議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 高砂市

平成18年 9月定例会(第 5日11月17日)




平成18年 9月定例会(第 5日11月17日)





                        平成18年11月17日(金曜日)


    …………………………………………………………………………………………


 
  平成18年11月17日(金)午前10時再開


  第 1 会議録署名議員の決定


  第 2 高議第77号 兵庫県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数


             の増減及び規約の変更について


  第 3 高予第25号 第6回平成18年度高砂市一般会計補正予算


  第 4 高予第26号 第2回平成18年度高砂市下水道事業特別会計補正予算


  第 5 高予第27号 第2回平成18年度高砂市老人保健医療事業特別会計補正予


             算


  第 6 高予第28号 第2回平成18年度高砂市介護保険事業特別会計補正予算


  第 7 高予第29号 第2回平成18年度高砂市水道事業会計補正予算


  第 8 高予第30号 第1回平成18年度高砂市工業用水道事業会計補正予算


  第 9 高予第31号 第3回平成18年度高砂市病院事業会計補正予算


  第10 請願のこと  市内に居住する障害者施策の一層の充実を求める請願


              高砂市心身障害者連絡協議会 横山昌和


  第11 陳情のこと  療養病床の廃止・削減計画を中止するため政府への意見書提


             出を求める陳情書


              兵庫県保険医協会 理事長 池内春樹


  第12 陳情のこと  リハビリテーション打ち切りの調査と改善のため政府への意


             見書提出を求める陳情書


              兵庫県保険医協会 理事長 池内春樹


  第13 陳情のこと  障害者の福祉・医療サービスの利用に対する「定率(応益)


             負担」の中止を求める意見書提出に関する陳情書


              兵庫県福祉4団体 陳情者代表 尾島紘之


  (継続審査中のもの)


  第14 高議第67号 平成17年度高砂市一般会計歳入歳出決算認定について


  第15 高議第68号 平成17年度高砂市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算


             認定について


  第16 高議第69号 平成17年度高砂市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定に


             ついて


  第17 高議第70号 平成17年度高砂市老人保健医療事業特別会計歳入歳出決算


             認定について


  第18 高議第71号 平成17年度高砂市介護保険事業特別会計歳入歳出決算認定


             について


  第19 高議第72号 平成17年度高砂市水道事業会計決算認定について


  第20 高議第73号 平成17年度高砂市工業用水道事業会計決算認定について


  第21 高議第74号 平成17年度高砂市病院事業会計決算認定について


  (追加提案)


  第22 高議第78号 意見書提出のことについて


             (療養病床の廃止・削減計画の中止を求める意見書)


  第23 高議第79号 意見書提出のことについて


             (リハビリテーション打ち切りの調査と改善を求める意見書)


  第24 高議第80号 意見書提出のことについて


             (障害者の福祉・医療サービスの利用に対する「定率(応益)


             負担」等の中止を求める意見書)


  第25 閉会中の継続調査の申し出について


    …………………………………………………………………………………………


〇本日の会議に付した事件


  日程第 1 会議録署名議員の決定


  日程第 2 高議第77号 兵庫県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体


               の数の増減及び規約の変更について


  日程第 3 高予第25号 第6回平成18年度高砂市一般会計補正予算


  日程第 4 高予第26号 第2回平成18年度高砂市下水道事業特別会計補正予算


  日程第 5 高予第27号 第2回平成18年度高砂市老人保健医療事業特別会計補


               正予算


  日程第 6 高予第28号 第2回平成18年度高砂市介護保険事業特別会計補正予


               算


  日程第 7 高予第29号 第2回平成18年度高砂市水道事業会計補正予算


  日程第 8 高予第30号 第1回平成18年度高砂市工業用水道事業会計補正予算


  日程第 9 高予第31号 第3回平成18年度高砂市病院事業会計補正予算


  日程第10 請願のこと  市内に居住する障害者施策の一層の充実を求める請願


                高砂市心身障害者連絡協議会 横山昌和


  日程第11 陳情のこと  療養病床の廃止・削減計画を中止するため政府への意見


               書提出を求める陳情書


                兵庫県保険医協会 理事長 池内春樹


  日程第12 陳情のこと  リハビリテーション打ち切りの調査と改善のため政府へ


               の意見書提出を求める陳情書


                兵庫県保険医協会 理事長 池内春樹


  日程第13 陳情のこと  障害者の福祉・医療サービスの利用に対する「定率(応


               益)負担」の中止を求める意見書提出に関する陳情書


                兵庫県福祉4団体 陳情者代表 尾島紘之


  (継続審査中のもの)


  日程第14 高議第67号 平成17年度高砂市一般会計歳入歳出決算認定について


  日程第15 高議第68号 平成17年度高砂市国民健康保険事業特別会計歳入歳出


               決算認定について


  日程第16 高議第69号 平成17年度高砂市下水道事業特別会計歳入歳出決算認


               定について


  日程第17 高議第70号 平成17年度高砂市老人保健医療事業特別会計歳入歳出


               決算認定について


  日程第18 高議第71号 平成17年度高砂市介護保険事業特別会計歳入歳出決算


               認定について


  日程第19 高議第72号 平成17年度高砂市水道事業会計決算認定について


  日程第20 高議第73号 平成17年度高砂市工業用水道事業会計決算認定につい


               て


  日程第21 高議第74号 平成17年度高砂市病院事業会計決算認定について


  (追加提案)


  日程第22 高議第78号 意見書提出のことについて


               (療養病床の廃止・削減計画の中止を求める意見書)


  日程第23 高議第79号 意見書提出のことについて


               (リハビリテーション打ち切りの調査と改善を求める意


               見書)


  日程第24 高議第80号 意見書提出のことについて


               (障害者の福祉・医療サービスの利用に対する「定率(


               応益)負担」等の中止を求める意見書)


  日程第25 閉会中の継続調査の申し出について


    …………………………………………………………………………………………


〇出席議員(24名)


            1番   秋  田  さ と み


            2番   鈴  木  利  信


            3番   近  藤  清  隆


            4番   三  上  秀  昭


            5番   福  元     昇


            6番   横  山  義  夫


            7番   大  塚  好  子


            8番   小  松  美 紀 江


            9番   北  野  誠 一 郎


           10番   井  奥  雅  樹


           11番   木  谷  勝  郎


           12番   松  本     均


           13番   橋  本  芳  和


           14番   八  田  美 津 子


           15番   砂  川  辰  義


           16番   鈴  木  正  典


           17番   西  野     勝


           18番   北  畑  徹  也


           19番   今  竹  大  祐


           20番   入  江  正  人


           21番   中  須  多  門


           22番   藤  森     誠


           23番   池  本     晃


           24番   生  嶋  洋  一


    …………………………………………………………………………………………


〇欠席議員( 0名)


          な     し


    …………………………………………………………………………………………


〇出席説明員(47名)


     市長                 岡     恒  雄


     企画総務部長             冨  田  康  雄


     企画総務部参事            登     幸  人


     企画総務部次長            中  村  善  郎


     企画総務部参事            高  橋  正  治


     企画総務部参事            中  野  榮  久


     企画総務部参事            北  尾  祐  一


     企画総務部秘書広報広聴室長      北  野  康  弘


     行財政改革推進室長          冨 士 原  正  司


     財務部長               川  西  一  馬


     財務部次長              濱  田  昭  一


     財務部参事              橘     弘  道


     財務部参事              後  藤  良 之 介


     健康市民部長             田  中     登


     健康市民部次長            松  浦  啓  一


     健康市民部参事            三  木  正  子


     福祉部長               岡  田     章


     福祉部次長              正  木  敏  彦


     福祉部参事              高  倉  伸  五


     生活環境部長             桂     博  幸


     生活環境部次長            高  谷  逸  雄


     生活環境部参事            長 谷 川  清  一


     生活環境部参事            米  津  秀  一


     生活環境部美化センター所長      原     敏  郎


     まちづくり部長            新  木     茂


     まちづくり部参事           保  田  義  一


     まちづくり部次長           竹  中  英  典


     下水道部長              古  門     清


     下水道部次長             河  野  修  三


     会計室長               田  中     弘


     工事検査室長             玉  田  隆  良


     消防長                村  山  吉  康


     消防本部次長             小  林  央  昌


     消防本部消防署長           米  澤  清  三


     市民病院事務局長           越  田  光  男


     市民病院事務局次長          松  下  豊  彦


     水道事業所長             別  處  武  仁


     水道事業所次長            村  山     裕


     教育長                佃     昌  典


     教育委員会教育総務部長        三  枝  政  明


     教育委員会教育総務部次長       橋  本  保  正


     教育委員会教育指導部長        駒  井  陽  一


     教育委員会教育指導部次長       堀  江  保  充


     教育委員会教育指導部参事       衣  笠  好  一


     選挙管理委員会事務局長        門  野     登


     監査委員事務局長兼公平委員会事務局長 平  松  健  三


     農業委員会事務局長          辻  本  正  芳


    …………………………………………………………………………………………


〇出席事務局員(6名)


     議会事務局長             寺  田  陽  二


     議会事務局次長            岡     宗  信


     議会事務局議事課長          石  原  輝  明


     議会事務局議事課議事係長       西     秀  和


     議会事務局議事課調査係長       明  定  宣  行


     議会事務局議事課調査係主任      都  筑  広  明








              (午前10時02分 再開)


○議長(北野誠一郎君)


 ただいまから、9月定例市議会を再開いたします。


 直ちに日程に従い議事を進めます。


 日程第1、会議録署名議員の決定でありますが、本日の会議録署名議員に、16番、鈴木正典議員、17番、西野 勝議員を指名いたします。


 日程第2、高議第77号、兵庫県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の増減及び規約の変更についてを議題といたします。


 本案は、総務常任委員会に付託いたしておりますので、委員長の報告を求めます。


 20番、入江議員。


○20番(入江正人君)


 総務常任委員会に付託されました高議第77号、兵庫県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の増減及び規約の変更につきましては、審査の結果、全員異議なく原案了承しておりますことをご報告申し上げます。


○議長(北野誠一郎君)


 委員長報告は終わりました。


 ご質疑並びにご意見ございませんか。


                (「なし」の声あり)


○議長(北野誠一郎君)


 ご質疑、ご意見なしと認め、質疑を打ち切り、採決いたします。


 本案、委員長報告どおり決定することにご異議ありませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○議長(北野誠一郎君)


 ご異議なしと認めます。


 したがって、本案、委員長報告どおり原案可決いたしました。


 日程第3、高予第25号、第6回平成18年度高砂市一般会計補正予算を議題といたします。


 まず、第1条第2項の第1表、歳入歳出予算の補正の歳出よりご審議願うことにいたします。


 歳出全款を議題といたします。


 各委員長の報告を求めます。


 20番、入江議員。


○20番(入江正人君)


 高予第25号、第6回平成18年度高砂市一般会計補正予算の歳出全款のうち、総務常任委員会に付託されました各事項につきましては、追加参考資料?3の1ページから8ページの資料の提出も受け、審査の結果、全員異議なく原案了承しておりますことをまずご報告申し上げます。


 審査の内容につきまして、人件費に関連いたしまして、本会議での議論を踏まえ、まず、一つ目といたしまして、休職者の問題ですけれども、当局から制度の悪用防止のため、休職時の診断書は2通のうち、少なくとも1通は公立病院の医師によるものにしていきたい。また、出勤等に関しましては、出勤簿管理をより厳密化するよう、部長会、課長会を通じて徹底するとの答弁がございました。


 また、委員からは、職員のメンタルヘルスの問題や業務内容の見直しを行うようにとの意見もありました。


 続きまして、二つ目といたしまして、特殊勤務手当につきましては、委員から、今年度条例施行したとはいえ、さらなる改善に向け、組合と協議を進めていくべきとの意見に対し、当局から、会計検査院の指摘もあり、内容を検証し、見直すべきものは組合と協議したい。手当の必要性も検討し、整理するとの答弁がございました。


 三つ目は、地域手当につきましては、委員から、その手当の性格や高砂市で支給することの妥当性、また、6%という率の妥当性について今後議論を深め、検討してほしいとの意見がございました。


 また、地域手当という用語につきまして、条例上で紛らわしい表現がされておりまして、非常にわかりにくく誤解されるとの委員からの指摘に対し、当局から市民に公表する段階で、できるだけ理解しやすい表現を検討するとの答弁がございました。


 以上、ご報告申し上げます。


○議長(北野誠一郎君)


 2番、鈴木議員。


○2番(鈴木利信君)


 文教厚生常任委員会に付託されました各事項につきましては、審査の結果、全員異議なく原案了承しておりますことをご報告申し上げます。


 なお、本会議場で質問のありました第11款教育費、第2項小学校費、各小学校補修事業の曽根小学校教室改造工事に関しては、追加参考資料?3の15ページの説明を受け、各小学校について、平成24年度までの教室数及び児童数の推移を確認しております。


 また、荒井幼稚園につきましては、早期に建てかえの必要があることを確認しております。


 以上、ご報告申し上げます。


○議長(北野誠一郎君)


 13番、橋本議員。


○13番(橋本芳和君)


 建設経済常任委員会に付託されました各事項につきましては、追加参考資料?3の9ページから14ページ及び16ページの説明も受け、審査の結果、全員異議なく原案了承しておりますことをご報告申し上げます。


○議長(北野誠一郎君)


 各委員長報告は終わりました。


 ご質疑並びにご意見ありませんか。


 11番、木谷議員。


○11番(木谷勝郎君)


  昨日、その総務常任委員会で地域手当について、私、意見述べたんですけども、最終的に人事委員会が本市にはないので、その給与水準なり給与については、国の考え方を参考にしているという答弁が当局からございました。それならば、例えば簡単に100万を月給しますと、国家公務員は高砂市に勤務地ありませんけど、国家公務員の場合は3万円が地域手当がつくと。そして県はラスパイレスがほぼ100なんですね。つまり、国とほぼ同じ給与水準なんですけども、県の職員が高砂市に勤務しますと5万円つく。加古川の場合は、同じように5万円ついてます。そういう状況の中で、姫路、加古川は、少なくとも県の水準に合わせて地域手当を一応基準といいますか、根拠は何かというと、県に合わせて5なり7にしてるわけですけれども、本市だけは人事委員会がないからといいながら6というような国にも県にも従ってないような数字で今やっておりますけども、これについて、私は少なくとも、差し当たってですけども、県に合わせてはどうかというそういう提案をしますけど、どうでしょうか。


○議長(北野誠一郎君)


 11番、木谷議員、質問か意見でお願いします。


○11番(木谷勝郎君)


 意見です。


○議長(北野誠一郎君)


 意見ですね。


 他に発言ありませんか。


                (「なし」の声あり)


○議長(北野誠一郎君)


 ございませんので、歳出の審議を終わります。


 引き続きまして、歳入のご審議を願います。


 歳入全款を議題といたします。


 各委員長の報告を求めます。


 13番、橋本議員。


○13番(橋本芳和君)


 歳入全款のうち、建設経済常任委員会に付託されました各事項につきましては、審査の結果、全員異議なく原案了承しておりますことをご報告申し上げます。


○議長(北野誠一郎君)


 20番、入江議員。


○20番(入江正人君)


 歳入全款のうち、総務常任委員会に付託されました事項につきました事項につきましては、審査の結果、全員異議なく原案了承しておりますことをご報告申し上げます。


○議長(北野誠一郎君)


 2番、鈴木議員。


○2番(鈴木利信君)


 文教厚生常任委員会に付託されました事項につきましては、審査の結果、全員異議なく原案了承しておりますことをご報告申し上げます。


○議長(北野誠一郎君)


 各委員長報告は終わりました。


 ご質疑並びにご意見ありませんか。


                (「なし」の声あり)


○議長(北野誠一郎君)


 ご質疑ありませんので、歳入の審議を終わり、次へ進みます。


 第1条第1項、歳入歳出予算の総額を議題といたします。


 総務常任委員長の報告を求めます。


 20番、入江議員。


○20番(入江正人君)


 総務常任委員会に付託されました第1条第1項、歳入歳出予算の総額につきましては、審査の結果、全員異議なく原案了承しておりますことをご報告申し上げます。


○議長(北野誠一郎君)


 委員長報告は終わりました。


 質疑並びにご意見ありませんか。


 10番、井奥議員。


○10番(井奥雅樹君)


 1条1項、賛成の立場からご意見申し上げます。


 木谷議員が総務常任委員会の部分の賛成意見の中で留意しましたように、いろんな手段があると思います。財政的に後で述べるように、市民病院の問題、あるいは学校耐震の問題、さまざまな課題、阿弥陀小学校の問題がございます。その中で、全体の財政というパイは一定なんですが、あるいは縮小していっているんですから、その中で、市長いわくの知恵と工夫でやっていくためには、やはり人件費の問題について切り込んでいかなければいけないんじゃないかと思います。田村市政に一定の段階の削減を行われましたけれど、岡市長になったればこそ、新しい財政改革、特に人件費の改革が必要ではないかと思います。


 また、小手先の特殊勤務手当の会計検査院の指摘ぐらいでとどめるのではなく、地域手当、最低でも県並みの5%、もっといえば3%、あるいはなくして本給で調整していく、こういうような考え方も含めて何かの市長らしさを出さないと公務員に甘い、公務員だから改革できない、この言葉に行動でこたえられないと思います。


 今回は、初段階、初めての段階でございますので、まずはこういうご意見申し上げて、その結果が12月、あるいは3月にどんなふうに出ていくのか楽しみにしたいと思います。全体的な会計としては賛成でございます。


○議長(北野誠一郎君)


 他にございませんか。


                (「なし」の声あり)


○議長(北野誠一郎君)


 ご質疑並びにご意見なしと認め、質疑を打ち切り、採決いたします。


 本案、各委員長報告どおり決定することにご異議ありませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○議長(北野誠一郎君)


 ご異議なしと認めます。


 したがって、高予第25号、第6回平成18年度高砂市一般会計補正予算は原案のとおり可決いたしました。


 日程第4、高予第26号、第2回平成18年度高砂市下水道事業特別会計補正予算を議題といたします。


 本案は、建設経済常任委員会に付託いたしておりますので、委員長の報告を求めます。


 13番、橋本議員。


○13番(橋本芳和君)


 建設経済常任委員会に付託されました高予第26号、第2回平成18年度高砂市下水道事業特別会計補正予算につきましては、審査の結果、全員異議なく原案了承しておりますことをご報告申し上げます。


○議長(北野誠一郎君)


 委員長報告は終わりました。


 ご質疑並びにご意見ありませんか。


                (「なし」の声あり)


○議長(北野誠一郎君)


 ご質疑並びにご意見なしと認め、質疑を打ち切り、採決いたします。


 本案、委員長報告どおり決定することにご異議ありませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○議長(北野誠一郎君)


 ご異議なしと認めます。


 したがって、本案、委員長報告どおり原案可決いたしました。


 日程第5、高予第27号、第2回平成18年度高砂市老人保健医療事業特別会計補正予算を議題といたします。


 本案は、文教厚生常任委員会に付託いたしておりますので、委員長の報告を求めます。


 2番、鈴木議員。


○2番(鈴木利信君)


 文教常任委員会に付託されました高予第27号、第2回平成18年度高砂市老人保健医療事業特別会計補正予算につきましては、審査の結果、全員異議なく原案了承しておりますことをご報告申し上げます。


○議長(北野誠一郎君)


 委員長報告は終わりました。


 ご質疑並びにご意見ありませんか。


                (「なし」の声あり)


○議長(北野誠一郎君)


 ご質疑並びにご意見なしと認め、質疑を打ち切り、採決いたします。


 本案、委員長報告どおり決定することにご異議ありませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○議長(北野誠一郎君)


 ご異議なしと認めます。


 したがって、本案、委員長報告どおり原案可決いたしました。


 日程第6、高予第28号、第2回平成18年度高砂市介護保険事業特別会計補正予算を議題といたします。


 本案は、文教厚生常任委員会に付託いたしておりますので、委員長の報告を求めます。


 2番、鈴木議員。


○2番(鈴木利信君)


 文教厚生常任委員会に付託されました高予第28号、第2回平成18年度高砂市介護保険事業特別会計補正予算につきましては、審査の結果、全員異議なく原案了承しておりますことをご報告申し上げます。


○議長(北野誠一郎君)


 委員長報告は終わりました。


 ご質疑並びにご意見ありませんか。


                (「なし」の声あり)


○議長(北野誠一郎君)


 ご質疑並びにご意見なしと認め、質疑を打ち切り、採決いたします。


 本案、委員長報告どおり決定することにご異議ありませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○議長(北野誠一郎君)


 ご異議なしと認めます。


 したがって、本案、委員長報告どおり原案可決いたしました。


 日程第7、高予第29号、第2回平成18年度高砂市水道事業会計補正予算を議題といたします。


 本案は、建設経済常任委員会に付託いたしておりますので、委員長の報告を求めます。


 13番、橋本議員。


○13番(橋本芳和君)


 建設経済常任委員会に付託されました高予第29号、第2回平成18年度高砂市水道事業会計補正予算につきましては、審査の結果、全員異議なく原案了承しておりますことをご報告申し上げます。


○議長(北野誠一郎君)


 委員長報告は終わりました。


 ご質疑並びにご意見ありませんか。


                (「なし」の声あり)


○議長(北野誠一郎君)


 ご質疑並びにご意見なしと認め、質疑を打ち切り、採決いたします。


 本案、委員長報告どおり決定することにご異議ありませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○議長(北野誠一郎君)


 ご異議なしと認めます。


 したがって、本案、委員長報告どおり原案可決いたしました。


 日程第8、高予第30号、第1回平成18年度高砂市工業用水道事業会計補正予算を議題といたします。


 本案は、建設経済常任委員会に付託いたしておりますので、委員長の報告を求めます。


 13番、橋本議員。


○13番(橋本芳和君)


 建設経済常任委員会に付託されました高予第30号、第1回平成18年度高砂市工業用水道事業会計補正予算につきましては、審査の結果、全員異議なく原案了承しておりますことをご報告申し上げます。


○議長(北野誠一郎君)


 委員長報告は終わりました。


 ご質疑並びにご意見ありませんか。


                (「なし」の声あり)


○議長(北野誠一郎君)


 ご質疑並びにご意見なしと認め、質疑を打ち切り、採決いたします。


 本案、委員長報告どおり決定することにご異議ありませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○議長(北野誠一郎君)


 ご異議なしと認めます。


 したがって、本案、委員長報告どおり原案可決いたしました。


 日程第9、高予第31号、第3回平成18年度高砂市病院事業会計補正予算を議題といたします。


 本案は、文教厚生常任委員会に付託いたしておりますので、委員長の報告を求めます。


 2番、鈴木議員。


○2番(鈴木利信君)


 文教厚生常任委員会に付託されました高予第31号、第3回平成18年度高砂市病院事業会計補正予算につきましては、審査の結果、全員異議なく原案了承しておりますことをご報告申し上げます。


 なお、本会議場で質問のありました市民病院の経営状況や経営改善につきまして現状の確認を行い、7対1の看護基準などの説明も受けております。


 また、最大の懸案であります医師の確保についてでございますが、市長と院長が大学に直接交渉するとの報告も受けております。


 以上、報告申し上げます。


○議長(北野誠一郎君)


 委員長報告は終わりました。


 ご質疑並びにご意見ありませんか。


 10番、井奥議員。


○10番(井奥雅樹君)


 病院会計、同じく賛成でございますが、しかし、1点、留意申し上げたいと思います。


 医師が4人中3人も循環器科でやめるという報道がされました。どうもそのうち2人が確定で、あと1人はまだ保留の状態のようですけれど、いずれにしても、大変な事態です。泌尿器科は相変わらず医師不足ですし、産婦人科、あるいは脳外科、こういったところもまだ医師の補充がされておりません。こんな状態の中で、高砂市の市民病院がどの方向に向かうのか、市民が本当に安心してかかれる病院になっているのか、そういった視点から、ぜひ私は、市長も含めて、そして、病院管理者、院長も含めて最大限の努力をしていただきたいなと。


 議長の裁定によりまして、12月あたりに、よりシビアな議論をされるということですけれど、まずこの医師の確保、4人中3人のうち1人でも何とか引きとめられないのか、あるいは経営状況、少しでも次の報告のときには1箇月の間でもよくできないのか努力していただきたいと思います。そのあたりの推移を見守ることを保留条件としまして賛成いたします。よろしくお願いします。


○議長(北野誠一郎君)


 他にご発言ありませんか。


                (「なし」の声あり)


○議長(北野誠一郎君)


 ご質疑並びにご意見なしと認め、質疑を打ち切り、採決いたします。


 本案、委員長報告どおり決定することにご異議ありませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○議長(北野誠一郎君)


 ご異議なしと認めます。


 したがって、本案、委員長報告どおり原案可決いたしました。


 日程第10、請願のことを議題といたします。


 本件は、文教厚生常任委員会に付託いたしておりますので、委員長の報告を求めます。


 2番、鈴木議員。


○2番(鈴木利信君)


 文教厚生常任委員会に付託されました請願のこと。


 市内に居住する障害者施策の一層の充実を求める請願。


 高砂市心身障害者連絡協議会、横山昌和氏から提出されております請願につきましては、審査の結果、全会一致採択と決しておりますことをご報告申し上げます。


○議長(北野誠一郎君)


 委員長報告は終わりました。


 ご質疑並びにご意見ありませんか。


                (「なし」の声あり)


○議長(北野誠一郎君)


 ご質疑並びにご意見なしと認め、質疑を打ち切り、採決いたします。


 本件、委員長報告どおり決定することにご異議ありませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○議長(北野誠一郎君)


 ご異議なしと認めます。


 したがって、本件、委員長報告どおり採択と決定いたしました。


 日程第11、陳情のことを議題といたします。


 本件は、文教厚生常任委員会に付託いたしておりますので、委員長の報告を求めます。


 2番、鈴木議員。


○2番(鈴木利信君)


 文教厚生常任委員会に付託されました陳情のこと。


 療養病床の廃止・削減計画を中止するため政府への意見書提出を求める陳情書。


 兵庫県保険医協会理事長、池内春樹氏から提出されております陳情につきましては、審査の結果、全会一致、採択と決しておりますことをご報告申し上げます。


 なお、追って意見書を提出いたしますので、よろしくお願い申し上げます。


○議長(北野誠一郎君)


 委員長報告は終わりました。


 ご質疑並びにご意見ありませんか。


 24番、生嶋議員。


○24番(生嶋洋一君)


 手続論で委員長お聞きしたいんですが、今まで議会が継続しているときに、これ、前の議会、加古議長あてですね。8月28日に受けて、私も今までの経験、審議未了ということで新たな形で提出ということを今までやっていた。特に今回、加古議長あての陳情を8月28日に受けて、その辺の手続論としての議論はどのようになっておるんですか。もう審議未了ということでなしに、今までどおりこういうことで継続して新しい議会できても継続して審査できると、こういうことなんですか。その辺、ちょっと委員会との審議をもう少し詳しくおっしゃっていただきたい。


○議長(北野誠一郎君)


 2番、鈴木議員。


○2番(鈴木利信君)


 一応そういうご意見が池本委員の方から出されております。それで、事務局に確認しまして、このままでいけるということを委員会の方で確認しまして審査しておりますので、その辺のご事情は同僚の方にお聞きいただけたらと思いますが。


○議長(北野誠一郎君)


 24番、生嶋議員。


○24番(生嶋洋一君)


 このままいけるって、事務局に何を確認して、いけるという根拠したんですか。そこを聞いとるですよ。


○議長(北野誠一郎君)


 2番、鈴木議員。


○2番(鈴木利信君)


 議長の方で答えていただけますでしょうか。


○議長(北野誠一郎君)


 しばらく休憩いたします。


              (午前10時22分 休憩)


             ――――――――――――――――


              (午前10時25分 再開)


○議長(北野誠一郎君)


 再開いたします。


 休憩前に引き続き議事を進めます。


 議員が任期満了により改選された場合の継続審査の取り扱いということで、昭和48年、相当昔までは審議未了ということで生嶋議員がご指摘のような取り扱いとなっておったということでございますが、昨今、受理した請願は、審議会で委員会に付託することができるということが解釈されるようになったと。請願者、陳情者の意向を十分踏まえてやっていこうということで、そういう取り扱いになってきているということを委員会で事務局より説明を受けて、それで審議をしたと、このような次第でございますので、ご理解いただきたいと思います。


 他に発言ありませんか。


                (「なし」の声あり)


○議長(北野誠一郎君)


 ご質疑並びにご意見なしと認め、質疑を打ち切り、採決いたします。


 本件、委員長報告どおり決定することにご異議ありませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○議長(北野誠一郎君)


 ご異議なしと認めます。


 したがって、本件、委員長報告どおり採択と決定いたしました。


 日程第12、陳情のことを議題といたします。


 本件は、文教厚生常任委員会に付託いたしておりますので、委員長の報告を求めます。


 2番、鈴木議員。


○2番(鈴木利信君)


 文教厚生常任委員会に付託されました陳情のこと。


 リハビリテーション打ち切りの調査と改善のため政府への意見書提出を求める陳情書。


 兵庫県保険医協会理事長、池内春樹氏から提出されております陳情につきましては、審査の結果、全会一致、採択と決しておりますことをご報告申し上げます。


 なお、おって意見書提出いたしますので、よろしくお願い申し上げます。


○議長(北野誠一郎君)


 委員長報告は終わりました。


 ご質疑並びにご意見ありませんか。


                (「なし」の声あり)


○議長(北野誠一郎君)


 ご質疑並びにご意見なしと認め、質疑を打ち切り、採決いたします。


 本件、委員長報告どおり決定することにご異議ありませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○議長(北野誠一郎君)


 ご異議なしと認めます。


 したがって、本件、委員長報告どおり採択と決定いたしました。


 日程第13、陳情のことを議題といたします。


 本件は、文教厚生常任委員会に付託いたしておりますので、委員長の報告を求めます。


 2番、鈴木議員。


○2番(鈴木利信君)


 文教厚生常任委員会に付託されました陳情のこと。


 障害者の福祉・医療サービスの利用に対する「定率(応益)負担」の中止を求める意見書提出に関する陳情書。


 兵庫県福祉4団体陳情者代表、尾島紘之氏から提出されております陳情につきましては、審査の結果、全会一致、採択と決しておりますことをご報告申し上げます。


 なお、追って意見書を提出いたしますので、よろしくお願い申し上げます。


○議長(北野誠一郎君)


 委員長報告は終わりました。


 ご質疑並びにご意見ありませんか。


                (「なし」の声あり)


○議長(北野誠一郎君)


 ご質疑並びにご意見なしと認め、質疑を打ち切り、採決いたします。


 本件、委員長報告どおり決定することにご異議ありませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○議長(北野誠一郎君)


 ご異議なしと認めます。


 したがって、本件、委員長報告どおり採択と決定いたしました。


 継続審査中の日程第14、高議第67号、平成17年度高砂市一般会計歳入歳出決算認定についてから、日程第21、高議第74号、平成17年度高砂市病院事業会計決算認定についてまでの各会計決算認定についてを一括議題といたします。


 本案は、決算特別委員会に付託いたしておりますので、委員長の報告を求めます。


 24番、生嶋議員。


○24番(生嶋洋一君)


 特別委員会に付託されました高議第67号、平成17年度高砂市一般会計歳入歳出決算認定についてから、高議第74号、平成17年度高砂市病院事業会計決算認定につきまして、各会計認定につきましては、現在11部局の審査が終了いたしておりますが、今回開かれております9月定例会の日程の関係上、8部局が未審査となっております。なお引き続いて継続審査と決しておりますことをご報告申し上げます。


○議長(北野誠一郎君)


 委員長報告は終わりました。


 ご質疑並びにご意見ありませんか。


                (「なし」の声あり)


○議長(北野誠一郎君)


 ご質疑並びにご意見なしと認め、質疑を打ち切り、採決いたします。


 本案、委員長報告どおり決定することにご異議ありませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○議長(北野誠一郎君)


 ご異議なしと認めます。


 したがって、本案、委員長報告どおり継続審議と決定いたしました。


 日程第22、高議第78号、意見書提出のことについてを議題といたします。


 議案朗読。


               (議会事務局議案朗読)


○議長(北野誠一郎君)


 議案の朗読は終わりました。


 提案者の説明を求めます。


 2番、鈴木議員。


○2番(鈴木利信君)


 先ほど採択いただきました陳情の趣旨により、意見書を提出するものでございます。


 趣旨ご賛同の上、よろしくお願い申し上げます。


○議長(北野誠一郎君)


 説明は終わりました。


 お諮りいたします。


 本案、即決いたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○議長(北野誠一郎君)


 ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は即決いたします。


 本案に対し、ご質疑並びにご意見ありませんか。


                (「なし」の声あり)


○議長(北野誠一郎君)


 ご質疑、ご意見なしと認めます。


 採決いたします。


 本案、可決することにご異議ありませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○議長(北野誠一郎君)


 ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は、原案どおり可決いたしました。


 日程第23、高議第79号、意見書提出のことについてを議題といたします。


 議案朗読。


               (議会事務局議案朗読)


○議長(北野誠一郎君)


 議案の朗読は終わりました。


 提案者の説明を求めます。


 2番、鈴木議員。


○2番(鈴木利信君)


 先ほど採択いただきました陳情の趣旨により、意見書を提出するものでございます。


 趣旨ご賛同の上、よろしくお願い申し上げます。


○議長(北野誠一郎君)


 説明は終わりました。


 お諮りいたします。


 本案、即決いたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○議長(北野誠一郎君)


 ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は即決いたします。


 本案に対し、ご質疑並びにご意見ありませんか。


                (「なし」の声あり)


○議長(北野誠一郎君)


 ご質疑、ご意見なしと認めます。


 採決いたします。


 本案、可決することにご異議ありませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○議長(北野誠一郎君)


 ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は、原案どおり可決いたしました。


 日程第24、高議第80号、意見書提出のことについてを議題といたします。


 議案朗読。


               (議会事務局議案朗読)


○議長(北野誠一郎君)


 議案の朗読は終わりました。


 提案者の説明を求めます。


 2番、鈴木議員。


○2番(鈴木利信君)


 先ほど採択いただきました陳情の趣旨により、意見書を提出するものでございます。


 趣旨ご賛同の上、よろしくお願い申し上げます。


○議長(北野誠一郎君)


 説明は終わりました。


 お諮りいたします。


 本案、即決いたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○議長(北野誠一郎君)


 ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は即決いたします。


 本案に対し、ご質疑並びにご意見ありませんか。


                (「なし」の声あり)


○議長(北野誠一郎君)


 ご質疑、ご意見なしと認めます。


 採決いたします。


 本案、可決することにご異議ありませんか。


               (「異議なし」の声あり)


○議長(北野誠一郎君)


 ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は、原案どおり可決いたしました。


 なお、意見書の取り扱いについては、議長に一任願います。


 日程第25、閉会中の継続調査の申し出についてでありますが、お手元に配付いたしております一覧表のとおり、各委員長から閉会中の継続調査をしたいとの申し出がありました。


 お諮りいたします。


 各委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査にすることにご異議ありませんか。(「               異議なし」の声あり)


○議長(北野誠一郎君)


 ご異議なしと認めます。


 したがって、各委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査にすることに決定いたしました。


 以上で本日の日程は全部終了いたしました。


 これで9月定例会に提案されました全議案の審議を終わります。


 当局より発言の申し出がありますので許可いたします。


 市長。


○市長(岡 恒雄君)


 9月定例市議会の閉会に当たりまして、一言お礼のごあいさつを申し上げます。


 8日に開会いたしました9月定例市議会も、本日までの10日間にわたり議長を初め、議員各位のご精励によりまして、提案いたしました各議案に対し、終始熱心なご審議を賜り、ご決定いただきましたことに対しまして、心から厚く御礼を申し上げます。


 私にとりましては、就任後、初めて臨む議会ということで、本定例会初日には施政方針で私の考え方等述べさせていただきました。それに対します代表質問でご指摘、ご提案いただきましたことにつきましては真摯に受けとめ、全力で市政運営に生かしていきたいと、このように考えております。


 また、事件議案、予算議案の審議に際しまして、各議員からご指摘、ご提案いただきましたことにつきましても、十分にその意を踏まえまして、市政運営に生かしてまいりたいと存じます。


 結びになりますけれども、初めての議会ということで不手際等々ございましたことにつきましては、ご肝要賜りたい、このように思います。


 また、12月に入りますと、12月定例会がございます。本会議中でも申し上げましたように、阿弥陀小学校、病院等々懸案事項ございますけれども、今後、精力的に取り組み、できるだけ早い機会にご報告申し上げる所存でございます。


 朝夕寒くなってきております。どうか議員の皆様方には、健康に十分ご留意され、市政発展のためにご精励賜りますようお願い申し上げましてお礼のごあいさつとさせていただきます。本当にありがとうございました。


○議長(北野誠一郎君)


 閉会に当たり、一言ごあいさつを申し上げます。


 今期定例会は、11月8日開会以来、本日まで10日間、連日精力的にご審議いただき、まことにありがとうございました。


 市長の言葉にもございました、岡市長初めての議会でございます。所信表明を通じ、また、皆さん方の代表質問を通じてこれからの大きな問題、課題が浮き彫りとなっております。高砂再生へ向けてのスタート地点に立ったばかりという状況でございますので、当局におかれましては、皆さん方の審議を通じての問題、課題が浮き彫りになったことを真摯に受けとめて、誠実に取り組んでいただきたいと、このように思います。


 また、12月議会も迫っております。寒さ厳しくなってまいりますので、皆様方、健康にご留意の上、ご精励いただきますことをお願い申し上げまして、ごあいさつとかえさせていただきます。本当にお疲れさまでした。ありがとうございました。


 これで9月定例会を閉会いたします。


              (午前10時37分 閉会)





 地方自治法第123条第2項の規定により次に署名する。





  平成18年11月17日





              市議会議長   北  野  誠 一 郎











              署名議員    鈴  木  正  典











              署名議員    西  野     勝