議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 赤穂市

平成18年第1回定例会(第3日 3月 9日)




平成18年第1回定例会(第3日 3月 9日)





 
           平成18年第1回赤穂市議会(定例会)会議録





1.平成18年3月9日(木曜日)午前9時30分開議(於議場)





2.会議に出席した議員(23名)


   1番  永 安   弘        13番  有 田 正 美


   2番  家 入 時 治        14番  藤 本 敏 弘


   3番  前 川 弘 文        15番  米 口   守


   4番  山 野   崇        16番  吉 川 金 一


   5番  釣   昭 彦        17番  小 林 篤 二


   6番  瓢   敏 雄        18番  川 本 孝 明


   7番  藤 友 俊 男        19番  池 田 芳 伸


   8番  江 見 昭 子        20番  田 端 智 孝


   9番  村 阪 やす子        21番  松 原   宏


  10番  竹 内 友 江        22番  小 路 克 洋


  11番  籠 谷 義 則        23番  有 田 光 一


  12番  橋 本 勝 利








3.会議に出席しなかった議員


  24番  重 松 英 二








4.議事に関係した事務局職員


    事務局長  前 田 昌 久     書  記  黒 川 和 則


                      書  記  福 本 雅 夫








5.地方自治法第121条の規定による出席者


  市     長  豆 田 正 明    教  育  長  宮 本 邦 夫


  助     役  長 崎   卓    教 育 次 長  中 村 喜 則


  収  入  役  西   元 男    教 育 次 長  濱 田   学


  安全管理監    明 石 元 秀    消  防  長  家 根   新


  総 務 部 長  小 寺 康 雄    上下水道部長   大 道   悟


  企画振興部長   岡 島 三 郎    病院事務局長   三 木 隆 嗣


  市 民 部 長  平 井   明    監査事務局長   上 田   潔


  地域整備部長   金 尾 宗 悟    選管公平書記長  鹿 島 博 司


  健康福祉部長   宮 本 和 清    財 政 課 長  高 山 康 秀


                      総 務 課 長  網 本   等








6.本日の議事日程


  日程第 1  会議録署名議員の指名


  日程第 2  諸般の報告


  日程第 3  第2号議案ないし第11号議案


         (一括上程、質疑、委員会付託の省略、討論、表決)








7.本日の会議に付した事件


  議事日程に同じ








◎開議





○副議長(永安 弘君) おはようございます。ただいまから本日の会議を開きます。


  (午前9時30分)


 現在までに欠席の届け出があります議員は、24番 重松英二議員が所用のため欠席の通告をされております。


 現在の出席議員数は23名であります。


 これより日程に入ります。





◎会議録署名議員の指名





○副議長(永安 弘君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第117条の規定により、議長において指名いたします。


 会議録署名議員に橋本勝利議員、有田正美議員を指名いたします。





◎諸般の報告





○副議長(永安 弘君) 次は日程第2、諸般の報告であります。


 監査委員より、平成17年度随時監査として、平成18年2月9日執行の市民部美化センターが所管するごみ処理施設整備工事及び上下水道部水道課が所管する木津第2受配電設備更新工事について、議長宛て結果報告の提出がありましたので、その写しは御手元まで送付させておりますが、この際御報告申し上げます。





◎議案一括上程


○副議長(永安 弘君) 次は日程第3、第2号議案 平成17年度赤穂市一般会計補正予算ないし第11号議案 市道の認定及び廃止についてを一括議題といたします。





◎質疑





○副議長(永安 弘君) これより上程議案に対する質疑に入ります。


 まず第2号議案 平成17年度赤穂市一般会計補正予算について、御質疑ございませんか。18番 川本孝明議員。


○18番(川本孝明君) 数点お尋ねしておきたいと思います。


 1点は、33ページの有年中学校大規模改造事業ですけれども、執行残として30,880千円と、非常に大きい額になっているわけですけども、その具体的理由についてお尋ねしておきたい。


 それと、これ事業、3年間、16年から18年までの3カ年の事業なわけですけども、トータルしますと3億4千万ほどになるわけですね。


 そうしますと、その設計協議の対象といいますか、議会に対してですね、なるんではないかというふうに思いますが、その件についてもお尋ねしておきたいと思います。


 それと、次、29ページのですね、地域水田農業支援排水対策特別事業4,000千円、これが全額減額されているわけですね。


 そして18年度に繰越というような形で、また同じ事業があがっているわけですけども、これが事業が設計委託だと思いますが、やられなかった理由ですね、お尋ねしておきたいと思います。


 もう1点は、29ページの駐車場会計の特会への繰出金ですけども、8,700千円、これの内訳について詳しくお尋ねしておきたいと思います。以上です。


○副議長(永安 弘君) 中村教育次長。


○番外教育次長(中村喜則君) 有年中学校の執行残の関係でございますが、これにつきましては、景気の関係もあるかもわかりませんが、皆さん競争をされまして、そういう結果になったということでございます。


 それと、設計協議の関係ですが、設計協議につきましては、単年度ごとという形でお願いしていると思いますので、そういう理解をしております。


○副議長(永安 弘君) 金尾地域整備部長。


○番外地域整備部長(金尾宗悟君) 地域水田農業支援排水対策事業の18年度への先送りにつきましてはですね、地元の執行体制、それから関係機関との協議に時間を要するということで、18年度へ先送ったものでございます。


○副議長(永安 弘君) 岡島企画振興部長。


○番外企画振興部長(岡島三郎君) 繰出金の8,700千円の追加でございますが、1点は、駐車場収入の見込みが5,000千円減をしたこと、それから管理委託の関係で、精算機の対応についてシステム変更が一部あったこと、それから一番大きな問題でございますが、公開いたしまして、消費税の納付、これについてございまして、最終的に8,700千円でございます。


○副議長(永安 弘君) 18番 川本孝明議員。


○18番(川本孝明君) 一番最後の点についてお尋ねしますが、その消費税についてはですね、消費税法の改正によって免税点が1千万円に引き下げられたということだと思うんですね。


 となりますと、事業当初から消費税が課税されるということは、当然わかっていたと思うんですね。それが、今なぜ今までわからなかったのかと。非常に経理ミスではないかなというふうに思いますが、お尋ねしておきたいと思います。


 それと、農林水産の関係ですけども、もう少し具体的な理由についてお尋ねしておきたいと思います。


○副議長(永安 弘君) 岡島企画振興部長。


○番外企画振興部長(岡島三郎君) 繰出金のとこで御質問でよろしいんですね、駐車場会計でなくって。


 これについてはですね、一応、元利償還金がございまして、元金についての消費税でございますので、その1千万円の分と直接の関係はございません。


○副議長(永安 弘君) 金尾地域整備部長。


○番外地域整備部長(金尾宗悟君) この排水対策事業といいますのは、将来、県の方が事業主体となるものでございます。


 それで、本地域につきましては、ずっと以前にですね、同様の事業が導入しておられましてですね、再びこの事業を採択するとなれば、非常に理由の整理が複雑であるというようなことで、県との協議の結果、もう少し時間をいただきたいというようなことで先送ったものでございます。


○副議長(永安 弘君) 8番 江見昭子議員。


○8番(江見昭子君) 2点お尋ねいたします。


 23ページの統計のところの世界農林業センサスのとこなんですけれども、額は少ないですが、この統計というのは毎年されているのでしょうか。これは委託料なんでしょうか。お尋ねいたします。


 それと、31ページのがけ地近接危険住宅移転事業なんですが、これはそういう住宅があっても応じられなかったというのか、対象者があってもそれに移転に応じられなかったのか、それともそういう対象がなかったのか、説明してください。


○副議長(永安 弘君) 小寺総務部長。


○番外総務部長(小寺康雄君) 第1点の世界農林業センサスでございますが、これは農林業センサスは5年に1回でございまして、今回実施してますのは、5年に1回のあとの事後調査の事務費の関係でございます。


○副議長(永安 弘君) 金尾地域整備部長。


○番外地域整備部長(金尾宗悟君) がけ地近接危険住宅移転事業につきましてはですね、1軒の方が対象がございまして、その方のですね、申し入れによって予算化しておったわけですが、資金繰りの関係から19年度にさせていただきたいという申し出があって、来年度も単位計上しかいたしておりません。


○副議長(永安 弘君) 9番 村阪やす子議員。


○9番(村阪やす子君) 26、27ページ。生活保護費の扶助費について1点お聞きします。


 医療扶助費が20,555千円と減額が大きいと思うんですが、この減額の中身についてお聞きします。


○副議長(永安 弘君) 宮本健康福祉部長。


○番外健康福祉部長(宮本和清君) 生活保護費の関係で、医療費の減につきましては、これにつきましては今年17年度につきまして、そういう医療扶助について例年より少なかったということと、特に現在地保護で、有年で倒れられた方の行旅人の方がおられたんですけれども、その方が11月に亡くなられまして、当初見込んでおりました分が減になったということでございます。


○副議長(永安 弘君) 9番 村阪やす子議員。


○9番(村阪やす子君) その有年の方に見込まれていた金額というのは、この2千万のうちの幾らになるんでしょうか。


 それと、17年度末の見込みとして、その保護人数、保護世帯数、保護率がどの程度当初と変わったかということについてお聞きします。


○副議長(永安 弘君) 宮本健康福祉部長。


○番外健康福祉部長(宮本和清君) 有年の行旅死亡人の方につきましては、約1千万程度ということになっております。


 それから、今の保護の関係でございますが、大体保護世帯につきましては159、それから保護人員につきましては194人という形になっております。


 これらにつきましては、毎月変動がありますので、そういう状況になっております。


 保護率につきましては、ちょっと手元に資料がございませんので、また後ほどお知らせいたします。


○副議長(永安 弘君) 次、第3号議案 平成17年度赤穂市老人保健医療特別会計補正予算について御質疑ございませんか。(なし)


 次、第4号議案 平成17年度赤穂市職員退職手当管理特別会計補正予算について御質疑ございませんか。(なし)


 次、第5号議案 平成17年度赤穂市公共下水道事業特別会計補正予算について御質疑ございませんか。(なし)


 次、第6号議案 平成17年度赤穂市農業集落排水事業特別会計補正予算について御質疑ございませんか。(なし)


 次、第7号議案 平成17年度赤穂市介護保険特別会計補正予算について御質疑ございませんか。17番 小林篤二議員。


○17番(小林篤二君) 9ページの介護保険給付費準備基金繰入金追加の9,546千円についてお尋ねします。


 説明では、国県の分について相当分を追加したということではありましたが、国県の調整交付金等たしましても、この額にならないと思うんですね。


 こういった基金を積み立てるというのは、繰り入れる額の積算の基準というのはあると思うんですけどね。この点についてお尋ねします。


○副議長(永安 弘君) 宮本健康福祉部長。


○番外健康福祉部長(宮本和清君) 今回、介護保険の給付費の準備基金繰入金の9,546千円につきましては、年間収支見込みによります財源調整という形になっております。


 そこで、歳入の7ページにもございますけども、そういう国庫支出金とか支払基金交付金とか減になった関係で、基金繰入金を追加をしたということでございます。


○副議長(永安 弘君) 17番 小林篤二議員。


○17番(小林篤二君) ちょっと財源調整というのはわかるんですけど、収支からすると、これだけの額が余ったと、それを積み立てたということではないでしょう。


 もう少し正確な基準が、当初の予算も関係してくるわけですから、はっきり基準を説明してください。


○副議長(永安 弘君) 暫時休憩します。


      (午前9時45分)


      (休   憩)





○副議長(永安 弘君) 再開いたします。


      (午前9時45分)


 暫時休憩いたします。


      (午前9時46分)


      (休   憩)





○副議長(永安 弘君) 再開いたします。


      (午前9時48分)


 小寺総務部長。


○番外総務部長(小寺康雄君) 繰入金の関係なんで、私の方から答弁したいと思います。


 基準といいますか、この繰入にあたりましては、国の支出金、県支出金、支払基金交付金がルール分で概算交付で入ってきます。


 その部分が当初見込みよりか減っておりますので、その減額分をここの基金で財源調整を行ったものでございます。


○副議長(永安 弘君) 次、第8号議案 平成17年度赤穂市駐車場事業特別会計補正予算について御質疑ございませんか。


 10番 竹内友江議員。


○10番(竹内友江君) 駐車場会計についてお伺いします。


 2ページのところなんですけれども、5,000千円の減額をされております。


 これについて、当初は幾ら、何台ぐらいを見込んでおられたのでしょうか。この減額になった5,000千円についてちょっと説明してください。


○副議長(永安 弘君) 岡島企画振興部長。


○番外企画振興部長(岡島三郎君) 台数というのは非常に難しゅうございますが、当初、自動車については29,000千円分、それが最終的には24,200千円になる予定でございます。


 それから自転車については4,000千円分、これが3,800千円というふうな最終的な実績見込みでございますので、5,000千円を減額させていただきました。


 台数につきましては、約2時間といたしまして、自転車の方では台数というのは非常に難しいと思いますが、ある意味、1カ月に直しますと、定期で約200台というふうなことになります。


 それから自動車については4,800千円でございますので、約それの半分の24千台というふうな概数が出てくると思います。


○副議長(永安 弘君) 10番 竹内友江議員。


○10番(竹内友江君) 再度お聞きします。


 そしたら、これは見込み違いだったということになるんですかね。


○副議長(永安 弘君) 岡島企画振興部長。


○番外企画振興部長(岡島三郎君) 収支のこともございますが、できるだけ私どもについては、収支が均衡が取れるように予算を組ませていただきまして努力をしたいというふうなことで組ませていただきました。


○副議長(永安 弘君) 10番 竹内友江議員。


○10番(竹内友江君) 再度お伺いいたしますけども、どのような努力をされてきたのですか。


○副議長(永安 弘君) 岡島企画振興部長。


○番外企画振興部長(岡島三郎君) もちろん赤穂駅へのJRの利用もそれでございますし、プラット赤穂の利用促進もそれにつながるものというふうに考えております。


○副議長(永安 弘君) 18番 川本孝明議員。


○18番(川本孝明君) 一般会計でもお尋ねしましたけれども、この消費税の分ですね、3,700千円、これについてもう一度同じことをお尋ねしますけれども、なぜ今の時期になったのかということですね。お尋ねしておきます。


○副議長(永安 弘君) 岡島企画振興部長。


○番外企画振興部長(岡島三郎君) 消費税につきましてはですね、実はこの消費税については平成12年に建物を建てる場合に95千万、それから13年度駅北の駐車場整備に628,000千円の起債を借りております。


 そのときの概算の消費税でございますが、大体約4,400万程度ございまして、これについてすでに還付を受けております。


 13年度と14年度で4,400万円の還付を受けております。


 租税特別措置法によりまして、元金を償還する場合、それについては返した分については消費税を納めなさいというふうな規定がございまして、それについて今回予算を計上させていただきました。


 昨年までにつきましては、利子だけの償還でございましたので、元金償還ございませんので、消費税は発生していなかったというふうなことでございます。


○副議長(永安 弘君) 18番 川本孝明議員。


○18番(川本孝明君) 今の説明はわかったわけですけれども、じゃこの金額は100%その分に当たるわけですか、元金相当分ということなんですか。


○副議長(永安 弘君) 岡島企画振興部長。


○番外企画振興部長(岡島三郎君) 95%まで元金相当でございまして、その他の利用料金にかかるものも若干ございますが、それは10万程度でございます。


○副議長(永安 弘君) 次、第9号議案 平成17年度赤穂市土地区画整理事業清算金特別会計補正予算について御質疑ございませんか。(なし)


 次、第10号議案 平成17年度赤穂市病院事業会計補正予算について御質疑ございませんか。17番 小林篤二議員。


○17番(小林篤二君) 病院の補正ページ、16、17ページ、企業債償還金追加の150,000千円についてお尋ねしたいと思います。


 これは17年の3月に借り入れた分と、建物の150,000千円ですか、これJAの分だと思うんですが、これをこう繰り上げて償還する、昨年もこの点の議論はあったんですが、こういった形で、資金的余裕があれば返していくというのはあると思うんですね。


 これ以外に、こういった高利な起債で借りている病院の建設に使った企業債、こういったものの返還していく優先順位といいますか、その考え方をお聞きしておきたいと思います。


○副議長(永安 弘君) 三木病院事務局長。


○番外病院事務局長(三木隆嗣君) 今回の繰上償還につきましては、借入先と協議がついたものをあげさせていただいております。


 議員ご指摘のような部分につきましては、例えば補助金が絡んでくるとか、残りの金額が大小であるとかいうような、あと償還の終期までが短いというようなこともありまして、協議はしておりますけれども、協議が整い次第、その分についてはあげていきたいというふうに考えております。


○副議長(永安 弘君) 17番 小林篤二議員。


○17番(小林篤二君) 結局、建設当時以前に、例えば旧病院時代にかなり7.何%なんて高利のやつがあると思うんですね。


 こういったところは政府債がかなり多いと思うんですよ。


 そういった政府債に対する返還のそういった協議とか、そういったものは最近の規制緩和の時代ですから、そういった返すという、そういう手立てはこういった形に類似してあるんでしょうか。


○副議長(永安 弘君) 三木病院事務局長。


○番外病院事務局長(三木隆嗣君) ただいま申し上げましたとおり、協議が整えばしていきたいというふうには考えておりますけれども、協議が整っていないということの理由です。


○副議長(永安 弘君) 次、第11号議案 市道の認定及び廃止について御質疑ございませんか。(なし)


 他に御発言がなければ、以上で上程議案に対する質疑を終結いたします。





◎委員会付託の省略・討論・表決





○副議長(永安 弘君) お諮りいたします。


 ただいま上程中の諸議案は、会議規則第38条の第2項の規定により、委員会の付託を省略したいと思いますが、これに御異議ございませんか。(異議なし)


 御異議なしと認めます。


 よってただいま上程中の諸議案は委員会の付託を省略することに決しました。


 これより討論に入ります。討論の通告を受けておりますので、これを許します。


 18番 川本孝明議員。


○18番(川本孝明君)(登壇) 日本共産党赤穂市会議員団を代表して、第2号議案 平成17年度赤穂市一般会計補正予算、第7号議案 平成17年度赤穂市介護保険特別会計補正予算、第8号議案 平成17年度赤穂市駐車場事業特別会計補正予算、第9号議案 赤穂市土地区画整理事業清算金特別会計補正予算について反対討論を行います。


 まず第2号議案及び第8号議案についてであります。


 一般会計から駐車場特別会計へ870万円の繰入のうち370万円は消費税の支払いであります。


 そして500万円については、当初予算で3,300万円の使用料収入を見込んだものの2,800万円しか入らなかったための繰入であります。


 この特別会計は、駐車場使用料収入だけでは管理費さえ賄えないのが実態であります。


 建設費元金償還に充てるどころか、使用料収入と繰入金はすべて三セクへの委託費に事実上消えているのであります。


 市はいろいろ理由を付けて三セクへの管理委託費を毎年のように増額していますが、市税を還流し、三セクを助けるための特別会計といわざるを得ないものであります。


 次は第7号議案についてであります。


 昨年の介護保険法の改悪により、10月からは介護施設の食費、居住費、通所介護の食費が介護保険の対象外となり、原則として全額が利用者負担となりました。


 さらに今年4月から保険料引き上げ、また軽度の要介護者に対するサービスを切り下げようとしています。


 これでは多くの高齢者が介護の必要性ではなく、幾ら払えるかによって受けるサービスの内容を決めざるを得なくなります。


 制度の改悪により、すでに施設を退去せざるを得ないケースが全国的に増えているという報告もあるところであります。


 赤穂市介護保険事業計画は、2003年に第2次事業計画が策定されました。


 3年間の総費用額を約81億1,200万円と見込み、保険料基準額2,700円が2,900円に値上げされました。


 しかし、2003年度から2005年度の介護給付費総額をみると、約67億500万円であります。


 総費用額を12億円も過大に見込んでいたということになります。


 今回の保険給付費減額補正1億6千万円と2005年度末の介護給付費準備基金約1億円と合わせますと2億6千万円になりますが、2,900円のこの保険料の値上げが妥当でなかったという結論になります。


 18年度からは第3次計画が実施されますが、過去3年間を総括、検証し、実態に即した事業計画を組み立て、保険料を軽減し、安心して利用できる制度とすべきであります。


 最後に第9号議案についてであります。


 清算金収入として120万円計上されています。


 本特別会計については、これまでにも繰り返し述べてまいりましたが、塩屋土地区画整理事業において、当局が事業当初から既存宅地地権者に清算金の生じることの情報公開と十分な説明責任を果たさず事業を進め、地権者に多大な負担をかけることになったものであり、補正予算についても賛成できないものであります。


 議員諸氏の御賛同をお願いしまして、私の討論を終わります。


○副議長(永安 弘君) 以上で討論を終結いたします。


 これより表決に入ります。


 第2号議案 平成17年度赤穂市一般会計補正予算について採決いたします。


 お諮りいたします。本案は原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。


 (起立多数) 起立多数であります。よって第2号議案は原案のとおり可決されました。


 次、第3号議案 平成17年度赤穂市老人保健医療特別会計補正予算ないし第6号議案 平成17年度赤穂市農業集落排水事業特別会計補正予算について一括採決いたします。


 お諮りいたします。本案はいずれも原案のとおり決することに御異議ございませんか。(なし)


 御異議なしと認めます。よって第3号議案ないし第6号議案はいずれも原案のとおり可決されました。


 次、第7号議案 平成17年度赤穂市介護保険特別会計補正予算ないし第9号議案 平成17年度赤穂市土地区画整理事業清算金特別会計補正予算について採決いたします。


 お諮りいたします。本案はいずれも原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。(起立多数) 起立多数であります。よって第7号議案ないし第9号議案はいずれも原案のとおり可決されました。


 次、第10号議案 平成17年度赤穂市病院事業会計補正予算及び第11号議案 市道の認定及び廃止についてを一括採決いたします。


 お諮りいたします。本案はいずれも原案のとおり決することに御異議ございませんか。(異議なし)


 御異議なしと認めます。よって第10号議案及び第11号議案はいずれも原案のとおり可決されました。


 以上で本日の日程は全部終了いたしました。





◎日程通告・散会宣告





○副議長(永安 弘君) 次の本会議は来る16日午前9時30分から再開いたします。


 本日はこれにて散会いたします。ご苦労様でございました。


          (午前10時05分)





                   ( 了 )





 地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。





 赤穂市議会 副議長   永 安   弘





       署名議員  橋 本 勝 利





       署名議員  有 田 正 美