議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 加古川市

平成20年第1回定例会(第7号 3月25日)




平成20年第1回定例会(第7号 3月25日)





 
           平成20年第1回加古川市議会(定例会)議事日程


                            (第7号)





                                    平成20年3月25日


                                    午前9時30分 開議


第 1 会議録署名議員の指名


第 2 諸 報 告


 (1) 議員出席状況


 (2) そ の 他


第 3 請 願


    ・請願第1号(総務常任委員会)


第 4 議案第30号 加古川市収入役の廃止に伴う関係条例の整理に関する条例を定める


           こと


第 5 議案第32号 加古川市職員の勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部を改


           正する条例を定めること


第 6 議案第33号 加古川市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例を定


           めること


第 7 議案第34号 加古川市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の一部を改


           正する条例を定めること


第 8 議案第35号 加古川市職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例を


           定めること


第 9 議案第36号 加古川市特別会計条例の一部を改正する条例を定めること


第10 議案第46号 市有財産譲与のこと


第11 議案第48号 東播臨海広域行政協議会規約の一部を改正する規約を定めること


第12 議案第49号 加古川市外2市共有公会堂事務組合規約の一部を改正する規約を定


           めること


第13 議案第44号 加古川市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の一


           部を改正する条例を定めること


第14 議案第45号 加古川市水洗化等促進条例の一部を改正する条例を定めること


第15 議案第47号 訴えの提起のこと


第16 議案第29号 加古川市後期高齢者医療に関する条例を定めること


第17 議案第31号 加古川市住民基本台帳カードの利用に関する条例の一部を改正する


           条例を定めること


第18 議案第39号 加古川市医療の助成に関する条例の一部を改正する条例を定めるこ


           と


第19 議案第40号 加古川市介護慰労金支給条例の一部を改正する条例を定めること


第20 議案第41号 加古川市斎場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例を


           定めること


第21 議案第42号 加古川市国民健康保険条例の一部を改正する条例を定めること


第22 議案第43号 加古川市介護保険条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例


           を定めること


第23 議案第37号 加古川市立公民館の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条


           例を定めること


第24 議案第38号 加古川市立志方体育館の設置及び管理に関する条例等の一部を改正


           する条例を定めること


第25 議案第50号 東播磨農業共済事務組合規約の一部を改正する規約を定めること


第26 議案第51号 ため池等整備事業(一般)の施行のこと


第27 議案第11号 平成20年度加古川市一般会計予算


第28 議案第21号 平成20年度加古川市駐車場事業特別会計予算


第29 議案第25号 平成20年度加古川市財産区特別会計予算


第30 議案第17号 平成20年度加古川市公共下水道事業特別会計予算


第31 議案第18号 平成20年度加古川市公園墓地造成事業特別会計予算


第32 議案第23号 平成20年度加古川市農業集落排水事業特別会計予算


第33 議案第26号 平成20年度加古川市水道事業会計予算


第34 議案第12号 平成20年度加古川市国民健康保険事業特別会計予算


第35 議案第13号 平成20年度加古川市老人保健事業特別会計予算


第36 議案第14号 平成20年度加古川市介護保険事業特別会計予算


第37 議案第15号 平成20年度加古川市生活安全共済事業特別会計予算


第38 議案第19号 平成20年度加古川市夜間急病医療事業特別会計予算


第39 議案第20号 平成20年度加古川市緊急通報システム事業特別会計予算


第40 議案第22号 平成20年度加古川市歯科保健センター事業特別会計予算


第41 議案第24号 平成20年度加古川市後期高齢者医療事業特別会計予算


第42 議案第27号 平成20年度加古川市病院事業会計予算


第43 議案第16号 平成20年度加古川市公設地方卸売市場事業特別会計予算


第44 議案第52号 平成19年度加古川市一般会計補正予算(第5回)


第45 議案第53号 つつじ療育園新築工事請負契約締結のこと


第46 議案第54号 加古川市民病院使用条例等の一部を改正する条例を定めること


第47 議案第55号 加古川市副市長選任につき同意を求めること


第48 議案第56号 加古川市監査委員選任につき同意を求めること


第49 議案第57号 人権擁護委員候補者推せんにつき意見を求めること


第50 議案第58号 人権擁護委員候補者推せんにつき意見を求めること


第51 議案第59号 人権擁護委員候補者推せんにつき意見を求めること


第52 議案第60号 人権擁護委員候補者推せんにつき意見を求めること


第53 議案第61号 人権擁護委員候補者推せんにつき意見を求めること


日程追加


   意見書案第1号 自主共済制度の保険業法の適用見直しを求める意見書


   意見書案第2号 現行保育制度の堅持・拡充・子育て支援施策の推進に関わる国の予


           算の大幅増額を求める意見書


   意見書案第3号 幼稚園・学童保育施策の推進に関わる国の予算の大幅増額を求める


           意見書








                会議に出席した議員(32名)





      1番  山 川   博       18番  田 中 隆 男


      3番  広 瀬 弘 子       19番  西 多   攻


      4番  松 本 裕 一       20番  岩 城 光 彦


      5番  新 屋 英 樹       21番  清 田 康 之


      6番  井 上 隆 司       22番  松 崎 雅 彦


      7番  末 澤 正 臣       23番  今 井 淳 子


      8番  佐 藤   守       24番  中 山 廣 司


      9番  坂 田 重 隆       25番  大 西 健 一


     10番  畑   広次郎       26番  村 上 孝 義


     11番  安 田 実 稔       27番  名 生 昭 義


     12番  隈 元 悦 子       28番  渡 辺 昭 良


     13番  相 良 大 悟       29番  御 栗 英 紀


     14番  三 島 俊 之       30番  堀   充 至


     15番  井 筒 高 雄       31番  吉 野 晴 雄


     16番  平 井 敦 美       32番  眞 田 千 穂


     17番  西 田 重 幸       33番  神 吉 耕 藏








                会議に欠席した議員(1名)





     2番  中 村 照 子








                 議事に関係した事務局職員





     議会事務局長  永 井   一   議会事務局次長  坂 田 吉 正


     議事調査課長  大 野 淳 一   議事調査課副課長 正 山   健








                会議に出席した委員及び職員





 ┌─────────────┬───────┬─────────────┬───────┐


 │    職  名     │ 氏  名  │    職  名     │ 氏  名  │


 ├─────────────┼───────┼─────────────┼───────┤


 │市長           │樽 本 庄 一│副市長          │藤 原   崇│


 ├─────────────┼───────┼─────────────┼───────┤


 │副市長          │長谷川 浩 三│収入役          │中 田 喜 高│


 ├─────────────┼───────┼─────────────┼───────┤


 │水道事業管理者      │船 曵 源 治│企画部長         │大 貫 和 博│


 ├─────────────┼───────┼─────────────┼───────┤


 │総務部長         │石 堂   求│税務部長         │重 本 啓 司│


 ├─────────────┼───────┼─────────────┼───────┤


 │市民部長         │山 内 俊 明│地域振興部長       │稲 岡 安 則│


 ├─────────────┼───────┼─────────────┼───────┤


 │環境部長         │大 濱   俊│福祉部長         │鳴 瀬 敏 雄│


 ├─────────────┼───────┼─────────────┼───────┤


 │建設部長         │青 木 秀太郎│都市計画部長       │木 村 義 和│


 ├─────────────┼───────┼─────────────┼───────┤


 │下水道部長        │山 上 秀 人│市民病院管理部長     │山 下 年 永│


 ├─────────────┼───────┼─────────────┼───────┤


 │消防長          │山 本 臣 一│教育委員会委員長     │神 吉 賢 一│


 ├─────────────┼───────┼─────────────┼───────┤


 │教育長          │山 本   勝│教育総務部長       │久 保 一 人│


 ├─────────────┼───────┼─────────────┼───────┤


 │教育指導部長       │石 坂 文 昭│選挙管理委員会委員長   │後 藤 太原麿│


 ├─────────────┼───────┼─────────────┼───────┤


 │代表監査委員       │田 中 良 計│農業委員会会長      │橋 本 春 樹│


 └─────────────┴───────┴─────────────┴───────┘








                 開         議


                                     (午前9時32分)


○議長(吉野晴雄)   ただいまから、平成20年第1回加古川市議会定例会を再開します。


 これより、本日の会議を開きます。


 直ちに日程に入ります。





―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





   ◎日程第1   会議録署名議員の指名





○議長(吉野晴雄)   日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第80条の規定により、安田実稔議員及び隈元悦子議員を指名します。





―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





   ◎日程第2   諸 報 告





○議長(吉野晴雄)   日程第2、諸報告を行います。


 事務局から議員出席状況等を報告します。





○議事調査課副課長(正山 健)   議員出席状況を報告します。議員定数33名、現在数33名、本日の出席現在数は32名であります。


 なお、中村照子議員から実母葬儀のため欠席の届出がありました。


 以上で報告を終わります。





○議長(吉野晴雄)   事務局からの報告は終わりました。


 以上で、諸報告を終わります。





―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





   ◎日程第3   請  願





○議長(吉野晴雄)   日程第3、請願を議題とします。


 これより、総務常任委員会に付託中の請願第1号について、委員長の報告を求めます。


 総務常任委員長。





○総務常任委員長(三島俊之)(登壇)   おはようございます。審査の結果を報告いたします。


 請願第1号。本件は、団体が目的の一つとして構成員のために自主的かつ健全に運営されている共済制度について、保険業法附則第2条「経過措置」期間を1年延長することについて、国及び関係機関に対し意見書を提出してもらいたいとの請願であります。


 委員から「共済制度は、相互共済の理念に基づき、加入者の生活を守るための制度であることから、新保険業法の適用外にすることは必要であり、願意は妥当であると考える」との意見がありました。


 委員会は、採決の結果、全会一致で採択と決定しました。


 以上、報告いたします。





○議長(吉野晴雄)   委員長の報告は終わりました。


 これより、請願第1号について、委員長報告に対する質疑とあわせ討論に入ります。


                  [「なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   質疑、討論を終了します。


 これより、請願第1号を採決します。


 本件について、委員長の報告は採択です。本請願を採択することにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、本請願は採択することに決定しました。





―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





   ◎日程第4 議案第30号 〜 ◎日程第12 議案第49号





○議長(吉野晴雄)   日程第4、議案第30号から日程第12、議案第49号までの9件を一括議題といたします。


 本9件について、総務常任委員長の報告を求めます。


 総務常任委員長。





○総務常任委員長(三島俊之)(登壇)   審査の結果を報告いたします。


 議案第30号。本案は、収入役の廃止に伴い、所要の措置を講ずるため関係条例の改正等を行おうとするものであります。


 委員会は、審査の結果、全会一致で原案可決と決定しました。


 議案第32号。本案は、職員の勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部改正で、地方公務員の育児休業等に関する法律の一部を改正する法律の施行に伴う所要の措置を講ずること及び育児参加休暇を定めるため、本条例を改正しようとするものであります。


 委員会は、審査の結果、全会一致で原案可決と決定しました。


 議案第33号。本案は、職員の育児休業等に関する条例の一部改正で、地方公務員の育児休業等に関する法律の一部を改正する法律の施行に伴い、所要の措置を講じようとするものであります。


 委員会は、審査の結果、全会一致で原案可決と決定しました。


 議案第34号。本案は、職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の一部改正で、地域手当の支給の特例措置を見直すため、所要の措置を講じようとするものであります。


 地域手当の改定理由をただしたのに対し、理事者から「国家公務員の地域手当の支給率に準拠した改定であり、財政健全化の観点からも、職員給与の適正化が必要であると考える」との答弁がありました。


 委員から、「国の支給率の基準には合理性が欠けており、本案には反対である」との意見がありました。


 委員会は、採決の結果、賛成多数で原案可決と決定しました。


 議案第35号。本案は、職員の特殊勤務手当に関する条例の一部改正で、心身障害児指導手当等の廃止その他規定の整備を図るため、所要の措置を講じようとするものであります。


 心身障害児指導手当の廃止理由をただしたのに対し、理事者から「従来は、障害児教育担当教諭が専属的にかかわっていたが、現在は担当教諭だけではなく、園全体で障害児の保育が行われているためである」との答弁がありました。


 委員から「障害児の保育は複雑化してきており、保育を充実させるためには、手当の拡充を図るべきである」との意見がありました。


 委員会は、採決の結果、賛成多数で原案可決と決定しました。


 議案第36号。本案は、特別会計条例の一部改正で、健康保険法等の一部を改正する法律において老人保健法が改正され、後期高齢者医療制度が設けられることに伴い、所要の措置を講じようとするものであります。


 委員会は、審査の結果、全会一致で原案可決と決定しました。


 議案第46号。本案は、鵤町内会及び下村町内会に集会所等として市有財産を譲与しようとするものであります。


 委員会は、審査の結果、全会一致で原案可決と決定しました。


 議案第48号。本案は、東播臨海広域行政協議会規約の一部改正で、収入役の廃止に伴い、所要の措置を講じようとするものであります。


 委員会は、審査の結果、全会一致で原案可決と決定しました。


 議案第49号。本案は、加古川市外2市共有公会堂事務組合規約の一部改正で、収入役の廃止に伴い、所要の措置を講じようとするものであります。


 委員会は、審査の結果、全会一致で原案可決と決定しました。


 以上、報告いたします。





○議長(吉野晴雄)   委員長の報告は終わりました。


 これより、議案第30号について、委員長報告に対する質疑とあわせ討論に入ります。


                  [「なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   質疑、討論を終了します。


 これより、議案第30号を採決します。


 本案に対する委員長報告は可決です。本案を原案のとおり決定することにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第32号について、委員長報告に対する質疑とあわせ討論に入ります。


                  [「なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   質疑、討論を終了します。


 これより、議案第32号を採決します。


 本案に対する委員長報告は可決です。本案を原案のとおり決定することにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第33号について、委員長報告に対する質疑とあわせ討論に入ります。


                  [「なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   質疑、討論を終了します。


 これより、議案第33号を採決します。


 本案に対する委員長報告は可決です。本案を原案のとおり決定することにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第34号について、委員長報告に対する質疑とあわせ討論に入ります。


 松崎議員。





○(松崎雅彦議員)   議案第34号は、職員の給与としての地域手当、現在5パーセントのものを、国家公務員に合わせるために、平成20年度が4パーセント、そして21年度3パーセントということで、漸次低減していくという内容であります。ただ、委員会質疑の中でも申し上げたわけでありますが、今回その基準とされております、いわゆる人事院調査によります国公基準、ここに私は大きな不合理が生じてきているんではないかということを指摘したわけであります。


 その内容で申し上げますと、現在国公基準でいうところのパーセンテージにつきましては、神戸市が10パーセント、そして明石市が10パーセント、そして、隣の高砂市が6パーセント。こういった状況の中で、特に地域手当というのは地域の経済状況に合わせた手当ということで見ますので、なぜこのような近隣の状況であるにもかかわらず加古川市だけが3パーセントにしなければならないのか。私はこの点につきまして理解ができないわけであります。


 特に、行財政改革の中からこういった部分が国を挙げて現在強行されてきておるわけでありますが、やはり地域の少なくとも事情、あるいは経済状況に合わせるべきでありますし、そして、よく当局が言われておりますように、近隣周辺との、自治体とのバランスというものをやっぱり考えていかざるを得ない。こういったことからは、今回の提言内容につきまして私は賛成できないことを申し上げて、態度表明といたします。





○議長(吉野晴雄)   質疑、討論を終了します。


 これより、議案第34号を採決します。


 本案に対する委員長報告は可決です。本案を原案のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。


                  [起 立 多 数]


○議長(吉野晴雄)   起立多数です。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第35号について、委員長報告に対する質疑とあわせ討論に入ります。


 松崎議員。





○(松崎雅彦議員)   議案第35号でありますけれども、いわゆる職員の特勤手当にかかわるものであります。


 その中でも、特に私が指摘をさせていただきたいのは、今回のこの内容の中で盛り込まれておりますいわゆる幼稚園教諭にかかわります心身障害児手当の廃止の問題であります。この手当につきましては、心身障害児に適切な対応をしていくということから、クラス編成あるいは、専属の担当教諭でありましたものを、今後、市の計画でいきますと園全体で対応していくためにという理由の中から、廃止の提案がなされておるわけでありますが、特に全国医師会の報告の文献等によりますと、今後、心身障害児関係につきましては、多動性障害児などを含めまして非常に深刻な状況でありますし、その数につきましても大きく膨らんでいこうとしている傾向があるということも明らかにされてきているわけであります。


 もちろん、行政としてそのような心身障害児をていねいに、そして親切に対応していく、受け入れていく、こういったことはもちろん大事であります。しかし、それら園全体で対応するということになったとしても、1人2人のそうした多動性障害児を受け入れることに対する大変なご苦労が現場段階ではあるわけであります。よくテレビの特集等でもいわれておりますが、多動性障害児を1人受け入れることによってクラスが崩壊をしていく可能性さえある、危険性さえあると、こういったこともいわれておるわけでありまして、現場においては大変な苦労を伴うものである、犠牲を伴うものであるということであります。このような教諭の負担にこたえていくための、その一部として手当が支給されなければならないと私は考えるわけであります。


 今後、保育を充実させるためには、手当を廃止するんではなくして、むしろその反対としてこの手当を継続していく、あるいは充実させていくということが私は大事であろうと、この点を申し上げまして、この議案には賛成できないことを申し上げたいと思います。





○議長(吉野晴雄)   質疑、討論を終了します。


 これより、議案第35号を採決します。


 本案に対する委員長報告は可決です。本案を原案のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。


                  [起 立 多 数]


○議長(吉野晴雄)   起立多数です。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第36号について、委員長報告に対する質疑とあわせ討論に入ります。


                  [「なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   質疑、討論を終了します。


 これより、議案第36号を採決します。


 本案に対する委員長報告は可決です。本案を原案のとおり決定することにご異議ございませんか。


                 [「異議あり」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議がございますので、起立により採決します。


 本案を原案のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。


                  [起 立 多 数]


○議長(吉野晴雄)   起立多数です。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第46号について、委員長報告に対する質疑とあわせ討論に入ります。


                  [「なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   質疑、討論を終了します。


 これより、議案第46号を採決します。


 本案に対する委員長報告は可決です。本案を原案のとおり決定することにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第48号について、委員長報告に対する質疑とあわせ討論に入ります。


                  [「なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   質疑、討論を終了します。


 これより、議案第48号を採決します。


 本案に対する委員長報告は可決です。本案を原案のとおり決定することにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第49号について、委員長報告に対する質疑とあわせ討論に入ります。


                  [「なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   質疑、討論を終了します。


 これより、議案第49号を採決します。


 本案に対する委員長報告は可決です。本案を原案のとおり決定することにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。





―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





   ◎日程第13 議案第44号 〜 ◎日程第15 議案第47号





○議長(吉野晴雄)   日程第13、議案第44号から日程第15、議案第47号までの3件を一括議題とします。


 本3件について、建設水道常任委員長の報告を求めます。


 建設水道常任委員長。





○建設水道常任委員長(佐藤 守)(登壇)   審査の結果を報告いたします。


 議案第44号。本案は、地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の一部改正で、加古川工業団地地区地区整備計画の区域内における建築物の用途等に関する制限を定めようとするものであります。


 委員会は、審査の結果、全会一致で原案可決と決定いたしました。


 議案第45号。本案は、水洗化等促進条例の一部改正で、健康保険法等の一部を改正する法律において老人保健法が改正されることに伴い、所要の措置を講じようとするものであります。


 委員会は、審査の結果、全会一致で原案可決と決定いたしました。


 議案第47号。本案は、市営住宅において、入居の決定を取り消され、かつ、家賃を滞納している者に対し、市営住宅の明渡し並びに滞納家賃及び近傍同種の住宅の家賃相当額の損害金の支払いを求める訴えを提起しようとするものであります。


 委員会は、審査の結果、全会一致で原案可決と決定いたしました。


 以上、報告いたします。





○議長(吉野晴雄)   委員長の報告は終わりました。


 これより、議案第44号について、委員長報告に対する質疑とあわせ討論に入ります。


                  [「なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   質疑、討論を終了します。


 これより、議案第44号を採決します。


 本案に対する委員長報告は可決です。本案を原案のとおり決定することにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第45号について、委員長報告に対する質疑とあわせ討論に入ります。


                  [「なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   質疑、討論を終了します。


 これより、議案第45号を採決します。


 本案に対する委員長報告は可決です。本案を原案のとおり決定することにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第47号について、委員長報告に対する質疑とあわせ討論に入ります。


                  [「なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   質疑、討論を終了します。


 これより、議案第47号を採決します。


 本案に対する委員長報告は可決です。本案を原案のとおり決定することにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。





―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





   ◎日程第16 議案第29号 〜 ◎日程第22 議案第43号





○議長(吉野晴雄)   日程第16、議案第29号から日程第22、議案第43号までの7件を一括議題とします。


 本7件について、福祉厚生常任委員長の報告を求めます。


 福祉厚生常任委員長。





○福祉厚生常任委員長(渡辺昭良)(登壇)   審査の結果を報告します。


 議案第29号。本案は、後期高齢者医療に関する条例の新規制定で、法令及び兵庫県後期高齢者医療広域連合後期高齢者医療に関する条例に定めがあるもののほか、本市が行う後期高齢者医療について、必要な事項を定めようとするものであります。


 委員から「被保険者及び地方自治体に過分な負担が生じないよう広域連合を通じ、十分な財政措置を国に要請してもらいたい」との意見がありました。


 委員会は、採決の結果、賛成多数で原案可決と決定しました。


 議案第31号。本案は、住民基本台帳カードの利用に関する条例の一部改正で、住民基本台帳カードの利用目的を拡大しようとするものであります。


 委員会は、審査の結果、賛成多数で原案可決と決定しました。


 議案第39号。本案は、医療の助成に関する条例の一部改正で、健康保険法等の一部を改正する法律において老人保健法が改正されることに伴い、所要の措置を講じようとするものであります。


 委員会は、審査の結果、全会一致で原案可決と決定しました。


 議案第40号。本案は、介護慰労金支給条例の一部改正で、所得要件を設ける他の同様の福祉制度との整合を図ろうとするものであります。


 委員会は、審査の結果、全会一致で原案可決と決定しました。


 議案第41号。本案は、斎場の設置及び管理に関する条例の一部改正で、斎場の管理に関し指定管理者制度を導入する場合の所要の規定整備を図ろうとするものであります。


 委員から「特殊な施設であり、継続性が求められることから、引き続き市に運営してもらいたい」との意見がありました。


 委員会は、採決の結果、賛成多数で原案可決と決定しました。


 議案第42号。本案は、国民健康保険条例の一部改正で、健康保険法等の一部を改正する法律による国民健康保険法の一部改正が施行されること並びに国民健康保険法施行令及び国民健康保険の国庫負担金及び被用者保険等保険者拠出金等の算定等に関する政令の一部を改正する政令が公布されたことに伴い、所要の措置を講じようとするものであります。


 委員から「今も多くの滞納者がいる中で、負担増が予想されることから、本案には賛成できない」との意見がありました。


 委員会は、採決の結果、賛成多数で原案可決と決定しました。


 議案第43号。本案は、介護保険条例の一部を改正する条例の一部改正で、「介護保険法施行令及び介護保険の国庫負担金の算定等に関する政令の一部を改正する政令」の一部を改正する政令が公布されたことに伴い、所要の措置を講じようとするものであります。


 委員会は、審査の結果、賛成多数で原案可決と決定しました。


 以上、報告いたします。





○議長(吉野晴雄)   委員長の報告は終わりました。


 これより、議案第29号について、委員長報告に対する質疑とあわせ討論に入ります。


 松崎議員。





○(松崎雅彦議員)   議案第29号は、加古川市の後期高齢者医療に関する条例の問題であります。これにつきまして、市民ネットワークとして意見と態度表明を行いたいと思います。


 連日のように、この後期高齢者医療制度の開始に向けて、マスコミ等でも、また高齢者の皆さんの切実な声が、ある面では悲痛な叫びと言ってもいいと思いますけれども、そうした声が報道なされておるところであります。


 特に、75歳になりますと強制加入をさせられる、この医療制度につきまして、新たな負担増と治療の制限が加わる、そういった面では悪法と言わなければならないわけであります。文字どおり、保険料は年金から天引きされるわけでありまして、月1万5千円に満たない人につきましては、自分で保険料を納めなければならないわけでありますが、滞納すれば保険証が没収をされかねない、こういった問題点も出されておるわけであります。


 今回のこの制度のねらいというのは、医療費の大幅な削減にあるわけでありますが、そうしたことによりまして、さらなる格差社会を拡大させる、ある面では容赦のない現政権がそういった制度の推進をしているわけでありますが、この医療費の削減につきましては、よくいわれておりますように、30兆円から25兆円、いわゆる5兆円の削減をねらっておるということがいわれておるわけであります。


 この医療費に関する問題点でありますけれども、国民医療費の財源構成につきましては、1980年度の国の負担割合は30.4パーセントでありました。けれども、この2005年度の割合について申し上げますと25.1パーセント、その負担割合は大きく5.3パーセント軽減されてきているわけであります。同様に、事業主の負担につきましても軽減をされております。1980年度が24パーセントでありましたものが、2005年度は20.2パーセント。マイナス3.8パーセントということで軽減をされているわけでありますが、そうした一方におきまして、地方自治体につきましては逆に負担割合につきましては5.1パーセントから11.4パーセントと大きく6.3パーセントもの負担増を強いられているわけであります。同時に、家計につきましても同じように負担増を強いられているわけであります。


 国民の目線を標榜して安全安心を奨励する福田総理でありますけれども、その実態は、富裕層や大企業への配慮を考えたもの以外のものではない、こういうことを言わざるを得ないわけであります。


 加古川市がこの4月からの導入に備えて条例整備や、あるいは関連する国民健康保険条例や介護保険条例の一部改正を行ってきておりますが、特に国会におきましては、2月の国会審議の中で、後期高齢者医療制度の法案に対しましては、民主党、社民党、共産党、国民新党のこの4党が揃って、この廃止の法案を提出されたわけでありますけれども、残念ながら、民主的な議決によりまして、この廃止法案につきましては否決されたわけであります。


 特に、この制度の問題点は、スタートはいわゆる10パーセント、1割の保険料負担で始まるわけでありますが、2年ごとに改定されるわけであります。7年後の2015年には10.5パーセントに増えるのではないかとの試算も出されております。


 今後、後期高齢者の人口はますます増大するわけでありますが、それと連動いたしまして保険料が値上げをされていくということは、私はこれまでの政府の内容あるいは政府の姿勢から、火を見るよりも明らかではないかと考えます。地方や家計に負担を求めるばかりの現政権については、やはりもっともっと国民の目線に立ち返っていただかなければなりませんし、本当に弱い者に光を当てていただく、これが政治の責任だと、生前の後藤田正晴さんも指摘されているわけであります。


 ちなみに、ヨーロッパ関係につきましても、公的医療制度における自己負担の割合を少し紹介をしながら、今回の医療制度の問題点を明らかにしたいと思います。日本につきましては、現在16.1パーセントの自己負担の割合であります。イギリスは2.0パーセント、ドイツは6パーセント、フランスは11.2パーセント、こういった状況でありますし、社会保障財源に占める事業主の負担割合につきましては、日本は5.7パーセントであります。イギリスが8.4パーセント、ドイツは11.2パーセント、フランス14パーセント、スウェーデン13.8パーセント。こういったことで、先進国といわれているそれぞれの国におきましては、いわゆる自己負担の割合と事業主の負担割合をある面では適正に保ちながら社会保障制度を維持してきておる。今後もまたそういうことでされていくというふうに推察をされるわけでありますが、こういった世界の流れにある面では逆行するような形での今回の後期高齢者医療制度のスタートにつきましては、私は以上の点を申し上げまして議案第29号につきましては賛成できないことを申し上げ、態度表明といたします。





○議長(吉野晴雄)   質疑、討論を終了します。


 これより、議案第29号を採決します。


 本案に対する委員長報告は可決です。本案を原案のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。


                  [起 立 多 数]


○議長(吉野晴雄)   起立多数です。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第31号について、委員長報告に対する質疑とあわせ討論に入ります。


                  [「なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   質疑、討論を終了します。


 これより、議案第31号を採決します。


 本案に対する委員長報告は可決です。本案を原案のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。


                  [起 立 多 数]


○議長(吉野晴雄)   起立多数です。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第39号について、委員長報告に対する質疑とあわせ討論に入ります。


                  [「なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   質疑、討論を終了します。


 これより、議案第39号を採決します。


 本案に対する委員長報告は可決です。本案を原案のとおり決定することにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第40号について、委員長報告に対する質疑とあわせ討論に入ります。


                  [「なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   質疑、討論を終了します。


 これより、議案第40号を採決します。


 本案に対する委員長報告は可決です。本案を原案のとおり決定することにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第41号について、委員長報告に対する質疑とあわせ討論に入ります。


                  [「なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   質疑、討論を終了します。


 これより、議案第41号を採決します。


 本案に対する委員長報告は可決です。本案を原案のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。


                  [起 立 多 数]


○議長(吉野晴雄)   起立多数です。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第42号について、委員長報告に対する質疑とあわせ討論に入ります。


                  [「なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   質疑、討論を終了します。


 これより、議案第42号を採決します。


 本案に対する委員長報告は可決です。本案を原案のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。


                  [起 立 多 数]


○議長(吉野晴雄)   起立多数です。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第43号について、委員長報告に対する質疑とあわせ討論に入ります。


                  [「なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   質疑、討論を終了します。


 これより、議案第43号を採決します。


 本案に対する委員長報告は可決です。本案を原案のとおり決定することにご賛成の議員の起立を求めます。


                  [起 立 多 数]


○議長(吉野晴雄)   起立多数です。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。





―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





   ◎日程第23 議案第37号 〜 ◎日程第26 議案第51号





○議長(吉野晴雄)   日程第23、議案第37号から日程第26、議案第51号までの4件を一括議題といたします。


 本4件について、文教経済常任委員長の報告を求めます。


 文教経済常任委員長。





○文教経済常任委員長(隈元悦子)(登壇)   審査の結果を報告いたします。


 議案第37号。本案は、公民館の設置及び管理に関する条例の一部改正で、使用できる施設を追加するとともに、使用時間区分を見直そうとするものであります。


 使用料の減免基準をただしたのに対し、理事者から「登録団体の減免基準については、加古川市ボランティアセンターに登録している団体であること、また、年間の活動の半分以上がボランティア活動であることなどを主な要件としている」との答弁がありました。


 委員会は、採決の結果、全会一致で原案可決と決定いたしました。


 議案第38号。本案は、志方体育館の設置及び管理に関する条例等の一部改正で、志方体育館、武道館、漕艇センター、勤労会館、松風ギャラリー、海洋文化センター、日岡山公園野球場及び日岡山公園グラウンドについて、その収益を指定管理者の収入とする利用料金制度を導入しようとするものであります。


 委員から「指定管理者制度の適用は、施設の機能によって判断すべきであり、海洋文化センターの図書室は、他の図書館と一元的に管理することが望ましいと考える。よって、本案には賛成できない」との意見がありました。


 委員会は、採決の結果、賛成多数で原案可決と決定いたしました。


 議案第50号。本案は、東播磨農業共済事務組合規約の一部改正で、収入役の廃止に伴い、所要の措置を講じようとするものであります。


 委員会は、審査の結果、全会一致で原案可決と決定いたしました。


 議案第51号。本案は、ため池等整備事業(一般)の施行のことで、野口町二屋の白助池において、ため池等整備事業(一般)を施行しようとするものであります。


 整備が必要となる漏水の基準をただしたのに対し、理事者から「県の警戒ため池判断基準によって定められており、提体100メートルあたりの漏水量が毎秒1リットルを超えるものを対象としている」との答弁がありました。


 委員会は、採決の結果、全会一致で原案可決と決定いたしました。


 以上、報告いたします。





○議長(吉野晴雄)   委員長の報告は終わりました。


 これより、議案第37号について、委員長報告に対する質疑とあわせ討論に入ります。


 松崎議員。


○(松崎雅彦議員)   議案第37号、公民館の設置及び管理に関する条例の一部改正であります。


 質疑のところでも申し上げたんですが、現在、登録団体、この委員会質疑の中でも登録団体の扱いにつきまして議論があったようであります。特に、登録団体は、ここにも書かれておりますように、いわゆるボランティアセンターに登録している団体であること、そして、年間の活動の半分以上がいわゆるボランティア、地域福祉活動に貢献をしていただく。これを登録団体と厳しく規定をしており、その分について一定減免をしていこうということあるわけであります。


 ただ、それぞれの活動をなさっておられる方々につきましては、忙しい時間を割いて、地域福祉、地域ボランティアのために会費を集め、その会費はほとんどそのボランティア活動のために費やされていると言っても私は過言ではないということを、この間幾つかの団体から聞かせていただいたわけであります。特に、これまでも生涯教育の拠点として公民館を位置づけて、公民館のさらに充実発展を目指していくんだという、そうした市の姿勢から見てみますと、今回のいわゆる登録団体といえども、半分の利用料金を納めなければならない。今まで無料であったものが、2分の1分を徴収されるということになるわけであります。当然、地域ボランティア活動に影響が出てくるということであります。そこを私はもっともっと委員会の中でも議論をしていただいて、また、そういうことを受けて、市の姿勢としては本当にこの登録ボランティア団体について温かく指導していく、あるいは構成していくという、そういった部分の私は配慮が必要であったのではないかというように考えるわけであります。


 そうしたことを申し上げまして、この議案第37号につきましては賛成できないことを申し上げておきます。





○議長(吉野晴雄)   質疑、討論を終了します。


 これより、議案第37号を採決します。


 本案に対する委員長報告は可決です。本案を原案のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。


                  [起 立 多 数]


○議長(吉野晴雄)   起立多数です。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第38号について、委員長報告に対する質疑とあわせ討論に入ります。


                  [「なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   質疑、討論を終了します。


 これより、議案第38号を採決します。


 本案に対する委員長報告は可決です。本案を原案のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。


                  [起 立 多 数]


○議長(吉野晴雄)   起立多数です。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第50号について、委員長報告に対する質疑とあわせ討論に入ります。


                  [「なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   質疑、討論を終了します。


 これより、議案第50号を採決します。


 本案に対する委員長報告は可決です。本案を原案のとおり決定することにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第51号について、委員長報告に対する質疑とあわせ討論に入ります。


                  [「なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   質疑、討論を終了します。


 これより、議案第51号を採決します。


 本案に対する委員長報告は可決です。本案を原案のとおり決定することにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。


 しばらくの間、休憩します。再開は午前10時30分とします。


                (休憩 午前10時13分)


                (再開 午前10時30分)


○議長(吉野晴雄)   休憩前に引き続き、会議を開きます。





―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





   ◎日程第27 議案第11号





○議長(吉野晴雄)   日程第27、議案第11号を議題とします。


 本案に関し、各常任委員長から順次報告を求めます。


 まず、総務常任委員会の関係部分について、委員長の報告を求めます。


 総務常任委員長。





○総務常任委員長(三島俊之)(登壇)   審査の結果を報告いたします。


 議案第11号。本案は、一般会計予算のことのうち、本委員会の付託部分であります。


 総務費のうち、総務管理費における財政調整事務事業の投資及び出資金1,700万円について、内容をただしたのに対し、理事者から「公営企業金融公庫が廃止されることにより、新たに創設されることとなった地方公営企業等金融機構への出資金であり、その出資額は、公営企業金融公庫からの借入残高と標準財政規模に応じて決定されたものである」との答弁がありました。


 防災・生活情報ネットワーク整備事業252万3千円について、登録状況をただしたのに対し、理事者から「平成20年3月3日現在の登録者数は、防災ネットかこがわが8,723名、子ども安全ネットかこがわが2,679名、消防情報ネットかこがわが1,040名である」との答弁がありました。


 加古川市連合婦人会活動支援事業の負担金補助及び交付金40万円について、内容をただしたのに対し、理事者から「連合婦人会の子育て支援事業、地域の安全・安心見守り事業などの活動を支援するものである」との答弁がありました。


 徴税費における市税過誤納金還付事務事業5億3,797万6千円について、内容をただしたのに対し、理事者から「平成19年中に所得が減少し、所得税が課税されない納税者について、税源移譲の初年度における税負担増とならないようにするため、平成19年度の市県民税を減額して還付するものである」との答弁がありました。


 消防費のうち、常備消防費における高度救急事業1,756万1千円に関連して、夜間急病センター小児科の診察が午前0時で終了した後の対応をただしたのに対し、理事者から「救急件数の増加が懸念されるが、司令室においても病院との交渉を行うなど、早期の病院搬送に努めていきたい」との答弁がありました。


 本案に対し、委員から「市民の生命と財産を守るための救急救命体制の充実に努力していることを評価し、賛成する」「団塊の世代の大量退職による職員数の減少については、職員の意識改革に力を注ぎ、市民サービスを低下させないよう努力してもらいたい」「費用対効果を十分に考え、事業に取り組んでもらいたい」との意見、要望や、「地方交付税が削減され、地方財政が縮減していく中で、市民に痛みをもたらす内容となっていることから、本案に反対する」との意見がありました。


 委員会は、採決の結果、賛成多数で原案可決と決定しました。


 以上、報告いたします。





○議長(吉野晴雄)   委員長の報告は終わりました。


 次に、建設水道常任委員会の関係部分について、委員長の報告を求めます。


 建設水道常任委員長。





○建設水道常任委員長(佐藤 守)(登壇)   審査の結果を報告いたします。


 議案第11号。本案は、一般会計予算のことのうち、本委員会の付託部分であります。


 土木費のうち、都市計画費における中心市街地整備事業531万2千円について、防災まちづくり調査の区域をただしたのに対し、理事者から「北はJRの側道、東はベルデモール、西は県道加古川別府港線、南は国道2号に囲まれた区域を想定している」との答弁がありました。


 指定道路図及び指定道路調書調整事業3,040万円について、内容をただしたのに対し、理事者から「建築基準法施行規則の規定により、全国的に統一された所定の地図及び調書を2年間で作成するものである」との答弁がありました。


 建築審査行政に要する一般的経費645万8千円に関連して、建築基準法の改正に伴う影響をただしたのに対し、理事者から「国土交通省によると、改正直後は全国的に確認申請件数が大幅に減少したが、今後は回復してくるとの予測である。本市においては、戸建住宅の着工割合が多いことから、大きな影響はなく推移している」との答弁がありました。


 本案に対し、委員から「踏切改良工事や中心市街地の防災まちづくりの取り組みを評価する」「厳しい財政状況ではあるが、生活道路の整備を進めてもらいたい」「まちづくり協議会の設立については、すべて認めてもらいたい」との意見、要望がありました。


 委員会は、採決の結果、全会一致で原案可決と決定いたしました。


 以上、報告いたします。





○議長(吉野晴雄)   委員長の報告は終わりました。


 次に、福祉厚生常任委員会の関係部分について、委員長の報告を求めます。


 福祉厚生常任委員長。





○福祉厚生常任委員長(渡辺昭良)(登壇)   審査の結果を報告します。


 議案第11号。本案は、一般会計予算のことのうち、本委員会の付託部分であります。


 総務費のうち、総務管理費における相談事業1,026万7千円に関連して、多重債務の相談体制をただしたのに対し、理事者から「平成19年10月の開設時より、相談員2名、職員3名で対応しており、引き続き現体制で実施していく予定である」との答弁がありました。


 民生費のうち、社会福祉費における自立支援事業10億7,571万4千円について、平成19年度と比べ3,191万6千円増額となっている理由をただしたのに対し、理事者から「障害福祉サービスの利用者が増加していることから、就労の訓練等給付における伸びを見込んだことが主な理由である」との答弁がありました。


 老人福祉費における地域介護・福祉空間整備事業3,000万円について、内容をただしたのに対し、理事者から「在宅介護を推進するため、デイサービスやホームヘルパー派遣などを一体的に行う、小規模多機能型居宅介護施設を整備しようとするものである」との答弁がありました。


 児童福祉費における少子化対策推進事業の委託料173万3千円について、内容をただしたのに対し、理事者から「平成22年度からエンゼルプラン後期計画の策定に向け、前期計画の検証や子育てに関する要望の把握を行うため、市民へのアンケート調査などを実施しようとするものである」との答弁がありました。


 衛生費のうち、保健衛生費における健康調査事業300万円について、実施時期をただしたのに対し、理事者から「現在、調査方法や対象者、問診票の内容等について検討しており、できるだけ早期に実施していきたいと考えている」との答弁がありました。


 環境測定機器整備事業の備品購入費1,888万9千円について、内容をただしたのに対し、理事者から「平荘測定局の移転に伴う機器の整備、及び各環境測定局における測定機器を更新するものである」との答弁がありました。


 本案に対し、委員から「厳しい財政状況の中、子育て支援に重点を置き、妊婦健康診査費助成の拡大、保育園における土曜日の保育時間延長など、将来を見据えた取り組みを評価する」「安全で安心して暮らせるまちづくり実現のため、市民センターへの安全巡視員の配置、粉じん問題を受けた健康調査など、大いに評価する」「今後さらに市民ニーズにこたえ、効果的な予算執行に努められるよう要望し、本案に賛成する」との意見や「多重債務の相談活動は評価するが、臨時の保育士が多くなっていることなど、保育施策が後退しているとの認識から、本案には賛成できない」との意見がありました。


 委員会は、採決の結果、賛成多数で原案可決と決定しました。


 以上、報告いたします。





○議長(吉野晴雄)   委員長の報告は終わりました。


 次に、文教経済常任委員会の関係部分について、委員長の報告を求めます。


 文教経済常任委員長。





○文教経済常任委員長(隈元悦子)(登壇)   審査の結果を報告いたします。


 議案第11号。本案は、一般会計予算のことのうち、本委員会の付託部分であります。


 歳入のうち、諸収入における雑入の廃品売却代金12万円について、内容をただしたのに対し、理事者から「学校給食調理に伴う廃油については、これまで廃棄を委託してきたが、循環型環境社会の一環として売却しようとするものであり、18リットル缶で約2,400缶分の売却を見込んでいる」との答弁がありました。


 総務費のうち、総務管理費におけるスポーツメッカづくり創出事業の委託料500万円について、内容をただしたのに対し、理事者から「その主な内容は、女子バレーボールのVプレミアリーグに加え、日本バスケットボールの男子リーグ戦の開催、また、ドリームサッカーとして、元日本代表チームと地元チームとの親善試合やサッカー教室の開催などである」との答弁がありました。


 労働費のうち、労働諸費における勤労者福祉共済制度運営事業3,090万円について、制度の周知方法をただしたのに対し、理事者から「BAN−BANテレビ・ラジオ等、地元メディアの活用やホームページへの掲載、また、加入推進員による未加入事業所への訪問を行っている」との答弁がありました。


 若者就職支援事業の委託料36万円に関連して、OA講座受講後の就職支援の内容をただしたのに対し、理事者から「男女共同参画センターにおいて、若者しごと倶楽部サテライト播磨を開設しており、相談員が就職希望者との面接等を行っている」との答弁がありました。


 農林水産業費のうち、農業費における見土呂フルーツパーク活性化事業1,800万円について、内容をただしたのに対し、理事者から「その主な内容は、フルーツパーク内のウォーキングセンター南側斜面に芝すべりの丘を整備することや、よりわかりやすい案内板を設置することなどである」との答弁がありました。


 商工費のうち、観光費における加古川まつり事業の委託料4,000万円について、平成19年度と比べ645万円増額となっている理由をただしたのに対し、理事者から「昨年の花火大会において、初めて入場制限を行うなど、来場者数が増加しており、安全確保のための警備員の増員や、トイレの増設等の環境整備が必要となったことが主な理由である」との答弁がありました。


 教育費のうち、教育総務費における校種間連携ユニット12事業150万円について、目的をただしたのに対し、理事者から「中学校区を一つの単位として、保育園から中学校までが連携を図りながら、地域との結びつきや、家族、友人との絆を深め、学力の向上だけでなく、子どもたちの健やかな成長を育むことを目的としている」との答弁がありました。


 体験型環境学習事業219万円について、内容をただしたのに対し、理事者から「小学3年生を対象に、16校で実施することとしており、米やさつまいもなどの栽培を通じて、命や環境の大切さを学習するものである」との答弁がありました。


 本案に対し、委員から「JRStationName加古川加古川駅を中心とした市街地の活性化や、遊休農地の解消や担い手育成等の農業の活性化について、さらなる取り組みを期待する」「各学校園と地域社会との連携強化等を目的とした校種間連携ユニット12事業の実施を大いに評価する」「今後も財政面においては、非常に厳しい状況が続くことが予想されるが、より効率的、効果的な予算の執行に努めてもらいたい」との意見、要望や「小学校における給食調理業務について、民間委託の予算が計上されていることや、中学校給食の導入に対する努力が認められないことから、本案については賛成できない」との意見がありました。


 委員会は、採決の結果、賛成多数で原案可決と決定いたしました。


 以上、報告いたします。





○議長(吉野晴雄)   委員長の報告は終わりました。


 これより、各委員長報告に対する質疑に入ります。


                  [「なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   質疑を終了します。


 これより、討論に入ります。


 井筒議員。





○(井筒高雄議員)   議案第11号、2008年度の加古川市一般会計予算に対する市民ネットワークの意見と態度表明を行います。


 サブプライムローン問題に端を発したアメリカ経済の影響をもろに受け、日本経済は円高ドル安となり、株価は暴落をしたまま低位で推移しており、今後の日本経済に深刻な影響が出てくるといわれております。


 このような先行き不透明な経済情勢の中で、国は、弱い人ほど負担増という姿勢を鮮明に打ち出しております。国や事業者、そして富裕層には負担軽減を行い、地方自治体や個人に対しては負担増を求める、大変厳しい状況に置かれております。加古川市の財政状況を見てみますと、2007年度の決算では、普通会計における公債費比率は14.4パーセント、実質公債費比率は16.3パーセント、経常収支比率は86.6パーセントと、指数的には、年々緩やかながらではありますけれども硬直化しており、2007年度の決算カードに示されているとおり、経常収支比率では減収補てん債、また、臨時財政対策債を経常一般財源等から除いた場合になりますと91.3パーセントとなります。施策の選択と重点化は大変重要になってきております。また、市税収入において4年ぶりに減少し、市債残高においては1,581億5,000万円にも上ります。オギャーと生まれた赤ちゃんから高齢者の方まで、市民1人当たりがおよそ59万円の借金の状況となっています。


 これらを踏まえて、当分の間、しっかりとした行政の中期的、長期的計画に基づき、財政運営としては、限られた予算の中で市民ニーズに対してどのようにこたえていくのか、極めて慎重な財政運営が求められております。


 さて、その中で、昨年の別府町学校児童殺傷事件から、さらなる安全で安心して暮らせるまちづくりに取り組み、防犯パトロールの強化や防犯灯の設置。また、防災のまちづくりとして取り組んでいるBAN−BANテレビを活用した緊急地震速報のシステム整備やAEDの設置。さらには、子育て支援策として妊婦の健康診査助成、1回1万5千円から、5回、総額2万円まで増額したことや、保育時間の延長、志方東・志方西の両児童クラブを設置したことや、スクールアシスタント事業では増員をするなど、こうした点については大いに評価するところであります。


 しかし、一方で、行財政改革の推進により子供たちや高齢者、また施設利用者、そして行政においては、臨時職員をはじめとした非正規雇用にしわ寄せが押しつけられている現状を見逃すわけにはまいりません。


 また、市民病院のあり方についても、国が示す病院改革ガイドラインに基づき議論を進めておりますが、改革の内容だけではなくて、だれがやるのかを明確にし、行政と病院の役割分担や権限と責任を明確にした上で、市民病院で働く医師や看護師、職員はもとより、十分に市民への周知を図りながら取り組む姿勢が必要であります。


 以上の問題点等を指摘した上で、市民ネットワークとして、平成20年度一般会計予算に対しては賛成できないことを申し上げ、態度表明といたします。


 以上です。





○議長(吉野晴雄)   中山議員。





○(中山廣司議員)   公明党議員団を代表いたしまして、平成20年度一般会計予算案につきまして態度表明させていただきます。


 三位一体改革によります地方交付税の減少、並びに、いまだ決まらない道路特定財源の影響による地方譲与税の減額、加えて、景気の鈍化による法人市民税の減少など、相次ぐ収入不足の現状の中、歳出におきましては、投資的経費については事業費20パーセント削減の目標設定により、対前年比2.0パーセント減額の厳しい予算編成となりました。


 しかしながら、樽本市長のリーダーシップによって68項目の新規事業を掲げられました。子育て支援や生活道路の整備など、市民の目線、市民の要望にこたえようとの強い思いが伝わってきますし、私どもは大いに評価をさせていただくところです。これよりは、遅滞なく粛々と予算の執行に努めていただきたい。また今後、住民サービスの低下を招かず、新たな行革の取り組みと、今こそ職員一人一人が市の置かれている財政難の現状をかみしめ、職務の遂行に努められんことを強く要望しておきます。


 よって、私ども公明党議員団は、議案第11号、平成20年度一般会計予算案につきまして賛成とさせていただきます。





○議長(吉野晴雄)   山川議員。





○(山川 博議員)   平成20年度加古川市一般会計予算に対する討論と態度表明を行います。


 まず、この一般会計予算を評価する場合に、地方財政の現状をどう見るかというところから触れておきたいと思います。


 まず、90年代は地方財政が経済対策に導引され、そのために公共事業のむだが増大し、自治体の借金が増大した経過があります。その後、それが現在の財政困難の主因になったわけでありますが、そのため、当市においても財政規模に匹敵する借金が残っておりまして、これが市の財政に大きな負担となっております。


 そうした中で、平成の大合併が推進されましたけれども、合併したところも、しなかったところも、財政困難にあるのは、こうした経過の中で当然のことであります。そうしたもとで、三位一体改革、地方交付税削減など地方財政の縮減が行われました。その上で、地方財政健全化法と、自治体への国の関与、統制の強化が懸念されるわけであります。


 そこで、自治体がそういう場合にどう対応すべきか。財政バランスを絶対視して、住民の暮らし応援という本来の役割を捨てていくわけにはいきません。市民負担の増大や、あるいは市民サービスの切り捨てか、それとも住民参加の再活性化によって、財政縮減のもとでも住民自治を拡大し、そして政策的課題を明確にしながら、自治体らしい自治体をつくっていくことが今求められております。住民の暮らしを守る本義に立つならば、やはり三位一体改革に対して明確な意思表示を行い、地方交付税等の増額を求める自治体としての運動が求められると思います。


 そうした中で、当市の予算、歳入を見ますと、地方交付税、譲与税等で約10億円の縮減、総額に対して約14パーセント、市税も8億円近い減収を見込み、財政縮減を余儀なくされるものと見込まれております。これは厳しい見積もりでありますが、ある意味では妥当なものと見るべきだと思います。


 歳出でどうかといいますと、投資的経費を絞ってきていること、また、住民の切実な要求を一定反映した予算になっていることを見なければなりません。例えば、妊婦健診補助の回数を1回から5回にふやし、補助金をふやしたこと。学童保育の全小学校区設置、また複数学級の設置も実施されたこと。神鋼等の公害対策として、PM2.5の測定や住民健康調査の実施などが含まれており、これらは評価すべき内容であるというふうに考えております。


 しかしながら、この財政縮減への対応においての行財政改革であります。この行財政改革の中に、やはり市民の痛みを求めるとするならば、住民参画と全職員の参画が求められますが、この点ではさらなる工夫、そして対策をとっていただきたい。まだ不十分だと考えております。


 また、そういう中で、学校給食における民間委託、そして、これまで保育園の民営化が進められてきました。また、図書館、公民館等、本来はこれはやはり公的なものとして指定管理になじまないものであり、民営化すべきでないと考えております。これらの議論が最も必要であります。


 そういうところから、受益者負担論とか、あるいは障害者の方にとっても、また高齢者に対しても応益負担論、これはやはり政治の基本を外したものだと私は考えております。そして、これらの是正を求めることは、他の会計予算に対する態度においても共通するものでありまして、個々具体的な問題において先ほど申し上げましたけども、やはり今自治体のあり方が問われている。こういう中で大変厳しい財政になった一つの主因は何かということに目を定めながら、やはり自治体として住民の暮らしを応援する、そして福祉や教育を充実する、環境や安全を守るという、ここは絶対握って離さないと、そういう対応を求めておきたいと思います。


 そうした点で見るならば、先ほど一部に行財政改革の推進のあり方について是正を求める内容がありますので、予算全体としては賛成することはできない。


 以上、態度表明といたします。





○議長(吉野晴雄)   名生議員。





○(名生昭義議員)   平成20年度一般会計予算につきまして、市民クラブを代表して、賛成の立場で意見を申し上げ態度表明をいたします。


 本市の財政状況は、平成18年度普通会計決算におきまして、公債費比率、前年度に比して0.4ポイント増の14.4パーセント。経常収支比率は、市民税の減少に加え、国と地方との税財政制度の見直しによります地方交付税の減収で、前年度に比して0.3ポイントの増の86.6パーセントと微増の傾向が続き、依然として硬直化を示しておるわけでございます。


 このような財政状況の中で、平成20年度の一般会計予算は、市長の市政推進のテーマであります「一人一人が安全で安心して暮らせる」を基本に、基金の取り崩しはあるものの、経常的事業の経費節減や投資的事業の年度間調整に努力をされまして、重点施策として、市民生活の安全性や安心して子育てができる支援策の拡充や、東播磨の中核都市にふさわしい都市基盤の整備を打ち出された予算になっていることについては、総括的に評価いたしたいと思います。


 さて、歳入予算についてでございますが、市税で法人市民税を中心といたしまして7億7,090万円の減、地方譲与税と自動車取得税交付金で徴収税率の法的整備の遅れによりまして6億6,400万円の減、地方交付税で、三位一体改革の影響によりまして4億5,000万円の減。国庫支出金で、土木費国庫補助金等の減額によりまして2億6,110万2千円の減ということで、歳入不足を歳入の6.16パーセントに当たります44億9,566万1千円の財政調整基金、公共施設等整備基金、職員退職手当基金などの繰入金や、歳入の7.05パーセントに当たります51億4,660万円の市債の両方でカバーいたしましても14億8,000万円の減額ということで、729億6,000万円、全体で2パーセントの減となっておるということで、非常に厳しい財政状況にあると言わざるを得ません。


 そのためにも、今後は、本年度に引き続きまして、税、料の毅然たる滞納処理、既存施設の有効活用、補助金・負担金の見直し、市債の借り換えなど、積極的に推進していただきまして、自主財源の確保により一層の努力を望むものでございます。


 次に、歳出予算についてでございますが、厳しい歳入の中、68項目の主要新規事業が総合基本計画に掲げる五つの基本目標に沿いまして、時宜を得た予算化になっている点は評価するものであります。


 目標別には、「安全で機能的なまちづくりをめざして」におきましては、駅南西地区における中心市街地の優良建築物等整備事業や防災まちづくり調査事業等の都市機能の充実、また、JRStationName宝殿宝殿駅のバリアフリー化の早期実施、踏切道改良促進法に基づきます緊急対策踏切改良事業など。


 また、「安心して健やかに育てるまちをめざして」におきましては、平成21年4月の開園に向けてのつつじ療育園建設事業をはじめといたしまして、保育園の土曜日延長保育や、後期高齢者医療の円滑な対応など。


 また、「豊かなこころをはぐくむまちづくり」におきましては、(仮称)尾上公民館の建設着工や校種間連携ユニット12事業の実施など。


 また、「にぎわいと活力のあるまちづくりをめざして」におきましては、未利用農地等活性化緊急対策事業の継続、そしてまた、見土呂フルーツパーク活性化事業など。


 そして、「人と環境にやさしいまちづくりをめざして」におきましては、地球温暖化防止地域推進計画の策定や公園墓地造成事業の継続など、行政は市民の幸せのためにあるとの市長の信念がうかがわれる具体的施策の取り組みであり、万全の体制で計画どおりの執行を期待するものでございます。


 また、一方で、平成20年度ゼロ予算事業におきましては、各部局が知恵を出し合いまして、昨年を上回る44件の事業を進めようとしておられます。大きな期待と高い評価をいたすところでございますけども、申し込みによります受動的立場の事業というものにつきましては、タイミングをずらしますと目的が達成できない場合がございます。必要によりゼロ予算事業外で能動的な取り組みをしなければ、その効果が出ないものと思います。したがいまして、さらに知恵を絞っていただきまして、改良していただくように要望しておきたいと思います。


 終わりにあたりまして、地方分権社会のさらなる進展に伴い、地方公共団体に課せられました自立と再生が重くのしかかった今日、健全財政に向けた歳出歳入の一体改革の推進は極めて重要になってきておりますので、予算執行にあたられましては、さらなるコスト意識を発揮されまして、平成19年度決算から適用されます地方自治体財政健全化法を念頭に置きまして、職員一丸となって取り組みをされますよう強く要望し、議案第11号、平成20年度一般会計予算に賛成いたします。


 以上です。





○議長(吉野晴雄)   西田議員。





○(西田重幸議員)   平成20年度の加古川市における一般会計予算提案について、無所属クラブの意見と態度表明を申し上げます。


 予算提案につきましては、景気低迷の折、市税、また、三位一体改革による地方譲与税、自動車取得税交付金、地方交付税などの歳入が大幅な減収となり、歳出では、職員の大量退職による退職手当や保健、医療、福祉関連施策の経費や扶助費の伸びが大きく、予算組みには大変苦慮されたとは思いますが、市債等の安易な財源にはなるべく頼ることなく、費用対効果を十二分に精査し、執行にあたっていただきたいと思います。


 また、平成20年第1回市議会定例会における施政方針の中では、市長は「行政は市民の幸せのためにある」との信念から、清流文化都市を目指し、2月に加古川の玄関口であるJRStationName加古川加古川駅南広場が完成し、本日3月25日には、地元の念願でありましたJRStationName東加古川東加古川駅南広場も完成の予定とのことであります。教育、医療、防災、防犯、環境問題にも積極的に取り組み、市民の生命と財産を守り、安全で安心して暮らすことができる「住んでよかった、これからも住み続けたい」まちをつくるための取り組みに対する決意は、大いに評価できるものと思います。いろいろな施策の実現に向けて大いに取り組んでいただきたいと思います。


 以上の意見を申し上げ、賛成といたします。





○議長(吉野晴雄)   西多議員。





○(西多 攻議員)   平成20年度一般会計予算案につきまして、平成クラブを代表いたしまして、意見を申し上げ、態度表明をいたします。


 平成20年度予算に関しては、代表質問でも指摘しましたように、対前年度比2パーセントの減額予算、729億円となっており、平成9年度当時の水準へ戻る規模であります。景気回復の恩恵が限られた地域にとどまる様相が鮮明になっており、関西の西部に位置する本市においても、活力ある地域社会を築くことができるかどうか、その岐路にさしかかっております。


 また、財政基盤となる地方税財政制度に関しましても、地方財政健全化法の施行に伴い、将来に対し禍根を残さないための行政経営が求められており、地方行政には地域の抱える喫緊の課題に対応しつつ、地域の活力アップや成長を牽引する分野への適切な選択と集中が重要となっております。


 このような中で、平成20年度予算では、基金の取り崩しなど限られた財源の枠内で一人一人が安全で安心して暮らせるまちづくりに取り組み、とりわけ、地域巡視員制度の創設、AEDの整備、緊急地震速報システムなど、地域課題と喫緊の課題に対応するとともに、緊急対策踏切改良事業、交通バリアフリー基本計画や地球温暖化防止地域推進計画の策定など、将来の政策のシーズも用意するなど、積極的な予算提案であると評価しております。


 樽本市長が提唱する「住んでよかった、これからも住み続けたい」まち加古川の実現には、生活者重視の政策は欠かせません。その意味でも、今後、就学前教育一元化や教育の内容そのものの評価と期待にこたえるための新指導要領に沿った対応も必要となりますし、医療、健康のかなめとなる市民病院に対する財政支援に関しても、地域医療の確保の面から懸念材料ともなります。


 また、公共事業は大きく減少しております。JRStationName加古川加古川駅周辺事業など大型公共事業が一段落した今日、自然の豊かさであるとか景観美、快適性、利便性の観点から、加古川市の都市骨格に関してもいま一度見直す必要も生じるとともに、今まで整備してきた施設の老朽化も進むため、メンテナンスの強化も不可欠となります。さらには、道路特定財源、暫定税率の問題のように、中央政府は揺らいでおり、地方交付税や税収の変動など、不安材料も多い中で、ここ数年は厳しい財政運営を強いられるものと考えられます。


 樽本市長におかれましては、変化の大きな時代でありますが、これからも市民の目線に立って大いにリーダーシップを発揮していただき、施策の選択と集中の強化とともに、行財政改革の一層の推進を期待いたしまして、平成20年度一般会計予算案に賛成いたします。





○議長(吉野晴雄)   堀議員。





○(堀 充至議員)   議案第11号、平成20年度一般会計予算に対しまして、新政会を代表いたしまして意見を申し上げ、態度表明いたします。


 近年の原油価格の高騰、異常気象による穀物類の不作等から、食料品をはじめ生活用品が上昇傾向にあり、今後の経済動向の見通しは不透明な状況下であります。


 このような中、本市の財政状況は、収入の根幹をなす市税において、法人市民税等の減収を見込み、前年度より7億7,000万円余り減額。さらに、昨今のガソリンにかかる暫定税率の廃止を見込み、これら自動車重量譲与税、地方道路譲与税等で前年度より5億6,200万円減額するなど、歳入の確保が非常に厳しくなっております。このため、減収を補てんするための基金の取り崩しは、前年度より6億7,000万円増加しております。


 一方、歳出においては、経常的経費の節減、投資的経費の見直し、事務事業の見直しを行うなど、財政の健全化、簡素で効率的な行政運営の実現に努力されております。


 また、平成20年度の主テーマである「市民一人ひとりが安全で安心して暮らせるまちづくり」を推し進めるため、各市民センターに安全巡視員の配置、市民病院の設備整備等の充実による機能強化、生活習慣病の予防に向けた市民ヘルスケア支援事業、粉じん問題に関し市民の健康調査の実施、危険な踏切の解消に向けた緊急対策踏切改良事業等は、大いに評価いたします。


 本格的な地方分権時代を迎え、地方自治体財政健全化法の施行と相まって、自己責任がますます強く求められております。このため、限られた経営資源の効果的な活用はもちろん、役職員一人一人が従来の慣習にとらわれることなく意識改革を行い、市民ニーズにこたえていただきますよう要請いたしまして、平成20年度一般会計予算に対し賛成いたします。





○議長(吉野晴雄)   討論を終了します。


 これより、議案第11号を採決します。


 本案に対する委員長報告は可決です。本案を原案のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。


                  [起 立 多 数]


○議長(吉野晴雄)   起立多数です。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。





―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





   ◎日程第28 議案第21号 〜 ◎日程第29 議案第25号





○議長(吉野晴雄)   日程第28、議案第21号及び日程第29、議案第25号の2件を一括議題とします。


 本2件について、総務常任委員長の報告を求めます。


 総務常任委員長。





○総務常任委員長(三島俊之)(登壇)   審査の結果を報告いたします。


 議案第21号。本案は、駐車場事業特別会計予算のことであります。


 委員から「市民サービスのためには無料化すべきであり、本会計は廃止すべきである」との意見がありました。


 委員会は、採決の結果、賛成多数で原案可決と決定しました。


 議案第25号。本案は、財産区特別会計予算のことであります。


 委員会は、審査の結果、全会一致で原案可決と決定しました。


 以上、報告いたします。





○議長(吉野晴雄)   委員長の報告は終わりました。


 これより、議案第21号について、委員長報告に対する質疑とあわせ討論に入ります。


                  [「なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   質疑、討論を終了します。


 これより、議案第21号を採決します。


 本案に対する委員長報告は可決です。本案を原案のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。


                  [起 立 多 数]


○議長(吉野晴雄)   起立多数です。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第25号について、委員長報告に対する質疑とあわせ討論に入ります。


                  [「なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   質疑、討論を終了します。


 これより、議案第25号を採決します。


 本案に対する委員長報告は可決です。本案を原案のとおり決定することにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。





―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





   ◎日程第30 議案第17号 〜 ◎日程第33 議案第26号





○議長(吉野晴雄)   日程第30、議案第17号から日程第33、議案第26号までの4件を一括議題とします。


 本4件について、建設水道常任委員長の報告を求めます。


 建設水道常任委員長。





○建設水道常任委員長(佐藤 守)(登壇)   審査の結果を報告いたします。


 議案第17号。本案は、公共下水道事業特別会計予算のことであります。


 委員会は、審査の結果、全会一致で原案可決と決定いたしました。


 議案第18号。本案は、公園墓地造成事業特別会計予算のことであります。


 委員会は、審査の結果、全会一致で原案可決と決定いたしました。


 議案第23号。本案は、農業集落排水事業特別会計予算のことであります。


 委員会は、審査の結果、全会一致で原案可決と決定いたしました。


 議案第26号。本案は、水道事業会計予算のことであります。


 資本的支出のうち、投資における投資有価証券購入費3億円について、内容をただしたのに対し、理事者から「国債等の運用を考えており、金利の動向を見きわめながら、できるだけ有利な資金運用を図っていきたい」との答弁がありました。


 委員から「安全な水の安定供給という観点から、城山配水池の更新を進めてもらいたい」「緊急時に備え、貯水槽の耐震化を進めてもらいたい」との要望がありました。


 委員会は、採決の結果、全会一致で原案可決と決定いたしました。


 以上、報告いたします。





○議長(吉野晴雄)   委員長の報告は終わりました。


 これより、議案第17号について、委員長報告に対する質疑とあわせ討論に入ります。


                  [「なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   質疑、討論を終了します。


 これより、議案第17号を採決します。


 本案に対する委員長報告は可決です。本案を原案のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。


                  [起 立 多 数]


○議長(吉野晴雄)   起立多数です。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第18号について、委員長報告に対する質疑とあわせ討論に入ります。


                  [「なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   質疑、討論を終了します。


 これより、議案第18号を採決します。


 本案に対する委員長報告は可決です。本案を原案のとおり決定することにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第23号について、委員長報告に対する質疑とあわせ討論に入ります。


                  [「なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   質疑、討論を終了します。


 これより、議案第23号を採決します。


 本案に対する委員長報告は可決です。本案を原案のとおり決定することにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第26号について、委員長報告に対する質疑とあわせ討論に入ります。


                  [「なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   質疑、討論を終了します。


 これより、議案第26号を採決します。


 本案に対する委員長報告は可決です。本案を原案のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。


                  [起 立 多 数]


○議長(吉野晴雄)   起立多数です。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。





―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





   ◎日程第34 議案第12号 〜 ◎日程第42 議案第27号





○議長(吉野晴雄)   日程第34、議案第12号から日程第42、議案第27号までの9件を一括議題とします。


 本9件について、福祉厚生常任委員長の報告を求めます。


 福祉厚生常任委員長。





○福祉厚生常任委員長(渡辺昭良)(登壇)   審査の結果を報告します。


 議案第12号。本案は、国民健康保険事業特別会計予算のことであります。


 委員会は、審査の結果、賛成多数で原案可決と決定しました。


 議案第13号。本案は、老人保健事業特別会計予算のことであります。


 委員会は、審査の結果、全会一致で原案可決と決定しました。


 議案第14号。本案は、介護保険事業特別会計予算のことであります。


 委員から「保険料に加え、利用者負担もあることから、低所得者や高齢者には厳しい制度であり、本案には賛成できない」との意見がありました。


 委員会は、採決の結果、賛成多数で原案可決と決定しました。


 議案第15号。本案は、生活安全共済事業特別会計予算のことであります。


 委員会は、審査の結果、全会一致で原案可決と決定しました。


 議案第19号。本案は、夜間急病医療事業特別会計予算のことであります。


 委員会は、審査の結果、全会一致で原案可決と決定しました。


 議案第20号。本案は、緊急通報システム事業特別会計予算のことであります。


 委員会は、審査の結果、全会一致で原案可決と決定しました。


 議案第22号。本案は、歯科保健センター事業特別会計予算のことであります。


 委員会は、審査の結果、全会一致で原案可決と決定しました。


 議案第24号。本案は、後期高齢者医療事業特別会計予算のことであります。


 委員から「家計や自治体にとって大きな負担となることから、本案には反対である」との意見がありました。


 委員会は、採決の結果、賛成多数で原案可決と決定しました。


 議案第27号。本案は、病院事業会計予算のことであります。


 資本的支出のうち、建設改良費における施設改良費1億1,432万8千円について、内容をただしたのに対し、理事者から「手術棟の増築に伴い、院内LAN及び電子カルテ等のネットワーク接続に関する工事を行おうとするものである」との答弁がありました。


 委員会は、採決の結果、全会一致で原案可決と決定しました。


 以上、報告いたします。





○議長(吉野晴雄)   委員長の報告は終わりました。


 これより、議案第12号について、委員長報告に対する質疑とあわせ討論に入ります。


                  [「なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   質疑、討論を終了します。


 これより、議案第12号を採決します。


 本案に対する委員長報告は可決です。本案を原案のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。


                  [起 立 多 数]


○議長(吉野晴雄)   起立多数です。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第13号について、委員長報告に対する質疑とあわせ討論に入ります。


                  [「なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   質疑、討論を終了します。


 これより、議案第13号を採決します。


 本案に対する委員長報告は可決です。本案を原案のとおり決定することにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第14号について、委員長報告に対する質疑とあわせ討論に入ります。


                  [「なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   質疑、討論を終了します。


 これより、議案第14号を採決します。


 本案に対する委員長報告は可決です。本案を原案のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。


                  [起 立 多 数]


○議長(吉野晴雄)   起立多数です。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第15号について、委員長報告に対する質疑とあわせ討論に入ります。


                  [「なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   質疑、討論を終了します。


 これより、議案第15号を採決します。


 本案に対する委員長報告は可決です。本案を原案のとおり決定することにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第19号について、委員長報告に対する質疑とあわせ討論に入ります。


                  [「なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   質疑、討論を終了します。


 これより、議案第19号を採決します。


 本案に対する委員長報告は可決です。本案を原案のとおり決定することにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第20号について、委員長報告に対する質疑とあわせ討論に入ります。


                  [「なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   質疑、討論を終了します。


 これより、議案第20号を採決します。


 本案に対する委員長報告は可決です。本案を原案のとおり決定することにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第22号について、委員長報告に対する質疑とあわせ討論に入ります。


                  [「なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   質疑、討論を終了します。


 これより、議案第22号を採決します。


 本案に対する委員長報告は可決です。本案を原案のとおり決定することにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第24号について、委員長報告に対する質疑とあわせ討論に入ります。


 山川議員。





○(山川 博議員)   議案第24号、後期高齢者医療事業特別会計予算に対する日本共産党議員団の討論と態度表明をいたします。


 これは、後期高齢者医療制度、これはさきの議員も指摘されたとおり、大変な問題のあることで、当議会としても見直しを求める意見書を出しております。日本共産党としても、この後期高齢者医療制度は中止・凍結以外にないというふうに考えております。


 しかしながら、4月1日実施を前にして、この事務の執行のための予算の設定はやむを得ない。この予算を見ましても、保険料の徴収事務と、そして、これを納付する事務、これを予算上明確にしたものでありまして、これなしに事務は執行できないわけです。そういう中で、ぜひ求めたいのは、議会としても見直しの意見を出しておりますが、理事者側としても、この制度には重大な問題があるのは明らかでありますから、広域連合を通じて、ぜひ国に対してこの制度の抜本的見直しを求めるよう、広域連合としても意見書が出せるよう留意いただきたいし、取り組んでいただきたいと思います。


 また、全国の広域連合の中では、保険料の引き下げ、減免がそれぞれ条例でさらに拡大されております。兵庫県連合においても、そういうことができるよう求めておきたいと思います。


 制度そのものには問題がありますが、制度が実施される以上、自治体として、それに対応する、こうした予算の設置は必要でやむを得ないと、また、これに関連する条例もやむを得ないものと考え、日本共産党議員団としては本会計予算には反対しないことを態度表明といたします。





○議長(吉野晴雄)   質疑、討論を終了します。


 これより、議案第24号を採決します。


 本案に対する委員長報告は可決です。本案を原案のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。


                  [起 立 多 数]


○議長(吉野晴雄)   起立多数です。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第27号について、委員長報告に対する質疑とあわせ討論に入ります。


                  [「なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   質疑、討論を終了します。


 これより、27号を採決します。


 本案に対する委員長報告は可決です。本案を原案のとおり決定することにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。





―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





  ◎日程第43 議案第16号





○議長(吉野晴雄)   日程第43、議案第16号を議題とします。


 本件について、文教経済常任委員長の報告を求めます。


 文教経済常任委員長。





○文教経済常任委員長(隈元悦子)(登壇)   審査の結果を報告いたします。


 議案第16号。本案は、公設地方卸売市場事業特別会計予算のことであります。


 委員から、総務費のうち、総務管理費における卸売市場維持補修事業のホームページ作成委託料77万3千円に関連して、今後の取り組みをただしたのに対し、理事者から「市況や旬の情報を掲載するなど、できる限り更新回数を多くし、生産者や消費者に詳細な情報を提供していきたい」との答弁がありました。


 委員会は、採決の結果、全会一致で原案可決と決定いたしました。


 以上、報告いたします。





○議長(吉野晴雄)   委員長の報告は終わりました。


 これより、議案第16号について、委員長報告に対する質疑とあわせ討論に入ります。


                  [「なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   質疑、討論を終了します。


 これより、議案第16号を採決します。


 本案に対する委員長報告は可決です。本案を原案のとおり決定することにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。


 しばらくの間、休憩します。再開は午後1時とします。


 議会運営委員長より、直ちに議会運営委員会を開催したいとの申し出がありますので、議会運営委員の方は協議会室へお集まりくださるようお願いいたします。


                (休憩 午前11時33分)


                (再開 午後 1時00分)


○議長(吉野晴雄)   休憩前に引き続き、会議を開きます。





―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





   ◎日程第44 議案第52号





○議長(吉野晴雄)   日程第44、議案第52号を議題とします。


 提案理由の説明を求めます。


 企画部長。





○企画部長(大貫和博)   議案第52号について、提案理由の説明をいたします。冊子番号12、平成19年度一般会計補正予算をごらんください。


 1ページをお願いします。議案第52号、平成19年度加古川市一般会計補正予算(第5回)のことです。


 繰越明許費の補正といたしまして、既定の繰越明許費の追加は第1表繰越明許費補正のとおりです。


 2ページをお願いします。第1表繰越明許費補正の内容ですが、土木費、都市計画費の日岡山公園整備事業は、当初設計時より、地盤が予想以上に軟弱であり、地盤強化のための調査に時間を要し、また、天候不順等の理由により、年度内の事業完了が見込めないため、繰越限度額3,582万5千円を既定の繰越明許費に追加しようとするものです。


 以上で、議案第52号についての提案理由の説明を終わります。


○議長(吉野晴雄)   提案理由の説明は終わりました。


 お諮りします。


 ただいま説明が終わりました本件につきましては、会議規則第36条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。


 これにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、以上のように決定しました。


 これより、議案第52号について、質疑とあわせ討論に入ります。


                  [「なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   質疑、討論を終了します。


 これより、議案第52号を採決します。


 本案を原案のとおり決定することにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。





―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





   ◎日程第45 議案第53号





○議長(吉野晴雄)   日程第45、議案第53号を議題とします。


 提案理由の説明を求めます。


 総務部長。





○総務部長(石堂 求)   議案第53号につきまして、提案理由の説明を申し上げます。


 冊子番号13をお願いいたします。提案いたします議案は請負契約締結に関するもので、市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決を求めるものでございます。


 1ページをごらんください。本案は、つつじ療育園新築工事請負契約締結のことでございます。


 本工事は、現つつじ療育園が昭和58年に建築されたものであり、障害の重度化、多様化などにより診察室や訓練室が不足し、施設面で大幅な改善が必要となること、また、つつじ園と併設であるため、双方の運営に支障を来す状況もあり、つつじ園と分離し、就学前の障害児に対する療育機関としての機能充実のため、新築による整備を行うものでございます。


 当該工事を施工するため、去る2月20日、5社による郵便応募型条件付き一般競争入札を行いました。その結果、2億9,295万円をもちまして、加古川市加古川町寺家町352番地の7、株式会社富士土木興業が落札いたしましたので、同社と本案記載のとおり請負契約を締結しようとするものでございます。


 なお、参考といたしまして、2ページから6ページにかけまして、工事施工内容、付近見取図、建物配置図、各階平面図、入改札の状況並びに地方自治法の抜粋を添付いたしておりますので、ごらんください。


 以上で、議案第53号につきましての提案理由の説明を終わります。





○議長(吉野晴雄)   提案理由の説明は終わりました。


 お諮りします。


 ただいま説明が終わりました本件につきましては、会議規則第36条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。


 これにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、以上のように決定しました。


 これより、議案第53号について、質疑とあわせ討論に入ります。


                  [「なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   質疑、討論を終了します。


 これより、議案第53号を採決します。


 本案を原案のとおり決定することにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。





―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





   ◎日程第46 議案第54号





○議長(吉野晴雄)   日程第46、議案第54号を議題とします。


 提案理由の説明を求めます。


 市民病院管理部長。





○市民病院管理部長(山下年永)   議案第54号について、提案理由の説明をいたします。


 冊子番号14の1ページから3ページをごらんください。本案は、加古川市民病院使用条例等の一部を改正する条例を定めることの議案です。


 現在、市民病院等において、診療にかかる報酬は、健康保険法の規定に基づき、診療報酬の算定方法を定めた厚生労働省告示を根拠に算定しております。その根拠となる平成18年厚生労働省告示第92号が本年3月31日で廃止となり、4月1日から平成20年厚生労働省告示第59号が適用されることにより、この告示を引用しております条例の規定の整備を図ろうとするものでございます。


 整備を図ろうとする条例は、加古川市民病院使用条例、加古川市職員の特殊勤務手当に関する条例、加古川市肢体不自由児通園施設の設置及び管理に関する条例、加古川夜間急病センターの設置及び管理に関する条例、加古川歯科保健センターの設置及び管理に関する条例の5条例です。


 具体的な改正内容ですが、第1条におきまして、加古川市民病院使用条例第4条第2項に規定しております「診療報酬の算定方法(平成18年厚生労働省告示第92号)別表第1医科診療報酬点数表」を「診療報酬の算定方法(平成20年厚生労働省告示第59号)別表第1医科診療報酬点数表」に改正しようとするものです。


 なお、2条におきまして加古川市職員の特殊勤務手当に関する条例、第3条におきまして加古川市肢体不自由児通園施設の設置及び管理に関する条例、第4条におきまして加古川夜間急病センターの設置及び管理に関する条例、第5条におきまして加古川歯科保健センターの設置及び管理に関する条例につきましても、それぞれ関係部分について、「平成18年厚生労働省告示第92号」を「平成20年厚生労働省告示第59号」に改正しようとするものでございます。


 なお、附則におきまして、施行期日を平成20年4月1日としております。


 参考といたしまして、4ページから9ページに新旧対照表を添付しております。


 以上で、議案第54号についての提案理由の説明を終わります。





○議長(吉野晴雄)   提案理由の説明は終わりました。


 お諮りします。


 ただいま説明が終わりました本件につきましては、会議規則第36条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。


 これにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、以上のように決定しました。


 これより、議案第54号について、質疑とあわせ討論に入ります。


                  [「なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   質疑、討論を終了します。


 これより、議案第54号を採決します。


 本案を原案のとおり決定することにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。


 ただいま、長谷川副市長から、あいさつしたいとの申し出がありますので、これを許可します。


 長谷川副市長。





○副市長(長谷川浩三)   このたびの退任によりますあいさつをする機会を与えていただきまして、ありがとうございます。


 私は、この3月末をもちまして、一身上の都合でございますけども、副市長の職を辞することにいたしました。この6年間お世話になりましたけども、議員の皆様、それから市民の皆様、職員の皆様、報道関係の皆様には、大変お世話になりましたことを、心から感謝申し上げたいと思います。


 また、微力ながらも、木下前市長、それから樽本市長を補佐し、加古川市の発展にいささかでも貢献できたということを大変うれしく思っております。思い返しますと、JRStationName加古川加古川駅、それから東加古川駅の周辺整備、それから田園まちづくり計画の推進とか、あるいは下水道事業、それから街路事業、河川事業、災害復旧事業等の推進もできました。またそして、入札制度の改革も推進することができましたし、特に、国際交流事業の中で、マリンガ市とかワイタケレ市とか桂林市等を訪問しまして、美しい風景の中で違った文化とか伝統に触れまして、熱烈な歓迎を受けたということが懐かしく思い出されます。


 今後、少子高齢化社会がますます進みますが、そんな中で都市間競争も激しくなると思います。加古川市の進展と加古川市のこれからのまちづくりの中で進めることは、若い人が行きたい、住んでみたいというふうなまちにする必要があるかと思います。そのためには、中心市街地の活性化をはじめ、使いやすい、あるいは行きやすい都市内構造、そういったものをつくりながら、皆さんが行ってみたいというまちをつくってみる必要があるかと思います。


 また、加古川市は非常に豊かな自然を持っておりますので、そういった豊かな自然をも取り込んだまちづくりも必要になるかと思います。


 現在は、非常に財政的にも社会的にも厳しい状況でございますけども、議会と市民、行政が協力し合って、まちづくりに邁進されますことを希望したいと思います。


 最後になりましたけども、加古川市のますますの発展と議員諸兄の皆様方のご健勝にてのご活躍をお祈りいたしまして、あいさつにかえさせていただきます。


 ありがとうございました。(拍手)





○議長(吉野晴雄)   長谷川副市長のあいさつは終わりました。


 ただいまあいさつがありました長谷川副市長に対し、市議会を代表いたしまして、一言お礼を申し上げます。


 長谷川副市長におかれましては、豊かな行政経験を存分に発揮され、樽本市政を支えてこられました。加古川駅南広場に続き、東加古川駅南広場も完成し、退任されるにあたり大きな花道となりました。長谷川副市長におかれましては、これまでの豊かな知識と経験を今後とも発揮していただき、なお一層のご活躍をご期待申し上げますとともに、ご健勝ご多幸を心からご祈念申し上げ、市議会を代表してのはなむけの言葉といたします。


 長い間、どうもご苦労さまでした。





―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





   ◎日程第47 議案第55号 〜 ◎日程第53 議案第61号





○議長(吉野晴雄)   日程第47、議案第55号から日程第53、議案第61号までの7件を一括議題とします。


 順次、提案理由の説明を求めます。


 市長。





○市長(樽本庄一)   議案第55号から議案第61号の人事案件7件につきまして、提案理由のご説明を申し上げます。


 まず初めに、議案第55号でございます。冊子番号14番、10ページをごらんください。本議案は、加古川市副市長選任につき議会の同意を求めることの議案です。


 加古川市副市長に次の者を選任したいから、地方自治法第162条の規定により、議会の同意を求めるものでございます。


 同意を求める者の住所は、加古川市平岡町新在家1040番地、氏名は中田喜高、生年月日は昭和23年9月5日でございます。


 なお、次ページ以降に参考として同意を求める者の略歴並びに地方自治法抜粋を記載いたしております。


 続きまして、議案第56号でございます。13ページをごらんください。本議案は、加古川市監査委員選任につき議会の同意を求めることの議案です。


 加古川市監査委員に次の者を選任したいから、地方自治法第196条第1項の規定により、議会の同意を求めるものでございます。


 同意を求める者の住所は、加古川市平岡町二俣583番地、氏名は田中良計、生年月日は昭和21年3月8日でございます。


 なお、次ページ以降に参考として同意を求める者の略歴並びに地方自治法抜粋を記載いたしております。


 次に、議案第57号から議案第61号の5議案は、いずれも人権擁護委員候補者推せんにつき議会の意見を求めることの議案であり、人権擁護委員法第6条第3項の規定により、議会の意見を求めるものでございます。


 議案第57号につきましては、16ページをごらんください。意見を求める者の住所は、加古川市山手3丁目40番1号、氏名は青木六子、生年月日は昭和15年8月18日でございます。


 なお、次ページ以降に参考として意見を求める者の略歴並びに人権擁護委員法抜粋を記載いたしております。


 次に、議案第58号につきましては、19ページをごらんください。意見を求める者の住所は、加古川市野口町野口307番地の1、氏名は高松朋子、生年月日は昭和22年3月30日でございます。


 なお、次ページに参考として意見を求める者の略歴を記載いたしております。


 次に、議案第59号につきましては、正誤表とあわせて21ページをごらんください。意見を求める者の住所は、加古川市上荘町井ノ口729番地、氏名は藤井啓彰、生年月日は昭和20年10月21日でございます。


 なお、次ページに参考として意見を求める者の略歴を記載いたしております。


 次に、議案第60号につきましては、23ページをごらんください。意見を求める者の住所は、加古川市平岡町新在家431番地、氏名は吉田欣次郎、生年月日は昭和10年8月3日でございます。


 なお、次ページに参考として意見を求める者の略歴を記載いたしております。


 次に、議案第61号につきましては、25ページをごらんください。意見を求める者の住所は、加古川加古川町中津682番地の1、氏名は吉田洋子、生年月日は昭和12年5月30日でございます。


 なお、次ページに参考として意見を求める者の略歴を記載いたしております。


 以上、人事案件7件につきまして、ご賛同いただきますようお願い申し上げまして、提案理由の説明を終わります。





○議長(吉野晴雄)   提案理由の説明は終わりました。


 お諮りします。


 ただいま説明の終わりました本7件については、会議規則第36条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。


 これにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、以上のように決定しました。


 これより、議案第55号について、ご意見等を承ります。


                  [「なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご意見等を終了します。


 これより、議案第55号を採決します。


 本案を原案のとおり同意することにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は原案のとおり同意されました。


 次に、議案第56号について、ご意見等を承ります。


                  [「なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご意見等を終了します。


 これより、議案第56号を採決します。


 本案を原案のとおり同意することにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は原案のとおり同意されました。


 次に、議案第57号について、ご意見等を承ります。


                  [「なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご意見等を終了します。


 これより、議案第57号を採決します。


 本案を原案のとおり推せんすることにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は原案のとおり推せんされました。


 次に、議案第58号について、ご意見等を承ります。


                  [「なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご意見等を終了します。


 これより、議案第58号を採決します。


 本案を原案のとおり推せんすることにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は原案のとおり推せんされました。


 次に、議案第59号について、ご意見等を承ります。


                  [「なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご意見等を終了します。


 これより、議案第59号を採決します。


 本案を原案のとおり推せんすることにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は原案のとおり推せんされました。


 次に、議案第60号について、ご意見等を承ります。


                  [「なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご意見等を終了します。


 これより、議案第60号を採決します。


 本案を原案のとおり推せんすることにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は原案のとおり推せんされました。


 次に、議案第61号について、ご意見等を承ります。


                  [「なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご意見等を終了します。


 これより、議案第61号を採決します。


 本案を原案のとおり推せんすることにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は原案のとおり推せんされました。


 ただいま、中田収入役から、あいさつしたいとの申し出がありますので、これを許可します。


 中田収入役。





○収入役(中田喜高)   お許しをいただきまして、自席からではございますが、一言ごあいさつを申し上げます。


 ただいま、副市長選任につきましてご同意をいただき、まことにありがとうございました。


 ご承知のとおり、現在加古川市を取り巻く環境は財政状況を中心に非常に厳しいものがございます。これらの状況を真摯に受けとめまして、樽本市長を補佐し、職員とともに住民福祉のより一層の向上に取り組んでまいりたいと考えております。


 つきましては、今後ともご指導ご鞭撻を賜りますようお願いを申し上げまして、まことに簡単ではございますが、あいさつとさせていただきます。どうもありがとうございました。





○議長(吉野晴雄)   中田収入役のあいさつは終わりました。


 お諮りします。


 ただいま、総務常任委員長から、意見書案第1号 自主共済制度の保険業法の適用見直しを求める意見書が、福祉厚生常任委員長から、意見書案第2号、現行保育制度の堅持・拡充、保育・子育て支援施策の推進に関わる国の予算の大幅増額を求める意見書が、文教経済常任委員長から、意見書案第3号、幼稚園・学童保育施策の推進に関わる国の予算の大幅増額を求める意見書が、それぞれ提出されました。


 この際、本3件を日程に追加し、議題にしたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、以上のように決定しました。





―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





   ◎日程追加 意見書案第1号 〜 意見書案第3号





○議長(吉野晴雄)   さらに、お諮りします。


 本3件については、意見書案の朗読及び質疑・討論の省略並びに会議規則第36条第3項の規定により、提案理由の説明を省略したいと思います。これにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、以上のように決定しました。


 これより、意見書案第1号について採決します。


 本案を原案のとおり決定することにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。


 次に、意見書案第2号について採決します。


 本案を原案のとおり決定することにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。


 次に、意見書案第3号について採決します。


 本案を原案のとおり決定することにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。


 お諮りします。


 ただいま可決しました意見書の字句の修正並びにその取り扱いについては、議長にご一任いただきたいと思います。これにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、以上のように決定しました。


 次に、各常任委員長及び議会運営委員長から、所管の事務について、会議規則第103条の規定により、お手元へ配付しております申出書のとおり、閉会中の継続審査の申し出があります。


 お諮りします。


 各委員長の申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、以上のように決定しました。


 以上で、今期定例会の会議に付議されました事件は、すべて議了しました。


 閉会に当たりまして、一言ごあいさつ申し上げます。


 今期定例会は、去る2月28日に開会して以来、27日間の長期でございました。その間、平成20年度予算案をはじめ、多数の重要案件について終始熱心にご審議され、本日、ここにその全議案を議了できました。ここに議員の皆様のご精励とご協力に対し深く敬意を表しますとともに、心から厚くお礼を申し上げます。


 理事者の皆様におかれましては、審議の過程において各議員から表明された意見・要望を真摯に受けとめ、今後の市政執行に十分反映されますよう、強く要望いたします。


 さて、社会情勢におきましても混沌とした状況が長きにわたり続いております。本市におきましても、財政状況が一層の厳しさを増す中、多様な市民ニーズを的確に把握し、市民福祉の向上にこたえていかなければなりません。


 こうした時期におきまして、本日新しい体制が誕生し、新年度より市政に臨まれることとなりました。このことは、市民はもとより、議会といたしましても、加古川市のさらなる発展、また、東播磨のリーダーとして大きな期待をするものであります。


 春分の日も過ぎ、日を追って暖かくなってまいりました。体を動かすにはちょうどいい時期となります。議員並びに理事者の皆様方には、何かとご多忙のことと思いますが、健康には十分留意され、ますますのご活躍をご祈念申し上げ、閉会のごあいさつといたします。


 なお、市長より、あいさつしたい旨の申し出がありますので、承ることにします。


 市長。





○市長(樽本庄一)   平成20年の第1回市議会の定例会が閉会されますにあたり、自席からではございますが、一言ごあいさつを申し上げます。


 道路特定財源諸税の暫定税率に関する問題、また、兵庫県の行革プランなど、多大な影響を受けました平成20年度の当初予算をはじめ、後期高齢者医療に関する条例の制定、国民健康保険条例の一部改正など、市民の皆様の生活に直結する重要案件について慎重かつ活発にご審議をいただきました。おかげさまをもちまして、すべての案件について滞りなく議了いただき、まことにありがとうございました。


 議員の皆さまからちょうだいしましたご意見、ご要望あるいはご提案を十分尊重させていただき、市民生活の向上と加古川市発展に向け、引き続き簡素で効率的な行財政運営を推進してまいりたいと考えております。


 また、新しく副市長を迎え、今まで以上に柔軟な発想と一層の創意工夫を持って、市民の期待にこたえるべく、全職員一丸となって市政運営に取り組んでまいります。


 私は、行政は市民の幸せのためにあるとの信念のもと、市政進展のために全力で取り組んでまいりましたが、今年度施政方針で申し上げましたとおり、都市機能整備、子育て支援、地域医療、防犯・防災対策を柱として、山積する課題解決に一生懸命の精神で取り組んでいきたいと考えております。


 年度末を控え、桜の開花ももう間もなくではないかというふうに思いますが、皆様方におかれましては一段とお忙しい日を過ごされることと存じます。健康にはお互い十分ご留意いただき、市政のさらなる発展のため一層のご尽力を賜りますようお願い申し上げまして、お礼のあいさつとさせていただきます。


 ありがとうございました。





○議長(吉野晴雄)   市長のごあいさつは終わりました。


 以上をもちまして、平成20年第1回加古川市議会定例会を閉会します。


 ご苦労さまでした。


                                  午後1時29分   閉会