議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 赤穂市

平成21年第2回定例会(第1日 6月 8日)




平成21年第2回定例会(第1日 6月 8日)





 
           平成21年第2回赤穂市議会(定例会)会議録





1.平成21年6月8日(月曜日)午前9時30分開会(於議場)





2.会議に出席した議員(20名)


   1番  釣   昭 彦          11番  籠 谷 義 則


   2番  汐 江 史 朗          12番  重 松 英 二


   3番  米 口   守          13番  有 田 光 一


   4番  木 下   守          14番  家 入 時 治


   5番  前 川 弘 文          15番  竹 内 友 江


   6番  瓢   敏 雄          16番  永 安   弘


   7番  松 原   宏          17番  川 本 孝 明


   8番  小 林 篤 二          18番  江 見 昭 子


   9番  村 阪 やす子          19番  田 端 智 孝


  10番  藤 本 敏 弘          20番  池 田 芳 伸





3.会議に出席しなかった議員


  な し





4.議事に関係した事務局職員


   事務局長  前 田 元 秀       書  記  尾 崎 雄 三


                       書  記  東 南 武 士





5.地方自治法第121条の規定による出席者


  市     長  豆 田 正 明    教  育  長  室 井 久 和


  副  市  長  明 石 元 秀    教 育 次 長  大 前 和 弘


  会計管理者    小 寺 康 雄    教 育 次 長  濱 田   学


  地域整備部長   吉 備 徳 治    消  防  長  家 根   新


  総 務 部 長  前 田 昌 久    上下水道部長   山 脇 再起男


  企画振興部長   橘   直 良    病院事務局長   矢 野 善 章


  市 民 部 長  網 本   等    監査事務局長   前 田 武 弘


  健康福祉部長   片 山 登志行    財 政 課 長  高 山 康 秀


  安全管理監    冨 永 惠 一    総 務 課 長  前 田 尚 志


                      企 画 課 長  三 谷 勝 弘





6.本日の議事日程


  日程第 1  会議録署名議員の指名


  日程第 2  会期及び議事日程の決定


         (委員長報告、質疑、表決)


  日程第 3  諸般の報告


  日程第 4


   報第10号  専決処分の報告について


    専第 3号 平成20年度赤穂市一般会計補正予算


    専第 4号 平成20年度赤穂市国民健康保険事業特別会計補正予算


    専第 5号 平成20年度赤穂市職員退職手当管理特別会計補正予算


   報第11号  平成20年度赤穂市一般会計予算の繰越しについて


   報第12号  平成20年度赤穂市水道事業会計予算の繰越しについて


          (一括上程、説明、質疑、討論、表決)


  日程第 5


   第 73号議案 平成21年度赤穂市一般会計補正予算


   第 74号議案 平成21年度赤穂市公共下水道事業特別会計補正予算


   第 75号議案 赤穂市税条例等の一部を改正する条例の制定について


   第 76号議案 赤穂市水道事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例の制


           定について


   第 77号議案 下水道管漏水事故に係る和解について


           (一括上程、説明)


  日程第 6


   第 78号議案 赤穂市監査委員の選任について


           (上程、説明、質疑、表決)


  日程第 7


   第 79号議案 平成21年度赤穂市一般会計補正予算


           (上程、説明)





7.本日の会議に付した事件


  議事日程に同じ





◎議長開会あいさつ





○議長(池田芳伸君) おはようございます。


 開会にあたりまして、一言御挨拶を申し上げます。     (午前9時30分)


 本日、平成21年第2回赤穂市議会定例会が招集され、ここに開会を宣する運びとなりましたことは、市政発展のためまことに御同慶に堪えません。


 さて、今期定例会に提案されます案件は、専決処分の報告をはじめ補正予算、条例の一部改正など、いずれも重要な案件でございます。


 慎重審議の上、適切妥当な結論が得られますようお願い申し上げまして、簡単措辞ではございますが、開会のあいさつといたします。





◎開会





○議長(池田芳伸君) これより平成21年第2回赤穂市議会定例会を開会いたします。





◎表彰状の伝達





○議長(池田芳伸君) 会議に先立ちまして、去る5月27日開催の第85回全国市議会議長会定期総会において、永年勤続議員として特別表彰されました有田光一議員に対して表彰状の伝達を行います。


 有田光一議員、前にお運び願います。(前壇へ)


 表彰状 有田光一殿 あなたは市議会議員として20年の永きにわたって市政の発展に尽くされ、その功績は特に著しいものがありますので、第85回定期総会にあたり本会表彰規程によって特別表彰をいたします 平成21年5月27日 全国市議会議長会会長 五本幸正。代読。


 どうもおめでとうございます。(表彰状伝達)(拍手)





◎感謝状の伝達





○議長(池田芳伸君) 次に同じく第85回全国市議会議長会定期総会において、全国市議会議長会評議員を務められた功績により感謝状が送られました永安 弘議員に対し感謝状を伝達いたします。


 永安 弘議員、前にお運び願います。(前壇へ)


 感謝状 赤穂市 永安 弘殿 あなたは全国市議会議長会評議員として会務運営の重責にあたられ、本会の使命達成に尽くされました功績は誠に顕著なものがありますので、第85回定期総会にあたり深甚なる感謝の意を表します 平成21年5月27日 全国市議会会長 五本幸正 代読。


 おめでとうございます。(感謝状伝達)(拍手)





◎市長あいさつ





○議長(池田芳伸君) この際、市長より発言を求められておりますので、これを許します。市長。


○番外市長(豆田正明君)(登壇) 先ほど全国市議会議長会より表彰状並びに感謝状の伝達を受けられました有田光一議員、永安 弘議員に一言お祝いを申し上げます。


 有田議員におかれましては、長年にわたる議会活動を通じ、地方自治の発展にお尽くしされましたことにより、また永安議員におかれましては、全国市議会議長会の役員として1年間全国的な立場で御活躍をいただいたことにより、それぞれこのたびめでたく御受賞となったわけでございます。


 その御労苦に対しまして、心から敬意と感謝を申し上げますとともに、お喜びを申し上げる次第でございます。


 どうか受賞された御二方におかれましては、今後ともますます御健勝にて御活躍いただき、赤穂市発展のため、なお一層の御尽力を賜りますようお願いを申し上げまして、まことに措辞ではございますが、お祝いのごあいさつとさせていただきます。本当におめでとうございます。(拍手)


○議長(池田芳伸君) 以上をもちまして、永年勤続議員表彰及び感謝状の伝達を終わります。





◎開議





○議長(池田芳伸君) ただいまから本日の会議を開きます。


 現在の出席議員数は20名であります。


 これより日程に入ります。





◎会議録署名議員の指名





○議長(池田芳伸君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は会議規則第117条の規定により議長において指名いたします。


 会議録署名議員に前川弘文議員、瓢 敏雄議員を指名いたします。





◎会期及び議事日程の決定





○議長(池田芳伸君) 次は日程第2、会期及び議事日程の決定を議題といたします。


 このことにつきましては、先般、議会運営委員会が開かれましたので、その経過並びに結果について、委員長より報告願うことにいたします。議会運営委員長 田端智孝議員。


○議会運営委員長(田端智孝君)(登壇)


 おはようございます。議会運営委員長報告を行います。


 今期定例会の議事運営につきまして、去る6月1日に議会運営委員会を開催いたしましたので、その経過並びに結果について御報告申し上げます。


 当委員会では、まず今期定例会に提出されます諸議案について当局より説明を聴取し、これを踏まえ、会期及び議事日程について慎重に協議いたしました結果、会期は本日より6月24日までの17日間とし、会期日程は御手元に配付いたしております日程表のとおりであります。


 本日は、まず当局から提出議案について説明を受け、報第10号ないし報第12号、第78号議案については、委員会の付託を省略してただちにこれを議了することといたしております。


 翌9日は議案熟読のため休会とし、10日午前9時30分から本会議を再開して、提出議案、請願に対する質疑を行い、終わった後、それぞれ所管常任委員会に付託して審査を煩わすことにいたしております。


 11日から6月21日までの11日間は休会とし、その間、11日には民生生活委員会、12日には建設水道委員会、15日には総務文教委員会をそれぞれ午前9時30分から開催願うことにいたしております。


 22日午前9時30分から本会議を再開し、一般質問を行い、翌23日午前9時30分から本会議を再開して一般質問を続行し、終わって後、付託議案、請願に対する委員長報告、質疑、討論、表決を行うことといたしております。


 議事の都合により24日を予備日とし、以上をもって今期定例会を閉会する予定であります。


 なお、追加議案の提案も予想されますので、あらかじめお含みおきのほどお願いいたします。


 以上のとおりでありますので、議員各位におかれましては、何とぞ当委員会決定どおり御賛同賜りますようお願い申し上げまして、議会運営委員長報告を終わります。


○議長(池田芳伸君) 議会運営委員長の報告は終わりました。


 ただいまの議会運営委員長報告に対しまして御質疑ございませんか。(なし)


 御発言がなければ、質疑を終結いたします。


 ただいまから表決を行います。


 今期定例会の会期並びに議事運営については、委員長報告のとおり行うことに御異議ございませんか。(異議なし)


 御異議なしと認めます。よって、今期定例会の会期は本日から24日までの17日間とし、その間の議事日程については、議会運営委員長報告どおり行うことに決定いたしました。





◎諸般の報告





○議長(池田芳伸君) 次は日程第3、諸般の報告であります。


 監査委員より、平成21年5月15日ないし5月28日執行の会計管理者の所管に属する平成20年度2月分の現金の出納及び保管の状況について、並びに平成21年5月15日ないし5月28日執行の水道、病院・介護老人保健施設事業管理者の所管に属する平成20年度2月分及び3月分の現金の出納及び保管の状況について、平成21年4月13日ないし6月2日執行の赤穂駅周辺整備株式会社にかかわる出資団体及び公の施設の指定管理者の監査について、それぞれ議長宛て結果報告書の提出がありましたので、その写しはその都度御手元まで送付させておりますが、この際御報告申し上げます。





◎議案一括上程





○議長(池田芳伸君) 次は日程第4、報第10号 専決処分の報告についてないし報第12号 平成20年度赤穂市水道事業会計予算の繰越しについてを一括議題といたします。





◎市長提案趣旨説明





○議長(池田芳伸君) これより上程議案に対する市長の提案趣旨説明を求めます。


 市長。


○番外市長(豆田正明君)(登壇) ただいま御上程をいただきました報告事件につきましてその趣旨を御説明申し上げます。


 まず、報第10号 専決処分の報告についてであります。


 専第3号 平成20年度赤穂市一般会計補正予算の専決処分につきましては、あらかじめ御了承をいただいておりました地方譲与税配当割交付金、地方特例交付金、地方交付税などの歳入の確定に伴います最終調整並びに特定財源の補正に伴います財源内訳の整理など、所要の予算補正を行ったものであります。


 また、財政調整基金につきましては、全体の財源調整から取り崩しを減額いたしております。


 次に専第4号 平成20年度赤穂市国民健康保険事業特別会計補正予算につきましては、共同事業医療費拠出金の執行にかかる最終調整を行ったものであります。


 次に専第5号 平成20年度赤穂市職員退職手当管理特別会計補正予算につきましては、退職手当給付金の確定に伴います最終調整を行ったものであります。


 次に報第11号 平成20年度赤穂市一般会計予算の繰越しについてであります。


 本件につきましては、定額給付金給付事業など14事業におきまして、繰越明許費にかかる歳出予算について、平成21年度へ繰越しを行ったものであります。


 次に報第12号 平成20年度赤穂市水道事業会計予算の繰越しについてであります。


 本件につきましては、新田配水管移設工事におきまして、事業の進捗に合わせ平成21年度へ予算の繰越しを行ったものであります。


 以上、提案いたしました報告案件につきまして御説明申し上げましたが、詳細につきましては、それぞれ担当部長から御説明いたしますので、何とぞ慎重御審議の上御承認を賜りますようお願いを申し上げます。


○議長(池田芳伸君) 市長の説明は終りました。





◎所管部長細部説明





○議長(池田芳伸君) 続いて所管部長の細部説明を求めます。前田総務部長。


○番外総務部長(前田昌久君) それでは議案の細部につきまして御説明申し上げます。


 御手元の平成21年6月第2回赤穂市議会定例会提出議案を御覧いただきたいと思います。


 2ページをお願いいたします。


 報第10号 専決処分の報告についてでございます。


 専第3号ないし専第5号につきましては、緊急を要するため、議会を招集する時間的余裕がなかったので、専決処分をさせていただいたものでありまして、その承認をお願いいたしたいものであります。


 御手元の別冊平成20年度赤穂市各会計補正予算書をお願いいたします。


 一般会計の1ページをお願いいたします。


 専第3号 平成20年度赤穂市一般会計補正予算についてでございます。


 第1条の歳入歳出予算の補正につきましては、歳入のみの補正でありまして、内容につきましては10、11ページをお願いいたします。


 歳入の2款 地方譲与税から12、13ページの10款 地方交付税までにつきましては、それぞれ交付額の確定に伴いまして補正を行ったものでございます。


 次に14、15ページをお願いいたします。


 21款 市債210万円の追加につきましては、一般公共事業にかかる財源対策債の配分によりまして、補正をいたしております。


 結果、18款2項7目の財政調整基金繰入金4,600万円の減額でもって財源調整いたしたものであります。


 次に16ページの歳出をお願いいたします。


 歳出の関係につきましては、市債の補正に伴います財源内訳の整理をいたしたものでございます。


 恐れ入りますが、6ページをお願いいたします。


 第2表 地方債の補正につきましては、先ほどの市債の補正によりまして、限度額の変更をいたしたものでございます。


 以上で専第3号の説明を終わらせていただきます。


 次に国保会計をお願いいたします。


 1ページをお願いいたします。


 専第4号 平成20年度赤穂市国民健康保険事業特別会計補正予算についてであります。


 歳入歳出予算の補正といたしまして、第1条におきまして、歳入歳出それぞれ3,427万7,000円を追加いたしまして、予算の総額を53億8,887万7,000円と定めたものでございます。


 内容につきましては8、9ページをお願いいたします。


 7款1項1目 共同事業医療費拠出金3,427万7,000円の追加につきましては、対象となります高額医療費の確定に伴い整理をいたしたものであります。


 次に6、7ページをお願いいたします。


 歳入につきましては、国庫支出金、県支出金、共同事業交付金、いずれも歳出の共同事業医療費拠出金の補正に見合う整理をいたしているものであります。


 以上で専第4号の説明を終わらせていただきます。


 次に退職会計をお願いいたします。


 1ページをお願いいたします。


 専第5号 平成20年度赤穂市職員退職手当管理特別会計補正予算についてであります。


 本会計につきましては、歳出予算のみの補正でありまして、内容につきましては4、5ページをお願いいたします。


 歳出につきましては、職員の退職手当の最終給付見込みによりまして、給付額を増額するとともに、病院事業会計の単年度収支差額分の基金積立金を3,000万円減額いたすものであります。


 以上で専第5号の説明を終わります。


 続きまして議案書の3ページをお願いいたします。


 報第11号 平成20年度赤穂市一般会計予算の繰越しについてであります。


 次のページを御覧ください。


 繰越明許費の繰越計算書でございますが、14件の事業につきまして平成21年度に繰越しを行ったものであります。


 説明につきましては、順番が前後いたしますが、一部国の平成20年度第2次補正予算に対応した事業につきまして一括して御説明させていただきます。


 まず6款2項の漁港区域内放置艇対策推進事業1,454万6,000円の繰越しにつきましては、福浦漁港整備にかかる工事請負費などであります。


 未収入特定財源につきましては、県補助金と地方債であります。


 次に7款1項 商工費におきまして、赤穂プレミアム商品券発行補助事業2,000万円の繰越しにつきましては、赤穂商工会議所への補助金であります。


 次のページ、8款5項の有年土地区画整理事業1,171万5,000円の繰越しにつきましては、物件移転補償費の清算払い分であります。


 未収入特定財源につきましては、地方債であります。


 恐れ入りますが、前のページに戻っていただきまして、3款2項 児童福祉費におきまして、子育て応援特別手当支給事業2,979万8,000円の繰越しにつきましては、子育て応援特別手当全額と給付事務費の一部であります。


 また7款1項 商工費におきまして、定額給付金給付事業8億2,718万3,000円の繰越しにつきましては、定額給付金全額と給付事務費の一部であります。


 これら2事業にかかります既収入特定財源及び未収入特定財源につきましては、いずれも国庫補助金であります。


 続きまして、その他の繰越事業につきましては、すべて国の平成20年度第2次補正予算にかかります地域活性化生活対策臨時交付金の対象事業でありまして、まず3款2項 児童福祉費におきまして、折方児童センター整備事業250万円の繰越しにつきましては、整備のための工事請負費であります。


 また、安全安心施設整備事業350万円の繰越しにつきましては、全保育所へのインターホン設置などの工事請負費であります。


 次に4款1項の排水路改良事業2,800万円の繰越しにつきましては、千鳥地区排水路改良のための工事請負費であります。


 次に7款1項の観光施設整備事業1,995万円の繰越しにつきましては、赤穂御崎桜てんぐす病対策としての工事請負費であります。


 次のページ、8款3項の河川改修事業525万円の繰越しにつきましては、鳴瀬川浸水対策としての工事請負費であります。


 次に9款1項の避難所施設整備事業1,700万円の繰越しにつきましては、備蓄倉庫と避難警報伝達用サイレンを整備するための備品購入費であります。


 次に10款 教育費におきまして、2項小学校費の安全安心施設整備事業380万円の繰越しにつきましては、フェンス設置、改修のための工事請負費であります。


 3項 中学校費の安全安心施設整備事業570万円の繰越しにつきましては、門扉改修などの工事請負費であります。


 また4項 幼稚園費の安全安心施設整備事業550万円の繰越しにつきましては、全幼稚園へのインターホン設置などの工事請負費であります。


 これら地域活性化生活対策臨時交付金の対象事業につきましては、未収入特定財源はすべて国庫補助金であります。


 以上で報第11号の説明を終わらせていただきます。


○議長(池田芳伸君) 山脇上下水道部長。


○番外上下水道部長(山脇再起男君) 続きまして、報第12号 平成20年度赤穂市水道事業会計予算の繰越しについてであります。


 次の7ページを御覧ください。


 建設改良費の繰越計算書でございますが、新田配水管移設工事につきまして、先発工事であるNTTが、当初計画より大幅に遅れた影響を受け、請負金額820万9,950円の全額を平成21年度に繰越しを行ったものであります。


 財源は全額損益勘定留保資金であります。


 説明は以上であります。





◎質疑・委員会付託の省略


 討論・表決





○議長(池田芳伸君) 所管部長の細部説明は終わりました。


 これより質疑に入ります。


 まず報第10号 専決処分の報告について、専第3号 平成20年度赤穂市一般会計補正予算について、御質疑ございませんか。(なし)


 次、専第4号 平成20年度赤穂市国民健康保険事業特別会計補正予算について、御質疑ございませんか。(なし)


 次、専第5号 平成20年度赤穂市職員退職手当管理特別会計補正予算について、御質疑ございませんか。(なし)


 次、報第11号 平成20年度赤穂市一般会計予算の繰越しについて、御質疑ございませんか。19番 田端智孝議員。


○19番(田端智孝君) この分につきまして、総務部長にお伺いしたいんですけれども、繰り越した事業については、いつまでに完了しようと考えてますのか、1点お伺いしたいと思います。


○議長(池田芳伸君) 前田総務部長。


○番外総務部長(前田昌久君) 繰越事業につきましては、この生活対策臨時交付金という形もありますので、なるべく早期に執行したいということで、現在やっております。


 ただ、この事業の内容が14事業ということで、中には御崎の桜てんぐす病等につきましては、時期的な関係もありますので、それらについては時期は遅れますけれども、そういう支障のないものについては、早期に事業を執行、現在もしておりますし、していきたいと考えております。


○議長(池田芳伸君) 19番 田端智孝議員。


○19番(田端智孝君) 早期にというて、期限は切ってくれなかったわけですけれども、この事業につきましては、部長の説明にもありますように、地域活性化生活対策交付金として国から降りてきているわけですね。


 今現在、大変市民の皆さんは不況に立たされているわけなんでございます。


 そういった関係からですね、市民の業者の皆さんにですね、少なくとも上期中には完了するような考えはございませんか。


○議長(池田芳伸君) 前田総務部長。


○番外総務部長(前田昌久君) 先ほども御説明させていただきましたけれども、事業によりましては、どうしても冬場ということで、年度内と言いますか、になる事業もございますので、その辺りは御理解いただきたいと思います。


 できる事業につきましては、もうすでに工事発注もいたしておりますし、そして地元調整等も必要な避難所の整備等の関係につきましては、地元調整もありますので、それらを早急にやって、なるべく早い時期の工事完了なりを目指していきたいと思っております。


○議長(池田芳伸君) 次、報第12号 平成20年度赤穂市水道事業会計予算の繰越しについて、御質疑ございませんか。17番 川本孝明議員。


○17番(川本孝明君) 1点お尋ねしておきたいと思います。


 この工事については、NTTの工事が大幅に遅れたということですけれども、具体的にですね、どのようなことで遅れているのでしょうか。


 この完了予定ですけれども、これもこの工事非常に長い時間かかっていると思うんですね。完了予定はいつになっているんですか。


 また、NTTに対して、工事が遅れたことについての遅延の損害とか、そういうことは求められないものか、どうされるのか、お尋ねしておきたいと思います。


○議長(池田芳伸君) 山脇上下水道部長。


○番外上下水道部長(山脇再起男君) まず1点のNTTの遅れた関係でございますけれども、これにつきましても、光ファイバーの移設の工事が、関係機関との協議が非常に遅延したということで、その関係で水道工事についても遅れております。


 2点目の期間の関係でございますが、5月の下旬にこの本工事はもう完工いたしております。


 それとNTTに損害を求めるかどうかでございますが、これにつきましては、工事の箇所が250号線でございまして、水道につきましても、国の許可を取ってそこに布設しておるということでございますので、工事が遅れたことによって補償を求めるといったものではございません。以上でございます。


○議長(池田芳伸君) 他に御発言がなければ、これをもって上程議案に対する質疑を終結いたします。


 この際お諮りいたします。ただいま上程中の諸議案は、会議規則第38条第2項の規定により委員会の付託を省略いたしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。(異議なし)


 御異議なしと認めます。よって、ただいま上程中の諸議案は委員会の付託を省略することに決しました。


 これより討論に入ります。討論については通告を受けておりませんので、これをもって討論を終結いたします。


 これより表決に入ります。


 まず報第10号 専決処分の報告について採決いたします。


 お諮りいたします。本案は原案のとおり承認することに御異議ございませんか。(異議なし)


 御異議なしと認めます。よって報第10号は原案のとおり承認することに決しました。


 次、報第11号 平成20年度赤穂市一般会計予算の繰越しについて採決いたします。


 お諮りいたします。本案は原案のとおり承認することに御異議ございませんか。(異議なし)


 御異議なしと認めます。よって報第11号は原案のとおり承認することに決しました。


 次、報第12号 平成20年度赤穂市水道事業会計予算の繰越しについて採決いたします。


 お諮りいたします。本案は原案のとおり承認することに御異議ございませんか。(異議なし)


 御異議なしと認めます。よって報第12号は原案のとおり承認することに決しました。





◎議案一括上程





○議長(池田芳伸君) 次は日程第5、第73号議案 平成21年度赤穂市一般会計補正予算ないし第77号議案 下水道漏水事故に係る和解についてを一括議題といたします。





◎市長提案趣旨説明





○議長(池田芳伸君) これより上程議案に対する市長の提案趣旨説明を求めます。


 市長。


○番外市長(豆田正明君)(登壇) ただいま御上程をいただきました議案につきまして、その趣旨を御説明申し上げます。


 まず第73号議案 平成21年度赤穂市一般会計補正予算についてであります。


 最近の経済環境につきましては、景気は厳しい状況にあるものの、このところ、悪化のテンポが緩やかになってきておりますが、先行きについては、当面、雇用情勢が悪化する中で厳しい状況が続くと見込まれ、加えて世界的な金融危機の影響や世界景気の下振れ懸念など、景気をさらに下押しするリスクが存在することには留意する必要があると言われております。


 このような経済環境の下、政府においては当面は景気対策、中期的には財政再建、中長期的には改革による経済成長という3段階で経済財政政策を進めることとし、当面、景気対策を最優先で進めるため、総額75兆円程度の経済対策を着実に実施することとしております。


 このため、本市におきます市政運営につきましては、国の経済危機対策に対応する一方、税収の確保に努めながら、引き続き節度ある財政運営を図ってまいりたいと考えております。


 今回の補正予算につきましては、事業実施面から緊急を要する事業の補正を行ったものでありまして、補正総額は1,210万6,000円であります。


 その内容につきましては、投資的経費で、津波、高潮危機管理対策事業1,000万円の追加、臨時的経費で競輪事業訴訟対策経費など210万6,000円の追加となっております。


 なお、歳入につきましては、歳出に見合う国庫支出金、基金繰入金、市債並びに市税でもって均衡を図っております。


 次に第74号議案 平成21年度赤穂市公共下水道事業特別会計補正予算についてであります。


 本会計につきましては、下水道管漏水事故にかかる賠償金の追加を行うものであります。


 次に第75号議案 赤穂市税条例等の一部を改正する条例の制定についてであります。


 本案は、地方税法等の改正に伴い、個人の市民税におきまして住宅ローン特別控除及び土地等の長期譲渡所得にかかる特別控除を創設するとともに、固定資産税におきまして、新築住宅に対する固定資産税の減額の規定の適用について、認定長期優良住宅にかかる特例措置の創設により所要の規定の整備を行いますほか、それぞれ適用条文の整理を行うものであります。


 次に第76号議案 赤穂市水道事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例の制定についてであります。


 本案は、北部水道事業の変更認可に伴い、関係数値の整理を行うものであります。


 次に第77号議案 下水道管漏水事故に係る和解についてであります。


 本案は、赤穂市御崎における下水道管漏水事故につきまして、掲記の和解内容のとおり解決を図りたく提案いたすものであります。


 詳細につきましては、それぞれ担当部長から御説明いたしますので、何とぞ慎重審議の上御決定を賜りますようお願いを申し上げます。


○議長(池田芳伸君) 市長の説明は終わりました。





◎所管部長細部説明





○議長(池田芳伸君) 続いて所管部長の細部説明を求めます。前田総務部長。


○番外総務部長(前田昌久君) それでは議案の細部につきまして御説明申し上げます。


 第73号議案 平成21年度赤穂市一般会計補正予算についてであります。


 別冊の平成21年6月赤穂市各会計補正予算書と提出議案参考資料をお願いいたします。


 一般会計の1ページをお願いいたします。


 歳入歳出予算の補正といたしまして、第1条におきまして、歳入歳出それぞれ1,210万6,000円を追加いたしまして、予算の総額を190億809万円と定めたいものでございます。


 内容につきましては、議案参考資料2ページの資料1を御覧いただきたいと存じます。


 まず1の投資的経費でございますが、1番の津波・高潮危機管理対策事業1,000万円の追加につきましては、国の認証追加により、福浦漁港の護岸整備のための測量土質調査設計業務の委託料が主なものであります。


 次に2の臨時的経費でございますが、1の競輪事業訴訟対策経費179万1,000円の追加につきましては、阪急電鉄株式会社との訴訟終結に伴う訴訟代理人への委託料であります。


 2番の通行妨害排除等請求事件訴訟対策経費31万5,000円の追加につきましては、原告の請求が棄却されたことに伴う弁護士への委託料であります。


 臨時的経費につきましては210万6,000円の追加であります。


 以上、投資、臨時合わせまして1,210万6,000円の追加補正となってございます。


 それでは恐れ入りますが、予算書の方へ戻っていただきまして、予算書の8、9ページをお願いいたします。


 歳入の関係でございます。


 一般財源といたしましては、1款 市税におきまして、償却資産にかかる固定資産税80万円を追加いたしております。


 特定財源につきましては、国庫補助金、基金繰入金、市債などそれぞれの事業にかかります補正を行うものであります。


 次に4、5ページをお願いいたします。


 第2表 地方債の補正につきましては、今回の補正に伴います地方債の限度額の変更をいたすものでございます。


 以上で一般会計補正予算の説明を終わりまして、次に下水道会計の1ページをお願いいたします。


 第74号議案 平成21年度赤穂市公共下水道事業特別会計補正予算についてであります。


 歳入歳出予算の補正といたしまして、第1条におきまして、歳入歳出それぞれ43万4,000円を追加し、予讃の総額を35億8,733万4,000円と定めたいものでございます。


 歳出についてでありますが、8、9ページをお願いいたします。


 1款1項1目 下水道総務費におきまして、別号議案でお願いいたしております下水道管漏水事故にかかる賠償金43万4,000円の補正であります。


 6、7ページをお願いいたします。


 歳入につきましては、下水道賠償責任保険からの保険金であります。


 以上で下水道会計の説明を終わらせていただきます。


 続きまして議案書の8ページ、議案参考資料につきましては3ページ、資料2をお願いいたします。


 第75号議案 赤穂市税条例等の一部を改正する条例の制定についてであります。


 本条例につきましては、地方税法等の一部改正に伴いまして整理をいたすものであります。


 参考資料3ページの第53条第6項につきましては、条文中の土地改良法の適用規定が、農地法等の一部を改正する法律の施行により削除されたため条文の整理をいたすものであります。


 同条第7項につきましては、地方税法施行規則の改正に伴い、条文の整理をいたすものであります。


 次に4ページの付則第7条の3第1項につきましては、次の第7条の3の2の住宅ローン特別控除創設に伴い条文の整理をいたすものであります。


 同条第3項につきましては、第7条の3の2の創設に伴い、適用要件の整合性を図るため、当該条文の削除をいたすものであります。


 次に4ページから5ページにかけての第7条の3の2につきましては、第1項におきまして、平成21年分以降の所得税において、住宅借入金等特別税額控除の適用があるもので、平成21年から平成25年までの間に入居した者について、10年間所得税の住宅ローン控除可能額のうち、所得税において控除できなかった額については、翌年度の個人市民税において5万8,500円を限度として特別税額控除することといたすものであります。


 第2項におきまして、前項の規定が適用される要件について規定し、第3項におきまして、適用条文の整理をいたすものであります。


 次に6ページの付則第8条第2項につきましては、住宅ローン特別控除創設に伴い、条文の整理をいたすものであります。


 付則第10条の2第2項につきましては、平成21年6月4日から平成22年3月31日までに新築された認定長期優良住宅について固定資産税を5年度分に限り2分の1に減額する措置が創設されたことに伴い、固定資産税の減額の規定の適用を受けようとする者がすべき申告について、新たに規定いたすものであります。


 第2項の創設によりまして、次項以下順次項の繰り下げを行い、第7項及び第8項におきましては、適用条文の整理をいたすものであります。


 7ページの付則第16条の3から9ページの付則第16条の4にかけましては、新たに住宅ローン特別控除が創設されたことに伴う条文の追加及び整理をいたすものであります。


 9ページの付則第17条第1項につきましては、租税特別措置法の改正により土地等の長期譲渡所得にかかる特別控除が創設され、平成21年または22年に取得した土地を譲渡した場合、所有期間5年を越えるものについては1,000万円の特別控除を適用いたすものであります。


 同条第3項につきましては、住宅ローン特別控除創設に伴う条文の整理をいたすものであります。


 10ページの付則第17条の2第3項につきましては、租税特別措置法の改正により平成21年及び22年に、土地等の先行取得をした場合の課税の特例の創設に伴い条文の整理をいたすものであります。


 10ページから12ページにかけての付則第18条第5項及び付則第19条第2項につきましては、住宅ローン特別控除創設に伴う条文の整理をいたすものであります。


 次に12ページの付則第19条の2につきましては、特定保有株式にかかる課税の特例の創設に伴い、見出しの変更を行いますほか、条文の整理をいたすものであります。


 13ページの付則第20条第2項及び14ページの同条第6項につきましては、租税特別措置法の改正に伴う条文の整理をいたすものであります。


 14ページの付則第20条の2第1項につきましては、先物取引にかかる雑所得等にかかる個人の市民税の課税の特例としてカバードワラントと言われる金融商品の譲渡及び差金等決済について、他の先物取引にかかる雑所得の課税と同様に、3%の分離課税とすることとされたため、条文の整理をいたすものであります。


 また14ページから16ページにかけての付則第20条の2第2項、付則第20条の4第2項及び同条第5項につきましては、住宅ローン特別控除創設に伴います条文の整理をいたすものであります。


 続きまして議案参考資料の16ページ、赤穂市税条例の一部を改正する条例の一部改正についてであります。


 16ページから17ページにかけての第1条につきましては、次の第2条において第3項が削除されたことに伴い、それぞれ項を繰り上げ整理いたすものであります。


 17ページの第2条につきましては、第5項を削除し、第6項から第12項まで1つずつ繰り上げ、第13項及び第15項を削除し、それぞれ項の整理をいたすものであります。


 第8項につきましては、上場株式等の配当所得を受ける期間を平成23年12月31日まで1年間延長するとともに、上場株式等にかかる課税配当所得の100万円の金額区分を削除し、市民税の所得割の額を上場株式等にかかる課税配当所得等の100分の1.8に相当する額といたすものであります。


 18ページの第11項につきましては、項の削除に伴い条文の整理をいたすものであります。


 19ページの第15項につきましては、上場株式等の譲渡益を受ける期間を平成23年12月31日まで1年間延長するとともに、上場株式等にかかる譲渡益の500万円の金額区分を削除し、市民税の所得割の額を上場株式等にかかる課税譲渡所得等の100分の1.8に相当する額といたすものであります。


 20ページの第20項につきましては、条約適用配当等を受ける期間を平成23年12月31日まで一年間延長することといたすものであります。


 恐れ入りますが、議案書の11ページをお願いいたします。


 なお、付則といたしまして、本条例は交付の日から施行いたしたいものであります。


 ただし、第1条の各号に列記いたしております規定につきましては、当該各号に定める日から施行いたしたいものであります。


 また12ページの第2条には、市民税に関する経過措置を、第3条には固定資産税に関する経過措置をそれぞれ定めております。


 以上で、赤穂市税条例等の一部を改正する条例の説明を終わります。


○議長(池田芳伸君) 山脇上下水道部長。


○番外上下水道部長(山脇再起男君) 続きまして議案書13ページ、議案参考資料につきましては、末尾21ページ資料3をお願いいたします。


 第76号議案 赤穂市水道事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例の制定についてであります。


 本条例につきましては、北部上水道につきまして、現行条例は昭和50年に認可を受けた数値でありますが、今回、東有年水源地整備にかかる認可変更に合わせて、有年土地区画整理事業の計画も含めた給水人口及び1日最大給水量を推計し、見直しを図りたいものであります。


 その内容といたしましては、給水人口につきましては5,800人を5,400人に、1日最大給水量につきましては、2,840m3を3,030m3に変更いたしたいものであります。


 なお、付則としまして、本条例は交付の日から施行いたしたいものであります。


 説明は以上でございます。


○議長(池田芳伸君) 前田総務部長。


○番外総務部長(前田昌久君) 続きまして第77号議案 下水道管漏水事故に係る和解についてであります。


 議案書の14ページをお願いいたします。


 本件事故の内容につきましては、去る平成20年11月10日、赤穂市御崎1307番2地先において、下水道管からの漏水により、道路下に位置する赤穂市御崎1307番地の2井筒一成氏が所有する家屋の床下に汚水が侵入し、土間の汚染及び床材等が損傷したものであります。


 和解の内容といたしましては、市が相手方に損害賠償金として43万3,650円を支払うことといたしたいものであります。


 以上で説明を終わらせていただきます。


○議長(池田芳伸君) 所管部長の細部説明は終わりました。





◎議案の上程





○議長(池田芳伸君) 次は日程第6、第78号議案 赤穂市監査委員の選任についてを議題といたします。





◎市長提案趣旨説明





○議長(池田芳伸君) これより上程議案に対する市長の提案趣旨説明を求めます。


 市長。


○番外市長(豆田正明君)(登壇) ただいま御上程をいただきました第78号議案 赤穂市監査委員の選任について御説明を申し上げます。


 本市監査委員 大島靖彦氏が平成21年6月30日をもって任期満了と相なりますが、引き続き同氏を適任と考えまして選任いたしたく、地方自治法第196条第1項の規定により、その同意をお願いする次第であります。


 どうぞよろしくお願いを申し上げます。





◎質疑・議事順序の省略・表決





○議長(池田芳伸君) 市長の説明は終わりました。


 これより質疑に入ります。第78号議案 赤穂市監査委員の選任について御質疑ございませんか。(なし)


 御発言がなければ、これをもって質疑を終結いたします。


 この際お諮りいたします。ただいま上程中の議案は、議事の順序を省略して直ちに表決に入りたいと存じますが、これに御異議ございませんか。(異議なし)


 御異議なしと認めます。よってさよう決します。


 これより表決に入ります。


 第78号議案 赤穂市監査委員の選任について採決いたします。


 お諮りいたします。本案は原案のとおり同意することに御異議ございませんか。(異議なし)


 御異議なしと認めます。よって第78号議案は原案のとおり同意することに決しました。


 本会議を10時40分まで休憩いたします。


        (午前10時22分)


         (休   憩)


○議長(池田芳伸君) 本会議を再開いたします。


        (午前10時40分)





◎議案の上程





○議長(池田芳伸君) 次は日程第7、第79号議案 平成21年度赤穂市一般会計補正予算を議題といたします。





◎市長提案趣旨説明





○議長(池田芳伸君) これより上程議案に対する市長の提案趣旨説明を求めます。


 市長。


○番外市長(豆田正明君)(登壇) ただいま御上程をいただきました議案につきましてその趣旨を御説明申し上げます。


 第79号議案 平成21年度赤穂市一般会計補正予算についてであります。


 本補正予算につきましては、補正総額2億円を追加いたすものであります。


 その内容につきましては、投資的経費及び臨時的経費とともに、国の平成21年度第1次補正予算の地域活性化経済危機対策臨時交付金に対応する事業の追加を行うものであります。


 なお、歳入につきましては国庫支出金及び市税でもって均衡を図っております。


 詳細につきましては担当部長から御説明いたしますので、何とぞ慎重御審議の上御決定を賜りますようお願いを申し上げます。


○議長(池田芳伸君) 市長の説明は終わりました。





◎所管部長細部説明





○議長(池田芳伸君) 続いて所管部長の細部説明を求めます。前田総務部長。


○番外総務部長(前田昌久君) それでは議案の細部につきまして御説明申し上げます。


 第79号議案 平成21年度赤穂市一般会計補正予算についてであります。


 別冊の平成21年6月赤穂市一般会計補正予算書と提出議案参考資料(その2)をお願いいたします。


 一般会計補正予算書の1ページをお願いいたします。


 歳入歳出予算の補正といたしまして、第1条におきまして、歳入歳出それぞれ2億円を追加いたしまして、予算の総額を192億809万円と定めたいものでございます。


 内容につきましては、議案参考資料2、3ページの資料1を御覧いただきたいと存じます。


 説明につきましては、4、5ページの資料2の地域活性化経済危機対策臨時交付金事業一覧表に基づきまして御説明申し上げます。


 今回の追加補正につきましては、国の平成21年度第1次補正予算に対応して事業実施を予定いたしているものでございます。


 なお、事業費欄の2段書きにつきましては、上段がそれぞれの事業にかかる事業費でありまして、括弧書きの金額につきましては、地域活性化経済危機対策臨時交付金の充当額であります。


 1の庁舎整備費290万円につきましては、防火シャッター改良工事として2階の4箇所において、危害防止装置を設置するものであります。


 2の公害測定機器等整備事業1,330万円につきましては、大気汚染物質測定機器の更新を行うものであります。


 3の保育所整備事業800万円につきましては、遊戯室などの冷房設備整備として200万円、冷凍冷蔵庫や消毒保管器を設置する調理環境改善施設整備として220万円、4保育所における遊具施設整備として380万円を予定いたしております。


 4の清掃車輌等整備事業1,620万円につきましては、粗大ごみ処理施設におけるフォークリフト及びミニショベル、また不燃物最終処分場における油圧ショベルの更新を図るものであります。


 5の農業用施設整備事業1,580万円につきましては、山手町から元町にかけましての水路堆積土砂等浚渫ほかといたしまして400万円、有年楢原地区の水路改修工事として500万円、木津地区の赤穂用水路への防護柵設置工事として680万円を予定いたしております。


 6の道路橋梁整備事業1,800万円につきましては、御崎福浦遊歩道線改修工事として800万円、その他市内一円の道路修繕工事として1,000万円を予定いたしております。


 7の河川改修事業3、200万円につきましては、浸水対策工事として周世の黒谷川においてはかさ上げ工事を2,700万円で、有年横尾の谷内川においては擁壁工事を500万円で予定いたしております。


 8の耐震対策補強事業300万円につきましては、IS値が0.3未満である赤穂西中学校屋内運動場の耐震補強工事を行うための実施設計委託料であります。


 9の文化財施設整備事業160万円につきましては、旧坂越浦会所のシロアリ防除、トイレ改修工事などであります。


 10の市民会館整備事業1,400万円につきましては、市民会館外壁の改修工事及び屋上の防水工事を行うものであります。


 11の民俗資料館整備事業150万円につきましては、民俗資料館の樋塗装補修及びブロック塀の改修工事を行うものであります。


 12の歴史博物館整備事業450万円につきましては、歴史博物館の防かび塗装などの外壁改修工事を行うものであります。


 次のページ13の海洋科学館整備事業1,540万円につきましては、海洋科学館の空調機改修工事として、空冷ヒートポンプの取り替え及び外壁等改修工事として屋上防水シートの取り替えなどを行うものであります。


 14の文化会館整備事業1,400万円につきましては、文化会館の大ホール及び小ホールにおきまして、舞台機構改修工事としてワイヤーロープ交換を行うものであります。


 15の地区体育施設整備事業450万円につきましては、赤穂及び塩屋青少年武道館の床下の防蟻工事を行うものであります。


 16の給食センター整備事業1,730万円につきましては、食器セットやはんかんなどの給食器更新で1,030万円、また焼き物機ダクト改修や調理室床整備工事などで700万円を予定いたしております。


 以上、投資的経費につきましては1億8,200万円の補正となるものでございます。


 以下、臨時的経費につきまして御説明申し上げます。


 次に17の環境基本計画推進事業19万円につきましては、平成20年度に策定いたしました地球温暖化対策地域推進計画の概要版を作成し、全戸配布いたすものであります。


 18の観光客誘致促進事業181万円につきましては、観光ガイドマップの増刷と中国語、韓国語による観光パンフレットを作成いたすものであります。


 19の通信指令設備整備事業410万円につきましては、消防緊急通信指令設備にかかる無停電電源設備を5基分更新いたすものであります。


 20の新型インフルエンザ感染防止対策事業530万円につきましては、新型インフルエンザ対策行動計画作成のための経費とインフルエンザ等感染症患者の救急搬送対応及び消防職員の感染予防対策としての感染防止用資機材整備並びにサージカルマスクや警備用消毒剤などの拡大抑制資機材を整備いたすものであります。


 21の簡易発信位置表示システム整備事業320万円につきましては、携帯、IP電話からの119番緊急通報を受信する装置を整備いたすものであります。


 22の西播磨広域防災備蓄物資整備事業340万円につきましては、地震、風水害等の災害に備え、真空パック毛布及び救急箱を整備いたすものであります。


 以上、臨時的経費につきましては1,800万円の補正となるものでございます。


 今回の補正につきましては、投資、臨時合わせまして2億円の追加補正となるものでございますが、1億8,297万8,000円につきましては、地域活性化経済危機対策臨時交付金として国からの配分額に基づくものであります。


 恐れ入りますが、予算書の方へ戻っていただきまして、予算書の8、9ページをお願いいたします。


 歳入の関係につきましては、一般財源といたしまして、1款 市税におきまして、固定資産税の償却資産分1,700万円を追加いたしております。


 特定財源につきましては、地域活性化経済危機対策臨時交付金としての国庫補助金を追加補正いたしております。


 以上で一般会計補正予算の説明を終わらせていただきます。


○議長(池田芳伸君) 所管部長の細部説明は終わりました。


 以上で、本日の日程は全部終了いたしました。





◎日程通告・散会宣告





○議長(池田芳伸君) 次の本会議は来る10日午前9時30分から再開いたします。


 なお、一般質問の通告期限は来たる6月15日正午までといたしておりますので、この際御報告申し上げておきます。


 本日はこれにて散会いたします。御苦労さまでした。


      (午前10時50分)





                  ( 了 )


 地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。








 赤穂市議会 議  長  池 田 芳 伸





       署名議員  前 川 弘 文





       署名議員  瓢   敏 雄