



◎生活安全課長  加入の問題ですけれども、これは私の方も頭を痛めている問題でございまして、今現在8割程度ということで、特にニュータウンの方で抜けているという話しございましたけども、問題にしてますのはマンションの方で抜けているところがかなりあると。マンションには管理組合があって余り必要でないという意見もありまして、抜けていると。したがいまして、ここら辺をまずどうしていこうかということを今自治会の方と話し合いをしているところでございます。ニュータウンの方では、一つの切り札というんですか、メリットとして災害時に助け合いが必要やということについて、メリットについて一遍押し出してみようかというような話も聞いてるところでございます。

 支払いの確認の方ですけれども、先ほど区長手当の話もあったんですけども、何年か前までは各自治会の方で決算書を提出していただきまして、それについて市が払いました委託料は必ず予算化されているかどうかということを確認をしておりました。全自治会できているということの確認した上で提出していただくことを打ち切っている状況でございます。ただ、使い方については、まだちょっとそこまで見たということは今のところはないと思います。これについてはこれからの課題だと思いますけども、ただ各自治会さんの単独の事業ということですんで、中身にまで全部市が入っていくというのはなかなか難しいんじゃないかなというふうには思ってるところでございます。



○座長  よろしいですか。



◆前中委員 それ言うから要らないって言ってんねん、私は。おかしい、そんなもん。だから、何に使ってもええ金ですわね、これ、領収書の要らん。昔の郵便局で言うたら渡しきり金みたいなもんですわ。領収書要らんので何に使ってもいい。ほんで、一般住民はこれについては知らない。そういった中で区長の手当になってるとこがある。こんなばかな話何でお金払う必要があるのかって当然やと思いますけど。もうこれ以上言いません。よう考えてください。



○座長  三木委員。



◆三木委員 ニュータウンの方でマンション単位で自治会に入ってないところがある部分とか、8割ていうのはほとんどがニュータウンの方なのかなとも思うんですけど。自治会の未加入率というのが高くなっていると。やっぱり今岩下課長がおっしゃったように、災害時のことであるとか、高齢化社会に伴うふれあいの部分であるとかっていうのは縦割りではなかなか難しい部分があるのかなあと思うんです。やはり福祉の方とか総務の部分で災害時の要支援者リストの作成であるとか、そういうとこら辺とも全部かかわってくる横つながりの部分だと思いますので、そこら辺はなるべく横との連携をとっていただいて、早急に自治会に入るメリットというものを示していっていただきたいなと思います。これは要望で結構です。



○座長  よろしいでしょうか。

 追加資料の裏を返していただきまして、市民活動支援事業費について説明をお願いいたします。

 田中生活環境部次長。



◎生活環境部次長  市民活動支援事業費でございますけども、まず委託料でございます。これにつきましては、市民活動支援基本指針に基づきました施策の一つであります市民活動推進、また支援のための拠点施設の費用で、市民活動支援のための情報の収集なり提供、発信という形でまちづくり協働センターの6階に四つのプラザを設置いたしております。この四つのプラザの運営業務の委託費でございます。これにつきましては1,700万9,328円ということで、四つのプラザでございますけども、市民活動推進プラザにつきましては820万2,348円、これにつきましてはNPO法人の「場とつながりの研究センター」に委託いたしております。次に、国際交流プラザ295万2,190円、これにつきましては三田市の国際交流協会の方に委託いたしております。それから、消費生活プラザ294万6,500円、これにつきましては三田市消費者協会の方に委託をいたしております。四つ目の人権・男女共同参画プラザ290万8,290円、これにつきましてはアンダスおたすけ隊に委託をいたしております。

 開所日数でございますけども、年間347日という形で、12月29日から1月1日まで、また月1回の休所日を設けております。開所時間につきましては、市民活動推進プラザにつきましては10時から20時、その他の三つのプラザにつきましては10時から17時でございます。

 配置人数でございますけども、市民活動推進プラザにつきましては2名、その他のプラザにつきましては1名となっております。

 次に、市民活動支援業務の委託費でございますけども、これが260万6,460円という形で、まず1点目に、市民活動相談、コーディネート業務ということで153万3,840円、これにつきましては市民活動組織の運営なり活動、またNPO法人等の立ち上げ等、各種相談なり市民活動のコーディネートの業務となっております。次に、ホームページの維持、保守管理95万3,820円、これにつきましては市民活動支援サイト、現在市民活動のための「キッピーDEネット」という形で設置をいたしております維持管理業務となっております。それから、市民活動団体の交流会等の開催業務、これにつきましては8万9,800円、団体のネットワークの拡大と活動の活性化を促進するための交流会ということでございます。それから、総合講座開催業務2万9,000円、団体の質的向上、団体の活性化につながる講座を開催、これにつきましては内容的にはパソコン講座となっております。これにつきましては委託先がNPO法人の場とつながりの研究センターとなってございます。それからもう一つ、負担金補助及び交付金でございますけども、93万8,066円でございます。これにつきましてはまちづくり活動支援事業助成金46万5,000円、これにつきましては昨年度制度化いたしました部分でございますけども、市民活動団体が連携、協力して行う住みよい地域づくりや市民生活を豊かにする取組みに必要な経費の一部を助成することにより市民活動の活性化を図るとともに、団体の自立支援を行い、協働のまちづくりの推進を図るための制度でございます。これにつきましては上限10万円という形で、昨年度は18団体の応募がございまして、団体に対しまして交付の決定を行っております。それから、1周年記念事業の補助でございます。47万3,066円でございますけども、これにつきましては開館1周年を記念いたしましての市民活動の活性化を図るとともに、センターの利用促進を図るためのPRという形で9月15日から9月17日まで実施をいたしております。これにつきましてはまちづくり協働センター1周年事業実行委員会の方で行っております。来場者等につきましては延べ4,500人となっております。

 以上でございます。



○座長  はい、ありがとうございます。

 質問等ございましたらよろしくお願いいたします。よろしいか。

              (「発言者なし」)



○座長  それでは、引き続きましてまちづくり協働センター維持管理費について続けて。

 田中生活環境部次長。



◎生活環境部次長  まちづくり協働センターの維持管理費でございます。委託料の部分でございます。これにつきましては3,991万6,800円、これにつきましてはまちづくり協働センターの5階、6階にかかわります施設の維持管理業務の委託でございます。これにつきましては、内訳としまして5階の施設管理業務が35万3,730円。内訳としまして、施設の定期点検業務が11万4,100円、清掃管理業務、定期清掃に係る分でございますが、22万5,630円、それから施設の維持管理業務のうちの防鼠、防虫の関係で1万4,000円でございます。次に、6階部分の施設の管理業務でございますが、3,528万3,720円でございます。内訳としまして、施設の維持管理業務62万4,100円、それから清掃管理業務、日常清掃なり定期清掃等の業務でございますけども、これが684万3,206円、それから貸し館なり施設の運営業務でございますけども、これが2,255万3,995円、それから6階に設置しとりますパソコン等のIT機器等の保守整備等の関係でございますけども、この業務が453万9,419円、それから施設、自動ドアなり吊り物関係の点検業務でございますけども、これが72万3,000円、それからあと管理費等が281万6,000円、それから消費税が190万800円となっております。委託先につきましては、三田地域振興株式会社ということで、委託の理由としましては、三田駅前一番館の管理者であり、メンテナンス等のビルの一体的、効率的な運営管理を営むことができる唯一の業者であるということで委託いたしております。

 それからもう一つ、負担金補助及び交付金、これが5,070万1,200円。内訳といたしまして、5階部分の管理費でございます。これが468万6,000円ということで、積算の根拠といたしましては、坪単価2,140円の、面積182.477坪でございます。それの12カ月分でございます。これにつきましては、三田駅前一番館の区分所有者間において税込み単価として議決をされた事項でございます。使途の内容につきましては、共用施設の保守、維持及び運転費、電灯・動力電気代、共用の部分の光熱水費なり備品、その他保険料等でございます。それから、6階部分の共益費が4,601万5,200円でございます。積算根拠といたしましては、月坪4,000円の913坪でございます。それに消費税掛けまして、それの12カ月分でございます。内容等につきましても管理費とほぼ同じような内容でございますけども、これにつきましても共用部分、また非リース部分等の経費ということでございます。

 以上です。



○座長  資料が2ページにわたっておりまして、ちょっと違う、資料上飛んでおりまして、追えなかったんで、済いません。



◎生活環境部次長  ああ済いません。



○座長  負担金補助及び交付金というものがちょっと3ページ後ろにつながってついておりました。ちょっと意味合いで数字を各委員の中で追えなかったケースがあったら申しわけございません。

 まず、まちづくり協働センターの維持管理ということでご質問ありましたらよろしくお願いします。

 三木委員。



◆三木委員 これ、まず施設管理業務委託なんですけれども、3,900万円、これ委託先は三田地域振興株式会社ということなんですが、随契の理由は下に書いていただいてますね。三田駅前一番館の管理者であり、メンテナンス等ビルの一体的、効率的な管理運営を営むことができる唯一の業者と書いてもらって、資料にはそういうふうに書いていただいてるんで、それはもう重々承知しているんですけれども、実際に5階の施設管理業務とか6階の施設管理業務、清掃なんかですよね、清掃とか、例えば6階の何とかコーナー、駐車券ぴっと入れてくれたりとかするところのコーナー、2名体制で入ってるこの分だと思うんですけど、これって実際はどこの会社がされてる業務なんですか。



○座長  田中生活環境部次長。



◎生活環境部次長  済いません。地域振興株式会社の中でということですか。



○座長  三木委員。



◆三木委員 私が言ってるのは、地域振興からまた業務委託してませんかということをお伺いしてるんですけど。



◎生活環境部次長  あ、この部分については業務委託をされてるんですが、と思うんですけど。済いません。こちらの方で聞いておりますのはイオンディライトということで聞いております。



○座長  小西生活環境部長。



◎生活環境部長  先ほどのご質問でございますが、三田市が委託をしておりますのは地域振興株式会社に委託をいたしております。地域振興がいずれの会社に委託されてるかにつきましては、我々は確認はしてないのが状況でございます。



○座長  三木委員。



◆三木委員 確認されてないんですか。



○座長  吉岡副市長。



◎副市長  市の方からというのは地域振興に委託と、こういうことですから、そっから先というのは会社の委託の先ですから、ジャパンメンテナンスに委託しております。

 以上です。



○座長  三木委員。



◆三木委員 今田中課長がおっしゃったのと小西部長がおっしゃったのと吉岡副市長がおっしゃったの、それぞれ答弁が違うんですよ。



◎副市長  いや、そんなことないでしょう。



◆三木委員 いや、名前がね、ジャパンメンテナンスからイオン何でしたっけ。



◎副市長  ディライト。



◆三木委員 ディライトに変わってるという部分と、小西部長は三田市としては存じないというふうにおっしゃったのと、吉岡副市長はジャパンメンテナンスだとおっしゃったというので全然答弁に統一性がないので、どれに対して質問していいのかちょっとわからないんですけど。



○座長  吉岡副市長。



◎副市長  所長ないし部長の立場というのは、市があそこを会社から借り受けておくと、こういうことですから、当然地域振興にお願いしとると、こういうことになると思います。私も、今副市長という立場からすれば地域振興ですと、こういうことですが、今どうですかというちょっと誤解招きましたけども、会社の立場からすれば、地域振興はどこやってんですかと、こういうことになればジャパンメンテナンスですねと、こういうことでございます。

 以上です。



○座長  三木委員。



◆三木委員 私が申し上げたいことは2点、二面あるんです。まず一つは、委託料の問題で地域振興が統括的に見てるんだから、清掃とか管理とかは全部地域振興に委託してそのままお任せだっていう形っていうのはご説明いただいてるんですけれども、例えば委託料を地域振興じゃなくて、例えば清掃会社であるとか、例えば運営管理業務を専門にしているところ、今お答えにおっしゃったイオンディライトであるとかいろんな会社があると思うんですけれども、そこに直接委託すれば、つまり地域振興で取ってらっしゃる手数料というものが三田市の側からすれば浮くんじゃないかと。多分8%手数料取ってらっしゃると私は認識しているんですけれども、その分を、小っさい面積であれば効率的なことを考えて、例えば6階だけは、例えば10?だけは違うところにお願いするのは非常に効率が悪いとかっていうのはすごいわかるんですけど、6階はあれ913坪ありますよね。それだけ大っきい枠であればスケールメリットっていうのは単独で委託しても十分あるんじゃないかなっていうふうに思うんです。ですから、例えばこの3,900万円でざっと計算しました0.08の地域振興に渡している事務手数料というものを節約すれば三田市としては節約になるんじゃないかなというふうに提案申し上げたいなと思うのが1点です。



○座長  小西生活環境部長。



◎生活環境部長  先ほどの答弁の中でジャパンメンテナンスとイオンディライトの名前が違うというご指摘でございますが、誤解を招かないために説明をしときます。

 まず、ジャパンメンテナンス、平成18年度はジャパンメンテナンスという企業名でございまして、現在はイオンディライトに社名変更してます。したがいまして、会社は同一でございます。その点ご了承お願いしたいと思います。

 それと、今ご指摘のございました管理費、8%が直接イオンディライトなりジャパンメンテナンスに委託をすれば経費が安価になるんではないかとのご指摘でございますが、この件につきましては平成19年度に入りまして内容を十分に検討をさせていただきました。イオンディライト並びに他の企業等に今現在委託をしております内容等について見積りを徴収いたしましたところ、要は掃除道具であるとか職員の待機場所、そうしたものがそのビルに求めることができないということでして、その部分を部屋を借りる賃貸料が必要になってくるというものを含めますと今現在委託をしとる価格より高くなるという現状でございますので、今こうした形の中で今後とも委託をする方が安価に経費負担ができるんじゃないかというように考えておるとこでございます。

 以上です。



○座長  三木委員。



◆三木委員 会社の名前の変更ということはよくわかりました。ただ、私が申し上げたのは、部長が存じ上げないとおっしゃったので、そこら辺はちょっと違うなと思ったんですね。そういうふうなご答弁というのはちょっと私は、今小西部長るる説明されたわけですから、どういうことなのかなあと思うんですけど、それはもう置いといて、今小西部長が説明していただいた部分なんですけれども、つまりイオンディライトであれば安くなるんだと。一体的に掃除用具なんかを置いてる場所が新たに借りなくて済むということであれば、地域振興を通さずに三田市がイオンディライトと委託契約を結ぶというのはできないんでしょうか。



○座長  小西生活環境部長。



◎生活環境部長  その件ですが、あくまでもビルを所有しておりますのは、とか使用しておりますのは地域振興株式会社ですから、当然イオンディライトが新たにそうした単独で業務を使用とする場合は地域振興株式会社からそれらの部屋等を借りる必要があるということですから経費が高くつくと、こうしたことでございます。

 以上です。



○座長  三木委員。



◆三木委員 ご説明すごいよくわかるんですけども、三田市もすごい財政状況逼迫してるじゃないですか。その中で、あのビルの建物自体を所有しているのは三田市じゃないですか。それを地域振興に貸してるわけでしょう。地域振興がそれを運営管理して、またそれをいろんなテナントに貸してるわけですよね。だから、そこら辺ぐらいは交渉次第で何とかしていけないものなんでしょうか。

 それと、やっぱりまちづくり協働センターで、キッピーモールの中で三田市が払っているお金っていうのはこれだけじゃないんですよね。駐車場分担金もあれば、共益費もあれば、管理費もあればってすごいお金を払ってるわけじゃないですか。その中で、8%ていったら320万円ぐらいになると思うんです。そこら辺のお金を三田市として節約したいんだという交渉を何とかできないものなんですか。



○座長  小西生活環境部長。



◎生活環境部長  先ほども申し上げましたように、その内容につきましては地域振興株式会社を含めた中で企業からの直接の経費で見積りをいただく中で検討をしました。それともう一点、賃貸料だけではなくて、やはり警備の関係もあるわけです。ほいで、警備関係というのは、そのビルの清掃業務等については当然施設を閉めた後についてもやはり清掃業務等が発生する場合がありますので、そうした部分にも当然入室が可能な体制をとらないといけないということから、やはり施設の管理者を通じて委託するのが一番安全性も確保できるんじゃないかという考えのもと、現在の形で実施をしていきたいというように考えてるところでございます。

 以上です。



○座長  三木委員。



◆三木委員 地域振興と三田市が普通の民間会社と市であるっていうんならそうかもしれないっていうのはすごい納得できるんです。ただ、6階部分の共益費っていうことで、ここの中には警備とかも入ってるんですけれども、それは共益費は共益費で別に月坪単価4,000円というお金を払ってるでしょう。それはトータルで見てもらって私はいいと思うんです。共益費とか、それはトータル当たり前やと思うんです。その警備をするのがイオンディライトであってもどこであっても、それは地域振興にお任せすればいいと思うんです。ただ、やっぱり経費削減という意味で見ていけば、少しでも何か対策を打っていかないと、三田市もここずっと言われると思いますよ、私、賃貸料に関しても。



○座長  吉岡副市長。



◎副市長  今、全体の共益費やらがっちゃな話になりよりますけども、まず今清掃なり、その話につきましては、今部長が言った形でいわゆるシミュレーションをかけましたと。今委員ご指摘のとおり、これ17年9月のオープン、この時期のスタートはまさに今おっしゃるスキームで全部一緒にやっていただくということで動いてきたんは事実でございます。それで、今部長申しましたのは、やはり少しでもというシミュレーションをかけたと、かけた中での結果が、その方がより効率的だと、こういう結論のお答えをさせていただいたということでございますので、当然我々は17年にオープンしたときからやはりそのチェックをかけてきたと、こういうことはひとつご理解いただきたいなと、このように思います。



○座長  三木委員。



◆三木委員 ご理解ということで、非常に小西部長が説明してくださったことや今まで三田市として努力されてきたっていうことは、非常に三田市のために頑張っていただいてるんだなあということはわかるんですけれども、これを市民感情としてどうやねんと言われたときに、何かやっぱりこういう部分では努力してきましたっていうふうに答えれる部分がないとちょっと厳しいんじゃないかなと思うんです。行革の部分でも、これだけのことをやってきたっていうふうに示していくことってすごく必要だと思うんです。その中で、私が今まちづくり協働センターの中で削れるものっていったら、経費削減できるものっていったら何なんだろうって考えたときに、私はこの業務委託している8%、これを削るしかほかに削るものっていうのはなかなか見つからないのかなあと。今のこの現時点ではですよ。例えば賃貸料を下げろとか、そんなことを今言ったって多分無理ですし、その部分で努力をされた、こういうふうにシミュレーションかけてみましたっていうことは十分わかるんですが、そのシミュレーションを超えて、一歩超えて、三田市としては地域振興に対してはこうだけれど、こういう部分交渉してこのお金をかち取ってきたんだというようなことが何かないといけないんじゃないかなと思うんですけれども、そういうことに対する努力の姿勢を見せていくことがすごく大切なんじゃないかなっていうふうに思うんですが、いかがでしょうか。



○座長  吉岡副市長。



◎副市長  おっしゃるとおりで、中でこうやってますと言ったって、形なりそういうことが見えないと答えとしてご理解していただけないわけですから、今そういうこのままで、スタートのシミュレーションでそのまま走ってますよということやなしに、今部長が申しましたような形で事務改善なり、そういう努力もさせていただいて今発表させていただいとるわけでございますけども、これがなかなか単独でどういう形で表へ出すというのは難しい話ですから、今日なんか非常にありがたい機会やと思います。そういう形でこういうことをやってますと、こういうことでありがたい機会を与えていただいとるご質問やと思てますけども、よりこれからも、今のままでいいという感覚は持っておりませんので、どういうシミュレーションができるかということは常に努力はしていかなくてはならないと、このように思います。



○座長  よろしいでしょうか。

 それではもう一つ、資料で自治会活動振興事業補助金についてご説明をお願いいたします。

 岩下生活安全課長。



◎生活安全課長  自治会活動振興事業補助金でございます。内容につきましては、これは自治会活動に伴います必要な備品購入に対する補助でございます。補助金の方書かせてもらってると思いますけども、世帯の大きさごとに上限の限度額を設けております。世帯数100世帯未満については10万円が限度、100世帯から300世帯未満につきましては15万円、300世帯以上500世帯未満が20万円、500世帯以上1,000世帯未満が25万円、1,000世帯以上が30万円という限度額をもちまして、これの2分の1を補助しているところでございます。平成18年度につきましては、21自治会に対しまして196万2,000円を補助したところでございます。

 備品の主なものとしましては、パソコンとかプリンター、デジタルカメラ、それからコピー機、ホワイトボード、保管庫、テレビ、それから冷蔵庫、電気ストーブ、それから掲示板、テント、机とかいすというふうにさまざまなものがまざっているところでございます。

 以上でございます。



○座長  何かご質問がありましたらよろしくお願いします。

 三木委員。



◆三木委員 済いません、これは今ご説明いただいたとおりだと思うんですけれども、一応領収書なんかもちゃんともちろん添付していただいてるわけですよね。



○座長  岩下生活安全課長。



◎生活安全課長  見積書と領収書両方確認させていただいております。



○座長  よろしいでしょうか。

 市民活動支援事業費とまちづくり協働センター維持管理費に関して先ほど続けて一緒に説明いただきましたので、次の三田市区長・自治会長連合会運営費補助金についてご説明お願いいたします。

 岩下生活安全課長。



◎生活安全課長  ご説明申し上げます。

 この補助金につきましては、区長、自治会長様の資質の向上及び市とのよりよい連携を目指したまちづくりのために区長・自治会長連合会に対して補助を行ってるものでございます。総額は103万5,000円でございます。内訳がございまして、一つは運営費の補助として58万5,000円、これは一般の団体補助でございます。もう一つの項目としまして事業補助ということで、三田、三輪、広野というようなこういうブロックが9ブロックあるわけでございますけども、この9ブロックに各5万円という考え方で、5万円掛ける9ブロックの45万円を支出しております。これにつきましては一括して区長・自治会長連合会の方に補助をいたしまして、その中で自治会の方で分けて使っていただいてるということでございます。

 以上です。



○座長  この件につきまして何かご質問ありましたらよろしくお願いいたします。ないでしょうか。

              (「発言者なし」)



○座長  この目、市民活動推進費という大きなくくりの中で改めて、ほかの案件でも結構でございます、この目の中での質問ありましたらよろしくお願いいたします。よろしいでしょうか。

              (「発言者なし」)



○座長  それでは、次の目に移ります。

 81ページから始まります男女共同参画推進費について質疑がございましたらよろしくお願いいたします。特にございませんでしょうか。

              (「発言者なし」)



○座長  ないようでしたら、次の12番、国際交流推進費について何かございましたらよろしくお願いいたします。

 三木委員。



◆三木委員 ここで84ページの上から不用額が70万円出てるんですけれども、これについてご説明お願いいたします。



○座長  小西生活環境部長。



◎生活環境部長  今まちづくり協働センターで所管しております中では不用額が生じておりませんので、他の事業の関係かというように思います。



○座長  そうですね。備考欄の中にマスターズマラソンも含まれておりますし、ほかの所管課ということですね。よろしいでしょうか。

 それでは次に、87ページ、交通対策費について質疑がございましたらよろしくお願いいたします。特に交通安全ですかね。

 坂本委員。



◆坂本委員 88ページの鉄道軌道近代化設備整備等補助金の内訳、内容等についてちょっとご説明お願いいたします。



○座長  吉岡副市長。



◎副市長  これ政策課の関係でございますが、神戸電鉄の整備に対して、国の補助、県補助に対しての随伴補助をしとるもんで、政策課で所管しておりますけども、神戸電鉄のいわゆる整備に対する国、県、市の負担分でございます。



◆坂本委員 了解。



○座長  よろしいでしょうか。では、交通対策費よろしいですね。

 続きまして、16番交通障害補償事業費に関して質疑のある方よろしくお願いいたします。特にございませんでしょうか。

              (「発言者なし」)



○座長  それでは、次の91ページから始まります20番、市民センター費に関して、まず92ページにあります市民センター維持管理費並びに市民センター自主事業開催費に関して資料をお願いしておりますので、ご説明よろしくお願いいたします。

 五良地域交流課長。



◎地域交流課長  それでは、決算資料の追加資料説明させていただきます。

 まず、この分につきましては市民センター6センターの市民センター維持管理費と、それから自主事業の開催費でございます。まず、人件費含んだトータルの総コストということで、高平交流センターにつきましては維持管理費が1,437万8,565円とか、あと委託費含んであります。それと、自主事業につきましては38万7,870円、人件費につきましては1,660万5,130円ということで、高平につきましては3,137万1,573円。また、フラワータウンにつきましてはトータルで5,621万4,470円、広野につきましては3,323万3,274円、藍につきましては3,493万4,146円、ウッディタウンにつきましては8,766万2,305円、有馬富士共生センターにつきましては年度途中の分でしたけど、2,163万6,468円になっております。委託料につきましては、当然維持管理するための定期的な清掃なり日常清掃、また休日、夜間等の管理業務等が含んでおります。

 以上です。



○座長  この件につきまして何かご質問ありましたら。

 では、私。

              〔副座長、座長席に着席〕



○副座長  美藤委員。



◆美藤委員 いろいろな項目にわたって費用が出てきますので、各センターごとに本当にどのぐらいコストがかかっているのか。今回、特に私コストということで言わせていただいておるんですけれども、あくまでも市民との第一接点ということでとても大事な役目を担っていただいて、そのことに関しては感謝をしとるところなんですけれども、その中でそれぞれのセンターごとでどういうコストを持っているということをしっかりと認識していただければと思って質問させていただきました。

 ちょっと1点、ウッディタウンの人件費がちょっと飛び抜けて大きく感じておるんですが、それに関してご回答いただければと思います。



○副座長  五良地域交流課長。



◎地域交流課長  今のウッディタウンの人件費ということで、これにつきましてはウッディタウン市民センターの中に地域交流課という形の課も機能を備えております。そういう形で、その辺の課の人も含んだ格好の人件費ということで人件費が多くなってます。

 以上です。



○副座長  美藤委員。



◆美藤委員 図書館機能とは費用は関係はないっていうことでよろしいんですね。



◎地域交流課長  はい。分館の分については入っておりません。



◆美藤委員 はい、わかりました。

              〔副座長退席、座長着席〕



○座長  特に各委員からご質問ございませんでしょうか。この市民センター費全部で結構でございます。

 坂本委員。



◆坂本委員 委託先についてご説明お願いできますか。



○座長  五良地域交流課長。



◎地域交流課長  業務委託につきましていろんな形で委託しておりますけど、例えば清掃関係でしたら入札をかけまして委託するということで、そういう形で当然各センターごとに入札かけまして委託をしております。



○座長  坂本委員。



◆坂本委員 そしたら、これセンターごとに全部委託先は違うということですか。



○座長  五良地域交流課長。



◎地域交流課長  基本的には、大体夜間の管理とか清掃管理につきましては田舎のセンターでしたらシルバー人材センターに委託しております。それ以外のフラワータウン、ウッディタウンにつきましては、清掃なり、あとまた日常管理についてもちょっと違う業者になってます。



○座長  よろしいですか。

 それでは、もうよろしいですね。

              (「発言者なし」)



○座長  次の項目に移らせていただきます。

 22番、防災対策費に関して何か質問のある方よろしくお願いいたします。95ページの防災対策費でございます。

 三木委員。



◆三木委員 自主防災組織運営交付金、96ページですね、自主防災組織運営交付金293万7,900円について説明をお願いいたします。



○座長  今西消防次長。



◎消防次長  自主防災組織運営交付金につきまして説明させていただきます。

 18年度につきましては39団体が結成をされております。補助金の内容ですが、結成されました初年度につきましては10万円プラス戸数割、1戸につき100円で、200戸未満のところにつきましては2万円、そういうふうな形で運営交付金を交付させていただいております。その交付金を使っていただきまして地域の中で防災に対する資機材であるとか訓練であるとか、災害に備えた対応をしていただいておるのが現状でございます。

 以上です。



○座長  三木委員。



◆三木委員 済いません、その39団体というのはほとんどニュータウンになるんでしょうか。



○座長  今西消防次長。



◎消防次長  委員ご指摘のとおり大半はニュータウンの方になってございますが、以外9地域の方でも、小柿地区、下里、鈴鹿、木器、羽束川、また酒井、十倉、高次等々、そういったところの結成もございます。ただ、今現在三田市100%を目指して推進をさせていただいておるところでございます。

 以上です。



○座長  はい、よろしいでしょうか。

 三木委員。



◆三木委員 済いません。先ほども自治会のお話をしたときに災害時の要援護者リストなんかの作成っていうことを今総務部の方で進めていってもらってると思うんですけれども、それとの自主防災組織との連携といいますか、そういうものというのは今どういうふうになってるんでしょうか。



○座長  今西消防次長。



◎消防次長  現在、委員お話しございました災害時要援護者対策というものの話し合いが進められております。その中には、自治会、区長会さん、それから民生委員さん等々のいろんな各種団体の方もお入りいただいておりますけども、当然自主防災組織の代表者さん等もその中にお入りをいただきまして、一緒になってどのような形が最良か今検討をさせていただいておるところでございます。

 以上です。



○座長  三木委員。



◆三木委員 済いません、今現在でそのリストができているところっていうのはあるんでしょうか。



○座長  今西消防次長。



◎消防次長  今現在どのような形でそういったリストをつくり上げていくのかっていうのが協議中のところでございまして、いろんな話で手挙げ方式による申し出によるリストをつくるとか、そういった話がいろいろと進められておりますが、まだ現実にこうという話はまとまっておりません。

 以上です。



○座長  三木委員。



◆三木委員 済いません。じゃ、その目標としてリストをつくり始めるというのは20年度からとか21年度からとかというふうな形で目標はあるんでしょうか。



○座長  今西消防次長。



◎消防次長  総務部の方で中心になっておりますので、非常に細かいところについては私の方では把握しておらないんですけども、私自身が把握しておりますのはそういった状況で早い時期にということで今話が進められておるとお聞きをしております。

 以上です。



◆三木委員 わかりました。今後ともよろしくお願いいたします。



○座長  坂本委員。



◆坂本委員 大変勉強不足で申しわけないんですけども、自主防災組織がある意味、先ほど三木委員の質問の中で多くはニュータウンというふうにお聞きをして、9地域、9組織ですか、があるという話があるんですけども、その辺は消防団の班との絡みはどういうふうになっとんでしょうか。



○座長  今西消防次長。



◎消防次長  多く結成されておりますのはニュータウンで、消防団がございませんが、9地域の方で結成されております自主防組織につきましては消防団があるところでございます。そういったところは消防団との連携を保ちながら自主防組織の運営にあたっていただいておるところでございます。

 以上です。



○座長  坂本委員。



◆坂本委員 消防団が各、三田の場合第1から第7分団まで、そん中で9地域の場合に各分団の中で各班が組織されとるわけで、その組織が各、今あったように鈴鹿であったり下里であったり、そういう班にも組織をされとると思うんですが、そういう中で消防団と自主防災組織というのはまた別な組織として組織されておって、さらに今話があったようにこれは全地域に広めていこうという話もあるわけですけども、その辺はどうなんでしょうか。



○座長  今西消防次長。



◎消防次長  主に自主防災組織につきましては自治区単位、自治区と自治区が重なった形の広いエリアでのそういった形もございますけども、そういった形で結成をされております。ですから、消防団は消防団独自の活動もございますし、自治区の中での一員としての自主防活動の動きっていうものも重複してあるというふうに理解しております。

 以上です。



○座長  坂本委員。



◆坂本委員 そしたら、今後、いわゆる消防団組織がある地区含めて自主防災組織ていうのを各地域、地域に組織をしていこうという方向でしょうか。



○座長  今西消防次長。



◎消防次長  坂本委員おっしゃられるとおり、市の方ではそういった形で100%を目指していきたいというふうに考えております。

 以上です。



○座長  はい、よろしいですか。

 ほかには何かございませんでしょうか。

              (「発言者なし」)



○座長  ないようでしたら、次に101ページ、同じ総務費の中の項が3、戸籍住民基本台帳費の戸籍住民基本台帳費に関して何か質問ありましたら、あっ、済いません。その中で102ページの駅前サービスコーナー運営費に関して資料のお願いをしておりましたので、ご説明よろしくお願いいたします。

 田中生活環境部次長。



◎生活環境部次長  まちづくり協働センターの行政サービスコーナーの運営費等でございます。これにつきましては支出額27万1,146円ということでございます。内訳としましては、職員の研修等の旅費が2,000円、それから運営にかかわります消耗品等の経費が26万9,146円でございます。

 運営時間等でございますけども、月曜から土曜日までが10時から20時、日曜、祝日につきましては10時から18時となってございます。それから、12月29日から1月3日までは休んでおります。

 それから、取扱業務につきましては、各種証明書の発行、戸籍なり住民票、印鑑証明、税証明といった証明書の発行、それから市税等の公金収納、これにつきましては市・県民税なり固定資産税、国保税、上下水道等の使用料といった市税等の公金収納でございます。それから、市政案内、また三田シティカードの暗証番号等の登録の受け付け、指定ごみ袋の販売なり刊行物の販売といった部分でございます。

 以上です。



○座長  この件に関しましてご質問のある方は。よろしいですか。

 それをあわせまして戸籍住民基本台帳費に関しての質問のある方はございませんでしょうか。

              (「発言者なし」)



○座長  それでは、107ページに移ります。

 民生費の社会福祉費、社会福祉総務費に関して質問のある方よろしくお願いいたします。

 三木委員。



◆三木委員 済いません。バスシェルター、108ページのバスシェルター等設置事業費535万7,400円についてご説明お願いいたします。



○座長  岩下生活安全課長。



◎生活安全課長  535万7,400円の内容でございますけど、まず停留所のシェルターの方でございます。これは、18年度2基、エルムプラザ前とあかしあ台公園前を設置させていただきまして、175万5,000円でございます。もう一つはベンチの方でございますけども、18年度は35基設置させていただきまして、これが360万1,000円ということで、合計でこの金額になっております。

 以上でございます。



○座長  三木委員。



◆三木委員 ベンチなんですけれども、順次広告物の件で撤去されたものを基準に合うものは設置していくというふうにお伺いしてたんですけれども、これはもう全部設置できるところは設置し終わったというふうに考えてよろしいんでしょうか。



○座長  岩下生活安全課長。



◎生活安全課長  おっしゃってのように、撤去されたところでうちの基準に合いまして設置可能なところにつきましては、この17年、18年度の2年間で設置を終わったというふうに認識しております。

 以上です。



○座長  よろしいでしょうか。

 ほかはございませんか。

              (「発言者なし」)



○座長  それでは、111ページ、国民年金費に関しまして質問のある方はございませんでしょうか。

              (「発言者なし」)



○座長  よろしいですね。はい。

 それでは、135ページに移ります。衛生費の保健衛生費で目が保健衛生総務費に関して質疑のある方はよろしくお願いいたします。よろしいでしょうか。病院が中心です。

              (「発言者なし」)



○座長  それでは、続きまして137ページ、次のページの同じ保健衛生費の中の予防費に関して何かありましたらよろしくお願いします。よろしいでしょうか。

 ちょっとじゃあ済いません。

              〔副座長、座長席に着席〕



○副座長  美藤委員。



◆美藤委員 備考欄では狂犬病予防費とだけあるんですが、あと昆虫駆除、狂犬病予防費、それから動物の飼育、養護ですね、飼養のマナー向上対策費という三つについて、どういう事業か、簡単にで結構です、よろしく説明お願いします。



○副座長  岩下生活安全課長。



◎生活安全課長  まず、狂犬病予防費でございますけれども、これにつきましては犬の一生涯1回の登録と、それから毎年1回の予防注射を行っております。ここに上がってます121万1,000円につきましては、集合予防注射をやっております、これの委託料ということで上がっているものでございまして、委託につきましては獣医師会の方に注射を打っていただく委託と、それからシルバー人材センターの方へ事務を手伝っていただくということでございます。

 そして、動物飼養マナーの対策でございますけれども、これにつきましては犬の特にふんなどの問題がよく市民の方から聞かれるわけでございますけれども、これにつきましての啓発を行っておるのが主でございまして、犬の飼い方マナーの啓発につきまして、自治会長さんの方から申し出いただきましたそれの看板等を配布しておるものでございます。そして、広報等につきましても、その都度うちの方から広報を流しております。そして、年に1回動物愛護フェアというのを行っておりまして、10月ごろに有馬富士公園の方で、ここで長寿犬の表彰とか愛護ポスターの表彰などを行ったり、あるいはつきあい方教室等飼い方の相談などを行っているものでございます。

 それから、猫の引き取りにつきまして事務を行っておりますが、これにつきましては不要猫の引き取りということで、月に2回引き取りの日を設けまして、うちの方で受け取りまして、後県の方が動物センターの方に運んでいくという事業でございます。

 もう一つの衛生害虫の方の駆除でございます。これにつきましては自治会の方でお世話になっているわけでございますけれども、うちの方としましては、自治会の方で行っていただく防除につきまして、薬剤を配付したり、あるいはクリスペアーというようなそういう薬剤をまく機械ですね、それを貸し出しているという、こういう事業を行っているものでございます。

 以上です。



○副座長  美藤委員。



◆美藤委員 それはその他の方でよろしいんですね。に含まれるという意味合いで。



○副座長  岩下生活安全課長。



◎生活安全課長  その他というのは委託料だけのその他になってますので、この科目全体の中でほかの科目含めましてその他ということで含んでるもんでございます。



◆美藤委員 はい、わかりました。

              〔副座長退席、座長着席〕



○座長  では、ほかに何かご質問の方おられませんでしょうか。

              (「発言者なし」)



○座長  それでは、139ページの方に移らせていただきます。

 4番、環境保全対策費ということで質問のある方。

 あらかじめ資料をお願いしております中に環境汚染測定調査費ということでお願いしております。それに関してご説明よろしくお願いいたします。

 入江環境課長。



◎環境課長  この額につきましては、市内の主要河川等の水質調査の委託料でございます。二つございます。市内主要河川調査ということでございますが、これにつきましては184万8,400円ということで委託をしております。業者選定理由といたしましては、さきにお示ししました追加資料につきましてはちょっと苦情処理の分と勘違いしておりまして、これにつきましては指名競争入札ということで決めております。14河川1湖沼で実施しております。検査項目につきましては、pH、BOD、COD並びに大腸菌、浮遊物質、溶存酸素等でございます。それと、その中で河川の一般的な汚染指標の一つのBODについて見ますと、18年度はおおむね環境基準内にあるというふうに認識しております。

 もう一つは、異常水対策調査ということでございます。この額は294万円ということでございます。これにつきましては、調査内容は四半期ごとの平常時と雨天時の農業用水基準調査でございます。それと、業者選定理由といたしましては、いわゆる発泡、泡立った水が流れるということを分析する分析費用とか毒性調査という極めて特異性のある業務に精通していることから、環境省から委託を受けるなど経験豊富であるということからこの業者を選定しております。

 この調査状況といたしましては、いわゆる上内神に須丸川、それと貴志に山谷川というのがございます。その川に時折異常水、白濁とか発泡水が発生します。特に、そのあたりは農業用水として利用されていることから、地元では水田作物への影響について不安を持たれているということから安全性について調査をしているところでございます。調査結果から農業用水として安全性には問題はないということですが、原因究明には至っておらず、引き続き調査していきたいと、こういうふうに考えておるところでございます。



○座長  何か質問はありませんか。

 三木委員。



◆三木委員 済いません。こちらの方なんですけど、17年度の決算の方では約565万2,000円だったのが478万8,000円まで下がっている理由というのは何かあるんでしょうか。



○座長  入江環境課長。



◎環境課長  先ほど言いました二つの主要河川調査と異常水対策調査ということによるものでございます。異常水対策調査につきましては、地元と年2回か3回ぐらい話し合いをしまして、その年度にどのような調査が必要かということで調査しております。18年度は平常時と雨天時の農業用水調査を実施したということでございます。17年度については土壌調査等を含めて調査したというふうに認識しておるところでございます。



○座長  よろしいでしょうか。

 では、この件以外に、含めてですね、環境保全対策費として質問がありましたらよろしくお願いいたします。

 資料提出されとったか。あ、失礼。済いません。引き続いて、地球温暖化防止対策事業費についてのご説明をよろしくお願いいたします。



◎環境課長  地球温暖化対策事業費ということですが、当該業務は、平成17年度の実績報告に加えまして、過去5年間の地球温暖化対策実行計画の総括と次の第2次計画を策定するための方針を検討するための報告書の作成業務委託料ということでございます。委託額は169万500円ということでございます。

 業務の内容は、17年度の実績報告書の作成と、地球温暖化実行計画の総括報告書の作成、それと2次計画の策定の方針の検討、それと毎年職員に対して行っております職員研修会への支援ということを委託しました。

 業者選定理由としましては、12年度に策定しました本計画の総括、評価を行うものであり、当業者は当初から策定業務を遂行した実績から信頼が置けると。それと、本市の組織体制や温暖化対策の取組み状況を熟知しているということから選定しております。

 それと、地球温暖化対策という事業につきましては、今後も継続した取組みが必要であるというふうに考えております。職員の意識高揚はもとより、市民の協力も不可欠であるということで、温暖化の啓発を充実しながら、市民に理解と協力を得ていきたいと、こういうふうに考えております。

 ちなみに、第2次の計画を現在策定に取りかかっているところであり、20年度より新たな計画で取り組んでいきたいと、こういうふうに考えておるところでございます。



○座長  はい、ありがとうございます。

 何か質問がございましたらよろしくお願いします。

              (「発言者なし」)



○座長  では、続けて項目がありますので、ここは続けて説明お願いします。

 千丈寺湖環境保全対策事業費についてお願いいたします。



◎環境課長  千丈寺湖環境保全対策事業費ということでございます。この事業は、平成14年に制定いたしました千丈寺湖を守る条例第9条に基づき、市が監視員を置いて監視する責務を負っております。そのことから、その監視業務の委託をシルバー人材センターに委託している委託料でございます。額は261万3,300円でございます。

 業者選定理由は、シルバー人材センターは高齢者の生きがいの確保と健康の増進を図るとともに、地域の社会参加を目的に設立されたものでございます。当業務は設立趣旨と合致しているものであり、高齢者就業の機会の提供を図れ、また地域に熟知された方が業務にあたられておりますので、選定しております。

 業務内容は、4月から11月来訪者が増えますので、その期間の土日、祝日を含む週4日、千丈寺湖及び周辺のパトロール、9時ぐらいから4時ぐらいまでを実施していただいております。さまざまな禁止行為の中止とか原状回復の指導等を行っていただいております。12月から3月については来訪者も少ないということで、直営で監視を実施しておるということでございます。

 ちなみに、指導状況を見ますと、15年度から見ますと火気使用の指導件数も湖面乗り入れの指導件数も減ってきており、監視の効果が上がっているというふうに認識しております。ただ、実態として条例違反があるということですので、啓発看板等では効果が低いということから、今後も監視業務を継続していきたいというふうに考えておるところでございます。



○座長  それでは、続けて環境基本計画推進事務費お願いします。



◎環境課長  次に、環境基本計画推進事務費ということですが、いわゆる前に策定いたしました三田市環境基本計画が18年度で終了するということで、その見直しなり改定に向けて作業を進めてきたということでございます。これは17年度から進めてまいったわけなんですが、また新しい環境基本計画の策定が必要だということで進めていった事業でございます。その委託料でございます。これが450万4,500円ということでございます。

 委託業務内容は、環境を取り巻く現状の変化と特性の整理、環境に関する課題の抽出と環境関連諸制度の整理、市民会議の振興支援、基本的事項の決定に資する調査、検討などを内容として委託しました。その中で、市民会議、いわゆる市民の方の意見も取り入れた中で新しい計画をつくっていきたいということで市民会議を設けました。ちなみに、18年度の市民会議は6回開催し、その中でも支援をいただいておるところでございます。

 業者選定理由につきましては、17年度当該業務を行い、計画の方向性とかアンケート調査結果、基本計画をつくるにあたって市民の方とか事業者の方にアンケート調査したんですが、その調査結果とか環境課題での分析を実施していただいておるということで、この業者と契約する方が業務の一貫性や業務の遂行上も時間的、費用的にも節約でき、より効果的な成果が得られるということから選定しております。

 ちなみに、新しい環境基本計画の進捗状況ですが、ご存じのとおり19年度予算が骨格予算ということで、環境基本条例も19年度にわたりましてこの11月1日に施行したということでございます。その条例を根拠としておる新しい計画ということになりましたので、18、19年度までになってしまったということでございます。ですから、20年度から新たな10年計画で作業を進めるべく今進めておるというところでございます。



○座長  はい、ありがとうございます。

 あともう一つ、自然環境調査費。よろしくお願いします。



◎環境課長  自然環境調査費ということで、これは平成21年度に生態系レッドデータブックの改訂を予定しておるところでございます。それに向けて、昆虫とか鳥類、水生生物など未調査項目、現在制定しておりますレッドデータブックにつきましては今申し上げた分が未調査となっておりましたのでその調査と、あわせて経年変化調査を進めておるということでございます。当該費用は、各調査を集計しました額267万4,000円でございます。その内訳としては、鳥類、昆虫類の額が61万5,000円ということでございます。これにつきましては兵庫昆虫地理学研究会というところに委託しておるんですが、15年度から17年度に自然環境調査の補足調査を受託、今後の調査方針も策定し、かつレッドデータブック策定委員も在籍していることから経済的で効果的と判断し、選定しております。それと、水生生物に係る委託料51万9,000円、これは野生生物を調査研究する会というところに委託しております。この会につきましては、15年度から17年度に補足調査を受託いただいて、今後の調査方針も策定していただいております。それと、ひとはくとか有馬富士学習センターと連携した活動を行っておられるということで、調査方法等も熟知していることから選定しました。それと、情報収集用ホームページデータ整理ということで委託料が54万円ということで、これは研究(有)研美社ということでございます。補足調査は市民からの情報を得ながら行っておるということでございます。その情報収集及びデータ整理を委託したものでございます。当業者は15年度の情報収集方針の策定に携わっているため一貫性があり、効果的な成果を得られるということから選定しております。もう一つ、経年変化調査の委託料100万円でございます。これは、兵庫県立人と自然の博物館に委託しております。これにつきましては、平成8年度から13年度にかけて行いました自然環境調査、いわゆる今のレッドデータブックの基礎となる調査を行っていただいたわけなんですが、その経年変化調査であります。18年から20年度にかけて行うという予定にしております。ひとはくは、今申し上げましたとおり、生態系レッドデータブックの策定にかかわっていただきましたということから情報データの取りまとめ等の専門的知識を持っているということから選定しました。

 以上です。



○座長  5項目についてご説明いただきました。これを含めて環境保全対策費で質問ありましたらよろしくお願いします。

 三木委員。



◆三木委員 説明ご苦労さまです。長く丁寧に説明していただきましてありがとうございました。

 17年度等の比較で、17年度の方にはアスベスト濃度等測定業務費というのが委託費の中に上がっていたんですけれども、18年度というのはそのアスベスト濃度というのは測定は、これ委託費はどっか別のところに上がっているんでしょうか、それとももう濃度測定はしてないんでしょうか。



○座長  入江環境課長。



◎環境課長  140ページのその他というところの22万500円というのはございます。そこにアスベストの大気濃度調査をやった費用が掲載されております。これも委託料でございます。以前と同様市内の4地点において大気中のアスベスト濃度を測定しておるところでございます。基準自体もないんですが、いわゆる法によります特定粉じん発生施設の敷地境界線濃度10本以下をはるかに下回っておる0.1以下という値、年2回したんですが、どの地点においてもクリアしておるという状況でございます。



○座長  三木委員。



◆三木委員 17年度の場合は170万円ぐらい決算で調定額があって、これはその他の中で22万円の中でおさまっているというのは調査の範囲が少なくなったということですか。



○座長  入江環境課長。



◎環境課長  調査自体の内容が違います。17年度は、18年度にした大気調査とあわせて、公共用施設の含有調査、いわゆる建物に含まれている調査を実施しております。その額がかなりの額上がっておるということで、その違いでございます。



○座長  三木委員。



◆三木委員 それで、アスベストの方はもうわかりました。

 あとなんですけど、これ委託料ということで全部上がってるんですが、どうしても委託しないとできない、今ご説明の中でね、委託しないとできないものと、コンサルなんかを入れて計画をつくっていく部分で17年度からずっと、事業費として地球温暖化防止対策事業費は17年度は186万9,000円と、18年度は169万円、環境基本計画推進事務費なんかも17年度は390万円、18年度が450万円というように毎年毎年コンサルに対して委託する金額っていうのは結構大きい金額だと思うんです。一から職員の方でつくっていくっていうのは非常に難しい部分があるのかなあとも思うんですけれども、毎年毎年コンサルに委託されてするんではなくて、もう職員の方も十分コンサルの方と一緒に勉強なりなんなりされてきて基本計画、環境についてもすごく詳しくなってこられたと思うんです。だから、これをコンサルに委託せずに職員さんの手でつくるっていう、基本計画なんかをつくっていく、また検討委員会なんかの議事進行なんかも職員さんたちの手で手づくりでやっていくっていうような、三田市に合ったものでっていうような考え方っていうのは市の方にはないんでしょうか。



○座長  入江環境課長。



◎環境課長  委員ご指摘のとおりと思います。毎年毎年委託業者と話をする中で、市の職員としてできることはやっていくという形で話を詰めておるところなんですが、新たな計画でございますので、未知の調査とか、一応情報分析等がございましたので、今回の計画等につきましてはコンサルに委託したという次第でございます。今後につきましては、委員ご指摘の意見を踏まえまして、十分検討しながら取り組んでまいりたいというふうに考えております。



○座長  三木委員。



◆三木委員 やっぱり職員さんたち優秀な職員さんの方がそろってらっしゃると思いますので、環境基本計画なりなんなり策定していった後に、いろいろと今課長にお答えいただいたんですけれども、家庭ごみ減量化の問題ですとかいろんな問題が出てきますので、なるべく市民の方とお話しする上で職員の方たちが頑張って計画を立てていけるような形で頑張っていっていただけたらなあと思います。これはもう要望で結構です。ありがとうございます。



○座長  ほかにはございませんでしょうか。

              (「発言者なし」)



○座長  ないようでしたら、続いて141ページ、目の5番、環境美化推進費に関しまして質疑ありましたらよろしくお願いいたします。特にございませんでしょうか。

              (「発言者なし」)



○座長  それでは続いて、6番、墓地聖苑費ということで質疑がありましたらよろしくお願いします。所管としては144ページの方にもわたりますが、管理運営費ですかね。特にございませんでしょうか。

 三木委員。



◆三木委員 済いません。こちらの歳出の方は委託料になってると思うんですけれども、今販売計画とかっていうのはどういうふうにやってるのかなあと。そちらの方も聞いていいんでしょうか。



◎生活安全課長  特別会計の方です。



○座長  特別会計の方です。



◆三木委員 特別会計ですね。



○座長  はい。



◆三木委員 そうですね。わかりました。



○座長  後ということで。では、よろしいでしょうか。

 では、143ページ、生活排水対策費の目について何か。143ページの生活排水対策費。

 三木委員。



◆三木委員 合併処理浄化槽の設置補助金と管理費補助金というのをまとめて説明していただけますでしょうか。



○座長  中前下水道管理課長。



◎下水道管理課長  それでは、合併浄化槽設置補助金について説明させていただきます。

 これにつきましては、生活排水処理基本計画に基づきまして、合併浄化槽区域内に設置する浄化槽設置者に対し、合併浄化槽設置整備事業補助金交付要綱に基づき補助するものでございます。補助基本額といたしましては、5人槽40万円、7人槽56万円、10人槽90万円であります。平成18年度につきましては、5人槽が12基、7人槽が3基、10人槽が1基、計16基で738万円となったものでございます。

 次に、合併浄化槽維持管理費補助金でございますが、生活排水処理事業のうち、合併浄化槽の計画的な推進及び設置後の適正な維持管理を保持するため、維持管理費の一部を三田市合併浄化槽維持管理組合補助金交付要綱に基づきまして補助金を交付するものであります。平成18年度につきましては、組合数53、浄化槽設置基数1,134基でありまして、2,829万700円を補助するものでございます。検査基準といたしましては、年1回の浄化槽法の11条の法定検査、保守点検が3回、清掃が1回必要であります。

 以上でございます。



○座長  よろしいでしょうか。

 三木委員。



◆三木委員 今三田市の中で合併処理浄化槽を18年度は16基設置したということで、今後もまだそういう合併処理槽というのは設置の予定というか、そういう地域というのはまだ残ってるんでしょうか。



○座長  中前下水道管理課長。



◎下水道管理課長  全体設置計画基数としては、今つかんでおりますのでは1,057基でございます。18年度までに1,024基を完成しております。



○座長  よろしいでしょうか。

 以上で衛生費の保健衛生費の項までを一たん切らせていただいて、午後1時から衛生費の清掃費から以降を続けたいと思います。

 午前中はこれで終わらせていただきます。ご苦労さまです。

            (暫 時 休 憩)



○座長  それでは、休憩前に引き続き午後の審査に入ります。

 それでは、145ページの清掃費の中の清掃総務費から始めさせていただきます。

 あらかじめの資料をお願いしております。要点で結構ですので、全部読む必要はございませんので、よろしくお願いいたします。

 ごみ減量化・資源化計画実施事業についてのご説明よろしくお願いいたします。

 入江環境課長。



◎環境課長  ごみ減量化・資源化計画実施事業ということでございます。平成13年度に策定しました三田スリムビジョンという計画の見直しということで、それに係る委託料ということで、委託したものでございます。369万6,000円ということでございます。

 業者選定理由といたしましては、14年度から取り組んでいました事業系ごみの実態調査等、それと事業者向けのパンフレット等を当該業者にかかわっていただいておりましたので、その業者に委託しております。

 業務の委託内容としましては、課題の抽出、現行計画の進捗状況、それと減量化、資源化の事例整理と新たな施設の検討、それと改定の計画書の印刷製本等でございます。

 以上でございます。



○座長  よろしいですかね。特にご質問ございましたら。よろしいですか。よろしいですか。

              (「発言者なし」)



○座長  それでは、清掃総務費全体でありましたら。よろしいですか。

 三木委員。



◆三木委員 済いません。自治会に資源ごみの逆有償の部分てどこの費目になるんですかね。ここの生活環境のあれではないんですか。ちょっと見つけれなくて。



○座長  佐谷クリーンセンター所長。



◎クリーンセンター所長  資源ごみの集団回収に伴う逆有償のことですか。



◆三木委員 はい、逆有償の現状と、多分行革の中にまたあれも延期になった分の中に入ってたような気がするんですが。



○座長  佐谷クリーンセンター所長



◎クリーンセンター所長  清掃総務費の負担金補助です。



◆三木委員 資源ごみ集団回収運動奨励金です。



◎クリーンセンター所長  逆有償につきましては、古紙類、新聞、雑誌、段ボールにつきまして逆有償が発生した場合、2円を限度に補助を出してきました。ところが、紙類の市場価格が上がってきましたので、団体と業者との取引の中で三田市が逆有償を団体に出しているのをほとんどの業者が知っており、そのまま逆有償を続けてまいっておったような状況でございます。その辺調査しまして、古紙類の価格が上昇しており、逆有償が発生しなくても団体と業者が取引というんですか、行えるということが判明しましたので、逆有償を切らせていただくということで19年度からは逆有償は廃止ということになっております。

 以上でございます。



○座長  三木委員。



◆三木委員 済いません。ちょっと資料でもらってた分でグリーンクリーン基金の取り崩しの中に逆有償相当分888万3,757円というのが入ってるんですけれども、このごみ収集処理対策助成金というのは逆有償の分とほかにも何かまだあるんでしょうか。



○座長  佐谷クリーンセンター所長。



◎クリーンセンター所長  18年度の資源ごみ集団回収の実績でございますが、奨励金の額としましては3,712万1,652円、それと逆有償に伴う分が888万3,757円ということで、合計が4,600万5,409円となっております。



○座長  よろしいですか。

 三木委員。



◆三木委員 その3,700万円のお金っていうのはどこに出してるお金ですか。どこに助成金として出してるんですか。



○座長  佐谷クリーンセンター所長。



◎クリーンセンター所長  市内におきまして集団回収を実施いたしておる団体でございます。子ども会、PTA関係ですね。18年度は71団体ということでございます。



◆三木委員 わかりました。じゃ、逆有償の部分が今後廃止になって、その3,700万円の部分は19年度からも続行ということですよね。というふうに理解していいんでしょう。



○座長  佐谷クリーンセンター所長。



◎クリーンセンター所長  はい、そのとおりでございます。



◆三木委員 わかりました。はい。



○座長  ほかはよろしいですね。

 前中委員。



◆前中委員 クリーンセンターと環境センターの抱える諸問題について若干質疑したいと思います。

 まず、竹内市長になられまして民間にできることは民間へということで、クリーンセンター事業並びに環境センター事業は当然民営化にする方がコスト的にもかなり安くなると思うんですけれども、その辺のお考えをまず副市長、お伺いできますか。



○座長  吉岡副市長。



◎副市長  コストの関係も含めて、いわゆる今の行革の中で民間でできるものは民間でと、こういうことですが、特にこのごみ処理につきましては、当初からそのすみ分けをして、新しい市街地、どんどんどんどん広がっていく分ですね、これについては当然もう民間でいくと、こういう作業で来ております。そういった中で、あと郡部の分も含めて全体を委託ということは今のところ考えておりませんけども、今職員も抱えておりますし、そういう中で順次効率的には整理はしていかなくてはならないだろうと、こう思っておりますけども、ニュータウンの区域、これについてはもう従来から進めてますし、これからいろんな分別の作業が出てきます。これも当然すみ分けをきっちりとしながらいきたいなと、こう思てます。



◆前中委員 それでですね、今からお伺いしたいのは、環境センター並びにクリーンセンターの職員の勤務実態についてお伺いしたいと思います。

 なぜかと申しますと、昨今、テレビ放映もありましたし、2年ほど前に宝塚市役所でもある議員がセンター現業職員の勤務実態について調査したところ、かなり聞きなれない言葉、中抜けとか早退とか、もう中抜けっていいますと仕事が終わったらすぐに自分の自由時間として時間内にもかかわらずどっかに行って時間をつぶしてしまう。早退っていいますのは、やっぱりその字のとおり仕事中にもかかわらず帰ってしまう。そういう実態、今の三田市では考えられないと思うんですけども、過去にあったかどうか、まずお伺いしたいと思います。



○座長  小西生活環境部長。



◎生活環境部長  問い合わせのございます中抜けまたは早退の件でございますが、私の聞いてる範囲の中ではそうしたことは事実はないというように確認をしております。

 以上です。



○座長  前中委員。



◆前中委員 それはちょっと把握の質が悪いですね。実際あったのも事実だと思います。今なければそれでええんですけども、職員の意識改革によってそういったことがなくなってきたということ自体、やっぱり前々からの評価、当然のことですけれども、やってくるべきだと思いますし、今実際に両センターの勤務時間並びに終業時間ですね、教えていただけますか。それと、両センターの現業の職員の人数、あわせましてお願いいたします。



○座長  佐谷クリーンセンター所長。



◎クリーンセンター所長  勤務時間でございますね。8時45分から5時までということで、昼が45分の休憩時間となっております。



◆前中委員 実際お伺いしますと、クリーンセンターにつきましては朝8時45分に出られてすぐに収集に行かれるわけですか。



○座長  佐谷クリーンセンター所長。



◎クリーンセンター所長  8時45分に集合ですね。そして、ミーティング及び配置をいたしまして、それから朝の作業点検、車の整備状況ですね、点検をして9時には出発しております。



◆前中委員 午前中はもう昼休みなしで、どこかで食事されて、それとも午前中帰ってきてまた昼から行かれるってことですか。



◎クリーンセンター所長  はい、そうであります。



◆前中委員 その辺の時間教えていただけますか。大体何時ごろ帰ってきて、昼から何時に出発するか。



○座長  佐谷クリーンセンター所長。



◎クリーンセンター所長  その日のコースとかによりまして異なりますが、11時半までぐらいであればもう一度走行すると、11時半過ぎておって計量した場合でしたら昼に入ると。そして、昼1時にはまた午後の収集にスタートしとる状況でございます。



○座長  前中委員。



◆前中委員 午後の収集は何時に終わります。



○座長  佐谷クリーンセンター所長。



◎クリーンセンター所長  それも曜日によって、センター用語で前、裏と言うんですが、週明けの月、火につきましては当然ごみ量が多いので、午後も2回ないし3回走る場合もございます。そして、裏というんですか、可燃ごみの月、木コースと火、金コースがございますので、裏というのか、木、金につきましては午前2回、午後1回ないし2回ですので、早ければ2時過ぎには終わるかと思います。



◆前中委員 収集業務が終わって、例えば2時半として、あと5時まで職員は何をされとりますか。



○座長  佐谷クリーンセンター所長。



◎クリーンセンター所長  帰ってくれば収集車の清掃ないし点検等を行っておるのが状況です。



○座長  前中委員。



◆前中委員 水曜日は不燃ごみの収集日ですね。早い話が不燃ごみってのはそんなに、もう午前中で収集は終わるかと思うんですけども、そういった日の午後どういう形で職員は。



○座長  佐谷クリーンセンター所長。



◎クリーンセンター所長  言われますように水曜日については不燃ごみが少ないので、午前中に終わる号車も中にはございます。しかし、水曜日にペットボトルを収集しておりますので、そのペットボトルの収集が相当距離を走らないと、1車でも0.5トンほどなんです、満杯に積んでも。押し込んでも滑ってもう入りませんので、満車にしても積載量が500?ほど、それがもう収集ステーションの回数を可燃ごみで例えば50カ所のとこを150カ所ほど回らないとペットボトルが満車にならないと、そういうふうな実態がございます。



○座長  前中委員。



◆前中委員 なぜこういうことをお伺いしますかといいますと、やっぱり今でこそなくなりましたけども、以前の状況ってのは市民の皆様よくご存じであると。そういった中で、民間委託にすれば済むものをあえてたくさんの職員を抱えて、パッカー車も3人乗られている、そういう状況を把握されてますから、やっぱり民間だったら2人で対応できるとこもなぜ職員は3人で対応するのか、その辺の話も含めまして、環境部長、いかがですか。



○座長  小西生活環境部長。



◎生活環境部長  確かに民間に委託をしております内容につきましては、ニュータウンを中心として市内の約6割を委託をいたしております。その委託している先につきましては、約6トン車、大きな車両を使って2人乗車で収集をしておると。これにはやはり道路の状況なり、またそうした地域が集中しているといった状況が異なりますので一概に比較はできませんが、やはり郡部の狭小な道を走りながら、また交通量の多い国道、県道等で収集をする直営の部分との差は当然生じてくるというように考えておりますので、やはり職員の安全に安心して働ける職場ということから、3人の乗車が今のところ適切ではないかというように考えてるところでございます。

 以上です。



◆前中委員 同じ質問を環境センターにお伺いしますけれども、今もうかなりバキュームカーが走ってる数も少ないし、実際集めてるところも少なくなってると思うんです。環境センターの勤務実態はいかがですか。



○座長  小田環境センター長。



◎環境センター所長  環境センターの勤務実態ということになります。現況から申し上げますと、一応3台、ポンプ車ですね、3台で回っております。朝8時45分、もう大方8時45分に出発いたします。これは各号車、地域ごと、地区ごとに振り分けしておりますので、三田は独自の収集体制がございます。我々はサイクル収集と申し上げておりますけれども、各おうちおうちによりましていっぱいになる期間が30日のとこもあれば20日のとこもあるという中で、電話をいただかなくても20日のとこはもう20日たたん間に行くというのを基本線として考えております。その地区割りの中で、例えば20日が何軒あって、1カ月が何軒あって、2カ月が何軒あって、これは各号車でサイクルを決めて、この日はこことここへ行くという形で進めております。一たん、そうですね、各車によってそういう状況ですのでまちまちですけれども、11時過ぎ、11時から12時の間には3台とも帰ってきます。それで昼食休憩をとります。後、12時45分から、号車によって、緊急のくみ取りとか緊急に入ってくるもんがありますので、そういうのを対応を協議しまして、遅くとも1時過ぎには昼から出動するという形とってます。ほんで、帰ってくる時間はその号車の今日行くとこということでまちまちですけれども、大体おおむね3時前後には引き揚げてこようかと。緊急なものがあれば別ですけれども、引き揚げてきます。後は、先ほどのクリーンセンターと同じですけれども、メンテ、それから明日行くところ、また緊急が入ってきますので、翌日行くところの各世帯の組み分けという形で時間を使っております。

 以上でございます。



○座長  前中委員。



◆前中委員 お聞きするとこによりますともうかなり時間的な余裕はあると思うんです。2時なり3時なりに終わると。今現状で所長大変ご苦労されてまして、もっとゆっくり収集してこいって話もされてるかもわかりませんけども、やっぱり実情的に職員の数が多いっていうことだと思うんです。もっともっと、今職員さんをどうのこうのするってことはできないですし、もちろん私もたくさん知り合いもおりますし、一生懸命仕事をやってる方ばっかりだと思います。その辺含めまして、やっぱり市民に誤解のないような対応っていうのをひとつお願いしたいと思います。これ以上突っ込むことはありませんけれども、もし出てきたときにやっぱりいろんな形で職員の顔を見ながら所長が仕事をしてるってことじゃ私は改革なんかできないと思います。所長自ら先頭に立って改革するべきところを改革していく、職員の意識改革っていうのをまず徹底していただきたいと、こういうふうに思います。

 それと、148ページに収集業務委託費1億5,128万2,000円何がし出てますね。これ向こう3年間ぐらいの契約金額はわかりますか。



○座長  佐谷クリーンセンター所長。



◎クリーンセンター所長  今現在ちょっとその資料は持ち合わせておりませんが……。



◆前中委員 これは年々安うはなっとるんですか。



◎クリーンセンター所長  マイナスシーリングということで何%カットというようなんがもう市全体で言われてますので。それと、これにつきましては1世帯当たりの単価掛ける世帯数ということで、世帯の増減により異なってきますので。



◆前中委員 これですね、もうずうっと昔から、名前出しますけども、アークスに業務委託されてますね。今たとえ100万円以下でも一般競争入札にかけられるような形になっておるにもかかわらず、1億5,000万円以上の業務委託費を1社にずうっと随契でやられている理由っていうのを教えていただけますか。



○座長  佐谷クリーンセンター所長。



◎クリーンセンター所長  いわゆる市内業者の育成、それと収集資材の保有、その辺も含めまして他に収集できる業者が見当たらないというところが現状かと思います。



○座長  前中委員。



◆前中委員 確かにアークスさんはよく仕事していただきます。私も評価いたします、あそこの仕事ぶりは。しかしながら、所長言われたのはおかしいと思うんです。ほかの業界、業種につきましては市外からでも幾らでも呼んできて、ほんで競争入札させてお金だけで落としてるわけでしょう。にもかかわらず、地元企業の育成とかって形で許認可を出さないのは三田市であって、幾らでも仕事、これ一般公募されればいろんな形で業者出てくると思いますけれども、いかがですか。



○座長  小西生活環境部長。



◎生活環境部長  競争入札にかけるのが一番適切であるとのご指摘でございますが、先ほど所長の方でもお答えをいたしましたように、やはり地域企業の育成という観点から、やはりこうした今現在許認可を出しております2社に対しての許可という、許可というか、委託という内容でやるのが一番適切じゃなかろうかというように考えております。

 以上です。



◆前中委員 いや、それが適切じゃないと思うから質問するんであって、やっぱりもちろん今までの経験、安全性、ほんでどんな業者を入れるにしたって、わけのわからん業者が値段だけで入ってぐちゃぐちゃになる、そんな心配も当然あるかと思います。しかしながら、それを指導するのが当局の仕事であって、やっぱりこれは何か一つ聖域のような感じがするんですね、昔から。これはさわっちゃいけない、さわることによっていろんな問題が出てくるんじゃないかっていうような話も若干あるかと思うんです。やっぱりそういった形を払拭するためにも、この際一般に門戸を広げて、市内業者でもいいですし、市外ほかの業者もたくさん仕事、一からとなるかもわかりませんけども、許認可を与えればそれなりの当然仕事をすると思います。やはり正規な競争入札でさせて、やっぱりコスト削減、300万円、500万円の金じゃないですから、それはやっぱり早急に考えるべきだと思いますけども、いかがですか。



○座長  小西生活環境部長。



◎生活環境部長  ご指摘の内容については十分理解をするところでございますが、企業のやはり今抱えております機械、車両、人員等との兼ね合いから、早急なその辺の対応はもう少し時間をいただきながら調査する必要があるというように考えますので、その点でまた今後の課題として処理をさせていただきたいというように思いますので、よろしくお願いします。



○座長  前中委員。



◆前中委員 最初、所長の言葉の中にこの委託料が若干行革の関連で少なくなってきてるって話しされました。これは、つまり当局の人間が業者に言ってこれだけの金額にしてくれってことなんでしょう。もう一遍確認いたします。



○座長  小西生活環境部長。



◎生活環境部長  ご指摘のように、この業務につきましては1社随契でございますのでおっしゃるとおりでございます。予算の枠の中の業務ということですから、当然ある企業に対して何%のシーリングでお願いをしとるというのが現状でございます。



◆前中委員 もうこれね、何回言ってもお話前へ進みませんので結構ですけれども、やはりいろんな形で一般競争入札させて、ほしていい業者を選定していくっていうのが、これは竹内市政のこれからの目指すべき方向だと本人自ら言われてることなんですね。ここだけを除いて、アークス、そしてユニオンに任せっ放しっていうのはやっぱりおかしいと言わざるを得ません。副市長、クリーンセンター初代所長です、そして五良さんもいらっしゃいます。ご苦労よくわかってるつもりでございますけれども、その辺も市民が納得いくような形の今後契約をされるべきだと思います。副市長、いかがですか。



○座長  吉岡副市長。



◎副市長  確かに、業務ということの委託ですから、基本的にはその原理ということになろうかと思います。しかし、今までの経緯の中で、安定という部分はこれは避けて通れない話ですし、そうかといって今の業者がほかやったらだめなのかという議論になるかもわかりませんが、我々はこれは毎日業務の中で必ず安定性がなければもう絶対にだめだと、こういう議論も一方にありますから、そういった意味の中で今までこういう形で非常に優良企業のアークスさんできたと、こういうことですが、これからどういう形が競争原理になっていくのかということの研究をさせていただきたいと、こう思います。



○座長  前中委員。



◆前中委員 最後に、もう答弁結構です。安定とか言われますけども、安定、安定という形で、じゃ新たに何かやった上でやっぱりアークスがよかったって話なら別だけれども、何もせずして安定だから、安心だからあそこに任せるんだってことは、これは私は納得できへんし、誰が聞いたっておかしな話だと、こう思います。早急な改革をお願いしたいと思います。

 以上です。



○座長  要望でよろしいですね。

 ほかにご質問はございませんでしょうか。

 じゃあ。

              〔副座長、座長席に着席〕



○副座長  美藤委員。



◆美藤委員 これ塵芥処理費でもうよろしいですね。次の項目に移っていると、147ページに移っているということであわせて質問をさせていただきますが、需用費ですね、2億8,600万円の予算をとられてるということで、これ先日トラブルを起こした消石灰の問題を含めて、今ありきで考えるのではなくて、本当にその投入が絶対必要なのかどうか、そういう評価というのはされているのかという、これを確認をさせていただきたいんですが、いかがでしょうか。



○副座長  小西生活環境部長。



◎生活環境部長  ご質問の消石灰の吹きつけに伴う作業の必要性の問題ですが、このことにつきましては、ダイオキシンの発生を抑制するといった意味から、地域の安全性を確保するといった観点から必要であるというように考えておるところでございます。

 以上です。



○副座長  美藤委員。



◆美藤委員 期せずして70?のところを35?投入になったと。その結果のデータを見比べて何が大きく変わったかと。その時点だけをとらえたら、その前はゼロが発生したように出とるですけれども、さらにもう少し過去にさかのぼってちょっとデータを見せていただいた限りほとんど同等の数値だったと私なりに見せていただきました。それが偶然かもしれませんし、何ていいましょうか、減らすことが危険につながるならばそれは安全のことを優先するべきなんですけれども、本当にそれがそうなのか。そういう意味での長い目で見たチェックが必要だという意味で言わせていただいてるんですけども、いかがでしょうか。



○副座長  小西生活環境部長。



◎生活環境部長  過去にどうした実態があるのかは別としまして、ご指摘をされてます、本来時間70?の噴出量を35?に、2日間程度になったということなんでございますが、実はこれは業者に確認をした内容ですが、1時間に70?は噴出はしておりますが、その噴出しております炉の中には以前に噴出をした消石灰が残ってるという現状があるそうです。したがいまして、35?の噴出量であってもにわかに、1日、2日程度ですべて効果が失われるというもんではないというように聞いておりますので、35?にすることによって大丈夫かという確認については疑問が残るというように聞いてます。したがいまして、今も最低の量として70?が必要であるといった確認をさせていただいとるところでございます。

 以上です。



○副座長  美藤委員。



◆美藤委員 まあ委託してる相手からの答弁と聞き受けられるんですが、やはりこちらの当局側として技術力を持ってこれでいいというような結論まで持っていただけるように、内部的に技術力も含めた向上を図っていただければということで、最後はもう要望で結構ですので、よろしくお願いいたします。

              〔副座長退席、座長着席〕



○座長  前中委員。



◆前中委員 新環境センターについてお伺いしたいんですけども、いよいよ12月ぐらいですか、一般競争で新たに業者を決めるということになってますけど、それ間違いないんですか。



○座長  小田環境センター所長。



◎環境センター所長  新環境センターの建設工事でございますが、ご存じのとおりちょっと延期延期で現在に至っております。これにつきまして、19年度に当然予算計上されて、なるべく早く新しいのを建てて、今の老朽化しておりますので、一日も早く建てたいということで考えております。当然、もう今年度ということになりましたら、金額的にも議会の議決を必要とする工事でございますので、何とか3月議会の議決をいただけるような形でいきたいということで今事務作業にかかっております。

 以上でございます。



○座長  前中委員。



◆前中委員 入札の延期になったことについて、維持管理費余分にどれぐらいかかってますか。



○座長  小田環境センター所長。



◎環境センター所長  維持管理費につきましては、当初の17年度に建てるという中で、工期がございますので、それに合わせて維持計画というんですか、というのを上げております。ほぼそれのとおり来とるのは来とるんです。もう要らんもんはかえんでええわけですから、長期にわたるものはなるべくかえないようにという形で、維持するお金として大体毎年3,000万円ぐらいはかかってます。ただ、これは当初の計画からしましてもそう今のとこ変わりはないという形で来ております。これは今、また今の施設について今後どういう部分を維持、継続するのに必要かというとこは、もう今予算の時期でございますので、今詳細について練っておるとこで、今のところ改めてこんだけ多額が必要になるということはまだ出てきておりませんので、できれば何とかオーバーホールとかもう周期的に決まっているもので何とか抑えていきたいというふうに考えております。



○座長  前中委員。



◆前中委員 たしかクボタでしたよね。談合か何かによって辞退されたんでしたっけ。



○座長  小田環境センター所長。



◎環境センター所長  平成17年の第1回目のときクボタと仮契約まで行きました。仮契約から、12月の議決案件ということでなっとったわけですけれども、議決の1週間か2週間前だったと記憶しておりますが、クボタの方で東北の方で反社会的行為があったということで、クボタの方から一応辞退という形の届けがあって、ちょうど12月議会中であったと思います。当時の市長が、議会の中で提案した分について提案を取り消すと。事情はクボタからこれこれこういうことで辞退があったと、ほんで提案を取り消すことについて承認を願いたいという形で、議会の方でも承認をいただいたという経過になってございます。

 以上でございます。



○座長  前中委員。



◆前中委員 こういったプラントのメーカーというのは少ないから、またクボタになる可能性もあるってことなんですか。それと、クボタに対してのペナルティーっていうのは科すことできなかったんでしたっけ。



○座長  小田環境センター所長。



◎環境センター所長  指名業者に対するペナルティー等につきましては、申しわけございませんが、環境センターの工事やからといいまして環境センターで指名業者に対する処分を決めることはできません。それはあくまでも所管といたしましては管財契約課になろうかと思います。

 最初のご質問ですけれども、平成17年当時と、ご存じの方も多いと思うんですが、業者の様相が大変変わってきております。当時、平成18年当初にも公告を打ちましたが、それもつぶれております。それは当時で言う大手11社が水処理施設で談合したという経過の中で、それを受けましてかなり業者の再編と申しますか、もう水処理はしないという業者も多々出てきております。そこらの詳細についてはまだ企業ですので把握し切れない分が多々ありますけれども、クボタにつきましては今現在指名停止中であるというふうに確認しております。指名停止の期間につきましては、来年3月まで指名停止であるということで聞いております。今私が持ってる情報としてはそういうことになっております。

 以上でございます。



○座長  前中委員。



◆前中委員 今の所長のお話でしたら、管財契約の方だったら手続ができるってことですか、クボタに対してのペナルティーっていいますか、そういったものについては。



○座長  小田環境センター所長。



◎環境センター所長  ペナルティーにつきましては、いろんな要綱とかいろんな取り決めがあると思います。指名業者につきましては、当然所管しとるところが管財契約課になりますので、するしないは別にいたしまして、指名業者に対するいろんな指導とか措置についてはそちらが所管課になろうかと思いますが、これちょっと私の今の私見ですので、またしかるべきとこで、総務になりますか、所管事項を確認していただきたいというふうに考えます。

 以上でございます。



○座長  前中委員。



◆前中委員 所長もかつてそこの課長されてましたのでもう十二分に中身おわかりやと思いますけども、やはり契約の相手方が勝手に転んだ契約について、行政の方で幾らかのやっぱり損害を与えたことに対してそれなりのペナルティーっていうのは当然必要やと思うんですけども、課長何遍聞いてもあれですけども、もし当時の管財契約課長としてお答えいただけたら。



○座長  小田環境センター所長。



◎環境センター所長  当時、私既に環境課の参事でございまして、管財契約からどいております。ただ、ペナルティーになるかならないかは別といたしまして、18年度の当初の入札の公告の中には、落札したにもかかわらず契約を結ばなかった企業で、たしか1年だったと思いますが、に満たないものは入札に参加することができないという文面が入っておったように記憶いたしております。

 以上でございます。



○座長  よろしいですね。

 塵芥処理費に関してほかに質問がありましたら。よろしいですか。

              (「発言者なし」)



○座長  それでは、149ページのし尿処理費ということで質問がありましたらよろしくお願いいたします。いいですね。特にということで。

              (「発言者なし」)



○座長  それでは、159ページまでちょっと飛んでいただきます。今度は農林業費の農業費の中のふれあいと創造の里費ということで、資料を3点お願いしております。釣り堀管理運営費、それから花づくりの基地管理運営費、ふれあいと創造の里管理運営費ということで、3点続けてもうまとめて要旨を、コンパクトにお願いいたします。

 五良地域交流課長。



◎地域交流課長  それでは、追加資料を説明させていただきます。

 まず、1点目の委託料ということで、釣り堀の管理運営費ということで、これにつきましては委託名が釣り堀管理運営業務ということで、委託先につきましては地元の四ッ辻老人会の釣り部会に委託をしております。委託料につきましては110万6,940円ということで、これは3月から11月までの釣り堀の管理運営を委託をしております。

 続きまして、2点目の花づくり基地の運営事業ということで、委託名につきましてはふれあいと創造の里指定管理ということで、花づくり基地の委託であります。これにつきましては、委託先につきましては指定管理先であります財団法人三田市都市施設整備管理公社に委託をしております。委託料につきましては509万2,000円ということで、内容につきましては職員給与とか花の苗の育成業務となっております。これにつきましては、事業につきましては公園緑地課の方がやっておりまして、所管もそっちがやっております。

 それと、もう一点の委託ということで、維持管理費ということで、これにつきましては委託名がふれあいと創造の里指定管理ということで、花づくり基地以外の委託ということで、これにつきましても委託先につきましては財団法人三田市都市施設整備管理公社に委託をしております。委託料につきましては5,140万4,000円ということで、これにつきましては職員給与なり、あと光熱水費、委託関係の中のプールの監視業務の委託とか陶芸館作業の維持管理の委託とか、あと植栽委託、そんな委託をしております。

 以上でございます。



○座長  以上、3点まとめて説明いただきましたけれども、何かご質問ございましたらよろしくお願いいたします。

 それでは、ちょっと私の方で。

              〔副座長、座長席に着席〕



○副座長  美藤委員。



◆美藤委員 ふれあいと創造の里の維持管理費が、先ほどのほかの市民センターと比較した中でとても大きく感じるんですが、そのあたりに対して何かその要因なりがありましたら、よろしくお願いいたします。



○副座長  五良地域交流課長。



◎地域交流課長  一応業務的な内容が、やはりプールの監視とか、また陶芸館の作業とかそういう形で内容的にかなり違ってますので市民センターと比較はできないと思うんですけど、そういうふうな特殊な形の委託があります。そういう形でかなり委託料が多いと思いますけど。



○副座長  美藤委員。



◆美藤委員 ちょっと気になるのが、公社事務諸経費という500万円ほどの金額、そしてその他として550万円という、消耗品とかかかっているこの金額がちょっと大きく感じるんですけども、特に問題は感じられてないですか。



○副座長  五良地域交流課長。



◎地域交流課長  この公社につきまして、一応委託する中での公社の管理、約7%公社の管理料ということと、それからその他につきましては当然これだけの経費が要るという積算をした中での委託をしております。



○副座長  美藤委員。



◆美藤委員 その内容を確認されて問題ないと判断されているということですね。



○副座長  五良地域交流課長。



◎地域交流課長  特にそういう形で精査した中では問題ありません。



◆美藤委員 わかりました。

              〔副座長退席、座長着席〕



○座長  それでは、ほかに質問ございませんでしょうか。

              (「発言者なし」)



○座長  ないようでしたら、161ページの方の林業費の林業振興費について質問がありましたらよろしくお願いします。

 三木委員。



◆三木委員 済いません。これは有馬富士共生センターの木の香るまちづくり事業費の計上だと思うんですけれども、これ最初建てた経緯っていうのは木の香るまちづくり事業費で、所管が生活環境ではなくて経済建設の方だったと思うんです。有馬富士共生センターを市民センター的な機能として市民の方に活用していただくということで生活環境の方に今度は振り分けられたと思うんですが、その認識でいいんでしょうか。



○座長  五良地域交流課長。



◎地域交流課長  林業振興費につきましては、この中でうちの地域交流課の関係につきましては、共生センターをオープンするための例えば消耗品とか備品関係の購入費、そういう関係の経費についてはこちらの方で支出しております。



○座長  よろしいですか。

 三木委員。



◆三木委員 要するに、生活環境の方に移ってきたということでいいんですか。じゃなくて、18年度のときは二つの所管課にまたがっていたということなんですかね。



○座長  五良地域交流課長。



◎地域交流課長  事業の工事関係については農政の方でやっていまして、施設の管理についてはうちがやっていくという形の振り分けをしております。だから、施設の維持管理については移管をしてるということで、地域交流課が管轄してるという状況です。



○座長  それは最初っからという意味でよろしいんですね。途中からではなくて、最初からそういう形。

 吉岡副市長。そういう質問だと思う。



◎副市長  事務が動いたというよりも、事業費の採択で林業絡みの補助金で建ててますから、事業は事業所管でやっておったし、当然それが今課長申しましたようにその地域に市民センター構想がありましたから、当然市民センターとして使っていくんだという、ソフトの部分では生活環境がかかわっておりましたから、完成時においてはもうすべて市民センター担当のとこへやっておると、こういうことでございます。



○座長  よろしいですか。

 三木委員。



◆三木委員 じゃ済いません、161ページで生活環境の方に振り分けられてるこの工事請負費ですね、6,500万円、そのうちの4,700万円についてはどのような工事だったんでしょうか。



○座長  五良地域交流課長。



◎地域交流課長  工事費については農政関係ですね。



◆三木委員 これは農政ですか。



◎地域交流課長  はい。私どもの関係につきましては、ただいま需用費のうちの支出が475万9,725円のうちの約200万円とか……。



◆三木委員 えっ、約幾ら。



◎地域交流課長  11番需用費……。



◆三木委員 の475万9,000円のうち……。



◎地域交流課長  需用費の475万9,725円のうち、199万8,548円、それが地域交流課の管轄であります。あと、役務費の関係の2万8,290円のうちの1万290円、これが地域交流課の管轄ということと、それと公有財産購入費の15万1,200円、これはこちらの管轄です。それとあと、18番、備品購入費の1,474万7,965円のうちの1,463万8,870円、これが地域交流課の管轄になってます。



○座長  三木委員。



◆三木委員 じゃ、工事がもう全部完了してしまったら、19年度からはもう生活環境の方に全部入ってるということですか。わかりました。



○座長  では、よろしいでしょうか。ほかにございませんね。

              (「発言者なし」)



○座長  では、167ページに移ります。

 商工費の中の消費生活対策費について質問のある方よろしくお願いいたします。よろしいですか。

              (「発言者なし」)



○座長  よろしいですね。はい。

 それでは、171ページの方に行きまして、土木費に移ります。

 道路橋梁費ということで、道路橋梁維持管理費の中にこの所管のものがあるということで、資料ですね、道路橋梁費の件で172ページの説明を求めておりますので、もう簡単で結構です、ご報告お願いします。

 小田環境センター所長。



◎環境センター所長  この道路橋梁費の中で、一部工事請負費、これにつきまして環境センターが所管いたしております。上の方の1の道路橋梁維持管理費、これの工事請負費2億3,728万5,300円、このうちの環境センターが所管いたします分は2,402万2,950円、これが環境センターが所管して行った工事でございます。この工事につきましては、環境センターが今建っておる、また新たに更新施設を建てるという下田中地域の住民の方といろいろお話しする中で、下田中の中に危険な箇所があるということで、そこ現場確認行きまして、場所につきましては市道下田中山田線といいまして、176号線から武庫川沿いに堤防のもう一つ北側にある細い道の一方通行なんですけれども、通学生徒も通る、中学生も自転車で通るというところで、一方通行ではあるが物すご危険だということで、職員それも現認しましたので、これは早急にやらなきゃいかんということで、その道路について、道に沿ってちょうど水路がありましたので、その水路にふたがけをすることによって、その部分を歩道として確保して歩行者、自転車の方の安全を確保するという工事を環境センター所管で行った工事でございます。

 以上でございます。



○座長  今のご説明で特に質問はございませんでしょうか。

 ちょっとじゃあ私、済いません。

              〔副座長、座長席に着席〕



○副座長  美藤委員。



◆美藤委員 意味合いは理解させていただくんですが、これを生活環境としてやるというのと、元来の道路管理など、そういう部門との、非常に入り組んでる、入り組みっていうか、を感じるんですけれども、そういうところの所管分けっていうのは、こういうやり方が正しいというのか、これでよろしいんですか。



○副座長  小田環境センター所長。



◎環境センター所長  今のお尋ねですけれども、当初はこれは新環境センター整備に伴う事業と、関連事業ということで位置づけて工事にかかったわけでございます。ただ、やはりこれは市の全体の道路行政の中の一部であるということには間違いございませんので、窓口は環境センターが窓口で行うけれども、こういう事業につきましては、それぞれの道路の所管課、建設課でありますとか道路管理課、ですから19年度からはそれぞれそういう関連事業とはいえ全体の道路行政にかかわる部分につきましては建設課なり道路管理課なりに移すという形の方針で決定してございます。

 以上でございます。



◆美藤委員 はい、わかりました。

              〔副座長退席、座長着席〕



○座長  ほかにご質問はございませんでしょうか。

              (「発言者なし」)



○座長  それでは、次の項目、191ページに移ります。

 土木費の住宅費の中の水洗便所普及奨励費ということでご質問のある方ありましたらよろしくお願いします。特にはございませんか。

              (「発言者なし」)



○座長  ないようでしたら、次の193ページに移ります。

 消防費の消防費の中の常備消防費ということで、これも事前にお願いしております資料で庁舎維持管理費ということでお願いしておりますので、ご説明をよろしくお願いいたします。

 今西消防次長。



◎消防次長  それでは、庁舎維持管理費、まず初めに本部、本署の建物の管理費について説明をさせていただきます。

 目的は庁舎の維持管理、またその庁舎に設置されておりますいろいろな設備の保守、そういったものの費用でございます。全体的に報告させていただきますと、この中の経費、まず消耗品費ということで83万3,889円を使っております。中身につきましては、生活用品であるとか建物の電球代、それからまた玄関マット等でございます。次に、光熱水費でございますが、926万85円使っております。これは電気、水道、ガス代でございます。次に、修繕料でございますが、505万2,532円を使っております。内訳ですが、指令装置の修繕、エアコン、車庫シャッター、自家発電給水ポンプ等々の修繕でございます。次に、手数料ですが、17万5,515円使っております。これにつきましては、無線機の定期検査、それから消防設備として設置しております屋内消火栓の耐圧検査に使用したものでございます。次に、委託料でございますが、1,545万8,227円を使っております。委託に関しましては全体で16件あるわけですが、その主なものとしましては、指令装置の保守点検865万2,000円、庁舎清掃189万円、発信地表示システム検索制御装置保守136万5,000円、それから無線サイレン保守89万7,435円等々、全体で16件ございます。次に、使用料及び賃借料ですが、45万5,742円でございます。内訳ですが、トイレの消臭ユニットのレンタル料、それから指令台を保守しますメンテパソコンのリース料21万4,830円でございます。次に、分署に係ります庁舎維持管理費ですが、消耗品費が31万51円、これも同じく生活用品、それから電球、それからまた国旗、市旗等の購入代金でございます。次に、光熱水費ですが、159万3,105円、内訳ですが、電気、水道、ガスの使用料でございます。次に、委託料ですが、全体で6件ございます。137万8,734円でございます。主なもの、庁舎清掃で84万円、空調設備の保守で16万8,000円、植栽管理で16万8,000円、電気設備が14万2,884円、その他10万円未満ということでほかに2件ございます。次に、使用料及び賃借料ですが、9万342円です。中身はトイレの消臭ユニットのレンタル料でございます。

 以上でございます。



○座長  今の報告というか、ご説明で質問のある方はおられませんか。

 そしたら、副座長お願いします。

              〔副座長、座長席に着席〕



○副座長  美藤委員。



◆美藤委員 この管理費の中でちょっと高価かなと思って中を確認させていただきました。その中で、指令装置というものが全体の3分の2近くを占めているんじゃないかと思うんですけれども、特に保守点検が860万円と、これは非常に高価になっております。恐らく専門的な世界だと思いますが、恐らく相手の言い値的になってるんじゃないかなと、そういう思いがありまして、そのあたりどのようにお考えか、お聞かせください。



○副座長  今西消防次長。



◎消防次長  指令装置の保守点検、ご指摘のとおり865万2,000円と非常に高額になってございます。ただ、指令装置の方は非常に多くのパソコンが連結されまして、またその中に含まれておりますソフトを開発した業者に随意契約をさせていただいております。この指令装置につきましては、当然緊急時の119番通報が入ってくるところでございます。ですので、いっときの故障といったものも許されないわけでございまして、この業者に対しましては24時間体制で保守管理をいただいとるというふうなこともございまして、非常にこのような高額になってございます。

 ただ、今ご指摘のように随意契約で1業者というふうな部分の中で言いなりというお話もございますけれども、その中でも何とか経費節減という上で業者の方にはお願いをさせていただいておるところでございます。

 以上です。



○副座長  美藤委員。



◆美藤委員 確認をさせていただきたいのは、これ更新というか、いつ導入されて、どのぐらいの更新を考えられているのか、そのスケジュールを。



○副座長  今西消防次長。



◎消防次長  まず、この今現在使っております指令台につきましては、平成8年に新庁舎を竣工しております、そのときにまず構築したものでございます。指令台の更新時期につきましては10年前後かなというふうに理解はしておりますけども、16年に長坂に西分署を建築いたしました、そのときに新たなソフトの導入、またパソコン関係の入れかえ等々ございまして、16年からさらに約10年ぐらいはもつのではないかというふうな形で考えております。

 以上です。



◆美藤委員 わかりました。済いません、最後。



○副座長  美藤委員。



◆美藤委員 そうですね、機器がどんどん今安くなってる時代ですんで、老朽化したものを無理に使うというのが本当にいいことかなという思いもありました。なので、16年を機に更新されたというのであればそれは一つかなと思います。そうですね、安全性ということもそうですが、メンテナンスも含めたコストも考えていただければということで、質問を終わらせていただきます。それで了解です。

              〔副座長退席、座長着席〕



○座長  三木委員。



◆三木委員 最初にご説明いただいた庁舎の維持管理費と、プラス今後消防署で所有している車両であるとかシステムであるとかの今後の入れかえとか、そういうことの計画というものをお伺いしたところ、資料を提出していただいてるんですけれども、そのことについて少しちょっとご説明いただけますでしょうか。



○座長  今西消防次長。



◎消防次長  消防本部が抱えております修繕絡みの課題でございますけども、1点目に、IP電話、それから携帯電話の発信地表示システムの導入の件がございます。これは、今現在NTTの電話でありますと、指令台に119番が入ってきますと発信地表示システムが働きまして、相手の方がしゃべれなくても、また病気等で言葉が発せられない、またまた外国人の方であったとしても、その発信場所を瞬時に特定できる装置でございます。それがNTTのものについては設置されておるわけでございますが、IP電話、三田市の方では5社ほどもう既に入ってきておるわけでございますが、日本テレコムさんであるとかジェイコムさんであるとか、そういった会社のIP電話、それからもう一つは携帯電話でございますが、今までの携帯電話ですと、発信場所がどこからかけられたか、そういったものがわからないわけなんですが、その二つのものにつきまして、IP電話につきましてはそれの業者のサービスによりまして21年度までは業者の負担によりましてそのIP電話の加入者の情報を別のパソコンで表示するようなシステムが組まれております。それに画面の情報を見まして指令台で手入力で住所情報等を打ち込みますと指令台の機能が働いてどの場所であるというのが特定できるような、そういう形に現在はなってきております。ですけども、21年度に業者との約束がございましてそういった業者のサービスシステムが引き揚げられることになってしまいます。ですから、消防本部としましては、何とか同じような機能を継続させる、また指令台に反映させるようなそういうシステムの導入を行っていきたいなというふうに考えております。

 次に、携帯電話の関係でございますけども、携帯電話につきましても今現在は発信場所がわからないところなんですが、これからは携帯電話の発信場所がわかるGPS機能をつけた携帯電話がこれから普及していくようでございます。ですから、それに合わせて携帯電話につきましても電話をかけられた場所が瞬時にわかるようなそういった発信地表示システムの導入を図っていきたいなというふうに思っておりまして、できればIP電話のそういったものが切れます21年度に合わせて携帯電話のものも含めてシステムを構築したいというふうに考えておりますのが一つの大きな課題でございます。

 それから、もう一点が消防用の無線の交信の問題でございます。これにつきましては、平成15年10月に電波法の改正がございまして、現在使用しておりますアナログの周波数の使用期限が28年5月31日で切れることになってございます。ですので、今現在消防が使っております消防無線につきましてはこの28年5月31日をもって使えなくなるというふうなことでございますので、それまでにデジタル無線を整備しなければならないというふうな大きな課題がございます。

 以上です。



○座長  三木委員。



◆三木委員 機器の更新であるとか整備であるとか、市民の安全のために必要なものっていうのは徐々に買いかえるなり新しいものを買っていくなりしていかないといけない現状があると思うんですが、ちょっと資料を出していただいた中で気になったのが、価格の方が未定ということで、全然私想像つかないんですね、大体幾らぐらいのお金がかかるんだろうということが、新システムを導入した場合と消防用無線、消防用無線の更新はまだ28年の方で先になりますけれども、IP電話と携帯電話の方は平成21年度にそういうことを行っていきたいということであれば、今20年度の予算を組んでるところですから、大体幾らぐらい予算がかかるのかっていうのが、大枠の線で、想像もつかないので、ちょっとどれぐらいの金額になるのかっていうことを教えていただければ。



○座長  今西消防次長。



◎消防次長  昨年、今年、2回ですけども、見積りをとっております。若干の価格の開きがあるわけですが、約1,500万円前後というふうにご理解いただけたらありがたいと思います。

 以上です。



○座長  それはIP電話。



◎消防次長  はい。IP電話と携帯電話の発信地表示システムの導入に関してです。

 以上です。



○座長  よろしいですか。

 ほかにはご質問はないでしょうか。

              (「発言者なし」)



○座長  それでは、193ページの非常備消防費について質問がありましたらよろしくお願いします。

 よろしいですかね。特にないですね。

              (「発言者なし」)



○座長  それでは、195ページの3番消防施設費ということで質問がありましたらよろしくお願いします。

 三木委員。



◆三木委員 済いません。車両の購入費なんですけれども、8,100万円上がっておりますね。それの車両の種類を教えていただきたいのと、これも資料でいただいているんですけれども、今後やっぱり車両というものも順次更新ということになろうかと思うんですが、そちらの予定をちょっと教えていただけますでしょうか。



○座長  最後のページに入ってる資料を見ていただければね。

 今西消防次長。



◎消防次長  まず初めに、18年度購入いたしました車両でございますが、救助工作車でございます。救助工作車につきましては購入額が8,190万円ということになってございます。消防緊急援助隊車両というふうなことで国の補助を受けております。その補助金額が3,186万6,000円で、あと起債4,500万円、一般財源503万4,000円、合わせて8,190万円ということで購入をしております。



○座長  スケジュールですね、後の。



◎消防次長  今後の消防車両の整備予定でございますけども、まず一つは、高規格救急車の更新が迫られております。三田市には高規格救急車が4台あるわけでございますが、平成8年、平成11年、12年、17年というふうに導入をしております。平成8年に導入しました高規格救急車につきましては、現在のところ11年が経過しておりまして、走行距離の方も16万5,000?余りというふうに非常に距離の方も伸びておりますし、出動回数の方も約1万回に達するような状況でございます。そういったこともございまして、非常に車両、またまた中に積載しております資機材等につきましても老朽化が進んできております。そういったことで、これはあくまで予定ではございますが、できるだけ早い時期、できれば21年度に整備ができればというふうに思っております。

 次に、水槽つき消防ポンプ自動車、俗に我々はタンク車と呼んでおるわけですが、これは自動車の中に1.5トンないし2トンの水を積んでおりまして、火災出動した場合に直近につけてすぐさま水が放水できるという機能を持ち合わせております。ですので、消防にはなくてはならない消防車両なんですが、これにつきましては三田消防では2台所有をしております。1台は平成6年、1台は平成12年に購入をしております。平成6年のものにつきましては現在13年が経過しておりまして、非常に車両、また装備品につきましても老朽化が激しいというふうなことで、これにつきましてもできるだけ早い時期に更新を行っていきたいなというふうに思っております。

 それから次に、消防団の車両でございますが、これは可搬ポンプを積載した積載車でございますが、三田市市内7分団ございまして、12台の車両を配備しております。今年度、19年度におきましても1台購入予定をさせていただいておりますが、他の車につきましても非常に老朽化とあわせまして年数的にも非常に経過してきてございます。その12台につきまして、年次計画的に買いかえをしていかなければならないというふうにこちらの方では考えております。

 以上でございます。



○座長  三木委員。



◆三木委員 ご説明ありがとうございます。消防署の方で今後購入、更新されていくべき車両のお値段も結構高額なものですね。この資料いただいてたらやっぱり1,900万円とか、資材が1,300万円とか、水槽ポンプ車だったら4,500万円とか、そういう高額なものになると思うんですけれども、これはやはり先ほど8,100万円の救助工作車のように国庫補助金がおりてくるものなんでしょうか。



○座長  今西消防次長。



◎消防次長  車両購入にあたりまして、団車両につきましては今年度で国の補助関係は打ち切りということになってございます。それ以外の常備が扱っております消防車両、救急車でございますが、消防緊急援助隊絡みの車両であれば、それの登録を条件に補助が組まれているものもございます。ですから、救急車は三田市も援助隊に登録しておりますし、救助工作車も登録しておるわけでございます。ですから、そちらの方については補助のつく可能性はあるわけですが、非常に補助の枠の方も削減されてきておりまして厳しい状況でございます。

 以上です。



○座長  よろしいですか。

 以上で歳出一通り質問の確認をさせていただきましたが、通して何かございましたら、この際。特にないでしょうか。

              (「発言者なし」)



○座長  では、2時半まで休憩ということで、特別会計に移らせていただきます。

 10分間ほどの休憩ということでお願いします。

            (暫 時 休 憩)



○座長  それでは、休憩前に引き続きまして審査に入ります。

 続きまして、特別会計でございます。

 275ページ以降の下水道事業特別会計について一括での質疑となります。

 質疑のある方はございませんでしょうか。ないですか。35億円の事業でございます。しっかりと。特にございませんか。

              (「発言者なし」)



○座長  ないようですので、次に309ページになります。公営墓地整備事業特別会計ということで、質疑のある方ございませんでしょうか。

              (「発言者なし」)



○座長  はい、特にないようでございます。

 特別会計の質疑はこれで終わらせていただきます。

 以上をもちまして生活環境分科会の審査を終わります。

 本日の審査、一日ご苦労さまでした。

 明日15日は午前9時から経済建設分科会ということでございます。

 本日はこれをもって散会といたします。

 ご苦労さまでした。