議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 小野市

平成17年第339回定例会(第1日 6月 3日)




平成17年第339回定例会(第1日 6月 3日)





 ┌────────────────────────────────────────────┐


 │                                            │


 │       第339回小野市議会(定例会)会議録                   │


 │                                            │


 │                                            │


 │                                            │


 │              平成17年6月3日(金)(第1日)             │


 │                                            │


 │                 開  会  午 前10時00分            │


 └────────────────────────────────────────────┘





 
   第1 会議録署名議員の指名         掘 井 算 満


                         河 島 喜代美


   第2 会期の決定             6月3日(金)〜6月22日(水)


                                  (20日間)


   第3 諸報告          (1)今期定例会に出席を求めた者の職氏名


                   (2)本日市長から提出された議案(13件)


                   (3)平成16年度小野市一般会計繰越明許


                      費繰越計算書       ( 1件)


   第4 議案第36号〜議案第46号     一括上程、提案説明


   第5 議案第47号            上程、提案説明、


                        (議事順序省略)表決


   第6 議案第48号            上程、提案説明、


                        (議事順序省略)表決


   第7 議員提出議案第 1号        上程、提案説明、


                        (議事順序省略)表決





2 本日の会議に付した事件


   日程第1 会議録署名議員の指名       掘 井 算 満


                         河 島 喜代美


   日程第2 会期の決定           6月3日(金)〜6月22日(水)


                                 (20日間)


   日程第3 諸報告        (1)今期定例会に出席を求めた者の職氏名


                   (2)本日市長から提出された議案(13件)


                   (3)平成16年度小野市一般会計繰越明許


                      費繰越計算書       ( 1件)


   日程第4 議案第36号〜議案第46号   一括上程、提案説明


   日程第5 議案第47号          上程、提案説明、


                        (議事順序省略)表決


   日程第6 議案第48号          上程、提案説明、


                        (議事順序省略)表決


   日程第7 議員提出議案第 1号      上程、提案説明、


                        (議事順序省略)表決





3 議事順序


   開  会(午前10時00分)


   議長あいさつ


   開会宣告


   開議宣告


   会議録署名議員の指名


   会期の決定


   諸報告


   議案第36号〜議案第46号


   議案第47号


   議案第48号


   議員提出議案第1号


   散会宣告(午前10時48分)





4 会議に出席した議員(19名)


   1番  春名 良兼


   2番  鈴垣  元


   3番  藤本 修造


   4番  山中 修己


   5番  松本 義博


   6番  河合 俊彦


   7番  竹内  修


   8番  加島  淳


   9番  川名 善三


  10番  井上 日吉


  11番  掘井 算満


  12番  河島喜代美


  13番  藤原  健


  14番  松本 英昭


  15番  石田喜久男


  16番  松井 精史


  18番  吉田 成宏


  19番  横山 四郎


  20番  井上  煕





5 会議に欠席した議員・説明員


   な   し





6 議事に関係した事務局職員


   議会事務局長    井上 元和


   議会事務局係長   河合 拓哉


   臨時職員      松井 純子





7 会議に出席した説明員(14名)


   市長        蓬莱  務


   助役        井上 嘉之


   収入役       小塩 慶明


   技監        横山 正雄


   総合政策部長    小林 清豪


   総務部長      萩原 絹夫


   市民安全部長    上田 芳敬


   市民福祉部長    上月 良男


   地域振興部次長   森本  孝


   市民病院事務部長  藤田 久好


   水道部長      藤本  優


   消防長       田中 眞司


   教育長       陰山  茂


   教育次長      藤田  季





8 会議に付した事件


 1.市長提出議案


議案第36号 専決処分の承認を求めることについて(平成17年度小野市老人保健特別


       会計補正予算(第1号))


議案第37号 平成17年度小野市一般会計補正予算(第1号)


議案第38号 平成17年度小野市病院事業会計補正予算(第1号)


議案第39号 小野市税条例の一部を改正する条例の制定について


議案第40号 小野市手数料徴収条例の一部を改正する条例の制定について


議案第41号 小野市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例について


議案第42号 小野市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正


       する条例の制定について


議案第43号 委員会の委員等の報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例の


       制定について


議案第44号 北播衛生事務組合の共同処理する事務の変更及び規約の一部変更について


議案第45号 播磨内陸広域行政協議会を組織する地方公共団体の数の減及び規約の一部


       変更について


議案第46号 損害賠償の額の決定及び和解について


議案第47号 小野市公平委員会委員の選任について


議案第48号 人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについて





2.議員提出議案


議案第 1号 小野市議会委員会条例の一部を改正する条例の制定について








                開会 午前10時00分





                 〜議長あいさつ〜





○議長(井上日吉君)  開会に先立ちまして、一言ごあいさつを申し上げます。


 本日、ここに第339回市議会定例会が招集されましたところ、議員各位には、ご健勝にて、ご参集を賜りましたことは、市政伸展のため、まことにご同慶にたえません。


 さて、今期定例会に提案されます案件は、平成17年度補正予算、条例の制定、人事案件などの重要なる案件であります。


 どうか、議員各位におかれましては、格別のご精励を賜りまして、慎重にご審議の上、適切妥当なる結論が得られますよう、お願い申し上げまして、まことに簡単粗辞ではございますが、開会のごあいさつと致します。





                 〜開 会 宣 告〜





○議長(井上日吉君)  ただいまから、第339回小野市議会定例会を開会致します。





                 〜開 議 宣 告〜





○議長(井上日吉君)  これより本日の会議を開きます。


 それでは、お手元に配付致しております議事日程に基づき、会議を進めてまいります。


 これより日程に入ります。





             〜日程第1 会議録署名議員の指名〜





○議長(井上日吉君)  日程第1、会議録署名議員の指名であります。


 署名議員は、会議規則第81条の規定によって議長より指名致します。


 掘井算満議員


 河島喜代美議員


の両議員にお願い致します。





               〜日程第2 会期の決定〜





○議長(井上日吉君)  次に、日程第2、会期の決定を議題と致します。


 お諮り致します。


 今期定例会の会期は、本日から6月22日までの20日間と致したいと思います。


 これにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶものあり)


○議長(井上日吉君)  ご異議なしと認めます。


 したがって、そのように決定しました。





                〜日程第3 諸報告〜





○議長(井上日吉君)  次に、日程第3、諸報告であります。


 まず、地方自治法第121条の規定に基づき、説明のため、今期定例会に出席を求めました人の職氏名は、お手元に配付致しております別紙のとおりであります。


 次に、市長から提出されました議案は、別紙一覧表のとおり13件であります。


 次に、市長から平成16年度小野市一般会計繰越明許費繰越計算書が提出されております。


 以上の件について、それぞれその写しをお手元に配付致しております。


 次に、全国市議会議長会表彰について、ご報告申し上げます。


 去る5月25日、東京都において開催されました第81回全国市議会議長会定期総会におきまして、井上 煕議員が議員26年の勤続表彰を、また、横山四郎議員が議員14年の勤続表彰を、また、吉田成宏議員並びに鈴垣 元議員が、議員10年の勤続表彰を受けられ、本日、議長室においてお祝いを申し上げ、それぞれ伝達を行いました。


 また、掘井算満前議長が、全国市議会議長会評議員として1年間会務運営に当たられた功績に対し、全国市議会議長会より感謝状が送られております。


 ここに謹んでご報告申し上げます。


 以上で、諸報告を終わります。





           〜日程第4 議案第36号〜議案第46号〜





○議長(井上日吉君)  次に、日程第4、議案第36号から議案46号まで、以上11件を一括議題と致します。


 議案の朗読を省略致しまして、理事者側より提案理由の説明を求めます。


 市長。


                  (市長 登壇)


○市長(蓬莱 務君)  第339回市議会定例会の開催にあたりまして、一言ごあいさつを申し上げます。


 議員の皆様方におかれましては、何かとご多用の中、ご出席を賜り、開会の運びとなりました。心から厚くお礼を申し上げます。


 さて、乗客乗員107人もの多くの方々が犠牲となられました、尼崎での脱線事故を起こしましたJR西日本をはじめ、日本航空、関西電力など公共性の高い企業で安全・安心を脅かす事故やトラブルが相次いでおります。これまで安全である、安心であると思われていた我が国の社会システムに対して不安を感じ始めている方も多いのではないかと思います。そして、これらのことを契機として日頃の危機管理体制や危機管理意識に対する取組みは、今大きくクローズアップされてきております。


 そのような中、当市では昨年4月に防災・交通・防犯等の専門分野として、他に先駆け、まさに先手管理で「市民安全部」を創設致しました。中でも防犯対策に関しましては、昨年から開始しました安全安心パトロールカーの市内巡回などさまざまな取組みの結果、刑法犯罪発生件数が前年度比で約35%、400件も減少するという極めて高い成果を上げております。


 しかし、まだまだ油断することなく、安全・安心な社会の構築に向けて努力をしていく必要があると考え、今年度はさらにパトロール隊を1隊増やし、地域パトロールをさらに強化しております。


 加えて、安全・安心の取組みへの先手管理と致しまして、今回の補正予算におきまして、心臓停止の際の応急手当として、電気ショックを与える医療機器として今、全国的に普及が望まれている自動体外式除細動器(AED)を、市内のすべての公共施設で対応できるよう、それぞれ一、二台を拠点に置くというようなやり方ではなく、合わせて31台を一挙に設置するための経費を盛り込んでおります。


 今後は講習会の開催や民間企業への積極的な設置の啓発を行うなど、救急救助体制のさらなる充実を図り、市民の皆様が安心して暮らせるまちづくりに取り組んでまいりたいと存じます。


 本来ならばこの種のAEDの設置、それもあらゆる公共施設に31台をも設置するというような案件は3月の議会で提案すべきことであるとは考えておりますが、この種の安全安心にかかわる対応は、県も国も啓発に今大いに力を入れようとしているときであり、まさに時期を逸せず、やるべきことは即やると、そのような決断のもとにあえてこの6月議会に上程をさせていただいたということをご理解賜りたいと考えているところでございます。


 また、今回の補正予算では、白雲谷温泉運営管理基金への積み立てに係る経費を計上しております。白雲谷温泉ゆぴかでは、平成16年度において開始以来1年間で41万人もの利用者があり、大幅な黒字を計上致しました。昨日現在で確認しましたら、50万人を超えまして、50万2,390人ということで、順調に利用されております。


 そのため、施設や設備のグレードアップや、あるいはサービスのさらなる充実等を実施致しまして、その上での剰余金につきまして、年度末での積立金分を差し引いた額を、今回基金に積み立てを致しております。今後も引き続き健全な運営と利用者の皆様に喜んでいただける施設整備に努めてまいりたいと考えております。


 ところで、先日、兵庫県、兵庫みどり公社などが主催致しました「2005年ひょうごまちなみガーデンショー」のガーデニングコンペで、当市の「おのガーデニングボランティア」の有志の皆さんが出展した作品が、コミュニティガーデン部門で最優秀賞を受賞しました。その他の部門でも小野市から個人2人と2つの団体の合わせて4つの作品が優秀賞に選ばれました。また、うるおい交流館エクラの駐車場脇には、ガーデニングボランティアの皆さんらによって、新しくバラ園も誕生しております。


 今年度の市の重点施策の一つに「“ガーデニングシティおの”の推進による美しいまちづくり」を掲げております。市では、これまでから多くの市民の皆様に参画をいただいております、あのアダプトプログラムによる沿道花飾り事業とあわせまして、これらガーデニングボランティア活動に対する支援にもさらに取り組んでおります。


 また、市の行政組織も今年4月から地域振興部に景観整備課を新設するなど、その推進体制の充実を図っているところであります。


 引き続き、市民の皆様と行政による協働と参画のもと、恵まれた自然環境を活かしながら、「ガーデニングシティおの」を推進し、緑あふれる都市空間づくり、美しいまちづくりを実現してまいりたいと考えておりますので、議員の皆様のご理解とご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。


 さて、市民活動の拠点施設として、今年3月20日にオープン致しましたうるおい交流館エクラでありますが、その管理・運営はまさにチャレンジというにふさわしく市民が主体となり、我々行政とも情報を共有しながら、新しいスタイルでの経営にチャレンジをし続けております。


 このエクラにおける開館以来の状況を見ますと、既に5万人弱の方が利用されており、加えて利用希望者の受付を全部受け付けることができないと、このような状況になっております。まだオープンしたところでありますから、物珍しさもあるということで、そのような動きもあるかもしれませんが、やはり市民自らが新たな発想と、そして新たな感性と感覚でもってこのような事業をやっていることが一つ一つ実っていくと、私は信じております。だといって、市が全く関与しないということではなく、お互いにその経営状況等についてはしっかりと情報を共有し、連携をとってやってまいりたいと考えております。


 具体的な行事は既にご承知のとおり、東京ポップスオーケストラコンサート、梯剛之さんのピアノリサイタル、関西芸術座による演劇舞台「少年H」など、市民自らの企画によるホールでの多種多様なイベントのほか、貸館によるサークル室や会議室の利用などで、市内外から多くの方々や団体に利用していただいておりまして、先ほども申し上げましたけれども、市民との協働、いわゆるコラボレーションの象徴的な取組みとしての成果が着実にあらわれてきていると感じております。


 最後になりましたが、6月1日から9月30日までの間、地球環境に配慮した省エネ対策と致しまして、「夏のエコスタイル(ノーネクタイ)運動」を実施致しております。職員一同、地球温暖化防止に取り組んでおりますので、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。


 私自身は少し寒がりでございまして、もう少しずらしてもいいのではないかと思いましたけれども、歩調を合わせたということでございますので、ご理解を賜りたいと思います。


 さて、今期定例会に提出しております議案でありますが、


・補正予算に係る専決処分の承認を求めるもの……1件


・一般会計など補正予算案……2件


・条例の一部改正に係るもの……5件


・一部事務組合等の規約改正等に係るもの……2件


・損害賠償の額の決定等に係るもの…… 1件


・人事案件……2件


の計13件であります。


 各議案の細部につきましては、それぞれ担当者から説明を致しますので、ご審議、ご決定を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。


 なお、今回定例会中に追加議案の提出を予定致しております、あわせましてよろしくお願い致します。


○議長(井上日吉君)  議案第36号 専決処分の承認を求めることについて(平成17年度小野市老人保健特別会計補正予算(第1号))について、市民福祉部長。


                (市民福祉部長 登壇)


○市民福祉部長(上月良男君)  議案第36号 平成17年度小野市老人保健特別会計補正予算(第1号)の専決処分の承認を求めることについて、提案説明を致します。


 議案書の36の1ページをお開き願います。


 本議案は、平成16年度小野市老人保健特別会計決算におきまして、国からの医療費負担金が不足し、歳入不足が生じたため、本年5月31日付をもって、平成17年度会計において繰上げ充用の専決処分を行ったもので、これにつきまして承認を求めようとするものでございます。


 補正の内容でございますが、36の2及び3ページに記載致しておりますとおり、前年度繰上充用金4,839万3,000円を支払基金交付金、国庫支出金及び県支出金で補てんするもので、歳入不足が生じました要因と致しましては老人医療費が前年度に比して1.8%増加し、これに対します国等の医療費負担の予算措置に不足が生じたためでございます。


 なお、この不足額につきましては、平成17年度において精算交付され、歳入確保できることとなっております。


 以上、提案説明と致します。


○議長(井上日吉君)  次に、議案第37号 平成17年度小野市一般会計補正予算(第1号)について、総務部長。


                 (総務部長 登壇)


○総務部長(萩原絹夫君)  議案第37号 平成17年度小野市一般会計補正予算(第1号)について、提案説明を致します。


 議案書の37ページであります。


 今回の補正は、白雲谷温泉運営管理基金への積み立てと自動体外式除細動器(AED)の設置に係る経費の補正であります。


 まず、第1条 歳入歳出予算の補正でありますが、既定の総額に歳入歳出それぞれ3,725万円を追加し、予算の総額を歳入歳出それぞれ190億725万円にしようとするものであります。


 次に、37ページの1、第1表 歳入歳出補正予算の概要についてご説明致します。


 歳入でありますが、款20 繰越金は平成16年度の決算剰余金の一部を補正の財源として計上しております。


 次に、歳出でありますが、款6 商工費、項1 商工費は白雲谷温泉ゆぴかの平成16年度収入において、入場者数の増加や決算の精査により3月補正時点の見込みを上回る剰余金が生じたので、当該剰余金相当額を白雲谷温泉運営管理基金として積み立てるため、また、款8 消防費、項1 消防費は、安全安心のさらなる充実を図るため、心停止した人を電気ショックで蘇生させる自動体外式除細動器を全小中学校やスポーツ施設など、市内の公共施設31ヵ所に設置する経費をそれぞれ補正しようとするものであります。


 なお、詳細につきましては、37ページの3以降に記載致しております「歳入歳出補正予算事項別明細書」をご高覧願いたいと存じます。


 以上、提案説明と致します。


○議長(井上日吉君)  次に、議案第38号 平成17年度小野市病院事業会計補正予算(第1号)について、市民病院事務部長。


               (市民病院事務部長 登壇)


○市民病院事務部長(藤田久好君)  議案第38号 平成17年度小野市病院事業会計補正予算(第1号)について、提案説明を致します。


 議案書の38ページであります。


 第2条は、収益的収入及び支出の予定額について、収入及び支出をそれぞれ380万円増額し、予算総額を37億6,980万円にしようとするものであります。


 補正の内容ですけれども、病院の病室内で発生致しました傷害事故等に係る損害賠償額であります。


 なお、詳細につきましては、補正予算実施計画以降をご高覧願いたいと存じます。


 以上、提案説明と致します。


○議長(井上日吉君)  次に、議案第39号 小野市税条例の一部を改正する条例の制定について、総務部長。


                 (総務部長 登壇)


○総務部長(萩原絹夫君)  議案第39号 小野市税条例の一部を改正する条例の制定について、提案説明を致します。


 議案書の39ページであります。


 本条例につきましては、地方税法の一部を改正する法律が平成17年4月1日から施行されたことにより、市税条例の一部を改正しようとするものであります。


 今回の主な改正内容は、個人市民税について、現役世代と高齢者間の税負担の公平を確保する観点から、年齢65歳以上の者の非課税措置の段階的な廃止及び特定管理株式が株式としての価値を失った場合は、譲渡により生じた損失とみなす「株式等に係る譲渡所得の課税の特例」の創設、固定資産税につきましては、災害に伴う避難指示が行われた場合の「長期被災住宅用地に対する特例措置」の創設並びに特別土地保有税等に係る条文整備のため、所要の改正を行うものであります。


 以上、提案説明と致します。


○議長(井上日吉君)  次に、議案第40号 小野市手数料徴収条例の一部を改正する条例の制定について、議案第41号 小野市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例の制定について、議案第42号 小野市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例の制定について、以上3件を消防長。


                 (消防長 登壇)


○消防長(田中眞司君)  議案第40号 小野市手数料徴収条例の一部を改正する条例の制定について、提案説明を致します。


 議案書の40ページであります。


 この議案は、地方公共団体の手数料の標準に関する政令の一部を改正する政令が、平成17年4月1日から施行されたことに伴い、本条例を改正しようとするものであります。


 改正の主な内容は、平成15年十勝沖地震に伴い発生した、浮き屋根式屋外タンク貯蔵所火災を受けて、危険物の規制に関する規則等が改正されたことに伴い、改正された基準が適用される浮き屋根式特定屋外タンク貯蔵所の設置許可申請等に係る審査事務が増加することから、手数料額を引き上げようとするものであります。


 なお、附則につきましては、施行期日を規定致しております。


 次に、議案第41号 小野市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例の制定について、提案説明を致します。


 議案書の41ページであります。


 この議案は、非常勤消防団員等に係る損害補償の基準を定める政令の一部を改正する政令が公布され、非常勤消防団員等の障害補償等に係る障害等級の改定及び用語について、本条例の一部を改正しようとするものであります。


 改正の主な内容でありますが、別表第3の中で手指の障害の等級について、一手の示指を失ったものに係る障害の等級を第10級から1級引き下げて第11級とし、一手の小指を失ったものに係る障害の等級を第13級から1級引き上げて第12級とし、また、これらの改定に伴い、複数の手指を失ったものに係る障害の等級を改定するとともに、手指の用を廃したもの等に係る障害の等級を手指を失ったものの例に準じて改定するものであります。


 また、同じく別表第3の中で、目の障害の等級について、複視に係る障害は、これまで各等級の障害に相当するものとされ、その障害の等級は正面視で複視を生じるものについて第12級、左右上下視で複視を生じるものについて第14級とされていましたが、同表に正面視で複視を残すもの及び正面視以外で複視を残すものとして掲げるとともに、それらの障害の等級についてそれぞれ第10級及び第13級と規定するものであります。


 その他別表第2及び別表第3について、用語の整理を行うものであります。


 なお、附則に関しましては、改正条例の施行期日及び経過措置等を定めようとするものであります。


 次に、議案第42号 小野市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例の制定について、提案説明と致します。


 議案書の42ページであります。


 この議案は、消防団員等公務災害補償等責任共済等に関する法律施行令の一部を改正する政令が公布され、非常勤消防団員に係る退職報償金の支給額について、本条例の一部を改正しようとするものであります。


 改正の主な内容でありますが、中堅層の消防団員の処遇改善を図るため、別表の消防団員退職報償金支給額表の中で、分団長、副分団長及び部長・班長の階級区分の勤務年数10年以上15年未満、15年以上20年未満及び20年以上25年未満の区分について、それぞれ2,000円の引き上げを行おうとするものであります。


 なお、附則に関しましては、改正条例の施行期日及び経過措置等を定めようとするものであります。


 以上、提案説明と致します。


○議長(井上日吉君)  次に、議案第43号 委員会の委員等の報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例の制定について、教育次長。


                 (教育次長 登壇)


○教育次長(藤田 季君)  議案第43号 委員会の委員等の報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例の制定について、提案説明を致します。


 議案書の43ページであります。


 この議案は、小野市史活用委員の報酬の額について新たに定めるとともに、小野市特別土地保有税審議会及び小野市立コミュニティセンター運営委員会委員の報酬について、既にそれらの会を廃止していることから、今回の改正にあわせて削除しようとするものであります。


 新たに規定する小野市史活用委員は、旧小野市史編さん専門委員と同じメンバーで12名で構成され、主な職務は、小野市史編さん資料の有効活用及び保管に関する指導と小野市絵図集に関する調査、研究、執筆及び小野市の近現代史資料の調査、研究等であります。


 なお、この条例は公布の日から施行し、改正後の別表小野市史活用委員の部の規定は、平成17年5月1日から適用しようとするものであります。


 以上、提案説明と致します。


○議長(井上日吉君)  次に、議案第44号 北播衛生事務組合の共同処理する事務の変更及び規約の一部変更について、市民安全部長。


                (市民安全部長 登壇)


○市民安全部長(上田芳敬君)  議案第44号 北播衛生事務組合の共同処理する事務の変更及び規約の一部変更について、提案説明を致します。


 議案書の44ページであります。


 北播衛生事務組合の構成市町の一つである西脇市が、平成17年10月1日に当該組合の構成市町でない黒田庄町と合併して、新しい西脇市となるため、北播衛生事務組合の共同処理する事務及び規約について、必要な変更と規約文の字句の変更をしようとするものであります。


 以上、提案説明と致します。


○議長(井上日吉君)  次に、議案第45号 播磨内陸広域行政協議会を組織する地方公共団体の数の減及び規約の一部変更について、総合政策部長。


                (総合政策部長 登壇)


○総合政策部長(小林清豪君)  議案第45号 播磨内陸広域行政協議会を組織する地方公共団体の数の減及び規約の一部変更について、提案説明を致します。


 議案書の45ページであります。


 この議案は、小野市が加盟する播磨内陸広域行政協議会において、西脇市と多可郡黒田庄町の合併に伴い規約の一部を変更しようとするものでございます。


 内容と致しましては、地方自治法第252条の6の規定により、平成17年10月1日付で西脇市及び多可郡黒田庄町が脱退することに伴い、同協議会の規約を一部変更するものです。


 なお、この規約は議会の議決後、平成17年10月1日から施行致します。


 以上、提案説明と致します。


○議長(井上日吉君)  次に、議案第46号 損害賠償の額の決定及び和解について、市民病院事務部長。


               (市民病院事務部長 登壇)


○市民病院事務部長(藤田久好君)  議案第46号 損害賠償の額の決定及び和解について、提案説明を致します。


 議案書の46ページであります。


 この議案は、平成15年1月13日、午前7時頃小野市民病院の病室内で発生した傷害事故に係る損害賠償額を決定し、相手方と和解したいため、地方自治法第96条第1項第12号及び第13号の規定により、議会の議決を求めようとするものであります。


 損害賠償額は372万9,741円で、人的及び物的な損害に係る賠償金であります。


 なお、この傷害賠償額は小野市が加入しております病院賠償責任保険等により、補てんされる見込みであります。


 以上、提案説明と致します。


○議長(井上日吉君)  以上で、当局の提案理由の説明は終わりました。





               〜日程第5 議案第47号〜





○議長(井上日吉君)  次に、日程第5、議案第47号 小野市公平委員会委員の選任についてを議題と致します。


 議案の朗読を省略致しまして、理事者側より提案理由の説明を求めます。


 市長。


                  (市長 登壇)


○市長(蓬莱 務君)  議案第47号 小野市公平委員会委員の選任について、提案説明を致します。


 議案書の47ページであります。


 市浦 健委員の任期が、平成17年7月21日で満了となりますので、その後任として、小野市阿形町808番地、油井五郎氏を、田中義久委員の任期途中の平成17年6月30日での辞職に伴いまして、その後任として、小野市黒川町916番地、松永美由紀氏を、それぞれ選任致したいので、ご同意を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。


 以上、提案説明と致します。


○議長(井上日吉君)  提案理由の説明は終わりました。


 この際、お諮り致します。


 ただいま上程中の議案につきましては、同意人事案件でありますので、議事の順序を省略し、直ちに表決に入りたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶものあり)


○議長(井上日吉君)  ご異議なしと認めます。


 したがって、そのように決定しました。


 議案第47号について、これより採決に入ります。


 本案は、原案のとおり同意することに決定してご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶものあり)


○議長(井上日吉君)  ご異議なしと認めます。


 したがって、議案第47号は、原案のとおり同意することに決定しました。





               〜日程第6 議案第48号〜





○議長(井上日吉君)  次に、日程第6、議案第48号 人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについてを議題と致します。


 議案の朗読を省略致しまして、理事者側より提案理由の説明を求めます。


 市長。


                  (市長 登壇)


○市長(蓬莱 務君)  議案第48号 人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについて、提案説明を致します。


 現委員の小林和樹、住本愼二、河島正明委員の任期が、平成17年12月31日で満了となるため、その後任として、小野市粟生町227番地の3、中家康博氏、小野市阿形町490番地の2、住本愼二氏、小野市高田町1546番地、田村喜久子氏を適任者と認め、人権擁護委員候補者として推薦致したいので、ご賛同を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。


 以上、提案説明と致します。


○議長(井上日吉君)  提案理由の説明は終わりました。


 この際、お諮り致します。


 ただいま上程中の議案につきましては、同意人事案件でありますので、議事の順序を省略し、直ちに表決に入りたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶものあり)


○議長(井上日吉君)  ご異議なしと認めます。


 したがって、そのように決定しました。


 議案第48号について、これより採決に入ります。


 本案は、原案のとおり同意することに決定してご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶものあり)


○議長(井上日吉君)  ご異議なしと認めます。


 したがって、議案第48号は、原案のとおり同意することに決定しました。





             〜日程第7 議員提出議案第1号〜





○議長(井上日吉君)  次に、日程第7、議員提出議案第1号を議題と致します。


 議案の朗読を省略致しまして、提出者より提案理由の説明を求めます。


 議員提出議案第1号 小野市議会委員会条例の一部を改正する条例の制定について、石田喜久男議員。


                (石田喜久男君 登壇)


○15番(石田喜久男君)  ただいま議題となっております議員提出議案第1号 小野市議会委員会条例の一部を改正する条例の制定について、提案者を代表致しまして、提案理由の説明を申し上げます。


 この議案は、このたびの機構改革に伴い、本条例を改正しようとするものであります。その内容につきましては、第2条で定めている常任委員会の所管する部署名の一部を改正しようとするものであります。


 どうか、議員各位のご賛同を賜りますようお願いを申し上げまして、提案理由の説明と致します。


○議長(井上日吉君)  提案理由の説明は終わりました。


 この際、お諮り致します。


 ただいま上程中の議案につきましては、議事の順序を省略し、直ちに表決に入りたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶものあり)


○議長(井上日吉君)  ご異議なしと認めます。


 したがって、そのように決定しました。


 議員提出議案第1号について、これより採決に入ります。


 本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶものあり)


○議長(井上日吉君)  ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。


 これで、本日の日程は終了致しました。


 この際、お諮り致します。


 明日4日から14日までは、議案熟読のため、休会致したいと思います。


 これにご異議ありませんか。


              (「異議なし」と呼ぶものあり)


○議長(井上日吉君)  ご異議なしと認めます。


 したがって、そのように決定しました。


 次の本会議は、6月15日午前10時から再開致します。


 なお、質疑の発言通告は、6日正午までに議会事務局へ提出願います。


 本日は、これをもって散会致します。





                散会 午前10時48分