議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 赤穂市

平成21年第3回臨時会(第1日 5月29日)




平成21年第3回臨時会(第1日 5月29日)





 
           平成21年第3回赤穂市議会(臨時会)会議録





1.平成21年5月29日(金曜日)午前9時30分開会(於議場)





2.会議に出席した議員(20名)


   1番  釣   昭 彦          11番  籠 谷 義 則


   2番  汐 江 史 朗          12番  重 松 英 二


   3番  米 口   守          13番  有 田 光 一


   4番  木 下   守          14番  家 入 時 治


   5番  前 川 弘 文          15番  竹 内 友 江


   6番  瓢   敏 雄          16番  永 安   弘


   7番  松 原   宏          17番  川 本 孝 明


   8番  小 林 篤 二          18番  江 見 昭 子


   9番  村 阪 やす子          19番  田 端 智 孝


  10番  藤 本 敏 弘          20番  池 田 芳 伸





3.会議に出席しなかった議員


  な し





4.議事に関係した事務局職員


   事務局長  前 田 元 秀     書  記  尾 崎 雄 三


                     書  記  東 南 武 士





5.地方自治法第121条の規定による出席者


  市     長  豆 田 正 明    教  育  長  室 井 久 和


  副  市  長  明 石 元 秀    教 育 次 長  大 前 和 弘


  会計管理者    小 寺 康 雄    教 育 次 長  濱 田   学


  地域整備部長   吉 備 徳 治    消  防  長  家 根   新


  総 務 部 長  前 田 昌 久    上下水道部長   山 脇 再起男


  企画振興部長   橘   直 良    病院事務局長   矢 野 善 章


  市 民 部 長  網 本   等    監査事務局長   前 田 武 弘


  健康福祉部長   片 山 登志行    財 政 課 長  高 山 康 秀


  安全管理監    冨 永 惠 一    総 務 課 長  前 田 尚 志


                      企 画 課 長  三 谷 勝 弘





6.本日の議事日程


  日程第 1  会議録署名議員の指名


  日程第 2  会期及び議事日程の決定


         (委員長報告、質疑、表決)


  日程第 3


   第69号議案 議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例の制定


          について


   第70号議案 特別職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定につ


          いて


   第71号議案 職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について


   第72号議案 赤穂市教育委員会教育長の給与等に関する条例の一部を改正する条


          例の制定について


          (一括上程、説明、質疑、討論、表決)





7.本日の会議に付した事件


  議事日程に同じ





◎議長開会あいさつ





○議長(池田芳伸君) おはようございます。


 開会に先立ちまして、一言御挨拶を申し上げます。     (午前9時30分)


 議員はじめ理事者各位には、御多忙の中御参集を賜り、本日ここに平成21年第3回赤穂市議会臨時会が開催できますことは、市政発展のためまことに御同慶に堪えません。


 さて、今期臨時会に付議されます諸議案は、職員の給与に関する条例の一部を改正する条例など、先の人事院給与勧告に準じ、職員の給与等改正を行うものであります。


 議員各位には慎重審議の上、適切妥当な結論が得られますようお願い申し上げまして、簡単ではございますが、開会のあいさつとさせていただきます。





◎開会・開議





○議長(池田芳伸君) これより平成21年第3回赤穂市議会臨時会を開会し、直ちに本日の会議を開きます。


 現在の出席議員数は20名であります。


 なお、議会に常時出席する説明員のうち、選挙管理委員会書記長併せ公平委員会書記長 笹岡進君が公務のため欠席の通告がありましたので、御了承願います。


 これより日程に入ります。





◎会議録署名議員の指名





○議長(池田芳伸君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は会議規則第117条の規定により議長において指名いたします。


 会議録署名議員に米口 守議員、木下 守議員を指名いたします。





◎会期及び議事日程の決定





○議長(池田芳伸君) 次は日程第2、会期及び議事日程の決定を議題といたします。


 このことにつきましては、先般、議会運営委員会が開かれましたので、その経過並びに結果について、委員長より報告願うことにいたします。議会運営委員長 田端智孝議員。


○議会運営委員長(田端智孝君)(登壇)


 おはようございます。議会運営委員長報告を行います。


 今期臨時会の議事運営について、去る5月22日に議会運営委員会を開催いたしましたので、その経過並びに結果について御報告申し上げます。


 まず当局より、今期臨時会に提出されます諸議案について説明を聴取し、続いて会期及び議事日程について協議いたしました結果、会期は本日1日とし、議事の順序については御手元に配付いたしております議事日程表のとおり、市長提出議案を上程し、委員会の付託を省略してこれを議了することとし、今期臨時会を終わることにいたしております。


 以上のとおりでありますので、議員各位におかれましては何とぞ当委員会決定どおり御賛同賜りますようお願い申し上げまして、議会運営委員長報告を終わります。


○議長(池田芳伸君) 議会運営委員長の報告は終わりました。


 ただいまの議会運営委員長報告に対して御質疑ございませんか。(なし)


 ないようでしたら、質疑を終結いたします。


 ただいまから表決を行います。


 今期臨時会の会期並びに議事運営については、ただいまの委員長報告のとおり行うことに御異議ございませんか。(異議なし)


 御異議なしと認めます。よって、今期臨時会の会期は本日1日とし、その間の議事日程については、議会運営委員長の報告どおり行うことに決しました。





◎議案一括上程





○議長(池田芳伸君) 次は日程第3、第69号議案 議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例の制定についてないし第72号議案 赤穂市教育委員会教育長の給与等に関する条例の一部を改正する条例の制定についてを一括議題といたします。





◎市長提案趣旨説明





○議長(池田芳伸君) これより上程議案に対する市長の提案趣旨説明を求めます。


 市長。


○番外市長(豆田正明君)(登壇) まず提出議案の説明に先立ちまして、一言お詫びを申し上げます。


 このたび、本市職員が施設入館料を不適切に処理する等の事案が発生したことにつきましては、公務上の非行為であると同時に服務規律に違反する行為であり、大変遺憾であります。


 今後は一層の公務員倫理と服務規律の遵守をより徹底してまいりたいと考えております。


 このたびの件におきまして、議員の皆様並びに市民の皆様の信頼を失墜させることとなりましたことにつきまして深くお詫びを申し上げます。


 それでは、御上程をいただきました議案につきましてその趣旨を御説明申し上げます。


 第69号議案 議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例の制定についてないし第72号議案 赤穂市教育委員会教育長の給与等に関する条例の一部を改正する条例の制定についての4議案につきましては、本年度臨時の人事院勧告に伴う期末勤勉手当の支給率見直しにより、市議会議員、特別職並びに教育長の期末手当の額の改定及び職員の期末勤勉手当の額の改定を実施することとし、所要の条例整備の必要がありますので、提案いたすものであります。


 詳細につきましては、担当部長から御説明をいたしますので、何とぞ慎重御審議の上御決定を賜りますようお願いを申し上げます。


○議長(池田芳伸君) 市長の説明は終りました。





◎所管部長細部説明





○議長(池田芳伸君) 続いて所管部長の細部説明を求めます。前田総務部長。


○番外総務部長(前田昌久君) それでは議案の細部につきまして御説明申し上げます。


 提出議案と議案参考資料をお願いいたします。


 議案書の2ページ、議案参考資料につきましても2ページ、資料1を御覧いただきたいと思います。


 第69号議案 議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例の制定についてであります。


 本条例につきましては、6月に支給する職員の期末勤勉手当の改定に準じて改正をいたしたいものであります。


 第5条第2項におきまして、6月に支給する期末手当の割合について、現行の100分の182.5を100分の162.5に改めたいものであります。


 なお付則といたしまして、本条例は平成21年6月1日から施行いたしたいものであります。


 次に議案書3ページ、議案参考資料につきましても3ページ、資料2をお願いいたします。


 第70号議案 特別職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定についてであります。


 本条例につきましては、前号議案と同趣旨によりまして、市長、副市長の期末手当の改正をいたすものであります。


 第4条第3項におきまして、6月に支給する期末手当の割合について、現行の100分の190を100分の170に改めるものであります。


 なお、付則といたしまして、本条例は平成21年6月1日から施行いたしたいものであります。


 次に議案書の4ページ、議案参考資料につきましても4ページ、資料3をお願いいたします。


 第71号議案 職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定についてであります。


 本条例につきましては、本年度臨時の人事院勧告に基づきまして、国の平成21年6月に支給する期末手当及び勤勉手当に関する特例措置の実施に準じて、6月に支給する職員の期末勤勉手当の改定を行うものであります。


 第21条第2項におきまして、6月に支給する期末手当の割合について、100分の140を100分の125に改定いたすものであります。


 また第3項におきまして、再任用職員の6月に支給する期末手当の割合について、100分の75を100分の70に改定いたすものであります。


 第22条第2項の改正につきましては、6月に支給する勤勉手当の割合について100分の75を100分の70に改定いたすものであります。


 また再任用職員の6月に支給する勤勉手当を、100分の35を100分の30に改定いたすものであります。


 次に付則におきまして、平成21年4月1日から平成23年3月31日までの2年間については、第17項において、6月に支給する期末手当の割合を100分の125を100分の105に改めるものであります。


 また、18項において、再任用職員の6月に支給する期末手当の割合を、100分の70を100分の50に改めるものであります。


 なお、付則といたしまして、本条例は平成21年6月1日から施行いたしたいものであります。


 続きまして議案書5ページ、議案参考資料につきましては7ページ、資料4をお願いいたします。


 第72号議案 赤穂市教育委員会教育長の給与等に関する条例の一部を改正する条例の制定についてであります。


 本条例につきましては、第70号議案の特別職と同様に、期末手当の改正をいたすものでございます。


 第2条第5項におきまして、6月に支給する期末手当の割合について、現行の100分の190を100分の170に改めるものであります。


 なお、付則といたしまして、本条例は平成21年6月1日から施行いたしたいものであります。


 以上で、説明を終らせていただきます。


○議長(池田芳伸君) 所管部長の細部説明は終りました。





◎質疑・委員会付託の省略


 討論・表決





○議長(池田芳伸君) これより質疑に入ります。


 まず第69号議案 議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例の制定について、御質疑ございませんか。(なし)


 次、第70号議案 特別職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について御質疑ございませんか。(なし)


 次、第71号議案 職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について御質疑ございませんか。8番 小林篤二議員。


○8番(小林篤二君) この71号議案については職員に関する給与の減額改正なんですが、このいわゆる職員の給与の決定にあたって、いわゆる地方公務員法というのが決定の原則にあると思うんですが、24条の第3項には、5つの考慮すべき点があがっております。


 その1つに民間事業社の従事者の給与というのが考慮されるべき点としてあるわけですが、赤穂市として、地域の民間事業社の従事者の給与の調査をしたことがありますか。


○議長(池田芳伸君) 前田総務部長。


○番外総務部長(前田昌久君) 調査をしたことはございません。


○議長(池田芳伸君) 8番 小林篤二議員。


○8番(小林篤二君) そうなりますと、この5つの点の中で、基本的に国家公務員の職員の給与つまり人勧ですね、これの規定、そしてその他の事情というのがあると思うんですが、根拠は、今回は人勧のみ、それ以外、過去に遡っても人勧をベースにしてやってきた。


 100%人勧で今までやってきたということになるのか、説明願います。


○議長(池田芳伸君) 前田総務部長。


○番外総務部長(前田昌久君) 基本的には人事院勧告に基づいて常に実施してきていると考えております。


○議長(池田芳伸君) 17番 川本孝明議員。


○17番(川本孝明君) お尋ねしておきます。


 この市労連のニュースを見ましたけれども、この中にもですね、今回の人勧については、過去にもこの時期に勧告したことないと、まさに異例の勧告だということも言われてます。


 本来、この人事院勧告そのものはですね、大体8月に当年の末それからまた前年の冬、民間の調査した上で、その上で勧告するというのが、今までの本来のあり方なわけですが、それをまた年末の一時期に反映するということになっているわけですね。


 しかし、今回、このようなまさにルール無視するようなやり方のこの勧告について、当局としてはどのような判断がされたのか。


 もう1点は、当初で3%、期末手当をカットしたと。もうさらにそれだけの職員の皆さんには大きな負担が強いられているわけですね。


 それにもかかわらず、さらにまだ今回、0.2%カットするというようなやり方は、私はどういうこれを判断されたのか、人勧が言われたからやるんだと言いますが、どのような判断されたのか。


 それとやはり、今、内需の拡大が言われているときに、まさにそれに逆行するやり方ではないかと思いますが、このことについてどのようなお考えをお持ちなのか、お尋ねしておきたいと思います。


○議長(池田芳伸君) 前田総務部長。


○番外総務部長(前田昌久君) 今回の人勧に対する考え方でございますけれども、これにつきましては、非常に経済状況厳しく、また雇用状況も不安定ということで、今回の6月いうんですか、この夏に民間ボーナスが非常に下がるであろうということをもって、特別に国の人事院勧告の方で4月の7日から4月の24日にかけて事業社の調査をしたものでございます。


 したがいまして、あくまで、今回の人勧につきましては、臨時の人事院勧告ということと、またこれにつきましては、特例措置という形で人事院勧告がなされたものでございますので、これについては尊重すべきだと考えております。


 そして3%カットとの関係でございますけれども、これにつきましては、あくまで行財政改革上の赤穂市の行財政基盤、これを持続できるものとするためのものでありますので、今回の人勧とは別個のものと判断いたしております。


 また内需の拡大云々の関係がございますけれども、それにつきましては、他の経済危機対策、これにつきましては、また6月定例会の方でお願いすることになると思いますけれども、そこらをもってそういう市内の内需の拡大には努めていきたいとそのように考えております。


○議長(池田芳伸君) 9番 村阪やす子議員。


○9番(村阪やす子君) 人事院勧告に基づいてということなんですけれども、21日に行われた衆議院の総務委員会での質疑の中で、今回の調査が通常の調査では1万1千企業に対して対面調査をしているのに、今回は2,700社を対象に郵送しただけの調査だったということで、そのサンプル数が少ないのではないかというふうな、そういうふうな質問に対して、谷総裁は、全体を反映したかといえばそうではないというふうなことまで答えているんですね。


 今回、県の方は見送ったと聞いているんですけれども、そういうふうな実情も含めて、赤穂市が勧告をそのまま受けて、0.2カ月引き下げるということに対して、こういうことも含めて考慮された結果なのかどうか、それについてお伺いしておきます。


○議長(池田芳伸君) 前田総務部長。


○番外総務部長(前田昌久君) 今、村阪議院さんが言われたことも考慮した上で、組合とも折衝したものでございます。


○議長(池田芳伸君) 他にございませんか。(なし)


 次、第72号議案 赤穂市教育委員会教育長の給与等に関する条例の一部を改正する条例の制定について御質疑ございませんか。(なし)


 他に御発言がなければ、これで質疑を終結いたします。


 この際、お諮りいたします。ただいま上程中の諸議案は、会議規則第38条第2項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。(異議なし)


 御異議なしと認めます。よって、ただいま上程中の諸議案は委員会の付託を省略することに決しました。


 これより討論に入ります。


 討論の通告がありますので、発言を許します。8番 小林篤二議員。


○8番(小林篤二君)(登壇) 私は日本共産党市会議員団を代表し、第71号議案 職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について反対の立場から討論を行います。


 人事院は、5月1日に、6月期における公務員の期末勤勉手当について0.2カ月分を凍結するよう異例の勧告をしました。


 本議案は、この勧告に準じた改正案との説明でした。


 影響額は、病院を含む市全体で約7,600万円、市民病院がその4割、約3,400万円を占めます。


 1人当たり平均約8万円。先の行革カットも加えると1人約16万円の減額になるとお聞きします。


 勧告準拠の改定でありますが、勧告の根拠のずさんさ、本市の現状とのずれ、不利益不遡及の問題があります。


 問題のその1は、0.2カ月分カットとした勧告の根拠です。


 本来、国家公務員の期末勤勉手当は、その年の7月までの1年間の民間給与実態調査に基づく人事院勧告で決められます。


 今回、人事院はこのルールを破り、4月に臨時調査を実施しました。


 通常では50人以上規模の企業を1万1千社を対面調査するのですが、今回は2,700社の郵送調査、回答した妥結企業は340社に過ぎない調査です。正確性、妥当性に疑問が残ります。


 人事院総裁も、全体を反映したかといえばそうでないと認めています。ずさんな調査です。


 兵庫県の人事委員会は、正確を期し、秋へ勧告を見送っています。


 勧告は、民間も含め600万人に影響を及ぼすと言われ、今回の人勧が民間のボーナス引き下げの口実に使われば極めて重大であります。


 第2は、勧告と本市の現状のずれについてであります。


 今回の改定は、医療職にも及ぶとのこと、地方公務員の給与決定にあたって、地方公務員法第24条第3項は、5つの考慮すべき点をあげています。


 1つ、生計費、2つ、国の職員の給与、3つ、他の地方自治体職員の給与、4つ、民間事業社の従事者の給与、5つ、その他の事情です。


 赤穂市が考慮してきたのは、国の職員の給与、つまり人勧と財源捻出の行革です。


 地域の実態調査をしたことはないとのことです。


 市内の病院関係で、ボーナスが削減されている状況は聞きません。


 赤穂市職員の給与水準は、全国的に見ても低く、ラスパイレス指数も昨年度96.5、県内29市中22番目です。


 14年以降のマイナス改定、15年度から管理職手当のカット、18年度の給料表全面改定、19年度からの地域手当削減と、まじめに小泉構造改革路線を実行してきました。


 今年4月には、行政改革の名で、医療職を除き3%相当、0.45カ月分の期末手当をカットしたばかりです。職員の生活が相当落ち込んできています。


 手当の削減で、市民病院の医師や看護師不足に拍車をかけないか心配がございます。


 給与だけでなく、集中改革プランによる職員削減計画の超過達成は職員の勤務に反映しています。


 給与は下がり、仕事は増えるばかりでは、職員の士気は下がり、市民サービスに支障が出てくるのは必至ではないでしょうか。


 勧告のストレートな適用は本市の現状とずれています。


 最後に、今回の人勧は、人事院自らが労働基本権の代償機関としての役割を放棄し、賃金決定ルールを無視して生活破壊を強行する極めて不当な勧告です。


 背景には、財界の人権費削減方針と、政府与党の総選挙前に公務員バッシングを行うことで政治的に有利な情勢をつくり出そうとする動きに人事院が追随、屈服したものです。


 人事院勧告の凍結という措置は、8月の勧告で、6月期の期末勤勉手当を含めて、削減するよう求めることを想定したものです。


 いわばボーナスの削減という不利益を、6月期に遡って適用することを前提として、凍結を求めているのです。


 マイナス改定は、平成14年から2年連続で4月遡及の減額分を調整額の名で期末勤勉手当から天引き返還させてきました。


 労働基準法の下では、就業規則の変更による不利益を変更前に遡って適用することは、本人の同意がなければ許されません。


 これには不利益変更の内容が合理的かどうかといった解釈の余地は残されていません。


 今回、この不利益不遡及の原則がまたもや踏みにじられようとしています。


 以上、理由を述べてまいりましたが、議員諸氏には、今回の異常な改定措置を見送る判断をされるよう求め、私の討論といたします。


○議長(池田芳伸君) 以上で、通告による討論は終わりました。これをもって討論を終結いたします。


 これより表決に入ります。


 第69号議案 議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例の制定について採決いたします。


 お諮りいたします。本案は原案のとおり決することに御異議ございませんか。(異議なし)


 御異議なしと認めます。よって第69号議案は原案のとおり可決されました。


 次、第70号議案 特別職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について採決いたします。


 お諮りいたします。本案は原案のとおり決することに御異議ございませんか。(異議なし)


 御異議なしと認めます。よって第70号議案は原案のとおり可決されました。


 次、第71号議案 職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について採決いたします。


 お諮りいたします。本案に賛成の議員の起立を求めます。(起立多数)


 起立多数であります。よって第71号議案は原案のとおり可決されました。


 次、第72号議案 赤穂市教育委員会教育長の給与等に関する条例の一部を改正する条例の制定について採決いたします。


 お諮りいたします。本案は原案のとおり決することに御異議ございませんか。(異議なし)


 御異議なしと認めます。よって第72号議案は原案のとおり可決されました。


 以上で本日の日程は全部終了いたしました。





◎閉会宣告





○議長(池田芳伸君) これをもって平成21年第3回臨時会を閉会いたします。





◎議長閉会あいさつ





○議長(池田芳伸君) 閉会にあたりまして一言御挨拶を申し上げます。


 議員各位におかれましては、職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定についてなど御審議を賜り、いずれも適切妥当な結論を得まして、ここに無事閉会できますことは、市政発展のためまことに御同慶に存ずる次第であります。


 議員各位には、市政発展のため、なお一層の御精進くださいますようお願い申し上げまして、まことに簡単措辞ではございますが閉会の御挨拶といたします。


 市長。





◎市長閉会あいさつ





○番外市長(豆田正明君)(登壇) 閉会にあたりまして一言御礼を申し上げます。


 本臨時議会におきましては、本年度臨時の人事院勧告に伴います条例の一部改正につきまして、慎重なる御審議を賜り、いずれも原案どおり可決いただきましたこと心から御礼を申し上げます。


 なお、議員各位におかれましては、なお一層の御自愛を賜りますよう御祈念申し上げ、はなはだ簡単措辞ではございますが、閉会のごあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。





◎散会宣告





○議長(池田芳伸君) これをもちまして散会いたします。御苦労さまでした。


          (午前9時59分)





                   ( 了 )


地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。








 赤穂市議会 議  長  池 田 芳 伸





       署名議員  米 口   守





       署名議員  木 下   守