議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 加古川市

平成20年第3回臨時会(第1号 7月29日)




平成20年第3回臨時会(第1号 7月29日)





 
           平成20年第3回加古川市議会(臨時会)議事日程


                            (第1号)





                                    平成20年7月29日


                                    午前9時30分 開会


第 1 会議録署名議員の指名


第 2 諸 報 告


 (1) 議員出席状況


 (2) 報告20号及び第21号


 (3) そ の 他


第 3 会期の決定


第 4 議案第73号 地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関


           する条例を定めること


第 5 議案第74号 (仮称)尾上公民館新築工事請負契約締結のこと


第 6 会議案第1号 議員派遣のこと


第 7 会議案第2号 加古川市議会会議規則の一部を改正する規則を定めること


第 8 会議案第3号 加古川市議会委員会条例の一部を改正する条例を定めること


日程追加


    加古川市議会議長辞職のこと


    加古川市議会議長選挙のこと


    加古川市議会副議長辞職のこと


    加古川市議会副議長選挙のこと


第 9 議会活性化特別委員会廃止のこと








                会議に出席した議員(33名)





      1番  山 川   博       18番  田 中 隆 男


      2番  中 村 照 子       19番  西 多   攻


      3番  広 瀬 弘 子       20番  岩 城 光 彦


      4番  松 本 裕 一       21番  清 田 康 之


      5番  新 屋 英 樹       22番  松 崎 雅 彦


      6番  井 上 隆 司       23番  今 井 淳 子


      7番  末 澤 正 臣       24番  中 山 廣 司


      8番  佐 藤   守       25番  大 西 健 一


      9番  坂 田 重 隆       26番  村 上 孝 義


     10番  畑   広次郎       27番  名 生 昭 義


     11番  安 田 実 稔       28番  渡 辺 昭 良


     12番  隈 元 悦 子       29番  御 栗 英 紀


     13番  相 良 大 悟       30番  堀   充 至


     14番  三 島 俊 之       31番  吉 野 晴 雄


     15番  井 筒 高 雄       32番  眞 田 千 穂


     16番  平 井 敦 美       33番  神 吉 耕 藏


     17番  西 田 重 幸








                  会議に欠席した議員





     な   し








                 議事に関係した事務局職員





    議会事務局長        山 下 年 永  議会事務局次長     坂 田 吉 正


    議事調査課長        大 野 淳 一  議事調査課議事調査係長 中 村 文 雄


    議事調査課議事調査担当係長 生 田 昭 弘








                会議に出席した委員及び職員





 ┌─────────────┬───────┬─────────────┬───────┐


 │    職  名     │ 氏  名  │    職  名     │ 氏  名  │


 ├─────────────┼───────┼─────────────┼───────┤


 │市長           │樽 本 庄 一│副市長          │藤 原   崇│


 ├─────────────┼───────┼─────────────┼───────┤


 │副市長          │中 田 喜 高│水道事業管理者      │大 貫 和 博│


 ├─────────────┼───────┼─────────────┼───────┤


 │企画部長         │石 堂   求│総務部長         │久 保 一 人│


 ├─────────────┼───────┼─────────────┼───────┤


 │税務部長         │重 本 啓 司│市民部長         │山 内 俊 明│


 ├─────────────┼───────┼─────────────┼───────┤


 │地域振興部長       │稲 岡 安 則│環境部長         │大 濱   俊│


 ├─────────────┼───────┼─────────────┼───────┤


 │福祉部長         │鳴 瀬 敏 雄│建設部長         │青 木 秀太郎│


 ├─────────────┼───────┼─────────────┼───────┤


 │都市計画部長       │木 村 義 和│下水道部長        │山 上 秀 人│


 ├─────────────┼───────┼─────────────┼───────┤


 │会計管理者        │大 本 憲 己│市民病院管理部長     │藤 井   正│


 ├─────────────┼───────┼─────────────┼───────┤


 │消防長          │山 本 臣 一│教育委員会委員長     │神 吉 賢 一│


 ├─────────────┼───────┼─────────────┼───────┤


 │教育長          │山 本   勝│教育総務部長       │藤 田 隆 司│


 ├─────────────┼───────┼─────────────┼───────┤


 │教育指導部長       │石 坂 文 昭│選挙管理委員会委員長   │後 藤 太原麿│


 ├─────────────┼───────┼─────────────┼───────┤


 │代表監査委員       │田 中 良 計│農業委員会会長      │石 原 一 公│


 └─────────────┴───────┴─────────────┴───────┘








                 開         会


                                     (午前9時32分)


○議長(吉野晴雄)   ただいまから、平成20年第3回加古川市議会臨時会を開会します。


 開会にあたり、一言ごあいさつ申し上げます。


 今年の冬が寒かったことから、夏の厳しい暑さを予想しておりましたが、梅雨明け前から、本格的な夏が始まっています。公園の木々から、この時期の主役のセミの賑やかな声が聞こえます。


 議員の皆様方におかれましては、きわめてご健勝にて、ご出席いただき、心からお礼申し上げます。


 さて、本臨時会に提案されます案件は、条例案件及び契約案件のほか、議会にかかる人事等であります。


 議員各位には、諸般の議事運営にご協力賜りますようお願い申し上げまして、開会のごあいさつといたします。


 これより、本日の会議を開きます。


 直ちに、日程に入ります。





―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





   ◎日程第1   会議録署名議員の指名





○議長(吉野晴雄)   日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第80条の規定により、岩城光彦議員及び清田康之議員を指名します。





―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





   ◎日程第2   諸 報 告





○議長(吉野晴雄)   日程第2、諸報告を行います。


 事務局から議員出席状況等を報告します。





○議事調査課議事調査係長(中村文雄)   議員出席状況を報告します。議員定数33名、現在数33名、本日の出席現在数は33名であります。


 次に報告第20号及び報告第21号のことであります。


 報告第20号及び報告第21号は、いずれも損害賠償の額を定めること、及び和解のことの報告であり、地方自治法第180条第2項の規定による報告であります。この報告については、既に別冊により報告書が提出され、お手元に配布されておりますので、ご了承願います。


 以上で報告を終わります。





○議長(吉野晴雄)   事務局からの報告は終わりました。


 次に、地方自治法第121条の規定により、今期臨時会に出席を求めた者の職、指名はお手元へ配布しております一覧表のとおりです。


 なお、後藤選挙管理委員会委員長は今期定例会、検査入院のため欠席との届けがありましたので報告します。


 以上で諸報告を終わります。





―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





   ◎日程第3   会期の決定





○議長(吉野晴雄)   日程第3、会期の決定を議題とします。


 お諮りします。


 今期臨時会の会期は、本日から、7月31日までの3日間としたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、会期は3日間に決定しました。





―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





   ◎日程第4 議案第73号 〜 ◎日程第5 議案第74号





○議長(吉野晴雄)   日程第4、議案第73号及び日程第5、議案第74号の2件を一括議題とします。


 順次、提案理由の説明を求めます。


 総務部長。





○総務部長(久保一人)   議案第73号及び議案第74号につきまして、提案理由の説明をいたします。


 冊子番号1をお願いいたします。


 初めに、議案第73号につきまして、ご説明いたします。1ページから3ページをごらんください。


 本案は地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例を定めることの議案です。


 この条例は本年6月に地方自治法の一部を改正する法律が公布されましたことに伴い、所要の措置を講ずるため、関係する4条例を改正しようとするものです。


 改正の主な内容ですが、加古川市議会政務調査費の交付に関する条例、加古川市特別職報酬等審議会条例、加古川市議会議員の報酬等に関する条例及び、加古川市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例について、議会の議員にかかる報酬の名称を議員報酬に改めるとともに、引用条項のずれに伴う字句の整備を図ろうとするものです。


 なお、附則におきまして、この条例は地方自治法の一部を改正する法律の施行の日から施行することとしております。


 参考といたしまして、4ページから9ページに新旧対照表を添付しております。


 続きまして、議案第74号につきまして、提案理由の説明をいたします。10ページをごらんください。


 提案いたします議案は請負契約締結に関するもので、市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決を求めるものでございます。


 本案は(仮称)尾上公民館新築工事請負契約締結のことでございます。本工事は浜の宮公民館が老朽化したことから、地域住民の利便性のさらなる向上と生涯教育施設の一層の充実を図るため、当該用地において公民館を新築しようとするものでございます。


 当該工事を施工するため、去る7月3日、6社による郵便応募型条件つき一般競争入札を行いました。その結果2億674万5千円をもちまして、加古川市野口町良野1506番地、前川建設株式会社が落札しましたので、同社と本案記載のとおり、請負契約を締結しようとするものでございます。


 なお、参考といたしまして、11ページから15ページにかけまして、工事施工内容、付近見取図、建物配置図、平面図、入開札の状況並びに地方自治法の抜粋を添付いたしておりますので、ごらんください。


 以上で、議案第73号及び議案第74号についての提案理由の説明を終わります。





○議長(吉野晴雄)   提案理由の説明は終わりました。


 お諮りします。


 ただいま説明が終わりました本2件については、会議規則第36条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。


 これにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、以上のように決定しました。


 これより、議案第73号について、質疑とあわせ、討論に入ります。


                  [「なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   質疑、討論を終了します。


 これより、議案第73号を採決します。


 本案を原案のとおり決定することに、ご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第74号について、質疑とあわせ、討論に入ります。


                  [「なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   質疑、討論を終了します。


 これより、議案第74号を採決します。


 本案を原案のとおり決定することに、ご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。





―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





   ◎日程第6 会議案第1号 〜 ◎日程第8 会議案第3号





○議長(吉野晴雄)   日程第6、会議案第1号から、日程第8、会議案第3号までの3件を一括議題とします。


 お諮りします。


 本3件については、会議案の朗読、会議規則第36条第3項の規定による提案理由の説明と委員会の付託、及び質疑、討論を省略したいと思います。


 これにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、以上のように決定しました。


 これより、会議案第1号を採決します。


 本案を原案のとおり決定することに、ご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。


 次に、会議案第2号を採決します。


 本案を原案のとおり決定することに、ご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。


 次に、会議案第3号を採決します。


 本案を原案のとおり決定することに、ご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。


 しばらくの間、休憩します。


 ただちに会派代表者会を開催しますので、代表者の方は協議会室へお集まりください。


                 (休憩 午前9時42分)


                 (再開 午後2時01分)


○副議長(田中隆男)   休憩前に引き続き、会議を開きます。


 ただいま、議長、吉野晴雄議員から、議長の辞職願が提出されました。


 お諮りいたします。


 この際、議長辞職のことを日程に追加し、議題とし、先議することにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○副議長(田中隆男)   ご異議なしと認めます。


 したがって、議長辞職のことを日程に追加し、議題とします。


 吉野晴雄議員は、議場におられないことを認めます。


 まず、その辞職願を事務局より朗読いたします。


                   [辞職願朗読]


○副議長(田中隆男)   お諮りします。


 吉野晴雄議員の議長辞職を許可することに、ご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○副議長(田中隆男)   ご異議なしと認めます。


 したがって、吉野晴雄議員の議長辞職を許可することに決定いたしました。


 吉野晴雄議員から、ごあいさつしたい旨の申し出がございますので、承ることにいたします。





○議長(吉野晴雄)   失礼します。議長辞任にあたりまして、一言皆様にごあいさつを申し上げます。


 昨年の臨時議会、皆様の温かいご推挙によりまして、議長に推挙いただきました。そういう中で、あっという間の一年ではございましたが、その間、議員各位、樽本市長を初め、理事者の方々の各方面からのご支援、またマスコミ関係の皆様のいろんな形のご協力をいただいた中で、一年間何とか議長の職を全うしたと自分では思っております。


 そういう中で、特にうれしかったのがここにおられます先輩議員の方々が、いろんなアドバイスをしていただき、その中で議長こうしたらどうや、ああしたらどうやという言葉をいただきながら、議長の職をなし得たというふうに思っております。そういう温かい心のもちかたがいろいろ伝わってきたというのは、本当にこの一年ありがたかったと思っています。


 いろいろ事業がありましたけれど、私の一番感じているのは、一番身近なところではございますが、看護学校の卒業式、看護学校は今年で閉校されました。そういう中での卒業式、涙で本当に感謝した卒業の言葉だったと思っております。


 それと、最近市長とともに、ブラジルへ行かせていただきました。そういう中で、ブラジル移民が100年を迎えたということで、当時子供だった苦労された方々のお話を聞きますと、移民したその当時はやはり、風土病、疫病いろいろな中で病気との戦いが大きかったと。


 その中で特に女性が先に逝ってしまって、たくさんの女性が亡くなって、それでみんなが男手でいろいろ頑張ってきたんだという言葉を聞かされまして、人権いろいろ大切にする私の思いとしましては、本当にその当時頑張ってこられた方々の思いを痛切に感じました。


 それでなおかつ今100年を迎えて、非常に頑張っている移民の皆さん、それと今、逆に日本へブラジルから移住される方もたくさんふえております。そういう中で、ブラジル日系の方々がもっておられる日本人気質というんですか、そういうことを何か今、我々が忘れているような、そんなことをふつふつと感じます。


 そういう中ではやはり、この時代何かを見直さないと我々が日本人らしくなくなってしまうのではないかという気がします。そういう中で、いろいろ思いもございますけれど、皆さんに支えられて一年を無事過ごせたという、そのことに対して心から感謝の意を表したいと思います。


 また、この一年を経験としまして、今後、加古川市政に力一杯頑張っていく所存でございますので、どうか今後ともご指導、ご鞭撻賜りますようお願いを申し上げまして、辞任への言葉とさせていただきます。


 どうもありがとうございました。(拍手)





○副議長(田中隆男)   吉野晴雄議員の辞職のあいさつは終わりました。


 ただいま、議長が欠員となりました。


 お諮りいたします。


 この際、議長の選挙を日程に追加し、先議して、選挙を行いたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○副議長(田中隆男)   ご異議なしと認めます。


 したがって、議長の選挙を日程に追加し、選挙を行います。


 議場の閉鎖を命じます。





                  [議 場 閉 鎖]





○副議長(田中隆男)   ただいまの出席議員数は33名です。


 投票用紙を配布いたします。





                [投 票 用 紙 配 布]





○副議長(田中隆男)   投票用紙の配布漏れはありませんか。





                    [声なし]





○副議長(田中隆男)   配布漏れなしと認めます。


 投票箱を改めます。





                 [投 票 箱 点 検]





○副議長(田中隆男)   異状なしと認めます。


 念のため申し上げます。


 投票は単記無記名でございます。


 投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票願います。


 なお、白票は無効とします。


 点呼を命じます。





                  [氏名点呼・投票]





○副議長(田中隆男)   投票漏れはありませんか。





                    [声なし]





○副議長(田中隆男)   投票漏れなしと認めます。


 投票を終了します。


 議場の閉鎖を解きます。





                  [議 場 開 鎖]





○副議長(田中隆男)   開票を行います。


 立会人は会議規則第30条第2項の規定により、神吉議員及び山川議員を指名いたします。


 したがって、ご両名に立ち会い願います。





                  [開     票]





○副議長(田中隆男)   投票の結果を報告します。


 投票総数33票


 これは、先ほどの出席議員数と一致しております。


         そのうち、有効投票 33票


              無効投票  0票


         有効投票中 大 西 健 一 議員 28票


               山 川   博 議員  3票


               松 崎 雅 彦 議員  2票


 以上のとおりです。


 この選挙の法定得票数は9票です。


 したがって、大西議員が議長に当選されました。


 ただいま、議長に当選されました大西議員が議場におられますので、本席から会議規則第31条第2項の規定による告知をいたします。


 ただいまから、議長の当選承諾、及び就任のごあいさつを承ります。





○(大西健一議員)   失礼いたします。ただいまは、議員の皆様方の温かいご推挙をいただきまして、栄えある加古川市議会議長に就任させていただきました。もとより、経験も力もございませんが、全力で取り組んでまいります。


 そして、歴代の諸先輩方の引き継いでこられました歴史と伝統を汚さないように力一杯取り組んでまいりますので、何とぞご支援、ご協力を賜りますようによろしくお願い申しあげます。


 さて、市議会を取り巻く環境、さらには地方の行政、本当にたくさんの課題が山積していると思います。こういったときこそ、私は皆様方とともに、しっかりと対話をしながら、また汗をかきながら、あるべき方向性を見出すべきときであるというふうに認識いたしております。


 したがいまして、これから一年間、さまざまな議論を皆様方と一緒に行いながら、あるべき議会の姿を見出していきたいと、このように考えております。


 もう一点申し上げておきたいのは、この後本日の議題にも予定されておりますが、昨年の9月に設置されました、議会活性化特別委員会でさまざまな議論がなされ、そして課題等々が提議をされておりますので、今後は議会運営委員会等で、これもまた皆様とご意見をしっかりと出し合いながら方向性を導いていく、このことも申し上げておきたいと思います。


 終わりになりましたけれども、樽本市長を初め、理事者の皆様、そして報道関係の皆様、さらには関係各位の皆様に今後とも、ご指導、ご鞭撻を賜りますように心からお願いを申し上げ、甚だ簡単ではございますけれども、議長就任のごあいさつにかえさせていただきます。


 本日は本当にありがとうございました。(拍手)





○副議長(田中隆男)   大西議員の議長就任のごあいさつは終わりました。


 以上で、議長選挙を終了いたします。


 議長選挙が終了いたしましたので、これで私の任務を終わらせていただきます。


 大西議長、議長席にお着き願います。





                [大西健一議員議長席に着く]





○議長(大西健一)   ただいま、副議長田中隆男議員から、副議長の辞職願が提出されました。


 お諮りします。


 この際、副議長辞職のことを日程に追加し、議題とし先議することにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(大西健一)   ご異議なしと認めます。


 したがって、副議長辞職のことを日程に追加し、議題とします。


 田中隆男議員は議場におられないことを認めます。


 まず、その辞職願を事務局より朗読します。


                   [辞職願朗読]


○議長(大西健一)   お諮りします。


 田中隆男議員の副議長の辞職を許可することにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(大西健一)   ご異議なしと認めます。


 したがって、田中隆男議員の副議長辞職を許可することに決定しました。


 田中隆男議員から、ごあいさつしたい旨の申し出がございますので、承ることにします。





○副議長(田中隆男)   貴重なお時間を少しいただきまして、副議長を辞任するにあたりまして、ごあいさつを申し上げます。


 この一年間、議員諸兄、また樽本市長初め理事者の皆様方、そして報道関係の方々のご協力によりまして、大過なく役割を終えさせていただきましたことを、まことにありがたく厚く御礼を申し上げます。


 これからは、一議員といたしまして、また与えられた役割の中で最善を尽くしてまいりたいと考えております。


 今後とも皆様方のますますのご指導、ご鞭撻をよろしくお願い申し上げまして、甚だ簡単ではございますが、辞任のあいさつをさせていただきます。


 どうもありがとうございました。(拍手)





○議長(大西健一)   田中隆男議員の辞職のあいさつは終わりました。


 ただいま、副議長が欠員となりました。


 お諮りします。


 この際、副議長の選挙を日程に追加し、先議して選挙を行いたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(大西健一)   ご異議なしと認めます。


 したがって、副議長の選挙を日程に追加し、選挙を行います。


 議場の閉鎖を命じます。





                  [議 場 閉 鎖]





○議長(大西健一)   ただいまの出席議員は33名です。


 投票用紙を配布します。





                [投 票 用 紙 配 布]





○議長(大西健一)   投票用紙の配布漏れはありませんか。





                    [声なし]





○議長(大西健一)   配布漏れなしと認めます。


 投票箱を改めます。





                 [投 票 箱 点 検]





○議長(大西健一)   異状なしと認めます。


 念のため申し上げます。


 投票は、単記無記名です。


 投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票願います。


 なお、白票は無効とします。


 点呼を命じます。





                  [氏名点呼・投票]





○議長(大西健一)   投票漏れはありませんか。





                    [声なし]





○議長(大西健一)   投票漏れなしと認めます。


 投票を終了します。


 議場の閉鎖を解きます。


                  [議 場 開 鎖]





○議長(大西健一)   開票を行います。


 立会人は会議規則第30条第2項の規定により、村上議員及び西多議員を指名します。


 したがって、ご両名に立会い願います。





                  [開     票]





○議長(大西健一)   投票の結果を報告します。


 投票総数33票


 これは、先ほどの出席議員数と一致しております。


         そのうち、有効投票 33票


              無効投票  0票


         有効投票中 堀   充 至 議員 28票


               中 村 照 子 議員  3票


               井 筒 高 雄 議員  2票


 以上のとおりです。


 この選挙の法定得票数は9票です。


 したがって、堀議員が副議長に当選されました。


 ただいま、副議長に当選されました堀議員が議場におられますので、本席から会議規則第31条第2項の規定による告知をします。


 ただいまから、副議長の当選承諾及び就任のごあいさつを承ります。





○(堀 充至議員)   一言お礼を申し上げたいと思います。


 今般副議長選挙におきまして、皆様方の温かいご支援をいただきまして、まことにありがとうございます。


 私は浅学非才で経験も浅いわけでございますが、皆様方の温かいご支援を賜り、大変感激しておる次第でございます。


 このうえは、この職責を全うできますよう、全力で職務に邁進したいと思いますので、皆様方、今後ともご指導賜りますよう切にお願いを申し上げる次第でございます。


 今、本市を取り巻く環境は皆様方ご承知のとおり、財源の主力を占めております市税収入が本年度から落ち込むというような見通しにもなっております。


 また、本格的な地方分権時代を迎えて自己責任がますます強くなってきております。我々市議会議員としても大変責任が重いわけでございます。


 これから副議長として議長を助け、また皆様方のご指導を得て、職責を全うするよう努力してまいりますので、今後ともご支援賜りますよう再度お願い申し上げまして、大変簡単ではございますが一言お礼のごあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。(拍手)





○議長(大西健一)   堀議員の副議長就任のごあいさつは終わりました。


 以上で、副議長選挙を終了します。


 しばらくの間、休憩します。


 休憩中に議員協議会を開催します。


                 (休憩 午後2時34分)


                 (再開 午後2時43分)





―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





   ◎日程第9 議会活性化特別委員会廃止のこと





○議長(大西健一)   日程第9、議会活性化特別委員会廃止のことを議題とします。


 お諮りします。


 議会活性化特別委員会を廃止することにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(大西健一)   ご異議なしと認めます。


 したがって、議会活性化特別委員会は廃止することに決定しました。


 以上で、本日の日程はすべて終了しました。


 明日、30日午前9時30分から本会議を再開しますから、定刻までに出席願います。


 本日はこれをもちまして、散会します。


 ご苦労様でした。


                                  午後2時44分   散会