議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 西脇市

平成17年旧西脇市議会運営委員会( 2月 9日)




平成17年旧西脇市議会運営委員会( 2月 9日)





           平   成   16   年   度














     西 脇 市 議 会 議 会 運 営 委 員 会 会 議 録




















          平 成 17 年 2 月 9 日














            西 脇 市 議 会


 
               議会運営委員会会議録


1 開催月日      平成17年2月9日


2 開催時間      午前9時29分〜午前9時35分(会議時間6分)


3 開催場所      委員会室


4 出席委員


   委員長  坪 木 季 彦    副委員長  藤 本 邦 之


   委員   清 瀬 英 也    委員    是 常 吉 信


    〃   高 橋 博 久    〃     後 藤 泰 造


    〃   村 井 公 平


   議長   藤 原 正 嗣    副議長   林   晴 信


5 欠席委員      なし


6 欠  員      なし


7 説明のため出席した者の職氏名      なし


8 出席事務局職員


  事務局長  多 井 俊 彦   事務局主幹  藤 原 和 行


  書記    正 木 万貴子


9 傍聴議員


    坂 本   操    藤 原   教    北 詰 勝 之


10 協議事項


(1)期末手当の減額について


(2)その他





               △開会 午前9時29分


○坪木委員長 


 それでは、皆さん、おはようございます。


 きょうは、議員協議会の前ということでございますが、早くから集まっていただきました。急遽、皆様方にご相談をさせていただきたいということでお集まり願ったわけでございますけども、期末手当の減額についてということで協議をしていただくと。


 どうぞよろしくお願いいたします。


○藤原正議長 


 おはようございます。今委員長がおっしゃいましたように、期末手当の減額ということでひとつご相談をしていただきたいと。早くからご苦労さんでございますけど、よろしくお願いいたします。


○坪木委員長 


 それでは、早速でございますけども協議事項に入らせていただきます。


 期末手当の減額についてということでございます。


○多井事務局長 


 それでは、期末手当の減額措置につきまして、若干経過を交えまして説明をさせていただきたいと思います。


 平成13年から、市内の非常に厳しい経済情勢にかんがみましてという理由で、それから、理事者側の方は、市長が10%、助役が7%、収入役が5%という形で期末手当の減額を行っております。それに議会も連動いたしまして、同じ平成13年から5%の期末手当の減額を行っているところでございます。これは支給総額にマイナス5%という形で減額をいたしているところでございます。


 理事者側の方は、この期間が、別紙つけておりますように、平成17年の3月31日をもちまして減額の期間が満了をいたします。したがいまして、その後どうするかということで協議をしたようでございますが、理事者側の方は、これは合併の関係もありますので、引き続き9月30日までこれを継続するという方向で結論を出しておるようでございます。


 したがいまして、議会は、議員さんの期末手当をどうするかということにつきまして、さらに延長するのか、もうこれで復元をさすのかということのご協議を願いたいと思うところでございます。


 よろしくお願いいたします。


○坪木委員長 


 局長の説明が終わりましたんですけども、このことは、説明がございましたように平成13年度から始めております。議員さんは一応5%カットということで今まで来ておるんですけども、ことしの3月31日で一応切れますので、延長してはどうかということでございます。


 なお、同じように、また後でご相談願うんですけども、この議運のメンバーの議員提出議案ということで出してはどうかというようなことで、ひとつご協議をお願いしたいと思うんですけど、よろしくお願いいたします。


               〔「異議なし」の声あり〕


 それでは、議員提出議案でこの3月議会に提出をさせていただくということでよろしいですね。


 そのように決定をいたしました。


○多井事務局長 


 若干説明不足でございましたが、今、減額を9月30日まで継続をするという決定でございますので、委員長おっしゃいましたように、議運の委員さんの連名で議員提出議案、また、24日の議運でこの取り扱いが協議になると思いますが、今の事務局の考え方としては、先例に従いまして、初日に上程、即決というような取り扱いになろうかというふうに思うんですが、それはまた24日の3月議会の打ち合わせのときに確認をいただきましょうと思いますけども。


 それから、実質的に影響が出ますのは、これは6月の期末手当のみでございまして、9月30日までになりますので、12月は関係ないということになりますので、実質的には6月の期末手当が5%減額になると、そういう形に結果的にはなります。


○村井委員 


 この下の理由には延長の部分を消してあんねんけど、さっき、理事者の方は延長ということやったけど、その辺のとこは、理事者は延長で、議会は新たに出すという形にするのか、それとも両方ともあわせていくんか、その辺のとこはどないなんかね。


○多井事務局長 


 延長という形の表現はしないという。


○村井委員 


 ということやね。理事者の方もいうことですね。


○多井事務局長 


 ええ、そうです。


○村井委員 


 はい、わかりました。


○多井事務局長 


 あくまで、この期間の。結果的に延長になるんですが、延長という考え方は書類の上では出てこないんです。


○坪木委員長 


 ということでございます。


 それでは、そういうことでひとつよろしくお願いをいたします。


 次に、その他、何かございましたら。


 なければ、これで終わりたいと思います。


 ありがとうございました。


                △閉会 午前9時35分





 平成17年2月9日





                            議会運営委員会


                            委員長  坪 木 季 彦