議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 三木市

平成19年第288回 9月定例会 09月26日−04号




平成19年第288回 9月定例会 − 09月26日−04号







平成19年第288回 9月定例会



市議会会議録第828号

            第288回三木市議会定例会会議録(第4日)

                平成19年9月26日(水曜)

                午前10時0分   開 議

            ─────────────────────



△議事日程

 平成19年9月26日(水曜)午前10時0分開議

第1 会議録署名議員の指名

第2 第47号議案 職員の勤務時間等に関する条例の一部を改正する条例の制定について

第3 第53号議案 郵政民営化法等の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定について

第4 第54号議案 三木市立まなびの郷みずほ設置及び管理に関する条例の制定について

第5 第55号議案 三木市立あゆみの里設置及び管理に関する条例の制定について

第6 第56号議案 三木市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について

第7 第57号議案 平成19年度三木市一般会計補正予算(第2号)

第8 第58号議案 平成19年度三木市介護保険特別会計補正予算(第1号)

第9 第59号議案 平成19年度三木市病院事業会計補正予算(第1号)

第10 第60号議案 平成19年度三木市下水道事業会計補正予算(第1号)

第11 第70号議案 土地の貸付けについて

第12 第71号議案 農作物共済(水稲)無事戻し金の交付について

第13 第72号議案 園芸施設共済無事戻し金の交付について

第14 第73号議案 農作物共済特別積立金の取崩しについて

第15 第74号議案 教育委員会委員の任命につき同意を求めることについて

第16 第75号議案 固定資産評価審査委員会委員の選任につき同意を求めることについて

第17 第76号議案 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて

第18 閉会中の継続審査の件

第19 常任委員会及び議会運営委員会の閉会中の所管事務調査の件

            ─────────────────────



△本日の会議に付した事件

日程第1 会議録署名議員の指名

日程第2 第47号議案 職員の勤務時間等に関する条例の一部を改正する条例の制定について

日程第3 第53号議案 郵政民営化法等の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定について

日程第4 第54号議案 三木市立まなびの郷みずほ設置及び管理に関する条例の制定について

日程第5 第55号議案 三木市立あゆみの里設置及び管理に関する条例の制定について

日程第6 第56号議案 三木市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について

日程第7 第57号議案 平成19年度三木市一般会計補正予算(第2号)

日程第8 第58号議案 平成19年度三木市介護保険特別会計補正予算(第1号)

日程第9 第59号議案 平成19年度三木市病院事業会計補正予算(第1号)

日程第10 第60号議案 平成19年度三木市下水道事業会計補正予算(第1号)

日程第11 第70号議案 土地の貸付けについて

日程第12 第71号議案 農作物共済(水稲)無事戻し金の交付について

日程第13 第72号議案 園芸施設共済無事戻し金の交付について

日程第14 第73号議案 農作物共済特別積立金の取崩しについて

日程第15 第74号議案 教育委員会委員の任命につき同意を求めることについて

日程第16 第75号議案 固定資産評価審査委員会委員の選任につき同意を求めることについて

日程第17 第76号議案 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて

日程第18 閉会中の継続審査の件

追加日程 議会運営委員の辞任許可について

追加日程 議会運営委員の補充選任について

日程第19 常任委員会及び議会運営委員会の閉会中の所管事務調査の件

            ─────────────────────



△出席議員(20名)

   2番  米 田 和 彦           3番  内 藤 博 史

   4番  中 尾 司 郎           5番  北 芝 政 文

   6番  穂 積 豊 彦           7番  大 西 秀 樹

   8番  黒 嶋 妙 子           9番  大 眉   均

   13番  立 石 豊 子           14番  武 田 篤 美

   15番  西 山 利 幸           16番  西 山 博 文

   17番  茂 木 美知子           18番  永 尾 隆 保

   23番  廣 田 清 政           24番  安 居 圭 一

   25番  生 友 正 章           26番  藤 本 幸 作

   27番  加岳井   茂           28番  初 田   稔

            ─────────────────────



△欠席議員(なし)

            ─────────────────────



△説明のため出席した者

 市長       藪 本 吉 秀     理事       生 田 俊 博

 技監       杠   典 英     企画管理部長   大 西 浩 志

 市民ふれあい部長 小 西 利 隆     健康福祉部長   椿 原 博 和

 産業環境部長   上 北 隆 昭     まちづくり部長  西 山   誠

 市民病院事務部長 近 藤 真 三     上下水道部長   橋 本 一 郎

 消防長      常 深   譲     教育委員会委員長 竹 内   豊

 教育委員会教育長 山 崎 啓 治     教育委員会教育次長篠 原 政 次

            ─────────────────────



△事務局職員出席者

 事務局長     井 上 達 夫     議会事務局次長兼議事係長

                               米 村   環







               ──────◇◇──────



△開議



○議長(安居圭一) おはようございます。

 これより本日の会議を開きます。

               ──────◇◇──────



△諸般の報告



○議長(安居圭一) 日程に入るに先立ち、諸般の報告を申し上げます。

 各常任委員長より委員会調査中間報告書の提出がありましたので、これらの写しをお手元に配付しておきましたから、十分御清覧をお願いいたします。

 その他の報告については事務局長から御報告いたします。

     〔事務局長井上達夫登壇〕



◎事務局長(井上達夫) 御報告いたします。

 現在の出席議員は20名であります。

 次に、追加議案並びに本日の議事日程表は、既にお手元に配付いたしましたとおりでございます。

 報告事項は以上でございます。

               ──────◇◇──────



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(安居圭一) これより日程に入ります。

 日程の第1は、会議録署名議員の指名であります。

 会議録署名議員は、会議規則第79条の規定により、議長から指名いたします。

    14番  武 田 篤 美 議員

    15番  西 山 利 幸 議員

 以上、2名にお願いいたします。

               ──────◇◇──────



△日程第2 第47号議案 職員の勤務時間等に関する条例の一部を改正する条例の制定について から 日程第14 第73議案 農作物共済特別積立金の取崩しについて まで



○議長(安居圭一) 次に、日程第2、第47号議案、職員の勤務時間等に関する条例の一部を改正する条例の制定についてから日程第14、第73号議案、農作物共済特別積立金の取崩しについてまで、以上13件を一括して議題といたします。

 ただいま議題といたしました第47号議案、第53号議案から第60号議案まで、及び第70号議案から第73号議案まで、以上13件について、総務文教常任委員長、民生消防常任委員長、産業環境常任委員長及び建設水道常任委員長から、それぞれ委員会の審査報告書が提出されておりますので、委員長報告は会議規則第38条第3項の規定により省略することにいたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(安居圭一) 御異議なしと認めます。よって、委員長報告は省略することに決しました。

 委員会の審査報告書を事務局次長から朗読いたします。

     〔事務局次長朗読〕



○議長(安居圭一) これより委員長報告に対する質疑に入ります。

 質疑については通告がありませんので、これを終結いたします。

 これより討論に入ります。

 討論の通告がありますので、発言を許します。

 9番、大眉均議員。



◆9番(大眉均議員) 議長、9番。



○議長(安居圭一) 9番。

     〔9番大眉均議員登壇〕



◆9番(大眉均議員) 私は、日本共産党を代表して、第56号議案、三木市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について、反対の討論を行います。

 昨年6月に、医療関係者や国民の反対を押し切って強行成立した医療制度改革関連法は、現役並み所得とされる高齢者の窓口負担を3割に引き上げ、療養病床の食費、部屋代の大幅引き上げ、高額療養費や人工透析の患者負担増、70歳から74歳のすべての人の窓口負担を2割に引き上げることと後期高齢者を対象とした後期高齢者医療制度の創設、保険のきく医療と保険のきかない医療を組み合わせる混合診療の拡大、療養病床の大幅削減など、高齢者の負担増と医療の大改悪が行われました。

 この度の国民健康保険条例の一部改正は、この医療改悪法に基づき、来年の4月から、3歳から6歳の医療費の負担は3割から2割に負担を減らす一方で、70歳から74歳までの高齢者の医療費の窓口負担を1割から2割に引き上げようとするものであります。

 先日の質疑では、子どもの医療費の対象者は430人で、約600万円の負担軽減との答えがありました。子育ての支援のため、必要なことであります。しかし、今回対象となる70歳から74歳までの国民健康保険加入者の高齢者は、約3,150人で、その負担増加額は約1億4,000万円と見込まれることが明らかにされました。これを平均いたしますと、1人当たり約4万4,000円の負担増であります。

 高齢者は、昨年来税金の負担増が行われ、今年から三木市では敬老祝金も節目支給になるなど、相次ぐ負担増が続いております。その上に、来年から、またしても医療費の負担が増えることなど、到底認めるわけにはいかないのであります。

 この度発足した福田内閣は、自民・公明の政権合意の中で、70歳から74歳までの医療費の窓口負担の1割から2割への引き上げ及び70歳以上の後期高齢者医療制度の被扶養者からの保険料徴収について、凍結を検討するとされています。7月の参議院選挙で国民の厳しい審判や反対世論の急速な広がりを受けて、与党が見直しを言い出さざるを得ないところに追い込まれたものであります。

 70歳から74歳までの1割から2割への負担増が年間約500億円、75歳以上の扶養家族の保険料負担は約400億円と見込まれておりますが、これらは政治の姿勢を国民の暮らし重視に切りかえれば、実現は可能であります。国民だれもが安心して医療が受けられるようにするために、高齢者の医療費負担増の中止、撤回と後期高齢者医療制度の全面見直しを求めるとともに、国民健康保険では、保険税の引き下げ、減免制度の充実、滞納者からの保険証の取り上げをやめること、窓口負担の減免制度をつくることを求めるものであります。

 以上、討論といたします。



○議長(安居圭一) 以上で通告による発言は終わりましたので、これにて討論を終結いたします。

 これより採決に入ります。

 まず、第56号議案、三木市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定についてを起立により採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。

 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(安居圭一) 起立多数であります。よって、第56号議案は原案のとおり可決されました。

 次に、ただいま議決されました議案を除く議案のうち、第53号議案から第55号議案まで、第57号議案から第60号議案まで、第70号議案から第73号議案まで、以上11件を一括して採決いたします。

 本案に対する委員長の報告はいずれも可決であります。

 本案は、委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(安居圭一) 御異議なしと認めます。よって、本案はいずれも原案のとおり可決されました。

               ──────◇◇──────



△日程第15 第74号議案 教育委員会委員の任命につき同意を求めることについて から 日程第17 第76号議案 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて まで



○議長(安居圭一) 次に、日程第15、第74号議案、教育委員会委員の任命につき同意を求めることについて、日程第16、第75号議案、固定資産評価審査委員会委員の選任につき同意を求めることについて及び日程第17、第76号議案、人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて、以上3件を一括して議題といたします。

 市長より提案理由の説明を求めます。

     〔市長藪本吉秀登壇〕



◎市長(藪本吉秀) ただいま上程されました議案について御説明を申し上げます。

 まず、第74号議案、教育委員会委員の任命につきまして、9月30日をもちまして任期満了となります稲見秀穂氏を引き続き委員として任命することにつきまして、法律の定めるところにより議会の同意を求めるものであります。

 次に、第75号議案、固定資産評価審査委員会委員の選任につきましては、9月30日をもちまして任期満了となります井上正夫氏を引き続き委員として選任するにつきまして、法律の定めるところにより議会の同意を求めるものであります。

 次に、第76号議案、人権擁護委員の推薦につきましては、12月31日をもちまして任期満了となります井本隆一氏を引き続き委員として法務大臣に推薦しようとするものでありまして、法律の定めるところにより議会の意見を求めるものであります。

 以上で本日提案いたしました議案についての説明を終わります。どうか慎重なる御審議によりまして、よろしく御賛同賜りますようお願い申し上げます。



○議長(安居圭一) お諮りいたします。

 本案は同意人事に関する案件でありますので、この際議事の順序を省略して直ちに採決をいたしたいと存じますが、これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(安居圭一) これより採決に入ります。

 第74号議案、教育委員会委員の任命につき同意を求めることについて、第75号議案、固定資産評価審査委員会委員の選任につき同意を求めることについて及び第76号議案、人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて、以上3件を一括して採決いたします。

 本案はいずれもこれに同意することに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(安居圭一) 御異議なしと認めます。よって、第74号議案、第75号議案及び第76号議案のいずれもこれに同意することに決定いたしました。

               ──────◇◇──────



△日程第18 閉会中の継続審査の件



○議長(安居圭一) 次に、日程第18、閉会中の継続審査の件を議題といたします。

 総務文教常任委員長より、第47号議案、職員の勤務時間等に関する条例の一部を改正する条例の制定については、審査が終わっていないため、会議規則第101条の規定により、閉会中の継続審査の申し出がありました。

 お諮りいたします。

 第47号議案については、総務文教常任委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(安居圭一) 御異議なしと認めます。よって、第47号議案は閉会中の継続審査に付することに決定いたしました。

               ──────◇◇──────



△議会運営委員の辞任許可について



○議長(安居圭一) この際、報告申し上げます。

 本日、加岳井茂議員より、議会運営委員を辞任したい旨の申し出がありました。

 よって、お諮りいたします。

 議会運営委員の辞任許可については、本日の日程に追加し、直ちに議題といたしたいと思いますが、御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(安居圭一) 御異議なしと認め、議会運営委員の辞任許可についてを本日の日程に追加し、直ちに議題といたします。

 お諮りいたします。

 加岳井茂議員の議会運営委員の辞任を許可いたしたいと思いますが、御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(安居圭一) 異議なしと認めます。よって、加岳井茂議員の議会運営委員の辞任についてはこれを許可することに決定いたしました。

               ──────◇◇──────



△議会運営委員の補充選任について



○議長(安居圭一) 次に、欠員となりました議会運営委員の補充選任についてを本日の日程に追加し、直ちに選任いたしたいと思いますが、御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(安居圭一) 御異議なしと認め、直ちに選任いたします。

 欠員となっております議会運営委員の選任については、委員会条例第7条の規定により、議長から指名いたします。

 議会運営委員に、28番、初田稔議員を指名いたします。

 ただいま指名いたしましたとおり決定して御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(安居圭一) 御異議なしと認めます。

 よって、議会運営委員は議長指名のとおり決定いたしました。

               ──────◇◇──────



△日程第19 常任委員会及び議会運営委員会の閉会中の所管事務調査の件



○議長(安居圭一) 次に、日程第19、常任委員会及び議会運営委員会の閉会中の所管事務調査の件を議題といたします。

 各常任委員会及び議会運営委員会の所管事務について、会議規則第95条の規定により、お手元に配付いたしております調査事項一覧表のとおり、閉会中継続調査いたしたい旨、各常任委員長及び議会運営委員長から申し出がありました。

 お諮りいたします。

 各常任委員長及び議会運営委員長からの申し出のとおり、それぞれ閉会中の継続調査に付することに決して御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(安居圭一) 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。

 以上で本日は終わりました。

 今期定例会に提出されました案件は、ただいま全部議了いたしました。

               ──────◇◇──────



△市長閉会あいさつ



○議長(安居圭一) この際、市長のごあいさつがございます。

     〔市長藪本吉秀登壇〕



◎市長(藪本吉秀) 閉会に当たりまして、ごあいさつを申し上げます。

 この度の定例市議会は、去る9月3日の開会以来、障害のある方を支援するための新たな施策を初め、すべての人が安全に安心して暮らすことができるまちづくり、また、子どもたちの健やかな成長を支える環境づくりに関する施策など、多数の重要案件について御審議をいただきました。

 議員の皆様におかれましては、終始御精励を賜り、本会議並びに各常任委員会において、それぞれ慎重なる御審議をお尽くしいただきましたことに対しまして、心から敬意を表する次第でございます。

 おかげをもちまして、この度の市議会に提案いたしました議案につきましては、適切なる御決定を賜りましたことを厚く御礼申し上げます。

 また、平成18年度各会計決算の認定に係る議案につきましては、決算特別委員会において、職員の勤務時間等に関する条例の一部改正議案につきましては、総務文教常任委員会において引き続き御審査をいただくことになりました。委員の方々には、お手を煩わせることと存じますが、どうかよろしくお願い申し上げます。

 会期中、本会議並びに委員会等で賜りました御意見、御要望につきましては、十分に心いたしまして「日本一美しいまち三木」を目指し、市政運営に当たってまいりたいと存じます。どうか御指導、御協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 朝夕はめっきり涼しくなり、次第に秋の訪れを感じるころとなってまいりました。議員の皆様にはくれぐれも健康に御留意をいただきまして、今後ともより一層ふるさと三木のために御活躍くださるようお願い申し上げまして、閉会のあいさつといたします。どうもありがとうございました。

               ──────◇◇──────



△閉会



○議長(安居圭一) お諮りいたします。

 これにて閉会して御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(安居圭一) 御異議なしと認めます。よって、第288回三木市議会定例会はこれをもって閉会いたします。

                〔午前10時32分 閉会〕

               ──────◇◇──────



△議長閉会あいさつ

 閉会に当たりまして一言ごあいさつを申し上げます。

 今期定例会は去る9月3日の開会以来、24日間の会期でありましたが、議員各位におかれましては会期中終始御精励をいただき、決算については決算特別委員会に付託し、引き続き閉会中の継続審査をお願いすることにいたしましたほか、いずれも適切、妥当な結論を得て議了し、ここに第288回三木市議会定例会を閉会できましたことに、市政のため誠に御同慶に存ずるとともに、各位の御精励に対しまして深く感謝を申し上げる次第でございます。

 いよいよさわやかな秋の好季節を迎えますが、議員各位におかれましては、御自重、御自愛いただき、今後なお一層市政伸展のため御活躍くださいますよう御祈念申し上げまして、閉会のごあいさつといたします。皆さん、どうもありがとうございました。







 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。





              三木市議会議長     安  居  圭  一





              会議録署名議員     武  田  篤  美





              会議録署名議員     西  山  利  幸