議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 川西市

平成22年 11月 臨時会(第6回) 11月09日−02号




平成22年 11月 臨時会(第6回) − 11月09日−02号







平成22年 11月 臨時会(第6回)



               第2日会議録

◯出席議員

     1番  住田由之輔       14番  吉田 進

     2番  森本猛史        15番  大崎淳正

     3番  北野紀子        16番  鈴木光義

     4番  黒田美智        17番  平岡 譲

     5番  宮坂満貴子       18番  大矢根秀明

     6番  北上哲仁        19番  江見輝男

     7番  秋田修一        20番  宮路尊士

     8番  松田敬幸        21番  久保義孝

     9番  岡 留美        22番  梶田忠勝

    10番  津田加代子       23番  安田末廣

    11番  福西 勝        24番  小山敏明

    12番  土田 忠        25番  多久和桂子

    13番  吉富幸夫        26番  安田忠司

                          (26名)

◯欠席議員

       なし

◯説明のため出席を求めた者



役職
氏名
役職
氏名


市長
大塩民生
市民生活部長
多田仁三


副市長
水田賢一
健康福祉部長
今北延行


副市長
的場実夫
こども部長
小田秀平


教育委員会委員長
松榮 徹
土木部長
中西 勉


教育長
益満良一
まちづくり部長
菅原康雄


水道事業管理者
西 勝也
美化推進部長
滝内教二


病院事業管理者
原田一孝
会計管理者
篠木満司


選挙管理委員会委員長
井上武彦
教育振興部長
牛尾 巧


代表監査委員
塩川芳則
水道局長
冨永 誠


企画財政部長
本荘重弘
川西病院事務長
岩井 健


総務部長
益本正隆
消防長
今西慶春



◯欠席者

       なし

◯事務局職員

  事務局長     山田博文     議事調査課主査  田中俊浩

  事務局次長    上松充彦     議事調査課主査  福丸幸紀

  議事調査課長   小林由男     議事調査課主査  森 博邦

  議事調査課主査  今井洋之

◯議事日程・付議事件



日程番号
議案番号
付議事件



 
会議録署名議員の指名



選任報告2
常任委員会委員の選任について





追加日程




委員会提出3
飛行場対策周辺整備調査特別委員会の設置について


〃4
まちづくり調査特別委員会の設置について


〃5
広域ごみ処理施設調査特別委員会の設置について


〃6
新名神高速道路周辺対策特別委員会の設置について





推薦1
川西市農業委員会委員の推薦について



選挙3
猪名川上流広域ごみ処理施設組合議会議員の選挙について



 
議会運営委員会の所管事務調査について



 
常任委員会の所管事務調査について





追加日程




意見書案6
地方議会議員年金制度の廃止を求める意見書





◯会議の顛末





△開議 午前10時00分



○議長(小山敏明) おはようございます。

 ただいまより、昨日の本会議に続き、平成22年第6回市議会臨時会の継続会を開きます。

 まず、本日の議員の出欠をご報告いたします。

 全員出席であります。

 次に、本日の議事日程につきましては、お手元に配付しております印刷物により、ご了承願います。

 これより、日程に入ります。



△日程第1



○議長(小山敏明) 日程第1

 会議録署名議員の指名

 を行います。

 会議規則第78条の規定により、議長において、2番 森本猛史議員、25番 多久和桂子議員を指名します。

 しばらくの間、休憩いたします。



△休憩 午前10時01分



△再開 午後3時00分



○議長(小山敏明) 再開いたします。



△日程第2



○議長(小山敏明) 日程第2

 選任報告第2号 常任委員会委員の選任について

 を議題といたします。

 常任委員会委員の選任については、委員会条例第7条第1項の規定により、議長より指名いたしましたので、ご報告いたします。

 総務常任委員会委員として、

   1番 住田由之輔副議長

   5番 宮坂満貴子議員

   7番 秋田修一議員

  15番 大崎淳正議員

  23番 安田末廣議員

  25番 多久和桂子議員

以上、6名であります。

 次に、文教公企常任委員会委員として、

   3番 北野紀子議員

   8番 松田敬幸議員

  10番 津田加代子議員

  11番 福西 勝議員

  19番 江見輝男議員

  20番 宮路尊士議員

  22番 梶田忠勝議員

以上、7名であります。

 次に、厚生経済常任委員会委員として、

   4番 黒田美智議員

   6番 北上哲仁議員

   9番 岡 留美議員

  13番 吉富幸夫議員

  16番 鈴木光義議員

  17番 平岡 譲議員

  26番 安田忠司議員

以上、7名であります。

 次に、建設常任委員会委員として、

   2番 森本猛史議員

  12番 土田 忠議員

  14番 吉田 進議員

  18番 大矢根秀明議員

  21番 久保義孝議員

  24番 小山敏明

以上、6名であります。

 なお、正副常任委員長の互選の結果を議長の手元に受けておりますので、この際、ご報告いたします。

 総務常任委員会

      委員長  安田末廣議員

     副委員長  多久和桂子議員

 文教公企常任委員会

      委員長  津田加代子議員

     副委員長  梶田忠勝議員

 厚生経済常任委員会

      委員長  平岡 譲議員

     副委員長  北上哲仁議員

 建設常任委員会

      委員長  土田 忠議員

     副委員長  久保義孝議員

 であります。

 以上で報告を終わります。

 この際、お諮りいたします。

 お手元に配付しております議事日程表のとおり、日程を追加することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」の声あり)



○議長(小山敏明) ご異議なしと認めます。

 よって、議事日程表のとおり、日程を追加することに決しました。



△日程第3



○議長(小山敏明) 日程第3

 委員会提出議案第3号 飛行場対策周辺整備調査特別委員会の設置について

 ないし、

 委員会提出議案第6号 新名神高速道路周辺対策特別委員会の設置について

 以上4件を一括議題といたします。

 この際、お諮りいたします。

 これら4件の提案理由の説明は、議案の朗読をもってこれにかえ、議事順序を省略したいと思いますが、これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」の声あり)



○議長(小山敏明) ご異議なしと認め、そのように決します。

 書記に議案を朗読させます。

 書記。



◎書記(議事調査課長) 朗読いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 委員会提出議案第3号

  飛行場対策周辺整備調査特別委員会の設置について

 1.委員会の名称

    飛行場対策周辺整備調査特別委員会

 2.委員会の性格及び調査事項

    地方自治法第110条第1項並びに川西市議会委員会条例第6条によるものとし、「大阪国際空港航空機による騒音被害及び安全に関する対策並びに南部地域のまちづくりに関する調査」を行うものとする。

 3.委員定数

    6人とする。

 4.委員会の調査期間

    議会の閉会中も調査を行うことができるものとし、議会が本件調査終了を議決するまで継続して調査を行うものとする。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 委員会提出議案第4号

  まちづくり調査特別委員会の設置について

 1.委員会の名称

    まちづくり調査特別委員会

 2.委員会の性格及び調査事項

    地方自治法第110条第1項並びに川西市議会委員会条例第6条によるものとし、「川西能勢口駅周辺都市整備計画基本構想に基づく『駅周辺38ha地区』整備事業及び中央北地区土地区画整理事業に関する調査」を行うものとする。

 3.委員定数

    7人とする。

 4.委員会の調査期間

    議会の閉会中も調査を行うことができるものとし、議会が本件調査終了を議決するまで継続して調査を行うものとする。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 委員会提出議案第5号

  広域ごみ処理施設調査特別委員会の設置について

 1.委員会の名称

    広域ごみ処理施設調査特別委員会

 2.委員会の性格及び調査事項

    地方自治法第110条第1項並びに川西市議会委員会条例第6条によるものとし、「広域ごみ処理施設に関する調査」を行うものとする。

 3.委員定数

    7人とする。

 4.委員会の調査期間

    議会の閉会中も調査を行うことができるものとし、議会が本件調査終了を議決するまで継続して調査を行うものとする。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 委員会提出議案第6号

  新名神高速道路周辺対策特別委員会の設置について

 1.委員会の名称

    新名神高速道路周辺対策特別委員会

 2.委員会の性格及び調査事項

    地方自治法第110条第1項並びに川西市議会委員会条例第6条によるものとし、「新名神高速道路建設にかかわる周辺対策に関する調査」を行うものとする。

 3.委員定数

    6人とする。

 4.委員会の調査期間

    議会の閉会中も調査を行うことができるものとし、議会が本件調査終了を議決するまで継続して調査を行うものとする。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 以上であります。



○議長(小山敏明) 朗読は終わりました。

 お諮りいたします。

 これら4件は、議事順序を省略して直ちに採決に入りたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」の声あり)



○議長(小山敏明) ご異議なしと認め、そのように決します。

 お諮りいたします。

 これら4件は、原案のとおり決することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」の声あり)



○議長(小山敏明) ご異議なしと認めます。

 よって、委員会提出議案第3号、第4号、第5号及び第6号の以上4件は、原案のとおり可決されました。

 これより各特別委員会委員の選任を行います。

 委員会条例第7条第1項の規定により、議長より指名いたします。

 まず、飛行場対策周辺整備調査特別委員会委員として、

   2番 森本猛史議員

   6番 北上哲仁議員

  10番 津田加代子議員

  14番 吉田 進議員

  15番 大崎淳正議員

  20番 宮路尊士議員

以上、6名を指名いたします。

 次に、まちづくり調査特別委員会委員として、

   1番 住田由之輔副議長

   5番 宮坂満貴子議員

   7番 秋田修一議員

   9番 岡 留美議員

  18番 大矢根秀明議員

  23番 安田末廣議員

  26番 安田忠司議員

以上、7名であります。

 次に、広域ごみ処理施設調査特別委員会委員として、

   3番 北野紀子議員

  11番 福西 勝議員

  17番 平岡 譲議員

  19番 江見輝男議員

  21番 久保義孝議員

  22番 梶田忠勝議員

  25番 多久和桂子議員

以上、7名を指名いたします。

  次に、新名神高速道路周辺対策特別委員会委員として、

   4番 黒田美智議員

   8番 松田敬幸議員

  12番 土田 忠議員

  13番 吉富幸夫議員

  16番 鈴木光義議員

  24番 小山敏明

以上、6名を指名いたします。

 しばらくの間、休憩いたします。

     〔休憩〕



○議長(小山敏明) 再開いたします。

 ただいまの休憩中に、正副特別委員会委員長の互選の結果を議長の手元に受けておりますので、この際、ご報告いたします。

  飛行場対策周辺整備調査特別委員会

      委員長  宮路尊士議員

     副委員長  津田加代子議員

  まちづくり調査特別委員会

      委員長  宮坂満貴子議員

     副委員長  秋田修一議員

  広域ごみ処理施設調査特別委員会

      委員長  多久和桂子議員

     副委員長  北野紀子議員

  新名神高速道路周辺対策特別委員会

      委員長  黒田美智議員

     副委員長  鈴木光義議員

であります。

 以上で、報告を終わります。



△日程第4



○議長(小山敏明) 日程第4

 推薦第1号 川西市農業委員会委員の推薦について

 を議題といたします。

     〔北上哲仁議員、吉田 進議員 退席〕



○議長(小山敏明) 提案理由の説明を議長より申し上げます。

 農業委員会等に関する法律第12条第2号の規定による選任委員に欠員が生じましたので、2名の推薦方の申し出がありました。

 よって、同法の規定による川西市農業委員会委員として、

   6番 北上哲仁議員

  14番 吉田 進議員

 の、以上2名を推薦しようとするものであります。

 この際、お諮りをいたします。

 本案は、議事順序を省略して、直ちに採決したいと思いますが、これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」の声あり)



○議長(小山敏明) ご異議なしと認め、そのように決します。

 お諮りいたします。

 推薦第1号は、原案のとおり決することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」の声あり)



○議長(小山敏明) ご異議なしと認めます。

 よって、推薦第1号は、原案のとおり推薦することに決しました。

     〔北上哲仁議員、吉田 進議員 着席〕



△日程第5



○議長(小山敏明) 次に、日程第5

 選挙第3号 猪名川上流広域ごみ処理施設組合議会議員の選挙

 を行います。

 本選挙は、同組合規約第5条第2項の規定により、議員中より9名を選挙するものであります。

 この際、お諮りいたします。

 選挙の方法は、その手続を省略して指名推選によることとし、議長から指名したいと思いますが、これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」の声あり)



○議長(小山敏明) ご異議なしと認め、そのように決します。

   4番 黒田美智議員

   5番 宮坂満貴子議員

   8番 松田敬幸議員

  11番 福西 勝議員

  16番 鈴木光義議員

  17番 平岡 譲議員

  21番 久保義孝議員

  22番 梶田忠勝議員

  25番 多久和桂子議員

以上、9名を指名いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま指名いたしました9名を当選人と定めることにご異議ありませんか。

     (「異議なし」の声あり)



○議長(小山敏明) ご異議なしと認めます。

 よって、

   4番 黒田美智議員

   5番 宮坂満貴子議員

   8番 松田敬幸議員

  11番 福西 勝議員

  16番 鈴木光義議員

  17番 平岡 譲議員

  21番 久保義孝議員

  22番 梶田忠勝議員

  25番 多久和桂子議員

が当選されました。

 当選されました方々が議場におられますので、本席から、会議規則第30条第2項の規定による告知をいたします。



△日程第6



○議長(小山敏明) 次に、日程第6

 議会運営委員会の所管事務調査について

 を議題といたします。

 議会運営委員会の所管事務調査について、議会運営委員会委員長より、会議規則第95条の規定により、お手元に配付しております申出書のとおり、閉会中の継続調査を行いたい旨の申し出がありました。

 この際、お諮りいたします。

 これら三つの調査事項について、調査が終了するまでの間、閉会中の継続調査に付することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」の声あり)



○議長(小山敏明) ご異議なしと認めます。

 よって、議会運営委員会の所管事務調査については、調査を終了するまでの間、閉会中の継続調査に付することに決しました。



△日程第7



○議長(小山敏明) 次に、日程第7

 常任委員会の所管事務調査について

 を議題といたします。

 常任委員会の所管事務調査について、それぞれの委員長より、会議規則第95条の規定により、お手元に配付しております申出書のとおり、閉会中の継続調査を行いたい旨の申し出がありました。

 この際、お諮りいたします。

 各常任委員会委員長の申し出のとおり、それぞれの調査が終了するまでの間、閉会中の継続調査に付することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」の声あり)



○議長(小山敏明) ご異議なしと認めます。

 よって、各常任委員会の所管事務調査については、それぞれの調査を終了するまでの間、閉会中の継続調査に付することに決しました。

 しばらくの間、休憩いたします。



△休憩 午後3時17分



△再開 午後3時18分



○議長(小山敏明) 再開いたします。

 この際、お諮りいたします。

 お手元に配付しております議事日程表のとおり、日程を追加することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」の声あり)



○議長(小山敏明) ご異議なしと認めます。

 よって、議事日程表のとおり、日程を追加することに決しました。



△日程第8



○議長(小山敏明) それでは、日程第8

 意見書案第6号 地方議会議員年金制度の廃止を求める意見書

 を議題といたします。

 この際、お諮りいたします。

 本案の提案説明は、意見書案の朗読をもってこれにかえ、議事順序を省略したいと思いますが、これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」の声あり)



○議長(小山敏明) ご異議なしと認め、そのように決します。

 書記に意見書案を朗読させます。

 書記。



◎書記(議事調査課主査) 朗読いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

   地方議会議員年金制度の廃止を求める意見書

 地方議会は、地方分権改革の進展により、地方公共団体の権限や機能が拡大する中で、果たすべき役割と責任がますます重要なものとなっており、地方議会議員に求められる活動領域も拡大しています。

 このような地方議会の実態等を踏まえ、議員の専業化が進み、これまで以上に積極的な議員活動を展開していくためには、議員活動に専念するための経済的基盤を確立することが重要であり、今後の多様な人材の確保を図る上でも不可欠なものであります。

 しかし、そうした経済的基盤の一つである地方議会議員年金制度は、平成の大合併の大規模かつ急速な進展による議員数の減少と受給者数の増加等により、制度運営が急速に悪化し、平成14年度及び平成18年度の2度にわたり自助努力の限界ともいえる大幅な掛金の引上げと給付の引下げが行われましたが、国の責任において措置すべき合併特例法の規定に基づく激変緩和措置が不十分であったことから、平成23年度には積立金が枯渇し、破綻が確実視されています。

 このような中、昨年に6回開催された国の地方議会議員年金制度検討会では、現役の議員、議員退職者及びその遺族に対し、安易に負担を強制する見直し案や地方議会年金制度を廃止する場合の考え方が提示されましたが、議員の負担が既に限界にあることや、年金が受給者の生活基盤に必要不可欠な存在になっていることなどが考慮されておらず、受け入れられるものではありません。加えて、先月、全国市議会議長会は、総務省からの見解を受け、地方議会年金制度の廃止もやむを得ないものとして大きく舵を切るとともに、政府においても同制度を廃止する方針を固められたことが報道されています。

 よって、当市議会は、国が、同制度への公費投入及び掛金の負担を直ちに中止されるとともに、制度の廃止に当たっては、強制を余儀なくされ、長年にわたり高額な掛金を払い続けてきた議員の立場を十分に配慮し、不利な扱いとならない措置を講じられるよう、ここに強く要望いたします。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出いたします。

  平成22年11月9日

衆議院議長 +

参議院議長 |

内閣総理大臣|あて

総務大臣  |

財務大臣  +

                            川西市議会議長

                              小山敏明

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 以上であります。



○議長(小山敏明) 朗読は終わりました。

 この際、お諮りいたします。

 本案は、議事順序を省略して、直ちに採決に入りたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」の声あり)



○議長(小山敏明) ご異議なしと認め、そのように決します。

 お諮りいたします。

 意見書案第6号は、原案のとおり決することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」の声あり)



○議長(小山敏明) ご異議なしと認めます。

 よって、意見書案第6号は、原案のとおり可決されました。

 以上で、本日の日程は全部終了し、今期臨時会に付議されました案件は、すべて議了いたしました。

 市長。



◎市長(大塩民生) (登壇)閉会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。

 昨日から開会されました今期臨時市議会は、短い会期ではございましたが、連日ご精励を賜り、正副議長の選挙を初め議会の構成に関する重要案件について審議をされ、それぞれ協調の上、新体制を整えられましたことは、まことにご同慶にたえない次第でございます。

 今後、小山敏明議長、住田由之輔副議長を中心として議会運営に当たられることとなりますが、どうか川西市政のためにご尽力を賜りますとともに、私ども執行機関に対しまして、ご支援、ご協力をいただきますようよろしくお願いをいたします。

 また、提案をいたしました議案につきましても、原案どおりご同意をいただきましてありがとうございます。

 これから寒さも日ごとに加わってまいります。議員の皆様におかれましては、健康にくれぐれもご留意いただき、市政発展のためますますご活躍されることをお祈り申し上げまして、大変簡単でございますけれども閉会に当たりましてのあいさつとさせていただきます。

 どうもありがとうございました。



○議長(小山敏明) 閉会に当たりまして、一言ごあいさつ申し上げます。

 今期臨時会におきましては、議会の構成にかかわる選挙、選任等を行いましたが、議員各位のご精励によりまして、滞りなく議了し、閉会の運びと至りましたことは、まことに喜ばしい限りであります。

 議員各位のご精励と理事者の皆さんのご協力に対しまして、心よりお礼申し上げます。

 さて、これから日々寒さに向かうわけでありますが、議員各位におかれましては、この上とも十分ご自愛くださいまして、新しい議会構成のもと、市政推進に一層ご尽力くださるようお願いいたしまして、閉会のごあいさつといたします。



○議長(小山敏明) これをもって、平成22年第6回川西市議会臨時会を閉会いたします。

 どうもご苦労さまでした。



△閉会 午後3時27分

 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

  平成22年11月9日

    川西市議会臨時議長    梶田忠勝

    川西市議会議長      小山敏明

    第1日会議録署名議員   住田由之輔

        同        安田忠司

    第2日会議録署名議員   森本猛史

        同        多久和桂子