議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 小野市

平成22年第366回臨時会(第1日 5月11日)




平成22年第366回臨時会(第1日 5月11日)





┌─────────────────────────────────────────────┐


│                                             │


│       第366回小野市議会(臨時会)会議録                    │


│                                             │


│                                             │


│                                             │


│              平成22年5月11日(火)(第1日)             │


│                                             │


│                 開  会  午 前 10時00分            │


└─────────────────────────────────────────────┘





 
   第1 会議録署名議員の指名         河 合 俊 彦


                         藤 本 修 造


   第2 会期の決定           5月11日(火)〜5月11日(火)


                                  (1日間)


   第3 諸報告          (1)今期臨時会に出席を求めた人の職氏名


                   (2)本日市長から提出された議案( 4件)


                   (3)専決処分の報告書     ( 1件)


                   (4)例月出納検査結果報告書  ( 1件)


   第4 議案第31号、議案第33号     一括上程、提案説明、質疑、


                       (委員会付託省略)


                        討論、表決


   第5 議案第32号、議案第34号     一括上程、提案説明、質疑、


                        総務文教常任委員会付託、


                        同審査報告、


                        同審査報告に対する質疑、


                        討論、表決





2 本日の会議に付した事件


   日程第1 会議録署名議員の指名       河 合 俊 彦


                         藤 本 修 造


   日程第2 会期の決定         5月11日(火)〜5月11日(火)


                                  (1日間)


   日程第3 諸報告        (1)今期臨時会に出席を求めた人の職氏名


                   (2)本日市長から提出された議案( 4件)


                   (3)専決処分の報告書     ( 1件)


                   (4)例月出納検査結果報告書  ( 1件)


   日程第4 議案第31号、議案第33号   一括上程、提案説明、質疑、


                       (委員会付託省略)


                        討論、表決


   日程第5 議案第32号、議案第34号   一括上程、提案説明、質疑、


                        総務文教常任委員会付託、


                        同審査報告、


                        同審査報告に対する質疑、


                        討論、表決


   日程追加 議長辞職の件


   日程追加 議長の選挙


   日程追加 副議長辞職の件


   日程追加 副議長の選挙


   日程追加 常任委員及び議会運営委員の選任


   日程追加 各組合議員の辞任


   日程追加 各組合議員の選任


   日程追加 議案第35号          上程、提案説明、


                        (議事順序省略)、表決





3 議事順序


   開会(午前10時00分)


   議長あいさつ


   開会宣告


   開議宣告


   会議録署名議員の指名


   会期の決定


   諸報告


   議案第31号及び議案第33号


   質疑


   議案第32号及び議案第34号


   休憩(午前10時23分)


   再開(午前11時30分)


   休憩(午前11時32分)


   再開(午後 1時00分)


   議長辞職の件


   議長の選挙


   休憩(午後 1時16分)


   再開(午後 1時17分)


   副議長辞職の件


   副議長の選挙


   休憩(午後 1時31分)


   再開(午後 3時40分)


   常任委員及び議会運営委員の選任


   休憩(午後 3時43分)


   再開(午後 3時45分)


   常任委員・議会運営委員の正・副委員長の選任の報告


   各組合議員の辞任


   各組合議員の選任


   議案第35号


   閉会宣告(午後 4時03分)





4 会議に出席した議員(18名)


   1番  藤井 玉夫


   2番  河島 信行


   3番  松本 哲昇


   4番  岡嶋 正昭


   5番  竹内  修


   6番  河合 俊彦


   7番  藤本 修造


   8番  山中 修己


   9番  加島  淳


  10番  松本 英昭


  11番  石田喜久男


  12番  川名 善三


  13番  藤原  健


  14番  掘井 算満


  15番  松井 精史


  16番  井上 日吉


  17番  鈴垣  元


  18番  吉田 成宏





5 会議に欠席した議員・説明員


   な   し





6 議事に関係した事務局職員


   議会事務局長    今村 義明


   議会事務局課長補佐 井岡  伸


   議会事務局主査   大橋めぐみ





7 会議に出席した説明員(14名)


   市長        蓬莱  務


   副市長       井上 嘉之


   副市長       小林 清豪


   会計管理者     冨田  章


   総務部長      近都 正幸


   市民安全部長    松田 哲也


   市民安全部次長   小西 俊寛


   市民福祉部長    松野 和彦


   地域振興部長    森本  孝


   市民病院事務部長  藤田 久好


   水道部長      小林 昌彦


   消防長       友定 芳継


   教育長       陰山  茂


   教育次長      松井 伸行





8 会議に付した事件


 1.市長提出議案


 議案第31号 専決処分の承認を求めることについて(平成21年度小野市一般会計補


        正予算(第7号))


 議案第32号 専決処分の承認を求めることについて(小野市税条例の一部を改正する


        条例の制定について)


 議案第33号 専決処分の承認を求めることについて(小野市国民健康保険税条例の一


        部を改正する条例の制定について)


 議案第34号 市立小野中学校体育館改築工事請負契約について


 議案第35号 小野市監査委員の選任について





 2.議会提出議案


 議選第 1号 小野市議会議長の選挙について


 議選第 2号 小野市議会副議長の選挙について


 議選第 3号 小野市議会常任委員の選任について


 議選第 4号 小野市議会議会運営委員の選任について


 議選第 5号 北播衛生事務組合議員の選挙について


 議選第 6号 播磨内陸医務事業組合議員の選任について


 議選第 7号 北播肢体不自由児機能回復訓練施設事務組合議員の選挙について


 議選第 8号 小野加東環境施設事務組合議員の選任について


 議選第 9号 小野加東広域事務組合議員の選任について


 議選第10号 北播磨総合医療センター企業団議員の選挙について





                開会 午前10時00分





                 〜議長あいさつ〜





○議長(川名善三君)  皆さん、おはようございます。


 開会に当たり、一言ごあいさつ申し上げます。


 風薫るさわやかな季節を迎え、議員各位にはご健勝にてご参集を賜り、本日ここに第366回小野市議会臨時会を開会できますことはまことにご同慶にたえません。


 さて、今期臨時会に提案されます案件は、一般会計補正予算、条例の制定、工事請負契約に係る重要な案件であります。また、例年どおり追加日程で議会役員の改選並びに選任などを予定いたしておりますので、何とぞ議員各位にはご精励を賜りまして、慎重にご審議の上、適切妥当なる結論が得られますようお願いを申し上げまして、まことに簡単粗辞ではございますが、開会のごあいさつとさせていただきます。





                 〜開 会 宣 告〜





○議長(川名善三君)  ただいまから、第366回小野市議会臨時会を開会いたします。





                 〜開 議 宣 告〜





○議長(川名善三君)  これより本日の会議を開きます。


 それでは、お手元に配付いたしております議事日程に基づき、会議を進めてまいります。


 これより日程に入ります。





             〜日程第1 会議録署名議員の指名〜





○議長(川名善三君)  日程第1、会議録署名議員の指名であります。


 署名議員は、会議規則第81条の規定によって議長より指名いたします。


 河合俊彦議員


 藤本修造議員


の両議員にお願いいたします。





               〜日程第2 会期の決定〜





○議長(川名善三君)  次に、日程第2、会期の決定を議題といたします。


 お諮りいたします。


 今期臨時会の会期は、本日1日といたしたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶものあり)


○議長(川名善三君)  ご異議なしと認めます。


 したがって、そのように決定いたしました。





                〜日程第3 諸報告〜





○議長(川名善三君)  次に、日程第3、諸報告であります。


 まず、地方自治法第121条の規定に基づき、説明のため、今期臨時会に出席を求めました人の職氏名は、お手元に配付いたしております別紙のとおりであります。


 次に、市長から提出されました議案は、別紙一覧表のとおり4件であります。


 次に、市長から提出されました専決処分の報告書は、別紙のとおり1件であります。


 次に、監査委員から地方自治法第235条の2第3項の規定により、例月出納検査結果報告書1件が提出されております。


 以上の件について、それぞれその写しをお手元に配付いたしております。


 以上で、諸報告を終わります。





          〜日程第4 議案第31号・議案第33号〜





○議長(川名善三君)  次に、日程第4、議案第31号及び議案第33号を一括議題といたします。


 議案の朗読を省略いたしまして、理事者側より提案理由の説明を求めます。


 市長。


                  (市長 登壇)


○市長(蓬莱 務君)  本日、第366回市議会臨時会を招集いたしましたところ、議員各位には何かとご多用の中、ご出席を賜りまして、開会の運びとなりました。心から厚く御礼を申し上げます。


 さて、長きにわたって停滞と閉塞の中にある厳しい経済情勢のもと、2年連続となる積極型予算を編成し、平成22年度がスタートしたところでありますが、今期の私の方針は、市民満足度志向の進化と深化を目指したさらなるMM、見えるマネジメントの実践であります。


 今、「しんか」という言葉を二度申し上げましたが、最初の「進化」は、さらに向上、進歩させるという意味での「進む」「化」、つまり進化でありました。後の「深化」は、さまざまな問題点や課題というものをさらにもっと深く掘り下げて問題解決のために「見える化」するという意味での「深い」「化」、つまり深化であります。


 この方針により、さらなる飛躍と変革に向けて決断できる真のリーダーとしてポジティブシンキングでチャレンジをしてまいりたいと考えております。


 さて、北播磨総合医療センターの現在の進捗状況について、少しお話をさせていただきます。


 昨日、北播磨総合医療センター企業団の議会の議員総会が三木市で行われまして、一つには業務委託の業者の選定及び建築設計プロポーザル案等に対するご協議を賜り、そしてまたご承認をいただいたところであります。


 まず建築設計でありますが、完成すれば634メートルで、世界一の高さの自立的電波塔となる東京スカイツリーを設計した業者にこのほど決定をし、来年度から建築工事に着手する予定であります。


 また、造成工事の設計は10月末に終えて、来年の10月末までに造成工事を完了いたします。


 医療情報システムとか、あるいはまた医療機器などのソフト面を支援する業者も決定をいたしまして、さらに新都市中央線もいよいよ本格工事にかかるなど、平成25年10月のオープンを目指して、現段階では予定どおり進んでいる状況でありますことをご報告申し上げます。


 次に、かねてからの念願でありました粟生樋門でありますが、先日、国土交通省姫路河川国道事務所のご尽力により、万願寺川と粟生川の合流箇所に完成をいたしました。


 この樋門には、平成16年のあの台風23号と同じ規模の洪水が起こったとしても、その水位を1.6メートル下げる効果がありますので、その結果として浸水面積を半分以下に抑えることができるようになりました。


 その当時を顧みますと、私は加古川周辺の6つの市で構成する加古川改修促進期成同盟会の会長でもありますので、平成16年の災害の後、直ちに国土交通省に赴き、当時の国交省大臣に直接出会って、復旧、復興への早期の取り組みをお願いしたことが思い出されます。


 さらに、昨年も前原国土交通大臣や野田財務副大臣にお会いをして、兵庫県下で最大の一級河川であるにもかかわらず、今なお無堤地区があるという、それ自体が問題であるということで、早急に解消してほしい旨の要望を強くしたところであります。


 粟生樋門の管理は地元の方々にお願いをしておりますが、地域の安全は地域で守るという基本理念のもと、行政と地域が一体となって防災体制の充実強化を図ってまいりたいと考えております。


 最後になりますが、ハーブでエコな暮らし、食と健康をテーマに、第19回全国ハーブサミット小野大会を今月末の29日にうるおい交流館エクラで、翌30日にはひまわりの丘公園で開催をいたします。サミットには、北は北海道から南は沖縄県までの全国の21の市と町が参加していただく予定になっており、フォーラムやセミナー、クッキング体験やハーブ屋台など数多くのイベントを予定いたしております。まさに色と香りのまちづくり、食育を目指した新たなチャレンジへの出発であります。


 議員の皆様方におかれましても、この全国レベルのビッグイベントに関しまして、当日のご参加はもちろんのこと、PRの一翼を担っていただきたいと存じます。


 さて、今回の臨時会に提出を予定いたしております議案は、補正予算など専決処分の承認を求めるもの3件、小野中学校体育館改築工事の請負契約に係るもの1件の計4件であります。


 各議案の細部につきましては担当者からご説明申し上げますので、ご審議、ご決定賜りますようよろしくお願いを申し上げます。


○議長(川名善三君)  それでは、議案第31号について、総務部長。


                 (総務部長 登壇)


○総務部長(近都正幸君)  議案第31号 平成21年度小野市一般会計補正予算(第7号)の専決処分の承認を求めることについて、提案説明をいたします。


 議案書の31ページであります。


 本議案につきましては、本年3月の第365回市議会定例会にて議決をいただきました平成21年度小野市一般会計補正予算(第6号)の繰越明許費の変更に係る補正予算について、地方自治法第179条第1項の規定により、専決処分の承認をお願いするものであります。


 改正の内容は、31−2ページの「第1表、繰越明許費補正」のとおり、款7 土木費、項1 道路橋梁費、事業名、新都市中央線整備事業について、年度内事業費の執行確定により繰越明許額を5,500万円から5,800万円に補正したものであります。


 以上、提案説明といたします。


○議長(川名善三君)  次に、議案第33号について、市民福祉部長。


                (市民福祉部長 登壇)


○市民福祉部長(松野和彦君)  議案第33号 小野市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例制定の専決処分の承認を求めることについて、提案説明をいたします。


 議案書の33ページであります。


 このたびの条例改正は、地方税法等の一部を改正する法律が本年3月31日に公布され、4月1日から施行されたことに対応するためのものであります。


 条例改正の主な内容でありますが、1点目は、本人の意思に反して離職を余儀なくされた65歳以下の失業者に対して、離職日の翌日の属する月からその月の属する年度の翌年度末までの最長で2カ年間について、当該失業者の前年の給与所得金額を100分の30に置き直した所得金額で国民健康保険税を算定することにより、非自発的な失業者の保険税の負担軽減を図ろうとするものであります。


 2点目は、後期高齢者医療制度の創設に伴い、被用者保険の被保険者本人が後期高齢者医療に移行したことにより、その被用者保険の65歳以上の被扶養者であった方が国民健康保険に加入された場合に、これまで2年間に限って国民健康保険税を減免することとしていた期間を当分の間、延長しようとするものであります。


 なお、今回の改正では、条例において引用している法令の名称が本年6月1日付で改正されることに伴う条文整備をあわせて行っております。


 この条例は本年3月31日付をもって専決し、4月1日から施行するもので、これについてご承認をお願いするものであります。


 以上、提案説明といたします。


○議長(川名善三君)  以上で当局の提案理由の説明は終わりました。


 ただいまの説明に対し、質疑の希望はありませんか。


               (「なし」と呼ぶものあり)


○議長(川名善三君)  議案第31号及び議案第33号について、質疑の希望はありませんので、これにて質疑を終結いたします。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっております議案第31号及び議案第33号について、会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略し、直ちに討論・表決に入りたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶものあり)


○議長(川名善三君)  ご異議なしと認めます。


 よって、委員会付託を省略することに決定いたしました。


 これより、討論・表決に入ります。


 議案第31号及び議案第33号について、討論の希望はありませんので、これにて討論を終結いたします。


 これより、議案第31号及び議案第33号を採決いたします。


 本案は、原案のとおり承認することにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶものあり)


○議長(川名善三君)  ご異議なしと認めます。


 したがって、議案第31号及び議案第33号は、原案のとおり承認されました。





          〜日程第5 議案第32号・議案第34号〜





○議長(川名善三君)  次に、日程第5、議案第32号及び議案第34号を一括議題といたします。


 議案の朗読を省略いたしまして、理事者側より提案理由の説明を求めます。


 議案第32号について、総務部長。


                 (総務部長 登壇)


○総務部長(近都正幸君)  議案第32号 小野市税条例の一部を改正する条例制定の専決処分の承認を求めることについて、提案説明をいたします。


 議案書の32ページであります。


 このたびの条例改正は、地方税法等の一部を改正する法律の公布に伴い、平成22年4月1日から施行される税制改正に対応するためのものであります。


 その主な内容でありますが、公的年金所得に係る住民税の納付方法につきましては、平成21年度から65歳以上の方は年金から特別徴収され、65歳未満の方につきましては窓口などでの普通徴収で納付していただくことになりました。このため、65歳未満の方で給与所得と年金所得がある場合にはこれら両所得の合計額から算定されます住民税を給与からまとめて特別徴収することができず、納税者にとって不便な制度となっておりました。


 そこで、このたびの改正では給与所得と年金所得の両所得がある65歳未満の方について、両所得に係る住民税を給与からまとめて特別徴収できるように改正しようとするものであります。


 なお、今回の改正では、条例において引用しております法令の名称が本年6月1日付で改正されることに伴う条文整備もあわせて行っております。


 この条例は本年3月31日付をもって専決し、4月1日から施行するもので、これについてご承認をお願いするものであります。


 以上、提案説明といたします。


○議長(川名善三君)  次に、議案第43号について、教育次長。


                 (教育次長 登壇)


○教育次長(松井伸行君)  議案第34号 市立小野中学校体育館改築工事請負契約について提案説明をいたします。


 議案書の34ページであります。


 この議案は、地方自治法施行令第167条の2第1項第2号に基づく随意契約による市立小野中学校体育館改築に係る工事請負契約の締結について、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決を求めるものであります。


 工事の契約内容は、契約金額3億2,340万円で、契約相手は神戸市中央区港島中町7丁目4番3、株式会社明和工務店、代表取締役社長、中島俊一であります。


 なお、今回の工事は、鉄筋コンクリートづくり(一部鉄骨づくり)2階建てで、延べ床面積約1,500平方メートルであります。また、太陽光発電設備50キロワットの整備及びプール改修工事もあわせて行います。


 以上、提案説明といたします。


○議長(川名善三君)  以上で当局の提案理由の説明は終わりました。


 ただいまの説明に対し、質疑の希望はありませんか。


               (「なし」と呼ぶものあり)


○議長(川名善三君)  議案第32号及び議案第34号について、質疑の希望はありませんので、これにて質疑を終結いたします。


 ただいま議題となっております議案第32号及び議案第34号について、会議規則第37条第1項の規定により、お手元に配付いたしております常任委員会審査付託表のとおり総務文教常任委員会に付託して慎重審査を煩わせたいと存じます。


 この際、委員会開催のため暫時休憩いたします。再開は、15分前に庁内放送をさせていただきますので、よろしくお願いをいたします。





                休憩 午前10時23分


                ───────────


                再開 午前11時30分





○議長(川名善三君)  ただいまから、会議を再開いたします。


 常任委員会審査報告であります。


 先ほどの本会議において審査を付託いたしました議案第32号及び議案第34号について、休憩中に審査の報告がありましたので、総務文教常任委員長に報告を求めます。


 総務文教常任委員長 井上日吉議員。


                (井上日吉君 登壇)


○16番(井上日吉君)  総務文教常任委員会の審査のご報告を申し上げます。


 当委員会に付託されました案件は、議案第32号及び議案第34号の2件であります。委員会を本日開催し、当局から詳しく説明を受け、その後、慎重に審査を行いました。


 審査の過程で特に指摘事項はなく、その結果につきましては、お手元の委員会審査報告書のとおりでありまして、議案第32号及び議案第34号について、反対討論はなく、全会一致をもって承認可決するものと決定した次第であります。


 何とぞ議員各位におかれましては当委員会の決定にご賛同賜りますようお願いを申し上げまして、総務文教常任委員会の審査報告といたします。


○議長(川名善三君)  常任委員長報告は終わりました。


 ただいまの委員長報告に対して、質疑の希望はありませんか。


               (「なし」と呼ぶものあり)


○議長(川名善三君)  委員長に対する質疑の希望はありませんので、これにて質疑を終結いたします。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっております議案第32号及び議案第34号について、これより討論・表決に入りたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶものあり)


○議長(川名善三君)  ご異議なしと認めます。


 したがって、そのように決定いたしました。


 これより討論・表決に入ります。


 議案第32号及び議案第34号については、討論の希望はありませんので、これにて討論を終結いたします。


 これより、議案2件を一括して採決いたします。


 本案は、原案のとおり可決承認することにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶものあり)


○議長(川名善三君)  ご異議なしと認めます。


 よって、議案第32号及び議案第34号は、原案のとおり承認可決されました。


 この際、暫時休憩いたします。再開は13時といたします。





                休憩 午前11時32分


                ───────────


                再開 午後 1時00分





○副議長(河島信行君)  ただいまから会議を再開いたします。





                 〜議長辞職の件〜





○副議長(河島信行君)  この際、ご報告申し上げます。


 先ほど川名善三議員から、本日付をもって、一身上の都合により議長を辞職したい旨、辞職願が提出されました。


 お諮りいたします。


 議長辞職の件を本日の日程に追加し、直ちに議題とすることにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶものあり)


○副議長(河島信行君)  ご異議なしと認めます。


 したがって、そのように決定しました。


 お諮りいたします。


 地方自治法第108条の規定に基づき、川名善三議員の議長辞職を許可することにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶものあり)


○副議長(河島信行君)  ご異議なしと認めます。


 よって、川名善三議員の議長辞職を許可することに決定しました。


                (川名善三君 入場)


○副議長(河島信行君)  この際、川名善三議員から発言を求められておりますので、これを許可いたします。


                (川名善三君 登壇)


○12番(川名善三君)  失礼をいたします。議長を辞任するに当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。


 昨年、議長選挙により議員の皆様方の温かいご推挙をいただき議長に就任をいたしました。以来この1年間、微力ではありましたけども、議長職を果たすべく、精いっぱい努力をさせていただきました。そして、大過なく本日を迎えることができましたのも、これひとえに皆様方の温かいご指導、ご鞭撻のたまものであり、心から厚く御礼を申し上げる次第でございます。


 この1年は、新型インフルエンザの発生や歴史的な国の政権交代、また依然として厳しい社会・経済情勢が続く中、小野市議会では議会改革特別委員会を設置し、議会改革や議員定数について積極的な改革に取り組んでまいりました。その結果、議会の持つ批判・監視能力の充実を図りつつ、絶えず市民の目線に立ち、積極的な改革に取り組み、議員定数を2名削減し16名とした次第であります。


 また、議員のさらなる専門性の深化を図るため、各常任委員会研修の開催や情報の共有化と議会運営の円滑化を図るため、常に当局との連絡を密にし、必要に応じ、議員協議会等を積極的に開催してまいりました。


 市議会も、限られた範疇ではありますが、市民の負託にこたえ、市当局との車の両輪の関係を堅持し、市政の進展と市民福祉の向上、そしてさらなる議会改革に全力を尽くさなければなりません。


 私もこれからは一議員として議員活動に精励いたしたいと思います。今後ともご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願いを申し上げます。


 また、終わりになりましたが、蓬莱市長を初め市当局から賜りました身に余る厚情に対しまして心から御礼を申し上げますとともに、小野市政のますますの進展を心からお祈り申し上げ、議長辞任のあいさつといたします。


 皆さん、大変お世話になりました。ありがとうございました。


                  (拍  手)


○副議長(河島信行君)  川名善三議員のあいさつは終わりました。





                  〜議長の選挙〜





○副議長(河島信行君)  この際、お諮りいたします。


 川名善三議員の議長辞職に伴い、欠員となりました議長の選挙を本日の日程に追加いたしたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶものあり)


○副議長(河島信行君)  ご異議なしと認めます。


 よって、議長の選挙を本日の日程に追加し、直ちに選挙を行います。


 これより、議長の選挙を行います。


 議場の閉鎖を命じます。


                 (議 場 閉 鎖)


○副議長(河島信行君)  ただいまの出席議員数は、18人であります。


 投票用紙を配付させます。


               (投 票 用 紙 配 付)


○副議長(河島信行君)  投票用紙の配付漏れはありませんか。


               (「なし」と呼ぶものあり)


○副議長(河島信行君)  配付漏れ、なしと認めます。


 投票箱を改めさせます。


                (投 票 箱 点 検)


○副議長(河島信行君)  異状なしと認めます。


 念のため申し上げます。


 投票は単記無記名であります。


 投票用紙に被選挙人の氏名を、名前まで必ず記載の上、点呼に応じて順次ご投票願います。


 白票は無効であります。


 これより、事務局長に点呼を命じます。


               (事務局長点呼・議員投票)


○副議長(河島信行君)  投票漏れはありませんか。


               (「なし」と呼ぶものあり)


○副議長(河島信行君)  投票漏れ、なしと認めます。


 よって、投票を終了いたします。


 議場の閉鎖を解きます。


                 (議 場 開 鎖)


○副議長(河島信行君)  開票を行います。


 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に竹内 修議員、河合俊彦議員の両議員を指名いたします。


 両議員の立ち会いを求めます。


                 (開     票)


○副議長(河島信行君)  これより、選挙の結果を報告いたします。


 投票総数18票、これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。


 このうち、有効投票18票、無効投票ゼロ票。


 有効投票中、石田喜久男議員14票、井上日吉議員4票。


 以上のとおりであります。


 この選挙の法定得票数は、4.5票であります。


 よって、石田喜久男議員が議長に当選されました。


 ただいま議長に当選されました石田喜久男議員が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により、当選の告知をいたします。


 この際、石田喜久男議員の議長当選のあいさつの発言を許可いたします。


               (当選承諾及びあいさつ)


                (石田喜久男君 登壇)


○11番(石田喜久男君)  失礼いたします。議長就任に際しまして、一言ごあいさつ申し上げます。


 ただいまは議員の皆様方の温かいご支援によりまして、小野市議会議長に当選させていただき、本当にありがとうございました。心からお礼申し上げます。


 私は浅学非才、まことに微力でございますが、ご推挙いただいたからには自分自身を厳しく律しながら、議会の円滑な運営と歴代議長が取り組んでこられた議会改革、そして蓬莱市政の掲げられている魅力、活力、個性に富んだ「21世紀に雄飛するエクセレントシティおの」の実現に向けて、車の両輪の一つとして行政施策を力いっぱい支えてまいる所存でございます。


 何とぞ議員並びに当局のさらなるご指導とご支援をひとえにお願い申し上げまして、まことに簡単粗辞でその意を十分尽くせませんが、議長就任のごあいさつとさせていただきます。どうもありがとうございました。


○副議長(河島信行君)  石田喜久男議長の当選承諾及びあいさつは終わりました。


 それでは、石田喜久男議長と議長席を交代いたします。


 この際、暫時休憩いたします。





                休憩 午後 1時16分


                ───────────


                再開 午後 1時17分


○議長(石田喜久男君)  ただいまから議会を再開いたします。





                 〜副議長辞職の件〜





○議長(石田喜久男君)  この際、ご報告申し上げます。


 ただいま、河島信行議員から、本日付をもって、一身上の都合により副議長を辞職したい旨、辞職願が提出されました。


 お諮りいたします。


 副議長辞職の件を本日の日程に追加し、直ちに議題とすることにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶものあり)


○議長(石田喜久男君)  ご異議なしと認めます。


 したがって、そのように決定いたしました。


 お諮りいたします。


 地方自治法第108条の規定に基づき、河島信行議員の副議長辞職を許可することにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶものあり)


○議長(石田喜久男君)  ご異議なしと認めます。


 よって、河島信行議員の副議長辞職を許可することに決定しました。


                (河島信行議員 入場)


○議長(石田喜久男君)   この際、河島信行議員から発言を求められておりますので、これを許可いたします。


                (河島信行君 登壇)


○2番(河島信行君)  失礼をいたします。お許しをいただき、副議長辞任のあいさつを申し上げたいと思います。


 昨年のこの5月の臨時議会に多くの議員の皆様方からご推挙いただきまして副議長に就任いたしました。幸い川名善三議長のもと、私も特にほかには仕事は持っておりませんので、基本的に毎日登庁いたしまして、川名議長から多くのことを学びました。これからの議員活動には大いに役に立ったということで、高いところからでございますが、川名議長に御礼を申し上げます。


 また、1年間、副議長の職務におきましては、議員の皆様はもちろんのこと、蓬莱市長初め市当局の皆様方には多くのことにお世話になり、多くのことを教えていただきました。あわせて厚く御礼を申し上げます。


 私もこれから、任期も1年間ですが、議員の一人として小野市民のさらなる幸せの実現のために誠心誠意議員活動に励んでいきたいと思います。


 以上で退任のあいさつといたします。本当にありがとうございました。


                  (拍  手)


○議長(石田喜久男君)  河島信行議員のあいさつは終わりました。





                 〜副議長の選挙〜





○議長(石田喜久男君)  この際、お諮りいたします。


 河島信行議員の副議長辞職に伴い、欠員となりました副議長の選挙を本日の日程に追加いたしたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶものあり)


○議長(石田喜久男君)  ご異議なしと認めます。


 よって、副議長の選挙を本日の日程に追加し、直ちに選挙を行います。


 これより、副議長の選挙を行います。


 議場閉鎖を命じます。


                 (議 場 閉 鎖)


○議長(石田喜久男君)  ただいまの出席議員数は、18人であります。


 投票用紙を配付させます。


               (投 票 用 紙 配 付)


○議長(石田喜久男君)  投票用紙の配付漏れはありませんか。


               (「なし」と呼ぶものあり)


○議長(石田喜久男君)  配付漏れ、なしと認めます。


 投票箱を改めさせます。


                (投 票 箱 点 検)


○議長(石田喜久男君)  異状なしと認めます。


 念のため申し上げます。


 投票は単記無記名であります。


 投票用紙に被選挙人の氏名を、名前まで必ず記載の上、点呼に応じて順次ご投票願います。


 白票は無効であります。


 これより、事務局長に点呼を命じます。


               (事務局長点呼・議員投票)


○議長(石田喜久男君)  投票漏れはありませんか。


               (「なし」と呼ぶものあり)


○議長(石田喜久男君)  投票漏れ、なしと認めます。


 よって、投票を終了いたします。


 議場の閉鎖を解きます。


                 (議 場 開 鎖)


○議長(石田喜久男君)  開票を行います。


 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に藤本修造議員並びに山中修己議員の両議員を指名いたします。


 両議員の立ち会いを求めます。


                 (開     票)


○議長(石田喜久男君)  これより、選挙結果を報告いたします。


 投票総数18票、これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。


 そのうち、有効投票17票、無効投票1票。


 有効投票中、河合俊彦議員16票、藤井玉夫議員1票。


 以上のとおりであります。


 この選挙の法定得票数は、4.25票であります。


 よって、河合俊彦議員が副議長に当選されました。


 ただいま副議長に当選されました河合議員が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により、当選の告知をいたします。


 この際、河合議員の副議長の当選のあいさつの発言を許可いたします。


               (当選承諾及びあいさつ)


                (河合俊彦君 登壇)


○6番(河合俊彦君)  失礼いたします。副議長就任に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。


 ただいまは不肖私に皆様方の温かいご支援のもと、副議長の要職を与えていただきましてまことにありがとうございました。


 身に余る光栄であり、浅学非才、その器でないことは十分承知をしております。経験豊かな石田議長の指導のもと、蓬莱市政のさらなる進展のため、小野市議会が公正にして円滑に運営できるよう、微力でありますが、誠心誠意努力してまいる所存でございます。


 どうか議員の皆様、市長を初め当局の皆様方の温かいご支援を賜りますようお願いを申し上げまして、簡単粗辞でございますが、副議長の就任のごあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。


○議長(石田喜久男君)  河合俊彦副議長の当選承諾及びあいさつは終わりました。


 この際、暫時休憩いたします。


 再開は15分前に庁内放送をさせていただきますので、よろしくお願いいたします。





                休憩 午後 1時31分


                ───────────


                再開 午後 3時40分





○議長(石田喜久男君)  ただいまから、議会を再開いたします。





           〜常任委員及び議会運営委員の選任〜





○議長(石田喜久男君)  お諮りいたします。


 委員会条例第3条及び第4条第3項の規定により、各常任委員並びに議会運営委員の選任の件を本日の日程に追加いたしたいと思います。


 これに異議ございませんか。


              (「異議なし」と呼ぶものあり)


○議長(石田喜久男君)  ご異議なしと認めます。


 よって、各常任委員並びに議会運営委員の選任の件を本日の日程に追加し、直ちに選任いたします。


 各常任委員並びに議会運営委員の選任につきましては、委員会条例第7条第1項の規定により、議長から指名いたします。


 総務文教常任委員として、岡嶋正昭議員、藤本修造議員、川名善三議員、松井精史議員、井上日吉議員、不肖私、石田喜久男、以上6名といたします。


 民生保健常任委員として、松本哲昇議員、竹内 修議員、河合俊彦議員、山中修己議員、加島 淳議員、藤原 健議員、以上6名とします。


 地域振興常任委員として、藤井玉夫議員、河島信行議員、松本英昭議員、掘井算満議員、鈴垣 元議員、吉田成宏議員、以上6名とします。


 議会運営委員として、河島信行議員、岡嶋正昭議員、竹内 修議員、松本英昭議員、松井精史議員、吉田成宏議員、以上6名とし、1名欠員といたします。


 お諮りいたします。


 ただいま指名のとおり、それぞれ常任委員並びに議会運営委員に選任することに決定してご異議はありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶものあり)


○議長(石田喜久男君)  ご異議なしと認めます。


 よって、各常任委員並びに議会運営委員は、議長指名のとおり選任されました。





                休憩 午後 3時43分


                ───────────


                再開 午後 3時45分





       〜常任委員・議会運営委員の正・副委員長の選任の報告〜





○議長(石田喜久男君)  次に、各常任委員会並びに議会運営委員会の正・副委員長の互選でありますが、休憩中にそれぞれ互選されましたので、ご報告いたします。


 総務文教常任委員会


    委員長に    藤本修造議員


    副委員長に   松井精史議員


 民生保健常任委員会


    委員長に    松本哲昇議員


    副委員長に   山中修己議員


 地域振興常任委員会


    委員長に    藤井玉夫議員


    副委員長に   鈴垣 元議員


 議会運営委員会


    委員長に    松本英昭議員


    副委員長に   岡嶋正昭議員


 以上のとおり、各常任委員会並びに議会運営委員会の正・副委員長の互選の結果報告を終わります。





                〜各組合議員の辞任〜





○議長(石田喜久男君)  この際、ご報告申し上げます。


 ただいま、各組合議員の全員より、本日付をもって、一身上の都合により辞任したい旨、それぞれ辞任願が提出されました。


 お諮りいたします。


 各組合議員の辞任の件を本日の日程に追加し、議題といたしたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


              (「異議なし」と呼ぶものあり)


○議長(石田喜久男君)  ご異議なしと認めます。


 したがって、そのように決定いたしました。


 お諮りいたします。


 各組合議員の全員の辞任を許可することにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶものあり)


○議長(石田喜久男君)  ご異議なしと認めます。


 よって、辞任を許可することに決定いたしました。





                〜各組合議員の選任〜





○議長(石田喜久男君)  お諮りいたします。


 各組合議員の選任の件を、本日の日程に追加いたしたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶものあり)


○議長(石田喜久男君)  ご異議なしと認めます。


 よって、各組合議員の選任の件を本日の日程に追加し、直ちに選任いたします。


 まず、北播衛生事務組合議員の選挙であります。


 お諮りいたします。


 選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


              (「異議なし」と呼ぶものあり)


○議長(石田喜久男君)  ご異議なしと認めます。


 よって、選挙の方法は、指名推選によることに決定しました。


 お諮りいたします。


 議長において指名することにいたしたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶものあり)


○議長(石田喜久男君)  ご異議なしと認めます。


 よって、議長において指名することに決定しました。


 松本哲昇議員、鈴垣 元議員、吉田成宏議員、以上3名を指名いたします。


 お諮りいたします。


 ただいま議長において指名いたしました3名を北播衛生事務組合議員の当選人と定めることにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶものあり)


○議長(石田喜久男君)  ご異議なしと認めます。


 よって、ただいま指名いたしました3名が北播衛生事務組合の議員に当選されました。


 お諮りいたします。


 播磨内陸医務事業組合議員については、議長において指名することにいたしたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶものあり)


○議長(石田喜久男君)  ご異議なしと認めます。


 よって、議長において指名することに決定いたしました。


 播磨内陸医務事業組合議員に、河島信行議員、川名善三議員、以上2名を指名いたしたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶものあり)


○議長(石田喜久男君)  ご異議なしと認めます。


 よって、播磨内陸医務事業組合議員は、議長指名のとおり選任されました。


 次に、北播肢体不自由児機能回復訓練施設事務組合議員の選挙であります。


 お諮りいたします。


 選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


              (「異議なし」と呼ぶものあり)


○議長(石田喜久男君)  ご異議なしと認めます。


 よって、選挙の方法は、指名推選によることに決定しました。


 お諮りいたします。


 議長において指名することにいたしたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶものあり)


○議長(石田喜久男君)  ご異議なしと認めます。


 よって、議長において指名することに決定しました。


 藤本修造議員、鈴垣 元議員、以上2名を指名いたします。


 お諮りいたします。


 ただいま議長において指名いたしました2名を北播肢体不自由児機能回復訓練施設事務組合議員の当選人と定めることにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶものあり)


○議長(石田喜久男君)  ご異議なしと認めます。


 よって、ただいま指名いたしました2名が北播肢体不自由児機能回復訓練施設事務組合議員に当選いたしました。


 お諮りいたします。


 小野加東環境施設事務組合議員については、議長において指名することにいたしたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


              (「異議なし」と呼ぶものあり)


○議長(石田喜久男君)  ご異議なしと認めます。


 よって、議長において指名することに決定しました。


 小野加東環境施設事務組合議員に、山中修己議員、加島 淳議員、掘井算満議員、井上日吉議員、以上4名を指名いたしたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶものあり)


○議長(石田喜久男君)  ご異議なしと認めます。


 よって、小野加東環境施設事務組合議員は、議長指名のとおり選任されました。


 お諮りいたします。


 小野加東広域事務組合議員については、議長において指名することにいたしたいと思います。


 これに異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶものあり)


○議長(石田喜久男君)  ご異議なしと認めます。


 よって、議長において指名することに決定しました。


 小野加東広域事務組合議員に、竹内 修議員、河合俊彦議員、松本英昭議員、井上日吉議員、以上4名を指名いたしたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶものあり)


○議長(石田喜久男君)  ご異議なしと認めます。


 よって、小野加東広域事務組合議員は、議長指名のとおり選任されました。


 次に、北播磨総合医療センター企業団議員の選挙であります。


 お諮りいたします。


 選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


              (「異議なし」と呼ぶものあり)


○議長(石田喜久男君)  ご異議なしと認めます。


 よって、選挙の方法は、指名推選によることに決定いたしました。


 お諮りいたします。


 議長において指名することにいたしたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶものあり)


○議長(石田喜久男君)  ご異議なしと認めます。


 よって、議長において指名することに決定しました。


 藤井玉夫議員、岡嶋正昭議員、竹内 修議員、藤原 健議員、吉田成宏議員、以上5名を指名いたします。


 お諮りいたします。


 ただいま議長において指名いたしました5名を北播磨総合医療センター企業団議員の当選人と定めることにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶものあり)


○議長(石田喜久男君)  ご異議なしと認めます。


 よって、ただいま指名いたしました5名が北播磨総合医療センター企業団議員に当選いたしました。


 以上のとおり、各組合議員にそれぞれご就任願うことにいたしましたので、この場から告知いたします。


 この際、ご報告申し上げます。


 議会選出の各種委員等の全員から、一身上の都合により、本日付をもって辞任したい旨の申し出があり、後任の各種委員等につきましては、お手元に配付いたしております別紙一覧表のとおり選任し、それぞれご就任願うことにいたしておりますので、報告いたします。





                 〜議案第35号〜





○議長(石田喜久男君)  お諮りいたします。


 ただいま市長から議案第35号 小野市監査委員の選任についてが提出されました。


 この際、これを日程に追加し、議題といたしたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


              (「異議なし」と呼ぶものあり)


○議長(石田喜久男君)  ご異議なしと認めます。


 よって、この際、議案第35号を日程に追加し、議題とすることに決定いたしました。


 議案第35号 小野市監査委員の選任についてを議題といたします。


 議案の朗読を省略いたしまして、理事者側より提案理由の説明を求めます。


 市長。


                  (市長 登壇)


○市長(蓬莱 務君)  議案第35号として、小野市監査委員の選任の件を追加し、議案の説明をいたします。


 監査委員の藤井玉夫氏から辞任の申し出がありましたので、後任の監査委員といたしまして、小野市河合西町146番地の1、掘井算満氏を選任いたしたいので、ご同意を賜りますよう、よろしくお願いを申し上げます。


 以上、提案説明といたします。


○議長(石田喜久男君)  提案理由の説明は終わりました。


 この際、地方自治法第117条の規定により、掘井算満議員の退席を求めます。


                (掘井算満君 退席)


○議長(石田喜久男君)  お諮りいたします。


 議案第35号につきましては、同意人事案件でありますので、議事の順序を省略し、直ちに表決に入りたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


              (「異議なし」と呼ぶものあり)


○議長(石田喜久男君)  ご異議なしと認めます。


 したがって、そのように決定しました。


 議案第35号 小野市監査委員の選任について、これより採決に入ります。


 本案は、原案のとおり同意することに決定して、ご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶものあり)


○議長(石田喜久男君)  ご異議なしと認めます。


 よって、議案第35号は、原案のとおり同意することに決定しました。


 退席者の着席を求めます。


                (掘井算満君 着席)





                 〜閉 会 宣 告〜





○議長(石田喜久男君)  これにて、本会議に付議された案件の審議は全部終了いたしました。


 よって、今期臨時会はこれにて閉会いたします。





                 〜議長あいさつ〜





○議長(石田喜久男君)  閉会に当たり、一言ごあいさつ申し上げます。


 ただいまは、第366回小野市議会臨時会に付議されました案件のすべてを終了し、ここに閉会の運びとなりましたことは、まことにご同慶にたえません。


 このたびの臨時会では、専決処分を初め、議会役員の選挙並びに選任を中心に、各常任委員会、議会運営委員会等、議決機関として権能を発揮できる新体制を速やかに整えることができました。


 ここに、議員各位の終始格別のご精励と慎重なご審議等に対し、衷心より敬意と感謝を申し上げる次第であります。


 これから梅雨の季節を迎えようとしておりますが、6月定例会を控え、議員各位並びに市長を初め市当局各位におかれましては、何とぞご自愛の上、市政発展のため、一層のご活躍を賜りますよう、お願い申し上げます。


 終わりになりましたが、報道関係各位のご協力に対し厚くお礼申し上げまして、まことに簡単粗辞ではございますが、閉会のごあいさつといたします。ありがとうございました。


 それでは、市長より、閉会に当たり、発言の申し出がございますので、お受けいたします。


 市長。





                 〜市長あいさつ〜





○市長(蓬莱 務君)  第366回の市議会臨時会の閉会に当たりまして、一言お礼かたがたごあいさつを申し上げます。


 今期の臨時会に提出いたしておりました議案につきまして、いずれも原案どおりご承認、そしてまたご決定をいただきました。心から厚く御礼を申し上げます。


 また、議会の役員改選が行われ、新たな議長、そして副議長を初め、各委員会の委員、そしてまた組合議員など新たにご選任されました。心からお喜びを申し上げますとともに、さらなるご活躍を期待いたしたいと思います。


 さて、川名前議長、そしてまた河島前副議長を初めといたしまして、旧役員の皆様方におかれましては、議員定数の削減など、多方面にわたる積極的な取り組みといったこれまでのご労苦に対しまして、衷心より敬意とそしてまた感謝を申し上げる次第であります。まことにありがとうございました。


 歴史的な政権交代後も取り巻く政治情勢は非常に不安定な状況であります。政局も混沌としているところでありますけれども、小野市もまたこの平成22年度の予算執行に当たり、統合病院の進捗、そしてまた小野中学校の建設、そしてまた社会福祉協議会、福祉公社等の統廃合、そしてまた新たな道路整備、そしてさらなる行財政改革、徹底した無駄を省いたさらなるチャレンジということで、小野市の掲げる、まさに見える成果、見えるマネジメントをさらに追求していくということを、私たちとしてはいっときも忘れることなく、そしてまた前進あるのみであります。


 議会冒頭にも申し上げましたけれども、小野市の取り組むこの行政手法の進化こそ、今、我が国を取り巻く混沌とした中においても、小野市は小野市の独自の強みを生かして、地方から国を変えるという、そんな思いでもって皆さんとともに行政を進めていく所存であります。


 議員各位にも健康には十分ご留意をされまして、今後もますますご活躍されることを祈念いたしまして、閉会に当たりましての私のあいさつとさせていただきます。


 ありがとうございました。





                閉会 午後 4時03分