議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 西脇市

平成18年議会運営委員会( 2月23日)




平成18年議会運営委員会( 2月23日)





           平   成   17   年   度














      西 脇 市 議 会 議 会 運 営 委 員 会 会 議 録




















            平 成 18 年 2 月 23日














            西 脇 市 議 会


 
                議会運営委員会会議録


1 開催月日      平成18年2月23日


2 開催時間      午前9時59分〜午前11時00分(会議1時間1分)


3 開催場所      委員会室


4 出席委員


   委員長  清 瀬 英 也  副委員長  池 田 勝 雄


   委  員 林   晴 信  委  員  坂 本   操


    〃   高 橋 博 久   〃    上 田 平 八


    〃   坪 木 季 彦


   議  長 山 上 武 司  副議長   藤 本 邦 之


5 欠席委員      なし


6 欠  員      なし


7 説明のため出席した者の職氏名      なし


8 出席事務局職員


  事務局長  黒 田 辰 雄  事務局主幹 小 西 龍 雄


  書記    正 木 万貴子


9 傍聴議員


    中 川 正 則    村 井 公 平    藤 原   教


    廣 田 利 明    北 詰 勝 之


10 協議事項


(1)第2回3月定例会運営について


(2)その他





                △開会 午前9時59分


○清瀬委員長 


 皆さん、おはようございます。


 少し春の気配を感じるように、最近少し暖かくなってきましたが、皆様方ご健勝にて、きょうの議会運営委員会にご参加いただきまして、まことにありがとうございます。


 本日は第2回の3月定例会の運営等につきましてご審議いただくことになりますが、ひとつ皆さん方よろしくお願い申し上げます。


 本日の傍聴議員は藤原 教議員、以下4名でございます。


 いろいろとたくさんの議案が上がっております。ひとつ慎重にご審議いただきまして、議会運営がスムーズにいきますように、皆さん方ご協力よろしくお願いいたします。


○山上議長 


 どうもご苦労さんでございます。ありがとうございます。


 3月定例会の運営等につきましての協議をいただくということでございますが、何分今期の議会は80本を超えます議案が上程されます。どうかスムーズな議会運営が図られますように、よろしくお願いいたします。


○清瀬委員長 


 それでは第2回3月定例会の運営等につきまして、上程予定議案等の取り扱いについて、まず事務局の方からご説明、よろしくお願いします。


○黒田事務局長 


 それでは上程予定議案とその取り扱いについてということでございまして、まず、きょうの資料中の横長の予定議案の方からご説明をさせていただきたいと思います。今回の提出議案につきましては、先ほども議長の方からもありましたけれども、条例制定が9件、条例改正が10件、事務組合規則の改正6件、平成18年度予算等が14件、それと、平成17年度の補正予算等が12件、それから、平成17年度の旧西脇市、旧黒田庄町、それぞれの旧市町の決算合わせまして21件、それから、指定管理者の指定についてが6件、西脇市営土地改良事業計画概要の制定が1件、それと、3月20日に追加で提出されます播磨内陸広域行政協議会の規約の変更が1件ということで、合計80件の審査をいただきます。


 横長のペーパーに戻りますが、まず、西監報第1号、第2号をもちまして、例月の出納検査の結果が監査委員さんより報告がなされておりますので、これにつきましては14日の総務企画常任委員会で調査をいただくことになります。市長から施政方針がありますので、2日目の9日に質疑を行う予定にしております。それから、以下ずっと議案になるわけでございますが、議案第1号から7号までが条例制定で、欄の右側に丸印を付しておりますが、所管の委員会に付託の後、本会議4日目の採決をお願いしたいというふうに考えております。


 議案第1号は、西脇市総合計画審議会条例の制定でございます。これは市長の諮問機関として、総合計画の審議会を設置するというものでございます。


 それから議案第2号につきましては、西脇市国民保護協議会条例の制定についてで、武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律、これは16年度に制定されておりますが、これに基づきまして、組織及び運営に関する事項を定めるものでございます。


 第3号の西脇市国民保護対策本部及び緊急対処事態対策本部条例の制定でございますが、これにつきましては、国民保護対策本部及び緊急対処事態対策本部を設置するために必要な事項を定めるものでございます。


 議案第4号は、西脇市福祉年金条例の制定でございますが、身体障害者(児)、それから知的障害者(児)、精神障害者及び母子家庭等の児童に福祉年金を支給するというものでございます。


 それから、議案第5号は、西脇市敬老金支給条例の制定について、敬老金の支給については、節目支給をしていこうというものでございます。


 それから、議案第6号でございますが、西脇市健康づくり推進協議会条例の制定についてということで、健康づくりに関します重要事項を調査審議し、健康づくり事業を総合的かつ効果的に推進するために、市長の諮問機関として設置をしてまいるものでございます。


 それから、議案第7号、兵庫県立東はりま日時計の丘公園利用料金を定める条例の制定でございますが、18年4月1日から西脇市が兵庫県から施設の指定管理者に指定されます。市が徴収する施設の利用料金について定めるものでございます。


 以上が議案第1号から7号までの、いわゆる条例の制定部分でございます。


 それから、続いて8号からは、条例の一部改正議案が17号まで。それと、ちょっと2枚目のペーパーになるんですが、議案の第79号、合わせまして11件。これが一部改正の議案でございます。これにつきましても、それぞれ所管の委員会に付託の後、本会議4日目での採決をお願いするというものでございます。


 内容、これも簡単に申しますと、議案第8号の西脇市部設置条例の一部改正の条例制定でございますが、これにつきましては、企画部門の整備等を目的とした機構改革をするというもので、企画総務部が二つの部、ふるさと創造部と総務部に改めようとする内容になっております。


 それから、議案第9号につきましては、議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例ということで、これにつきましては、障害者自立支援法の施行に伴いまして、所要の改正を行うというものでございます。


 議案第10号につきましては、西脇市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正するという条例の制定でございまして、国家公務員の給与改定が行われたことに伴いまして、これに準じて職員の給与についての改定をしていくものでございます。


 議案第11号、西脇市職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例の制定ですが、これにつきましては特殊勤務手当の見直しをしていくということです。


 議案第12号、西脇市福祉医療費助成条例の一部改正でございますが、兵庫県の制度改正に伴います一部改正ということで、これにつきましては字句の訂正になろうかと思います。


 それから、議案第13号、西脇市介護保険条例の一部改正でございますが、介護保険料の改定及び地域包括支援センターの設置に伴います一部改正でございます。


 それから、議案第14号、市立東はりまフォルクスガーデン黒田庄条例の一部改正でございますが、指定管理者の指定に伴いまして、入園者への即売業務を指定管理者の独自事業として整理するものでございます。


 それから、議案第15号、北はりま田園空間博物館総合案内所条例の一部改正につきましては、中町、加美町、八千代町、11月1日付の合併に伴いまして、新町名の多可町の表示に改めるというものでございます。


 議案第16号、西脇市営住宅条例の一部改正でございますが、公営住宅法施行令の一部を改正する政令の施行等に伴う所要の改正で、条項の異動と字句訂正というように聞いております。


 それから、議案第17号は、西脇市屋外体育施設条例の一部を改正するものでございますが、黒田庄ふれあいスタジアムの設置及び供用開始に伴います一部改正ということになっております。


 それから次、議案第18号から議案第31号につきましては、予算14件、一般会計、特別会計、企業会計合わせまして14件でございますが、これにつきましては、予算特別委員会を設置し、付託していただくこととなります。採決は本会議の4日目でございます。


 それから、続きまして議案第32号、平成17年度西脇市一般会計補正予算から議案第43号、市立西脇病院事業会計補正予算まで12件でございます。これにつきましては、年度末の事業清算を主とする補正予算でございまして、所管の委員会に付託の後、本会議第4日目の採決を行っていただきます。


 それから、議案第44号から49号まで、これにつきましては、指定管理者の指定ということでございまして、44号につきましては、コミセンの西脇区会館を西脇区に。それから45号では、コミセンの日野地区会館を日野地区コミュニティセンター管理運営委員会に。また46号では、総合福祉センター萩ヶ瀬会館、それと黒田庄福祉センター、これらを西脇市社会福祉協議会に。47号では、東はりまフォルクスガーデン黒田庄をやまぼうしに。それから議案第48号につきましては、北はりま田園空間博物館総合案内所を特定非営利活動法人北はりま田園空間博物館に。議案第49号につきましては、旧来住家住宅を西脇商工会議所にそれぞれ指定をする内容になっておりまして、それぞれ所管の委員会に付託の後、本会議4日目での採決を行っていただきます。


 それから、議案第50号でございますが、西脇市営土地改良事業計画概要の制定についてということで、これにつきましても所管の委員会に付託の後、本会議4日目での採決ということでございます。内容的には土地改良法第96条の2第2項の規定によりまして、西脇市営土地改良事業計画概要を制定していくというような内容と聞いております。


 それから、次、議案第51号から第56号までですが、これにつきましては、事務組合の規約改正でございまして、所管の委員会に付託の後、これも4日目の採決ということでお願いをいたします。


 それから、議案第57号から第77号まで、これが旧市町の決算でございます。これにつきましては、決算審査特別委員会を設置していただいて、4日目の採決ということでお願いをしたいと思います。


 それから、議案第78号、政務調査費の交付に関する条例でございますが、これにつきましては、さきの議員協議会でも報告をいただきましたように、理事者提案をされるというもので、委員会付託を省略して、2日目に採決をしていただくという予定でございます。


 それから、議案第79号につきましては、先ほどの条例の一部改正と同様に、所管の委員会に付託の後、第4日目に採決をいただきたいということでございます。


 それから、議案第80号、これにつきましては、20日の上程となるわけでございますが、質疑、討論の後、20日、その日に採決をしていただくという予定でございます。


 それから、次の請願第1号でございますが、介護保険施設等の居住費・食費の利用者全額負担に関する請願書でございますが、12月議会におきまして継続審査となっておりましたもので、1月20日に文教民生常任委員会が開催されましたので、その結果報告をしていただきます。2日の本会議第1日目で採決を行っていただくということになります。


 それから、陳情が3件ございますが、これらにつきましては、いずれも控室の方にその写しを配付させていただいたところでございます。


 それから、次が議員提出議案でございます。西脇市議会委員会条例の一部を改正する条例の制定ということでございますが、これにつきましては、先ほど議案第8号、西脇市部設置条例の一部を改正する条例の制定ということで若干説明申し上げましたが、それに関連をいたしまして、西脇市議会委員会条例の第2条中、総務企画常任委員会の所管事項欄がございますが、その中に企画総務部となっておるのを、ふるさと創造部と総務部に改める必要が生じてくることになります。この提案をしていただくことになるものでありまして、提案につきましては、議会運営委員会の方でお願いをしたいというふうに思います。


 それから、あと、西脇市議会議員の派遣、それから各常任委員会及び議会運営委員会の閉会中の継続審査の申し出につきましても、議決をお願いしたいというところでございます。


 それから、最後になりますが一般質問ということで、28日の議案がすべて議了した後に、一般質問の時間をとっております。


 以上、大変簡単な説明になりましたが、予定議案等の取り扱いにつきましては以上でございます。


 引き続いて、2番、日程及び会期ということでございますが、日程につきましては23日、本日、議会運営委員会を開催をさせていただいておるところでございます。初日が3月2日で、午前9時半から議員協議会を開催しまして、午前10時から本会議第1日目ということになります。この日は、議案の提案のみでございますが、3月議会ですので、冒頭に市長の施政方針がございます。この施政方針の質疑の締め切りを6日正午としております。9日、午前10時からは、本会議第2日目を招集いたしまして、質疑並びに施政方針の質疑等を行っていただきます。それから、10日午前10時からは文教民生常任委員会。13日は、午後1時半から建設経済常任委員会。14日午前10時から総務企画常任委員会を開催をしていただきまして、15日と16日、いずれも予算特別委員会を10時から開催していただきます。17日10時から決算審査特別委員会。20日午後1時半からは、本会議3日目を開催していただき、議案第80号の質疑採決を行っていただきます。その本会議終了後、決算審査特別委員会を開催していただきます。それから、23日正午に一般質問通告を締め切らせていただきまして、28日最終日、午前9時半からは議員協議会、10時から本会議4日目。そして29日は予備日ということにいたしております。予備日を使わなければ、10時から議会運営委員会の開催を予定しております。したがいまして、会期は3月2日から29日までの28日間ということになります。


 会議録署名議員につきましては、第1日目から4日目まで記載しております委員さんにお世話になります。


 それから、予算特別委員会でございますが、今回偶数番号の議員さんに就任をいただきたいというふうに思っております。正副委員長の互選につきましては、第1日目の本会議終了後に、今言いましたメンバーで行っていただくようにお願いしたいと思います。


 また、決算審査特別委員会委員には、奇数の議員さんに就任をいただきたいと思います。同じく正副委員長の互選は、第1日目の本会議終了後に行っていただきたいと思います。


 通告の締め切りにつきましては、6日正午、施政方針の質疑。23日正午には一般質問の締め切りということにしております。


 次、議会だよりの原稿締め切りですが、3月31日の正午とさせていただいております。


 それから、その他としまして、参考までに中学校等の卒業式なり、小・中学校の入学式などを記載しておりますので、ごらんいただきたいというふうに思います。


 大変簡単でございますが、上程予定議案等と、その取り扱いについての説明を終わらせていただきます。


 以上でございます。


○清瀬委員長 


 今、事務局より上程予定議案の取り扱いと日程と説明がありました。これにつきまして、委員の皆さん方のご意見を伺いたいと思います。


○坪木委員 


 この議員提出議案の第1号の委員会条例、これをもう一遍ちょっと。要は、そのまちづくりなんかいうのに合わすいうこと。


○黒田事務局長 


 そうです。


○坪木委員 


 中身はどんな改正にするの。


○黒田事務局長 


 改正案自体は、まだ手元には準備はしていないんですが、要は委員会条例の第2条に、各委員会の所管事項欄がございます。具体的に申しますと、今、変更を、改正をすることになるのは、総務企画常任委員会で企画総務部、それから黒田庄地域総合事務所、以下各課等がございまして、所管事項がずっと書いてあるんですが、この企画総務部をふるさと創造部と、それから総務部に改めるというような議案が第8号で提出をされますので、それを受けて、先ほど申し上げた企画総務部をその二つの部に改めるという内容になるものです。


○坪木委員 


 わかりました。


○清瀬委員長 


 よろしいですか。


○坪木委員 


 それだけやね。


○黒田事務局長 


 それだけです。


○坪木委員 


 それから、この議案の第44号から49号までの、指定管理者の指定について。説明があって、コミセンやとか福祉センターやとかフォルクスガーデンやとか、いろいろわかるんやけども、この議案の取り方というのは指定管理者の指定について、44号、45号も指定管理者の指定について。これはもう正式な議案名。正式な議案名。


○小西事務局主幹 


 正式な議案名と聞いております。


○坪木委員 


 そう。これは、せやけど本来は議案名としてとるんやったら、市のコミセンやったら、そのコミセンの指定管理者の指定についてという、その議案でなきゃいかんと思うねん。それはわしが思うだけかわからん。指定管理者の指定についてって、これ議案何ぼこれ五つも六つも、こんなんおかしいんやわ。この議会冒涜されとる。わしらの議会。やっぱりちゃんと正式に名前を書いてないと。条例一つ制定するのに、西脇市何々の条例の制定について、条例の制定についてってずっと議案出すんと同じことやんと思うけども、本来はやっぱり正式に、ここの指定管理者、フォルクスガーデンやったらフォルクスガーデンの指定管理者の指定についてという議案でなけんと、正式な議案名で出すんやったらね。こんな指定管理者の指定、45号から五つも六つも同じ議案名で出してくるというような、思うけどな。それはやっぱり議会に対しての、議案45号は、どこの指定管理者の指定やとかいうのがきちっとわからないかんと思うけどね。こういう書き方やなしに、やっぱり正式にきちっと書いて出さんとと私は思いますねん。


○清瀬委員長 


 今の坪木委員のご意見いかがですか。皆さん。


○坪木委員 


 そやから、これは多分、合併のときにこういう出し方をしてきとると思うねん。そのまま引き継ぐいうような格好になって。そうやから、同じような格好でこないして出てきとんねんけど、本来はやっぱり新しい議案として出すんやさかい、これはきちっと書かないかんと思います。


○清瀬委員長 


 それじゃあ、今の坪木委員さんの意見について、皆さんご意見いかがです。また、議長の方からそういうような改善。


○山上議長 


 今、坪木委員言われた、そう指摘されれば、私もそう思います。やっぱりタイトル、どこの施設のということをきちっと1件1件うたう中で上程すべきというふうに思いますので、経過、今言われたような合併協の中でのそういった流れの中でこうなったんだと思いますが、そういうようなタイトルにしていただくということでの、理事者の方に要請をしたいと思います。


○坪木委員 


 いや、もうできとるん違う、そやけど、議案として。せやから、もうそれは次からでよろしいんやけど、やっぱりびしっとするのが本来の姿やと思います。


○山上議長 


 例えば、これ、議会だよりででも案件がずっと全部挙がってくるわけですね。市民の皆さんから見られても、今、坪木委員言われるように、指定管理者の指定だけでは、どこをどう指定したんかというのがわからないという面もありますから、やっぱりこの5本挙がってるすべてに、それぞれのタイトルを入れていただくということの方が、やっぱり適切ではないかというふうには、今、思いますので、そういった面も踏まえて理事者の方へ、今期から、日程的にちょっと物理的に難しい面があるということであれば、ひとつ今言っていただいたようなことでご理解いただくということで、できればやっぱり変えていただくということでの、理事者の方に発言したいというように思います。


○清瀬委員長 


 それじゃあ、そういうふうに取り計らっていただきますようお願いします。


○林委員 


 合うてるの。いや、僕わからへんねんけど、例えば、例は違うかもしれんけど、市道路線の認定についてというのがありますわね。それ、どこどこの市道路線の認定についてって書きませんわね。議案のタイトルとしては、どういうふうにつけるのか、これはちょっと、そら坪木委員が正しいんか、こっち側理事者がされとんが正しいんかちょっとわからないんですけども、そういう例もあるなと今ふっと思って、市道路線の認定についてあるけども、どこどこの市道路線の認定についてとは書いてへんからね。


○山上議長 


 そうか、そういう面もあるね。


○林委員 


 多分、議案のこういうタイトルって書いてある、ひな形みたいなのがきっと多分あると思うんですね。全国市議会議長会か知らんけど、こういうふうに出しなさいって。それにのっとってやっとってんか。


○坪木委員 


 それは市道の認定やとかいうのは、市道の条例に基づいてやる。これは一つ一つの条例に基づいて、施設管理条例に基づいてやってるんやさかい、それはまたちょっと違うわね。


○林委員 


 それが理事者側の意見がこうですよ、今ここで議会そうしてくれ言うて、理事者の方が、いや、そういうもんやおまへんねんって言われたら。


○清瀬委員長 


 今、両方の意見がいろいろ出てますが、その辺のところ、やはり市民に対しても理解できるということが一番大事なことです。議長にそこ、坪木委員も別にどうしてもというようなことでもございませんし、物理的な問題もありますから、そこ、よく協議していただいて、市民にわかりやすい議案をつくっていただくということで、議長にお任せしたいと思いますが、皆さんいかがですか。それでよろしいですか。


○坪木委員 


 いや、もうできとんのやさかいに、もうきょう配るんやろう、そうやけど。


○黒田事務局長 


 いろいろと議論があると思うんですけど、今も言われてますように、今回の分につきましては、印刷がもうほぼ終わっとるような状況やないかと思います。ただ、趣旨はまた議長の方からも伝えていただけたらええんかなというふうには思うんですが。


○清瀬委員長 


 じゃあそういうことでよろしくお願いします。それでよろしいですね。


 ほかにございませんか。


○池田副委員長 


 議案第13号の介護保険条例の一部を改正する条例の制定なんですけども、昨今のあれでおそらく介護保険税が大幅値上げというようなことで、市議会の方も決められてるんでしょうけども、あの答申の内容とか、そういうのはすべて資料というのは委員会なりに提示していただけるんでしょうか。いきなり本会議でと言われても。どうなっていますの。


○山上議長 


 そうだと思います。


○池田副委員長 


 冊子にしたりされてるんですか。


○山上議長 


 5段階が6段階になるとか、いろんな変わってきとる分がありますから、口頭だけではなかなか理解しにくいという面もありますから、非常に詳しくきちっとした資料を出してくるという、当然、審議もしていただくということになります。


○池田副委員長 


 そういうことですね。


○林委員 


 たしか、提出してもらう資料の請求は委員長にするはずですわ。


○山上議長 


 より詳しい資料を提示するように、要請をしておきます。当然資料詳しいものを出してもらわないと、審議なかなか進みませんので。


○池田副委員長 


 製本されるんですよね、たしか。介護保険計画ということで。


○黒田事務局長 


 具体にどうされるんかいうのは、今の時点、私どもちょっとはっきりはわからないんですけどね。


○池田副委員長 


 それで、前回も製本されてるんですけども、これ、間に合うんかなと思いましてね、この時点までにきちっと製本したもので。きょうはないんでしょう、もちろん。


○林委員 


 製本の場合は、議案通ってへんからないん違うか、それ。


○清瀬委員長 


 それは議案通ってから……。


○林委員 


 じゃないと製本、基本的にしたらあかんでしょう。


○池田副委員長 


 そうしたら、資料はどうなるん。


 いや、今度は、こんな雑誌でこんなもん違います。


○林委員 


 ペーパーでしか、それはまた実質はかかっとってんかも知れへんけど。


○清瀬委員長 


 議長、審議がちゃんとできるように、資料等の提出は各、これはもう文教民生に限らずどれもそうですが、十分に資料提出できるようにということで言うていただきましたら、それでいいんじゃないかと思います。


○山上議長 


 副委員長言われるように、製本までいうのは、今まで審議する段階では製本までした経過私も記憶がないんですが、より詳しい資料は、とじはしてないですけども、1枚ものを重ねた分で資料を提示してますから。特に今回この3割近いアップというようなことにもなります、案としてね、というようなことですから、より慎重にやっぱり審議する、そのための資料は当然詳しいものを出してもらわないかんというように思いますので、それもよく理事者の方にしておきたいと思います。


○清瀬委員長 


 ほかにございませんか。


                〔「なし」の声あり〕


 ないようでしたら、私の方から。議案第55号なんですが、氷上多可衛生事務組合規約の変更について、これたしか定数2、西脇市からは選出が2から1になるというふうに新聞にも載ってましたけども、そうしますと、この議会構成等も再度見直して、指名し直さんといかんのん違うかと思うんですが、これはどういうふうに取り扱うんですか。この規約の変更について、通ってからですか。


○黒田事務局長 


 この議員さんの指名分になるんですけど、これにつきましては、4月1日が施行期日というふうに聞いております。それ以降にどなたに出ていただくのかというようなことを決めていただくということになります。


○清瀬委員長 


 そしたら、4月1日以降ということになりますと、それまでにやはり決めておかんといかんのと違いますか。多分、4月以降議会も開かれへんやろうし、こっちの方の氷上多可衛生事務組合の議会はいつごろ開かれるのかわかりませんが、いつ開かれてもいいような体制はつくっておかないかんのじゃないかと思うんですけどね。5月にできるやろうと、いや、組合議会が5月にあるさかいに、4月の途中で、これ、当然本会議で承認せなあかん人事案件やろうと思いますし、この3月でしとったらええんと違うんですか。


○山上議長 


 今、西脇の議会として関連するのが、今、おっしゃっとるその事務組合。そして今度3月20日付で加東市が誕生します。そういった関係から、医務事業組合、この関係もありまして、氷上の方は、今現在、黒田庄選出の2名がこの間確認をいただいて出ていただいとるんですが、それがこの間新聞にも載っておりましたように、西脇は1名ということになるということが決定をされたということです。その、今ありますように、施行日が18年4月1日ということですから。


○清瀬委員長 


 18年の。


○山上議長 


 18年4月1日ということですから。


 したがいまして、委員長言われるように、それに間に合うようにするためには、この3月議会でその委員の選出をし直しておかなきゃいかんのではないかという思いだと思うんですが、それ、この3月議会で決めるというその根拠がないと、18年4月1日からその法が施行されるわけですから、それまでに決めておくということには根拠がないということですから、4月1日以降にそれぞれの事務組合で確認されたものに基づく委員の選出をし直すということになるべしということですから、定例会6月になりますかね、それまでに間に合わないということであれば、臨時議会を開いてでも選出をし直すということをせざるを得ないということに思うんですが。


 医務事務組合の方は、これも関連ですからご報告しておきますが、今、西脇から1名、当て職として議長を務めるということになっとるんですが、これはその施設の設置された場所が議長を務めていただくというのが通例のようになっとるようですから、したがいまして、医務事務組合の方もこの18年4月1日からは、加東市が議長を務めるということに先般の委員会で確認されました。したがいまして、今まで西脇が当て職で議長で出ていたわけですが、18年4月1日以降は、西脇は副議長ということになるということが確認されております。これも4月以降の議会で確認をするということになるから、今するというその根拠がないということですので、ご理解をいただきたいと思います。


○黒田事務局長 


 先ほど、ちょっと私、説明間違っておったように思います。今、議長の方からもありましたように、実は減る組合と、それから1名から2名にふえる組合と、二通り出てくるわけでございますが、氷上多可衛生事務組合につきましては、2人が1人になるということでございまして、減るということに関しましては、1名の方が辞職をされればええんかなということで、それは個人の意思によるものやからということで、取り扱いは可能なんですが、私どもが聞いております規約の一部改正の内容によりますと、現議員さんは、この3月末をもって全員失職するというような附則がついておるようでございまして、今決めても、結局この3月いっぱいでその方も失職するというようなことになってしまいますので、あえて今決める必要はないのではないかというのがございます。


 それと、医務事務組合、これにつきましては、ふえるわけでございますが、これにつきましては、先ほど申しました効力の話がございまして、4月1日以降でないと、この規約の一部改正については、この内容は効力を発しませんので、今の時点で事前に選出するという、その根拠が何もないですよということでございます。


 言われてましたお話は、私ども事務局の方でも、選出してもらわんとあかんのと違うかという話もしておったんですが、最終的にいろいろと確認をいたしますと、先ほど申しましたような結果でございましたので、今回の会期中には新たな選出は行わないで、4月以降、6月の定例会の初めに選出をしていただくというような流れでどうかなというふうには整理をいたしておるところでございます。


○清瀬委員長 


 わかりました。


 ほかに委員さん、何か。


○坪木委員 


 何もあれやろう、議会の議決は要らんのやろう、別に。選出をするのに。


○林委員 


 議長の指名やね。


○坪木委員 


 そうやから、何も本会議別に開かんなんことないし、すんのやさかいに、別に何もこの、例えば、1人になんのやったら、次1人になったら、ここ、ほな次、ほな1人になったらこの人にいうて決めていたって別に構へんねん、別に、と思うんですよ。


○林委員 


 本会議の指名が要るん違うん。


○小西事務局主幹 


 各組合議会の方へ選出していただいております議員さんにつきましては、本会議で議長が指名をし、そして異議なし採決というところで効力が発します。この議決、可決をされたその日から、その議員は各組合の議員の任期の始まりということにもなっております。ですので、やはり本会議で選出、選任する必要がございます。


○坪木委員 


 それだけでせんならんこともあるわけやな、ほんなら。


○清瀬委員長 


 この3月20日の第3日目の本会議がそうやったな。似たようなことに。これ1件だけでしょう。3月20日に開かれる第3日目は、第80号だけのための本会議やね。


○小西事務局主幹 


 そうでございます。


○清瀬委員長 


 もうそれこそ開いて座って終わりや。


○坪木委員 


 本会議で指名せなあかんと書いとった。


○小西事務局主幹 


 議長が指名をして、そして、その指名を受けて、それを辞職もそうですから、結局許可みたいな形になると思います。その指名権は議長がお持ちになっておりまして、指名をするだけで、それを報告するとなると本会議で報告することになりますので。ただ、通常は異議なし採決をとって、これで指名いたします、御異議ございませんか、異議なしと。これでもう可決を見たということになっておるようなんですが。ただ、そのほかの組合もございましたので、他の実はちょっと、昨日、全国市議会の方にも念のために確認をしたんですけれども、議会で承認というか可決された議員が効力を発する、つまり任期が始まるということでございますので、やはり本会議でもってやるということだと解釈しております。


○坪木委員 


 そんなことで、組合議員を指名するだけで本会議を招集できるんか。


 そやから、わしは、せやから、議長が指名して承諾、承認を得たらそれでええねやさかいに、議員協議会ででも、議長がこれで異議ございませんか言うて、みんなそれでええ言うたらそれでええと思うんやけどな。というのは、本会議、その組合議員の指名するのに本会議招集、それでできるかでけへんのか。そんなのできる。


○小西事務局主幹 


 定例会が直近であれば、その定例会で諮ることになろうと思うんですが。


○坪木委員 


 よう研究しといてくれや。先のことやさかいに、よろしいよろしい。


○小西事務局主幹 


 これ臨時会ということになりますと、この議会が市長部局の方へ対応してくれという依頼を出さなければなりません。ということは、この組合の議員の、今でも選出しないと、例えば、その組合が、議会が運営できない状況下であるとかいった場合はやぶさかではないとは考えますが、通常はこういった法の改正に基づいたものでありましても、遡及がなければ、その直近の定例会で諮るべきではなかろうかと思っております。


○坪木委員 


 そうやわな。


 それは事務組合の方が適当に、こないして次の定例会やったら定例会のときにやってくれとかいうようなことで出てくると思うけども、臨時議会もそんな案件だけで開くいうことは、不可能に近いのんと違うか思うさかいに、そんなんいうてただけで。


○池田副委員長 


 そうですか。4月1日からということで、議会で議決したらあかんのか。その日からいうことで。


○林委員 


 物理的に無理ですよ。


○小西事務局主幹 


 この条例自体に施行期日、つまり公布をしなければ効力がないということで、施行期日を決めて議決を得るわけでございますけども、それと同様のことができないかというお尋ねやと思うんですが、その件につきましても、その全国市議会議長会に尋ねたんですけども、こういう人事案件についてはそういうことはないということで、その可決を得た日が効力を発する日であるということからすると、4月1日からですよということを前提にしてかけることはできないということで、これも他の議会にもその扱いは同等でございます。


○林委員 


 その議員出すのに、すべての議会で議決したやつを確認しないとできないからね。氷上も多可も、決まりましたな、ほな議員やめます言わなあきまへんねんで。最終日がずっと……終わりですよ、それ。


○坪木委員 


 さかのぼってやったら、責任もついて回ってくるがな。全部こっち側くるやん。


○林委員 


 物理的に無理、その日にやるということは。


○清瀬委員長 


 ほかにございませんか。


○小西事務局主幹 


 申しわけございません。この日程のところで1点だけお願いと申しましょうか、聞いていただければと思っております。実は先ほど委員長からもございましたように、議案第80号のその件でございますが、この80号、播磨内陸広域行政協議会を組織する地方公共団体の数の増及び規約の一部変更につきましては、加東市発足が3月20日ということもございまして、この日に上程してこの日に可決を得なければ、特例を使っておらない関係で、この協議会に問題が生じるというようなことがあって、20日にご無理を申し上げとるということで、理事者の方から聞いております。


 つきましては、この当日に議案を上程するといたしますと、議会運営委員会でその議案の取り扱い、そして、議員協議会で報告を配付と、議案配付ということになろうと考えておるわけでございますが、この議案の内容等をかんがみまして、この当日の議員協議会、議会運営委員会はきょうで確認をしていただいたということで、当日の議員協議会を省略して、当日議員さんに配付ということに、そういうことができないかというふうに提案申し上げたいと思うとんですけども、一度ご協議いただければと思います。


○清瀬委員長 


 今、事務局からご説明ありました。


○坪木委員 


 それでいいよ。


○清瀬委員長 


 それでよろしいですか。


               〔「異議なし」の声あり〕


 坂本委員、上田委員、異議ございませんか。


               〔「異議なし」の声あり〕


 それじゃあ、全委員、異議ないようでございますので、そのように取り扱いをしたいと思います。ご協力よろしくお願いします。


 ほかにありませんか。


                〔「なし」の声あり〕


 ないようですので、第2回西脇市議会の3月定例会の予定議案、それの取り扱いについて、その他署名議員等、予算委員会、決算委員会の委員の構成につきまして、これで終わりたいと思います。


 その次にその他。


○坂本委員 


 今回の議案等の用紙や冊子は、いつ配付されるんですか。もうきょうですか。


○黒田事務局長 


 配付といいますか、きょうと聞いております。若干遅くなるようでございますが、きょうじゅうには発送させていただきたいということでございます。


○坂本委員 


 もう1点、18年度の予算書がついて、当然ついてくるんですが、これはことしの分はそれでいいんですけど、17年度、昨年度の分で、例えば、私たち旧西脇市の人間は、昨年度の予算書も持ってますから、去年とことしの比較ができるんですが、例えば、昨年の17年度の黒田庄町の予算、これがわからんわけですね。ですから、これをぜひつけていただきたい。逆に黒田庄から出ておられる議員さんは、旧の西脇市の昨年度の予算書は多分ないはずなんですよね。お互いにクロスせないけませんから、この件もちょっとやっぱり財政課の方に依頼されて、ぜひ配付をお願いしたいという希望です。


○小西事務局主幹 


 坂本委員さんのおっしゃることは当然のことではなかろうかと考えております。早速財政課の方へ確認をとりたいところではございますが、例えば、旧の西脇市の議員さんの場合は、西脇市の旧の17年度の予算書はあるということで、黒田庄の議員さんについては、黒田庄の17年度の予算があるということで、お互いに旧の西脇市の議員さんには黒田庄の17年度の予算書を、そして、黒田庄にはその反対に西脇市の予算書を配付するということで、申し入れをしたいと思いますが、それでよろしいでしょうか。というわけで、部数がない場合、多分今からコピーなり印刷なりしてそろえていかなければならないのではないかと思いますので、きょう配付する数がもしあれば、一緒に配付してくれということの申し入れができると思うんですが、なければちょっとおくれることもあろうということで、ご了承願えれはと思うております。


○坂本委員 


 それで結構です。


○清瀬委員長 


 そういった、今、坂本委員さんのこういった資料の提出であります。十分な審議ができるように、再度資料については遺漏のないようにということで、ひとつ申し入れよろしくお願いいたします。


 そのほか、その他。


○山上議長 


 1点、議員提出議案という形でお願いしたいなと思ってる案件がございます。今、中央の方では、道路を特定財源、一般化すべしというようなことの流れになってきとるんですが、平成14年度にも議員提出議案ということで、道路財源の確保と、道路整備の促進を求める意見書ということでの採択をいただき、中央に意見書として上げていただいた経過があるんですが、一番直近では14年、それ以前も何回かあったように記憶をしとるんですが、今年度も兵庫県の方から市町の方に向けましてのそういった決議を上げていただきたいというような要請が来てるようなんです。森田技監の方からそういった要請がありまして、諮ってみようということにしとるんですが。14年度の経過を見ますと、建設経済常任委員会のメンバーでの提出議案ということで、本会議に提案をいただいて可決をいただいたということでありまして、同じものなんですが、そういったことでの建設経済の方で協議をしていただく中で、そういった取り扱いをしてはどうかなというように思ってるところです。ただ、建設経済には、その他のその他ということでの協議をいただくということでの場を組んでいただく中で、思いが整えば、そういった形で議員提出議案ということで提案をいただきたいなというように思っております。そういった点での、ひとつ協議をいただきたいなというように思います。


○清瀬委員長 


 今、議長の方から議員提出議案についての説明がございましたが、その件につきまして皆さんのご意見を伺いたいと思います。


○坪木委員 


 ずっとこれ、3カ年に1回ずつぐらいはローリングがあるねんね、ずっと。国の方でも、その財源の。そやから、その都度その都度、3年か5年かに1回ずつは必ず出てきよると思うんですわ。今まではほとんど建設経済常任委員会の中でやってきとると思うんです。これ県から直接言うてくるんや。もう国、その国土交通省から直轄で上がってくるんですわな。それで、正直言うて、国へ陳情に行っても、みんな印が入っとるねん。西脇市さん、陳情に一段落を、何か陳情に175、175は西脇市さん、どうも言うて、もうみんな県もどこも入っとんねん。入ってなかったら、これほんまに困るんやわ。それはまあそら向こうの勝手やねんけどね。やっぱり西脇市の場合いろいろ問題はあるのはあると思うんです、道路問題全体的に、全国的に見ていろいろあると思うんですけれども、特にその175のこのバイパス問題やとか、いろいろ国にお世話になっとる、県にお世話になっとることが多いんで、やっぱりこれ建設の方で十分一遍審議してもろうて、できるだけ出すようにしてもうたらどうですかな、どうしてもぐあいの悪いところは何も削ったってええと思うねん。ひな形ももう向こうから来とうやろうと思うんですわ。こうこう、こんなもんでこうして出してくれいうて、ぐあいの悪いところは削ってもええさかいに、やっぱり出すいうことに意義があるさかいに、そういう方向で建設の方で検討してもうたらどないでっしゃろうな。わしはそう思いますけど。


○山上議長 


 県の方からの要請なんですが、文面につきましては、それぞれ画一的なものではなしに、それぞれの地域に合った文面にしてもらいたいと、こういったことも今回はついておるようでして、今言われたように、175の西脇北バイパス、この西脇市の場合、特にここが大きなポイントですから、ここに照準を合わせたような文面でつくろうというような思いがあるようです。


 したがって、総論では、一般財源化、当然こうせないかん、福祉の方へ回さないかんとかいうような思いの方もおられるわけですけども、各論、地域からすると、今、言われましたようなこともありますので、できれば決意として上げていただくということがいいのではないかというふうに思いますので、建設経済の方でそういった方向で協議をいただいて、まとまればなというように思っておりますので、ほかの議員の皆さんの意見も聞きながら、そういった方向でお願いしたいなというように思います。


○清瀬委員長 


 ご意見はほかにございませんか。


                〔「なし」の声あり〕


 それじゃあ、建設経済委員会の委員長にも説明しないといけませんが、とりあえず付託するということで、議長に一任してよろしいでしょうか。


               〔「異議なし」の声あり〕


 異議もないようですので、そうしていただくことにいたします。


 そのほかにその他ございませんか。


○黒田事務局長 


 特に事務局はございません。


○清瀬委員長 


 委員さん、ございませんか。


                〔「なし」の声あり〕


 それじゃあ特にないようでございますので、議会運営委員会をこれで終わらせていただきます。


 皆さん方の慎重なご審議をいただきまして、ありがとうございました。


 ご苦労さまでございました。


                △閉会 午前11時00分








 平成18年2月23日





                            議会運営委員会


                            委員長  清 瀬 英 也