議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 西脇市

第2回西脇市議会定例会(第1日 3月 2日)




第2回西脇市議会定例会(第1日 3月 2日)





            第2回(定例会)





             第  1  号





            平成18年3月2日











 
 別紙議事日程のとおり


* 本日の会議に付した事件


日程第1   −   会議録署名議員の指名について


日程第2   −   会期の決定について


日程第3   −   市長の施政方針


日程第4 議案第1号 西脇市総合計画審議会条例の制定について


     議案第2号 西脇市国民保護協議会条例の制定について


     議案第3号 西脇市国民保護対策本部及び緊急対処事態対策本部条例の制定に


           ついて


     議案第4号 西脇市福祉年金条例の制定について


     議案第5号 西脇市敬老金支給条例の制定について


     議案第6号 西脇市健康づくり推進協議会条例の制定について


     議案第7号 兵庫県立東はりま日時計の丘公園の利用料金を定める条例の制定


           について


     議案第78号 西脇市議会政務調査費の交付に関する条例の制定について


日程第5 議案第8号 西脇市部設置条例の一部を改正する条例の制定について


     議案第9号 議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の


           一部を改正する条例の制定について


     議案第10号 西脇市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の


           制定について


     議案第11号 西脇市職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例の


           制定について


     議案第12号 西脇市福祉医療費助成条例の一部を改正する条例の制定について


     議案第13号 西脇市介護保険条例の一部を改正する条例の制定について


     議案第14号 西脇市立東はりまフォルクスガーデン黒田庄条例の一部を改正す


           る条例の制定について


     議案第15号 北はりま田園空間博物館総合案内所条例の一部を改正する条例の


           制定について


     議案第16号 西脇市営住宅条例の一部を改正する条例の制定について


     議案第17号 西脇市屋外体育施設条例の一部を改正する条例の制定について


     議案第79号 西脇市立介護老人保健施設条例の一部を改正する条例の制定につ


           いて


日程第6 議案第18号 平成18年度西脇市一般会計予算


     議案第19号 平成18年度西脇市国民健康保険特別会計予算


     議案第20号 平成18年度西脇市老人保健医療事業特別会計予算


     議案第21号 平成18年度西脇市立学校給食センター特別会計予算


     議案第22号 平成18年度西脇市下水道特別会計予算


     議案第23号 平成18年度西脇市黒田庄地区下水道特別会計予算


     議案第24号 平成18年度西脇市生活排水処理施設特別会計予算


     議案第25号 平成18年度西脇市老人保健施設特別会計予算


     議案第26号 平成18年度西脇市公営墓地特別会計予算


     議案第27号 平成18年度西脇市介護保険特別会計予算


     議案第28号 平成18年度西脇市茜が丘宅地供給事業特別会計予算


     議案第29号 平成18年度西脇市水道事業会計予算


     議案第30号 平成18年度西脇市簡易水道事業会計予算


     議案第31号 平成18年度西脇市立西脇病院事業会計予算


日程第7 議案第32号 平成17年度西脇市一般会計補正予算(第1号)


     議案第33号 平成17年度西脇市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)


     議案第34号 平成17年度西脇市老人保健医療事業特別会計補正予算(第1号)


     議案第35号 平成17年度西脇市立学校給食センター特別会計補正予算(第1号


           )


     議案第36号 平成17年度西脇市下水道特別会計補正予算(第1号)


     議案第37号 平成17年度西脇市黒田庄地区下水道特別会計補正予算(第1号)


     議案第38号 平成17年度西脇市生活排水処理施設特別会計補正予算(第1号)


     議案第39号 平成17年度西脇市老人保健施設特別会計補正予算(第1号)


     議案第40号 平成17年度西脇市公営墓地特別会計補正予算(第1号)


     議案第41号 平成17年度西脇市介護保険特別会計補正予算(第1号)


     議案第42号 平成17年度西脇市水道事業会計補正予算(第1号)


     議案第43号 平成17年度西脇市立西脇病院事業会計補正予算(第1号)


日程第8 議案第44号 指定管理者の指定について


     議案第45号 指定管理者の指定について


     議案第46号 指定管理者の指定について


     議案第47号 指定管理者の指定について


     議案第48号 指定管理者の指定について


     議案第49号 指定管理者の指定について


     議案第50号 西脇市営土地改良事業計画概要の制定について


日程第9 議案第51号 兵庫県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の増


           減及び規約の変更について


     議案第52号 西脇多可行政事務組合規約の変更について


     議案第53号 北播磨清掃事務組合規約の変更について


     議案第54号 北播肢体不自由児機能回復訓練施設事務組合わかあゆ園を組織す


           る地方公共団体の数の減及び規約の一部変更について


     議案第55号 氷上多可衛生事務組合規約の変更について


     議案第56号 播磨内陸医務事業組合を組織する地方公共団体の数の減及び規約


           の一部変更について


日程第10 議案第57号 平成17年度西脇市一般会計歳入歳出決算の報告について


     議案第58号 平成17年度西脇市国民健康保険特別会計歳入歳出決算の報告につ


           いて


     議案第59号 平成17年度西脇市老人保健医療事業特別会計歳入歳出決算の報告


           について


     議案第60号 平成17年度西脇市立学校給食センター特別会計歳入歳出決算の報


           告について


     議案第61号 平成17年度西脇市下水道特別会計歳入歳出決算の報告について


     議案第62号 平成17年度西脇市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の報告


           について


     議案第63号 平成17年度西脇市老人保健施設特別会計歳入歳出決算の報告につ


           いて


     議案第64号 平成17年度西脇市公営墓地特別会計歳入歳出決算の報告について


     議案第65号 平成17年度西脇市介護保険特別会計歳入歳出決算の報告について


     議案第66号 平成17年度西脇市茜が丘宅地供給事業特別会計歳入歳出決算の報


           告について


     議案第67号 平成17年度黒田庄町一般会計歳入歳出決算の報告について


     議案第68号 平成17年度黒田庄町国民健康保険特別会計歳入歳出決算の報告に


           ついて


     議案第69号 平成17年度黒田庄町老人保健特別会計歳入歳出決算の報告につい


           て


     議案第70号 平成17年度黒田庄町学校給食事業特別会計歳入歳出決算の報告に


           ついて


     議案第71号 平成17年度黒田庄町特定環境保全公共下水道事業特別会計歳入歳


           出決算の報告について


     議案第72号 平成17年度黒田庄町農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の報


           告について


     議案第73号 平成17年度黒田庄町介護保険特別会計歳入歳出決算の報告につい


           て


     議案第74号 平成17年度西脇市水道事業会計決算の報告について


     議案第75号 平成17年度西脇市簡易水道事業会計決算の報告について


     議案第76号 平成17年度西脇市立西脇病院事業会計決算の報告について


     議案第77号 平成17年度黒田庄町水道事業会計決算の報告について


日程第11 請願第1号 介護保険施設等の居住費・食費の利用者全額負担に関する請願書


* 出 席 議 員(20名)


 1番 清 瀬 英 也 議員   2番 藤 原 信 子 議員


 3番 林   晴 信 議員   4番 田 村 慎 悟 議員


 5番 池 田 勝 雄 議員   6番 中 川 正 則 議員


 7番 坂 本   操 議員   8番 寺 北 建 樹 議員


 9番 高 橋 博 久 議員   10番 上 田 平 八 議員


 11番 杉 本   巧 議員   12番 山 上 武 司 議員


 13番 村 井 公 平 議員   14番 早 瀬 正 之 議員


 15番 藤 原   教 議員   16番 廣 田 利 明 議員


 17番 坪 木 季 彦 議員   18番 藤 原 正 嗣 議員


 19番 北 詰 勝 之 議員   20番 藤 本 邦 之 議員


* 欠 席 議 員(0名)


* 欠     員(0名)


* 説明のために出席した者の職氏名


   別紙名簿のとおり


* 事務局職員職氏名


   事務局長       黒 田 辰 雄 君


   事務局主幹      小 西 龍 雄 君


   書記         正 木 万貴子 君








         開会あいさつ(午前10時05分)


○議長(山上武司君) ただいまから、第2回西脇市議会定例会を開会いたします。


 開会に当たり、一言ごあいさつを申し上げます。


 3月に入り寒さもようやく和らぎ、日ごとに春の気配を感じるころになってまいりました。


 本日、ここに第2回西脇市議会定例会が招集されましたところ、議員各位にはご健勝にてご参集賜り、開会の運びとなりましたことは、市政のため、まことにご同慶にたえないところでございます。


 さて、今期定例会に理事者より提出されました案件は、平成18年度西脇市一般会計予算を初め各会計予算、及び西脇市総合計画審議会条例など、条例制定並びに平成17年度西脇市黒田庄町各会計歳入歳出決算の報告など、合わせて79件であります。


 いずれも市政にとって極めて重要な案件でありますので、議員各位にはご精励を賜り、慎重にご審議の上、適切妥当な結論をいただきますようお願い申し上げまして、甚だ簡単でございますが開会のあいさつとさせていただきます。


 これより、市長のごあいさつがあります。


 市長。


○市長(來住壽一君)(登壇) 第2回西脇市議会定例会の開催に当たり、一言ごあいさつを申し上げます。


 ようやく春の息吹を感じるようになってまいりました本日、ここに第2回市議会定例会を招集いたしましたところ、議員各位には大変ご多忙の折にもかかわりませずご出席を賜りましたことに、厚くお礼を申し上げます。


 また、日ごろから議員各位には市政発展のためご精励を賜っておりますことに対し、深く敬意と感謝の意を表する次第であります。


 さて、1月には、急激な成長を遂げたIT企業の社長らが証券取引法違反により逮捕された株価操作事件は、証券市場の制度的不備を浮き彫りにしたものになりました。また、この冬は平成18年度豪雪と命名をされるほど、猛烈な寒波の襲来による記録的な大雪で全国各地に被害が相次ぎ、多くの犠牲者が出ております。改めまして、自然の力と災害の恐ろしさを感じさせられたところでございます。また、トリノ・オリンピックでは、女子フィギュアスケートの金メダルで終盤に大きな盛り上がりを見せて閉幕をいたしましたが、さまざまな感慨を寄せた17日間であったと思います。このような中、本市におきましては、1月末に西脇区で防災訓練が行われ、水害を想定したさまざまな内容の訓練が行われたほか、末谷池周辺では、里山整備完成を記念した里山フェスティバルが開催されました。また、きのう、きょうとは内需拡大に向けて、第11回播州織総合素材展が東京恵比寿で盛大に開催されているところであります。


 議員各位には、これらの諸事業の展開に深い関心をお寄せいただくとともに、円滑な事業の推進に格別のご支援、ご協力を賜りましたことに、心から厚くお礼を申し上げます。


 ところで、昨年10月1日に新市が誕生して、早いものでちょうど4カ月が経過をいたしましたが、今日私たちが置かれている厳しい財政状況の中で、いかにして行政運営を進め、市民の期待にどうこたえるべきかを考えますとき、私は合併のメリットを最大限に生かし、本当に必要とされる住民サービスとは何なのかをしっかりと見きわめながら、市民主役のふるさと運営を進めてまいりたいと考えております。


 議員の皆様には、今後の施策展開に当たり、さまざまな部分でご理解、ご協力、またご支援をいただかなければならないことが数多く出てこようかと思いますが、どうかよろしくお力添えを賜りますようお願いを申し上げます。


 さて、今期定例会には総額432億480万円に上る平成18年度予算案を初め、条例の制定、改正など79件の議案を上程いたしております。いずれの議案につきましても、新西脇市の市政運営の根幹となる極めて重要な案件でございます。


 議員各位にはよろしくご審議の上、ご賛同賜りますようお願いを申し上げまして、開会に当たりましてのごあいさつとさせていただきます。


○議長(山上武司君) 市長のごあいさつは終わりました。





            午前10時11分 開議


○議長(山上武司君) これより、本日の会議を開きます。


 日程に入るに先立ち、諸般の報告をします。


 事務局長より報告させます。


 事務局長。


○事務局長(黒田辰雄君) 命によりましてご報告いたします。


 今期定例会に市長を初め常時出席を求めております説明員の職氏名は、お手元に配付しております一覧表でご了承願います。


 次に、12月定例会以降の議会の事務概要をお手元に配付しておりますので、ご了承願います。


 次に、議長において受理しました陳情書は、既にその写しを配付しておりますが、受理一覧表をお手元に配付しておりますのでご了承願います。


 次に、監査委員から西監報第1号及び第2号をもって例月出納検査の結果報告書が提出されました。既にその写しを配付しておりますので、ご了承願います。


 次に、現在の出席議員数は20名であります。


 以上で報告事項を終わります。


○議長(山上武司君) 以上をもちまして報告は終わりました。


 これより日程に入ります。


   ────────────────────────────────────


      ◎日程第1 会議録署名議員の指名について


○議長(山上武司君) 日程第1、会議録署名議員の指名についてを議題とします。


 会議録署名議員は、会議規則第80条の規定により、4番田村慎悟議員及び17番坪木季彦議員を指名します。


   ────────────────────────────────────


      ◎日程第2 会期の決定について


○議長(山上武司君) 次は日程第2、会期の決定についてを議題とします。


 お諮りします。


 今期定例会の会期は、本日から3月29日までの28日間としたいと思います。


 ご異議ありませんか。


         〔「異議なし」の声あり〕


 ご異議なしと認めます。


 会期は、本日から3月29日までの28日間と決定しました。


   ────────────────────────────────────


      ◎日程第3 市長の施政方針


○議長(山上武司君) 次は日程第3、市長の施政方針であります。


 市長から施政方針の表明があります。


 市長。


○市長(來住壽一君)(登壇) 本日、第2回西脇市議会定例会の開会に当たり、議員各位のご健勝を心からお喜び申し上げますとともに、日ごろのご精励に対し深く敬意を表するものでございます。


 ここに、平成18年度の各予算案及び関連議案を提案するに当たり、市政運営の基本姿勢と主要施策について私の所信を申し上げ、議員各位並びに市民の皆さんのご理解とご協力を賜りたいと存じます。


 さて、我が国の経済状況は着実に回復しているものの、まだ地域、業種によっては格差があり、当地域の経済は依然として厳しい状況にあります。このような中で、本市の財政状況は、市税が平成8年度をピークに年々減少を続けており、また、三位一体の改革等による地方交付税、国庫支出金などの削減によって、今後も財源の確保はますます厳しい状況が予測されます。また、歳出面では義務的経費を初め、下水道事業会計等への繰出金等の増加、今後において予想される新病院建設に係る費用負担等により、大幅な財源不足が避けられない状況となっております。


 こうした中、私は所信表明でも申し上げましたように、行政改革に取り組むとともに、山積する課題に立ち向かい、市民と行政がともに考え、ともに行動する中から、「市民主役のふるさと運営」を市政推進の基本にして、地域特性を生かした個性あふれるまちづくりを展開し、「人、地域、産業が元気なまち」西脇市の実現に向け全力で取り組み、将来にわたり、市民が誇りを持って安心して住み続けたいと思える地域社会を築いてまいります。


 それでは、まず、所信表明でお示ししました市政の基本方針であります「合併してよかったと言えるまちづくり」、「市役所の改革」、「市民主役のふるさと運営」の三つの柱に沿って、今年度の取り組みを説明いたします。


 一つ目は、「合併してよかったと言えるまちづくり」についてであります。


 本年度は新市まちづくり計画を基本に、新市の将来像であります「いのちいきいき、自然きらきら、共生のまちにしわき」の実現を目指して、新市総合計画を策定してまいります。計画策定に当たりましては多くの市民のご意見を伺い、専門家のアドバイスを受けながら取りまとめ、本年度内に議会での審議をお願いしたいと考えております。また、今年度の施策の推進に当たりましては、新市まちづくり計画に基づき、さまざまな取り組みをすることによって、「合併してよかったと言えるまちづくり」を推進してまいります。


 また、市民意識の一体感を醸成するため、へその西脇・織物まつりを新市誕生記念イベントとして再生し、旧市町の住民がともにつくり、楽しみ、交流が図れるようなイベントとして展開をするとともに、各種イベント開催に当たっても、新市誕生記念の趣旨を踏まえ、多くの市民が参加でき、交流の促進が図れるよう工夫を凝らしてまいりたいと考えております。


 また、合併後の課題として残されております市民生活に密着した行政制度や行政サービスについても、全市的に均衡のとれたものにするため、早期に調整してまいります。


 特に、黒田庄地区で進められておりますまちづくり支援センター「ゆめバンク」を主体にした市民の自主的な事業は、地域振興事業としての実績を踏まえ、支援を継続してまいります。


 二つ目は、「市役所の改革」についてであります。


 効率的、効果的な行政展開を行うため、新たに「行政経営室」を設け、行政改革大綱(集中改革プラン)を策定し、事業評価システム等により施策の点検・評価を行うとともに、財政健全化計画を策定し、行政改革と健全化計画の着実な進行管理を図ってまいります。なお、行政改革大綱の策定に当たっては、民間の感覚や手法を導入できるよう、学識経験者や市民の参加を得て進めてまいります。


 また、「市民主役のふるさと運営」を強力に推進するため、「ふるさと創造部」を新たに設け、まちづくり関係を担当するまちづくり課のほか企画課、防災対策課、宅地分譲課を配置し、組織の明確化と施策の実施体系の強化を図ってまいりたいと考えております。


 市民に役立つ市役所にするためには、職員の資質の向上が不可欠であり、より専門的な知識や政策形成能力を備えたやる気のある職員の育成を図ることが重要であります。そのため、人材育成基本方針を策定し、職員研修、人事考課制度、昇任・昇格などの処遇管理が効果的にリンクするシステムの構築に向けた研究を進め、職員の能力を最大限に発揮して、組織力の向上を図ってまいります。


 三つ目は、「市民主役のふるさと運営」についてであります。


 今、地域の個性を生かしたまちづくりが求められる中で、西脇市がみずからの考えと決断でまちづくりに取り組み、ふるさとをもっと元気に発展させるためには、市民の皆さんが主役となってふるさと運営にかかわっていただくことが重要であると申し上げてまいりました。


 私は、「市民主役のふるさと運営」としまして、「地区からのまちづくり」、「地域に根差した福祉システムづくり」、「地域教育力の向上」を重点的に取り上げ、その舞台づくりや仕組みづくりを進めてまいりたいと考えております。


 まず、「地区からのまちづくり」についてであります。


 各地区住民による「地区別まちづくり計画」の策定につきましては、地区によって計画策定時期が異なりますが、平成19年度末までには全地区での計画の策定を終え、計画に基づく実践を進めていけるよう引き続き支援をするとともに、総合計画の地区計画として位置づけてまいりたいと考えております。


 具体的には、既に実践活動に移っている西脇地区、比延地区に続き、津万地区、芳田地区につきましても、本年度実践的活動に向け、まとめを行う予定であり、残る日野、重春、野村、黒田庄の4地区につきましても、本年度から計画づくりに取り組んでまいります。


 また、さきの議会でも申し上げました市民税の一部を市民活動に還元する制度につきましては、地区別まちづくり計画に基づき、実践する事業を対象に支援をしてまいります。


 なお、本制度の実施に当たりましては、学識経験者及び各種団体の長等で構成する「参画と協働のまちづくり推進会議」の意見を伺いながら対象事業を選定してまいります。


 また、まちづくり活動を行うグループや団体を支援するまちづくり活動支援事業につきましては、拡充するとともに、まちづくりリーダーとなる人の輪をより一層広げるため、「まちづくりリーダー養成講座」も引き続き開催してまいります。


 隣保館につきましては、人権啓発・交流の拠点としてのみではなく、地域まちづくりの拠点としての役割を発揮するよう、より積極的な活用を図ってまいります。


 次に、「地域に根差した福祉システムづくり」についてであります。


 少子高齢化が急速に進行する中、住みなれた地域で、すべての人が自分らしく自立して、生き生きと暮らせるような地域社会の構築が重要であります。そのため、市民と行政が一体となって地域福祉計画を策定し、その計画づくりを通して地域福祉の担い手の養成に努めるなど、支え合いと助け合いを基盤とした地域に根差した福祉システムづくりを進めてまいります。


 また、安心して子供を産み育てられる地域社会づくりにおいては、「子育て」にかかわる主体的な取り組みを行う市民団体、グループなど多くの関係機関、団体の協力を得ながら、「市民主役のふるさと運営」の実践テーマとして、市民参画による子育てネットワークづくりを進めてまいります。


 重点項目の最後として、「地域教育力の向上」についてであります。


 家庭、地域、学校が連携しながら、それぞれの役割を果たし、しつけ、社会力、学力などバランスのとれた子供を育てることが大切です。そのため、地域教育力を考える場をつくり、地域の子供は地域で育てる市民運動を充実させ、地域教育力の向上に努めてまいります。


 また、これまで取り組んできた青少年健全育成ボランティア「西脇ハーティネス・メンバーズ」運動の充実を図り、子供と顔の見える関係を築くとともに、子ども見守り隊や町の安全を守るための市民による自主防犯活動などと連携して、地域社会の連帯感を高め、青少年健全育成、子供の安全確保を推進してまいります。


 続きまして、「防災対策」についてであります。


 防災対策につきましては、一昨年の災害を教訓にし、新市における地域防災の根幹となる「地域防災計画」を策定するとともに、市民に対する災害発生時の情報伝達を確実に行うため最も有効な手段であります「防災行政無線」を全市に導入するため、調査設計を進めてまいります。


 また、消防団、地域と連携し、水防活動をより迅速に行うため、水防資機材を収納する水防倉庫を地区ごとに年次的に設置し、安心・安全対策の充実に努めてまいります。


 治水対策につきましては、河川激甚災害対策特別緊急事業による加古川、野間川、杉原川の河川改修がいよいよ本格化してまいりました。市といたしましても、事業完遂に向けて全力で取り組んでまいります。


 市街地の雨水排水につきましても、現況の排水施設を最大限活用することを前提に本年度から整備に着手し、内水による浸水被害の防止に努めるとともに、その他の地域におきましても、整備効果や緊急性の高いところから順次排水路の整備を行ってまいります。


 また、黒田庄地区におきましては、加古川の堤防の低い区間の整備が行われるとともに、低地の浸水対策につきましても、県において検討が進められております。


 市といたしましては、引き続き県事業に全面的な協力を行い、災害に強い、安全・安心な住環境を目指した治水対策を進めてまいります。


 さらに、その他の重要施策としまして、子育て支援機能、児童館機能やコミュニティ機能等を備えた複合施設の設置がございます。これにつきましては、現在、茜が丘用地を候補地に検討しており、本年度は子育て中のお母さんや地域の意見を伺い、それを踏まえ、基本計画づくりに着手してまいりたいと考えております。


 続きまして、その他の主要施策につきまして、新市まちづくり計画に掲げる柱に沿って説明をしてまいります。


 「ともに支え合い、みんなが笑顔で安心して暮らせるまちづくり」についてであります。


 まず、健康づくりの推進につきましては、引き続き健診や予防接種を実施するほか、健康教育、健康相談などを通して市民の健康づくりを推進してまいります。特に本年度は、体の弱い高齢者の体や生活機能を維持向上をさせ、要支援、要介護状態となることを防ぎ、健やかな生活を送ってもらうため、虚弱高齢者の健康づくりを支援してまいります。また、生活習慣病の一次予防に取り組み、なお一層市民の健康づくりを進めてまいります。


 国民健康保険につきましては、今後実施される医療制度改革を見据えて、負担と給付のバランスの確保に努めてまいります。


 保険税率につきましては、旧西脇市の税率に統一し、据え置きますが、介護納付金の賦課限度額については、法改正に合わせ引き上げを予定いたしております。


 次に、児童福祉につきましては、次世代育成支援対策推進行動計画「西脇こども未来プラン」を推進するため、庁内組織として「行動計画推進会議(仮称)」を設置して、施策を総合的かつ円滑に実施し、子育て支援に努めてまいります。


 また、障害のある子供の早期発見や発達障害児等に対する支援体制を充実させるため、幼児発達相談や療育教室の回数をふやすなどの取り組みを進めてまいります。


 次に、高齢者福祉につきましては、高齢者が住みなれた地域で安心して暮らしていける仕組みをつくるため、さきに述べましたように、支え合いと助け合いを基盤とした地域に根差した福祉システムづくりに取り組んでまいります。高齢者についても、保険福祉サービスの単なる受け手としてだけではなく、地域社会の重要な担い手として積極的に参加していただける仕組みづくりを進めてまいります。


 介護保険制度につきましては、将来にわたり維持可能な制度とするため大きな改正が行われました。これに伴い、新たに地域包括支援センターを設置し、元気な高齢者も含めて介護予防事業に取り組んでまいります。また、要介護者やサービス利用量の増加に伴い、介護保険料の負担増をお願いせざるを得ない状況となりました。今後とも、利用者に制度の理解を得るよう努めるとともに、計画に基づいた事業の推進を図ってまいります。


 障害者福祉につきましては、障害者自立支援法の成立により、障害者の種別や年齢によらない共通のサービスを提供することになりました。新しいサービスの円滑な提供により、障害者の地域での自立した生活を支援するとともに、その提供体制に関する障害福祉計画等を策定し、障害者福祉の充実に取り組んでまいります。


 次に、病院事業につきましては、良質で高度な医療を提供し、特殊医療、救急医療、災害対策医療に対応するため、医療水準の向上に努めるとともに、診療報酬のマイナス改定により、厳しい経営環境ではありますが、「病院経営改善5カ年計画」をもとに、より安定した経営基盤を確立するよう取り組んでまいります。また、病院機能評価の更新受審年に当たり、その取得に取り組むとともに、新臨床医研修制度に係る研修病院の機能の充実を図ってまいります。


 西脇病院の改築事業につきましては、地域の中核病院として、また災害拠点病院として、住民に信頼され、安心できる病院づくりを目指し、引き続き事業を進めてまいります。なお、今年度は第2期工事を開始し、病棟部門、放射線治療部門、救急及び画像診断部門等の工事を予定しております。


 次に、安全・安心対策でありますが、「武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律」の成立を受け、関係条例を制定するとともに、国民保護計画を策定いたします。


 また、交通安全対策として、高齢者への巡回訪問や交通安全教室を引き続き実施するほか、意識啓発に努めてまいります。


 消費者対策では、各種の悪質商法や詐欺などの犯罪による被害の予防と被害者支援のため、消費生活相談窓口の充実、暮らしの安全講座の出前、広報やパンフレットによる啓発などに努めてまいります。


 次に、「快適な暮らしを支える生活基盤が充実したまちづくり」についてであります。


 まず、道路交通網の整備につきましては、一般国道175号西脇北バイパス整備事業を引き続き支援してまいりますとともに、大伏以北につきましては、丹波市山南町までの早期調査区間指定の実現に向けて、国に対して要望活動を展開してまいります。


 県管理道路につきましては、本年度の県道郷の瀬野村線歩道リニューアル事業の本工事着手や県道西脇三田線岩井橋の完成が予定されているほか、合併支援道路につきましても、県道黒田庄滝野線の黒田庄工区の本工事の着手が予定されるなど、着実に整備が進められており、引き続き県事業に対し支援してまいります。


 都市計画道路西脇上戸田線につきましては、空洞化、高齢化が進んでいる中心市街地の活性化のため、国道175号からのアクセス機能を有する本市のシンボル道路として、引き続き事業化に向けた検討を行ってまいります。


 都市計画道路和布郷瀬線につきましては、激特事業の重春橋のかけかえにあわせ、県道黒田庄滝野線から西脇三田線までの整備が計画されております。市といたしましても、事業促進を図るため積極的に取り組んでまいります。


 市道、生活道路につきましては、市民生活に密着した地域交通の利便性、安全性の向上を目指し、整備効果の高いところから道路改良、舗装工事などを推進するとともに、激特事業にあわせて野間川にかかる重国橋の整備に着手いたします。


 次に、公共交通につきましては、市民の日常生活の移動手段を確保するため、鉄道におきましては県及び関係沿線市と協力し、加古川線の利用促進、利便性向上のための働きかけを行うとともに、バス交通につきましては、路線バス対策として引き続き必要な補助を行うほか、コミュニティバスを含めた総合的なバス交通のあり方を検討してまいります。


 また、定住基盤の整備につきましては、「公営住宅ストック総合活用計画」に基づき、日野ヶ丘団地建てかえ事業を推進するとともに、計画的に維持補修等を行ってまいります。


 また、阪神・淡路大震災の教訓を踏まえ、安全・安心な住まい・まちづくりを推進するため、既存民間住宅の耐震診断を促進してまいります。


 茜が丘宅地供給事業につきましては、依然として厳しい状況が続いておりますが、今春には第2期分譲として17区画を追加し、販売の促進に努めてまいります。


 高田井土地区画整理事業につきましては、早期完成に向け、引き続き区画整理組合へ支援してまいります。


 市街化調整区域の土地利用につきましては、地域の実情に応じた土地利用計画を策定し、県の特別指定区域制度の活用を図ってまいります。また、合併に伴い、都市計画の見直しについて検討してまいります。


 山ろく開発整備につきましては、昨年度に引き続き整備を行い、多目的交流広場として完成させてまいります。


 水道事業につきましては、将来にわたり安全な上水を安定して供給できるよう、県水受水に向けての事業を推進するとともに、老朽管の布設がえ、配水管網の整備など計画的な施設整備を行ってまいります。


 公共下水道事業につきましては、平成20年度整備完了に向けて、比延地区の舗装復旧、八坂町及び塚口町の面整備に着手いたします。また、農業集落排水及びコミュニティプラント整備区域を含めた供用開始区域内の水洗化を積極的に進めてまいります。


 次に、「地域の特色を生かした活気とにぎわいを創出するまちづくり」についてであります。


 商工業の振興につきましては、地場産業の振興を図るため、北播磨地場産業開発機構が実施する産地活性化事業に対して、業界や関係市町との連携を強化し、引き続き支援をしていくほか、商工会議所が実施する産官学連携商工業振興事業を支援するとともに、「にしわき産業フェスタ」等を通して、地場産業、特産品などのPRを積極的に推進してまいります。


 また、商業・サービス業の振興を図るため、厳しい経営環境にある商店街に対しまして、商工会議所等と連携を図りながら、地域商業活性化事業や元気商い塾事業による商業者育成を支援してまいります。


 中心市街地の活性化につきましては、商工会議所を母体としたTMOや関係自治会と連携を図りながら、まちづくりを進めてまいります。特に、中心市街地活性化の中核的な役割を担うTMOにつきましては、TMO構想に基づき、まちんなか交流館や旧来住家住宅において実施しておられます事業や活動を支援してまいります。


 次に、農業振興につきましては、すぐれた農業基盤を生かし、効率的かつ安定的な農業経営のために、担い手への農地の利用集積を推進し、認定農業者及び集落営農組織など担い手農家の育成に努めるとともに、消費者重視、市場重視の考えに立って、需要に即応した売れる米づくりの推進と水田農業経営の安定と発展を図ってまいります。


 有害鳥獣対策につきましては、地域、猟友会の協力を得ながら駆除活動に努めるとともに、被害防止さく設置への支援や県のシカ個体数管理・調整事業を活用し、被害縮小に努めてまいります。


 農業農村整備事業につきましては、県営事業として引き続き比延地区中山間地域総合整備事業を推進するとともに、新たに高松口梨池ため池等整備事業に着手するなど、県営事業の積極的な活用を図ってまいります。


 また、市営土地改良事業として「有機の里づくり」を推進するため、新たに地域環境保全型農業推進事業(土づくりセンター)に取り組むとともに、継続中の津万地区かんがい排水事業や羽安地区圃場整備事業、並びに美しい村づくり総合整備事業等についても推進してまいります。


 林業の振興につきましては、森林の持つ水源の涵養、山地災害防止、及び地球温暖化防止等の多面的公益機能が持続的に発揮できるよう適切な森林の整備・保全を図るとともに各種事業を活用して、林業の振興及び発展に努めてまいります。


 また、台風などにより倒木被害を受けた森林におきましては、昨年に引き続き県の「風倒木緊急処理事業」を活用し、森林復旧対策に取り組んでまいります。


 分収造林事業につきましては、計画的に除伐、枝打ち、間伐などの保育事業を行い、良質な木材生産を図るとともに、森林整備地域活動支援事業による人工林の現況調査や作業道の整備等により、健全な森林づくりを推進してまいります。


 また、山地災害危険箇所などの把握に努め、災害を未然に防止するため、県に対して治山事業の要請を行ってまいります。


 観光の振興、交流の促進につきましては、観光協会事業の推進や特産物の開発、魅力ある観光資源の開発、PRに努めるとともに、北はりま田園空間博物館総合案内所につきましても、指定管理者制度を導入することにより、さらに住民主体で活力のある魅力的な博物館運営を進め、都市交流の促進による地域活性化と観光振興に努めてまいります。


 都市親善事業につきましては、友好都市富良野市との交流活動を初め、姉妹都市レントン市との中学生親善使節団の相互派遣を実施するとともに、本年度は国際親善交流協会との連携を図りながらレントン市民親善訪問団を受け入れるなど、友好・姉妹都市を中心に交流の輪を広げてまいります。


 企業誘致につきましては、誘致のためのパンフレットの作成を行うとともに、あらゆる情報ネットワークの活用や「西脇市産業立地促進措置条例」の優遇措置を生かし、優良企業の誘致に積極的に取り組み、地域経済の活性化に資してまいります。


 雇用の創出につきましては、引き続き北播磨雇用開発協会、公共職業安定所等との連携した就職説明会や就職相談会に取り組むなど、雇用の創出を図ってまいります。また、中小企業勤労者の福祉の増進と雇用の安定を図るため、勤労者共済制度の普及や勤労者住宅資金融資事業に努めてまいります。


 次に、「心豊かな人をはぐくみ、生き生きと活躍できるまちづくり」についてであります。


 放課後児童対策事業につきましては、新たに比延小学校区で開設してまいります。


 公立保育園につきましては、効率的な運営努力を重ね、維持してまいりますが、将来に向け、運営体制のあり方を検討していく必要があると考えております。


 学校施設の整備につきましては、重春小学校の児童数増加に伴う普通教室増設工事、双葉小学校の校舎床等改修工事などを実施いたします。また、学校安全対策の一環として、新たに比延小学校に連絡用インターホンを設置するとともに、各小学校にAED(自動体外除細動器)を配置いたします。


 なお、双葉小学校の将来のあり方につきましては、引き続き地域と精力的に協議を重ねてまいります。


 学校・園教育につきましては、心豊かな人づくり、まちづくりにつながる、魅力ある学校・園づくりを推進してまいります。そのため一人一人を大切にし、個に応じた指導方法の工夫と改善に努めてまいります。


 さらに、学校・園を地域に公開する「オープンスクール事業」、地域の教育的人材活用を推進する「いきいき学校応援団事業」、総合的な学習の時間等における民間人ゲストティーチャーの活用等の事業を積極的に進め、地域の学校・園として住民から信頼され、学校・園、家庭、地域が一体となった充実した教育活動が展開されるよう、その責務を果たしてまいります。


 公民館活動につきましては、生涯にわたり学び続け、その成果を生かす生涯学習社会の実現を目指し、老人大学の開設を初め、さまざまな講座、子育て学習など多様な学習機会の提供のほか、子育て支援ネットワークの拡充とともに、市民のニーズに対応した学習内容の充実に努めてまいります。


 青少年の心のケアにつきましては、スクールカウンセラーの配置を初め、適応指導教室への専任指導員の確保、教育相談体制の充実等きめ細やかな支援に努めてまいります。


 芸術文化の振興につきましては、引き続き美術展や市民作品展などを実施するほか、新市誕生記念事業としての市民公募によるミュージカル等も開催いたします。また、音楽ホール、市民会館などを管理運営する西脇市文化・スポーツ振興財団との連携を図りつつ、市民が参画する事業を企画・実施してまいります。


 いよいよ、「のじぎく兵庫国体」が本番の年を迎えます。この成功に向けて、各種団体のご支援もいただきながら市民総参加の機運を盛り上げ、西脇らしい大会となるよう取り組んでまいります。


 また、スポーツ活動に広く市民が積極的に参加し、楽しめる企画を練り、市民交流・多世代交流につながる地域スポーツ活動の定着に努めてまいります。


 すべての市民の基本的人権が尊重されるまちづくりを目指して、人権教育や啓発活動を積極的に推進してまいります。講演会や研修会等を開催するとともに、西脇市人権教育協議会の活動を支援してまいります。また、子供や保護者がさまざまな活動や体験を通して人権尊重の意識を高め、地域に豊かな人間関係が築けるよう、人権文化創造活動支援事業を進めてまいります。


 男女共同参画社会の実現につきましては、基本プランの見直しを図るとともに、男女が社会のあらゆる分野にともに参画し、互いに人権を尊重し合いながら、それぞれの個性と能力が十分に発揮できる社会を目指し、家庭・地域・職場などでの学習や啓発に努めてまいります。


 最後に、「潤いある暮らしを守り、人と自然が共生するまちづくり」であります。


 環境問題が地球規模で議論される現在、自然と共生するライフスタイルの構築や地域の取り組みが求められております。


 環境対策につきましては、地球温暖化防止を推進するとともに、住民のライフスタイルの見直しによるごみの減量化やリサイクル活動の推進を図ってまいります。また、環境美化に向けた市民活動の促進や環境意識の高揚を図るとともに、地域や関係団体との連携を図りながら、巡回環境パトロールやポイ捨て、不法投棄の防止を推進し、環境美化に取り組んでまいります。


 これら主要施策の推進に当たりましては、市民の主体的なまちづくりへの参画を促進し、市民と行政の協働によるまちづくりを進めてまいります。


 また、行政情報の積極的な公開、提供を行い、市民の提案や意見を広く反映していく仕組みづくりが重要と考えております。


 市民の皆さんの声を聞く場としての懇談会等につきましては、総合計画の策定とあわせて実施してまいりたいと考えております。また、広報「にしわき」やホームページなどを通して積極的に行政情報を提供し、市政への関心をさらに高めてまいり、市民主役のまちづくりを進めてまいります。


 以上が、本年度の市政運営につきましての私の所信と主要施策の概要でありますが、その予算規模は、一般会計165億9,800万円、特別会計161億9,905万4,000円、企業会計104億775万2,000円、合計432億480万6,000円であります。


 予算編成に当たりましては、施策の重要性・緊急性を考慮し、事業の選択を行うとともに、基金等の活用により財源の確保を行ったところであります。


 所信表明で申し上げましたが、私は「清潔、公平、実践」を信条にいたしながら、市民が主役のふるさと運営を市政推進の基本方針に、「人、地域、産業が元気な町」西脇市の創造を目指し、全力で取り組んでまいる所存であります。


 議員各位におかれましては、格別のご理解とご協力を賜りますようお願いを申し上げますとともに、あわせて、上程いたしております諸議案を慎重にご審議をいただき、適切な結論を賜りますようお願いを申し上げる次第であります。


○議長(山上武司君) 市長の施政方針の表明は終わりました。


   ────────────────────────────────────


      ◎日程第4 議案第1号〜7号、78号


○議長(山上武司君) 次は日程第4、議案第1号西脇市総合計画審議会条例の制定についてから議案第7号兵庫県立東はりま日時計の丘公園の利用料金を定める条例の制定についてまで、及び議案第78号西脇市議会政務調査費の交付に関する条例の制定についての8件を一括議題とします。


 理事者から提案理由の説明を求めます。


 遠藤企画総務部長。


○企画総務部長(遠藤隆義君) 議案第1号西脇市総合計画審議会条例の制定について、提案説明を申し上げます。


 この条例は、新市の総合的な計画の策定及び推進に関する重要事項について調査、審議をしていただく「西脇市総合計画審議会」を設置するため制定しようとするものでございます。


 第1条は審議会の設置について。第2条は、委員の定数を20人以内とし、第2項では部会の設置について。第3条では、委員の委嘱の範囲及び委員としての期間を規定いたしております。第4条は、会長及び副会長の選出方法とその職務について。第5条は、審議会の招集と会議の開催要件及び議決要件について。第6条は、審議のため必要がある場合は、委員以外の者の出席を求め、説明または意見を聞くことができる旨を規定いたしております。第7条は、審議会の庶務を企画担当部に置くことを。第8条は、この条例に定めるもののほか、必要な事項は市長が定めることを。


 また、附則におきまして、この条例の施行期日を平成18年4月1日からにすること、及び委員の報酬日額について規定いたしております。


 続きまして、議案第2号西脇市国民保護協議会条例の制定について、提案説明を申し上げます。


 本条例は、平成16年に制定されました「武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律」の規定に基づき、西脇市における国民保護協議会の組織及び運営に関し、必要な事項を定めようとするものでございます。


 初めに、法の関係条項の内容でございますが、法第35条では、市長は、県の「国民保護に関する計画」に基づき本市における計画を作成し、議会に報告することとなっております。さらに、法第39条では、市に「協議会」を設置し、市長の諮問に応じることを。また、法第40条では、本協議会の会長は市長とするとともに、委員の構成などが定められておりますほか、同条第8項の規定では、法に定めのあるもののほか、市の協議会の運営に必要な事項は条例で定めると規定されておりますことから、本条例案を提案させていただくものでございます。


 それでは、条例案につきましてご説明を申し上げます。


 第1条では本条例の趣旨を。第2条では、協議会委員の定数を35人以内とし、専門委員を置くことができる旨の規定を。第3条では、会長に事故あるときの職務代理に関する規定を。第4条では会議に関する規定を。第5条及び第6条では、幹事及び部会を設置することができる旨の規定をそれぞれ定めるものでございます。第7条では会長への委任事項を定め、附則第1項では、この条例は公布の日から施行することとし、第2項では、国民保護協議会委員の報酬及び費用弁償の規定を追加しようとするものでございます。


 続きまして、議案第3号西脇市国民保護対策本部及び緊急対処事態対策本部条例の制定について、説明を申し上げます。


 本条例につきましても、平成16年に制定されました「武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律」の規定に基づき、西脇市における国民保護対策本部及び緊急対処事態対策本部に関し、必要な事項を定めるものでございます。


 法第27条では、市の国民保護計画に定めるところにより本部を設置しなければならない旨の規程があり、法第28条では、本部長を市長とするほか、本部の組織を。法第29条では本部長の権限を定め、法第31条においては、法に定めがあるもののほか、市の対策本部に関し必要な事項は条例で定めると規程されておりますことから、本条例案を提案させていただいたものでございます。


 条例案の内容でございますが、第1条では本条例の趣旨を。第2条では対策本部の組織について定め、第3条では、本部の会議について必要な事項を定めております。第4条では、本部長は、必要と認めるときは部を設置することができる旨の規定を。第5条では、現地対策本部に関する規定を定め、また、第6条では、本部長への委任事項を定めております。第7条では、第2条から第6条までの規程は、西脇市緊急対処事態対策本部について準用することといたしております。


 附則におきましては、この条例は公布の日から施行することといたしております。


 以上、簡単な説明となりましたが、よろしくご審議の上、原案にご賛同いただけますようお願い申し上げまして、提案説明を終わらせていただきます。


○議長(山上武司君) 藤原福祉生活部長。


○福祉生活部長(藤原逸朗君) 福祉生活部長です。


 それでは、議案第4号西脇市福祉年金条例の制定について、提案説明を申し上げます。


 障害者福祉年金及び児童扶養年金・母子福祉年金につきましては、合併協議会におきまして、現行のまま新市に引き継ぎ、新市において調整すると確認されていたため、今回、この条例を制定しようとするものでございます。


 条例の内容につきまして、条を追ってご説明を申し上げます。


 第1条は目的を。第2条は用語の定義を定めております。続いて、第3条では、年金の種類、受給権者及び額についてを定めております。年金の種類は、身体障害者福祉年金、身体障害児福祉年金、知的障害者福祉年金、知的障害児福祉年金、精神障害者福祉年金及び母子福祉年金と規定いたしております。受給権者は、西脇市の住民基本台帳に記載され、または外国人登録法の規定により西脇市の外国人登録原票に登録され、かつ1歳以上の者にあっては、1年以上の居住要件が必要といたしております。また、年金の額につきましては、旧西脇市の例により、表のとおり定めようとするものであります。第4条では、受給権の決定は、申請に基づき毎年4月1日で確定する旨を。第5条では年金額の改定について。第6条では受給権の消滅について、それぞれ規定をいたしております。第7条では支給日を。第8条では未支給年金について。第9条では併給調整について。第10条では報告の義務について。第11条では、虚偽の申請その他不正の行為により年金を受けた者に対する返還についてを、それぞれ規定いたしております。第12条では、この条例に定めるもののほか、必要な事項は市長が定めると規定いたしております。


 なお、附則におきまして、この条例は平成18年4月1日から施行することとし、附則第2項では、西脇市福祉年金条例及び黒田庄町福祉年金支給条例の廃止について。附則第3項では経過措置を定めております。


 続きまして、議案第5号西脇市敬老金支給条例の制定について、提案説明を申し上げます。


 敬老金支給事業につきましては、合併協議会において、新市において節目支給を検討し、再編すると確認されていたため、今回条例を制定しようとするものでございます。


 条例の内容につきまして、条を追ってご説明申し上げます。


 第1条で趣旨を。第2条では受給資格を定めており、西脇市の住民基本台帳に記載され、または外国人登録法の規定により、西脇市の外国人登録原票に登録されている方で、支給日において西脇市に居住し、9月15日現在において満77歳、満88歳、満99歳に該当する者に支給することを。第3条で受給資格の消滅要件を。また、第4条で敬老金の額を、満77歳には5,000円を、満88歳には3万円を、満99歳には5万円を支給することを。第5条で、支給時期を毎年9月とすることを。第6条で、この条例で定めるもののほか、必要な事項は市長が定めると規定いたしております。


 なお、附則におきまして、この条例は平成18年4月1日から施行することといたしております。


 次に、議案第6号西脇市健康づくり推進協議会条例の制定について、提案説明を申し上げます。


 この条例は、西脇市健康づくり推進協議会を設置し、委員に、健康づくりに関する重要事項を審議していただき、本市の健康づくりの事業を総合的かつ効果的に推進していこうとするものであります。


 なお、この協議会は地方自治法第138条の4第3項の規定に基づきます市長の附属機関として条例で定めるものであります。


 それでは、条例の内容につきまして、条を追ってご説明申し上げます。


 第1条では、西脇市健康づくり推進協議会を設置することを規定いたしております。


 第2条では、協議会の所掌事項について規定しておりますが、第1号から第4号までの事項について調査、審議し、その結果を市長に報告するとともに、必要な意見を具申することといたしております。第3条では、協議会は委員20人以内で組織することといたしており、第4条では、委員は、第1号から第5号までに掲げるもののうち、市長が任命し、または委嘱することといたしております。第5条では委員の任期を。第6条では会長及び副会長に関する事項について。第7条では会議の運営に関することについて。第8条では幹事に関することについて、それぞれ規定をいたしております。第9条では、協議会に専門的事項を調査研究するための専門部会を置くことができることとしており、同条から第12条まで、その専門部会に関する事項について規定いたしております。第13条では協議会の庶務担当について。第14条では委任規定を、それぞれ規定しております。


 なお、附則第1項におきまして、この条例は平成18年4月1日から施行することといたしております。また、附則第2項で、西脇市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正をいたしまして、委員の報酬を定めております。


 以上、3件の条例の制定につきまして、甚だ簡単な説明となりましたが、よろしくご審議の上、何とぞ原案にご賛同賜りますようお願い申し上げ、提案説明を終わります。


○議長(山上武司君) 内橋黒田庄地域総合事務所長。


○黒田庄地域総合事務所長(内橋敏彦君) 引き続きまして、議案第7号兵庫県立東はりま日時計の丘公園の利用料金を定める条例の制定について、ご説明を申し上げます。


 本案件につきましては、兵庫県が地方自治法第244条の2第3項の規定に基づき、県立日時計の丘公園の指定管理者として西脇市を選定するとともに、同条第8項の規定により、施設の利用に係る料金を指定管理者の収入として収受させる利用料金制度を採用されることから、本市の収入として当該料金を徴収するため、この条例を制定するものでございます。


 それでは、内容について、条文に沿ってご説明申し上げます。


 第1条は、この条例の趣旨について定めております。第2条では、利用料金の額は別表のとおりとし、その額については兵庫県との調整により、現行の料金どおりとなっております。続いて、第3条では利用料金の減免について。第4条では利用料金の不還付について規定をしております。第5条では、この条例に定めるもののほか必要な事項は市長が定めることとしております。


 附則では、この条例は規則で定める日から施行することを規定しております。


 以上、簡単な説明となりましたが、よろしくご審議賜り、原案に賛同いただきますようお願い申し上げまして、提案説明を終わります。


○議長(山上武司君) 遠藤企画総務部長。


○企画総務部長(遠藤隆義君) 議案第78号西脇市議会政務調査費の交付に関する条例の制定について、提案説明を申し上げます。


 本条例案は、市議会議員の調査研究に必要な経費として政務調査費を交付することに関し、必要な事項を定めようとするもので、地方自治法第100条第13項及び第14項の規定に基づき制定しようとするものでございます。


 条例の内容につきましては、第1条はこの条例の趣旨を。第2条では交付の対象について定め、所属議員1人の場合を含む会派に対して交付することを規定しております。第3条では交付額及び交付の方法について定めており、第1項では、毎年4月1日を基準日とし、所属議員数に年額4万4,500円を乗じた額を交付すること。第2項では、年度の途中において議員の任期が満了する場合の取り扱いを。第3項では、政務調査費は4月30日に一括交付すること。第4項では、年度途中において新たな会派が結成された場合の取り扱いについて規定しております。第4条では、所属議員数の異動に伴う調整方法を定めており、第1項では、年度途中において議員の辞職、失職、除名もしくは死亡または所属会派からの脱会により、所属議員の数に異動が生じた場合を。第2項では、年度途中において会派を解散した場合を。第3項では、政務調査費の交付、調整の方法等について、それぞれ規定しております。第5条では、使途基準について規定しており、別表のとおりでございます。第6条では経理責任者の設置を。第7条では収支報告書の提出を定めており、第1項では、収入及び支出の報告書の作成と議長への提出を。第2項では提出期限を。第3項では、会派の解散に伴う報告書の提出について、それぞれ規定しております。第8条では政務調査費の返還規定であり、年度内の支出において残金が生じた場合に返還することと規定しております。第9条では、収支報告書の保存及び閲覧について定めており、第1項では、保存の期限を5年を経過する日までとし、第2項は閲覧者について、それぞれ規定いたしております。第10条は委任を。


 また、附則では、この条例は平成18年4月1日から施行することを定めております。


 以上、簡単な説明となりましたが、よろしくご審議いただき、本案にご賛同いただきますようお願い申し上げまして、提案説明を終わります。


○議長(山上武司君) 理事者の説明は終わりました。


 本案8件につきましては、引き続き質疑に入るのが順序でありますが、審議の都合上、質疑は次の本会議で行いたいと思いますので、ご了承願います。


   ────────────────────────────────────


      ◎日程第5 議案第8号〜17号、79号


○議長(山上武司君) 次は日程第5、議案第8号西脇市部設置条例の一部を改正する条例の制定についてから議案第17号西脇市屋外体育施設条例の一部を改正する条例の制定についてまで、及び議案第79号西脇市立介護老人保健施設条例の一部を改正する条例の制定についての11件を一括議題とします。


 理事者からの提案理由の説明を求めます。


 遠藤企画総務部長。


○企画総務部長(遠藤隆義君) 議案第8号西脇市部設置条例の一部を改正する条例の制定について、提案説明を申し上げます。


 今回の部設置条例の一部改正につきましては、現在の企画総務部をふるさと創造部と総務部の二つに分割しようとするもので、ふるさと創造部につきましては、企画課、防災対策課、宅地分譲課に加え、現在、理事の特定業務であるまちづくり業務を担当するまちづくり課を新たに配置することとし、また、総務部につきましては、秘書広報課、総務課、財政課及び税務課の4課を配置することといたしております。


 ご高承のとおり、国、地方を通じた厳しい財政状況の中、負担と選択に基づき、それぞれの地域にふさわしい公共サービスを提供する分権型社会システムの構築が求められております。すなわち、地域のことは地域の決断と責任において対応し、行政のみならず住民やNPO等、地域が一体となって、個性と魅力あるふるさと西脇の創造と運営を行っていくというものでございます。


 ふるさと創造部の設置により、住民みずからが考え、実践していく各地区のまちづくりと、西脇市全体のふるさとづくりの融合を図り、これらを一体的に推進していくとともに、組織の簡素化が求められる中、あえて部を分割することで、業務執行責任の明確化のもと、各種政策の企画・実施において柔軟かつ迅速な意思決定と機動性を発揮できる体制とすることにより、今後ますます高度化・多様化する住民ニーズに即応できる組織整備を図ろうとするものでございます。


 また、部設置条例の条項の上では出ておりませんが、今回の組織の整備に当たっては、企画総務部の分割とともに、新たに行政経営室の設置を予定いたしております。


 現在、総務課、財政課、企画課等において担当しております事務の一部を抜き出し、これを行政経営部において集中的に取り組むもので、行政改革大綱や財政健全化計画等の策定を初め、事業評価システム等による点検・評価、組織・機構のあり方や事務改善の手法などについて研究等を行うとともに、各部署への指導、助言を行い、着実な改革の推進と健全な行政運営を行うための進行管理を図っていこうとするものでございます。


 以上、部設置条例の改正内容と行政経営部の概要をあわせてご説明させていただきまして、提案説明とさせていただきます。


 続きまして、議案第9号議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例の制定について、ご説明申し上げます。


 本条例は、国における障害者自立支援法の成立により、身体障害者福祉法に規定する身体障害者療護施設等の障害者を支援する施設が障害者支援施設に移行し、地方公務員災害補償法について所要の改正がなされたことに伴い、本市条例による補償を受けるべき非常勤職員について、同様の措置を行おうとするものでございます。


 その内容につきましては、第10条の2におきまして、介護補償の除外規定として、身体障害者療護施設その他これに準ずる施設として市長が定めるものに入所している場合とあったものを、障害者支援施設に入所している場合及び障害者支援施設に準ずる施設として市長が定めるものに入所している場合に改めようとするものでございます。


 なお、附則におきまして、この条例の施行期日を、改正後の地方公務員災害補償法の施行に合わせ、平成18年10月1日といたしております。


 続きまして、議案第10号西脇市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について、ご説明を申し上げます。


 昨年の人事院勧告に基づき、国におきましては、第2次の改定として給与構造の抜本的な改革がなされております。これにより、平成18年4月1日以降の職員給与につきましては、平均4.8%の大幅なマイナス改定となり、県下各自治体におきましても3月市議会において、国に準じた改定をすべく条例改正案を提出している状況でございます。


 本市におきましても、国に準じた給与改定を実施すべきものと判断し、本改正案を提出するものでございます。


 なお、地域手当の支給率につきましては、国の基準に準じ無支給地といたしておりますが、兵庫県の人事委員会において、今後3年をめどに民間給与の調査がなされる予定であると聞いておりますので、その時点において再度、地域の民間給与の実態を適切に反映できるよう検討を加えてまいりたいと考えております。


 それでは改正の内容でございますが、まず、第2条では、調整手当の名称を地域手当に改め、第7条から第9条までに規定しております昇格・降格に係る給料月額についての規定を規則で定めることとなったため、削除いたしております。第11条では、現行4月・7月・10月・1月の年4回の昇給月を、1月1日の年1回に統一し、通常の昇給の号給数を4号給とし、前年度末55歳以上の職員にあっては2号給を基準とするなど、新たな昇給制度について規定いたしております。また、第17条におきましては、医師に対する特例として、調整手当にかえて地域手当を支給する旨規定をいたしております。さらに、第26条のほか、調整手当の文言を地域手当に改め、第32条においては、勤勉手当の支給総額を定める場合の支給率を0.70カ月から0.725カ月に改めるものでございます。


 また、それぞれの給料表につきましても、別表第1から第3のように現行の1号給を4分割したものに改正し、不要となる別表第4の特定号給表を削除いたしております。


 なお、附則第1項ではこの条例の施行期日を。第2項から第9項までは、新給料表への切りかえなど改正に必要な給与制度上の措置を規定し、第10項では、平成22年3月31日までの間における医師に対する地域手当の特例を。第11項では、本条例の施行に関し必要な事項を規則へ委任するよう規定し、第12項では本条例の施行に伴い、西脇市職員の育児休業等に関する条例の関係規定を整備いたしております。


 続きまして、議案第11号西脇市職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例の制定について、ご説明を申し上げます。


 特殊勤務手当につきましては、危険、有害、不快あるいは過度の疲労など、職員が従事する業務の特殊性により、従来より支給してまいっております。しかしながら、現在の社会情勢や労働環境の改善等に伴い、支給根拠が変化してきております。このため、現在の特殊勤務手当のうち税務手当を廃止するとともに、看護業務手当につきましては給料月額の4%を支給しておりますが、これを月額5,000円の定額に改めるものでございます。


 なお、附則におきまして、この条例の施行期日を平成18年4月1日とし、同日以降の勤務について適用するものといたしております。


 以上、簡単な説明となりましたが、本案にご賛同いただきますようお願い申し上げ、提案説明を終わります。


○議長(山上武司君) 藤原福祉生活部長。


○福祉生活部長(藤原逸朗君) それでは、議案第12号西脇市福祉医療費助成条例の一部を改正する条例の制定について、提案説明を申し上げます。


 今回の改正は、兵庫県福祉医療費助成事業実施要綱の改定に伴い、西脇市の福祉医療費助成条例を改正するものでございます。


 現在の西脇市福祉医療費助成制度の老人医療費助成につきまして、65歳以上69歳以下の者で、本人が市民税非課税の者が対象となっております。


 このたび、国の地方税法の改正によりまして、65歳以上の者に対する非課税基準が見直され、従来非課税であった者の一部が課税対象となります。しかしながら、平成17年1月1日現在において年齢が65歳以上であり、前年の所得金額が125万円以下の者には、平成18年度と19年度の2カ年は市民税額が減額される経過措置が講じられます。


 このため、今回の改正は、これらの地方税法の経過措置対象者を引き続き老人医療費助成制度の対象者とする改正でございます。


 それでは、改正内容についてその概要をご説明申し上げます。


 第2条第15号は字句の訂正であります。


 次に、附則に(老人に係る所得による支給制限の特例)を加え、西脇市福祉医療費助成条例第4条第1号の所得による支給の制限を平成18年7月1日から平成20年6月30日までの間適用を除外し、引き続き老人医療費助成を行おうとするものであります。


 なお、附則におきまして、この条例は平成18年7月1日から施行することし、附則第2項では経過措置を定めております。


 続きまして、議案第13号西脇市介護保険条例の一部を改正する条例の制定について、提案説明を申し上げます。


 今回の改定は、平成18年から平成20年における3カ年の事業見直しにより介護保険料率を改定するとともに、介護保険法施行令の改正に伴い、西脇市介護保険条例第2条の第1号被保険者の区分が、これまで第1号から第5号の5段階区分であったものを、1号を加え、その区分を第1号から第6号の6段階に改めようとするものであります。


 具体的に各段階ごとの保険料率の改定について、ご説明申し上げます。


 第2条第1号の旧の第1段階でありますが、この区分の額が1万9,200円から2万5,800円に。次に、旧の第2段階2万8,800円は、新の第2段階2万5,800円と、新の第3段階3万8,700円に分かれます。


 なお、その条件は、旧の第2段階の条件は世帯全員が住民税非課税でありましたが、新の第2段階の条件は世帯全体が住民税非課税で、前年の合計所得金額の合計額が80万円以下となり、また、新の第3段階の条件は世帯全員が住民税非課税で、新の第2段階以外のものとなります。


 このように、旧の第2段階が二つに分かれたため、旧の第3段階以降の段階は1段階ずつずれることになります。すなわち、第3号中の改正前の額、すなわち旧の第3段階の3万8,400円は、第4号中の改正後の額、すなわち新の第4段階ですが、これが5万1,600円となります。以下同じように、旧の第4段階4万8,000円は新の第5段階6万4,500円に、旧の第5段階5万7,600円は、追加いたしました第6号、新の第6段階7万7,400円に改定しようとするものでございます。


 なお、新の第2、第3段階以外の段階区分の条件につきましては、新旧の段階が変わりましても同じであります。


 次に、介護予防事業を推進するために設置する地域包括支援センターにつきましては、このセンターの適切な運営を図るため、現在ある介護保険運営協議会で調整審議していただくべく事項を追加しようとするものでございます。


 なお、附則におきまして、この条例は平成18年4月1日から施行することといたし、さらに経過措置として、地方税法の規定による市町村民税の経過措置対象者等については、平成18年度及び平成19年度において保険料率等を減額することといたしております。


 以上、2件の条例改正につきまして、簡単で粗悪な説明になりましたが、その趣旨を十分ご理解いただき、よろしくご審議の上、原案のとおりご承認賜りますようお願い申し上げ、提案説明を終わります。


○議長(山上武司君) 内橋黒田庄地域総合事務所長。


○黒田庄地域総合事務所長(内橋敏彦君) 引き続きまして、議案第14号西脇市立東はりまフォルクスガーデン黒田庄条例の一部を改正する条例の制定について、ご説明を申し上げます。


 本施設の地場産品の即売業務につきましては、自主的な経営努力の発揮を求め、もってサービスの向上と施設の効率的運営を図るため、現在、受託団体である「やまぼうし」が市等から買い付けた地場産品を、入園者に即売するという方式をとっているところでございます。


 今回この条例を改正しようとするのは、別途の議案第47号によりご説明申し上げます本施設の指定管理者制度の導入に当たり、引き続きこの方式を採用し、指定管理者の独自事業として位置づけようとするものでございます。


 条文の内容につきましては、第3条の地場産品の展示即売を展示に改めるものでございます。


 附則により、平成18年4月1日から施行することといたしております。


 以上、簡単な説明となりましたが、よろしくご審議賜り、原案に賛同いただきますようお願い申し上げまして、提案を終わります。


○議長(山上武司君) 岡本建設経済部長。


○建設経済部長(岡本裕充君) 議案第15号北はりま田園空間博物館総合案内所条例の一部を改正する条例の制定について及び議案第16号西脇市営住宅条例の一部を改正する条例の制定についての2議案につきまして、ご説明申し上げます。


 まず、議案第15号北はりま田園空間博物館総合案内所条例の一部を改正する条例の制定についてにつきましては、多可郡3町合併により多可町が誕生したことを受け、所要の改正を行うものであります。


 改正の内容につきましては、第1条の町名の表記を中町、加美町、八千代町から多可町へと変更するものでございます。


 続きまして、議案第16号西脇市営住宅条例の一部を改正する条例の制定について、ご説明申し上げます。


 改正の内容につきましては、公募の例外としての特定入居について定めております第6条に係るものであります。


 まず、第5号の改正につきましては、引用法令の土地区画整理法の改正に伴い、第3条第3項もしくは第4項を、第3条第4項もしくは第5項に改めるものであります。


 次に、第7号の改正につきましては、同居親族の緩和が認められる者の範囲の拡大を図るため、公営住宅法施行令が改正されたことにより、必要な改正を行うものであります。


 以上、甚だ簡単な説明でございますが、よろしくご審議いただき、原案に賛同賜りますようお願いを申し上げまして、提案説明を終わらせていただきます。


○議長(山上武司君) 岡田教育部長。


○教育部長(岡田哲二君) 議案第17号西脇市屋外体育施設条例の一部を改正する条例の制定について、提案説明を申し上げます。


 このたびの一部改正につきましては、黒田庄総合運動公園の完成に際しまして、西脇市屋外体育施設条例に黒田庄総合運動公園の供用に係る事項を追加しようとするものでございます。


 第5条では、ただし書きを、黒田庄ふれあいスタジアムにあっては午前7時から午後9時30分までとすることに改め、現行のただし書きを第2項に規定するものでございます。


 次に、別表第1では、黒田庄グラウンドの次に黒田庄ふれあいスタジアムの名称及び位置を追加し、別表第2では、野球場及びテニスコートの使用料の額をそれぞれ定め、欄外の3におきましては、蛍の観賞期間においては照明設備の利用を制限することがある旨を定めております。


 附則におきまして、この条例の施行期日を平成18年4月1日から施行することといたしております。


 以上、甚だ簡単粗雑な説明となりましたが、よろしくご審議を賜り、原案にご賛同をいただきますようお願い申し上げまして、提案説明を終わります。


○議長(山上武司君) 浦川西脇病院事務局長。


○西脇病院事務局長(浦川芳昭君) 議案第79号西脇市立介護老人保健施設条例の一部を改正する条例の制定につきまして、ご説明申し上げます。


 本条例は、介護保険法の一部改正により、同法の定義規定の一部が第7条から第8条に移行したことに伴いまして、関係条文を整理しようとするものでございます。


 あわせまして、別表につきましても、介護保険法の一部改正に伴い、居宅支援サービスについて規定しておりました法律の規定が、介護予防サービスについて規定されることとなるため、当該規定を削るものでございます。


 いずれの改正につきましても、現行の老人保健施設事業の内容の変更を伴うものではございません。


 以上、まことに簡単な説明となりましたが、よろしくご承認賜りますようお願い申し上げ、提案説明を終わります。


○議長(山上武司君) 理事者の説明は終わりました。


 本案11件につきましても、引き続き質疑に入るのが順序でありますが、審議の都合上、質疑は次の本会議で行いたいと思いますので、ご了承願います。


   ────────────────────────────────────


      ◎日程第6 議案第18号〜31号


○議長(山上武司君) 次は日程第6、議案第18号平成18年度西脇市一般会計予算から議案第31号平成18年度西脇市立西脇病院事業会計予算まで、14件を一括議題とします。


 理事者からの提案理由の説明を求めます。


 多井助役。


○助役(多井俊彦君) ただいま上程されました議案第18号から31号までのうち、私は議案第18号から議案第28号までの11議案につきまして、ご説明を申し上げます。


 本案につきましては、新生西脇市として実質的な初の予算であります。編成に当たりましては経費の節減に努め、重点的・効率的な予算配分を行ったところであります。


 また、お断りをいたしておきますが、平成18年度予算と比較をしております前年度予算額は、平成17年10月の市町合併以降の新市の本予算でありますので、その旨あらかじめご了解をいただいておきたいと思います。


 それでは、議案第18号平成18年度西脇市一般会計予算から、順次ご説明を申し上げます。


 お手元の予算書1ページをごらんいただきたく存じます。


 第1条は、歳入歳出予算の総額を、歳入歳出それぞれ165億9,800万円に定めようとするものであります。


 旧市町の平成17年度当初予算の合計額との比較においては、20億4,260万円、11%の減となっております。


 次に、第2条の債務負担行為でありますが、8ページ第2表に記載いたしておりますとおり、地域福祉計画策定業務委託ほか2件について期間及び限度額を定め、債務を負担する行為ができるように定めるものであります。


 第3条地方債は、9ページ第3表に掲げておりますとおり、当初予算に計上いたしております事業等に係る起債の限度額等を定めようとするものであります。


 第4条の一時借入金は、本年度中における資金不足を補い、各種事業の円滑な執行を確保するため、その最高額を40億円に定めようとするものであります。


 第5条は、職員給与費に係る予算額に過不足を生じた場合において、同一款内での各項間の流用ができるよう定めるものであります。


 以上が、本予算の概要でありますが、続きまして歳入歳出予算の内容について、ご説明を申し上げます。


 まず、予算書40ページの歳出からご説明を申し上げます。


 第1款議会費は、1億9,113万8,000円を計上いたしました。


 42ページ、第2款総務費は17億4,660万1,000円を計上いたしております。新生西脇市の礎となります総合計画策定経費、市民憲章制定事業費を初め、茜が丘複合施設の建設に向けた計画策定経費、さらには税務、戸籍・住基、選挙関係経費等を計上いたしております。


 また、53ページではまちづくり推進費を新設し、参画と協働のまちづくりの一層の推進を図ることといたしております。


 65ページ、第3款民生費では41億1,726万7,000円を計上いたしております。地域福祉計画策定経費を初め、老人医療費などの高齢者福祉費及び保育所運営費、児童手当、乳幼児医療費など児童福祉費を計上いたしております。また、障害者自立支援法の施行に伴い、これまでの身体、知的、精神の3障害福祉費を障害者福祉費として整理をいたしました。


 さらに、台風23号で被災された方々の生活再建等を支援する災害援護費も引き続き計上いたしております。


 次に84ページ、第4款衛生費は24億1,134万2,000円を計上いたしております。病院事業会計への負担金を初め、西脇多可行政事務組合、北播磨清掃事務組合、北播衛生事務組合及び氷上多可衛生事務組合への負担金のほか、町ぐるみ健診費、環境保全対策費、県水受水に伴う上水道事業会計への出資金等を計上いたしております。


 93ページ、第5款労働費は2億4,644万3,000円で、勤労者住宅資金融資資金や西脇市多可郡広域シルバー人材センターへの補助金等を計上いたしております。


 96ページ、第6款農林水産業費は10億7,528万円で、危険ため池整備事業、羽安圃場整備、美しいむらづくり事業を初め、農業振興事業、地域環境保全型農業推進事業や都市間交流を推進する田園空間博物館事業費などを計上いたしております。


 106ページ、第7款商工費は2億457万3,000円で、北播磨地場産業開発機構への支援を初め、地域商業活性化支援事業、台風23号で被災された中小企業者に対する支援費、さらに、産官学連携商工業振興事業費や企業誘致促進事業費などを計上いたしております。


 109ページ、第8款土木費は19億9,582万3,000円を計上いたしております。山ろく開発交流広場整備事業のほか、排水路の改良工事、市道の改良・舗装工事費、下水道事業会計への繰出金等を計上いたしております。また本年度は、加古川激甚災害特別対策事業として、重春橋、重国橋の改良事業へ着手いたします。


 124ページ、第9款消防費は5億2,950万6,000円で、西脇多可行政事務組合負担金ほか、災害対策費として国民保護計画策定事業費、地域防災計画策定事業費、さらには、防災行政無線の設置に向けた調査設計経費等を計上いたしております。


 127ページ、第10款教育費は15億7,115万9,000円で、小・中学校及び幼稚園の下水道接続事業費、預かり保育、青少年の健全育成、人権教育、のじぎく兵庫国体推進事業費、また、黒田庄ふれあいスタジアム管理運営事業費等を計上いたしております。


 155ページ、第11款災害復旧費は存目計上であります。


 156ページ、第12款公債費は、償還元金、償還利子及び一時借入金利子等を含め18億2,289万2,000円を計上いたしております。


 157ページ、第13款諸支出金は、土地開発公社に対する事業資金貸付金6億5,577万6,000円であります。


 159ページ、第14款予備費は3,000万円を計上いたしました。


 以上が歳出予算の概要でありますが、160ページ以降に給与費明細書、債務負担行為に関する調書、地方債の現在高の見込みに関する調書を添付いたしておりますので、ご参照賜りたいと存じます。


 続きまして、歳入予算のご説明を申し上げます。


 説明書5ページをごらんをいただきたいと存じます。


 第1款市税は52億4,302万1,000円を計上いたしております。  なお、旧市町当初予算との比較においては、2億3,229万5,000円、4.2%の減となっております。これは、評価がえ等の影響により固定資産税が2億3,000万円程度減少すると見込んでいることが、その主な要因であります。


 8ページ、第2款地方譲与税は5億2,300万円を計上いたしております。これは、国庫補助金等の廃止による税源移譲により、所得譲与税の増を見込んでおります。


 9ページ、第3款利子割交付金、第4款配当割交付金、及び10ページの第5款株式等譲渡所得割交付金につきましては、収入見込みにより所要額を計上いたしております。


 第6款地方消費税交付金は4億2,900万円を、11ページ、第7款ゴルフ場利用税交付金は8,800万円を、第8款自動車取得税交付金は1億4,600万円を、それぞれ計上いたしております。


 12ページ、第9款地方特例交付金は6,500万円を見込んでおります。


 第10款地方交付税は、合併による措置額を含め、普通交付税と特別交付税を合わせて41億1,000万円を計上をいたしております。


 13ページ、第11款交通安全対策特別交付金は900万円を、第12款分担金及び負担金は3億1,431万7,000円を、それぞれ計上いたしております。


 15ページ、第13款使用料及び手数料は、3億7,110万7,000円の収入を見込んでおります。


 19ページ、第14款国庫支出金は7億7,324万5,000円を、22ページ、第15款県支出金では10億1,218万6,000円を計上しており、これらはいずれも歳出予算の特定財源として、それぞれ収入見込み額を計上したものであります。


 28ページ、第16款財産収入は2億2,442万8,000円を計上いたしております。


 30ページ、第17款寄附金は存目計上であります。


 第18款繰入金は、10億7,004万1,000円でありますが、このうち9億5,000万円は財政調整基金からの繰り入れであります。


 32ページ、第19款繰越金は存目計上であります。


 33ページ、第20款諸収入は12億5,323万5,000円の計上であります。


 最後に38ページ、第21款市債は、上水道事業出資金や山ろく開発事業などへの充当財源とするほか、地域環境保全型農業推進総合整備事業には合併特例債を予定し、また、減税補てん債、臨時財政対策債などで9億2,240万円を計上いたしております。


 以上により、歳入予算の総額は165億9,800万円となり、歳出予算との均衡を図った次第であります。


 次に、議案第19号平成18年度西脇市国民健康保険特別会計予算について、ご説明を申し上げます。


 予算書10ページをお開きいただきたいと存じます。


 第1条は、歳入歳出予算の総額を46億8,684万8,000円に定めようとするものであります。


 第2条では、保険給付費の各項に計上された予算額に過不足が生じた場合に応じて、これらの経費の各項間の流用ができるように定めたものであります。


 歳入歳出予算額の内容につきましては、予算説明書182ページ、第1款総務費は、国民健康保険事業に係る一般管理費及び運営協議会に要する経費で1億1,469万5,000円を。


 また、185ページ、第2款保険給付費では、一般被保険者及び退職被保険者等に係る療養給付費や高額医療費、出産育児一時金及び葬祭費等で33億6,050万円を計上いたしております。


 189ページ、第3款老人保健拠出金には7億8,410万円。


 190ページ、第4款介護納付金は2億7,934万7,000円。


 191ページ、第5款共同事業拠出金は、高額医療費の拠出金として1億835万1,000円を計上いたしております。


 192ページ、第6款保健事業費では、人間ドック、脳ドック受診者への助成等健康づくり事業や、本年度はヘルスアップ事業の実施経費等に2,427万9,000円を計上いたしております。


 193ページ、第7款諸支出金は保険税の還付金等を。


 195ページ、第8款基金積立金は財政調整基金利子積立金を。196ページ、第9款予備費は1,000万円を計上いたしております。


 次に歳入でありますが、173ページ、第1款国民健康保険税は、旧市町の前年度当初予算と比較しまして、6,443万4,000円減の14億1,233万6,000円を計上いたしております。


 第2款一部負担金は存目計上であります。


 174ページ、第3款使用料及び手数料は督促手数料を。


 第4款国庫支出金は、療養給付費等に係る国庫負担金及び財政調整交付金で14億2,175万3,000円を見込んでおります。


 175ページ、第5款県支出金は、高額医療費共同事業負担金及び県財政調整交付金等で2億6,641万9,000円を、176ページ、第6款療養給付費等交付金は9億4,813万9,000円を、177ページ、第7款共同事業交付金は9,920万円を、それぞれ計上いたしております。


 第8款財産収入は、財政調整基金積立金利子45万5,000円を。


 178ページ、第9款繰入金は、一般会計繰入金及び財政調整基金繰入金で、5億2,422万8,000円を計上いたしております。


 179ページ、第10款繰越金は存目計上であります。


 180ページ、第11款諸収入は、第三者納付金等で1,422万9,000円を計上し、収支の均衡を図った次第であります。


 次に、議案第20号平成18年度西脇市老人保健医療事業特別会計予算について、ご説明を申し上げます。


 予算書15ページをお開きいただきたいと存じます。


 第1条は、歳入歳出予算の総額を41億961万7,000円に定めようとするものであります。


 第2条は、医療諸費の項に計上された予算額に過不足を生じた場合において、これらの経費の流用ができるように定めるものであります。


 歳入歳出予算の内容につきましては、予算説明書210ページをごらんいただきたいと存じます。


 第1款総務費は、本事業の事務処理に要する経費として1,500万9,000円を。


 211ページ、第2款医療諸費では、老人医療に係る給付費等で40億9,410万6,000円を計上いたしております。


 212ページ、第3款諸支出金は償還金の存目計上であり、213ページ、第4款予備費には50万円を計上いたしております。


 次に歳入につきましては、206ページ、第1款支払基金交付金は22億4,925万3,000円を、第2款国庫支出金は、医療給付費に係る国庫負担金等で12億3,003万4,000円を、207ページ、第3款県支出金は、医療費給付分負担金等で3億694万2,000円を、208ページ、第4款繰入金は、一般会計からの繰入金として3億2,037万4,000円を、それぞれ計上いたしております。


 第5款繰越金は存目計上であります。


 209ページ、第6款諸収入は、交通事故等による第三者納付金等で301万3,000円を計上し、収支の均衡を図った次第でございます。


 次に、議案第21号平成18年度西脇市立学校給食センター特別会計予算について、ご説明を申し上げます。


 予算書18ページをお開きいただきたいと存じます。


 第1条は、歳入歳出予算の総額を3億5,949万2,000円に定めようとするものであります。


 歳入歳出予算の内容につきましては、予算説明書218ページをごらんをいただきたいと存じます。


 まず、第1款施設費は、給食センター職員の人件費及び施設管理経費で1億5,874万5,000円を。


 221ページ、第2款給食費は2億24万7,000円で、給食に必要な賄い材料費等であります。


 222ページ、第3款予備費は50万円を計上いたしております。


 次に、歳入でありますが、216ページ、第1款実費徴収金は1億9,773万3,000円を。


 第2款繰入金は一般会計繰入金で、1億6,175万6,000円を計上いたしております。


 217ページ、第3款繰越金、第4款諸収入は、いずれも存目計上であります。


 以上によりまして、収支の均衡を図った次第であります。


 次に、議案第22号平成18年度西脇市下水道特別会計予算について、ご説明を申し上げます。


 予算書21ページをお開きいただきたいと存じます。


 第1条は、歳入歳出予算の総額を22億9,752万8,000円に定めようとするものであります。


 第2条の地方債は、24ページ第2表に掲げておりますとおり、本年度の下水道事業に係る起債の限度額等を定めようとするものであります。


 第3条の一時借入金は、本年度中の資金不足を補い、事業の円滑な執行を確保するため、その借り入れの最高額を20億円に定めようとするものであります。


 歳入歳出予算の内容につきましては、予算説明書237ページの歳出からご説明を申し上げます。


 第1款総務費は、職員の人件費を初め、公共下水道施設の管理費及び流域下水道の維持管理負担金等で、2億2,995万7,000円を。


 240ページ、第2款事業費第1項公共下水道事業費は、汚水幹線整備及び面整備事業費として12億27万円を、241ページ、第2項流域下水道事業費では、負担金として694万2,000円を、それぞれ計上いたしております。


 242ページ、第3款公債費は、償還元金4億1,864万円及び利子4億3,571万9,000円並びに一時借入金利子300万円を含め、8億5,735万9,000円を計上いたしております。


 243ページ、第4款予備費は300万円の計上であります。


 次に、歳入でありますが、232ページ、第1款分担金及び負担金では、受益者負担金1億2,345万1,000円を、第2款使用料及び手数料では、公共下水道使用料等で3億811万6,000円を、233ページ、第3款国庫支出金では、公共下水道事業に係る国庫補助金1億6,100万円を、234ページ、第4款繰入金は、一般会計からの繰入金で7億3,575万7,000円を、それぞれ計上いたしております。


 第5款繰越金は存目計上であります。


 第6款諸収入は、消費税等還付金等で3,480万3,000円を、236ページ、第7款市債は、公共下水道事業債として9億2,790万円を、流域下水道事業債で650万円をそれぞれ計上し、収支の均衡を図った次第であります。


 次に、議案第23号平成18年度西脇市黒田庄地区下水道特別会計予算について、ご説明を申し上げます。


 予算書25ページをお開きいただきたいと存じます。


 第1条は、歳入歳出予算の総額を4億1,588万3,000円に定めようとするものであります。


 第2条の一時借入金は、本年度中の資金不足を補い、事業の円滑な執行を確保するため、その借り入れ最高額を3億5,000万円に定めようとするものであります。


 歳入歳出予算の内容につきましては、予算説明書257ページの歳出からご説明を申し上げます。


 第1款総務費は、職員の人件費を初め、公共下水道施設の維持管理費等で7,329万2,000円を。


 259ページ、第2款公債費は、償還元金2億3,147万9,000円及び利子1億961万2,000円並びに一時借入金利子50万円を含め、3億4,159万1,000円を計上いたしております。


 260ページ、第3款予備費は100万円の計上であります。


 次に、歳入でありますが、254ページ、第1款分担金及び負担金では、受益者負担金41万2,000円を、第2款使用料及び手数料では、下水道使用料等で8,804万1,000円を、255ページ、第3款繰入金は、一般会計からの繰入金で3億2,742万8,000円を、それぞれ計上いたしております。


 256ページ、第4款繰越金及び第5款諸収入は、いずれも存目計上であります。


 以上によりまして、収支の均衡を図った次第であります。


 次に、議案第24号平成18年度西脇市生活排水処理施設特別会計予算について、ご説明を申し上げます。


 予算書28ページをごらんをいただきたいと存じます。


 第1条は、歳入歳出予算の総額を6億5,794万円に定めようとするものであります。


 第2条の一時借入金は、本年度中における資金不足を補い、事業の円滑な執行を確保するため、その借り入れ最高限度額を5億円に定めようとするものであります。


 歳入歳出予算の内容につきましては、予算説明書277ページの歳出からご説明を申し上げます。


 第1款総務費は、職員の人件費を初め、農業集落排水施設及びコミュニティプラント施設の維持管理費等で、1億4,221万円を。


 281ページ、第2款事業費では、6,677万3,000円を計上いたしております。


 283ページ、第3款公債費では、償還元金2億7,145万9,000円及び利子1億7,449万8,000円並びに一時借入金利子100万円を計上いたしております。


 284ページ、第4款予備費は200万円を計上いたしております。


 次に、歳入につきましては、270ページ、第1款分担金及び負担金では、本事業に係る地元分担金132万円を、第2款使用料及び手数料は、処理施設使用料等で9,019万1,000円を、272ページ、第3款県支出金は、西脇中畑地区の処理施設機能強化事業に対する県補助金2,474万5,000円を、273ページ、第4款財産収入は基金積立金利子42万7,000円を、第5款繰入金は、一般会計繰入金及び基金繰入金で5億3,924万8,000円を、それぞれ計上いたしております。


 274ページ、第6款繰越金は存目計上であります。


 275ページ、第7款諸収入は、預託金元利収入等で200万8,000円を計上し、収支の均衡を図った次第であります。


 続いて、議案第25号平成18年度西脇市老人保健施設特別会計予算について、ご説明を申し上げます。


 予算書31ページをお開きいただきたいと存じます。


 第1条は、歳入歳出予算の総額を4億9,284万円に定めようとするものであります。


 第2条は、職員給与費に係る予算額に過不足を生じた場合において、同一款内での各項間の流用ができるように定めるものであります。


 歳入歳出予算の内容につきましては、予算説明書298ページの歳出でありますが、第1款事業費では、入所者等の看護及び介護に要する経費、並びに在宅介護支援センターの運営費等で3億9,020万8,000円を、303ページ、第2款公債費では、起債の償還元金4,655万8,000円及び利子5,307万4,000円を、304ページ、第3款予備費には300万円を、それぞれ計上いたしております。


 次に、歳入につきましては、295ページ、第1款サービス収入は、施設介護サービス収入等で3億5,413万5,000円を計上いたしております。


 296ページ、第2款使用料及び手数料は11万7,000円を、第3款繰入金は、一般会計からの繰入金で1億2,536万9,000円を、それぞれ計上いたしております。


 第4款繰越金は存目計上であります。


 297ページ、第5款諸収入は1,321万8,000円を見込み、収支の均衡を図った次第であります。


 次に、議案第26号平成18年度西脇市公営墓地特別会計予算について、ご説明を申し上げます。


 予算書34ページをお開きいただきたいと存じます。


 第1条は、歳入歳出予算の総額を668万7,000円に定めようとするものであります。


 歳入歳出予算の内容につきましては、まず歳出でありますが、予算説明書317ページ、第1款総務費では、一般管理経費63万2,000円を、318ページ、第2款事業費では、公営墓地の管理経費等で405万5,000円を、319ページ、第3款予備費は200万円を、それぞれ計上いたしております。


 次に、歳入につきましては、314ページ、第1款使用料及び手数料は、墓地使用料等で536万円を。


 315ページ、第2款財産収入は、基金積立金利子で6万5,000円を計上いたしております。


 第3款繰入金及び第4款繰越金は存目計上であります。


 316ページ、第5款諸収入は、公営墓地永代使用資金融資預託金の元利収入等で126万円を計上し、収支の均衡を図りました。


 次に、議案第27号平成18年度西脇市介護保険特別会計予算について、ご説明を申し上げます。


 予算書37ページをお開きいただきたいと存じます。


 第1条は、歳入歳出予算の総額を29億5,423万2,000円に定めようとするものであります。


 第2条では、保険給付費の各項に計上された予算額に過不足を生じた場合において、これらの経費の各項間の流用ができるように定めるものであります。


 歳入歳出予算の内容につきましては、予算説明書330ページをごらんいただきたいと存じます。


 第1款総務費は、職員の人件費、介護認定審査会経費等で1億359万8,000円を。


 334ページ、第2款保険給付費は、居宅及び施設での介護サービス給付費等で27億3,573万6,000円を計上いたしております。


 338ページ、第3款財政安定化基金拠出金は297万3,000円を、339ページ、第4款諸支出金は78万2,000円を、340ページ、第5款基金積立金では、財政調整基金積立金等で906万円を計上いたしております。


 次に341ページ、第6款地域支援事業費につきましては、介護保険法の改正によりまして、要支援・要介護状態になることを予防するために、老人保健事業及び高齢者福祉事業等を包括的・継続的に行うため、市が実施する事業として新設をするものであります。


 第1項介護予防事業費は、特定及び一般高齢者施策事業費として1,458万9,000円を、342ページ、第2項包括的支援事業・任意事業費には、包括支援センター運営事業費、総合相談事業費等で2,090万3,000円を、344ページ、第3項地域支援事業総務費は2,777万2,000円を、第4項新予防給付ケアマネジメント事業費には2,715万2,000円を、それぞれ計上いたしております。


 346ページ、第7款公債費は、財政安定化基金借入金償還金として666万7,000円を。


 347ページ、第8款予備費は500万円を計上いたしております。


 次に、歳入でありますが、322ページ、第1款保険料は5億4,096万円を計上いたしております。議案第13号において提案いたしましたとおり、国の制度改正による第1号被保険者負担割合の増及び給付費の見込み増等に対応するため、本年度はやむなく保険料の見直しをすることといたしております。


 第2款使用料及び手数料は2万2,000円を。


 323ページ、第3款国庫支出金は、介護給付費等に係る国庫負担金、地域支援事業交付金及び財政調整交付金等で7億1,761万7,000円を計上いたしております。


 324ページ、第4款県支出金では、介護給付費負担金及び地域支援事業交付金として3億5,196万9,000円を、325ページ、第5款支払基金交付金は介護給付費交付金等で8億5,234万3,000円を、それぞれ計上いたしております。


 第6款財産収入は財政調整基金積立金利子1万2,000円を、326ページ、第7款繰入金は、一般会計からの繰入金で4億5,985万7,000円を、327ページ、第8款諸収入は、実費徴収金等で3,145万1,000円を、329ページ、第9款繰越金は存目計上し、収支の均衡を図った次第であります。


 最後に、議案第28号平成18年度西脇市茜が丘宅地供給事業特別会計予算について、ご説明を申し上げます。


 予算書41ページをお開きいただきたいと存じます。


 第1条は、歳入歳出予算の総額を2億1,798万7,000円に定めようとするものであります。


 歳入歳出予算の内容につきましては、予算説明書360ページの歳出でありますが、第1款事業費は、宅地分譲用地等購入費等で2億1,768万7,000円を。


 362ページ、第2款予備費は30万円を計上いたしております。


 次に、歳入でありますが、358ページ、第1款繰入金は、一般会計からの繰入金7,070万5,000円を。


 第2款財産収入では、分譲住宅売却収入として1億4,728万1,000円を。


 第3款諸収入は存目計上し、収支の均衡を図った次第であります。


 以上、一般会計ほか10特別会計の合計11議案について、まことに概括的な説明となりましたが、よろしくご審議を賜り、原案にご賛同賜りますようよろしくお願い申し上げまして、提案説明を終わります。


○議長(山上武司君) 提案説明の途中でありますが、この際、昼食のため休憩をします。


 なお、再開は午後1時10分とします。


            午後0時06分 休憩





            午後1時08分 再開


○議長(山上武司君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。


 今中上下水道部長。


○上下水道部長(今中敏一君) 議案第29号及び議案第30号の2企業会計予算につきまして、提案理由をご説明申し上げます。


 まず、議案第29号平成18年度西脇市水道事業会計予算につきまして、ご説明申し上げます。


 本市水道事業は、旧西脇市と旧黒田庄町との料金格差が大きく、料金の統一が困難な状態から、合併後も当面の間は事業統合は行わず、西脇地区水道事業と黒田庄地区水道事業の2事業といたしておるわけでございますが、将来の統合を視野に会計業務は統合し、本予算を上程させていただいておりますことを、まずご認識をいただきますようお願いいたします。


 それでは、予算書によりご説明申し上げます。


 まず、1ページをお開きください。


 第2条は業務の予定量でございます。給水戸数は1万5,500戸、年間給水量を494万9,500立方メートル、1日平均給水量は1万3,560立方メートルとそれぞれ予定し、主な建設改良事業として原水浄水設備改良工事に672万円、配水設備工事費に10億8,808万4,000円を予定いたしております。


 第3条は収益的収入及び支出でございます。


 収入は、営業収益を9億3,178万6,000円、営業外収益を3,659万8,000円、特別利益を1,000円とし、水道事業収益予定総額を9億6,838万5,000円と定めました。


 支出は、営業費用を8億363万8,000円、営業外費用を1億4,239万1,000円、特別損失を10万円、予備費を700万円とし、水道事業費用予定総額を9億5,312万9,000円と定めるものでございます。


 第4条は、資本的収入及び支出でございます。


 収入は、企業債を1億1,290万円、県水受水施設整備事業に伴う一般会計出資金及び国庫補助金をそれぞれ1億1,100万円、負担金を5億8,733万3,000円、給水分担金を2,483万2,000円、固定資産売却代金を1万円とし、資本的収入予定総額を9億4,707万5,000円と定め、支出は、建設改良費に11億7,808万6,000円、企業債償還金に1億2,586万5,000円とし、資本的支出予定総額を13億395万1,000円と定め、資本的収入額が資本的支出額に対して不足する3億5,687万6,000円につきましては、消費税資本的収支調整額等で補てんするものでございます。


 第5条は、県水受水施設整備事業に係る企業債の限度額を1億1,290万円と定めるほか、起債の方法、利率、償還の方法を記載のとおり定めるものでございます。


 第6条は、一時借入金の限度額を5億円と定め、第7条は職員給与費を1億7,832万7,000円と定め、第8条は棚卸資産購入限度額を2,188万円と定めるものでございます。


 なお、予算書に関する説明書を添付いたしておりますので、ご参照賜りますようお願い申し上げます。


 引き続き、議案第30号平成18年度西脇市簡易水道事業会計予算につきまして、ご説明申し上げます。


 本年度も安定供給と維持管理の充実を図り、さらに一層の経費節減により、経営の健全化に努めてまいります。


 それでは、予算書によりご説明申し上げます。


 まず、1ページをお開きください。


 第2条は業務の予定量でございます。給水戸数は635戸、年間給水量を24万立方メートル、1日平均給水量は658立方メートルとそれぞれ予定し、主な建設改良事業として原水浄水設備改良工事に157万5,000円、配水設備工事費に150万円を予定いたしております。


 第3条は収益的収入及び支出でございます。


 収入は、営業収益を4,082万7,000円、営業外収益を88万5,000円、特別利益を1,000円とし、簡易水道事業収益予定総額を4,171万3,000円と定めました。


 支出は、営業費用を2,570万7,000円、営業外費用を723万8,000円、特別損失を1,000円、予備費を100万円とし、簡易水道事業費用予定総額を3,394万6,000円と定めるものでございます。


 第4条は、資本的収入及び支出でございます。


 収入は、給水分担金を63万円、他会計借入金を1,581万6,000円とし、資本的収入予定総額を1,644万6,000円と定め、支出は、建設改良費に317万5,000円、企業債償還金に1,977万円とし、資本的支出予定総額を2,294万5,000円と定め、資本的収入額が資本的支出額に対して不足する649万9,000円につきましては、消費税資本的収支調整額等で補てんするものでございます。


 第5条は、一時借入金の限度額を1億円と定め、第6条は職員給与費を828万8,000円と定め、第7条は、繰越利益剰余金を取り崩し、減債積立金に88万6,000円を積み立て、第8条は、棚卸資産購入限度額を41万8,000円と定めるものでございます。


 なお、予算書に関する説明書を添付いたしておりますので、ご参照賜りますようお願い申し上げます。


 以上、2企業会計の平成18年度予算につきまして、概略的な説明となりましたが、よろしくご審議賜り、原案どおり可決いただきますようお願い申し上げ、提案説明を終わります。


○議長(山上武司君) 浦川西脇病院事務局長。


○西脇病院事務局長(浦川芳昭君) 議案第31号平成18年度西脇市立西脇病院事業会計予算について、ご説明申し上げます。


 予算の内容でございますが、1ページの第2条業務の予定量は、病床数320床、延べ患者数は入院10万7,310人、外来21万9,600人、1日平均患者数は、入院294人、外来900人とし、主要な建設改良事業としたしましては、西脇病院改築事業10億6,324万9,000円、医療機器の整備事業は8億7,989万8,000円を予定しております。


 第3条収益的収入及び支出につきましては、5ページの予算実施計画をごらんいただきたいと存じます。


 収入では、第1款病院収益第1項医業収益の入院収益は38億1,465万5,000円を、外来収益は15億3,480万2,000円をそれぞれ計上し、その他医業収益は、高度医療に係る一般会計負担金等4億3,452万円を計上いたしました。


 また、第2項医業外収益は、企業債利息に係る一般会計負担金、病院群輪番制国県補助金など9,500万4,000円を。


 第3項特別収益は201万円を計上し、収入予定総額は58億8,099万1,000円といたしております。


 次に、支出でありますが、第1款病院費用第1項医業費用では56億9,185万5,000円を。


 第2項医業外費用は、企業債等の支払い利息など1億5,607万1,000円。


 第3項特別損失は、過年度費用など414万5,000円。


 第4項予備費1,000万円を計上し、支出予定総額は58億6,207万1,000円といたしております。


 これによりまして、収支差し引き1,892万円の当年度純利益の見込みであります。


 次に、第4条の資本的収入及び支出でありますが、収入の第1項企業債は、病院改築及び医療機器の整備に係る企業債18億1,740万円。


 第2項負担金は、建設改良に係る企業債償還元金の一般会計負担金1億2,251万3,000円を計上し、収入予定総額を19億3,991万3,000円とするものであります。


 次に支出では、第1項建設改良費において、病院改築事業費、情報システム整備費等に10億6,324万9,000円、リニアック照射装置など医療機器整備に8億7,989万8,000円を。


 第2項企業債償還元金には2億8,856万3,000円を計上し、支出予定総額は22億3,171万円といたしております。


 これにより、収支差し引き2億9,179万7,000円は、損益勘定留保資金で補てんすることといたしております。


 次に、予算書3ページの第5条債務負担行為につきましては、医療機器整備についての期間及び限度額を。


 第6条企業債では、病院改築事業、医療機器整備事業及び情報システム整備事業に係る企業債の限度額、起債の方法を定め、4ページ、第7条一時借入金は、本年度の借り入れ限度額を20億円と定めるものであります。


 また、第8条議会の議決を経なければ流用することのできない経費といたしましては職員給与費及び交際費を定め、第9条棚卸資産購入限度額では、薬品等それぞれの購入限度額を定め、第10条の重要な資産の取得及び処分につきましては、リニアック照射装置等の購入を予定しております。


 なお、12ページ以降に資金計画、給与明細書、継続費に関する調書、債務負担行為に関する調書及び予定貸借対照表等を添付いたしておりますので、ご高覧いただきたいと存じます。


 以上、まことに概括的な説明となりましたが、よろしくご審議いただき、原案にご賛同いただきますようお願い申し上げ、提案説明を終わります。


○議長(山上武司君) 理事者の説明は終わりました。


 本案14件についても、引き続き質疑に入るのが順序でありますが、審議の都合上、質疑は次の本会議で行いたいと思いますので、ご了承願います。


   ────────────────────────────────────


      ◎日程第7 議案第32号〜43号


○議長(山上武司君) 次は日程第7、議案第32号平成17年度西脇市一般会計補正予算(第1号)から議案第43号平成17年度西脇市立西脇病院事業会計補正予算(第1号)まで、12件を一括議題とします。


 理事者からの提案理由の説明を求めます。


 多井助役。


○助役(多井俊彦君) ただいま上程されました議案第32号から議案第41号まで補正予算案10件につきまして、ご説明を申し上げます。


 まず、議案第32号平成17年度西脇市一般会計補正予算(第1号)でありますが、第1条は、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ6億3,050万8,000円を減額し、その総額を124億6,749万2,000円に改めようとするものであります。


 第2条繰越明許費につきましては、諸般の事情により、やむなく翌年度へ繰り越す必要が生じました事業について、地方自治法第213条第1項の規定に基づき、翌年度への繰り越しの措置をお願いするものであります。繰り越しをしようとする事業は5ページ第2表に掲げておりますとおり、上水道広域化出資事業ほか6件であります。


 第3条は地方債の補正でありますが、6ページ第3表に掲げておりますとおり、起債対象事業費の確定見込みに伴い、起債の限度額等について変更するものであります。


 それでは、歳入歳出予算の補正の内容につきまして、補正予算説明書により、歳出からご説明を申し上げます。


 説明書12ページ、第2款総務費におきましては、勧奨退職等に伴う退職手当組合負担金及び公共施設整備基金の積立金等を追加するほか、不用見込み額を減額補正するものであります。


 16ページ、第3款民生費では、国民健康保険特別会計ほか2特別会計への繰出金を追加するほか、事業費の確定見込みに伴う補正であります。


 19ページ、第4款衛生費第1項保健衛生費は、播磨内陸医務事業組合負担金、旧西脇市斎場施設解体工事費等の不用見込み額を減額し、人間ドック助成金及び老人保健施設特別会計繰出金を追加するものであります。


 20ページ、第2項清掃費は、北播衛生事務組合負担金等の不用見込み額をそれぞれ減額補正し、21ページ第3項病院費では、新病院建設に係る建設改良に要する病院会計負担金等を補正するものであります。


 22ページ、第6款農林水産業費は、県営中山間地域総合整備事業、美しいむらづくり事業において工事費を追加し、また、生活排水処理施設特別会計繰出金不用見込み額等を減額補正するものであります。


 24ページ、第8款土木費は、上野上戸田線道路改良事業等の精算見込みに伴う工事費の減額等を、下水道事業への繰出金は、事業清算により繰出金の調整を図るものであります。


 27ページ、第9款消防費では、事業費の確定に伴い、洪水ハザードマップ作成業務委託料等を減額補正するものであります。


 28ページ、第10款教育費では、不用見込み額を減額補正するほか、学校給食センター特別会計繰出金を追加するものであります。


 31ページ、第12款公債費は、市債償還利子の減額及び市債発行手数料を追加補正するものであります。


 32ページ、第13款諸支出金では、旧市町決算の確定に伴い、旧市町借入金返済金を減額補正するものであります。


 以上が、歳出予算の補正の概要でありますが、33ページに給与費明細書補正、及び35ページに地方債の現在高見込みに関する調書をそれぞれ添付いたしておりますので、ご参照賜りたいと存じます。


 続きまして、歳入でありますが、3ページ、第11款分担金及び負担金では、県営土地改良事業分担金等をそれぞれ減額し、第12款使用料及び手数料では、減収見込み額を補正するものであります。


 4ページ、第13款国庫支出金、及び5ページ、第14款県支出金は、歳出予算の事業費確定に伴い、それぞれ補正するものであります。


 7ページ、第17款繰入金第1項特別会計繰入金では、旧市町借入金返済金等に係る特別会計からの繰入金を、第2項基金繰入金では、財政調整基金繰入金等を減額補正するものであります。


 8ページ、第18款諸収入では、土地開発公社貸付金元利収入を減額するほか、所要の補正を行うものであります。


 最後に10ページ、第19款市債は事業費の確定見込みに伴う補正であります。


 以上によりまして、歳入歳出予算の収支の均衡を図った次第であります。


 続きまして、特別会計の補正予算について、ご説明を申し上げます。


 まず、議案第33号平成17年度西脇市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)でありますが、第1条で、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ8,629万8,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を30億6,354万円に改めようとするものであります。


 歳入歳出予算の補正の説明につきましては、補正予算説明書により歳出からご説明を申し上げます。


 説明書43ページをごらんいただきたいと存じます。


 第2款保険給付費は出産育児一時金不用額の減額を、44ページ、第6款保険事業費は一般会計繰出金を追加しようとするものであります。


 45ページ、第7款諸支出金は、旧市町決算の確定に伴い、旧市町借入金返済金を減額補正するものであります。


 次に、歳入につきましては、38ページ、第4款国庫支出金、及び40ページ、第6款療養給付費交付金で過年度分を追加補正するほか、収入見込みに合わせ、それぞれ補正するものであります。


 41ページ、第9款繰入金では、一般会計繰入金等について所要の補正を行い、歳入歳出予算の収支の均衡を図った次第であります。


 次に、議案第34号平成17年度西脇市老人保健医療事業特別会計補正予算(第1号)について、ご説明を申し上げます。


 第1条は、歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ7,964万2,000円を追加し、その総額を22億5,744万2,000円に改めようとするものであります。


 歳入歳出予算の補正の内容につきましては、補正予算説明書50ページでありますが、第2款医療諸費は、医療費の見込みにより医療給付費を追加補正し、51ページ、第3款諸支出金では、旧市町決算の確定に伴い、旧市町借入金返済金を減額補正するものであります。


 歳入につきましては、48ページ、第1款支払基金交付金から、49ページ、第4款繰入金まで、歳出予算に合わせ所要の補正を行い、歳入歳出予算の収支の均衡を図った次第であります。


 続きまして、議案第35号平成17年度西脇市立学校給食センター特別会計補正予算(第1号)についてであります。


 第1条は、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ1,400万円を減額し、歳入歳出予算の総額を2億1,434万7,000円に改めようとするものであります。


 歳入歳出予算の補正の内容につきましては、補正予算説明書55ページ、第2款給食費で、賄い材料費等の不用額を減額し、歳入につきましては、54ページ、第1款実費徴収金、及び第2款繰入金で所要の補正を行い、歳入歳出予算の収支の均衡を図った次第であります。


 次に、議案第36号平成17年度西脇市下水道特別会計補正予算(第1号)について、ご説明を申し上げます。


 第1条は、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ1億7,204万8,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を30億4,890万7,000円に改めるものであります。


 第2条繰越明許費につきましては、地方自治法第213条第1項の規定に基づき、公共下水道事業費の翌年度への繰り越し措置をお願いするものであります。


 第3条は地方債の補正で、5ページ第3表に記載をいたしておりますとおり、起債の限度額を変更するものであります。


 歳入歳出予算の補正につきましては、補正予算書62ページをごらんいただきたいと存じます。


 第1款総務費では、加古川上流域流域下水道維持管理負担金等を追加するほか、維持管理費等の減額補正を。


 63ページ、第2款事業費は、事業費の確定見込みに合わせ減額補正を。


 65ページ、第3款公債費では無利子貸付金償還元金を追加し、66ページ、第4款諸支出金では、旧市町決算の確定に伴い、旧市町借入金返済金を減額補正するものであります。


 なお、67ページに地方債の現在高の見込みに関する調書を添付いたしておりますので、ご参照賜りたいと存じます。


 次に、歳入につきましては、58ページ、第1款分担金及び負担金、及び第2款使用料及び手数料では収入見込みを、59ページ、第3款国庫支出金では、無利子貸付金償還元金への補助金等を、それぞれ補正いたしております。


 60ページ、第4款繰入金、第5款諸収入、及び61ページ、第7款市債では、事業費の確定見込みに合わせた補正を行い、歳入歳出予算の収支の均衡を図った次第であります。


 続きまして、議案第37号平成17年度西脇市黒田庄地区下水道特別会計補正予算(第1号)について、ご説明を申し上げます。


 第1条は、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ161万円を減額し、歳入歳出予算の総額を2億1,770万8,000円に改めようとするものであります。


 歳入歳出予算の補正の内容につきましては、補正予算書72ページでありますが、第1款総務費では消費税等納付金を追加するほか、維持管理費等の確定見込みに合わせ、減額補正をするものであります。


 次に、歳入につきましては、70ページ、第1款分担金及び負担金、第2款使用料及び手数料、及び71ページ、第3款繰入金は収入見込みを、第4款諸収入では、旧市町の決算に伴う剰余金の追加補正を行い、歳入歳出予算の収支の均衡を図ったところであります。


 次に、議案第38号平成17年度西脇市生活排水処理施設特別会計補正予算(第1号)についてであります。


 第1条は、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ4,238万8,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を5億5,026万7,000円に改めるものであります。


 第2条地方債の補正は、4ページ第2表に記載いたしておりますとおり、起債の限度額を変更するものであります。


 歳入歳出予算の補正の内容につきましては、補正予算書80ページをごらんいただきたいと存じます。


 第1款総務費では不用見込み額等の補正を。


 81ページ、第2款事業費では事業の確定見込みに伴う減額を。


 82ページ、第4款諸支出金は、旧市町決算の確定に伴い、旧市町借入金返済金を減額補正するものであります。


 なお、83ページに地方債の現在高の見込みに関する調書を添付いたしておりますので、ご参照賜りたいと存じます。


 次に、歳入につきましては、75ページ、第1款分担金及び負担金、及び第2款使用料及び手数料では収入見込み額を。


 76ページ、第3款県支出金、77ページ、第5款繰入金、及び79ページ、第7款市債は、事業の確定見込みに合わせた減額補正を。


 その他は所要の補正を行い、歳入歳出予算の収支の均衡を図った次第であります。


 次に、議案第39号平成17年度西脇市老人保健施設特別会計補正予算(第1号)について、ご説明を申し上げます。


 第1条は、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ379万1,000円を減額し、その総額を2億6,809万5,000円に改めるものであります。


 歳入歳出予算の補正の内容についてでありますが、補正予算書88ページ、第1款事業費では、不用見込み額を減額補正するものであります。


 歳入につきましては、86ページ、第1款サービス収入、及び87ページ、第4款繰入金において、収入見込み額に合わせた補正を行い、歳入歳出予算の収支の均衡を図ったところであります。


 次に、議案第40号平成17年度西脇市公営墓地特別会計補正予算(第1号)について、ご説明をいたします。


 第1条は、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ268万円を追加し、その総額を742万3,000円に改めようとするものであります。


 歳入歳出予算の補正の内容につきましては、補正予算書92ページ、第2款事業費で公営墓地基金積立金を増額し、歳入につきましては、91ページ、第1款使用料及び手数料の追加補正を行い、歳入歳出予算の収支の均衡を図ったところであります。


 最後に、議案第41号平成17年度西脇市介護保険特別会計補正予算(第1号)について、ご説明を申し上げます。


 第1条は、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,370万6,000円を追加し、その総額を16億3,805万9,000円に改めるものであります。


 第2条地方債は、4ページ第2表に記載しておりますとおり、兵庫県財政安定化基金から借り入れる資金について、起債の目的、限度額等を定めようとするものであります。


 歳入歳出予算の補正の内容につきましては、補正予算書98ページをごらんいただきたいと存じます。


 第1款総務費は、介護認定審査会負担金不用見込み額の減額補正を。


 99ページ、第2款保険給付費は、居宅介護サービス給付費の追加補正を行うものであります。


 歳入につきまして、95ページ、第1款保険料は減収見込みを。


 第3款国庫支出金は、介護保険システム改修事業費補助金の追加を。


 96ページ、第7款繰入金では、一般会計及び基金繰入金を減額補正するものであります。


 97ページ、第8款諸収入は、旧市町の決算に合わせ、剰余金の追加を。


 第9款市債は、歳入不足を補てんするため、兵庫県財政安定化基金貸付金を借り受けようとするものであります。


 以上によりまして、歳入歳出予算の収支の均衡を図った次第であります。


 以上、補正予算10件につきまして、まことに概括的な説明でありますが、よろしくご審議いただき、ご賛同賜りますようにお願い申し上げます。


○議長(山上武司君) 今中上下水道部長。


○上下水道部長(今中敏一君) 議案第42号平成17年度西脇市水道事業会計補正予算(第1号)について、提案理由をご説明申し上げます。


 今回の補正予算は決算見込みにより行うものでございます。


 それでは、予算書によりご説明申し上げます。


 第2条は業務の予定量の補正でございます。主要な建設改良事業におきまして、事業の確定により、原水浄水設備改良工事で800万円、配水設備工事で1億9,000万円を、それぞれ減額するものであります。


 第3条は収益的収入及び支出の補正でございます。


 収入は、営業収益で受託工事収益の減により219万5,000円を減額し、水道事業収益予定総額を4億8,580万円とするものであります。


 支出は、営業費用で動力費、薬品費等の減により2,178万3,000円を減額し、営業外費用で消費税の減により400万円を減額し、水道事業費用予定総額を5億3,628万1,000円とするものであります。


 第4条は、資本的収入及び支出の補正でございます。


 収入は、当初借り入れ予定の企業債を2億2,800万円減額し、工事負担金を2,858万1,000円増額し、資本的収入予定総額を9億8,450万5,000円とするものであります。


 支出は、事業の確定により、建設改良費で2億2,045万9,000円を減額し、資本的支出予定総額を10億9,290万2,000円とするものであります。


 第5条は企業債の補正で、県水受水施設整備事業に係る企業債の限度額を2億2,800万円減額し、第6条利益剰余金の処分の補正は、減債積立金を減額するものでございます。


 なお、予算書に関する説明書を添付いたしておりますので、ご参照賜りますようお願い申し上げます。


 平成17年度水道事業会計補正予算につきまして、概括的な説明となりましたが、よろしくご審議賜り、原案どおり可決いただきますようお願い申し上げ、提案説明を終わります。


○議長(山上武司君) 浦川西脇病院事務局長。


○西脇病院事務局長(浦川芳昭君) 議案第43号平成17年度西脇市立西脇病院事業会計補正予算(第1号)について、ご説明申し上げます。


 本補正予算の主な内容は、主要な建設改良事業の病院改築事業を15億7,757万4,000円に改めようとするものでございます。


 次に、第3条収益的収入及び支出の補正につきましては、5ページの実施計画をごらんいただきたいと存じます。


 病院収益において、第1項医業収益で、その他医業収益の一般会計負担金の精査見込み額の確定に伴う額を計上いたしました。


 第2項医業外収益も、一般会計負担金の精査見込み額の確定に伴う補正であります。


 以上の結果、補正予定額は742万7,000円の減額となったところであります。


 また、病院費用においても956万2,000円を減額しようとするものでございまして、第2項医業外費用で、企業債利息の精算による減額でございます。


 次に、第4条の資本的収入及び支出の補正につきましては、収入で、第1項企業債では、病院改築事業の支出の精査による減額。


 第2項では一般会計負担金の増額。


 第3項補助金では、地域災害医療センター施設整備による補助金を補正するものでありまして、補正予定額は5億1,997万1,000円の減額補正となったところであります。


 次に支出でありますが、第1項の建設改良費のうち病院整備費を6億6,785万3,000円減額補正するものであります。


 この結果、収入額が支出額に対し不足する額1億1,449万2,000円は、損益勘定留保資金で補てんすることといたしております。


 第5条継続費の補正につきましては、その総額及び年割額を補正するものであります。


 第6条企業債の補正では、改築事業に係る限度額を13億1,420万円に、情報システム整備事業に係る限度額を5,690万円とするものであります。


 なお、予算に関する説明書といたしまして、予算の実施計画、資金計画等を添付いたしておりますので、ご高覧いただきたいと存じます。


 以上、甚だ簡単な説明となりましたが、よろしくご審議いただき、原案にご賛同いただきますようお願い申し上げ、提案説明を終わります。


○議長(山上武司君) 理事者の説明は終わりました。


 本案12件についても、引き続き質疑に入るのが順序でありますが、審議の都合上、質疑は次の本会議で行いたいと思いますので、ご了承願います。


   ────────────────────────────────────


      ◎日程第8 議案第44号〜50号


○議長(山上武司君) 次は日程第8、議案第44号指定管理者の指定についてから議案第50号西脇市営土地改良事業計画概要の制定についてまで、7件を一括議題とします。


 理事者からの提案理由の説明を求めます。


 橘理事。


○理事(橘 敏光君) 私の方からは、議案第44号及び議案第45号の指定管理者の指定について、提案説明を申し上げます。


 まず、議案第44号でございますが、西脇市コミュニティセンター西脇区会館の管理について指定管理者の指定を行うため、地方自治法第244条の2第6項の規定により、本案を提案するものであります、


 まず、指定管理者につきましては、西脇市公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例の、公募によらない場合の選定を定めております第5条の規定により、施設の設置目的、管理運営の状況等から、従来の受託者が引き続き管理運営することが望ましいことから、指定管理者は地元の公共的団体である西脇区に、また、指定の期間につきましては、西脇市コミュニティセンター条例第15条の規定により、平成23年3月31日までに定めようとするものであります。


 続きまして、議案第45号の指定管理者の指定についての提案説明を、ご説明申し上げます。


 本案件につきましても、先ほどの西脇市コミュニティセンター西脇区会館の指定と同様、西脇市コミュニティセンター日野地区会館の指定管理者は、日野地区コミュニティセンター管理運営委員会に、また、指定の期間につきましても、平成23年3月31日までに定めようとするものでございます。


 以上、甚だ簡単な説明となりましたが、よろしくご審議賜り、原案にご賛同いただきますようお願い申し上げまして、提案説明を終わります。


○議長(山上武司君) 藤原福祉生活部長。


○福祉生活部長(藤原逸朗君) 続きまして、議案第46号指定管理者の指定について、ご説明申し上げます。


 本件につきましては、西脇市総合福祉センター萩ヶ瀬会館及び西脇市黒田庄福祉センターの管理について指定管理者の指定を行うため、地方自治法第244条の2第6項の規定により、議会の議決を賜りたく提案するものであります。


 指定管理者につきましては、施設の設置目的や、現在も当該施設の管理を行っていることを考慮し、西脇市社会福祉協議会を指定することとし、その期間につきましては、西脇市福祉センター条例の規定に基づき、平成23年3月31日までの5年間とするものであります。


 以上、簡単な説明になりましたが、趣旨をご理解の上、ご承認賜りますようお願いいたします。


○議長(山上武司君) 内橋黒田庄地域総合事務所長。


○黒田庄地域総合事務所長(内橋敏彦君) 引き続きまして、議案第47号指定管理者の指定について、ご説明を申し上げます。


 本案につきましては、議案第14号でご説明を申し上げました西脇市立東はりまフォルクスガーデン黒田庄の管理について指定管理者の指定を行うため、地方自治法第244条の2第6項の規定により、議会の議決を得ようとするものでございます。


 まず、指定管理者につきましては、現在まで本施設の管理運営に2年間の実績があり、地域高齢者の人材活用、雇用の創出などで合理的な運営を行っています地元の団体「やまぼうし」を指定しようとするもので、指定期間につきましては、西脇市立東はりまフォルクスガーデン黒田庄条例第16条の規定により、平成23年3月31日までと定めようとするものでございます。


 以上、簡単な説明になりましたが、よろしくご審議賜り、原案にご賛同いただきますようお願い申し上げまして、提案説明を終わります。


○議長(山上武司君) 岡本建設経済部長。


○建設経済部長(岡本裕充君) 議案第48号指定管理者の指定について、ご説明申し上げます。


 本議案につきましては、指定管理者による北はりま田園空間博物館総合案内所の管理運営を図るために実施しようとするものであり、地方自治法第244条の2第6項の規定に基づき、議会の議決を賜りたく提案するものであります。


 今回、住民の主体性を尊重した田園空間博物館事業の展開と、幅広い団体による市政への参画と協働を図るために、公の施設である北はりま田園空間博物館総合案内所を、指定管理者による管理運営へ移行しようとするものでございます。


 当該施設の指定管理者の候補者につきましては、西脇市と多可町の地域住民の参画のもとに、平成14年9月のオープン以降、田園空間博物館活動の中心的な役割を果たしております特定非営利活動法人「北はりま田園空間博物館」を予定いたしております。


 指定の期間につきましては、平成18年度から平成22年度までの5年間としております。


 以上が、北はりま田園空間博物館総合案内所の指定管理者の指定に係る概要でございます。


 甚だ簡単粗雑な説明でございますが、よろしくご審議賜り、原案にご賛同賜りますようお願い申し上げまして、提案説明を終わります。


○議長(山上武司君) 岡田教育部長。


○教育部長(岡田哲二君) 議案第49号指定管理者の指定についての提案理由をご説明申し上げます。


 本案件につきましては、西脇市旧来住家住宅の管理について指定管理者の指定を行うため、地方自治法第244条の2第6項の規定により、議会の議決を賜りたく提案するものでございます。


 指定管理者につきましては、西脇市公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例第5条の規定により、施設の設置目的、管理運営の状況等から、従来の受託者が引き続き管理運営することが望ましいとの判断により、指定管理者は西脇商工会議所に、また、期間につきましては、西脇市旧来住家住宅条例第16条の規定により、平成21年3月31日までに定めようとするものであります。


 以上、甚だ簡単な説明となりましたが、よろしくご審議を賜り、原案にご賛同いただきますようお願いを申し上げまして、提案説明を終わります。


○議長(山上武司君) 内橋黒田庄地域総合事務所長。


○黒田庄地域総合事務所長(内橋敏彦君) 引き続きまして、議案第50号西脇市営土地改良事業計画概要の制定について、ご説明を申し上げます。


 本議案の市営土地改良事業につきましては、有機の里づくりを推進するため、地域環境保全型農業の拡大・定着を図り、環境と調和のとれた持続的な農業生産方式推進のために実施するものであり、土地改良法第96条の2第2項の規定に基づき、議会の議決を賜りたく提案するものでございます。


 この概要でございますが、議案に添付をしております事業計画概要のとおり、元気な地域づくり交付金地域環境保全型農業推進事業を予定をしております。事業期間は、平成18年度から平成20年度までとしております。


 また、総事業費は9億8,000万円、計画事業量は農業用水の安定した確保と維持管理の軽減化を図るため、用水路工3カ所、総延長1,250メートル、暗渠排水工1カ所1ヘクタールを整備をし、堆肥化施設・土壌診断機器、情報発信機器を備えた土づくりセンター一式を予定をしております。


 以上が、土地改良事業計画の概要でございます。甚だ簡単な、粗雑な説明でございますが、添付しております事業計画概要及び計画図面をそれぞれご参照の上、よろしくご審議賜り、原案にご賛同賜りますようお願い申し上げまして、提案説明を終わります。


○議長(山上武司君) 理事者の説明は終わりました。


 本案7件についても、引き続き質疑に入るのが順序でありますが、審議の都合上、質疑は次の本会議で行いたいと思いますので、ご了承願います。


   ────────────────────────────────────


      ◎日程第9 議案第51号〜56号


○議長(山上武司君) 次は日程第9、議案第51号兵庫県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の増減及び規約の変更についてから議案第56号播磨内陸医務事業組合を組織する地方公共団体の数の減及び規約の一部変更についてまで、6件を一括議題とします。


 理事者から提案理由の説明を求めます。


 遠藤企画総務部長。


○企画総務部長(遠藤隆義君) 議案第51号兵庫県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の増減及び規約の変更について、提案説明を申し上げます。


 一部事務組合の統廃合に伴い揖南衛生施設一部事務組合が、また市川町の脱退に伴い、構成団体が神河町単独となるため神崎郡北部病院事務組合が、それぞれ平成18年3月31日付で解散することにより、本組合からの脱退届の提出があり、本組合規約を変更する必要があるため、地方自治法第290条の規定により提出するものでございます。


 加入及び脱退後の本組合構成市町の数は、19市12町35一部事務組合から19市12町33一部事務組合となり、解散後の職員及び財産はそれぞれ関係市町が承継することになっております。


 以上、簡単な説明となりましたが、よろしくご賛同いただきますようお願い申し上げ、説明を終わります。


○議長(山上武司君) 橘理事。


○理事(橘 敏光君) 議案第52号西脇多可行政事務組合規約の変更について、提案説明を申し上げます。


 今回の規約変更は、まず第1点目は、西脇多可行政事務組合が共同処理する事務に、障害者自立支援法に基づく事務のうち市町村審査会に係る事務を追加すること、及びそれに伴う経費の負担方法を定めることにより、本組合規約の第3条、第15条の変更及び別表第2の追加を行うものであります。


 2点目は、地方自治法第168条第2項ただし書きの規定に基づき、本組合に収入役を置かず、収入役の事務を副管理者が兼掌することによる同規約の第10条、第11条及び第12条を変更することについて、地方自治法第286条第1項の規定により、関係する地方公共団体の協議が必要であるため、地方自治法第290条の規定に基づき、本議会に提案するものであります。


 なお、附則におきまして、この規約は平成18年4月1日から施行することといたしております。


 以上、甚だ簡単な説明となりましたが、よろしくご審議賜り、原案にご賛同いただきますようお願い申し上げまして、提案説明を終わります。


○議長(山上武司君) 藤原福祉生活部長。


○福祉生活部長(藤原逸朗君) それでは、議案第53号から議案第56号までについて、提案説明を申し上げます。


 まず、議案第53号北播磨清掃事務組合規約の変更についてでありますが、今回の改正は、事務組合に収入役を置かず、副管理者に収入役の事務を兼掌させようとするものであります。


 まず、第10条では、地方自治法第168条第2項ただし書きの規定に基づき、組合に収入役を置かない旨を規定いたしております。


 第11条第2項では、収入役の事務は副管理者のうち、管理者の属する市町の助役が兼掌するとし、管理者の属する市町の助役に事故あるときなどは、管理者が収入役の事務を兼掌するとしております。


 同条第3項では、助役の任期途中に管理者が欠けたときは、新たに管理者が選任されるまでの間、管理者であった者の属する市町の助役が収入役の事務を行うとしております。


 その他所要の改正を行っております。


 なお、この規約は平成18年4月1日から施行することといたしております。


 続きまして、議案第54号北播肢体不自由児機能回復訓練施設事務組合わかあゆ園を組織する地方公共団体の数の減及び規約の一部改正についてでありますけれども、わかあゆ園は、本市を初め、小野市・加東郡・旧多可郡の3市8町の事務組合として、北播地域の療育の拠点として重要な役目を果たしているところでございます。


 今回の議案は、昨年11月1日付の合併で多可町が、また平成18年3月20日付の合併で加東市が設置されることに伴い、当事務組合を組織する地方公共団体の数の減及び規約の一部を変更しようとするものであります。


 変更の主な内容は、第2条中の組合を組織する地方公共団体のうち、社町、滝野町、東条町を加東市に、中町、加美町、八千代町を多可町に変更し、第4条中の組合事務所の位置は、具体的な所在地を明示、また第5条中の議会の組織のうち、関係市町の議員定数はそれぞれ2人に、さらに第7条中の執行機関のうち、副管理者は4人に変更するものであります。


 なお、この規約は平成18年4月1日から施行することとしております。


 続きまして、議案第55号氷上多可衛生事務組合規約の変更について、提案説明を申し上げます。


 今回の改正は、事業縮小などから、組合議員の定数を16人から10人とし、丹波市6人、西脇市1人、多可町3人で組織しようとするものであります。


 なお、この規約は平成18年4月1日から施行することといたしております。


 また、特例措置として、本規約施行日の前日において組合議員である者の任期は、改正後の規約第5条第2項の規定にかかわらず、その日に満了するといたしております。


 続きまして、議案第56号播磨内陸医務事業組合を組織する地方公共団体の数の減及び規約の一部変更について、提案を申し上げます。


 播磨看護専門学校は、本市を初め、小野市、加西市、旧多可郡4町、加東郡3町の3市7町を構成市町として設立され現在に至っており、これまで多数の看護師を養成し、北播地域における保健医療福祉の向上に寄与しているところでございます。


 今回の議案は、昨年10月1日付の合併で西脇市が、同年11月1日付の合併で多可町が、また、平成18年3月20日付の合併で加東市が設置することに伴い、当事務組合を組織する地方公共団体の数の減及び規約の一部を変更しようとするものであります。


 変更の主な内容は、第2条中の組合を組織する地方公共団体のうち、社町、滝野町、東条町、中町、加美町、八千代町及び黒田庄町を西脇市、加東市及び多可町に変更し、第5条中の議会の組織のうち、関係市町の議員定数をそれぞれ2人に、第7条中の執行機関のうち、副管理者は4人に変更するものであります。


 他の改正につきましては文言の整理であります。


 なお、本規約は平成18年4月1日から施行することといたしております。


 以上4件の組合規約等の変更につきまして、甚だ簡単な説明となりましたが、よろしくご審議の上、原案にご賛同賜りますようお願い申し上げ、提案説明を終わります。


○議長(山上武司君) 理事者の説明は終わりました。


 本案6件についても、引き続き質疑に入るのが順序でありますが、審議の都合上、質疑は次の本会議で行いたいと思いますので、ご了承願います。


   ────────────────────────────────────


      ◎日程第10 議案第57号〜77号


○議長(山上武司君) 次は日程第10、議案第57号平成17年度西脇市一般会計歳入歳出決算の報告についてから議案第77号平成17年度黒田庄町水道事業会計決算の報告についてまで、21件を一括議題とします。


 理事者から提案理由の説明を求めます。


 來住市長。


○市長(來住壽一君)(登壇) ただいま上程されました議案第57号から議案第77号までの21議案につきましては、平成17年度の西脇市及び黒田庄町の一般会計、特別会計及び企業会計の歳入歳出決算の認定についてお諮りをするものであります。


 このたびの決算につきましては、平成17年10月1日をもって西脇市と黒田庄町が合併し、新西脇市が誕生したことに伴い、地方自治法施行令第5条第2項の規定により、合併日の前日の9月30日に出納が閉鎖されたことにより、打ち切り決算となったものであります。これら各会計の決算につきましては、監査委員の審査に付しておりましたが、別冊意見書のとおり送付を受けましたので、同施行令第5条第3項の規定により、本会議の認定に付すものであります。


 また、決算附属資料といたしまして、歳入歳出決算事項別明細書、財産に関する調書、基金の運用状況に関する調書並びに主要施策の成果に関する報告書をあわせて提出いたしておりますので、ご参照賜りたいと存じます。


 それでは初めに、平成17年度西脇市歳入歳出決算の状況でありますが、一般会計及び9特別会計を合わせた収支状況では、歳入総額は99億146万2,000円、歳出総額は124億8,980万9,000円で、歳入歳出差し引き額であります形式収支は25億8,834万7,000円の歳出超過となっております。


 次に、各会計につきまして、その概要を申し上げます。


 最初に、議案第57号西脇市一般会計歳入歳出決算でありますが、最終予算総額は、当初予算148億2,800万円に補正予算3億5,493万9,000円、及び前年度からの繰越事業に係る予算額1億5,087万円を加え、153億3,380万9,000円となりました。歳入総額は53億2,914万9,000円、歳出歳入総額は65億3,244万1,000円で、歳入歳出差し引き額であります形式収支は12億329万2,000円の歳出超過となっており、実質収支額も同額となっております。


 また、予算に対する執行率は、歳入が34.8%、歳出が42.6%であります。


 なお、歳出超過分につきましては一時借入金により対処し、そのまま新市に債務を引き継ぎ、新市予算において旧市町借入金返済金を予算措置し、返済いたしております。


 まず、歳入の状況でありますが、市税におきましては、調定額53億2,653万8,000円に対して、収入済み額は23億7,888万2,000円となっております。


 このうち、主な市税の内訳を申し上げますと、市民税では収入済み額が6億247万5,000円で、徴収率が42.3%となっております。


 また、固定資産税では、収入済み額は14億4,767万7,000円、徴収率は43.3%で、市税全体の徴収率は44.7%となっております。


 地方交付税につきましては、収入済み額は14億4,256万円で、収入率は57.5%となっております。


 このほか、国県支出金等につきましては、年度途中の決算ということもあり、今後確定交付されるといったところから、予算額に対する収入率は低い結果となっております。


 次に、歳出の状況でありますが、まず、総務費では、合併に伴う新市電算処理合併対応整備事業や本庁舎改修事業、参画と協働のまちづくり事業などに7億5,611万7,000円を執行しております。


 民生費では、障害者福祉サービスを利用する支援費支給事業、介護予防・地域支え合い事業、生活保護事業、放課後児童対策事業、生活再建に向けた居住安定・住宅再建等支援事業などに、合わせて16億3,302万円を執行いたしました。


 衛生費では、各種健診や予防接種などの保健予防対策や住みよい環境づくり活動事業、環境美化パトロール事業など、合わせて9億8,487万4,000円を執行いたしました。


 農林水産業費では、農村地域の活性化を図る県営中山間地域総合整備事業を初め、津万かんがい排水路整備事業などの土地改良事業を実施いたしました。


 商工費では、西脇商工会議所や西脇市商業連合会との緊密な連携のもと、地域商業の体質強化に向けた取り組みに対して支援を行うなど、商工業の振興に努めました。


 土木費では、上野上戸田線などの道路整備事業を初め、山ろく開発交流広場整備事業、日野ヶ丘団地建てかえ事業など、安全で快適な環境形成に努めました。


 消防費では、台風23号による被災を教訓に、防災対策備品の充実を図りました。


 教育費では、情報教育の充実を図るべく、小・中学校教育用コンピューターを更新し、双葉小学校校舎改築事業、国民体育大会推進事業などに、合わせて6億3,611万6,000円を執行いたしました。


 このほか、災害復旧費では、河川、橋梁の復旧事業に481万円を執行しております。


 続きまして、議案第58号西脇市国民健康保険特別会計歳入歳出決算でありますが、歳入総額は12億8,086万5,000円、歳出総額は18億4,934万6,000円で、歳入歳出差し引き額であります形式収支は、5億6,848万1,000円の歳出超過となっております。


 なお、歳出超過分につきましては、一般会計からの繰りかえ流用により対処をいたしました。


 次に、議案第59号西脇市老人保健医療事業特別会計歳入歳出決算でありますが、歳入総額は15億7,508万3,000円、歳出総額は15億6,622万7,000円で、形式収支は885万6,000円の歳入超過となっており、予算に対する執行率は歳入が47.2%、歳出が46.9%であります。


 次に、議案第60号西脇市立学校給食センター特別会計歳入歳出決算でありますが、歳入不足分を一般会計から繰り入れたことによりまして、歳入歳出総額は1億581万5,000円となっております。


 次に、議案第61号西脇市下水道特別会計歳入歳出決算でありますが、歳入総額は3億6,774万8,000円、歳出総額は10億5,094万6,000円で、歳入歳出差し引き額であります形式収支は6億8,319万8,000円の歳出超過となっております。


 なお、歳出超過分につきましては、一時借入金により対処いたしました。


 次に、議案第62号西脇市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算でありますが、歳入総額は1,808万4,000円、歳出総額は1億6,250万8,000円で、形式収支は1億4,442万4,000円の歳出超過となっております。


 なお、歳出超過分につきましては、一時借入金により対処いたしております。


 次に、議案第63号西脇市老人保健施設特別会計歳入歳出決算でありますが、歳入不足分を一般会計から繰り入れたことによりまして、歳入歳出総額は2億2,325万9,000円となっております。


 次に、議案第64号西脇市公営墓地特別会計歳入歳出決算でありますが、歳入総額は271万円、歳出総額が122万円で、形式収支は149万円の歳入超過となっており、予算に対する執行率は、歳入が45.4%、歳出が20.4%であります。


 次に、議案第65号西脇市介護保険特別会計歳入歳出決算でありますが、歳入総額は9億1,273万9,000円で、歳出総額は9億1,203万7,000円で、形式収支は70万2,000円の歳入超過となっており、予算に対する歳入歳出の執行率は42.3%であります。


 次に、議案第66号西脇市茜が丘宅地供給事業特別会計歳入歳出決算でありますが、歳入不足分を一般会計から繰り入れたことによりまして、歳入歳出総額は8,601万円となっております。


 以上で、西脇市一般会計、特別会計歳入歳出決算の概要説明を終わりまして、引き続き黒田庄町の説明に移らせていただきます。


 平成17年度黒田庄町歳入歳出決算の状況でありますが、一般会計及び6特別会計を合わせた収支状況では、歳入総額は31億6,486万8,000円、歳出総額は33億1,787万4,000円で、歳入歳出差し引き額であります形式収支は1億5,300万6,000円の歳出超過となっております。


 次に、各会計につきまして、その概要を申し上げます。


 まず、議案第67号黒田庄町一般会計歳入歳出決算でありますが、最終予算総額は、当初予算38億1,260万円に補正予算1億8,278万8,000円、及び前年度からの繰越事業に係る予算額1,330万円を加え、40億868万8,000円となりました。歳入総額は、17億5,350万1,000円、歳出総額は19億6,075万2,000円で、歳入歳出差し引き額であります形式収支は2億725万1,000円の歳出超過となっており、実質収支額も同額となっております。


 また、予算に対する執行率は、歳入が43.7%、歳出が48.9%であります。


 なお、歳出超過分につきましては、一時借入金により対処し、そのまま新市に債務を引き継ぎ、新市予算において旧市町借入金返済金を予算措置し、返済いたしております。


 まず、歳入の状況でありますが、町税におきましては、調定額6億81万5,000円に対して、収入済み額は3億5,680万1,000円となっております。


 このうち、主な町税の内訳を申し上げますと、町民税では収入済み額は1億538万4,000円で、徴収率は53.6%となっております。


 また、固定資産税では、収入済み額は2億1,463万1,000円、徴収率は58.6%で、町税全体の徴収率は59.4%となっております。


 地方交付税につきましては、収入済み額は10億795万円で、収入率は65.4%となっております。


 このほか、国県支出金等につきましては、年度途中の決算ということもあり、今後確定交付されるといったことから、予算額に対する収入率は低い結果となっております。


 次に、歳出の状況でありますが、まず、総務費では、合併に伴う新市電算処理合併対応事業や閉町記念事業、また、黒田庄まちづくりセンターゆめバンク発足に伴う支援事業や黒田庄駅舎「あつまっ亭」の管理運営支援事業、総合運動公園整備事業などに5億1,511万5,000円を執行しております。


 民生費では、高齢者介護予防事業として福祉送迎車運行事業を初め、給食サービス事業、生きがい活動支援通所事業などを実施し、障害者支援費制度、保育所運営事業などに、合わせて3億9,804万5,000円を執行いたしました。


 衛生費では、保健予防対策事業や環境美化事業などに1億3,428万3,000円を執行いたしました。


 農林産業費では、循環型農業の拠点施設として土づくりセンターの基本計画づくりを初め、安全で安心な食の提供ができる町として、有機の里づくり推進事業など、継続的な取り組みを行いました。


 土木費では、生活道路の整備として、通学路でもある本黒田停車場学校線などに2億1,258万8,000円を執行いたしました。


 教育費では、情報教育の充実を図るべく、小学校に教育用コンピューターを更新し、不審者対策として門扉を設置いたしました。また、子育て学習センター設置事業、放課後児童対策事業などに1億7,722万円を執行いたしました。


 このほか、災害復旧費では、農業用施設復旧事業に1,329万5,000円を執行しております。


 続きまして、議案第68号黒田庄町国民健康保険特別会計歳入歳出決算でありますが、歳入総額は3億5,438万5,000円、歳出総額は3億4,418万5,000円で、歳入歳出差し引き額であります形式収支は1,020万円の歳入超過となっております。予算に対する執行率は、歳入が43.6%、歳出が42.3%であります。


 次に、議案第69号黒田庄町老人保健特別会計歳入歳出決算でありますが、歳入総額は4億850万3,000円、歳出総額は4億1,273万7,000円で、形式収支は423万4,000円の歳出超過となっております。


 なお、歳出超過分につきましては、一般会計からの繰りかえ流用により対処いたしました。


 次に、議案第70号黒田庄町学校給食事業特別会計歳入歳出決算でありますが、歳入総額は4,797万6,000円、歳出総額は4,022万円で、形式収支は775万6,000円の歳入超過となっております。予算に対する執行率は、歳入が50.7%、歳出が42.5%であります。


 次に、議案第71号黒田庄町特定環境保全公共下水道事業特別会計歳入歳出決算でありますが、歳入総額は2億910万7,000円、歳出総額は2億879万8,000円で、収支は30万9,000円の歳入超過となっております。予算に対する執行率は、歳入が49.0%、歳出が48.9%であります。


 次に、議案第72号黒田庄町農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算でありますが、歳入総額は1億4,281万7,000円、歳出総額は1億4,248万6,000円で、形式収支は33万1,000円の歳出超過となっております。


 次に、議案第73号黒田庄町介護保険特別会計歳入歳出決算でありますが、歳入総額は2億4,857万9,000円、歳出総額は2億869万6,000円で、形式収支は3,988万3,000円の歳入超過となっており、予算に対する執行率は、歳入が46.3%、歳出が38.9%であります。


 続きまして、企業会計の歳入歳出決算状況についてでありますが、議案第74号西脇市水道事業会計決算は、収益的収支におきましては、水道事業収益3億5,567万9,000円に対し、水道事業費用は3億519万3,000円となり、損益計算では5,048万6,000円の純利益となりました。


 また、資本的収支につきましては、収入1,589万1,000円に対し、支出は3億875万3,000円で、差し引き2億9,286万2,000円の不足額が生じましたが、この不足額につきましては新市において処理いたします。


 次に、議案第75号西脇市簡易水道事業会計決算でありますが、収益的収支におきましては、簡易水道事業収益1,879万4,000円に対し、事業費用は1,428万3,000円となり、損益計算では451万1,000円の純利益となりました。


 また、資本的収支につきましては、収入54万6,000円に対し、支出は904万2,000円で、差し引き849万6,000円の不足額が生じましたが、この不足額につきましては新市において処理いたします。


 次に、議案第76号西脇市立西脇病院事業会計決算でありますが、収益的収支におきましては、病院事業収益28億4,682万5,000円に対し、事業費用は28億2,093万6,000円となり、損益計算では2,588万9,000円の純利益となりました。


 また、資本的収支につきましては、収入7,224万3,000円に対し、支出2億1,290万8,000円で、差し引き1億4,066万5,000円の不足額を生じましたが、これは過年度分損益勘定留保資金等で補てんいたしました。


 次に、議案第77号黒田庄町水道事業会計決算は、収益的収支におきましては、水道事業収益9,126万6,000円に対し、水道事業費用が4,949万2,000円となり、損益計算では4,177万4,000円の純利益となりました。


 また、資本的収支につきましては、収入530万円に対し、支出が5,879万3,000円で、差し引き5,349万3,000円の不足額が生じましたが、この不足額につきましては新市において処理いたします。


 これら事務事業の決算内容につきましては、決算書並びに附属資料に記載のとおりでありますが、剰余金につきましては、合併に伴い、事務を継承する新西脇市の各会計において、諸収入で受け入れております。


 以上が、平成17年度西脇市及び黒田庄町の一般会計、特別会計及び企業会計の歳入歳出決算の概要であります。


 議員各位には、十分ご審議をいただきまして、ご認定を賜りますようお願いを申し上げまして、提案説明にかえさせていただきます。


○議長(山上武司君) 理事者の説明は終わりました。


 本案21件についても、引き続き質疑に入るのが順序でありますが、審議の都合上、質疑は次の本会議で行いたいと思いますので、ご了承願います。


   ────────────────────────────────────


      ◎日程第11 請願第1号


○議長(山上武司君) 次は日程第11、請願第1号介護保険施設等の居住費・食費の利用者全額負担に関する請願書を議題とします。


 本請願に対する請願審査報告は、お手元に配付しておりますとおりです。


 これより、委員会審査について委員長の説明を求めます。


 文教民生常任委員会委員長、坂本 操議員。


○7番(坂本 操君) 文教民生常任委員会を代表いたしまして、お手元に配付しております請願審査報告書の補足説明をいたします。


 本委員会に付託を受けました請願は、請願第1号介護保険施設等の居住費・食費の利用者全額負担に関する請願書1件であります。


 以下、その審査の概要を報告いたします。


 まず、12月定例会中の委員会では、介護保険制度の改正についてよく学習し、慎重に検討するためにも継続審査とすべきとの意見が多数となり、継続審査といたしました。


 次に、閉会中の去る1月20日に、理事者側から福祉生活部長及び長寿福祉課長の出席を求め、委員会を開催いたしました。


 委員より、入所した人だけが介護支援の負担を軽減してもらうことは不公平である。入所しないように健康の増進が大切と思うが、その対策があるのかとただしたところ、平成18年度から、介護保険の中で地域包括支援事業ができることになり、介護を使わずに暮らしていただけるような介護予防事業がある。事業については今後詰めていくことになっているとの答弁がありました。


 続いて委員より、介護予防事業に充てることができる予定額についてただしたところ、基本的には介護給付費の2%を上限として事業を実施することになるとの答弁がありました。


 続いて委員より、介護予防事業費は、現在入所している人には適用できないのかとただしたところ、在宅に対する地域支援事業であり、施設の入所者は対象にならないとの答弁がありました。


 また委員より、請願により市が負担するとした場合の財源はどうなるのかとただしたところ、介護保険で賄うことになれば、保険料を増額することになる。また、介護保険の中での運用は限られており、市独自の減免となると、国からペナルティーがかかるようになるとの答弁がありました。


 また委員より、請願にある補助的なことは一般財源で賄えないのかとただしたところ、介護保険制度にのらない場合、個人が負担されたものを一般会計で補てんするかといったようなことが具体的にできるものか不明であるとの答弁がありました。


 また委員より、入所されている場合は、基準額から見て、食費が全額で4万2,000円であるが、その負担額は第1段階の人で1万円、第2段階の人で1万2,000円、第3段階の人で2万円と、その差額は既に減免的な措置がとられている。入所を待たれている方が相当いらっしゃる中で、入所されている方に対してその負担額を補助することが妥当なのかというと、無理な点があるとの意見がありました。


 続いて討論では、委員より、市単独で補助制度を新たにつくるという必要性はないと考えると反対の討論がありました。


 また委員より、少子高齢化の中、老後に不安を抱えておられる低年金者に対しての保護策ということで、この請願に賛成するとの討論がありました。


 続いて、採決に移りました。


 本請願を採択することについて採決を行い、その結果、賛成少数で不採択とすべきものと決したのであります。


 以上、簡単な報告となりましたが、請願審査報告書の補足説明を終わります。


○議長(山上武司君) 委員長の説明は終わりました。


 これより、委員長報告に対する質疑に入ります。


 ご質疑ありませんか。


         〔「なし」の声あり〕


 これをもちまして、質疑は終わります。


 これより討論を行います。


 反対討論ありませんか。


         〔「なし」の声あり〕


 これをもちまして、討論は終わります。


 これより採決します。


 本請願に対する委員長の報告は不採択であります。


 したがいまして、原案について採決します。


 本請願は原案のとおり採択することに賛成の議員の起立を求めます。


         〔賛成者起立〕


 ありがとうございました。


 賛成4人、反対15人であります。したがって、請願第1号は不採択とすることに決定しました。


 以上をもちまして、本日の日程はすべて終了しました。


 お諮りします。


 議案熟読のため、明日から3月8日までの6日間休会としたいと思います。


 ご異議ありませんか。


         〔「異議なし」の声あり〕


 ご異議なしと認めます。


 明日から3月8日までの6日間、休会することに決定しました。


 再開は3月9日午前10時とします。


 全議員の出席を求めます。


 なお3月9日には、市長の施政方針に対する質疑の時間をとりたいと思います。


 発言希望のある議員は、3月6日正午までに発言通告書を議長あてに提出願います。


 本日は、これをもちまして散会します。


 ご苦労さまでした。


            午後2時33分 散会


   ────────────────────────────────────


 上、地方自治法第123条第2項の規定により、次に署名する。


  平成18年3月2日





               西脇市議会議長   山 上 武 司





               西脇市議会議員   田 村 慎 悟





               西脇市議会議員   坪 木 季 彦