議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 赤穂市

平成19年第2回定例会(第2日 6月13日)




平成19年第2回定例会(第2日 6月13日)





 
           平成19年第2回赤穂市議会(定例会)会議録





1.平成19年6月13日(水曜日)午前9時30分開議(於議場)





2.会議に出席した議員(24名)


   1番  松 原   宏          13番  米 口   守


   2番  釣   昭 彦          14番  吉 川 金 一


   3番  籠 谷 義 則          15番  竹 内 友 江


   4番  瓢   敏 雄          16番  池 田 芳 伸


   5番  藤 友 俊 男          17番  川 本 孝 明


   6番  山 野   崇          18番  村 阪 やす子


   7番  家 入 時 治          19番  永 安   弘


   8番  小 林 篤 二          20番  小 路 克 洋


   9番  江 見 昭 子          21番  橋 本 勝 利


  10番  有 田 正 美          22番  重 松 英 二


  11番  藤 本 敏 弘          23番  有 田 光 一


  12番  前 川 弘 文          24番  田 端 智 孝





3.会議に出席しなかった議員


  な し





4.議事に関係した事務局職員


   事務局長  前 田 元 秀       書  記  作 本 正 登


                       書  記  杉 本 弘 義





5.地方自治法第121条の規定による出席者


  市     長  豆 田 正 明    教  育  長  宮 本 邦 夫


  副  市  長  明 石 元 秀    教 育 次 長  中 村 喜 則


  会計管理者    小 寺 康 雄    教 育 次 長  上 杉 元 秀


  安全管理監    金 尾 宗 悟    消  防  長  家 根   新


  総 務 部 長  前 田 昌 久    上下水道部長   船 曳 広 海


  企画振興部長   中 村 隆 紀    病院事務局長   三 木 隆 嗣


  健康福祉部長   宮 本 和 清    監査事務局長   前 田 尚 志


  地域整備部長   吉 備 徳 治    財 政 課 長  高 山 康 秀


  市 民 部 長  網 本   等    総 務 課 長  大 前 和 弘





6.本日の議事日程


  日程第 1  会議録署名議員の指名


  日程第 2  第57号議案ないし第62号議案


         (一括上程、質疑、委員会付託)





7.本日の会議に付した事件


  議事日程に同じ





◎開議





○議長(田端智孝君) おはようございます。ただいまから本日の会議を開きます。


          (午前9時30分)


 現在の出席議員数は24名であります。


 なお、議会に常時出席する説明員のうち笹岡進選管公平委員会書記長が公務出張のため欠席の通告をされております。


 これより日程に入ります。





◎会議録署名議員の指名





○議長(田端智孝君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第117条の規定により議長において指名いたします。


 会議録署名議員に籠谷義則議員、瓢 敏雄議員を指名いたします。





◎議案一括上程





○議長(田端智孝君) 次は日程第2、第57号議案 平成19年度赤穂市一般会計補正予算ないし第62号議案 字の区域の変更についてを一括議題といたします。





◎質疑・各常任委員会付託





○議長(田端智孝君) これより上程議案に対する質疑に入ります。


 まず、第57号議案 平成19年度赤穂市一般会計補正予算について御質疑ございませんか。15番 竹内友江議員。


○15番(竹内友江君) 一般補正の9ページのことについてお伺いいたします。


 今回、予算が13,700千円上程されております。


 これは多くの市民が、住民投票をするすると言いながら、なかなか住民投票に踏み切らない、そういうことに非常に不満を持っておりましたが、今回、この予算が上程されたことについて非常に一歩前へ行ったと認識しております。


 それで2点ばかりお聞きしたいと思います。


 まずは、6月1日付けの某地方新聞によりますと、市長が記者会見の席で、「合併説明会の時期は」との質問に、豆田市長は、「自治会と協議して7、8月に開催したい」と書いておりますが、これは何日に記者会見されたのでしょうか。お伺いします。


 それともう1点は、今回、13,700千円の予算が出たからには、住民投票日をおおむね決められたと思っております。住民投票の日はいつごろに想定されているのでしょうか。


 もう1点は、住民投票は18歳以上がその権利を持つわけなんですが、そこで、投票率を上げるために、大学生また他の学生の夏休みあるいは冬休みなどに住民投票をする考えがあるのかどうか、この点をお聞きします。


○議長(田端智孝君) 質問者に1点お伺いしますけど、第1点目の某新聞の分については直接補正予算に関わりがございませんので、それは省かせていただきます。


 豆田市長。


○番外市長(豆田正明君) 竹内議員の住民投票に関する御質問にお答えいたします。


 1つは、時期についてでございますが、前にも特別委員会で申し上げたかと思うんですが、いわゆる協定書の調印、これの前には実施しなければならないというふうに考えてございます。


 そして、協定書の調印の後の10月1日という目途で考えますと、スケジュール的にはやはり今年の末までには、やはり協定書の調印というものは必要であろうというふうに考えてございます。


 したがいまして、議会の日程等もございます。


 そういう意味で外しますと、この8月末から9月のはじめ、さらには10月、11月、これが住民投票のできる時期であろうというふうに考えてございます。


 その前提といたしましては、やはり法定協議会での協議が進むということがやはり前提であろうというふうに考えてございますし、まだ、主要優先項目の決定は受けていない項目もございます。


 それらの進捗状況を見ながら、時期について確定してまいりたいというふうに考えてございます。


○議長(田端智孝君) 投票率。豆田市長。


○番外市長(豆田正明君) 直接的には予算の内容とは関係ないというふうに考えてございます。


○議長(田端智孝君) 次ございませんか。8番 小林篤二議員。


○8番(小林篤二君) 今、前の質疑者に対する答弁で、8月から12月の範囲と、非常にスパンの広い答弁でございましたが、しかし、市長、いわゆる来年の10月1日という点で考えると、いわゆるコンピュータの統合という問題が後1年いるんだというお話でしたから、そういう意味でいくと、10月あたりという線が、以前にということが出てくるんじゃないですか。それの答弁をひとつお願いしたい。


 次に、この予算の関係ですが、委任の範囲ですね、選挙管理委員会に委任して公平性を保つと答弁されておりますが、例えば、第11条の情報の提供、これはこの予算の中で選管に委任されることになるんでしょうか。


○議長(田端智孝君) 豆田市長。


○番外市長(豆田正明君) 小林議員の質問にお答えいたします。


 時期の問題については先ほど申し上げたとおりでございます。


○議長(田端智孝君) 中村企画振興部長。


○番外企画振興部長(中村隆紀君) 選挙管理委員会の委任の内容の中の情報の提供についてでありますが、この分につきましては、住民投票を行うにあたりまして、広報資料等を作るのは、やはり企画部の方でやりたいというふうに考えております。


○議長(田端智孝君) 8番 小林篤二議員。


○8番(小林篤二君) 市長が今お答えになった、私の質疑に答えておられないようですが、電算との兼合いで見ると1年いるんだという認識は、市長はお持ちじゃないんですか。12月でもコンピュータの統合ができるんだということですか。その点ちょっとお尋ねをもう一度しておきます。


 それから、もう1点の情報の提供については企画振興部ということですね。


 私ね、企画振興部が合併推進担当ということでありますから、そういった意味で、この住民投票の前宣伝というのが公平公正になされるのかということを危惧しております。


 とりわけ、1月から合併特集ということで広報紙にQ&Aなり載せておられます。


 最たるものが、今月号の広報、先日いただいたわけですが、6月号ですね。


 Q&A合併特集「合併期日が平成20年10月1日に決定されました。」そしてね、小さい字で、※で「合併期日は上郡と合併することに決定した場合の期日です。」と、これはないですよ。


 どこで、どう決まって、どういう内容なのかということが正確に書かれていない。非常に市民にとって誤解を生む内容になっている。


 これと同様に、今、この予算の事業費を使うことになるんでしょうが、この企画振興部が、こうした市民に対して誤解を生むような情報提供をして、し続けるとすれば、税金を使って合併を自分たちの思いどおりに世論操作をすることになりませんか。


 こういう合併特集については、事実関係だけ載せる。あえて、自分たちの主張の意向をとらえておられるのでしょうが、推進の方向で記事を載せるんであれば、反対論も載せるべきです。その点について再度お答えください。


○議長(田端智孝君) 答弁。豆田市長。


○番外市長(豆田正明君) 再質問にお答えいたします。


 時期については、予算に直接係わってくるものであり、お答えをさせていただいておりますが、事務処理は、そういうものを含めて時期も考えていかなければいけないというふうに考えております。


 なお、それ以外の分については直接関係ないというふうに考えてございます。


○議長(田端智孝君) 特集の内容については、直接この補正予算とは関係ございません。それは一般質問でやってください。


 暫時休憩いたします。


          (午前9時41分)


                 (休   憩)


○議長(田端智孝君) 本会議を再開いたします。


          (午前9時41分)


 その分については法定協議会の報告でございますので、本補正予算とは直接関係ございません。


 広報につきましても、それはあくまで赤穂市の広報によることでありますので、本補正予算とは関係ございません。


 16番 池田芳伸議員。


○16番(池田芳伸君) 合併に関する予算でございますけれども、今、市長の方の竹内議員の御質問に対しまして、8月から12月までという幅の広いその間までの予算ということですけれども、それだったら、別にこの6月議会に上程することはなかった。


 はっきり言えば、9月議会に出されても十分12月だったら間にあったんじゃないかと。


 ある意味で考えますと、今議会に提出してきたと言えば、9月議会までに行うということの下準備があっての今回の提案だろうというふうに考えるわけですけどね。


 それで、関連しますと、先ほど竹内議員が言いました某新聞によりますと、7月、8月に説明会を行って、9月ぐらいを目途に住民投票をするという、市長からの発表があった等の記事が記載をされているわけです。


 そうなりますと、今回提案されることがつじつまが合うわけですよ。


 だから、はっきりとそういう方向性はどちらなのか、12月まで待ってやるなら、あえて今議会に提案する必要もなかった。


 言いますのは、説明会をするということが前提にあるわけです。その説明会をどうやるんかという報告もいまだかつて我々はお聞きをしておりません。


 それらの趣旨をきちっと説明をされた上で提案をされてくるのが筋論じゃないかと思うんですけど、その点についてお聞きをいたします。


○議長(田端智孝君) 豆田市長。


○番外市長(豆田正明君) 池田議員の質問にお答えいたします。


 新聞記者会見の発言のことで言われておりますので、直接関係ないんですが、誤解があるといけませんので、この際御説明申し上げたいと思いますが、記者会見の時の質疑の中で、いわゆる、先ほど申し上げましたように、協定書を締結する前には住民投票を実施したい。その協定書は12月末までに、後のスケジュールから考えればリミットだと、限度だと。


 そういう中において、議会開会中の議会の日程というものも判断すれば、今申し上げましたように、正確には8月の末から9月の初め、それから10月、11月、これがひとつの住民投票する実施の目途であるということで記者会見では言うております。


 それをああいう記事で書かれたことについてはどう受け止められたかということは、私は関知はいたしてございません。


 ただ、その選択肢が2つありますので、早ければ、今申し上げましたように8月末なり9月の初めということになるわけでございますから、どのような時期にでも対応できるように、今回補正予算を計上させていただいたわけでございます。


 なお、住民説明につきましても、7月、8月、この時期に一度住民の皆様方に説明をする機会を持ちたいということで、現在、基本的には前から申し上げておりますように、地域団体あるいは各種団体、こういうものを中心に一応説明会を開催いたしたいというふうに考えてございます。


○議長(田端智孝君) 6番 池田芳伸議員。


○6番(池田芳伸君) まあまあ大体の内容はわかるわけですけれども、そこでひとつ改めてお聞きをしておきたい。


 今まで市長は、住民説明会をするについてはメリット、デメリットがきちっと出そろってから行いたい。住民説明会をやった後に住民投票を行うというふうに、いろいろと今までお話をされてきたように記憶をしているんですけれども、簡単に言いますと、法定協の中におきましても、まだ最終章ができあがっていないいうことで、住民にメリット部分が提供できないというのが、確か3月議会の答弁でたくさん出てきたんじゃないかなと、こう思うんですけども、それですら、今できてない状態の7月から住民説明会でメリットをどういうふうにPRをされて、住民投票に持っていこうと考えられているのか、ちょっとその辺がつじつまが合わないんですけど、その辺お答えいただけますか。


○議長(田端智孝君) 豆田市長。


○番外市長(豆田正明君) 今の御質問が、今回の補正予算に直接関係があるのかどうか、ちょっと判断しかねますが、ちょっと私自身は、今回の補正予算の内容には直接関係ないんではないかということでお答えさせていただきたいと思います。


○議長(田端智孝君) 他にございませんか。(なし)


 ないようですので、次、第58号議案 平成19年度赤穂市老人保健医療特別会計補正予算について御質疑ございませんか。(なし)


 次、第59号議案 平成19年度赤穂市公共下水道事業特別会計補正予算について御質疑ございませんか。(なし)


 次、第60号議案 平成19年度赤穂市駐車場事業特別会計補正予算について御質疑ございませんか。(なし)


 次、第61号議案 新たに生じた土地の確認について御質疑ございませんか。(なし)


 次、第62号議案 字の区域の変更について御質疑ございませんか。(なし)


 他に御発言がなければ、以上で上程議案に対する質疑を終結いたします。


 ただいま 議題となっております第57号議案ないし第62号議案については、会議規則第38条第1項の規定により、御手元に配付いたしております議案付託表のとおり、それぞれ所管の常任委員会に付託することといたします。


 以上で本日の日程は全部終了いたしました。





◎日程通告・散会宣告





○議長(田端智孝君) なお、委員会審査は14日民生生活常任委員会、15日建設水道常任委員会、18日総務文教常任委員会をいずれも午前9時30分から開催願うことにいたしておりますので、念のため申し上げておきます。


 次の本会議は来る6月25日午前9時30分から再開いたします。


 本日はこれにて散会いたします。御苦労様でした。


      (午前9時48分)





                  ( 了 )





 地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。





 赤穂市議会 議  長  田 端 智 孝





       署名議員  籠 谷 義 則





       署名議員  瓢   敏 雄