議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 赤穂市

平成17年第2回定例会(第1日 6月14日)




平成17年第2回定例会(第1日 6月14日)





 
           平成17年第2回赤穂市議会(定例会)会議録





1.平成17年6月14日(火曜日)午前9時30分開会(於議場)





2.会議に出席した議員(24名)


   1番  永 安   弘        13番  有 田 正 美


   2番  家 入 時 治        14番  藤 本 敏 弘


   3番  前 川 弘 文        15番  米 口   守


   4番  山 野   崇        16番  吉 川 金 一


   5番  釣   昭 彦        17番  小 林 篤 二


   6番  瓢   敏 雄        18番  川 本 孝 明


   7番  藤 友 俊 男        19番  池 田 芳 伸


   8番  江 見 昭 子        20番  田 端 智 孝


   9番  村 阪 やす子        21番  松 原   宏


  10番  竹 内 友 江        22番  小 路 克 洋


  11番  籠 谷 義 則        23番  有 田 光 一


  12番  橋 本 勝 利        24番  重 松 英 二








3.会議に出席しなかった議員


  な し








4.議事に関係した事務局職員


    事務局長  前 田 昌 久     書  記  黒 川 和 則


                      書  記  福 本 雅 夫








5.地方自治法第121条の規定による出席者


  市     長   豆 田 正 明   教  育  長  宮 本 邦 夫


  助     役   長 崎   卓   教 育 次 長  中 村 喜 則


  収  入  役   西   元 男   教 育 次 長  濱 田   学


  安全管理監     明 石 元 秀   消  防  長  家 根   新


  総 務 部 長   小 寺 康 雄   上下水道部長   大 道   悟


  企画振興部長    岡 島 三 郎   病院事務局長   三 木 隆 嗣


  市 民 部 長   平 井   明   監査事務局長   上 田   潔


  地域整備部長    金 尾 宗 悟   選管公平書記長  鹿 島 博 司


  健康福祉部長    宮 本 和 清   財 政 課 長  高 山 康 秀


                      総 務 課 長  網 本   等








6.本日の議事日程


  日程第 1  会議録署名議員の指名


  日程第 2  会期及び議事日程の決定


         (委員長報告、質疑、表決)


  日程第 3  諸般の報告


  日程第 4


   報第 9号 専決処分の報告について


   専第 1号 平成16年度赤穂市一般会計補正予算


   報第10号 平成16年度赤穂市一般会計予算の繰越しについて


   報第11号 平成16年度赤穂市公共下水道事業特別会計予算の繰越しについて


         (一括上程、説明、質疑、討論、表決)


  日程第 5


   第47号議案 平成17年度赤穂市一般会計補正予算


   第48号議案 平成17年度赤穂市老人保健医療特別会計補正予算


   第49号議案 土地改良事業(ほ場整備)の実施に係る議決変更について


          (一括上程、説明)


  日程第 6


   第50号議案 赤穂市固定資産評価審査委員会委員の選任について


          (上程、説明、質疑、表決)








7.本日の会議に付した事件


  議事日程に同じ





◎議長開会あいさつ





○議長(重松英二君) おはようございます。


 開会にあたりまして一言ご挨拶を申し上げます。


       (午前9時30分)


 本日、平成17年第2回赤穂市議会定例会が招集され、ここに開会を宣する運びとなりましたことは、市政発展のためまことにご同慶に堪えません。


 さて、今期定例会に提案されます案件は、専決処分の報告をはじめ補正予算、人事案件などいずれも重要な案件でございます。


 慎重審議の上、適切妥当な結論が得られますようお願いいたしまして、簡単措辞ではございますが開会の挨拶といたします。





◎開会・開議





○議長(重松英二君) これより平成17年第2回赤穂市議会定例会を開会いたします。


 ただいまから本日の会議を開きます。


 現在の出席議員数は24名であります。


 これより日程に入ります。





◎会議録署名議員の指名





○議長(重松英二君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第117条の規定により、議長において指名いたします。


 会議録署名議員に、前川弘文議員、山野崇議員を指名いたします。





◎会期及び議事日程の決定





○議長(重松英二君) 次は日程第2、会期及び議事日程の決定を議題といたします。


 このことにつきましては、先般、議会運営委員会が開かれましたので、その経過並びに結果について委員長より報告願うことにいたします。議会運営委員長 有田光一議員。


○議会運営委員長(有田光一君)(登壇)


 議会運営委員長報告を行います。


 今期定例会の議事運営につきまして、去る6月7日に議会運営委員会を開催いたしましたので、その経過並びに結果についてご報告申し上げます。


 当委員会では、まず今期定例会に提出されます諸議案について当局より説明を聴取し、これを踏まえ、会期及び議事日程について慎重に協議いたしました結果、会期は本日より6月29日までの16日間とし、会期日程はお手元に配付いたしております日程表のとおりであります。


 本日は、まず当局から提出議案について説明を受け、報第9号ないし報第11号、第50号議案については委員会の付託を省略して、直ちにこれを議了することといたしております。


 明15日は議案熟読のため休会とし、16日午前9時30分から本会議を再開して、提出議案及び請願に対する質疑を行い、終わって後、所管常任委員会に付託して審査を煩わすことにいたしております。


 17日から6月26日までの10日間は休会とし、その間、17日には民生生活常任委員会、20日には建設水道常任委員会、21日には総務文教常任委員会をそれぞれ9時30分から開催願うことにいたしております。


 27日午前9時30分から本会議を再開し、一般質問を行い、翌28日午前9時30分から本会議を再開して一般質問を続行し、その後、付託議案及び請願に対する委員長報告、質疑、討論、表決を行った後、農業委員会委員の推薦についてご協議を煩わすことといたしております。


 なお、議事の都合により29日を予備日とし、以上をもって今期定例会を閉会する予定であります。


 又、28日には追加議案の提出が予定されておりますが、委員会付託を省略してこれを議了願う予定といたしております。


 以上のとおりでありますので、議員各位におかれましては、何とぞ当委員会決定どおりご賛同賜りますようお願い申し上げまして、議会運営委員長報告を終わります。


○議長(重松英二君) 議会運営委員長の報告は終わりました。


 ただいまの議会運営委員長報告に対しまして、ご質疑ございませんか。(なし)


 ご発言がなければ、質疑を終結いたします。


 ただいまから表決を行います。今期定例会の会期並びに議事運営については、委員長報告のとおり行うことにご異議ございませんか。(異議なし)


 ご異議なしと認めます。よって、今期定例会の会期は本日から29日までの16日間とし、その間の議事日程については議会運営委員長報告どおり行うことに決定いたしました。





◎諸般の報告





○議長(重松英二君) 次は日程第3、諸般の報告であります。


 監査委員より、平成17年5月18日ないし5月30日執行の収入役の所管に属する平成16年度2月分の現金の出納及び保管の状況について並びに平成17年5月17日ないし5月30日執行の水道、病院事業管理者の所管に属する平成16年度2月分、3月分の現金の出納及び保管の状況について、それぞれ議長宛て結果報告書の提出がありましたので、その写しはその都度お手元まで送付させておりますが、この際ご報告申し上げます。





◎議案一括上程





○議長(重松英二君) 次は日程第4、報第9号 専決処分の報告についてないし報第11号 平成16年度赤穂市公共下水道事業特別会計予算の繰越しについて一括議題といたします。





◎市長提案趣旨説明





○議長(重松英二君) これより上程議案に対する市長の提案趣旨説明を求めます。


 市長。


○番外市長(豆田正明君)(登壇) ただいまご上程をいただきました報告事件につきまして、その趣旨をご説明申し上げます。


 まず、報第9号 専決処分の報告についてであります。


 専第1号 平成16年度赤穂市一般会計補正予算の専決処分につきましては、あらかじめご了承をいただいておりました市税、地方譲与税、利子割交付金、地方消費税交付金、自動車取得税交付金、地方交付税などの歳入の確定に伴います最終調整並びに特定財源の補正に伴います財源内訳の整理など、所要の予算補正を行ったものであります。


 又、健康管理施設整備基金、財政調整基金及び市債管理基金につきましては、全体の財源調整から取り崩しをそれぞれ減額いたしております。


 次に、報第10号 平成16年度赤穂市一般会計予算の繰越しについてであります。


 本件につきましては、災害復旧事業など5事業におきまして、繰越明許費にかかる歳出予算について平成17年度へ繰越を行ったものであります。


 次に、報第11号 平成16年度赤穂市公共下水道事業特別会計予算の繰越しについてであります。


 本件につきましては、公共下水道事業など2事業におきまして、繰越明許費にかかる歳出予算について平成17年度へ繰越を行ったものであります。


 以上、提案いたしました報告案件につきましてご説明申し上げましたが、詳細につきましては担当部長からご説明いたしますので、何とぞ慎重ご審議の上ご承認を賜りますようお願いを申し上げます。


○議長(重松英二君) 市長の説明は終わりました。





◎所管部長細部説明





○議長(重松英二君) 続いて所管部長の細部説明を求めます。小寺総務部長。


○番外総務部長(小寺康雄君) それでは上程議案の細部につきましてご説明申し上げます。


 お手元の平成17年6月第2回赤穂市議会定例会提出議案をご覧いただきたいと思います。2ページをお願いいたします。


 報第9号 専決処分の報告についてでございます。


 専第1号につきましては、急施を要しましたので専決処分をさせていただいたものでございまして、その承認をお願いいたしたいものであります。


 お手元の別冊、平成16年度赤穂市一般会計補正予算書をお願いいたします。1ページをお願いいたします。


 専第1号 平成16年度赤穂市一般会計補正予算についてでございます。


 第1条の歳入歳出予算の補正につきましては、歳入のみの補正でありまして、内容につきましては12、13ページをお願いいたします。


 歳入の1款 市税につきまして、市民税140,000千円の追加につきましては、法人の法人税割額を最終見込みにより補正いたしております。


 次に、2款 地方譲与税から次のページの14ページの11款 交通安全対策特別交付金までにつきましては、それぞれ交付額の確定に伴いまして補正を行ったものでございます。


 次に16ページをお願いいたします。


 21款 市債49,600千円の追加につきましては、許可額の確定に伴いまして補正をいたしております。


 結果、16ページの18款2項4目の健康管理施設整備基金繰入金、7目の財政調整基金繰入金及び11目の市債管理基金繰入金につきましては、財源の見通しによりましてそれぞれ減額いたすものであります。


 次に18〜21ページの歳出の関係につきましては、市債及び基金繰入金の補正に伴います財源内訳の整理を行っているものでございます。


 恐れ入りますが、前に戻っていただきまして6ページをお願いいたします。


 第2表 地方債補正につきましては、先ほどの起債の補正によりまして限度額の変更をいたしたものでございます。


 次に8ページの第3表 基金の繰替運用の補正につきましては、病院事業会計負担金及び出資金につきまして、運用額を550,000千円から400,000千円に補正いたしたものでございます。


 以上で専第1号の説明を終わります。


 次に議案書の3ページをご覧ください。


 報第10号 平成16年度赤穂市一般会計予算の繰越しについてでございます。


 次の4ページをお願いいたします。


 繰越明許費の繰越計算書でございますが、災害復旧事業などにつきまして平成17年度に繰越を行ったものでございます。


 6款 農林水産業費におきまして、県単独補助治山事業37,800千円の繰越につきましては、坂越本町地区ほか7地区の工事費と事務費でございます。


 その財源のうち未収入特定財源につきましては、県補助金と起債でございます。


 次に、8款 土木費におきまして、野中・砂子土地区画整理事業17,900千円の繰越につきましては、組合補助金でございます。


 未収入特定財源につきましては、国庫補助金でございます。


 11款 災害復旧費におきまして、現年度農林水産施設補助災害復旧事業173,876千円の繰越につきましては、東有年排水機場などの工事費などでございます。


 未収入特定財源につきましては、県補助金、起債と建物損害共済金でございます。


 現年度土木施設補助災害復旧事業18,700千円の繰越につきましては、八軒家古池線の復旧工事でございます。


 未収入特定財源につきましては、国庫補助金と起債でございます。


 文化財施設災害復旧事業26,834千円の繰越につきましては、赤穂城跡の災害復旧工事でございます。


 未収入特定財源につきましては、国庫補助金と県補助金でございます。


 次に報第11号 平成16年度赤穂市公共下水道事業特別会計予算の繰越しについてでございます。


 次の6ページをお願いいたします。


 繰越明許費の繰越計算書でございまして、平成17年度へ繰越を行ったものでございます。


 1款 下水道費におきまして、公共下水道事業4,600千円の繰越につきましては、橋梁工事負担金でございます。


 未収入特定財源につきましては、国庫補助金と起債でございます。


 次に、2款 災害復旧費におきまして、現年度下水道施設災害復旧事業3,700千円の繰越につきましては、中山地区の圧送管布設工事でございます。


 未収入特定財源につきましては、国庫補助金と起債でございます。


 以上で報告案件の説明を終わらせていただきます。


○議長(重松英二君) 所管部長の細部説明は終わりました。





◎質疑・委員会付託の省略


 討論・表決





○議長(重松英二君) これより質疑に入ります。


 まず報第9号 専決処分の報告について、専第1号 平成16年度赤穂市一般会計補正予算についてご質疑ございませんか。


 17番 小林篤二議員。


○17番(小林篤二君) 3点ほどお聞きします。


 まず、市税の補正なんですが、140,000千円補正額があがってまいりまして、これが法人税割額ということで、昨年からこの税収については非常に厳しいということで押さえて予算化されていたと思うんですが、ここへ来て140,000千円というのは相当な増額かと思います。


 これの法人税ということでございますので、どういった業種が資本規模にしてどうなのか、どういったあたりが、その税収が増えてきた要因なのか。


 もう1つ、次年度への影響ですね、こういったところをわかれば教えていただきたい。


 それから、もう1点が、地方交付税が、これについても普通交付税について180,129千円増額しているわけですが、相当三位一体等の影響もあって交付税が減という方向が理由としてあげられ、行革という筋道があったんですが、ここにきて180,000千円の増額というのは相当なもので、トータル額において、昨年、行革で予定していた16年度の交付税額を上回る形になってきていると思うんですね。


 この辺で、こういった交付税の決定の時期ですね、かなり早い時期にわかっていたんじゃないかと思うんですが、いつ決定していたのか。


 最後に、財源調整の中で、許可額の確定とおっしゃいましたが、市債の関係についてですね、借金を16年度から減らすんだと、行革なりでいいながら、ここへきて基金を留保するためにとは思うんですが、借金が増えているのはなぜか。


 そして最後に、実質収支がこういった決算見込みが出てきたわけですから、どういう結果になっていくのか、そういった予測数値がわかれば教えていただきたい。


○議長(重松英二君) 小寺総務部長。


○番外総務部長(小寺康雄君) まず1点目の税収の関係でございます。


 今回、法人税割額140,000千円補正いたしております。


 その主な要因といいますか、法人税割につきましては、市内におきまして、全般的に景気回復の傾向が一部見られるのではないかと思っております。


 特に大きな要因としましては、IT関連企業等の販売収益の好転、その他健康商品の販売増等によります増収増益が主な要因と考えております。


 来年度17年度の影響でございますが、17年度の5月決算につきましては、6月末でまだ出ておりませんので、今の段階で明確な答えは、影響につきましてはお示しすることができません。


 第2点目の地方交付税の関係でございますが、普通交付税につきましては、最終的には2月の中旬に決定をいたしております。


 特別交付税につきましては、3月の中旬の決定でございます。


 それから市債の関係でございますが、今回、49,600千円補正をお願いしておりますが、その主なものにつきましては、一般公共事業債につきまして、財源対策債の調整分ということで50,000千円追加いたしております。


 これにつきましては、50%交付税措置がある有利な起債でございまして、財源措置として県のほうから調整をいただいたものでございます。


 それから、16年度の決算の見込みでございますが、現在まだ出納整理期間中でございますので、明確な実質収支額につきましてはお示しできませんが、大体約2億前後になろうかと思っております。


○議長(重松英二君) 次、報第10号 平成16年度赤穂市一般会計予算の繰越しについてご質疑ございませんか。18番 川本孝明議員。


○18番(川本孝明君) 総務部長の今の説明では、災害復旧費のうち農林水産施設の復旧事業については、東有年の排水機場だということでしたが、これも台風の時期までにはですね、この復旧事業を完了するということをお聞きしているわけですけれども、この繰越によって、事業そのものも遅れるんじゃないかと思うんですが、具体的にですね、この事業いつごろ完了する見込みなのか。


 それともう1つ、土木施設のほうについては八軒家古池線と。これについても、今現在、工事も進んでいるわけですが、これについても事業の完了時期いつになるのか、教えていただきたい。


 それと、この繰越の理由ですね、非常に、特に農林水産施設については約事業費の全体の89%が繰越ということになっていますが、この理由についても重ねてお尋ねしておきたいと思います。


○議長(重松英二君) 金尾地域整備部長。


○番外地域整備部長(金尾宗悟君) まず第1点目の東有年ポンプ場の工期でございますが、8月末を予定いたしております。


 それから古池線につきましては、繰越分につきましては6月末を予定いたしております。


 それと、繰越の理由でございますが、これらにつきましては、補助認証が3月に入ってでございますので、その事業費のほとんどを繰り越さざるを得ないということでございますので、ご理解いただきたいと思います。


○議長(重松英二君) 次、報第11号 平成16年度赤穂市公共下水道事業特別会計予算の繰越しについてご質疑ございませんか。(なし)


 発言がなければ、これをもって上程議案に対する質疑を終結いたします。


 この際お諮りいたします。ただいま上程中の諸議案は、会議規則第38条第2項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ございませんか。(異議なし)


 ご異議なしと認めます。よって、ただいま上程中の諸議案は委員会の付託を省略することに決しました。


 これより討論に入ります。討論については通告を受けておりませんので、これをもって討論を終結いたします。


 これより表決に入ります。


 報第9号 専決処分の報告についてないし報第11号 平成16年度赤穂市公共下水道事業特別会計予算の繰越しについてを一括採決いたします。


 お諮りいたします。本案はいずれも原案のとおり承認することにご異議ございませんか。(異議なし)


 ご異議なしと認めます。よって報第9号ないし報第11号は原案のとおり承認することに決しました。





◎議案一括上程





○議長(重松英二君) 次は日程第5 第47号議案 平成17年度赤穂市一般会計補正予算ないし第49号議案 土地改良事業(ほ場整備)の実施に係る議決変更についてを一括議題といたします。





◎市長提案趣旨説明





○議長(重松英二君) これより上程議案に対する市長の提案趣旨説明を求めます。


 市長。


○番外市長(豆田正明君)(登壇) ただいまご上程をいただきました議案につきまして、その趣旨をご説明申し上げます。


 まず第47号議案 平成17年度赤穂市一般会計補正予算についてであります。


 最近の経済環境につきましては、景気は一部に弱い動きが続くものの、緩やかに回復しており、先行きについては、世界経済の着実な回復に伴って、景気回復は底かたく推移すると見込まれておりますが、原油価格の動向等には留意する必要があると言われております。


 このような経済環境のもと、政府においては、経済財政運営と構造改革に関する基本方針2004の早期具体化により、構造改革の取り組みを加速、拡大するとともに、デフレからの脱却を確実なものとするため、政策努力をさらに強化することとしております。


 このため、本市におきます施政運営につきましては、税収の確保に努める一方、今後の経済の動向と国の財政運営の方向を見極めながら、引き続き節度ある財政運営を図ってまいりたいと考えております。


 今回の補正予算につきましては、台風災害に伴います住宅再建支援事業の整理のほか、緊急を要する事業の補正を行うものでありまして、補正総額は40,500千円であります。


 その内容につきましては、投資的経費で給食センター整備事業など5,400千円の追加、臨時的経費で住宅再建等支援金など31,900千円の追加、経常的経費で図書館管理費3,200千円の追加となっております。


 なお、歳入につきましては、歳出に見合う県支出金、諸収入の特定財源のほか市税でもって均衡を図っております。


 次に、第48号議案 平成17年度赤穂市老人保健医療特別会計補正予算についてであります。


 本会計につきましては、平成16年度の医療費等の確定に伴う精算を行うため、償還金及び繰越金などについてそれぞれ所要の補正を行うものであります。


 次に、第49号議案 土地改良事業(ほ場整備)の実施に係る議決変更についてであります。


 本案は、目坂地区の土地改良事業について、事業計画を変更するにあたり、土地改良法第96条の3第1項の規定により、その議決をお願いいたすものであります。


 以上、提案いたしました議案につきましてご説明申し上げましたが、詳細につきましては担当部長からご説明いたしますので、何とぞ慎重ご審議の上ご決定を賜りますようお願いを申し上げます。


○議長(重松英二君) 市長の説明は終わりました。





◎所管部長細部説明





○議長(重松英二君) 続いて所管部長の細部説明を求めます。小寺総務部長。


○番外総務部長(小寺康雄君) それでは第47号議案 平成17年度赤穂市一般会計補正予算につきましてご説明申し上げます。


 別冊の平成17年6月赤穂市各会計補正予算書と平成17年6月第2回赤穂市議会定例会提出議案参考資料、緑の表紙の分をお願いいたしたいと思います。


 まず一般会計補正予算書の1ページをお願いいたします。


 歳入歳出予算の補正といたしまして、第1条におきまして、歳入歳出それぞれ40,500千円を追加いたしまして、予算の総額を20,520,500千円と定めたいものでございます。


 内容につきましては、議案参考資料2ページの資料1をご覧いただきたいと思います。


 平成17年度赤穂市一般会計6月補正予算資料でございます。


 まず、1の投資的経費でございますが、1番の海洋科学館整備事業1,000千円の追加につきましては、映像コーナーの備品整備でございます。


 2番の給食センター整備事業4,400千円の追加につきましては、地下重油タンクの改修工事でございます。


 次に、2の臨時的経費でございますが、1番の住宅再建等支援金17,900千円の追加及び2番の居住安定支援助成金14,000千円の追加につきましては、昨年の台風災害に伴います助成金等でございますが、当初16年度に予定いたしていたものが、一部17年度に繰り越された関係で、必要額を補正いたすものでございます。


 次に、3の経常的経費でございますが、図書館管理費3,200千円の追加につきましては、窓ガラスの修繕工事でございます。


 以上、投資、臨時、経常合わせまして、合計40,500千円の追加補正でございます。


 恐れ入りますが、予算書のほうへ戻っていただきまして、予算書の6、7ページをお願いいたします。


 歳入の関係につきまして、一般財源といたしましては、1款 市税につきまして市民税の所得割額16,000千円の追加でございます。


 その他県支出金、諸収入の特定財源につきましては、それぞれ歳出に見合います補正を行うものでございます。


 以上で一般会計補正予算の説明を終わりまして、次に中ほどの仕切りをお願いいたしたいと思います。


 第48号議案 平成17年度赤穂市老人保健医療特別会計補正予算でございます。


 1ページをお願いいたします。


 歳入歳出予算の補正といたしまして、第1条におきまして、歳入歳出それぞれ8,197千円を追加し、予算の総額を5,125,597千円と定めたいものでございます。


 内容につきましては8、9ページをお願いいたします。


 歳出の関係でございますが、償還金につきまして、平成16年度の医療費の確定に伴いまして、概算交付を受けております平成16年度の支払基金交付金、国県支出金につきまして、その精算に伴います償還金8,197千円を追加したいものでございます。


 その財源につきましては6、7ページの歳入をお願いしたいと思います。


 歳入につきましては、支払基金交付金などの追加と前年度概算交付金の精算分を前年度繰越金として計上し、償還金に充当いたすものでございます。


 以上で老人保健医療会計の説明を終わります。


 それでは、続きまして、事件決議につきましてご説明申し上げます。


 提出議案と議案参考資料をお願いいたします。


 議案書の7ページをお願いいたします。参考資料につきましては4ページ資料2でございます。


 第49号議案 土地改良事業(ほ場整備)の実施に係る議決変更についてでございます。


 本件につきましては、平成11年3月25日に議決いただきました目坂地区の「土地改良事業(ほ場整備)の実施について」の一部につきまして議決変更をお願いいたしたいものでございます。


 その内容といたしましては、実施年度につきまして、平成11年度から平成14年度を平成11年度から平成17年度に、又、事業概要につきまして整地計画面積、道路工等においては確定測量に基づいた事業量に、概算事業費につきましては217,000千円を257,595千円に変更いたしたいものでございます。


 以上で説明を終わります。


○議長(重松英二君) 所管部長の細部説明は終わりました。


 本会議を暫時休憩いたします。


         (午前10時04分)


      (協 議 会)





○議長(重松英二君) 本会議を再開いたします。


      (午前10時06分)





◎議案の上程





○議長(重松英二君) 次は日程第6、第50号議案 赤穂市固定資産評価審査委員会委員の選任についてを議題といたします。





◎市長提案趣旨説明





○議長(重松英二君) これより上程議案に対する市長の提案趣旨説明を求めます。


 市長。


○番外市長(豆田正明君)(登壇) ただいまご上程をいただきました第50号議案 赤穂市固定資産評価審査委員会委員の選任についてご説明申し上げます。


 本市固定資産評価審査委員会委員 平野孝昭氏が、平成17年6月28日をもちまして任期満了と相なりますが、引き続き同氏を適任と考えまして選任いたしたく、地方税法第423条第3項の規定により、その同意をお願いする次第であります。


 どうぞよろしくお願いを申し上げます。


○議長(重松英二君) 市長の説明は終わりました。





◎質疑・議事順序の省略・表決





○議長(重松英二君) これより質疑に入ります。


 第50号議案 赤穂市固定資産評価審査委員会委員の選任についてご質疑ございませんか。(なし)


 ご発言がなければ、これをもって質疑を終結いたします。


 この際お諮りいたします。ただいま上程中の議案は、議事の順序を省略して、直ちに表決に入りたいと存じますが、これにご異議ございませんか。(異議なし)


 ご異議なしと認めます。よってさよう決します。


 これより表決に入ります。


 第50号議案 赤穂市固定資産評価審査委員会委員の選任について採決いたします。


 お諮りいたします。本案は原案のとおり同意することにご異議ございませんか。(異議なし)


 ご異議なしと認めます。よって第50号議案は原案のとおり同意することに決しました。


 以上で本日の日程は全部終了いたしました。





◎日程通告・散会宣告





○議長(重松英二君) 次の本会議は、来る16日午前9時30分から再開いたします。


 なお、一般質問の通告期限は来る6月21日正午までといたしております。この際ご報告申し上げます。


 本日はこれにて散会いたします。ご苦労さまでした。


       (午前10時08分)





                    ( 了 )





 地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。





 赤穂市議会 議  長  重 松 英 二





       署名議員  前 川 弘 文





       署名議員  山 野   崇