議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 川西市

平成22年  4月 臨時会(第2回) 04月01日−01号




平成22年  4月 臨時会(第2回) − 04月01日−01号







平成22年  4月 臨時会(第2回)



             会期及び会議日程






本会議・委員会
備考





本会議
(第1日)
開会
会議録署名議員の指名
会期の決定
議案第33号上程、提案説明、質疑、討論、表決。
閉会



               応招議員

        大塚寿夫        安田忠司

        土谷一郎        北上哲仁

        黒田美智        江見輝男

        住田由之輔       平岡 譲

        宮坂満貴子       大矢根秀明

        小西佑佳子       岩田秀雄

        倉谷八千子       志水隆司

        上馬 勇        津田加代子

        吉田 進        小山敏明

        前田 貢        土田 忠

        西山博大        多久和桂子

        吉富幸夫        久保義孝

        宮路尊士        中礼思無哉

        松田恭男        梶田忠勝

        越田謙治郎       安田末廣

                    (30名)

               審議結果



議案番号
審議案件
提出年月日
議決年月日
議決結果
付託委員会


委員会名
審査年月日


 
会期の決定
22.4.1
22.4.1
決定




33
川西市税条例等の一部を改正する条例の制定について


原案可決
(賛成多数)





              第1日会議録

◯出席議員

     1番  大塚寿夫        16番  安田忠司

     2番  土谷一郎        17番  北上哲仁

     3番  黒田美智        18番  江見輝男

     4番  住田由之輔       19番  平岡 譲

     5番  宮坂満貴子       20番  大矢根秀明

     6番  小西佑佳子       21番  岩田秀雄

     7番  倉谷八千子       23番  津田加代子

     8番  上馬 勇        24番  小山敏明

     9番  吉田 進        25番  土田 忠

    10番  前田 貢        26番  多久和桂子

    11番  西山博大        27番  久保義孝

    12番  吉富幸夫        28番  中礼思無哉

    13番  宮路尊士        29番  梶田忠勝

    14番  松田恭男        30番  安田末廣

    15番  越田謙治郎

                          (29名)

◯欠席議員

    22番  志水隆司

                           (1名)

◯説明のため出席を求めた者



役職
氏名
役職
氏名


市長
大塩民生
健康福祉部長
今北延行


副市長
水田賢一
こども部長
小田秀平


副市長
的場実夫
土木部長
中西 勉


教育委員会委員長
松榮 徹
まちづくり部長
菅原康雄


教育長
益満良一
美化推進部長
滝内教二


水道事業管理者
西 勝也
会計管理者
篠木満司


病院事業管理者
原田一孝
教育振興部長
牛尾 巧


選挙管理委員会委員長
井上武彦
水道局長
冨永 誠


代表監査委員
塩川芳則
川西病院事務長
岩井 健


企画財政部長
本荘重弘
消防長
今西慶春


総務部長
益本正隆
税務室長
小林 宏


市民生活部長
多田仁三
 
 



◯欠席者

       なし

◯事務局職員

  事務局長     山田博文     議事調査課主査  田中俊浩

  事務局次長    上松充彦     議事調査課主査  福丸幸紀

  議事調査課長   小林由男     議事調査課主査  森 博邦

  議事調査課主査  今井洋之

◯議事日程・付議事件



日程番号
議案番号
付議事件



 
会議録署名議員の指名



 
会期の決定



33
川西市税条例等の一部を改正する条例の制定について



◯会議の顛末



△開会 午前10時00分



○議長(安田忠司) おはようございます。

 ただいまより、平成22年第2回川西市議会臨時会を開会いたします。

 開会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。

 春の気配が日増しに感じられ、水ぬるむ好季節を迎えようとしていますが、本日、議員各位にはお元気にご参集いただきまして、第2回市議会臨時会が開会に至りましたことは、まことに喜ばしい限りであります。

 今期臨時会に付議されます案件は、川西市税条例等の一部を改正する条例の制定についてであります。

 3月定例会後、日も浅く、時節柄何かとご多忙のこととは存じますが、慎重なるご審議を尽くされますようにお願い申し上げまして、開会のごあいさつといたします。

 市長。



◎市長(大塩民生) (登壇)おはようございます。

 開会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。

 第1回定例市議会終了後、わずかな期間で第2回臨時市議会を招集いたしましたところ、議員の皆様におかれましては、お元気でご出席いただき、まことにありがとうございます。

 本日提出をいたします案件は、川西市税条例等の一部を改正する条例の制定についての条例案件1件であります。

 提出いたします案件は、重要な案件でありますので、何とぞ慎重にご審議賜り、速やかに可決していただきますようお願いをいたしまして、まことに簡単でございますけれども、開会に当たりましてのあいさつとさせていただきます。

 どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(安田忠司) まず、本日の議員の出欠をご報告いたします。

 ただいまの出席者は29名であります。欠席の届け出のあった者、志水隆司議員であります。



△開議 午前10時02分



○議長(安田忠司) これより、本日の会議を開きます。

 本日の議事日程並びに議案の取り扱いにつきましては、あらかじめ配付しております印刷物により、ご了承願います。

 まず、諸般の報告をいたします。

 地方自治法第121条の規定により理事者の出席を求めておりますので、ご報告いたします。

 次に、4月1日付をもって人事異動の発令がなされ、議員各位には既に通知をしておりますが、新任の部長級、部次長級職員の紹介をしたいと思います。

 企画財政部長兼政策推進室長、本荘重弘君。



◎企画財政部長兼政策推進室長(本荘重弘) 本荘でございます。今後ともよろしくお願いいたします。



○議長(安田忠司) 理事[都市整備公社派遣]、山口昌久君。



◎理事[都市整備公社派遣](山口昌久) 山口でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(安田忠司) 市参事兼危機管理室長、駒井 守君。



◎市参事兼危機管理室長(駒井守) 駒井です。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(安田忠司) こども部長、小田秀平君。



◎こども部長(小田秀平) 小田でございます。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(安田忠司) 美化推進部長、滝内教二君。



◎美化推進部長(滝内教二) 滝内でございます。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(安田忠司) 水道局長兼水道局次長[浄水課担当]、冨永 誠君。



◎水道局長兼水道局次長[浄水課担当](冨永誠) 冨永です。よろしくお願いします。



○議長(安田忠司) 市立川西病院診療部長、菅和臣君。



◎市立川西病院診療部長(菅和臣) 菅です。どうぞよろしくお願いします。



○議長(安田忠司) 市立川西病院診療部長、杉本圭司君。



◎市立川西病院診療部長(杉本圭司) 杉本です。よろしくお願いします。



○議長(安田忠司) 企画財政部参事兼秘書課長、荒木一弘君。



◎企画財政部参事兼秘書課長(荒木一弘) 荒木でございます。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(安田忠司) 総務部行政室長、坪内雅信君。



◎総務部行政室長(坪内雅信) 坪内でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(安田忠司) 総務部税務室長、小林 宏君。



◎総務部税務室長(小林宏) 小林でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(安田忠司) 市民生活部参事[環境創造課担当]、井上 功君。



◎市民生活部参事[環境創造課担当](井上功) 井上です。よろしくお願いします。



○議長(安田忠司) 市民生活部参事兼文化・国際交流課長、岸本育子さん。



◎市民生活部参事兼文化・国際交流課長(岸本育子) 岸本でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(安田忠司) 市民生活部人権推進室長、北林安弘君。



◎市民生活部人権推進室長(北林安弘) 北林でございます。どうぞよろしくお願いします。



○議長(安田忠司) 健康福祉部参事兼生活支援課長、山川浩司君。



◎健康福祉部参事兼生活支援課長(山川浩司) 山川でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(安田忠司) 健康福祉部健康づくり室長兼保健センター所長兼予防歯科センター所長、藪野俊介君。



◎健康福祉部健康づくり室長兼保健センター所長兼予防歯科センター所長(藪野俊介) 藪野でございます。どうぞお願いします。



○議長(安田忠司) こども部子育て室長、大屋敷信彦君。



◎こども部子育て室長(大屋敷信彦) 大屋敷でございます。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(安田忠司) 土木部土木管理室長、土井将充君。



◎土木部土木管理室長(土井将充) 土井です。どうぞよろしくお願いします。



○議長(安田忠司) 土木部参事兼下水道普及課長、井谷定男君。



◎土木部参事兼下水道普及課長(井谷定男) 井谷でございます。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(安田忠司) 土木部参事[下水道建設課担当]、畠中勝身君。



◎土木部参事[下水道建設課担当](畠中勝身) 畠中でございます。どうぞよろしくお願いします。



○議長(安田忠司) まちづくり部まちづくり推進室長、芝 良一君。



◎まちづくり部まちづくり推進室長(芝良一) 芝でございます。どうぞよろしくお願いします。



○議長(安田忠司) まちづくり部参事[中央北地区整備室担当]、西川正弘君。



◎まちづくり部参事[中央北地区整備室担当](西川正弘) 西川でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(安田忠司) 美化推進部美化推進室長兼リサイクル推進課長、森内吉彦君。



◎美化推進部美化推進室長兼リサイクル推進課長(森内吉彦) 森内でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(安田忠司) 美化推進部参事[猪名川上流広域ごみ処理施設組合派遣]、杉岡 悟君。



◎美化推進部参事[猪名川上流広域ごみ処理施設組合派遣](杉岡悟) 杉岡でございます。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(安田忠司) 美化推進部参事[猪名川上流広域ごみ処理施設組合派遣]、山内敬之君。



◎美化推進部参事[猪名川上流広域ごみ処理施設組合派遣](山内敬之) 山内でございます。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(安田忠司) 教育振興部参事兼教職員課長、船曵則之君。



◎教育振興部参事兼教職員課長(船曵則之) 船曵でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(安田忠司) 教育振興部教育支援室長、林 一幸君。



◎教育振興部教育支援室長(林一幸) 林でございます。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(安田忠司) 水道局次長[工務課担当]、田中清雅君。



◎水道局次長[工務課担当](田中清雅) 田中でございます。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(安田忠司) 水道局参事[工務課担当]、橋本 守君。



◎水道局参事[工務課担当](橋本守) 橋本でございます。どうぞよろしくお願いします。



○議長(安田忠司) 市立川西病院経営改革本部経営企画室長、山田良弘君。



◎市立川西病院経営改革本部経営企画室長(山田良弘) 山田でございます。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(安田忠司) 市立川西病院看護部次長、片岡千代子さん。



◎市立川西病院看護部次長(片岡千代子) 片岡でございます。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(安田忠司) 市立川西病院事務次長兼総務課長、中定久紀君。



◎市立川西病院事務次長兼総務課長(中定久紀) 中定でございます。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(安田忠司) 市立川西病院参事兼医事課長、大南孝二君。



◎市立川西病院参事兼医事課長(大南孝二) 大南でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(安田忠司) 消防本部次長、小西勝典君。



◎消防本部次長(小西勝典) 小西でございます。よろしくお願いします。



○議長(安田忠司) 消防本部参事兼総務課長、西井一成君。



◎消防本部参事兼総務課長(西井一成) 西井でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(安田忠司) 南消防署長、辻本俊和君。



◎南消防署長(辻本俊和) 辻本です。よろしくお願いします。



○議長(安田忠司) 北消防署長、鞆井正彦君。



◎北消防署長(鞆井正彦) 鞆井でございます。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(安田忠司) 選挙管理委員会事務局長、太田康博君。



◎選挙管理委員会事務局長(太田康博) 太田でございます。どうぞよろしくお願い申し上げます。



○議長(安田忠司) 農業委員会事務局長、倉 久己君。



◎農業委員会事務局長(倉久己) 倉でございます。どうぞよろしくお願いします。



○議長(安田忠司) 市議会事務局長、山田博文君。



◎市議会事務局長(山田博文) 山田でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(安田忠司) 市議会事務局次長兼総務課長、上松充彦君。



◎市議会事務局次長兼総務課長(上松充彦) 上松でございます。どうぞよろしくお願いします。



○議長(安田忠司) 以上で紹介を終わります。

 これより、日程に入ります。



△日程第1



○議長(安田忠司) 日程第1

 会議録署名議員の指名

 を行います。

 会議規則第78条の規定により、議長において10番 前田 貢議員、20番 大矢根秀明議員を指名いたします。



△日程第2



○議長(安田忠司) 次に、日程第2

 会期の決定

 を議題といたします。

 お諮りいたします。

 今期臨時会の会期は、本日1日間としたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」の声あり)



○議長(安田忠司) ご異議なしと認めます。

 よって、会期は1日間と決定いたしました。



△日程第3



○議長(安田忠司) 次に、日程第3

 議案第33号 川西市税条例等の一部を改正する条例の制定について

 を議題といたします。

 この際、お諮りいたします。

 本案については、会議規則第35条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思いますが、これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」の声あり)



○議長(安田忠司) ご異議なしと認めます。

 よって、本案については、委員会の付託を省略することに決しました。

 市長より提案理由の説明を求めます。

 市長。



◎市長(大塩民生) (登壇)ただいま上程されました議案第33号 川西市税条例等の一部を改正する条例の制定について説明いたします。

 本案は、地方税法等の一部改正に伴い、川西市税条例、川西市都市計画税条例及び川西市国民健康保険税条例の一部を改正しようとするものであります。

 まず、第1条による川西市税条例の改正でありますが、第19条(納期限後に納付し又は納入する税金又は、納入金に係る延滞金)の改正は、法改正に伴い、条例で引用する地方税法の引用条項を改めようとするものであります。

 第31条(均等割の税率)の改正は、法改正に伴い、条例で引用する地方税法の引用条項を改めようとするものであります。

 第36条の3の2(個人の市民税に係る給与所得者の扶養親族申告書)の追加は、扶養親族のうち、16歳未満の扶養控除が廃止されることに伴い、個人市民税の非課税限度額等の計算上必要となる扶養親族の数を把握するため、扶養親族申告書の提出を特別徴収義務者に義務づけようとするものであります。

 第36条の3の3(個人の市民税に係る公的年金等受給者の扶養親族申告書)の追加は、扶養親族のうち、16歳未満の扶養控除が廃止されることに伴い、個人市民税の非課税限度額等の計算上必要となる扶養親族の数を把握するため、扶養親族申告書の提出を特別徴収義務者に義務づけようとするものであります。

 第44条(給与所得に係る個人の市民税の特別徴収)の改正は、65歳未満の公的年金等受給者で、給与所得を有する場合に公的年金に係る所得割額を給与所得に係る所得割額及び均等割額に合算して給与から特別徴収を行うことができるように改正しようとするものであります。

 第45条(給与所得に係る特別徴収義務者の指定等)の改正は、第44条第2項及び第3項の改正に伴う規定の整備であります。

 第48条(法人の市民税の申告納付)の改正は、法改正に伴い、条例で引用する地方税法の引用条項を改めようとするものであります。

 第50条(法人の市民税に係る不足税額の納付の手続)の改正は、法改正に伴い、条例で引用する地方税法の引用条項を改めようとするものであります。

 第53条の7(特別徴収税額の納入義務等)の改正は、退職手当等に対する分離課税の所得割額の納入に伴う納入申告書の様式の整備であります。

 第54条(固定資産税の納税義務者等)の改正は、法改正に伴う規定の整備であります。

 第95条(たばこ税の税率)の改正は、平成22年10月1日以降に売り渡し等が行われた製造たばこに限り、1000本当たり現行3298円を4618円に改めようとするものであります。

 附則16条の2(たばこ税の税率の特例)の改正は、平成22年10月1日以降に売り渡し等が行われた旧3級品の製造たばこに限り、1000本当たり1564円から2190円に改めようとするものであります。

 附則第19条の3(非課税口座内上場株式等の譲渡に係る市民税の所得計算の特例)の改正は、上場株式等に係る20%の本則税率化にあわせて小額の上場株式等に係る配当所得及び譲渡所得等の非課税措置を新たに設けようとするものであります。

 附則第20条の4(条約適用利子等及び条約適用配当等に係る個人の市民税の課税の特例)の改正は、法改正に伴う規定の整備であります。

 附則第20条の5(保険料に係る個人の市民税の課税の特例)の改正は、法改正に伴う規定の整備であります。

 次に、第2条の川西市都市計画税条例の一部改正であります。

 附則第17項の改正は、法改正に伴う規定の整備であります。

 次に、第3条による川西市国民健康保険税条例の一部改正でありますが、第23条(国民健康保険税の減額)の改正は、法改正に伴う規定の整備であります。

 第23条の2(特例対象被保険者等に係る国民健康保険税の課税の特例)の追加は、非自発的な理由により離職し、国民健康保険の被保険者となった場合において、在職中の保険料負担と比較して過重とならないようにするための必要な規定を設けようとするものであります。

 第24条の2(特例対象被保険者等に係る申告)の追加は、非自発的失業者に係る軽減の申告方法等について必要な規定を設けようとするものであります。

 第26条(国民健康保険税の減免)の改正は、被用者保険の被保険者本人が後期高齢者医療制度に移行することに伴って、当該被保険者の被扶養者から国民健康保険被保険者となった者に対する減免措置について、継続して実施できるようにするために規定を整備しようとするものであります。

 附則第4項(公的年金等に係る所得に係る国民健康保険税の課税の特例)の改正は、法改正に伴う規定の整備であります。

 附則第15項(条約適用利子等に係る国民健康保険税の課税の特例)及び附則第16項(条約適用配当等に係る国民健康保険税の課税の特例)の改正は、法改正に伴う規定の整備であります。

 最後に、附則規定でありますが、本条例の施行期日及び改正に伴う経過措置等を規定しようとするものであります。

 よろしくご審議賜りますようお願をいたします。以上であります。



○議長(安田忠司) 提案理由の説明は終わりました。

 これより、説明についての質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

     (「なし」の声あり)



○議長(安田忠司) それでは、質疑を終結し、討論に入ります。

 討論の通告がありますので、発言を許します。

 1番 大塚寿夫議員。



◆1番(大塚寿夫) (登壇)おはようございます。

 新年度4月1日が始まった早々、この壇上で反対討論をしなければならないという状況でありますが、しかしこの内容そのものは、国民の暮らしにとって非常に重大な問題であり、負担が大きくのしかかってくるそういう問題であり、日本共産党議員団を代表し、反対し、その討論を行うものであります。よろしくお願いをいたします。

 ただいま上程されました議案第33号 川西市税条例等の一部を改正する条例の制定についてであります。

 今回の改訂につきましては、地方税等の一部を改正する法律の制定に伴うものでありますが、重大なことは年少扶養控除の廃止と特定扶養控除の縮減で、平年度ベースで国全体でみましても4569億円もの過去最大規模の大増税をもたらすこういった内容になってきているからであります。

 そもそも民主党のマニフェストには個人住民税の扶養控除廃止はありませんでした。国民には何の説明もなく、公約違反の大増税であることを指摘しなければなりません。この増税分は子ども手当の財源として活用すると言われますが、その検討方向は民間保育園の国庫補助の一般財源化やさらなる規制緩和を進めるというものになっております。

 子ども手当のまともな設計も示されずに、その一方で公約違反の扶養控除廃止による大増税を押しつけ、保育、子育てへの国の責任を投げ捨てるやり方であり、容認することはできないと考えるわけであります。

 具体的にその内容を少し見てみますと、子ども手当の実施や高等学校授業料の無償化の財源に充てるために、扶養控除のうち15歳から18歳までの特定扶養親族に対する特定扶養控除の上乗せ部分が廃止されます。そして年少扶養控除を廃止されます。所得税は11年1月から、住民税は12年6月からでありますが、子育て世代に大きな増税となるものであります。

 扶養控除廃止による増税額は、所得税は最大15万2000円でありますが、住民税は一律3万3000円の増税になります。

 川西でも調査をしていただきますと、その資料でも提出されましたが、年少扶養控除廃止による影響額は1万6000人、3億1680万円に上り、また特定扶養控除上乗せ部分については3000人、2160万円にもなるわけであります。

 さらに、他の制度での負担増にもつながるケースが出てまいります。保育料は、所得税で保育料の区分を分けている自治体においては、増税による区分が上がると保育料の負担が上がってくるという状況であります。国民健康保険税も住民税の所得控除が減ると保険税が値上がってくるという状況であります。

 しかし、この国民健康保険税の中には、23条の2項、あるいは24条の2項、26条などで指摘されておりますように、非自発的失業者に対する一定の軽減措置、改善がなされております。そのことにもちろん反対するものではありません。

 以上、反対の趣旨を述べ、終わらせていただきます。



○議長(安田忠司) 以上で、通告による討論は終わりました。

 他に討論はありませんか。

     (「なし」の声あり)



○議長(安田忠司) それでは、討論を終結し、採決に入ります。

 本案は、起立により採決いたします。

 本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

     [賛成者起立]



○議長(安田忠司) 起立多数であります。

 よって、議案第33号は原案のとおり可決されました。

 以上で本日の日程は全部終了し、今期臨時会に付議されました案件は議了いたしました。

 市長。



◎市長(大塩民生) (登壇)閉会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。

 本日、第2回臨時市議会を招集し、川西市税条例等の一部を改正する条例の制定についての条例案件1件を提出いたしましたところ、議員の皆様には慎重にご審議を賜り、即日をもって原案どおり可決をいただき、まことにありがとうございました。

 今後、これら条例の施行に当たりましては、遺漏なきよう円滑に実施してまいる所存でございます。

 議員の皆様には、ますますご健勝にて、市政発展のためにご活躍されますことを祈念いたしまして、簡単でございますけれども、閉会に当たりましてのごあいさつとさせていただきます。

 ありがとうございました。



○議長(安田忠司) 閉会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。

 本日は、市税条例の一部改正に係る緊急かつ重要な案件をご審議願いましたが、無事議了し、ここに閉会を宣告できますことは、まことに喜ばしい限りであります。

 議員各位並びに理事者各位のご精励に対し、心からお礼を申し上げます。

 さて、間もなく風薫る新緑の季節を迎えるわけでありますが、議員各位におかれましては、次期定例会に向けて、十分英気を養われますようにお願い申し上げまして、閉会に当たってのごあいさつといたします。



○議長(安田忠司) これをもって、平成22年第2回川西市議会臨時会を閉会いたします。

 どうもご苦労さまでした。



△閉会 午前10時30分

 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

  平成22年4月1日

    川西市議会議長      安田忠司

    第1日会議録署名議員   前田 貢

        同        大矢根秀明